したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

新記事

166 asa :2015/08/04(火) 19:04:48
オバマ大統領は合同記者会見で
「日米防衛協力の指針として、地元住民の負担軽減を目指し、
沖縄を含む地域の米軍基地を、移転する努力を強めていく」と表明。
「海兵隊を沖縄からグアム島に向けて、移転させることを
推進する義務を確認した」

この2点こそが、アメリカのオバマ大統領にとっての主訴であるとするならば
共通することは、オバマ大統領は、普天間基地の移設先は辺野古にするとは
一言も語っていないということに気づけば、この気づきこそが、キャリアコンサルタント
から見た本質的な見立てであり、沖縄県にしてみれば、まんまと騙されたふりをして、
沖縄県にしてみれば、基地のない平和な島を取り戻すということを目標に置くことで
そのための手段として、中国ならびに台湾と共に、日米両政府に対して、辺野古移設を
速やかに中止してもらうことこそが、アメリカにとってのメリットになり、中国にとっての
メリットにも繋がるばかりでなく、日本全体にとってのメリットにも繋がることに
なるのではないか、ということでどんどん訴えていくことになっても何ら問題ではないことは
明らかなことではないかと見破れば、これだけでも
自民党の官房長官が、この辺野古移設を、このまま進めても何ら問題ない、という発言そのものが
、この官房長官が、自らボロを出してくれたに過ぎないのではないかという
のが、キャリアコンサルタントから見た、この自民党そのものに対する本質的な見立てそのものであり、
中国やロシアにしてみれば、もうお見通しのことであることは当たり前のことだし、
これこそ、核発電推進原理主義組織にまんまと騙されて核開発計画書を作り上げた日本の外務省からして
アメリカにしてみれば、バレバレであるにも関わらず、これがバレるのではないかという不安や葛藤が、この
ような自民党と運命を共にすることを選択したまでのことではないかということならば
アメリカからしてもおみとおしのことではないかと見破れば、

「すでに海兵隊の一部が極秘で台湾に移転を開始しており、
沖縄のトラブルの外に立つ形で、米軍の極東戦略は動いている。
だが、目先のことしか理解できない日本の外務省や首相官邸は、
全くピントはずれの対応しか出来ず、アジア・ウォッチャーの
特派員たちから嘲笑を買っている。」という事実からして、
これを裏付ける動かぬ証拠ではないかと見破れば、これだけでも
別に大して驚くようなことではないし、これが何処まで進んでいるのか
については、アメリカに聞いて見ないと分からないところではありますが
想定外どころではなく、むしろ、想定内であることくらいならば、お見通し
のことであるにも関わらず、これに全く気づいていないのか、気づかれないよう
にして、これをごまかそうとしているに決まっているのではないかと
いうのが、キャリアコンサルタントから見た本質的な見立てではないかと見破れば
、中国にしてみれば、まんまと騙されたふりをして、そっと静かに腹の底で嘲笑って
いるくらいのことならば、簡単にお見通しのことでもあれば、さすがに怒りなんて
言うものを通り越して、聞いて呆れるばかりとしか言い様がありませんね。

エイジハラスメントというドラマではありませんが、このドラマの主人公の女性を
中国人女性スパイにでも置き換えれば、中国にしてみれば、まんまと騙されたふりをして

この自民党のみならず外務省に対して、五寸釘をぶち込んでやろうか、ということで
幾らでも揺さぶってくることくらいのことならば、簡単に出来ることだし、
キャリアコンサルタントとして、これからの若い世代の学生については、この
ドラマの中での出来事を、卒業し就職してから、これと似たようなことがあった場合に
どうすればよいのか、ということの教訓として、このドラマを見ながら、自らの自己理解の
や仕事理解に繋がる目標と方策に置き換えて、一つのロールモデルとして楽しみながら見て
貰っても大いに結構なことかも知れませんね。
同時に、この新人女性を中国人女性スパイに置き換えれば、この上司である女性課長を
今度は、日本の中堅女性社員の皆様にとっての一つの良いロールモデルとして楽しみながら
見たりするのも良いのではないかと考えられますね。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


ガイアドクターのメタ診断 生命知の殿堂 現代医学と日本政治の病理を抉る! / ヒカルランド

藤原肇、待望の書き下ろし。原発地獄の日本に一条の光射す!ガイアドクター(地球の医者)藤原肇理学博士が現代医学と日本政治の病理を宇宙レベルで超診断。自身の「がん」体験を通じて、分かってきた免疫と生命の超本質を大公開。あなたが読むレベルに応じて、どんな爆弾に遭遇するか?封印されたの人類の奥義をここまで明かしていのか!これは、地獄時代を生き抜く智慧の地雷源だ!!すべては「がん」が教えてくれた――。天災、人災を乗り越えて、叡智の奥義「生命知の殿堂」の扉は今開かれた。国家や社会の混乱も、人体の病理もすべてが相似象。生命知の視座だけが、解決策を示す!あなたの脳内OSを、本書でバージョン・アップしてください!


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa