したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

中国・四国 地方議会・首長,政治・選挙スレ

1 とはずがたり :2008/10/25(土) 14:40:47
統一地方選スレから中国・四国のネタを独立させます
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/l40
合併ネタはこちら
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1066974699/l40

2 とはずがたり :2008/10/25(土) 14:42:02
■周防大島町 町長選・町議選<衆院山口2区管内>

定数20に27人も激戦だなぁ
この辺は山口2区で政争も盛んな印象だが。

選挙:周防大島町長選/周防大島町議選 町長選、新人3人が立候補 /山口
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081022-00000184-mailo-l35
10月22日16時1分配信 毎日新聞

 ◇周防大島町長選、「継続」「刷新」訴え 町議選は27人出馬
 任期満了に伴う周防大島町長選と町議選が21日告示された。町長選にはいずれも無所属新人の▽前副町長、椎木巧氏(60)▽前町議、黒田壇豊氏(77)▽旧久賀町長、大田敬三郎氏(63)の3人が立候補を届け出た。今回から6減の定数20で実施される町議選には現職19人、新人8人の計27人が立候補した。
 旧4町が合併した同町は、初代町長の中本冨夫氏(85)が1期での引退を表明。町長選に立候補した3人は町政の継続か、刷新かなどを訴えている。
 椎木氏は「副町長として旧各町から引き継いだ課題や財政問題を着実に解決してきた。財政の健全化なくして住民サービスの向上は図れない。42年間の行政経験を生かし、観光事業の強化や防災対策にも取り組みたい」などと訴えている。
 黒田氏は「町民の声を大切にする町政を目指し、しがらみのない政治へ流れを変える。米艦載機の岩国基地移転問題では、国の言いなりにはならない。財政健全化には町長自ら報酬の20%を返上し、退職金を辞退する」などと主張している。
 大田氏は「合併前の旧4町の住民の心を一つにし、元気な町にしたい。医療と福祉を充実させ、多くの人がまちづくりに参加できるような環境を整える。祭りや伝統文化などを守り、ふれあいの機会を増やしたい」などと打ち出している。
 投票は26日午前7時〜午後6時(情島と馬ケ原投票区は午後5時まで)、町内51カ所で。開票は26日午後8時から、町B&G海洋センター体育館。20日現在の有権者数は1万8231人(男8002人、女1万229人)。【近藤聡司】
………………………………………………………………………………………………………
 ◇立候補者(届け出順)
椎木巧(しいき・たくみ) 60 無新
 [元]周防大島町副町長[歴]旧橘町総務課長▽安下庄高
黒田壇豊(くろだ・だんとよ) 77 無新
 神職[歴]中学教頭▽自治会長▽周防大島町議▽山口大
大田敬三郎(おおた・けいさぶろう) 63 無新
 大島郡軟式野球連盟会長[歴]旧久賀町長▽久賀高
………………………………………………………………………………………………………
 ◇周防大島町議選立候補者(定数20−27、届け出順)
広田清晴  56 政党役員  共現
魚谷洋一  55 会社役員  無現
田中豊文  48 NPO代表 無新
今元直寛  63 NPO理事 無新
木村 潔  52 海事代理士 無現
吉田芳春  61 前町課長  無新
安本貞敏  61 農業    無現
神岡光人  59 飲食店経営 無現
小田貞利  50 漁協支店長 無現
田中隆太郎 62 漁業    無現
松井岑雄  68 電器店経営 公現
尾元武   52 水道設備業 無現
伊藤秀行  63 生花店経営 無現
田村三郎  60 漁業    無現
布村和男  61 前教育次長 無新
中本博明  60 会社役員  無現
杉山藤雄  73 農業    無現
魚原満晴  54 建設会社員 無現
中村美子  76 保育園講師 無新
平川敏郎  55 一級建築士 無現
新山玄雄  57 住職    無現
荒川政義  58 飲食店経営 無現
平野和生  50 漁業    無現
植谷楽   61 保育園長  無新
久保雅己  58 会社社長  無現
笹近秀雄  70 土木建設業 無新
藤村吉弘  65 食品販売業 無新
〔山口東版〕

10月22日朝刊
最終更新:10月22日16時1分

3 magenta :2008/10/26(日) 00:01:10
岡山県知事選、26日投開票

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200810250026.html

任期満了に伴う岡山県知事選は26日、投開票される。いずれも無所属で、4選を目指す現職の石井正弘氏(62)と、新人で伝承民謡研究者の住宅正人氏(44)の一騎打ち。石井氏は自民党系や女性団体などの支援組織を中心に票固めを進め、住宅氏は地場大手企業などの支援を得て現県政への批判票の取り込みに力を注ぐ。

 石井氏は「3期12年の総仕上げ」として財政構造改革の断行を強調。持続可能な財政構造の確立や中四国地方での県の拠点性を生かした産業振興などを掲げる。自民党県議の多くや社民党が支援する。

 住宅氏は現県政を「3期の改革の末に財政危機を招いた」と批判。財政構造改革素案の白紙撤回や知事多選禁止条例の制定などを訴える。自民、民主両党の一部国会議員・県議や共産党が支援する。

 各政党の「多選推薦禁止」方針などで、両氏とも政党推薦のない異例の構図の選挙戦。前回37.99%と戦後2番目に低かった投票率の動向も焦点となる。

 8日現在の有権者数は158万3542人。

4 とはずがたり :2008/10/26(日) 21:25:29

岡山県知事選・期日前投票伸びる
10日間、前回同時期の1・84倍
http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2008/10/20/2008102023414186004.html

 岡山県選管は20日、県知事選の期日前投票の状況をまとめた。告示翌日の10日から19日までの10日間の投票者数は3万8054人で、前回知事選(2004年)の同時期に比べ1・84倍に伸びている。

 市町村別では岡山市が最多の1万891人。次いで倉敷市8469人、津山市2103人―など。27市町村のうち23市町村で増加し、高梁市、吉備中央町、早島町など6市町では伸び率が2倍を超えた。

 期日前投票は投票日前日の25日まで、県内94カ所で受け付ける。時間は一部を除いて午前8時半から午後8時まで。

5 とはずがたり :2008/10/26(日) 21:29:51
参考迄に前回の結果

岡山県の知事選挙結果
選挙期日 平成 16 年 10 月 24 日
http://www.todofuken-senkan.jp/pref/okayama.html

投票結果
_______  男 女 計
当日有権者数 (人) 740,506 820,553 1,561,059
投票者数 (人) 274,751 318,364 593,115
棄権者数 (人) 465,755 502,189 967,944
投票率 (%) 37.10 38.80 37.99

開票結果
候補者氏名 性別 年齢 職  業 届出政党等 新 現前元別 得 票 数 当落
石井まさひろ 男 58 岡山県知事 無所属 現 503,487 当
平井昭夫 男 60 団体役員 無所属 新 83,073 落

6 とはずがたり :2008/10/26(日) 21:31:10

岡山県知事選、投票率43・30%(20時)
http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2008/10/26/2008102610360842021.html

 岡山県知事選は26日、投票が行われ、県内857カ所に設けられた投票所で、一部を除き午前7時から、有権者が次々と訪れ1票を投じた。

 知事選に立候補しているのは、無所属現職で4選を目指す石井正弘氏(62)と、同新人で桃太郎のからくり博物館館長の住宅正人氏(44)の2人。9日の告示以来、17日間、行財政改革の在り方などをめぐり、県内各地で、激しい舌戦を繰り広げてきた。

 午後8時までの投票率(推定)は43・30%(前回37・43%)。前回投票率は過去2番目に低い37・99%だった。

 投票は午後8時までに締め切られ、県内27カ所で即日開票される。深夜までには大勢が判明する見込み。

7 とはずがたり :2008/10/26(日) 21:32:27

岡山県知事選 大激戦、きょう審判
http://www.sanyo.oni.co.jp/kikaku/2008/elc_tiji/news/2008/10/26/20081026114514.html
石井氏「改革前進させる」 住宅氏「岡山を変えよう」

 任期満了に伴う岡山県知事選は26日投票、即日開票される。激しく競り合う無所属現職の石井正弘候補(62)と同新人の住宅正人候補(44)は、選挙戦最終日の25日、有権者が多い県南部で遊説やパレードを行い、「最後のお願い」を繰り広げた。17日間の選挙戦はすべて終わり、有権者の審判は―。

 石井候補は、生まれ育った岡山市政津での街頭演説からスタート。集まった支持者らに「1票が勝敗を分ける厳しい選挙戦。初当選した12年前のように、皆さんの力で押し上げてください」と声を張り上げた。

 午後には同市表町商店街をパレード。大勢の支持者が同行し、陣営のシンボルである黄色いハンカチを振って盛り上げた。石井候補は商店主や買い物客に走り寄って握手。「改革を前進させ、活力と安心の岡山を築きたい。初心を忘れず清潔、誠実、前向きに取り組んでいく。間違いのない選択をしてください」と呼び掛けた。

 住宅候補は、玉野市のJR宇野駅前を出発。倉敷、岡山市に選挙カーを走らせながら、沿道の有権者に「あと一歩、あと一歩です。もう1人、もう2人と支援の輪を広げてください」と懸命のアピールを続けた。

 同市表町商店街でマイクを握り、「政治の本来の目的は倹約して借金を返すだけでなく、県民の命と暮らしを守ること。日本中の人に岡山に住みたくなる、と言わせたい。みなさんの力で岡山県を変えましょう」と声を振り絞った。出身地の同市奉還町商店街でも大勢の支持者と一緒にパレードを行い、商店主らに訴えた。

 両候補ともJR岡山駅前の街頭演説で舌戦を締めくくった。

 投票は県内857カ所で行われ、津山市など19市町村は午前7時から午後6時まで、岡山、倉敷市など8市町は一部を除き午前7時から午後8時まで。27カ所で午後8時15分から順次、即日開票される。

 有権者数(8日現在)は158万3542人(男75万2764人、女83万778人)。

8 とはずがたり :2008/10/26(日) 21:33:23
7774 名前:秋田2区の名無し[] 投稿日:2008/10/26(日) 21:03:33
岡山県知事戦、面白そうですね。

7775 名前:小説吉田学校読者[] 投稿日:2008/10/26(日) 21:13:54
まさか、まさか

岡山県知事選  開票 9% 
http://www.nhk.or.jp/okayama/senkyo/

 石井 正弘  無  現      33,552  56.0   62  
 住宅 正人  無  新      26,359  44.0   44

7776 名前:千葉9区[] 投稿日:2008/10/26(日) 21:17:48
意外ですね。てっきり無風だと思ってました。

83 :無党派さん:2008/10/26(日) 20:58:09 ID:b95pnF++
岡山県知事選
NHK出口調査
接戦で現職リード
53対47ぐらい

7777 名前:とはずがたり[] 投稿日:2008/10/26(日) 21:22:32
まさかねぇ。。

7778 名前:秋田2区の名無し[] 投稿日:2008/10/26(日) 21:26:27
2chより

倉敷・玉野はちくわ。
旭川東・西大寺はミート。
岡山市は互角。

だそうで
ちくわ、ミートはどちらなのか?

7779 名前:千葉9区[] 投稿日:2008/10/26(日) 21:31:06
ちくわが住宅です。

7780 名前:名無しさん[] 投稿日:2008/10/26(日) 21:31:54
岡山知事選出馬の住宅正人は
一部でカリスマ的な人気を博す俳人・住宅顕信の親戚との未確認情報。

若さとはこんな淋しい春なのか

9 とはずがたり :2008/10/26(日) 21:40:40

自民に逆風とはいえ政党支持率では自民36%で民主19%なんですねぇ。2区が民主が取れてるのは此処での支持が厚いから順当なんか。4区でも高いんですねぇ。。

本社世論調査 県民の77%注目
http://www.sanyo.oni.co.jp/kikaku/2008/elc_tiji/news/tokusyu10/2008/10/21/20081021110809.html

 向こう4年間のかじ取り役を選ぶ岡山県知事選は、26日の投開票まであと5日。激しい戦いを反映し、山陽新聞社が18、19の両日実施した世論調査では、8割近くの有権者が選挙への関心を示した。現職の石井正弘氏、新人の住宅正人氏はともに、世論の動向もにらみながら、終盤戦でさらに票の上積みを目指す。

関心度
最も低い20代でも60%

 県知事選について「大いに関心がある」と回答したのは全体の29・8%。「少しはある」を加えると77・6%に上り、県民の注目度の高さがうかがえる。

 年代別では、60代の87・6%、70歳以上の81・3%が「大いにある」「少しはある」と回答。最も低い20代でも60・9%を占めた。男女別の差はほとんどなかった。

 地域別では、岡山地域は78・0%、倉敷地域では78・9%が関心を示した。職業別でみると、自由業、商工サービス業、農林漁業、専業主婦などで高かった。

 関心が「大いにある」とした人のうち、だれに投票するかを決めているのは86・6%。一方、「少しはある」では72・8%に下がり、3割近くが決めかねている。

 県知事選に「あまり関心がない」と答えたのは全体の19・2%、「まったくない」は2・8%だった。

判断基準
全年代層で政策トップ

 知事を選ぶ判断基準として最も多く挙げられたのが「政策」。全体の49・6%と半数近くに達し、20―50代では5割以上が選ぶなど、すべての年代層、職業別でもトップになった。

 続いて「人柄」の19・0%、「リーダーシップ」の16・4%。いずれも60代、70歳以上で比較的目立ったものの、今回から候補のマニフェスト(公約集)が選挙期間中に配れるようになったこともあってか、有権者が候補の人物像や性格より、政策に重きを置いている傾向が顕著に表れている。

 どちらの候補に投票するかを決めていない人も、54・4%が「政策」を判断基準にすると回答しており、今後の選挙戦でも重要なポイントになりそう。

 今選挙の争点の1つとなっている「多選かどうか」を判断基準として挙げたのは3・4%。「親族・知人の勧め」は2・6%にとどまった。

10 とはずがたり :2008/10/26(日) 21:40:57
>>9-10
望む政策
医療・福祉が最多

 最も多かったのは「医療・福祉の充実」で31・6%を占めた。70歳以上では43・9%が挙げたほか、40―60代でも3割以上の人が回答し、トップとなった。地域別では、井笠、倉敷、岡山地域などで高い割合を示した。

 2番目に多かったのは「行財政改革の徹底」で28・4%。県が財政危機を宣言する中での選挙戦だけに、いっそうクローズアップされている。両候補が訴えやマニフェスト(公約集)の柱に据えていることも、有権者の高い関心を呼んでいるようだ。30代の31・4%、男性全体の34・3%が挙げ、ほかの政策課題をしのいだ。

 これに対し、20代は「教育施策や子育て支援」が最も多く36・2%。若年層は、子供に対して手厚い県政を望んでいることを浮き彫りにした。

 津山、真庭、高梁、勝英地域といった県北部では「中山間地域などの過疎対策」「農業政策の充実」を求める声も目立った。職業別にみると、自由業、管理職などで「行財政改革」が特に多く、商工サービス業や労務職、その他・無職は「医療・福祉」に対する期待が高かった。

政党支持率
40代を除き自民が強さ

 衆院解散・総選挙の機運が高まる中で、各政党の支持率にも注目が集まる。

 最も高かったのは、政権与党として強固な基盤を築いてきた自民で35・6%。40代を除く各年代でトップ。衆院岡山4、5区では40%前後を占めた。職業別に見ると、管理職や労務職、学生などが特に高い支持を示している。

 次期衆院選で政権交代を狙う民主は19・4%。40代では自民をしのぎ、岡山2区では自民に7ポイント足らずの差に迫っている。自由業で自民と互角のほか、事務・技術職などで高い支持。

 ほかの政党は、公明3・8%、共産3・4%、社民1・0%、国民新0・2%など。

 「支持する政党はない」としたいわゆる無党派層は全体の32・8%。20代43・5%、30代40・7%、40代39・4%などと、年齢層が低くなるほど比率が高くなっている。学生は55・6%と過半数に上ったほか、自由業(46・2%)、商工サービス業(44・0%)などでも高い割合を示した。

<調査の方法> 18、19の両日、岡山県内の有権者を対象にRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で実施した。コンピューターで無作為に電話番号を発生させて掛ける電話調査法で、500人から回答を得た。

11 やおよろず ◆N22LLUydY2 :2008/10/26(日) 23:06:37
光市=自民・市川の勝利

12 北海道民 :2008/10/27(月) 21:52:33
「ちくわ」は無効だそうです
個人的にはだれに投票するつもりだったかは推察できると思うけど、もう少し選管も柔軟に考えてもいいのでは?

13 とはずがたり :2008/10/28(火) 01:28:12
惜しい。
民主推薦の河村氏ですが自治労は市川に着いたんですなぁ。。

選挙:光市長選/光市議選 市長選、市川前議長が初当選 /山口
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081027-00000167-mailo-l35
10月27日16時0分配信 毎日新聞

 ◇市立病院「病床減らし経営改善」
 任期満了に伴う光市長選と市議選(定数22)が26日投開票された。無所属新人の三つどもえとなった市長選は前市議会議長、市川煕氏(61)が前市議、河村龍男氏(56)=民主推薦▽前市議、稗田泰久氏(60)を破った。最大の争点となった光、大和の両市立病院の在り方については「病床を削減して経営を改善」と主張した市川氏に一定の理解が示された形となった。
 当日有権者数は4万4313人(男2万707人、女2万3606人)。市長選の投票率は71・73%。
 市川氏は保守系支持層や市役所労組などを中心に浸透し、公明党支持者や無党派層からも支持を獲得。「後継指名はしない」としていた末岡泰義市長も応援を呼び掛けた。
 選挙戦で市川氏は「対立は町の発展を生まない。対話、調和、人の輪を大切にして光市をみんなで発展させたい」などと訴えた。
 現職15人、新人8人が立候補した市議選は27日未明に続々と新議員が誕生した。【安部拓輝】
………………………………………………………………………………………………………
 ◇市長選開票結果=選管最終発表
当 12,763 市川煕  61 無新
  10,111 河村龍男 56 無新
   8,412 稗田泰久 60 無新
………………………………………………………………………………………………………
市川煕(いちかわ・ひろし) 61 無新(1)
 寝具店経営▽ボーイスカウト県連盟理事長[歴]光高育友会会長▽旧市議3期▽市議▽早大
〔山口版〕

10月27日朝刊
最終更新:10月27日16時0分

14 とはずがたり :2008/10/28(火) 02:16:53
>>12
落選を恐れたミート(なんでこちらはミートなんでしょうかね)からの圧力があったに違いないヽ(`Д´)ノ

<岡山県知事選>「ちくわ」では無効票 「ちくわ笛」奏者の住宅候補
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081027-00000032-maiall-soci
10月27日19時20分配信 毎日新聞

「ちくわ笛」奏者で知られる新人の住宅正人氏=2008年5月撮影

 26日投開票された岡山県知事選で、「ちくわ笛」奏者で知られる新人の住宅正人氏(44)のニックネーム「ちくわ」と書かれた票があった。住宅陣営は選挙戦で「ちくわ」の使用を封印していたが、“ちくわ”を思い浮かべた有権者もいたようだ。

 県選管によると「候補者の通称としてどれだけ認識されているか、開票管理者(開票所の責任者)の判断による」という。ある市選管によると、実際に「ちくわ」と表記した投票があったといい、「『ちくわ』はモノの一般名称で無効。『ちくわ笛の人』『ちくわのおじさん』などであれば、候補者本人を指すと特定できる場合もある」としていた。

15 とはずがたり :2008/10/28(火) 06:23:03
■東温市議選 <衆院愛媛2区管内>

民主っぽいのは影も形も居ませんねぇ・・。

選挙:東温市議選 新議員18人の顔ぶれ決まる /愛媛
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081027-00000133-mailo-l38
10月27日14時1分配信 毎日新聞

 任期満了に伴う東温市議選(定数18)は26日、市内17カ所で投票が行われ、即日開票の結果、新議員が決まった。当日有権者数は2万7992人。投票率は66・23%(前回72・24%)だった。
 04年9月に2町合併で新市が誕生して以来2回目の市議選。当選したのは現職14人、新人4人。党派別では公明2人、共産1人、無所属15人。【古谷秀綱】
………………………………………………………………………………………………………
 ◆開票結果
 ◇東温市議選(定数18−22)=選管最終発表
当 1443 大西勉   59 無現
当 1160 佐伯正夫  65 無現
当 1024 近藤千枝美 51 公現
当  988 安井浩二  53 無現
当  965 山内孝二  60 無現
当  965 丸山稔   51 公現
当  954 三棟義博  59 無現
当  913 大西佳子  67 無現
当  887 玉乃井進  72 無現
当  871 片山益男  71 無現
当  846 伊藤隆志  62 無現
当  765 相原真知子 60 無新
当  750 桂浦善吾  70 無現
当  741 佐伯強   73 共現
当  713 細川秀明  55 無新
当  712 平岡明雄  52 無新
当  632 酒井克雄  66 無新
当  627 渡部伸二  48 無現
   621 永井雅敏  62 無現
   601 佐藤寿兼  56 共現
   594 伊賀功   66 無新
   555 竹村俊一  52 無現
………………………………………………………………………………………………………
 ◆喜びの当選者
 ◇東温市議選(定数18)
大西勉   59 無現(2) 会社役員▽市副議長[歴]旧川内町長
佐伯正夫  65 無現(2) 会社役員▽市議長[歴]旧重信町議長
近藤千枝美 51 公現(2) 党支部役員[歴]高校PTA役員
安井浩二  53 無現(2) 会社役員[歴]旧重信町議
山内孝二  60 無現(2) JAえひめ中央監事▽直販所顧問
丸山稔   51 公現(2) 党重信支部長[歴]旅行会社員
三棟義博  59 無現(2) 牛乳販売業[歴]旧川内町議長
大西佳子  67 無現(2) [元]市連合婦人会副会長
玉乃井進  72 無現(2) 農業▽土地改良区理事長
片山益男  71 無現(2) 会社役員[歴]旧川内町議
伊藤隆志  62 無現(2) 農業[歴]松山市農協理事
相原真知子 60 無新(1) 栄養士▽東温歌謡連盟副会長
桂浦善吾  70 無現(2) 農業▽上林生産森林組合長[歴]区長
佐伯強   73 共現(2) 党中予地区委員[歴]旧重信町議
細川秀明  55 無新(1) 農業[歴]旧川内町議▽区長
平岡明雄  52 無新(1) 建築業▽市補導委員[歴]建設会社員
酒井克雄  66 無新(1) 区長▽農業[歴]旧川内町議長
渡部伸二  48 無現(2) 環境市民団体役員[歴]旧川内町議

10月27日朝刊
最終更新:10月27日14時1分

16 千葉9区 :2008/10/28(火) 20:13:53
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokushima/news/20081023-OYT8T00672.htm
保守分裂の様相
新人に国会議員 現職には市議ら 総選挙へ戸惑いも
 吉野川市長選で、26日の投開票に向けて舌戦を展開している新人の河野憲二氏(61)(無所属)と現職の川真田哲哉氏(61)(同)。選挙戦は政策論争だけでなく、河野氏を自民党の中村博彦・参院議員が支援、川真田氏を保守系市議らが応援するなど、「保守分裂」の複雑な構図になっている。解散・総選挙を控え、関係者の間には戸惑いも広がっている。

 同市出身の中村氏は21日夜、市内の中学校体育館で開かれた河野氏の決起集会でマイクを握り、同氏支持をはっきり表明した。国からの特別交付税の額などが県内の他市に比べて少ないことを指摘し、「川真田氏は全力投球していない。市の将来を考えると、ほっとけない」などと河野氏を応援する理由を述べた。

 川真田氏には市議会最大会派「薫風会」(7人)の市議らが支援。「自民も民主も〈川真田党〉として応援してもらっている」(陣営)という。行財政改革などの実績を訴えるほか、今年初めに町長のリコール運動で混乱した上板町を例に挙げ、「同じような混乱を起こしてはいけない」と陣営を引き締めている。

 解散・総選挙を控えた時期だけに、こうした状況に、衆院選で徳島3区から候補を擁立する関係者らは敏感になっている。吉野川市は同区で、阿南市に次いで有権者が多い。自民現職の後藤田正純・衆院議員の事務所は「後藤田後援会として地元メンバーが中心になって川真田氏を応援する」とするが、19日の川真田氏の出陣式には、本人ではなく後援会長が代理出席した。

 また、民主党公認で立候補を予定している新人の仁木博文氏は、積極的な支援活動を見合わせている。「両候補の陣営に私の支持者がおり、総選挙に影響を及ぼしかねず、距離を置くことが得策」と話す。市長選が終わるまでは吉野川市外を中心に活動するという。

(2008年10月24日 読売新聞)


吉野川市長川真田さん再選
実績アピール新人破る
当13,779 川真田哲哉 61無現〈2〉

  9,826 河野 憲二 61無新 

(選管確定)

     ◇   ◇

 吉野川市長選は26日、投開票され、現職の川真田哲哉さん(61)(無所属)が、新人で元市職員の河野憲二さん(61)(同)を破って再選を果たした。行財政改革のあり方などをめぐって争われ、互いへの批判も激しかった選挙戦。幅広い層から支持を得た川真田さんが、河野さんの追い上げをかわし、市になってから初めての選挙戦を制した。投票率は63・8パーセントで、当日有権者数は3万7971人だった。市長選の後に開票された市議補選は、作業が大幅に遅れ、深夜まで及んだ。


http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokushima/news/20081026-OYT8T00711.htm
当選を決め、支持者らと万歳する川真田さん(右から3人目)(26日午後10時50分、吉野川市鴨島町の事務所で) 同市鴨島町鴨島の川真田さんの事務所には、早い時間から支持者が詰めかけ、熱気があふれた。「当選確実」の一報が伝わると、一斉に「やったあ」「おめでとう」と歓声を上げた。大きな拍手で迎えられた川真田さんは、前回は無投票だっただけに、喜びも一際大きく、支持者らと何度も万歳。「これから4年間、大好きな吉野川市のために全身全霊かけて働きたい」と抱負を語った。

 川真田さんは、6月定例議会で立候補表明し、支持を受けた市議たちの市政報告会で、旧町村各地域の格差是正や行財政改革に取り組んできた実績をアピールするなどして地盤固め。さらに、県議のときから培ってきた人脈を生かし、市全域で手堅く支持を集めた。

 川真田さんは同市出身で川島高卒。建設会社社長や社会福祉法人理事を歴任した。1989年、県議に当選して議長も務め、2004年に新市初の市長選で無投票当選した。

 一方、河野さんは、今月7日に立候補を表明。国からの特別交付税額が県内他市に比べて少ないことを指摘し、「現市政はやる気がない。このままほっとけない」などと徹底した川真田市政批判で追い上げたが、最後まで出遅れが響いた。

(2008年10月27日 読売新聞)

17 千葉9区 :2008/10/28(火) 20:58:03
http://www.topics.or.jp/contents.html?m1=2&m2=3&NB=CORENEWS&GI=Kennai&G=&ns=news_122507191772&v=&vm=1
川真田氏が再選 吉野川市長選、河野氏に3953票差 2008/10/27 10:44 メールで記事を紹介する 印刷する
 任期満了に伴う吉野川市長選が二十六日投開票され、現職の川真田哲哉氏(61)=無所属、鴨島町鴨島=が一万三千七百七十九票を獲得し、再選を果たした。元市職員の河野憲二氏(61)=同、鴨島町西麻植=とは三千九百五十三票差。平成の大合併の県内第一号として市が誕生して初の選挙戦は、「足元を見つめた着実な市の発展」を訴えた川真田氏に市民の支持が集まった。投票率は63・08%だった。

 川真田氏は、旧町村間の制度調整などで市の土台づくりに力を注いだ一期目の実績をアピールし、堅実な行財政運営の継続を主張。県議時代から市内全域に持つ地盤を基に、小集会や街宣活動など、地道に市民と接する選挙活動を行い、支援する市議十一人も積極的に動いた。その結果、刷新を訴えた河野氏を振り切った。

 河野氏は川真田市政を「無気力市政」と批判。中村博彦参院議員らの支援を受け、活発に運動を展開したが、出馬表明が十月上旬と遅れたことや、地元鴨島町以外での知名度不足などが最後まで響いた。

 投票は午前七時から午後八時(一部で同七時)まで市内三十カ所、開票は午後九時から川島町桑村の農村環境改善センターで行われた。

 当日有権者数三万七千九百七十人(男一万七千七百四十一人、女二万二百二十九人)▽投票者数二万三千九百五十三人(男一万千六十四人、女一万二千八百八十九人)▽投票率63・08%(男62・36%、女63・72%)▽有効二万三千六百五票▽無効三百四十八票。

◎「市民と次のステージに」 激戦制し喜び爆発

 「市民の皆さまと一緒に次のステージを作っていきたい」。二十六日投開票された吉野川市長選で再選を果たした川真田哲哉さん(61)は、鴨島町鴨島の選挙事務所前に集まった支持者約五百人と喜びを爆発させた。新人の河野憲二さん(61)との一騎打ちを約四千票差で制した川真田さん。「選挙戦を通じて寄せられた課題を踏まえ、新しい吉野川市づくりに向けて全力を尽くす」と二期目に向けて気を引き締めた。

 午後十時三十五分ごろ、地元ケーブルテレビの中継で勝利が確定的になると、待ちわびた支持者からは「やった。勝ったぞ」「おめでとう」との声が次々と上がった。間もなく川真田さんが、妻の恵美さん(58)とともに事務所に到着。「力強い激励や支援をいただき、二期目を務めさせていただくことになりました」との勝利宣言に、支持者からは大きな拍手や歓声が飛び交った。

 勝利に酔い、会場の熱気は最高潮に。全員で万歳三唱した後、マイクを握った川真田さんは「市の置かれている状況を考えると、必要なのは実現不可能な理想ではない。住民の声を市政に反映させ、次の歴史を作っていく」と抱負を力強く語った。

 川真田高太郎後援会長や河野利英選対本部長も興奮した様子。「市民の良識の勝利。選挙戦の熱い気持ちをしっかり持って、市政運営に臨んでほしい」と声を弾ませてエールを送った。

 事務所には、県選出国会議員や近隣自治体の首長らが続々と詰め掛け、支持者らと祝杯を挙げたり、労をねぎらったりしていた。


◎「不徳の致すところ」 河野さん、敗戦の弁

 「すべて私の不徳の致すところ。これからは一市民として皆さんと頑張っていきたい」。午後十時四十五分、鴨島町西麻植の選挙事務所に集まった約二百人の支持者に、河野さんは敗戦を告げた。

 「力不足だった」。うなだれる支持者やスタッフ一人一人と握手を交わし、深々と頭を下げる。

 出馬表明は告示の直前と出遅れた。それでも三十九年の行政マンとしての経験を武器に、市政刷新を訴えて激しく追い上げた。支持者からは「よくやった」と健闘をたたえる声が上がった。

【写真説明】再選を果たし万歳三唱する川真田氏=26日午後10時50分ごろ、吉野川市鴨島町鴨島の選挙事務所

18 とはずがたり :2008/10/28(火) 22:47:41
>>17
こんなのが居るなんて知りませんでしたが福祉族って所でしょうかね。
あと吉野川市って徳島3区管内なんですねぇ。徳島を境に北が2区南が3区かと思ってたけど其れでは南の人口配分が少なすぎるか。。

中村博彦
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E5%8D%9A%E5%BD%A6

中村 博彦(なかむら ひろひこ、1943年1月29日 - )は、日本の政治家。参議院議員(1期)。社会福祉法人「健祥会」理事長。

略歴
1965年3月 - 徳島大学学芸学部卒業
1965年4月 - 徳島県立城北高等学校教諭
1978年6月 - 社会福祉法人育英福祉会理事長、育英保育園開設
1980年4月 - 特別養護老人ホーム水明荘開設
1985年6月 - 社会福祉法人健祥会理事長
1997年4月 - 全国デイサービスセンター協議会会長
1998年4月 - 厚生省医療保険福祉審議会介護給付費部会委員
1999年5月 - 全国老人福祉施設協議会会長
1999年12月 - 社会保障構造の在り方について考える有識者会議委員
2001年1月 - 厚生労働省社会保障審議会委員
2001年10月 - 同 介護給付費分科会委員
2002年4月 - 日本ゲートボール連合評議員
2003年5月 - 厚生労働省社会保障審議会介護保険部会委員
2004年7月 - 第20回参議院議員通常選挙に自民党公認候補として比例区立候補、当選
2008年8月 - 福田康夫改造内閣において総務大臣政務官に就任。

19 千葉9区 :2008/10/28(火) 23:22:48
>>18新しい支持組織を模索なんて04年参院選で少しだけ話題になりました
07年も全国老人福祉施設協議会だの、日本歯科技工士連盟だの、
住宅介護協会だの、栄養士連盟だのが組織内候補出してました。

http://www.topics.or.jp/senkyo/04sanin/news/0709-1.html
7月9日付

【断面】個人名競う比例代表 当落に直結、組織必死

 「なぜか県連執行部から(自民党県連大会への)出席の要請がございません」。六月六日に徳島市内で開かれた県連大会を前に、同党公認で比例代表に出馬する中村博彦氏から県連幹部らに、抗議を込めた文書が送られた。

 中村候補が会長を務める全国老人福祉施設協議会は、今回の参院選で初めて組織内候補を立てる「新興勢力」。党本部からは、個人名三十万票獲得を目標に、地元で十万票を固めるよう言い渡されており、大量得票を目指して県内に本拠を置いた。県連大会でも、徳島選挙区の小池正勝候補と連携し「比例は中村」を訴えたかったが、自民県連からは「特別扱いはできない」と断られた。

 自民党が公認する比例候補は三十三人。県内では、業界ごとに組織された十六の職域支部がそれぞれの組織内候補を推している。三年前の前回参院選から比例代表に導入された非拘束名簿式は、各党が候補者名簿に順位を付けない代わりに各候補の個人票がそのまま「党内順位」になり、当落に直結する。このため、各組織は個人名の浸透に躍起になっている。

 自民県連としては、中村候補と徳島選挙区の戦いを連動させれば、票固めへの相乗効果が期待できるが、「比例候補の支援に温度差を付けると不満が出る」というわけだ。それだけ自民党候補同士の戦いがし烈だともいえる。

 県内の既存の職域支部にとって「新興勢力」の中村候補の出馬は大きな脅威。特に医療会支部(県医師会)は、これまで老人福祉施設を票田にしてきただけに、これらの票がごっそり中村候補に流れる可能性があることから、危機感を強めている。

 県医師会は、三年前の参院選で組織内候補の個人票を四千二百七十四票獲得、県内の会員に占める得票率は全国一になったという。「各県の得票が貢献度のバロメーターとされ、各医師会の発言力にも影響してくる」と県医師会幹部。他の職域支部も同様で、個人票の集票力が試されていることに変わりはない。

 労組代表の候補を抱える民主党も実情は同じ。連合徳島で組織内候補を抱える八つの産別組合が、個人票の獲得に神経をとがらせている。

 「『民主党に』と言えば焦点がぼけてしまうから、党名は一切出してません」。新人候補を立てた電力総連の県内幹部は話す。約千七百人の組合員がいながら、前回の推薦候補が県内で獲得した個人票は約千百票にとどまった。今回の目標は組合員数の三倍の五千票以上。徳島選挙区は民主の東条恭子候補を売り込むが、比例代表では個人名だけを訴える。

 九人の組織内候補がいた三年前は、九産別だけで二万人、連合徳島全体では三万人を超える組合員がいながら、個人票の総計はわずか一万二千票余りだった。全国でも同様で、固定名簿の時代には名簿上位に登載されて議席を確保してきた連合推薦候補は、三人が落選の憂き目に遭った。この反省から、各組合は民主党の名を表に出さない戦いを繰り広げる。

 連合徳島の幹部は言う。「市町村ごとに個人票の出方が分かるため、各組合の取り組みようが数字になって表れる。まるで通信簿だ」

 比例代表は基本的には政党を選択する選挙でありながら、業界や労組が送り出す自民、民主両党の比例候補は選挙区候補さながらに個人票獲得に勢力を注ぐ。得票数がそのまま組織の「成績表」になり、当選後の発言力にも影響を及ぼすとされ、各組織は威信をかけた戦いにしのぎを削っている。

20 とはずがたり :2008/10/28(火) 23:38:13
>>19
ご教授感謝です。
当時から県連内で浮いた感じだったんでしょうかねぇ。
新しい利権だけに旧来の利権と折り合いが余り良くないのかもしれませんな。。

21 千葉9区 :2008/11/03(月) 20:57:35
新居浜市(愛媛3区)
現職無党派vs新人自民系
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/1572
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/1574
新居浜市長選に現新2氏
JR駅前整備事業進め方など争点

 新居浜市長選は2日告示され、3選を目指す現職・佐々木龍氏(53)と、社会福祉法人理事長の新人・長野文彦氏(61)(ともに無所属)の2人が立候補し、2期8年の実績をアピールする現職と、産業振興策の充実で「工都復権」を訴える新人の一騎打ちとなった。両陣営はJR新居浜駅前整備事業の進め方や、家庭ごみ収集の一部有料化の是非などを争点に、9日の投開票に向けて舌戦を繰り広げた。

 佐々木候補の出陣式は午前9時から、同市寿町のスーパー駐車場で行われ、福祉関係者らが集まった。佐々木候補は第一声で「市民に信頼されるまちづくりに取り組んできた。将来への基盤づくりとして、駅前周辺整備事業を一緒につくっていきたい」と訴えた。

 長野候補は同市一宮町の一宮神社で、自民党の県議、市議らと共に必勝を祈願した後、境内で出陣式。その後、繁華街に立ち、「今のままでは、地域間競争には勝てない。低迷している産業を活性化させ、医療、福祉、教育を充実させたい」と言葉に力を込めた。

 佐々木候補は、前回選に続いてボランティアらによる草の根選挙を目指しつつ、連合愛媛からの推薦を受けた。長野候補は自民党新居浜支部から推薦を得たほか、建設業界などから支持を受け初当選を目指す。

 市長選立候補者 候2、届け出順

佐々木 龍 53 無所属現《2》

?市長、東予産業創造センター理事長?全国青年市長会長、県市長会副会長、市議、自動車販売会社員?中大法学部?新居浜市?新居浜市松原町

長野 文彦 61 無所属新

?社会福祉法人理事長、日本のお手玉の会副会長、新居浜市体育協会常任理事?酒店経営、会社員?阪大経済学部?新居浜市?新居浜市中村

 <表の見方>氏名、投票日現在の年齢、所属党派、新旧、当選回数〈1〉現職・代表的肩書〈2〉経歴〈3〉最終学歴〈4〉出身地〈5〉現住所

(2008年11月3日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/news/20081103-OYT8T00064.htm

22 やおよろず ◆N22LLUydY2 :2008/11/09(日) 19:47:04
一騎打ちの新居浜市長選 投票進む
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20081109/news20081109628.html

 任期満了に伴う新居浜市長選挙は9日、投票が行われている。投票は一部を除き午後8時で締め切られ、即日開票される。午後7時現在の投票率は44・57%。
 立候補者は届け出順に、現職で3選を目指す佐々木龍氏(53)=無所属、松原町=と、新人で社会福祉法人理事長の長野文彦氏(61)=同、中村4丁目。
 佐々木氏は現職の知名度を生かし、地区ごとの個人演説会や、つじ説法を中心に運動を展開してきた。連合愛媛も初めて支援した。
長野氏は市議会最大会派の自民クラブや経済関係者らの支持を取り付け、各地区ではミニ集会を開くなどして集票に努めてきた。
 開票は9日午後8時45分から、同市宮西町の北中学校体育館で行われる。
 1日現在の有権者数は10万3171人。

23 やおよろず ◆N22LLUydY2 :2008/11/09(日) 22:53:17
新居浜

佐々木 龍  無現   29,642
長野 文彦  無新   29,168

24 千葉9区 :2008/11/10(月) 20:24:11
>>21-23

なんなんでしょ?この事件
赤の他人に成りすましたってならわかるんだが
http://sankei.jp.msn.com/region/shikoku/ehime/081108/ehm0811080325003-n1.htm
詐偽投票で少年ら2人逮捕 愛媛・新居浜市長選
2008.11.8 03:25
 愛媛県警新居浜署は7日までに、他人を装って新居浜市長選の期日前投票を行おうとしたとして、公選法違反(詐偽投票)の疑いで、同市上泉町、無職の少年(19)と、同市上原の会社員、丹生谷剛容疑者(20)を逮捕した。調べでは少年と丹生谷容疑者は共謀し、投票権のない少年が6日午後7時半ごろ、新居浜市役所に出向き、丹生谷容疑者を装って宣誓書を作成し、同市長選の候補者に投票しようとした疑い

http://sankei.jp.msn.com/region/shikoku/ehime/081109/ehm0811090229000-n1.htm
選管の指導直後に批判的記事コピー配布 新居浜市長選 愛媛
2008.11.9 02:26
 9日投開票の愛媛県新居浜市長選で、新人候補(61)の支援者が、対立候補に批判的な内容の新聞記事のコピーを演説会場で配布していたことが7日、わかった。公職選挙法に抵触する可能性が高いとして、市選管が新人候補の陣営に配布を中止するよう求めたにもかかわらず支援者が配った。

 記事は、6日付の朝日新聞愛媛県版に掲載され、JR新居浜駅前の再開発事業を取り上げた内容。見出しで「補償金詐欺、信用失墜」などと、3選を目指す現職候補(53)が進める市政に批判的な内容となっている。

 市選管によると6日、新人候補の陣営から、この記事のコピー配布の適法性を確認する電話があり、市選管は「公選法に抵触する可能性がある」として配布しないよう指導した。

 しかし、同日中に4会場で開かれた個人演説会のうち少なくとも1会場で約120人に配られた。事態を把握した市選管は公選法違反の疑いがあるとして新居浜署に通報した。

 新人候補の陣営は「演説会は、各地区の支援者の主催。(陣営側は)記事配布の違法性を認識しているが、すべての支援者に徹底できない」としている。

25 千葉9区 :2008/11/16(日) 22:33:32


http://society6.2ch.net/test/read.cgi/giin/1226827514/375
375 :無党派さん:2008/11/16(日) 22:20:46 ID:OOPHu2f2
>>344

松野町は合併問題でもめ、新人支持派が起こしたリコール運動をしのぎ、不信任決議後の町議選で議会は多数派を獲得、合併住民投票は鬼北町との小規模合併が選択されて
町政基盤は安定していると思われたのだけど。

現職(元々小規模合併派)と4年前にも立候補した新人
(元々は宇和島との広域合併派だったが今回は「鬼北合併」を主張)
との間には政策の差異はあんまりなかったものの、新人はポスター印刷業者が松山市の業者で、看板・選挙カーもかなり大がかり
なものだったので、県サイドの支持もあったのでは?と邪知。
(現職の岡町長は愛媛新聞のアンケートで「加戸知事を支持しない」と答えるなど加戸県政に批判的。
加戸知事も本心は「宇和島市への合併」支持だった様子)

ただ町政の混乱と現職の高齢も響いたのかも。



http://mytown.asahi.com/ehime/news.php?k_id=39000000811120002
同じ顔ぶれ現新対決
2008年11月12日

●松野町長選が告示


  任期満了に伴う松野町長選は11日告示された。現職で再選をめざす岡武男氏(79) 、新顔で元町助役の阪本寿明氏(61) の2人がいずれも無所属で立候補を届け出て、4年前の前回町長選と同じ顔ぶれによる一騎打ちとなった。16日に投開票される。


  岡氏は同町吉野の選挙事務所前で出陣式を開き、「今回の選挙は合併ができるか、単独の道を歩むかのかぎを握る重要な選挙。4年前からの公約である鬼北町合併は私にしかできない。合併までに解決すべき諸問題に全力投球する」 と訴えた。


  一方、阪本氏は同町松丸のJR松丸駅前で「鬼北町との合併に道筋を付けたのは岡町政の成果だが、合併一辺倒で町は混沌(こんとん) とし、町政への不信が高まった。活力ある開かれた町を築き、合併に向けた最後の仕上げに全力を尽くす」 と第一声を上げた。


  前回選挙では岡氏が鬼北町との合併を、阪本氏が宇和島市中心の合併をそれぞれ主張したが、今回は両氏とも住民投票の結果に沿って鬼北町との合併実現を訴えている。今年4月に発足した鬼北町・松野町合併協議会はすでに8回の会合を重ね、今月6日には、2010年1月1日の合併を目標とする提案がされるなど、合併新法の期限(10年3月31日) を念頭に置いた合併協議が続いている。


  投票は16日午前7時〜午後8時に町内10カ所であり、午後9時から町コミュニティセンターで即日開票される。10日現在の有権者数は3896人。(寺尾康行)

26 千葉9区 :2008/11/16(日) 22:41:27
>>25
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E9%87%8E%E7%94%BA
すっごいぐちゃぐちゃ・・・

27 千葉9区 :2008/11/17(月) 22:59:22
=岡山2区=現職落選の理由が良くわからん・・・
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20081117ddlk33010242000c.html
選挙:瀬戸内市長選 島村さんが初当選 行財政改革訴え現職破る /岡山
 任期満了に伴う瀬戸内市長選は16日投開票され、新人で税理士の島村俊一氏(68)=無所属=が、再選を目指した現職の立岡脩二氏(68)=同=を破り、初当選した。当日有権者数は3万2204人(男1万5218人、女1万6986人)。投票率は59・45%(前回65・21%)だった。

 最大の争点となった市財政について、9月まで市監査委員を務めた島村氏は「4年前の旧3町合併時より市の借金が約50億円も増え、今のままでは北海道夕張市と同じになる。徹底した情報公開を行って市民の英知を集め、行財政改革を断行する」などと訴えた。出身地の旧長船町地区の票を基盤に、現市政に批判的な市議らの支援も受けて選挙戦を展開。現職の激しい追い上げを振り切った。

 立岡氏は「改革で昨年度は3億8000万円の黒字を計上するまでに改善した」などと強調したが及ばなかった。当初は無投票の可能性もあったため、陣営の出遅れも響いた。

 同市邑久町尾張の事務所でバンザイした島村氏は「感無量です。行財政改革の方針が評価されたと思う。まずは、今年度予算と市の地域健全化財政計画を点検したい。旧3町の一体感ができていないので、やり直したい」と述べた。【小林一彦、石川勝義】

28 名無しさん :2008/11/27(木) 21:01:47
反江島候補潰しの一手でしょうか
----
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20081127ddlk35010467000c.html
 来年3月の下関市長選に、友田有県議(51)=同市区選出、自民=が立候補する意向を固めた。
28日に表明する。同市長選を巡り表立って意思を示すのは友田氏が初めて。
 同市出身。県立豊浦高から玉川大へ進み、建設会社の友田組などで勤務。83年から下関市議3
期、95年から県議で現在4期目。
 市長選では、現職の江島潔市長がまだ表明していないが立候補するとみられる。複数の市議や県
議も取りざたされている。

29 とはずがたり :2008/11/27(木) 22:19:46
>>28
玉川大出て自分の苗字と同じ土建屋で働いてて今は県議ってボンボンの利権屋の臭いがぷんぷんするんですけど(;´Д`)

30 名無しさん :2008/11/29(土) 17:25:39
>>28続報
争点としては、妥当なところでしょう
後は本人にやる気があるかどうか(期待は薄い)

>>29
まあ、ね・・・(苦笑)
----
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2008/1129/4.html
任期満了に伴う下関市長選(来年三月八日告示、同十五日投開票)に立候補する意向を示
していた下関市市区選出の県議、友田有氏(51)=自民、四期目=が二十八日、下関市役
所で出馬会見を開き「地域振興で下関市を活性化させたい」と決意を語った。

友田氏は、地域振興による市の活性化▽市立小中学校統廃合の白紙撤回▽市庁舎移転
問題の再検討▽中山間地域振興▽角島保育園の存続▽地域福祉の充実▽子育て支援の
推進―などの実現を主張。「各地域が特色を生かして元気にならないと下関市はだめにな
る」などと訴えた。

市立小中学校の再編については「単なる数合わせであり、地域が崩壊する。白紙に戻して新
たな再編の在り方を探りたい」と指摘。市庁舎移転では「地域振興策を盛り込んで考えるべ
き。本庁移転に伴う支所の廃止には反対だ」との考えを示した。

31 とはずがたり :2008/11/29(土) 18:56:18

浜田市議会:2年交代実行せず、議長不信任を可決 法的効力なく続投 /島根
11月29日17時3分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081129-00000294-mailo-l32

 浜田市の12月定例議会が28日、開会。牛尾昭・議長に対する不信任動議が提出され、賛成多数で可決した。動議に対する法的な効力はなく、そのまま、続投することになった。
 牛尾議長は05年11月、所属していた最大会派「新生会」の申し合わせ事項「正副議長は2年交代」に基づいて議長に就任。2年後の07年11月、申し合わせを実行せず、そのまま残った。このため、今議会で、同会派の23人のうち、中村建二会長ら21人が賛成者として、不信任動議を提出した。
 高見庄平議員が「2年間の任期の約束を守らないことが議会の運営を困難にしている」などと提出理由を説明。賛成討論の後、採決した。
 牛尾議長は記者会見をして「結果は非常に残念。自治法上はなんら拘束されない。市民の視点に立った議会運営を最優先し、引き続き、農林水産業及び地域の発展と日本一の議会改革を目指し、全力投球する」とのコメントを発表した。
 不信任動議可決後、議会運営委員会(下隅義征委員長ら9人)が協議した結果として、「議会正常化のため、28日は登壇を遠慮し、12月1日から再登壇してほしい」と申し入れ、議長も了承した。
 なお、議会はこの後、原田義則・副議長を議長に進められ、一般会計補正予算案などが提案された。会期は12月18日までの21日間。【大賀英作】

11月29日朝刊

最終更新:11月29日17時3分

32 とはずがたり :2008/11/29(土) 18:57:46

選挙:山陽小野田市長選 坂辻氏が出馬へ /山口
11月29日16時2分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081129-00000216-mailo-l35

 来年4月に任期満了の山陽小野田市長選に、元市職員の坂辻義人氏(63)が出馬する意向を固めた。来月1日に正式表明する予定。
 坂辻氏は長門市出身。萩商工高を卒業後、旧小野田市役所に入り、建設部長などを歴任し06年3月、退職。現在、市都市計画審議会委員を務めている。市長選には、今のところ現職の白井博文市長(70)が出馬表明している。【後藤俊介】
〔山口版〕

11月29日朝刊

最終更新:11月29日16時2分

33 千葉9区 :2008/11/29(土) 23:43:32
http://mytown.asahi.com/hiroshima/news.php?k_id=35000000811290005
=広島4区=中川vs空本の代理戦争といえそうです。
2新顔激戦の熊野町長選、あす投開票
2008年11月29日

 熊野町長選は30日午前7時から午後6時まで町内8カ所で投票、午後7時から町老人福祉センターで開票される。ともに無所属新顔の筆製造会社専務三村裕史氏(56)、前町議大瀬戸宏樹氏(49)=民主、国民新推薦=が激戦を繰り広げている。
 死去した平本芳之前町長の町政継承を掲げる三村氏は筆を生かした産業振興などを訴え、地元の山田利明、檜山俊宏の両自民県議のほか、中川秀直衆院議員も支援する。
 大瀬戸氏は町議5年半の実績をもとに福祉の充実などを訴え、連合広島も推薦。地元の高橋雅洋県議らが支援し、29日の演説会に民主党の佐藤公治参院議員らも来援する。
 27日まで2日間の期日前投票は721人に上る。選挙人名簿登録者数は2万910人(24日現在)。(福家司)

34 千葉9区 :2008/12/01(月) 22:27:53
>>33
民主大敗
http://mytown.asahi.com/hiroshima/news.php?k_id=35000000812010004
三村氏、初当選/熊野町長選
2008年12月01日


花束を手に当選を喜ぶ三村氏=熊野町

 11年ぶりの選挙戦となった熊野町長選は30日に投票があり、午後7時から町老人福祉センターで即日開票の結果、無所属新顔の筆製造会社専務、三村裕史氏(56)が無所属新顔の前町議、大瀬戸宏樹氏(49)=民主、国民新推薦=を大差で破って初当選した。当日有権者数は2万690人、投票率は61・17%(97年76・15%)だった。


 同町中溝の三村氏の事務所は、当選が決まると喜びにわきかえった。三村氏は取材に対し、「死去した(前町長の)平本芳之氏の町政を基本的に継承する。健全財政を維持しながら、筆を中心とした地場産業を振興し、生活道路の整備、少子高齢化対策などに取り組みたい」と話した。


 選挙戦は、三村氏を自民県議や国会議員らが、大瀬戸氏を民主系の県議や国会議員らがそれぞれ支援し、次期衆院選を思わせる構図となった。三村氏は、平本前町長の後援会を母体に、地場産業の筆を中心とする商工業者らが組織選挙を繰り広げ、手堅く票をまとめた。


 大瀬戸氏は連合広島の推薦も受け、町議5年半の実績をもとに教育、福祉の充実などを訴えたが、及ばなかった。(福家司、石田貴子)

35 名無しさん :2008/12/02(火) 23:04:36
一応、安倍ちゃんの地元です(旧油谷町)
----
選挙:長門市長選 松林市長が出馬表明 「市民の審判仰ぎたい」
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20081202ddlk35010398000c.html
 長門市の松林正俊市長(57)は1日の市議会一般質問で、任期満了に伴う市長選(09年4月5日告示、
12日投票)に再選を目指して立候補することを正式表明した。
 宮野修治議員の質問に、松林市長は「厳しい財政の下、新市建設を着実に進めてきたと自負している。
とはいえ、緒に就いたばかり。引き続き、かじ取り役ができるならば、諸課題を解決していきたい。市民の
審判を仰ぎたい」と答弁した。課題としては、学校給食センター施設整備や6次産業の拠点となる仙崎新
市場建設、山口国体の成功などを挙げた。
 市長選には、南野京右(72)、林克好(56)両市議も近く正式に出馬表明する見通し。一方、中野明彦
市議(45)は立候補を断念した。

36 名無しさん :2008/12/02(火) 23:09:51
>>32
山陽小野田市長選 09/04任期満了
白井博文 70 現 市長、(元)裁判官
坂辻義人 63 新 (元)市職員
----
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20081202ddlk35010399000c.html
 来年4月に任期満了となる山陽小野田市長選で、元市職員の坂辻義人氏(63)が1日、正式に
出馬表明した。
 坂辻氏は会見で、「長年の行政経験を生かし笑顔と元気のある町づくりをしたい」と述べ、重点
施策として、行財政改革や、空席の副市長を核にした効率的な組織再編などを挙げた。また、現
市政については「厳しい財政状況下でよくやっている」と評価しつつ、話し合い重視の行政手法を
取る考えを示した。
 長門市出身。萩商工高を卒業後、旧小野田市役所に入り、建設部長などを歴任して06年3月、
退職。現在、市都市計画審議会委員を務めている。市長選には、白井博文市長(70)が再選を目
指し出馬表明している。

37 千葉9区 :2008/12/03(水) 22:16:03
米子市長選に上場氏が出馬表明


上場重俊氏
 任期満了に伴い、二〇〇九年四月十二日に告示される米子市長選に、新人で元鳥取県西部総合事務所長の上場重俊氏(60)が三日、無所属で立候補する意向を正式に表明した。

 米子市役所で会見した上場氏は「米子は庶民の力で発展したまち。市がコーディネート役になり、米子を地方自治の先進地にしたい」と決意を述べた。県西部の中核都市としてのリーダーシップ発揮などを市政運営の基本姿勢として掲げ、県とのパイプを自らのセールスポイントに挙げた。

 上場氏は十一月十日に県を退職し、その後、同県日吉津村から同市東福原六丁目に住所を移すなどして選挙態勢づくりを急いでいる。

 同市長選は四月十九日投票。上場氏のほかに、現職の野坂康夫氏(63)=一期=、新人で市議の八幡美博氏(58)が既に立候補を表明。共産党は党支持団体と候補擁立を模索している。
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=508318005

38 とはずがたり :2008/12/14(日) 14:07:33
自民下関支部 来春の市長選自主投票 執行役員会で対応協議
2008年12月14日 00:41 カテゴリー:九州・山口 > 山口
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/65514

 自民党下関支部は13日、執行役員会を開いて来春の下関市長選(3月8日告示、同15日投開票)への対応について協議し「いずれの候補者も推薦しない」と自主投票を決めた。

 同市長選には、県議の友田有(たもつ)氏=自民=が既に立候補を表明。前回、自民党の推薦を受けた江島潔市長と、現職市議も立候補に意欲的な姿勢をみせている。

 同支部で会見した塩満久雄支部長(県議)は「自民党に近い複数の候補者の戦いとなりそうな市長選に支部としては関与しない。しこりを残すのはよくない」と語った。

=2008/12/14付 西日本新聞朝刊=

39 名無しさん :2008/12/14(日) 21:20:34
>>38
地味〜に江島涙目かな
あとは安倍と林の動向か

40 名無しさん :2008/12/18(木) 01:00:41
>>35続報
長門市長選 09/04/12
松林正俊 57 現 市長、(元)市議、(元)衆院議員(林義郎)秘書
林克好   56 新 市議、(元)旧油谷町議
南野京右 73 新 市議会議長、(元)旧市議

----
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2008/1216/4.html
 来年四月十二日に投開票される長門市長選に出馬の意向を表明していた長門市議の林克好氏(56)=
無所属=は十五日、長門市役所で会見を開き、「合併後、地域が衰退し、長門市はこのままでいいのかと
疑問を感じた。議員経験を生かし、市政を変えるかじ取りを担いたい」とあらためて決意を語った。
 林氏は「第一に、職員が市の財政状況に危機感を持つなどの意識改革が大事」とし、「改革には強いリー
ダーシップが必要。トップと職員がチームとなって取り組まねば」と述べた。「現状は県とのパイプが持ててい
ない」との認識を示し、「国、県、市が一体となった自治体活動でなければ厳しい現状を乗り切れない。県と
の関係修復を図りたい」とした。
 政策では、一次産業の振興を掲げ、生産物に付加価値を付けた販売活動の推進に取り組むとした。財政
事情を考慮して市長を含めた特別職の報酬30%カットや新給食センター建設計画を中止する考えを述べた。
 同市長選には現職の松林正俊氏(57)=無所属=が出馬表明しており、十六日に同市議会議長の南野
京右氏(72)=同=が出馬会見を開く。

http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2008/1217/4.html
 来年四月十二日に投開票される長門市長選に出馬の意向を示していた同市議会議長の南野京右氏(73)
=無所属=は十六日、長門市役所で会見を開き、「衰退していく長門を放っておけない。地域経済の危機的
状況、閉塞(へいそく)感を打破するために大改革に挑戦したい。四年間、長門の元気回復のために完全燃
焼する」とあらためて決意を語った。
 南野氏は、厳しい財政事情を踏まえ、企業感覚を取り入れた行政改革を行い、ケーブルテレビの番組制作
を民間委託するなど民間の力を活用し、市長ら特別職の報酬30%カット、市長退職金50%カットなど特別
職の給与・手当などを大幅に見直す考えを述べた。経済活性化に向けて関係団体と連携しながら積極的に
トップセールスする点や、県との関係を修復し、現在、連携を深めている下関市はもちろん、隣接する萩市や
美祢市とも連携を深める点などを政策に挙げた。
 南野氏は旧長門市出身。中央大卒。同市議を合併まで連続六期務め、その間、一九九五年二月から九九
年二月まで議長。二〇〇五年四月に合併した新市の市議に当選し、同年五月から議長。

41 千葉9区 :2008/12/23(火) 17:25:59
特集記事です。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/7760-7761

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1224913247/l50
地域再興 県西部・中海圏は今
第5部 自治体【1】

首長選挙


2008/12/18の紙面より
 住民が生活不安を抱え、経済も低迷する地域をどう再興していくか。その方向を決める地方自治体は台所事情が厳しく、また地方分権の観点からも住民との「協働」が必要とされる。しかし、首長、議会と住民は信頼関係で結ばれているか。自治体のプレーヤーである首長、議員、住民に今、求められることは何か。鳥取県西部・中海圏域の市町村の現状を通して、これからの自治体像を探る。
--------------------------------------------------------------------------------
問われる「合併後」


安来市長選挙で現職を大差で破り、祝福を受ける近藤氏(右)=10月19日、安来市安来町
 今秋、県境を挟んで隣接する島根県安来市と鳥取県南部町で、「平成の大合併」後の二期目を託す首長選挙が行われた。いずれも「変革」を掲げた新人の挑戦を受けた現職が厳しい逆風を浴びた。


■“安来ショック”
島田二郎    9332

越野宗男    1479

近藤宏樹   14507

 十月十九日、現職に新人二人が挑んだ安来市長選の開票結果には、誰もが驚いた。

 告示の十一日前に名乗りを上げた新人で元市議の近藤氏(63)が、自民党の市内三支部と公明党の推薦を受けた現職の島田氏(55)に五千百票余りもの大差で圧勝したのだ。

 近藤氏の選挙参謀で元島根県議の倉井毅氏は「大差での勝利は全くの予想外。それほど市政への不満が市民の間にあったということだ」と振り返った。

 同市は二〇〇四年に旧安来市、旧広瀬、旧伯太両町が合併して誕生。合併前後に集中した旧市町の事業の償還で財政が悪化、この四年間は財政健全化のため各種使用料の値上げなど市民の負担増を余儀なくされた。旧町では周縁化への住民の不満もくすぶっていた。


■民意とのズレ
 選挙戦で最大の争点となった新庁舎移転建設事業も、新生安来市のシンボル事業だ。島田氏は、道州制を見据えた分権社会に対応するまちづくりの核としてこの計画を進め、「市議会の了承を経ており、合併特例債の活用で財政負担を抑える」と説明したが、安来節演芸館、安来駅観光交流プラザと続いた箱物行政に有権者は厳しい目を向けた。

 倉井氏は「道州制といわれても、市民は明日の生活がどうなるかわからないのに、説得力はない。道州制が目の前に来ているなら、今、新庁舎を何十億円もかけて造る必要がない」と、住民感覚とのズレを指摘する。

 また、この六月まで同市の副市長だった安達武敏氏は「合併は国が合併特例債をひもにして地方に迫った。財政論議がなく、何でもOKで進めたがゆえに、住民が望んだ合併でなく夢の押し売りになり、住民と意識が乖離(かいり)した。合併の逆風を現職が一身に受けた」と、今回の選挙結果を受け止める。


■南部町でも
 安来市長選と同じ日に実施された南部町長選でも、旧西伯町長時代からリーダーシップを発揮してきた現職の坂本昭文氏(59)が再選を果たしたものの、元共産党町議で新人の真壁容子氏(55)の挑戦に苦戦を強いられた。

 「未来のための施策」として地域自治組織を導入するなど先進的施策にも取り組むが、その行政手法が一部住民からは「強引」と映り、批判票が「住民目線の町政」を訴えた真壁氏に集まった。

 坂本氏は「反対票を投じた人たちにも私の思いが伝わるよう今後は努力していく必要がある」と述べている。

 二つの首長選は、合併の反動、首長の思いと民意のギャップを浮き彫りにした。リーダーシップの前提として、住民の意見を聞き、説明する姿勢が首長に従来に増して求められている。

42 名無しさん :2008/12/23(火) 21:23:16
友田有   51 新 県議、(元)市議、(元)建設会社員
香川昌則 45 新 市議、(元)県庁
江島潔   51 現 市長、(旧)市長
----
選挙:下関市長選 香川市議が出馬表明 「対話重視で下関を一新」
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20081223ddlk35010462000c.html
 任期満了に伴う来年3月の下関市長選に22日、香川昌則・同市議(45)が立候補を表明した。
この日会見し「対話によって閉塞(へいそく)感漂う下関を一新する」と意気込みを述べた。市長選
への立候補表明は2人目。
 香川氏は県立下関西高、筑波大大学院を卒業し県庁に18年間勤務。昨年2月、下関市議に初
当選した。
 会見では「市民100人委員会」による市民の市政参画など対話重視を掲げた。懸案の市庁舎建
設地は「建て替えは必要。財政状況なども考え新下関地域と決断している」と述べた。現庁舎跡地
には子どものためのにぎわい施設を造り、周辺商店街の活性化につなげる案を示した。
 市長選を巡っては現在、友田有県議(51)が立候補を表明。江島潔市長も立候補するとみられ
るほか、県議経験者や市議の名が取りざたされている。

43 名無しさん :2008/12/27(土) 10:16:32
今年の衆院補選では自民候補として名前の挙がった河内山だったが。

柳井市長選 09/03/01
河内山哲朗 50 現 市長、(元)旧市長、松下政経塾
長谷川忠男 64 新 県議、(元)市議、(元)衆院議員秘書(佐藤栄作、佐藤信二)

----
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20081226ddlk35010350000c.html
 柳井市区選出の県議で自民党県連幹事長の長谷川忠男氏(64)が25日、同市長選
(09年3月1日投開票)への出馬を表明した。支援者が開いた集会で「決意は固まった。
古里、柳井を全国に誇れるまちにするため努力すると誓う」と述べた。年明けに正式表
明する。
 市長選には現職の河内山哲朗氏(50)が立候補を表明している。河内山市長に批判
的なグループが25日、「柳井をよくする会」(坪野功会長)を設立、その場で長谷川氏へ
立候補を要請した。
 長谷川氏は93年の旧市長選で、河内山氏との一騎打ちに敗れている。

44 千葉9区 :2008/12/27(土) 15:24:25
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200812240042.html
現職首長、受難の時 岡山 '08/12/24

--------------------------------------------------------------------------------


 岡山県内の首長選で、現職が敗れるケースが相次いでいる。今年投開票のあった市長選では倉敷、高梁、瀬戸内の3市長選で現職が敗退。知事選、2町長選では、現職が勝利したものの、きん差だった。財政悪化に伴う住民サービス低下や、自治体合併での地域格差拡大などを背景に、住民の反発を受けた。現職首長は受難の時を迎えている。

 倉敷市長選は、再選を狙う現職の古市健三氏に、元市収入役の伊東香織、前市議会議長の秋山正の新人2氏が挑戦。古市氏が当初、優勢だったが、市政刷新を訴え女性や無党派層を取り込んだ伊東氏が最終盤で逆転した。

 次回の市長選をにらむ古市氏は当時を振り返り「新人候補は現職批判をすれば済む。だが現職は現状維持を訴えるだけでは許されない。次期4年の明るい市政の姿を示さないと納得されなかった」と総括している。

 高梁市長選は、新設合併直後の前回市長選(2004年10月24日投開票)で当選した秋岡毅氏と、前市商工観光課長の新人近藤隆則氏が対決。告示のほぼ2週間前に立候補表明した近藤氏は「高梁を変えよう」と訴え勝利した。元成羽町長の秋岡氏、旧高梁市出身の近藤氏という旧市町間の主導権争いの構図も垣間見えた。

 瀬戸内市長選も、新設合併直後の前回市長選(04年12月5日投開票)を制した立岡脩二氏と、元市代表監査委員の新人島村俊一氏の一騎打ち。現職の財政運営を批判した島村氏が当選を果たした。

 知事選は、4選を目指す現職の石井正弘氏と、新人で伝承民謡研究者の住宅正人氏が争った。行財政改革を進め、市町村などの補助金カットなどを提案した石井氏が苦戦し、約7万票の差で辛くも逃げ切った。

 町長選は、無投票の吉備中央町を除き、早島、久米南の2町ともに現職が一騎打ちを制し当選したものの、その票差は282、198とわずかだった。

45 千葉9区 :2008/12/30(火) 00:37:31
=愛媛2区=
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/7712
2008年09月21日(日)更新
次期今治市長選挙に菅良二県議が出馬へ
http://www.itv6.jp/catch/news_detail.php?date=20080921&no=0001

来年2月に任期満了を迎える今治市長選挙に、現職の県議会議員の菅良二氏が出馬する意向を固めました。

前回に続き保守分裂の市長選挙となることが確実な情勢となりました。

次期今治市長選挙に出馬する意向を固めたのは現職の県議会議員菅良二氏65歳で、きょうまでに所属する自民党県連に立候補の意思を伝えています。

菅氏は大三島町長を経て2003年の県議選で初当選し、2期目を目指した去年4月の選挙では2万1000票余りを獲得しトップ当選しています。

保守分裂の選挙になることについて、菅氏は「あくまで市民の立場、目線に立って出馬したい」と話し、政策をまとめた上で来月上旬にも正式表明する予定です。

今治市長選挙を巡っては現職の越智忍市長が今月17日の市議会で2期目の出馬を表明しています。

05年市長選
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/1708
当47250票 越智 忍 47無新  県議会議長←加戸守行愛媛県知事や、地元選出の村上誠一郎、山本順三らの支持
 40226票 白石哲朗 61無新  助役   ←事実上の後継、多くの旧町村長らの支援
 11352票 堀内琢郎 66無新  県議
  9702票 徳永安清 59無新  市議

46 千葉9区 :2009/01/03(土) 11:22:03
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/article.aspx?id=20090103000062
3市1町で首長選/09年県内の選挙
2009/01/03 10:08

 2009年の香川県内の選挙は、衆院が9月で任期満了のため確実に総選挙が行われるほか、任期満了に伴う首長選が丸亀、坂出、観音寺の3市と土庄町、市議選が丸亀、観音寺の2市で実施される。

 丸亀市長選は現職の新井哲二氏(64)が昨年の3月定例議会で立候補を表明。旧丸亀市長を含め通算3期目を目指す。12月には、みずほ総合研究所上席主任コンサルタントの平川淳氏(52)が出馬を表明。無所属同士の一騎打ちの公算が強まっている。日程は市議選と同じで4月12日告示、19日投票の予定。

 坂出市は5期目の松浦稔明市長(70)が6月3日、観音寺市は合併後1期目の白川晴司市長(63)が11月19日で任期満了。両市ともに現在まで出馬を表明した候補者はいない。

 土庄町長の任期満了は2010年1月21日だが、年明けの選挙を避けて12月下旬の投開票となる見込み。昨年12月定例議会で現職の岡田好平氏(74)が2選を目指して立候補を表明した。

 市議選は、現職・新人の動きから丸亀、観音寺ともに選挙になる公算。丸亀は定員が4人減で、旧市町ごとの選挙区制もなくなるため激戦の見通しだ。

47 千葉9区 :2009/01/05(月) 21:22:16
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20090104-OYT8T00580.htm
今年の選挙 藤田知事の動向焦点
 今年は、9月に任期切れとなる衆院選、藤田知事の4期目の任期満了(11月)に伴う知事選が行われる。また、呉、庄原両市など5市町で首長選が、8市町で議員選が予定されている。

【衆院選】

 衆院選は昨年後半の解散ムードが、経済危機や麻生首相の支持率降下で延び延びになったが、野党だけでなく、与党内にも早期解散を求める声があり、年明けから予断を許さない。

 前回(2005年)の「郵政選挙」で県内7選挙区のうち、6議席を自民が占めたが、今回は激しい議席争いとなりそうだ。

 自民は、6小選挙区で現職6人の出馬が決まった。現職2人が意欲を見せた3区はコスタリカ方式を事実上存続させた。候補が決まっていない6区は地元からの擁立を目指し、党本部主導で調整が続いている。

 民主は国民との選挙協力で候補者を立てない6区を除き、いずれも前回選と同じ顔ぶれの現職3人、新人3人を立てる。大勝した07年参院選の勢いも残り、自民との激戦が予想される。

 公明は、県内を地盤とする現職が比例中国ブロックで出馬を予定。小選挙区と合わせて、自民との協力体制で臨む。

 共産は、党の方針で1区のみで候補を立てる予定だったが、6区でも無投票阻止のため擁立した。社民からは1区で新人候補が立つ。国民は6区で現職が出馬する。無所属では1区から新人が立候補する見通し。

【知事選】

 4期目の藤田知事の動向が焦点。知事はこれまで去就について明言を避けているが、任期満了目前まで、意思を示さない可能性も。「ポスト藤田」をにらむ自民県連では、元県幹部や現職国会議員らの名前が浮上するが、県議会の自民系は5会派に分裂しており、一本化は厳しい情勢。前回は自主投票とした民主が独自候補を擁立する可能性もあり、秋まで党派間の駆け引きが続きそうだ。

【首長選】

 庄原市長選には農業林保武氏(73)、元県警警部補の藤原義正氏(51)、元同市助役の入江幸弘氏(65)、現職の滝口季彦氏(67)が出馬を予定、激戦が予想される。

 呉市長選は1期目の現職、小村和年氏(61)の出馬が予想される。

 坂町長選は、現職の吉田隆行氏(56)が5選を目指して出馬の構えを見せている。北広島町長選は、現職の竹下正彦氏(61)と前町議の杉本武信氏(63)が立候補を表明した。

(2009年1月5日 読売新聞)

48 千葉9区 :2009/01/05(月) 21:26:33
http://mytown.asahi.com/tottori/news.php?k_id=32000000901050005
今年の選挙 7市町で首長選
2009年01月05日

◆総選挙に注目


 県内では今年、総選挙のほか、任期満了に伴う伯耆、八頭、米子、大山、北栄、三朝、岩美の7市町長選のほか、米子市議補選と八頭、大山、湯梨浜、伯耆、江府、智頭、倉吉、北栄、三朝の9市町議選が予定されている。


 9月までには確実に実施される総選挙は、鳥取1区では、自民現職で農林水産相の石破茂氏(51)と、元自民県議で民主新顔の奥田保明氏(49)、共産新顔で党県書記長の岩永尚之氏(52)が立つ見通し。鳥取2区では、05年の郵政選挙で初当選した自民現職の赤沢亮正氏(48)に、県議を辞めた民主新顔の湯原俊二氏(46)が挑む予定だ。


 首長選では、伯耆町長が1月20日告示・25日投票、八頭町長が4月7日告示・12日投票、米子市長が同12日告示・19日投票、大山町長が同14日告示・19日投票。ほかに北栄町長が10月、三朝町長が11月、岩美町長が12月に、それぞれ任期満了となる。


 伯耆町長は引退表明した現職に代わり、元県幹部職員の新顔のみが立候補を表明しており、いまのところ無投票当選となる可能性が高い。米子市長は現職と市議、元県幹部職員が立候補表明しており、大山町長は現職と元町議会副議長の激戦が予想される。三朝町も現職が立候補する意向を明らかにしている。

49 千葉9区 :2009/01/05(月) 21:27:19
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20090105ddlk33010244000c.html
選挙:今年は“ミニ統一選” 県内20選挙、4月に11選挙集中 /岡山
 ◇注目される「変革」への動き
 ◇政令市移行後初、今秋に岡山市長選
 県内では今年、政令市として初の選挙を迎える岡山市長選を始め、7市長選▽2町長選▽9市議選▽2町議選−−の計20選挙が実施される。「平成の大合併」で誕生した自治体では、2回目の選挙となり合併後の政策が問われる形に。11選挙は4月に集中し、“ミニ統一選”になる。また、昨年合併後初の選挙となった高梁、瀬戸内の両市長選、倉敷市長選は、いずれも新人候補が現職を破って当選するなど、変革を求める有権者の投票行動が今年も注目される。衆院解散・総選挙が予想される中、地方自治のあり方を問う重要な年になりそうだ。【椋田佳代、石戸諭】

 ◇鏡野町長選
 05年3月に旧鏡野町、奥津町、上齋原村、富村が合併して発足。現職の山崎親男氏(55)が再選を目指し、出馬表明している。

 ◇赤磐市長選
 同年3月に旧瀬戸町(現・岡山市)を除く旧赤磐郡内4町(山陽、赤坂、熊山、吉井)の合併で誕生。旧吉井町長を2期務めて初代市長選に当選した荒嶋龍一氏(70)が出馬表明している。

 ◇新見市長選
 同年、旧新見市と旧阿哲郡4町が合併して誕生。94年から旧新見市長を3期務め、合併後の市長選に初当選した石垣正夫氏(67)が立候補を表明している。

 ◇備前市長選
 同年3月、旧備前市、日生町、吉永町の合併で発足。現職の西岡憲康氏(67)と前市議会議長の歳安友繁氏(58)が出馬表明している。

 ◇真庭市長選
 同年3月に5町4村が合併。現職の井手紘一郎氏(68)が立候補表明している。

 ◇美作市長選
 同年4月、5町1村の合併に伴う市長選に無投票で初当選した現職、宮本俊朗氏(64)が立候補表明。

 ◇美咲町長選
 同年3月に中央、旭、柵原の3町が合併して発足。初代町長選で当選した現職の奥村忠夫氏(68)と、前町議会議長の定本一友氏(60)が立候補を表明している。

 ◇岡山市長選
 4月の政令市移行後、初の首長選となる。任期満了は10月8日。選挙まで1年を切ったが、昨年中に出馬表明はなく、情勢は流動的だ。前回、元衆院議員の熊代昭彦氏らを破って当選した高谷茂男氏(72)は、昨年12月の記者会見で「現段階で具体的なことは考えていない」としながらも、「これからこそ行革をやらないといけない」と述べ、続投への意欲をにじませたが明言は避けた。各党・会派も表立った動きはないだけに、今後の動向が注目される。

 ◇玉野市長選
 昨年中に立候補の意志を明らかにした候補予定者はおらず、前回選で初当選した現職の黒田晋氏(45)も明確な意思表示を避けている。

==============

 ◇…今年の県内選挙日程…◇
       首長        議員

     告示   投票   告示   投票   定数

倉敷市           1.18 1.25  43

鏡野町 3.24 3.29 3.24 3.29  18

赤磐市 3.22 3.29 3.22 3.29  22

新見市 4. 5 4.12 4. 5 4.12  22

備前市 4. 5 4.12 4. 5 4.12   2※(1)

真庭市 4. 5 4.12 4. 5 4.12  26

美作市 4. 5 4.12 4. 5 4.12  22

美咲町 4. 7 4.12 4. 7 4.12  16

井原市           4.12 4.19  22

瀬戸内市              (5.31) 22

総社市              (10. 1) 24

岡山市    (10. 8)※(2)

玉野市    (10.28)

 ※(1)備前市議選は補選のため改選数

 ※(2)( )内は任期満了日

毎日新聞 2009年1月5日 地方版

50 千葉9区 :2009/01/05(月) 23:13:03
【島根】
http://mytown.asahi.com/shimane/news.php?k_id=33000000901050002
8市町で首長選/今年の選挙
2009年01月05日




 今年、県内では4市4町で首長選が、4市7町で議員選が予定されている。首長選があるのはいずれも、05年に対等合併して新たに誕生した自治体で、合併の功罪が問われることになりそうだ。また、衆院議員が任期満了を迎える9月までに総選挙がある。


 出雲市は市長選、市議選の投開票が4月12日。市長選は再選を目指す西尾理弘氏(67)が昨年12月、無所属での立候補を表明した。市が計画する歌舞伎などの上演施設「出雲阿國(お・くに)座(仮称)」(約800席)の建設に反対する市民団体が市長選、市議選(定数34)に候補者の擁立を模索する。


 4月19日には松江市の市長選・市議選が投開票だ。市長選は再選を目指す松浦正敬氏(60)が昨年6月に立候補を表明。新顔の学習塾経営、川上大氏(50)が先月、立候補の意向を示した。


 10月に任期満了となる浜田市の宇津徹男市長(65)と大田市の竹腰創一市長(59)は、いずれも去就を明らかにしていない。


 市議選の定数は、松江市が現在の48から34に、浜田市は36から28に減る。いずれも合併前の旧市町村ごとに設けていた選挙区を撤廃して全市1区となる。安来市議選(定数26)は、市役所庁舎建て替えを巡り、最大会派(16人)が昨年10月に就任した近藤宏樹市長と対立を深めており、議席の行方に注目が集まる。


 一方、衆院選は昨秋の解散が見送られ、仕切り直しだ。各陣営は「中だるみ」を防ごうと、党幹部を招いたり、街頭演説を繰り返したりして引き締めを図る。1区は自民党幹事長で現職の細田博之氏(64)、元県議で民主党新顔の小室寿明氏(48)、元病院職員で共産党新顔の石飛育久氏(30)が立候補の準備を進める。2区は、財務副大臣で自民党現職の竹下亘氏(62)と、国民新党幹事長で前回は比例ブロックで復活当選の亀井久興氏(69)の一騎打ちになる公算が大きい。

51 千葉9区 :2009/01/06(火) 22:25:47
>>47
すげーグチャグチャ。わけわからん・・・
誰か解説してください。
【2003年】〜【2005年】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/1264-1265

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/4192
二〇〇三年五月の議長選を境に、藤田知事と桧山氏との関係の変容が表面化する。この時、桧山氏四選の流れにあらがう議員が自民議員会を脱会し自民党刷新会、自民党良政会を旗揚げ。本会議の投票で他会派の支持も得て、新田篤実議長を誕生させた。
先細る財政下、知事の公共事業抑制方針に都市選出の議員が多い自民刷新会、自民良政会は理解を示し知事与党を自認。新田議長支持に同調した民主県政会、公明党議員団も平和貢献や福祉などソフト施策を評価する。
《広島県議会の会派構成》
 自民議員会(30人)▽自民刷新会(14人)▽民主県政会(11人)▽公明議員団(6人)▽自民良政会(4人)▽県民同志会(2人)▽県政会(1人)▽共産党(同)―の8会派。2年前の議長選では刷新会が良政会の新田篤実氏を擁立。県民連合(現民主県政会)、公明党・県民会議(現公明議員団)、共産党が支持し、桧山俊宏氏を破った。

【2006年】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/4185
広島知事に辞職勧告決議 進退は明示せず
2006年12月18日21時00分
賛成:最大会派で知事に批判的な自民党議員会など4会派
反対:知事支持の自民系3会派(計19人)と民主・社民系会派(10人)が反対


【2008年3月21日現在】
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/gikai/giin/giin_kai.html
自民刷新会議16人
民主県政会  15人〜民主・社民系
自民     15人
公明党    6人
自民党広誠会 5人
自民党立志会 3人
つばさ    2人
自民党良政会 1人
フォーラム広島1人

52 千葉9区 :2009/01/07(水) 19:51:55
>>43=山口2区=
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20090107-OYS1T00448.htm
河内山・柳井市長が再選出馬断念「妻の看護のため」


河内山市長 柳井市の河内山哲朗市長(50)は6日の年頭記者会見で、立候補を表明していた市長選(2月22日告示、3月1日投開票)について、体調を崩した妻(45)の看護を理由に出馬を断念する意向を明らかにした。

 河内山市長は、妻の詳しい病状を語らなかったが、「入院加療が必要な状態。(旧市を含め)市長になって16年間、負担をかけ続けており、医者にも相談して決めた」と説明した。支援者にも、断念の考えを伝えたという。

 市長選では、県議の長谷川忠男氏(64)が10日、立候補を表明する見込み。河内山市長は「今回の決断に関係ない」とし、後継者については「判断力とリーダーシップを発揮でき、市民から信頼される政治姿勢を持っていることが望ましい」と述べるにとどめた。

 一方、自身の今後に関しては「任期満了後は充電期間を置きたい」と語り、政界復帰に含みを持たせた。

 河内山市長は1993年、合併前の旧市長選で長谷川氏との一騎打ちを制して初当選。3期連続で務めた後、合併後の05年の市長選で無投票当選した。

(2009年1月7日 読売新聞)

http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090107ddlk35010412000c.html
選挙:柳井市長選 河内山市長、一転不出馬 妻の体調不良理由に /山口
 柳井市長選(3月1日投開票)に立候補を表明していた河内山哲朗市長(50)が6日の定例記者会見で「一身上の都合で出馬しないことにした」と発表した。

 理由について河内山市長は妻(45)の体調不良を挙げ「選挙が近づいたのが一番のストレスになり、影響しているようだ」と述べた。昨年12月8日の市議会で立候補表明したことを「妻の具合は以前から悪かったが、その時点では大丈夫と判断ミスをした」と説明。年末年始に後援会などと相談し、3日に不出馬を決断したという。

 河内山市長は、柳井市区選出の県議で自民党県連幹事長の長谷川忠男氏(64)から支持を得られずに出馬表明。その長谷川氏が昨年12月25日に市長選への出馬を表明したことは「関係ない」と述べた。

 長谷川氏が10日、立候補を正式表明する。河内山市長は「他に立候補者が出てきて選挙戦になるかもしれない。現時点で誰を支持する、しないかの判断は留保する」と述べ、引退後については「充電期間を置いて、よく考えたい」と話した。

 河内山市長は93年、当時の全国最年少市長として34歳で初当選。旧柳井市長を3期、合併に伴う前回市長選は無投票当選し、通算4期務めている。任期満了は3月26日。【近藤聡司】

〔山口東版〕

毎日新聞 2009年1月7日 地方版

53 千葉9区 :2009/01/09(金) 23:01:29
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20090109ddlk38010624000c.html
選挙:県内ラッシュに 8市町の首長と12市町の議員が任期満了 /愛媛
 県内では今年、8市町の首長と12市町の議員が任期満了を迎え、選挙ラッシュとなる。既に選挙日程が決まっているのは6市町長選と5市町議選で、25日投開票の大洲市長選、砥部町長・町議選、内子町長選を皮切りに、2月8日に今治市長・市議選▽3月29日に鬼北町長・町議選▽4月12日には久万高原町議選と愛南町議選▽同19日には八幡浜市長選が予定されている。この他、4月23日に伊予市長・市議、西条市議、伊方町議、同月30日には内子町議の任期がそれぞれ満了する。また8〜10月に八幡浜市議、宇和島市長・市議、大洲市議も任期満了を迎え、今後それぞれ選挙日程が決まる。各市長選に向けた出馬表明の状況などを紹介する。【古谷秀綱、川上展弘、門田修一、土本匡孝、松田文、柳楽未来】

 ◇…大洲市…◇
 現職で再選を目指す大森隆雄氏(60)と新人で同市議の有友正本氏(60)の2人が出馬を表明。両氏による一騎打ちが予想されている。

 ◇…今治市…◇
 現職の越智忍氏(51)と、7日に県議を辞職した前県議の菅良二氏(65)が既に立候補を表明している。市長選、市議選共に合併後2回目となり、同日選(2月8日)となる予定。

 ◇…八幡浜市…◇
 現職の高橋英吾氏(68)は、今のところ態度を明らかにしていないが、3月定例市議会で再選に向けて出馬表明をするとみられている。他に目立った動きはみられない。

 ◇…伊予市…◇
 現職の中村佑氏(72)が昨年の12月定例市議会で、立候補を表明。今のところ、他に目立った動きはみられない。合併後2回目の市長選となる。

 ◇…宇和島市…◇
 合併後2回目の市長選。正式に出馬表明はしていないが現職の石橋寛久氏(58)が再選を目指し立候補するのは確実とみられている。

==============

 ■今年の県内選挙■

      【首長選】 【議員選】

 ●投開票日

 1月25日 大洲市   砥部町

       砥部町

       内子町

 2月 8日 今治市   今治市

 3月29日 鬼北町   鬼北町

 4月12日       久万高原町

             愛南町

 4月19日 八幡浜市

 ●その他の選挙・任期満了日

 4月23日 伊予市   伊予市

             西条市

             伊方町

 4月30日       内子町

 8月27日       八幡浜市

 9月10日 宇和島市  宇和島市

10月 1日       大洲市

毎日新聞 2009年1月9日 地方版

54 名無しさん :2009/01/09(金) 23:10:40
>>43>>52
誰も手を挙げないようなら、平岡秘書で県議選に出た井原健太郎が有力候補になると思われる。
----
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090109ddlk35010434000c.html
 民主党県連の平岡秀夫代表は8日、県庁で年頭の記者会見し、現職が不出馬を表明した
柳井市長選(3月1日投開票)について、「(出馬表明が)1人になったことが分かったのはごく
最近。具体的に(候補者擁立を)考えているわけではないが、無投票はできるだけ避けるべ
きだ」と述べた。
 さらに、首長選には個別の地域事情があると断った上で「市民選択がないことは望ましいこ
とではない。どなたか手を挙げるならば、側面的支援も含めて対応を考えたい」と話した。

55 名無しさん :2009/01/10(土) 16:46:59
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090110ddlk35010502000c.html

選挙:柳井市長選 民主県連・平岡代表「独自候補は困難」 /山口

 民主党県連代表の平岡秀夫衆院議員(山口2区)は9日、岩国市で年頭会見した。柳井市長選(3月1日投開票)で、自民党県議が出馬の意向で、現職が不出馬を表明したことについて、現状では独自候補の擁立は難しいという見方を示した。

 平岡氏は「市民党的な立場から出馬する候補者がいれば側面的に応援していく可能性がある」と述べるにとどめた。

 一方、県議が市長選に出馬した場合に実施される県議補選に触れ前回の県議選に出馬した元秘書の井原健太郎氏(34)について「補選に出馬する可能性もある。挑戦するのであれば、党として応援していく」と述べたうえ「ただ、市長選出馬を望む声も周辺にある」と説明した。

〔山口東版〕

毎日新聞 2009年1月10日 地方版

56 千葉9区 :2009/01/14(水) 21:34:21
>>30>>42
=山口4区=
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090114ddlk35010366000c.html
選挙:下関市長選 元県議・中尾氏が出馬へ /山口
 任期満了に伴う3月15日投開票の下関市長選に、元県議の中尾友昭氏(59)が立候補する意向を固めた。13日夜に開いた集会で支持者ら約500人を前に「私が(市長として)下関の窮状を救う」と表明した。

 中尾氏は下関市彦島角倉町出身。これまでに県議、市議のほか、税理士や会社社長を務めた。前回市長選で現職の江島潔市長(51)に敗れたが、江島市長の市政運営に反対する市議らからの要請で再出馬を決めた。

〔下関版〕

毎日新聞 2009年1月14日 地方版

57 千葉9区 :2009/01/15(木) 23:22:41
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090115ddlk35010419000c.html
選挙:09年県内、新旧交代へ激戦必至 7市2町で首長選、議員選は5市町 /山口
 ◇政権選択争点に衆院選も
 ◇合併「新市」が一期目満了
 今年の県内選挙は、7市2町の首長選と、3市2町(補欠選挙は除く)の議員選が実施される見込み。市長選が多いのは、4年前に平成の大合併で誕生した市が1巡目を迎えたため。注目の一つは新旧交代。柳井、宇部両市では現職が不出馬を表明。他の5市では、下関市や萩市、長門市、山陽小野田市で複数表明しており、激戦必至の情勢だ。一方、政権選択が最大の争点となる衆院選も任期満了の9月10日までには必ず実施される。【長谷川隆】

 ◆首長選

 【柳井市】(2月22日告示、3月1日投開票)

 妻の健康を理由に現職の河内山哲朗氏(50)が出馬を断念。今月10日に出馬表明した県議の長谷川忠男氏(64)の無投票当選になるのか、他に立候補者が出るのか注目される。また、長谷川氏の出馬に伴い、県議選柳井市区(定数1)の補欠選挙も実施される。市長選後の3月中旬〜4月上旬になりそう。

 【下関市】(3月8日告示、15日投開票)

 江島潔市長(51)は出馬に前向き。県議の友田有氏(51)と元県職員の同市議、香川昌則氏(45)が既に立候補を表明。前回江島氏に2470票で惜敗した元県議の中尾友昭氏(59)も出馬の意思を固めた。市庁舎の建設位置などが争点になりそう。一方、同じ日程で市議補選も実施される。

 【萩市】(3月15日告示、22日投開票)

 現職の野村興児氏(64)は旧萩市時代から通算5期目を目指す。一方、市議の諸岡〓二市議(61)は多選を批判し昨年9月に出馬表明した。旧市時代を入れると97年10月以来、12年ぶりの選挙戦になりそう。地域活性化策などが争点。

 【長門市】(4月5日告示、12日投開票)

 旧長門市時代を含めて4期目を目指す現職の松林正俊氏(57)のほか、市議長の南野京右氏(73)、市議の林克好氏(57)が立候補表明している。ここも課題は地域の活性化。観光や水産など地域資源の活用方法を巡って論戦がありそう。

 【阿武町】(4月7日告示、12日投開票)

 旧萩市などと合併せず、単独町政を選んだ。農漁業など1次産業を軸に、小さいながらも全員参加のまちづくりを推進中。今のところ、町総務課長から4年前に初当選した中村秀明氏(55)が立候補を表明している。

 【山陽小野田市】(4月23日任期満了)

 4年前に裁判官から初当選した現職の白井博文氏(71)は再選出馬を表明。一方、元市建設部長の坂辻義人氏(63)も名乗りを上げた。引き続き、財政再建などが重要課題。

 【宇部市】(6月21日告示、28日投開票)

 元建設官僚の現職、藤田忠夫氏(69)=4期目=は昨年12月議会で引退表明した。今のところ、表立った出馬の動きはない。市議補選もある。

 【和木町】(9月18日任期満了)

 4年前に無投票再選した元町助役の現職、古木哲夫氏(64)=2期目=は、まだ態度を明らかにしていない。他にも、出馬に向けた表立った動きはない。

 【山口市】(11月12日任期満了)

 合併に伴う4年前の選挙で初当選した現職の渡辺純忠氏(64)。「09年予算を成立させてから、出馬について真剣に考える」と話している。他に出馬の動きはないが、今後の動向は流動的。防府市との県央合併や3次産業の活性化などが課題。

 ◆市町議選

 【田布施町】(2月3日告示、8日投開票)

 定数は前回比1減の13で実施される。1月8日の立候補予定者説明会には、15陣営が参加した。

 【長門市】(4月5日告示、12日投開票)

 合併から4年が経過。定数は前回比10減の20で実施される。

 【山陽小野田市】(10月9日任期満了)

 定数は前回比3減の24で実施される。

 【阿武町】(11月19日任期満了)

 定数は前回同様の8で実施される。

 【柳井市】(12月31日任期満了)

 定数23。議会内に、定数減に向けた動きもある。

58 千葉9区 :2009/01/15(木) 23:32:21
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20090112ddlk32070315000c.html
支局長からの手紙:今年は議会が面白い /島根
 ある政令市を担当していたときのこと。幹部がこんなことを話し始めました。

 「あのベテラン議員はとんでもないよ。“委員会で質問することになったけど何を聞いたらええんや”と言うから、いくつか書いて渡したんや。しばらくして事前に届いた質問の中身は、俺(おれ)の渡したメモの丸写し。答弁も俺が作ったから、あれは単なる朗読会やで」。怒りを通り越して情けない顔になった幹部が気の毒にさえなりました。

 極めて例外的なことだと思います。よもや島根でこんな茶番劇はないでしょう。いや、茶番劇などしている場合ではありません。昨年、現職市長が敗れたことによる“益田市長選ショック”“安来市長選ショック”が、島根の政界に広がっていると聞きました。そしてショックの矢面に立たされているのが市町村議会です。

 益田市では副市長人事が、安来市では市庁舎建て替え問題が、議会で論議を巻き起こしています。市長選で支援候補が敗れた意趣返しをしているとすれば言語道断。政策論争こそが議会に求められています。市長選ショックが議会論戦にもショックを与えたとしたら、むしろ喜ばしいことでしょう。

 益田市や安来市だけではありません。昨年、マニフェスト大賞審査委員会特別賞を受賞した浜田市議会。議会改革に向けた取り組みと積極的な情報公開が高い評価を受けました。その浜田市議会で「議長が2年交代の約束を守らない」と議長不信任動議が可決されました。地方自治法では「議長の任期は議員の任期による」とあり「2年交代」はあくまでも慣例です。全国的に議会改革を評価された浜田市議会が今年、どんな対応を取っていくのか。大いに注目したいと思います。

 出雲市議会では、出雲阿国座の建設を巡りつばぜり合いが続きました。議員の中で賛否が分かれていたため、関連予算案は僅差(きんさ)で可決されました。論争はまだまだ続きそうです。

 「地方議会は八百長と学芸会」と酷評した大学教授がいます。しかし、島根の地方議会は今や、八百長や学芸会では乗り切れません。地に足のついた論争がぜひとも必要です。

 今年は松江市、出雲市、浜田市、安来市で市議会議員選挙があります。町議選も7町で実施されます。議会できちんとした論争をしてもらうよう厳しい目で1票を投じましょう。今年は、島根の地方議会が本当に面白くなりそうな予感がしています。【松江支局長・松本泉】

毎日新聞 2009年1月12日 地方版

59 名無しさん :2009/01/16(金) 00:50:22
衆院1,3,4区の大票田で、それぞれ市長選が行われる。
もっとも、選挙区の趨勢は決まっているが・・・
----
選挙:09年県内、新旧交代へ激戦必至 7市2町で首長選、議員選は5市町 /山口
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090115ddlk35010419000c.html
 【柳井市】(2月22日告示、3月1日投開票)
 妻の健康を理由に現職の河内山哲朗氏(50)が出馬を断念。今月10日に出馬表明した県
議の長谷川忠男氏(64)の無投票当選になるのか、他に立候補者が出るのか注目される。
また、長谷川氏の出馬に伴い、県議選柳井市区(定数1)の補欠選挙も実施される。市長選
後の3月中旬〜4月上旬になりそう。

 【下関市】(3月8日告示、15日投開票)
 江島潔市長(51)は出馬に前向き。県議の友田有氏(51)と元県職員の同市議、香川昌則
氏(45)が既に立候補を表明。前回江島氏に2470票で惜敗した元県議の中尾友昭氏(59)
も出馬の意思を固めた。市庁舎の建設位置などが争点になりそう。一方、同じ日程で市議補
選も実施される。

 【萩市】(3月15日告示、22日投開票)
 現職の野村興児氏(64)は旧萩市時代から通算5期目を目指す。一方、市議の諸岡〓二
市議(61)は多選を批判し昨年9月に出馬表明した。旧市時代を入れると97年10月以来、
12年ぶりの選挙戦になりそう。地域活性化策などが争点。

 【長門市】(4月5日告示、12日投開票)
 旧長門市時代を含めて4期目を目指す現職の松林正俊氏(57)のほか、市議長の南野京
右氏(73)、市議の林克好氏(57)が立候補表明している。ここも課題は地域の活性化。観
光や水産など地域資源の活用方法を巡って論戦がありそう。

60 名無しさん :2009/01/16(金) 00:55:07
被ったので>>59はなかったことに

61 名無しさん :2009/01/21(水) 21:19:21
>>54>>55
キャリアアップのためには、自公民馴れ合いの県議より市長の方がよい。
----
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090121ddlk35010478000c.html
 民主党・平岡秀夫衆院議員(山口2区)の元秘書、井原健太郎氏(34)が20日、柳井市長選(2月22日
告示、3月1日投開票)への出馬を決めた。
 20日に市役所であった立候補予定者説明会に井原氏と、自民党県連幹事長の長谷川忠男県議(64)=
柳井市区選出=の両陣営が出席。いずれも市長選に無所属で立候補する予定で、両者の一騎打ちとなる
公算が高くなった。両者は07年4月の前回県議選で争い、現職の長谷川氏が新人の井原氏を破っている。
 井原氏は昨年12月、次回県議選への出馬準備のため平岡氏の秘書を辞職した。ところが、市長選に出
馬予定だった河内山哲朗市長が今月6日、不出馬を発表。民主党支持者を含む市民グループが、長谷川
氏に対抗する候補の擁立を目指し、井原氏へ立候補を要請していた。井原氏は「柳井にまっとうな地方自治
を実現させたい気持ちがある」と述べ、21日に正式に出馬表明する。
 これを受けて長谷川氏は、選挙に向けて近く県議を辞職する。このため、県議補選が市長選と同日選にな
る可能性が高くなった。自民、民主両党は候補者擁立を急いでいる。

62 名無しさん :2009/01/21(水) 21:22:12
>>42
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090121ddlk35010491000c.html
 任期満了に伴う下関市長選と市議補選(ともに3月15日投開票)の立候補予定者説明会が20
日あり、市長選に5陣営、市議補選に7陣営が出席した。
 顔ぶれは、市長選が江島潔市長(51)▽中尾友昭元県議(59)▽友田有県議(51)▽香川昌則
市議(45)の4氏と共産党。
 現職市議の死去に伴う市議補選は、中谷紀由元市議(63)▽事務代行業、倉本喜博氏(43)▽
金田直樹元市議(58)▽鈴尾進元市議(59)▽元国会議員秘書、倉田健治郎氏(30)▽洋菓子
製造・販売業、小熊坂孝司氏(59)の6氏と共産党。
 市長選は江島市長が今月中に立候補表明するとみられ、4〜5氏の争いになる公算。市議補選
の定数は告示前日(3月7日)の市議会の欠員数で決まり、2になる可能性が高い。

63 とはずがたり :2009/01/21(水) 23:28:12
>>62
なんだかんだで対抗馬がわんさか出てきて求心力無いのかよっぽど利権まみれで恨みかってんのか知りませんけど,しぶとく当選重ねますね,江島は。。

64 千葉9区 :2009/01/23(金) 00:51:43
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1114776388/187
「さびしい限り」…倉敷チボリ公園ロゴマーク撤去
2009.1.6 17:11

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/6803
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/7356
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/7393
08年4月倉敷市長選関連

65 名無しさん :2009/01/23(金) 00:53:00
>>61
長谷川忠男 64 無 新 (元)県議、自民党県連幹事長
井原健太郎 34 無 新 (元)衆院議員(平岡秀夫)秘書

(参考)
山口県議選・柳井市選挙区 07/4/8
当 10,712 長谷川忠男 62 自民              現 党県連幹事長、県議会副議長

    8,758 井原健太郎 32 無所属[民主・連合山口] 新 (元)衆院議員(平岡)秘書
----
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090122ddlk35010411000c.html
 民主党・平岡秀夫衆院議員(山口2区)の元秘書、井原健太郎氏(34)が21日、「公平で透明な市民
のための市政を実行したい」と柳井市長選(2月22日告示、3月1日投開票)への出馬を正式表明した。
 立候補表明は、自民党県連幹事長の長谷川忠男前県議(64)に続くもので、市長選は両者の一騎打
ちで争われる見通し。長谷川氏は21日、辞職届が県議会議長に受理された。
 会見した井原氏は「県議を目指し活動してきたが、多くの市民に市長選への出馬を要請され、その役
に立つべきだと考えた。市政の閉そく感を打ち破るためにも、私のような若者が挑戦した方がよい」と説
明した。
 無所属で出馬し「一部の有力者が市政を牛耳ることを許さず、市民の政治参画を促す仕組みを作る」
と訴えた。小中学校の学校統合問題は「白紙に戻し住民の意見を聞く」とし、田布施と平生両町との合
併は「進めたい」と述べた。現在作成中のマニフェストで、雇用や農業、福祉などにかかわる政策を打ち
出す予定という。
 井原氏は田布施町出身。政界を目指して03年に平岡氏の秘書となり、東京で秘書をした後、06年か
ら柳井市に住んで地元担当秘書を昨年12月まで務めた。
----
県議選のタマがいないな・・・

66 千葉9区 :2009/01/23(金) 19:55:25
>>64肝心の今年の市議選の記事を張り忘れた
http://mainichi.jp/area/okayama/archive/news/2009/01/21/20090121ddlk33010651000c.html
43議席のゆくえ:09倉敷市議選/上 旧船穂、真備町の立候補者 /岡山
 ◇全市的な支持拡大に懸命−−合併から3年半「早く一員に」
 「平成の大合併」さなかの05年8月、旧船穂、真備町は倉敷市に編入する形で合併した。翌月、合併特例法により旧町を選挙区とする市議増員選があり、町議経験者3人が新たに市議に加わった。合併から約3年半。今回の市議選は特例期間が終わり、市全域が単一選挙区となる。

 「既に倉敷市になったのだから。早く一員にならなければ」。旧真備町の陣営関係者は言う。一方で「役場は支所になり、行政的に疎外感はぬぐえない」との思いも消えない。地元有権者なら反応も分かりやすい。しかし、高梁川の向こう側にいる顔の見えない支援者は、電話作戦で心をつかめたのかどうか、不安がつきまとう。

 「地元議員を失うわけにはいかないが、地元票を奪い合って総崩れではしこりが残る」

 前回市議選(05年)の当選ラインを目安にすると、町議時代の5〜9倍の得票が必要になる。このため、各候補者とも全市的な支持拡大に懸命だ。

 「確かに地名は全国区になったが、行政サービスは順番待ち。青少年育成や福祉など住民活動は縦割りになり、コミュニティーが分断された」。旧船穂町地域審議会委員を務める男性は、合併後の歩みを振り返る。

 男性は組織の効率化のため、今年度に合併後初めて行われた消防団の再編にも懐疑的だ。合併に伴い、市全域では1500人から2059人(実員1884人)になったが、定員270人だった旧船穂町の団員は、87人に削減された。市中心部への重点配置が主な理由だった。

 団員経験もある男性は「自分たちの地域は自分たちで守りたい。それが無理なら、地域の垣根を越えて協力し合わなければならない。玉島、児島との3市合併から40年かけても融和は難しいのだが」と表情を曇らせた。

  ◇    ◇

 25日投開票される倉敷市議選(定数43)。53人の候補者は新たな局面を迎える市に、どんな処方せんを示すのか。【山崎明子】

毎日新聞 2009年1月21日 地方版

67 千葉9区 :2009/01/23(金) 19:56:02
http://mainichi.jp/area/okayama/archive/news/2009/01/22/20090122ddlk33010639000c.html
43議席のゆくえ:09倉敷市議選/中 雇用不安 /岡山
 ◇求人数、前年比2割減に 自動車のほか鉄鋼、繊維も−−悪化状況つかめぬ市
 「百年に一度の大混乱期。我々が解決しなければなりません」。

 告示日の18日早朝、出陣式に臨んだ新人候補は声を張り上げた。集まった支持者に聞くと、口々に「景気が悪くて」とこぼした。

 水島コンビナートの中核企業、三菱自動車水島製作所で製造する乗用車は9割が輸出用。世界金融危機の直撃を受けた。生産調整のため、乗用車の製造ラインは今月から夜間操業をやめ、2月の稼働は7日間のみ。人員削減も始まり、昨年11月末時点で1400人いた非正規従業員は年度末までに「限りなくゼロに近くなる」(同製作所)という。

 正社員も安泰ではない。57歳の男性は「仕事が減って、賃金が3〜4割下がった。出費を抑えて我慢するしかない」と話し、25歳の男性も「まだ生活に響いてはいないが、3人の家族を抱えて職を失ったらと思うと怖い」と不安をのぞかせた。

 業績不振は自動車だけにとどまらず、鉄鋼、機械、繊維などでも影響が出ている。倉敷中央公共職業安定所によると、管内の有効求人数は昨年12月以降、対前年比20〜25%の減少。解雇率は11月で既に対前年比1・5倍程度だったが、12月はさらに深刻化する見通し。川元啓之次長は「誰しもボーナスまでは頑張るから、12月に求職活動をする人は少ない。けれど、この冬は職安の受付が順番待ちでいっぱい。相談内容も住居や当座の生活資金など深刻だ」と話す。

 昨年末に市が設けた「緊急経済・雇用対策本部」では、市営住宅など20戸程度の確保や今年度46人程度の臨時市職員の雇用方針が決まった。しかし、市内の雇用悪化の状況はつかみきれていない。

 「行政や政治家を責めることはできない」。職業安定所の前で、市内メーカーの元期間従業員の男性(41)は、うつろな表情で駆け抜ける選挙カーを眺めた。3年近く勤めたが、10万円の退職金で退職希望者を募っていたため、昨年末に離職した。近く神戸に転居して職探しをするという。「何でもいいから仕事を探さなくては。倉敷よりはきっといい」【山崎明子】

毎日新聞 2009年1月22日 地方版

68 千葉9区 :2009/01/23(金) 19:56:51
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20090123ddlk33010553000c.html
43議席のゆくえ:09倉敷市議選/下 チボリ閉園その後 /岡山
 ◇多数は「市長の考え一つ」 跡地開発のアイデア示せ
 倉敷チボリ公園は昨年末、11年半の歴史に幕を降ろした。園内では現在、解体準備が進められている。

 運営会社チボリ・ジャパンは昨年8月、株主総会で閉園を決め、月末に県が土地返還を地主のクラボウに正式に申し入れた。「18カ月前の通告」という契約に基づけば、貸借関係は10年2月末まで。駅前の一等地でありながら、それまでは「何もない」状態が続く。

 公園近くに店舗を構える婚礼プロデュース会社の若林優子店長は、「夜間の(チボリの)イルミネーションが消えて観光スポットが減り、倉敷はつまらない町になりかけている。次の議員には現状を認識してもらわなければ」と指摘する。

 「チボリ問題は、市議会や市民の意見を聞いて取り組む」として当選した伊東香織市長は閉園決定後の11月、「にぎわい」と「緑地空間」を2本柱に、公園敷地12ヘクタールのうち1ヘクタールを換地により確保、さらに1ヘクタール以上の土地を追加取得して緑道公園として整備する案を発表。一方で、市の「中心市街地活性化基本計画」に「公園敷地再生支援事業」を組み込み、商業施設や公益施設の呼び込みを狙う。

 クラボウは「市の意向をくみたい」とのスタンスだが、跡地開発に関する発言には慎重な姿勢を崩さない。複数の民間企業が跡地開発に名乗りを挙げているとされるが、具体的な計画は未定だ。

 “ポスト・チボリ”に対する市民の関心の高さに反して、候補者からの踏み込んだ発言は少ない。複数の陣営に聞くと、「ここで持論を展開しても、最終的には市長の考え一つ」と声をそろえる。

 公園緑化のための市民債発行を提唱する市民団体「倉敷まちづくりネットワーク」が告示前に行ったアンケートでは、候補者53人のうち23人が回答。税金投入に関しては意見が割れたが、緑を残すことには多くの候補が賛同した。一方、「民間に任せる」「緑地公園より農業や福祉に投資を」との意見もあった。中村泰典世話人代表は「市が近々に着手するべき課題であり、選挙でアイデアを示してほしい」としている。【山崎明子】

毎日新聞 2009年1月23日 地方版

69 千葉9区 :2009/01/24(土) 10:57:57
>>62
05年下関市長選
下関市長選最終得票
当 45,938 江島  潔 無新=元旧下関市長・自民党推薦
  43,468 中尾 友昭 無新=元県議(新政クラブ)
  26,838 松原  守 無新=元県議(民主・連合の会)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/7686

70 千葉9区 :2009/01/26(月) 22:02:09
意外や意外の接戦。そして刀を持った男の乱入
=愛媛4区=
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20090126ddlk38010266000c.html
選挙:大洲市長選 大森氏が再選 902票差「山鳥坂ダムを推進」 /愛媛
 任期満了に伴う大洲市長選は25日投開票され、現職の大森隆雄氏(60)=無所属=が新人で前市議の有友正本氏(60)=同=を破り再選を果たした。当日有権者数は4万421人。投票率は64・84%(前回75・11%)だった。

 同市徳森の事務所では当選確実の朗報に、詰め掛けた支持者から拍手が起こった。大森氏は万歳を繰り返し、支持者と再選を喜び合った。

 大森氏は「財政の厳しい中、事業は選択と集中して取り組み、政策を前向きに進めたい。山鳥坂ダム建設は肱川水系河川整備計画通り推進したい。給食センターの建設や農林水産業の振興、大洲を世界に発信する映画ロケを年に1回は呼びたい」などと抱負を語った。

 大森氏は、旧大洲市議7期の経験と市長4年間の実績をアピールし、各種団体の組織を固め、戦いを優位に進めた。有友氏はダム建設反対グループの応援を得て、草の根運動を展開したが、及ばなかった。【門田修一】

==============

 ◆大洲市長選開票結果=選管最終発表

当 13390 大森隆雄 60 無現

  12488 有友正本 60 無新

==============

大森隆雄(おおもり・たかお)60 無現(2)

 市長▽全国治水期成同盟会連合会理事[歴]旧大洲市議長▽自民党大洲支部長▽大洲農高

毎日新聞 2009年1月26日 地方版

http://sankei.jp.msn.com/region/shikoku/ehime/090116/ehm0901160257002-n1.htm
大洲市長宅に男侵入、模造刀突き刺す 愛媛
2009.1.16 02:56
 愛媛県大洲市の大森隆雄市長(60)宅に無断で侵入し、玄関前に模造刀を突き刺したとして、県警大洲署は15日、住居侵入容疑などで、同市若宮の林業、岡山俊司容疑者(46)を逮捕した。同市は今月25日に市長選を予定。大森市長と新人候補の2人が出馬を表明しており、県警の調べに対し岡山容疑者は「選挙に出るなら命がけで出てもらいたいと思い、刀を持って行った」などと容疑を認めているという。

 調べでは、岡山容疑者は同日午前4時過ぎ、大森市長宅の庭へ侵入し、玄関前に刃渡り約70センチの模造刀を突き刺して逃走した疑い。岡山容疑者は午前6時ごろに同署へ出頭。「自分が市長のところへ行った。税金を使って結果の見えている市長選を行うのは無駄」などと供述したという。大森市長は「言論、表現の自由に対するテロ行為だ」とコメントしている。

71 千葉9区 :2009/01/26(月) 22:06:10
>>64>>66-68
http://news.sanyo.oni.co.jp/senkyo/09_kura_shigi/2009/01/26/20090126104040.html
新倉敷市議43人決まる
投票率53・43% 旧3市合併後最低を更新
 任期満了に伴う倉敷市議選(定数43)は25日投票が行われ、午後9時15分から即日開票、深夜から26日未明にかけて新市議43人が決まった。

 県内で今年初めてとなる選挙は、予定される総選挙に弾みをつけたい各政党の思惑も絡み、国会議員や地元県議が応援に駆け付けるなど注目の戦い。前回より3人多く定数を10人上回る53人(現職37人、新人16人)が立候補し激戦を繰り広げてきた。

 開票の結果、現職は35人、新人は8人が当選した。党派別では、公明は7人、民主は2人で、いずれも現有議席を確保したが、共産は4人と1議席を失った。無所属は30人。

 今回は真備、船穂町の編入合併後、全市域で行われる初の市議選。合併特例による3議席が減って前回と同じ定数で行われ、倉敷チボリ公園閉園後の倉敷駅周辺のまちづくりや、景気悪化への地元企業への支援策などを主な争点に、舌戦を繰り広げた。

 ただ、日々厳しさを増していった不況が選挙戦の盛り上がりにも影響。加えて昨年4月の倉敷市長選、同10月の県知事選と続き、各政党も総選挙が先送りされる前から臨戦態勢を取ってきたこともあり、“選挙疲れ”も否めなかった。

 投票率は53・43%(男52・80%、女54・00%)で、1967年の旧3市(倉敷、玉島、児島)合併以来最低だった前回(54・04%)をさらに0・61ポイント下回った。

 投票者数は20万1205人(男9万5930人、女10万5275人)。

(2009年1月26日掲載)

72 千葉9区 :2009/01/26(月) 22:45:30
副知事は継続するんか?
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090126-OYT1T00892.htm?from=navr
徳島県副知事が業者らと競馬観戦、法令順守担当を解任
 徳島県の飯泉嘉門知事は26日、県のコンプライアンス(法令順守)統括本部長を務める木村正裕副知事が県と利害関係のある業者らと競馬を観戦したとして、統括本部長を解任したと発表した。

 県によると、木村副知事は昨年12月20日、休日を利用し、県から補助金を受けている民間企業や団体に再就職した県職員OBの3人とともに兵庫県宝塚市の阪神競馬場を訪れた。ほかに県職員4人も同席したという。

 県公務員倫理条例では利害関係者との旅行や遊びを禁じているが、木村副知事は読売新聞に対し、「相手は古い知人で、競馬観戦は趣味の範囲だ」と話している。統括本部長は当面、知事が務める。

(2009年1月26日22時03分 読売新聞)

73 千葉9区 :2009/01/27(火) 23:05:49
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20090127ddlk33010594000c.html
選挙:倉敷市議選 現職35人と新人8人当選 /岡山
 25日に投開票された倉敷市議選(定数43)は、26日午前0時42分に開票作業が終了、現職35人、新人8人の当選が確定した。現職2人が落選した。党派別では、民主はトップ当選の1人を含め、現有2議席を確保。公明も現職7人が全員当選した。共産は5議席から1議席減らした。

 企業・労組系では、三菱自動車労組の新人2人が当選。旧船穂、真備両町の合併に伴う特例で増えた3議席は今回解消されたが増員選挙で当選した現職3人はそろって当選を果たした。新人当選者は、大半が引退議員の血縁や推薦だった。【山崎明子】

==============

 ◆開票結果

 ◇倉敷市(定数43−53)=選管最終発表
当 7243 藤原薫子  34 民現
当 5253 大橋健良  44 無新 三菱労組
当 5239 塩津孝明  45 無新 三菱労組
当 5182 矢野秀典  65 無現
当 5177 森守    63 無現
当 5080 難波朋裕  37 無新
当 5080 浜口祐次  56 無現 JFE労組
当 5069 津崎賢   58 無現 JFE労組
当 4665 塩津学   37 無現
当 4615 三村英世  40 無現
当 4506 牧野規子  55 公現
当 4477 北畠克彦  52 無新 父盛喜の後継
当 4412 吉田徹   49 公現
当 4404 森分敏明  51 公現
当 4333 大橋賢   56 無現
当 4315 磯田寿康  57 公現
当 4262 梶田省三  52 公現
当 4173 原田龍五  53 無現
当 4171 雨宮紘一  67 無現
当 4153 生水耕二  48 公現
当 4141 平井弘明  65 無現
当 4133 今川鉄夫  64 無現
当 4088 末田正彦  50 共現
当 4082 宇野一夫  62 公現
当 4028 中島光浩  41 無新
当 4004 生田寛   59 無現
当 3963 藤井昭佐  42 無新
当 3858 田辺昭夫  48 共現
当 3819 松浦謙二  61 無現 真備、船穂地区
当 3798 荒木竜二  43 無新
当 3788 八木實   61 無新
当 3784 倭正文   67 無現
当 3728 赤沢幹温  48 無現
当 3702 斎藤武次郎 45 無現
当 3677 真田護   67 無現
当 3591 原田健明  66 無現 真備、船穂地区
当 3567 大本芳子  70 共現
当 3553 原勲    65 無現
当 3333 田儀公夫  62 共現 真備、船穂地区
当 3303 時尾博幸  32 民現
当 3266 木村圭司  49 無現
当 3175 矢野周子  55 無現
当 3063 秋田安幸  55 無現
  2987 中西公仁  52 無現
  2939 山畑滝男  51 無現
  2746 片山美可  40 無新 県議選落選
  2303 余江雪央  31 共新
  1661 三宅靖彦  65 無新
  1503 早坂勲   64 無新
  1280 原千年   59 無新
  1144 寺崎光宣  33 無新
   947 荒芝哲幸  66 無新
   741 平松裕将  34 無新

74 千葉9区 :2009/01/27(火) 23:33:00
>>45
=愛媛2区=
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20090127ddlk38010664000c.html
今から治める人は:市長選を前に/上 大所帯に求められる目配り /愛媛
 ◇島民「観光施策、遅い」
 今治市長選・同市議選は2月1日告示、8日に投開票される。05年1月に県内最多の12市町村が合併し、新市となって2回目の市長選に、これまでのところ現職の越智忍氏(51)と新人で前県議、菅良二氏(65)が立候補を表明している。次の市長任期が始まる2月20日を「今」とすれば、それから4年間を「治」める人の施策とは。県下2番目、人口約17万3000人(昨年末現在)のまちの課題と共に探った。【土本匡孝】

 人口わずか645人(昨年末現在)、旧12市町村最少の旧関前村。他の旧11市町村はしまなみ海道などで陸続きだが、旧関前村は依然、瀬戸内海で隔てられ、市中心部に行くには市営フェリーなどが頼りだ。

 支所がある岡村島は昨年11月中旬、安芸灘諸島連絡架橋・豊島大橋の開通で広島県呉市と陸続きになり、同市から延びる「半島の先」になった。高齢化が進む島では「にぎわいが戻るのでは」と期待もあった。

 だが、ある島民は「愛媛を一目見ようとして広島から来る車やバイクの数は増えた。でも、そのまま引き返す人が多い」と素っ気ない。島民が県道沿いで販売するミカンや魚も、観光客の長時間滞在を促すまでには至っていないという。

 島民には今治市の観光施策の遅れを指摘する声もある。市は開通前に、島内に観光案内板や公衆トイレ表示板を新たに設置するなど観光客を迎える最低限の態勢は整えた。しかし、積極的な観光客誘致策は打ち出せていない。市観光課は「税金を使うので費用対効果を考える。どのような観光需要があるか状況を把握している状態」とする。

 旧関前村議の一人は「村の時ならもっと素早く動けたはずだ。不満ばかりを言うつもりはないが、合併の時はお荷物のように言われた島が今は注目されているのに」と話す。「市は島の活性化につながる施策を考えてほしい。私らには終(つい)の棲(す)みかじゃけえ」と声を絞り出した。

 旧関前村に限らず、市内各地には合併後の不満が依然くすぶる。同一市内なのに、島しょ部から市中心部に行くには有料の「しまなみ海道」を通らざるを得ない。旧市町村で格差があった水道料金の統一も課題だ。ただ不満だけではなく、「合併後の首長はある意味嫌われ役。誰がやっても同じ」と同情する声もある。

     ◇

 支所の権限や職員が本庁へ集中し周辺地域は寂れたとする課題では、合併論議と絡めて両候補予定者の方向性は異なる。

 越智氏は「各支所の職員数は総じて合併前の60%減。支所だけでなく全体であと200〜300人減らしたい」と主張。「将来的には支所の統合も視野に入れる」と語る。合併後の職員削減で人件費が年間約10億円減った結果、子育て支援などに当てられたなど「合併のメリット」も指摘する。

 菅氏は「支所は本庁に伺いをたてるばかりで住民の信頼が失われている」として「支所長中心に動ける組織にして信頼回復を図る」と提言。財源や権限の一部を本庁から支所に戻すなどと訴える。市長自らも年5日程度ずつ11支所を巡回勤務し、地元の声の把握に努めると主張している。

 市長には、市全体に目を配りつつ、市民が納得する施策を断行する力が求められる。

毎日新聞 2009年1月27日 地方版

75 とはずがたり :2009/01/27(火) 23:34:45
<倉敷市議会>
前回の選挙後の6月に作成したのがこれ↓

2005/06/17作成の倉敷市議会選挙と会派
http://tohazugatali.at.infoseek.co.jp/seiji/2005kurashiki.html

この4年で自民クラブ13が分裂して増員選挙で当選した2名が合流してもなお7名と第一会派ながらも7人の第一会派は三つもありその内の1つと云う規模に縮小。市長選が影響か?
三菱自工は前回一人だったのを二人に増やしたようですな。
民主1は市民派系の青空市民クラブに加入。民主系会派とは云えないけどまぁ民主も加入している会派が第一会派(の一つ)となった。
自民クから分裂したのが新風会である。いずれも元々自民ク所属。

>>73の原田健明氏は少なくとも05年時点では社民党籍の倉敷市選出でありまして,真備・船穂選出はより上位当選の原田龍五氏っすね。

倉敷市議会会派別名簿(平成20年4月28日現在)=詰まり今回の改選前の名簿
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/gikai/gikai_kaiha_f.html

青空市民クラブ (7名)平成17年2月4日結成
<会長>笹田 富夫,<幹事長>斎藤 武次郎,<副幹事長>矢野 周子,片沼 靖一,時尾 博幸(民),原田 健明,平井 弘明

自由民主クラブ (7名)平成17年2月2日結成
<会長>矢野 秀典,<幹事長>原 勲,大橋 賢,原田 龍五(増員選で真備選挙区選出),松浦 謙二(増員選で真備選挙区選出),三村 英世,倭 正文

公明党倉敷市議団 (7名)平成17年2月2日結成
<団長>宇野 一夫,<幹事長>磯田 寿康,<副幹事長>森分 敏明,生水 耕二,梶田 省三,牧野 規子,吉田 徹

日本共産党倉敷市議会議員団 (5名)平成17年2月1日結成
<団長>田辺 昭夫,<幹事長>末田 正彦,大本 芳子,小山 博通,田儀 公夫(増員選で船穂選挙区選出)

新 風 会 (5名)平成19年4月10日結成(メンバー全員元々自民ク所属)
<顧問>北畠 盛喜(漁協組合長),<会長>雨宮 紘一(会社取締役),<幹事長>中西 公仁(無職),眞田 護(会社会長),山畑 滝男(会社取締役)

新政クラブ (5名)平成17年2月2日結成
<会長>津崎 賢,<副会長>大野 治,<幹事長>生田 �❶ず•遏‥管廖ど邑釥〕桓�

天領政和会 (4名)平成17年2月4日結成
<会長>赤木 裕介(会社員),<幹事長>秋田 安幸(市議),木村 圭司,塩津 学

政 友 会 (3名)平成17年2月4日結成
<会長>荒木 俊二,<幹事長>岡 良夫,難波 辰史(会社社長)

無 所 属 (3名)
赤澤 幹温(元々自民ク),藤原 薫子(補選当選),森 守(元々自民ク)


janjanより増員選の結果。

倉敷市議会議員増員選挙
2005年08月28日告示 2005年09月04日投票 選挙事由:合併
船穂選挙区:旧浅口郡船穂町
真備選挙区:旧吉備郡真備町

船穂選挙区 【定数 : 1 / 立候補者 : 4 】
有権者数 : 6014人  投票者数 : 4369人  投票率 : 72.65%
当 1,339 田儀 公夫 58 共産_ 新 倉敷民商職員〈元〉旧船穂町議
_ 1,194 浅野 和正 66 無所属 新 建設会社員〈元〉旧船穂町議
_ 1,094 小野 修一 54 無所属 新 印刷業〈元〉旧船穂町議
__ 698 中原 茂夫 57 民主_ 新 塾経営〈元〉旧船穂町議

真備選挙区 【定数 : 2 / 立候補者 : 8 】
有権者数 : 18857人  投票者数 : 12526人  投票率 : 66.43%
当 2,568 松浦 謙二 58 無所属 新 宮司〈元〉旧真備町議 →自民所属●
当 2,092 原田 龍五 50 無所属 新 農業〈元〉旧真備町議 →自民所属●
_ 1,753 大月 一成 50 無所属 新 小売り会社顧問〈元〉旧真備町議
_ 1,738 荒芝 哲幸 63 無所属 新 重機リース業〈元〉旧真備町議
_ 1,323 黒岡 勝美 63 共産_ 新 党地区委員〈元〉旧真備町議
_ 1,145 小野 和也 58 無所属 新 農業〈元〉旧真備町議・総社市職員
__ 974 蛭田 純司 56 無所属 新 食品卸業〈元〉旧真備町議
__ 819 木谷 臣往 57 無所属 新 青果物卸業〈元〉旧真備町議

76 とはずがたり :2009/01/27(火) 23:49:27
>>73 >>75
なんとトップ当選の薫子は民主公認だったのか。
補選当選後,民主の時尾氏の所属する青空市民クラブにも所属せず無所属だったのでてっきり無所属かと思ってた。時尾氏が伸び悩んだのは薫子女史が大量得票したってのも関係有るか?
民主の名を冠した会派出来るかな??

http://www.senkyo.janjan.jp/election/2008/33/00007919.html
倉敷市議会議員補欠選挙
2008年04月20日告示  2008年04月27日投票
有権者数 : 348640人  投票者数 : 161505人  投票率 : 46.32%
選挙事由:辞職(市長選に立候補するため)
【定数 : 1 / 立候補者 : 3 】 有権者数 : 348640人  投票者数 : 161505人  投票率 : 46.32% 
当 83089 藤原 薫子 33 民主 新 国会議員秘書
_ 42435 中島 光浩 40 無所属 新 無職
_ 23612 平松 裕将 33 無所属 新 株式会社さくらホールディングス代表取締役

http://www.senkyo.janjan.jp/election/2008/33/00007714.html
倉敷市長選挙  2008年04月20日告示  2008年04月27日投票
有権者数 : 373435人  投票者数 : 175987人  投票率 : 47.13%  選挙事由:任期満了 有権者数 : 373435人  投票者数 : 175987人  投票率 : 47.13% 
当 79135 伊東 香織 41 無所属 新 無職
_ 70915 古市 健三 60 無所属 現 倉敷市長
_ 24445 秋山 正  53 無所属 新 無職・市議(辞職)

77 とはずがたり :2009/01/28(水) 18:10:53
立候補者予想の顔ぶれ 1 倉敷地区(上)
http://news.sanyo.oni.co.jp/senkyo/09_kura_shigi/rensai/20090113123804.html

 18日告示、25日投開票の倉敷市議選(定数43)は、年末年始返上で各候補が前哨戦を繰り広げるなど、徐々にムードが高まってきた。真備、船穂地区との合併後、初めて市全域で行われる議員選挙。現職37人、新人16人の計53人が立候補を予定しており、激戦となりそうだ。市内を5地区に分け、動きを追った。

 倉敷地区の東部から中心部にかけては現職8人と新人3人が立候補の見込み。地元での支持拡大はもちろん、他地域にも入り込んであいさつ回りなどを繰り返し、現職陣営は実績を強調、新人候補は名前の売り込みに懸命。今期限りで引退する現職が後継候補を立てない地域では、既に激しいつばぜり合いが繰り広げられている。

 元中国電力社員の今川鉄夫氏(64)は同社労組や関連企業などで後援会組織固め。地元でも支持拡大を訴える。
 宇野一夫氏(62)は、公明党の組織票を固めると同時に、葦高学区唯一の候補者を強調し支持者獲得に努める。
 木村圭司氏(49)は2期の実績をアピール。茶屋町や帯高から他地域にも親しい人を通じて浸透を図る。
 三村英世氏(40)は後援会組織を固めるとともに、万寿東学区を中心に市街地全域に支持の拡大を目指す。
 矢野周子氏(55)は市北部の菅生学区を地盤に支持を訴え。隣接する地区にも入り、票の上乗せを目指す。
 矢野秀典氏(65)は、地元庄学区で支持を固める。役員を務めるスポーツ団体などからも支持を取り付けた。
 茶屋町が地元の倭正文氏(67)は4期目を目指す。地元町内会の推薦を得て支持固め。周辺にも拡大を狙う。
 帯江学区が地盤の山畑滝男氏(51)は2期目の挑戦。地域票に加え関西高校友会、建設労組などの支持を得る。
 荒木竜二氏(43)は、引退する父俊二氏の地盤を引き継ぐと同時に、倉敷駅周辺で支持拡大を狙っている。
 元市職員の八木実氏(61)は地元中庄学区を中心に、早々にあいさつ回りを開始。行政経験の豊富さを訴える。
 共産党の余江雪央氏(31)は今回引退する小山博通氏の後継。早くから市中心部で政策をアピールしている。

 地区割りは立候補予定者の現住所から作成。氏名は現職、新人の順で、50音順。政党の表記がない人は無所属。
(2009年1月6日掲載)

立候補者予想の顔ぶれ 2 倉敷地区(下)
http://news.sanyo.oni.co.jp/senkyo/09_kura_shigi/rensai/20090113123955.html

 倉敷地区のうち西部、北部からは現職5人、新人6人が立候補の予定。現職はこれまで培った後援会組織を固めつつある陣営もある。新人も県議選や市議選の出馬経験があったり、労組の支援を受けたりと有力者ぞろい。引退議員が別地区で後継を立てるなど、票の行方が不透明な部分も多く、各陣営が切り崩しを狙っている。

 3期目を目指す生田寛氏(59)は出身のクラレ労組を中心に票固め。地元住民への支持拡大を図っている。
 磯田寿康氏(57)は、地元の安江、水江地区を中心に支持固め。市中心部の北全域に支援の輪を広げている。
 塩津学氏(37)は中島学区など旧市西部をターゲットに、ミニ集会で若い世代の票の掘り起こしを進めている。
 浜口祐次氏(56)は出身のJFEスチール倉敷地区労組の組織を最大限に生かしながら、票の上積みも狙う。
 昨年4月の市議補選で当選した藤原薫子氏(34)は民主党の公認を得て関係労組や市中心部で支持拡大を図る。
 大橋健良氏(44)は、引退する大野治市議の後継者。三菱自動車労組や連合岡山の組織票固めを進める。
 片山美可氏(40)は前回の県議選に出馬。子どもや高齢者を大切にする社会を目指し母親目線の施策を訴える。
 塩津孝明氏(45)は三菱自動車労組出身。大橋氏と同様に組織を固め、前回失った議席の獲得を目指す。
 寺崎光宣氏(33)は、自己啓発などに関する講演会を通じて名前を売り込むとともに、賛同者の拡大を進める。
 市議補選に出馬した中島光浩氏(41)は秋山正・元市議会議長の後継。出身の倉敷商OBなどに浸透を図る。
 平松裕将氏(34)も市議補選に出馬。地元庄地区での支持集めと農業推進に賛同する支持者の拡大を目指す。
(2009年1月7日掲載)

78 とはずがたり :2009/01/28(水) 18:11:15

立候補者予想の顔ぶれ 3 水島地区
http://news.sanyo.oni.co.jp/senkyo/09_kura_shigi/rensai/20090113124220.html

 水島地区は現職10人、新人1人の計11人が立候補を予定。引退議員が2人いるものの、地区内では後継を立てず、加えて大企業の労組票の行方が決まっていることなどもあり、各陣営は地元票をめぐる争いの激化を予想。組織の引き締めとともに、広い地域にまで足を延ばすなどして票の上積みに懸命だ。

 秋田安幸氏(55)は5選を目指し、推薦を受けた地場企業、地盤の福田地区などを回って支援者固めに努める。
 雨宮紘一氏(67)は後援組織を引き締め。地元町内会、水島商振連、役員を務める各種団体などの推薦を得た。
 連島地区が地盤の大橋賢氏(56)は住環境整備の推進を掲げ、地域票に加え、保守層の取り込みを図る。
 副議長の梶田省三氏(52)は公明党の組織票を固めると同時に、知人らを通じて広い地域での浸透に力を注ぐ。
 斎藤武次郎氏(45)は市内各地で100回を目標に、ミニ集会を開催。政策を丁寧に訴えて支持拡大を狙う。
 元議長の真田護氏(67)は電気工事業界が支援。合併した真備、船穂地区も回り、市内全域で票を掘り起こす。
 共産党の田辺昭夫氏(48)は主に水島地区全域で組織固め。街頭演説も数多くこなし、支持拡大を目指す。
 JFE労組出身の津崎賢氏(58)は水島や児島地区などの組合員らを軸に、関連企業にも積極的に足を運ぶ。
 時尾博幸氏(32)は地域割りの水島、玉島、児島地区の民主党支持層への浸透に力。地元票の上積みも狙う。
 公明党の牧野規子氏(55)は組織固めとともに、街頭演説で子育て支援などを訴え、女性票の獲得に期待する。
 初挑戦の早坂勲氏(64)は地元の連島地区を中心に活動。インフラ整備の推進を唱え、票を掘り起こす。
(2009年1月9日掲載)

立候補者予想の顔ぶれ 4 児島地区
http://news.sanyo.oni.co.jp/senkyo/09_kura_shigi/rensai/20090113124814.html

 児島地区では、現職6人、新人3人が立候補に向けて準備を進める。各陣営とも地元を中心とした票固めを狙うが、ベテラン市議2人が引退を決めたり、現職6人のうち4人が前回選挙で初当選ということもあり、票の行方はまだ流動的。地域行事への参加やミニ集会を重ねて知名度アップを懸命に図っている。

 公明党の生水耕二氏(48)は、瀬戸大橋への外国人観光客誘致など活気あるまちづくりを訴え、再選を目指す。
 共産党の末田正彦氏(50)は、児島市民病院の早期正常化、雇用安定などを掲げ、票の掘り起こしを進める。
 福祉の充実をアピールする中西公仁氏(52)は、PTAなどで培った人脈から郷内地区を中心に地盤を固める。
 原勲氏(65)は、安全・安心のまちづくりを訴え、水島、玉島地区など幅広い地域に足を延ばし、4選を狙う。
 安全・安心の生活環境整備を訴える森守氏(63)は、5期目に向け、地元児島稗田町を中心に支援を広げる。
 吉田徹氏(49)は、児島中心部の公明党票を軸に支持固め。市民の声に耳を傾ける議員活動を訴える。
 思いやりのある社会づくりを掲げる北畠克彦氏(52)は、父・盛喜氏の地盤を継ぎ、新たな支持者獲得を狙う。
 原千年氏(59)は雇用安定を呼び掛け、子ども会などでの人脈を中心に、近隣の呼松地区にも浸透を図る。
 藤井昭佐氏(42)は、青年会議所や消防団の経験から、高齢者福祉の拡充、災害に強い地域組織創設を訴える。
(2009年1月10日掲載)

79 とはずがたり :2009/01/28(水) 18:11:38
>>77-79

立候補者予想の顔ぶれ 5 玉島、真備・船穂地区
http://news.sanyo.oni.co.jp/senkyo/09_kura_shigi/rensai/20090113125458.html

 玉島地区では現職5人、新人1人が立候補する見込み。あいさつ回りやミニ集会を繰り返しそれぞれの地盤を固めるほか、票の上積みを狙い他地区でも名前の売り込みに懸命だ。

 初めて全市で戦う真備、船穂地区では現職3人、新人2人が立候補を予定。地区内を確実に固め、後援会組織や知人などを通じて近隣地域や市中心部まで足を延ばし支持拡大を狙う。

 【玉島地区】
 赤沢幹温氏(48)は、玉島勇崎など玉島地区西部を固めるほか、中高大のOBらを通じて全市的な浸透を図る。
 共産党の大本芳子氏(70)は、党組織を中心に玉島地区全域と連島町の一部で生活を守る政治の実現を訴える。
 原田健明氏(66)は、玉島地区北部を中心に6期の実績をアピール。県教組などを通じて支持を広げる。
 平井弘明氏(64)は玉島、上成、乙島学区など玉島地区中心部が地盤。議長の実績を強調し支持を訴える。
 公明党の森分敏明氏(51)は、玉島地区の党の組織票を固めると同時に地元玉島乙島地区でも支持拡大を狙う。
 難波朋裕氏(37)は引退する難波辰史氏の後継。富田、穂井田、長尾学区を中心に若さと行動力を訴える。
 【真備・船穂地区】
 共産党の田儀公夫氏(62)は船穂、真備、市北部の党支持者を固めるほか、地元船穂でも支援の輪を広げる。
 原田龍五氏(53)は真備町川辺、岡田学区を中心に町内全域に支持を訴え、隣接地域でも票の上積みを狙う。
 松浦謙二氏(61)は真備町薗、二万学区を中心に町内全域を固めるほか、市中心部でも支持者獲得を目指す。
 元真備町議の荒芝哲幸氏(66)は真備全域で町議14年の実績と経験をアピール。住民サービス向上を訴える。
 三宅靖彦氏(64)は船穂地区中心に地域の実情を市政にと訴える。引退する笹田富夫氏も支持拡大に協力する。
(2009年1月11日掲載)

80 とはずがたり :2009/01/28(水) 18:21:36
【2009年倉敷市議選】

定数43に53人立つ 景気やチボリ跡地争点に−−告示
http://mainichi.jp/area/okayama/archive/news/2009/01/19/20090119ddlk33010331000c.html
 任期満了に伴う倉敷市議選(定数43)は18日、告示され、53人が立候補を届け出た。投開票は25日。17日現在の有権者数は37万9732人(男18万3327人、女19万6405人)。

 53人の内訳は、新旧別では、現職37、新人16。党派別では、民主2、公明7、共産5、無所属39。各党とも現勢力の維持を目指す。

 今回は急激な景気悪化の中での選挙。雇用や福祉への対策に関心が高まっている。また、倉敷チボリ公園の跡地問題や、倉敷駅高架事業の行方も注目される。昨年4月にあった市長選のわだかまりも払拭(ふっしょく)しきれておらず、激しい戦いとなりそうだ。

 投票は25日午前7時から午後8時まで市内121カ所であり、同日午後9時15分から水島緑地福田公園体育館で開票される。期日前投票は19〜24日の午前8時半〜午後8時、市役所本庁舎と児島、玉島、水島、船穂、真備の各支所である。【山崎明子】

現職35人と新人8人当選 
>>73

開票結果(定数43−53)=選管最終発表
当 7243 藤原 薫子  34 民現② 党県幹事[歴]参院議員秘書★
当 5253 大橋 健良  44 無新① 三菱自工社員[歴]連合岡山副会長■
当 5239 塩津 孝明  45 無新① 三菱自工社員[歴]労組中央執行委員■
当 5182 矢野 秀典  65 無現⑦ 社福法人理事長[歴]衆院議員秘書・自民ク▲
当 5177 森  守   63 無現⑤ 社会保険労務士[歴]議運委員長・自民ク→無所属▲
当 5080 難波 朋裕  37 無新①×辰史後継,世襲?・農業▽玉島青年会議所理事・辰史は政友会▼
当 5080 浜口 祐次  56 無現③ JFE社員[歴]川鉄水島労組委員■
当 5069 津崎 賢   58 無現⑥ JFE社員[歴]副議長▽市監査委員■
当 4665 塩津 学   37 無現② NPO顧問[歴]建設会社役員・天領政和会▼
当 4615 三村 英世  40 無現② 小学校PTA会長[歴]衆院議員秘書・自民ク▲
当 4506 牧野 規子  55 公現③ 党県女性局次長[歴]旧本四公団職員
当 4477 北畠 克彦  52 無新①×世襲・第一大畠漁協専務理事・盛喜は自民ク→新風▲
当 4412 吉田 徹   49 公現② [元]県職員▽水道企業団副議長
当 4404 森分 敏明  51 公現③ 党県IT委員会局長▽総務委員長
当 4333 大橋 賢   56 無現⑤ 不動産会社役員▽議運委員長・自民ク▲
当 4315 磯田 寿康  57 公現② 党県幹事▽市立工高後援会副会長
当 4262 梶田 省三  52 公現⑤ 党県本部幹事▽副議長
当 4173 原田 龍五  53 無現② 農業▽倉敷スポーツ振興財団理事,05増員選当選●・自民ク▲
当 4171 雨宮 紘一  67 無現⑥ 保険代理会社役員▽水島武道館長・自民ク→新風▲
当 4153 生水 耕二  48 公現② 党県青年局次長[歴]会社員
当 4141 平井 弘明  65 無現⑤ 鉄工会社役員▽玉島テレビ役員★
当 4133 今川 鉄夫  64 無現④ [元]中国電力社員[歴]連合岡山役員■
当 4088 末田 正彦  50 共現② 党地区委員▽土地家屋調査士
当 4082 宇野 一夫  62 公現⑥ 党県副代表[歴]衆院議員秘書
当 4028 中島 光浩  41 無新① 秋山正・元市議会議長(市長選落選)の後継・消防副分団長[歴]NTT社員・08補選落選・秋山は自民ク▲

81 とはずがたり :2009/01/28(水) 18:22:05
>>80-81
当 4004 生田 寛   59 無現③ クラレ社員[歴]労組役員■
当 3963 藤井 昭佐  42 無新① 行政書士[歴]児島青年会議所理事長
当 3858 田辺 昭夫  48 共現⑥ 党県委員▽養護学校PTA副会長
当 3819 松浦 謙二  61 無現② 春日神社宮司[歴]旧真備町議,05増員選当選●
当 3798 荒木 竜二  43 無新①×世襲・会社役員[歴]倉敷商議所青年部役員・俊二は政友会▼
当 3788 八木  實  61 無新① [元]市教委生涯学習部長
当 3784 倭  正文  67 無現④ [元]ITソフト会社役員[歴]総務委長・自民ク▲
当 3728 赤沢 幹温  48 無現② 翻訳業[歴]衆院議員秘書・自民ク→無所属▲
当 3702 斎藤武次郎 45 無現⑤ [元]県職員[歴]小学校PTA会長★
当 3677 真田  護  67 無現⑤ 電気工事業界支援・電気工事会社会長[歴]議長・自民ク→新風▲▲
当 3591 原田 健明  66 無現⑦ 県教組等・社会福祉法人理事長[歴]副議長・社民系★
当 3567 大本 芳子  70 共現⑨ 倉敷医療生協理事▽党地区委員
当 3553 原  勲   65 無現④ 会社員▽塩生連合自治会相談役・自民ク▲
当 3333 田儀 公夫  62 共現② 党地区委員[歴]旧船穂町議,05増員選当選●
当 3303 時尾 博幸  32 民現② 党県幹事[歴]参院議員秘書★
当 3266 木村 圭司  49 無現③ 会社役員▽市衛生施設組合議員・天領政和会▼
当 3175 矢野 周子  55 無現② 市社福協理事[歴]衆院議員事務職員★
当 3063 秋田 安幸  55 無現⑤ [元]運送会社役員[歴]市農業委員・天領政和会▼
  2987 中西 公仁  52 無現(1) 郷内地区社協会長[歴]市職員・自民ク→新風▲
  2939 山畑 滝男  51 無現(1) 建設労組支援・関西学園評議員▽防犯連合会理事・自民ク→新風▲
  2746 片山 美可  40 無新  倉敷まちづくりネット世話人・07県議選出馬落選
  2303 余江 雪央  31 共新  党地区職員[歴]法律事務所員
  1661 三宅 靖彦  65 無新  [元]旧船穂町長[歴]老人ホーム施設長●
  1503 早坂  勲  64 無新  建設業▽県アマボクシング連理事
  1280 原  千年  59 無新  [元]JFE社員▽保護司
  1144 寺崎 光宣  33 無新  NPO副理事長[歴]中国電力社員
   947 荒芝 哲幸  66 無新  クレーンリース業[歴]旧真備町議●
   741 平松 裕将  34 無新  会社社長[歴]庄保育園保護者会会長・08補選落選

毎日新聞 2009年1月19日 地方版

▲…自民から分裂した新風会が2人も現職を落として後退している。
●…明瞭な旧郡部候補は3/5
★…民主及び青空市民系
■…新政ク系。1増(三菱自工2[1増]・JFE2・クラレ1・中電1)
▼…保守系会派?の天領政和会及び政友会。それぞれ赤木と岡が引退で後継候補確認できず。

82 千葉9区 :2009/01/31(土) 13:00:34
続きが気になる・・・
http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2009/01/29/2009012920572551000.html
岡山市長選 水面下動き活発
2月議会での高谷氏焦点

 今秋に予定される岡山市長選に向け、水面下の動きが活発になってきた。

 政令市移行を目前に控え、現職で1期目の高谷茂男氏(72)が態度表明していないこともあって、表向きは低調。ただ、市議会内では、高谷氏の続投を求めるグループと、距離を置くグループの色分けが始まった。衆院選を控えた政党の関心も高まる。当面の焦点は、2月議会で高谷氏が態度表明をするかどうかだ。

【詳しくは山陽新聞紙面をご覧ください。】
(2009年1月30日)

83 千葉9区 :2009/01/31(土) 16:24:02
>>74
http://mainichi.jp/area/ehime/archive/news/2009/01/28/20090128ddlk38010633000c.html
今から治める人は:市長選を前に/中 中高年、経験生かしたいが… /愛媛
 ◇求人とのミスマッチ深刻
 寝耳に水−−。「今治大丸」(今治市常盤町4)に36年間勤めた男性(59)は昨年8月25日、業績不振などを理由に年末に閉店するとの決定にただ驚くしかなかった。男性は閉店までの約20年間は外商一筋で、今まで百貨店以外の仕事経験も、資格も無い。定年後も体が動く間は嘱託で残るつもりだった。「年齢もあって仕事は限られたものしかない。溶接関係の求人は多いが今まで百貨店勤務では……」。やりたい販売、営業関係の仕事は求人が少ない。無精ひげを生やし、ハローワーク今治で入手した求人・求職バランスシートの業種別の有効求人数や有効求職者数の数字に食い入るように見入った。

 12年間パートで今治大丸の売り場に立った50歳代の女性は販売で長く続けられる職場を探すがなかなか見付からない。求人が多い福祉関係は技術が求められるといい、「自分は年齢的に中途半端」とあきらめ顔だ。今は夫の収入が頼りだが、自分も家計を支えなければ、と焦りもある。今治市は今月7日、緊急雇用対策として、最長1年雇用する臨時職員を約20人採用する方針を明らかにしたが、女性は「働きながら仕事は見つけられない」と関心は薄い。

     ◇

 今治市では、ハリソン東芝ライティング(同市旭町5)も昨年11月、世界的不況などを背景に年末での派遣社員削減を決めた。年明けからの離職者は、今治大丸のテナント従業員を除き両社で439人(愛媛労働局調べ)にのぼる。

 27日発表の愛媛労働局の雇用失業情勢やハローワーク今治によると、ハローワーク今治管内(同市、上島町)の昨年12月分の有効求人倍率は1・35倍(県内0・76倍)と県内のハローワーク管内別で最高。数字上は離職者に多くの受け皿があるように見える。だが内実は、電気・ガス溶接工で有効求人倍率11・89倍、介護関連で同5・20倍と、造船や福祉に関係する仕事が数字を押し上げている。

 ハローワーク今治の西岡勉・産業雇用情報官が「今までの職場のイメージが残っている」と言うように、今治大丸やハリソン東芝ライティングの離職者の多くは事務、販売、製造といった今までの経験が生かせる職種を希望している。しかし、それらの職種は求人が少なく、求職側と求人側で「ミスマッチ」が起きている。

 愛媛労働局によると、今月20日現在、今治大丸のテナント従業員を除く両社の離職者で、県内ハローワークへの新規求職登録は計340人。その内再就職が決まったのはわずか12人という。

 雇用問題で、現職の越智忍氏(51)は「臨時職員採用20人は全然十分でない。国の追加の経済対策を待って、まだまだ市としても追加しないといけないことがあると思う」と発言。新人で前県議、菅良二氏(65)は「臨時職員採用、もう少し数が増やせないか。当面の救済措置をもっと努力したい。市内のタオル業界、食品会社で頑張っている所に自らお願いに行きたい」と話す。

 市長選になっても、離職者は新しい仕事を求めて頭を抱えているだろう。【土本匡孝】

毎日新聞 2009年1月28日 地方版

84 千葉9区 :2009/01/31(土) 16:25:08
http://mainichi.jp/area/ehime/archive/news/2009/01/29/20090129ddlk38010677000c.html
今から治める人は:市長選を前に/下 中心街活性化に即効薬を /愛媛
 ◇郊外の新都市事業も課題
 「この地区(商店街)はこの先、今治市の中心地区であり続けるのでしょうか」「『中心商店街は町の顔』と歴代の市長さんから言葉はいただくが……」。今月9日、市中心部の商店街近くであった市長選立候補予定者のうち1人と店主ら約50人との意見交換会。店主らからは合併前の旧今治市時代からたまる市政への不信の声が相次いだ。

 今治商店街協同組合(約150店)は、99年のしまなみ海道開通で近くの今治港からの人の流れが激減したことや郊外に商業施設が相次いでできたことで、この10年間で70店あまり減ったという。同市高橋などの今治新都市(約170ヘクタール)への大型商業施設の進出予定(10年上半期開店見込み)や、昨年末に商店街への集客にもつながってきた近くの今治大丸の閉店で、店主らの悲壮感は強まる。

 「新都市事業と両輪で進める」と08年4月に新設された市街地再生課は、今治港周辺の再生をメーンに取り組み、港周辺の再生効果が商店街にも波及すると説明する。しかし今は市民らが策定した「みなと再生構想」を、市などが実際の手順などを盛り込んだ「基本計画」にする作業を進めている段階。構想が実現するのは早くても14年度ごろだ。新居田哲理・同組合理事長は「はっきり言って商店街は沈みかけている。市は即効性のある施策を」と語る。

     ◇

 一方、4年前の市長選で争点になった同市郊外の今治新都市。

 「用途見直し」を掲げて前回当選した現職、越智忍氏(51)は「新今治市に必要なもの、売れやすい形に」と提言。主に住宅用地を計画していたほぼ未造成の第1地区第2工区(約31ヘクタール)を、主に運動系公共施設用地へ変更した。また、店主らが懸念する大型商業施設や県などと昨年11月までに譲渡契約(予約契約含む)済みの産業用地・商業用地は約23ヘクタールとなっている。

     ◇

 市中心部の活性化や今治新都市について、越智氏は「もともと港を中心に栄えた今治。港再生プロジェクトで、港に人が集まる仕掛け作りを」と説明。今治新都市については「新設される大型商業施設で約1500人の新たな雇用が見込まれる。企業誘致にこれからも努力を続けたい」とする。

 新人の前県議、菅良二氏(65)は「4年間で中心市街地の方向性を打ち出したい。活性化策として空き店舗を食と福祉の場所に使えないか。港は交流拠点に」とし、今治新都市について「獣医学部の大学誘致を、難渋しているが進めたい。企業誘致もトップセールスしないと」としている。【土本匡孝】

毎日新聞 2009年1月29日 地方版

86 千葉9区 :2009/02/01(日) 00:34:19
ご冥福お祈りします。
http://www.asahi.com/national/update/0131/OSK200901310105.html
町議が木の下敷きで死亡
2009年1月31日20時38分

 31日午後1時ごろ、岡山県和気町津瀬の山中で、近くに住む同町議、赤岩明さん(57)が直径約20センチ、長さ約15メートルの木の下敷きになり死亡しているのを、近所の住民(59)が見つけた。備前署は、赤岩さんが木の伐採中に事故にあったとみて調べている。

87 名無しさん :2009/02/01(日) 10:53:00
2009年02月01日
現職支持は困難 米子市長選、民主県連が確認

 民主党鳥取県連(代表・川上義博参院議員)は三十一日、倉吉市内のホテルで拡大常任幹事会を開き、今春の米子市長選の対応について「現在の市政は評価できず、今までの手法が続く限りは現職を除外せざるを得ない」として、現市長の野坂康夫氏(63)を支持するのは難しいことを確認した。

 同市長選には野坂氏のほか、労組出身の市議の八幡美博氏(58)、前県西部総合事務所長の上場重俊氏(60)が出馬表明している。

 次期衆院選鳥取2区に立候補を予定している湯原俊二県連代表代行の選挙への影響を考慮し、川上代表は「(残る二人のうち)支持する候補を一人に絞り込むか、絞り込まないのかは今後議論し、連合鳥取が市長選の推薦態度を決める二月中旬には、方向を出さなくてはならない」との考えを示した。

 このほか、県連定期大会を三月二十九日に県西部で開催することを決めた。

http://www.nnn.co.jp/news/090201/20090201005.html

88 千葉9区 :2009/02/01(日) 11:10:10
>>74>>83>>84
http://mytown.asahi.com/ehime/news.php?k_id=39000000901310001
今治市長選 現・新2氏が準備
2009年01月31日

◇あす告示、市議選も


  任期満了に伴う今治市長選と同市議選(定数34) は2月1日告示、8日に投開票される。 市長選は、再選をめざす現職の越智忍氏(51) と新顔の元大三島町長の菅(かん) 良二氏(65) が、いずれも無所属での立候補を予定している。


  市長選、市議選は05年1月に旧今治市と旧越智郡の11町村が大合併して新市が発足して以来、いずれも2度目の選挙となる。


  市長選では、前回は自民党県議として越智氏を支援した菅氏が今回、対立候補として立候補を表明。 地元の自民党県議や保守系市議らが真っ二つに分かれて両氏を支援しており、激戦は必至だ。 合併で広域化した市の行政運営のあり方や、百貨店「今治大丸」 の閉店などで空洞化が進む中心市街地の活性化策などが争点になりそうだ。


  両選挙とも立候補の届け出は1日午前8時半〜午後5時、同市別宮町1丁目の市民会館2階大会議室で受け付ける。 8日は市内68カ所で投票され、午後9時半から同市喜田村2丁目の「サン・アビリティーズ今治」 で即日開票される。


  昨年12月2日現在の有権者数は14万4176人。


          ◇


  今治市長選に立候補を予定している越智氏と菅氏の2人による公開討論会(今治青年会議所主催) が30日夜、同市別宮町1丁目の市公会堂で開かれ、市民ら約700人が聴き入った。


  2人は、同会議所が実施した市民アンケートで関心の高かった今治新都市や医療・福祉、雇用などの問題について持論を述べた。


  越智氏は、新都市について「出店するイオンは30万人の客を想定している。進出を断れば隣接する市外に出店されてしまうと判断し、受け入れた」 と理解を求めた。


  菅氏は、中心市街地の活性化について「民間のアイデアを実現できるよう行政がバックアップする。 今治の食文化などを情報発信し、にぎわいを取り戻す」 と訴えた。 (寺門充)

89 とはずがたり :2009/02/01(日) 14:18:27
〜前回2005年のニュース〜

選挙:新「今治」市長選 県議会議長・越智忍氏、出馬表明 /愛媛 04/12/25
選挙:「今治市・越智郡区」県議補選 投開票来月20日に決定 /愛媛 05/1/18
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/1708

今治市長選 候補者こんな人 05/02/17
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/1844

越智氏が初当選 今治市長選 05/02/21
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/1850

新今治市長の事務所捜索 買収容疑、会社社長を逮捕 05/02/22
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/1857

◇今治市長選挙(愛媛県)開票結果 投票率75.76%
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/7084-7085

〜今回2009年のニュース〜

2008年09月21日(日)更新
次期今治市長選挙に菅良二県議が出馬へ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/7712

今から治める人は:市長選を前に/上 大所帯に求められる目配り /愛媛
>>74
今から治める人は:市長選を前に/中 中高年、経験生かしたいが… /愛媛
>>83
今から治める人は:市長選を前に/下 中心街活性化に即効薬を /愛媛
>>84

今治市長選 現・新2氏が準備 2009年01月31日
◇あす告示、市議選も
>>88

90 千葉9区 :2009/02/01(日) 16:19:52
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/news/20090128-OYT8T01130.htm
市街地再生道険し
郊外店進出進む空洞化

 県内2位の人口を擁する今治市のかじ取り役を決める市長選と市議選(定数34)が2月1日、告示される。5月に開通10年を迎える瀬戸内しまなみ海道への期待が一層高まる一方、中心市街地のシンボル的存在だった百貨店「今治大丸」が閉店し、世界的な景気後退の波は市内の産業界にも暗い影を落とす。選挙戦を前に、街の課題に迫った。

 「46年間のご愛顧に、心から感謝申し上げます」

 昨年12月31日、同市常盤町の今治大丸。天野公朗(きみお)社長のあいさつと常連客ら約50人の拍手の後、シャッターはきしみながら、ゆっくりと閉じていった。半世紀近く市民に親しまれた百貨店の幕引きは、中心市街地の苦境を象徴していた。

 今治商店街協同組合の新居田哲理理事長(54)は「今治大丸の閉店は強烈な痛手。街の生命線が失われた格好だ」と危機感を募らせる。一等地にある地上7階地下1階の建物の活用策は、まだ見えていない。

 今治大丸が面するドンドビ交差点から今治港にかけての市で一番の繁華街では、一帯で2000年に256軒あった店が、昨年6月には186軒にまで減った。中心市街地から活気を奪い、老舗を閉鎖に追い込んだのは、しまなみ海道全通に伴う航路減少で港のにぎわいが失われたことと、相次ぐ郊外型ショッピングセンターの進出だった。

 今、商店主らが神経をとがらせるのが、市などが郊外で開発するニュータウン「今治新都市」で進む、敷地面積12万平方メートルを超える大型店の出店計画だ。

 同店の建設案が表面化した2、3年前、同組合は「客が奪われる」と猛反対。1万4964人分の反対署名を市に突き付けたが、「出店は商店街にも新たな消費を生む」と押し切られた経緯がある。

 激しい反対を受け、市はここ数年、今治港周辺の再開発計画を強調するようになった。08年2月には、約50億円をかけてオフィスビルや公園、屋外ステージなどを整備する「みなと再生構想」を、市の設けた諮問会議が打ち出した。

 市は今春から基本計画策定に入り、11年頃の着工を目指すが、市民の間からは「ガス抜きのための机上の空論では」「市財政は厳しく景気も悪い中、資金を確保できるのか」などと懐疑的な声が相次ぐ。

 中心市街地の空洞化を食い止め、既存の商店街と郊外の店舗とが共存するためにはどうすべきか。個性的な街を目指して知恵を絞り、地に足の着いた検討を重ねなければならない。

(2009年1月29日 読売新聞)

91 名無しさん :2009/02/02(月) 13:37:41
選挙:県議補選・柳井市区 民主の候補は6日までに決定 /山口

 民主党県連(代表・平岡秀夫衆院議員)は1日、山口市で幹事会を開き、県議補選柳井市区の候補者を6日までに党2区総支部で決めることを申し合わせた。

 県議補選は党公認か推薦での候補擁立に向け、1月26〜31日に候補予定者を公募した。しかし、2人しか集まらなかったため、平岡代表の元に推薦が来ている数人を含めて検討することにした。

〔山口版〕

毎日新聞 2009年2月2日 地方版
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090202ddlk35010241000c.html

92 千葉9区 :2009/02/02(月) 21:21:26
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/news/20090201-OYT8T00722.htm
今治市長選に現新2氏市議選は42人雇用や観光、論戦
 今治市の市長選と市議選(定数34)は1日、告示された。市長選は、再選を目指す現職・越智忍氏(51)と、前県議の新人・菅良二氏(65)(ともに無所属)の2人が立候補して一騎打ちとなった。市議選は現職29人、新人13人の計42人が立候補。8日の投票に向け、中心市街地の活性化や雇用対策、観光振興などを巡る論戦が始まった。

 市長選は、同市・越智郡選出の自民党県議が両候補の支援に分かれ、同党の支持基盤を二分する激しい選挙戦となった。

 越智候補は午前9時過ぎ、同市大正町の事務所前で第一声。訪れた加戸知事や山本順三参院議員、大手造船会社経営者ら約800人を前に、「子育て支援などを着実に実行してきた」と実績を強調、「交流の場としての今治港再開発、タオルなど地場産業の支援に取り組み、不況に強い街にしていきたい」と訴えた。

 同10時30分から、同市阿方の事務所前で行われた菅候補の出陣式には、同候補を推薦する連合愛媛の役員や大手食品会社経営者ら約1000人が集まった。菅候補は「街の閉そく感を何とかしたい。雇用の安定化や福祉の充実に取り組み、職員の能力や産業界の底力を発揮してもらえるようにしていく」と力を込めた。

 一方、市議選の政党別の内訳は自民4人、民主1人、公明3人、共産2人、社民1人、無所属31人。候補者たちは届け出を済ませると早速、選挙カーで街に繰り出して支持を呼びかけた。

 投票は市長選、市議選ともに8日午前7時から午後8時(一部繰り上げ)まで、市内68か所で行われ、午後9時30分から同市喜田村の障害者文化体育施設「サン・アビリティーズ今治」で開票される。

 1月31日現在の有権者数は14万4126人。

(2009年2月2日 読売新聞)

93 千葉9区 :2009/02/02(月) 23:34:38
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20090202ddlk38010274000c.html
選挙:今治市長選/今治市議選 市長選、保守分裂 現新一騎打ち−−告示 /愛媛
 ◇市議選は激戦、42人立つ
 任期満了に伴う今治市長選と同市議選は1日、告示された。市長選は再選を目指す現職の越智忍氏(51)=無所属=と新人で前県議の菅良二氏(65)=同=の2人が立候補を届け出、保守分裂の激戦に突入した。

 越智氏は海事都市構想の推進、今治新都市への企業進出、地場産業振興などの実績を掲げ、今治港周辺や中心市街地の活性化、しまなみ海道の通行料値下げなどを主張。菅氏は連合愛媛の推薦を受け、現職の政治姿勢を問う選挙戦を展開。支所への権限移譲など行政改革、しまなみ海道の無料化、福祉、医療、雇用対策などを訴える。

 市議選(定数34)には、現職29人、新人13人の計42人が届け出た。党派別では、自民4人、民主1人、公明3人、共産2人、社民1人、無所属31人。

 投票は8日午前7時〜午後8時(島しょ部は午後7時)、市内68カ所で行われ、午後9時半から同市喜田村2のサン・アビリティーズ今治で即日開票される。1月31日現在の選挙人名簿登録者数は14万4126人。【土本匡孝、加藤小夜】

==============

 ◆候補者の第一声(届け出順)

 ◇子育て支援など実績強調−−越智忍氏(51)=無現
 越智氏は午前9時から今治市大正町2の選挙事務所横の駐車場で支持者ら約800人(陣営発表)が参加し出陣式。加戸守行知事は「全国まれに見る12市町村合併の今治市政を高く評価している」とあいさつ。山本順三・参院議員や井原巧・四国中央市長も激励した。

 越智氏は合併後の地方債残高の削減、子育て支援策などを実績に挙げ、「産業と住環境のバランスがとれたまちに」と主張。「次の4年間は(1期目にまいた)種を実らせ、しっかりとしたまちをつくる」などと訴えた。その後、選挙カーで市中心部や島しょ部を回り集会も開いた。

越智忍(おち・しのぶ) 51 無現(1)

 市長▽日本スリランカ友好協会長[歴]国会議員秘書▽県監査委員▽県議・議長▽日大中退

 ◇雇用対策と教育充実訴え−−菅良二氏(65)=無新
 菅氏は今治市大三島町宮浦の大山祇神社での神事後、同市阿方の選挙事務所前で午前10時半から出陣式。約1000人(陣営発表)の支持者を前に、選対本部長の本宮勇県議が「情熱や強い信念、責任感を持つ菅候補を当選させ、市民が全国に誇れるような今治を作ろう」とあいさつした。

 菅氏は「合併して4年、閉塞(へいそく)感に覆われた今治市は誰かが何かをしなければ大変なことになる。住んでよかったと言ってもらえる方向付けにしっかり取り組みたい」と話し、行財政改革の徹底や市民サービスの向上、雇用対策や教育制度の充実などを訴えた。

菅良二(かん・りょうじ) 65 無新

 [元]県議▽今治市肢体不自由児(者)父母の会会長[歴]旧大三島町議・町長▽第一薬大

94 千葉9区 :2009/02/02(月) 23:35:09
 ◆立候補者(届け出順)

 ◇今治市議選(定数34−42)
近藤博   58 無現(1)会社役員▽今治検察審査会理事

吉井啓典  40 無新 今治漁協役員▽みなと再生委員

井出健司  60 無現(1)建設会社社長[歴]旧市議長

森昭左   71 無現(1)農業▽市連合遺族会長

村上泰造  43 無現(1)商事会社役員[歴]旧伯方町副議長

越智忍   59 無新 農業[歴]市大西支所長・朝倉支所長

森京典   51 無現(1)農業▽農業委員[歴]旧波方町職員

渡部豊   50 公現(1)党今治東支部長[歴]自営業

谷口芳史  51 公現(1)党今治西支部長[歴]会社員

中村卓三  66 無現(1)伯方町漁協組合長[歴]会社社長

野間有造  37 無新 輸入雑貨販売業[歴]参院議員秘書

重松真司  60 自新 行政書士[歴]旧市職員・市議

真鍋てるみ 60 無新 介護支援専門員[歴]旧大西町議

加藤明   58 無現(1)小売会社取締役[歴]市議長

松岡一誠  52 無現(1)海運会社役員[歴]旧上浦町議

藤原秀博  59 無新 農林業[歴]学校事務職員▽県職員

寺井政博  57 無現(1)会社役員[歴]旧菊間町議▽市議長

岡田勝利  61 無現(1)農業▽JA越智今治経営管理委員

越智利典  75 無現(1)農業[歴]県職員▽旧朝倉村議

石井秀則  62 公現(1)党県幹事[歴]会社員▽旧市議

白石勝好  64 無現(1)会社役員▽市議長[歴]旧市議

山本五郎  68 共現(1)党東予地区常任委員[歴]旧市職員

井村雄三郎 49 無新 自営業▽今治地方文化交流会役員

北貞丈   42 自現(1)漁業▽宮窪小PTA会長

越智俊男  77 無新 農業[歴]旧大西町農協役員

越智啓治  37 共新 党地区常任委員[歴]赤旗出張所長

本宮健次  59 無現(1)団体顧問▽家電販売業

木村文広  62 無新 米穀店経営▽保護司[歴]旧市議

越智豊   50 無現(1)農業[歴]旧玉川町厚生委員長

渡辺文喜  60 無現(1)会社員▽市レスリング協会長

井手洋行  57 自現(1)農業▽JA越智今治経営管理委員

堀田順人  62 無現(1)大三島漁協組合長[歴]旧大三島町議

矢野雄嗣  44 無現(1)会社員▽市総務企画委員長

森田博   60 無現(1)製瓦会社専務[歴]旧菊間町議

平田秀夫  61 無現(1)飲食業▽市波方町青少年愛護会長

山岡健一  28 社新 党支部青年委員長[歴]会社員

長橋準治  48 無現(1)会社員▽バレーボール団体役員

福本琢美  63 無現(1)包装資材会社役員[歴]旧市議長

田中武繁  58 民新 関前村漁協組合長[歴]旧関前村助役

松田敏彦  62 自現(1)設計事務所経営[歴]市議長

達川雄一郎 35 無現(1)学習塾経営[歴]小中学校講師

鴨川忠弘  69 無新 団体役員[歴]旧大西町議長

毎日新聞 2009年2月2日 地方版

95 千葉9区 :2009/02/02(月) 23:51:20
なんか地方都市の問題がすべて凝縮されたようなそんな感じがします。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1070022351/1058
高速道路料金:引き下げ案 しまなみ海道「生活道、更に割引を」
 ◇島民、署名活動継続
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1097992700/659
救急態勢「本土並み」に ―しまなみ海道10年―
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1146061388/297
愛媛の「今治大丸」が12月閉店へ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1146061388/433
今治大丸が閉店、創業46年 「お疲れさま」客から拍手

96 千葉9区 :2009/02/03(火) 23:57:10
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1116734086/1242
今治新都市の核獣医師大
>獣医師養成大学の誘致が難航している

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1070022351/1059
フル活用に県境の壁
豊島大橋で本州地続き岡村島
>安芸灘とびしま海道の全通

97 千葉9区 :2009/02/04(水) 19:23:00
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20090203ddlk32010448000c.html
出雲市:副市長・長岡氏の辞職願、宙に 市長は受理せず、異例の事態 /島根
 ◇市長選に?本人は否定
 出雲市副市長の長岡秀人氏(57)が先月30日、西尾理弘市長に辞職願を提出したが、西尾市長はこれを受理せず、宙に浮いたままの異例の事態となっている。同市では4月に市長選を控えており、その候補者として長岡氏を推す動きもあるが、本人は2日の会見で「立候補するための辞職ではない」と否定した。しかし、西尾体制を支えて来た“ナンバー2”の突然の辞意に、関係者は「なぜこの時期に」と戸惑いを隠さない。【細谷拓海】

 長岡氏によると、辞職を考え始めたのは先月26日ごろ。市長選で再選を目指す西尾氏の対立候補として、長岡氏の名前が浮上していた。「今度の市長選を巡って、私の個人名が出ている中で、これ以上職にとどまるのは市民、市長、職員に迷惑だろうと判断した」。気持ちの整理をつけ、29日夕方に市長室で西尾市長に辞意を伝えた。

 翌30日午後、正式に辞職願を提出したが、西尾市長は「受け取らない」。野津邦男副市長も加わり、2人で「いずれの理由にしてもこの時期に辞めることは大変な混乱を生ずる」「これまで一緒にやってきたではないか」と引き留めたが、長岡氏の決意は固く、両者の話は平行線をたどった。

 2日午前にも市長室に市長、副市長、田中雄治収入役、黒目俊策教育長の幹部が集まり、説得が続いた。だが、長岡氏は「自分の気持ちで決めたことです」とかたくなだった。

 長岡氏は03年4月に旧平田市助役から同市長に就任。05年5月に新出雲市の助役となり、07年4月から副市長を務めている。西尾市長とは合併前から、新市誕生に向け力を合わせてきた間柄で、ある市幹部は「まじめで、仕事もできる。市長の批判をすることもなく、野津副市長と2人で市長を支えている」と評する。

 その長岡氏の突然の辞意表明。西尾市長は会見で「思い当たる節がない」と繰り返し、今後も話し合いを続ける考えを示す一方で、「私が阿国座問題で逆風の時に、弱みにつけ込んでくるような人ではない」と立候補の動きを“けん制”する。

 市長選を巡っては、一部の市議が長岡氏を擁立する動きを見せており、西尾市長の下にも「長岡副市長が反旗を翻す」という趣旨で、匿名の投書があったという。長岡氏は、市長選を2カ月後に控えた時期に辞任することについて、「この立場で残る方がかえって混乱を招くと判断した」と説明。市長らには、市長選に立候補しないことを約束したという。だが、別の市幹部は「病気や市長との考えの不一致でもなく、辞める理由がわからない。一番可能性が強いのは、選挙しかないのでは」と語る。

毎日新聞 2009年2月3日 地方版


http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=509837004
長岡副市長辞意に出雲市長「理由が分らない」

 出雲市の長岡秀人副市長が一月三十日に辞職願を提出した問題で、西尾理弘市長は二日に記者会見し、受理せずに慰留を続ける考えを示した。ただ、長岡氏は「気持ちに変わりはない」と強調。このまま話し合いが平行線をたどれば、地方自治法に基づき、十九日に自動的に失職する異例の事態となる。

 西尾市長によると、同問題では二日午前、野津邦男副市長、田中雄治収入役、黒目俊策教育長とともに、長岡氏に対して「(五月までの)任期を全うしてほしい」などと、辞意を撤回するよう説得を重ねたという。

 その後の会見で、西尾市長は辞職願の提出について「(長岡氏と)政策の不一致はない。理由が分からない」と述べた。

 長岡氏の本来の任期は、五月十一日まで。地方自治法では、副市長が辞職する際は原則、辞職日の二十日前までに市長に申し出る必要がある。総務省によると、市長が辞職願を受理しない場合は、提出から二十日後に自動的に失職する。

('09/02/03 無断転載禁止)

98 千葉9区 :2009/02/05(木) 01:37:53
勝手に大注目の今治
http://mytown.asahi.com/ehime/news.php?k_id=39000140902040001
【5年目の選択 今治市長選によせて】
新都市開発、募る不信〈上〉
2009年02月04日

◇中心街の空洞化


  日曜日の昼下がりなのに、今治市常盤町の「ドンドビ交差点」 の人通りはまばらだ。 交差点の南西角は、昨年末で46年の歴史に幕を閉じた百貨店「今治大丸」 のビルがシャッターを下ろしたままになっている。 交差点に面した4カ所の角地のうち、北西角の伊予銀行今治支店を除く3カ所が、空きビルと更地だ。


  「昨年までの正月と比べると、来客数が半減した。 今治大丸の福袋を持った買い物客が立ち寄ってくれたのが、今年はゼロ。 痛いですね」


  同交差点から今治港へ約650メートルのアーケードが延びる「今治商店街協同組合」 (160店) の理事長で生花店を営む新居田哲理(てつのり) さん(54) が、表情を曇らせた。


  いま、アーケードは約70店がシャッターを下ろし、2〜3店に1店が閉店。 まさに「クシの歯が欠けた」 状態だ。 かつて今治一の繁華街だったドンドビ交差点の一帯は、中心市街地空洞化のシンボルになっている。


  ●2大プロジェクト


  市は、中心市街地に隣接する今治港周辺ににぎわいを取り戻そうと昨年2月、「みなと再生構想」 をまとめた。 市内外の有識者や公募の市民委員ら約20人が1年間議論を重ねて市に答申したものだ。 事業費は50億〜60億円。 海事会社や展望レストランなどが入るターミナルビルや臨海公園、屋外ステージなどを整備し、市内外から訪れる人々の「交流の港」 をめざす。 09年度から実現へ向けて準備に入る。


  一方、郊外の丘陵地では、市が県と都市再生機構と協力して手がける「今治新都市」 の開発が進む。 第1地区(88ヘクタール) と第2地区(82ヘクタール) の2カ所に住宅や公園、スポーツ施設などを整備し、企業も誘致する。 02年11月から始まった造成工事は、570億円の事業費をかけて13年度までに終える予定だ。 一部の宅地で分譲が進み、企業は造船関連や運輸、ホームセンターなど11事業所の立地が決まっている。


  ●SC出店の波紋


  「中心市街地など市内全域の小売業が大打撃を受ける」。 今治新都市に大型ショッピングセンター(SC) の立地をめざす市の計画を受け、今治商店街協同組合は約1万5千人の反対署名を集め、07年3月に市へ提出した。 しかし、市の方針は変わらず、同年8月、イオン(本社・千葉市) に第1地区の12ヘクタールを55億円で売却する契約を結んだ。 同社は、施設面積約5万平方メートルの大型SCを10年にも出店する。


  イオンの進出について、市は「新都市の用地が売れ残れば、将来の市財政の負担になる。 雇用とにぎわいを生み出すためにも、出店は必要と判断した」 (新都市調整部) と説明する。


  中心市街地で食料品店を営む男性(49) は「『新都市も、中心市街地も』 と手を広げても、双方がにぎわうとは思えない。 このままでは、どっちつかずの街づくりになる」。 洋品店を経営する男性(70) は「40年前と比べると、客足は10分の1に激減した。少子高齢化時代に分散型の街づくりはふさわしくない。 中心市街地に住民を増やし、徒歩の範囲ですべての用件が済む地球環境に優しい街にすべきだ」 と話した。


     ◇


  今治市は05年1月、12市町村が合併して新たなスタートを切った。 新市発足から「5年目の選択」 となる市長選によせて、市政の課題を探った。

99 千葉9区 :2009/02/05(木) 20:39:08
>>97おいおい・・・
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shimane/news/20090204-OYT8T00876.htm
出雲市長選 長岡副市長 一転出馬へ
西尾市長「阿国座建設、一時凍結も」
 出雲市の長岡秀人副市長(58)は4日、市役所で記者会見を開き、退職願が西尾理弘市長(67)に受理されたとしたうえで「出雲市はここらで変わるべきではないか。(市長選出馬を)前向きに考える」と述べ、これまでと一転し、4月の市長選に出馬する意向を表明した。一方、西尾市長も会見を開き、市民の反対が根強い出雲阿国座建設計画について「市長選の争点にならないようにしたい」と述べ、計画の一時凍結を視野に、市議会と話し合う意向を示した。出雲市長選は、現職と側近の副市長が激突する見通しとなり、阿国座問題も絡んで、しばらく目の離せない展開が続きそうだ。

 記者会見で、長岡副市長は辞任の理由について「ここ2年間ほど、今の市政が続くことが、将来にとってどうなのかと疑問を持ち続けていた」と述べた。疑問の中身に関して、2007年の知事選出馬に西尾市長が意欲を見せたことを挙げて「合併後わずか1年半であり、大きなショックを受けた」と振り返った。また、新庁舎建設地の選定などにおける政策決定のプロセスにも言及し、「疑問を感じていた。だが、個別の事を話すと支障があるので差し控えたい」と話した。「住民の意思が反映できる地方自治体を目指すべきだ」との考えも示した。

 一転して出馬の意志を示したことには「前言を翻す形で申し訳ないが、辞表を提出後、多くの方から『市政を変えるためにもうひと働きしろ』と激励を受けたことが後押しになった」と説明した。正式な出馬表明は副市長職を退任する19日以降になるとも述べた。

 自身も建設を推進してきた阿国座問題には「多くの反対の中、進めることは疑問を持っており、市民の行政不信にもつながる。白紙や凍結など、立ち止まって考え直すこともある」と計画の大幅な見直しの可能性に言及した。

 一方、西尾市長は「(出馬が理由なら)仕方がないとお受けした。もっと前に『こうしてほしかった』と言ってほしかった」と側近の離反に無念さをにじませた。阿国座建設についても「景気が悪くなっており、市民から運営への心配の声が大きい」としたうえで「発注の入札時期や運営方法などを議会と早急に協議したい。中止はないが、(建設計画の)凍結も視野に考える」と政策転換を模索する意向を示した。

(2009年2月5日 読売新聞)

100 千葉9区 :2009/02/05(木) 20:40:31
出雲阿国座に関する記事
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=508155006
出雲市議会が阿国座関連議案を可決

 出雲市議会は十二月定例会初日の二十七日、同市が大社町に計画する伝統芸能上演施設「出雲阿国座」の建設を進めるために提出した、関連事業費三千百万円を盛り込んだ本年度一般会計補正予算案を賛成多数で可決した。併せて、同計画に賛成する陳情も採択するなど、市議会として事実上、建設を「容認」したことになるが、市民の間には依然、根強い反対論があり、尾を引きそうだ。

 関連事業費は、総事業費の四十二億円から三十二億八千万円への圧縮に伴う敷地造成の修正設計費など。反対派の市議が提出した建設の賛否を問う住民投票条例案と、賛成、反対両派の市民から出された陳情計三件も含め、集中審議した。

 付託された環境経済委員会では、坂根守委員長を除く七人中、四人が同予算案に賛成して可決し、早期建設を求める陳情も採択。半面、建設の凍結や中止を求める陳情二件は不採択とし、住民投票条例案も否決した。

 続く本会議の採決でも、議長を除く三十三人中、十八人が同予算案に賛成。これに対し、採決で誤って賛成したとし、終了後に訂正した一人を含め、▽自民系の真誠クラブ四人と政雲クラブ(五人)の二人▽民主系の市民・新生クラブの四人と市民新風会(二人)の一人▽公明党二人▽共産党二人−の計十五人が反対した。

 結果を受け、西尾理弘市長は「市民の期待感が示され、(計画は)提案の段階からようやく実践の新たなステージに移った。収支計画を達成すべく努力する」と話した。

 一方、計画の中止を求めて署名活動を展開した、住民団体「出雲市を愛する会」の岸征男代表は「民意を正確に反映するのが議員の役目。怒りを覚える」と強く反発した。

 出雲阿国座の建設計画は、歌舞伎の始祖・出雲阿国の顕彰と観光、文化振興を目的に、西尾市長が二〇〇五年五月の合併後初の臨時市議会で打ち出した。だが、当初三十億円とした事業費が四十二億円に膨らみ、収支計画も変わるなどし、市民の反対運動が激化。このため、市は開館を一一年春に一年延期するとともに、総事業費を圧縮した。

('08/11/28 無断転載禁止)

101 千葉9区 :2009/02/05(木) 21:41:59
>>75
右は前回までの会派人数
自由民主クラブ(12)←7
青空市民クラブ(7)←7
公明党市議団(7)←7
新政クラブ(6)←5
日本共産党市議団(4)←5
清風会(4)←5
天領政和会(3)←新会派

http://mainichi.jp/area/okayama/news/20090205ddlk33010654000c.html
みにニュース:倉敷市議会議長に大橋氏 /岡山
 倉敷市議会は4日、先月25日の市議選後初めての臨時議会を開き、議長に大橋賢氏(56)=自由民主クラブ、副議長に今川鉄夫氏(64)=新政クラブ=を選出した。任期は申し合わせにより2年。会派は全7会派で、自由民主クラブ(12)▽青空市民クラブ(7)公明党市議団(7)▽新政クラブ(6)▽日本共産党市議団(4)▽清風会(4)▽天領政和会(3)となった。

毎日新聞 2009年2月5日 地方版

102 とはずがたり :2009/02/05(木) 21:50:06
>>101
天領政和会は4→3で清和会4が新会派では?政友会5が無くなってる分事実上1減かもしれませんけど自民クラブが分裂を解消して12に増えてるからかな・・?

