したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

バイオ燃料・エタノール・新エネルギースレ

1215 とはずがたり :2014/06/29(日) 09:28:27
●土佐グリーンパワー
>>682>>1133
>第1号となる発電所の起工式
もっと沢山造るつもりなんか!?

土佐グリーンパワー、木質バイオマス発電所を来春稼働へ
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO66367930U4A200C1LA0000/
2014/2/5 0:45

 出光興産や土佐電気鉄道(高知市)などが出資して木質バイオマス発電事業に取り組む土佐グリーンパワー(同)は4日、第1号となる発電所の起工式を高知市内で実施した。2015年4月の稼働をめざす。住宅などに使用できない未利用材のみを原料として、破砕・乾燥から発電までの全工程を手がけられるのが特長で、全国でも珍しいという。

 土佐発電所の送電出力は5650キロワットで、年間予想送電量は1時間当たり4000万キロワットを見込み、1万1000世帯分相当の電力を賄える。燃料となる木材は年間7万〜8万トンを利用する見通しだ。従業員として20人を雇用する。年間の二酸化炭素(CO2)削減効果は2万トンと見ており、環境への意識の高い企業などを中心に顧客開拓を進めていく。

 鈴木孝俊社長は「未利用の木材を使うため、間伐材などを有効利用できる。高知県の林業の活性化につなげたい」と話した。材料の供給については高知県森林組合連合会も出資者となっており、「安定供給についてはメドが立っている」と強調した。

土佐グリーンパワー(株)向けバイオマス発電設備の受注について
http://www.takuma.co.jp/news/2013/20130910.html

 株式会社タクマ(本社:兵庫県尼崎市、代表者:加藤 隆昭)はこのたび、土佐グリーンパワー株式会社(本社:高知県高知市、代表者:鈴木 孝俊)よりバイオマス発電設備を受注いたしました。

 土佐グリーンパワー株式会社は、出光興産株式会社・土佐電気鉄道株式会社・高知県森林組合連合会の三者共同で、高知県の豊富な森林資源の有効活用による森林整備への貢献、再生可能エネルギーの活用によるCO2削減、地産地消型のエネルギー事業の推進などを主旨として設立された木質バイオマス発電事業会社です。

 本発電設備は、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」の設備認定を受けて、従来の建築廃材系燃料に比べて高水分で利用価値が少ないとされていた未利用材をバイオマス燃料として専焼し、有効利用することを可能とした設備です。

 バイオマスを燃料とするボイラは、当社が最も得意とする商品のひとつであり、1950年代から木質チップやバガス(さとうきびの搾りかす)のボイラを国内外に合わせて580缶以上納入しております。昨年7月の「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」の開始により、安定的な収益が見込めるようになったことから、バイオマス燃料を用いた発電事業への取り組みが活発化しております。当社は、これまで培ってきた技術とノウハウをもとに多種多様なバイオマスの特性に応じた最適システムを提案し、顧客ニーズに応えてまいります。

【設備の概要】
発電所名 : 土佐グリーンパワー発電所
設置場所 : 高知県高知市
発電規模 : 6,250kW
主な燃料 : 未利用木材
完成予定 : 平成27年4月


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

ヒューマノイドスリーピングバッグ Andy 人型寝袋 [最低使用温度 5度] DS-01

部屋着としてそのまま眠りにつく事も可能。

キャンプで、フェスで、
有事の際にも着たまま動ける

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa