したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

インド・天竺・中洋スレ

1 とはずがたり :2014/05/26(月) 19:32:11
"中洋"は梅棹忠夫の「文明の生態史観」より。
インド亜大陸とその周辺のスレ。

国際政治・世界事情の印度関連レス
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/2246/1116784031/?q=%A5%A4%A5%F3%A5%C9

420 チバQ :2018/08/19(日) 22:04:23
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00000129-jij-asia
パキスタン首相にカーン氏=元クリケット選手、下院で選出―経済再建に挑む
8/17(金) 21:51配信 時事通信
 【ニューデリー時事】パキスタン下院(定数342、任期5年)は17日、投票を行い、7月25日投票の下院選で第1党となったパキスタン正義運動(PTI)のイムラン・カーン党首(65)を首相に選出した。

 「国民的英雄」の元クリケット選手として、就任前から絶大な人気を誇るが、歴代政権が苦しんだ政治改革と経済再建に挑むことになる。

 カーン氏は選出後に演説し、「この国が待ち焦がれていた変革をもたらすことを約束する」と表明。「厳格な汚職対策を行うほか、選挙制度改革により誰もが信頼できる統治体制をつくり上げる」と強調した。

 選挙戦でPTIは、第2党に転落したイスラム教徒連盟シャリフ派(PML―N)や第3党パキスタン人民党(PPP)など富裕層中心の政治を「汚職撲滅」を掲げて批判してきた。クリケットは、パキスタンをはじめ南アジアや英国で今も人気が高い。そのスター選手だったカーン氏の知名度や、慈善事業に熱心という清廉なイメージを前面に押し出し、PTIは7月の下院選では、与党だったPML―Nの2倍近い議席を確保した。

 一方、PTIは1996年の結党以来、与党として政治に関わったことがない。「政治の実務能力は未知数」(地元記者)だ。人口約2億人の過半数は30歳以下の若い世代で、雇用創出を求めている。就任早々、手腕が問われる。

421 チバQ :2018/08/19(日) 22:04:44
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00000099-mai-int
<パキスタン>カーン政権、多難の船出 政治手腕は未知数
8/17(金) 21:51配信 毎日新聞
 【ニューデリー松井聡】パキスタン下院の総選挙(7月25日実施)で第1党となったパキスタン正義運動(PTI)党首で元クリケットのスター選手、イムラン・カーン氏(65)が17日、下院で新首相に指名された。総選挙では汚職一掃を訴えて野党第2党から躍進したが、政治手腕は未知数。財政危機や、対立する隣国インドとの関係改善など難題を抱えた中での船出となる。

 パキスタンでは、1947年の英領からの分離独立以来、通算30年以上に及ぶ軍政期をのぞき、大地主や実業家が率いるイスラム教徒連盟と人民党の2大政党が政権を担ってきた。PTIは汚職一掃や貧困対策を訴えることで、変革を求める若者を中心に支持を広げ、軍と対立し選挙直前に汚職罪で収監されたナワズ・シャリフ元首相のイスラム教徒連盟シャリフ派(PML-N)に大勝した。

 PTIは、下院定数342のうち151議席を獲得。首相指名選では、カーン氏は軍に近いとされるイスラム教徒連盟クアイディアザム派(PML-Q)などの協力も得て、同じく首相指名を目指したPML-Nのシャバズ・シャリフ党首の得票を上回った。宣誓式は18日に行われる。

 「中国パキスタン経済回廊」(CPEC)に伴う貿易赤字削減や、インドとの関係改善など課題は山積するが、これらの外交政策は軍の専権事項ともいわれる。軍が支援するとされるカーン新政権が踏み込んだ政策決定をできるかは不透明だ。

422 チバQ :2018/08/21(火) 21:52:48
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-インド・ケララ州の大洪水、避難者が100万人超える
8/21(火) 18:01配信 AFP=時事
インド・ケララ州の大洪水、避難者が100万人超える
インド南部ケララ州の川に橋を仮設する軍や州警察(2018年8月20日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】インド南部ケララ(Kerala)州を襲ったモンスーンによる壊滅的な洪水で、計410人以上が死亡、100万人以上が避難している。当局が21日、発表した。

【関連写真】高齢女性をベッドごと運ぶ救助隊

 水が引くにつれ、被害の規模が明らかになってきた。ケララ州議員によると、家屋約5万軒が損壊し、住民が避難キャンプに押し寄せているという。

 陸海空軍の兵士数千人が同州各地に出動し、遠く離れた丘陵地帯に取り残された人々の救助に当たっている。

 州政府の報道官はAFPに対し、州内にある約3200のキャンプへの避難者は計102万8000人に達したと明かした。

 20日には新たに6人の遺体が見つかり、モンスーンが始まった6月からの死者数は合わせて410人以上になったという。【翻訳編集】 AFPBB News00000027-jij_afp-int

423 チバQ :2018/09/15(土) 00:38:10
https://news.goo.ne.jp/article/sankei/world/sankei-wor1809140033.html
大国が注視「南海の楽園」の選択 モルディブ大統領選23日投票 
09月14日 22:39産経新聞

大国が注視「南海の楽園」の選択 モルディブ大統領選23日投票 

(産経新聞)

 【ニューデリー=森浩】大統領選を23日に控えるインド洋の島嶼(とうしょ)国モルディブに大国の視線が集まっている。米国が強権的手法を強めるヤミーン大統領を批判。一方で政権を支援する中国と、野党側に近いインドとの「代理戦争」の様相も呈する。与野党候補が接戦を演じているもようで、シーレーン(海上交通路)の要衝でもある「南海の楽園」の選択が注目される。

 「もし野党が勝てば、モルディブは外国の侵攻を受け、独立が脅かされることになるだろう」

 ヤミーン氏は7日の演説で、聴衆に支持を呼びかけた。経済政策での成果を強調した上で、「国外の脅しを気にしてはならない」と発言。外国が選挙を「妨害している」とも批判した。

 「脅し」とは、米国の懸念を指すとみられる。米国務省のナウアート報道官は6日、モルディブについて「民主主義の行方を懸念している」と指摘した。ヤミーン氏を念頭に「法の支配や公正な選挙を邪魔する個人に対し、適切な措置を取る」とも明言している。

 ヤミーン氏は2月に非常事態を宣言すると、野党側の要人や、自分に不利な判断を下した最高裁判事らを次々と拘束し、権力基盤を強固にした。

 選挙戦が本格化した8月以降でも、地元民放によると、少なくとも19人の野党モルディブ民主党(MDP)支持者が逮捕された。また、与党に呪いをかけようと黒魔術を行ったとして、市民4人が一時、身柄を拘束された。ヤミーン氏の対抗馬、MDPのソリ候補は「政府はおそらく選挙で不正をするだろう」と警戒している。

 さらに状況を複雑にするのはヤミーン政権の中国接近だ。2013年の大統領就任以降、ヤミーン氏は政治や経済で関係が深いインドから距離を置く姿勢を見せている。

 5月末にはインド軍が置いていた兵士やヘリコプターの駐留継続も拒否した。中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は「モルディブは過度のインドの影響力を排除しようとしている」とヤミーン氏の政策を“評価”する。

 首都マレでは8月30日に中国が1億1600万ドル(約130億円)の建設資金を提供した橋が完成したが、記念式典にインドは参加せず、インドとモルディブの関係の変化を印象づけた。

 インドは4月の中印首脳会談以降、中国との関係改善を図っているが、中国が巨大経済圏構想「一帯一路」を通じて、インド洋地域に影響力を拡大する状況は看過できない。「MDPは一貫してインドに支援と関与を求めており、中印の代理戦争の構図だ」と外交筋は分析する。

 選挙戦では、与党系議員がヤミーン氏の手法に反発する動きを見せるなど、攻防は激しさを増している。

424 とはずがたり :2018/09/16(日) 20:21:02
ブータン 政権交代へ 与党が議会予備選で敗北
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180916/k10011632791000.html
2018年9月16日 19時13分

ヒマラヤの王国、ブータンで行われた国民議会の予備選挙で、与党の国民民主党が敗れ、来月の本選挙での政権交代が確実になりました。

ブータンの議会下院にあたる、国民議会の選挙は、あらかじめ候補を立てられる政党を予備選挙で2党に絞り込むしくみになっています。

その予備選挙が、来月18日に行われる本選挙を前に15日行われ、ブータンの選挙管理委員会によりますと、第1党が協同党、第2党は現在の野党・調和党となり、与党・国民民主党は、来月の本選挙に進めないことになりました。

選挙結果を受け、国民民主党を率いるトブゲイ首相は「国民の決断を受け入れる。協同党と調和党の本選挙での健闘を祈る」と声明を発表しました。

このため、来月の本選挙では、政権交代が確実となりましたが、今回の選挙では各政党が掲げる政策に大きな違いがないため、内外への影響はあまりないとみられています。

今回の選挙は、ブータンが2008年に立憲君主制となって以降3回目で、高い若者の失業率や地域間の格差の改善が課題となっています。

425 チバQ :2018/09/17(月) 17:20:17
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00000052-mai-int
<モルディブ大統領選>対中依存が争点 接戦見通し
9/16(日) 22:27配信 毎日新聞
 【ニューデリー松井聡】インド洋の島しょ国モルディブで、5年の任期満了に伴う大統領選が23日に実施される。選挙では中国の支援でインフラ整備を進めてきた現職のヤミーン大統領と、中国への過度な依存は避けて、インドや欧米との協調を訴える野党連合が争う。ヤミーン氏はこれまで野党政治家らを次々と拘束するなど強権的な姿勢を強めており、米国などは選挙の公平性に懸念を示している。

 「外国は内政干渉に興味があるだけだ。モルディブの発展は彼らの優先事項ではない」。ヤミーン氏は今月中旬の演説で、政権批判を強めるインドや欧米をけん制した。

 ヤミーン氏は2013年の大統領就任後、伝統的に友好関係にあったインドと距離を置き、英連邦も脱退。中国が進める経済圏構想「一帯一路」に参加するなど中国との関係を強化した。国内では、同氏の政敵でインドや欧米に近いナシード元大統領(現在は英国に亡命中)ら野党政治家が「反テロ法違反罪」などで次々と拘束され、有罪判決を受けた。

 だが今年2月、最高裁はナシード氏らに出された有罪判決が「政治的動機に基づき不当」として釈放を決定。反発したヤミーン氏は、非常事態を宣言して最高裁長官や野党政治家らを相次いで拘束した。最終的に最高裁は決定を取り消した。

 大統領選では、野党連合は選管から出馬を認められなかったナシード氏に代わりベテラン議員でモルディブ民主党のソリ氏を擁立。現政権の強権的な手法を批判するとともに、インフラ整備に伴い中国などへの巨額の債務が生じているとして、中国への過度な依存は避けるべきだと主張している。ヤミーン氏は「債務の半分以上は以前の政権が作った」と反論している。

 政権への攻勢を強める野党連合だが一枚岩ではない。世俗的なナシード氏とは意見が異なるサウジアラビアに近いとされるイスラム主義政党も、1978年から30年間独裁体制を敷いたガユーム元大統領も加わっているからだ。「連合は強権主義を批判しているが自己矛盾だ」(外交筋)との指摘もある。

 地元ジャーナリストによると、野党連合は都市部を中心に勢いを増し、接戦の見通し。米国務省は6日、「モルディブが民主主義への道に戻らなければ適切な措置を考える」と現政権をけん制している。野党連合は「政府はおそらく不正をする」と指摘しており、展開次第で政情が再び混乱する可能性もありそうだ。

426 チバQ :2018/09/17(月) 17:21:41
>>424
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00000518-san-asia
「幸福の国」ブータンで政権交代へ 与党、下院予備選で敗退
9/16(日) 17:45配信 産経新聞
 【ニューデリー=森浩】ブータンで15日、国民議会(下院)予備選が行われ、選挙管理委員会の発表によると、与党国民民主党が敗北し、10月18日の本選に参加できないことが決まった。2013年の前回選挙に続き、政権交代が行われる見込み。

 国民議会選は予備選の上位2党が本選に進む方式。15日の予備選には計4党が参加し、協同党と調和党が上位2党となった。国民民主党は前回選挙で調和党を破り、政権交代を実現したが、農村部の貧困や若年層の失業率の高さなどが逆風となった可能性がある。

 国民民主党の党首でもあるトブゲイ首相は15日、フェイスブックで「国民の決断を受け入れる」と発表して敗北を認めた。

 ブータンは08年に王政から立憲君主制に移行し、国民議会選挙は今回で3回目。国民総幸福量(GNH)という指標を掲げ、国民の幸福な生活を目指している。

427 チバQ :2018/09/24(月) 11:58:19
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00000514-san-asia
モルディブ政権交代へ 野党候補が勝利、親中の現職敗れる
9/24(月) 9:18配信 産経新聞
 【ニューデリー=森浩】インド洋に浮かぶ島嶼(とうしょ)国、モルディブの任期満了に伴う大統領選で、選挙管理委員会は24日、暫定集計の結果、インドなどとのバランス外交を目指す最大野党モルディブ民主党(MDP)のソリ氏が過半数を獲得したと明らかにした。中国への接近を進めた現職のヤミーン氏は敗れた。

 選管は確定値を公表していないが、複数の地元メディアはソリ氏の得票数が60%程度に達するとの見方を示している。ソリ氏はこれに先立ち、24日未明に選挙事務所で「歴史的な瞬間が訪れた。モルディブの人々は変化と平和、正義を求めた」と勝利を宣言。ヤミーン氏に敗北を受け入れるよう求めた。

 ヤミーン氏は2013年の就任後、中国に接近し、巨大経済圏構想「一帯一路」を通じた支援を受けてインフラ整備を進めた。その上で野党幹部や意にそぐわない判断を示した最高裁判事を拘束するなど。強権政治を敷いてきた。

 MDPは今回の大統領選で、同党代表のナシード元大統領の立候補が認められなかったことから、ベテラン議員のソリ氏を候補に指名した。ソリ氏は中国に依存した外交政策の転換や民主的な政治を訴え、支持を広げた。

 モルディブでは08年に複数政党制を定めた新憲法が制定され、今回が3回目の大統領選。任期は5年。選管は1週間以内に正式な結果を発表するとしている。

428 チバQ :2018/09/24(月) 12:11:28
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00000004-jij-asia
モルディブ大統領選、野党候補が勝利=親中派の現職破る
9/24(月) 5:26配信 時事通信
モルディブ大統領選、野党候補が勝利=親中派の現職破る
インド洋の島国モルディブの選管は24日、23日に実施された大統領選の暫定集計結果として、野党統一候補のソリ氏(写真=8月撮影)が過半数を確保したと発表した。親中派の現職ヤミーン氏との一騎打ちを制した。
 【ニューデリー時事】インド洋の島国モルディブの選管は24日、23日に実施された大統領選の暫定集計結果として、野党統一候補のソリ氏が過半数を確保したと発表した。

 親中派の現職ヤミーン氏との一騎打ちを制した。ソリ氏は24日、「国民の意思を受け入れ、円滑に政権を移譲するようヤミーン氏に呼び掛けたい」と述べ、勝利宣言を行った。

 ソリ氏は、最大野党モルディブ人民主党(MDP)出身のベテラン議員。ヤミーン氏の主要な政敵が「亡命したか収監されたかどちらか」(AFP通信)という中、亡命中で立候補を認められなかったMDPのナシード元大統領に代わり出馬した。選挙戦では、政敵や野党支持者を次々と拘束するといったヤミーン氏の強権政治を批判、国民に「変革」を訴えた。

 ソリ氏はまた、ヤミーン氏が中国政府が提唱するシルクロード経済圏構想「一帯一路」の枠組みを生かして大規模な国土開発を進める一方、国内総生産(GDP)の4分の1超に当たる対中債務を抱え込んだことを懸念。中国一辺倒でなく、域内大国のインドや欧米諸国との関係も重視する考えを示した。

 法律は、選管が投票日から7日以内に公式結果を発表するよう定めている。ソリ氏は選挙戦中、ヤミーン政権が結果を不正操作する可能性を「大変憂慮している」と語っており、今後はヤミーン氏が結果を受け入れるかどうかが焦点となる。

429 とはずがたり :2018/09/24(月) 20:57:02
マレーシアに続いて(党首交代の濠州も?)中国の後退。

モルディブ大統領選 中国寄りの現職が敗北認める
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180924/k10011642331000.html
2018年9月24日 18時17分

23日投票が行われたモルディブの大統領選挙について、中国寄りの外交政策を進める現職のヤミーン大統領が国民向けの演説で敗北を認め、インドとの関係を重視する新人のソリ氏に速やかに権限を移譲することを約束しました。

23日投票が行われたモルディブの大統領選挙は、選挙管理委員会が、野党連合の統一候補で新人のソリ氏の票が、現職のヤミーン大統領の票を上回る見通しとなる暫定結果を明らかにし、これを受けて、ソリ氏が勝利宣言を行い、ヤミーン大統領の陣営の反応が注目されていました。

ヤミーン大統領は、24日、国民向けのテレビ演説を行い、「私は、国民が決めた結果を受け入れる」と述べて、選挙結果を受け入れ、敗北を認めました。そして、「きょう、ソリ氏と会談して祝意を伝えた。私の任期の11月までに、速やかに権限を移譲する」と述べて、大統領権限を移譲して政権交代を速やかに進めることを約束しました。

今回の選挙をめぐっては、ヤミーン政権が強権を発動して野党幹部を相次いで拘束する一方、野党側は、選挙で不正を行うおそれがあるとヤミーン大統領を非難するなど、与野党の対立が激しさを増して国を分断する事態となり、選挙後も混乱が懸念されていました。

ヤミーン大統領が敗北を認めたことで政権交代が行われることになり、ヤミーン政権時代の中国一辺倒の外交政策が修正され、悪化していた隣国インドとの関係が修復されることになります。

430 チバQ :2018/09/25(火) 20:15:24
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00000598-san-asia
モルディブ以外もマレーシア、スリランカ…親中政権、敗北続く
9/25(火) 19:01配信 産経新聞
 【シンガポール=吉村英輝】モルディブの大統領選で、親中派の現職が敗れバランス外交を目指す野党候補が勝利した結果に、中国のオンラインメディアは25日、モルディブが「第2のマレーシアに?」と題する論考を掲載し、アジアで相次ぐ親中政権の敗北への危機感を伝えた。

 マレーシアでは今年5月、マハティール首相が復権し、財政悪化や採算性を理由に、前政権が中国と進めた鉄道などの大型インフラ投資にストップをかけた。親中派だったナジブ前首相は選挙で敗れ、収賄罪などで起訴された。

 アジア各国の市民には、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」による経済支援の陰で、不透明な契約が「汚職」と「債務」を招き、主権侵害にもつながりかねないとの危惧が高まる。

 スリランカでは2015年、親中派大統領が選挙で落選。新政権は、引き継いだ中国との開発計画で債務返還に窮し、大規模港の管理権を中国に引き渡した。

 一方、民主化が途上のカンボジアでは、フン・セン政権が最大野党を解党に追い込んで今年7月の総選挙で全議席を独占し、親中路線と開発を継続している。

431 チバQ :2018/09/25(火) 20:19:10
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-35126062-cnn-int
5億人の医療費を無償化、インドの「モディケア」始動
9/25(火) 12:39配信 CNN.co.jp
5億人の医療費を無償化、インドの「モディケア」始動
インドのモディ首相
(CNN) インドのモディ首相は来年に迫った国政選挙を前に、貧困世帯などの推定5億人の医療費を無償化する健康保険制度、通称「モディケア」を始動させた。

モディケアは今年2月に発表された連邦予算に盛り込まれた健康保険制度で、先の週末から開始された。貧困世帯など約1億世帯の推定5億人を対象に、年間50万ルピー(約78万円)を上限として、病院の医療費を無料とする。

モディ首相は23日のツイッターへの投稿で、「規模においても対象範囲においても比類のない制度」と位置付け、「健康なインドの創設を目指す我々の揺るぎない貢献の表れ」と強調した。

しかし、同制度が選挙を控えたタイミングで導入されたことに対する批判や、モディ首相の公約実現能力に対して疑問を投げかける声もある。

調査会社キャピタル・エコノミクスはモディケアに割り当てられた年間2000億ルピーの予算について、国内総生産(GDP)のわずか0.2%にすぎず、「あまりに少額」と指摘した。

インドが公衆衛生に費やしている予算はGDPのわずか1%程度。もしモディケアがフル活用されれば7800億ドル近い予算が必要になり、2兆4000億ドル規模のインド経済にとって相当重い出費となる。

野党は同制度を強く批判しており、テランガナ、オディシャ、ケララ、パンジャブの4州とデリー連邦直轄領は、インフラや予算に対する懸念、腐敗の温床となる可能性などを理由に、不参加を表明した。

この4州と直轄領はいずれも、モディ首相率いるインド人民党と連携しない党が与党となっている。

432 チバQ :2018/09/25(火) 20:29:31
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00000037-mai-int
<モルディブ大統領選>政権交代 野党候補、親中派現職破る
9/24(月) 19:44配信 毎日新聞
<モルディブ大統領選>政権交代 野党候補、親中派現職破る
大統領選での当選が確実となり喜ぶ最大野党モルディブ民主党のソリ議員(左から3人目)=モルディブの首都マレで2018年9月24日、AP
 【ニューデリー松井聡】インド洋の島国モルディブの選挙管理委員会は24日、23日実施の大統領選の暫定集計結果で、最大野党モルディブ民主党(MDP)のベテラン議員で野党連合のソリ候補が、当選に必要な過半数の票を獲得したと発表した。親中派で2期目を目指したヤミーン大統領を破った。ソリ氏はインドや欧米に近く、現政権の強権手法や汚職、中国への依存を批判し支持を広げた。

 モルディブはペルシャ湾と東アジアを結ぶシーレーン(海上交通路)の要衝。従来インドと友好関係にあったが、2013年のヤミーン政権誕生以降、経済圏構想「一帯一路」を掲げる中国が影響力を拡大していた。

 地元メディアによると、有権者は約26万人。投票率は約89%で、ソリ氏は約58%を獲得した。選管は30日までに正式結果を公表する。

 ソリ氏は24日、「人々は変化と平和、そして正義を求めた」と勝利宣言。ヤミーン氏は同日、テレビ演説で敗北を認めた。選挙中に、野党の運動員が拘束されるなど公平性が疑問視されたが、投開票では目立った混乱はなかった。

 ヤミーン氏は就任以降、経済・安全保障面で中国への傾斜を進め、強権体制を敷いてきた。選挙では中国の支援によるインフラ整備の実績を強調。一方、ソリ氏は選管から立候補を認められなかったMDP総裁のナシード元大統領(英に亡命中)の指名で出馬。「中国の投融資によるインフラ整備が対外債務を増大させた」と主張した。

 新政権は今後、中国とは一定の距離を取りながら、中国の影響力拡大を警戒するインドに接近する可能性が高い。現政権下で有罪判決を受けて収監中の野党政治家らの釈放など民主的な路線も打ち出すとみられる。インド外務省は24日、「選挙が無事に終わり、ソリ氏が勝利したことを歓迎する」との声明を発表した。

 一方、野党連合は世俗的なナシード氏とは意見が異なるイスラム主義政党を抱えるほか、独裁体制を30年間敷いたガユーム元大統領(収監中)の支援も受ける。「反ヤミーンで一致しただけで結束は弱い」(外交筋)との見方もあり、政権運営に課題も残る。

 大統領の任期は5年で、ソリ氏は11月17日に就任の見通し。

433 チバQ :2018/10/01(月) 22:39:14
http://www.sankei.com/world/news/181001/wor1810010025-n1.html
2018.10.1 17:42