103 千葉9区 :2009/02/05(木) 22:23:47
=05年出雲市長選(無投票)=
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/1747
新・出雲市長選 民意伝えるには選挙 無投票の気配高まるが… /島根
>ほかに県議で自民党県連政調会長の原成充氏(59)=出雲市選挙区、4期目=と、ブラジル・サンパウロ在住の日系企業幹部、足立操氏(54)の2人が立候補に意欲を見せていたものの、原氏は昨年12月、足立氏も今年に入りそれぞれ立候補断念を発表した。

=西尾市長の県知事出馬関連=
>疑問の中身に関して、2007年の知事選出馬に西尾市長が意欲を見せたことを挙げて「合併後わずか1年半であり、大きなショックを受けた
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/3941
選挙:知事選 西尾・出雲市長が出馬断念 「勝てなきゃ意味ない」 /島根
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/3975
知事選出馬決着 戦いを前に明暗
◆地元の支援得られず◆西尾氏

=出雲阿国座への賛否=
平成クラブ 4人     賛成4
明政クラブ 4人     賛成4
河南クラブ 3人     賛成3
大社クラブ 3人     賛成3
真誠クラブ 4人〜自民系    反対4
政雲クラブ 5人〜自民系 賛成2反対2(議長1)
市民・新生 4人〜民主系    反対4
市民新風会 2人〜民主系 賛成1反対1
公明党   2人〜公明     反対2
共産党   2人〜共産     反対2
無所属   1人     賛成1

104 千葉9区 :2009/02/05(木) 22:24:34
>>102ありがとございます(汗
議会のHPに新会派がアップされてないですね・・・

105 千葉9区 :2009/02/05(木) 22:26:03
>>98
http://mytown.asahi.com/ehime/news.php?k_id=39000140902050001
【5年目の選択 今治市長選によせて】


柑橘に水に影響懸念  〈中〉
2009年02月05日

◇ごみ処理施設


  「15年かけて柑橘(かんきつ) の有機栽培に適した自然環境を整えてきた。目の前にごみ焼却場を建てられたら、これまでの苦労は水の泡です」


  有機JAS認定の柑橘の生産とジャムなどへの加工も手がける「三皿園(みさらえん) 」 社長の越智章太郎さん(58) =今治市大西町宮脇=が、表情を険しくした。同社は、市が新たなごみ処理施設の建設候補地に選んだ宮脇地区を中心とする6・4ヘクタールでイヨカンやはるみなどを有機栽培している。大規模な有機栽培などが評価され、今年度の「輝く経営大賞」 (日本政策金融公庫農林水産事業本部主催)の環境部門賞を受賞したばかりだ。



  ●住民8割が反対


  市は07年8月、島しょ部を含む市内全域のごみを処理する新施設の建設候補地に、宮脇地区の広域農道沿いの山林を選んだ。計画では3・5ヘクタール以上の用地に、日量200トン程度の処理能力を持つ可燃ごみ焼却施設と、不燃・粗大ごみなどを処理するリサイクルセンターを建設する。


  現在稼働中の市のごみ処理施設(同市町谷) は、13年3月末で地元自治会と結んだ運転期限が切れる。市は新施設を稼働できるまでに、地元の了解を得てから施設完成まで8年はかかるとみており、現施設の運転期限の延長は避けられない状況だ。


  新ごみ処理施設の建設計画を知らされた宮脇地区の住民は08年3月、「ゴミ処理場検討委員会」 (尾崎四郎委員長) を結成。同年8月、住民アンケートの結果、地元の約300世帯のうち、8割が建設に反対しているとして市に撤回を申し入れた。


  尾崎さんは「一帯には水田用のため池が15カ所ある。ごみ処理施設の建設で山林が開発されると、山林の保水力が落ち、ふもとのため池の水量に影響が出る」 と反発する。



  ●抜け落ちた評価


  学識経験者ら13人による市の候補地検討委員会が、新ごみ処理施設の候補地選びを進めた。07年1月から、委員会は市内58カ所の候補地を対象に学校や住宅など周辺環境や搬入道路など16の評価項目について採点。同年8月、宮脇地区など6カ所に絞り込んだ最終報告を市に提出した。


  市は同月、この6カ所の中から、委員会の採点が75点満点中60点と最高点で、2位以下に5点以上の差をつけた宮脇地区を選んだ。


  08年11月、同地区の公民館で開かれた市と住民の協議の場で、委員会が候補地周辺でどのような農業が営まれているかを評価項目に入れていなかったことがわかった。候補地の選定後に解散した検討委員会の会長だった佐藤晃一・愛媛大学名誉教授は、住民の質問に「申し訳ないが、有機農業がされていることは念頭になかった」 と認めた。


  それでも、市は「最新技術を導入して周辺環境に支障のない施設を建てる。住民とは誠意をもって交渉したい」 (市民環境部) と地元の理解を求めていく考えだ。


  三皿園の越智さんは「県外から若手の3世帯7人が移り住み、一緒に有機栽培に取り組んでくれている。市が『周囲に悪影響のない施設』 と言っても、取引先には通用しない。手塩にかけた柑橘が売れなくなることは目に見えている」 と話した。

106 とはずがたり :2009/02/06(金) 02:32:35
>>104
茨木も未だですしお役所仕事でのんびりしているのでしょうねー。まぁ一般には急ぐ内容でも無いでしょうから。。

107 千葉9区 :2009/02/07(土) 02:05:41
>>72結局、副知事も辞めることになったか・・・
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/090206/lcl0902062200010-n1.htm
徳島県副知事が辞職 県庁OBとの競馬観戦で
2009.2.6 21:57
 徳島県の木村正裕副知事は6日、県から補助金などを受けた団体や企業に勤める県庁出身者3人と競馬観戦に出掛けたことについて「県民に疑惑と不信を招いた」として辞職した。飯泉嘉門知事に同日、辞職願を提出し受理された。

 県庁で記者会見した木村氏は「県政を執行する上で悪影響があると困ると考えた。職責は重く思慮が足りなかった。県民に深くおわびする」と陳謝した。

 県監察局は5日、「副知事と県庁出身者の休日の楽しみ。3人は利害関係者に当たらない」として利害関係者との旅行を禁じる県条例などに違反していないとする監察結果を知事に報告。一方で「誤解を生む行為は反省すべき」との意見を付けていた。

108 名無しさん :2009/02/07(土) 02:22:02
下関市長選 「改めて出処進退表明」 江島市長が会見を先送り

http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090206ddlk35010426000c.html
 下関市の江島潔市長(51)は5日、当初予定していた市長選(来月15日投開票)に関する記者
会見を急きょ中止した。立候補を表明するとみられたが「改めて出処進退に関する会見を開く。今
は進退を表明する環境にない」と説明した。
 江島市長は先月26日、定例の記者懇談会で「2月5日に会見を開く」と明言していた。市長は「中
止は諸般の事情でとしか言えない。4〜5日、事態が流動的だった」と話した。一方「マニフェスト
(選挙公約)は作っている」と述べ、複雑な胸中もうかがわせた。

109 名無しさん :2009/02/07(土) 02:27:30
民主党HPにも載っている
http://www.dpj.or.jp/member/?detail_2262=1
----
県議補選・柳井市区 民主、女性市議を軸に調整 あす候補予定者を発表
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090206ddlk35010414000c.html
 柳井市長選に出馬する長谷川忠男前県議の辞職に伴う同市区県議補選(20日告示、3月1日
投開票)で、民主党県連(代表・平岡秀夫衆院議員)が、同市議の河北洋子氏(51)を軸に擁立
作業を進めていることが分かった。
 毎日新聞の取材では、同市を含む党県2区総支部が主導して1月26〜31日に候補予定者を
公募。しかし、河北氏を含む2人しか集まらなかったため、1日に山口市であった党県連幹事会で、
6日の立候補予定者説明会まで候補決定を先延ばしした。総支部は7日に候補予定者を発表する。
 一方、自民党県連も地元主導で候補者擁立を進めており、保守系市議2、3人の名前が取りざ
たされている。

110 千葉9区 :2009/02/07(土) 03:01:22
>>105
http://mytown.asahi.com/ehime/news.php?k_id=39000140902060001
【5年目の選択 今治市長選によせて】
船便減り高い通行料 〈下〉
2009年02月06日

◇しまなみ海道

  広島県境に架かる多々羅大橋が間近に望める瀬戸内しまなみ海道・大三島インターは、今治市最北端の島、大三島にある。松岡昌弘さん(61) 、妙子さん(59) 夫妻=同市上浦町井口=は、このインターから車で海道を通り、本土側にある県立今治病院(同市石井町4丁目) と県立中央病院(松山市春日町) へ月1回ずつ通院している。


  通行料金は県立今治病院近くの今治北インターまで片道2550円、県立中央病院のある松山へ行くには終点の今治インターまで片道2700円。往復で5100〜5400円が必要だ。


  妙子さんは昨年、病気治療のため週2〜3回、県立中央病院まで通院した。 「通行料だけで月に5万円を超えた。 医療費より高かった」。 年金生活の夫妻にとって痛い出費だ。バスとJRの乗り継ぎは病身にはきつい。


  ●1万8千の署名


  妙子さんは07年11月、島民らと「市島嶼(とうしょ) 部橋通行料無料化を実現する会」 を結成し、代表になった。 通行料負担に苦しむ島民らの共感を集め、会員は海道沿線の大三島、伯方島、大島3島に暮らす16人に広がった。 この会員が中心となって海道の通行料無料化を島民らに呼びかけ、昨年12月までに計1万8385人分の署名を市に提出した。


  本州四国連絡高速道路(神戸市) は昨年9月から、海道の料金を自動料金収受システム(ETC) の搭載車に限って割引を始めた。 普通車や軽自動車は、土日祝日の午前9時〜午後5時は通行料が半額になる。


  しかし、実現する会事務局長の松岡映二さん(62) は納得できない。 同姓だが親類ではない代表の妙子さんと意気投合したのは、東京での会社勤めを終えて大三島へ帰郷後、通行料の高さに憤りを覚えたからだ。


  「海道の開通で船の航路は廃止が相次ぎ、便数も減って不便になった。 港まで行きたくてもバスの便数も少ない。 海道以外に代替道路がない島民から、通行料を取ること自体がおかしい」


  ●市の独自策は?


  最近、妙子さん夫妻は通行料の負担を考えると、「本土側へ引っ越した方がよいのでは」 と悩んでいる。


  映二さんは「高い通行料のため、島に閉じこめられている感じ。 カゴの鳥です。今治大丸の閉店など中心市街地が寂れたのも、海道沿線の島民が高い通行料のため、気軽に出かけられないのも一因」 と指摘する。


  海道沿線3島の住民は計2万2299人(昨年末)。 今治市民の8人に1人が3島で暮らしている。


  市長選に立候補した2氏の見解はこうだ。


  現職の越智忍氏(51) は「無料化も視野に入れ、今後も通行料問題に取り組む。市独自にETC車載器の設置補助の復活を検討する」。


  新顔の菅良二氏(65) は「割引は平日を含め、午前7時からに拡大するよう求める。無料化の実現を訴え、市独自の軽減策を研究する」 としている。


  (この連載は寺門充が担当しました)

111 千葉9区 :2009/02/07(土) 19:01:42
>>91>>109
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090207ddlk35010568000c.html
選挙:県議補選・柳井市区 立候補説明会に3陣営 河北氏、民主公認へ /山口
 ◇自民は調整仕切り直し
 長谷川忠男前県議(柳井市区選出)の辞職に伴う県議補選(20日告示、3月1日投開票)の立候補予定者説明会が6日、柳井市役所であった。いずれも同市議の河北洋子氏(51)と藤里克享(よしたか)氏(72)の2陣営が出席し、別の1陣営が関係書類を持ち帰った。河北氏は民主党公認で出馬する予定。一方、藤里氏が自民党公認候補になるとは決まっておらず、同党は調整を急いでいる。

 民主党は、同党の平岡秀夫衆院議員(山口2区)の元秘書で、次の県議選への出馬準備をしていた井原健太郎氏(34)が1月20日、柳井市長選への出馬を表明したため、県議補選では急きょ代わりの候補を探すことになった。1月26〜31日に候補を公募、2人の応募があり、ただ一人の民主党系市議、河北氏に決定した。

 自民党は1月中旬、党柳井支部で候補者を選定すると決定。党籍のある市議15人のうち、藤里氏を含む市議3人が立候補に意欲を示した。藤里氏以外の2人が党へ公認願を出したが、2人とも5日までに公認願を取り下げた。

 説明会に出席した藤里氏の陣営は「無所属での出馬になるかどうか、立場はまだ決まっていない」と話した。関係書類を持ち帰った自民党系の市議は「公認候補選びは仕切り直し。藤里氏での一本化は難しいと思う」と話した。【近藤聡司】

〔山口東版〕

毎日新聞 2009年2月7日 地方版

112 千葉9区 :2009/02/07(土) 21:18:36
≪勝手に大注目2009今治市長選関連≫
>>89とはさんのまとめ
>>90
市街地再生道険し
郊外店進出進む空洞化
>>94
今治市議選立候補者
>>95-96
今治市関連記事
>>98
新都市開発、募る不信
>>105
柑橘に水に影響懸念
>>110
船便減り高い通行料

113 千葉9区 :2009/02/08(日) 17:35:52
現職が民主に付きました。

http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090208ddlk35010319000c.html
選挙:柳井市長選 河内山市長、井原氏支持を表明 「勝手連で応援」 /山口
 任期満了に伴う柳井市長選(22日告示、3月1日投開票)で、今期で引退する河内山哲朗市長(50)が7日、無所属での出馬を予定する井原健太郎氏(34)の支持を表明した。

 河内山市長は同日あった井原氏の事務所開きに出席後、記者団に「勝手連で応援に来た一人。後継指名などではない。新しい時代には新しいタイプの人が政治をやる方がよい」と述べた。

 市長選は、長谷川忠男前県議(64)も無所属での立候補を表明しており、両者の一騎打ちとなりそう。井原氏は、河内山市長が1月に不出馬を発表し、長谷川氏の対抗軸として立候補を決意した。【近藤聡司】

〔山口東版〕

毎日新聞 2009年2月8日 地方版

114 名無しさん :2009/02/08(日) 21:51:34
県議補選・柳井市区 河北・柳井市議、立候補を正式表明

http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090208ddlk35010322000c.html
 長谷川忠男前県議の辞職に伴う柳井市区県議補選(20日告示、3月1日投開票)に、柳井市議
の河北洋子氏(51)が7日、民主党公認での立候補を正式表明した。
 会見に同席した同党の平岡秀夫衆院議員(山口2区)が「(河北氏に)候補者を選ぶ公募への応募を
勧めた」と明かし、河北氏は「女性の政治参画を進めたい」と話した。補選には自民党が公認候補の擁
立を急いでいる。

115 千葉9区 :2009/02/08(日) 21:57:44
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20090208-458524.html
ミカン農家市議、イヨカン泥棒で辞職

 果物イヨカンの名産地である愛媛県宇和島市の玉田和正市議(69)が1月、市内の山中からイヨカンを大量に盗んだとして、窃盗容疑で宇和島署から書類送検され、議員辞職していたことが7日、分かった。ベテラン市議だが、病気の友人への見舞品にしようと「つい思いつきで」とってしまったという。「子供でも『やってはいけない』と分かることを、やってしまった。死しておわびしたいほど申し訳なく思っている」と猛反省している。

 宇和島署の調べによると、玉田前市議は昨年12月20日早朝、宇和島市大浦の山中で、イヨカン約20キロ(約2000円相当)を盗んだ疑い。今月5日、辞職願を提出し、受理された。

 前市議によると、自身も農業を営み、ミカンなどを栽培。病気で倒れた遠方の友人に最近、自家で収穫したミカンを見舞品として贈ったが「もっと色がいいイヨカンを贈ってあげたい」と考え、魔が差したかのように「イヨカン大量確保」を発案。昨年12月20日早朝、自車で約15分走り、農家のイヨカン畑がある山中に移動。ハサミで50〜60個を摘み取ってカゴに入れ、車で自宅に持ち帰った。

 しかし、農家の人に車のナンバーを見られたことから、同日中に同署から聴取を受けた。イヨカンを1個も食べておらず、友人にも発送する前だった。この農家は、偶然にも古くからの知り合いだったという。前市議は「今回の不祥事を起こしたことに加え、最近頸椎(けいつい)の手術をして体調も良くなく、妻も病気のため、総合的に判断して辞職した。いくらおわびしてもおわびしきれない」。91年、同市議初当選。自民党に所属し、現在5期目だった。地元農協の理事なども務めた

 [2009年2月8日7時52分 紙面から]

116 千葉9区 :2009/02/09(月) 21:21:14
http://mytown.asahi.com/ehime/news.php?k_id=39000000902090001
今治市長に菅氏、新市議も決まる
2009年02月09日

  任期満了に伴う今治市長選は8日投開票され、新顔で元大三島町長の菅良二氏(65)=無所属=が、現職の越智忍氏(51)=同=を破って初当選を果たした。投票率は73・00%だった。
  菅氏は「市民の声を行政に反映する」 と強調。産業振興や子育て支援など55項目のマニフェスト(公約)を掲げて支持を広げた。越智氏は子育て支援などの実績を訴え、「海事都市づくりを進める」 と呼びかけたが及ばなかった。
今治市議選も8日に投開票され、新市議34人が決まった。


●今治市長選の確定得票
当 55,207 菅 良二 65 無新
   47,474 越智 忍 51 無現


●今治市議選の確定得票


当 5,240 越智  忍 59 無新
当 3,164 吉井 啓典 40 無新
当 3,083 渡部  豊 50 公現
当 3,074 谷口 芳史 51 公現
当 3,056 中村 卓三 66 無現
当 2,994 藤原 秀博 59 無新
当 2,954 堀田 順人 62 無現
当 2,870 森  京典 51 無現
当 2,831 渡辺 文喜 60 無現
当 2,781 平田 秀夫 61 無現
当 2,773 森田  博 60 無現
当 2,744 森  昭左 71 無現
当 2,740 松岡 一誠 52 無現
当 2,668 木村 文広 62 無新
当 2,632 石井 秀則 62 公現
当 2,576 本宮 健次 59 無現
当 2,571 加藤  明 58 無現
当 2,565 寺井 政博 57 無現
当 2,543 重松 真司 60 自新
当 2,527 山岡 健一 28 社新
当 2,467 井出 健司 60 無現
当 2,415 越智  豊 50 無現
当 2,388 井手 洋行 57 自現
当 2,357 村上 泰造 43 無現
当 2,353 山本 五郎 68 共現
当 2,335 松田 敏彦 62 自現
当 2,294 福本 琢美 63 無現
当 2,288 岡田 勝利 61 無現
当 2,286 近藤  博 58 無現
当 2,284 野間 有造 37 無新
当 2,257 長橋 準治 48 無現
当 2,218 矢野 雄嗣 44 無現
当 2,180 白石 勝好 64 無現
当 2,162 北  貞丈 42 自現
  1,975 達川雄一郎 35 無現
  1,867 井村雄三郎 49 無新
  1,759 越智 啓治 37 共新
  1,731 越智 利典 75 無現
  1,564 田中 武繁 58 民新
  1,446 真鍋てるみ 60 無新
  1,188 鴨川 忠弘 69 無新
   152 越智 俊男 77 無新

117 とはずがたり :2009/02/09(月) 22:57:26
>>116
此処も注目されて>>112ましたけど慧眼でしたね〜。
再選目指す越智が落選。2期目を落とすのは至難の業と云う常識が通じなくなってきましたね。
落選市長とトップ当選市議が同姓同名とはw

改選前の会派保存。

会派届出順 平成20年12月20日 現在(議席順)
http://www.city.imabari.ehime.jp/gikai/meibo_kaiha/index.html
会派 所属議員
公明党 ●石井秀則  谷口芳史  渡部 豊
白新クラブ ●寺井政博  森 京典  越智利典  松岡一誠
新市民クラブ ●平田秀夫  矢野雄嗣  中村卓三
新清会 ●井出健司  河野義光  堀田順人  高取武則
春風会共生クラブ ●松田敏彦  桑村隆雄  達川雄一郎  近藤 博
 越智 豊  村上泰造  加藤 明
清風会 ●森 昭左  森田 博  渡辺文喜
以和貴会 ●本宮健次  長橋準治   白石勝好
来島会 ●福本琢美  井手洋行  北 貞丈  岡田勝利
日本共産党  山本五郎

●は、会派代表者

118 とはずがたり :2009/02/09(月) 23:22:20
>>116-117 >>94 >>112
●今治市議選
確定得票(定数34−立候補42)
当 5,240 越智  忍 59 無新① 農業[歴]市大西支所長・朝倉支所長
当 3,164 吉井 啓典 40 無新① 今治漁協役員▽みなと再生委員
当 3,083 渡部  豊 50 公現② 党今治東支部長[歴]自営業
当 3,074 谷口 芳史 51 公現② 党今治西支部長[歴]会社員
当 3,056 中村 卓三 66 無現② 伯方町漁協組合長[歴]会社社長 新市民クラブ
当 2,994 藤原 秀博 59 無新① 農林業[歴]学校事務職員▽県職員
当 2,954 堀田 順人 62 無現② 大三島漁協組合長[歴]旧大三島町議 新清会
当 2,870 森  京典 51 無現② 農業▽農業委員[歴]旧波方町職員 白新クラブ
当 2,831 渡辺 文喜 60 無現② 会社員▽市レスリング協会長 清風会
当 2,781 平田 秀夫 61 無現② 飲食業▽市波方町青少年愛護会長 新市民クラブ
当 2,773 森田  博 60 無現② 製瓦会社専務[歴]旧菊間町議 清風会
当 2,744 森  昭左 71 無現② 農業▽市連合遺族会長 清風会
当 2,740 松岡 一誠 52 無現② 海運会社役員[歴]旧上浦町議 白新クラブ
当 2,668 木村 文広 62 無新① 米穀店経営▽保護司[歴]旧市議
当 2,632 石井 秀則 62 公現② 党県幹事[歴]会社員▽旧市議
当 2,576 本宮 健次 59 無現② 団体顧問▽家電販売業 以和貴会
当 2,571 加藤  明 58 無現② 小売会社取締役[歴]市議長 春風会共生クラブ
当 2,565 寺井 政博 57 無現② 会社役員[歴]旧菊間町議▽市議長 白新クラブ
当 2,543 重松 真司 60 自新① 行政書士[歴]旧市職員・市議
当 2,527 山岡 健一 28 社新① 党支部青年委員長[歴]会社員
当 2,467 井出 健司 60 無現② 建設会社社長[歴]旧市議長 新清会
当 2,415 越智  豊 50 無現② 農業[歴]旧玉川町厚生委員長 春風会共生クラブ
当 2,388 井手 洋行 57 自現② 農業▽JA越智今治経営管理委員 来島会
当 2,357 村上 泰造 43 無現② 商事会社役員[歴]旧伯方町副議長 春風会共生クラブ
当 2,353 山本 五郎 68 共現② 党東予地区常任委員[歴]旧市職員 日本共産党
当 2,335 松田 敏彦 62 自現② 設計事務所経営[歴]市議長 春風会共生クラブ
当 2,294 福本 琢美 63 無現② 包装資材会社役員[歴]旧市議長 来島会
当 2,288 岡田 勝利 61 無現② 農業▽JA越智今治経営管理委員 来島会
当 2,286 近藤  博 58 無現② 会社役員▽今治検察審査会理事 春風会共生クラブ
当 2,284 野間 有造 37 無新① 輸入雑貨販売業[歴]参院議員秘書
当 2,257 長橋 準治 48 無現② 会社員▽バレーボール団体役員 以和貴会
当 2,218 矢野 雄嗣 44 無現② 会社員▽市総務企画委員長 新市民クラブ
当 2,180 白石 勝好 64 無現② 会社役員▽市議長[歴]旧市議 以和貴会
当 2,162 北  貞丈 42 自現② 漁業▽宮窪小PTA会長 来島会
  1,975 達川雄一郎 35 無現(1) 学習塾経営[歴]小中学校講師 春風会共生クラブ
  1,867 井村雄三郎 49 無新  自営業▽今治地方文化交流会役員
  1,759 越智 啓治 37 共新  党地区常任委員[歴]赤旗出張所長
  1,731 越智 利典 75 無現(1) 農業[歴]県職員▽旧朝倉村議 白新クラブ
  1,564 田中 武繁 58 民新  関前村漁協組合長[歴]旧関前村助役
  1,446 真鍋てるみ 60 無新  介護支援専門員[歴]旧大西町議
  1,188 鴨川 忠弘 69 無新  団体役員[歴]旧大西町議長
   152 越智 俊男 77 無新  農業[歴]旧大西町農協役員

自 当4(現3新1) 落0
民 当0 落1(新1)
公 当3(現3) 落0
社 当1(新1) 落0
共 当1(現1) 落1(新1)
無 当25(現20新5)  落6(現2新4)

〜引退か〜
新清会 河野義光 高取武則
春風会共生クラブ 桑村隆雄

119 とはずがたり :2009/02/09(月) 23:49:31
投票前日の記事だが。
菅は連合の支援も受けてたんですな。他に複数の県議ってのは誰だろ。

選挙:今治市長選/今治市議選 あす投開票 市長選、現職と前県議激しい戦い /愛媛
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20090207ddlk38010645000c.html

 任期満了に伴う今治市長選と同市議選は8日投票、即日開票される。市長選は再選を目指す現職、越智忍氏(51)=無所属=と、新人で前県議、菅良二氏(65)=同=が個人演説会などで支持を訴えている。共に元自民党所属県議の両氏の戦いは保守を分裂し、激しさを増している。

 越智氏は、加戸守行知事や山本順三参院議員らの応援を受け、地元造船会社などを通じた組織戦を展開。12市町村合併後の4年間の実績を掲げ、海事都市構想の推進、地場産業振興などを主張する。

 菅氏は、連合愛媛の推薦を受け、出身高校の同窓生や複数の県議、市議らに支えられた草の根の運動が中心。現職批判票を集め、行財政改革、市民サービスの向上、雇用対策などを訴える。

 市議選(定数34)は現職29人、新人13人の計42人(自民4人、民主1人、公明3人、共産2人、社民1人、無所属31人)が立候補している。

 投票は8日午前7時〜午後8時(島しょ部は午後7時)、市内68カ所で。開票は同日午後9時半から同市喜田村2のサン・アビリティーズ今治で。1月31日現在の選挙人名簿登録者数は14万4126人。【土本匡孝】

==============

 ◆立候補者(届け出順)…略

120 名無しさん :2009/02/11(水) 12:20:53
県議補選柳井市区 市議の松野氏が出馬

山口県議補選・柳井市選挙区
松野利夫 52 自民 新 市議、党柳井支部県連総務、(元)国会議員秘書
河北洋子 51 民主 新 市議、党県連柳井支部長、環境系団体(虹と緑)・反戦系団体支持

http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2009/0211/15.html
 柳井市長選に立候補する長谷川忠男氏(64)の辞職に伴う県議補選柳井市区(二月二十日告
示、三月一日投開票)に、自民党柳井支部県連総務で同市議の松野利夫氏(52)が十日、出馬
表明をした。同補選は民主党公認で同市議の河北洋子氏(51)が出馬表明しており、自民党対
民主党による新人同士の一騎打ちになりそうだ。

 同市内で出馬会見をした松野氏は「柳井のためには自民党籍のある県議が必要。多くの同僚
議員や市民の励ましをいただき、出馬を決意した」と動機を語った。今後の抱負を「柳井の農水
産業を生かしてふるさとツーリズムを推進しているが、交流人口を増やすことで農水産業の振興
を図りたい。(中国電力柳井火電の)LNG冷熱を活用した産業立地や青少年の健全育成、介護
医療の充実に取り組みたい」と話した。

 松野氏は同日、自民党県連に公認申請をした。松野氏は同市阿月出身で大阪商大卒。国会議
員秘書を経て一九九九年、同市議に初当選以来三期目。同市議会議会運営委員長などを経て
現在、県漁協柳井支店運営委員長。

 自民党はこれまで保守系市議十五人の中から候補者擁立を模索。同市議四期目の藤里克享
氏(72)が名乗りを上げていたが、十日の保守系市議の集まりで藤里氏が出馬を見送る意向を
示した。同日午後、市議十数人が当初、出馬の意向を見せていた松野氏に出馬要請し、松野氏
が決断した。

121 千葉9区 :2009/02/11(水) 16:28:33
=島根1区=
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=509986004
松江市長選に川上大氏が正式出馬表明

 任期満了に伴い、四月十二日に告示される松江市長選で、同市内で塾を経営する無所属新人の川上大氏(50)が十日、正式に出馬表明した。現市政に対し、市民は閉そく感を抱いているとして、徹底した情報公開や観光文化振興、教育の充実などを公約に掲げた。

 松江市内で会見した川上氏は、公約の中でも特に専門の教育分野に力を込め、独自のカリキュラムを設けられる国の「教育特区」を活用し、市立小学校を中心に学力向上に取り組むとした。

 大橋川改修事業では「治水対策は必要だが、周知不足は明らか」と、進め方を疑問視。市が打ち出した中、下流から事業着手する方針を凍結し、議論を尽くすとした。

 また、同市に立地し、増設計画やプルサーマル計画のある島根原発については「安全性の確保を前提に、共存共栄を図りたい」と容認した。

 今後は、元塾生や教育、観光分野の関係者らを軸に、支持拡大に努めるという。

 川上氏は島根県旧仁摩町(現大田市)出身。出雲高、東京大を卒業後、住友金属工業を経て、一九九〇年から松江市内で塾を経営。私立中学・高校を経営する学校法人の常務理事も務める。

 同市長選では既に、再選を目指す現職の松浦正敬氏(60)=無所属=が出馬を表明。共産党も候補者の擁立を検討している。

('09/02/11 無断転載禁止)

122 千葉9区 :2009/02/11(水) 16:30:13
>116-119
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/news/20090209-OYT8T00753.htm
今治市長に新人・菅さん 草の根支援、幅広く集票
市議34人も決まる

 今治市の市長選と市議選(定数34)は8日、投開票され、市長選では、前県議の新人・菅良二さん(65)(無所属)が、再選を目指した現職・越智忍さん(51)(同)を破り、初当選を果たした。また、42人が争った市議選では、現職27人、新人7人が当選した。投票率は市長選、市議選ともに73・00%(前回75・76%)で、当日有権者数は14万3021人だった。

 菅さんは選挙戦で、同級生らによる草の根的な応援や連合愛媛などの推薦に加え、越智さん以上の数の県議や市議選候補者の支援を受け、幅広く票を集めた。越智さんは造船業界などの支援を受け、4年間の実績や加戸知事らとのパイプを訴えたが及ばなかった。

 「当選確実」の知らせを受けて8日午後11時過ぎに同市阿方の事務所に現れた菅さんは、支持者らと万歳を繰り返し、「市民のために4年間、魂を込めて頑張ることを誓います」とあいさつ。当選から一夜明けた9日、事務所で記者会見し、中心市街地の長期的な振興計画を2年以内にまとめることや、副市長を1人にするといった行政のスリム化などの公約を説明した。

 一方、越智さんは8日午後11時40分頃、同市大正町の事務所に姿を見せ、「残念な結果になり申し訳ない」と述べて頭を下げた。

 菅さんは同市出身。第一薬科大薬学部卒。旧大三島町の町議や町長を経て2003年に県議に初当選し、2期目途中で辞職して市長選に立候補した。

 一方、市議選の党派別当選者は、自民4人、公明3人、共産1人、社民1人、無所属25人だった。

2007年に得たばかりの県議の座を捨てて出馬した菅さんの決断を、市民は好意的に受け止めたと言える。共に保守系県議だった2人の出馬に、自民党県議の支援も分かれた。政治的立場に大差はなく、市民からは「争点が不明確」と困惑の声も聞かれたが、景気悪化による不安の高まりもあって、合併後の市政運営への菅さんの鋭い批判に共感が集まった。

 批判の的の一つは、中心市街地の商店主らによる反対運動を押し切って市が進める、今治新都市への敷地面積12万平方メートルを超える大型店の出店計画。菅さんは「もっと時間をかけて市民の声に耳を傾けるべきだった」と苦言を呈した。

 また、12市町村の大合併後、周辺部住民の「市長の顔が見えない」「役所が遠くへ行ってしまった」といった不満を、菅さんは支所への権限付与などを唱えて正面から受け止めたのに対し、越智さんは説得力のある反論を打ち出せなかった。

 現市政への一貫した批判で勝ち取った当選だが、今度は菅さんが市民から評価を受ける立場に身を置く。選挙戦で対立した政治家たちとの関係修復も進め、市民の期待に応えてほしい。(尾崎晃之)

(2009年2月10日 読売新聞)

123 千葉9区 :2009/02/11(水) 16:31:39
議選板より
53 :無党派さん:2009/02/08(日) 22:57:37 ID:vfp/VO1M
>>49
造船:今治造船。
食品:日本食研。
85 :無党派さん:2009/02/08(日) 23:04:44 ID:vfp/VO1M
ちなみに今治市長選の県議支援構成は

越智支持:福羅(自民)
菅支持:本宮・徳永(以上自民)・豊島(民主)
ほとんど菅支持:村上(社民) です。

ちなみに加戸知事と山本順三は越智支持ですが、村上誠一郎は中立。

124 千葉9区 :2009/02/11(水) 17:08:12
>>114
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090211ddlk35010456000c.html
選挙:県議補選・柳井市区 松野市議、出馬表明 自民と民主、一騎打ちの様相 /山口
 長谷川忠男前県議の辞職に伴う柳井市区県議補選(20日告示、3月1日投開票)に、柳井市議の松野利夫氏(52)が10日、自民党公認での立候補を表明した。補選は松野氏と、民主党公認での立候補を表明した同市議の河北洋子氏(51)による一騎打ちの見通しとなった。

 自民党は柳井支部による候補者選定を10日午前で終了。党籍のある市議13人が参加した会合の後、松野氏が会見し「農漁業体験イベントなどを通じて交流人口を増やし、市を活性化したい」と述べた。

 公認候補選びは、党柳井支部での全会一致を条件に進めた。当初意欲を示した3市議のうち、6日の立候補予定者説明会までに松野氏ら2人が断念。説明会には藤里克享(よしたか)氏(72)の陣営が出席したが支部で一本化できず、10日の会合で改めて松野氏を推す声が出て、藤里氏が出馬を断念した。【近藤聡司】

〔山口東版〕

毎日新聞 2009年2月11日 地方版

125 千葉9区 :2009/02/11(水) 22:06:36
>>97>>99>>100>>103
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20090211ddlk32010495000c.html
選挙:出雲市長選 菊地氏が立候補へ 阿国座建設中止訴え、週内にも表明 /島根
 任期満了に伴う出雲市長選(4月5日告示、12日投開票)に、「出雲阿国座」建設中止を訴える同市の元会社役員、菊地恵介氏(32)が立候補する方針を固めた。今週中にも正式表明する。同市長選には既に現職の西尾理弘氏(67)が立候補を表明し、副市長の長岡秀人氏(58)も立候補するとみられる。合併1期目の市政を担ってきた2人に、争点の一つとなる阿国座建設に異を唱える菊地氏が加わり、三つどもえの激戦となりそうだ。

 菊地氏は98年東京大農学部卒。時事通信社、島根日日新聞社の記者を経て、先月末までエフエムいずも社長を務めた。

 阿国座建設計画について菊地氏は「出雲には観劇という文化がなく、採算面でも計画は不十分。観光だけを考えれば出雲大社だけで十分」などと批判。「市民の思いとは関係なく進む、現在の政策決定システムに一番の問題がある。市民本位の政治を実現する」としている。

 阿国座建設を巡っては、約4万人の反対署名を集めた市民団体「出雲市を愛する会」がこのほど、市長選と同時に行われる市議選で会の副代表を擁立することを表明。市長選では独自候補は立てず、菊地氏の支援を検討している。【細谷拓海】

毎日新聞 2009年2月11日 地方版

126 とはずがたり :2009/02/11(水) 23:42:37
=岡山4区=

09年倉敷市議選纏め
http://tohazugatali.at.infoseek.co.jp/seiji/2009kurashiki.html

>>101-102
みにニュース:倉敷市議会議長に大橋氏 /岡山
>>80-81
定数43に53人立つ 景気やチボリ跡地争点に−−告示
開票結果(定数43−53)=選管最終発表

>>71
新倉敷市議43人決まる

>>77-79
立候補者予想の顔ぶれ 1 倉敷地区/水島地区/玉島、真備・船穂地区
>>66-68
43議席のゆくえ:09倉敷市議選

>>64
08年4月倉敷市長選関連
>>75-76
倉敷市議選(05年)及び増員選(08年)纏め
http://tohazugatali.at.infoseek.co.jp/seiji/2005kurashiki.html

127 とはずがたり :2009/02/12(木) 01:10:11

選挙:津野町長選 町長に前副町長・池田氏 無投票で初当選 /高知
http://mainichi.jp/area/kochi/news/20090211ddlk39010578000c.html

 任期満了に伴う津野町長選は10日告示され、無所属新人で前副町長の池田三男氏(53)以外に届け出はなく、無投票で池田氏の初当選が決まった。

 池田氏は「対話と参加による町民に見える町政を進めたい。農林業などの地域資源を生かした産業再生に取り組み、元気で生き生きと生活できるやさしいまちづくりに貢献したい」と抱負を語った。【近藤諭】

==============
池田三男(いけだ・みつお) 53 無新(1)
 [元]副町長[歴]旧葉山村総務課長▽町総務課長▽須崎高

毎日新聞 2009年2月11日 地方版

128 とはずがたり :2009/02/13(金) 02:04:26


選挙:松江市長選 川上氏が立候補を表明 「市民目線で情報公開」 /島根
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20090211ddlk32010493000c.html

 任期満了に伴う松江市長選(4月12日告示、19日投開票)で、学習塾経営の川上大氏(50)が10日、松江市内で記者会見を開き、無所属で立候補する意向を表明した。川上氏は「9年間の市政で松江のポテンシャルを生かしてきたのか首をひねらざるを得ない」と指摘し「市民目線で、徹底した情報公開を行いたい」と述べた。

 川上氏は観光、教育、環境問題、健康、情報公開の5項目を公約に掲げた。教育について「特区など小学校教育で学力が身につく下地を作りたい」と述べ、大橋川改修計画については「市民への周知不足。いったん保留し、もう一歩進めて議会と議論したい」と述べた。

 川上氏は大田市出身で、東大経済学部卒。鉄鋼メーカー勤務後、松江市に塾を開設。現在は市内学校法人の常務理事も務める。

 同市長選には、既に現職の松浦正敬氏(60)が再選を目指し、立候補を表明している。【御園生枝里】

毎日新聞 2009年2月11日 地方版

129 千葉9区 :2009/02/14(土) 16:16:27
=愛媛4区=
息子が4区の民主公認候補
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E8%8B%B1%E5%90%BE
1975年から愛媛県議会議員を連続4期務め、1990年の衆院選に旧愛媛3区から無所属で出馬するも落選。1993年は自民党から、1996年は新進党からの出馬。
1999年の旧八幡浜市長選に出馬。高橋と同年かつ県議会議員としても同期であった現職の吉見弘晏を破り初当選。財政再建等に努める。
2003年、自民党の推薦する元県議との選挙戦に再び勝利。2期目の途中に西宇和郡保内町との対等合併により失職、新・八幡浜市長選挙に出馬、無投票当選した。

http://mainichi.jp/area/ehime/news/20090214ddlk38010542000c.html
選挙:八幡浜市長選 高橋市長が出馬表明 新市での2期目を目指す /愛媛
 任期満了に伴い4月12日に告示される八幡浜市長選に、現職の高橋英吾氏(68)=無所属=が13日、再選を目指して出馬する意向を表明した。同市長選には、新人で同市議会副議長の大城一郎氏(43)=同=が立候補の意向を固め、近く正式に出馬を表明するとみられている。

 同市内で記者会見した高橋氏は「4年たったが、信条として(新市で)2期やらなければ、合併の意味とまとまりが出来ない。体調も良いので4年間やらしてもらいたい」と出馬の決意を語った。

 政策面では「この10年間で借金110億円を減らし、一般事務関係職員は30%削減して財政再建をしており、今後も行財政改革を進めたい。市立病院については、新病院を既存の病院裏手に新築したい」などと説明した。

 高橋氏は日本大卒。県議などを経て99年、旧八幡浜市長に初当選、2期務めた。05年4月、合併後の八幡浜市長選で無投票当選した。【門田修一】

毎日新聞 2009年2月14日 地方版

130 千葉9区 :2009/02/14(土) 16:19:22
>>37>>87
http://www.nnn.co.jp/tokusyu/teiryu/090212.html
底流 米子市長選 告示まで2カ月

 米子市長選の告示日まで十二日でちょうど二カ月。再選を目指す現職の野坂康夫氏(63)はこれまでの市政運営の実績を強調、市議の八幡美博氏(58)と前県西部総合事務所長の上場重俊氏(60)の二新人も現職の政治手法に異を唱えるなどして激しい前哨戦を繰り広げている。三氏のよりどころとする勢力は経済界や市議会、住民団体といった既存の“枠”の中で複雑に入り組み、激戦の構図を物語る。市長選の底流に潜む各勢力の現状と思惑を探る。


2009/02/12の紙面より
【上】 動き鈍い経済界

衆院選絡み?不況も影


 「市長選まであと二カ月だというのに、周囲は盛り上がっていない。三人とも有力な候補者なのにね。いままでの選挙とは違う」

 かつて青年経済団体に所属し、選挙応援の経験もある同市内の会社員、野嶋功さん(50)はこう語る。
しこりを懸念
 激化する三氏の論戦とは裏腹に、経済界の動きに“鈍さ”が目立つ。これまでの市長選では、明確な支援の方針がなくとも経済界がまとまって秋波を送る候補者は存在した。

 今回、三人の事務所開きの出席者には主だった会社経営者の姿は少なく、野坂氏の事務所開きのスタッフとして若手経済団体のメンバーが見られた程度だった。

 実際、経済界の中では、三人のうち保守系と目される野坂氏と上場氏の間で支持が大きく分かれるとの見方が大勢を占める。

 市内の会社経営者の一人は「『保守対革新』といった分かりやすい選挙ではない。野坂氏と上場氏、どちらに支援の方針を出しても必ずしこりが残る。一本化することは難しいのではないか」と経済界の立場を代弁する。結果として組織としての動きの鈍さを際立たせている。

 このほか、市長選で経済人の表立った動きが目立たない理由に挙がるのが、刻々と迫る衆院選だ。経済界には自民党現職の赤沢亮正衆院議員の支援者が多い。八日に市内で開かれた赤沢氏の「新春の集い」には商工関係者がずらりと顔をそろえ、市長選の各立候補予定者の事務所開きとは対照的だった。

 赤沢氏を支援する会社経営者は言う。

 「赤沢選挙を控えているのに、経済界が二分していがみ合ってもプラスにはならない。市長選は寝て過ごすかもしれない」
笛吹けども踊らず
 一方で、長引く不況が市長選にも影を落とす。

 かつて選挙の「集票マシン」と呼ばれた建設業界。一九九八年度に約百三十六億円あった同市の普通建設事業費は、二〇〇七年度には四分の一の約三十六億円に落ち込んだ。

 ここ数年で倒産する会社が相次ぎ、ピーク時は百四十を数えた県建設業協会西部支部の会員は半減した。業界全体の過当競争は確実に進む。だが、最低制限価格ぎりぎりの入札が横行し、落札してももうけが出ない。

 同支部は野坂氏に推薦状を出した。現職を推薦する慣例に従ったが、野津一成支部長は「業界は疲弊しており、選挙どころではない。『笛吹けども踊らず』の状態だ」と実情を明かす。

 市内の建設会社社長は「現職に不満はないが、誰が市長になっても同じ。公共工事が増えないことは分かりきっている」と冷めた表情だ。「集票マシン」のエンジンは止まり、その熱すらも冷え切ったかに見える。

131 千葉9区 :2009/02/14(土) 16:20:08
http://www.nnn.co.jp/tokusyu/teiryu/090213.html
2009/02/13の紙面より
【中】 割れる市議

「激震」機に異例の動き

 二〇〇七年三月二十三日、米子市議会の議場で前代未聞の事態が起きた。予算審査特別委員会で、執行部提案の〇八年度一般会計当初予算案が出席議員二十八人の全会一致で否決されたのだ。

 取材に対し「市長に不信任案を突き付けたようなものだ」と上ずった声で言い放つ市議。うっせきしていた市政への不満が一気に噴き出した瞬間だった。
議会は3分裂
 市議会の野坂市政への不満は、現職への対抗馬擁立という具体的な行動に表れた。

 昨年九月には、第三会派「未来」(五人)会長の八幡美博氏が、立候補を表明。出馬会見では、同会派が当初予算案反対の理由とした、ごみ処理有料化の際の住民への説明不足など現市政の対応を批判、立候補を決意した要因の一つに挙げた。

 同会派の森雅幹幹事長は「現職に任せることはできないというのが会派五人の総意だった」と振り返る。

 昨年十月下旬、第二会派の「自民クラブ」(六人)がラブコールを送ったのは、当時の県西部総合事務所長、上場重俊氏だ。野坂康夫、八幡両氏が出馬を表明、上場氏の態度決定が注目されていたこの時期に、早々に「上場氏が出馬するなら支援する」と会派内の意思統一を図った。

 結局、同会派は上場氏支援で一枚岩とはなれなかったが、松井義夫会長は新人の上場氏を推した理由を「行政運営の経験があり、市政の課題もよく知っている」と語った。

 当初予算案を否決した時期に比べ、野坂氏への評価を変えた市議もいる。一月中旬に開かれた野坂氏の後援会事務所開き。来賓席には、最大会派「新風」(十一人)所属の議員六人の姿があった。

 新風は、会派としての候補者推薦はしない方針を決めている。野坂氏の事務所開きに出席した吉岡知己会長は「行財政改革で累積赤字の解消にめどを付け、昨年十二月議会で前向きな答弁も聞けた」と現職支援に至った訳を明かした。

 このほか、公明党議員団(四人)は「情報収集の段階」(安田篤団長)と態度を保留。共産党市議団(二人)は「市民団体と連携して独自候補の擁立を模索中」(岡村英治団長)としている。
リスクも抱え
 これまでの市長選では、今回ほどの市議の積極的な活動は見られなかった。

 旧米子市と旧淀江町の合併により、従来は同時に行われていた市長選と市議選の時期がずれ、動きやすくなった側面はある。

 ただ、地域に地盤を置く傾向が強い市議らにとって、市長選に積極的にかかわることは必ずしも自身の選挙にプラスにはならない。

 市議の一人は「リスクは抱える。自分の支援者の中には他候補を支持する人もいる。つらい」と本音を漏らす。新人支持で動き始めた後、現職陣営からの厳しい締め付けに遭った市議もいるようだ。

 だが、「つらい」と漏らした市議は続けた。

 「自分のことだけを考えることはできない。議員一人が変わっても市政は変わらない。市長が変われば市政は大きく変わる。そのために行動したい」

132 千葉9区 :2009/02/14(土) 16:20:44
http://www.nnn.co.jp/tokusyu/teiryu/090214.html
2009/02/14の紙面より
【下】 動き活発な市民団体

「自由な判断で心置きなく」

 現職と市議、元県職員が、三つどもえの前哨戦を繰り広げる米子市長選。市民団体の動きも目立ち始めた。

 昨年十二月、図書館や山陰歴史館、公会堂など文化施設の在り方を考える市民団体「伯耆の文化創造を考える会」は、立候補予定者三人に対し、文化施設の整備や職員体制の充実を図ることなどをそれぞれ申し入れた。

 まず現職の野坂康夫氏に申し入れを行い、新人の八幡美博氏と上場重俊氏と直接会って考えを聞いた。坂田友宏代表(73)は「三氏に具体的な活動を聞いてもらったのはよかった。受け止めてもらえたと思う」と話し、各候補者がどんな考えや施策を公約に盛り込むかに注目している。
若者も関心抱く
 候補者と共同歩調を取る団体も現れた。昨年九月に発足したグループ「市民の力・米子」(後藤秀一代表)で、八幡氏を後押しする。

 後藤代表によると、メンバーは「米子を市民自身の力で面白くしたい」との思いで集まった市民で、二十−三十代の若者が中心。街頭や集会、はがきなどで募った市民の市政への意見を公約にまとめ、実現させることを目指す。

 「話をしていると行政の問題に行き着く。商店街活性化の話題が下水道整備に、ライトアップの話題が加茂川の浄化の話になる」

 飲食店経営の川村健さん(32)と自営業の〓(6ff5)澤卓司さん(36)が、同グループに参加したきっかけは、ふとした“気付き”だった。

 二人は「『米子市政は何も変わらない』と無関心になるのでなく、自分の考えで投票に行こうという思いが強くなるようにしたい」と意気込んでいる。
結束と分裂
 市長候補者を、市民が擁立しようとする試みは過去にもあった。二〇〇三年の旧米子市長選では、市民有志約四十人が「市民で市長をつくろう会」を結成。独自候補の擁立を模索した。結果的に擁立作業は不調に終わったが、会に参加した市民有志の一部は今回、「市民の力」に合流。候補者擁立の“夢”をかなえた。

 ただ、かつては理想を同じくしながら、袂(たもと)を分かった人もいる。

 「つくろう会」代表を務めた男女共同参画推進会議・米子の早原彰子会長は今年一月、上場氏を支援する女性会の代表に就任。同会の設立総会では「いまこそ米子の女性の底力を見せて、みんなで米子を変えらいや」と声を張り上げた。

 早原会長は「上場さんに私がつくことで少しでも影響があるなら」と代表を引き受けたが、同会議は上場派と八幡派に割れた。早原会長は同会議メンバーに「これまでの友情にひびが入るわけじゃない。選挙は自由な判断で心置きなくやればいい」とメールを送っている。
◇   ◇
 市長選の告示日まで二カ月を切った。さまざまな団体、市民が、それぞれの事情や思惑を抱えながら選挙は佳境に入る。

133 千葉9区 :2009/02/15(日) 12:55:55
>>62>>69>>108
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamaguchi/news/20090215-OYT8T00077.htm
対決の構図決まらず、下関市長選まで1か月
 3月15日投開票の下関市長選まで1か月。これまで無所属新人の3氏が立候補を表明しているが、出馬に前向きと見られていた現職・江島潔氏(51)は進退を表明していない。「市長は出馬するのか、しないのか?」。対決の構図が決まらない事態に、市民や新人の3陣営に波紋が広がっている。(藤井慎也)

 1月26日に市役所で開かれた記者懇談会。江島氏は「マニフェストを示したい」と、2月5日の新年度予算発表後に出馬表明の記者会見に臨む意向を示唆した。だが、その記者会見の約3時間前、報道陣に急きょキャンセルを伝えてきた。江島氏は「諸般の事情」とだけ繰り返し、最後まで理由を明かさなかった。

 「わずか10日間に何があったのか」「市長は出馬しないのではないか」――。市民の間では、様々な憶測が飛び交うようになった。

 最初に立候補を表明した県議・友田有氏(51)は「今後の展開が全く想像できない。政策は現職を意識して練り上げた。もし出ないなら、ターゲットが変わる。中身や訴え方を見直すことになる」と語る。

 一方、前市議・香川昌則氏(45)は「誰が出ようと私はチャレンジャー。現職が出なければ、次の4年間トップが変わることは間違いない。今後は街をどう変えるかが議論されることになる」と話す。

 新庁舎建設問題などで、新人3人の中では最も江島氏との政策の違いを打ち出してきた元県議・中尾友昭氏(59)。「態度を表明しないなんて無責任。これまでの4期の審判を受けるべきだ」と強調する。

 16日に市議会が開会し、新年度予算案の審議が始まる。市議からは「選挙に出馬するかどうかも分からない市長と、新年度予算の議論はできない。1日も早く態度を示し、理由を明確に説明すべきだ」と批判の声が上がっている。

 江島氏は読売新聞の取材に対し、今週中にも出処進退を明らかにする、としている。

(2009年2月15日 読売新聞)

134 千葉9区 :2009/02/15(日) 18:20:57
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090215ddlk35040245000c.html
Newsクリック:やまぐち 下関市長選、あと1カ月 江島市長、出馬か否か /山口
 ◇気をもむ候補予定者陣営
 任期満了に伴う下関市長選(来月15日投開票)が混迷を深めている。投開票が1カ月後に迫ってなお、現職の江島潔市長(51)が進退を明らかにしないためだ。立候補するのか、しないのか。それ次第で選挙戦の構図が大きく変わるだけに、他の立候補予定者の陣営もやきもきしている。【取違剛】

 ◎突然の表明中止

 混迷の発端は今月5日、突然の立候補表明中止だった。江島市長はその前週、定例の記者懇談会で「選挙について会見する」と明言。「マニフェスト(選挙公約)を作っている」「2月には陣立て(選挙準備)しないと」とも述べ、立候補を示唆していた。

 しかし5日、説明を求める報道陣を前に市長は歯切れが悪かった。「諸般の事情でとしか言えない。憶測を呼ぶだろうが仕方ない」。ついには「改めて出処進退を表明する」と初めて不出馬の可能性に言及した。

 ◎「態勢」整わず?

 市長の言う「諸般の事情」とは何か。

 考えられるのは選挙態勢の問題だ。後援会組織を持たない江島市長は前回の市長選まで、安倍晋三元首相、林芳正前防衛相ら自民党の実働的支援を受けてきた。

 しかし今回、自民党下関支部は早々と自主投票を決定。安倍氏と林氏も了承した。自民党県議、市議らの保守乱立が予想され、一本化を図れば党内対立を生むためだ。安倍氏自身が「首相辞任のみそぎ」と位置づける衆院選を前に、支部には「誰が市長になっても禍根を残したくない」という思惑がある。

 江島市長はそれでも「(安倍氏は)あうんの呼吸で支援してくれると思う」と自信を見せていた。安倍氏が推せば公明党も同調する公算が大きい。「市長は絶対勝てると思っていたはずだ」と公明党関係者は言う。

 しかし目算は狂った。5日の立候補表明を中止した市長は「4日夜から5日朝にかけて事態が流動的だった」とうめくように言った。「勝てる態勢」がこの日までに整わなかった証左といえた。

 ◎「早く決めて」

 当面、下関市長選は江島市長の動向が最大の焦点になる。既に立候補表明している3氏はいずれも「江島市政の刷新」を掲げているが、市長が不出馬なら「江島票」の取り込みも必要になる。「もうどっちでもいい。早く決めてほしい」。各陣営の声は切実だ。

 ◇下関市長選
 来月8日告示、15日投開票。現時点で名乗りを上げているのは友田有県議(51)、香川昌則市議(45)の自民党2氏と無所属の中尾友昭元県議(59)。いずれも無所属での立候補を表明している。

〔下関版〕

毎日新聞 2009年2月15日 地方版

135 とはずがたり :2009/02/16(月) 02:25:56
>>134
>考えられるのは選挙態勢の問題だ。後援会組織を持たない江島市長は前回の市長選まで、安倍晋三元首相、林芳正前防衛相ら自民党の実働的支援を受けてきた。
なんと。安倍+林の利権体制にガッチリ組み込まれてた癖に無党派受け狙いで後援会無いと云ってたんですかねぇ?

136 千葉9区 :2009/02/18(水) 22:15:47
>>97>>99>>100>>103>>125
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20090217ddlk32010707000c.html
選挙:出雲市長選 足立氏が立候補へ、4人乱立の大激戦 /島根
 任期満了に伴う出雲市長選(4月5日告示、12日投開票)に、大手商社元社員の足立操氏(58)=同市中野町=が立候補する方針を固めた。近く正式に表明する。これで同選挙には現職1人と、現市政を批判する新人3人が立候補する見通しとなり、無投票だった前回選から一転、4候補が乱立する大激戦となりそうだ。

 足立氏は75年に早稲田大政経学部を卒業し、大手商社の伊藤忠商事に入社。98年に退職後、01年8月から7年間、ブラジルの日系企業で貿易部長を務めた。

 足立氏は争点の一つとなる「出雲阿国座」建設について「当然中止する」としつつ、「問題はそれだけでなく、財政破たんをいかに食い止め、財政再建をどう行うかだ」と指摘。「地方自治体も会社経営と同じで、トップの人間には経営マインドが必要」として、海外市場の積極的開拓による、農業を中心とした地場産業の活性化や、市長報酬の50%カットを公約に掲げる。

 旧出雲市時代の95年に現市長の西尾理弘氏(67)が初当選して以降、合併後も含めて同市長選は3回連続無投票だったが、今回はこれまでに西尾氏のほか、元会社役員の菊地恵介氏(33)が立候補を表明。副市長の長岡秀人氏(58)も立候補するとみられている。【細谷拓海】

137 千葉9区 :2009/02/19(木) 20:41:16
>>82
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/okayama/news/20090218-OYT8T00996.htm
10月任期満了岡山市長選 高谷市長再選出馬へ
あす正式表明 市議17人の要請受け

 10月に任期満了を迎える岡山市長選への立候補について、高谷茂男市長(72)は18日、市議有志17人から要請を受け、報道陣に対し「前向きに検討し、(市議会開会日の)20日に正式表明したい」と述べた。同市長選で立候補の意向を示したのは高谷氏が初めてとなるが、対立候補擁立を模索する動きも出ている。

 この日、市議会の会派・政隆会(9人)の団長、礒谷和行市議ら市議3人が市長室を訪ね、議会での立候補表明を要請する文書と、政隆会の全員、ゆうあいクラブ(9人)の7人、無所属1人の計17人分の署名を手渡した。これに対し、高谷氏は「前向きに検討したい」と答えた。

 その後、高谷氏は報道陣に「3年半の実績を理解してもらえた。出馬要請は本当にうれしい」と話し、20日の市議会開会日の所信表明で、態度表明する意向を示した。

 1月の記者会見で、高谷氏は「政令市移行に向けて全力を尽くす」と、4月以降の表明を示唆していたが、「いろいろな支援者、支援団体から『できるだけ早く表明を』とアドバイスを受けた。新しい政令市のもとで市民のために仕事をしたい」と意欲を見せた。

 高谷氏は前回の市長選に、自民、公明両党の推薦を受けて立候補し初当選した。今回、自民、公明は現時点で推薦依頼がなく態度は決めていないが、政令市移行や行革の取り組みについて、高谷市政を評価する声があるという。

 一方、共産党や労働組合などでつくる「市民本位の市政をつくる会」は、弁護士や学識経験者らを中心に対立候補の人選を進めている。また、民主党県連幹事長代行の羽場頼三郎市議は「県連としては市政への評価が定まっておらず、対応を検討中」としている。

(2009年2月19日 読売新聞)

138 千葉9区 :2009/02/19(木) 21:08:27
高齢だし、キャラ立ちしてないし、フレッシュな若手が立てばあっさり負けそうな・・・
http://mytown.asahi.com/okayama/news.php?k_id=34000000902190004
岡山市長、再選出馬へ
2009年02月19日

 今年10月に任期満了を迎える岡山市の高谷茂男市長(72)は18日、市議らから次期市長選への立候補要請を受けた後、報道陣に「新しい政令指定都市の中で市民のために頑張りたい」などと述べ、事実上、立候補の意思を表明した。20日開会の2月議会の冒頭で正式表明する見通し。


 18日午後、礒谷和行・政隆会団長ら3人の市議が市長室を訪問。市議17人の署名を添え、「2月議会冒頭の意思表明を願う」とする要請書を手渡した。


 高谷市長は「前向きに考え、そういう覚悟で臨みたい」と答えた後、報道陣に対応。「(表明は)政令市ができてからと思っていたが、『年寄りだからもう辞めるんじゃないか』とのうわさが流れたり、支援者に心配されたりした。私は元気で健康だから、新しい政令市の中で市民のためのことを頑張ってやりたい」と説明し、「事実上の出馬表明か」との質問に「そうですね」と答えた。


 高谷市長は1月13日の定例会見で「今は政令市に全力で取り組むので(2月議会での表明は)しない」と明言。議会関係者によると、早期の立候補表明を求めるべきだとする声が与党会派から上がり、政隆会、ゆうあいクラブ、無所属の計17人が要請書に署名した。礒谷団長は「高谷市長が就任以来、民間感覚で行財政改革に取り組んできた実績を評価した」と話した。


 高谷市長は05年、萩原誠司前市長が衆院選に立つため辞職した後の市長選に立候補。自民、公明両党の推薦と地元経済界の支援を得て初当選した。次期市長選は今のところ、ほかに立候補表明者はいない。(宮武努)

139 名無しさん :2009/02/19(木) 22:15:18
これで、構図は決まったかな
自民系友田が優位、対抗が再挑戦の中尾、なにやら怪しい香川

下関市長選 3/8告示 3/15投票
友田有   51 新 県議(自民)、(元)市議、(元)建設会社員
香川昌則 45 新 自民系、(元)市議、(元)県庁
中尾友昭 59 新 前回次点、(元)県議(保守系)
----
江島市長が不出馬表明 下関市長選
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200902190194.html
 下関市の江島潔市長(51)は19日、3月8日告示の同市長選に立候補しない意向を明らかにした。こ
れまで江島氏を推薦していた自民党支部が自主投票を決め、旧市時代を含め通算5期目を目指す立
候補への批判などから断念したとみられる。市長選には、山口県議の友田有氏(51)、前市議の香川
昌則氏(45)、元県議の中尾友昭氏(59)が立候補を表明している。

140 千葉9区 :2009/02/20(金) 19:55:37
江島も51歳とはずいぶん若いですね。いまの県知事って誰でしたっけ?次あたり狙えそうな。
参院選 民主から だと妄想の領域でしょうね。

141 とはずがたり :2009/02/20(金) 22:17:54
>>139-140
一丁上がりでもうこの先の無くなった,史上最悪総理としては麻生と双ならんで悪名を欲しいままに出来る安倍ちゃんと4区で仁義ない争いして貰うってのはどうでしょう?
安倍とつるんで利権漁りしてただけに印象悪いけど,それだけに5選の支持を与えなかった安倍後援会に恨み有る筈。。独自の後援会無いからその辺弱いかなぁ。。
>考えられるのは選挙態勢の問題だ。後援会組織を持たない江島市長は前回の市長選まで、安倍晋三元首相、林芳正前防衛相ら自民党の実働的支援を受けてきた。
>江島市長はそれでも「(安倍氏は)あうんの呼吸で支援してくれると思う」と自信を見せていた。安倍氏が推せば公明党も同調する公算が大きい。「市長は絶対勝てると思っていたはずだ」と公明党関係者は言う。>>134

支持者に衆院待望論ある林とかも絡んでしっちゃかめっちゃかの乱戦きぼー。間隙を縫って多香子ちゃん浮上の展開なら大歓迎だし保守乱戦に埋没だったとしても次回に波瀾の芽が出ればまぁよしw

142 名無しさん :2009/02/20(金) 22:41:01
江島の表情から察するに、安倍派による「江島降ろし」と見る
自民県議の友田が最初に名乗りをあげ(>>28)、それに呼応するかのように
自民党が自主投票を表明(>>38)
後援会を持たない江島は、立候補断念に追い込まれる、というわけだ・・・
(動画)
http://kry.co.jp/news/movie/news870988.html

143 名無しさん :2009/02/20(金) 22:53:36
若手の新保守政治家然とした顔(神奈川4の長島前逗子市長みないな感じ)だった江島も、
動画を見るとかなり頬がこけてきたなと感じた。
----
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090220ddlk35010368000c.html
余波:下関市長出馬断念/上 急転直下、苦渋の表情 /山口
 ◇「江島市政」幕引き宣言
 「次期市長選に不出馬ということを表明させていただく」。19日午前10時6分、静まり返る下関市議会議場。
演台に立った江島潔市長(51)はやつれた表情をみせた。
 下関市長選(3月15日投開票)を巡っては、昨年末以降、自民党から友田有県議(51)と香川昌則市議(45)
の2氏が、さらに無所属の中尾友昭元県議(59)が立候補の意思を明らかにした(肩書はいずれも表明時)。
江島市長もマニフェストを作成するなど出馬に意欲を見せていたが、今月5日、表明会見を突如中止。そして
この日、4期14年に及ぶ「江島市政」の幕引き宣言。それは、告示17日前のあまりに遅い意思表明だった。
 市議会は混乱した。市長が提案していた新年度予算案は、選挙前の首長としては異例の本格的編成。緊急
経済対策という名目で政策的経費がふんだんに盛り込まれ、物議を醸したが、関谷博議長(50)らが「市長が
出馬するなら昨今の経済情勢も配慮して」という条件付きで審議を了承していた。
 夕方、関谷議長らはぶぜんとした表情で言った。「この期に及んでの不出馬表明は最悪のタイミングだ」
 議場前で報道陣に囲まれた江島市長は口を硬く結び、複雑な胸中をうかがわせた。「いろいろな状況判断の
中で決めた。不出馬の理由はもう少し整理して話したい」
 正午、改めて記者会見に臨んだ江島市長。普段の冗舌さはなく、沈んだ声で一語一語言葉を選んだ。「今月
4日に状況が変化した。立候補へ向けて模索してきたが最終判断した」
 その理由を問われる度、口調は一層重くなった。「少し気持ちなども含めて整理できたら話せるのでは。現時
点では理由を説明できる環境にない」
 4日に何が起きたのか。30分余の会見で、出馬断念の理由はついに語られなかった。
  ◇   ◇
 選挙戦を目前にした現職の出馬断念。市長選はもとより、20日に委員会審議が始まる新年度予算案への影
響も大きい。その“余波”を検証する。

144 名無しさん :2009/02/20(金) 22:55:10
>>143続き

 ◆江島市長に一問一答
 ◇「不出馬理由整理できぬ」
 江島市長は不出馬表明した19日、記者会見など2回、報道陣の質問に答えた。主なやり取りは次のとおり。
 −−不出馬を決めたのはいつか。
 「最終的には昨日、判断した」
 −−不出馬の最大の理由は。
 「まだちょっとそのへんは、もう少し整理してお話ししたい」
 −−今月5日の出馬表明中止以降、立候補へ向けた動きは続いていたのか。
 「情勢の判断をずっと続けていた」
 −−自民党下関支部の自主投票決定や多選批判も判断材料か。
 「そう解釈していただいて結構だ」
 −−不出馬表明はなぜ、この日のタイミングだったのか。
 「表明が遅くなったことは現職市長として責任を感じる。ただ、なぜ今日かという私自身が納得できる回答は今、見つからない」
 −−今後の身の振り方は。
 「今は何も決まっていない。白紙だ」
 −−市長選では誰かを支援するか。
 「選挙には言及しない。当面は残りの任期を全うすることに専念する」

 ◆市民の反応
 ◇裏で何か?/中途半端だ/求心力が低下/納得できない
 綾羅木本町、学生、松本直樹さん(21)は「海響館や唐戸市場など市の観光産業を発展させ、いい勝負をしたと思うので出馬
してほしかった。急に不出馬というのは裏で何かあったような感じがして印象が悪い」。
 上新地町、パート、山本久美さん(45)は「下関が江島市政で活性化したとはあまり感じない。(不出馬は)さまざまな点で中途
半端な気がして、政治家特有の逃げに感じられてしまう」と、不信感をのぞかせた。
 東大和町、会社員、村上賢二さん(61)は「驚いたが、多選問題もあり、妥当な判断では。市庁舎移転問題による求心力低下
が大きかったのだと思う。次は宮崎や大阪の知事のように元気な人がなってほしい」と新市長への期待を込めた。
 市内在住、無職、野田甫子さん(66)は「在任が長くて市政が停滞しているようにも映り、今が引き時だったのでは。ただ断念
理由を明らかにしてくれないと市民としては納得できない気持ちが残る」と話した。

145 とはずがたり :2009/02/20(金) 23:27:36
>>142-144
昔の顔,知りませんがこんな顔だったんですねぇ。頬がこけてるせいか細かそうではある。未だ若いですしもっとやりたかったでしょうね。
インタビューのコメントも支離滅裂と云うか悔しさを隠しきれず整理されてない感じでめためたである。
>「まだちょっとそのへんは、もう少し整理してお話ししたい」
>「表明が遅くなったことは現職市長として責任を感じる。ただ、なぜ今日かという私自身が納得できる回答は今、見つからない」

こう云う時は多選は良くないと思っていた,レームダックを避けるためにこの時期迄表明は避けた,ぐらいのやせ我慢ぶりをさらりと見せても良さそうなものなのに,15年も大下関市の市長やってたにしては器が小さいですねぇ。
褒めたり貶したり俺も支離滅裂だが是非日本新党出身の江島先生には山口4区での非自民勢力からの蹶起を期待♪

146 千葉9区 :2009/02/21(土) 15:08:20
>>144
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090221ddlk35010500000c.html
余波:下関市長出馬断念/中 市議会、漂う興ざめムード /山口
 ◇新年度予算案否決へ
 興ざめムードの漂う下関市議会・常任委員会室。いつもは市の担当者に矢継ぎ早の質問を浴びせる市議たちも、この日ばかりは熱が入らなかった。

 江島潔市長(51)の5選出馬断念から一夜明けた20日、新年度予算案の委員会審議がスタートした。しかし、提案者の市長は新年度にはいない。「いなくなる市長の予算案を審議しても……」(自民党市議)。淡泊なやり取りが続いた。

 今回の新年度予算案は極めて異例だった。通常、首長選を直後に控えた自治体は人件費などだけの「骨格予算案」を組む。仮に首長が代わっても、次の首長の政策を縛らないようにとの配慮からだ。具体的政策を盛り込むと現職のマニフェスト(選挙公約)化する懸念もある。

 しかし、江島市長が提案した予算案には政策経費がふんだんに盛り込まれた。市長は「昨今の経済情勢を勘案した骨格的予算」と説明したが、議会の納得は得られなかった。

 「骨格的」か否かを巡っては、市の内部にも編成段階から葛藤(かっとう)があった。

 「この予算案ではもたない」。ある市幹部は、市長が指示する本格的編成で議会審議を乗り切れるか危惧(きぐ)していた。別の幹部も分厚くなる一方の予算案に不安を感じていたという。「政治家である市長と我々、事務方の常識は違う」

 裏返してみれば、この予算案は江島市長の出馬意欲の現れでもあった。前市長の亀田博市議(72)は「予算案を見て『市長は100%出る』と思ったが」と首をかしげる。

 今後、市議会各会派は新年度予算案否決へ歩調を合わせる方針だ。そうなれば下関市史上初の事態。市は4〜6月の暫定予算案作りなど未曽有の状況に直面する。

 専門家はどう見るか。地方自治などが専門の九州大法学部、嶋田暁文准教授(行政学)は「市長は無責任というしかないが、こうなると議会が重要。緊急を要する経済対策を見定めて補正予算案を出し直させるなど、その役割が問われる」と求めている。【取違剛】

〔下関版〕

147 千葉9区 :2009/02/21(土) 15:18:30
>>65>>113
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090221ddlk35010490000c.html
選挙:柳井市長選 あす告示、県議選と同じ対決か 河内山市長は支持くら替え /山口
 任期満了に伴う柳井市長選が22日、告示される。投開票は3月1日で、20日に告示された柳井市区の県議補選と同日。いずれも無所属新人の前自民党県連幹事長で前県議、長谷川忠男氏(64)と民主党の平岡秀夫衆院議員(山口2区)の元秘書、井原健太郎氏(34)が立候補を表明している。16年務めた河内山哲朗市長(50)は引退する。自民、民主の衆院2区支部がそれぞれ長谷川氏、井原氏への支持を打ち出し、県議補選も両党公認候補の一騎打ち。一方、自民に近いと見られた河内山市長が市長選で井原氏の支持を表明し、対決の構図にねじれも生まれている。【近藤聡司】

 ■蜜月関係にひび

 市長選出馬に意欲的だった河内山市長が正式に立候補を表明したのは昨年12月8日の市議会。答弁を引き出したのは長谷川前県議に近い自民系の市議で、声高な多選批判もなく、議会多数の支持を得ていた。

 しかし同25日、現職県議の長谷川氏が支持者の要請を受け、市長選への出馬を表明。互いに連携を強調していた県議と市長の蜜月関係にひびが生じ、保守の分裂選挙が確実視された。自民系市議は当惑を隠せず、同市出身で衆院2区に自民党公認で出馬予定の山本繁太郎氏の陣営からは、影響を心配する声が上がった。

 ■玉突きの擁立

 1月6日、定例会見で河内山市長は一転し、家族の体調不良を理由に不出馬を表明した。これに反発するように、民主党や河内山市長の支持者を含む市民グループが、長谷川氏の対抗軸となる候補の擁立に動いた。

 長谷川氏が県議を辞職すると想定し、補選への出馬準備を始めた井原氏に白羽の矢が立った。井原氏は同20日、民主党内部での反対意見を押し切り、市長選への出馬を表明した。

 ■2年前との違い

 長谷川氏と井原氏は07年4月の県議選柳井市区でも戦った。現職の長谷川氏は自民党や後援会支持者を固め、1万712票を獲得。新人の井原氏は知名度不足もあり、8758票と及ばなかった。

 前回県議選で長谷川氏を支持した河内山市長は2月7日、井原氏の事務所開きに出席し支持を表明。「市民の知恵を求める井原氏の政治姿勢が地方自治に合っている」と評価している。

 河内山市長は県議補選が告示された20日、自民党公認の松野利夫氏の出陣式に出席した。22日の市長選の告示では、井原氏の式に出席するという。「ねじれでは」との問いに「松野氏の出陣式には井原さんの支持者も多くいて、井原さんにマイナスにはならない」と答えた。

