したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

新記事

169 asa :2016/05/01(日) 11:48:02
早速記事を拝見致しました。
非常に興味深く、特にアストロポリティックスという言葉こそ、自分も初めて聞く言葉でしたが
国際社会全体の多極化の流れという変化の中では、非常に重要なところであることは間違いありませんね。


藤原 その通りです。歴史感覚を研ぎ澄ますだけでなく、数理発想の訓練を受けて鍛えた頭脳によって、未来と運命が決定して行くので、そうした人材の育成が決め手になります。結局は教育に舞い戻ったが、人材が活躍する場を作ることが重要で、やはり「人は石垣、人は城」になりました。 (続く)

これも一つには、私たち日本人が自ら解決すべき課題となるヒントとするならば、歴史認識とキャリア教育というものを兼ねて

戦前の日本でミッドウェー海戦で敗北直後に、山本五十六連合解体司令長官が相談者として、キャリアコンサルタントに相談に来られたことを想定し
この時のキャリアコンサルタントが、アメリカのクランボルツであれば、このクランボルツを指導レベルのキャリアコンサルタントとした場合に
この山本五十六連合艦隊司令長官が、自らが責任もって戦争を終わりにしたいというのが主訴であったとするならば、これを実現するために
以下のことを、実際に考えてもらうというのはいかがでしょうか?

課題1 このミッドウェー海戦の敗北という出来事そのものが、偶然が齎したものであり、決して山本五十六連合艦隊司令長官の責任ではないこと
   歴史的な転機の始まりのきっかけと捉え直せば、山本五十六連合艦隊司令長官の立場として、とるべき行動として、どのようなことが想定される
   のでしょうか?

課題2 この山本五十六連合艦隊司令長官が取るべき行動に対する阻害要因というものは、何処にあったと考えられたでしょうか?

課題3 この阻害要因というものを、リスク要因として、これを私たち日本人が自ら解決すべき課題とするならば、この課題を解決するため
    の具体的目標と方策を挙げて下さい。

課題4 もしも、この時点で、戦争を終わりにすることが出来たとすれば、その後の日本の歴史はどのように変わっていたと考えられるでしょうか。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

ゾンビ政治の解体新書: 魔女狩りをするゾンビへの鉄槌 / 株式会社サイゾー

安倍政権批判本の決定版!――憲政史上最長になる可能性も高まった安倍晋三率いる内閣。だが、その長期政権を支えたのはゲシュタポとも揶揄される、批判勢力やメディアを徹底的に押さえつける恐怖政治だった。水面下ですでのその体制は限界を迎えながらも、ゾンビのように延命をはかる現政権の強引なやり口は日本の未来に暗い影を落とそうとしている。安倍政権が行ってきた蛮行とは? 彼らは本当は何をしたいのか? この先に待っている日本の未来とは?世界の政財界で活躍してきた著者が、メディアには決して出ることがない機密情報なども含む、事実と考察を積み上げて、安倍政権を暗部を暴く。日本を変えられるのはこの一冊しかない。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板