拘束のガユーム元大統領を解放 モルディブ
 【ニューデリー=森浩】インド洋の島嶼国モルディブで9月30日、2月の非常事態宣言の際に拘束され、禁錮刑を言い渡されたガユーム元大統領が保釈された。裁判所が保釈を認める決定を下した。

 非常事態宣言を発動したヤミーン現大統領は9月23日の大統領選で、野党統一候補のソリ氏に敗れた。選挙後、ソリ氏は政府に政治犯釈放を要求しており、拘束された他の野党指導者も解放されている。

 選挙管理委員会は1日までにソリ氏の当選を正式に決定。ソリ氏は11月17日に新大統領に就任する予定。

434 チバQ :2018/10/02(火) 18:57:49
https://digital.asahi.com/articles/ASL9S4PQHL9SUHBI00J.html?rm=387
アジアの親中政権、連敗続きなぜ 「一帯一路」の沿線国
マレ=武石英史郎2018年9月24日22時52分
 アジアで中国寄りの政権が選挙で相次ぎ敗れている。スリランカ(2015年)やマレーシア(今年5月)に続き、モルディブでも親中派の大統領が敗北した。いずれも中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」の沿線国で、大規模開発が続くさなかの動きだ。

モルディブ大統領選、野党候補が勝利宣言 親中派現職に
 モルディブの場合、首都がある島から空港や住宅地がある島々に通じる橋を、中国が総工費2億ドル余りの大半を贈与と融資でまかない大統領選の直前に完成させた。船でしか移動できなかった市民にとって画期的だが、「実際の値段は3分の1。大金が誰かの懐に入った」と疑う市民が多い。

 橋には1キロ以上にわたって中国国旗がはためく。空港の拡張や8千戸のアパートも中国が手掛ける。観光客のトップは8年連続で中国人で、人口40万人余りの国に年間30万人が訪れる。存在の大きさは脅威にもなり、「地元で中国人気は意外と高くない」(外交関係者)との見方がある。

 一帯一路の沿線で歓迎ムードの潮目が変わったのは15年、スリランカの政権交代だ。親中派の前政権が中国の融資で大規模港を造ったものの利益を生めず、新政権は追加の開発計画の凍結を決めた。すると中国側は損害賠償を要求。返済免除と引き換えに、港の管理を99年間差し出すことになった。債務と汚職の問題は、マレーシアやモルディブで野党側が親中政権を批判する材料になった。

 人権問題に口出ししない中国の支援を背に、親中派政権は反対派を弾圧し独裁化した点で共通する。ただ、選挙前に最大野党を解党し事実上の一党支配になったカンボジアを除き、民主的な体裁を気にしない極端な独裁には至っていない。モルディブでは今回を含め過去3回の大統領選の投票率が9割近く、民主制度への信頼が社会の底流にあることをうかがわせる。

 複数の市民は「替え玉投票を持ちかけられた」と証言するが、別の現地の外交関係者は、「仮に政権が何かしようとしても、やりきれなかった」と指摘。中国にとって今回の政権交代は「独裁政権との不透明な関係による大きすぎる代償になる」と語った。(マレ=武石英史郎)

435 チバQ :2018/10/04(木) 00:12:40
https://www.sankei.com/world/news/181003/wor1810030023-n1.html
2018.10.3 19:25

パキスタン、中国「一帯一路」関連事業見直し 鉄道事業で融資20億ドル削減
 【ニューデリー=森浩】パキスタンは3日までに、中国が推進する巨大経済圏構想「一帯一路」による鉄道改修事業について、中国からの融資を20億ドル(約2300億円)削減することを決定した。債務負担を軽減するための措置で、8月発足のカーン新政権による財政再建策の一環。一帯一路への不満が各地で表面化する中、歴史的に中国と親密なパキスタンで見直し作業が始まったことは、影響を広げそうだ。

 地元英字紙ドーンなどによると、パキスタン国内では、南部カラチと北西部ペシャワルを結ぶ鉄道の改修事業が計画されている。一帯一路の一部である「中国パキスタン経済回廊」(CPEC)に基づいて、事業費82億ドルは中国の融資でまかなう予定だったという。

 パキスタンのラシッド鉄道相は1日、総額を62億ドルに減額したことを発表した。事業の遂行は問題ないことを強調し、さらに20億ドルの圧縮を検討していることを明らかにした。外交筋によると、パキスタンでCPEC関連の事業が見直されるのは初めて。

 ラシッド氏は「パキスタンは貧しい国で、莫大(ばくだい)な債務の負担には耐えられない」と発言。さらに「CPECはパキスタンを支える背骨のように思われるが、私たちの目と耳は開いている」とし、見直しを継続する意向を明らかにした。

 CPECは中国の習近平国家主席が一帯一路の中核と位置づけており、パキスタンのシャリフ政権時代に推進された。中国からの融資総額は620億ドルに達する。

 その一方で、パキスタンの対外債務は今年末には932億ドルに拡大する見通しで、うち3〜4割は中国からの融資によるものだという。カーン首相は総選挙での勝利後、「債務負担が大きすぎる」としてCPEC関連事業の見直しを表明。契約の詳細を検討する専門チームを立ち上げた。

 ただ、パキスタンに大規模な融資を行う国は中国以外になく、カーン政権はインフラ整備推進の観点から、CPECの枠組みそのものは歓迎する。契約見直しは、シャリフ政権を批判して求心力を高める方策という側面もあり、どこまで進捗(しんちょく)するかは不透明だ。

436 チバQ :2018/10/11(木) 10:32:19
https://www.asahi.com/articles/ASLBB722XLBBUHBI035.html
大統領選敗北の現職、選挙での不正を訴える モルディブ
ニューデリー=武石英史郎2018年10月11日00時03分
 インド洋の島国モルディブで先月行われた大統領選で、敗北した現職ヤミーン大統領派の与党が10日、「選挙で票の操作や不正、汚職があった」として、最高裁に法的措置を求める訴えを起こした。11月に予定されている政権移行が円滑に行われるかどうか、懸念が高まっている。

 地元メディアによると、最高裁が訴えを受理したかどうかは不明。選挙管理委員会は訴えについて何も知らされていないという。

 同国の大統領選は先月23日に投開票された。独裁化していた政権が最高裁判事や野党政治家を次々と逮捕するなど、公正な選挙の実施が困難だとみて、国連や欧州連合(EU)などは監視団を派遣しなかった。

 警察が投票日当日の未明まで野党の選挙事務所を捜索するなど、あからさまな圧力をかけたが、野党統一候補のイブラヒム・ソリ氏が大差で勝利した。翌日、ヤミーン氏もテレビ演説し、敗北を認めていた。

 選挙結果をめぐっては、ヤミーン政権に批判的だった米国やインドがいちはやく歓迎する声明を出したほか、ヤミーン政権を全面的に支えた中国政府も結果を尊重する考えを表明していた。(ニューデリー=武石英史郎)

437 チバQ :2018/10/19(金) 14:16:27
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018101900193&g=int
ブータン下院選、協同党が初の政権奪取=前与党破る

18日、ブータン下院選で勝利し、首都ティンプーで取材に応じる野党・協同党のロテ・ツェリン党首(AFP時事)

 【ニューデリー時事】ヒマラヤの王国ブータンの選管は18日、同日実施された下院(定数47)選の本選の暫定結果として、野党・協同党が30議席を獲得し、勝利したことを明らかにした。前与党の調和党との争いを制した。与党・国民民主党は既に9月15日の予備選で敗退しており、協同党が次期政権を担う。選管は19日にも公式結果を発表する見通し。
 協同党は泌尿器科医のロテ・ツェリン氏(50)が党首を務める。選挙戦では、医療や福祉に関し「裕福な者と貧しい者の間に格差がある」として是正を訴え、予備選を1位で通過。本選でも支持を伸ばした。協同党はフェイスブックで「政権樹立の権限を委ねてくれた全国民に感謝したい」と表明した。(2018/10/19-11:57)

438 チバQ :2018/10/19(金) 18:45:03
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000065-asahi-int
「幸せの国」も格差の波 総選挙で是正訴える新党勝利
10/19(金) 17:36配信 朝日新聞デジタル
 「幸せの国」を掲げるヒマラヤの王国ブータンで18日、総選挙(国民議会、定数47)があり、選挙管理委員会によると、外科医のロテ・ツェリン党首(50)が率いる協同党が、格差の是正を訴えて30議席を獲得し、初めて政権の座につくことになった。

 下院に相当する国民議会の選挙は、国王親政から立憲君主制へ転換した2008年から実施され、今回が3回目。予備選を勝ち抜いた上位2政党が争う。政権与党の人民民主党は9月の予備選で敗れ、前回に続いて政権交代が確定。08年から13年まで政権の座にあった調和党と、13年に結党した新興政党の協同党との一騎打ちとなった。

 ブータンでは、前国王が1970年代に国内総生産(GDP)に代わる指標として、国民総幸福量(GNH)を提唱。その増進が国是となっているが、協同党は格差が広がる現状に注目し、草の根医療や教育の拡充を訴え、支持を集めた。調和党は、政権を担当した実績をアピールし、援助に頼らない経済の自立を主張したが、17議席にとどまった。

 選挙では必ずしも争点にはならなかったが、新政権が直面する難題は外交問題だ。伝統的にブータンは軍事、外交、経済面で南隣のインドとの関係が深く、その意向もあって、北隣の中国とは外交関係がなかった。未確定の国境線をめぐり緊張関係が続く一方、中国は今年7月、外交部幹部をブータンに派遣し、国交樹立へ秋波を送っている。(ニューデリー=武石英史郎)

朝日新聞社

439 チバQ :2018/10/19(金) 18:52:41
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000016-jij_afp-int
ブータン下院選、協同党が圧勝 女性議員は過去最多に 選管速報
10/19(金) 12:19配信 AFP=時事
ブータン下院選、協同党が圧勝 女性議員は過去最多に 選管速報
ブータンの首都ティンプーで、国民議会(下院)選の開票速報の発表を受けて記者会見に臨む協同党のロテ・ツェリン党首(2018年10月18日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】(写真追加)インドと中国に挟まれたヒマラヤの小国ブータンで18日、今回で3度目となる国民議会(下院)選の投開票が行われた。速報によると、泌尿器科の医師が党首を務める中道左派の協同党(DNT)が圧勝する見通しとなった。

【関連写真】坂道を登って投票所に向かう有権者ら

 ブータンの選挙管理委員会が発表した速報によると、今回の選挙では2013年に結成されたばかりの中道左派の協同党が47議席中30議席を、野党・調和党(DPT)が残る17議席を獲得した。正式な結果は19日に発表される。

 与党・国民民主党(PDP)は9月に行われた第1回投票で敗北し、第2回投票に進めなかった。「国民総幸福量(GNH)」という独自の指標で知られる人口80万人のブータンでは、絶対王政から立憲君主制への移行後、最初の国政選挙だった2008年の国民議会以降、選挙のたびに政権交代が起きている。

 協同党のロテ・ツェリン(Lotay Tshering)党首(50)は、主にインドに対する巨額の対外債務や若者の雇用、地方の貧困対策、犯罪組織対策などの「国造り」を公約に掲げていた。ツェリン党首はバングラデシュやオーストラリアで技術を磨いた泌尿器科の外科医。

 今回の選挙では、両党ともに経済成長を公約に掲げていた。開票速報では投票率は70%で、女性議員は過去最多となる11議席を占めた。【翻訳編集】 AFPBB News

440 チバQ :2018/10/25(木) 10:58:18
http://www.afpbb.com/articles/-/3194146
「幸せの国」ブータンから追われた不幸な少数民族ローツァンパ
2018年10月23日 13:44 発信地:ダマク/ネパール [ ネパール ブータン アジア・オセアニア ]
「幸せの国」ブータンから追われた不幸な少数民族ローツァンパ❮ 1/16 ❯ ‹ ›
ネパールのベルダンギ難民キャンプで、窓から外をのぞくブータン難民の子どもたち(2018年8月10日撮影)。(c)Prakash MATHEMA / AFP
画像作成中
【10月23日 AFP】「幸福」が富と等しく重視されているブータンで先週、国民議会(下院)選挙が実施された。だが、1990年代に無情にも国を追われたローツァンパ(Lhotshampa)の人々は、蚊帳の外に追いやられたままだった。