〔山口東版〕

148 千葉9区 :2009/02/22(日) 16:17:25
>>146
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090222ddlk35010193000c.html
余波:下関市長出馬断念/下 新人三つどもえの構図 /山口
 ◇各陣営「江島票」に虎視眈々
 下関市の江島潔市長(51)の5選出馬断念で、市長選(来月15日投開票)はようやく対決の構図が固まった。名乗りを上げているのは、自民党の友田有県議(51)と香川昌則市議(45)、無所属の中尾友昭元県議(59)の新人3氏(肩書はいずれも表明時)。現職という、いわば主役の突然の“降板”に、3陣営は虎視眈々(たんたん)と「江島票」の行方をうかがう。

 「頑張ってくれ」

 電話の向こうの“兄貴分”の言葉に、友田氏は頭を下げた。相手は地元選出の安倍晋三元首相(54)。江島市長の不出馬表明後にかけられた一言を、友田氏は「エール」と受け止めた。

 2人は安倍氏が父晋太郎元外相の秘書だったころから20年余の付き合い。今回、衆院選が近い安倍氏の後援会は活動を控えているものの、支援者は重なる。「現職に配慮していた団体も対応を尋ねてきている」と陣営関係者は言う。

 香川氏は江島市長の不出馬表明から一夜明けた20日朝、JR新下関駅近くの幹線道交差点で一人、行き交う車に頭を下げていた。「朝立ちは毎日、もう3年間続けています」

 県庁職員から市議に転じて2年。「市議では政策実現に限界がある」と市長選に打って出た。選挙スタッフの大半は地元中学、高校の同窓生やPTA仲間などの“ご近所さん”。典型的な草の根選挙を展開する。「私は次の4年間をどうするか、それだけを訴えてきた。誰が出ようと、出まいと関係ない」

 中尾氏は前回選に続き2回目の挑戦。江島市政の刷新を掲げた前回は惜敗し、政界引退を表明したが、周囲の熱意を受けて再挑戦を決めた。企業経営の経験に基づく経営者目線をアピールする。

 「江島市長打倒」の旗印の下に集まった支持者も多く、陣営からは「拍子抜け」との声も漏れる。しかし、中尾氏は先までびっしり埋め尽くされたスケジュール帳を示して言う。「戦い方は変わらない。ただ、これからは『誰が良いか、私を選んでほしい』と一層訴えることになる」

 投開票まであと22日−−。(おわり)【取違剛】

〔下関版〕

149 千葉9区 :2009/02/23(月) 21:15:58
>>65>>113>>147
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090223ddlk35010281000c.html
選挙:柳井市長選 2新人の一騎打ち 7日間の舌戦スタート /山口
 任期満了に伴う柳井市長選が22日、告示された。いずれも無所属新人の前自民党県連幹事長で前県議、長谷川忠男氏(64)と民主党の平岡秀夫衆院議員(山口2区)の元秘書、井原健太郎氏(34)が立候補を届け出た。

 両候補は駐車場などで第一声を上げて選挙カーに乗り込み、支援を呼びかけに回った。

 市長選は、自民、民主の衆院2区支部がそれぞれ長谷川氏、井原氏への支持を表明。公明党も長谷川氏を支援する。一方、16年務めて引退する河内山哲朗市長が、その間、県議として市長と二人三脚の協力態勢にあった長谷川氏ではなく、井原氏を支持。07年4月の県議選では長谷川氏が井原氏を約2000票差で破ったが、井原陣営は今回、より鮮明に市民党を掲げ、保守層への浸透を図っている。

 2年前の県議選の投票率は65・64%で、93年3月の県議補選(65・56%)を除くと過去最低を記録した。長谷川氏と河内山氏の新人同士が争った93年2月の市長選は82・41%だった。今回の市長選の当落は、投票率が強く左右するとみられる。

 投票は、柳井市区の県議補選と同じ3月1日午前7時〜午後8時(平郡は2月28日午前7時〜午後6時)、市内27カ所で。1日午後9時から柳井小体育館で開票される。有権者数は21日現在、3万141人(男1万3711人、女1万6430人)。【近藤聡司、安部拓輝】

==============

 ◆候補者の第一声(届け出順)

 ◇県とスクラム組む−−長谷川忠男候補
 柳井市の命運を決する戦いで、河内山市長が「閉そく感を打破するには若いフレッシュな市長がいい」とおっしゃっているが、それは違いませんか。私は市長の給料を半分にして退職金もいただかない。市議会の議決が必要だが万が一、否決されたら法務局に供託して必ず実行する。地方自治体は県とスクラムを組まないとやれない。二井知事から「柳井市のために力を貸す」と約束をされ、私は今日このたすきを掛けさけていただいている。

長谷川忠男(はせがわ・ただお) 64 無新

 [元]自民党県幹事長[歴]参院議員秘書▽柳井市議▽学校法人桜ケ丘学園理事長▽県議▽明大

 ◇市民参加の市政を−−井原健太郎候補
 私たちの暮らす地域は大変困難な時代を迎えており、国と地方の役割も変えていく必要がある。補助金に依存するのではなく、これからは地域が自立する時代だ。市民自らがアイデアを出し、市政に参加して暮らしをよくしていく時代に、市のトップとしてどんなリーダーがふさわしいのか、この選挙で考えてほしい。公正公平で透明な市政の実現をという市民の声を頂いた。より開かれた、風通しの良い柳井市政を私に実現させてほしい。

井原健太郎(いはら・けんたろう) 34 無新

 [元]民主党衆院議員秘書▽早大

〔山口東版〕

150 千葉9区 :2009/02/23(月) 21:35:43
>自民党系を含む市議数人も応援に駆けつけた。
>政党色は後景に退いた。自民党支持者の一部は井原氏を推している。

http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000000902230003
柳井市長選 新顔一騎打ち
2009年02月23日

  柳井市長選挙が22日告示され、前県議で自民党県連幹事長を務めた長谷川忠男氏(64)と民主党衆院議員の秘書だった井原健太郎氏(34)の新顔2人がいずれも無所属で立候補を届け出た。投票は一部を除いて3月1日に行われ、即日開票される。旧柳井市と合わせて通算4期務めた河内山哲朗市長(50)が今期限りで引退し、16年ぶりに新たな「柳井の顔」を選ぶ選挙となった。


  長谷川氏は、93年に当時全国一若い市長となった河内山市長と一騎打ちをして以来の市長選挑戦。中央1丁目の駐車場で出陣式を行い、自民党県連の河野博行会長や公明党県本部の先城憲尚幹事長らが出席。次の総選挙で同市を含む山口2区から自民党公認で立候補予定の山本繁太郎氏も激励のあいさつをした。


  長谷川氏は市議、県議時代の実績を強調。「ふるさとに最後の奉公をする。市長の給料は半分にし、退職金ももらわない。県議経験者が続々と市長選に立候補している。地方自治体は県とスクラムを組まなければやっていけない」と述べた。


  井原氏は「市民党」を掲げて変革を訴える。南町4丁目の選挙事務所で出陣式を開き、立候補を断念した河内山市長が駆けつけたほか、井原氏が秘書を務めていた民主党の平岡秀夫衆院議員も出席。自民党系を含む市議数人も応援に駆けつけた。


  井原氏は「大変厳しく困難な時代の中、地域が自立しなければいけない。県や国に頼らずに自らアイデアを出し、市民が市政に参加して前に進める時代が訪れようとしている」と主張。「多くの市民が公平、公正、透明な市政実現に期待している。より開かれた風通しのいい市政を実現させてほしい」と訴えた。


  「経験」か「若さ」か、対立軸が鮮明な構図だが、県議会議員柳井市区補選(被選挙数1)が自民の松野利夫氏(52)と民主の河北洋子氏(51)の一騎打ちとなったのとは異なり、政党色は後景に退いた。自民党支持者の一部は井原氏を推している。


  「商都」の古い町並みの美しさが自慢だが、近年は経済の低迷が続き、過疎と高齢化も進む。町の再生策などが問われている。市選挙管理委員会は、候補の訴えや略歴を紹介する選挙公報を市長選で初めて発行する。有権者数は21日現在で3万141人(市選管調べ)。

151 千葉9区 :2009/02/25(水) 21:04:13
>>31
http://mytown.asahi.com/shimane/news.php?k_id=33000000902250001
浜田市議会 議長辞職勧告案を可決
2009年02月25日

◆「2年交代」巡り/議長は拒否◆

 浜田市議会(定数36)は24日、牛尾昭議長の辞職勧告決議案を賛成多数で可決した。無記名投票で賛成24、反対(白票)6だった。採決前に牛尾議長と4議員が退席し、原田義則副議長が議長を務めた。決議に法的拘束力はなく、牛尾議長は辞職しない意向を示した。

 牛尾議長は05年11月、最大会派の新生会(23人)などの支持を得て議長に就任したが、「2年で交代する」との会派の申し合わせを破って続投したとして、同市議会は昨年11月、牛尾議長の不信任動議を賛成多数で可決していた。地方自治法によると、議長の任期は議員の任期と同じ4年。

 この日、決議案を提案した同会派の高見庄平議員は「議会の議決を無視することは、議会の権威を失墜させる。議員と市民の信頼を裏切る行為だ」と提案理由を説明した。決議案の可決後、牛尾議長は取材に対し「議長のたらい回しが政治をおかしくする。ここで屈することはしない」と話した。

152 千葉9区 :2009/02/27(金) 21:21:40
>>62>>69>>108>>133-134>>139-144>>146>>148
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090227ddlk35010423000c.html
誰にする?:ドキュメント下関市長選 再興の誓い掲げる3氏 /山口
 ◇友田氏「地域格差を解消」/香川氏「17年の行政経験」/中尾氏「市民こそ主人公」※左から出馬表明順
 現職の5選不出馬で14年ぶりに新人市長が誕生する下関市長選は、来月15日の投票へ向け熱を帯びている。名乗りを上げているのは、26年間の地方政治キャリアを誇る友田有前県議(51)と県庁勤務17年の行政経験をもつ香川昌則前市議(45)、そして惜敗した前回選後、水産会社などで経営者の視点を培った中尾友昭元県議(59)。人口減や財政悪化に悩む県下最大市・下関を再興させうるニューリーダーは誰か。選挙戦を追う。【取違剛】

 告示10日前の26日午前7時50分、香川氏は壇の浦古戦場を望む「みもすそ川公園」前に軽自動車で現れた。道端に立ち、黙々と通勤ラッシュの車列に頭を下げる。県庁退職から3年間続ける「朝立ち」だ。手を振るドライバーもいる。「手応えありますよ」

 そのころ、友田、中尾の両氏は企業のあいさつ回りを始めていた。各5〜10分の訴えに思いを込める。

  ■   □

 前夜、友田氏は「地盤」の市郊外・小月地区の公民館で集会に臨んでいた。市の支所機能拡大や「地域振興部」新設など、持論の地域格差解消を切々と説く。「まずは子育て支援や介護、医療など生活の基礎部分に着手させてほしい。それから生活のあらゆるレベルアップを図る」

 約100席の会場は8割の入り。それでも演説後、現地スタッフは聴衆に檄(げき)を飛ばした。「小月では強いといわれるがまだまだ。投票率50%なら市内の総投票は12万。勝つには6万取りたい。もっと呼びかけてほしい」。後援者の男性は言う。「街の方は負けても四分六(しぶろく)(4対6)で差はつかん。郊外と旧郡部が鍵だ」

  ■   □

 26日午後、中尾氏は市役所近くの小さな集会所で、老人会のお年寄り約20人とひざを突き合わせた。「いいですか皆さん、私の下関再生計画は『市民が起点』。市民が主人公ということで、市役所が主役じゃない」

 前回の落選後、赤字の水産会社の社長に就いて経営再建に取り組んだ。強調するのは経営者の視点だ。「社長が元気なら社員も元気。市役所も一緒。私が市長になれば職員も見違えますよ」

 夕方、香川氏は周防灘を望む温泉センター前で演説に立った。足を止める人は少ないが意気軒高だ。「現時点ではまだ厳しいけど、草の根選挙でじっくり話せば必ず伝わる。投票1週間前には追い抜ける」。友田氏と中尾氏もそれぞれ集会へ。夜のとばりはすっかり下りていた。

〔下関版〕

153 とはずがたり :2009/03/01(日) 15:58:08
自VS民 大接戦 柳井市長選・県議補選
2009年2月27日(金)掲載
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2009/0227/2p.html

柳井市長選の立候補者の個人演説会で気勢を上げる支援者ら

次期総選挙の“前哨戦”として注目を集めている柳井市長選と県議補選柳井市区(定数一)は終盤を迎え、両選挙の各候補は連日の個人演説会や街宣で激しい舌戦を展開。市長選は保守が一部分裂の様相を見せるが、両選挙とも事実上、自民対民主の対決構図のまま三月一日の投開票に向けて大接戦を繰り広げている。

■長谷川氏対井原氏
市長選は、前県議で元自民党県連幹事長の長谷川忠男氏(64)と元民主党代議士秘書の井原健太郎氏(34)=ともに無所属新人=が“市民党”の立場で出馬。二年前の県議選と同じ顔ぶれによる一騎打ちを展開している。

長谷川氏は告示までに計百回以上のミニ集会を開き、後援会組織をフル回転させて保守層の地盤固めに全力を挙げた。一転不出馬表明をした河内山哲朗市長(50)の多選を批判した企業経営者や医師らでつくる「柳井をよくする会」や同級生五十八人、保守系市議十数人が支援、無党派層への浸透を図る。

告示後、長谷川氏は毎日一、二カ所で百人規模の個人演説会を開催。連日、数カ所の街宣で「県との信頼関係を立て直し、閉塞(へいそく)感のある柳井をあるべき姿に戻したい」と訴える。長谷川陣営は井原氏支援に回った河内山市長の動きを「柳井の元気を失わせた点が明確になった。プラス材料だ」とし、「実績のある長谷川氏への期待が高まっている」と話している。

井原氏は出馬表明して告示までの一カ月間、市内をくまなく歩き街宣を百回以上展開、ミニ集会も数十回重ねた。「一部の有力者が牛耳る政治はごめんだ。公正で透明な市政を」と訴え、民主党支持者だけでなく多数の市民が勝手連的に結集。河内山市長や保守系市議数人も加勢し、保守の反長谷川層や無党派層の掘り起こしに全力を挙げる。

選挙戦に入り井原氏は連日、早朝から朝立ちし、十カ所以上で街宣。二十五日夜開いた個人演説会では約千六百人(陣営発表)を前に、「国、県のパイプを強調する時代は終わろうしている。自ら責任を取る市民参加型の行政に変わらないといけない」と訴えた。井原陣営は「クリーンな候補への声援が、二年前の県議選に比べ倍増している。手ごたえ十分だ」と話す。

■松野氏対河北氏
一方、県議補選柳井市区は、自民党公認の新人で前市議の松野利夫氏(52)と民主党公認の新人で前市議の河北洋子氏(51)が出馬。両候補とも出馬が告示直前となったが、両党とも総力戦の一騎打ちを展開している。

松野氏は連日、市内を回って街宣のほか、地域ごとに個人演説会を開催。「豊かに残る自然を活用して交流人口を増やし、産業を振興させて地域振興を図りたい」と訴える。地盤の漁協を中心に、保守系市議十数人の支援で保守層固めと無党派層への浸透を図る。

河北氏は市内各地で街宣や個人演説会を連日こなす。「福祉や教育が切り捨てられようとしている。有力者が進める政治でなく、普通の人の目線による政治が必要だ」と主張。民主党支持者や主婦を中心に、反自民層や無党派層の取り込みに力を入れる。

154 千葉9区 :2009/03/01(日) 18:04:26
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090228ddlk35010518000c.html
誰にする?:ドキュメント下関市長選 前面応援にジレンマも /山口
 ◇3氏の母校、名門対決
 「フレー、フレー、とっもっだ!」。「豊浦魂」と染め抜かれた鉢巻を締め、全身でエールを送る男性。傍らでは友田有前県議(51)夫妻が、感無量の表情を浮かべていた。

 26日夜、友田氏の母校、県立豊浦高校の卒業生有志が発起して開いた「友田たもつ君と『新しい、下関』を語る会」。会場の市民会館ホールは市民約450人で埋まった。

 下関市長選(来月15日投票)には友田氏のほか、香川昌則前市議(45)と中尾友昭元県議(59)が立候補表明。新人三つどもえの構図だが、下関きっての「伝統校対決」の一面も併せもつ。香川氏は進学校の県立下関西高、中尾氏は多数の財界人を輩出する市立下関商業高の卒業生だ。

 豊浦なら林義郎元蔵相や映画監督の佐々部清さん、下関西は最高裁15代長官の町田顕さんや林芳正前防衛相、下関商は甲子園優勝投手で元西鉄ライオンズのエース、池永正明さんら、卒業生はいずれも多士済々。特に豊浦と下関商は近年、高校野球でもライバルとしてしのぎを削り、OBの思い入れも強い。

 今回、ホールを埋め尽くす一般市民を呼び集めたのは「鉄の結束」と称される豊浦卒業生の団結力があってこそ。これには中尾氏陣営の下関商OBも「さすが」と舌を巻くしかなかった。

 ただ、市長選勝利には他校卒業生の票も当然、不可欠。豊浦OBにはジレンマもある。「豊浦が前面に出すぎると友田から離れる人もいるかもしれない。これからは黒衣に徹して、温かく、時に厳しく支えていく」【取違剛】

〔下関版〕

155 千葉9区 :2009/03/01(日) 18:04:58
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090301ddlk35010241000c.html
誰にする?:ドキュメント下関市長選 3氏のマニフェスト紹介 /山口
 ◇6日に公開討論会−−下関青年会議所
 任期満了に伴う下関市長選は、いよいよ今月15日投開票。現職の5選不出馬で、友田有前県議(51)と香川昌則前市議(45)、中尾友昭元県議(59)の新人三つどもえの構図だ。6日にある下関青年会議所主催の公開討論会に先立ち、3氏のローカルマニフェストを一部紹介する。【取違剛】

 ◆マニフェストとは

 マニフェストは旧来の選挙公約とは一線を画す。旧来の公約は立候補者の理念にとどまったが、マニフェストは実現へ向けた具体的施策、数値目標、財源の裏付けまで問われる。国政選では政党の「政権公約」として定着したが、近年は地方選でも浸透してきた。

 ◆どんな下関に

 友田氏は「海峡、港、海と山をキーワードに物と人が行き交う西日本有数の国際交流拠点」を構想。香川氏は「市民の所得増加」を目指し地場産業支援を掲げる。中尾氏は「市民起点で行政と共働するまち」を説く。

 ◆すぐ行う重要施策(優先順1位)

 友田氏は「市に地域振興部を新設し各支所の機能強化を図る」。特に市合併前の旧4町総合支所には、独自の予算要望権など「地域の市役所」の権限を与える。「地域のことは地域で」をモットーに振興拠点とする。

 香川氏は「入札改革や地元産品の活用などで地域内循環経済を確立する」。公共事業は地元業者に、学校給食は地元食材で。地元の業者が潤えば、市の“内需”拡大につながるという考えだ。

 中尾氏も「市発注工事は地元を優先し、公共事業は前倒しする」。09年度内に200億円かけて小中学校の校舎耐震化などを行い、地元業者に発注。総額45億円の企業向け緊急融資も行う。

 ◆任期中に行う重要施策(同)

 自身も幼い子を持つ友田氏は「子育て支援」。保育園の機能強化や小学校の放課後学級の充実など若い親が安心して働ける市を目指す。障害児の支援も充実させるという。

 香川氏は「行財政の無理と無駄の排除」。大規模事業の実施は、有効性を外部評価に諮り財政見通しも見て判断する。副市長を1人に減らすなど組織のスリム化も図る。

 中尾氏は「市民参加のまちづくり」。自治会やボランティアなどの活動を地域に根付かせる。職員が住民ニーズを聞いて回る「定期巡回」も行う。

 公開討論会は6日午後6時半、竹崎町のシーモール下関4階ホールで。無料で定員700人。3氏のマニフェスト全文は下関青年会議所のホームページに近く掲載される。

〔山口版〕

156 とはずがたり :2009/03/01(日) 18:57:56
>>154
地方では出身母校(高校)の影響力って非常に強いですよねー。
卒業生の影響力はどれが一番なんかな。。。

157 とはずがたり :2009/03/02(月) 00:26:52

速報】民主支援の井原氏当選 柳井市長選 '09/3/1
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1146286762/8006-8007


■柳井市選挙管理委員会
柳井市長選挙・山口県議会柳井市選挙区選出議員補欠選挙
開票状況
http://www.city-yanai.jp/siyakusyo/senkan/H210301%20kaihyou.html

■ 柳井市長選挙 開票状況
平成21年3月1日執行
午後11時00分 確定
届出順 党派 候補者名 得票
1 無所属 はせがわ忠男 9,281
2 無所属 井原健太郎 12,491

得票総数 21,772
無効投票数 173
投票総数 21,945
その他 0
投票者総数 21,945

■山口県議会柳井市選挙区選出議員補欠選挙 開票状況
平成21年3月1日執行
午後11時00分 確定
届出順 党派 候補者名 得票
1 自民党 松野利夫 10,357
2 民主党 河北洋子 11,110 当選

得票総数 21,467
無効投票数 476
投票総数 21,943
その他 0
投票者総数 21,943

柳井市選挙管理委員会

158 名無しさん :2009/03/02(月) 00:45:09
党派色の強い争いになった県議補選で(左派系の)民主候補が勝ったことは
平岡秘書の井原、党支部長の河北が地道に地盤を築いていった成果といえるだろう

159 とはずがたり :2009/03/02(月) 19:16:27
何度読んでも凄いなぁ。。>>158氏の指摘通りなんでしょうね。
>県議補選では、民主新顔の河北洋子氏(51)が自民新顔の松野利夫氏(52)を破って初当選した。自民にとっては県連幹事長経験者が敗れた市長選と合わせて二重の痛手となった。

>>157のリンク先で
>山口県もしかも柳井なんて田舎で
なんて俺は書いたけど,
>今期で退く河内山哲朗市長(50)も合併前の旧市の市長選に初当選した93年当時は34歳で、全国一若い市長だった
と云う事は割りと進取の気性を持った土地柄なのでしょうかねぇ?只単に保守分裂の抗争が激しいだけか?

>井原氏は独身。昨年12月まで地元選出の平岡秀夫衆院議員(民主)の秘書を務めていた。07年の県議選柳井市区に無所属で挑み、この時は自民公認の長谷川氏に敗れた。
07県議選の結果。
柳井市 定数1−候補2 (選管確定)
当 10,712 長谷川 忠男 62 自民 現⑤ 県会副議長
□ 8,758 井原 健太郎 32 無所属=民主・連合山口 新 (元)衆院議員秘書

34歳、前自民県連幹事長破る 山口・柳井市長選
http://www.asahi.com/politics/update/0301/SEB200903010007.html
2009年3月2日0時0分

 山口県柳井市長選挙が1日投開票され、全国で2番目に若い34歳の市長が誕生した。民主党衆院議員の秘書を務めていた井原健太郎氏=無所属=が、前自民党県連幹事長で前県議の長谷川忠男氏(64)=同=を破って初当選した。投票率は73・71%に上り、関心の高さを裏づけた。同時に開票された県議柳井市区補選でも民主党候補が自民党候補を破り、自民に逆風が吹いた形だ。

 全国市長会によると、現在の最年少市長は三重県松阪市の山中光茂氏で33歳。井原氏は1歳差だ。

 柳井市では、今期で退く河内山哲朗市長(50)も合併前の旧市の市長選に初当選した93年当時は34歳で、全国一若い市長だった。井原氏は「柳井の市民には可能性に期待していただいた。市民参加型の政治をつくりたい」と喜びを語った。

 井原氏は独身。昨年12月まで地元選出の平岡秀夫衆院議員(民主)の秘書を務めていた。07年の県議選柳井市区に無所属で挑み、この時は自民公認の長谷川氏に敗れた。

 井原氏は当初、長谷川氏の県議辞職に伴う県議補選に立候補しようと準備を進めていたが、昨年末に市長選に出馬表明した河内山市長が今年1月、家庭の事情を理由に一転して立候補を断念。このため無投票を嫌った市民グループが井原氏に、市長選への立候補を要請した。

 政治経験の少ない井原氏は「しがらみがない」と清新さをアピール。長谷川氏が「県との連携」を訴えたのに対し、「補助金頼みではなく地方の自立が必要」と訴えた。河内山市長が井原氏支持を表明した追い風もあり、長谷川氏に競り勝った。

 県議補選では、民主新顔の河北洋子氏(51)が自民新顔の松野利夫氏(52)を破って初当選した。自民にとっては県連幹事長経験者が敗れた市長選と合わせて二重の痛手となった。

160 千葉9区 :2009/03/02(月) 23:10:22
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200903020167.html
市長・補選勝利 民主に順風 '09/3/2

--------------------------------------------------------------------------------


 衆院選の前哨戦としても注目された柳井市の市長、山口県議補選で、民主党が追い風に乗った。閣僚の失態などで麻生政権の失速に底が見えない中、「変革」を掲げた民主党支援の元国会議員秘書の井原健太郎氏(34)ら新人が1日に投開票された両選挙を制した。自民党は、予想しなかった連敗にショックを隠し切れない。

 市長選では、長い政治経験はあるが、「剛腕ぶり」でも知られる自民党山口県連の長谷川忠男前幹事長(64)の苦戦を予想する声は党内にもあった。ただ、民主党がかつて勝ったことがない一人区の県議補選を落としたのは想定外だった。自民党県連の石崎幸亮幹事長(66)も「麻生政権支持率低迷の影響、自民離れを感じる。衆院選は大変厳しい」と危機感をあらわにする。

 一方、県議補選の民主陣営では乾杯の音頭を取った吉敷晶彦県議(54)は目を真っ赤にし「柳井市から山口県から新しい風を巻き起こそう」と絶叫。山口2区の民主党現職で県連代表の平岡秀夫氏(55)も「自民党の体たらくに対する、市民のおしかりの気持ちが表れた」と手応えを語った。

【写真説明】柳井市長選で当選を決め、民主党衆院議員の平岡氏(左)と握手を交わす井原氏。中央は河内山哲朗市長=1日午後10時20分、柳井市南町(撮影・宮原滋)

161 千葉9区 :2009/03/03(火) 21:40:44
http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000000903030003
柳井市長選・県議柳井補選 民主に追い風
2009年03月03日

  柳井市長選と県議柳井市区補欠選は、民主党衆院議員元秘書の井原健太郎氏(34)と民主公認で前市議の河北洋子氏(51)が当選。事実上の自民VS.民主の戦いとなった両選挙は民主の2勝となった。自民の地盤が強固とされる柳井でも民主への追い風が強いことを印象づけ、秋までにある衆院選の行方に影響を与えることは必至とみられる。


  市長選は、井原氏が自民党県連幹事長を務めた前県議の長谷川忠男氏(64)に3210票差をつけた。長谷川氏は、これまでの県議選での得票はほぼ毎回、1万票を超えているが、今回の市長選の得票は自身の過去最小となった。長谷川氏は敗戦が決まった1日夜、支持者を前に「長きにわたり政治活動を支えていただいた多くの皆さんに感謝する」と述べる一方、朝日新聞の取材に「政党選挙になったのは残念」とも語り、民主への追い風があったことを言外に認めた。


  今回の敗戦に、長谷川氏の支持者の一人は「県が福祉予算を削る時代。県政頼みの市勢浮揚の訴えは疑問」などと指摘した。また、井原氏支持を表明していた河内山哲朗市長は「地方政治でも実績への評価よりそれを改めることへの期待が大きい」とした上で、中川前財務・金融相のローマでの「もうろう会見」の失態を例に、「与党の自民党の県連幹事長だった長谷川氏には逆風だったのでは」と国政の状況を重ね、自民への風当たりの強さを敗因の一つに分析してみせた。


  また、県議補選で敗れた松野利夫氏(52)も「結果を分析する余裕はない。不戦敗を避けたいと立ったが当選できる確信はなかった」と逆風を覚悟していたそぶりだった。


  選挙結果について、民主の平岡秀夫衆院議員(山口2区)は「保守地盤の強い柳井で勝てたことは歴史的に大きな一ページ。麻生政権のふがいなさに対する有権者のおしかりだろう」と評価。「まだ判断は早計」としながらも「この政権の枠組みで総選挙があれば同様の結果が出る可能性は高い」と語った。


  自民党山口2区支部長で次期衆院選に立候補予定の山本繁太郎氏は「県議補選は厳しい結果だ。自民党への国民の厳しい目の中で準備不足もあったと思う。きちんと分析して対応したい」と率直に敗戦を認め、戦略を練り直す考えを明らかにした。

162 千葉9区 :2009/03/03(火) 21:41:47
http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000570902250001
【海峡の街の行方 09下関市長選】

移転賛否 市民を二分 (上)
2009年02月25日

  23日午後。下関市南部町の市庁舎前の市道に延々と車が列をつくった。駐車場は計103台分。だが1日平均の出入りは約800台。利用者が集中する時には駐車待ちで渋滞するのが日常風景だ。約20分ハンドルを握り、我慢していた主婦は「もううんざり」と舌打ちをした。


  新庁舎建設準備室によると、現在の庁舎は1955年に建てられ、議会棟や新館が次々と建て増しされていった。老朽化が目立つ施設を建て替えるべきか、移転させるべきか――。「海峡都市の顔」を巡る綱引きが熱を帯びている。


  04年4月、下関市と豊浦郡4町の合併協議会では、新市の庁舎の位置について「新下関区域周辺が最適である」とする付帯決議がなされ、移転論議の口火となった。


  候補地選びの住民アンケートを経て昨年9月、江島潔市長(51)は市議会全員協議会で、JR新下関駅付近を新庁舎の建設候補地にすると発表した。居並ぶ議員の前で「100年の下関市の未来を託す場所としてもっともふさわしいと確信した」と胸を張った。


  新庁舎は敷地面積を今の延べ約1万5千平方メートルから約3万平方メートルへと広げ、駐車場のスペースは3倍にする構想が描かれている。


  建設費用は約200億円が見込まれ、主に合併特例債で賄う計画だ。事業費の95%にあてることができ、このうち70%について国から交付税を受ける仕組みだ。


  「地元で団結して市長選にあたりたい」。唐戸地区の東部自治連合会会長で「下関市新庁舎移転反対の会」の岡村芳雄代表(85)はこう力説する。生まれ育った唐戸には昔から市庁舎があり、海峡の街のシンボルであり続けたと語る。昨年12月には1万483人の署名簿を江島市長に手渡し、移転反対を訴えた。


  「民意は移転にあることを、はっきりと示さないといけない」。新下関周辺の勝山地区自治会連合会会長で「ふるさと勝山のあすをつくる会」の山尾末明会長(72)も、旧4町など18の自治連合会長の連名で陳情書をつくり、市議会に移転推進を働きかけた。


  市庁舎移転の旗を振った江島市長は今月19日、立候補断念を表明。保守系新顔3人の争いとなる見込みだ。


  前県議の友田有(たもつ)氏(51)は行政の継続性を重視し、「地域の振興を加味すべきだ」として新下関への移転に前向きだ。前市議の香川昌則氏(45)は「庁舎は早期の建て替えが必要で交通の利便性が重要」とし移転推進の立場だ。


  一方、元県議で税理士の中尾友昭氏(59)は「大不況の中で、市庁舎を移転して建て替えるのは間違っている」と移転に反対する。


  ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


  3月8日の告示まで2週間を切った下関市長選。海峡の街はどこに向かっていくのか。課題を探った。

163 千葉9区 :2009/03/03(火) 21:42:31
http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000570902260001
【海峡の街の行方 09下関市長選】

不況 宙に浮いた雇用支援(中)
2009年02月26日

 元派遣社員の男性(32)は昨年末、下関市の大手製造業から雇い止めを通告された。今月24日、ハローワーク下関を訪ねた。4回目になるが、自分に合った働き先は見あたらなかった。市内の実家に暮らし、失業保険で食いつないでいる。



  選挙のときはなるべく投票してきたが、3月に市長選があることに気付かなかった。新しい市長が決まれば、お願いしたいことがある。



  「働き口をどうにかしてほしい……」



  米国に端を発した金融不安が下関市にも波及している。



  ハローワーク下関によると、今年1月の市内の有効求人倍率は0・81。前年の同じ月は1・13。1年前と比べて、働きたい人が2割増える一方、求人は2割減った。製造業の求人は4割減と大きく落ち込んでいる。



  昨年11月、三井金属の子会社、エム・シー・エス(同市彦島西山町1丁目)で派遣社員や期間工の削減が表面化。市は翌月、雇い止めや解雇される非正社員の離職者を支援するため「緊急セーフティネット対策本部」を設けた。



  臨時職員の採用や市営住宅の空き室入居、緊急対策資金の貸し付けといった対策を立て、発足から今月19日まで132件の相談が寄せられた。



  来年度の一般会計当初予算案には、3年間の雇用を支援する「ふるさと雇用再生事業」(1億円)と半年未満のつなぎ就労を提供する「緊急雇用創出事業」(4千万円)を盛り込み、追加の施策を講じるはずだった。



  だが、江島潔市長(51)は立候補を断念。市議会は「だれも責任を負わない予算となった」と反発し、予算案を27日の議会最終日に否決する方針だ。関谷博議長は「100年に1度の経済危機は十分理解している。雇用対策はつなぎの暫定予算に組み込んでいきたい」と語る。



  企業の収支悪化は市の税収にも影響が及ぶ。市財政課は来年度の法人市民税収入を31億円と見込むが、今年度は39億円で約8億円目減りする。市税収入は15億円減る見通しで、その半分以上を占める形だ。同課の小野雅弘課長は「不足を補うために市債を発行しなくてはいけない。積み重なれば財政が硬直することになる」。



  新たなリーダーに名乗りを上げた3人には厳しいかじ取りが迫られる。



  前県議の友田有氏(51)は「地元企業の育成を優先する。起業家を育て、下関に活気を生み出す」。前市議の香川昌則氏(45)は「優良企業の誘致と観光産業の支援を進める」との考えだ。元県議で税理士の中尾友昭氏(59)は「下関の文化、産業、歴史をPRするため国内でトップセールスをする」と話す。

164 千葉9区 :2009/03/03(火) 21:43:22
http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000570902270001
海峡の街の行方 09下関市長選


【海峡の街の行方 09下関市長選】

インフラ頼みに限界 振興の鍵は市民(下)
2009年02月27日

  下関市の玄関口、JR下関駅。一日あたり延べ約2万2千人が乗り降りする。駅前には下関大丸や複合商業施設「シーモール下関」が並び、買い物客でにぎわう。


  だが、大丸とシーモールの担当者は「来店者数は、ここ10年間、減少傾向が続いている」とこぼす。


  06年に焼失した駅舎、複雑に入り組んだ歩道橋と横断歩道……。市は駅周辺98ヘクタールを再開発し、駅ビルの建設や広場の整備など5年間かけて取り組む「下関駅にぎわいプロジェクト地区整備」に着手する方針だ。駅周辺を訪れる人を一日あたりで約4%増やすことを目標にしている。


  市総合政策部は「都市を再生し、さらに魅力ある地域にするための事業。にぎわいを保つことは下関の生き残りにもかかわってくる」と期待をかける。


  下関が直面している課題が人口減少だ。1月末現在で約29万人が住む。記録が残っている1960年以降では、78年の約33万人をピークに減少。将来推計人口では、2035年に約20万人になると予測しており、減少率は県平均を上回っている。


  人が減り続けば、街の活力が失われる。いかに人口減少に歯止めをかけるか――。


  江島潔市長は今月16日の2月定例会冒頭で「人口の流出を食い止め、市民が安心して暮らせる持続可能な地域、社会をつくることが肝要だ」と述べ、「定住自立圏中心市宣言」を公表した。


  国は地方からの人口流出を食い止める施策として「定住自立圏構想」を進めている。自治体の合併が一区切りつき、次は自治体同士の助け合いで生活基盤を維持してもらおうとの趣旨だ。


  下関市は昨年10月、その先駆けとなる18圏域の一つに選ばれた。通常、複数の市町村が一つの圏域をつくるが、下関の場合は旧豊浦郡4町と旧下関市を圏域に見立てた。1億7千万円の推進基金を設け、病院や大型の図書館、商業施設といった都市機能を中心となる旧市に集め、周辺旧4町に交通や情報通信のインフラを整備する計画だ。


  県立大大学院の小川全夫(たけお)教授(地域社会計画)は「国全体の人口が減っており、自治体が通常の努力をしても歯止めをかけることはできない。市民に地元で買い物をしてもらうなど地域内で活動させることが大切になる。ハコモノやインフラへの投資だけでなく、人に目を向けなければ苦境を脱することはできない」と指摘する。


  立候補を予定している3人はどのような手を打つのか。前県議の友田有氏(51)は「地域の連帯を強くする必要がある。祭りや文化祭といった行事を大切にして地域振興を図る」。前市議の香川昌則氏(45)は「団塊の世代を呼び込んで人口を増やす。人が増えれば新しい産業が生まれる」。元県議で税理士の中尾友昭氏(59)は「街づくりは行政主導ではなく市民と共に取り組むべきだ。ハコモノへの偏りが市民の不信を招いた」と話す。

165 とはずがたり :2009/03/04(水) 01:16:17
>>150 >>153 >>157-161
柳井選挙区の経緯

93年の因縁の対決のようだ。03〜07年辺りは棲み分けが出来てて河内山氏は自民党衆院2区に名が挙がるなど蜜月。

93年柳井市長選挙
当 **,*** 河内山 哲朗 34 新① 松下政経塾
次 **,*** 長谷川 忠男 48 新  県議(1期)

03年県議選
柳井市(定数:1-立候補者:1)
○ 長谷川 忠男 自民 現④ 無投票当選

05年柳井市長選挙(山口県)結果 無投票
[当] 河内山哲朗 46 無所属 新① 旧柳井市長、松下政経塾出身
※新「柳井市」は、旧「柳井市」と大畠町が新設合併して誕生。今回の選挙は初代市長を決める選挙。

07年県議選
柳井市 定数1−候補2 (選管確定)
当 10,712 長谷川 忠男 62 自民 現⑤ 県会副議長、(元)市議、(元)衆院議員秘書(佐藤栄作、佐藤信二)
□ 8,758 井原 健太郎 32 無所属=民主・連合山口 新 (元)衆院議員秘書

柳井市長選
09年02月20日告示 2009年03月01日投票
定数:1−立候補者:2
当落 得票 候補者名 齢 党派 現新 経歴
当 12,491 井原 健太郎 34 無所属 新① 衆院議員秘書(平岡)=河内山支援
次 9,281 長谷川 忠男 64 無所属 新  県会副議長(柳井選出・自民)、自民党山口県連幹事長

山口県議会議員補欠選挙
09年02月20日告示 2009年03月01日投票 選挙事由:辞職(長谷川忠男)
柳井市選挙区(定数:1−立候補者:2) 投票率 : 73.69%
当落 得票 候補者名 齢 党派 現新 経歴
当 11,110 河北 洋子 51 民主 新① 元柳井市議、政党役員
次 10,357 松野 利夫 52 自民 新  元柳井市議、山口県漁業協同組合柳井支店運営委員長

166 とはずがたり :2009/03/04(水) 01:37:23
こっからが大変や。頑張って欲しい。
次回は長谷川後継やなんやらが保守系がぞろぞろ一杯出て来て河北女史が当選重ねる展開が望ましいんだけど。

河北氏「市民の目線で」
2009年3月3日(火)掲載
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2009/0303/3p.html

山口県議補選柳井市区で初当選し、民主党公認として一人区で初めて当選した党柳井支部長の河北洋子氏(51)は当選から一夜明けた二日、「市民の目線で政治をしたい」となどと決意を語った。

同市南町七丁目の後援会事務所で会見に臨んだ河北氏は「たくさんの方に支えられ、期待されていることに責任を感じている」、選挙戦を振り返って「国民の方を見ていない自民党政治に対する怒りの声が強く、民主党に対する期待が大きかった。世の中を、今の政治を変えてほしいという市民の思いを強く感じた」と述べた。

県政での対応については「県議会はチェック機関。是々非々の立場で対応したい」とし、井原健太郎新市長との連携について「普通の市民の目線で政治をする立場で協力したい」と話した。

167 とはずがたり :2009/03/04(水) 01:38:38
柳井市長選・県議補選 与野党関係者の声
2009年3月3日(火)掲載
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2009/0303/6.html

事実上の自民対民主の構図で一日に投開票され、いずれも民主が推す新人候補が初当選を果たした柳井市の市長選と県議補選から一夜明けた二日、県内の野党関係者からは政権交代の実現に期待の声が聞かれたが、強固な保守地盤を崩された与党関係者は重苦しい空気に包まれた。

■自民党「衆院選へ影響危惧」
自民党県連の石�街ⓝ鴫馗溝緲錡鶸柑歧垢蓮◆峪堋港Ąヿ¾鎚篩Ľ箸蘯�民党が敗れたのは事実であり驚くとともに大きな衝撃を感じている。現政権への逆風があったと受け止めざるを得ない」と複雑な表情で振り返った。

自民県連にとって柳井市を選挙区に含む衆院山口2区の議席奪還が最重要課題の次期衆院選への影響については、「山口2区への影響は大きいと思う。少なからず総選挙に影響を及ぼすことを危惧(きぐ)している」との見解を示した。

今後県内で予定されている首長選については、「県連として慎重に初心に帰って取り組みを考えなければならない」と述べた。

■民主党「民意が変革求めた」
民主党県連の西嶋裕作幹事長は、「柳井市民、有権者が古い政治体制を変えようとした。国政でも自公政権が将来不安をあおるような状況になっているので、日本全体の政治を変えるため、まず柳井から変えようという強い思いが結果をもたらせた。自民党政治、麻生政権への不満が根底にあるのも事実だ」と冷静に勝因を分析した。

衆院議員の任期が満了する九月までに行われる総選挙への影響については、「民主党の基盤が拡大すると同時に、山口県四つの選挙区にも大きなインパクトを与え、日本全体の政治の流れを変える刺激になる」と政権交代実現への足がかりになることを期待する。

■公明党「信頼取り戻す」
公明党県本部の先城憲尚幹事長は、現政権に対する批判もあり逆風があったことは否めない。一日も早く経済対策を実行に移し、現政権への信頼を現実生活の上で取り戻していかなければ総選挙は厳しい。仕切り直して対応せざるを得ない。

■共産党「政権への不満反映」
共産党県議団の水野純次団長は、経済問題にしても何一つ対応を示せないどころか、政治責任を果たせない自民・公明政権に対する住民の不満と将来不安が率直に表れた。解散総選挙の前哨戦として、わが党もしっかりと受け止める。

■社会党「反自民の嵐吹いた」
社民党県連合の佐々木明美代表は、反自民の嵐が柳井にも吹き、政治を変えたいという思いが市民を動かした。民主党とは安全保障問題などのスタンスが基本的に違うが、自公政権を倒すには政権交代できる候補を当選させる必要性を確認した。

168 千葉9区 :2009/03/05(木) 01:01:00
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/scope/CK2009030302000078.html
スコープ 山口・柳井市長選で民主系に敗北 自公退潮 地方くっきり
2009年3月3日 紙面から

 麻生内閣の支持率が低迷し、次期衆院選では与党が大苦戦するとの観測が高まっているが、地方選挙では既にその前兆が明確に出ている。市長選で、自民党系の候補が敗れる例が急増。「勝ち馬にしか乗らない」といわれてきた公明党の敗北も目立つようになった。 (清水俊介)

 一日に投開票された山口県柳井市長選は、民主党衆院議員の秘書だった新人・井原健太郎氏(34)が、元自民党県連幹事長で元県議の新人・長谷川忠男氏(64)に勝利。同時に行われた県議補選も自民党候補が民主党候補に敗れた。「自民党王国」といわれてきた山口での連敗は、地方での同党の退潮傾向を一層はっきり示した。

 これは全国的な傾向だ。麻生政権発足後の約五カ月間、全国で行われた百一の市長選の結果を分析すると、このことが分かる。

 無投票を除く八十一市のうち、自民党は三十二人、民主党は二十九人を推薦。うち両党相乗りとなった十三を除いた戦績は、自民党が十二勝七敗、民主党が八勝八敗だった。

 政党が支援していても候補者の希望で推薦を出さない例もあるため、単純比較は難しいが、ひと昔前なら自民系候補が敗れるとニュースになっていたことを考えると、自民党と民主党の実力が地方でも急接近していることがうかがえる。

 自民党選対幹部は「地域の事情もあり、地方選挙と国政選挙は結び付かない」と話す。だが首長や地方議員は長年、自民党の集票マシンだった。衆院選に暗雲を投げかけているのは間違いない。

 同じ傾向は公明党にも表れている。公明党が市長選で推薦した二十九候補のうち、七人が落選した。「二十二勝七敗」は上々の成績のようにも見えるが、候補者を吟味して推薦している同党にとっては、かなり取りこぼしが多いといえる。

 一方「野党共闘」は地方レベルでも進んでいる。民主党と社民党が共闘した市長選は十三。自民党などと相乗りした五市長選を除いた戦績は四勝四敗だ。

 八市のうち二つは共産党も推薦した。共産党は、衆院選で小選挙区候補を絞り込むが、それとあわせて市長選でも擁立を見合わせる例が増えている。これが結果として「民共共闘」につながっているようだ。

169 千葉9区 :2009/03/06(金) 21:30:22
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090306ddlk35010548000c.html
誰にする?:ドキュメント下関市長選 明確な対立軸なく /山口
 ◇「自主投票」各党は静観
 任期満了に伴う下関市長選(15日投開票)は告示まであと2日。現職の5選不出馬で新人三つどもえの構図だ。名乗りを上げているのは友田有前県議(51)と香川昌則前市議(45)、中尾友昭元県議(59)。舌戦はますます熱を帯びるが、一方で自民、公明、共産党などは「自主投票」を掲げ静観する。明確な対立軸がないまま告示が迫る。【取違剛】

 5日夕、支持者でごった返す中尾氏の事務所。応接には「為中尾友昭殿 祈必勝 衆議院議員 安倍晋三」としたためた「為書(ためが)き」が掲げられる。隣には林芳正前防衛相、岸信夫防衛政務官。地元選出の自民党国会議員3氏が並ぶ。

 「全陣営にあるやろ。くれた物を張らんわけにもいかん」と男性支持者。そのとおり、安倍元首相らはすべての陣営に為書きと激励の電報を送って「公正中立」を強調する。

 背景には近づく衆院選がある。

 安倍氏と友田氏は20年余の“兄弟分”。しかし安倍氏は「友田さんは有力な候補者だが党支部の自主投票方針に従う」。07年の首相辞任で批判を浴びた安倍氏にとって次の選挙は表舞台返り咲きの一里塚。市長選で他陣営に禍根を残すわけにいかない事情がある。

 友田氏の陣営は、故安倍晋太郎元外相の選対幹部だった塩田進氏(77)が後援会長に就くなど「安倍カラー」を帯びてはいるが、支持者からは「解散総選挙が昨年なら」と本音も漏れる。

 民主党県連は中尾氏を勝手連として支援。衆院山口4区立候補予定の戸倉多香子氏(49)も自身の活動と併せてアピールする。

 接戦が予想される市長選で、クローズアップされるのが公明党の動向だ。2年前の市議選で当選した5人の得票は計1万8000票余。5万票前後が当落ラインとみられる中、大きな存在だ。

 「うちは自主投票です」。先月下旬、ある自民関係者は公明議員に耳打ちされた。「いつものやり方だ。高く“売ろう”としているな」。衆院選をにらむのは公明も同様。自民の支援なしに比例中国ブロック・桝屋敬悟政調副会長の議席死守はおぼつかない。公明関係者は言う。「市長選で誰を推すか。最後は桝屋の選挙にどれほどのメリットを約束してくれるかだ」

〔下関版〕

170 千葉9区 :2009/03/09(月) 20:42:58
>>129
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20090307ddlk38010610000c.html
選挙:八幡浜市長選 山本前市議が出馬表明 新市の初代議長、無所属で /愛媛
 任期満了に伴い4月12日に告示される八幡浜市長選に、新人で元同市議会議長の山本儀夫氏(58)=2日付で議員辞職=が6日、無所属で出馬する意向を表明した。市長選には、現職の高橋英吾氏(68)=無所属=と元市議会副議長の大城一郎氏(43)=同=が既に立候補を表明しており、三つどもえの選挙戦が予想される。

 同市内で記者会見した山本氏は「八幡浜市は閉塞(へいそく)感の漂う今のままでいいのか、1カ月自問自答した。市議を30年間務めたが、違ったステージで挑戦したいと思った」などと出馬動機を語った。

 政策面については「市立総合病院を年間を通じて救急受け入れができる病院にするため、数人の医師(内科医)を確保したい。八幡浜港湾を埋め立てる『港湾ビジョン』は、民意を反映した計画にするため一時休止する。投資を縮小し、魚が泳ぐ『活魚センター』を人を呼ぶ起爆剤として建設したい」などと述べた。

 山本氏は、大阪商業大卒。79年5月から旧八幡浜市議に7回連続当選。合併による新市で1回当選。05年4月から同年7月まで新市の初代議長を務めた。【門田修一】

171 とはずがたり :2009/03/09(月) 22:38:40
>>170
愛媛4区民主公認候補の親爺さんで嘗ては新進党からの出馬落選の経験もある高橋氏ですがもう68となるとやばそうですねぇ。
息子の当選の為にも誰かの支援に回った方が良かったのでは?

172 名無しさん :2009/03/13(金) 19:25:49
香川昌則 45 無所属 新 (元)市議、(元)県庁職員

中尾友昭 59 無所属 新 民主勝手連的支援、前回次点、(元)県議(保守系中間会派)、(元)市議
友田有   51 無所属 新 (元)県議(自民)、(元)市議、(元)衆院議員(安倍晋太郎)秘書
----
下関市長選終盤情勢 中尾・友田氏接戦、追う香川氏
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2009/0313/2.html
 十五日投開票の下関市長選は終盤を迎え、無所属新人三候補の戦いは激しさを増している。今のところ、税
理士の中尾友昭(59)と前県議の友田有(51)が激しく競り合う展開。前市議の香川昌則(45)も追い上げを図
る。ただ、態度を決めかねている有権者も多く、情勢は流動的だ。

 山口新聞の電話アンケートや情勢取材などによると、中尾、友田が大接戦を展開。支持理由は、香川が「若さ」
「子育て支援」、中尾が「新市庁舎建設に反対」「庶民的」、友田が「市役所の新下関地区移転を支持」「政治経験」
などが目立つ。

 当初三候補が対立相手に想定した現職が出馬せず、三人とも保守系候補で類似する政策が多いためか、選
挙はやや盛り上がりに欠け、投票率アップは微妙な情勢。各陣営とも前回並みの約50%かそれ以下と見積もり、
当選ラインを五万票程度とみる。


 中尾は現職に惜敗した前回、約四万三千五百票を獲得。民主党が勝手連的に支援している。数少ない争点の
一つとなっている新市庁舎建設問題では、三候補の中で唯一「建て替え反対」を主張。幅広い層に支持が広がる
要因となっている。

 友田は二〇〇七年の県議選で約一万票を獲得。全面支援を表明した公明党が約一万五千票を上乗せしても、
陣営が想定する当選ライン到達にはさらに約二万五千票が必要となる。多数の自民党県議や保守系市議が応援
するなか、終盤でいかに組織をフル回転させて支持拡大を図れるかが鍵となりそう。

 香川は〇七年の市議選(定数三八)で立候補者五十九人中五位で当選。政党や企業、団体などの組織を頼らず、
草の根の運動を続けている。「しがらみのなさ」を武器に幅広く支持を呼び掛け、無党派層を中心に浸透している。
----
【前回】
45938 江島潔   47 無所属[自民] 新 (元)旧市長、(元)自民党清和会職員
43468 中尾友昭 55 無所属      新 (元)県議(新政クラブ[保守系中間会派])、(元)市議、唐戸魚市場専務
26838 松原守   62 無所属      新 (元)県議(民主・連合の会)、三菱重工労組支部書記長、県民社協会長

173 千葉9区 :2009/03/13(金) 20:43:30
>>172
おっ、中尾が前に名前が出ましたか。

174 名無しさん :2009/03/16(月) 01:09:03
中尾当選です。

下関市長に新人中尾氏 '09/3/16
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200903160093.html

 無所属の新人三人が立候補した下関市長選は十五日に投開票され、元県議の税理士中尾友昭氏(59)が、元県議の会社役員友田有(たもつ)氏(51)と元市議の団体役員香川昌則氏(45)を下し、初当選した。

 中尾氏は、旧市時代を含めて連続四期務め今期で身を引く江島潔市長(51)が打ちだした市庁舎の移転新築案に反対。二〇〇五年の合併前の旧四町にある支所の改修・権限強化や、地元の要望がない小中学校の統廃合はしないなどの公約を訴えた。自民党山口県連下関支部が自主投票とする中、同党支持層の一部や民主党県議らの支援も受けて支持を広げた。

 友田氏は庁舎建て替えや旧四町の地域振興、障害者福祉の充実を訴え、自民党県議の大半や公明党の応援も受けたが、及ばなかった。香川氏は庁舎新築に賛成し、情報公開や無駄排除の徹底をアピールしたが、浸透を果たせなかった。

 当日有権者数は二十三万四千五百八十五人。投票率は54・08%で、過去最低だった前回を4・78ポイント上回った。(荒木紀貴、桑田勇樹、石井雄一)

175 とはずがたり :2009/03/16(月) 01:41:36
>>174
おお民主支援の中尾候補が自公の主な支援を受けた安倍直系>>148の友田をぶち破ると云う構図ですな。

176 とはずがたり :2009/03/16(月) 02:41:26
>>172-176
でらい差がついた様で。
友田に関しては安倍ちゃんの盟友というのが激しく利いた他,>>28-30辺りでの俺の意見と同じ意見を賢明なる下関市民は感じたのかなw
其れは兎も角この下関で少しは民主支援と云うが利いたのかどうか気になるところ。
間違いなくしこりは残ったので全面支援して貰えなかった友田氏や引き摺り下ろされるの黙認された江島氏の山口4区への出馬乱戦を熱烈希望〜♪

下関市長に中尾氏
2009年3月16日 01:38
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/83388

 任期満了に伴う山口県下関市長選は15日投開票され、税理士で元県議の無所属新人、中尾友昭氏(59)が、元市議の香川昌則氏(45)、元県議の友田有氏(51)の無所属新人2人を破り、初当選した。

 中尾氏は税理士の視点から、経営感覚を生かした市政の実現を主張。予算実行の評価を重視した行政運営の手法や公務員の意識改革を掲げ、支持を広げた。

 香川氏は情報公開や市民対話を進める市政を唱え、友田氏は地域振興と教育や福祉の充実を訴えたが、及ばなかった。

 投票率は54.08%。当日有権者数は23万4585人(市選管調べ)。

■下関市長選

 (開票率94%) 
当 中尾 友昭 無 新    61,000
  友田  有 無 新    39,000
  香川 昌則 無 新    20,000

中尾 友昭(なかお ともあき) 59無新(1)
税理士(県議、市議、会社取締役)彦島角倉町、東亜大院

=2009/03/16付 西日本新聞朝刊=

177 千葉9区 :2009/03/16(月) 20:56:54
ずいぶん差がつきましたね。
友田が勝って当然と思ってたが
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamaguchi/news/20090316-OYT8T00129.htm
下関市長選、再挑戦の元県議・中尾氏が初当選


万歳で当選を祝う中尾氏(中央、15日午後11時14分、下関市中之町の八幡宮で) 無所属新人3人が争った下関市長選は15日、投開票され、元県議・中尾友昭氏(59)が、前県議・友田有氏(51)、前市議・香川昌則氏(45)を破り、初当選した。

 現職・江島潔市長(51)の不出馬で、旧市を含めて14年ぶりに市のかじ取り役が交代する選挙。3人ともマニフェストなどを通じて、「まちをどう変えるか」を懸命にアピールした。

 前回惜敗した中尾氏は市民有志から懇願され、再挑戦を決意。表明は最も遅れたが、活動資金を支援者から募る新しい形の選挙戦術が功を奏し、一気にムードが盛り上がった。党派を超えた支持を集め、有力企業の後方支援も取り付けた。

 政策面では新庁舎建設問題について、他の2氏が新築移転推進を主張したのに対して、建て替え反対を訴えた。

 事務所そばの八幡宮には大勢の支援者が集まり、当選の知らせが入ると、「中尾、中尾」の大合唱。万歳三唱を繰り返し、喜びを爆発させた。

 友田氏は自民党の大半の県議、市議や公明党の支援を受けたが、組織頼りが上滑り。香川氏は「しがらみのなさ」を強調し、独自の草の根選挙を展開したが、支持が広がらなかった。

 当62,964中尾 友昭無新

  40,706友田  有無新

  20,401香川 昌則無新

(2009年3月16日 読売新聞)

178 名無しさん :2009/03/16(月) 22:22:37
下関=安倍ちゃんと思いきや、林だっているんだぜ
ここ15年くらいは衆参で棲み分けできてたけど、芳正待望論はあるはず
そこらへんがゴニョゴニョしだすと、面白くなりそうな予感
----
http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000000903160001
 三つどもえの争いとなった15日投開票の下関市長選は、元県議で税理士の中尾友昭氏(59)=無所属、新顔=が
初めての当選を決めた。ともに同じ無所属で新顔の前県議の友田有氏(51)と前市議の香川昌則氏(45)を抑えての
勝利だった。有権者の最大の関心だった市庁舎の移転問題では唯一、建て替え反対を訴え、独自色を際だたせた。
前回(05年)惜敗した雪辱を果たし、二度目の挑戦で「かじ取り役」を射止めた。当日有権者数は23万4585人、投
票率は53・47%だった。

 「当選確実」の一報が入ると、前回と同じ亀山八幡宮境内の「亀山儀式殿」に陣取った支援者らは歓声を上げ、拍手
をして喜んだ。中尾氏は「大変な経済不況。公共事業を前倒し、幸せが実感できる街にする」と抱負を語った。

 今回は「現職不在」で、公約の中身が厳しく問われる選挙となった。

 江島潔市長が示した市庁舎のJR新下関駅周辺への移転案には「100年に一度の大不況のなか、巨額の費用を投
じて建て替えるのは間違っている」と批判したうえで、「中心市街地の活性化や地域内分権に逆行する」と指摘。支所の
権限拡大を唱えて、建て替え・移転に反感を持つ有権者の支持を広げた。

 正式表明は今年1月と出遅れたが、後援会長に下関唐戸魚市場の松村久社長が就き、山口合同ガスの林泰四郎
社長も積極的に支援。下関市区選出の民主党の加藤寿彦県議も勝手連として応援に加わり、告示日前日の7日に開
いた総決起大会では約2千人を集めてムードを盛り上げた。

 友田氏は、公明党の全面支援と、一部の自民党県議、市議の応援を受けた。旧市議と県議あわせて26年間の経歴
と人脈をアピールし「即戦力」を訴えたが届かなかった。香川氏は、元県職員の行政能力と、政党や企業、団体からの
支援を受けない「しがらみの無さ」を強調したが、支持層が広がらなかった。

----
山口合同ガス:林義郎-芳正の親族経営、労組は前回参院選は自主投票
(ちなみにサンデン交通労組は林支持だった)

179 千葉9区 :2009/03/16(月) 23:00:03
林芳正
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E8%8A%B3%E6%AD%A3
林家は、享保年間創業となる醤油製造業・大津屋、バス事業者・サンデン交通、一般ガス事業者・山口合同ガス(いずれも本社は下関市)の経営を行う地元の名士である。
父・林義郎 - 衆議院議員(自由民主党)、厚生大臣(第1次中曽根康弘内閣)・大蔵大臣(宮沢喜一改造内閣)を歴任、現在はサンデン交通などの取締役会長
叔父・林孝介 - 大津屋およびサンデン交通の代表取締役社長

山口合同ガス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E5%90%88%E5%90%8C%E3%82%AC%E3%82%B9
バス事業者のサンデン交通とは経営者同士が親族であり、元国会議員の林義郎(サンデン交通会長)は子会社の西日本液化ガス(LPガス事業者)の会長を兼ねている。ただし、相互にグループ会社とはなっていない。

180 とはずがたり :2009/03/17(火) 00:29:33
俺も一丁上がりでこれ以上の上がり目の無くなった安倍に対して支持者に首相待望論のある林の動きには注目かと思ってましたが,名家なんですねぇ。知りませんでした。情報提供感謝であります。
早くも動いたと云ってしまうのは即断に過ぎるでしょうが注目ですねぇ。保守がまっぷたつに別れるような状況になれば間違いなく安倍と対決する為に出てくるんじゃないかと邪推してます。
参院選時の情報など当該スレに転載させていただきますね。

181 千葉9区 :2009/03/19(木) 23:52:19
>>37>>87>>130-132
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=510835005
米子市長選、自民党が野坂、上場両氏を推薦

 四月十二日告示の米子市長選の対応について、自民党鳥取県連は十八日、鳥取市内で選挙対策本部の会合を開き、現職の野坂康夫氏(63)=一期=と新人で元鳥取県職員の上場重俊氏(60)の両氏をともに「推薦」にすることを決めた。同県連が同一首長選で複数を推薦するのは初めて。衆院選前に保守層内の対立を極力抑えたいとの思惑だが、当選が一人だけの首長選で推薦を二人出すことに関係者から「違和感」を唱える声も出ている。

 鳥取市西町一丁目の同党県連事務所で開かれた会合は非公開。取材に応じた山根英明幹事長は決定について「両氏とも甲乙付けがたい。自民党系候補で選挙に勝ってほしい気持ちを表した」と説明。会合では「どちらも推薦しない」との意見もあったが、一方を強く推す声はなかったという。

 同市長選では県西部選出の自民党県議や自民系米子市議が野坂、上場両陣営に分かれて前哨戦を展開。一方だけを推薦した場合、党組織が割れ、次期衆院選に影響が出ることを懸念した。

 野坂陣営の井上賢明選挙対策本部長は両者推薦について「推薦をいただけたことは素直に喜びたいが、相手方も推薦を得たことで勢いづく懸念もある」と話し、前哨戦の激化は必至と見る。

 上場陣営の岩垣正美選挙対策本部長は「(両氏推薦は)ふに落ちない」と違和感を露わにしながらも、「(自民系の議員が)双方に分かれていることもあるのだろう。ベストを尽くして戦うだけだ」と話した。

 同市長選には、ほかに新人で連合鳥取支持の市議、八幡美博氏(58)も立候補を予定しており、三つどもえの構図。上場氏と八幡氏の間では民主党支持層の奪い合いがあって、同党県連は野坂氏「不支持」の姿勢を示すにとどまっている。

('09/03/19 無断転載禁止)

182 名無しさん :2009/03/22(日) 14:31:24
山口の話題を3つ
----
3/17 毎日jp
山陽小野田市長選 現、新陣営が出席−−候補予定者説明会
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/archive/news/2009/03/17/20090317ddlk35010371000c.html
 任期満了に伴う山陽小野田市長選の立候補予定者説明会が16日、同市役所で開かれ、再選を目指す現職の
白井博文氏(71)と、新人で元市職員、坂辻義人氏(63)の両陣営関係者が出席した。4月12日告示、19日投開票。


3/18 毎日jp
和木町長選 古木町長、3選出馬を表明
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/archive/news/2009/03/18/20090318ddlk35010392000c.html
 和木町の古木哲夫町長(64)は17日、任期満了に伴う同町長選(8月25日告示、同30日投開票)に3選を目
指して出馬することを表明した。町議会一般質問に答えた。
 古木氏は同町助役などを経て、01年に初当選。現在、県町村会長、全国町村会監事などを務めている。一般
質問に対し「町のさらなる発展に向けた計画を推し進めていく責務がある。引き続き町政を担っていきたいと決意
している」と述べた。


3/21 毎日jp
 任期満了に伴う萩市長選は22日、投開票される。いずれも無所属で、再選(旧市長時代を含めると5選)を目
指す現職の野村興児(64)と前市議で新人の諸岡〓二(62)の両候補が、旧1市2町4村が合併して誕生した新
市で初めて、旧市では12年ぶりとなる選挙戦を展開しており、結果が注目される。
 通算4期16年の実績をアピールする野村氏に対し、諸岡氏は多選を批判して市政変革を訴えている。
 投票は離島(21日)を除き、22日午前7時〜午後8時(旧町村などは午後7時まで)。午後9時半から市民体育
館で開票され、同日午後11時半ごろには新市長が確定する見通し。有権者数は14日現在で4万8001人。

 ◇立候補者(届け出順)
野村興児(のむら・こうじ) 64 無現(1)
 全国伝統的建造物群保存地区協議会長▽萩学園理事[歴]国税庁調査査察部長▽旧市長3期▽京大=[自][民][公]
諸岡〓二(もろおか・こうじ) 62 無新
 [元]市議▽萩地域環境パートナーシップ会議代表▽町内会長[歴]会社員▽旧市議1期▽福岡大

筆者注・「こう」の字は、日へんに告

183 名無し :2009/03/22(日) 22:11:35
萩市長選、誰が当選するのでしょうか?

184 とはずがたり :2009/03/26(木) 02:25:03
>>182-183
レスあざーすヽ(´ー`)/

普通は強い現職ですけど最近はバタバタと破れる傾向にありますので萩も判りませんねー。しかも多選批判が有るとなると尚更です。
地元の評判はどうなんでしょうかねー。

185 千葉9区 :2009/03/26(木) 21:06:18
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20090325-OYT8T01229.htm
自民3会派新会派結成へ 県議会
 県議会の自民党県議らが所属する広誠会、立志会、フォーラム広島の議員9人が31日で各会派を解散して合流し、4月1日に新会派「自民党県議会広志議員会・フォーラム広島」(自民党広志会)を結成する。25日、議員らが発表した。

 自民党広志会の会長となる城戸常太県議は、会派の規模が小さいことで、予算などの十分な説明がなされていなかったため、各会派で互いに情報交換をするようになったなどと経緯を説明。「分裂していた会派が集まることで、県民の意見をしっかりと、幅広く聞いていきたい」と話した。副会長となる門田峻徳県議も「少人数よりももっと、多様な県民の意見を受け入れられ、政策に反映できる」と話していた。

 自民党広志会は県議会で、自民党刷新会(16人)、自民党議員会(15人)、民主県政会(15人)に次ぐ勢力となる。

(2009年3月26日 読売新聞)

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200903260247.html
知事選視野? 自民が新会派 '09/3/26

--------------------------------------------------------------------------------


 広島県議会の自民党系の3会派が25日、4月1日に新会派「自民党広志会」(9人)を結成すると議会事務局に届け出た。分裂している自民系会派の将来の一本化をにらんだ動きで、秋の知事選を視野に入れた会派再編との見方が広がる。議会内では、自民刷新会議、民主県政会、自民党議員会に次ぐ第4会派となる。

 自民を名称に掲げる会派は現在、5つある。自民刷新会議と自民党良政会は、民主党系の県議がいる民主県政会と連携して議会運営の主導権を握り、藤田雄山知事を支える。一方で、自民党議員会は知事と距離を置く。今回、新会派を結成する議員の多くは、従来から「中間的な立場」とみられていた。

 藤田知事は11月に4期目の任期満了を迎え、その前に知事選が控える。新会派に参加する県議の一人は「民主県政会と連携する会派があるが、知事選に向けて自民党がバラバラなのはおかしい」と強調する。

 新会派の結成について、公明党議員団の田辺直史団長は「自公連立の枠組みと総選挙、知事選を考えれば自民が一本化されるのを望む」と言う。自民系、民主県政会ともに「知事選に影響があるともないとも言えない」と静観の構えをみせながら「要は誰を知事選に擁立するかだ」。知事選へのスタンスが、さらなる会派再編を促す可能性も出てきた。

186 千葉9区 :2009/03/26(木) 21:20:34
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20090326ddlk32010731000c.html
しまね拡大鏡:出雲市長選 激戦4人立候補表明 「阿国座」大きな争点に /島根
 ◇自民は支持巡り分裂か
 任期満了に伴い、来月5日告示、12日投開票で行われる出雲市長選。2市4町が合併した直後の05年は旧出雲市長の西尾理弘氏(67)の無投票当選だったが、今回の選挙では先月、元エフエムいずも社長の菊地恵介氏(33)、元副市長の長岡秀人氏(58)、元大手商社社員の足立操氏(58)の新人3人が相次いで立候補を表明。西尾氏を含めた4候補の大激戦が予想される中、伝統芸能上演施設「出雲阿国座」建設問題が、大きな争点となっている。建設是非を含めて合併2期目の市政を誰に託すのか、有権者の選択が注目される。【細谷拓海】

 「まだまだ道半ば。リーダーシップなど、市民のためにすることがたくさんある」。昨年12月の市議会で、議員の一般質問に答えた西尾氏は、再選に意欲を見せた。

 だが選挙まで約2カ月となった1月末以降、西尾市政に異を唱える候補者が相次いで立候補を表明する。

 1月末、旧平田市長から新出雲市の助役(後に副市長)となり、西尾氏を支え続けてきた長岡氏が突如辞意を表明。辞職後の2月20日に立候補を正式表明した長岡氏は「今までのやり方では将来の出雲市に明るい未来を感じ取れない」と西尾氏への対決姿勢を打ち出した。

 また、「出雲阿国座」建設中止などを掲げる菊地氏、地場産業の活性化や財政再建を掲げる足立氏も立候補を表明。無投票となった前回選から一転、激しい選挙戦へと突入する。

   ◇  ◇

 激戦の背景の一つが、市民の疑問の声が根強く残る「阿国座」建設問題だ。

 約4万人の反対署名を集めた「出雲市を愛する会」が支持する菊地氏は「阿国座一つが問題ではない」とした上で、「現在の政策決定のプロセスそのものが問題。市民が意見を言い合い、合議していく市政に変える」と語り、足立氏も「事業性から見て反対。文化的な意義は大事だが、まずは赤字の財政を立て直すことの方が重要」と批判する。

 一方、西尾氏の下で副市長を務めていた長岡氏も「多くの人が反対する現状では、このまま進めるべきではない。いったん白紙に戻し、協議を重ねるべきだ」として、最終的には住民投票で結論を出す考えも示している。

 こうした3氏の考えに対して、建設を推進してきた西尾氏は先月、予定していた造成工事などの入札の延期を決定。さらに09年度一般会計当初予算案に組み込まれていた事業費も、議会の反発を受け撤回した。西尾氏は「政策の変更はない」として、運営費などの問題について、選挙後に市民の理解を求めていく方針を示している。

   ◇  ◇

 政党の動きも、変化を見せている。

 これまで一貫して西尾氏を推薦し続けてきた自民党は、今月7日の出雲総支部役員会で「より民主的な市政運営ができる」として、長岡氏の支持を決めた。しかし、阿国座建設の舞台となる大社支部などは「西尾氏か長岡氏かで、候補者を一本化できなかった」として「自主投票」とするなど、党内にも候補者を巡って微妙な温度差が残る。

 前回西尾氏を推薦したが、阿国座建設に反対する公明党は「どの候補からも依頼がなかった」として「自主投票」とする方針を決めた。民主、共産、社民、国民新の各党支部なども自主投票で臨む。

187 千葉9区 :2009/03/28(土) 12:05:41
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shimane/news/20090326-OYT8T01151.htm
出雲市長選 足立氏は不出馬
 出雲市長選への立候補を表明した元総合商社員の足立操氏(58)が26日、同市役所で記者会見し、「立候補を断念した」と発表した。理由に市の実情への勉強不足などを挙げ、「支援や期待を寄せて下さった皆様に申し訳ない」と謝罪した。足立氏は前回市長選でも立候補の意向を表明したが、その後、見送った。

 同市長選は、現職の西尾理弘氏(67)と前ラジオ局社長の菊地恵介氏(33)、同市前副市長の長岡秀人氏(58)の3人の争いになる見通し。

(2009年3月27日 読売新聞)

188 千葉9区 :2009/03/30(月) 22:05:03
=岡山3区=
http://mytown.asahi.com/okayama/news.php?k_id=34000000903300006
井上氏が市長初当選/赤磐市W選
2009年03月30日

■新市議22人決まる


 ともに無所属の新顔と現職による一騎打ちとなった赤磐市長選は29日投票、即日開票され、新顔で元市議会議長の井上稔朗氏(57)が、再選を目指した現職の荒嶋龍一氏(70)=民主推薦=を破り、初当選した。当日有権者数は3万6198人、投票率は67.64%(前回75.24%)だった。(三宅一志)


 井上氏の同市沼田の事務所では、開票所に詰めた支持者から「当選」の知らせが届くと、大勢の支持者から一斉に拍手と歓声がわき上がった。


 井上氏は選挙中、行政執行は市民が納得できるよう市民の言葉で徹底的に説明して進めるとし、職員教育の徹底などを公約に掲げた。当選のあいさつに立った井上氏は「福祉、教育・子育て、産業振興の三本柱で自立した品格ある町を目指してがんばってまいります」などと語った。


 荒嶋氏は、行政経験50年の実績と、中央との太いパイプを訴えたが、市外から転入した住民が多い旧山陽町などで伸び悩んだ。


 市長選と同時に実施された同市議選(定数22)も、新たな顔ぶれが決まった。


□2005年4月17日実施の選挙の結果
◇赤磐市長選挙(岡山県)開票結果 投票率75.24%
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃当 11008 荒嶋龍一(無新、民推薦、66歳、初当選)  ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃   9639 遠藤雅晴(無新、61歳)          ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃   5634 保田 守(無新、53歳)          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
※赤磐市は、山陽町、赤坂町、熊山町、吉井町が合併して誕生。今回の
選挙は初代市長を決める選挙。当選した荒嶋氏は旧・吉井町長。遠藤氏
は旧・山陽町長。

189 千葉9区 :2009/04/01(水) 22:17:28
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20090401ddlk33010592000c.html
岡山市:政令市移行、効果アリ? 先行市に聞く本音 /岡山
 岡山市は1日、全国で18番目の政令指定都市に移行した。中国四国地方では広島市に次いで2番目。県並みの行政権限を持った大都市の仲間入りを果たす。市当局や高谷茂男市長は「企業誘致が活発になる」「都市の格が上がる」と喜びを隠さない。ホントに“いいことずくめ”なのか−−。岡山に先がけて政令市に昇格した市に、移行後の本音を聞いてみた。【石戸諭、椋田佳代】

 ◇権限移譲で独自色も/「企業誘致は景気次第」
 政令市はいくつかのグループに分けることができる。首都圏や関西、九州など圏域の拠点都市とその周辺都市、そして地方都市だ。

 地方都市に関して言えば、「平成の大合併」と呼ばれる自治体再編の流れを受けて、政令市の人口要件が70万人以上に緩和された結果、岡山をはじめ移行を目指す地方都市が続いた。そこで、岡山に先がけて移行した人口約80万人の新潟市(移行=07年4月)、約73万人の静岡市(同05年4月)、約83万人の浜松市(同07年4月)に聞いた。

 「政令市効果って何ですか?」

 自治体担当者が口をそろえるのが、区役所設置によって「住民の利便性が上がった」という点だ。確かに、わざわざ本庁まで各種の手続きに行く手間が省けるのは悪いことではない。移行後は、岡山市も「北・中・東・南」の4区に分かれる。

 高谷市長も期待を寄せる企業誘致はどうだろう。岡山市同様、サービス業が産業の中心の静岡市に聞くと、「工業系はまだですが、首都圏のデパートが出店してきました」という。なるほど、“市の格”が上がった効果と言えるかもしれない。また、米どころとして農業や食品加工業も多い新潟市では、「国際会議が開かれることは決まりましたが、不景気の影響もあり、企業の撤退もあります」といい、厳しい現実の一端がのぞく。浜松市も「企業自体の元気がない。期待はあったが、市外へ移転したり……」と言葉少な。「結局、景気動向で決まる」(新潟市)、「財源も増えるが仕事も増える。(政令市の利点を実感できるほどの)余裕はない」(浜松市)といった声も聞かれた。

 県との関係を見ると、事務権限の移譲で児童相談所を作ったり、国県道を管理することになる。こうした部署は「出向してくる県職員が対応する」ケースが目立つ。岡山市でも、児童相談所など政令市絡みの重要ポストは県からの出向組が占める。「何が起こるかわからない児相が一番大変だし、気をもむ場所」(静岡市)である以上、スムーズな組織運営には県の経験は不可欠ということだろう。

 一方で、「県から教員の人事権が移ったため、08年に市内の公立校に民間人校長を2人採用した」(新潟市)など独自色を出せる強みはある。「小さい町だと『県に指導を受けて』となるが、県も政令市に対しては対等の認識で、考えをより尊重してくれる」(浜松市)のも利点だ。

 政令市職員の中には「県との交渉より国との交渉が大変」という意識が根強いようで、ある市の担当者は「県を飛ばして“霞が関”と交渉するには、今まで以上に勉強が必要。このことが、職員のレベルアップにつながる面もあると思う」と明かす。

 ◇市民巻き込む“仕掛け”を
 旧自治省で勤務経験があり、地方自治体の現状に詳しい新潟大の田村秀教授は、「政令市移行は『大きいことはいいことだ』という発想で目指す自治体が多い。移行しただけでは立派とは言えないが、あえて否定する理由もない。都市のイメージも、そうそう変わるものではない」と冷静だ。

 田村教授が重視するのは、住民自治が進むか否かだ。「行政だけが盛り上がっても仕方がない。NPOや町内会など住民組織と行政の使い分けで、住民の『地域をよくしたい』という気持ちを引き出す仕掛けが必要ではないか。政令市は手段であり、目的ではない」と指摘している。

 移行によって、誰もが実感できる大幅な変化はなさそう。しかし、権限が拡大した分、責任は重くなるが、実行可能な施策の幅が広がったり、国や県と対等に近い立場で交渉できるようになるメリットはある。何より政令市に限らず、自治体の発展には市民を巻き込むことが肝要のはず。田村教授が指摘したように「政令市・岡山」の今後の“仕掛け”に期待したい。

==============

190 千葉9区 :2009/04/02(木) 22:36:22
http://mytown.asahi.com/okayama/news.php?k_id=34000000904020001
元副市長に出馬要請へ/岡山市長選
2009年04月02日

■保守系市議ら 勢力二分か 


 今秋の岡山市長選をめぐり市議会の保守系最大会派・新風会(11人)の所属市議らが1日、昨年3月に任期途中で退任した天野勝昭・元副市長(64)に近く立候補を要請することを明らかにした。天野氏は「真剣に考えたい」としている。(宮武努)


 市長選には現職の高谷茂男市長(72)がすでに再選を目指して立候補表明しており、天野氏が立候補すれば、保守勢力を二分する激しい選挙戦が予想される。


 関係者らによると、天野氏の同窓会など複数の市民グループと、要請に賛同する市議らが6日、市内のホテルに集まり、合同で立候補を要請する予定。天野氏もこの会合への出席を決めている。


 新風会の成本俊一幹事長らは1日、「岡山市議会議員有志の会」の名称で立候補要請への参加を求める文書を各会派に配布した。要請に名を連ねる市議の数は確定していないが、新風会の派内はほぼまとまったとしている。


 配布文書では、かつて「岡山チボリ公園」計画の予定地だったJR山陽線北長瀬駅周辺の操車場跡地活用問題や、市民病院(同市北区天瀬)の建て替え問題で、高谷市長が具体的な方針を示していないことについて「市政の停滞は目に余るものがある」と批判している。


 天野氏は朝日新聞の取材に「(立候補を求める声を)重く受け止め、真剣に考えて判断したい」と話した。


 天野氏は京大大学院修士課程を修了後、岡山市職員に。企画局長、新市建設計画推進局長などを経て、05年10月に、初当選直後の高谷市長のもとで助役に就任。07年4月に副市長となった。


 しかし、任期途中の08年2月に「市長から後進に道を譲ってほしいとの話があった」として退任を表明。高谷市長は会見で「私の残り任期でまだやりたいことがあり、交代をお願いした」とだけ説明し、市議の多くは「事実上の解任だ」と受け止めた。


 新風会は当時、所属市議全員の連名で高谷市長に人事の撤回を要請。天野氏は同3月の退任会見で「政令指定都市の実現を見届けたかった」と無念さをにじませていた。


 同市長選では今年2月、保守系の政隆会、保守系と労組系でつくる「ゆうあいクラブ」、無所属の市議ら計17人の立候補要請を受けて、高谷市長が立候補を表明。その後市議1人が支持に加わった。

191 千葉9区 :2009/04/05(日) 17:18:08
http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2009/04/04/2009040411460468022.html
岡山市長選に井上氏が立候補表明
生活者視点の市政訴える

 任期満了(10月8日)に伴い今秋に予定されている岡山市長選に、新人で会社社長井上和宣氏(53)=同市北区奉還町=が4日、無所属での立候補を表明した。同市内で記者会見し、「市民の声に耳を傾ける生活者視点の市政を展開したい」と述べた。

 井上氏は市の現状について「岡山操車場跡地は放置された状態で、市民病院の移転問題も未解決のまま。行財政改革も市民への説明責任が十分でない」と指摘。「福祉や子育てに重点を置き、教育・環境など未来に投資する政策を掲げる」とし、「教職員の研修を充実させ、教育再生に最優先で取り組みたい」と語った。

 井上氏は青山学院大経済学部卒。同市北区奉還町などで婦人服店を営み、岡山青年会議所副理事長や岡山商工会議所青年部会長を務めた。

 岡山市長選は、現職の高谷茂男市長(72)が2月に出馬表明。共産党は関係団体とつくる組織が候補擁立を目指しているほか、前同市副市長(64)や市内の不動産鑑定士の男性(66)が出馬の意欲を示している。

192 千葉9区 :2009/04/05(日) 17:30:25
http://mytown.asahi.com/shimane/news.php?k_id=33000000904030003
二大都市の選択/松江・出雲W選を前に 上
2009年04月03日

 ◎財政◎


◆出雲 「特例債」膨らむ借金◆


 2月中旬、出雲市の新庁舎の完成式があった。地上7階、地下1階建て、延べ約2万4800平方メートル。吹き抜けの1階ロビーでオーケストラの生演奏が披露され、華やいだ雰囲気に包まれた。総事業費は約90億円。05年3月に2市4町が合併して以来、最大規模のプロジェクトだ。


 事業費の大部分は合併特例債で賄った。借金の7割を国が普通交付税で肩代わりする仕組みだ。新市の人口などから算定する特例債の発行限度額は約500億円。うち約300億円は08年度末までに使い道が決まった。道路や公園などの基盤整備(約145億円)、学習施設「出雲科学館」の増築(約8億円)、建設中の「出雲弥生の森博物館」(約7億6千万円)――。


 この結果、08年度末の地方債残高(特別会計含む)は、約2100億円に膨らむ見通しだ。一般的な収入に占める借金返済の割合を示す「実質公債費比率」も、ピークの12年度には23・3%に達する見込みで、黄信号の25%の一歩手前だ。一方、貯金にあたる財政調整基金と減債基金の合計は、約69億円から約28億円まで目減りした。


 「市の財政に影響はないのか」。そんな懸念の声に伊藤功財政部長は「現状は新市発足当時の計画の範囲内。いずれも新市に必要な事業で、決して合併バブルではない。今後は抑制した事業を行う」と説明する。だが、市議の一人は指摘する。「特例債といっても結局は借金。事業を限定して使うべきで、本当に必要な事業だったかは疑問だ」


 市の自主財源比率は09年度一般会計当初予算で約36・4%。国の交付税などに依存しているのが現状だ。市の将来像を明確に提示し、限りある財源をどう活用するのか、首長の姿勢が問われている。


◆松江 原発交付金 どう使う◆


 松江城(松江市殿町)の東隣、約5500平方メートルで建設が進む市歴史資料館(仮称)。武家屋敷風の展示・収蔵館や復元した家老長屋を備え、市が「観光の目玉に」と10年秋の開館を目指す。約39億円の事業費は全額、国が原発立地自治体に交付する「電源立地地域対策交付金」を充てる。


 05年3月の合併で、県庁所在地として全国で唯一、原発を抱える松江市。08年度までの4年間の電源交付金は総額約222億円にのぼる。


 09年度当初予算は歳入の8%、約73億円が交付金頼みだ。道路建設などのハード事業(43億円)のほか、職員人件費(15億円)や保育所運営費(2億円)まで賄う。昨年度の予算審議では一部の市議から「人件費まで原発交付金で賄えば、交付金の縮小、廃止で極端な財政悪化になる。防災対策に重点的に充てるべきだ」との批判があがった。


 実際、10年度の電源交付金は約36億円に半減する。島根原発3号機増設に伴う「促進対策交付金」約121億円を、歴史資料館建設や鹿島中学校整備などにつぎ込み、09年度までの6年間に使い切るからだ。清水伸夫・市長室長は「(交付金は)市財政にとって純粋な上積みで、使いやすい財源ではあった。今後は身の丈にあった財政運営をしていく」と話す。


 今年度206億円計上した普通建設事業費は2年後に半減。人件費抑制のため、合併時に1641人いた職員を14年度までに400人削減――。市が昨年11月にまとめた「中期財政見通し」は、そんな「痛み」を伴う改革を盛り込む。それでも、10年度以降、金融危機からの回復を見込んだ法人市民税は、景気悪化の長期化で「1年先が見えない」(財政課)状況だ。


 3月、原発でプルトニウムを燃やす中国電力のプルサーマル計画を了解したことに伴い、市と県には今後、計60億円の「核燃料サイクル交付金」が発電開始の5年後までに入ってくる。次の4年間、安全性への批判も強いプルサーマルによってもたらされる交付金をどう使うのか。新市長の手腕が問われる。
   ◇
 県内で人口1、2位を占める松江、出雲両市の市長選と市議選が目前に迫った。両市の共通の課題を2回に分けて追う。

