したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

思想の自由と言論弾圧について

1 一色直正 :2006/01/10(火) 23:54:55
上のタイトルで新しいスレッドを立てた。その理由は最近の「宇宙巡礼」が低迷して、議論に活気がないからだ。思うに、書き込みをしたくなるスレッドがないのは、かつてのように発言したくなるテーマのタイトルがなくなり、スレッドのタイトルが魅力を失ったせいだろう。個人攻撃だと誤解しないで欲しいが、「鹿砦社の松岡さんの公判は何月何日・・」というスレッドが何回も立てられ、このような伝言板的なスレッドは、アゴラとして議論する場には相応しくないスレッドの立て方だと思う。
確かに鹿砦者に対しての言論弾圧は酷い物であり、権力の横暴は許せないと考えるので、この問題を真剣に取り上げる必要を私も痛感している。だがしかし、公判が何日にあるという形ではなくて、思想の自由とか言論弾圧という問題の出し方や、勇気のないマスコミの現状についてという形で、より大きな枠組みで扱えばみなが議論に参加できる。そうしてテーマの一般化により、議論の輪が広がるのではないかと思う。
本当は管理人さんがそう考えて「鹿砦社の公判云々・・」というスレッドを、このスレッドの中に統合してくれれば、日付のせいで短期的な効力しかないスレッドが、長い生命力を持つものに生き返ると思う。その上で鹿砦社への悪辣な言論弾圧を含めて、日本における思想や信教の自由についての発言が続き、活発に意見を交換し合う場が復活するようにと希望する。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

ゾンビ政治の解体新書: 魔女狩りをするゾンビへの鉄槌 / 株式会社サイゾー

安倍政権批判本の決定版!――憲政史上最長になる可能性も高まった安倍晋三率いる内閣。だが、その長期政権を支えたのはゲシュタポとも揶揄される、批判勢力やメディアを徹底的に押さえつける恐怖政治だった。水面下ですでのその体制は限界を迎えながらも、ゾンビのように延命をはかる現政権の強引なやり口は日本の未来に暗い影を落とそうとしている。安倍政権が行ってきた蛮行とは? 彼らは本当は何をしたいのか? この先に待っている日本の未来とは?世界の政財界で活躍してきた著者が、メディアには決して出ることがない機密情報なども含む、事実と考察を積み上げて、安倍政権を暗部を暴く。日本を変えられるのはこの一冊しかない。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板