 1985年に当時の国王が「一国一民族(One Nation, One People)」政策を掲げると、ネパール語を話すローツァンパは市民権を剥奪され、「移民」というレッテルを貼られた。この政策は、仏教徒が大部分を占めるブータンの習慣に沿って決められたものだった。伝統衣装を身に着けるよう強要され、ネパール語を話すことも禁じられた。

 国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)によると、抵抗する者は「反国家主義者」のレッテルを貼られ、逮捕されたりレイプや拷問などの残忍な仕打ちを受けたりしたという。

 治安当局は、被拘束者らに対し、自発的にブータンを離れると書かれた宣誓書に署名すれば釈放すると持ちかけた。その結果、全人口の6分の1にあたる約10万人がブータンを後にし、ネパール東部の難民キャンプに避難した。

 当時、王室の医師だったブンパ・ライ(Bhumpa Rai)さん(68)も、ネパールに逃れた一人だ。

「彼らは私たちを侮辱した。ローツァンパはブータン人ではないと言ってわれわれを追い出したのだ」と、ライさんはAFPの取材に語った。

 この厳格な法律は、「国の調和」を守るためとの名目で導入された。国王は、ライさんを保護するために例外とすることを提案したが、ライさんはこれを断り、他のローツァンパに合流してブータンを離れ、ネパールで難民となった。

「彼らは、ネパールをルーツとする人々を敵のように扱っている。医師としてかつては彼らの傷の手当てをしたが、もはや敬意を抱くことはできない」とライさんは語る。

 ブータンを離れたローツァンパの大部分は、国連(UN)の支援で、米国やオーストラリア、ノルウェーなど第三国に再定住した。今でもネパールの難民キャンプに留まっているのは、ライさんを含め7000人程度だ。国連のプログラムは2016年に終了し、再定住を拒んだ難民たちはキャンプに取り残された。彼らは、ブータン当局がローツァンパにしたことを国連が免罪したと非難し、再定住を拒んだのだ。

441 チバQ :2018/10/25(木) 10:58:30

■「幸福な国」の不幸な民族

 ブータンは、中国とインドというアジアの大国に挟まれた小国で、長年、外国からの影響を拒んできた。テレビが許可されたのは、1999年のことだった。欧米化への抵抗と、1990年代後半に打ち出された経済的利益よりも国民の幸福を重視する「国民総幸福量(GNH)」は、ブータンの神秘性を高めた。絶対王政から立憲君主制へ移行したのも2008年になってからで、18日に実施された下院選は、3度目の選挙だった。

 米に本部を置くシンクタンク「フリーダム・ハウス(Freedom House)」によると、ブータンは現在もローツァンパを移民と位置付けており、国家主義的な法律を、文化的アイデンティティーや政治的安定の礎だとして正当化している。

 ネパールにいる難民らは、今回の選挙に期待はしていなかった。

「選挙結果は、王室が望むものとなる。私たちの気に入る結果にはならない」と、ドゥルガ・プラサード・シャルマ(Durga Prasad Sharma)さん(80)は話す。このような歯に衣着せぬ意見は、王室をあがめ、自粛がはびこるブータンで聞かれることはない。

 シャルマさんはブータン国内で、ローツァンパの人権を訴える政党に所属していたが、指名手配され、懸賞金もかけられたことから、1994年に国を離れた。ブータンは憲法で、すべての政党は国家の統一を促進し、民族性や宗教を使って有権者を引き付けてはならないと定めており、シャルマさんが所属していたような政党は禁止されている。各党はまた、47の選挙区すべてに候補者を立てることが求められている。

 このような規制から、少数派の権利が確保される余地はほぼ残されておらず、ブータンに残るローツァンパから効率的に選挙権を奪っている。

 米国務省によると、ブータン政府は国家の統一性が損なわれるとして、ネパール語を話す民族が設立した人権団体を政治団体とみなし、その活動を禁じているという。

 ブータンにローツァンパが何人いるかは分かっていない。2017年に人口調査が実施されたが、質問に民族、言語、宗教に関する項目は含まれていなかった。このため、ネパール語を話し、大部分がヒンズー教を信仰するローツァンパの人数は把握できない。

 AFPの取材に応じたローツァンパのラジマン・グルンさん(54)は、「私たちもブータン人だが、幸せではない」と述べ、「ローツァンパは不幸だ。祖国に戻り、平等な地位を得られたら、幸せになれる」と訴えた。(c)AFP/Ashok Dahal

442 チバQ :2018/10/28(日) 15:29:17
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00050012-yom-int
「汚職」「親中」の前大統領が復権、新首相に
10/28(日) 12:56配信 読売新聞
 【ニューデリー=田尾茂樹】インド洋の島国スリランカのシリセナ大統領は26日、2015年から連立を組んできた最大与党の党首、ウィクラマシンハ首相を解任し、15年の大統領選で争ったラジャパクサ前大統領を新首相に任命した。中国と蜜月関係にあったラジャパクサ氏の復権で、スリランカの中国傾斜が再び加速する可能性がある。

 シリセナ氏はラジャパクサ前政権下で保健相を務めていたが、ラジャパクサ氏の汚職体質や中国への過度な依存を批判し、造反して、前回の大統領選に立候補した。選挙戦ではウィクラマシンハ氏率いる政党の支援を受け、当選。だが、政治改革の停滞で国民の批判が高まり、2月の地方選で連立与党側はラジャパクサ氏の政党に大敗し、連立内部に深刻な亀裂が生じていた。

443 チバQ :2018/10/28(日) 15:46:24
https://heスリランカ大統領、議会を停止=首相解任めぐり混乱
10/27(土) 17:34配信 時事通信
 【ニューデリー時事】スリランカのシリセナ大統領は27日、議会の機能を11月16日まで停止すると宣言した。

 2015年の前回大統領選で共闘したウィクラマシンハ首相を26日に突然解任、後任に親中国派のラジャパクサ前大統領を据えたばかり。「憲法違反だ」と反発したウィクラマシンハ氏が議会の緊急招集を議長に求めたため、議会を停止したとみられている。

 ウィクラマシンハ氏は解任後も首相府に居座っている。27日に記者団に対し「議会を招集すれば、私が多数派側にいることが証明できる」と述べた。

 シリセナ大統領は就任後、議会第1党の統一国民党(UNP)を率いるウィクラマシンハ氏を首相に起用した。老舗政党のUNPはインドと関係が深い。

 ラジャパクサ前政権は、南アジアへの浸透を狙う中国に依存し、莫大(ばくだい)な借款で港湾や空港などの整備を図った。現政権は当初、この親中路線から「バランス外交」(外交筋)へとかじを切っていた。

 しかし、スリランカは対中負債の返済に悩まされた上、経済の不調にあえぎ、昨年は16年ぶりの低成長を記録。今年2月の地方議会選では、ラジャパクサ氏のスリランカ人民党(SLPP)に大勝を許した。

 4月には野党が提出した首相不信任決議案に対し、大統領が党首を務めるスリランカ自由党(SLFP)出身の閣僚6人が賛成。大統領は今月、インドによる自らの「暗殺」の企てを指摘するなど、大統領と首相の対立は決定的になっていた。新首相の起用で、政権は親中路線に進む可能性がある。 adlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181027-00000076-jij-asia

444 チバQ :2018/10/28(日) 15:49:10
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00000507-san-asia
スリランカ政治混乱 大統領、議会停止を宣言
10/28(日) 1:02配信 産経新聞
 【ニューデリー=森浩】スリランカのシリセナ大統領が26日、ウィクラマシンハ首相を解任し新首相に2015年まで大統領を務めたラジャパクサ氏を指名したことを対し、ウィクラマシンハ氏は「議会は自分を支持している」とし、首相続投を主張。シリセナ氏は27日、対抗措置として議会を11月16日まで停止させることを決め、政治的混乱が広がっている。

 首相交代の理由は明らかになっていないが、今年に入って経済政策などで大統領と首相の対立が顕在化していた。ラジャパクサ氏は大統領在任中に中国への接近を推進したことで知られ、今後の外交政策への影響が注目される。

 ラジャパクサ氏は内戦終結の立役者として人気も高く、2月の地方選では自身の政党が大勝を収めた。シリセナ氏はラジャパクサ氏と組むことで、政権の求心力を維持したい思惑があるようだ。

445 とはずがたり :2018/10/28(日) 21:31:55

安倍流“別荘外交”その狙いは インド首相を異例の厚遇
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20181028-00404217-fnn-pol
10/28(日) 17:43配信 Fuji News Network

安倍首相は28日午後から、インドのモディ首相を山梨県の河口湖近くの自身の別荘に招き、夕食を共にしている。
こうした「別荘外交」はこれまでも行われてきた。

1983年、当時の中曽根首相は、自身の別荘「日の出山荘」にアメリカのレーガン大統領を招き、お互いを「ロン」、「ヤス」と呼び合う親密な関係を築いた。

一方、世界の首脳外交でも、別荘の役割は重要で、ブッシュ大統領が別荘「キャンプ・デービッド」に小泉純一朗首相を招き、キャッチボールをしたり、トランプ大統領も安倍首相を別荘に招いて、個人的なつながりを深めている。

外国の首脳を初めて自分の別荘に招いた安倍首相だが、インドへの歓待の「タイミング」に注目が集まっている。

日本の首相として、7年ぶりに中国を公式訪問し、習近平国家主席らと会談。

27日に帰国したばかりで、間を置かずに今度はインドの首相と会談に臨む。

実は、インドと中国は国境が接していて、軍事・貿易両面で常に緊張関係にある。

今回の訪問で、中国が進める一帯一路に、条件付きで協力姿勢を打ち出した安倍首相として、一帯一路に警戒感を示す、インドのモディ首相を別荘に招き、腹を割って、日本の真意を説明したいとの思いもあるとみられる。

446 チバQ :2018/10/30(火) 16:10:44
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000055-asahi-int
半世紀暮らした国、突然「国民じゃない」400万人危機
10/30(火) 15:51配信 朝日新聞デジタル
半世紀暮らした国、突然「国民じゃない」400万人危機
「ヒンドゥー教徒に刃向かえば外国人として警察に通報される」と訴えるスレマン・クレシさん。83年の虐殺事件では、家族や親戚30人中12人を失ったという=ネリー、武石英史郎撮影
 不法滞在の外国人は、どの国でも取り締まる。しかし、半世紀近く普通に暮らし、投票までしてきたとしたら? インド北東部アッサム州で、そんな境遇の人々を洗い出す作業が始まった。400万人が無国籍となる瀬戸際にある。(ネリー=武石英史郎)

 「私はインド人だ。なのに名簿で『NO』と書かれている」。アッサム州中部ネリー村の役場の分室。やって来たイスラム教徒の農家マルジャット・アリさん(52)が切り出した。証明する書類を求められると、財布代わりのポリ袋から1枚のカードを大事そうに取り出した。「これで投票した」。選挙管理委員会が発行した有権者証だ。

 担当官は「証明にならない」と一蹴。「土地の権利書とか、配給カードとか。1971年以前の記録がないとダメだ。必要なら地区の役場へ行きなさい」

 地区の役場は車で1時間半。交通費もばかにならない。文字をあまり読めないアリさんが書類を見つけられるかどうか。「国民じゃなくなったら畑や家族はどうなる。私は死ぬしかない」。アリさんは目を潤ませた。