193 千葉9区 :2009/04/05(日) 17:31:04
http://mytown.asahi.com/shimane/news.php?k_id=33000000904040003
二大都市の選択/松江・出雲W選を前に 下
2009年04月04日
◎議会◎


◆松江 問われる政調費改革◆


 定数48で発足した合併後の松江市議会は3月19日、4年間の締めくくりとなる本会議で、議員提案の条例改正案を可決した。「議員の調査研究に資するため必要な経費の一部」(市条例)として市が議員に支給する政務調査費について、1人月額1万円減の2万5千円とし、支給先も会派単位から議員個人に変えた。


 市議会では昨年度、政調費の不明朗な使途をめぐる問題が噴出した。


 大量の時代小説、子どもの名付け本、灯油、デジカメ、文房具。すべて、07年度の政調費で市議が購入した。市民団体が昨年、全議員の収支報告書と領収書を情報公開請求。書籍名は報告書になかったが、レシートに印字された「国際標準図書番号」から特定した。


 市議会の6会派(44人)は収支報告書の支出から計103件約61万円分を削除する訂正を申告。差額を自主返還した。ある市議は「使途基準の解釈が各議員で違っていた」と釈明する。


 議会の要請を受けた市は今月、交付規則の「使途基準」から、資料作成費▽人件費▽広聴費の3項目を削除した。だが、条例改正後も、政調費で購入した資料や図書名、調査・研究の具体的内容の報告は義務づけていない。市民団体は3月、6会派に支給した約1470万円の返還を求める住民訴訟を起こしている。


 「市民の代表者として倫理性を自覚し、市民の疑惑を招くことがないよう行動する」――。昨年12月に制定された議会の最高規範「議会基本条例」は、議員の政治倫理をそう定める。市議会では昨年度、全委員会の原則公開など改選後をにらんだ改革が進んだ。整えられた制度を市民にとって意義あるものにできるかどうか。新市議34人の「倫理」が問われる。


◆出雲 「阿國座」非公開に批判◆


 「市民に開かれた議会を推進し、委員会を原則公開するものとする」


 07年11月、議員提案で制定した出雲市の「議会基本条例」の一文だ。地方自治の研究者らでつくる「自治体議会改革フォーラム」によると、今年3月末までに全国53の自治体がこうした条例を制定。県内でトップを切った同市には08年度、他都市の職員らの視察が94件と、前年度より5割増になった。


 08年度、市議会が開いた66回の委員会のうち非公開はわずか1回。同市議会事務局の高橋直樹次長は「条例制定に向けた議会の議論で、市民と情報を共有することの意識が高まった」と話す。


 だが、課題も残る。委員会と同じ顔ぶれで構成する非公式な「協議会」は「原則公開」の対象外だ。08年度の協議会は34回。うち9回が非公開だった。大半は、協議会に招かれた専門家らの意向だったが、昨年10月には、歌舞伎などの上演施設「出雲阿國(お・くに)座(仮称)」を議題に取り上げた2度の協議会をいずも非公開にした。


 「30億円でどうだろうか」。出席した議員によると、協議会では市が当時示していた約42億円の事業費を圧縮する提案も出たという。協議会から間もなく、市議会は市に事業費の圧縮を申し入れた。


 協議会に出席した議員の一人は、非公開の理由を「自由な意見が言える場を作りたいから」と説明。一方、建設中止を求める市民団体や、出席した一部の議員からは「議論の過程が市民に見えない」と批判する声があがった。


 同フォーラム代表の広瀬克哉法政大教授(自治体学)は「非公開の調整作業が不要とは言えないが、意思決定の場面や論点が明らかになってくる議論は、公開するべきだ」と指摘する。


 市民に分かりやすい「開かれた議会」の実現に向けて、新市議の姿勢が試される。


(この連載は高橋健次郎、玉置太郎が担当しました)

194 千葉9区 :2009/04/06(月) 20:38:10
>>97>>99-100>>103>>125>>136>>186-187>>192-193
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200903310006.html
出雲阿国座が野党共闘に影 '09/3/31

--------------------------------------------------------------------------------


 4月5日告示、12日投開票の出雲市長選で、争点となる歌舞伎劇場「出雲阿国座」の建設問題が、衆院島根2区での民主党と国民新党の「野党共闘」に影を落としている。国民新の支持層は建設の賛否が割れるが、民主系市議は建設に反対。次期衆院選で比例現職を擁立する国民新側からは、選挙協力への影響を懸念する声もある。

 現職の西尾理弘氏(67)、新人で地元新聞社元専務の菊地恵介氏(33)、新人で元副市長の長岡秀人氏(58)が立候補表明。阿国座建設について西尾氏は建設推進、菊地氏は中止、長岡氏は白紙を訴える。

 民主は2月下旬、菊地氏と長岡氏で支持が割れ、自主投票を決めた。県議や市議が阿国座建設に反対し、推進してきた西尾氏は支持しない方針だ。

 同じく自主投票の国民新。支持は3人でばらつくが、西尾氏が自民と距離を置き国民新に接近したこともあり、支持層の一部は西尾氏支援に回る。国民新の支持層である特定郵便局長らの目立った動きはないが、西尾氏よりのスタンスを見せている。

 旧平田市を除く出雲市をエリアとする島根2区は、自民の現職竹下亘氏(62)と国民新の比例現職亀井久興氏(69)が激突し、民主は亀井氏を推薦する。島根は自民の組織力が根強く、両党は選挙協力で議席獲得を狙う。

 ただ、阿国座問題などでねじれが生じ、市長選で両党の動きは一枚岩になっていない。「今年は総選挙が待ち構えているのに、阿国座問題で争っている場合じゃない」。国民新の後援会幹部の1人はいらだちを隠さない。

195 千葉9区 :2009/04/06(月) 20:39:45
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20090406ddlk32010275000c.html
選挙:出雲市長選/出雲市議選 市長選、三つどもえの戦い−−告示 /島根
 ◇「阿国座」など争点
 ◇市議選は36人
 任期満了に伴う出雲市長選、市議選が5日、告示された。12日に投開票される。市長選には、新人で元副市長の長岡秀人氏(58)▽現職で再選を目指す西尾理弘氏(67)▽新人で元エフエムいずも社長の菊地恵介氏(33)−−の3人=いずれも無所属=が立候補。2市4町が合併して新市となった前回(05年)の無投票から一転、三つどもえによる初の選挙戦に突入した。一方、定数34の市議選には現職28人、新人8人の計36人が立候補した。【細谷拓海、御園生枝里、岡崎英遠】

 新市2期目の運営を誰に託すかを選択する注目の選挙戦。08年度末の市債残高見込みが約2113億円となっている財政の建て直しや、地域経済の活性化、伝統芸能上演施設「出雲阿国座」建設の是非などが争点となる。3候補は市内で第一声を上げ、財政問題などについてそれぞれの考えを訴えた。

 市議選の立候補者は党派別では、無所属30人▽共産3人▽公明2人▽民主1人−−となっている。

 投票は12日午前7時〜午後8時(一部地域は午後7時)、市内74カ所で行われ、午後9時から出雲体育館で開票される。4日現在の有権者数は11万7965人(男5万5867人、女6万2098人)。

 ◆長岡候補陣営

 ◇全力で神輿担ぎトップでゴール
 長岡候補は、午前9時ごろから出雲市小山町の事務所で出陣式。応援する県議や市議ら、約350人が駆けつけた。加藤哲夫後援会長は「全力で神輿(みこし)を担いで、トップでゴールテープを切りたい」とあいさつ。長女の麻衣さん(28)は「この場にいる皆さんが、市政を任せようと心から思ってくださる候補者になって下さい」と激励した。遊説に出発する前に長岡候補が握手をして回ると、支持者からは「頑張ってよ」と声援が飛んでいた。

 ◆西尾候補陣営

 ◇金融経済対策に行政経験が必要
 西尾候補は午前10時ごろから、出雲市今市町の旧出雲市役所駐車場で出陣式を行い、支持者ら約250人が集まった。多久和忠雄・県議会副議長が駆けつけ「新出雲市の21世紀躍進を占う選挙戦。金融経済対策には行政の長い経験が必要」と支持を訴えた。最後は、「勝利に向かって」の掛け声に続き「ガンバロー」を三唱し気勢を上げた。選挙カーに乗った西尾候補は平田、大社、多伎、湖陵の4地区で街頭演説、旧出雲市内を街宣した。

 ◆菊地候補陣営

 ◇「大きな風を」機運盛り上げ
 菊地候補は午前8時40分ごろから出雲市姫原町の事務所で出陣式に臨んだ。駆け付けた支援者約100人を前に田口勉後援会長が「大きな風で菊地を押してもらおう」と機運を盛り上げた。菊地候補は午前9時からは同市今市町の扇町アーケードで第一声。支援する「出雲市を愛する会」の岸征男代表らも応援演説に立ち、支持を訴えた。菊地候補はその後、選挙カーに乗り込み、旧平田市や大社町、湖陵町、多伎町、佐田町などを回った。

==============

196 千葉9区 :2009/04/07(火) 22:27:14
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200904080037.html
広島知事選、擁立の動きまだ '09/4/8

--------------------------------------------------------------------------------

 広島県の藤田雄山知事(59)が11月28日、4期目の任期満了を迎える。知事選は今秋に迫るが、候補擁立の動きが表面化しない。藤田知事が進退に言及していない現状に加え、各政党、団体が9月までにある次期衆院選に全力投球する構えだからだ。

 「知事選は衆院選が終わってから」。自民党県連の奥原信也幹事長も、民主党県連の宮政利幹事長も口をそろえる。政権を懸けた一大政治決戦に力を集中するためである。

 前回、自民、公明、国民新の3党が推薦した藤田知事に、公認で対立候補を擁立した共産党は連携団体と検討を進めている段階という。

 本格化の様相をみせない知事選をめぐる動きだが、6月下旬に開会する県議会定例会が一つの節目になる。

 2期目以降の過去3回の知事選で、藤田知事はいずれも6月の定例会で立候補を表明してきた。今回、自身の後援会の政治資金不正事件で県民の信頼は揺らぎ、多選批判もあることから「5選立候補はない」との見方が議会内では大勢である。

 「ポスト藤田」としては、県出身の官僚や県選出の自民党の国会議員、民間人の名前が取りざたされる。官僚は省庁の幹部クラスや他県の副知事たちで、既に一部の人物には自民党の県議たちが接触した。ただ、現職の進退が見通せない中、誰も態度を明らかにはしていない。

197 千葉9区 :2009/04/11(土) 00:09:44
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/article.aspx?id=20090410000117
最大会派が分裂、新派結成の動き/坂出市議会
2009/04/10 09:42
 任期満了に伴う5月の坂出市長選に絡み、市議会(24人)の保守系最大会派・同志会(村井友信会長、14人)が意思統一できず、分裂する方向にあることが9日、分かった。所属議員の過半数が新会派結成の動きをみせており、10日開催予定の臨時議員総会で了承される見通し。

 同市長選は、5月10日告示、17日投開票される。現在のところ、6選を目指す松浦稔明市長と、新人で市議会議長の綾宏氏=同志会=の2人が立候補を表明しており、一騎打ちになる公算が大きい。

 議会関係者によると、市長選に出馬表明している現職を新会派が、新人を旧会派がそれぞれ推薦するという。新会派は7人以上の議員で組織するとみられ、正式に設立された場合は新たな最大会派となる。

198 千葉9区 :2009/04/12(日) 12:28:52
出雲市以外は選挙戦の構図がはっきりしませんね・・・

●島根県出雲市長=島根2区=
西尾理弘(67才・無現1):国民新
菊地恵介(33才・無新):民主の一部  、「出雲阿国座」建設中止派
長岡秀人(58才・無新):民主の一部、前副市長

●岡山県新見市長=岡山3区=
石垣正夫(68才・無現1) =自民・公明推薦
梅田和男(57才・無新) 旧大佐町長

●岡山県備前市長=岡山3区=
西岡憲康(67才・無現1):民主 日生諸島架橋事業の推進
歳安友繁(59才・無新):前市議長 日生諸島架橋事業の一時凍結

●岡山県美作市長=岡山3区=
前原昭義(54才・無新) 元市企画振興部次長
春名明(72才・無新) 前市議長
安東美孝(60才・無新) 元副市長

●広島県庄原市長=広島6区=
滝口季彦(67才・無現1)
林保武(74才・無新) 元市副議長
藤原義正(52才・無新) 元県警察官
入江幸弘(66才・無新) 元助役

●山口県長門市長=山口4区=
松林正俊(58才・無現2) 市長、(元)市議、(元)衆院議員(林義郎)秘書
林克好(57才・無新)  市議、(元)旧油谷町議
南野京右(73才・無新)  市議会議長、(元)旧市議

199 千葉9区 :2009/04/12(日) 12:29:14
□2005年4月24日実施の選挙の結果
◇新見市長選挙(岡山県)開票結果 投票率86.84%
当13095 石垣正夫(無新、自・民・公推薦、64歳、初当選)
 12714 梅田和男(無新、53歳)
※新「新見市」は、旧「新見市」、大佐町、神郷町、哲多町、哲西町が合併して誕生。
今回の選挙は初代市長を決める選挙。当選した石垣氏は旧・新見市長。梅田氏は旧・
大佐町長。

200 千葉9区 :2009/04/13(月) 21:23:12
出雲は阿国座問題ですね。
他に、庄原と長門で現職落選。
しかも長門は73歳の新人って・・・

●島根県出雲市長=島根2区=
 西尾理弘(67才・無現1):国民新
 菊地恵介(33才・無新):民主の一部  、「出雲阿国座」建設中止派
☆長岡秀人(58才・無新):民主の一部、前副市長

●岡山県新見市長=岡山3区=
☆石垣正夫(68才・無現1) =自民・公明推薦
 梅田和男(57才・無新) 旧大佐町長

●岡山県備前市長=岡山3区=
☆西岡憲康(67才・無現1):民主 日生諸島架橋事業の推進
 歳安友繁(59才・無新):前市議長 日生諸島架橋事業の一時凍結

●岡山県美作市長=岡山3区=
 前原昭義(54才・無新) 元市企画振興部次長
 春名明(72才・無新) 前市議長
☆安東美孝(60才・無新) 元副市長

●広島県庄原市長=広島6区=
 滝口季彦(67才・無現1)
 林保武(74才・無新) 元市副議長
 藤原義正(52才・無新) 元県警察官
☆入江幸弘(66才・無新) 元助役

●山口県長門市長=山口4区=
 松林正俊(58才・無現2) 市長、(元)市議、(元)衆院議員(林義郎)秘書
 林克好(57才・無新)  市議、(元)旧油谷町議
☆南野京右(73才・無新)  市議会議長、(元)旧市議

201 千葉9区 :2009/04/13(月) 21:38:01
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=511425004
出雲市長選 長岡氏が圧勝し、初当選

 任期満了に伴う出雲市長選が十二日、投開票され、無所属新人で元副市長の長岡秀人氏(58)が60%を超える得票率で、同新人の元地元夕刊紙役員の菊地恵介氏(33)、再選を目指した同現職の西尾理弘氏(67)に圧勝し、初当選した。投票率は市長選が無投票となり、単独で行われた前回の市議選(78・03%)を0・53ポイント上回る78・56%だった。

 西尾氏の敗退によって、選挙戦に突入した島根県内の市長選では、昨年の益田、安来両市長選に続き、現職が三連敗したことになる。

 二〇〇五年三月の旧二市四町合併後、初の選挙戦となった出雲市長選は、伝統芸能上演施設「出雲阿国座」の建設計画に代表される積極財政への評価やまちづくりの将来ビジョンが争点となった。

 長岡氏は、同建設計画など、多額の借金を生み出した財政運営の「方針転換」を主張。行財政改革や不況を踏まえた経済・生活対策を最優先課題に掲げた。

 出馬表明は三候補で最も遅かったが、合併前の旧平田市長や新出雲市の副市長を務めた豊富な行政経験に裏打ちされた現実的な改革論が、徐々に浸透。自民党出雲総支部の支持、同党の有力支持組織の市農政会議の推薦のほか、連合島根傘下の一部労組や民主党の地元選出県議の後押しも受け、着実に票を積み上げた。

 菊地氏は、出雲阿国座の建設計画に反対する市民団体・出雲市を愛する会や自民党の元県議らの支援を受け、若さを前面に押し出して運動を展開。同計画の「即刻中止」と市財政の健全化などを訴えたが、届かなかった。

 西尾氏は旧出雲市長選から続いた自民、公明両党の全面支援を失って苦戦。実現に意欲を燃やした出雲阿国座計画が市民の猛反発を浴びた上、選挙戦を目前に突如、打ち出した見直し方針も逆効果で、最下位に沈んだ。

 開票は午後九時から、同市今市町北本町の出雲体育館で実施。順調に票を伸ばし、当選を果たした長岡氏は「皆さんの熱い支援のおかげ。市民の暮らしを最優先に、安心して住める出雲市にする」と決意を述べた。

 当日の有権者数は、十一万五千九百八十六人(男五万四千八百九人、女六万一千百七十七人)。

http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=511392004
【速報】出雲市長に新人・長岡氏

 ◇出雲市長選挙開票結果
 (12日22時37分、選管最終)
当54,703 長岡 秀人 58 無新
 18,683 菊地 恵介 33 無新
 16,832 西尾 理弘 67 無現

202 千葉9区 :2009/04/13(月) 21:54:57
>>200すんません
庄原は現職=滝口の再選でした。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200904120264.html
庄原市長に滝口氏再選 新人3人を破る '09/4/13

--------------------------------------------------------------------------------


 任期満了に伴う庄原市長選、市議選が十二日、投開票された。市長選では無所属で現職の滝口季彦氏(67)が、いずれも無所属新人の元市助役入江幸弘氏(66)、元県警警察官藤原義正氏(52)、元市議会副議長林保武氏(74)を破り、再選を果たした。

 当選確実の連絡を受けた滝口氏は、西本町の事務所で支援者たちと万歳し、当選を喜んだ。

 選挙戦では、「農業自立振興」「木質バイオマス利活用」「観光振興・定住促進」の三プロジェクトや、自治振興区による協働の地域づくりなど一期目の実績をアピール。「継続こそ力。夢と活力のあるまちづくりを進める」と訴え、旧庄原市を中心に市内全域で支持を集めた。

 当日有権者数は三万四千八百十六人、市長選の投票率は83・75%、市議選は83・77%だった。(梨本晶夫、戸田剛就)

▽最終結果は次の通り(敬称略)

 当 滝口季彦 13,626

   入江幸弘  9,832

   藤原義正  4,204

   林 保武  1,016

203 名無しさん :2009/04/13(月) 22:16:49
山陽小野田市長選(衆院山口3区) 告示:4/12 投票:4/19
白井博文 71 無[自民支持] 現 (元)高裁判事
坂辻義人 63 無[民主支持] 新 (元)市職員

前回 05/4/24
当 22726 白井博文 67 無      新 (元)高裁判事
   11311 石川宜信 57 無[社民] 新 (元)旧小野田市議会議長
----
山口新聞4/11
 山陽小野田市長選 あす告示
 任期満了に伴う山陽小野田市長選は十二日告示、十九日投開票される。二〇〇五年三月の合併後二度目と
なる市長選には、いずれも無所属で、再選を目指す現職の白井博文氏(71)と元市建設部長の新人、坂辻義人
氏(63)が立候補を予定。合併後のまちづくり、行財政改革などを争点に一騎打ちとなる公算が大きい。

 白井氏は小野田高校を経て九州大学卒。裁判官を務め、大阪高裁判事で退官。〇三年四月、旧山陽町と小
野田市の合併後初の市長選に出馬し、財政再建などを訴え初当選。今回の選挙には、「今まで進めてきた財政
再建と市役所改革に引き続き取り組むことが責任」と出馬を表明した。合併特例債百五十億円の活用、定住人
口増加による住みよさアップなどを訴えている。自民党小野田支部が支持。

 坂辻氏は、萩商工高校卒業後、旧小野田市入庁。〇六年三月に山陽小野田市建設部長で定年退職。自治会
副会長を務める。今回の選挙には、「行政経験を生かし、子どもや高齢者重視のまちづくりを」と出馬を表明した。
「財政再建が先行するあまり、市民サービスが低下した」と現市政を批判。行財政改革、空席の副市長を核とした
庁内組織再編、子育て支援策などを訴える。民主党が支持。

204 千葉9区 :2009/04/13(月) 22:19:18
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/article.aspx?id=20090413000050
現職新人の一騎打ち/丸亀市長選告示
2009/04/13 09:39

メールで記事を紹介 印刷する 一覧へ
 丸亀市の市長選・市議選が12日、告示された。市長選には現職の新井哲二(65)、新人で会社経営平川淳(52)の2氏(いずれも無所属)が立候補。旧市町ごとの選挙区制が撤廃され、初めて全市が一つとなって実施される市議選(定数30)には現職、新人計36人が出馬した。各候補は出陣式の後、遊説に出発。19日の投開票日まで、1週間の選挙戦に突入した。

 2005年の新市発足から2回目となる今回の市長選は、既に出馬を表明していた現職、新人2氏の一騎打ち。行財政改革の推進や教育、福祉問題などが争点となる中、両候補の主張に対する有権者の判断が注目される。

 新市の初代市長となった新井氏は、合併後4年間で行った行財政改革の実績を強調。救急医療体制の整備や文化・観光など市民生活の活性化に向けた環境づくりを公約に掲げており、出陣式で「市民の意見を基にして、まちづくりに取り組みたい」と表明した。

 平川氏は長年、経営コンサルタントとして自治体や企業の改革に携わってきた経験をアピール。子育てがしやすく、高齢者や障害者にやさしいまちづくりを基本方針に「丸亀を全国に誇れる文化都市にしたい」と出陣式で訴え、有権者の支持拡大を図る。

 期日前投票は13―18日。市役所と市飯山市民総合センター、市栗熊コミュニティセンターの三カ所で実施。投票は19日、市内36カ所で行われ、即日開票される。

丸亀市長選立候補者
 【注】左から届け出順、敬称略。(1)現職(2)略歴(3)現住所(4)最終学歴。[]内数字は当選回数。
平川淳(ひらかわあつし) 52 無 新
(1)会社経営(2)経営コンサルタント(3)中津町(4)東京大
新井哲二(あらいてつじ) 65 無 現[1]
(1)市長(2)市PTA連合協議会長(3)中津町(4)拓殖大

205 千葉9区 :2009/04/13(月) 22:33:44
>同県内の市長選では04年4月以来、現職・前職が敗れ続けていたが、石垣、西岡両氏の当選で連敗は9で止まった。
いろんな意味で凄い
http://news.sanyo.oni.co.jp/senkyo/09_spring_total/2009/04/13/20090413173557.html
美作市長に安東氏 新見は石垣氏、備前は西岡氏
岡山県内3市長選
 任期満了に伴う新見、備前、美作の3市長選は12日、投票が行われた。即日開票の結果、新見は石垣正夫氏(68)=自民、公明推薦、備前は西岡憲康氏(67)=民主推薦=と、いずれも現職が新人との一騎打ちを制して再選を果たした。新人3人で争われた美作市は前副市長の安東美孝氏(60)が初当選した。

 3市とも、旧合併特例法期限の2005年3月に新設合併で誕生し、合併後のまちづくりに対する評価、今後の地域振興策などが争点となった。

 新見市長選は前回と同じ顔ぶれで争われ、市議選とともに岡山県内では約4年半ぶりの電子投票で行われた。石垣氏は4年間の実績をアピールして支持を固め、旧大佐町長の梅田和男氏(57)を再び退けた。投票率は84・64%。

 備前市長選は、日生大橋(仮称)事業の推進を掲げた西岡氏が着実に浸透。同事業の一時凍結を訴えた前市議会議長の歳安友繁氏(59)を約900票差で振り切った。投票率は67・69%。

 同県内の市長選では04年4月以来、現職・前職が敗れ続けていたが、石垣、西岡両氏の当選で連敗は9で止まった。

 美作市長選は、現市長に後継指名された安東氏が票を伸ばした。前市議会議長の春名明氏(72)、前市企画振興部次長の前原昭義氏(54)は及ばなかった。投票率は83・50%。

 新見、真庭、美作では市議選、備前市では市議補欠選が合わせて行われ、12日深夜までに新たな顔ぶれが決まった。

 同日は美咲町長・町議選も投開票され、町長選は新人で前町議会議長の定本一友氏(60)=自民、民主、公明推薦=が初当選を果たした。再選を目指した現職の奥村忠夫氏(68)は票を伸ばせなかった。投票率84・46%。

(2009年4月13日掲載)

206 千葉9区 :2009/04/14(火) 22:13:44
>>130-132>>181
http://mainichi.jp/area/tottori/news/20090414ddlk31010627000c.html
選挙:米子市長選/米子市議補選 市長選、現職と2新人の争い−−告示 /鳥取
 ◇市議補選は5人が立候補
 任期満了に伴う米子市長選は12日告示され、再選を目指す現職の野坂康夫氏(63)=自民推薦▽市議を辞職した新人の八幡美博氏(58)▽元県西部総合事務所長で新人の上場重俊氏(60)=自民推薦=の無所属3氏が立候補し、激しい三つどもえ戦に突入した。市議補選(改選数2)には新人3、元職2の5人が立候補した。

 投票は19日、44カ所で行われ、午後9時から市民体育館で即日開票される。11日現在の選挙人名簿登録者数は12万337人(男5万6245人、女6万4092人)。

 市長選に立候補した3候補はいずれも市内の出陣式で第一声を上げ、選挙カーで市内を一巡、支持を訴えた。

 市議補選の立候補者の党派別は共産1、無所属4。【小松原弘人、武内彩】

 ◇各政党、複雑な様相
 今回の米子市長選を政党の側面からみると、自民が野坂、上場両候補を推薦するという異例の対応をみせたことで、自民県議や保守系市議のほか地元経済界も割れた。民主は支持層が主に上場、八幡両候補に流れたうえ、八幡候補には県連幹部も付いたため、党内の亀裂を恐れて態度決定を見送った。公明は自主投票を決定。共産は、自らが加わる市民団体が独自候補から八幡候補寄りに転換したことを受け、党の態度決定はしない方針。近づく次期総選挙への計算も働いており、複雑な様相だ。【小松原弘人】

 ◆立候補者の第一声(届け出順)

 ◇生活充実都市の実現−−野坂康夫候補
 野坂候補は、米子市東福原の事務所前で出陣式。支持者ら約600人が集まり、周辺の首長や市議らも応援に駆けつけた。井上賢明選対本部長のあいさつ途中、立候補の届け出順が一番になったことが分かり、歓声が上がった。

 「生活充実都市・米子の実現」を目指して2期目の戦いに挑む。重点施策として、10年度中のJR米子駅のバリアフリー化▽市道安倍三柳線の工事再開▽中小企業対策と緊急雇用の促進などを掲げる。

 行財政改革に取り組んだ過去4年間の実績から堅実性をアピール。「財政基盤、行政基盤が見えつつあり、成果も現れつつある。もう一度、米子市政を託してほしい」と訴えた後、全員で「ガンバロー」と気勢を上げた。

 ◇脱官僚の市政を実行−−八幡美博候補
 八幡候補は米子市東町の事務所前に約450人を集めて出陣式。森雅樹選対本部長(市議)が「2月までは低空飛行だったが、3月になって先頭が見えてきた」と支持者に奮起を促した。

 連合鳥取の磯江智昭会長は「総力を挙げて戦う」と表明。支持母体「市民の力・米子」の後藤秀一代表は「私たちが行動すれば、米子が劇的に変わります」とあいさつした。

 八幡候補は「市民主権・脱官僚の市政を行う。公共下水道は1軒当たり350万円、合併浄化槽なら100万円。どちらを取るか納税者の視点で決める。働く保護者のためのなかよし学級が午後5時で終わっている進め方を変える。教育・子育てを最優先に取り組みます」と打ち上げた。

 ◇行政の経験を生かす−−上場重俊候補
 上場候補はJR米子駅前だんだん広場に約500人を集めて出陣式。小坂道弘後援会長(元市助役)が「37年間の県行政で培った経験、実行力で米子市を停滞から立ち直らせてほしい」と上場氏に奮闘を求めた。

 出陣式には県議、市議、元町長、国会議員関係者らが顔をそろえた。推薦した自民県連の山根英明幹事長は「行政マンらしくない馬力の持ち主」と持ち上げた。

 上場候補はこの日の朝、皆生海岸で身を清めて臨んだことを披露。「現在に至るまで米子市を築いた諸先輩に誠をささげたい。皆さんが1人10票集めれば大変な数になる。必勝を期して頑張ります。米子市を明るく元気にするため戦います」と支援を訴えた。

==============

野坂康夫(のざか・やすお) 63 無現(1)

 市長[歴]外務省国内広報課長・在中国大使館参事官・在英国大使館公使▽旧米子市長▽東大中退=[自]

八幡美博(やわた・よしひろ) 58 無新

 [元]市議▽保護司▽市陸協副会長[歴]松下電器産業労組米子支部委員長▽市消防団副団長▽中大

上場重俊(うわば・しげとし) 60 無新

 [元]県西部総合事務所長[歴]県工業振興課長・農林水産部次長・花回廊園長・企画部長▽鳥取大=[自]

==============

207 千葉9区 :2009/04/14(火) 22:16:52
現職は(副市長ではなく)市議のほうについたんですね
http://mainichi.jp/area/tokushima/news/20090414ddlk36010502000c.html
選挙:阿波市長選/阿波市議補選 市長選に2新人 市議補選には3人 /徳島
 任期満了に伴う阿波市長選は12日告示され、前市議の篠原啓治氏(52)=同市吉野町柿原=と、前副市長の野崎國勝氏(66)=同市阿波町善地=の無所属新人2氏が立候補を届け出た。選挙に目立った対立軸は見られず、今期限りで引退する小笠原幸市長(77)の後継争いの様相を呈しているが、旧町合併による誕生から4年を迎えた市の方向性を決める重要な機会になる。

 同日告示された市議補選(改選数2)には元職2人、新人1人の3氏が立候補した。

 期日前投票は13〜18日の午前8時半〜午後8時、旧阿波・市場町在住者は阿波農村環境改善センター(同市阿波町東原)で、旧土成・吉野町在住者は土成コミュニティセンター(同市土成町土成)で受け付ける。投票は19日午前7時〜午後8時、市内17カ所で。午後9時15分から即日開票される。11日現在の選挙人名簿登録者数は3万4822人(男1万6539人、女1万8283人)。【岸川弘明、井上卓也】

 ◆立候補者の第一声(届け出順)

 ◇お年寄りに優しい町に−−篠原啓治候補(52)=無新
 篠原氏は午前8時半から、同市土成町土成の空き地で出陣式。会場には「今こそ、阿波市の底力」とキャッチフレーズが書かれたのぼりが立ち並んだ。

 子育て支援の推進や福祉の充実を掲げる篠原氏は第一声で、「若者が定住し、お年寄りに優しい町作りを考えるべきだ」と主張。「小笠原市長が築いた土台とともに、さらに幸せな街にしていきたい」と抱負を語った。

 市長や県議をはじめ、約5500人(陣営発表)が応援に駆けつけた。最後に「篠原啓治を市政の壇上に押し上げよう」との掛け声に合わせ、ガンバロー三唱して盛り上げた。

 ◇基幹産業の農業発展を−−野崎國勝候補(66)=無新
 野崎氏は午前8時半から、同市土成町秋月の選挙事務所前で出陣式に臨んだ。第一声では、副市長として合併旧4町間の制度調整に努めた実績をアピール。「県随一の農業地帯だが、高齢者も多い。商工会などと協力し、担い手を育成する」と基幹産業の農業発展を強調。「市職員が一丸となり、地域で助け合っていけるような市にしたい」と訴えた。

 応援する市議会議長や副議長らも出席。必勝鉢巻きをした野崎氏が「皆さんと相談しながら頑張りたい」と呼び掛けると、駆けつけた支援者約4700人(陣営発表)から大きな拍手が送られた。

==============

篠原啓治(しのはら・けいじ) 52 無新

 石油販売業[歴]旧吉野町議▽市議・副議長▽日大

野崎國勝(のざき・くにかつ) 66 無新

 [元]副市長[歴]県農林水産部次長▽日本獣医畜産大

==============

 ◆立候補者(届け出順)

 ◇阿波市議補選(改選数2−3)
藤川豊治 62 無新 農業[歴]四国放送社員

池光正男 55 共元 農業[歴]旧市場町議

吉本健二 61 無元 行政書士[歴]旧土成町議

208 千葉9区 :2009/04/14(火) 22:36:01
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/article.aspx?id=20090411000098
保守系9人、新会派を結成/坂出市議会
2009/04/11 10:07

メールで記事を紹介 印刷する 一覧へ
 坂出市議会(24人)の保守系最大会派・同志会(14人)に所属していた議員9人が10日、同会を退会して新会派「自由民主党議員会」を設立した。任期満了に伴う5月の市長選に出馬表明している現職に対し、支持姿勢を明確にするのが目的。会長には東山光徳氏(69)、幹事長には稲田茂樹氏(62)が就いた。

 同日あった臨時の同志会総会で退会の申し出を受理された後、議会事務局に結成届を提出した。新会派は新たな最大会派となり、市長選で6選目を目指す現職の松浦稔明氏を推薦することで一致している。

 5人体制となった同志会は、市長選立候補を表明している所属議員で新人の綾宏氏=現議長=を支持する方向。

 両会派以外の会派は、日本共産党議員会(2人)、社会民主党議員会(同)、公明党議員会(同)、黎明(1人)、政志会(同)、真政会(同)、自由友の会(同)。

209 千葉9区 :2009/04/17(金) 20:39:54
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200904170121.html
松江市議選、票の争奪が激化 '09/4/17

--------------------------------------------------------------------------------

 任期満了に伴う松江市議選(定数34)は、全市1区選挙となり、定数は2005年4月の前回選から14減少した。定数を12上回る46人が立候補し、旧市内での票の奪い合いは特に激しくなっている。各陣営とも有権者の動向を読み切れないまま終盤を迎えた。

 内訳は現職34、新人12。旧市町村の地域別では松江32▽鹿島2▽島根1▽美保関2▽八雲2▽玉湯3▽宍道2▽八束2―の計46人。合併特例法で前回設けられた選挙区は撤廃された。

 旧町村部からは、島根を除いて1地区に複数候補が立候補。各陣営は地域固有の課題解決を訴え、地区内の住み分けを図るが、票の絶対数が少ない。ある現職候補は「旧市で票を積み上げるしかない」と連日、旧市内に選挙カーを走らせる。

 これに対し、旧市内から立つある現職陣営は「旧町村部では多くの票は見込めない。地盤を守るしかない」と危機感を募らせる。旧町村部からの攻勢に加え、かつてない競争率。中には、1日30回前後の街頭演説をこなす現職候補もいる。

 ある新人候補は「詳しい行程は決めず、全市域を回っている」と知名度アップを図る。旧市内には、地盤を持つ現職陣営に加え、旧町村部の候補、新人候補らが入り乱れる展開になっている。

 定数減により前回より当選ラインは上がるとみられるが、旧市内の現職陣営からは「前回より票を伸ばすのは難しい」との声が相次ぐ。複数の陣営は当選ラインは1600―1800票とみるが、「投票率は旧市と旧町村で大きく異なる可能性がある。前回と状況が変わり得票数は読めない」と困惑気味だ。

210 千葉9区 :2009/04/18(土) 23:06:44
●鳥取県米子市長
野坂康夫(63才・無現1) =自民推薦
八幡美博(58才・無新) 前市議 =連合鳥取支持
上場重俊(60才・無新) 元県西部総合事務所長 =自民推薦

 自民;野坂・上場推薦
 民主;上場氏と八幡氏の間では民主党支持層の奪い合いがあって、同党県連は野坂氏「不支持」

●島根県松江市長
松浦正敬(61才・無現1) =自民・民主・公明推薦
川上大(50才・無新) 学習塾経営

●山口県山陽小野田市長=山口3区=>>203
白井博文(71才・無現1):自民支持
坂辻義人(63才・無新) 元小野田市建設部長:民主支持

211 千葉9区 :2009/04/18(土) 23:15:24
●徳島県阿波市長=徳島2区=
篠原啓治(52才・無新) 市議  市長や県議
野崎国勝(66才・無新) 副市長 :市議会議長や副議長らも

●香川県丸亀市長=香川3区、香川2区=
新井哲二(65才・無現1)
平川淳(52才・無新) 経営コンサルタント

●愛媛県八幡浜市長=愛媛4区=
高橋英吾(68才・無現1)    :息子が民主党から衆院選出馬予定
大城一郎(44才・無新) 前市副議長
山本儀夫(58才・無新) 元市議長

212 千葉9区 :2009/04/18(土) 23:27:00
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kochi/news/20090414-OYT8T00854.htm
漸進・四万十 市長選を前に<上>
合併効果 なお時間


来年3月完成へ建築工事が進む新市庁舎。総事業費45億円のうち合併特例債は34億円が充てられる。(四万十市中村大橋通で)  旧中村市と旧西土佐村が合併して誕生した四万十市は、4月10日から5年目に入った。3月末の人口は3万6593人。四万十川流域の広大な面積、4国道が集まる地の利からも、将来、道州制に移行すれば四国西南の中核と期待されるが、都市機能など拠点としての課題は多い。19日告示、26日投開票の市長選を前に、合併後を検証する。(高橋俊介)

 ◆…新庁舎…◆

 合併によって新市には、国から投資資金の特例債88億円が10年間で交付される。事業の70%を国が持つ有利な起債で、2005〜09年度に約半分の46億円が使われる見込み。その最大の事業が、耐用年数を超えた庁舎の現在地での拡張による改築だ。

 10年3月の完成へ向け、今年度約25億円で耐震設計の地上7階建て地下1階の本体工事をする。総事業費45億円のうち特例債分は34億円。位置については、狭い市街地でなく、外からの利便性から国道56号沿いなどの要望も強かったが、市は候補地の中から、人口集中や防災など中枢機能を重視して決めた。

 動き出した以上、今後は活用と外からのアクセスが課題となる。市は一時、国道56号と新庁舎を南北の最短距離(約800メートル)で結ぶ都市計画道路を検討したが、開発が進む市入り口の古津賀区画整理事業を優先。この事業が終わり、56号との間にある羽生山にトンネルを造るなど交通手段の再検討を迫られる。

 市街地を囲む二つの川の堤防を使う市道「堤防廻(まわ)り線」の整備で街中の渋滞解消策も進むが、密集地に新庁舎が建つ以上、中枢施設が機能しやすいよう、市街地の“風通し”を良くする必要がある。

 ◆…道の駅…◆

 対等合併とはいえ新市は、自立心が強かった小さな旧村の消滅で成立した。その意味でも、西土佐地域が寂れないよう手厚い活性化対策が求められている。市は08年度、特例債事業として愛媛県境に近い国道に約8億円で道の駅を作る計画を立てたが、住民の反対で暗礁に乗り上げた。「計画には賛否もあり、今年度内に結論を出す」(西土佐総合支所)とするが、住民任せでなく、市が建設地を提案するなど主体性も問われる。

 ◆…国道441号…◆

 四万十川に沿って市中心部と西土佐地域を結ぶ国道441号を「合併促進道路」と位置づけ、県のトンネル、バイパス工事が進む。しかし、4年間の新規開通は今年2月に完成した久保川工区のわずか1・1キロ。約40キロのうち、未改良区間は難所の中半など約10キロある。

 現在調査中の国直轄代行での工事に切り替えても、全面改良には6年以上かかる見通しで、愛媛県宇和島市など同県の経済圏から抜け出せず、住民の間には「高速道路網より身近な生活道路を」の声も挙がっている。特例債を活用した西土佐中央地区ほ場の完成は2年後で、木くずなどを熱源に利用する木質バイオマス事業もこれから。合併の効果が目に見える形になるには、なお時間がかかりそうだ。

(2009年4月15日 読売新聞)

213 千葉9区 :2009/04/18(土) 23:27:32
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kochi/news/20090416-OYT8T01040.htm
漸進・四万十 市長選を前に<中>
病院存続へ正念場
◆…市民病院再生…◆



赤字が続く市立市民病院。夜間の救急医療復活へも医師確保が最大の課題だ(四万十市中村東町で)  1952年に開設された市立市民病院は、市外からの外来、入院患者はいずれも全体の約40%を占め、文字通り地域の中核病院といえる。しかし、2003年度を除き、97年度以降は1億円以上の赤字が続く。職員の高齢化に伴う人件費の圧迫、診療報酬の引き下げなどに加え、国の臨床研修制度による医師数の減少が続いたことが要因だ。

 内科、外科、脳神経外科、整形外科の4科の医師数は4月現在、実質7人で、新市発足時の15人から半減。医師1人減による減収は約4000万円という。07年度からの夜間救急業務中止、付属診療所廃止、患者数減で年間赤字額は3億円前後に増え、経営危機に陥った。

 市民の命と健康を預かる公立病院への期待は強く、市は存続に向けて07年度に3億円、08年度に2億2000万円を一般会計から支援。09年度も7000万円を繰り出す一方、医師を除く現業職員の5〜10%給与カットと増収策で収支改善を目指す。

 独立採算が原則の公営企業とはいえ、医師団らは引き続き市全体での再建を要望。市は「10年度以降の支援は、09年度の経営改善状況を見て検討する」としている。一般会計からの継続支援は、市自体の屋台骨を揺るがしかねないからだ。

 市が策定した市民病院改革プランでは11年に収支均衡を目指すが、そのためには医師確保が最大の課題。市民が安心できる夜間救急業務の再開に医師数は最低でも10人は必要で、市立病院として存続させるには、この2年間が正念場といえる。

◆…文化施設…◆

 00年に県から無償譲渡を受け、02年から指定管理者が運営する市立文化センターは、老朽化が進み、大ホール(700席)の音響設備が良くないうえ、駐車場は50台しか収容できない。このため、都会からの県西部公演などは、宿毛市などへ流れることが多く、市民の文化活動にも使い勝手が悪い。名実ともに四国西南の拠点都市となるには、新センターは欠かせない。

 06年末、市民団体が「サンリバー四万十(右山)の跡地を買い取り、文化と福祉の施設を」と陳情。市議会は採択したが、市は買い取りを断念し、跡地には民間の物産館が建設されている。

 新立地として注目されるのが、かつて市役所の移転候補地にも挙げられた小高い「羽生山」。市役所に近く、市街地や四万十川を見下ろす場所で、「中心市街地の活性化や文化振興など相乗効果は大きい」と期待されるが、山には約2500基の墓がある。先祖を葬る墓の移転は、調査や同意など時間を要する。20億円を下らない開発の財源とともにハードルは高い。

 羽生山は長年、四万十川と後川に囲まれた市街地の発展へネックとされてきたが、「新庁舎が中心市街地の現位置に建つことで新たな展望が開ける」との声もある。「羽生山開発」を再度考える時に来ている。

(2009年4月17日 読売新聞)

214 千葉9区 :2009/04/18(土) 23:28:04
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kochi/news/20090417-OYT8T00952.htm
漸進・四万十 市長選を前に<下>
活性化 施策に期待


四国西南の拠点都市へバランスの取れた発展が望まれる四万十市の市街地(本社機から)  ◆…観光と街活性化…◆

 「南予(愛媛県南部)からの客がもっと増えれば」「インターチェンジ(IC)を生かして市街地へ客を」。3月20日、四万十市右山―間(はざま)6・1キロの自動車専用道路開通セレモニーで、関係者らは期待を込めた。全国区の観光地・四万十川を持つ市や住民の高速道路網整備への願いは強い。

 四国の道路地図を見ると、8の字高速ネットワークで四国西南はまだつながっていない。かつて地元では、「高速交通の計画がないのは北海道の襟裳岬と幡多地域だけ」と言われた。その“空白”は少しずつ埋められている。いずれ8の字で結ばれるだろうが、須崎―四万十市―宿毛市の全通には、かなりの年月を要する。

 「四万十川への客は大半がここを通り、地域も含め年間50万人の入館が見込める」。右山の四万十IC近くに、7月開館に向けてレストラン併設の物産館を建築する会社社長は、高速道延伸を期待しながら力を込めた。昨年、同市を訪れた客は推定75万人。「50万人なら1日平均1400人。立地条件の良さから可能な数字」と観光関係者はうなずく。

 物産館は国道2路線が交差する市街地の入り口に建ち、観光情報も発信する。うまく生かせば、郊外店進出などで客離れが進む中心商店街の再生への好機となる。ただ、「小京都」の中心街までは1キロ前後。物産館に集まる客をどう呼び込むかが課題だ。

 足を向けさせるには工夫がいる。四万十川や歴史の資料館づくりも一案。3倍に広がる新庁舎一般駐車場(約100台収容)は土日祝日に開放すべきだろう。街の熱意はもとより、活性化を後押しする市の企画力も試される。

 ◆…産業振興…◆

 市は流通などサービス業の比率が高く、〈西の商都〉とも言われる。加えて、20年来の四万十川人気で観光業のウエートは年々高まった。だが、その一方で、生産活動への行政施策が遅れた面は否めない。

 例えば、四万十川の水産資源。かつて年間1000トンを超えた全国有数のアユの水揚げは、近年、5分の1に減り、特産の天然アオノリも、3年連続の不作に見舞われた。ウナギ、エビなど大半の魚種の漁獲量は、観光客増と反比例して下降線をたどった。「四万十川の観光に頼り、放っておけば人は来る、金は落ちる、そんな安易な考えがあったのではないか」。漁師の一人はつぶやいた。

 県の産業振興策に合わせるように、農産物加工品を自主的に生産する中山間グループが芽生えている。やる気のある地域には、行政が積極的に支援の手を差し伸べるべきではないか。合併で広がった市域は80%が山林で、多くが人工林。地域の雇用増大のためにも、公共建築物への地元材使用、間伐材の利活用など、山を生かした生産的な施策の展開はできるはずだ。市街地と中山間のバランスが取れた発展が望まれる。(終わり)

この連載は高橋俊介が担当しました。

(2009年4月18日 読売新聞)

215 千葉9区 :2009/04/18(土) 23:28:43
>>212-214
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kochi/news/20090417-OYT8T00958.htm
四万十市長選 一騎打ちか
 四万十市長選は19日告示される。いずれも無所属で、再選を目指す現職の沢田五十六氏(66)(自民、公明推薦)と、新人で元農林中央金庫職員の田中全氏(56)(民主、共産、社民推薦)が立候補を表明し、現職と新人の一騎打ちが濃厚となっている。

 旧中村市長と合わせ3期7か月務めた沢田氏は、昨年6月、「合併効果をさらに高めるため一身をささげ、最後の期で臨む」と表明。通算12年余りの実績を強調し、産業振興による雇用増大、市民病院の再生、少子化対策などを政策に挙げる。

 農林中金に30年間務めた田中氏は昨年夏、「古里のために役立ちたい。産業振興などでにぎわいを取り戻す」と決意を述べた。対話重視の市政を基本姿勢に、デマンド交通の拡充、市民病院の救急医療復活、公共事業の地元発注などを掲げる。

 立候補の届け出は、午前8時30分から午後5時まで同市立図書館ホールで。投開票は26日。3月2日現在の有権者数は2万9849人。

(2009年4月18日 読売新聞)

216 千葉9区 :2009/04/20(月) 00:25:23
●鳥取県米子市長
☆野坂康夫(63才・無現1) =自民推薦
 八幡美博(58才・無新) 前市議 =連合鳥取支持
 上場重俊(60才・無新) 元県西部総合事務所長 =自民推薦

 自民;野坂・上場推薦
 民主;上場氏と八幡氏の間では民主党支持層の奪い合いがあって、同党県連は野坂氏「不支持」

●島根県松江市長
☆松浦正敬(61才・無現1) =自民・民主・公明推薦
 川上大(50才・無新) 学習塾経営

●山口県山陽小野田市長=山口3区=>>203
☆白井博文(71才・無現1):自民支持
 坂辻義人(63才・無新) 元小野田市建設部長:民主支持

217 千葉9区 :2009/04/20(月) 00:28:31
●徳島県阿波市長=徳島2区=
 篠原啓治(52才・無新) 市議  市長や県議
☆野崎国勝(66才・無新) 副市長 :市議会議長や副議長らも

●香川県丸亀市長=香川3区、香川2区=
☆新井哲二(65才・無現1)
 平川淳(52才・無新) 経営コンサルタント

●愛媛県八幡浜市長=愛媛4区=
 高橋英吾(68才・無現1)    :息子が民主党から衆院選出馬予定
☆大城一郎(44才・無新) 前市副議長
 山本儀夫(58才・無新) 元市議長

218 とはずがたり :2009/04/20(月) 10:53:28

八幡浜市長に新人・大城さん
港再開発見直し訴え
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/news/20090420-OYT8T00106.htm

万歳で初当選の喜びを爆発させる大城さん(左)と妻の靖子さん(19日午後10時16分、八幡浜市昭和通の事務所で)

 いずれも無所属の現職と新人による三つどもえの戦いとなった八幡浜市長選は19日、投開票され、新人で前市議会副議長の大城一郎さん(44)が、現職の高橋英吾さん(68)、新人で元市議会議長の山本儀夫さん(58)を破り、初当選を決めた。大城さんは、市立病院の医師不足解消や、港湾再開発事業の見直しを訴え、若さと行動力をアピールして幅広い支持を集めた。当日有権者数は3万3067人、投票率は75・02%(前回無投票)。

 事務所に当選の連絡が入ると、詰めかけた大勢の支持者らから大きな歓声と拍手が起こった。握手で迎えられた大城さんは万歳を繰り返し、「市民が安心して暮らせるよう市立病院に医師3人と看護師を確保できるよう全力を尽くす。港湾再開発は見直しつつ、農林水産業や商店街の活性化に取り組み、街に笑顔を取り戻す」と、力強く抱負を語った。

 大城さんは、若者を中心とした政治団体を母体に、県議、市議の支援も取り付け、フレッシュさを前面に出して票に結びつけた。

 高橋さんは市立病院の医師不足に陥った開設者としての責任、山本さんは争点の港湾再開発に具体策を示せなかったのが響いた。

 大城さんは八幡浜市出身。岡山商科大商学部卒。製材会社を経営し、2003年、旧市の市議に初当選した。

八幡浜市長選開票結果 候3

当 11,722大城 一郎44無新〈1〉
   9,084高橋 英吾68無現〈1〉
   3,760山本 儀夫58無新 

(選管確定)
(2009年4月20日 読売新聞)

大城一郎氏が初当選決める 八幡浜市長選
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1146286762/8477

219 千葉9区 :2009/04/20(月) 21:25:57
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tottori/news/20090419-OYT8T00881.htm
米子市長選野坂さんV2
無所属2新人振り切り

 米子市長選は19日投開票され、無所属の現職・野坂康夫さん(63)(自民推薦)が、元市議・八幡美博さん(58)、元県西部総合事務所長・上場重俊さん(60)(自民推薦)の無所属新人2人を振り切り、再選を果たした。当日有権者数は11万7973人。投票率は58・59%で、三つどもえの激戦を反映し、44・89%と低調だった前回を大きく上回った。

 野坂さんの当選確実が伝わると、同市東福原の事務所は喜びに沸き返った。大勢の支持者に囲まれてバンザイを繰り返し、祝福の花束を受け取った野坂さんは「苦しい戦いを乗り切ることができ、皆さんに心から感謝している。JR米子駅の段差解消や小学校、保育園の耐震補強工事などに速やかに取り組み、生活充実都市の実現にまい進する」と2期目の抱負を述べた。

 米子市出身。外交官を経て、2度目の挑戦だった2003年の旧米子市長選で初当選。05年の合併後初の市長選でも勝利した。

 野坂さんは、昨年9月にいち早く立候補を表明。行財政改革を着実に進めて市の赤字転落を防いだ実績を前面に打ち出し、後援会支部や、妻千代美さん(63)を中心とする女性会を軸に支持を拡大した。

 八幡さんは支援団体「市民の力・米子」と連携し、市民に公約と資金カンパを募る新しいスタイルの「手作り選挙」を展開。連合鳥取の支持を受け、参加労組も活発に動いたが、保守層に浸透しきれなかった。

 上場さんは親族や同級生らを中心とした後援会と自民党県議、企業グループなどの支持を得て、県の要職を務めた実行力とリーダーシップをアピールしたが、政策に具体性を欠いて伸び悩んだ。

     市長選開票結果 候3

当 25,455 野坂 康夫 63 無現〈2〉

  22,274 八幡 美博 58 無新 

  20,666 上場 重俊 60 無新

                 (選管確定)

(2009年4月20日 読売新聞)

220 千葉9区 :2009/04/20(月) 21:27:19
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokushima/news/20090420-OYT8T00093.htm
阿波市長選野崎さん初V
 新人同士の対決となった阿波市長選は19日、投開票され、前副市長の野崎国勝さん(66)(無所属)が前市議の篠原啓治さん(52)(同)を破り、初当選した。ともに小笠原幸市政の後継を掲げ、政策的には大きな違いはなかったが、行政経験の豊富さをアピールし、幅広い層から支持を得た野崎さんが、篠原さんを振り切り、2代目市長に選ばれた。当日有権者数は3万4476人、投票率は77・55%(前回79・81%)だった。

 同市土成町の野崎さんの事務所には、早い時間からたくさんの支持者が詰めかけ、熱気があふれた。「当選確実」の一報が伝わると大きな歓声が上がり、日焼けした顔を紅潮させた野崎さんが大きな拍手で迎えられ、支持者と何度もバンザイ。「公平、公正、クリーンな市政にします。愛ある市政にし、弱者に尽くす誠意を必ず示します」などと抱負を述べた。

 野崎さんは、小笠原前市長の引退表明を受けて、2月に副市長を辞職して立候補表明。稲岡正一議長ら市議11人に応援され、出身の旧阿波町を中心に支持を固めた。副市長の頃から培ってきた人脈を生かし、市全域で手堅く支持を集めた。

 野崎さんは日本獣医畜産大卒。県農林水産部畜産課長、同部次長、阿波市助役などを歴任し、2005年7月から副市長を務め、行政経験は40年余り。

 篠原さんは、野崎さんと同じ日に立候補を表明。小笠原前市長らに応援され、市政への民間経営感覚の導入を強調し、「若者が定住し、お年寄りに優しいまちづくり」をアピールしたが、地盤の旧吉野町以外に浸透しきれなかった。

市議補選2人決まる 同日投開票された市議補選(欠2)は、3候補による激戦の末、無所属新人の農業藤川豊治さん(62)と、共産元議員の農業池光正男さん(55)が当選を果たした。投票率は77・38%。

開票結果 候2

当 13,662野崎 国勝66無新〈1〉

  12,749篠原 啓治52無新 

(選管確定)

221 千葉9区 :2009/04/20(月) 21:28:12
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kochi/news/20090419-OYT8T00673.htm
四万十市長選 現新一騎打ち
産業振興など争点
 四万十市長選が19日告示され、いずれも無所属で、新人で元農林中央金庫職員の田中全氏(56)(民主、共産、社民推薦)と、現職で再選を目指す沢田五十六氏(66)(自民、公明推薦)の2人が立候補した。衆院選高知3区の前哨戦としても注目されている。投開票は26日。

 両候補とも、市街地に構えた選挙事務所で、有権者らを前に第一声。市議11人が支える田中候補は、街頭演説を多くし、日曜市も歩いて支持を呼びかけた。市議15人が支援する沢田候補は、選挙カーで市内を細かく回り、夜は個人演説会を開いた。大きな争点はないが、市政の運営方針、産業振興、市民病院再建の手法などを巡って舌戦が展開されそう。

◇田中陣営◇

 田中候補の出陣式には、民主党国会議員や県議らが応援に駆けつけた。田中候補は「開かれた、ぬくもりのある市政を市民の手に取り戻す戦い」と切り出し、「市民病院は、現場の医師、看護師と心を一つにして政治生命をかけて立て直し、市民運動にする。市民の目線に立って対話を重ねながら、高齢者に優しい交通システムや1次産業の新しい基盤作りなどの政策を進める」と決意を込めた。

◇沢田陣営◇

 沢田候補の出陣式では、自民党国会議員や県議らが激励した。沢田候補は「12年余り、地方分権の流れをつくり、全国のモデル市を目指してきた」と振り返り、「皆さんのおかげで財政を再建し、ゴミ問題など懸案事業も実現できた。地域おこしや市街地活性化も着実に進んでいる。今後は、市民病院の医師を11人に増やして夜間救急医療を復活させ、県と一体で産業振興に全力を挙げる」と強調した。

          ◇

 期日前投票は20日から、午前8時30分〜午後8時、市庁舎裏の別館1階で受け付ける。18日現在の有権者数は2万9830人(男1万3877人、女1万5953人)。

(2009年4月20日 読売新聞)

222 名無しさん :2009/04/25(土) 13:37:54
票が伸びなかったなあ
投票率含め、盛り上がりに欠けたか?
----
選挙:山陽小野田市長選 白井氏、再選果たす ミニ集会重ね、幅広く浸透 /山口
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/archive/news/2009/04/20/20090420ddlk35010302000c.html
 任期満了に伴う山陽小野田市長選は19日投票、即日開票され、再選を目指す現職の白井博文氏(71)が、
元市建設部長で新人の坂辻義人氏(63)=いずれも無所属=を破り再選を果たした。当日有権者数は5万32
63人。投票率は60・28%だった。
 白井氏は同市西高泊の選挙事務所で支持者に囲まれ、目をうるませながら「みなさんありがとう。市民とともに
頑張ります。争点の分かりにくい選挙だったが、最初から勝利は私たちの側にあった」と喜びを爆発させた。
 旧小野田市と旧山陽町の合併で新市が誕生して4年。選挙戦は「合併後」の総括と今後の街づくりを争点に展
開。白井氏は120回以上に及ぶミニ集会を精力的にこなす一方、市民団体や同窓生組織が草の根運動に取り
組み、支持を広げた。
 坂辻氏は、財政抑制による閉そく感の打破を訴えたが及ばなかった。

==============
 ◇市長選開票結果=選管最終発表
当 21,340 白井博文 71 無現
   10,516 坂辻義人 63 無新

223 名無しさん :2009/04/25(土) 14:07:21
現職後継を標榜してるようだ
----
選挙:宇部市長選 久保田県議が出馬表明 /山口
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090424ddlk35010451000c.html
 任期満了に伴う宇部市長選(6月21日告示、同28日投開票)に、県議の久保田后子(きみこ)氏(54)が22日、無所属で出馬する意向を表明した。
他に市議の間で擁立を模索する動きがある。
 久保田氏は会見で「不景気で市民生活や企業経営などが疲弊している。厳しい状態だからこそ市民と一緒に市の新しい方向性を作りたい」と出馬理
由を述べた。マニフェストは、市民との対話を重ねる中で具体的に作っていくという。

【参考】
07年山口県議選 宇部市選挙区(衆院山口3区) 投票率52.91%
当 14,168 久保田后子 52 無所属[連合山口] 現 NPO団体代表(環境)、(元)宇部市議 ←この人
当 13,224 二木健治   51 自民             新 世襲
当 11,930 小泉利治   55 公明             現 党県副代表、(元)宇部市議
当 10,236 佐々木明美 60 社民[連合山口]   現 党県代表、(元)宇部市議、(元)宇部地区労連
当 10,090 岡村精二   53 自民             現 NPO団体理事長(青少年教育)、選挙区を外れた郡部地盤(美祢)、(元)宇部市議
当  8,802 藤本一規   42 共産             現 党県委員
    5,402 岩村誠     37 自民             新 幼稚園事務長
      518 佐々木信夫 68 新党地球の福祉   新 福祉法人理事長、山口ではお馴染みの泡沫候補 ←次期総選挙は4区で立候補予定

224 とはずがたり :2009/04/26(日) 20:42:31
>>220
補選の得票

選挙:阿波市長選/阿波市議補選 市長選、野崎氏「地域の実情、肌で感じた」 /徳島
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090421-00000258-mailo-l36
4月21日17時0分配信 毎日新聞

 ◇旧郡・町にも配慮
 913票差の激戦となった阿波市長選。初当選から一夜明けた20日、前副市長の野崎国勝氏(66)は同市阿波町善地の自宅で取材に応じ、2代目市長就任に向けた抱負や課題について語った。
 前夜は支援者らとの祝勝会に参加した後、午前1時過ぎに帰宅。就寝は午前3時前だったが普段どおり6時には目覚め、選挙期間は手入れできずにいた畑や庭を見て回ったという。自宅には早朝から祝福の電話が相次ぎ、妻陽子さん(66)も忙しそうだった。
 出馬表明した2月から市内のほぼ全域を歩いたという野崎氏は、「地域の実情を肌で感じた。高齢者や障害者を地域社会で支えていく計画が必要」と力説。今回の選挙で合併前の旧郡・旧町間のあつれきが明るみに出たとの指摘には、「市民、職員と共に全力で一体感を作っていく」と述べた。初登庁は5月8日の予定。
 野崎氏の当選を受け、飯泉嘉門知事は20日の会見で「副市長、県職員など行政経験が豊富。郡をまたがって合併した阿波市のかじ取りは簡単にいかない部分があるかもしれないが、市の名前を大いに広めてほしい」と期待した。【岸川弘明】
 ◇阿波市議補選 新議員に藤川氏、池光氏が当選
 阿波市長選に合わせ、19日投開票された市議補選(改選数2)は、無所属新人の藤川豊治氏(62)と共産元職の池光正男氏(55)が当選を果たした。任期は10年3月31日まで。確定得票数と新議員の略歴は次の通り(池光氏は合併後の在任特例で市議を務めたが市議選は初当選で、今回を当選1回目とした)。【岸川弘明】
………………………………………………………………………………………………………
 ◆開票結果
 ◇阿波市議補選(改選数2−3)=選管最終発表
当 9644 藤川豊治 62 無新
当 8090 池光正男 55 共元
  7521 吉本健二 61 無元
………………………………………………………………………………………………………
 ◆喜びの当選者
 ◇阿波市議補選(改選数2)
藤川豊治 62 無新(1)農業[歴]四国放送社員
池光正男 55 共元(1)農業[歴]旧市場町議

4月21日朝刊

225 千葉9区 :2009/04/27(月) 19:55:55
http://mainichi.jp/area/kochi/news/20090427ddlk39010353000c.html
選挙:四万十市長選 田中さんが初当選 自公支部推薦、現職・沢田さん破る /高知
 任期満了に伴う四万十市長選が26日投開票され、元農林中央金庫職員で新人の田中全氏(56)=民主、共産、社民推薦=が現職の沢田五十六氏(66)=自民四万十市支部、公明四万十支部推薦=を破り、初当選を果たした。当日有権者数は2万9326人(男1万3575人、女1万5751人)、投票率は71・27%(前回69・97%)だった。

 同市駅前町の田中氏の事務所には大勢の支持者が訪れ、吉報を待った。開票所から「当選確実」の一報が入ると「やった、初当選だ」と歓声が事務所いっぱいに響き渡った。

 田中氏は市長選に初挑戦。選挙戦は与野党対決の構図となったが、当初は知名度が低く、苦しんだ。市民病院の再生▽第3子以降に50万円の祝い金支給▽5歳児までの医療費無料−−などの公約を掲げ、「開かれた新しい市政を」と訴え、新風を望む有権者の支持を集めた。一方、沢田氏は知名度と実績を背景に支持を訴えたが、組織がうまく回転せず、涙をのんだ。

 「バンザイ、バンザイ」の声がわき起こる中、事務所に現れた田中氏は「市民の皆さんにいい選択をしてもらった。市民の心を一つにまとめる接着剤になりたい」などと抱負を語った。【真明薫】

==============

 ◇四万十市長選開票結果=選管最終発表
当 11304 田中全   56 無新

   9428 沢田五十六 66 無現

==============

田中全(たなか・ぜん) 56 無新(1)

 [元]農林中央金庫職員[歴]協同リース大阪支店副支店長▽一橋大=[民][共][社]

226 千葉9区 :2009/05/05(火) 09:52:29
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200904280030.html
三原市議会の保守は3会派 '09/4/28

--------------------------------------------------------------------------------

 12日投開票の三原市議選で当選した新議員32人の会派構成が27日、決まった。保守系の大半となる17人が共同歩調を取ることで一致。議会運営の主導権を握る狙いで、表面上は3会派に分かれた。

 議会事務局に届け出たのは同志会第一(6人)、同第二(同)、同第三(5人)、市民連合(同)、公明党(3人)、新志会(同)の6会派。会派に属さない無所属は4人となった。

 複数の市議らによると、改選前の新生会第一、同第二の計9人と志誠会3人、平成会3人、新人2人の計17人が保守系の同志会を結成することで合意。代表者会議や議会運営委員会委員などのポスト確保を視野に、同会を第一、第二、第三の3会派に分割して届け出た。

 連合系の市民連合には改選前から1人が引退、無所属だった社民党の1人が加わり、5人を維持した。公明も改選前と同数の3。一部民主党系の議員らで構成する新志会は5人から3人に減った。

227 千葉9区 :2009/05/06(水) 12:25:00
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200904290023.html
現職ら不振 中国地方首長選 '09/4/29

--------------------------------------------------------------------------------


 「ミニ統一地方選」の様相となった3、4月の中国地方の首長選で現職の不振が目立った。新人と対決した現職14人のうち5人が落選し、辛勝も相次いだ。「平成の大合併」後のまちづくりへの不満による逆風が要因の一つとみられる。次期衆院選に向け、支持者間の「しこり」を懸念して政党や組織の動きが鈍い選挙戦もあった。

 中国地方では3、4月で市町長選が22を数えた。2005年3月末の旧市町村合併特例法の期限切れ時期をにらんだ「駆け込み合併」をしたためだ。このうち14市長選で現職に新人が挑む構図となった。

 現職が敗れたのは、長門、赤磐、出雲の3市と岡山県美咲町、鳥取県大山町。現職が制した選挙でも、備前市では新人に908票差、広島県北広島町では1162票差に迫られた。松江市では自民、民主両党が事実上相乗りした現職に新人が善戦したといえる。

 従来は実績を強調でき、知名度の高さから新人より有利とされてきた現職。しかし、財政危機の中、道路や下水道、各種施設の整備を盛り込んだ「合併建設計画」は十分には進んでいない。旧市町では、周辺部の衰退を懸念する声が高まる。

228 名無しさん :2009/05/06(水) 16:25:26
>>227
選挙戦は新人同士だったが、柳井・下関では、現行市政に対して不満を持つ勢力の圧力で
現職が不出馬に追い込まれることになった
一方、萩・山陽小野田では現職が順当に再選を果たした

今後の主な首長選挙は、宇部と山口であるが
宇部では現職後継を標榜する県議が、山口では現職が立候補を表明している
山口は総選挙後になるため、その結果が影響を与える可能性もある

229 千葉9区 :2009/05/08(金) 23:01:29
>>197>>208
http://mytown.asahi.com/kagawa/news.php?k_id=38000000905080003
坂出市長選 現職の評価が焦点に
2009年05月08日

坂出市長選が10日告示、17日に投開票される。現在のところ、6選を目指す現職の松浦稔明氏(70)と新顔で市議会議長の綾宏氏(56)が立候補の意向を明らかにしている。立候補の受け付けは10日午前8時半〜午後5時、同市役所で。3月2日現在の有権者数は4万8190人。
 88年の瀬戸大橋開通時、四国側玄関口として、「坂出」の名前は全国に知れ渡った。だがその後、観光客や企業などの誘致は伸び悩んでいる。このところの急激な景気悪化もあり税収は減っており、経済的な地盤沈下が課題となっている。
 こうした中で繰り広げられる選挙戦で焦点になりそうなのは、瀬戸大橋開通の翌年に就任しその後一貫して市政のかじを取ってきた松浦氏の手腕への評価だ。好立地条件を十分に生かせたのかどうかなどが問われるとみられる。
 県内市町の中では比較的余裕があるといえるが、同市も台所事情は苦しい。不況が長引くことも予想され、今後の行財政改革の進め方にも注目が集まりそうだ。
 昨年、瀬戸内海国立公園にある緑地やトイレの清掃業務をめぐり、坂出市観光協会の委託料の不正受給が発覚、同市の管理監督のまずさも指摘されている。外郭団体の運営方法など、立て直しの行方も注目される。


市長選が迫る坂出市の課題は――。
 【架橋効果】瀬戸大橋開通の翌年、与島は774万人の観光客を記録したが、07年は3分の1の258万人に減った。アクセスの良さなどが注目され、08年には、同市番の州緑町の瀬戸大橋記念公園であった「日本PTA全国研究大会」分科会に約1千人が、同市入船町2丁目の市立体育館であった「全日本卓球選手権大会(マスターズの部)」にも約2千人が集まった。恒常的に観光客を呼び込み、リピーターを増やすことがカギといえそうだ。
 【行財政改革】
 坂出市は2月、今後5年間の市政運営の指針となる「第4次坂出市行財政改革大綱」をまとめた。06年度に約230億円あった市債残高を13年度末には190億円程度に減らすことなどが柱だ。
 市は91年から「大きな仕事をするための小さな市役所」をスローガンに一連の行財政改革を進めてきた。職員数は92年度の1069人から08年度は774人に減った。一部のごみ収集の民間委託や市営葬祭業務の縮小などを行っているが、景気悪化に伴い税収は減っている。
 坂出市観光協会は02〜07年度、瀬戸内海国立公園にある緑地やトイレの清掃業務をめぐる委託料を不正受給していた。同協会の元事務局長2人が弁済し、協会長を兼務していた松浦市長が減給5%(1カ月)となった。
 松浦市長は現在5期目。42年の市制施行後、最も長い。松浦氏の就任までは番正辰雄氏(故人)の4期が最長だった。

230 千葉9区 :2009/05/08(金) 23:05:11
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/1964
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/2038
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/2056
【2005年】香川県坂出市長に松浦氏5選
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20050515AT1E1500K15052005.html

 坂出市長に松浦氏5選(香川県、投票率48.15%)

当14319 松浦 稔明(66)無現

  8775 水尾 12(58)無新=民主推薦 (23:41)

【2001年】
  当17362 松浦稔明(無現、62歳、4回目の当選)
     6876 水尾一二(無新、54歳)
      314 細川雅生(無新、47歳)

231 千葉9区 :2009/05/10(日) 15:26:32
http://mainichi.jp/area/kagawa/archive/news/2009/05/08/20090508ddlk37010662000c.html
市政の課題:09坂出市長選/上 耐震不足の市立病院 /香川
 ◇地域での役割を明確に
 坂出市立病院(文京町、216床)は2次救急、へき地医療拠点、広域救護を担い、県が定める「中讃保健医療圏」の中核医療機関だ。糖尿病で通院中の男性住民(65)は「看護師も医師も親切だけど、待合室は狭いし、施設の古さが気になる」。老朽化だけではなく、耐震不足も調査で明らかになり、市民には存続を危ぶむ声すらある。市は改修を検討中だが具体的方向性が見えない。

 市立病院は91年度、13年連続の単年度赤字、25億円以上の不良債務を抱え経営悪化に陥った。だが、多額の市税投入や業務効率化による人件費、医療事業委託料の削減などで、93年度に単年度黒字に転じ、05年度には一般会計からの繰入金ゼロを達成。全国屈指の健全経営の自治体病院となった。

 しかし、07年度、施設の耐震不足が判明した。鉄筋コンクリート造りの62年建設の第3病棟(5階)と67年建設の本館(地下1階、地上4階)は「震度7程度の地震で倒壊、崩壊の危険性がある」などと報告された。

 市は、耐震化を含めた施設改修を黒字収支を維持しながら進めるとし、約5億円で本館を耐震補強工事、約6億円で第3病棟を新築する試案を示した。

 しかし、3月議会の教育民生委員会で砂川正彦病院長(57)は、「本館はスペース不足や設備老朽化で耐震補強だけではしのげない。まずは市立病院の進むべき方向を決めることが先決」と指摘した。

 また、別の医療関係者は「市の医療体制は、総合病院や診療所が診療科目を補完しあって支えているが、医師不足の問題もあり、いつまで均衡を保てるかは分からない」との認識も示す。市はどのような施設改修が望ましいかを調べるため、病院の今年度予算で調査費を計上しているが、調査内容は白紙状態だ。

 「市民が安心して暮らせ、心の支えとなる病院に」を理念とする市立病院。施設改修は大型投資と期間を要する。地域医療の中でどのような役割を果たすのか、明確な方針を市民に示す必要がある。【馬渕晶子】

     ◇

 10日に告示、17日に投開票される坂出市長選を前に、市政の課題を報告する。

232 千葉9区 :2009/05/10(日) 15:27:38
http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20090509ddlk37010694000c.html
市政の課題:09坂出市長選/下 協力体制ない観光行政 /香川
 ◇市民との連携に期待
 坂出市内の住宅街。幼い娘2人を連れて散歩していた主婦(33)は「市長選にはあまり関心がない。誰が市長になっても生活が変わる、向上すると期待が持てないから」と話した。

 今回の市長選は、6選を目指す現職と市議経験22年の新人との一騎打ちが予想されている。保守同士の対決で、市議会では支持を巡って最大会派が割れ、新会派が結成される動きもあった。一方、市民の間には「2人とも一緒に市政を動かしてきたのではないのか」としらけムードも漂う。

 市民の無関心は近年の市長選投票率からもうかがえる。今年の丸亀が65・86%、07年の東かがわが71・69%、06年の三豊が81・21%だったのに対し、坂出は前回(05年)48・15%。県内最低レベルだ。01年は50・75%、97年は47・07%で、慢性的な状況だ。

   ◇ 

 背景の一つに、市政運営に市民とのコミュニケーションが欠落しているとの指摘がある。例えば観光行政だ。

 県は地域の魅力をPRする観光キャンペーン「09(まるく) 香川まちめぐり てくてくさぬき」を今春から展開している。坂出市でもまち歩きイベントで参加する市民グループがあるが、市は「そのような活動は把握しているが協力体制はない」という。

 隣の丸亀市は「市民の協力なしに地域活性化はない」と、市民に働きかけ、九つの市民グループによるまち歩きイベントを実現させている。

 坂出商工会議所で観光資源開発を担当してきた新谷五十雄副会頭(69)も「市は大橋まつりや天狗まつりという決まったイベントをやるだけ。観光振興という姿勢はない」と指摘する。瀬戸大橋ができ、四国の玄関口とはなったものの、観光客の足を止める仕掛けがなく、史跡を生かした観光ルートの整備などを提案してきたが、市には取り合われなかったという。「立派な古墳もあるが、周辺が未整備では埋もれたままだ。市が動いてくれなければ、私たちの力ではどうにもできない。連携が深まることを期待したい」と話す。

 新たな4年間に向けて、変化の兆しが示されなければ、市民との距離は縮まらない。【馬渕晶子】

233 千葉9区 :2009/05/10(日) 15:28:41
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagawa/news/20090508-OYT8T01152.htm
再起へ坂出 09市長選を前に
うどん以外「素通り」

 1杯100円の讃岐うどんを求め、大型連休中の坂出市富士見町の老舗「日の出製麺(めん)所」に、観光客ら約500人がガイド本を手に列を作った。駐車場には北海道、九州の県外ナンバーの車も往来した。

 創業80年のうどん店は昼に36席がフル回転。三好修社長(44)は、ETC(自動料金収受システム)装着車への高速道路の通行料割引きで、「より遠方からの『うどん巡りデビュー』が増えた。観光地として認知されつつある」と歓迎する。

 一方、JR坂出駅近くのタクシー会社の新谷五十雄社長(69)(坂出商工会議所副会頭)は「高速道の割引き、うどんブームを、ビジネスに生かし切れていない」と顔を曇らせる。

 本州四国連絡高速道路会社によると、瀬戸大橋は今月4日、1日通行量で開通以来最多の6万8952台を記録。だが、市内観光地の客数は伸びず、新谷社長は「マイカー客がうどん店以外を素通りした。坂出で宿泊してもらえる仕掛けを探しあぐねている」と困惑する。

 同会議所は昨年3月、観光客に農業、漁業、工場などの生産現場を体験してもらう「産業観光」の企画を試みた。受け入れ側にもメリットがあると、事業所に参加を呼びかけたが、応募は約10件。実現のめどは立っていない。

 高速道路料金の上限1000円効果は、「通過の街」に埋没する懸念を、観光関係者に思い起こさせた。

 瀬戸大橋開通翌年の1989年、市内を訪れた観光客は約921万人に上ったが、2007年には約384万人に激減した。うどん店を訪れた観光客が素通りする理由は明快だった。

 福岡市の女性会社員(25)は「市内に何があるのか知らないし、口コミで評判のうどん店をはしごして午前中だけで3軒目。夜には別のグルメが楽しめる松山などで泊まりたい」。

 市の観光行政の消極性を指摘する声は根強い。

 市発行の統計書には「観光」の項目がない。ある市職員は「人手不足で至らない面が多かった」と釈明する。

 昨年5〜6月、高松、善通寺両市をメーン会場に開かれた「世界麺フェスタ」に約23万人が来場した。県観光協会は期間中のイベント開催を各市町に事前に打診したが、「坂出市には手を挙げてもらえなかった」と明かす。大手旅行代理店出身の松岡勝哉専務理事は「うどん店は別格。坂出市の位置づけからすると、もっと観光の活性化に力を注いでほしい」と願う。

 香川大名誉教授で、北九州市立大大学院の井原健雄教授(69)(地域科学)は「受け入れ側として、どんな客層に何を訴えたいか見えない。観光地間の競争に生き残るために、行政の後押しは必要」と指摘する。

 市の観光ガイドブック「さかいで浪漫紀行」は、「万葉集にうたわれ 雨月物語にかたられる 心遊ぶ旅は坂出」と記す。知られざる歴史を持つ四国の玄関口の街が、うどんブームを前にかすんで見えた。(岡信雄)

(2009年5月9日 読売新聞)

234 千葉9区 :2009/05/14(木) 22:08:43
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090514-00000182-mailo-l35
県議会:常任委員長、44年ぶり自民“独占”崩壊 民主・連合、公明から2人 /山口
5月14日17時1分配信 毎日新聞

 ◇2委員会で自民、過半数を割り
 県議会は13日、任期(2年)満了に伴う常任委員会委員の選任を行い、6委員会のうち農林水産、総務政策の2委員長にそれぞれ民主・連合の会、公明党の議員が選出された。議会事務局によると、改選時に最大会派・自民党以外から委員長が選出されるのは65年以来44年ぶり。市長選立候補で自民県議2人が辞職し、二つの委員会で過半数を占められなくなったことが背景にある。
 民主・連合の加藤寿彦会長は「長年自民の圧倒的多数でかなわなかった委員長ポストを取れたのは感慨深い」、公明県議団の小泉利治会長は「よかった。県民の期待に応えたい」と喜んだ。自民県議団の石崎幸亮会長は「残念だが、議員数が減ってしまったので仕方がない。両会派とは協調して円満にやっていきたい」としている。【諌山耕】
 各委員会の正副委員長は次の通り。(敬称略、正・副の順。会派の表記がない議員は自民党)
 【総務政策】小泉利治(公明)、林哲也【環境福祉】藤井律子、藤生通陽【地域商工】重宗紀彦、友広巌【農林水産】西嶋裕作(民主・連合)、有福精一郎【土木建築】河村敏夫、二木健治【文教警察】岡村精二、河野亨【議会運営】畑原基成、加藤寿彦(民主・連合)
〔山口版〕

5月14日朝刊 最終更新:5月14日17時1分

235 千葉9区 :2009/05/16(土) 02:48:58
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kochi/news/20090514-OYT8T00970.htm
試練と再生<土佐清水市長選> 
振興策 漁業以外も


出荷される特産の清水サバ。漁業の後継者確保へ新たな振興策が求められている(土佐清水市の清水港で)  平成の大合併で、合併を希望しながら、その枠組みから外れた四国西南端の土佐清水市。単独自立を余儀なくされ、国と地方の税財政を見直す三位一体改革を乗り越えてなお、厳しい状況が続く。人口減にも歯止めがかからない中、道州制など次の広域合併も視野に、どう再生を図っていくかが大きな課題だ。17日告示の市長選を前に市政を点検する。(高橋俊介)

   行財政改革 

 2002年、市は、旧中村市など4市町村が進める合併任意協議会に加盟を申し入れたが拒否され、単独自立宣言をして独自の行政改革に取り組んだ。保育園の統合や文化会館などの民間委託を進め、足摺岬の国民宿舎は4月から指定管理者に運営を委託。一方で、退職者の2分の1補充などにより市職員を約30%削減するなどスリム化を進めた。このため、大きな先行投資は抑えざるを得なかった。

 緊縮を経てようやく、農水産物を加工販売する第3セクター新会社が春から稼働し、産業振興が緒に就いた。だが軌道に乗せるには、地域との連携や営業力が欠かせない。市職員の削減もまだ続く。ただ、市民の間には、「地域にとって市役所も雇用の場」「必要以上に減らせば、大きな災害など不測の事態に対応できなくなる」との声もある。公的部門の縮小で市民サービスの質の低下を招いてはならない。

   人口減 

 「1万5000人で下げ止まると商工団体の幹部は言うが、このままではそれ以上に減るのではないか」。市街地に住む男性(67)はため息をついた。1955年に約3万2000人だった市人口は3月末現在1万6911人。この4年間でも1272人減った。少子高齢化や若者の流出が主な要因だ。

 県内有数の漁業の街として知られ、漁師はこれまで、その収入だけで生計が営め、後継者も多かった。この男性は「漁価の不安定が長く続いている上、未明から沖に出る大変な仕事を敬遠する若者も多い」と分析する。不況で企業誘致が難しい中、市は漁業振興策はもちろん、若者定着へ新たな職場づくりが求められている。

 人口増へ向け、別の男性(60)は「足摺の気候風土を生かした療養や福祉施設を」と提案する。都会からIターンした退職者に「黒潮が直接ぶつかる足摺半島と周辺の気候は、健康を増進させる不思議な力がある」と言われたのがヒントだった。市内には、皮膚病治療で全国から患者が集まる有名な病院があり、長期滞在者や移住者もいる。治療技術だけでなく、気候が大きく関係していると言われている。

 「全国から入所者が増えれば、地域雇用だけでなく、都会との交流につながり、人口も下げ止まるのでは」とその男性は言う。風光明媚(めいび)な足摺の知名度と地域の独自性を生かした施策として、検討する価値は十分ある。

(2009年5月15日 読売新聞)

236 千葉9区 :2009/05/16(土) 12:07:32
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kochi/news/20090515-OYT8T00876.htm
試練と再生 土佐清水市長選 <下>
誘客へ脱「待つだけ」
 バイパスの影響 

 市街地の北入り口に当たる以布利地区で、県が1995年から建設してきた約2キロの国道321号「以布利バイパス」が、8月2日に開通する。カーブが続き、二つのトンネル内では大型車がすれ違うことができない不便さが解消され、足摺岬など観光地も近くなり、歩行者も安全に通れるようになる。

 以布利港の大阪海遊館海洋生物研究所「以布利センター」では毎月第2日曜日、水槽で飼育するジンベエザメを一般公開。これに合わせて特産物などを売る「じんべえ市」が開かれる。そばには市が設けた大学生用の魚類研究施設があり、夏秋には港沖でジンベエザメと一緒に泳ぐ企画も行われている。

 活性化の基盤は整ったが、不安もある。「地区を避けるように山手を通るバイパスの開通で素通りされると、客も減るのでは」。便利になる一方で、懸念する住民も多い。

 海遊館は今年10月、国内最大級の新しい水槽棟を港に完成させる。今月開かれたじんべえ市に、初めて出品した漁協支所婦人部員らは「新施設をきっかけに女性の力で客を呼び込もう」と意気込む。観光振興面からも、バイパスでにぎわいが失われない工夫が求められる。

竜串観光 

 足摺岬と並ぶ市西部の景勝地・竜串(たつくし)地区には、水族館や海中展望塔、ダイビングセンターなどがあるが、近年、客は減少の一途をたどっている。土産物店主は「連休以外は客がほとんどいない」と嘆く。数年前には民間のサンゴ博物館が閉鎖。貝類展示館「海のギャラリー」も、市が2004年に日本財団の補助で改修、再開させたが、年間入館者はさらに800人減り、500人と低迷している。

 商工団体幹部は「足摺岬より見る所が多いのに、客が減るのは営業力の差。今の時代、待っているだけでは人は来ない」と指摘する。市への観光客は年間約75万人で横ばいが続く。市観光協会役員は「今年の大型連休は高速料金値下げで例年より増えたが、年間100万人への復帰はほど遠い」とつぶやいた。

買い物客流出 

 外からの客を期待する一方で、市内の買い物客の半数は市外に流れ、中心商店街は空き店舗が増えた。流出の大きな要因は、大型店の開店が相次ぐ四万十市へ客が吸い寄せられる「ストロー効果」だ。10年前、大岐―下益野に開通した県のふるさと林道(2車線、6キロ)は、市街地を通らず四万十市へ行く最短路で、市西部の多くの住民が利用しており、以布利バイパスも流出を助長しかねない。

 市街地の空洞化を防ぐには、産業振興や人口減対策、魅力ある街づくりなど官民共同の総合的な施策が望まれる。

(2009年5月16日 読売新聞)

