したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

新記事

176 村山 :2017/09/28(木) 12:12:53
本澤さんが書いている「日本の風景」というサイトに、「財界にっぽん」に掲載されている、藤原さんの記事について書いてあった。
<その一部の張り付け>
<創価学会の源流は「大日本皇道 立教会」?>
 この世は欺瞞に満ち満ちているのかもしれない。正直者は馬鹿を見ることになる。騙しの世界の、現在の第一人者が安倍晋三なのだろう。日本国民も、本日の安倍・違憲解散にNOと叫んでいる。
月刊誌「財界にっぽん」11月号の藤原原稿が、またまた話題を提供している。安倍支援の創価学会の源流が、これまで聞いたこともない「大日本皇道 立教会」という、その証拠写真を掲載した。右翼研究者の分析を期待したい。

<児玉誉士夫と牧口常三郎!>
 12人が映った問題の記念写真に、創価教育学会創立者の牧口常三郎と児玉誉士夫が、共に顔をそろえているという説明がついている。牧口は立派な髭をたくわえ、児玉は黒髪が頭部全体を覆っている。
この中に二代会長の戸田城聖もいる、というのだ。
 どうみても、名前からして右翼・国粋主義を連想させる。
 普通の国民も、ほとんどの創価学会員も、この写真に衝撃を受けるのではないだろうか。これが事実であれば、天皇制国家主義路線をひた走る安倍路線を支援するのも、不思議ではない。
 そういえば、昨日、韓国では8月14日を「慰安婦記念日」とすると決めた。歴史認識の重要さを裏付けている。安倍効果であろう。
<同和行政は公明党の縄張り?>
 藤原原稿では「同和行政は公明党の縄張り」と決めつけている点も、門外漢にとって、意外な指摘である。確かに国交大臣は、なぜか公明党の指定席である。
この利権の巣である役所を、よくぞ自民党が手放すものだと感心してみていたのだが、藤原説では「同和行政」が関係している、といのだ。
 関西人はピンとくるかもしれないが、関東人にとってよくわからない。

 国交大臣を歴任した公明党の冬柴鉄三の、次男が経営する「かき鉄」という店に安倍が訪れている写真も出ている。店の便所手前に、安倍と小泉進次郎の色紙が並んで飾っており、その写真も掲載されている。
<佐川答弁監視役は大石秘書官>
 もう一枚の写真も注目を集めそうだ。あの大嘘付きのため国税庁長官に出世した、佐川の国会答弁をする背後に、監視役の警察出身・大石秘書官が目を光らせているではないか。
 国家秘密警察・ゲシュタポ内閣を象徴しているようで、不気味だ。

 記者会見もできない佐川は、いまどうしているのか


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

ゾンビ政治の解体新書: 魔女狩りをするゾンビへの鉄槌 / 株式会社サイゾー

安倍政権批判本の決定版!――憲政史上最長になる可能性も高まった安倍晋三率いる内閣。だが、その長期政権を支えたのはゲシュタポとも揶揄される、批判勢力やメディアを徹底的に押さえつける恐怖政治だった。水面下ですでのその体制は限界を迎えながらも、ゾンビのように延命をはかる現政権の強引なやり口は日本の未来に暗い影を落とそうとしている。安倍政権が行ってきた蛮行とは? 彼らは本当は何をしたいのか? この先に待っている日本の未来とは?世界の政財界で活躍してきた著者が、メディアには決して出ることがない機密情報なども含む、事実と考察を積み上げて、安倍政権を暗部を暴く。日本を変えられるのはこの一冊しかない。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板