■パスポート所持者も「NO」

 州内で「本物のインド人」を認定し直す「国民登録」は2015年に始まった。約3300万人が申請し、今年7月末に発表された暫定名簿で400万人余りが除外された。9月末から2カ月間が不服申立期間で、ネリー村の役場分室は受付窓口の一つだ。

 次に来た男性もイスラム教徒。自分と妻は国民と認められたものの、子供3人の欄には「NO」の文字。担当官は「出生届は出したのか。他に証明できる書類は?」。法律では、国民であることの立証責任は本人にある。

 ネリー村があるモリガオン地区ではイスラム教徒が人口のほぼ半数を占める。そのうち1〜2割が「NO」とされた。中にはインドのパスポートを持つ人もいた。取材した範囲で、自ら外国人だと認める人は誰もいなかった。

朝日新聞社

447 チバQ :2018/10/30(火) 19:02:36
https://www.asahi.com/articles/ASLBW24J7LBWUHBI00C.html
スリランカ大統領、議会停止を宣言 前首相の動き警戒か
ニューデリー=武石英史郎2018年10月27日21時37分
 インド洋の島国スリランカのシリセナ大統領は27日、議会の停止を宣言した。親欧米のウィクラマシンハ首相を26日に突然解任し、反欧米で中国寄りとして知られたラジャパクサ前大統領を新首相に任命。宣誓も行われたが、解任されたウィクラマシンハ氏は「議会の多数は私を支持しており、今も首相だ」と主張したことから、議会を停止したとみられる。

 ウィクラマシンハ氏は解任の無効を主張し、自身の議会での優位を国民に見せつけるため、議会を招集しようとしたとみられる。

 ラジャパクサ氏は2015年までの2期10年間の大統領在任中、中国からの借り入れでインフラ整備を進めた。一方、反政府勢力との内戦で市民4万人の犠牲を出した責任を欧米から追及されている。

 シリセナ氏は元々、ラジャパクサ政権の保健相だったが、ウィクラマシンハ氏が率いる政党に担がれて離反し、15年の大統領選で勝利。対中債務の返済に窮して経済状態が悪化する一方、隣国インドとの関係をめぐり、インド寄りのウィクラマシンハ氏との不仲が伝えられていた。

 日本政府は、インド洋地域への進出を強める中国を牽制(けんせい)する狙いから、インドと協調したスリランカ支援の計画を進めている。28日から来日するインドのモディ首相との首脳会談でも、スリランカ型の日印協調が話し合われる見通しだが、スリランカの政治混乱が影響を及ぼす可能性がある。(ニューデリー=武石英史郎)

449 チバQ :2018/10/30(火) 19:04:20
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018103000042&g=int
前閣僚を拘束、政争激化=スリランカ

スリランカ


29日、コロンボで、拘束されるスリランカのラナトゥンガ前石油資源開発相(中央)(AFP時事)

 【ニューデリー時事】スリランカの警察当局は29日、前日の銃撃事件で発砲を指示し、1人を死亡させたとしてラナトゥンガ前石油資源開発相を拘束した。スリランカでは、シリセナ大統領派と首相を解任されたウィクラマシンハ氏との間で政争が激化しており、大統領派は解任を認めない前政権閣僚への圧力を強めている。
 銃撃は、ラナトゥンガ氏と大統領支持者がもみ合いになった際に起きた。大統領は26日、ウィクラマシンハ氏の首相解任を発表したが、ウィクラマシンハ氏は「憲法違反だ」と述べ、自らがまだ首相職にあると主張している。(2018/10/30-00:52)


https://www.jiji.com/jc/article?k=2018102800484&g=int
議会議長、大統領の首相解任認めず=対立長引く恐れ-スリランカ

スリランカ


大統領から解任されたものの、議会議長は解任を認めていないスリランカ首相のウィクラマシンハ氏=5日、オスロ(AFP時事)

 【ニューデリー時事】AFP通信によると、スリランカ議会議長は28日、大統領によるウィクラマシンハ首相の解任を認めない考えを表明した。混乱するスリランカは、大統領派と首相派に分裂し、対立が長引く恐れもある。(2018/10/28-22:55)

451 チバQ :2018/10/30(火) 20:16:10
スリランカ
■2015年大統領選
>>70 
与党・スリランカ自由党の現職、マヒンダ・ラジャパクサ大統領(69)と、
同党の幹事長を辞して大統領に反旗を翻し、新党の新民主戦線(NDF)から出馬したマイトリパラ・シリセナ前保健相(63)
による事実上の一騎打ち。

前回の大統領選で敗れ、投獄されたフォンセカ前軍参謀長率いる民主国民連合(DNA)や
少数派民族タミル人のタミル国民連合(TNA)など主要野党も、シリセナ氏を野党統一候補として支援している。

>>72
シリセナ氏は、大統領が親族を要職に登用しているとして「縁故主義」や強権政治を批判。
大統領の権限を弱める憲法改正を公約に掲げ、クマラトゥンガ前大統領や20人を超える与党議員の支持を取り付けた。
最大野党・統一国民党のほか、少数派タミル人やイスラム教徒の政党からも支持を得ている。

>>76
現職のマヒンダ・ラジャパクサ大統領(69)に対抗して出馬したマイトリパラ・シリセナ前保健相(63)が
9日、得票率51・28%でラジャパクサ氏(47・58%)を破り、初当選した。


■2018年10月
>>443 
議会第1党の統一国民党(UNP)を率いるウィクラマシンハ氏を首相に起用した。老舗政党のUNPはインドと関係が深い。
前回大統領選で共闘したウィクラマシンハ首相を26日に突然解任、後任に親中国派のラジャパクサ前大統領を据えた
今年2月の地方議会選では、ラジャパクサ氏のスリランカ人民党(SLPP)に大勝を許した。

>>450
ジャヤスリヤ議会議長は28日、ウィクラマシンハ氏を依然首相であると認めた。

452 チバQ :2018/11/11(日) 19:55:28
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181110-00000004-jij_afp-int
スリランカ大統領、議会を解散 来年1月に選挙 混迷深まる
11/10(土) 9:31配信 AFP=時事
スリランカ大統領、議会を解散 来年1月に選挙 混迷深まる
スリランカ・コロンボで支持者を前に演説するマイトリパラ・シリセナ大統領(2018年11月5日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】スリランカのマイトリパラ・シリセナ(Maithripala Sirisena)大統領は9日、新首相任命に対する十分な支持を得られなかったことを受け、議会を解散し、来年1月に議会選を行うことを決めた。

 シリセナ大統領は先月26日、ラニル・ウィクラマシンハ(Ranil Wickremesinghe)首相を突然解任し、前大統領のマヒンダ・ラジャパクサ(Mahinda Rajapakse)氏を新首相に任命した。ウィクラマシンハ氏は解任に応じない意向を示している。

 ウィクラマシンハ氏とラジャパクサ氏のどちらが真の首相であるかを選ぶ信任投票が行われる見通しとなっていたが、ラジャパクサ氏が過半数を獲得するのに8票足りないことが明らかとなり大統領派は議会解散に動いた。シリセナ大統領は、議会(定数225)を解散する命令に署名し、議会選を予定より約2年前倒しして来年1月5日に行うとした。

 ウィクラマシンハ氏が解任を拒否する一方、シリセナ大統領は自身に対する抵抗を阻止するため議会を停止しており、混迷を深めるスリランカに対する国際社会の懸念が強まっている。【翻訳編集】 AFPBB News

453 チバQ :2018/11/12(月) 15:03:57
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181110-00000120-jij-asia
議会解散で法廷闘争=前首相派、大統領に対抗―スリランカ
11/10(土) 21:52配信 時事通信
 【ニューデリー時事】AFP通信によると、スリランカ議会第1党の統一国民党(UNP)幹部は10日、シリセナ大統領が9日に突然決めた議会解散の正当性をめぐり「法廷で争う」と表明した。

 大統領は来年1月5日に議会選を行い、UNPを率いるウィクラマシンハ前首相の解任について信を問う方針を示していた。

 大統領は10月26日に前首相を解任。その後、大統領と前首相は、議会でそれぞれの正統性を示すべく多数派工作を行っていた。大統領は議会の過半数を抑えることに失敗したため、解散に踏み切ったとみられている。

454 チバQ :2018/11/22(木) 11:24:37
https://www.sankei.com/world/news/181122/wor1811220002-n1.html
「文明未接触の島」上陸の米国人を住民が殺害 インド
2018.11.22 00:01国際アジア
 【ニューデリー=森浩】「文明未接触の島」といわれるインド東部アンダマン・ニコバル諸島の北センチネル島で、島に上陸して住民に接触しようとした米国籍の男性(27)が殺害された。現地紙などが21日、伝えた。

 地元メディアによると、男性は近隣の漁師の力を借りて、16日に北センチネル島に近づき、カヌーで上陸。その後消息が途絶えていた。弓矢で殺害されたとの情報もある。

 男性は過去5回、アンダマン・ニコバル諸島を訪れており、キリスト教を布教するために北センチネル島に住むセンチネル族に会いたいと望んでいた。

 センチネル族は、過去に文明に接触したことがない部族として知られ、人口は39人とも400人ともいわれる。警戒心が強く、接近するヘリコプターにも弓で応じるという。

 地元政府は住民の生活を尊重して外部からの接触を禁じている。しかし、近年はインターネットなどを通じて存在が広まったことで、「旅行者が接近する可能性がある」と懸念されている。

455 チバQ :2018/11/26(月) 09:41:57
https://mainichi.jp/articles/20181126/k00/00m/030/135000c
ムンバイテロ10年
インド元内相「黒幕」裁きなく不信感
毎日新聞2018年11月26日 07時45分(最終更新 11月26日 07時45分)
 【ニューデリー松井聡】ムンバイ同時多発テロ直後にインド内相に就任したチダムバラム氏は23日、毎日新聞の取材に応じた。インドが事件の「黒幕」と断定するラシュカレ・トイバ(LeT)の創設者ハフィズ・サイード師らが、パキスタンで刑事責任を問われていないことを批判、早期の両国関係の改善は困難との見方を示した。

 チダムバラム氏は「音声記録や(犯人の)カサブ元死刑囚の供述などからテロがパキスタンで計画され、指揮されたことは間違いない」と説明した。パキスタン政府は事件関与を公式には認めていないが、「パキスタンは米国や英国に対して、私的な会話の中で(一定の)責任を認めている」と明かした。

 サイード師とLeTのラクビ幹部は、パキスタンで断続的に軟禁や拘束されるなどしたものの、刑事罰は受けていない。背景にはLeTを支援してきたパキスタン軍の司法や政治への影響力があると指摘される。

 チダムバラム氏は「パキスタンで正義がもたらされない限りテロは忘れられない」と述べる一方、「現時点でパキスタンには何も期待できない」と語った。

456 チバQ :2018/12/16(日) 20:38:27
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181215-00000042-jij_afp-int
ラジャパクサ首相が辞任、スリランカの「憲政の危機」が収束へ
12/15(土) 23:25配信 AFP=時事
ラジャパクサ首相が辞任、スリランカの「憲政の危機」が収束へ
スリランカの中心都市コロンボの自宅で、辞職する旨を記した書類に署名するマヒンダ・ラジャパクサ首相(2018年12月15日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】前首相派と大統領派が対立していたスリランカで15日、マヒンダ・ラジャパクサ(Mahinda Rajapakse)首相が辞任した。同首相が7週間続いた権力闘争から身を引いたことで、「憲政の危機」に収束の兆しが見えてきた。

 ラジャパクサ氏は自宅で、10月26日に就任した首相職を辞する旨を記した書類に署名。73歳の元大統領である同氏は、報道陣に対して声明は出さなかったものの、側近らによると、争点となっていた首相就任以来利用していたリムジンを返却する予定だという。

 同国では、マイトリパラ・シリセナ(Maithripala Sirisena)大統領がラニル・ウィクラマシンハ(Ranil Wickremesinghe)首相を解任し、その後任として宿敵だったラジャパクサ元大統領を任命したことから政治的混乱が発生。ウィクラマシンハ氏は解任は違法として応じず、同国は2人の首相が並立する事態に陥っていた。