237 千葉9区 :2009/05/18(月) 21:50:21
現職惨敗ですね。
http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20090518ddlk37010227000c.html
選挙:坂出市長選 綾氏が初当選 「変革」の訴え奏功、松浦氏の6選を阻む /香川
 ◇投票率63.06%
 任期満了に伴う坂出市長選は17日投開票され、新人で前市議会議長の綾宏氏(56)=無所属=が現職の松浦稔明氏(70)=同=を破り、初当選を果たした。当日の有権者数は4万7320人(男2万2239人、女2万5081人)で投票率は63・06%(前回48・15%)だった。

 午後10時20分ごろ、同市久米町の事務所で当選確実の報を受けた綾氏は、集まった支援者らに拍手で迎えられ、握手攻めに遭いながら壇上へ。笑顔で万歳を三唱した。「ご支援をありがとうございました。自転車で市内を回り、皆さんの声を聞かせていただいた。市政に反映したい」とあいさつした。【馬渕晶子】

 ◇「市民の声」施策にどう反映
 市議経験22年の綾氏と、5期20年間市長を務めてきた松浦氏との一騎打ちとなった今回の坂出市長選は、綾氏が訴えた「変革」が支持された。

 綾氏は多選批判を繰り返し、「坂出を変えよう」「市民本位の市政に」と強調。市立病院の産科再開などを公約に掲げ、若い層を中心に支持を求めた。変化を求める市民の浮動票を集めた。

 一方、松浦氏は、世界的な経済危機の中で蓄積された人脈や経験を最大限生かすことをアピール。多選批判を逆手に取って支持を訴えたが、市民には閉そく感が広がっており、共感は得られなかった。

 変革のかじ取り役を期待された綾氏だが、一方で、対立候補への批判に乗じた結果であったことは否めない。掲げた公約をどう実行に移していくのか、「市民の声」をどのように施策に反映させていくのか。真価が問われる4年間に注目したい。【馬渕晶子】

==============

 ◆開票結果

 ◇坂出市=選管最終発表
当 18764 綾宏   56 無新

  10757 松浦稔明 70 無現

==============

綾宏(あや・ひろし) 56 無新(1)

 [元]市議長▽会社役員▽商議所相談役▽県スポチャン協会長[歴]PTA連絡協議会長▽学習院大

238 千葉9区 :2009/05/19(火) 21:40:35
>>27
http://www.okanichi.co.jp/20090519124321.html
05/19-12:43--瀬戸内市島村市長が入院 
 瀬戸内市の島村俊一市長(68)が、病気のため岡山市内の病院に入院していることが19日までに分かった。意識ははっきりし、会話もできる状態という。 同市によると、島村市長は手足の不調を訴え、4月末に入院した。現在も治療中で左半身が不自由だが、リハビリに取り組んでいる。病名はまだ分からないという。


http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2009/05/18/2009051822452019010.html
島村瀬戸内市長が入院
近く副市長が職務代理者に
 瀬戸内市の島村俊一市長(68)が病気のため、岡山市内の病院に入院していることが18日明らかになった。6月1日開会予定の定例市議会への出席は難しく、市は近く日下英男副市長(60)を職務代理者とする方針。

 市によると、島村市長は4月30日、左手足の不調を訴えて入院。現在も治療を続けている。意識ははっきりして会話もできるが、左半身が動かない状況という。

 日下副市長は「1日も早い復帰を願う」と話している。

239 千葉9区 :2009/05/21(木) 21:08:25
http://www.nnn.co.jp/news/090521/20090521027.html
議長候補めぐり不協和音 鳥取県議会自民系会派
2009年05月21日

 慣例による議長交代期を迎えた鳥取県議会の議長候補選びの動きが、六月定例会を前に佳境に入った。主導権を握る自民系会派は、最大会派の県議会自民党(九人)は初田勲幹事長=鳥取市、三期=、自民党クラブ(八人)は小谷茂会長=西伯郡、四期=の擁立をそれぞれ決めたが、問題は会派の一本化。自民党クラブ全議員の入会届を“忘れたころ”に承認した県議会自民党。自民党クラブ側は「なぜこの時期に」との疑念も禁じ得ない。

自民党クラブは昨年九月議会中に県議会自民党への入会届を提出。しかし県議会自民党は可否判断を棚上げし、今年三月議会中に自民党クラブ側は入会届を取り下げる動きも見せていた。

 自民党クラブは二十一日の総会で入会の対応決めるが、所属議員の一人は「入会届を出してから八カ月。なぜ、うちが議長候補を決めた後なのか」と県議会自民党側に何か思惑があるのではないかと勘ぐる。伊藤美都夫幹事長は「会派内がどういう意見でまとまるか分からない。(自民系)会派一本化も三会派一緒が基本」と話す。

 一方、会派一本化は既存会派の解散後を主張する自由民主(五人)。前田宏会長は「“期限切れ”の入会届をこの時期に承認したことに不純な動機がみえる」と県議会自民党の動きをけん制する。

 民主党系の信(五人)は表立った動きを見せてないが、福間裕隆幹事長は「議長候補を出したいと思っている。無所属、少数会派にも打診して考えたい」と早急に対応を決める。

 自民系議員を軸とする議長選は、県議会自民党と自民党クラブの一本化、両会派が決定している議長候補の調整と副議長選び、さらに二十三日の大会で決まる自民党県連の三役人事も絡み、水面下の駆け引きが激化しそうだ。

240 千葉9区 :2009/05/24(日) 13:52:39
>>157とか
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamaguchi/news/20090523-OYT8T01151.htm
34歳市長独自色じわり
柳井市民と対話情報公開前向き 

 3月の柳井市長選で初当選し、全国で2番目に若い現職市長になった井原健太郎市長(34)の就任から間もなく2か月。市民との直接対話を始めたり、市のホームページ(HP)作成に住民の意見を取り入れようとしたりするなど、「市民参加型」の市政を強調している。近く始まる6月定例市議会には、産業振興や福祉の充実など8項目の公約「柳井ニューディール」の実現に向けた一般会計補正予算案を提案予定で、独自色を打ち出そうとする若手市長の手腕に注目が集まっている。(小園雅寛)

「陳情の場ではなく、市民同士が市を良くするために意見を交える機会としたい」

 今月15日夜、柳井市大畠の集会所で開かれた「市民と市長と気楽にトーク」。井原市長は集まった住民約70人に熱っぽく語り始めた。

 市長選の公約に盛り込んだ市民との対話は4月末にスタートし、ほぼ週1回の割合で開いている。参加者から「後継者不足が深刻な農業の具体策を」と問われると、「(担い手確保のため)空き家を低家賃で貸し出す制度などを考えている。アドバイスがほしい」と構想の一端を披露し、協力を求めた。

 約1時間の意見交換を終え、参加した主婦(56)は「まじめに受け答えする態度から、若さと誠実さが伝わってきた」と好印象を抱いた様子。一方で農業男性(80)は「頑張ってほしいが、公約などは風呂敷を広げ過ぎている気がする」と、首をかしげていた。

   ◇    ◇   

 大畠町との合併前を含めて4期16年在任した河内山哲朗・前市長の支援を受け、市政を引き継いだ形の井原市長だが、市のHPを刷新する目的で検討会の委員を公募したり、自身のスケジュールをHPに掲載したりと、情報公開にはより前向きな姿勢を見せている。

 民主党衆院議員の秘書を務めたものの、議員や公務員職の経験はなく、行政手腕は未知数だったが、市幹部からは「業務上の支障は生じていない。市長が若返り、職員間に『しっかり支えなければ』との意識が強まっている」という声も聞かれる。

 市は6月初めからの定例市議会に備え、市長選に伴って骨格予算となった今年度の一般会計当初予算の肉付け作業に追われている。井原市長は「福祉医療制度の充実や生活道の整備など、市民生活に直結する分野を重点的に予算化したい」と意気込む。

 ただ、市議会は自民党系、保守系議員が過半数を占める。市長選で自民党系候補を応援した市議の一人は「是々非々で臨む。納得できない部分は説明などを求めるが、やみくもに議案を否決するようなことはしない」と言う。井原市長は「党派は関係なく『不偏不党』の立場。少数与党ではないと思っている」と自信をのぞかせる。

 人口約3万6000人の柳井市は、少子高齢化や不況などで様々な課題が山積している。特に企業誘致が進まず、経済振興の立ち遅れは長年の懸案。国の補正予算では、景気対策として今年度中に約3億2800万円が市に交付される見込みだが、公約をどこまで具体的かつ効果的なものに出来るのか。順調な船出のように映る井原市政の真価が問われるのはこれからだ。

(2009年5月24日 読売新聞)

241 千葉9区 :2009/05/25(月) 21:13:24
http://mainichi.jp/area/kochi/news/20090525ddlk39010325000c.html
選挙:土佐清水市長選 杉村さん、返り咲き 市民参加訴え、8年ぶり /高知
 任期満了に伴う土佐清水市長選が24日投開票され、元職の杉村章生氏(72)=無所属=が152票差で現職の西村伸一郎氏(65)=同=を破り、返り咲きを果たした。当日有権者数は1万4253人(男6544人、女7709人)、投票率は79・07%(前回は無投票、前々回84・35%)で過去最低だった。

 同市元町の杉村氏の事務所には大勢の支持者が詰めかけ、開票所から入る情報に一喜一憂。当選確実の報が入ると「やったー、返り咲きだ」と歓声が響きわたった。

 杉村氏は2期連続の無投票阻止を理由に立候補。西村氏とは8年ぶりの対決となったが、行政継続の重要性を訴える西村氏に対し、市政批判を展開。「市民がどうしてほしいのか市民参加で考え、問題を解決し、清潔・公正な市民参加の市政に変える」などと訴え、批判票の掘り起こしと、変化を求める住民の声を結集することに成功した。

 杉村氏が事務所に顔を見せると、あちこちで「バンザイ、バンザイ」の声が響き、「市政を変えたいと願う市民の大きな声が今回の当選につながった。市民と一緒になって課題を解決したい」と抱負を語った。

 西村氏は、市議や地元商工団体の支持を取り付け、8年間の実績や市独自の行財政改革、雇用の場の確保などを訴えたが、票が伸びなかった。【真明薫】

==============

 ◆開票結果

 ◇土佐清水市=選管最終発表
当 5631 杉村章生  72 無元

  5479 西村伸一郎 65 無現

==============

杉村章生(すぎむら・あきお) 72 無元(2)

 [元]市長[歴]市職員・市議・副議長▽市交通安全市民会議会長▽市防災会議会長▽清水高

242 千葉9区 :2009/05/25(月) 21:14:13
カオスですねえ
http://www.senkyo.janjan.jp/senkyo_flash/0905/0905240963/1.php
土佐清水市長選挙(高知県) 元職の杉村氏が現職の西村氏の3選を阻止

「ザ・選挙」編集部2009/05/24 元職の杉村章生氏(72)が3選を目指した現職の西村伸一郎氏(65)との接戦を制し、8年ぶりに返り咲いた。

 確定得票(午後9時40分)は、杉村章生氏5,631票、西村伸一郎氏5,479票。

土佐清水市長選挙

■土佐清水市長選挙(高知県) 現職と元職 因縁の対決(2009/05/17)
 任期満了に伴う土佐清水市長選は17日告示。立候補者は3選を目指す現職の西村伸一郎氏(65)と8年ぶりの返り咲き再選を目指す元職の杉村章生氏(72)=いずれも無所属=の2人。
 西村伸一郎氏は、明大政治経済学部卒、船員組合、塗装業を経て市議1期、高知県議2期、社会党県書記長、社民党県幹事長。2000年衆院選に高知3区から立候補したが落選。2001年の市長選で再選を目指した現職の杉村章生氏を僅差で破って初当選、前回05年は無投票で再選された。
 杉村章生氏は、清水高卒、市職員を経て1982年から市議3期・副議長。1994年の市長選に立候補(社会・さきがけ推薦)、現職の和泉清氏(自民・新生推薦)に惜敗したが、2年後に和泉市長が汚職事件で逮捕されて辞職、出直し市長選(1996年10月)で自民・共産推薦の前市議を26票差で破り市長に就任した。ところが、市選管が開票に不在者投票108票を集計していなかったことが判明、97年4月に選挙無効が確定、同じ顔ぶれになったやり直し市長選(97年6月)で杉村氏が1010票差を付けて初当選した。再選を目指した2001年の市長選で西村伸一郎氏に惜敗した。

243 とはずがたり :2009/05/26(火) 02:21:45
こちらも惜しい。。>土佐清水市

しかし凄いな。。>杉村章生氏は、清水高卒、市職員を経て1982年から市議3期・副議長。1994年の市長選に立候補(社会・さきがけ推薦)、現職の和泉清氏(自民・新生推薦)に惜敗したが、2年後に和泉市長が汚職事件で逮捕されて辞職、出直し市長選(1996年10月)で自民・共産推薦の前市議を26票差で破り市長に就任した。ところが、市選管が開票に不在者投票108票を集計していなかったことが判明、97年4月に選挙無効が確定、同じ顔ぶれになったやり直し市長選(97年6月)で杉村氏が1010票差を付けて初当選した。再選を目指した2001年の市長選で西村伸一郎氏に惜敗した。

244 千葉9区 :2009/05/26(火) 21:27:01
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kochi/news/20090525-OYT8T01068.htm
視点・直言 経験生かし停滞打破を
 野球に例えるなら、九回裏の土壇場で追いつき、逆転サヨナラ勝ち。杉村さんの当選は、そんな劇的勝利だった。防戦に回った西村さんにとっては、悪夢のような敗北となった。仮に、160の無効票(白票64票)がすべて西村さんの票になったら、当落がひっくり返る小差の激戦だった。

 告示前、杉村さんの事務所では、運動員らが「2期連続無投票の阻止だけではない。戦う以上は何としても勝たなければ」「こちらは挑戦者。10票でも勝てばいい。接戦に持ち込めば勝ち目はある」と、短期決戦に気合を込めていた。

 選挙戦は街頭演説が中心。夜の個人演説会を開こうにも、県議1人、市議4人では応援弁士も十分に組めない。だが、投票前々日に一夜だけ開いた個人演説会では、特別な動員をかけなくても支持者であふれるなど、終盤に入って盛り上がった。

 「個人演説会参加者のまなざしは、8年前の選挙とは全く違っていた。あと一歩でなく、自信が沸いてきた」と、杉村さんは振り返る。告示1か月前の出馬表明という出遅れと、72歳という高齢は、誰が見ても不利な戦いだったが、「勝てれば奇跡だろう」と冗談交じりに言った後援会幹部の言葉が現実になった。ハンデを跳ね返して追いつき、ついに追い越した。

 支援した県議は「完全な出遅れにもかかわらず勝てたのは、裏返せば、市経済の沈滞が続いたことへの不満が爆発した結果」と分析する。投票率(79・07%)は過去最低だったが、女性は82・15%と高く、市議らは「ボランティアを中心にした女性も活発で、組織に頼らない草の根選挙も大きかった」と話した。

 西村さんにとっては国の三位一体改革など厳しい時代が続き、無投票ムードから一転、選挙戦になったことで、態勢の立て直しが空回りしたとの見方もある。

 杉村さんは市長経験者。西村さんとは取り巻く環境が違ったとはいえ、1期目は、足摺温泉郷、商店街活性化など市民に希望を持たせる斬新な政策を実行した。今回も杉村さんらしいアイデアあふれる公約を掲げた。難問の市街地北部都市区画整理事業など山積する課題に、どう経験を生かし、再び咲かせた花に実を結ばせるか注目したい。(高橋俊介)

(2009年5月26日 読売新聞)

245 千葉9区 :2009/05/26(火) 22:28:29
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20090523ddlk33010611000c.html
みにニュース:岡山市議会で新会派「新生会」結成 /岡山
 岡山市議会の保守系会派「政隆会」所属の礒谷和行、小川信幸、安井聡3市議が22日、新会派「新生会」(礒谷団長)を結成した。議会事務局によると、新会派の結成は07年5月以来。同市議会は新風会(10人)、保守・労組系のゆうあいクラブ(同)、公明党市議団(同)、政隆会(7人)市民ネット(7人)、共産党市議団(5人)に新生会を加え、全7会派となった。

246 千葉9区 :2009/05/28(木) 20:10:12
>>196
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20090527-OYT8T01129.htm
衆院選絡み 候補選び混迷
健康不安「5選」動向注目
 28日で、藤田知事の4期目の任期満了まで、残すところ半年間の節目を迎える。県議会各会派の思惑が複雑に絡み合い、入院中の知事の健康不安と、衆院の解散・総選挙の動向も加わって、候補者選びは混沌(こんとん)とした状況が続いている。(澤本浩二)

 「これを運命というんかなあ」。4月17日夜、ある自民党県議は藤田知事急病の知らせを携帯電話で受けて、つぶやいた。知事は18日に県立広島病院に入院し、直腸がんと判明。手術は成功し、6月上旬の公務復帰を目指す。「知事が勇退の花道とするかどうか。それが問題じゃ」。県議は、藤田知事の出方を注視する。

 参院議員から転身し、4期16年目となる藤田知事。2006年に後援会の選挙対策費疑惑が浮上し、県議会から、2度の辞職勧告決議を受けた。だが、真相は明らかにならず、県議会は昨秋、選対費疑惑の調査を終結。その直後、「知事は5選を目指しているらしい」という噂(うわさ)が流れた。

 しかし、首長の多選に批判が集まる中で、各党とも藤田知事を推薦する見込みは薄い。07年の県議選で知事批判を展開した県議も多く、「とても藤田さんの応援でマイクを握れない」(新人県議)のが本音だ。

 それでも、「5選」の噂が広がった背景には、藤田知事を担ぐことでできた県議会内のバランスを維持したい思惑が見え隠れする。

 現在、県議会の自民党系会派は自民刷新会議(16人)、自民党議員会(15人)、4月に3会派が合流した自民党広志会(8人)と新自民会(1人)、自民党良政会(1人)の5つあり、計41人が所属する。他の会派は、民主党系や社民党系で作る民主県政会(15人)、公明党(6人)、つばさ(2人)、共産(1人)。

 藤田知事との距離で見ると、自民刷新会議や民主県政会などが“知事与党”で、自民党議員会などが“野党”。自民党系が割れ、半数近くが国政で対立する民主党、社民党系と手を結ぶ、ねじれ状態にある。

 自民党系の県議には知事選の候補者選びを、自民の合流につながる好機と期待する声が少なくない。「民主との呉越同舟でええというもんはおらん。『国と地方の事情は違う』なんて言い逃れは、有権者には通じん」と自民党系の若手県議は力を込める。

 自民党系県議の間では、知事選の新人候補に、県幹部を経験した現役官僚、他県の副知事らの名前が挙がる。衆院選を目前に控える現職代議士に、転身を期待する声もある。

 既に擁立の動きも見えるが、一枚岩になれない自民党の現状が交渉にブレーキを掛ける。「誰が立つかは問題じゃない。そいつをどの会派が連れてくるか、が肝心なんだ」。あるベテラン県議は、自嘲(じちょう)気味に語った。

 民主党は、次期衆院選で躍進すれば、知事選での独自候補の擁立に期待が高まるのは必至だが、動きは鈍い。県議の数で圧倒的に自民党に劣る現状では、独自候補が当選しても、県議会の運営は厳しいからだ。民主党系の県議は言う。「うちが独自候補を立てれば、自民が一本化する絶好の大義名分を与えてしまう。『敵の敵は味方』だよ」

 共産党は、労働組合などと共に候補擁立に向けて調整している。同党県委員会は「県議会内の事情で候補を選んでは、県民は置き去りにされる」と、他党の動きを批判する。

 経済危機が、県の経済や雇用に暗い影を落とす。地方分権が進めば、県、そして知事の責務はますます重くなる。議会内の力学ばかりが前面に出るのではなく、政策論争に火花を散らす選挙戦が行われるか、残された時間はあまりない。

(2009年5月28日 読売新聞)

247 とはずがたり :2009/05/30(土) 03:46:14
今何がどうなってんだ
広島県議会会派別議員名簿
(21.4.8現在)
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/gikai/giin/giin_kai.html

● 自由民主党広島県議会刷新議員会・県民会議(自民刷新会議) 16人
会長:間所  了
下森 宏昭 山下 智之 �鯥據‐蕊� 中村 道徳
野村 常雄 吉井 清介 武田 正晴 松岡 宏道
冨永 健三 中本 隆志 中津 信義 山崎 正博
山木 靖雄 平  浩介 林  正夫 間所  了

● 広島県議会民主県政会(民主県政会) 15人
会長:大曽根哲夫
桑木 良典 梶川 幸子 柴�拡魲匯� 岩下 智伸
金口  巖 内田  務 �髁供_輙� 東  保幸
中原 好治 宮  政利 芝   清 犬童 英徳
大曽根哲夫 蒲原 敏博 渡壁 正徳

● 自由民主党広島県議会議員会(自民) 15人
会長:宇田  伸
森川 家忠 沖井  純 緒方 直之 河井 案里
杉西加代子 天満 祥典 下原 康充 川上 征矢
岡�魁‥坼� 石橋 良三 松浦 幸男 宇田  伸
檜山 俊宏 奥原 信也 山田 利明

● 自由民主党広島県議会広志議員会・フォーラム広島(自民党広志会) 8人
会長:城戸 常太
井原  修 安井 裕典 大井 哲郎 高山 博州
児玉  浩 門田 峻徳 砂原 克規 城戸 常太

● 公明党広島県議会議員団(公明党) 6人
団長:田辺 直史
日下 美香 栗原 俊二 田川 寿一 安木 和男
浅野 洋二 田辺 直史

● つばさ(つばさ) 2人
代表:蔵本  健
佐藤 一直 蔵本  健

● 自由民主党広島県議会新自民会(新自民会) 1人
代表者:小島 敏文
小島 敏文

● 日本共産党(共産) 1人
会長:辻  恒雄
辻  恒雄

● 自由民主党広島県議会良政議員会(自民党良政会) 1人
会長:小林 秀矩
小林 秀矩?

248 とはずがたり :2009/05/30(土) 03:59:54
■つばさ…片方は亀井系

広島市中区 定数3−候補6 (選管確定)
当 14,957 林 正夫 66 自民 現7 学校法人役員
当 11,717 日下 美香 45 公明 現2 党県副幹事長
当 8,375 佐藤 一直 32 無所属 新1 (元)参議員秘書(亀井郁夫)・祖父は自民県議
□ 6,843 大田 智弘 42 民主=連合 新 会社役員
□ 5,182 藤本 裕保 55 無所属 新 (元)衆議員秘書
3,709 長妻 亮 30 共産 新 党地区役員

広島市佐伯区 定数3−候補5
当 14,615 武田 正晴 61 自民 現2 県体協顧問
当 14,176 蔵本 健 34 無所属 新1 (元)衆議員秘書→誰のだ? つばさ
当 11,212 冨永 健三 57 自民 現4 市水泳連会長
□ 10,860 滝本 実 38 無所属=連合 新 電話帳会社員
□ 4,752 土井 伸夫 55 無所属 新 (元)警察官

■新自民

三原市・世羅郡 定数3−候補4
当 15,518 小島 敏文 56 自民 現7 党県副幹事長=旧世羅亀井系県議だったが5区出馬へ→自由民主党広島県議会新自民会(新自民会)<衆院出馬に際して会派を巡る角逐から身を遠ざけるためか?>
当 14,187 桑木 良典 36 民主=連合 新1 党総支部職員
当 11,641 天満 祥典 60 無所属 現2 会社役員=旧三原 ●旧同志会所属→自由民主党広島県議会議員会(自民)
□ 11,343 平田 修己 67 自民 現 党県副会長=旧三原

■自民党良政会…亀井系1人区?

庄原市 定数1−候補2 (選管確定)
当 16,043 小林 秀矩 54 無所属=自民・国民新 現2 農業→自民党良政会
□ 11,362 木山 耕三 53 無所属=自民・国民新 現 観光会社長

249 千葉9区 :2009/05/31(日) 00:08:04
>>239
http://mainichi.jp/area/tottori/news/20090530ddlk31010741000c.html
県議会:自民、自民クが統合 党三役を新たに選出 /鳥取
 県議会の会派、自民党(9人)と自民党クラブ(8人)が29日、自民党クラブの議員が自民党に入会する形で統合された。また、自民党三役が新たに選出され、会長に藤井省三議員▽幹事長に伊藤美都夫議員▽政務調査会長に石村祐輔議員が決まった。

 自民党クラブは同日、会派解散届と所属会派届を鉄永幸紀議長に提出。自民党クラブの全議員が自民党に入会した。県議会37人(欠員1)の会派構成は自民党17人▽信5人▽自由民主5人▽公明党2人▽共産党2人▽社民党1人▽えがりて1人▽きずな1人▽新自由民主1人▽無所属2人となった。

250 千葉9区 :2009/06/02(火) 21:46:00
>>218
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20090602ddlk38100640000c.html
八幡浜総合病院の医師不足:大城市長が会見「3医師の確保、めどが立たず」 /愛媛
 八幡浜市立八幡浜総合病院の医師不足問題について、大城一郎市長は1日記者会見し、「医師3人の確保は今のところめどが立たず、今後についても明言できない」と述べた上で「医師確保に全力を挙げる」などと語った。

 4月の同市長選で掲げた公約に違反しているではないかとの質問には「現状では公約違反と思っている」と述べた。8日開会予定の6月定例市議会の冒頭で「認識が甘かった」とおわびするという。

 一方、空席の副市長の人事については、市議会には8日の議員全員協議会に報告し、同日開会予定の定例市議会の最終日(23日)に追加提案する方針を明らかにした。【門田修一】

251 千葉9区 :2009/06/03(水) 20:01:15
http://mainichi.jp/area/tottori/news/20090603ddlk31010702000c.html
県議会:影響力維持へ、新会派「絆」結成 民主系、信と社民など9人 /鳥取
 県議会の民主系会派、信の5人と社民党などの4人が2日、合併して新会派「絆(きずな)」を結成し、会派届を議長に提出した。分裂していた自民系2会派の一本化を受け、議会での影響力維持のために合併した。自民党に次ぐ第2会派となった。

 絆の正式名称は「信・無所属・社民・きずな連合」。メンバーは信のほか社民党1人、きずな1人、無所属2人の9人。会長に鍵谷純三議員(信)、幹事長に福間裕隆議員(同)が就任した。

 鍵谷会長は「対等に合併し、団結して自民党の議会運営をチェックしたい。衆院選が近づいたための動きでない」とした。

 県議会の会派は自民党17人▽絆9人▽自由民主5人▽公明党2人▽共産党2人▽えがりて1人▽新自由民主1人。【宇多川はるか】

毎日新聞 2009年6月3日 地方版

252 千葉9区 :2009/06/07(日) 18:20:20
http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20090604ddlk34040662000c.html
公選法違反:廿日市市議会副議長逮捕で捜索 市議会に緊張走る /広島
 廿日市市議会副議長の今津俊昭市議(70)=同市宮内=が3日、公選法違反容疑(供応、事前運動)で逮捕された。同日夕には、市議会副議長室などを県警が家宅捜索した。3月の市議選からわずか2カ月余りでの逮捕劇に、市議会や市役所には緊張が走った。

 今津市議は現在5期目。会派は成蹊会。決算特別委員長、監査委員などを歴任した。

 3月29日にあった市議選では、合併特例で32あった議席が30に減ったうえ、37人が立候補する激戦となった。今津市議も30人中29番目の当選という苦戦を強いられていた。

 今津議員と同じ会派のある市議は「昨日も会ったばかりだ。選挙活動のことはお互いに言わないので分からなかった」と驚いた様子。別の市議も「警察が調べているといううわさは聞いていたが『そんなあほな話』と思っていた」。また、別の市議は「ベテラン議員が、有権者に飲み食いさせるというあからさまな違反をするなんて」と絶句した。

 一方で、別会派の市議は「議席が二つ減り、新人の立候補もあり、どの候補も必死だった」。「民主党が風に乗る中、今津市議は自民系の会派に属しており、苦しかったのでは」と話す市議もいた。

 同市議会の角田俊司議長は「非常に残念。現時点では事実関係が明らかでないので、コメントは差し控える」との談話を発表した。

 市役所前を通りかかった介護職員の女性(36)は「税金で給料をもらっている議員がそんなことをしては困る」と批判した。【矢追健介】

253 名無しさん :2009/06/08(月) 21:47:22
久保田は保守受けするタマだが、完全な保守ではないので、多少は票が削られるのかもしれない。
もっとも、大勢に影響はなさそう。

久保田后子 54 無所属 新 現職後継を標榜、(前)県議(中間・保守系会派)、環境NPO代表、(元)市議
五島博     53 共産   新 党地区委員長
中司正彦   66 無所属 新 保守系標榜、建設会社代表

----
毎日jp 6/5
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/archive/news/2009/06/05/20090605ddlk35010447000c.html
 任期満了に伴い21日に告示される宇部市長選(28日投開票)に、同市の建設会社代表、中司正彦氏(66)が4日、
無所属で出馬することを表明した。同市長選には元県議の久保田后(きみ)子氏(54)と共産党県北南地区委員長の
五島博氏(53)が出馬の意向を表明しており、三つどもえの戦いの公算が大きくなった。
 中司氏は会見で「前市長選と同じ構図では市民や有権者が失望する」として「保守系の代弁者として臨む」と出馬理
由を述べた。マニフェストでは、「産業活性化による社会資本の充実が基本」とし▽職員給与カット▽空港を利用した
物流一大基地化▽市事業の民間移管による歳入増−−などを掲げている。島根県出身。山口大卒で建設会社勤務
を経て83年から現職。これまでに県議選に2回、市議選に1回出馬したが落選している。

254 千葉9区 :2009/06/09(火) 21:38:03
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200906090157.html
藤田知事、議会で進退表明も '09/6/9

--------------------------------------------------------------------------------


 広島県の藤田雄山知事(60)=4期=は8日公務に復帰し、11月に任期満了を迎える自らの進退について、19日開会の県議会定例会で表明する意向を示した。県議会には、自身の後援会の政治資金不正事件の影響や体調面から「退任」との見方が広がる。今秋の知事選に向け「ポスト藤田」を擁立する動きが本格化しそうだ。

 「議会から質問があればお答えしないといけない。判断は自分なりに考えている」。8日、藤田知事の復帰記者会見でそう述べた。

 2期目以降の過去3回の知事選で、藤田知事は6月の定例会で立候補を表明してきた。復帰あいさつを受けた林正夫議長は「(進退の)話はなかった」としたが、自民刷新会議の県議は「聞くのは当然の流れ」。知事を支える最大会派として「進退うかがい」の最終調整に入る。

 自身の後援会の政治資金不正事件や多選批判に、今回の入院が重なり、議会内からは知事の5期目への待望論は聞こえてこない。

 「ポスト藤田」として、県出身の官僚や国会議員、県議のほか、民間人の名前が取りざたされる。官僚は省庁の幹部クラスや他県の副知事たちで、既に一部の人物には自民党の県議たちが接触した。ただ、誰も態度を明らかにはしていない。

【写真説明】林正夫議長(左)に公務復帰のあいさつを済ませ、議長室を出る藤田知事(撮影・坂田一浩)

255 千葉9区 :2009/06/09(火) 21:41:39
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20090609-OYT8T00003.htm
知事50日ぶり公務復帰 知事選へ向け動き活発に

 直腸がん手術を受けた藤田知事が8日、約50日ぶりに公務に復帰した。藤田知事は記者会見で、「長らく留守をして、県議会や県民にご迷惑をお掛けしました」と述べた。11月で4期目の任期満了となる藤田知事が、19日開会の6月県議会で進退に触れる可能性もあり、知事の公務復帰で知事選に向けた動きが活発化しそうだ。

 藤田知事は4月18日に県立広島病院に入院して、直腸の大半を摘出。5月31日に退院、自宅で療養していた。今後は2週間ごとに化学療法を受け、8月上旬に短期入院する予定。

 8日朝に県庁に到着した知事は、ほおがわずかにこけた様子だったが、しっかりした足取りで、知事室では秘書課職員に拍手で迎えられた。県幹部を集めた会議では、公務を離れていたことを陳謝し、「皆さんも健康に気を付けて、元気な県作りに向けて頑張りましょう」と呼びかけた。

 知事のあいさつを受けた林正夫県議会議長は「病院で見舞った頃より顔色も良く、回復ぶりに驚いた」と話し、「責任感の強い藤田知事が職務を全うすることを期待している」と述べた。

 記者会見では、知事は終始穏やかな様子で、時折ジェスチャーを交える余裕も。「厳しい経済・雇用環境、新型インフルエンザ、小雨などの課題克服に全力で取り組む」と、意欲を見せた。

 一方、進退については、「議会で質問があれば答えなければいけない。自分なりに考えはある」と述べ、次の議会で表明する可能性を示唆した。ただ、「衆院選の日程が未定で、あまり早々と申し上げるのはどうか」と、含みをもたせた。

 知事選では、県議会の自民党系、民主党系の各会派が水面下で候補を模索する動きが見られるが、藤田知事の進退が定まらず、次期衆院選の日程も不透明で、擁立は具体化していない。

(2009年6月9日 読売新聞)

256 千葉9区 :2009/06/09(火) 21:49:15
>>27>>238
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/okayama/news/20090608-OYT8T01259.htm
島村・瀬戸内市長が辞職願 肺がん治療公表 来月までに市長選

 4月末から入院していた島村俊一・瀬戸内市長(68)は8日、肺がんを治療していることを公表し、松本和生議長あてに辞職願を提出した。この日、松本議長が市選管に通知。公選法の規定で、翌9日から起算して50日以内に投開票が行われる。選管は9日に市長選の日程を決める。昨年11月に現職市長を破り、初当選して半年余りでの辞職に、市民や職員らから驚きや困惑の声が聞かれた。

 市役所で記者会見した日下英男副市長が、島村市長の談話を公表。「立候補の4か月前に人間ドックを受け、健康を確認し立候補を決断いたしました」と説明し、「短い期間で今日の日を迎えましたことを誠に申し訳なく思っております」としている。職務復帰を希望していたが、左半身が動かないなど病状は重く、6月2日付で医師から肺がんの診断が出され、3日には日下副市長に辞意を伝えたという。

 市議会は9日の本会議で、島村市長の辞職に同意する見通し。松本議長は取材に「市長は行財政改革に手を着けたばかり。志し半ばで辞任することは残念だ」と話した。ある議員は「(市長不在のままでは)開会中の6月議会の審議が形骸(けいがい)化する」と指摘した。

 50歳代の市職員男性は「これから行財政改革に取り組むと思っていたので、戸惑っている。早く落ち着いて仕事をしたいのが本音だ」と語った。

 市民からも様々な声が聞かれた。農業男性(57)は「病気なら辞職は仕方がない」といい、会社員男性(48)は「昨年の市長選の時から体調を心配していたが……」と話した。

 島村市長は昨年11月の市長選で現職を破って初当選し、12月5日に就任。しかし、今年4月30日に、岡山市内の病院に入院。入院中も市長決済など公務を行っていたが、5月22日以降は日下副市長が職務代理者を務めていた。

(2009年6月9日 読売新聞)

257 千葉9区 :2009/06/12(金) 20:31:52
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20090612ddlk33010646000c.html
津山市議会:人事巡り紛糾 6月定例会、今も開けず /岡山
 ◇会派が勢力争い“衆楽座サル芝居”
 津山市議会の6月定例会が開けずにいる。例年は6月第1週の月曜日に開会、2週目から代表・一般質問が始まっていたが、今回は議会人事を巡って議会が紛糾、開会は大幅に遅れて23日になる見通し。市民からは「景気対策をどうするのか」などの批判もあがる。県北の中核市議会で何が起きているのか。【檜山佑二】

 同市では、3、6、9、12月に定例会があり、6月定例会は「条例により6月中に開会しなければならない」(市議会事務局)という規則がある。

 混乱の要因は議会人事だ。議会には議長、副議長をはじめ、4常任委員会(総務文教、厚生、産業、建設水道)があり、32人の市議はいずれかに属し、互選や投票で委員長が選ばれる。このほか、監査委員や議運委、三つの特別委もある。市議の多くは、「所属する委員会や正副委員長ポストを巡り、議会が迷走した」と見る。ある市議は「多数派を作り、市執行部と議会をコントロールすると同時に、特定の議員を排除したいという思惑もあったようだ」と明かす。

 先月7日の臨時会では、「議長などの任期は2年」との申し合わせに従い、正副議長の改選と各委員会の再構成を行う予定だった。翌8日、正副議長は選出されたが、委員会の構成を決める役員選考委員会(委員長・末永弘之市議=共産)と各会派の間で議員の割り振りが決まらず、6月定例会に先送りされた。

 それにしても、なぜここまでもめたのか。元をたどると、新議会発足時までさかのぼることができそうだ。

 ◇しがらみ今も
 合併後、新市初の市議選が終わった07年5月、臨時会での正副議長選出が発端、と末永市議は言う。「議長人事は比較的スムーズだったが、副議長と監査委員選出でもめ、いまだに尾を引いている」と、2年前の人事のしがらみが今回の事態を招いたと指摘。さらに、市役所に近接する名勝・衆楽園になぞらえ、「津山の議会人事は伝統的にもめることが多く、“衆楽座サル芝居”と異名をとるほど種々の駆け引きがあった」と解説する。

 選挙から2年を経て、市議会の会派構成は別表のように変わった。今回の議会人事では、複数会派が集結、議会を二分する勢力争いが続き、正副議長の選び直しを求める意見も出ているという。このため選考委は先月28日、「議会構成に関する覚書」を作成、申し合わせに過ぎなかった「正副議長以下すべての役職を2年交代とする」「最大会派は副議長、監査委員ポストを独占しない」など人事の基本ルール8項目の明文化を提案した。

 同委員長を務める末永市議は「私に一任されたはずだったが、数の論理がまかり通った」と振り返り、「検討課題の正副議長の再選出は未調整だが、基本ルールの8項目は調整できた。23日をめどに本会議開会にこぎつけたい」と話した。

 一方、市側は「緊急に議決を必要とする案件はないが、早く開会し審議をお願いしたい」としている。

==============

 ◆津山市議会の会派勢力◆(定数32)

 ◇07年5月7日時点
公明党津山市議団   3人

市民と歩む会     4人

新風会        7人

政津クラブ      3人

津山新星会議     5人

津山誠心会議     3人

日本共産党津山市議団 2人

みどりの会      4人

(無会派)      1人

 ◇09年5月18日現在
建政会        2人

公明党津山市議団   3人

市民と歩む会     4人

新風会        3人

政津クラブ      2人

津山新星会議     5人

津山誠心会議     3人

日本共産党津山市議団 2人

みどりの会      6人

(無会派)      2人

 (議会事務局の資料から)

258 とはずがたり :2009/06/15(月) 11:13:13
訃報:澄田信義さん74歳=前島根県知事
http://mainichi.jp/select/today/news/20090615k0000e010018000c.html
2009年6月15日 10時49分 更新:6月15日 11時5分

前島根県知事の澄田信義さん=2006年撮影

 澄田信義さん74歳(すみた・のぶよし=前島根県知事)13日、内臓疾患のため死去。葬儀は16日午後1時、松江市東津田町1640の5のハクアイ会館。近親者のみで行い、お別れの会を後日開く予定。自宅は松江市北堀町78の3。喪主は長男敏(さとし)さん。

 島根県出雲市出身。1957年に東京大法学部を卒業し国鉄入社。国鉄常務理事などを経て、87年に島根県知事に初当選、5期20年務め、07年4月に任期満了に伴い引退した。

 公共事業を強力に推し進め、国営中海土地改良事業では00年に干拓、02年に淡水化事業の中止を決断した。

259 千葉9区 :2009/06/15(月) 21:54:16
>>185>>196>>254
こっちも面白くなりそうです。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200906160039.html
広島知事選へ元教授出馬へ '09/6/16

--------------------------------------------------------------------------------


 今秋に予定される広島県知事選に、広島県立大名誉教授で経営コンサルタントの若井具宜(ともぎ)氏(60)=広島市東区=が15日、無所属で立候補すると表明した。同知事選への立候補表明は初めて。11月に4期目の任期満了を迎える藤田雄山知事(60)は、19日開会の県議会定例会で進退を表明する考えを示している。

 若井氏は福山市出身。広島大大学院経済学研究科修士課程修了後、県職員や徳山大経済学部助教授を経て1997年4月から広島県立大経営学部教授。昨年10月に退職し、同大名誉教授となった。専攻は地域経済論。

 県庁で記者会見した若井氏は「県民が夢や希望を持てる状況をつくり出したい」と述べ、新たな大学の整備と誘致による教育環境の充実や、介護従事者の待遇改善など福祉施策の拡充を訴えた。

260 千葉9区 :2009/06/16(火) 00:28:26
>>82>>137-138>>190>>191
http://www.okanichi.co.jp/20090613124838.html
6/13-12:48--現職再選支援で市議有志後援会 岡山市長選
 今秋の岡山市長選(10月8日任期満了)で、現職で再選を目指す高谷茂男氏(72)を支援する市議有志による後援会が結成され、役員が決まった。 会長は花岡薫氏(ゆうあい)、副会長は田尻祐二氏(公明)、代表幹事は浦上雅彦氏(政隆)、礒谷和行氏(新生)、和気健氏(新風)、土肥啓利氏(ゆうあい)。 12日現在のメンバーは32人で、5月11日の結成時から1人増えた。 市議会の会派横断的な後援会が結成されたのは、これまでの同市長選で初めて。土肥代表幹事は「政令市になり市議会としての責任を果たすため」と説明している。

261 千葉9区 :2009/06/19(金) 22:36:41
>>254>>255
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200906200002.html
藤田知事24日にも進退表明 '09/6/20

--------------------------------------------------------------------------------

 11月末で4期目の任期満了を迎える広島県の藤田雄山知事(60)は、24日の県議会一般質問に答え、自らの進退を表明する見通しとなった。知事を支える県議会の最大会派、自民刷新会議(16人)の県議が、知事の進退に関して質問する方針を固めた。19日開会した今定例会の最大の焦点となる。

 一般質問初日の24日は、自民刷新会議の県議が最初に質問する。藤田知事は、2期目以降の過去3回の知事選を前に、6月の定例会で立候補を表明してきた。知事は今月8日、直腸がん摘出手術後の公務復帰に際し、進退について「議会から質問があればお答えしないといけない」と記者会見で述べている。

 一方、定例会初日の19日、藤田知事は提案理由説明に先立ち、手術、入院で約7週間公務を休んだことを陳謝し「県民の暮らしと雇用を守り、力強い広島県を構築していくため全力で県政に取り組む」と決意を示した。

262 千葉9区 :2009/06/19(金) 23:59:21
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090619ddlk35010487000c.html
下関市新庁舎:建て替えか否か 市議会、駐車場整備を凍結へ /山口
 ◇市長方針に“待った”
 下関市議会総務委員会は18日、市が今年度の一般会計予算案に計上した市庁舎の立体駐車場実施設計費について、執行凍結を求める付帯決議をまとめた。「市庁舎は建て替えない」とする中尾友昭市長の公約に基づいて予算計上されたが、建て替え支持が多数を占める市議会が市長方針に“待った”をかけた形だ。総務委は「建て替えるか否か検討を進め、改めて諮ってほしい」と求めた。【取違剛】

 市庁舎の立体駐車場整備は、3月の市長選で中尾市長が掲げた公約の一つだった。市庁舎は築53年で老朽化し、駐車場不足も慢性化している。市は江島潔前市長時代に建て替えを検討していたが、中尾市長は「財政などに配慮して建て替えない」と公約。それを前提に立体駐車場整備と市庁舎の耐震・劣化診断費の計4400万円を予算計上していた。

 総務委では、耐震・劣化診断費を巡っても、多くの市議が「あくまで建て替えないための診断なら認められない」と指摘。中尾市長は「今ある庁舎に改修と耐震補強を施して大事に使うための診断だが、もう使えないとなれば意地を張っても仕方ない」と説明し、結果次第では建て替えざるをえない可能性を認めた。診断は7月に着手しても今年度末までかかる見込みだが、市議会側は12月議会で何らかの説明をすることも求めた。

〔下関版〕

263 千葉9区 :2009/06/21(日) 23:02:31
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shimane/news/20090620-OYT8T01086.htm
斐川町議会 町長信任案は廃案 平政ク退席 空転8時間半 再開できず

 勝部勝明町長の信任決議案を巡り審議が中断した19日の斐川町議会6月定例会は、会期の同日中に本会議を再開できず、決議案は審議未了の廃案となった。出雲市との合併問題を巡り、議会内の推進派と慎重派がせめぎ合い、異例の展開となった定例会は結局、消化不良のまま幕を閉じた。

 19日の本会議では、合併を推進する会派「清風クラブ」の多々納弘代表が、否決された場合、町長が辞職か議会解散かを選択できる信任案の提案理由を説明し、議決を求めたが、単独町制派の最大会派「平政クラブ」の9議員が「審議できない」として議場から退席。約8時間半にわたって岡田征記議長が審議に戻るよう説得したが、不調に終わった。20日午前0時過ぎ、空席の目立つ議場で岡田議長が「私の努力不足で万策がつきた」と事態を謝罪、定例会の閉会を宣言した。

 閉会後、平政クラブの黒田充副会長は「本来は町長が出直し町長選挙に踏み切るべきで、信任決議を否決にもっていこうとするのは間違いだ。審議する価値がないと判断した」と審議拒否の理由を説明。一方、多々納代表は「議場放棄はあるまじき行動。即刻、議員辞職すべきだ」と憤り、「議員の解職請求は町民の発意によるものだが、近いうちに必ず変動が起きる」と町民による議員リコール運動の可能性を示唆した。

(2009年6月21日 読売新聞)

264 千葉9区 :2009/06/23(火) 23:05:17
>>256
一気に若返る選挙だな
http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2009/06/23/2009062320452163000.html
瀬戸内市長選で自民公 武久氏推薦へ
 島村俊一前市長の辞職に伴う瀬戸内市長選(7月12日告示、同19日投票)で、自民、民主、公明3党の県組織は23日、新人で関西学院大准教授の武久顕也氏(40)を推薦する方針を明らかにした。武久氏は来週にも記者会見し、出馬表明の予定。

 自民党県連は23日の常任総務会で武久氏の推薦を了承、26日の県議団総会で正式決定する。民主党県連は20日の県連常任幹事会で方針を確認し、この日までに党内調整を終えたと発表した。公明党県本部も23日、持ち回り幹事会で推薦を内定、近く党中央幹事会で決定する。

 同市長選では武久氏を含めこれまでに正式な出馬表明はないが、自民に対しては新人で元県議の山本秀一氏(48)も推薦願を提出。選挙戦は武久、山本両氏による一騎打ちの公算が大きい。

265 とはずがたり :2009/06/24(水) 13:05:44

結局逃げ切りやがったな・・。
>政治資金パーティーの収入を過少申告したとして06年4月に、後援会の元事務局長が政治資金規正法違反罪で有罪判決を受けた。
>その捜査の過程で、97年知事選で知事陣営が県議らに裏金を渡していたとする疑惑が浮上。
>初当選時から知事を支持していた自民党会派の一部などとの対立を深め、06年12月と07年3月には県議会から辞職勧告決議を受けた。

藤田・広島県知事、引退の意向 5期目不出馬
http://www.asahi.com/politics/update/0623/OSK200906230147.html
2009年6月24日7時36分

 広島県の藤田雄山知事(60)が11月の任期満了に伴う次期知事選に立候補せず、4期目の今期限りで引退する意向を固め、周辺の関係者へ伝えていたことがわかった。24日に県議会6月定例会の一般質問に答え、正式表明するとみられる。

 藤田知事は参院議員を務めていた93年、当時全国最年少の44歳で知事に初当選した。98年度末に県内に86あった市町村を現在の23市町にするなど「平成の大合併」を積極的に推進。合併後の市町に権限を移譲するなど地方分権にも力を入れた。

 一方で、政治資金パーティーの収入を過少申告したとして06年4月に、後援会の元事務局長が政治資金規正法違反罪で有罪判決を受けた。その捜査の過程で、97年知事選で知事陣営が県議らに裏金を渡していたとする疑惑が浮上。初当選時から知事を支持していた自民党会派の一部などとの対立を深め、06年12月と07年3月には県議会から辞職勧告決議を受けた。

 今年4月には、腫瘍(しゅよう)の摘出手術を受け、直腸がんと診断された。今月8日に公務へ復帰し、次期知事選への対応が注目されていた。(福家司、鬼原民幸)

266 千葉9区 :2009/06/24(水) 22:45:35
4期やって60歳とは若いですね。
あと県議会の自民会派も1本化なるかも・・・

267 千葉9区 :2009/06/24(水) 22:49:01
>>129>>170>>218>>250
http://sankei.jp.msn.com/region/shikoku/ehime/090624/ehm0906240205000-n1.htm
八幡浜市長の辞職勧告決議案可決 愛媛
2009.6.24 02:05
 医師不足の愛媛県八幡浜市立八幡浜総合病院への3人の医師を当選直後に確保することを公約に掲げ、4月に初当選した八幡浜市の大城一郎市長が、認識の甘さを理由に公約実現不可能を表明していた問題で、同市議会は6月定例市議会最終日の23日、大城市長への辞職勧告決議案を可決した。地方自治法では同決議の法的拘束力はない。大城市長は「真摯に受け止めつつ、市政運営に努めていきたい」と話している。

 一方、副市長に愛媛県八幡浜支局長を選任する人事案は賛成少数で不同意となった。

268 千葉9区 :2009/06/26(金) 21:18:06
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20090624-OYT8T01198.htm
藤田県政 16年の光と影 <上> 「時代の転換期」 引退決意
業績評価と政治不信 交錯


今期限りの引退を表明し、記者会見した藤田知事(県庁で) 藤田雄山知事が24日、次期知事選への不出馬を表明し、県では最長の4期16年にわたる藤田県政に幕が下りることになった。行財政改革や市町村合併推進などの〈光〉と、後援会の政治資金問題による県民の政治不信などの〈影〉が交錯した、16年間を振り返る。

 藤田知事は1995年のベストドレッサー賞受賞者らしく、この日も濃紺のスーツに鮮やかなピンクのネクタイとチーフをあしらったおしゃれないでたちで、県議会本会議に臨んだ。

 知事与党の自民刷新会議に所属する中津信義県議が「16年間をどうとらえるか。次の4年間の県政を担うのか」と質問。知事は市町村合併や行財政・教育改革などの業績を挙げ、「元気な広島県への道筋を付けることができた」と自己評価。その上で、知事の座を降りる考えを明かした。

 記者会見で、藤田知事は「県、県民の役に立っているか自問自答してきた。16年間で時代の要請が変わった。新しい方に県政を推進していただく、そういう時代の転換期にきている」と、引退理由を説明した。

 4月に直腸がん手術を受けた影響は、「(引退理由は)体調問題ということではない」と否定した。

 記者会見は淡々と進み、約10分間で知事が切り上げたが、唯一、知事の表情がこわばったのは後援会問題に質問が及んだ時。知事は「真相を知ろうと努めたが無理だった」と語りつつ、「一部報道に世論誘導された」と語気を強めた。

          ◇

 県議会での藤田知事評は様々だ。自民刷新会議会長の間所了県議は「5期目も、と期待していたが、健康問題もあり無理は言えない」と話す。野党の共産党の辻恒雄県議は後援会問題を挙げて、「知事も不本意だろうが、県民こそ不本意。不出馬は当然で、遅きに失した」と切り捨てる。

 業績への評価も割れた。

 市町村合併で自治体の財政規模は拡大し、教育改革も進めたとして、知事与党の民主県政会会長、大曽根哲夫県議は「後世に残る成果。地味だが、やるべきことをやった」とたたえる。

 しかし、財政難などで、広島空港(三原市)と広島市などを結ぶ鉄道交通計画は頓挫。野党の自民党議員会会長、宇田伸県議は「中枢拠点性を高める施策に乏しかった」と指摘する。

          ◇

 次期知事選には、広島県立大学名誉教授の若井具宜氏(60)が無所属での出馬を表明している。

 藤田知事は24日の記者会見で、「これからは新しいリーダーに」「時代の要請が変わった」と繰り返した。藤田知事の引退表明で各政党などの候補者選びは加速するが、「時代が要請する新しいリーダー」を選ぶ知事選まで5か月しか残されていない。

(2009年6月25日 読売新聞)

269 千葉9区 :2009/06/26(金) 21:18:37
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20090625-OYT8T01168.htm
藤田県政 16年の光と影<中> 大型事業が足かせ
膨れた負債対策に追われる


3000メートル滑走路供用開始式でテープカットする藤田知事(左から3番目)ら(2001年1月、広島空港で)  1993年10月29日、三原市本郷町に広島空港が開港した。その9日後、11月7日に知事選が投開票され、藤田知事は初当選を決めた。世界に開かれた中四国の拠点を目指した空の玄関と、全国最年少(当時)、44歳のトップの誕生は、広島県の新時代を予感させた。空港の振興と周辺整備を担ったその後の県の動きは、藤田県政の16年間を映し出す。

 94年に広島アジア大会、96年にはひろしま国体と大きなイベントが相次いだこともあり空港の利用は順調に伸びていった。2001年1月に3000メートル滑走路の供用が始まり、2002年度には利用客は344万人とピークに。しかし、その後は、310万〜330万人台と横ばいが続く。

 4月、県庁の会議室で有岡宏副知事と広島市の米神健副市長ら4人がテーブルを囲んだ。三原市に広島空港が開港した後は廃止するはずだったのに、毎年5億円を超える赤字を重ねながら、運用が続く西飛行場(広島市西区)の今後を話し合う検討会の初会合。<効率化>を理由に広島空港への旅客便集約を求める県と、<利便性>を強調して西飛行場の存続を図りたい広島市の主張は平行線をたどった。

 規模の面では西飛行場をはるかに上回る広島空港だが、鉄道交通が直結していないという課題を抱える。

 県は95年、広島市との間をリニア鉄道で結ぶ構想を打ち出したが、車両開発の中断で頓挫。2000年には在来線延伸での鉄道整備の検討を始めたが、調査に8億8000万円を費やした末の06年、採算性を理由に断念することになった。

     ◇

 バブル経済崩壊後に誕生した藤田県政は当初、公共事業重視の路線を余儀なくされた。前任の竹下虎之助知事時代に動き出していた、県立総合体育館(広島グリーンアリーナ)や県立美術館の建設は、総仕上げの時期を迎えてもいた。「就任前からレールが敷かれていたようなもの。方向転換できる段階ではなかった」。当時を知る県幹部は振り返る。

 しかし、大型事業のツケは重く、就任当時、6245億円だった県債残高は、2期目の99年度には倍の1兆2620億円に膨れた。

 2期目の半ばには、行政のスリム化や緊縮財政に向けて大きく舵を切り、広島空港への鉄道交通や県庁移転、県立がんセンター建設などの大型事業について、断念や凍結を余儀なくされた。4期目もその流れは変わらない。公共事業にかける予算額は、00年度の2402億円から、09年度には1147億円にまで減少。それでもなお、貯金にあたる財源調整的基金も、93年度の1391億円から09年度は25億円にまで減った。09年度の県債残高は1兆5420億円にのぼる。

     ◇

 “敷かれたレール”に乗って華やかなスタートを切りながら、そこで生まれた負担が足かせとなった藤田県政。残された負債と懸案は、次の知事に引き継がれることになる。

(2009年6月26日 読売新聞)

270 千葉9区 :2009/06/26(金) 21:32:41
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/article.aspx?id=20090624000095
新議長、副議長ともにくじで決定/さぬき市議会
2009/06/24 09:31

 さぬき市の6月定例議会は23日、本会議を再開。1年を任期とする慣例の正副議長選が行われたが、正副ともに得票数が同数だったため、公選法に定める異例のくじ引きとなった結果、新議長に鶴身正氏(74)=新風会=、新副議長には八木弘氏(57)=飛翔の会=が就任した。

 正副議長選には26人の全議員が出席。議長選では22日に設立した保守系最大会派「新風会」(13人)の推す鶴身氏と、「飛翔の会」(6人)や「公明党議員会」(2人)などが支持する塚原孝雄氏=飛翔の会=がともに13票で並び、同市議会では初のくじ引きとなった。

 副議長選でも、八木氏と白沢優氏=新風会=が13票ずつの同数で並び、くじの結果、八木氏が選出された。

 この日は、議会選出の市監査委員に中沢清治氏(58)=新風会=を選んだほか、13億500万円の2009年度一般会計補正予算案(補正後236億7780万円)など10議案と、委員会発議による市議会委員会条例の一部改正案を原案通り可決し、閉会した。

 鶴身 正氏(つるみ・ただし)津田高卒。津田町議を経て2002年から市議連続3期。津田町議会議長などを歴任。07年6月から08年8月まで副議長。津田町。

 八木 弘氏(やぎ・ひろし)徳島城南工高中退。志度町議を経て2002年から市議連続3期。議会運営委員、総務常任委員長などを歴任。志度。


http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/article.aspx?id=20090623000116
保守系13人新会派結成/さぬき市議会
2009/06/23 09:41

 さぬき市議会(26人)の保守系最大会派・同志会(10人)と前議長らが所属する「市政会」(2人)が解散し、「飛翔の会」を退会した1人を含む13人が22日、新会派「新風会」を設立した。会長には国方幸治氏(54)、幹事長には間嶋三郎氏(60)が就いた。

 同日、大山議長あてに設立届けを提出、受理された。国方会長は「同じ考えを持つ同志が保守系会派の連携を強化するため統合し、新風を起こして市民の付託に応えたい」としている。

 同市議会では、一昨年から正副議長の任期を1年と定める不文律があり、23日の6月定例会最終日に正副議長選が行われる公算が大きい。新会派設立は同選挙を見越した動きとみられる。

 新風会以外の会派は、飛翔の会(6人)、平政会(2人)、公明党議員会(同)、元気派市民の会&市民クラブ(同)、無所属(1人)。

271 とは :2009/06/26(金) 22:36:02
保守が割れてるんですねぇ。2区に響いてくれると嬉しいんだけど関係ないんかな。

272 千葉9区 :2009/06/28(日) 14:25:30
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20090626-OYT8T01214.htm
藤田県政  知事と会派の距離変遷
後援会事件も乗り切る
 4期16年間の藤田県政で、知事が最大の窮地に陥ったのが、後援会の政治資金規正法違反事件だった。政治資金パーティーの収入を過少申告したとして後援会元事務局長が2005年、同法違反容疑で逮捕され、後に有罪が確定。多数の県議が後援会から選挙対策費を受け取ったとして、問題は県議会にも飛び火した。

 県民の政治不信はピークに達し、藤田知事の命運は絶たれたかに見えた。実際、06年12月と07年3月の2度にわたり、県議会で辞職勧告決議案が可決された。

 しかし、勧告に法的拘束力はなく、藤田知事は「知事職を投げ出してしまっていいのか」などとして辞職しなかった。07年7月、今度は法的拘束力のある不信任案が県議会に提出されたが、26対39で否決された。「知事とわしらは一蓮托生。知事を本気で追いつめるのはうまくない」。知事に近いある県議はこう、当時の舞台裏を明かす。別のベテラン県議は「最後まで知事を辞めさせられんかった県議会こそ、県民の信頼を失った」と表情を曇らせる。



 知事と県議会各会派との距離は、93年の初当選以来の16年間で、議会内での主導権争いとともに変化してきた。

 93年当時、最大勢力だった自民党議員団(現自民党議員会)は知事選を巡り反主流派がたもとを分かち、自民党改革議員団を結成。議員団は藤田氏、改革議員団は当時県議の亀井郁夫氏(現参院議員)を擁立して、分裂選挙に。結局、藤田氏が亀井氏に10万票余りの大差をつけて制した。

 藤田知事の1期目は、自民党議員団との二人三脚で、広島アジア大会などの大事業を成功させていったが、両者の蜜月(みつげつ)関係は、2期目にはほころびを見せ始める。財政難で行財政改革を進めたい藤田知事と、公共事業推進派とみられる同議員団の一部県議との距離は徐々に広がっていったという。

 同議員団が名称を変えた自民党議員会は下野する一方で、そこから分裂した自民党刷新会(現自民刷新会議)は現在の民主県政会につながる民主、社民党系などの会派とともに知事与党として、議会運営の主導権を握った。与党のあるベテラン県議は「県議側がもり立てたからこそ、知事の思い通りに県政を運営できた」と指摘する。



 公選の知事はその権限から、大統領にも例えられ、本来は県議会から独立した存在だ。だが、藤田県政は県議会でのパワーバランスに支えられてきた。

 藤田知事は24日の引退表明の記者会見で、「時代の要請が変わった」「その時代に求められる人材がある」と強調した。議会の動向に左右されない知事か、議会と共同歩調を取る知事か。秋に予定される知事選でどのようなリーダーが誕生するかで、藤田知事と県議会が歩んだ16年間への評価が決まるのかもしれない。

(この連載は澤本浩二、竹田直人が担当しました)

(2009年6月27日 読売新聞)

273 千葉9区 :2009/06/28(日) 14:26:17
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200906250093.html
県政の新リーダー選びが加速 '09/6/25

--------------------------------------------------------------------------------


 広島県の藤田雄山知事(60)が24日、今期限りで退任する意向を示した。自身の後援会政治資金不正事件に揺れた藤田県政は終幕へと向かう。県議会では、知事へのスタンスの違いで対立してきた各会派も、「退任は既定路線」との受け止めは同じだ。新たなリーダー選びが加速を始める。

 この日午前の県議会本会議で、4期を振り返った藤田知事は実績を並べた。「元気な広島県づくりに向けた道筋をつけた」。抑揚を抑えたいつもの口調だ。ただ、05年11月の4期目のスタート時から県政を揺るがした政治資金不正事件への言及はなかった。

 多くの県議の視線は次の知事選にある。

 2003年まで12年間、「君臨」した桧山元議長の交代劇を機に一変した県議会の勢力図。桧山元議長が属する会派、自民党議員会は「反知事派」、林議長が入る自民刷新会議は「知事派」として主導権争いを演じてきた。民主党議員も所属する民主県政会は自民刷新会議と連携した。

 そして今後、候補者の擁立をどちらがリードできるかは、県議会での主導権争いに直結する。

 次期衆院選で民主党が政権交代を果たせば、独自候補を擁立することも予想される。公明党議員団の田辺直史団長は「民主党が独自に候補を立てた場合、自民党系で一本化できるのかが大きなポイント」と見立てた。

 県出身の官僚や国会議員、県議のほか、民間人の名前が取りざたされてきたこれまでも「ポスト藤田」の名前。藤田知事の退任表明で擁立への動きは活発化し、政権交代を掛けた次期衆院選後が次の節目になる。

【写真説明】県議会で今期限りでの退任を表明した後、記者会見する藤田知事(左端)=撮影・高橋洋史

274 千葉9区 :2009/06/28(日) 14:51:40
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200906270011.html
尾道市議会で会派が再び分裂 '09/6/27

--------------------------------------------------------------------------------

 尾道市議会(定数34、欠員1)で松谷成人議長が所属する新政会が再び分裂した。杉原孝一郎市議と新田隆雄市議が25日に脱会し、新会派「新風会」の結成届を議長に提出。新政会は4人の第3会派になった。

 新政会は正副議長選を発端に3人が23日に脱会し、新会派「尾道倶楽部(くらぶ)」(6人)を結成したばかり。新風会の会長に就いた杉原市議は「会派内の議案などに対する賛否で妥協しなければならないケースがあった。新会派で市側に積極的な政策提言をしたい」と脱会理由を説明した。

 一方、新政会の宮地寛行会長は「両市議と意見が食い違うことが何度もあった。同一歩調が取れなくなり、ほかの議員から不満が出ていた」と話す。

 所属議員が9人いた新政会は2度の分裂で、同じ保守系の誠友会(8人)、尾道倶楽部に次ぐ会派となり、議会は8会派の乱立状態になった。

 松谷議長は「議会運営にはなんら影響はない」とするが、議長選で松谷議長を支持した市民連合(4人)の市議は「議長の影響力が低下している。今後の議会運営は大丈夫か」と不安を口にした。

275 千葉9区 :2009/06/28(日) 20:56:34
=山口3区=
自・民ともに動いてない雰囲気ですね
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2009/0627/2.html
宇部市長選あす投票 久保田氏、やや優位な戦い
2009年6月27日(土)掲載
任期満了(7月17日)に伴う宇部市長選と市議補選(定数3)は28日、投開票される。

市長選には、いずれも新人で前県議の久保田后子氏(54)=無所属=、共産党県北南地区委員長の五島博氏(53)=同党公認=、建設会社社長の中司正彦氏(66)=無所属=(届け出順)の3人が立候補。行財政改革などを争点に最終盤の舌戦を繰り広げており、議員時代からの草の根地盤を基礎に支持を広げる久保田氏がやや優位な戦いを見せている。

久保田氏は「不景気や人口減で疲弊した宇部の自力再生を」と訴え、市の事務事業の民営化や人件費・物件費の削減による行財政改革、地場産業活性化などを公約に掲げる。東京都出身で早稲田大卒。1990年に宇部にIターン。95年から市議を1期務め、99年から2009年4月まで県議。市内各地で個人演説会を重ね、支持を呼び掛けている。

五島氏は「大型建設事業など本当のムダを省き、福祉重視の市政に」と、市が一部負担金を導入する福祉医療費助成制度の無料化継続、県事業への市の負担金の削減・廃止などを訴える。同市出身で山口大卒。05年から同党県北南地区委員長。同市長選には97年と05年に出馬し、いずれも現職の藤田忠夫市長に敗れた。個人演説会で福祉施策を強調し支持拡大を狙う。

中司氏は「厳しい市財政の建て直しと、民間の活性化を」と訴え、市職員の給与カット、市役所組織の縮小化、地震に備えた災害防災都市づくり、商業施設誘致などを政策に掲げる。島根県生まれで小学生から宇部市。山口大卒。83年から市内で建設会社を経営。91年と95年の県議選、03年の市議選に出馬し、いずれも落選。市内各地で精力的に遊説を行っている。

市議補選には、新人で幼稚園理事長の岩村誠氏(39)、元市議で中学同窓会長の今本克己氏(67)、新人で会社顧問の木下俊夫氏(52)、元市議で1級建築士の猶克実氏(53)=いずれも無所属=(届け出順)の4人が立候補している。

有権者数は20日現在で 14万3088人(男67049、女76039)。投票は28日午前7時から午後8時まで市内62カ所で行われ、午後9時半から市俵田翁記念体育館で即日開票される。

276 山口新聞男 :2009/06/28(日) 20:59:44
無風だろうと思ってフォロー入れてませんでした>宇部市長選

277 名無しさん :2009/06/28(日) 21:10:06
>>275
久保田后子という候補は、県議時代は新政クラブという無所属系会派だったようですね。
他のメンバーは、中尾友昭(安倍系候補を破って下関市長に当選)と
木村健一郎(周南市長選に落選)に、
入れ替わりで合志栄一(元参院選候補・前山口市長)でした。

これで、全員が市長選経験者ということに…

278 千葉9区 :2009/06/28(日) 22:03:33
>合志栄一
この人、面白い経歴ですね。そいや98年参院選では野党系(松岡)が勝ってたんですね
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%88%E5%BF%97%E6%A0%84%E4%B8%80
1979年(昭和54年) - 山口県山口市議会議員選挙に生長の家政治連合公認(諸派)で立候補、当選。(1期目)
1983年(昭和58年) - 山口県山口市議会議員選挙に生長の家政治連合公認(諸派)で立候補、当選。(2期目)
1987年(昭和62年) - 山口県議会議員選挙に自民党公認で立候補、当選。(1期目)
1991年(平成3年) - 山口県議会議員選挙に自民党公認で立候補、当選。(2期目)
1995年(平成7年) - 山口県議会議員選挙に自民党公認で立候補、当選。(3期目)
1998年(平成10年) - 第18回参議院議員通常選挙(山口県選挙区)に自民党公認で立候補、落選。
2002年(平成14年) - 山口県山口市長選挙に無所属で立候補、当選。(1期目)
2005年(平成17年) - 新設合併に伴う山口県山口市長選挙に無所属で立候補、落選。
2007年(平成19年) - 山口県議会議員選挙に無所属で立候補、当選。(4期目)

雌伏4年、当時山口市に建設中であった山口情報芸術センターの建設凍結・見直しを掲げて山口市長選挙に挑み、自民党推薦の前助役原昌克を僅差で破った。当選直後は少数与党で助役人事など議会運営に難航を極め、助役は県に要請して派遣してもらった山口県水産部長渡辺純忠を起用することで決着した

山口市・小郡町・秋穂町・阿知須町・徳地町の新設合併に伴う新・山口市の市長選挙に立候補し、かつて自らの助役だった渡辺純忠に敗れた。合志にはこのときも高村正彦が全面支援した。


1998年参院選結果
当 340,214 松岡 満寿男 無所属 元
  251,646 合志 栄一 自民 新

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/2358
山口市長選(開票終了)
 当 渡辺 純忠 無 新    40,694
   合志 栄一 無 新    37,052

279 千葉9区 :2009/06/29(月) 21:59:24
自民が動いた形跡ゼロ・・・
http://kyushu.yomiuri.co.jp/local/yamaguchi/20090629-OYS1T00252.htm
宇部市長選で久保田さん初当選、山口県初の女性市長

 16年ぶりの新しいかじ取り役を目指して新人3人が争った宇部市長選は28日、投開票され、前県議・久保田后子氏(54)(無所属)が、共産党県北南地区委員長・五島博氏(53)(共産)、建設会社社長・中司正彦氏(66)(無所属)を破り、初当選した。県内での女性市長誕生は初めて。

 藤田忠夫市長(69)(4期目)が昨年12月の市議会で引退を表明。選挙戦では、行財政改革や市の将来計画を巡って論戦が展開された。

 久保田氏は、約70項目からなるマニフェスト(政策綱領)を公表。市長退職金半額化など人件費見直しを中心に40億円の財源捻出(ねんしゅつ)、産業や福祉など5分野に力を注ぐ計画を具体的に示し、幅広い支持を集めた。

 支持者らは、同市のJA山口宇部本店内のホールで開票の行方を見守り、当選の連絡が入ると大歓声が上がった。久保田氏が姿を現すと一緒に万歳三唱を繰り返し喜びを爆発させた。

 五島氏は市議補欠選挙から急きょ変更し、3度目の挑戦だったが、及ばなかった。中司氏は出馬表明が今月4日と出遅れ、浸透できなかった。

 ◆宇部市長選開票結果

当38,660久保田后子 54 無新

 10,424五島  博 53 共新

  5,425中司 正彦 66 無新

(2009年6月29日 読売新聞)

280 とはずがたり :2009/06/29(月) 22:01:36
農協も久保田で動いたんでしょうかね〜>支持者らは、同市のJA山口宇部本店内のホールで開票の行方を見守り、

281 千葉9区 :2009/07/11(土) 11:31:38
人口9万の街で1万の署名って凄いな
http://sankei.jp.msn.com/region/shikoku/ehime/090709/ehm0907090247001-n1.htm
出馬要請へ1万人署名 宇和島市長選 愛媛
2009.7.9 02:46
 任期満了に伴う愛媛県宇和島市長選(8月23日告示、30日投開票)で、市民グループ「ほっとけない宇和島市民の会」(土居通興代表)は8日、宇和島を改革する新しいリーダーが必要として、元県会議長の中川鹿太郎氏(59)に、立候補を要請する推薦状と市民1万人の署名を手渡した。

 市長選には現職の石橋寛久氏がすでに立候補を表明しており、中川氏もこの日の要請を受け、立候補に前向きな姿勢を示した。

 同会のメンバーは元教師や元市職員、自営業者など9人。九島架橋建設の見直しや、祝森ゴミ焼却場建て替え問題など、山積する市政の現状を市民に問うため、中川氏の擁立を目指している。

 この日、土居代表らは中川氏の自宅を訪れ、「貴殿を市長選候補者として最適任であると認め、会決定に基づき推薦いたします」と推薦状を手渡した。これに対し、中川氏は「この街のために何がやれるのか考えてみたい。熱い気持ちに感謝します」と話した。

282 千葉9区 :2009/07/16(木) 00:48:05
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/okayama/news/20090714-OYT8T01093.htm
岡山市長選各陣営戸惑う 前哨戦や出陣第一声に影響
8月30日 衆院選投票と告示重なる
 衆院選の投開票日が8月30日に固まり、岡山市長選の告示日と重なったことで、市長選の“前哨戦”や、告示日の第一声などが影響を受けることになった。立候補予定者は公職選挙法の規定で、衆院選の公示期間は政治団体の活動が制限されるうえ、告示日に衆院選投票所の周辺で演説ができないなど、通常の選挙以上に注意が必要となり、各陣営は戸惑いを隠せないでいる。(今村真樹)

 衆院選の公示期間は市長選の“前哨戦”のまっただ中と言えるが、公選法は、政治団体による演説などを原則禁止。市長選に立候補を予定する人の陣営は、公示期間中に予定していた集会の日時を変更するなど対応に追われている。

 ある新人の陣営は、公示後2か所で予定していた決起集会などをキャンセル。「チラシや案内状も印刷し直すなど、費用がかさみ、手間もかかる。(日程を決めた)麻生首相に損害賠償を請求したいくらいだ」とぼやく。

 また、衆院選の投開票と市長選告示が重なる8月30日には、市内134か所の投票所の半径300メートル以内での街頭演説や連呼など音を出す行為が禁じられる。このため、出陣式の会場と近隣の投票所との距離を、あわてて確認する陣営も。告示日だけだが、市長選候補の選挙カーが衆院選の投票所に近づいた際、急に静かになって走り去るという光景も予想される。

 また、公示後に著書の発刊パーティーを予定している別の新人の陣営は「政策以外のことで批判を浴びることは避けたい。規制を受けるのか市選管に問い合わせたい」と心配する。政治に関心の高い有権者が集まるはずと、投票所前に立って無言で手を振る戦術も検討するという。

 市選管は任期満了日(10月8日)から30日以内に投票日を設定しなければならないことなどから、市長選投票日を前倒しするなどの変更はしない考え。立候補予定者の困惑ぶりに「説明会などできちんと説明し、誤解のないようにしたい」としている。

(2009年7月15日 読売新聞)

283 とはずがたり :2009/07/19(日) 02:41:29
岡山市長選に氏平氏、立候補表明
2009.7.19 01:54
http://sankei.jp.msn.com/region/chugoku/okayama/090719/oky0907190155000-n1.htm

 任期満了に伴い9月13日に投開票される岡山市長選に、新人で市民団体「平和と民主主義をすすめる岡山市革新懇話会」の事務局長、氏平長親氏(62)が18日、無所属で立候補することを表明した。

 氏平氏は、日本共産党岡山地区委員会委員長、同県委員会委員長などを歴任。世界的な経済危機が「日本の政治と密接なかかわりがある」と指摘し、「政令指定都市の権限を駆使して、国の悪政から市民の生活を守らなくてはいけない」と決意表明した。

 同市長選には、再選を目指す現職の高谷茂男氏(72)、岡山青年会議所元副理事長の井上和宣氏(53)、同市前副市長の天野勝昭氏(64)、不動産鑑定士の馬場勉氏(67)が立候補を表明している。

284 千葉9区 :2009/07/19(日) 21:31:15
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200907190026.html
岡山市長選推薦で自民割れる '09/7/19

--------------------------------------------------------------------------------

 自民党岡山県連は18日、岡山市中区で総務会・選対委員会合同会議を開いた。任期満了に伴う岡山市長選(8月30日告示、9月13日投開票)への立候補予定者5人のうち推薦依頼があった現新3人の取り扱いについて審議したが、意見が割れて決定には至らなかった。

 非公開の会議後に会見した同県連の天野学幹事長は「『前回と同様に現職を』という声と『衆院選もあり自主投票にすべきだ』との意見が出た」と経緯を話した。「政令市長選の推薦は党本部の決定事項」とも述べ、週明けに意見を党本部に報告する方針を示した。

285 とはずがたり :2009/07/20(月) 05:21:25
選挙:岡山市長選/岡山市議補選 市長選、自民党県連が推薦見送り /岡山
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20090719ddlk33010348000c.html
 ◇岡山市議補選は森脇氏に決める

 自民党県連は18日、総務・選対会議を開き、岡山市長選について推薦の内定を見送った。今後、県連4役や県選出国会議員らで対応を協議する。

 同市長選では現職の高谷茂男氏のほか、天野勝昭氏と井上和宣氏の新人2人が同党に推薦を申請。会見した天野学幹事長によると、「前回に続き高谷氏を推薦」と「衆院選を控えており推薦を見送るべきだ」という主に二つの案が出て、意見がまとまらなかったという。岡山市議補選では無所属での出馬を表明している中区の会社役員、森脇浩之氏(48)の推薦を決めた。【石川勝義】

286 とはずがたり :2009/07/23(木) 04:29:33
=愛媛4区=

衆院選への影響は?

選挙:宇和島市長選/宇和島市議選 市長選、元県議会議長・中川氏が出馬表明 /愛媛
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20090718ddlk38010684000c.html
 ◇市長選に2人目

 任期満了に伴う宇和島市長選に17日、新人で元県議会議長の中川鹿太郎氏(59)が無所属で立候補することを表明した。同市長選には3月に現職で再選を目指す石橋寛久氏(59)が無所属で出馬することを明らかにしている。

 会見で中川氏は「厳しい経済状況に宇和島市が追い込まれている姿を見てほっとけない」と出馬の動機を語り、建設計画がある九島架橋には「決して反対ではないが今、架ける時期ではない」と述べた。

 中川氏は旧宇和島市議を経て81年2月に県議初当選。連続6期当選し、議長などを務めた。市長選への挑戦は4回目になる。

   ◇  ◇

 一方、市長選と同市議選(定数28)の立候補予定者説明会が17日、市役所であった。市長選には2氏の関係者らが顔を見せ、市議選には出馬の動きを見せている30人の陣営関係者が出席した。【川上展弘】

毎日新聞 2009年7月18日 地方版

287 広島一区民 :2009/07/26(日) 09:42:38
 とはずがたり様
 2007年の広島市長選挙での出来事を簡単に紹介します。

・柏村氏(元アナウンサーで元参議院議員)自民推薦
・大原氏(元市議会議員)一部の自民、民主、社民、連合広島が支援
・秋葉氏 民主、社民、共産、連合広島、(一部自民、公明)が支援

主な候補者は以上三名でした。

 自民党広島市議団は「おらが町の先生」と選挙民から言われ当選した人間の集まり故
全く纏まりが無く、大原氏支援が五名、残りが二人に分散されました。

 何故、秋葉氏を、一部自民党広島市議団が支援したかと申しますと

・野中広務氏の応援文
・広島南道路を含む、ハコ物事業継続

以上二つで彼等を味方につけました。

 河野美代子が代表世話人の「みこし連」のHPに野中氏の応援文が載っていました。
これだけでもおかしな話ですが、国道二号線の高架工事で国に対し反対を声明し、あたかも脱ハコ物の仮面を被りつつ
多額の市税を費やして広島南道路を含む、ハコ物事業建設継続を行い利権に目を向ける自民党市議達を味方にし、当選しました。

 他にも彼に批判的な理由として

・平和外交と称して毎年2000万円の市税で豪遊
・8月6日の平和宣言

以上二つです。

 本来、他国との外交は国が行うべき事柄なのに、しゃしゃり出てきます。(ノーベル平和賞狙い?)
又、毎年行われる平和式典ですが、彼は米国の事ばかり論い、北朝鮮の事は一言も触れない有様です。

 尚、田母神氏が8/6に広島市で講演を行う予定ですが
あの市長、主催者側に対し日程変更を要請しました。賛否両論有る事、存じていますが
市税を納入している在住者から言わせて貰いますと、六月の議会中、居眠りをする人間に、変更要請する資格すら無いと考えます。
(居眠りは平野市議会議員のHPからの情報)

 最後に、「このままではいけない」という思いが強い故、乱文になった事、失礼しました。

288 名無しさん :2009/07/26(日) 11:04:52
>彼は米国の事ばかり論い、北朝鮮の事は一言も触れない有様です。
あいたたたた、これは痛い
産経古森にでも毒されましたかね?
北朝鮮に触れてさえいれば、それでいいのでしょうか?

http://www.pcf.city.hiroshima.jp/declaration/Japanese/2005/index.html
しかし、今年の5月に開かれた核不拡散条約再検討会議で明らかになったのは、アメリカ、ロシア、イギリス、
フランス、中国、インド、パキスタン、北朝鮮等の核保有国並びに核保有願望国が、世界の大多数の市民や
国の声を無視し、人類を滅亡に導く危機に陥れているという事実です。

http://www.pcf.city.hiroshima.jp/declaration/Japanese/2003/index.html
私(わたし)たちも、ブッシュ大統領(だいとうりょう)、北朝鮮(きたちょうせん)の金総書記(そうしょき)をはじめとして、
核兵器(かくへいき)保有国(ほゆうこく)のリーダーたちが広島を訪(おとず)れ核戦争(かくせんそう)の現実(げんじつ)を
直視(ちょくし)するよう強く求めます。

http://www.pcf.city.hiroshima.jp/declaration/Japanese/1998/index.html
インド、そしてパキスタンの相次ぐ核実験強行によって、南西アジアの緊張は極度に高まり、核拡散防止体制は根底から揺らいだ。

289 とはずがたり :2009/07/26(日) 11:28:56
>>287-288
へえ野中が秋葉を支援していたとは。。
秋葉氏圧勝でしたね。
個人的には変節漢柏村の惨敗に大いに溜飲を下げたものですが。。
財政に余裕がない中,なるべく工夫して広島高速の建設に努力するなど評価してたんですけど。

秋葉も典型的な左翼と同じようなスタンスで北朝鮮批判出来てないなら残念ですね。ちゃんと云ってるとするならばちゃんと市民にも伝わって無いという事になりますので強く批判して欲しい所。

過去ログ発掘広島市長選

03年2月1日投開票  広島市長選挙各候補衆院小選挙区毎の得票
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/62

大原氏が広島市長選出馬へ '07/1/26
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/4601
またも「自民分裂」か 広島市長選
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/4625
市長選、自民分裂に危機感
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/4730
選挙:広島市長選 大原氏出馬表明、保守分裂の様相 自民市議、胸中複雑 /広島
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/4760

2月9日(金)
加速する広島市長選挙 柏村氏が自民市議と協議
広島市長選挙に大原邦夫さん立候補表明
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/5077-5078
大原さんは、NHKの記者を経て95年に広島市議会議員に無所属で初当選しました。父親は社会党の衆議院議員だった大原亨さんです。

混戦の主役たち〈上〉 自民分裂
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/5238

ヒロシマの舵取り:07市長選/上 秋葉氏、憶測呼ぶ「まぎわの表明」 /広島
ヒロシマの舵取り:07市長選/中 柏村氏、“地元置き去り”冷めた目も /広島
ヒロシマの舵取り:07市長選/下 大原氏、「狭間の戦い」勝機うかがう /広島
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/5259,5260,5256

共産、秋葉氏を事実上応援=広島市長選
2月27日15時0分配信 時事通信
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/5272
広島市長選 連合広島も「分裂」の様相
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/5346

自民幹事長が広島県連会長辞任の意向…推薦候補落選で
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/5708

【広島市議会】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/5261-5263
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/6449-6453

290 広島一区民 :2009/07/26(日) 12:27:30
 >>289

 柏村氏を御存知でしたか。
ただ2001年参議院選挙で、彼を当選させたのは他ならぬ広島人達です。

 当時、広島県民党と称して立候補しましたが

・中川秀直氏とは古くからの友人
(柏村氏、芸能生活25年パーティー(1991年)に、当時落選中で友人として出席)
・2001年当時、彼の選挙を取り仕切っていたのは亀井静香氏の側近

という事も知らずに、のぼせ上がった人間達がこぞって投票(約50万票)し当選しました。
当時の広島県は異様な雰囲気でした。(私は上記を知っていましたので菅川健二氏に投票)
 それからの事は、いわずもがなです。(市長選は大原氏に投票)

 しかしながら、柏村氏の事が全国に知れ渡っていたとなると
今後如何なる選挙でも、誰を当選させたかで、その選挙民の民度が測られると痛感しました。

 最後に、「北朝鮮等の事は一言も触れない有様です。」と書くところを
脱字をしてました。産経古森なんて存じませんし、ましてや毒なんて刺されていません。

291 とはずがたり :2009/07/26(日) 12:58:46
>>290
成る程。ちゃんと分かった人が見れば自民系だなってのは選挙前から判ってた訳ですね。。>木偏にホワイト
無党派を強調して当選後掌を返して自民だったような印象がありましたので。

印象としては広島県民が悪いと云うよりは柏村が酷い,でしたがやはり県民党を名乗って当選したからには無所属を1期ぐらいは貫いて欲しかった所であります。

保守の分裂傾向と云えば県議会や県知事のカネを巡るゴタゴタも激しいですよね。その割りには国政になると自民公認候補に票が集まるのでなかなか落とせないですね。

一応得票纏めておきました。なんかミスとかありましたらご指摘下さい。。
広島市長選開票結果(03年/07年)
http://members.at.infoseek.co.jp/tohazugatali/seiji/2007hiroshima.html

292 名無しさん :2009/07/26(日) 15:40:23
広島県の方が自覚しているよりも柏村って全国知名度あるんですよね。
とはずがたりさんもそうでしょうけど、私もお笑い漫画道場見ていましたから。
ですから、タレントが隠れ自民で、とイメージが極端に悪化したのも早かったですね。

293 とはずがたり :2009/07/26(日) 16:09:07
私は選挙マニアであんまテレビを見ないのでタレント出身の政治家として知っていただけですので一般の方々がどうかはちょっと判りませんが。。
とまれ結果的に自民入りで政治生命を大幅に短くしましたね。。

294 神奈川一区民 :2009/07/26(日) 17:30:57
私もお笑いマンガ道場をよく見てました。川島なお美が出演していましたね。柏村氏の場合、亀井静香氏の離党も大きいと思います。後ろ盾を失ったわけだから。自身のプライベートにも問題がありましたから。こうなるのも仕方ないと思います。

295 名無しさん :2009/07/26(日) 21:40:25
とまれ、秋葉市長がこのように批判されるのは
小泉時代に繁殖したネットウヨクの残滓のようなものでしょうね
彼が元社民党代議士でなければ、こうは言われないと思います
長崎市では、こういう話は出てきませんから(好意的な意味でも)

296 名無しさん :2009/07/27(月) 02:18:00
広島一区民さんの広島の将来を憂う気持ちがヒシヒシと伝わってきます
ネットウヨクとかは関係ないと思いますよ

297 とはずがたり :2009/07/29(水) 11:38:26
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1240552224/2505
>東広島の自民最大勢力の蔵田派は民主党候補を応援している。

どれが蔵田派かね?

東 広 島 市 議 会 会 派 構 成
http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/icity/browser?ActionCode=content&amp;ContentID=1184738620341&amp;SiteID=0
平成21年6月30日 現在

会派名 構成人員 構 成 議 員 名

合志会  10  ◎新開邦彦  乗越耕司  高橋典弘  家森建昭  中平好昭  池田隆興  梶谷信洋  高見利明  狩谷浩  早志美男

威信会  8  ◎渡邉國彦  宮川誠子  杉原邦男  大江弘康  山下守   牧尾良二  上田廣   鷲見侑

市民クラブ  4  ◎石原賢治  西本博之  鈴木利宏  赤木達男

新風21  3  ◎中曽義孝  寺尾孝治  杉井弘文

公明党  3  ◎竹川秀明  加根佳基  小川宏子

日本共産党 1  ◎谷 晴美

五月会  1  ◎下村昭治

山彦会  1  ◎坂本一彦

298 千葉9区 :2009/07/29(水) 21:09:33
衆院選と同日選
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20090729/news20090729348.html
愛媛のニュース2009年07月29日(水)
武田氏が出馬表明、宇和島市長選
 任期満了に伴う8月23日告示、同30日投票の宇和島市長選挙に、食品会社役員武田元介氏(48)=和霊町=が29日、無所属で立候補することを表明した。
 武田氏は同市弁天町1丁目のきさいや広場で会見し「現在の市政は閉塞(へいそく)感が強く、市民目線で運営されていない。自分がリーダーとなり市を変えたい」と出馬の動機を説明。「市内一の大企業と言える市役所の改革」を掲げ、「情報公開を進めて市職員の給与体系を見直し、市政への住民参加を呼び掛ける」と語った。
 同市長選には、再選を目指す現職の石橋寛久氏(59)=無所属、栄町港2丁目=と、元県議会議長中川鹿太郎氏(59)=同、元結掛2丁目=も立候補を表明している。

299 千葉9区 :2009/07/29(水) 21:17:43
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/09_sousenkyo/ibaraki/CK2009072302000159.html
各小選挙区の情勢 県内有数の激戦区に
2009年7月23日

 八月十八日公示、同三十日投開票される衆院選は、今月二十一日の衆院解散とともに、各陣営が本格的な「選挙モード」に突入し、真夏の舌戦を繰り広げている。県内の全七小選挙区からは二十三人が出馬を予定。民主に追い風が吹く中、保守王国・茨城で同党は議席を伸ばすのか、それとも自民が現有五議席を守り抜くのか。公明票の行方や、共産の独自候補空白区での同党支持者の動向も注目される。各小選挙区の情勢を追った。

 自民前職の赤城と民主新人の福島、共産新人の田谷らが出馬を予定する。前回とほぼ同じ顔触れだが、赤城の事務所費問題、県医師連盟の民主へのくら替えなど情勢が変動する要素を抱え、赤城と福島を軸に県内有数の激戦区となりそう。

 赤城は、事務所費問題やばんそうこう騒ぎで農相辞任に追い込まれて以降、小まめに地元に帰り、支持者に「おわび行脚」を重ねてきた。陣営は「騒動は沈静化した」とする。これまで解散前に街宣車に乗ることはなかったが、春から街宣車で遊説を始めるなど、民主への風に対する危機感は強い。

 県西に厚い支持層を持ち、「水戸で(福島に)並びたい」と陣営。後援会や公明票などに票を上乗せし十二万票獲得が目標。赤城は「背水の陣。全身全霊で戦い抜く」と語り、前回の大量得票からの目減りを食い止めたいとする。

 福島は「選手交代」を旗印に昨年二月から、選挙区の世帯を自転車で回り、支持を集める「どぶ板選挙」を展開。現在は支持組織や企業回り、街宣活動に取り組む。農家がポスターを張ることを許してくれたり、建設業が協力的になったりと、従来の自民支持層に浸透している手応えがあるという。

 陣営は「県西でタイ、水戸で勝ち抜く」を目標に連合票約四万票、一万世帯ともされる後援会、自民から民主推薦に変わった医師連盟などの約三千票に、票を積み増して十二万票獲得を目指す。

 田谷は1区に軸足を置きつつ、比例代表も見据え全県で支持拡大を図る。後援会の集会「語り合う集い」に力を入れ、雇用や暮らしの悩みに耳を傾けるなどし「生活者の安全網として評価が広がり、党員や後援会員は増えている」と陣営。小選挙区での得票躍進と比例北関東ブロックでの二議席目獲得を狙う。 =文中敬称略

  (伊東浩一)

300 千葉9区 :2009/07/30(木) 22:55:43
99年の選挙結果ありました
萩原 誠司136,638
安宅 啓祐108,368
宇野 武夫 16,043
http://mytown.asahi.com/okayama/news.php?k_id=34000000907300001
安宅元市長が表明へ/岡山市長選6人目出馬
2009年07月30日

8月30日告示、9月13日投開票の岡山市長選に、元市長の安宅敬祐(あたか・けいすけ)氏(67)が無所属で立候補する意向を固めた。30日に記者会見を開いて表明する。立候補予定者は安宅氏で6人目となる。(宮武努)


 関係者によると、安宅氏は29日、後援会の会合で正式に立候補の意向を説明。複数の市議にもすでに決意を伝えているという。


 安宅氏は旧自治省で大臣官房参事官などを歴任。91年の岡山市長選で、当時の市長が進めていた岡山チボリ公園誘致計画の再検討を掲げて初当選し、その後、計画を撤回した。99年の市長選では民主党の推薦を受けて3選を目指したが、自民・社民両党推薦の萩原誠司前市長に敗れた。


 市長選にはすでに現職の高谷茂男(たかや・しげお)氏、新顔の井上和宣(いのうえ・かずのり)氏、天野勝昭(あまの・かつあき)氏、馬場勉(ばば・つとむ)氏、氏平長親(うじひら・ながちか)氏の無所属5人が立候補を表明している。

301 千葉9区 :2009/07/31(金) 00:25:50
安宅氏は民主党 少なくとも非自民系と言えそうですね
チボリ公園はもともと岡山に作る予定が彼が中止を決断→倉敷に ってことか?
倉敷で閉園したことを考えれば先見の明があったと言えそう。

あとは年齢がちょっとネックですね。

302 千葉9区 :2009/07/31(金) 00:25:54
安宅氏は民主党 少なくとも非自民系と言えそうですね
チボリ公園はもともと岡山に作る予定が彼が中止を決断→倉敷に ってことか?
倉敷で閉園したことを考えれば先見の明があったと言えそう。

あとは年齢がちょっとネックですね。

303 千葉9区 :2009/07/31(金) 00:26:37
追記
どうせだから 落選するであろう荻原も出馬しちゃえ

304 名無しさん :2009/08/01(土) 14:51:45
>>300
これは大物が出てきましたね。
かつての江田五月の盟友です。

民主が乗れば当選も狙えると思います。
これでも現職よりは若いですからね。

元市長が出馬表明=岡山市長選
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&amp;k=2009073000810

 9月13日投開票の岡山市長選で、元同市市長で岡山商科大大学院教授の安宅敬祐氏(67)が30日、無所属での出馬を表明した。安宅氏は1991年に市長初当選。2期務めた後、99年の選挙で敗れた。
 市長選には、再選を目指す現職の高谷茂男氏(72)のほか、会社社長の井上和宣氏(53)、元同市副市長の天野勝昭氏(64)、不動産鑑定士の馬場勉氏(67)、市民団体事務局長の氏平長親氏(62)が既に出馬を表明している。(2009/07/30-18:15)

305 名無しさん :2009/08/01(土) 14:55:04
これを見ると、民主支援で話がついているのでは。

江田五月 活動日誌 2009年7月26日
http://www.eda-jp.com/katudo/2009/7/26.html

>その後、自宅に戻り、15時半から1時間ほど、元岡山市長の安宅敬祐さんと市長選につき意見交換しました。

306 とはずがたり :2009/08/01(土) 15:12:42
江田氏の盟友という事で此処は順当なら民主が支援という事になりましょうね。
問題はやはりちょいと高齢という点でしょうか?
10年前の選挙で敗れた時は未だ2期で50代と若かったのでやり残した事もあるのは理解できますがわかれりゃいい的な傾向もあるのでちょい心配ではあります。。

>>303
鍵忠ばりに小選挙区を熊に譲って荻原も出るってのも手かも知れませんな。
基本的に仲が悪い岡山の民主と社民なので91年みたいに自社共闘出来るかもしれぬ。そうすれば衆院小選挙区への波及効果もあるかも。

307 千葉9区 :2009/08/02(日) 01:11:59
880 :無党派さん:2009/07/31(金) 20:24:03 ID:9mWbUKTK
>>879
高谷:現職
天野:元副市長
井上:元JC幹部
馬場:おかやま適塾
氏平:共産党
安宅:元市長

高谷は自公
天野は自公民
井上は自公民社
安宅は民
に推薦依頼中。馬場は自・民だったかな?
高谷と天野は仲悪い。馬場は高谷潰しで立候補との説あり。井上はよく分からないが岡山政経塾出身。政経塾VS適塾の争いもある。


881 :無党派さん:2009/07/31(金) 20:27:24 ID:9mWbUKTK
追加すると
安宅は立候補直前に江田五月も面会。市議会で民主と同じ会派の下市が安宅推し。

886 :無党派さん:2009/08/01(土) 10:38:55 ID:StzSTvYX
たしか安宅は江田と懇意にしてたよな。
すぐに民主を取り込めれば面白そうだが、できるだろうか?
衆院選挙の流れそのままに自民高谷・民主安宅という図式にしたいのだろうが、出馬表明が遅すぎる。

候補乱立の中でもある程度の現職への「おつきあい票」が見込める高谷有利は変わらないとおもうぞ。
本当は「ちくわ」が民主公認で出馬すれば一番良かったのだけどな。

308 千葉9区 :2009/08/02(日) 18:58:38
http://mainichi.jp/area/tokushima/news/20090802ddlk36040447000c.html
小松島市営バス採用試験漏えい:収賄の市議が辞職 /徳島
 小松島市営バスの運転士採用試験を巡る贈収賄事件で、加重収賄の疑いで逮捕、同罪で起訴された市議の木村文彦被告(49)が7月31日付で辞職した。

 出口憲二郎・市議会議長によると、30日夜に木村被告の妻から議会事務局長に「本人が辞職を申し出ている」と連絡があった。31日午後、拘置されている徳島刑務所に出口議長らが赴いて面会。木村被告はその場で議員辞職願にサインをして提出し、出口議長が辞職を許可した。

 木村被告は起訴内容を否認しており、辞職の理由については「市民や議会に迷惑をかけ、責任を痛感している」と説明したという。【井上卓也】

309 千葉9区 :2009/08/04(火) 21:32:52
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20090727ddlk32010290000c.html
2009衆院選:2区 出直し斐川町長選 合併是非が争点 /島根
 ◇激戦予想の竹下・亀井両陣営、「重点地域」も静観
 来月18日公示、同30日投開票される衆院選で、自民党前職の竹下亘氏と国民新党前職の亀井久興氏の激しい戦いが予想される島根2区。約2万2000人の有権者を抱え、来月2日に町長選が実施される斐川町についても、両陣営から熱い視線が注がれる。ただ、現職が辞職して出直し選となる同町長選は、出雲市との合併の是非が大きな争点になるという地域の特殊事情を抱えるだけに、両陣営とも静観の構えだ。【細谷拓海】

 両氏のほか、民主党、共産党の候補も島根2区から立候補した05年の前回選、斐川町では竹下氏が9840票、亀井氏が3773票を獲得した。しかし、07年の参院選では、亀井氏の長女で、国民新党新人の亜紀子氏が8781票を獲得。自民党現職、景山俊太郎氏の6873票を上回り、亜紀子氏初当選の原動力となった。

 今回も激しい票の奪い合いが予想される同町。竹下陣営は参院選からの巻き返しを図るため「重点地域」と位置づけ、亀井氏の陣営も「斐川でさらに伸ばしたい」と意気込むが、両陣営とも出雲市との合併の是非が争点とされる町長選については「町民が決めること」と距離を置く。

 竹下陣営の佐々木雄三選対本部長は、「町長選が終わらなければ何もできない。終わったら集中的にやる」。亀井陣営の関係者も「うちの支持者の中には、合併派もいれば、単独派もいる。どちらかを支援するということはできない」と町長選の行方を見守る。

 一方、町長選で立候補を予定している前町長、勝部勝明氏の陣営関係者は「町政をどうするかが大事なのであって、衆院選の前哨戦とは誰も思っていない」。前副町長の伊藤繁満氏の陣営関係者も「町の将来のことなので、政党色は出さないようにしたい」と話している。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200908030162.html
勝部氏が再選 斐川町長選 '09/8/3

--------------------------------------------------------------------------------


 出雲市との合併の是非を問う出直し選挙となった島根県斐川町長選は2日、投開票され、合併推進派の無所属前職勝部勝明氏(69)が単独町制派で前副町長の無所属新人伊藤繁満氏(62)を破り、再選を果たした。

 勝部氏は合併の是非を問う住民投票条例案を町議会で2度否決されて辞職。実質的に住民投票の意味を持つ出直し町長選に勝利したことで出雲市との合併が大きく前進した。

 この日夜、当選確実が決まると荘原町の選挙事務所に勝部氏と妻の幸恵さん(68)が登場し、大きな拍手が鳴り響いた。勝部氏は「町民は合併に向けて正しい判断を下された」と喜び、高橋幸男後援会長らと万歳三唱した。出雲市の長岡秀人市長も祝いに駆け付けた。

 勝部氏は地方分権の推進や財政難の解決のために合併が必要と主張。特に団体からの推薦を受けず、後援会「明朋会」が女性部を中心に活発に動いた。高い知名度を生かして、優位に選挙戦を展開した。伊藤氏は町長給料50%カットなどを掲げて財政再建に努める考えを訴えたが、出遅れが響いた。

 議員死亡に伴う町議補選(1人)は、合併推進派で元グラフィックデザイナーの無所属新人坪田揚子氏(66)と単独町制派で元小学校教諭の共産党新人池渕栄助氏(68)の接戦となり、深夜まで開票作業が続いた。

 当日有権者数は2万2147人。町長選の投票率は82・47%(前回83・75%)。町議補選は82・43%だった。

310 とはずがたり :2009/08/04(火) 21:48:58
>>309-310

選挙:斐川町長選/斐川町議補選 出直し町長選、「合併推進」勝部氏再選 /島根
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1066974699/4444

 ◆開票結果=選管最終発表
 ◇斐川町長選(改選数1−2)
当 9922 勝部勝明 69 無前
  8241 伊藤繁満 62 無新

 ◆開票結果
 ◇斐川町議補選(改選数1−2)=選管最終発表
当 10193 坪田揚子 66 無新
   7501 池淵栄助 68 共新

311 山口新聞男 :2009/08/05(水) 22:07:11
渡辺純忠 64 無所属 現 (元)市助役、(元)県庁
伊藤青波 55 無所属 新 市議、前回合志支援、(元)旧徳地町長、(元)旧徳地町議

http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2009/0804/2.html
 任期満了に伴う山口市長選(11月1日告示)に、合併した旧徳地町長で市議の伊藤青波氏(55)が出馬する意向を
固めたことが3日、分かった。市長選には現職の渡辺純忠市長(64)が再選出馬を表明している。

 伊藤氏は4年前の市長選で、渡辺市長の対立候補だった合志栄一元市長(現県議)の陣営に回り、旧1市4町の合併
を仕上げた首長の仲間として支援した。合併後の市議選に立候補した伊藤氏はトップ当選を果たし、現在は第二会派
の「県都クラブ」に所属する。

 渡辺市政に距離を置く伊藤氏の市長選挑戦は昨年からうわさされていたが、ここへ来てあいさつ回りが本格化。伊藤氏
に近い筋は「本人から出馬するのでよろしく支援を」とのあいさつを受けたという。伊藤氏は同日の取材に「いろいろ後援会
に話してから」と含みを持たせる発言をした。 伊藤氏は山口高校卒。1983年4月から92年12月まで旧徳地町議を務め、
93年2月の同町長選に初出馬し当選。旧山口市と合併するまで連続3期務めた。自宅は同市徳地野谷。

(前回)
05/11/13 山口市長選 事由:新設合併
当 40694 渡辺純忠 60 無所属[連合山口、自民・民主・社民支持] 新 (元)市助役、(元)県庁
   37052 合志栄一 56 無所属                       新 (元)旧市長、(元)県議・旧市議、生長の家、高村正彦支援 → 07年県議選(山口市)当選

312 名無しさん :2009/08/05(水) 23:03:12
迷うことはないと思いますが…
手続き上の問題ですかね?

07/31-12:47--推薦依頼を民主「保留」 
http://www.okanichi.co.jp/20090731124816.html

 民主党岡山県連の津村啓介代表は30日、市政記者室で緊急会見し、岡山市長選へ出馬を表明した安宅敬祐氏(67)から同日提出された推薦依頼を留保していることを明らかにした。

313 名無しさん :2009/08/05(水) 23:11:54
推薦しない理由がわかりませんなぁ。
ちなみに、井上、天野は自民にも推薦依頼してます。

安宅氏が出馬表明/岡山市長選
http://mytown.asahi.com/okayama/news.php?k_id=34000000907310003
2009年07月31日

 8月30日告示、9月13日投開票の岡山市長選に、元同市長で岡山商科大教授の安宅敬祐(あたか・けいすけ)氏(67)が30日、無所属で立候補する意向を表明した=写真。同市長選の立候補表明者は安宅氏で6人目となる。

 会見した安宅氏は「政令指定都市になったが、今の市政は旧国鉄操車場跡地活用問題などの課題が全く動いていない。若く見識がある人が出てくるかと思ったが、現時点でそういう人はいない」と決意した理由を説明。「指定市の権限と財源を生かし、積極財政で都市基盤整備を進めたい」と抱負を語った。

 政策の柱として、路面電車や自転車専用道の延伸▽宇宙飛行士訓練ができる「子ども未来科学館」の建設などを挙げ、操車場跡地問題では「サッカー専用スタジアムを備えた公園の建設」を掲げた。

 また、政党との関係については「民主党に推薦を依頼する」と話した。

 安宅氏は東大卒。91年から2期、市長を務め、99年の市長退任後は岡山大でも教授を務めた。

 同市長選には高谷茂男(たかや・しげお)氏、井上和宣(いのうえ・かずのり)氏、天野勝昭(あまの・かつあき)氏、馬場勉(ばば・つとむ)氏、氏平長親(うじひら・ながちか)氏の5人が立候補を表明している。

■推薦受理を留保/民主県連

  一方、民主党の津村啓介県連代表は、安宅氏の立候補表明を受けて同日夕に急きょ会見し、「当惑している」と話した。津村氏によると、同日、安宅氏側から推薦依頼が寄せられたが、県連として受理を留保したという。

 県連はすでに井上、天野、馬場の3氏の推薦依頼を受理している。津村氏は「安宅氏側から水面下で相談を受けた際に『推薦は難しい』との考えを伝えていた。安宅氏と民主党との間に推薦の密約がある、と誤解されることを心配している」と話した。(宮武努)

314 千葉9区 :2009/08/06(木) 21:51:40
http://sankei.jp.msn.com/region/shikoku/ehime/090806/ehm0908062100000-n1.htm
大洲市長が辞任 病気療養に専念 愛媛
2009.8.6 21:00
 病気療養中だった愛媛県大洲市の大森隆雄市長(60)は6日、「現在の体調ではこの職責を果たすことができません」と退職申出書を岡孝志市議会議長に提出した。17日に予定される定例市議会の同意を経て辞職が決まる。公職選挙法に基づき50日以内に市長選が実施され、9月13日の市議会議員選挙と同日選になる可能性が高い。

 大森市長は、平成18年7月に生体肝移植手術を受けた。今年5月29日に愛媛大医学部付属病院に検査入院し、6月定例市議会は病院から出席していた。市は7月3日、急性肝機能障害のためさらに約1カ月の入院加療が必要と発表し、副市長が市長職務代理者を務めていた。

 大森市長は旧大洲市議を7期務め、合併に伴う17年の大洲市長選で初代市長に当選。今年1月の市長選で再選され、現在2期目。

315 名無しさん :2009/08/06(木) 22:13:49
>>314
大洲市というと、前回1月は大接戦だったところですねぇ。>>70
再びダムを争点に選挙でしょうか。

316 名無しさん :2009/08/09(日) 15:37:30
8/31に推薦を出すと期待していいんでしょうかねぇ。

民主党県連、独自候補擁立は断念
岡山市長選 31日に対応決定へ
http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2009/08/07/2009080721030694002.html

 民主党県連は6日夜、岡山市長選(30日告示、9月13日投票)の対応について幹部が協議し、31日に常任幹事会を開いて決定することで一致した。判断を市長選の告示後としたことで、独自候補の擁立は事実上断念した。

 非公開の会議後、津村啓介代表が内容を説明。「衆院選(30日投票)を優先し、終了後に結論を出したい」と述べた。独自候補擁立については「一致した結論が出なかった」とした。

 岡山市長選は、現職で再選を目指す高谷茂男氏(72)、新人で会社役員の井上和宣氏(53)、前副市長の天野勝昭氏(64)、不動産鑑定士の馬場勉氏(67)、市民団体役員の氏平長親氏(62)、元職で岡山商科大大学院教授の安宅敬祐氏(67)が立候補を予定。氏平氏を除く5氏が民主党へ推薦願を出しているが、同党は安宅氏については受け取りを保留している。

【詳しくは山陽新聞紙面をご覧ください。】

(2009年08月08日

317 名無しさん :2009/08/13(木) 09:27:53
http://sankei.jp.msn.com/region/shikoku/ehime/090813/ehm0908130234000-n1.htm

【衆院選】松山市長 改革の期待感 「首長連合」の民主支持 愛媛
2009.8.13 02:34
 衆院選(18日公示、30日投開票)に向け、大阪府の橋下徹知事らでつくる「首長連合」が地方分権、霞ヶ関解体、ガバナンス(統治)、道州制の4項目で民主党の政策を高く評価する「宣言文」を公表したことを受け、首長連合メンバーの松山市の中村時広市長は「国と地方の協議機関を意見聴取の場とした自民党に対し、政策決定につなげるとした民主党のマニフェストがベターであると判断した」と改革への期待感を示した。

 11日夜、松山市役所で記者会見した中村市長は「(自民党が)民主党マニフェストを上回る部分もある。本当に微妙な差だった」としたうえで、今月、知事会が主催した各党政策責任者の公開討論会に触れ、「生の声から各党の政策実施の覚悟や真意が浮き彫りになった」と語った。

 さらに首長連合のこれまでの行動を振り返り、「地方分権について各党がマニフェストに競うように書き込んだことは大きな前進。いずれが政権を担ったとしても大きく前に進むことになる」と話した。

 ただ、県内候補者への選挙応援については「県内の候補者の応援に駆けつけることはない」と述べ、自民前職と民主新人が激しく争う愛媛1区など県内選挙区に与える影響に関しては「わからない。個々で判断されること」と語った。

318 千葉9区 :2009/08/16(日) 10:30:42
>>256
http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2009/08/16/2009081609514134008.html
前瀬戸内市長の島村氏が死去
68歳、肺がんのため
 前瀬戸内市長の島村俊一(しまむら・しゅんいち)氏が15日午後1時28分、肺がんのため岡山市の病院で死去した。68歳。

 税理士、市代表監査委員を経て2008年11月、市長初当選。イベントや地区敬老会補助金のカットなど思い切った行財政改革に着手した矢先の4月30日に不調を訴え入院。検査で肺がんと分かり、6月8日に辞職願を提出、同9日に市議会の同意を得て失職した。

319 千葉9区 :2009/08/16(日) 14:22:40
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200908160030.html
乱立岡山市長選に自・民苦慮 '09/8/16

--------------------------------------------------------------------------------

 岡山市長選(30日告示、9月13日投開票)の立候補予定者への推薦をめぐり、共産党を除く各政党が対応に苦慮している。18日の公示が迫る衆院選に人手が取られているうえ、「結果を見極めて決めた方が得策」との思惑もあるからだ。市長選にはこれまで、現元新の戦後最多の6人が立候補表明をしているが、今のところ政党色の薄い構図になっている。

 再選を目指す現職高谷茂男氏(72)と会社役員の井上和宣氏(53)▽前副市長の天野勝昭氏(64)▽不動産鑑定士の馬場勉氏(67)▽市民団体事務局長の氏平長親氏(62)=共産推薦▽元岡山市長で岡山商科大法学部教授の安宅敬祐氏(67)―の1元職と4新人の計6人が、いずれも無所属での立候補表明をしている。

 自民党は高谷、井上、天野の3氏の推薦依頼を受理した。前回高谷氏を推薦。だが今回は衆院小選挙区の1、2区の前職の間で意見が割れた。前回通りの1区前職の主張に、2区前職が「自主投票にして公平に取り扱うべきだ」と待ったをかけた。

 方針が決まらなかった最大の理由は「逆風の中で余力がない」。2区前職と高谷氏との「距離」を指摘する見方もある。自民の対応を踏まえ高谷氏は、民主、社民両党県連への推薦依頼に踏み切った。

 一方の民主県連。当初「8月上旬」を目指し独自(公認)候補擁立を模索していた。だが、民主に近い安宅氏の突然の立候補表明などで事実上断念した。

 推薦依頼は高谷、井上、天野、馬場、安宅の5氏から受けている。党への追い風を受けてある県連幹部は「推薦決定は衆院選の投票直後でも間に合う」と自信をにじませる。衆院小選挙区の1、2区で勝利すればその勢いと体制のまま市長選に突入できると踏む。

 自民と共同歩調をとる公明党も同じ3人から推薦依頼を受けたが、「自民が決めてから」と態度を留保。社民は高谷、井上、安宅の3氏から依頼されたが、自主投票を決めた。

 共産は氏平氏の推薦を既に決めた。

 過去例のない乱立の市長選。衆院選が終わった後、政党も陣営も動きを本格化させる。

320 千葉9区 :2009/08/16(日) 19:17:34
>>314-315
ありゃ、瀬戸内市の市長と連続でお亡くなりになられたようで・・・
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20090816/news20090816612.html
愛媛のニュース2009年08月16日(日)
大洲市の大森隆雄市長が死去
 大洲市の大森隆雄市長が15日午後11時21分、肝不全のため東温市志津川の愛大付属病院で死去した。60歳。大洲市出身。 
 市によると、大森氏は2006年7月に生体肝移植手術を受け、今年5月29日から検査入院。7月3日、移植に伴う急性肝機能障害のため約1カ月の入院加療が必要と診断され、同日から地方自治法に基づき、清水裕副市長が市長職務を代理していた。
 葬儀・告別式は19日午後2時から大洲市東大洲1601番地、ルミエールたいきで。喪主は長男健司氏。市葬は9月3日午後2時半から大洲市大洲の市民会館で行う。

321 とはずがたり :2009/08/20(木) 17:44:42

蔵田氏は元々自民党に含むところがあったという訳か。
> 「巡ってきたチャンス。誰が出てきても絶対に引かない。背水の陣です」。前県議の蔵田義雄氏(54)は8年前を思い出していた。一度は立候補を表明しながら自民党の推薦争いで上田博之市長(73)に敗れた悔しさ。「政治家として育ててもらった東広島に恩返しがしたい」。この言葉に積年の思いを込める。


激突 東広島市長選を追う
現職引退で保守分裂 幅広い人脈/地元に業績<上>
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/kikaku/054/1.htm

市長選の日程を知らせる垂れ幕。市を二分する激しい戦いが予想されている(東広島市役所で)

 「巡ってきたチャンス。誰が出てきても絶対に引かない。背水の陣です」。前県議の蔵田義雄氏(54)は8年前を思い出していた。一度は立候補を表明しながら自民党の推薦争いで上田博之市長(73)に敗れた悔しさ。「政治家として育ててもらった東広島に恩返しがしたい」。この言葉に積年の思いを込める。

 広島大移転の受け皿として1974年に4町が合併して誕生した東広島市。国、県の支援を受けるため、98年に就任した上田市長をはじめ2代連続で県出納長OBを迎えた。

 その間の28年で、水道や道路などの基盤を整備し、県産業科学技術研究所など国や県が関与する多数の研究施設をはじめ、食品メーカーや半導体企業などの積極的な誘致で産学官連携を推進。県中部の中核都市=クリップ=としての位置づけを強固なものにした。

 3選を視野に入れていたといわれる上田市長は昨年夏ごろから、体調を崩したことを理由に、「引退して後進に譲りたい」と漏らすようになった。

 「ポスト 上田」――。自民党政調会長を父に持ち、約5年間秘書も務めて幅広い人脈がある中川俊直氏(35)の名前も上がり、若手経営者や市議らが囲んで立候補を迫った。中川氏は「市長を支持しているから」と明言を避け続けたが、昨年12月22日の上田市長の引退表明で一転。「一刻も早い決断を」という周囲の声に押され、5日後、中川氏は立候補を表明した。

 22日にすでに立候補表明していた蔵田氏も中川氏擁立の動きは知っていた。昨夏、東京で会った時には「国政に出れば応援する」と、やんわりとくぎを刺していた。

 約30年前から自民党員の蔵田氏は市議1期、県議2期の経験を持ち、衆院選では中川氏の父の選対本部幹部を務めたこともある。それだけに「本当に出るなんて。国政の人間で、地方に出るべきではない」と語気を強めた。

 一方、中川氏は「(蔵田氏は)地元の政治に優れた業績を残している」と評価しながらも、「IT産業を軸に東広島を発展させることができるのは私だけ」と言い切る。

 「親が国政、子は市政で東広島が私物化される」という批判を耳にすることもあるというが、こう反論する。「自分は地縁、血縁には頼りたくない。施策を実現する力を訴えたい」

【クリップ】 県中部の中核都市 東広島市にはエルピーダメモリ社や前川製作所など大型企業の進出が相次ぎ、2004年の製造品等出荷額は約8698億円と広島市、福山市に続く県内3位。昨年2月に周辺5町と合併し、人口は県内4位の約18万人となった。

322 とはずがたり :2009/08/20(木) 17:46:17

入り婿の中川パパはママに頭上がらないらしい。ジュニアもパパは早晩追い出すから早く選挙出て独り立ちしなさいってママに云われたに違いないw

激突 東広島市長選を追う
「若さ」VS「即戦力」<下>
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/kikaku/054/2.htm

「ポスト上田」として市長席に座るのはだれか。前哨戦は激しさを増している


 12日夕、東広島市中心部の交差点。元衆院議員秘書の中川俊直氏(35)が歩行者や車に手を振り、大声を上げていた。「東広島の未来のため、若さを武器にして、明確な目標を定めた政策を訴えたい」。その約200メートル北には前県議の蔵田義雄氏(54)の事務所。様子を見た後援会関係者は「誰が地元に貢献してきたか市民は知っている。市議、県議の実績を強調し、即戦力をアピールしたい」と語る。


 「若さ」と「即戦力」――。両者は持ち味をこんな言葉でアピールする。

 「24時間対応の小児病院を作ってほしい」「ボランティア活動を推進して」。JR西条駅近くにある中川氏の事務所の壁には市民から寄せられた数百のメッセージが張られている。

 市政に反映させるため問題点や未来像をホームページなどで募集。事務所の若いスタッフらと話し合いながら38項目の公約集「夢・宣言」をまとめた。後援会関係者は「街の未来を築きたい思いは誰よりも強い。若いからこそできる仕事がある」と話す。

 今月上旬、郊外の集会所に蔵田氏が姿を見せた。集まった市民1人1人に握手し、「議員での経験を生かし、農林業での地元産のブランド化を目指したい」。参加した農業男性(61)は「先端産業ばかり注目されるが、農業も重要な基盤」と聞き入っていた。

 数回のミニ集会、町内会単位でのあいさつ回りも欠かさず、財政再建など7項目を訴える。後援会関係者は「我々は地元を知っている。市民の目に見える活動をしたい」と語る。

 過熱する前哨戦は経済界にも波及する。

 ある企業では、中川氏が父の秘書らを伴って訪れた数時間後に、蔵田氏が後援会のメンバーと一緒にあいさつ。企業幹部は「双方とも支持基盤が似ているせいか、必死の表情だった」と振り返る。

 市議会(定数43)で過半数を占める自民系議員も分裂。ある市議は「保守系は全員、双方どちらかに世話になっている。利害が絡みまとまって行動できない」と話す。自民党県連は推薦を見送り、静観の構えだ。

 同じように態度を決めかねる公明党。7000〜1万票あるとされ、当落のかぎを握るともいわれる。

 1月17日、同市内で開かれた公明党広島第10総支部の新年賀詞交歓会。蔵田氏が県議として壇上で紹介される一方、中川氏は神崎代表らに近づき、「父がいつも世話になっています。またお力添えを」と訴えた。

 市制施行から32年間、ほぼ無風状態だった市長選は保守系支持者が分裂し、経済界も二分する、初めての激戦に突入する。「選挙の後のしこりが心配」「政策論争でしっかりとした市政を」。市民の不安と期待が交錯する。(この連載は矢澤慎一が担当しました)

323 とはずがたり :2009/08/20(木) 17:52:39
>>321-333
06年の市長選と04年の県議選の東広島市は合併を挟んでいるので別領域。
県議選で1.5万票程とってるけど,巧く行くとコアな蔵田票1万票ぐらいは中川→空本へ動くのでは?

06年東広島市長選挙
2006年04月16日告示  2006年04月23日投票
選挙事由:任期満了
対象行政区 東広島市
【定数 : 1 / 立候補者 : 2 】 有権者数 : 135003人  投票者数 : 68956人  投票率 : 51.08% 

当 39326 蔵田 義雄 54 無所属 新  会社役員
次 28755  中川 俊直 35 無所属 新  無職

04年県議選
◇東広島市(定数2)
当 16,394 芝  清 63 無所属 現③ 県民連合→民主県政会
当 15,502 蔵田義雄 51 自民 現② 自民
11,532 伊野本雅昭 60 無所属= 自民 新

324 とはずがたり :2009/08/23(日) 11:06:09
=島根2区=
>>310-311
有権者も少ない小さな町だけどこんなにガタガタすると2区への好い影響も期待したくもなるな。
自民党の池田県議は1期目で自民党公認を破ったと云う事で外様か。

結局勝った方も竹下支援を表明したようだけど。

2区自民陣営に衝撃 斐川町長選、党系列町議擁立の伊藤氏敗戦 '09/8/4
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1240552224/2917

> 斐川町長選の投開票から一夜明けた3日、自民党系町議が擁立した無所属新人の伊藤繁満氏(62)の敗戦は、島根2区の自民党陣営に衝撃を与え、動揺が広がった。
> 2区は自民党前職竹下亘氏(62)と国民新党前職(比例中国)亀井久興氏(69)らが争う激戦区。竹下氏と伊藤氏の支持者はほぼ重なる。一方、勝部氏の選対には亀井氏支持者が多い。
>「町長選に自民系町議らの人員を取られて、まったく竹下さんのお願いができなかった」と斐川支部三役の一人は嘆いた。

> 町長選で自民系と共産党が事実上連携したことにも自民党員から不満が出た。勝部陣営のある町議は「自民と共産が手を組むなんて自民党の崩壊だ。党員が離れる。私も自民党員だけど、今回は竹下さんを応援する気はない」と言い切った。

> 地元選出の自民党の池田一県議と自民系町議の間には亀裂も。池田県議が勝部氏の当選後、選挙事務所で勝部氏と握手し「周りから支援していきたい」と激励したからだ。

07県議選
簸川 定数1−候補2 (選管確定)
得票数(得票率) 氏名 年齢 党派 新旧 当選回数 代表的肩書
当 8,333(50.9%) 池田 一 46 無所属 新 1 (元)量販会社員
□ 8,048(49.1%) 矢野 潔 60 自民 現 学習塾監査役

325 とはずがたり :2009/08/23(日) 11:06:34

三木系の人物の様だ。。

吉田・鳴門市長が死去
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokushima/news/20090822-OYT8T01061.htm

 鳴門市長の吉田忠志さんが22日、肺がんで死去した。62歳だった。市によると、吉田さんは4月下旬の定期健診で再検査の必要があるとされ、6〜7月に検査入院。7月31日から改めて入院して治療していた。告別式は24日午前11時半、鳴門市撫養町大桑島蛭子山(えびすやま)118鳴門ベルベ玉鳳院(ぎょくほういん)。喪主は妻、世津子さん。自宅は同市里浦町里浦坂田360の3。

 吉田さんは慶大法学部卒。三木武夫元首相(故人)の秘書を経て、1991年の県議選で初当選し、4期目の途中で転身し、2007年4月に鳴門市長に初当選。市民との対話の場「出前市長室」をスタートさせたほか、市の第5次総合計画を策定した。

 突然の訃報(ふほう)に、鳴門市観光協会副会長の勘川一三・鳴門商工会議所会頭は「行政マンとして非常に素晴らしい活躍をされた人で、観光振興を一緒に図っていたところだったのに悔やまれる」と惜しんだ。中西久雄市議(75)は「県議の時から仕事が速く、とてもお世話になった。力を注いだ下水道整備が完成する前に亡くなり、無念だと思う」。三津良裕市議(59)は「市長3年目に入ってようやく自分の色を出せる時が来たのに、残念で仕方ない」と話した。

 公職選挙法に基づき、50日以内に市長選が行われる。それまでは平野悦男・副市長が職務代理を務める。
(2009年8月23日 読売新聞)

326 千葉9区 :2009/08/24(月) 21:55:04
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200908240262.html
自・民推薦保留に陣営不満 岡山市長選、30日告示 '09/8/24

--------------------------------------------------------------------------------

 政令指定都市移行後、初となる岡山市長選が衆院選の投開票と同じ30日に告示される。24日までに現職や元市長など6人が出馬を表明、混戦が予想されている。

 選挙戦の行方を混沌こんとんとさせた原因の一つが各候補からの推薦依頼を衆院選が終わるまで保留した自民、民主両党の対応。背景には両党の支持者が市長選の各陣営に分かれ「下手に推薦を出せば、衆院選に影響するのは必至」(民主党県連幹部)とまずは目の前の衆院選を乗り切りたいとの本音が見え隠れする。市長選候補者の陣営からは両党への不満が漏れ始めた。

 18日の衆院選公示日、岡山1区の民主党新人の出陣式には推薦を依頼した市長選の候補予定者5人中4人が顔をそろえた。民主党関係者は出席するかを事前にチェック。党県連幹部は「衆院選での貢献も考慮して決める」と話す。

 一方、3人の候補が推薦願を出した自民党。同じ1区の前職の陣営は、出陣式に誰も呼ばなかった。特定の陣営とつながることで、ほかの陣営から反発が出るのを恐れたためだった。

 こうした対応に市長選候補の陣営は「早く推薦を決めてほしい」と不満を漏らす。公選法で衆院選中はほかの政治活動が制限され「推薦があれば連動して動けるのに」と恨み節だ。

 前回選挙で自民、公明両党の推薦を受け当選した現職の市長は自民党の態度に業を煮やして民主党へも推薦を依頼、関係者を驚かせた。「両党とも決断できないのは情けない」とは市長周辺。

 矛先は自民党よりも政権を奪取しそうな民主党に向く。ある市長選候補の陣営幹部は「民主党も自民党と同じだ。権力を振りかざしている」と不快感をあらわにする。

 自民、民主両党は31日にも推薦を決める予定だが、市長選は30日がスタート。告示後の推薦という異例の事態となれば、しこりを残しそうだ。

327 チバQ :2009/08/30(日) 00:26:48
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20090829ddlk33010559000c.html
岡山・政令市長選:自公民、推薦保留で混とん 最多6人出馬、あす告示 /岡山
 政令市移行後、初めての岡山市長選が30日告示される。過去最多となる6人が出馬表明しており、混戦が予想される。立候補の準備を進めているのは、いずれも無所属で、再選を目指す現職の高谷茂男氏(72)▽元職の安宅敬祐氏(67)▽新人の元副市長、天野勝昭氏(64)▽新人の元岡山商工会議所青年部会長、井上和宣氏(53)▽新人の市民団体事務局長、氏平長親氏(62)=共産推薦▽新人の不動産鑑定士、馬場勉氏(67)−−の6人。

 衆院選投票日と重なるため、推薦依頼を受けた自民、民主、公明の3党は、衆院選への影響を考慮し、態度を保留。推薦依頼は、高谷、井上、天野の3氏が自民、民主、公明の3党に、安宅氏、馬場氏は民主に推薦を依頼している。共産は氏平氏の推薦を決めた。

 市長選への対応について自民党県連は31日に総務・選対会議を開き、民主党県連も同日、常任幹事会を開く予定。公明党県本部も日程は未定だが衆院選終了後としている。社民党県連は自主投票を決めている。

 主な争点は、旧倉敷チボリ公園誘致のため取得した操車場跡地(北区北長瀬)の活用方法や、市民病院(同区天瀬)建て替え問題など。市全域の有権者数は8月17日現在、55万5091人(男26万2720人、女29万2371人)。

 また、現職の死去に伴う市議補選(改選数1)も9月4日告示され、市長選と同日投開票される。【椋田佳代】

328 チバQ :2009/09/01(火) 21:16:45
1区負けたからかなあ
しかし・・・
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20090901ddlk33010546000c.html
岡山・政令市長選:3党自主投票 自民「組織立て直す」 民主「県連力不足」 /岡山
 ◇公明も
 9月13日投開票の岡山市長選で、自民、民主は31日、自主投票を決めた。両党は衆院選への影響を避けるため、対応を保留していた。自民は組織の立て直しのため、民主は県連組織の力不足などを理由として挙げている。

 3候補から推薦依頼を受けていた自民は、中区内で総務・選対会議を開催。天野学・県連幹事長は「歴史的大敗北で、党として推薦を出すのが良いか意見の集約できなかった。敗北を総括したい」と話した。衆院選期間中の態度も判断材料にして協議したところ、現職の高谷茂男氏を支持する意見も出たという。党3役が辞任したため、県連の決定が効力を持つ。

 民主は5候補から推薦依頼を受けたが、自主投票に決めた。北区であった常任幹事会の後、津村啓介・県連代表は「与党として基本的な考え方が共有されてない。時間的に余裕もなく力不足だった」と話した。また、推薦の基準について「党のマニフェストを実行する可能性が低い候補は推薦できない」とも述べた。近日中に地方選挙への対応指針をまとめて発表する方針。

 3候補から推薦依頼のあった公明党県本部も同日、自主投票を決定した。【椋田佳代】

329 名無しさん :2009/09/04(金) 23:11:53
>1日夜、北区で開かれた元職の個人演説会。
>自主投票を決めた民主党県連の幹事長代行でもある羽場頼三郎市議が熱弁を振るった。

羽場頼三郎市議は江田五月直系でしょうか。
江田五月と菅直人の元秘書だそうですし。
議長の立場では安宅(=元職)支援に動けないから、代わりにでしょうかね。

相次ぐ政党自主投票 議員の対応分かれる
一部市議、旗色鮮明 悩む衆院選当選者
http://svr.sanyo.oni.co.jp/senkyo/09_okayama/2009/09/02/20090902104854.html

 13日の投票に向け現元新の6候補が争う岡山市長選は、政党の自主投票決定が相次いだことから、政党所属議員の対応が分かれている。拘束がなくなったことで、一部の市議は市長選候補者の応援に奔走。しかし、支援者が複数の市長選陣営に分かれる衆院選当選者は特定の候補のみに色よい顔はできにくく、対応に悩んでいる。

 1日夜、北区で開かれた元職の個人演説会。自主投票を決めた民主党県連の幹事長代行でもある羽場頼三郎市議が熱弁を振るった。

 「自主投票ですから自主的に支援する。(元職の)選対本部長に就任したことを報告します」

 衆院選に全力投球していたこともあり、同党の市長選へのスタンスが定まるまでは表立って動かなかったが、自主投票が決まった8月31日から旗色を鮮明にした。

 同様に自主投票を決めた自民党県連。衆院岡山1区で大接戦の末に8選を決めた同党の逢沢一郎氏は同日夜、衆院選で支援を得た現職の個人演説会で応援弁士を務めた。

 ただ、市長選は自ら支援を受けた保守系市議が現職陣営と新人陣営に分かれて争う。逢沢氏は「よく相談してどうするか。今は思いが巡らないが、党も公認や推薦を出したわけではなく、時間もあるので…」とも話す。

 岡山1区では負けたが中国比例で復活当選し、初陣を飾った民主党の高井崇志氏は市長選対応を「検討中」。やはり支援者が市長選の複数陣営にいるからだ。応援してもらった恩返しはしたいが、あちらを立てればこちらが立たずという構図。同党と候補者の信頼関係、候補者の能力や政策などを総合的に判断するという。

 岡山2区で3選を果たした同党県連代表でもある津村啓介氏は自主投票を決めた後の会見で「(特定候補の応援を)個人としては現在のところ考えていない」と述べた。

 公明党は市議が現職を支援しているが、県本部は自主投票を決定。社民党県連も自主投票としている。

 拘束がなくなった各党の議員らに、市長選陣営は秋波を送る。

 「1日、民主の衆院当選者に支援をお願いした」と新人陣営。現職支援の公明党市議にまで支援を働きかけるという新人陣営もあるなど、いずれも支援の拡大に懸命だ。

 共産党県委員会は新人を推薦している。

 ある陣営で活動するベテラン市議は言う。「多くの政党が自主投票となったことで戦いの構図を決める市長選第1ラウンドは終わった。この枠組みの中で無党派層を含めて支持をどれだけ広げられるかが勝敗の鍵を握る」
(2009年9月2日掲載)

330 チバQ :2009/09/05(土) 00:35:26
奥田@鳥取1 出るか?

http://mainichi.jp/area/tottori/news/20090904ddlk31010499000c.html
選挙:鳥取市長選 3選目指し、竹内氏が出馬表明 /鳥取
 竹内功・鳥取市長は3日、任期満了に伴い来年4月に実施が見込まれている市長選に3選を目指して出馬する意向を表明した。市議会本会議で答弁した。

 竹内市長は、市の課題として、地域経済と中山間地域の活性化▽福祉・教育の充実▽地方分権の推進などを列挙。「今こそ一つの旗の下に結集し、新しい時代を切り開く挑戦者の気概をもってこれらの困難な課題を解決していく必要がある」と述べ、「課題解決を図ることが私に与えられた大きな使命。愛する鳥取のために全身全霊をささげる決意をした。新しい改革理念、揺るぎない決意をもって出馬を表明します」と3選出馬を宣言した。

 また、1期目の実績として、合併の実現▽行財政改革▽鳥取自動車道の新直轄方式での整備促進を、2期目として、中心市街地の活性化▽2009鳥取・因幡の祭典の開催▽緊急雇用対策の実施などを挙げた。【遠藤浩二】

331 チバQ :2009/09/05(土) 00:37:08
http://www.nnn.co.jp/news/090904/20090904035.html
対抗馬擁立の動き 竹内市長に反発する市議ら
2009年09月04日

 半年後に迫った鳥取市長選に、現職の竹内功市長(57)が3日、3期目を目指して出馬表明した。対立候補はまだ表面化していないが、地元県議らの名前が取りざたされているほか、竹内市長の市政運営や政治手法に反発する市議らが候補擁立に向けて動いている。合併後2回目の市長選は、周辺部(旧町村)から聞こえてくる不満も背景に波乱含みだ。

 竹内市長の3選出馬表明に、市議会内にもさまざまな思いが交錯する。最大会派「清和会」(12人)の会長でこの日出馬の意思をただした上紙光春議員は「会派内では市長を支持する議員が多い。会派として推薦したい思いはある」と前向きに受け止める。

 自民党系市議らが所属する会派「こう風」(6人)は前回市長選で竹内市長を支援したが、松本信光会長は「市長の考えを聞き、他会派の動きを見ながら支持するかどうか検討したい」と慎重な構えだ。

 前回市長選で竹内市長を推薦した公明党県本部は、今回はまだ態度を明確にしていない。

 一方、民主、社民党系の議員らが所属する会派「民主・民世会」(4人)は対立候補の擁立を検討している。同会派の寺垣健二議員は「現場主義ではない。あれこれと手を付けるけど、文書だけで終わってしまうケースが多い」と竹内市長の政治手法を厳しく批判。共産党県委員会も候補を擁立する方針。

 行財政改革や企業誘致、人口増加対策、「砂の美術館」を柱とした観光振興策など、竹内市長の手腕を評価する声は市議の間でも多い。上紙議員は本会議で「鳥取自動車道や山陰道で格別の手腕を振るい、世界砂像フェスティバルの大成功は絶賛に値する。企業誘致やUJIターンの積極的な受け入れに努力するなど高く評価する」とエールを送った。

 しかし、対立候補を擁立する動きには、市政運営への不満や改革の功罪などが背景にあるようだ。

 ある市議は「市長だからこそできた改革は少なくないが、トップダウンが強い」と指摘したほか、情報公開が遅れている点を批判。別の市議は「目先や小手先ばかりの改革で、事業効果が表れていない」と指摘。旧町村部の市議も「周辺部からは合併してから格差がさらに広がり、閉塞(へいそく)感が強まったという声をよく聞く」と漏らす。

 竹内市長の任期は来年4月14日まで。市長選は任期満了30日前の3月15日から4月13日までに実施される。

332 名無しさん :2009/09/05(土) 12:39:30
<香川>

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagawa/news/20090905-OYT8T00041.htm

次期知事選民主が独自候補 県連幹事会公募も視野
 民主党県連は4日、高松市内で常任幹事会を開き、来年9月の任期満了に伴う次期知事選で、独自候補の擁立を目指すことを確認した。一般公募も視野に今後、人選を進めていく。

 常任幹事会には国会議員と地方議員ら14人が出席。

 会議では、「政権与党となった責任を地方でも果たすため、知事選にも積極的にかかわるべきだ」と、独自に候補を選ぶべきだ、との意見が大勢を占めた。

 同党は、現職の真鍋知事が初めて出馬した1998年と、次の2002年の知事選では自民党、公明党とともに真鍋氏を推薦したが、06年の選挙では相乗り禁止の党方針に沿って自主投票としていた。また、来夏の参院選については、社民党と選挙協力に向けて協議していくことを決めた。

(2009年9月5日 読売新聞)

333 名無しさん :2009/09/05(土) 13:10:28
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090905ddlk35010334000c.html

自民・下野ショック:担当記者座談会 政権交代、県政界への影響は /山口
 民主党の圧勝で終わった衆院選は、歴史的な政権交代を生んだ。県内では自民が盤石な戦いで3議席を守る一方、民主は衆院選の比例で県内第1党となり、初の2議席を確保。根強い自民支持の理由は何か。「自民下野」による県政界への影響は−−。担当記者のメモを基に座談会形式でまとめた。

 ◇政治風土/実績で判断
 A 1区の自民、高村(こうむら)正彦さんは「見えないところで(民主の)風が吹いている」と警戒していたが、結局、前回に続く14万票台。開票日の投票所での出口調査からは、民主は、自民党支持層を十分崩せず、無党派層も取り込めなかったことがうかがえる。山口では「風」は吹かなかった。

 E しかし、比例の得票では自民を上回り、民主が県内第1党。自民が強いというよりも、有権者は候補者に入れたというのが実情では。元首相や元大臣、現職の官房長官。実績は十分すぎるほどだし、連続当選していて同じ名前を書くことに抵抗もないだろう。

 D 4区では「国会議員は国政に専念するもの。地方のことは地方議員が請け負う」という維新の時代からの考え方が根付いている印象を受けた。そのため「国政の即戦力を」という視点で選ぶ傾向が強い。

 C 道路整備や新幹線駅設置など高度成長期以降、県内は自民政権のうまみを十分に享受してきた歴史がある。

 B 全国一の8人の宰相を出した政治風土もあるだろう。

 ◇自民、地元の声代弁を−−民主は結果を謙虚に
 A 政権が交代するけど、当選議員や政党に求めることは?

 B 民主の高邑(たかむら)勉さんが復活当選したものの、自民の高村さんに4万7000票余り差をつけられた。若さと行動力をアピールしたが、政策的な訴えは乏しかった。経験を積み、政策通として存在感を見せてほしい。

 D 自民退潮の原因は地方や生活弱者が感じている格差だ。今回、こまめに地域を回った自民候補は「実情の認識が改まった」と話した。野党に転じる自民議員は今後も地元を丹念に歩き「悲鳴」を代弁してほしい。

 E 決して民主への期待ばかりじゃない。一度は政権を変えてみようという意識が働いた。民主は謙虚に結果を受け止めてほしい。自民は小さな政府というか、民主とは違う国家像を打ち出し、競い合ってほしい。

 C 国民が求めているのは、政権交代可能な2大政党の出現。民主は、県や市町の地方議員を育てることが急務だ。民主の足腰が弱いことが今回の選挙結果にも出ており、平岡秀夫・県連代表の責任は今まで以上に重いと思う。

 ◇民主の「脱官僚」次第、分権の進行で変化も
 A 地方政界にも影響は出るだろうね。

 E 「保守王国」が「野党県」になったんだから大変だ。陳情のやり方や、これまでの国と地方の関係も間違いなく変わる。

 B 公然と自民候補を応援する首長も多かった。「(民主政権は)けちなことはしない」と高をくくる市長もいたが、果たして、国からの補助がこれまで通り付くだろうか。野党県は全国のごく一部という認識がなさすぎる。

 D 自民関係者は「選出議員が与党か野党かは関係ない。官僚が国を動かす限り、彼らは有力議員の意向を無視できない」と話していた。県政への影響は民主党の「脱官僚」がどういう形で進むかで変わってくると思う。

 C 県内では国会議員の下に系列の地方議員と首長が連なる構図だが、首長はそこから独立した姿が本来正しい。地方分権が進めば、ぜひその方向に向かってほしい。

 ◇高村さん女性に人気、山本さんは大健闘
 A 選挙戦で印象に残ったことは?

 B 1区は高村さんの女性人気が際立っていた。世論調査や出口調査でも、男性の支持は高邑さんと互角だったけど、女性からは倍近い支持を集めてたよ。民主は「女性に人気がない」と言われてるし、何か対策が必要だろう。

 F 2区の自民、山本繁太郎さんは05年郵政選挙で当選した福田良彦さん(自民、現・岩国市長)の票をも超える大健闘だった。ひざを突き合わせた座談会を続け、支持を掘り起こした成果だ。自民が次期総選挙までに早く候補を絞り込み、地道な地元活動を続けるとまた激戦になる。

〔山口版〕

毎日新聞 2009年9月5日 地方版

334 山口新聞男 :2009/09/05(土) 16:21:15
>民主は謙虚に結果を受け止めてほしい。
そんな抽象的なこといわれても、なんのことやら分からない
どういう意味なのか?どうすればいい(してほしい)のか?

自民が勝ったところの総括記事はどこも紋切り型、いつも見てるような論評で
まったく資料価値のないクズばかりだ・・・

335 チバQ :2009/09/05(土) 23:24:16
>>70>>320
有本は前回惜敗
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20090905ddlk38010676000c.html
選挙:大洲市長選 あす告示 山鳥坂ダム建設、賛否両派新人対決へ /愛媛
 ◇市議選も
 大洲市の大森隆雄市長の死去に伴う同市長選と、任期満了に伴う市議選(定数25)は6日告示される。

 市長選には、同市肱川町山鳥坂の山鳥坂ダム建設に反対する前市議の有友正本氏(61)と推進の立場を取る副市長の清水裕氏(54)の新人2人がいずれも無所属での立候補を表明している。国土交通省が取り組んでいる同ダムの建設の是非を問う選挙戦が予想される。

 市議選は、定数が今回から5削減され、選挙区を設けず、全市1区となる。現職22人、元職2人、新人2人の計26人が出馬の準備を進めている。

 立候補の届け出は市長選、市議選とも午前8時半〜午後5時まで市役所2階の大ホールで受け付ける。投票は13日午前7時〜午後8時まで(一部繰り上げ)で行われる。今月1日現在の選挙人名簿登録者数は4万522人。

 一方、市長選に立候補を予定している2氏による公開討論会(大洲青年会議所主催)が5日午後6時45分〜同9時まで、同市大洲の市民会館大ホールで開かれる。一問一答形式で、テーマは雇用対策などを含む市の諸問題。先着700人。入場無料。【門田修一】

336 チバQ :2009/09/06(日) 19:19:49
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200909060277.html
現職の高谷氏軸に混戦 13日投開票の岡山市長選 '09/9/6

--------------------------------------------------------------------------------

 6人が立候補した任期満了に伴う岡山市長選は現職で2期目を目指す高谷茂男たかや・しげお氏(72)を軸に展開するが、混戦模様だ。民主、自民、公明各党は推薦を見送り、自主投票と決定。衆院選直後に加え、政党色の薄い選挙戦となったことで、低投票率が懸念される。投開票は13日。

 自民、公明両党などの市議が支援する高谷氏は市の借金を約600億円減らしたことなど4年間の実績をアピール。知名度も生かして支持拡大を図り、頭一つリードする。

 新人で元副市長の天野勝昭あまの・かつあき氏(64)は自民党市議の一部や市のOB団体などから支援を取り付けた。元市長で岡山商大教授の安宅敬祐あたか・けいすけ氏(67)も民主党市議が支援に回り「国も市も政権交代」と主張する。

 新人で会社役員の井上和宣いのうえ・かずのり氏(53)は地元中小企業の振興を強調し、無党派層の掘り起こしに懸命。新人で共産党地区役員の氏平長親うじひら・ながちか氏(62)=共産推薦=はごみ収集の無料化や国民健康保険料の値下げを訴え、新人で会社社長の馬場勉ばば・つとむ氏(67)は中心市街地の活性化や子育て、教育などへの予算の重点配分を掲げている。

337 名無しさん :2009/09/07(月) 04:52:17
http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000000909050001

現在位置:asahi.com> マイタウン> 山口> 記事

大敗受け自民が地域支部強化へ
2009年09月05日

◆県連幹事長示す
  自民党の全国幹事長会議が4日、東京の党本部で開かれ、総選挙で大敗を喫したことを受けて、党の再生を求める声が相次いだ。出席した党県連の松永卓幹事長は朝日新聞記者の取材に、地域支部を強化する考えを示した。



  自民党は県内では有力者3人が解散前の議席を守り、「自民王国」の地力をみせつけた。党県連には合併後も旧市町村ごとに残した56支部があり、選挙戦の支えになっている。松永幹事長は、「56支部あっての県連、県連あっての党本部」と述べ、党の再生には地方組織の力が欠かせないとの見方を示した。

338 チバQ :2009/09/07(月) 21:37:14
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&amp;k=2009090700606
元通産官僚の湯崎氏が出馬表明=広島知事選
 元通産官僚で経営コンサルタントの湯崎英彦氏(43)が7日、広島市内で記者会見し、任期満了に伴う広島県知事選(11月8日投開票)に無所属での出馬を表明した。政党への推薦や支持は自らは求めないが、支援は拒まないとしている。
 同知事選では、県立広島大学名誉教授の若井具宜氏(61)も出馬を表明。現在4期目の藤田雄山知事(60)は5選不出馬を表明済み。 (2009/09/07-17:03)

339 名無しさん :2009/09/08(火) 05:15:35
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shimane/news/20090908-OYT8T00007.htm

民主党不支持呼びかけ? 益田市副市長が残暑見舞い 市職員あて
 益田市の椋木和雄副市長が、衆院選で特定の政党への不支持呼びかけと受け取られかねない内容の残暑見舞いを市職員らに送っていたことが7日、わかった。取材に対し、「残暑見舞いに自ら思う政治信条に触れたのは確かだが、働きかけの意図はない」と話した。

 9月定例市議会の一般質問で、山根哲朗議員が残暑見舞いの写しを示して真意をただした。文書には「暫定税率廃止を訴える政党では、(山陰道の)早期整備の見通しが不透明」「マスコミが圧勝を予想している政党に対し、地域の声としてノーを突きつけることこそ、選挙に対してのあり方」と書かれ、民主党不支持を呼びかけたとも読める。

 椋木副市長は「あて名がないのであれば、私の文書だと確認できない」と答弁。一方、閉会後の取材には、「読み上げられた内容と同じ考えを持っている。市管理職らへの残暑見舞いにそのことも触れた」と返答。「(地位のある立場からの)プレッシャーと受け止められたのであれば、私の不徳の致すところ。注意が足りなかった」とした。

(2009年9月8日 読売新聞)

340 チバQ :2009/09/08(火) 20:12:52
>>335あれ?有本に推薦ついてる
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20090907ddlk38010269000c.html
選挙:大洲市長選/大洲市議選 市長選、新人2人の争い 市議選は初の無投票 /愛媛
 大洲市の大森隆雄前市長の死去に伴う市長選と任期満了に伴う市議選(定数25)は6日、告示された。

 市長選には、同市肱川町山鳥坂の山鳥坂ダム建設に反対する元市議の有友正本氏(61)=民主党推薦=と推進の立場を取る前副市長の清水裕氏(54)の新人2人がいずれも無所属での立候補を届け出た。国土交通省が取り組んでいる同ダム建設の是非や市財政の健全化などを争点に選挙戦に入った。市議選には現職22人、元職2人、新人1人の計25人以外に立候補の届け出はなく無投票当選が決まった。旧大洲市を含め、無投票となったのは初めて。党派別では、自民14人、民主、公明、共産各1人、無所属8人。

 市長選の投票は、13日午前7時〜午後8時まで市内50カ所(一部繰り上げ)で行われる。同日午後9時15分から市役所2階の大ホールで即日開票される。5日現在の選挙人名簿登録者数は4万539人。【門田修一、柳楽未来】

==============

 ◆市長選立候補者(届け出順)

 ◇ガラス張りの市政を実現−−有友正本候補
 有友候補は午前9時半から大洲市中村の広場で出陣式。有友候補を推薦した民主党から、先月の衆院選比例代表四国ブロックで当選した高橋英行、永江孝子両氏、土居一豊・県連代表らが出席した。有友候補は「大洲を変えるチャンスが巡ってきた」と主張した上で、反対している山鳥坂ダム建設を巡る問題点に触れた。また、「大洲市の借金が積み重なったのは、市民の声を反映しない事業を行い続けてきた結果」と従来の市政を批判し、「市民と共に大洲市を変えるためにガラス張りの市政を実現し、声を受け止める場をつくりたい」などと訴えた。

 ◇三つのCで時代乗り切る−−清水裕候補
 清水候補は午前11時から同市東大洲の「リジェール大洲」前で出陣式。自民党から、衆院選愛媛4区で当選した山本公一氏や党県連会長の山本順三参院議員、地元選出の党所属県議らが出席した。加戸守行知事は「死去した前大森市長の弔い合戦だ。弔い合戦は勝たなくてはなりません」などと激励。清水候補はダム問題には触れず、「チャレンジ(新たな取り組み)、コラボレーション(みんなの一致団結)、チェンジ(変革)の三つの『C』で、変化の時代を乗り切り、活力のある大洲市を目指し、誇りを持って生活できる市をつくりたい」などと訴えた。

==============

有友正本(ありとも・まさもと) 61 無新

 [元]市議▽農林業▽大洲市の住民投票を実現する会事務局長[歴]大洲高PTA副会長▽立教大=[民]

清水裕(しみず・ひろし) 54 無新

[元]副市長▽市土地開発公社副理事長[歴]国土交通省山鳥坂ダム工事事務所長▽県土木部長▽阪大

341 チバQ :2009/09/08(火) 20:15:02
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/news/20090906-OYT8T00787.htm
大洲市長選2新人立つ
山鳥坂ダム是非争点
 大洲市の大森隆雄市長の死去に伴う市長選と、市議選(定数25)は6日、告示された。市長選は、同市の肱川で準備工事が始まった山鳥坂ダム建設の是非を最大の争点に、ともに無所属の新人で、前市議の有友正本氏(61)、前副市長の清水裕氏(54)の2人が立候補し、7日間の舌戦に突入した。市議選は25人しか立候補がなく、現職22人、元議員2人、新人1人の無投票当選が決まった。同市議選が無投票に終わったのは、2005年の合併以前の旧大洲市時代も含めて初めて。

 市長選では、有友候補は民主党の推薦、清水候補は自民党大洲支部から出馬要請を受けて立候補。双方の出陣式には、それぞれの衆参国会議員や県連幹部らが顔をそろえ、民主と自民の対決色が色濃い一騎打ちとなった。

 有友候補は、肱川の治水対策は堤防建設と河床の掘削で十分と主張し、「市民が主役の、公平で公正な市政を実現するため、市民の声を受け止める場を設け、みんなで大洲を変えていこう」と訴えた。

 清水候補は、ダム建設で安全度を高め、安心して暮らせるようにすべきだとし、「可能性にチャレンジし、その人を皆で応援し、大洲をチェンジして、次世代に誇れる街をつくろう」と力を込めた。

 市長選の投票は13日午前7時から午後8時(一部地域繰り上げ)まで市内50か所で行われ、同9時15分から市役所で開票する。

 一方、市議選の党派別の内訳は自民14人、民主、公明、共産各1人、無所属8人。

 有権者数は5日現在、4万539人。

     ◆

 また、大洲市はこの日、市長職務代理者だった清水候補が立候補で失職したため、小島健市・市総務部長が市長就任の13日まで市長職を代理する、と発表した。

(2009年9月7日 読売新聞)

342 名無しさん :2009/09/08(火) 20:25:05
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokushima/news/20090907-OYT8T01210.htm

県、民主政権「好機に」
政策企画会議 提言や要望を


新政権の発足に備えて、対応を話し合った政策企画会議(県庁で)  民主党を中心とした新政権の発足に向けて、県は7日、各部の副部長らでつくる政策企画会議を開催。民主党のマニフェスト(政権公約)に掲げられた各政策がどのように実施されていくのか情報収集を急ぎ、新政権に対して提言や要望を行っていくことや、市町村や県議会にタイムリーに情報を提供していくことなどを確認し合った。

 里見光一郎・副知事が「政権交代という歴史的な政治の転換期。柔軟な発想が求められる。大きなチャンスでもある」と情報収集を指示。市町村では9月議会が開会しており、県議会の事前委員会も14日から始まるため、「市町村や県議会は地方への影響を心配している。丁寧な説明を」と求めた。

 出席者からは、民主党が掲げる農家の戸別所得補償制度について「関心が高いが、まだ制度の中身が明らかでない。県の実情にあった制度設計にしてもらいたい」(農林水産部)との意見や、高校授業料の実質無償化について「どんな制度になるのか情報収集したい。以前に参院で民主党から同様の法案が出されており、それも参考にする」(県教委)などの声が出された。

 また、子ども手当の支給や後期高齢者医療制度の廃止について「市町村を巻き込んだ制度であり、しっかり情報収集したい」(保健福祉部)との声もあった。

 民主党が大勝した衆院選の結果を受け、県は8月31日にも政策企画会議を開催。同党がマニフェストに盛り込んでいる▽農業の戸別所得補償制度▽高速道路の無料化▽暫定税率の廃止▽地方財政▽地方分権▽過疎対策▽医師不足対策▽子育て支援策の8項目について、内容を精査して県政への影響を探ることを決めていた。

(2009年9月8日 読売新聞)

343 チバQ :2009/09/08(火) 20:51:37
>>252
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200909080313.html
【速報】廿日市市副議長に不信任決議 市議会「多大な迷惑」  '09/9/8

--------------------------------------------------------------------------------

 廿日市市議会は8日開会した定例会本会議で、公選法違反罪に問われ公判中の副議長今津俊昭被告(70)=保釈=に対する副議長不信任決議案を全会一致で可決した。

 決議案は議会運営委員長の林薫氏(クラブ進風)が発議した。今津被告の逮捕、拘置で副議長の不在が3カ月に及び、「議会運営に多大な迷惑をかけたにもかかわらず、未いまだに公人としてのけじめのないことは、はなはだ遺憾」と強調した。本人と角田俊司議長をのぞく28人で採決した。

344 チバQ :2009/09/10(木) 12:58:46
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/okayama/news/20090909-OYT8T01154.htm
構想迷走かさむ利息 岡山市長選どうする岡山操車場跡地
放置で年間平均2億円


広大な敷地が広がる岡山操車場跡地に立つ森さん(岡山市北区北長瀬で)  市中心部にある「岡山操車場跡地」(約23ヘクタール、岡山市北区北長瀬)は、活用方法が二転三転、市長選のたびに議論が再燃している。今選挙の後、果たして長期的な展望の下での活用方法を見いだせるのか。現状と課題を探った。(池田ちひろ)

 JR岡山駅から普通列車で4分。北長瀬駅南側に降り立つと、遠くに白い屋根の岡山ドームが見える。岡山ドームと、近くにあるスポーツ施設、グラウンドが目立つ一帯(約8ヘクタール)は、同跡地で唯一、利用方法が決まっているエリアだ。地元の大野辻町内会長・森照夫さんは手つかずの約15ヘクタールを見渡して、つぶやく。「構想が示される度に喜ぶが、いつもぬか喜び。政令市にふさわしい、人の集まる良い案が出てくれれば……」

 同跡地開発を巡る混乱の歴史は、根深い。1986年、市政100周年を記念してチボリ公園を誘致しようと、所有する国鉄清算事業団からの買い取りを決めたのがスタートだった。90年に市は都市計画法に基づき「公園」とすることを決めるが、誘致をしていた第3セクターと交渉相手側との間で報酬を巡る不明朗な会計が明らかになり、翌年、市は誘致を断念した。市議の1人は「この後、迷走が始まった」と話す。

 93年開幕のサッカー・Jリーグ人気に乗ったサッカー場の建設構想もあったが、人気が落ち着いたため白紙に。2000年に約8ヘクタールを利用して、現在の施設建設が決まり、03年に完成した。同年、残る約15ヘクタールに医療福祉施設や商業施設を誘致する構想を発表したが、05年、財政状況の悪化で撤回。別の市議は「貴重な土地。市長は任期中に花を咲かせたいから、市長交代の度に方針が変わる」と話す。

 財政状況も圧迫する。土地の大部分は、市土地開発公社が先行取得。公社は銀行からの借入金で土地を購入しているため、毎年、利息が発生、市は利息分も含めて買い戻さなければならない。現在も公社が所有する約13ヘクタールを買い戻すには約110億円と、利息34億7000万円が必要。公社から買い戻すことなく〈放置〉を続けると、毎年、買い戻す金額に利息分が上乗せされていく。近年の年間平均は約2億円だ。

 「長期的な視点を持たないから、何度も計画が撤回され、市民の負担は増していく」。岡山商科大の岡本輝代志教授(商業経営論)はこう指摘し、続ける。「放置したままでは、市の発展につながらない。政令市になった今こそ、中・四国や全国をにらんだ有効な使い方を議論するべきだ」

    ◇

 政令市になって初めての岡山市長選には計6人が立候補、13日に投開票がある。

(2009年9月10日 読売新聞)

345 チバQ :2009/09/10(木) 20:01:27
>>336
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200909100228.html
岡山市長選、終盤情勢 '09/9/10

--------------------------------------------------------------------------------

 任期満了に伴う岡山市長選(13日投開票)は、終盤戦に入った。立候補している現・元・新の無所属6人のうち、現職で再選を目指す高谷茂男氏(72)が一歩リードし、前副市長の天野勝昭氏(64)と、元職で岡山商科大教授の安宅敬祐氏(67)が追い上げる展開になっている。

 高谷氏は、衆院選岡山1区で当選した自民党議員が支援する。一部の地場企業、大半の自民党市議、公明党市議団の支持を得て優位に立つ。「首長連合」の中田宏前横浜市長を演説に招き「改革派市長」をアピールする。

 天野氏は、高谷氏の行革路線に反発する一部自民党市議や市職労の支援を受ける。当初「高谷支持」を表明していた一部市議が陣営に加わるなど勢いを増している。特に市内の東部地域で支持を広げている。

 安宅氏は、衆院選岡山1区で比例復活当選した民主党議員の選対幹部が陣営にそのままスライド。2期8年市長を務めた知名度で名前が浸透している。市政の「政権交代」を前面に打ち出し、反自民票を掘り起こす。

 会社役員の井上和宣氏(53)は、一部の地場企業が支援。「若さと行動力」で無党派層への浸透を狙う。市民団体事務局長の氏平長親氏(62)=共産党推薦=は、党や団体を軸に支持を集める。おかやま適塾塾長の馬場勉氏(67)は、街頭やチラシで政策を訴えている。

346 名無しさん :2009/09/10(木) 20:42:12
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagawa/news/20090909-OYT8T01187.htm

連立政権合意民・社県連も連携加速連合香川交え3者協議会17日初会合
 民主党の鳩山代表、社民党の福島党首、国民新党の亀井代表が9日の党首会談で連立政権樹立で合意したのを受け、県内でも民主、社民両党県連が連合香川と政策協議会の開催を決めるなど、連携強化の動きが加速している。

 3者の協議会の初会合は17日に予定され、県連の幹事長と連合香川幹部が出席する。今後、県や国に働きかける地域課題について協議し、県市町議会での協力体制などを話し合う。

 民主党県連の村上豊幹事長は「地方議会の議席はまだ自民が多数を占めている。少数でも政権与党として存在感を打ち出したい」と意気込み、社民党県連の山崎数則幹事長も「議案の賛否や要望書の提出など、できるだけ一致した対応をとりたい」とする。

 30日投開票の衆院選で、両県連は3小選挙区の各公認候補を互いに推薦し、選挙協力を進めた実績を踏まえ、「来夏に予定される知事選や参院選でも、協力関係がかぎを握る」と口をそろえている。

 一方、中央では野党になる自民党県連の綾田福雄幹事長は「民主、社民が財源問題をクリアして公約を実現できるのか、お手並み拝見だ」と冷ややか。「県議会でも真剣勝負で政策論争に臨む」と力を込めた。

(2009年9月10日 読売新聞)

347 名無しさん :2009/09/12(土) 11:31:35
http://mytown.asahi.com/tokushima/news.php?k_id=37000000909120001

自民県連新会長 後藤田氏選出へ
2009年09月12日

 自民党県連は、岡本芳郎会長(65)の後任に、後藤田正純衆院議員(40)=徳島3区=を選ぶ方針を固めた。12日に徳島市内で開く常任総務会で、新会長として正式決定する。


 06年3月から県連会長を務める岡本氏は、今回の衆院選で徳島1区の党公認候補として立候補し、落選。その責任を取るため竹内資浩幹事長に辞意を伝えていた。


 これを受け、竹内幹事長ら県連3役が中心となり、国会議員や県議会の議長経験者から意見を聴いて後任を検討していた。選挙の実施も検討されたが、山口俊一衆院議員(59)=比例四国ブロック=らが立候補を辞退し、後藤田氏を新会長に選ぶことで一致したという。


 竹内幹事長は「衆院選で大敗を喫し、一日も早く党を再生させなければならない。若い会長を中心に若い党員を獲得し、組織を立て直したい」と話す。


 12日の常任総務会に先だって開かれる執行部会で現執行部は全員が辞表を出し、新執行部の体制は後藤田氏に一任される見通し。

348 名無しさん :2009/09/12(土) 12:10:07
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20090912/news20090912002.html

大洲市長選13日投票 前市議と前副市長
 市長死去に伴う大洲市長選挙は13日投票、即日開票される。ともに無所属新人で前大洲市議有友正本氏(61)=民主推薦、菅田町菅田=と前副市長清水裕氏(54)=東大洲=の2氏が山鳥坂ダム建設問題や財政健全化、景気・雇用対策などで激しい選挙戦を繰り広げている。
 有友氏は民主党や連合愛媛などの推薦、清水氏は自民党大洲支部などから出馬要請をそれぞれ受けており、民主系、自民系の対決構図となっている。
 投票は13日午前7時から市内50カ所で、一部を除き午後8時まで実施。開票は同9時15分から市役所で行う。
 5日現在の有権者数は4万539人(男1万8916人、女2万1623人)。

349 名無しさん :2009/09/12(土) 18:35:53
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20090912ddlk33010535000c.html

民主県連:政権移行委が赤磐市を訪問 /岡山
 民主党県連の政権移行委員会は5日、津村啓介代表らが自治体訪問の最初として赤磐市を訪れ、井上稔朗市長、佐藤武文・市議会議長らと意見交換した。

 津村代表は「新しい地方との関係を築くために何を変え、何を守るのか、知恵を借りたい」などとあいさつ。井上市長は「補助金などは地方を生かすべく、有効に使えるようにしたい。今後もコミュニケーションを密にしたい」と述べた。

 両氏は非公開での意見交換後会見し、井上市長は「地方の財源が少なくならないよう配慮をいただけるという話なので、その点は不安を持たずに済みそうだ」と話した。また、津村代表は「市の要望書を基に具体的な課題の説明を受け、こちらから詳細な質問をした。今後も出向いて直接現場の声をうかがい、政策に生かしたい」と述べた。【小林一彦】

350 チバQ :2009/09/12(土) 23:39:06
http://www.chugoku-np.co.jp/senkyo/syuin/09/News/chugoku/Sc09090901.html
政治変動 政権交代<8> 民主に「主戦論」浮上 '09/9/9

--------------------------------------------------------------------------------


 ▽知事選への間合い

 16日に民主党を中心にした政権が発足する。そして新政権発足後、宮城県知事選(10月25日投開票)に続く大型地方選となるのが広島県知事選(11月8日投開票)だ。

 民主党は独自候補を立てるのか、党本部の基本方針に反し自民党などとの「相乗り」を選ぶのか―。

 参院議員で、民主党広島県連の佐藤公治代表(50)は説明する。「県議会の民主県政会の意見が中心となってくる。できるだけ早く県連に伝えてもらうようお願いしている」

 民主県政会が、知事選のキャスチングボートを握る構図が広まりつつある。背景には、国政とのねじれがある。広島県議会(定数66)は今、最大会派の自民刷新会議(16人)と、第2会派で民主党県議が所属する民主県政会(15人)が「大連立」を組み議会運営を仕切る。

 一方で会派は4分裂しているものの、自民党系議員は県議会の6割強を占める。「個人的には、民主党色が強い知事になったら県政運営が難しくなると思う」と民主県政会の芝清会長(69)は言う。

 民主党県連の佐藤代表は、小沢一郎代表代行(67)に近い。県連内には、幹事長に就任する小沢氏の意向を尊重せざるを得ない、との意見がある。こうした情勢の中で「主戦論」がくすぶり始めた。

 ▽自民県連、かすむ主導権

 「民主党による国の補正予算見直しが、地方に支障をきたさないよう全国知事会を通じて要請をお願いしたい」

 3日、広島県庁の知事応接室。県議会の林正夫議長(68)は主要5会派の幹部とともに、今期限りで引退する藤田雄山知事(60)と向き合った。政権交代の余波へのけん制に、「国政と地方は違う」との思いがにじんだ。

 ▽擁立の動きなし

 しかし、衆院選での自民党大敗の代償は大きい。沈滞ムードが漂う自民党県連に、知事選に向けた動きは今も見えない。衆院選大敗を総括する役員会などの日程も決まらず、次の一歩が踏み出せないでいる。

 県出身の官僚や県選出の国会議員、首長経験者…。衆院選までは「ポスト藤田」選びはこれまで同様、自民党がリードしてきたはずだった。しかし今、「果たして自民党の推薦が欲しい候補者がいるだろうか」と自民党県連のある幹部。不戦敗すら頭をかすめる。

 県連として候補者擁立が困難な情勢には、県議会の自民党系会派の対立も絡む。林議長が所属し、藤田知事を支える自民刷新会議。対するのは事実上、桧山俊宏元議長(64)が率い、反藤田知事の立場を鮮明にしてきた自民党議員会(15人)だ。

 議会の主導権争いが、知事選に持ち込まれるのか。林議長は「候補者がまだ出そろっていない。対応を考えるのはそれからだ」と強調。一方の桧山元議長は「身内同士で疑心暗鬼になるのは不幸せ。みんなが乗れる候補がいいんじゃないか」と独自の動きを否定する。

 ただ、かつて桧山元議長に反発し、自民党議員会を飛び出した自民刷新会議の県議たちは、「知事選を機に復権を狙っている」と警戒心を隠さない。

 民主党が圧勝した衆院選から1週間余り。経営コンサルタントの湯崎英彦氏(43)が7日、知事選への2人目の立候補予定者として名乗りを上げた。水面下で名前が取りざたされていた旧通産省の元官僚である。

351 チバQ :2009/09/12(土) 23:39:20
 ▽政党色を出さず

 「国政の『自民党対民主党』との構図を広島に持ち込みたくない。知事は県民のためにある」と湯崎氏。自らは政党色を出さないことで広範な支援を呼び込む戦略を描く。

 6月には、広島県立大名誉教授で経営コンサルタントの若井具宜(ともぎ)氏(61)が無所属での立候補を表明している。

 16年ぶりとなる広島県の新しいリーダー選びは、政権交代を境に、その主導権が自民党から民主党に移る様相を強めている。(おわり)

 この連載は政権交代取材班が担当しました。

 民主党のマニフェスト(地方主権抜粋)

 ○明治維新以来続いた中央集権体制を抜本的に改め、「地域主権国家」へと転換する

 ○中央政府は国レベルの仕事に専念し、国と地方自治体の関係を、上下・主従の関係から対等・協力の関係へ改める

 ○国と地方の二重行政は排し、地方にできることは地方に委ねる

 ○地方が自由に使えるお金を増やし、自治体が地域のニーズに適切に応えられるようにする

 藤田雄山広島県知事への政党推薦 4期務めた藤田知事は、いずれも無所属で立候補した。初当選した1993年の推薦は自民党だけ。社会、公明、民社党などの推薦を受けた新人たち4人を破った。再選時は一転して自民、新進、民主、太陽、公明の5党相乗り型に。3選時は自民、民主、公明、自由、保守の5党。2005年の前回は自民、公明、国民新の3党から受けたが、4選以上を推薦しない党本部の方針に従った民主党は自主投票とした。

【写真説明】藤田知事(奥右)にとって最後の県議会定例会を前に、意見を交わす林議長(同左)や各会派会長

352 名無しさん :2009/09/13(日) 11:32:05
http://mytown.asahi.com/tokushima/news.php?k_id=37000000909130005

自民県連会長に後藤田氏就任
2009年09月13日




 自民党県連の常任総務会が12日、徳島市内で開かれ、新会長に後藤田正純衆院議員(40)=徳島3区=が就任した。後藤田氏は「過疎地域、弱者の声を聴くことを自民党は怠った」と衆院選の敗因を語り、党の地域支部を充実させる方針を明らかにした。


 常任総務会に先だって開かれた執行部会で、岡本芳郎会長ら現執行部は全員が辞表を出し辞任。新執行部の人選は新会長の後藤田氏に一任された。岡本氏は任期途中だったため、後藤田氏の任期は来春にも開かれる県連大会まで。県連事務局によると、40歳での会長就任は現在の47都道府県連で最年少という。


 常任総務会では、県内の議席が2に半減した衆院選の結果について話し合われ、ピーク時の7万人台から1万3500人(08年度)まで減っている党員の獲得がテーマとなった。県議からは、「若い党員の獲得が不可欠」「民主党との違いがわかる政策を地方から上げていくべきだ」といった声が上がった。


 これに対し、後藤田氏は「旧市町村を含め、しっかりとした地域支部を再構築していく作業が必要」と述べた。衆院選で大勝した民主党の小沢一郎代表代行の選挙戦略にも触れ、「田中角栄さんら当時の自民党の選挙をやりながら、新しいこともやる。来年の参院選に向けて早急に方向性を示し、実行していきたい」と協力を求めた。


 一方、18日に告示される総裁選について、後藤田氏は記者会見で「地方を大事にする方であることが大前提」とした上で、「世代交代は必要だが、野党の立場であれば党首討論などで相手の矛盾を経験に基づいて論破できる人でないといけない」と述べた。

353 名無しさん :2009/09/13(日) 12:13:23
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20090913/news20090913017.html

愛媛のニュース2009年09月13日(日)
大洲市長選投票始まる
 市長死去に伴う大洲市長選挙は、13日午前7時から同市内50カ所で投票が行われている。立候補者は届け出順に、前大洲市議有友正本氏(61)=民主推薦、菅田町菅田=と、前副市長清水裕氏(54)=東大洲。
 有友氏は民主党などの推薦、清水氏は自民党大洲支部などから出馬要請を受けており、民主系、自民系の対決構図。ダムなど公共事業見直しを掲げる民主党中心の政権発足を間近に控え、山鳥坂ダム建設の是非など肱川の治水対策や財政再建、景気雇用対策などで論戦を展開した。
 午前10時半現在の投票率は25・55%。終了は一部を除き午後8時。同9時15分から市役所で開票される。同10時半ごろにも大勢判明の見通し。