 だがラジャパクサ内閣に対しては11月14日、不信任案が可決されていた。【翻訳編集】 AFPBB News
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000021-jij_afp-int

解任された前首相が復帰、スリランカの「憲政の危機」が収束
12/16(日) 15:34配信 AFP=時事
解任された前首相が復帰、スリランカの「憲政の危機」が収束
スリランカの中心都市コロンボにある首相府で、支持者に語り掛けるラニル・ウィクラマシンハ首相(20018年12月16日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】(更新、写真追加)政治混乱が続いたスリランカで、首相職を解任されていたラニル・ウィクラマシンハ(Ranil Wickremesinghe)氏が16日、首相に復帰した。国会議員の1人が明らかにした。これで51日間にわたる「憲政の危機」が収束することになった。


 69歳のウィクラマシンハ氏はこの日、マイトリパラ・シリセナ(Maithripala Sirisena)大統領の立ち合いの下で就任宣誓を行った。

 ただ同大統領が、ウィクラマシンハ氏による首相就任宣誓式に記者の立ち入りを禁止したことで、両者の反目が改めて浮き彫りとなり、首相任命の知らせはウィクラマシンハ氏支持派の議員らによってもたらされた。

 ウィクラマシンハ氏率いる統一国民党(UNP)は、「違法な権力の奪取と闘ってくれた国民に感謝する。必ずや民主主義を回復させる」とツイート。

 同氏の報道官によると、同氏は数日以内に組閣する予定だという。

 シリセナ大統領は10月26日にウィクラマシンハ氏を首相職から解任。その後任として宿敵だったラジャパクサ元大統領を任命したが、ウィクラマシンハ氏は退任を拒否。一連の権力闘争により政府は機能停止に陥っていた。【翻訳編集】 AFPBB News

457 チバQ :2018/12/16(日) 20:39:29
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000026-jij-asia
ウィクラマシンハ氏、首相復帰=混乱1カ月半、正常化に期待―スリランカ
12/16(日) 15:11配信 時事通信
ウィクラマシンハ氏、首相復帰=混乱1カ月半、正常化に期待―スリランカ
首相職をめぐる政治混乱が約1カ月半続いてきたスリランカで16日、ラニル・ウィクラマシンハ氏(69)が改めて就任宣誓し、首相に復帰した。写真は、15日、コロンボで支持者を前に演説するウィクラマシンハ氏
 【ニューデリー時事】首相職をめぐる政治混乱が約1カ月半続いてきたスリランカで16日、ラニル・ウィクラマシンハ氏(69)が改めて就任宣誓し、首相に復帰した。

 これによって政治の正常化が期待されるが、対立勢力間の不信感は根深い。

 ウィクラマシンハ氏は、経済政策などをめぐって対立していたシリセナ大統領により10月26日に解任された。しかし、自派が優勢な議会で正統性を主張し続け、法廷闘争も展開した末の「復活」となった。

 宣誓式は非公開で実施され、ウィクラマシンハ氏は自らを解任した大統領の前で宣誓。式を終え、ツイッターに「スリランカの民主主義と国民主権の勝利だ」と投稿した。

 大統領が首相に望んだラジャパクサ前首相は15日に辞任した。ウィクラマシンハ氏の解任を取り消す形になった大統領の求心力低下は避けられない。一方で15日の辞任に際し「変革は間違いなくやってくる」と予告した前首相は引き続き権力奪取を狙うとみられる。

 前首相は11月、議会の不信任決議を受けても辞任を拒否。ウィクラマシンハ派の訴えを受け、裁判所が12月に入って前首相の権限を差し止めたため、内閣は機能停止に陥り、来年の予算成立が危ぶまれていた。

458 チバQ :2018/12/18(火) 18:48:53
https://www.asahi.com/articles/ASLDK4RLMLDKUHBI012.html
モルディブ大統領、初の外遊先はインド 中国離れ鮮明
ニューデリー=奈良部健 2018年12月18日16時27分

シェア
1
ツイート
list
ブックマーク
1
メール印刷
写真・図版
首脳会談後、合意内容について説明するソリ大統領(左)とモディ首相=2018年12月17日、ニューデリー、奈良部健撮影

写真・図版
[PR]
 インド洋の島国モルディブで11月に就任したソリ大統領が初の外遊先としてインドを訪問し、17日にモディ首相と会談した。前政権は中国との関係を強めたが、ソリ氏はインド重視を表明。モディ氏はモルディブに対する最大14億ドル(約1600億円)の資金援助を表明した。

 「地域の安定やインド洋の安全保障でより緊密な協力をしていきたい」。会談後の記者会見でソリ氏はこう述べた。モディ氏は「両国は歴史や文化も共有する。民主主義でも結びついている」と応じた。

 モルディブでは、親中派のヤミーン前大統領が中国からの融資で橋や空港などのインフラ整備を進めた。かつてない建設ブームに沸いたが、中国からの債務は年間税収の約3倍に当たる約30億ドル(約3400億円)に上るとされ、債務危機に陥っている。

 会談後に出された共同声明によると、モディ氏が表明した資金援助は好条件とされ、債務返済に充てられるとみられる。

 ソリ政権は前政権が中国との間で締結した自由貿易協定(FTA)の見直しも示唆している。インド洋では近隣国のスリランカでも親中派と親インド派の対立が続いている。(ニューデリー=奈良部健)

459 チバQ :2018/12/25(火) 00:14:22
https://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-181222X733.html
野党有力者不在、与党優位か=バングラ総選挙まで1週間
12月22日 14:36時事通信

 【ニューデリー時事】バングラデシュで30日に投開票される総選挙(定数350)が1週間後に迫った。バングラデシュ民族主義党(BNP)のジア元首相=汚職罪で禁錮判決=ら野党の有力指導者が不在の中、与党アワミ連盟(AL)の優位が予想される。

 バングラデシュでは1990年代から、AL党首のハシナ首相とジア氏がほぼ交互に首相に就任し、その都度、相手派閥を弾圧してきた。今回も総選挙の前に野党指導者のジア氏と息子が相次いで有罪判決を受け、選挙に参加できない。

 2014年の前回総選挙では、公正さに疑念があるとしてBNPなど主要野党がボイコットする中、ALが圧勝した。BNPなど野党は今回、連合を組んで政府の強権姿勢を批判。これに対してALは、過去の実績を強調し「国民に繁栄をもたらす」(ハシナ氏)とさらなる経済発展を誓う。

 投票日を前に、双方の候補者や支持者への襲撃事件が頻発し、AFP通信によると、21日までに少なくとも6人が死亡した。治安悪化が懸念されている。

460 チバQ :2018/12/30(日) 08:26:07
https://news.goo.ne.jp/article/afpbb/world/afpbb-3204592.html
バングラデシュ、総選挙に向け警官ら60万人配備 きょう投票
07:23AFPBB News

バングラデシュ、総選挙に向け警官ら60万人配備 きょう投票

バングラデシュの首都ダッカで、投票の準備をする選挙職員ら(2018年12月29日撮影)。(c)Munir UZ ZAMAN / AFP

(AFPBB News)

【AFP=時事】バングラデシュで30日に行われる総選挙の投票に向け政府は警備を強化し、これまで警察官や陸軍、治安要員など約60万人を動員した。当局幹部が明らかにした。選挙では、野党が政府による弾圧が足かせとなっていると主張する中、現首相のシェイク・ハシナ・ワゼド氏が同国史上初の4選を果たすと予想されている。

 投票前のバングラデシュでは、ハシナ首相率いる与党アワミ連盟と、野党バングラデシュ民族主義党の双方の支持者が衝突し、これまでに13人が死亡、数千人が負傷した。BNPでは現在汚職の罪で収監中のカレダ・ジア氏が党首を務めるが、野党の活動家も逮捕されている。

 当局の報道官によると、同国通信規制当局も騒乱を招く恐れのある「うわさの拡散を防ぐため」、国内の携帯電話各社に対し投票日の真夜中まで3G(第3世代)と4G(第4世代)のサービスの停止を命じた。

 ハシナ氏はバングラデシュ建国の父シェイク・ムジブル・ラーマン氏の娘。首相在任期間が最長の同氏は2008年12月の総選挙で圧勝して以来、4期目の再選を目指している。健全な国内総生産の成長を率いたと称賛されているものの、同国で今年成立された報道規制を強化する法律などを通じ、言論の自由を妨げ反対派を弾圧していると批判も受けている。 【翻訳編集】AFPBB News

461 チバQ :2018/12/30(日) 08:43:23
https://news.goo.ne.jp/article/sankei/world/sankei-wor1812280015.html
モディ印首相試練 地方選大敗で来年下院選に暗雲
12月28日 11:24産経新聞

 【ニューデリー=森浩】来年5月までに下院選(定数545)が予定されるインドで、モディ首相への逆風が吹いている。自ら率いる与党インド人民党(BJP)が国内5州議会選で全敗。農村での不満などが指摘され、下院選での大幅議席減を予想する世論調査も出始めた。BJPの楽勝とみられていたムードは一変しており、選挙戦略の練り直しが迫られている。

 「国民はモディ政権で幸せではないことが鮮明となった。この結果はモディ氏へのメッセージだ」

 野党国民会議派のラフル・ガンジー総裁は11日、5州議会選の結果を受けて、こう勝利を宣言した。

 州議会選挙で、国民会議派は中部マディヤプラデシュ(MP)州、チャッティスガル州、西部ラジャスタン州で第1党に躍進。BJPはすべての州で敗北した。MP、ラジャスタン両州では過去15年、BJPが政権を握っていた。州議会選は政党の支持率を測るバロメーターとされるだけに全敗の衝撃は大きい。

 7%を超える経済成長を実現しながら吹くモディ政権への逆風の原因は何か。「成長の恩恵が国民に行き渡っているとは言い難いことが問題だ」と話すのは、デリー大のランジブ・サンジャン准教授(政治学)だ。サンジャン氏は要因として2点を指摘する。

 ひとつは失業問題だ。国際労働機関(ILO)の推計では失業率は3・5%だが、実態はよくわからない。サンジャン氏は「都市部でも10%以上に達する可能性がある」と指摘する。政府は2017年4月に失業率をはじき出すための労働力調査を実施したものの結果は未発表だ。専門家の間では「モディ政権にとって相当厳しい結果が出たので発表を遅らせている」ともささやかれる。

 もうひとつの要因が農村部での不満で、農作物の価格下落や原材料費の高騰により、農家の借入額が膨張。零細農家を中心に債務返済が滞る事態が頻発している。農業従事者は就業人口の5割強を占めるだけに不満の影響は大きい。

 モディ政権は7月に政府が農家から買い取る農産物の最低保証価格を引き上げたほか、9月に貧困層向けの健康保険制度を導入するなど、“バラマキ政策”で票の掘り起こしに躍起だ。ただ、原資としてインド準備銀行(中央銀行)に国庫納付金の増額を要求したことなどにより、政府と準備銀が対立。同行のパテル総裁が辞任するなど混乱も生んでいる。

 ガンジー氏率いる国民会議派は、農村や貧困地区を重点的に回る戦術を採用しており、政権奪還を狙う。シンクタンク「ブルッキングス・インド」は、現状のまま下院選が実施されれば、BJPは前回選挙から議席を100以上減らして、過半数を割り込み179議席に落ち込むと予想。野党連合の勢い次第では政権交代の可能性もはらみ、BJPは党勢立て直しが急務だ。

 サンジャン氏は「14年の下院選では、モディ氏の『よき日が到来する』とのスローガンが有権者の心を揺さぶった。期待が大きかった分、反発につながっている」と話している。

462 チバQ :2018/12/31(月) 08:11:38
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00000000-jij_afp-int
バングラデシュ総選挙、与党圧勝の見通し 野党は再選挙要求
12/31(月) 5:59配信 AFP=時事
バングラデシュ総選挙、与党圧勝の見通し 野党は再選挙要求
バングラデシュ・ダッカの投票所で投票を終え、取材に応じるシェイク・ハシナ・ワゼド首相(中央、2018年12月30日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】バングラデシュで30日、総選挙の投開票が行われ、シェイク・ハシナ・ワゼド(Sheikh Hasina Wajed)首相(71)率いる与党が圧勝する見通しとなった。ただ野党は不正があったと主張、また対立する支持者間の衝突などで少なくとも17人が死亡しており、情勢は不安定となっている。

【関連写真】開票作業の様子

 全国の開票結果をまとめている民放テレビ局のチャンネル24(Channel 24)は、与党アワミ連盟(AL)が単独で過半数の151議席を優に超える議席数を獲得したと報じている。

 選挙結果の公式発表は翌31日に予定されているが、同日午前0時前の時点で与党連合が191議席を確保。これに対しバングラデシュ民族主義党(BNP)を中心とする野党連合はわずか5議席にとどまっているとされる。

 野党連合は、与党が票の水増しなどの不正に及んだと訴え、選挙は「茶番」だと非難。選挙管理委員会に対し、今回の選挙結果を無効として再選挙を実施するよう要求している。

 今回の選挙戦では、死者を出す衝突が続発。選挙当日には当局が軍や警察、治安部隊の計60万人を動員し全土に厳重な警備体制を敷いたが、それでも暴力行為は防げなかった。

 警察によると、ALとBNPの支持者間の衝突で13人が死亡。さらに投票所の警護に当たっていたとする警察が男性3人を射殺した。また当局の話では、警察関係者1人が武装した野党支持者らに殺害されたという。

 ハシナ首相は在任中の10年間に同国の経済成長を促した他、隣国ミャンマー軍の弾圧を逃れてきたイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)を受け入れた点も評価されている。

 一方で反ハシナ派は、首相の独裁主義に加え、権力にしがみつくために政敵であるBNPのカレダ・ジア(Khaleda Zia)党首を汚職罪で17年間収監して野党の弱体化を招いていると批判している。【翻訳編集】 AFPBB News

463 チバQ :2018/12/31(月) 08:20:58
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00000046-jij-asia
総選挙、与党が第1党へ=衝突で14人死亡―バングラデシュ
12/30(日) 20:41配信 時事通信
 【ニューデリー時事】バングラデシュで30日、総選挙(定数350)の投票が実施され、地元メディアは与党アワミ連盟(AL)が第1党となる見通しだと報じた。

 投票日を前に、有力野党の指導者が収監されたり、支持者が拘束されたりしたほか、AL支持者や警察と野党支持者との間で衝突が頻発し、AFP通信によると30日、14人が死亡。11月に選挙実施が決まって以降の死者は少なくとも27人に達した。

 地元メディアによると、AL関係者が投票を妨害したという複数の訴えがあり、選管が調査を行う方針。ただ、ALが勝利すれば公正な調査が進むかは不透明だ。野党幹部は結果受け入れを拒否し『投票やり直しを求める』と主張した。投票結果を受け、治安がさらに悪化する懸念もある。 

【関連記事】

https://mainichi.jp/senkyo/articles/20181230/k00/00m/030/103000c
混乱のバングラデシュ総選挙 衝突で死者 野党候補者、刺され搬送
毎日新聞2018年12月30日 19時09分(最終更新 12月31日 00時45分)
【ニューデリー松井聡】バングラデシュ総選挙(定数350、任期5年)が30日投開票された。31日までには大勢が判明する見込み。ハシナ首相の与党・アワミ連盟(AL)の政権下ではこれまで、野党・バングラデシュ民族主義党(BNP)の政治家や支援者が多数拘束されてきた。警察によると、この日、各地で衝突が発生し、少なくとも17人が死亡、20人以上が負傷。選挙の公平性が危ぶまれる事態になっている。

 AFP通信によると、この日は60万人の治安部隊が各地に配置されたほか、偽の情報の拡散を防ぐため、携帯電話のインターネットが制限された。

 地元メディアによると、各地で与野党の支持者や警官隊との間で衝突が起きた。BNPによると、首都ダッカで同党の候補者の一人が刺され、病院に搬送されたという。負傷の程度は不明。

 また、複数の投票所でALの関係者が、野党支持者の投票を妨害する行為があった。投票をボイコットした野党の候補者も多数いた。選挙管理委員会は不正についての告発があれば、調査する意向を示している。

 BNPによると、11月以降、1万5000人以上の野党政治家や関係者が当局に拘束された。また、麻薬「ヤーバー」の捜査の一環で野党関係者が殺害されたとの指摘もある。国連や米国などは選挙の公平性に懸念を示してきたが、AL側は、野党政治家らの拘束について、「法に基づいた正当な行為」と主張している。

 ハシナ氏は30日朝、首都ダッカで投票後に記者団に対し、好調な経済成長を背景に、「人々はALを支持する。間違いなく勝つ」と自信を見せた。

 バングラでは1990年代以降、ALとBNPがほぼ交互に政権を担ってきた。同時に、ハシナ氏と、BNP党首のジア元首相は激しく対立。ジア氏は今年2月に汚職罪で有罪判決を受け、出馬できなかった。

 選挙ではALが優勢と見られるが、BNPは選挙後も「選挙が不公正だった」と批判する構えで、混乱は当面続く可能性がある。

464 チバQ :2018/12/31(月) 21:18:39
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00000020-mai-asia
バングラ総選挙「与党・アワミ連盟の連合勝利」 選管が発表
12/31(月) 19:18配信 毎日新聞
 【ニューデリー松井聡】バングラデシュで30日に投開票された総選挙(1院制、定数350)で、選挙管理委員会は31日、連続3期目を目指すハシナ首相の与党・アワミ連盟(AL)の連合が勝利したと発表した。地元メディアによると、ALは議席の9割超を獲得した。一方、野党側は「不正選挙だった」として再選挙を求めており、混乱は当面続きそうだ。

 地元紙デーリースターによると、小選挙区で争われた298議席のうち、ALなどの連合は288議席を獲得。バングラデシュ民族主義党(BNP)などの野党連合は7議席にとどまった。ALは選挙戦で、2期10年の政権下での安定した経済成長の実績を強調。一方、前回選をボイコットしたため10年ぶりの選挙となったBNPは、党首のジア元首相が汚職罪で有罪判決を受け出馬できなかったほか、多数の幹部が拘束され、十分な選挙戦を展開できなかった。

 バングラでは1990年代から、親インドで世俗主義のALと、中国に近くイスラム主義政党と連携するBNPが激しく対立しほぼ交互に政権を担ってきた。ハシナ政権が今回の選挙で圧勝したことで、野党に対する締め付けは続きそうだ。

 バングラでは2011年以降、経済成長率が6、7%台の高さで推移。ハシナ政権は成長の継続のため、インドに加えて中国や日本とも関係強化を図るとみられる。これらの国々は貿易などの面からバングラとの良好関係を重視しており、選挙を巡るハシナ政権の強権的な姿勢を強く批判することは避ける可能性が高い。インドのモディ首相は31日、ALの勝利を歓迎するコメントを出した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00000535-san-asia
バングラデシュ議会選、与党勝利  野党支持者ら衝突で18人死亡
12/31(月) 20:31配信 産経新聞
バングラデシュ議会選、与党勝利  野党支持者ら衝突で18人死亡
バングラデシュ政界の構図
 【ニューデリー=森浩】12月30日投開票のバングラデシュ議会選(定数350)で、選挙管理委員会は31日、ハシナ首相の与党アワミ連盟(AL)の勝利を発表した。バングラデシュ民族主義党(BNP)など野党陣営は、妨害や不正があったとして再投票を求める声明を発表。投票当日の野党支持者が治安部隊と衝突して18人が死亡しており、今後政情が不安定化する可能性がある。

 選管によると、比例配分の女性枠を除いた小選挙区300議席のうち、ALを中心とする与党連合が288議席を獲得した。

 選挙戦でALは7%台の成長率達成など経済面での実績を強調し、「10%の成長」を公約に掲げた。野党側はBNPを中心に連携し、ハシナ政権の強権的姿勢を批判した。

 バングラデシュでは近年、野党や批判的な記者への弾圧が続いており、BNPによると、選挙戦でも候補や支持者1万5千人以上が拘束された。ハシナ政権はイスラム過激派摘発や、国内で蔓延(まんえん)する違法薬物「ヤーバー」撲滅作戦を展開するが、現地ジャーナリストは「実態として政権が批判者の排除に利用している」と批判する。

 投票当日には野党支持者らによる抗議が各地で発生し、治安部隊との衝突により200人以上が死傷した。ロイター通信などによると、投票所で野党側に投票しようとした有権者が妨害される事態も発生するなど、国内各地で混乱がみられた。

 バングラデシュでは1990年代からALとBNPがほぼ交互で政権与党の座に就く。ハシナ氏はクーデターで殺害されたムジブル・ラーマン初代大統領の長女で、BNPを率いるジア元首相は暗殺されたジアウル・ラーマン元大統領の妻。バングラデシュの近年の政治は「2人の女性の戦い」ともいわれる。

 ジア氏は2つの汚職罪で有罪判決を受けて収監中で、選挙戦に立候補できなかった。ジア氏への刑事訴追も政権による“野党潰し”との見方が強く、与野党の溝は深まる一方だ。

 対外的にALは親インド的なスタンスで、インドのモディ首相は31日、ハシナ氏に電話で勝利への祝意を伝達した。バングラデシュは繊維業を中心に経済発展が続いており、衣料品輸出では中国に次ぐ世界2位の規模に成長。インドではAL政権の続投により、連携深化を期待する声が強い。

465 チバQ :2019/01/10(木) 11:43:31
https://digital.asahi.com/articles/ASLD04DFDLD0UHBI004.html?rm=465
「怖くて投票行けない」バングラ総選挙、与党圧勝の背景
有料記事

ダッカ=奈良部健 2019年1月8日18時26分
 バングラデシュで総選挙(定数350、任期5年)があり、ハシナ首相率いる与党アワミ連盟(AL)が圧勝した。投開票があった12月30日、政府は携帯電話を遮断し、車両の通行も禁止。野党側は選挙ポスターすらみられない異様な状況で行われた。

 総選挙は、全350議席のうち300議席については小選挙区制を採用し、50議席は女性枠として比例配分している。選挙管理委員会によると、小選挙区はALを中心とした与党連合が288議席を獲得。最大野党バングラデシュ民族主義党(BNP)の組む野党連合は7議席にとどまった。

 ハシナ氏は記者団に「国民が私の政権による成長に賛意を示し、さらなる成長を求めた」と語った。ハシナ氏の首相在任は通算で4期目となる。選挙戦では2016、17年に7%の国内総生産(GDP)成長率を達成したことを強調し、今後5年で10%に引き上げると約束した。

 ただ、投開票のあった12月30日は全土で与野党の支持者が衝突し、少なくとも18人が死亡、200人以上が負傷するなど混乱が広がった。野党候補の1人が刺される事件も起きた。

 ログイン前の続きBNPなど野党側は「支持者1万5千人以上が選挙戦で不当に逮捕された」と与党を非難。「投票前にすでに票が入っている投票箱が各地で目撃された」「警官が住民に与党への投票を強制した」と訴え、選挙のやり直しを求めていた。だが、選挙管理委員会は拒否した。

 バングラデシュは人口約1億6千万人で、平均年齢26・7歳と人口構成も若く、市場としても投資先としても世界から注目されている。日本は南東部マタバリで石炭火力発電所と港湾の一体開発などの大型円借款事業を進めている。

     ◇

 投票日、政府は情報の拡散を防ぐために携帯電話の通信サービスを遮断し、車両の通行も禁じて厳戒態勢をとった。ダッカ市内の街頭には、ハシナ首相率いるAL候補者のポスターしかみられなかった。最大野党のBNPは「ポスターの印刷や掲示さえ認められなかった」(幹部)としている。

 強権化する政府への不満はくすぶっており、投票に来た男性(32)は記者に近づいてきて、「こんなのは選挙じゃない。結果は決まっている」とささやいた。

 有権者には「暴力が怖くて投票に行けない」との声もある。駐ダッカ米国大使は選挙管理委員長に、「頻発する野党関係者への暴力を懸念している」と伝え、安全に投票できる環境整備を求めた。野党幹部は、有権者が警察から与党への投票を強制されたり、投票所で与党票の水増しが行われたりしていると批判する。

 選挙戦で与党ALは、2009年1月にハシナ首相が就任してから年平均6%超の経済成長を果たしたと実績を強調。5年以内に10%成長を実現すると訴えた。BNPも成長を公約に掲げるが、公平な選挙になっていないとして政権による人権侵害を主な争点に据えた。外交関係者は「『成長』対『民主主義』の戦いだ」と話す。

 一方、アパレル工場の経営者は「与野党に政策的な違いはほとんどない。政治の安定が最大の望みだ」と語った。(ダッカ=奈良部健)

466 チバQ :2019/01/14(月) 19:37:10
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000004-mai-asia
インド「イスラム差別」法案が波紋 他宗教の不法移民には国籍
1/14(月) 7:30配信 毎日新聞
インド「イスラム差別」法案が波紋 他宗教の不法移民には国籍
インドの選挙管理委員会発行の有権者証などを見せるバングラ出身のイスラム教徒の男性。イスラム教徒にだけこれらを取得できなくする改正案は「宗教差別だ」と非難した=ニューデリーで2019年1月13日午後11時14分、松井聡撮影
 【ニューデリー松井聡】ヒンズー教徒が約8割を占めるインドで、イスラム教徒以外の不法移民にのみ国籍を与える法律改正案が下院で可決された。ヒンズー至上主義を掲げるモディ首相の与党・インド人民党(BJP)の母体組織はイスラム教徒と対立してきた歴史があり、春に予定される総選挙に向け、保守層の支持固めを狙ったとみられる。イスラム教徒や専門家らは「憲法の規定にある法の下の平等に反し、宗教間の対立をあおる」と批判している。

 8日に下院で可決された改正案は、2014年末までにインドに不法入国したパキスタン、バングラデシュ、アフガニスタン出身者のうち、ヒンズー教▽シーク教▽仏教▽キリスト教――などイスラム教を除く6宗教の信者に国籍を付与するもの。バングラからの不法移民だけで2000万人に上るとの見方もあるが、宗教別の人数を含め詳細は不明だ。

 この3カ国はいずれもイスラム教国で、それぞれ宗教的少数派への差別や迫害が度々問題になってきた。このことを踏まえ、BJP前総裁のシン内相は「(イスラム教徒でない)彼らはインド以外に行く場所がない」と改正の意義を強調する。

 イスラム教徒からは反発の声が上がる。ニューデリーで38年間暮らすバングラ出身のイスラム教徒の男性(55)は20年以上前にインド国籍を取得。「私は運が良かったが、取得できていない多くの人々もここに生活基盤がある。イスラム教徒というだけで出て行けと言われるのはおかしい」と憤る。

 ジャダプール大のオンプラカシュ・ミシュラ教授は「宗教で人々の権利を選別するのは明らかな憲法違反」と指摘。さらに「BJPは上院で過半数の議席を持っておらず、実際に改正案を施行できるとは考えていない。ヒンズー教徒のために取り組んでいるという姿勢を見せたいだけだ」と批判する。

 インドでは、14年のモディ政権誕生以降、勢いを増したヒンズー過激主義者によるイスラム教徒への襲撃や嫌がらせが相次ぐ。BJPに詳しい地元紙の記者は「改正案の下院可決はBJPの反イスラム姿勢の最たる例だ。過激主義者の行動がさらにエスカレートしかねない」と懸念を示す。

 一方、BJPの思惑とは裏腹に、不法移民が多い北東部では改正案に反発する動きがヒンズー教徒にも広がる。特にアッサム州では改正案への抗議デモが連日続き、BJPの連立政権のメンバーだった地域政党が連立からの離脱を決めた。

 アッサムの人々はもともと言葉や生活習慣が異なるバングラからの移民流入に反対してきた。改正案が成立すればイスラム教徒以外のバングラ人の更なる流入を招くとの不満がある。

 匿名を条件に取材に応じた政府系シンクタンクの専門家は「アッサム州では反移民を主張する武装組織が活動してきた。近年は弱体化していたが、改正案を機に息を吹き返すだろう。『パンドラの箱』を開けてしまった恐れもある」と指摘する。

 ◇ヒンズー至上主義とイスラム教徒

 インドのイスラム教徒は全人口約13億人のうち約14%で、宗教別ではヒンズー教徒に次ぐ。19世紀後半以降、インドを植民地としていた英国が、独立運動を妨害する目的でヒンズー教徒とイスラム教徒の対立をあおる政策を取った。インド独立の父、マハトマ・ガンジーは宗教間融和を訴えたが、インド人民党(BJP)の母体のヒンズー至上主義団体「民族奉仕団」(RSS)はこれに反発し、1992年の北部のモスク(イスラム教礼拝所)破壊を主導した。2002年には西部でRSSのメンバーらとイスラム教徒が衝突し、イスラム教徒を中心に1000人以上が死亡した。

467 チバQ :2019/01/24(木) 11:33:58
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00000650-san-asia
インド、“御曹司”ガンジー氏率いる国民会議派伸長
1/23(水) 22:08配信 産経新聞
インド、“御曹司”ガンジー氏率いる国民会議派伸長
 【ニューデリー=森浩】5月までに行われるインド総選挙に向け、ラフル・ガンジー総裁率いる野党・国民会議派が勢いを増している。インド屈指の政治家一族の御曹司で、頼りなさも指摘されたラフル氏だが、農村を精力的に回るなどして支持を拡大。「リーダーとして重要なタフさが出てきた」(現地政治評論家)とも評され、モディ首相のインド人民党(BJP)が牙城としてきた州まで揺るがす勢いだ。

 「職がない若者と貧困にあえぐ農村が、あなたの専制と無能から解放されることを懇願する」

 ラフル氏は20日のツイートで、こうモディ氏を批判。経済成長の恩恵が行き渡っていない現状を「失政」と厳しく指弾した。

 会議派への追い風が鮮明となった昨年12月開票の国内5州の州議会選でも、ラフル氏は精力的に動いた。会議派関係者によると、ラフル氏は、演説でも外交やマクロ経済といったテーマを避け、脆弱(ぜいじゃく)な収入源が社会問題化する農村を徹底して回る“ドブ板選挙”を展開。「BJPへの不満の高まりをラフル氏がすくい上げた」と会議派広報のプリヤンカ・チャトルベディ氏は分析する。

 ラフル氏は、インド独立の父マハトマ・ガンジーの子孫ではなく、初代首相だったネールの系統だ。ネールの娘、インディラが後に下院議員となるフェローズ・ガンジーと結婚したことが、ガンジー姓を名乗るきっかけだ。フェローズとマハトマ・ガンジーに血縁関係はなく、ネールの血統は「ネール・ガンジー家」と呼ばれる。

 インド政治史で存在感を見せるネール・ガンジー家だが、その歩みは平坦(へいたん)ではなかった。首相となったインディラ、その後継となった息子ラジブはともに暗殺された。ラジブの弟サンジャイも政治家だったが航空機事故で死亡。栄光と悲劇性から「インドのケネディ家」との異名を取る。

 ネールから数えて第4世代に当たるラフル氏への期待も当然高かったが、その経歴と行動に頼りなさが付きまとった。

 会議派副総裁として臨んだ2014年総選挙は事実上の首相候補として戦ったが、モディ人気に太刀打ちできず惨敗。会議派は前回選挙(09年)の206議席から5分の1近い44議席にまで減らした。15年には突然、「党の将来を熟考するため時間が必要」などとして約2カ月間姿をくらまして批判の声が上がった。「ただ、ここ1年ほどで良家の御曹司的な線が細い印象を払拭しつつある」と話すのは、政治評論家のサンジャン・クマール氏だ。

 クマール氏は、「経済政策への期待に押されたモディ人気が失望に変わりつつあるが、都市中間層を軸にBJPへの支持も厚い」と指摘。「下院選は両党ともに過半数が取れず、他党との連立が焦点となる可能性がある」と述べている。

     

 印国政与党BJPへの逆風を受けて、モディ政権は低所得者層などへの優遇政策を矢継ぎ早に発表しており、支持拡大に躍起だ。

 政府は8日、貧困層に雇用や入学で10%の優遇枠を割り当てる憲法改正案を国会に提出し、可決された。これまでの優遇制度は低位カーストや特定の少数民族を対象にしていたが、貧困層も対象とすることで票の掘り起こしにつなげたい狙いがある。特に「上位カーストの貧困層」に狙いを絞った施策と指摘される。

 10日には、年間売上高が400万ルピー(約613万円)以下の事業者に対して、物品サービス税の支払い免除を発表。家族を含めると1億人以上といわれる小売り事業主への優遇策も打ち出した。

 既にモディ政権は昨年7月に政府が農家から買い取る農産物の最低保証価格を引き上げたほか、9月に貧困層向けの健康保険制度を導入。これに対し野党側は「選挙向けのバラマキ政策だ」との批判を強めている。

468 とはずがたり :2019/01/27(日) 20:29:54
インドで軍事パレード 最新鋭ミサイルなど公開 中国けん制か
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190126/k10011792591000.html
2019年1月26日 19時58分

469 チバQ :2019/01/30(水) 14:46:03
http://www.afpbb.com/articles/-/3208626
インド野党のガンジー総裁、総選挙で勝利なら「最低限所得保障」導入
2019年1月29日 16:56 発信地:ニューデリー/インド [ インド アジア・オセアニア ]
【1月29日 AFP】インド野党・国民会議派(NCP)のラフル・ガンジー(Rahul Gandhi)総裁は28日、次の総選挙で国民会議派が与党に返り咲けば「最低限所得保障」を導入すると明言した。

 インド政界の名門「ネール・ガンジー家」のガンジー氏は、5月までに実施予定の総選挙でナレンドラ・モディ(Narendra Modi)首相から政権を奪うことを狙っている。

 インドでは依然として12億5000万人が貧困に苦しんでいるが、ガンジー氏はツイッター(Twitter)に、「何百万人ものわれわれの兄弟姉妹たちが貧困の苦しみにある中で、新しいインドを築くことはできない」と前置きした上で、「2019年の選挙で政権に就いたら、国民会議派はすべての貧しい人々のために、貧困と飢えの撲滅に貢献する最低限所得保障を導入する。これはわれわれのビジョンであり、約束だ」と書き込んだ。

 ガンジー氏は具体的な説明に踏み込んでいないが、インドメディアによると、世界各国で関心が高まっている「ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI、最低所得保障)」の構想に沿ったものになるという。

 ユニバーサル・ベーシックインカムは、格差是正対策として、補助金や社会保障制度による給付金としてではなく、一定の金額を国が国民に支給するという考えで、米フェイスブック(Facebook)のマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)最高経営責任者(CEO)らが支持している。すでにフィンランドやケニアなどの国が実験的に導入しているほか、インド北東部シッキム(Sikkim)州で与党が導入を約束している。

 最低限所得を保障するというガンジー氏の発表は、モディ首相が2月1日に選挙前では最後となる予算案を発表するのに先駆けて、優位に立っておきたいとの狙いもあるとみられる。予算案には、近年農作物価格の下落や異常気象に苦しめられ、多くの自殺者を出しているインドの農業従事者をはじめとする有権者向けの人気取り的な内容が盛り込まれるというのが大方の見方だ。(c)AFP


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! [Blu-ray] - 水島努

ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板