354 名無しさん :2009/09/13(日) 22:17:46
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date1&amp;k=2009091300210

岡山市長に高谷氏再選
 任期満了に伴う岡山市長選は13日投開票され、無所属で現職の高谷茂男氏(72)が、新人で元副市長の天野勝昭氏(64)ら無所属5氏を破り、再選を確実にした。投票率は44.06%(前回43.31%)。
 衆院選後初の政令市長選だが、民主、自民、公明、社民各党が自主投票で臨み、与野党対決の構図にはならなかった。高谷氏は、公明市議団を含む過半数の市議や保守系団体などの支援を受け、政令市移行や行財政改革など1期目の実績をアピール。支持を集めた。 
 市職員OBなどの支援を受けた天野氏は、市民病院建て替え問題の早期解決などを訴えたが伸び切れず、元市長の安宅敬祐氏(67)も、市民税の10%引き下げや子ども未来科学館建設などを掲げ、市長時代の支援者の掘り起こしを図ったが及ばなかった。
 市民団体役員の氏平長親氏(62)=共産推薦=、会社社長の井上和宣氏(53)、不動産鑑定士の馬場勉氏(67)の3新人は、知名度の低さもあり浸透しなかった。

◇岡山市長選当選者略歴
 高谷 茂男氏(たかや・しげお)岡山大法経短期大学部卒。岡山商工会議所副会頭、テーマパーク運営会社社長などを経て05年10月市長に初当選。72歳。岡山県総社市出身。当選2回。(2009/09/13-21:46)

355 名無しさん :2009/09/13(日) 22:22:12
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20090913/news20090913033.html

愛媛のニュース2009年09月13日(日)
 大洲市長にダム建設推進派の清水氏当選確実
 市長死去に伴う大洲市長選挙は、13日投票が行われ、即日開票の結果、前副市長清水裕氏(54)=東大洲=の当選が確実になった。
選挙戦は清水氏と前大洲市議有友正本氏(61)=民主推薦、菅田町菅田=の一騎打ちとなり、山鳥坂ダム建設の是非などが争点となった。
 清水氏は自民党大洲支部などから出馬要請を受け、有友氏は民主党などの推薦を獲得。自民党系と民主党系が対決する構図で、ダムなど公共事業見直しを掲げる民主党中心の政権発足を間近に控える中、国土交通官僚出身で建設推進派の清水氏が、「同ダムは不要」と訴えた有友氏を抑え、地元として、建設推進の意思を示す形となった。投票率は72・40%で1月の前回市長選より7・56ポイント高かった。

356 名無しさん :2009/09/14(月) 20:52:13
http://mytown.asahi.com/hiroshima/news.php?k_id=35000000909140003

民主県連、独自候補擁立へ/知事選
2009年09月14日

 総選挙の民主圧勝を受け、民主党県連は13日に開いた幹事会で、藤田雄山知事の任期満了に伴う11月8日投開票の次期知事選に、独自の候補者を擁立する方針を固めた。佐藤公治・県連代表をトップとする「知事選対策検討委員会」を発足させ、すでに立候補を表明している2人を含め、自薦や他薦の候補者を広く募っていくという。ただ、6年間にわたり県議会で自民党系会派と連携を続けてきた民主党系会派「民主県政会」(15人)の会長は、こうした方針を事前に聞かされていなかったと困惑している。(鬼原民幸)


 「よりよい候補を探す。政党としては当然のこと」。県政会に所属する県連幹事長の宮政利県議は、朝日新聞の取材にこう話した。


 これまで県政会は知事選に向けた方針として、県議会で「大連立」を組む自民党系会派の「自民刷新会議」(16人)と引き続き連携していくことを確認していた。だが、民主党本部が自民党との相乗りを禁止していることから、県政会は投票日まで2カ月を切っても、刷新会議と袂(たもと)を分かって独自候補を立てるか、引き続き連携して無所属候補を水面下で応援するかなど、具体的な方針を決めかねていた。


 県政会の「足踏み」の背景には、県議会(定数66)内の勢力図がある。議会内は自民党系県議が多数を占めており、県政会は前身の「県民連合」の時代の03年以降、自民党系会派が分裂して結成された刷新会議と連携し、元自民党参院議員の藤田知事を支えてきた。


 現在県議会には反知事派の「自民党議員会」(15人)など自民党系会派が計四つあり、合わせると計40人と、議会の3分の2近くとなる。もし再び自民党系会派が「大同団結」するようなことがあれば、県政会の発言力の大幅な低下は免れない状況だ。


 しかし、県連は知事選での独自色を優先させた。宮幹事長は「刷新会議との関係があるのは事実。だが、民主党が独自候補を立てたからと言って、議会運営が頓挫するとは考えていない」と話す。まずは知事選を乗り切り、県政会と刷新会議の意見を集約することで、解決策を模索する考えだ。


 一方、県政会会長の芝清県議は、県連が幹事会で独自候補擁立の方針固めたことについて、「まったく聞いていなかった。県政会や連合に相談なく方針を決めるなんて信じられない」と当惑する。6年間手を取り合って議会をリードしてきた刷新会議との関係はどうなるのか。芝会長は「よく確認しないと何とも言えない」と焦りを見せた。


 こうした動きについて、刷新会議に所属する林正夫・県議会議長は取材に対し、「県政会との連携は続けるつもりだったが、民主党本部で独自の動きがあるとなれば今後はどうなるかわからない」とコメントした。


 これまで、知事選へ立候補を表明したのは、元県立大教授の若井具宜氏(61)と元通産省職員の湯崎英彦氏(43)。いずれも無所属で、特定の政党、会派から支援を受けていない。

357 名無しさん :2009/09/14(月) 20:54:50
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200909140029.html

民主、知事選に候補擁立へ '09/9/14

--------------------------------------------------------------------------------

 民主党広島県連は13日、広島市南区で幹事会を開き、任期満了に伴う広島県知事選(10月22日告示、11月8日投開票)に独自の推薦候補を擁立する方針を決めた。県連内にこの日、設けた知事選対策検討委員会で選考する。

 幹事会後、会見した佐藤公治県連代表(参院広島)は「県内で大勝した衆院選の結果を踏まえれば、独自の推薦候補を立てることが県民の期待」と強調し、早急に擁立作業に入る考えを示した。連立政権の樹立で合意した国民新党と連携し、社民党にも協議を申し入れる。

 幹事会では「自民党との相乗り候補は避ける」との方針を確認したという。検討委は佐藤県連代表、県議、市議、連合広島役員の計4人で構成する。

 民主党議員が所属する県議会の会派、民主県政会には、連携して議会運営の主導権を握る自民刷新会議との同一歩調を求める意見もある。佐藤氏は「地元の考えは踏まえるが、独自候補の擁立に最大限努力していくことが責任だ」と述べた。

 知事選にはこれまでに、広島県立大名誉教授で経営コンサルタントの若井具宜氏(61)=広島市東区=と、元通産官僚で経営コンサルタントの湯崎英彦氏(43)=広島市西区=の2人が、ともに無所属での立候補を表明している。

358 名無しさん :2009/09/14(月) 21:21:58
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20090914-OYO1T00532.htm?from=main2

愛媛県大洲市長選、ダム推進派当選…民主推薦候補破り
 国が計画する山鳥坂(やまとさか)ダム建設の是非を争点にした愛媛県大洲市長選が13日投開票され、自民党大洲支部の支援を受けた建設推進派の前副市長清水裕氏(54)=無所属新人=が、民主党、新党日本推薦で建設反対の前市議有友正本氏(61)=同=を破り、初当選した。市と県は建設を推進する方針で、無駄な公共事業抑制を掲げる新政権との協議の行方が焦点となる。投票率は72・40%(前回64・84%)。

 現職の急死に伴う市長選。同ダム工事事務所の初代所長だった清水氏は治水目的ダムの必要性を訴え、支持を広げた。有友氏は民主国会議員らの全面支援を受けたが、及ばなかった。

 ダムは総事業費約850億円。2023年度までの完成を目指し、昨年から準備工事が始まっている。
当15077 清水  裕

 13852 有友 正本
(確定得票)

(2009年9月14日 読売新聞)

359 チバQ :2009/09/14(月) 21:52:45
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/news/20090914-OYT8T00052.htm
「ダム推進」1225票差
投票率72・4% 「元気で夢ある市に」
開票結果 候2

当15,077清水  裕54無新 

 13,852有友 正本61無新 

(選管確定)



大洲市長選に初当選した清水氏(13日午後10時17分、大洲市内で) 「みなさんと手を携え、元気のある、夢が持てる輝かしい大洲にしていきます」――。大洲市の大森隆雄市長の死去に伴い、13日に投開票された市長選で、初当選した前副市長の清水裕さん(54)は力強く抱負を語った。争点となった山鳥坂ダム問題では、「すでに論議を尽くし、市民の合意を得ている」として計画推進の姿勢を示し、民主党と新党日本の推薦を受けてダム建設中止を訴えた前市議の有友正本さん(61)を退けた。当日有権者数は4万200人、投票率は72・40%(前回64・84%)だった。

 同市徳森の清水さんの事務所では、多くの支持者らが吉報を待ち受けた。事務所に「当選確実」の一報が届くと、詰めかけた大勢の支持者らから大きな歓声と拍手が起こり、固く握手を交わす男性運動員や抱き合って涙を流す女性支持者らの姿も見られた。

 選挙戦では、前回選に続いて、国が肱川の治水計画に盛り込んだ山鳥坂ダム建設の是非が最大の争点となった。

 市民の間には、「ダムは本当に必要なのか」といった疑問の声がくすぶり、間もなく発足する民主党政権が、「無駄な公共事業の抑制」を訴える中、国の山鳥坂ダム工事事務所の初代所長を務めた清水さんは、ダムの必要性を力説。「ダム建設を盛り込んだ治水計画は合意を得ており、みんなで目標に向かって推進すべき」と主張した。

 自民党大洲支部の要請で立候補した清水さんを、自民党の国会議員、県議、市議らは全面的に支援。加戸知事も応援演説に立ち、ダム建設を推進する県の立場を訴え、「県と市とが対立するようになってはならない」と、力を込めた。

 清水さんは大阪大工学部を卒業後、建設省(当時)に入省。山鳥坂ダム工事事務所長、河川環境課流域治水調整官、愛媛県土木部長などを歴任し、今年2月に大洲市副市長に就任した。

(2009年9月14日 読売新聞)

360 チバQ :2009/09/14(月) 21:56:46
http://mytown.asahi.com/okayama/news.php?k_id=34000000909140003
高谷氏、手堅く再選/指定市初の岡山市長選
2009年09月14日


再選を決めバンザイする高谷茂男氏=岡山市北区野田3丁目

■行財政改革 継続訴え/候補乱立で優位に


 政令指定都市・岡山のかじ取り役は、引き続き高谷氏に――。戦後最多の6人が争った岡山市長選が13日投開票され、無所属で現職の高谷茂男氏(72)が、元副市長や元市長ら無所属の5人を破り、指定市初の選挙で再選を果たした。当日有権者数は54万6910人、投票率は44・06%(前回43・31%)だった。市議補選も投開票された。


 同市北区野田3丁目の事務所で、高谷氏は「4年間まじめに仕事をしてきたのを市民が認めてくれた。政令指定都市の権限と財源をバックに活力ある岡山をつくっていきたい」と笑顔であいさつ。自民党の逢沢一郎衆院議員(岡山1区)ら県内選出国会議員と握手を交わした。


 今年2月に再選への立候補を表明した高谷氏は、一般行政職員の新規採用凍結(07〜09年度)による人件費削減や既存事業の見直しなど、過去4年間に力を注いできた行財政改革の成果を強調。行革継続を訴えて支持を広げた。


 今回の市長選は、告示日が総選挙の投開票日に重なるという異例の日程。民主、自民、公明、社民の4党は「総選挙優先による準備不足」や「総選挙の敗北」などを理由に自主投票を決め、推薦候補を立てた共産を除き、政党色の薄い選挙となった。


 市議会の大多数を占める自民系市議は、早くから高谷氏と元副市長の天野勝昭氏(64)の陣営に分裂。民主系市議の多くは元市長の安宅敬祐氏(67)を応援したが、一部は市職員労組が支持する天野氏の支持に回った。


 こうした中、高谷氏は6月に前回推薦を受けた自民、公明へ、8月には民主、社民へ推薦を依頼。結果的に政党推薦は得られなかったが、自民、公明を中心に30人近い市議の支援を受けた。また、後援会幹部には福武總一郎ベネッセコーポレーション会長や、岡山商工会議所会頭の岡崎彬岡山ガス社長ら地元経済界の大物が名を連ねた。


 対立候補が乱立し、現市政への批判票が分散したことも高谷氏には有利に働いた。


■支持広がらず/元副市長や元職・新顔ら


 かつての上司である高谷氏に挑んだ元副市長の天野氏の事務所では、支持者らが肩を落とした。


 天野氏は、高谷氏の行財政改革路線を「損得勘定の薄情な市政」と断じ、「人情味あふれる温かい市政」への転換を主張。老朽化した市民病院の建て替えや新婚家庭への家賃補助などの公約を掲げ、市職員OBや市職員労組、自民系を中心とする12人の市議から支援を受けたが、市民に十分浸透しなかった。


 10年ぶりの市長返り咲きを目指した安宅氏は、民主系市議数人の応援を受けたが及ばなかった。「乱立により、候補者一人ひとりの政策がよく理解してもらえなかったのではないか」と敗因を分析し、「(高谷氏には)私の訴えを今後の市政の参考にしてほしい」と語った。


 また、元婦人服販売会社社長の井上和宣氏(53)は、旧国鉄操車場跡地での国際医療センター建設などを公約。市議の応援は受けず、出身母体である岡山青年会議所や商工会議所青年部の知人らを軸に支援の輪を広げたが、知名度不足に泣いた。


 共産が推薦した護憲市民団体事務局長の氏平長親氏(62)、「おかやま適塾」を主宰する不動産鑑定士の馬場勉氏(67)も、支持を十分に広げることができなかった。


■投票率微増 44・06% 


 政権交代が実現した総選挙から2週間後の投票となった岡山市長選だが、投票率は44・06%と、戦後17回の市長選で4番目に低い投票率となった。


 前回05年と比べると、0・75ポイント上回った。しかし、戦後最多の候補者数だったにもかかわらず、大きな争点がなく、政党の存在感が薄かったことなどから、投票率が70%を超えた地域もあった総選挙に比べ、市民の関心は盛り上がりに欠けたままだった。

361 チバQ :2009/09/14(月) 21:57:55
>>359
http://mytown.asahi.com/ehime/news.php?k_id=39000000909140003
大洲市長に清水氏初当選
2009年09月14日


花束を贈られ、満面の笑みを見せる清水裕氏=大洲市新谷

◇「ダム容認」流れ継承


  前市長の死去に伴う大洲市長選は13日に投票され、即日開票の結果、無所属新顔で前副市長の清水裕氏(54) が無所属新顔で元市議の有友正本氏(61) =民主、新党日本推薦=を破り、初当選を果たした。 国が市内の肱川に計画する山鳥坂ダム建設の是非が争点となったが、容認派の清水氏への支持が上回った。 当日有権者数は4万200人、投票率は72・40%(前回64・84%) だった。


  大洲市新谷の清水氏の事務所では午後10時ごろ、「当選確実」 の知らせが入ると、集まった支持者らの拍手と歓声に包まれた。


  清水氏は満面の笑みを見せ、「皆さんのおかげで勝たせていただいた。 元気で活力ある町づくりを進めたい」 と抱負を語った。 山鳥坂ダムについては「ダム建設を含む国の肱川水系河川整備計画を推進させたい。 政権は交代してもダム事業は変わらないと思っている」 と話した。


  清水氏は国土交通省出身。 同省から出向して県土木部長を務めていたが、今年2月に当時の大森隆雄市長に請われて副市長に就任した。 市長選には自民党大洲支部から要請を受けて立候補した。


  一方、有友氏はダム反対を訴えたが、再選を目指した大森氏に902票差で惜敗した今年1月の前回市長選の雪辱は果たせなかった。


◇「脱ダム」対応に課題
《解説》


  大洲市長選は、大森前市長と有友氏が争った今年1月の前回市長選と同様に山鳥坂ダムの建設問題が争点となったが、前市長の仕事を受け継ぐダム容認派の清水氏が当選した。


  清水氏は「洪水と渇水対策のためダムは必要だ。 堤防の整備と鹿野川ダムの改造もあわせて進め、安心、安全に暮らせる町にしたい」 と、山鳥坂ダム建設を含む肱川水系河川整備計画の推進を訴えた。


  民主党政権が近く発足し、ダム事業の先行きを危ぶむ声も出始める中、「河川整備計画が策定された段階で民意は示されている。 山鳥坂ダムはすでに決着がつけられた問題だ。 政権が変わっても事業は継続されると思う」 と語り、むしろ企業誘致や広域医療体制の整備などを積極的に訴えて支持につなげた。


  清水氏は国土交通省から出向して県土木部長を務めていた今年2月、大森前市長に請われて副市長に就任。 大森前市長の死去という予想外の事態を受け、自民党大洲支部からの要請で立候補した。 市議会の過半数を占める自民市議団の支援を受け、商工、建設団体などの支持も得て地元での知名度不足を克服した。


  大洲市はダム問題以外にも財政再建、商店街活性化など課題が山積している。 民主党政権の発足でダム事業の不透明感が増し、ダムに反対する声も市民の間に依然根強くある中で、肱川と共生した街づくりをどう進めるのか。 新市長の手腕が問われる。 (広川一)

362 チバQ :2009/09/14(月) 23:22:23
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017200909142325.html
特集社説2009年09月14日(月)付 愛媛新聞
大洲市長選 自民が組織の底力を発揮した
 新人同士の争いとなった大洲市長選は、前副市長で国土交通省山鳥坂ダム工事事務所長も務めた清水裕氏が前市議有友正本氏を退けた。
 市民のみならず、県民の注目を集めた選挙だった。理由の一つは、国の政権交代が実現した直後の首長選だったこと。いま一つは、市民の間で長年にわたって賛否が分かれているダム建設に対する有権者の判断だ。
 今回の大洲市長選は、県内首長選では珍しく民主党系と自民党系ががっぷり四つに組んでの戦いだった。
 当選した清水氏は自民党大洲支部などからの要請で出馬、過半数を占める自民党系市議が有権者への浸透を図った。有友氏は民主党が推薦、連合愛媛の支援も受けた。
 清水氏は約1100票差の勝利。政権交代という逆風にもかかわらず、自民党は衆院選に続いて県内で底力を発揮した。民主党は選挙のたびに指摘されてきた地方組織の脆弱(ぜいじゃく)性を克服できなかった。
 首長選での同様の対立構図は、今後他の首長選にも持ち込まれよう。愛媛の地方選挙が様変わりする前兆になるかもしれない。
 従来にない対決構図は、有権者にも新鮮な印象を与えたのだろう。投票率は前回を7・56ポイント上回った。
 山鳥坂ダム建設はこれまでも市長選の主要争点になっていた。政権交代で結果が注目されたが、有権者の判断は大きくは変わらなかった。
 ただ、清水氏はダムの賛否を前面に掲げて戦ってきたとはいえない。市民の賛否は相変わらず割れているというのが実態だろう。選挙結果が即、建設へのゴーサインとまではいえまい。
 民主党は全国のダム計画見直しを示唆している。新市長には国との協議はもちろん市民の意見を集約し、納得させる宿題が残る。建設反対派には市への不信感もあろう。粘り強い対話が欠かせない。
 いうまでもなく大洲市の課題は山鳥坂ダム建設問題だけではない。
 大洲市の2008年度決算の実質公債費比率は22・0%。前年度より0・7ポイント減ったとはいえ、県内20市町では最悪の数字だ。雇用や過疎対策など直面している課題は山積している。厳しい台所事情の中でいかに効果を挙げるか。知恵の出しどころだ。
 公共工事の伸びはもはや期待できない。地域経済の活性化も緊急の課題となる。来年3月にもパナソニック四国エレクトロニクス大洲事業所が閉鎖される。新たな企業の誘致を視野に入れた取り組みも必要になろう。
 高齢化率が50%を超える地区もある。地域の再生も急がれる。一自治体だけでは困難な課題だが、周辺部への目配りを忘れてはならない。

363 名無しさん :2009/09/14(月) 23:29:15
>民主党は選挙のたびに指摘されてきた地方組織の脆弱(ぜいじゃく)性を克服できなかった。
また紋切り型の論評かよ
んなことは分かってるんだよ○○(自主規制

364 名無しさん :2009/09/15(火) 19:55:37
http://www.jiji.co.jp/jc/c?g=pol_30&amp;k=2009091500672

県議が出馬表明=広島知事選
 11月8日投開票の広島県知事選で、同県議の柴崎美智子氏(54)が15日記者会見し、無所属での出馬を表明した。柴崎氏は同日までに民主党を離党し、県議会の同党系会派も離脱。政党や団体の推薦は求めず、選挙活動をするとしている。
 同知事選で、藤田雄山知事(60)は5選不出馬を表明済み。県立広島大名誉教授の若井具宜氏(61)と、旧通産省出身で経営コンサルタントの湯崎英彦氏(43)がいずれも無所属での出馬を表明している。(2009/09/15-17:10)

365 チバQ :2009/09/15(火) 20:08:57
>>356-357
>県政会の柴崎美智子県議(1期、広島市西区選挙区選出)が知事選へ立候補するため、退会したことを明らかにした
泡沫くさいなあ


広島市西区 定数4−候補6 (選管確定)
得票数(得票率) 氏名 年齢 党派 新旧 当選回数 代表的肩書
当 14,919(20.5%) 砂原 克規 53 自民 現 4 建設会社顧問
当 14,840(20.4%) 柴崎 美智子 51 民主=連合 新 1 学習塾経営
当 14,521(20.0%) 田川 寿一 52 公明 現 2 党県政策局長
当 11,634(16.0%) 山木 靖雄 63 自民 現 6 設計会社顧問
□ 10,231(14.1%) 神川 正紀 63 自民 現 党県副会長
□ 6,624(9.1%) 中脇 令子 56 無所属 新 建材会社役員・亡父は元市議会議長



http://mytown.asahi.com/hiroshima/news.php?k_id=35000000909150001
県連・連合と連携確認
2009年09月15日

 県議会の民主党系会派、民主県政会は14日、総会を開いた。民主党県連が知事選(11月8日投開票)に独自候補を擁立する方針を13日に固めたことを受け、同県連や連合広島と連携を深める方針を確認する一方、議会内で連携する自民党系会派の自民刷新会議と自民良政会とも協調態勢を継続することを申し合わせた。


 総会後、取材に応じた県政会会長の芝清県議は「外向きには民主党と連合広島、内向きには刷新会と良政会と協議し、良い知事を選んでいきたい」と話した。ただ、民主党は知事選での自民党との相乗りを禁止しているため、「(外向きと内向きが)双方うまくかみあえばベスト。優先順位は今のところない」と付け加えた。


 また芝県議はこの日、県政会の柴崎美智子県議(1期、広島市西区選挙区選出)が知事選へ立候補するため、退会したことを明らかにした。芝県議は「県議4年の任期をまっとうするべきだ」などと説得したが、柴崎氏の意向は変わらなかったという。県政会は14人となった。


 柴崎氏は同日付で民主党の離党届も提出したという。朝日新聞の取材に「県民の豊かな暮らしを実現するために決断した」と語った。今週中にも無所属で正式に立候補を表明するという。(鬼原民幸、辻外記子)

366 チバQ :2009/09/15(火) 20:14:36
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200909150284.html
【速報】倉吉市長が辞職 出直し選で新斎場問題の民意問う  '09/9/15

--------------------------------------------------------------------------------

 倉吉市の長谷川稔市長(62)は15日、市議会議長に辞職願を提出、市議会は同日の定例会で同意した。辞職は18日付。係争中の新斎場建設問題で「民意を問いたい」として50日以内にある出直し市長選に3選を目指して立候補する意向も表明した。

 新斎場は、長谷川市長が連合長を務める鳥取中部ふるさと広域連合が同市谷の市有地に計画。昨年3月、土地を寄付した元地権者が「多目的広場に使ってもらう意図と違う」と土地の返還を求めて訴訟。鳥取地裁が11日、請求を棄却したが、控訴方針を示している。任期は来年4月までだった。



http://mytown.asahi.com/tottori/news.php?k_id=32000000909120001
倉吉市の新斎場訴訟で判決
2009年09月12日

◇地裁、住民の請求棄却 住民側、控訴する方針


 多目的スポーツ広場を造成する約束で倉吉市谷の土地を同市に寄付した元地権者28人が、「寄付した土地に斎場を建設するのは契約違反」として、同市を相手取り、寄付の取り消しを求めた訴訟の判決が11日、鳥取地裁であった。朝日貴浩裁判長は「スポーツ広場に斎場を併設しても地区の活性化につながり、寄付者の動機と利用計画との間に食い違いは生じない」とし、住民側の請求を棄却した。住民側は控訴する方針。


 判決によると、元地権者らは、ダム建設の採石場跡地を05年8月までに多目的スポーツ広場に造成する前提で市に寄付した。だが、市は同年10月、跡地を市と周辺4町で作る「鳥取中部ふるさと広域連合」の新斎場建設候補地にして、翌06年6月に正式決定した。


 判決理由で朝日裁判長は「住民は当初、ごみ捨て場になることやごみが不法投棄されることを最も恐れ、地区の活性化につながる公共施設の設置を希望していた」と指摘。そのうえで「計画は約4分の3に多目的スポーツ広場、残り約4分の1に斎場を建設するもので、斎場は周辺住民が建設を望まない施設であるということを考慮しても、全体として地区の活性化にはつながる」と結論づけた。


 裁判で住民側は「斎場を建設することがわかっていれば寄付はしなかった」と主張。一方、市側は多目的スポーツ広場について、「当時、提案はしたが、具体的構想は固まっていなかった」とし、「住民の希望はあくまで(跡地を)公共施設として市が管理することで、(新斎場建設に)違法性はない」と訴えていた。


 原告代表の長柄収さん(68)は「多目的スポーツ広場にするという約束で土地を寄付した。寄付後に斎場を建設するという話が急に出てきて、詐欺といっても過言ではない。住民の思いが全く反映されていない判決で、とても納得できない」と話した。


◇話し合い解決に自信 倉吉市長


 この日の判決を受けて、長谷川稔・倉吉市長は「元地権者から倉吉市に土地を寄付された経過について明確になった。ハードルは取り除かれた」と話し、10年度中の完成を目指して計画を進める考えを明らかにした。


 今後は、市議会のほか、建設予定地の灘手地区の住民に市長が説明する機会も設ける
方針で、長谷川市長は「理解は十分いただけると思う」と、話し合いでの解決に自信を示した。

367 チバQ :2009/09/15(火) 20:17:55
http://mytown.asahi.com/okayama/news.php?k_id=34000000909150001
民主、存在感示せず
2009年09月15日




■自主投票で票分散/岡山市長選振り返って


 政令指定都市移行後初の岡山市長選は、現職の高谷茂男氏(72)の再選で幕を閉じた。これまでの取材や、朝日新聞が13日に実施した投票所での出口調査をもとに選挙戦を振り返る。(宮武努)


 今回の市長選で際立ったのは、戦後最多の6人が争った「候補者乱立」と、各候補者が政党推薦を求めたにもかかわらず、共産を除く主要政党が軒並み自主投票で臨んだ「政党色の薄さ」だった。


 特に象徴的なのが、直前の総選挙で歴史的な政権交代を確実にしながら、存在感を示せなかった民主党だ。


 5陣営から推薦依頼を受けていた民主党県連は、総選挙の投開票日と重なった市長選告示日(8月30日)まで態度を保留した末、翌31日に自主投票を決めた。


 この瞬間、総選挙で民主候補の出陣式に駆けつけてラブコールを送った天野勝昭、安宅敬祐、井上和宣、馬場勉の4氏にとっては「政権交代の風に乗る」という期待が消滅。逆に、自民・公明と良好な関係を維持し、多数の両党市議が支援した高谷陣営の優位が決定的になった。


 民主の津村啓介県連代表は自主投票の理由を「総選挙に力を最大限さいたため、各候補者と信頼関係を築く時間がなかった」と説明した。


 だが、「長らく態度を保留し、総選挙で複数の陣営から応援を受けた手前、今さら1人に絞れるはずもない」というのが多くの市長選関係者の見方。高谷陣営の幹部は「うちが恐れたのは、特定の1人が民主推薦を得て“大化け”することだった。対立候補4人がこぞって民主の出陣式に走ったのを見た時は『やった』と思った」と振り返る。


 民主のその後の動きは、さながら総選挙の「戦後処理」のようだった。ある国会議員は父親が天野陣営、母親が安宅陣営の集会で応援演説。民主系市議や県連幹部も両陣営に分かれ、選対本部長を務めたり、演説に立ったりした。


 一方、高谷氏推薦か自主投票かで揺れた自民党も31日、「総選挙の大敗を総括できていない」として自主投票に。これも、「自民への逆風が、高谷氏の足を引っ張ることを避けられた」(自民系市議)という意味で高谷陣営にはむしろ好都合だった。


 出口調査の結果によると、自民支持層の5割、公明支持層の7割近くが高谷氏でまとまった。一方、民主支持層の投票先は細かく分散。民主の出陣式に顔を見せた4候補の民主支持層からの得票比率は皮肉にも、いずれも高谷氏に及ばなかった。


■行革推進 7割評価


 出口調査では、財政難を理由に、新規職員採用の3年間凍結など行財政改革を進めてきた高谷氏の市政運営への評価も尋ねた。「大いに評価する」「ある程度評価する」との回答は合わせて70%で、「あまり評価しない」「全く評価しない」を合わせた27%を大きく上回った。


 新市長に期待する政策を四つの選択肢で尋ねたところ、「景気・雇用対策」「福祉の充実」がともに3割を超えた。


 調査は市内45カ所で実施。有効回答数は2333人。

368 名無しさん :2009/09/15(火) 21:52:08
http://mytown.asahi.com/hiroshima/news.php?k_id=35000000909150001

県連・連合と連携確認
2009年09月15日

 県議会の民主党系会派、民主県政会は14日、総会を開いた。民主党県連が知事選(11月8日投開票)に独自候補を擁立する方針を13日に固めたことを受け、同県連や連合広島と連携を深める方針を確認する一方、議会内で連携する自民党系会派の自民刷新会議と自民良政会とも協調態勢を継続することを申し合わせた。


 総会後、取材に応じた県政会会長の芝清県議は「外向きには民主党と連合広島、内向きには刷新会と良政会と協議し、良い知事を選んでいきたい」と話した。ただ、民主党は知事選での自民党との相乗りを禁止しているため、「(外向きと内向きが)双方うまくかみあえばベスト。優先順位は今のところない」と付け加えた。


 また芝県議はこの日、県政会の柴崎美智子県議(1期、広島市西区選挙区選出)が知事選へ立候補するため、退会したことを明らかにした。芝県議は「県議4年の任期をまっとうするべきだ」などと説得したが、柴崎氏の意向は変わらなかったという。県政会は14人となった。


 柴崎氏は同日付で民主党の離党届も提出したという。朝日新聞の取材に「県民の豊かな暮らしを実現するために決断した」と語った。今週中にも無所属で正式に立候補を表明するという。(鬼原民幸、辻外記子)

369 名無しさん :2009/09/15(火) 21:59:33
http://mytown.asahi.com/okayama/news.php?k_id=34000000909150001
http://mytown.asahi.com/okayama/k_img_render.php?k_id=34000000909150001&amp;o_id=5506&amp;type=kiji

民主、存在感示せず
2009年09月15日




■自主投票で票分散/岡山市長選振り返って


 政令指定都市移行後初の岡山市長選は、現職の高谷茂男氏(72)の再選で幕を閉じた。これまでの取材や、朝日新聞が13日に実施した投票所での出口調査をもとに選挙戦を振り返る。(宮武努)


 今回の市長選で際立ったのは、戦後最多の6人が争った「候補者乱立」と、各候補者が政党推薦を求めたにもかかわらず、共産を除く主要政党が軒並み自主投票で臨んだ「政党色の薄さ」だった。


 特に象徴的なのが、直前の総選挙で歴史的な政権交代を確実にしながら、存在感を示せなかった民主党だ。


 5陣営から推薦依頼を受けていた民主党県連は、総選挙の投開票日と重なった市長選告示日(8月30日)まで態度を保留した末、翌31日に自主投票を決めた。


 この瞬間、総選挙で民主候補の出陣式に駆けつけてラブコールを送った天野勝昭、安宅敬祐、井上和宣、馬場勉の4氏にとっては「政権交代の風に乗る」という期待が消滅。逆に、自民・公明と良好な関係を維持し、多数の両党市議が支援した高谷陣営の優位が決定的になった。


 民主の津村啓介県連代表は自主投票の理由を「総選挙に力を最大限さいたため、各候補者と信頼関係を築く時間がなかった」と説明した。


 だが、「長らく態度を保留し、総選挙で複数の陣営から応援を受けた手前、今さら1人に絞れるはずもない」というのが多くの市長選関係者の見方。高谷陣営の幹部は「うちが恐れたのは、特定の1人が民主推薦を得て“大化け”することだった。対立候補4人がこぞって民主の出陣式に走ったのを見た時は『やった』と思った」と振り返る。


 民主のその後の動きは、さながら総選挙の「戦後処理」のようだった。ある国会議員は父親が天野陣営、母親が安宅陣営の集会で応援演説。民主系市議や県連幹部も両陣営に分かれ、選対本部長を務めたり、演説に立ったりした。


 一方、高谷氏推薦か自主投票かで揺れた自民党も31日、「総選挙の大敗を総括できていない」として自主投票に。これも、「自民への逆風が、高谷氏の足を引っ張ることを避けられた」(自民系市議)という意味で高谷陣営にはむしろ好都合だった。


 出口調査の結果によると、自民支持層の5割、公明支持層の7割近くが高谷氏でまとまった。一方、民主支持層の投票先は細かく分散。民主の出陣式に顔を見せた4候補の民主支持層からの得票比率は皮肉にも、いずれも高谷氏に及ばなかった。


■行革推進 7割評価


 出口調査では、財政難を理由に、新規職員採用の3年間凍結など行財政改革を進めてきた高谷氏の市政運営への評価も尋ねた。「大いに評価する」「ある程度評価する」との回答は合わせて70%で、「あまり評価しない」「全く評価しない」を合わせた27%を大きく上回った。


 新市長に期待する政策を四つの選択肢で尋ねたところ、「景気・雇用対策」「福祉の充実」がともに3割を超えた。


 調査は市内45カ所で実施。有効回答数は2333人。

370 チバQ :2009/09/16(水) 22:46:15
>>366
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tottori/news/20090915-OYT8T01100.htm
倉吉市長辞職出直し選へ
長谷川氏「斎場建設信を問う」


 鳥取中部ふるさと広域連合が倉吉市谷で計画している斎場建設が元地権者の反対で頓挫している問題で、連合長を務める同市の長谷川稔市長(62)は15日、「2010年度中の供用開始に向け、市民に信を問いたい」として、段塚広文・市議会議長に辞職願を提出し、出直し市長選に出馬する意向を明らかにした。市長選は、市選管が辞職の通知を受けてから50日以内に行われる。市選管は、27日告示、10月4日投開票の市議選との同日選は日程的に難しいとしており、11月上旬の実施となる見通しだ。

 長谷川市長は現在2期目。出直し市長選に当選した場合の任期は、残任期間の来年4月10日までとなる。

 市議会閉会後の記者会見で、長谷川市長は斎場問題について「地元住民への説明が不十分だったため、不信を招いた面もあった」としたうえで、「訴訟で土地の所有権が明らかになったので、職を辞して市民に経過などを説明し、施設の意義と必要性を訴えたい」と強調した。

 また、「出直し選で信任された場合は、今年度中の着工を目指す」としたが、「地元住民との話し合いを進め、理解を得ていく」として、強行着工は見送る考えも示した。

 新斎場は、鳥取中部ふるさと広域連合が06年6月、かつて採石場だった倉吉市谷の市有地を建設候補地に選定した。しかし、元地権者らが「スポーツ広場にする約束で寄付した」と反発し、08年3月に土地の明け渡しなどを求めて提訴。地裁は今月11日、請求を棄却したが、元地権者らは控訴する意向を示している。

 原告代表の長柄収・谷自治公民館長(68)は「斎場を争点に出直し選をするのは納得がいかない。当選しても、住民が斎場建設に合意したことにはならない」と話している。

(2009年9月16日 読売新聞)

371 名無しさん :2009/09/17(木) 20:09:39
http://mainichi.jp/area/tottori/news/20090915ddlk31010515000c.html
県議会:会派「絆」、県版「国家戦略局」担う 新政権と地方のパイプ /鳥取
 県議会の民主、社民、無所属などが合併した会派「絆(きずな)」は14日、新政権で国家ビジョンや予算の骨格を策定する「国家戦略局」の“県版”を会派が担っていく方針を決めた。自治体などと意見交換して地元の課題を吸い上げ、新政権とのパイプ役を果たしていく考えだ。【宇多川はるか】

 民主党の国家戦略局は、これまで政府と自民党で分かれていた政策立案機能を一元化し、省庁縦割りの予算編成を政治主導に切り替えることが目的。党本部と連動し、地方版の国家戦略局を設置する動きは北海道や岡山などにもある。

 民主党の県議らは“県版国家戦略局”として新組織を設置するのではなく、絆が自治体などとの意見交換を担い、地域の要望や陳情の窓口にしていくことにした。14日にあった会派の総会で民主党県連幹事長の福間裕隆議員が提案し、所属議員の了承を得たという。

 福間幹事長は「地方レベルでの課題に対応し、県政の受け皿になれればいい。事実上の国家戦略会議地方版の役割を担いたい」と話す。

 社民県連代表の米井悟議員も「絆が国政との窓口の役割を果たす。3党が連立したし、絆の中で意思統一を図っていく」と乗り気だ。ただ、県議会の中で絆は定数38人中9人の少数会派。国政と地方とのパイプとしてどれほどの太さになるのかは未知数だ。

372 チバQ :2009/09/17(木) 22:05:10
>>354ほか
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&amp;k=2009091700877
二審も元岡山市長らに賠償命令=交付税加算金の返還訴訟−広島高裁支部
 岡山市が下水道利用人口を水増しし、地方交付税を過大に受け取ったため、国から約21億円の加算金を請求されたとして、市民オンブズマンが当時の市長らに損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が17日、広島高裁岡山支部であった。高田泰治裁判長は、元市長ら17人に計約16億円を市に支払うよう命じた一審判決を変更、7人に計約7億6000万円の賠償を命じた。
 市や安宅敬祐元市長の控訴は棄却。萩原誠司前市長の責任は一審同様認めず、市民側の控訴を棄却した。
 判決によると、市は1970〜98年度、地方交付税の算定基準の一つとなる下水道利用人口を国と異なる方法で算出。旧自治省から、過大に受け取った約19億8400万円の返還と加算金約21億円を請求され、99年に全額納付した。
 一審は、安宅元市長、元助役、元下水道局長、元財政局長ら17人(2人死亡)の責任を認めたが、控訴審判決は元助役3人と元財政局長5人を除外。元下水道局長5人についても、独自算出を認識していなかった期間には過失はなかったとして、賠償額を減額した。
 判決後、市民オンブズマンおかやまの重田龍三代表は「元市長はじめ幹部職員の責任を認めたことは高く評価する」と話した。岡山市の村手聡副市長は「主張が認められなかったことは大変残念。判決を読んでしかるべき対応を決める」とした。(2009/09/17-18:40)

373 チバQ :2009/09/18(金) 12:24:30
乱立模様
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200909180091.html
県知事選に川元氏が出馬表明 '09/9/18

--------------------------------------------------------------------------------


 任期満了に伴う広島県知事選(10月22日告示、11月8日投開票)に、学習塾経営の川元康裕氏(41)=広島市安佐南区=が17日、無所属で立候補すると表明した。知事選への立候補表明は4人目。

 中区で記者会見した川元氏は「塾で子どもに接し、『経済格差イコール教育格差』を身に染みて感じている。最終的な目標は教育の無償化。経済や雇用などの問題と優先順位をつけながら進める」と述べた。政党には推薦申請をしない意向を示した。

 川元氏は宮崎県日南市出身。九州大教育学部を卒業後、会社員や学習塾講師などを経て、2006年から安佐南区で学習塾を経営。現在は広島市を中心に、東広島市や福岡県でも教室を展開している。

 これまでに知事選には、広島県立大名誉教授で経営コンサルタントの若井具宜(ともぎ)氏(61)=東区▽元通産官僚で経営コンサルタントの湯崎英彦氏(43)=西区▽県議の柴崎美智子氏(54)=西区=の3人が、いずれも無所属での立候補を表明している。

374 チバQ :2009/09/18(金) 18:21:03
香川
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagawa/news/20090917-OYT8T01193.htm
知事選 民、社、連合統一候補へ
 鳩山連立内閣が発足し、民主、社民両党県連と連合香川は17日、高松市内で政策協議会の初会合を開き、来夏に予定されている知事選で、独自の統一候補擁立を目指すことで一致した。今後は2〜3か月に1回の割合で会合を開く予定で、次回は11月9日。

 村上豊・民主党県連幹事長、山崎数則・社民党県連幹事長、豊永幸一・連合香川事務局長が顔をそろえ、各組織から政策担当者が1人ずつ出席した。

 会合は非公開で、豊永事務局長らによると、知事選を巡っては「3者で打ち出す政策にのってもらえる候補者が必要」との意見で一致。今後、人選方法など具体的な協議を進めていくという。

 さらに、2011年の統一地方選で行われる県議選については、自民党系候補が独占する選挙区を中心に、両党が協力して候補者を立てていく方針を確認。子育て支援、医療・介護、雇用など生活に密着した6分野で政策合意を目指し、県と各市町議会での議案対応に反映させるとしている。

(2009年9月18日 読売新聞)

375 チバQ :2009/09/18(金) 18:21:42
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200909180094.html
広島県知事選、与野党対決か '09/9/18

--------------------------------------------------------------------------------

 自民党広島県連は17日、広島市中区で役員会を開き、知事選(10月22日告示、11月8日投開票)に独自候補を擁立する方針を確認した。民主党県連も独自の推薦候補の擁立を進めており、与野党対決の可能性が出てきた。ただ、衆院選大敗や県議会での自民党系会派の分裂を背景に、自民党県連の候補者選びが進むかどうかは流動的な要素も残している。

 役員会には、県議と広島市議の16人が出席した。終了後、奥原信也幹事長は知事選の対応について「党勢拡大と、県議会の3分の2を自民党系が占める現状を踏まえ、候補者を擁立する方向で努力したい」と説明した。

 候補者の選定作業は、常設の選挙対策委員会(委員長・溝手顕正会長)が担う。選対委は溝手会長のほか、林正夫議長、桧山俊宏元議長、奥原幹事長たち6人で構成する。月内をめどに方向性を示す、としている。

 知事選をめぐっては、民主党広島県連が「自民党との相乗り候補は避ける」との方針の下、独自の推薦候補の擁立作業に入った。与党の民主党と、野党第1党の自民党が地方選で全面対決する可能性も浮上する。

 ただ、奥原幹事長はこの日、「広く各政党の支援を受ける候補者を選ぶかもしれない。どうなるか分からない」とも語った。

 民主党との対決姿勢を鮮明にしない背景には、衆院選大敗の影響で、自民党の支持団体などに「主戦論」が少ない実情がある。さらに、県議会(定数66、欠員2)で自民党系会派が4分裂している状況も一因とみられる。

376 名無しさん :2009/09/19(土) 18:05:35
地方の組合は相乗りや現状維持が好きだな。

http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20090919ddlk34010556000c.html

選挙:知事選 対応、合意せず−−連合、民主県連など連絡会議 /広島
 11月8日投開票の知事選に向け、連合広島と民主党県連、県議会の民主系会派「民主県政会」の幹部らによる連絡会議の初会合が18日、南区で開かれた。それぞれの立場や経緯を説明し、意見を交わし合ったが、知事選対応への合意点は見いだせなかった。

 会議は、非公開で、連合広島からは伊丹幸男会長ら3人、民主党県連からは佐藤公治代表ら4人、民主県政会からは、芝清会長ら2人の計9人が出席した。民主党県連は独自候補を擁立するという立場を説明。一方で、民主県政会は、県議会で自民党の2会派と歩調を合わせてきた事情を説明、連合広島も県議会での現体制維持を望んだという。【加藤小夜】

毎日新聞 2009年9月19日 地方版

377 チバQ :2009/09/22(火) 23:13:31
>>84>>90>>122とか
http://mytown.asahi.com/ehime/news.php?k_id=39000000909220002
今治市、港再開発全面見直し
2009年09月22日




今治市は今治港周辺の再開発計画「みなと再生事業」を全面的に見直すことを決め、空洞化が進む市街地中心部全体の活性化をめざす政策へ転換した。経済環境の悪化もあり、菅良二市長は「建物ありきの計画は改める」としている。(寺門充)


 開会中の9月定例市議会で市長は「事業の中核をなす海事ビジネスセンターの建設と運営への巨額投資は、現在と将来の市民に対し説明が難しい。立ち止まって、市民と何を優先すべきか再度議論を深めたい」と述べたうえで、「大きな鍵として市街地中心部の定住人口、交流人口を増やすことを考える」と強調した。
 市によると、港周辺だけでなく港から約0・7キロ離れたドンドビ交差点に面して立つ「今治大丸」(昨年末閉店)の空きビルや、同じく約1・2キロ離れたJR今治駅周辺を含めた中心部全体の活性化計画を立て、その中で港周辺の再開発も位置づけたい、としている。
 背景には、世界同時不況で昨年半ばまで活況を呈していた造船や海運の先行きも不透明となり、テナント需要が見込めなくなった。また、瀬戸内しまなみ海道をはじめ高速道通行料割引による影響で、関西と九州を結ぶ大型フェリーが6月以降、今治寄港をやめたことなど、環境の変化もある。
 市は月内にも中心部活性化プロジェクトチームを発足させ、10月中に今治商工会議所や商店街関係者らを交えた検討会議を立ち上げる。昨年7月スタートした市民参加の協議会「今治シビックプライドセンター(ICPC)」(石丸真智子代表、12人)については「方向性の見直しをメンバーと協議中」としている。
 海事ビジネスセンター建設などが盛り込まれ11年度に着工予定だった「みなと再生事業」は、67年に建った今治港湾ビルの建て替えを含む港周辺約3・5ヘクタールを再開発する。前市長当時に始まった計画で、14年度に一部完成をめざし、総事業費50億円を軸に検討が進んでいた。今年3月には公開コンペで「原広司+アトリエ・ファイ建築研究所」(東京)などでつくる「A・N・K共同企業体」が、「浮島」のように浮かぶ「海事ビジネスセンター」を建設するプランを提案し最優秀に選ばれた。同月末に同企業体と契約を締結した市側は「契約は継続することを先方に伝えた。今後、計画内容の方向転換について協議を進めていく」という。市長は「事業をストップさせるのではない。中心部ににぎわいを取り戻すのに何が大切か、やることの優先順位を決めたい」と話した。

378 チバQ :2009/09/22(火) 23:19:21
http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20090922ddlk34010303000c.html
選挙:知事選 告示まで1カ月、候補者選び混迷 連立維持望む県議も /広島
 ◇民主と自民の会派、手を組む「ねじれ」
 11月8日投開票の知事選告示(10月22日)まで1カ月となった。民主党が政権を取った衆院選後、全国で2番目の知事選。注目を集める中、民主党県連は独自候補を擁立する方針を決め、自民党県連も候補者の選考作業に入る。ただ、民主系の会派「民主県政会」と自民の最大会派「自民刷新会議」が手を組む「ねじれ」が起きている県議会。安定した連立関係の維持を望む県議も少なくなく、候補者選びは混迷している。【加藤小夜】

 「県民の皆さんに分かりやすく戦う必要がある」。18日にあった民主県政会、民主党県連、連合広島の幹部らの連絡会議。佐藤公治・県連代表は独自候補を擁立するという党の方針を説明した。

 一方、民主県政会の芝清会長は、自民刷新会議、自民党良政会との連立維持を念頭に「3会派の連携が保てる、民主、自民どちらにも偏らない候補者を立てたい」。連合広島も「県政与党にいることが重要だ」との考えから連立維持を望む意見を伝えた。会議では、それぞれの立場の違いが鮮明になった。

 背景には、国政と県政の大きなねじれがある。県議会(定数66)では、桧山俊宏元議長が影響力を持つ自民党議員会(15人)に反発した県議が同会を離れ、自民刷新会議(16人)を構成。同会が自民党良政会(1人)、民主県政会(14人)と手を組み、親知事の県政与党として議会運営を率いている。6月の副議長選で民主県政会の大曽根哲夫氏が選ばれたのも、協力関係の証しだ。自民刷新会議は県議の1人が「桧山氏の復権を阻止したい」と語るように、民主県政会との連立維持を望む。

   ◇

 自民党県連は17日の役員会で、候補擁立作業に入ることを決めた。ただ、奥原信也幹事長は、「(民主候補との全面対決は)ないかもしれない」と述べ、党の独自候補として擁立できるかまでは明言しなかった。ある幹部は「中央は、党の立て直しを図るどころか、ごたごたしている。自民党色を出しても負けるだけ」と漏らす。他方で、自民党議員会の県議は「民主系の会派と組むのはおかしい。県民不在だ」と言う。

 衆院選では、県内でも地殻変動が起きた。民主県連は党本部から独自候補擁立を突き付けられる一方、民主県政会の一部の県議には自民刷新会議との蜜月を続けたいとの思惑が働く。自民は、県議会で多数を占めながら内部分裂によって一枚岩になれずもがく。その中で、県民は藤田雄山知事の後援会の政治資金問題から県政に不信を抱いており、候補者擁立に注視している。

   ◇

 知事選には、これまでに県立広島大名誉教授で経営コンサルタントの若井具宜氏(61)▽元通産官僚で経営コンサルタントの湯崎英彦氏(43)▽民主党に離党届を出した県議の柴崎美智子氏(54)▽学習塾経営の川元康裕氏(41)の無所属新人4人が立候補を表明。共産党も独自候補の擁立を目指している。

379 チバQ :2009/09/22(火) 23:20:09
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200909220053.html
広島知事選、党対応定まらず '09/9/22

--------------------------------------------------------------------------------

 任期満了に伴う広島県知事選(11月8日投開票)は、10月22日の告示まで1カ月に迫った。これまでに無所属で4人が立候補を表明した。一方で16年ぶりのトップ交代に、各政党の対応が定まらない異例の事態になっている。民主、自民の二大政党は候補者を立てる方向だが、国政とはねじれた県議会の構図が絡んで擁立作業はずれ込んでいる。

 知事選にはこれまでに、広島県立大名誉教授で経営コンサルタントの若井具宜(ともぎ)氏(61)=広島市東区▽元通産官僚で経営コンサルタントの湯崎英彦氏(43)=西区▽広島県議の柴崎美智子氏(54)=西区▽学習塾経営の川元康裕氏(41)=安佐南区―が立候補を表明している。

 ほかに共産党県委員会が市民団体と擁立を目指す。ただ、民主、自民両党や県議会が擁立した立候補予定者はまだいない。

 18日、広島市中区であった県議会の大曽根哲夫副議長の就任激励会。引退表明している藤田雄山知事はあいさつで、「われわれは第一義的には県民党。林正夫議長とも相談いただき『いい候補者を』と願ってやまない」と知事選に言及した。

 大曽根氏は民主党系県議でつくる民主県政会(14人)の所属。同会派からの副議長選出は、林氏が属する最大会派・自民刷新会議(16人)と連携して議会運営を主導する「大連立」の象徴である。

 知事の発言には、背景がある。12年間にわたる桧山俊宏元議長体制を崩した6年前の「政変」を機に、県議会の勢力図は一変した。桧山氏が事実上率いた自民党議員会は分裂。「大連立」が生まれ、藤田知事との協調路線をとってきた。

 一方、政権交代が決まった8月30日投開票の衆院選。鳩山政権下での都道府県知事選は、宮城県知事選(10月25日投開票)に次いで広島県知事選が二番目になる。衆院選大勝を受けた民主党県連は13日、独自の推薦候補を擁立する考えを示した。県連の佐藤公治代表は「自民党との相乗りを避けることが県民の期待」と強調する。

 対する自民党県連は17日の役員会で、独自候補擁立の方針を確認した。「候補者を立てられないなら自民党は終わりだ」。複数の県議が水面下で動く。

 ただ、両党とも候補者を絞り込むピッチは上がらない。

380 チバQ :2009/09/23(水) 10:54:55
>>366>>370
http://www.nnn.co.jp/tokusyu/konmeikurayosi/090919.html
混迷!倉吉市 突然の市長辞職が問うもの


 倉吉市の長谷川稔市長が18日、任期を残り約7カ月残して突然辞職した。「新斎場問題を前進させたい」との理由だが、辞職までして市民に問うものとは一体何なのか。新斎場問題の背景とともに探る。



2009/09/19の紙面より
【上】 斎場問題の経緯

地元対応で大きな亀裂 土地返還訴訟に発展


 倉吉市長の長谷川稔は18日、鳥取中部ふるさと広域連合で最後の任を終えた。連合長でもある長谷川が市長辞職の理由としたのが、同広域連合が計画している新斎場の建設問題。だが、市長辞職でさらに新たな混迷へ向かうことになる。
候補地決定に驚き
 建設から半世紀以上経過した現在の摩瑠山斎場(倉吉市馬場町)の老朽化は、同広域連合の長年の懸案事項だった。当初は現斎場の建て替えで計画が進められ、設計図までできていたが、地元の反対などで用地取得のめどが立たず、計画は突如頓挫した。

 このため、連合長の長谷川は斎場建設候補地を公募する意向を打ち出す。市は応募のあった2地区に、地元合意のない倉吉市灘手地区の原石山跡地を加えた3案を2006年2月に広域連合に提出。同年6月に原石山跡地が候補地に選ばれた。

 驚いたのは地元の谷地区住民。問題の土地は、地権者が市に寄付した後、地元と市教委などで多目的スポーツ広場建設の検討を進めていた。住民は「市にだまされた」との思いを抱き、反対期成同盟会を結成した。

 地元への説明は長谷川自らが前面に立ったが、その対応が大きな亀裂を生んだ。
市への不信頂点に
 長谷川は2006年8月、最初の地元説明で「環境影響調査を含めて強行はしない」と明言。しかし、実際は地元合意のないまますでに環境影響調査は終了、市は設計にも着手していた。

 さらに、地元住民は「こちらが回答を求めた時以外で、市から自主的なアクションはなかった」と市の対応に不満を漏らす。

 谷地区住民の不信が頂点となったのは08年3月の協議。5時間以上にわたる協議の末、「理解が得られなくても建設を進めるのか」と詰め寄る住民に対し、長谷川は「理解を得る努力をしていく」としながらも「場所を変える考えはない。建設を進めさせてほしい」と告げた。両者の歩み寄りの望みは断たれ、元地権者が土地返還を求める訴訟に至った。

 訴訟の判決言い渡しは11日にあり、市がスポーツ広場建設を約束した経過は認める一方、斎場の併設も認め、元地権者の訴えは退けられた。

 候補地所有の正当性を認められた市は、これを契機に住民への説得交渉をあらためて本格化させるものと見られていた。
   (文中敬称略)

381 チバQ :2009/09/23(水) 10:55:28
http://www.nnn.co.jp/tokusyu/konmeikurayosi/090920.html
2009/09/20の紙面より
【中】 募る不信感

「地元の反対だしに」 戸惑う原告、選挙に疑問も

新斎場建設予定地の谷地区住民の訴えを聞く長谷川前市長=2007年11月16日、倉吉市役所
 鳥取中部ふるさと広域連合が計画している新斎場建設予定地の土地所有権をめぐる訴訟で、鳥取地裁は11日、原告の請求を棄却し、市の土地所有の正当性を認めた。原告はすぐに控訴を決めた。
奇策に戸惑い
 判決が出た翌12日夜、建設予定地の同市谷で開かれた判決報告会。話はその前の9月定例市議会に及んだ。前市長の長谷川稔が斎場建設に対する地元補償を「行えない」と発言したことに対し、住民から「地元が要求しているようだ」と非難が噴出。「判決を追い風に一気に動く可能性がある」「地元の理解を得られなくても進めるかもしれない」と今後の動きを警戒する意見も相次いだ。

 判決を受け、広域連合長でもある長谷川に求められたのは、誠意ある対応を重ね、反対姿勢を取る地元の理解を得ることだった。しかし、長谷川は突然、市長職を辞職。斎場建設の「民意を問う」と、出直し市長選に出馬するという“奇策”に打って出た。

 これには「裁判で市は勝ったのになぜ」と原告も戸惑いの表情を見せた。原告の一人は「問題から逃げている。地元の反対が、だしにされたようだ」と批判し、不信感はさらに強まった。
斎場建設は民意
 「斎場問題を一歩でも前進させたい」と辞職の理由を語った長谷川は、選挙で何を問うのか。長谷川がしばしば、新斎場を「中部地区住民が待望している」と口にしているように、民意は長谷川と同じく「斎場の建設は必要」に向いている。

 建設予定地周辺の倉吉市灘手地区でも、建設推進派グループが「市長あて」に「建設支持」の要望書を17日に提出している。市を二分するまでの議論に至っていない新斎場問題で、選挙を行う必要はないはず。建設場所の問題だけで民意を問うなら「住民投票でよかったのでは」という声もある。

 広域連合の副連合長でもある三朝町長の吉田秀光は「公共事業、特に斎場は、力で強引に完成させる施設ではない。県中部の住民の思いとして慎重に進めるべき。一地域の住民を力でねじ伏せることは好ましくない」と指摘。長谷川の突然の辞職について「広域連合で進めてきた事業なのに、相談もなかったことは遺憾に思う」と苦言を呈した。

 一方、残りわずか7カ月の任期での突然の辞職は、来春の市長選をにらんだものとの憶測も呼んだ。

   (文中敬称略)

382 チバQ :2009/09/23(水) 10:55:57
http://www.nnn.co.jp/tokusyu/konmeikurayosi/090921.html
【下】 辞職の真意は?

斎場問題「かくれみの」 対立候補封じか


 任期満了を約7カ月後に控えての市長辞職に揺れた倉吉市。市民の間では「合点がいかない」などと戸惑いと疑問が交錯する。

 「斎場問題を『かくれみの』に来春の市長選をにらんだ辞職だったのではないか」、辞職表明のタイミングも「対立候補封じではないか」。その“真意”をめぐってさまざまな憶測が流れている。
対立候補動けず
 8月中旬ごろから、来春の市長選の対立候補擁立の動きが目立ち始め、具体的な名前も挙がっていた。早ければ、市議選(10月4日投開票)後に何らかの動きがあるものとみられていた。

 しかし、今回の辞職で、選挙までの期間が50日以内に限られ、“出馬表明”のタイミングは失われた。

 候補擁立に向けて動いていた一人は「出直し選まで時間がない。今回は見送るかもしれない」と様子見の状況でいる。

 ある市議は「一連の動きが3期目のためだとすると、斎場問題を自身の保身に利用したことになる」と批判。別の市議は「会う人会う人、話題は市長選のことばかり」と市議選への影響を懸念する。

 長谷川は出直し市長選への出馬も表明している。水面下で対立候補擁立の動きはあるが、体制が整わないで出馬を見送り、無投票となる可能性も考えられる。その場合、斎場問題の「民意」が問えたことになるのか、出直し選そのものの意味が問われる。
市政の課題は山積
 また、市長選の費用は約2〜3千万円掛かる。対立候補が勝てば、次の市長選は4年後だが、長谷川が勝てば来春にもう一度市長選が行われ、多額の税金が短期間に投入される。市議の一人は「『無駄遣い』という声が圧倒的」と市民の声を代弁する。

 「斎場問題前進のため」が理由の市長辞職。しかし、市が重点課題としている「若者定住の促進」、市が中心市宣言をし、県中部地区の1市4町の発展を目指す「定住自立圏構想」の実現など、倉吉市は斎場問題以外にも多くの課題を抱えている。景気低迷の影響で停滞する市の経済回復にも、早急に取り組まなければならない。

 さらに、市役所内では、ワンマンぶりを強める長谷川に職員が振り回される姿も目立つようになっていた。急遽(きょ)決めた、3月の定額給付金現金支給は長谷川独自の判断で、現場は大混乱に陥った。ある職員は「ぎくしゃくしていた関係が現場レベルまで確定的に冷え込んだ」と振り返る。

 長谷川は「市長の対応のあり方に不満や納得のいかない面があった」とこれまでの対応の経過が、斎場問題をこじらせた原因の一つと認識する。にもかかわらず、地元住民との対話の場を持つことなく、出直し選で民意を問う道を選んだ。選挙では、斎場問題だけでなく、長谷川の政治姿勢や行政運営の手法に対する「民意」も問われそうだ。

   (文中敬称略)

383 とはずがたり :2009/09/23(水) 12:16:09
>>380-382
なかなか豪腕ですねー。
旧社会党出身みたいだけど国政政治家だとどんなタイプなんにゃろか??

二大政党化を疑問視 倉吉市長
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1041771016/37
 市議時代に旧社会党に所属していた長谷川市長はかつての中選挙区支持者。現在の小選挙区制は「政治の活力が失われる」「二大政党に収斂(しゅうれん)されるのは、多様化する国民意識になじまない」と今も批判的だ。

年金着服 舛添厚労相と自治体が対立 総務相は困惑
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1038805069/1409
 舛添氏と自治体の関係が冷え込むきっかけとなったのは、9月29日の発言。社保庁職員による保険料着服が52件、約1億6939万円なのに対し、市区町村職員らによるものが101件、約2億4383万円だったことを踏まえ、舛添氏は「社会保険庁は信用ならない。市町村はもっと信用ならない」と記者団に語った。もともとは、社保庁窓口で保険料を払う仕組みをやめる着服防止策を説明する中で飛び出した発言だった。
 これに鳥取県倉吉市の長谷川稔市長が「鳥取県では(着服は)1件もない」と訂正を求める抗議文を送り

384 チバQ :2009/09/23(水) 19:07:32
2002年3月31日
◇倉吉市長選(鳥取県)開票結果 投票率73.38%
  当16342 長谷川稔(無新、55歳、初当選)
    11820 早川芳忠(無現、自・民推薦、64歳)

http://www.47news.jp/CN/200205/CN2002051101000383.html
倉吉市議会議長を逮捕 市長選で取りまとめ依頼
 3月の鳥取県倉吉市長選で早川芳忠前市長(64)=落選=への票の取りまとめなどを市議に依頼し、報酬として現金数万円を渡そうとしたとして、鳥取県警捜査2課と倉吉署は11日、公選法違反(供与申し込み)の疑いで、倉吉市議会議長、松井良孝容疑者(66)=倉吉市清谷607ノ1=を逮捕した。  松井容疑者は容疑を認め、「他に数名の市議にも渡した。個人的にやった」と供述しているという。調べでは、松井容疑者は市長選前の3月中旬、倉吉市役所で早川前市長への票の取りまとめなどを倉吉市議2人に依頼し、現金数万円入りの封筒を渡すことを申し入れた疑い。市議は「現金が入っていたのですぐに返した」と話しているという。  松井容疑者は、1985年9月に倉吉市議に初当選し現在5期目。昨年10月から同市議会議長を務めている。
2002/05/11 16:28 【共同通信】

385 チバQ :2009/09/25(金) 21:18:15
http://mainichi.jp/area/tottori/news/20090925ddlk31010599000c.html
選挙:倉吉市長選 出直し選、川部市議が出馬表明 /鳥取
 斎場建設で民意を問うとして長谷川稔前市長が辞職したことに伴う出直し倉吉市長選(10月25日告示、11月1日投開票)で、川部洋市議(44)が24日、立候補を表明した。長谷川前市長も立候補を表明している。

 市役所で会見した川部氏は「斎場は選挙という形で白黒をつけ、民意を問う問題ではない。市政の課題はほかにもたくさんある」と述べ、長谷川前市長の辞任を批判。

 立候補を決意した理由について「人が変わることでもう一度、テーブルにつける。地権者や住民といろいろな可能性を視野に入れて話し合い、早急に決着をつけたい」と話した。

 川部氏は02年7月の補欠選挙で市議に初当選し、2期目。【武内彩】

386 名無しさん :2009/09/26(土) 12:15:59
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20090926/news20090926198.html

民主県連 代表に加藤氏起用へ
 民主党県連(代表・土居一豊県議)は衆院選を受け、次期代表に代表代行の加藤敏幸参院議員(60)=比例=を起用する方針を固めた。10月3日、松山市で開く県連臨時党大会で正式に選出。新体制下、2010年参院選や次期知事選の候補擁立などを進める。
 土居氏は取材に「政権交代を果たせた。県連代表も国会議員が良い」と述べた。
 衆院選初当選の白石洋一氏(46)=愛媛3区、永江孝子(49)、高橋英行(37)両氏=比例四国=は選挙前に就いていた副代表などへの復帰が有力で、新体制確立を急ぐ。
 加藤氏は新居浜市出身。連合労働政策局長などを経て、2004年参院選で初当選。05年2月から民主県連顧問、土居氏の衆院選愛媛4区専念に伴い08年4月から新設の代表代行。ことし5月には兵庫県連から愛媛県連に移籍した。

387 名無しさん :2009/09/27(日) 12:04:51
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20090926ddlk32010588000c.html

益田市副市長:残暑見舞い問題 市長、減給案を取り下げ /島根
 ◇市議会決議、懲戒審査委求める
 益田市の椋木和雄副市長(62)が衆院選投票日前に、特定の政党を支持しないよう求める残暑見舞いを市幹部職員に送っていたのは公職選挙法違反に当たるとして民主党県連が椋木副市長を県警に告発したことに絡み、福原慎太郎市長は25日、「状況の変化を見守りたい」として、提案予定だった市長と副市長の給与カットのための条例改正案を取り下げた。一方、市議会は同日、副市長の処分を求め、第三者による懲戒審査委員会設置を求める決議案を提出し、賛成多数で可決した。【上村里花】

 福原市長は「市政を混乱させた」などとして、副市長を減給25%、自らも任命責任があるとして減給20%を各1カ月間とする条例改正案をこの日の9月定例会最終日本会議に提案予定だった。

 一方、市議会からは「司法判断とは別に議会や市民に対し、道義的責任を取る必要がある」などの意見が出て、山根哲朗議員(市民クラブ)が、懲戒審査委員会の設置を市長に求める決議案を提出。起立採決した結果、賛成多数で可決した。

 決議には拘束力はなく、委員会を設置するかどうかの判断も市長に委ねられる内容で、議会終了後、会見した福原市長は「現時点ではどうするとも言えない。委員会の設置も含め、状況の変化を見守りながら責任の取り方を検討したい」と答えるにとどめた。

 また、椋木副市長は「決議は厳粛に受け止めている」としたが、自らの進退については「(副市長不在による)市政の混乱を招く形で辞めるわけにはいかない」などと語った。

388 チバQ :2009/09/27(日) 15:52:34
>>330-331
http://mainichi.jp/area/tottori/news/20090927ddlk31010335000c.html
選挙:鳥取市長選 民主党、候補者擁立へ 人選済み、来月公表予定 /鳥取
 民主党県連代表の川上義博・参院議員は26日に開かれた常任幹事会終了後、来春の鳥取市長選について、現職の竹内功市長の対抗馬として県連が推す候補者を擁立する意向を表明した。

 候補者はすでに決まっており、本人の意思確認など最終段階に入っているという。来月の常任幹事会で報告し、公表する。【宇多川はるか】

389 チバQ :2009/09/27(日) 15:55:03
http://www.nnn.co.jp/news/090927/20090927021.html
倉吉市長選 副市長も出馬へ 三つどもえの公算
2009年09月27日

 前市長の辞職に伴う鳥取県の倉吉市長選挙に、同市の増井寿雄副市長(62)=同市上井町2丁目=が出馬の意向を固めたことが26日、分かった。同選挙には、すでに前市長の長谷川稔氏(62)=同市小田=と、同市議の川部洋氏(44)=同市みどり町=が立候補を表明しており、三つどもえの激しい選挙戦となる公算が大きい。


 増井副市長は、本紙の取材に対し「長谷川市政の継続では、斎場をはじめとする課題の解決は図れないと判断した。真の市民対話による市民主体のまちづくりと、中部圏域の活性化へ倉吉の役割を果たすために決断した」と話している。

 28日に同日付の辞職願を提出する予定。前市長の辞職に伴う職務代理者を務めているが、増井副市長は「辞職で市政に混乱のないよう、万全を期したい」としている。

 増井副市長は、法政大学社会学部卒。1971年に倉吉市職員となり、農林課長や市民課長を経て、生活環境部長、建設部長を歴任。2007年12月から副市長を務めている。

 同市長選は、10月25日告示、11月1日投開票。

390 チバQ :2009/09/27(日) 16:04:33
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200909270070.html
民主、知事選に独自候補を '09/9/27

--------------------------------------------------------------------------------

 民主党広島県連は26日、広島市南区で幹事会を開き、広島県知事選(10月22日告示、11月8日投開票)の対応を協議した。あらためて独自に候補を擁立する方針を確認。月内にも開く県議会会派の民主県政会、連合広島との3者協議に、具体名を提案できるよう努力することで一致した。

 25日の3者協議では、民主県政会と連合広島の意向で、既に立候補表明している4人のうち、民主県政会を退会した県議を除く3人を推薦や支援の選考対象とすることで合意したばかり。政権交代を果たし、知事選でも主導権を握りたい民主党の県連と、県議会で自民党系会派と「大連立」を組む民主県政会の思惑の違いが一層、鮮明になった。

 この日の幹事会には19人が出席。衆参の国会議員8人を中心に「3人だけでは選択肢が狭い。独自に推薦できる候補の擁立に努力すべきだ」との意見が強く出され、3者協議に具体名を提示することを確認したという。立候補要請を検討している数人の名前も挙がったとみられる。

 幹事会後、県連の佐藤公治代表は「時間は限られるが、候補者の擁立に全力で努力する」と強調した。

391 チバQ :2009/09/27(日) 16:25:44
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20090927-OYO1T00413.htm?from=main2
予算やダム見直しに不満の声…民主鳥取県連常任幹事会で市町議ら
 民主党県連は26日、衆院選後初めての常任幹事会を倉吉市内で開いた。補正予算やダム事業の見直しを急ぐ政府の動きについて「何を無駄な予算とするかの情報が不足しており、自治体の不安をあおってしまっている」「地域課題を政策に反映させる仕組みがないままでは、地方の声が抜け落ちてしまう」などの指摘が地方議員から続出。参院議員の川上義博代表は「無駄なものを今、精査している段階。地方の声が反映されるよう(政府と)議論する」と釈明に追われた。

 県連常任幹事を務める県議、市議ら約20人が出席。口火を切ったのは、長坂則翁・鳥取市議。「八ッ場(やんば)ダム(群馬県)の建設中止が問題になっているが、鳥取市の殿ダムはどうなる。7割が完成しており、地元の思いをくんでほしい」と訴えた。

 他の市町議からも「補正予算の執行停止で緊急雇用対策がどうなるのか、役場は困惑している」「『無駄を切る』との言葉が悪用され、自民党にネガティブキャンペーンを張られている。何を基準に見直すかが分からないからだ」と不満の声が相次いだ。

 これに対し、川上代表は高速道路整備を例に挙げ「整備が遅れている他県の選出議員と議員連盟を結成し、早期のネットワーク化を働きかける。いずれは大臣と大げんかしなければならない時も来る」と述べ、地方への配慮を政府に求めていく考えを強調した。

 補正予算の見直しを巡っては、全国各地の地方議会で反対の意見書採択などが相次ぎ、県内でも境港市議会が25日、国に執行を求める意見書を可決した。

 地方に不安が広がっている現状に、福間裕隆・県連幹事長は「政権交代が実現したのに、地方の事情を振りかざし、自民党などと一緒に(見直しに)反対するのはどうか」としたうえで「住民の意見を政策に反映させる全国共通の仕組みが必要だ」と述べた。

 川上県連代表は幹事会終了後の記者会見で「党本部に地方の意見を聞く機関を設けることを提案する」と話し、29日にも小沢幹事長に直接申し入れるとした。

(2009年9月27日 読売新聞)

392 名無しさん :2009/09/29(火) 19:35:18
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200909290073.html

県議と県連 思惑にずれ '09/9/29

--------------------------------------------------------------------------------

 広島県知事選に向けた民主党の候補者擁立が依然、先行き不透明だ。背景には、県民からは見えにくい県議会の内情がある。

 擁立の中心になっているのは、国会議員を中心にした民主党県連、県議会会派の民主県政会、党支持団体の連合広島の3者。

 政権交代を果たし、知事選でも主導権を握りたい党県連だが、県議会で自民党系会派との「大連立」を組む民主県政会との思惑がすれ違う。その民主県政会を後押ししているのが、連合広島である。

 自民党系会派の分裂を背景に、民主県政会は、最大会派の自民刷新会議と県議会で連携し、藤田雄山知事との協調路線をとる。

 連合広島は、民主県政会が「知事与党」の立場を得てきたことで「県への政策要求で前進があった」(幹部)という。迫る知事選の候補者選びでも大連立の枠組みを尊重することが「県政への政策要求を安定的に実現する道」との認識は強い。

 これに対し、小沢一郎幹事長に近い党県連の佐藤公治代表(参院広島)が巻き返しを図っている。「衆院選の結果を受け県民の方を向いて考えるべきだ」。佐藤代表はこの日、独自の候補者擁立にこだわる「大義」を前面に出した。

 知事選では、藤田知事の後援会政治資金不正事件を教訓にした県政への信頼回復が、大きな課題となる。藤田知事を支える「議会の論理」を優先することには、民主県政会内にも「県民感覚から離れていないか」と懸念の声がある。

 県民が求める新たなリーダー像とは―。今こそ原点に立ち返った候補者の選考が求められる。(城戸収)

393 名無しさん :2009/09/29(火) 20:06:36
神戸市長選「二の舞ごめん」、堺市政変で苦肉の相乗り隠し
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1224522282/431

>堺市長選の結果は、告示まで1か月を切った広島県知事選にも影を落とす。民主党は、独自候補擁立を
>探る県連と自民との相乗りを模索する県議の路線対立が続く。県連代表の佐藤公治参院議員は28日、
>「県議会の理屈と県民の考えが乖離(かいり)しているなら、分かりやすい政治のあり方を考えるべきだ」と
>相乗り脱皮を訴えた。

394 チバQ :2009/09/29(火) 21:49:30
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200909290058.html
知事候補に県議2氏 民主 '09/9/29

--------------------------------------------------------------------------------


 民主党広島県連は28日、任期満了に伴う広島県知事選(10月22日告示、11月8日投開票)に擁立する推薦候補について、党県連幹事長の宮政利県議(51)=呉市=と、党県連副幹事長の中原好治県議(46)=広島市南区=の両氏に絞り込んだ。同党県議が所属する広島県議会会派の民主県政会、連合広島との3者協議に近く提案する。

 一方で宮、中原両氏が属する県議会の民主県政会は、党支持団体の連合広島と連携。県議会で「大連立」を組む自民党系会派の自民刷新会議と歩調を合わせた候補者選びを模索しており、意思統一できるかは流動的だ。

 県連の佐藤公治代表は、県議2人を選んだ理由を「民主党の理念や政策を理解しており、政権を獲得した国と協力して地方分権を進められる。県政や県議会の状況を分かっている」と語った。

 両氏は、26日の県連幹事会で出席者から推す声が挙がり、県連が立候補の意思を最終確認した。佐藤氏は並列での提案について「2人とも適任で優劣をつけがたい」と説明。両氏はともに「光栄だ」と話している。

 宮氏は呉市職員、呉市議を経て1999年に党公認で県議選に初当選し、現在3期目。中原氏は広島市議を経て99年、無所属で県議選に初当選し、現在3期目。

 今回、民主県政会の県議を擁立する方針を示したことについて、佐藤氏は「他会派との連携は否定しないが、政治的に大きな転換期に来ている。国民に分かりやすい形にしたい」と力を込めた。

395 チバQ :2009/09/29(火) 21:50:29
山口
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200909290023.html
県議会で民主と自公が火花 '09/9/29

--------------------------------------------------------------------------------


 山口県議会は28日、本会議を開き、3会派による代表質問をした。衆院選で政権交代が実現して以来、初の代表質問で、民主党系会派と自民、公明両党の会派が新政権をめぐって火花を散らした。自民党は、国政で下野した一方、県議会では過半数を握る「県政与党」の立場を強調。国政と県政とのねじれを反映した論戦となった。

 所属県議が4人以上の会派に認められる代表質問。議席数に応じ(1)自民党(2)民主党系の民主・連合の会(3)公明党―の順で登壇した。

 自民党の松永卓県議は冒頭に「非常に厳しい結果」と衆院選大敗に言及しつつも「県内4選挙区のうち3選挙区で圧倒的な勝利を収めた」とアピール。県政与党として二井知事を支える立場もあらためて宣言した。民主党が、景気対策を盛り込んだ国補正予算の執行停止を表明した点には「景気回復の兆しを失わせ雇用情勢のさらなる悪化を招きかねない」と批判を強めた。


 一方、民主・連合の会の西嶋裕作県議は「国民が自らの手で政権を代えた歴史的選挙」と切り出し、県内の比例票で自民党を上回った点を強調。補正予算の執行停止については「総選挙では国民の多くが政権交代を望んだ。これまでと異なる政策になるのは当然」と切り返した。

 公明党の上岡康彦県議は自民党と歩調を合わせ「民主党中心の政権の動向に景気失速を懸念する声が出始めている」とけん制した。

396 チバQ :2009/09/29(火) 21:55:08
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tottori/news/20090928-OYT8T01111.htm
鳥取市長選動き加速
早川氏無所属で 民主、独自候補擁立へ

 来春の鳥取市長選に向けた動きが活発化してきた。2005年の衆院選で鳥取1区から出馬した新人の行政書士早川周作氏(32)(東京都)が無所属で立候補する意向を明らかにし、民主党も独自候補の擁立を目指す姿勢を鮮明に。そのほかにも擁立を模索する動きがあり、現職と共産党推薦候補との一騎打ちだった06年の前回とは一転、市の将来像を巡って多様な候補が政策論を戦わせる激戦となりそうだ。

 読売新聞の取材に出馬の意欲を示した早川氏は、出馬の動機について「鳥取は経済が発展せず、人口も減っているのに、活性化に向けた市の支援がない。大企業だけでなく新興企業を呼び込み、中小企業への支援も充実させる。市の活性化に身を削りたい」と強調した。

 現在の市政には「竹内功市長は官僚出身で経済を発展させるノウハウがなく、国から予算を取るという発想の域を出ていない」と述べ、「新しい風を求める若手経済人らの期待に応えていきたい」としている。

 早川氏は秋田市出身で、明治大卒。民主党の衆院議員秘書を経て、05年の衆院選に同党公認で立候補し、石破茂・前農相に敗れた。その後もいったんは同区の立候補予定者として政治活動を続けていたが、起業支援などを行う行政書士事務所の経営に専念するとして07年8月に取りやめた。

 一方、民主党県連の川上義博代表は、26日の常任幹事会後の記者会見で「政権与党として、県都の首長選に深くかかわっていく。新たな候補を立てる」と明言。既に意中の人物と接触しているとしたうえで「市政継続がいいのか悪いのか、有権者に選択肢を示す。10月の常任幹事会には提案したい」と述べた。

 このほか共産党も、市民団体とともに擁立を検討。県議にも出馬を模索する動きが出ている。

 一方、既に3選出馬を表明している竹内市長は「誰が出るかにかかわらず、企業誘致や高速道路の整備を進めた2期8年間の実績を訴えるだけだ」と話している。

(2009年9月29日 読売新聞)

397 名無しさん :2009/09/30(水) 09:37:01
http://www.nnn.co.jp/news/090929/20090929030.html

早川氏出馬の意向 鳥取市長選、無所属で
2009年09月29日

 元民主党鳥取県連副代表で行政書士の早川周作氏(32)=東京都中央区在住=が、任期満了に伴う来春の鳥取市長選に無所属で出馬する意思を固め、後援会などと調整していることが28日、分かった。同市長選には、すでに現職の竹内功市長(57)が出馬を表明しているほか、共産党も人選を進めており、選挙戦が確実となった。

 早川氏は本紙の取材に対し「保守地盤が強い鳥取では革新的な新しい目が必要。出馬への心は固まっている」と述べ、市財政や経済を立て直していく考えを強調。「明確に県外資本が引っ張れる政策を打ち出し、法人税、地方税を増やしたい」と話した。

 一方、民主党県連の川上義博代表は26日、同市長選について「民主党として深く関与する候補者をつくる」と人選を進めていることを明らかにしたが、早川氏は「この動きとはまったく関係なく自らの判断」と無所属で出馬する考えを示した。

 早川氏は明治大学法学部卒。1997年に都内の法律事務所に入り、2004年から行政事務所長。同年、民主党に入党し、羽田孜元首相の私設秘書を務めた。05年の衆院選鳥取1区に民主党公認候補で立候補し、現職に敗れた。

398 とはずがたり :2009/09/30(水) 12:02:43
>>396-397
なんと,懐かしい名前だけど未だ政治に未練があったんですね。07年参の頃迄頑張ってたみたいだが。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1089950050/1001
 早川氏は、東京都内で法律事務所の代表のほか複数の企業の役員を務める傍ら、国会議員秘書として政治活動を続け、同党の衆院選候補者の公募に応募していた。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1089950050/1080
 民主党は昨年の参院選で無名の移入候補、土屋正秀氏=静岡県出身=を擁立。自民党現職を相手に善戦し、民主党公認候補として初めて十一万票台を獲得。土屋氏は次期衆院選の候補者として期待された。
 その土屋氏が昨年末に県内での政治活動の断念を表明。同県連は国政選挙の有力候補に逃げられただけでなく、支援団体は落下傘候補へのアレルギーを強めた。
 その後、民主党は候補者選びで迷走。決定寸前までいった女性は自民党の他選挙区の候補者にくら替えし、石破氏との選挙に難色を示して断念した候補者もあったという。結局、再度声を掛けた土屋氏にも断られた(結局、今回の選挙で千葉11区で出馬)。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1068688996/1336
 省エネルックは、79年の第2次石油危機の際に通商産業省(当時)がPRして始まったがはやらず、羽田元首相だけが着続けてきた。
 羽田元首相の私設秘書の早川氏は「信念を曲げない政治家の証」との思いを込め、鳥取入りして以来、省エネルックで活動している。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1089893576/3410
 次回衆院選で鳥取1区から立候補予定の党県連の早川周作副代表は「自分の選挙のつもりで戦う」と全面的に支援。早川の支援者に川上を紹介したり、自身のポスター掲示板に川上のポスターを張らせるなどして東部での浸透を狙う。

未だ政治家に未練有るんなら小沢塾の変なの擁立するよりかわ,こういう民主党苦闘期の落下傘で苦労した候補者を名簿下位に誘ってみれば良かったのにねぇ。。
鳥取1区の前任者の土屋氏とか今回おにぎり王子が頑張った宮城某区の山条氏とか,後は参院選とかで野党統一候補で出た法雲氏・石積氏とか落選組みの樽井・秦知子その他大勢は今どこで何をしてるんでしょ?

それにしても落下傘の鳥取はもうこりごりって訳でも無かったんですね。

399 名無しさん :2009/10/01(木) 19:55:54
連合が推す候補を地方議員も支持し、相乗りを拒否する国会議員とぶつかる構図。
なんかこんなんばっかだな〜。

http://mytown.asahi.com/hiroshima/news.php?k_id=35000000910010003
県知選 民主なお決まらず
2009年10月01日

■連合・県政会は湯崎氏
 11月8日投開票の知事選に向け、民主党県連と県議会の民主系会派「民主県政会」、連合広島の3者連絡会が30日、広島市内で開かれた。県連の候補として名前が挙がっていた宮政利県議(51)はこの日、立候補を辞退。中原好治県議(46)と元通産省職員の湯崎英彦氏(43)の2人に絞られたが、中原氏を推す県連と、湯崎氏擁立を目指す県政会、連合広島が対立し、結論はまた持ち越された。
 県政会は同日午前の会派総会で県連に同調し、宮氏か中原氏を推す意見をまとめた。ところが昼になって連合広島から難色を示され、午後4時からの緊急総会で、湯崎氏擁立に方針転換した。
 県連は正午の幹事会で宮氏の辞退を了承。中原氏擁立で合意したが、県政会と連合広島が譲らなかった。連絡会後、県連代表の佐藤公治・参院議員は「引き続き中原氏で努力する。まずは県政会に理解を求めたい」と話した。
 一方、連合広島の国近匠事務局長は、県政会が連携する自民系会派「自民刷新会議」との関係を重視。「会派の態勢の維持には湯崎氏が望ましい。結論は覆らない」と突っぱねた。(鬼原民幸)

■自民独自候補「4日までに」
 自民党県連もこの日、選挙対策委員会を広島市内で開き、新たな独自候補を4日までに擁立すると決めた。会議後に会見した奥原信也・県連幹事長は民主党が候補者を先に擁立した場合の「相乗り」に否定的な見解を示した。
 奥原幹事長は「2日に再度委員会を開いて、委員に候補者を推薦してもらい、4日の委員会、役員会で了承を得たい」と話し、「自民が一本になって推せる人を擁立したい」と意欲をみせた。
 また、県議会の民主系会派「民主県政会」と自民系会派「自民刷新会議」が同一候補を推す可能性が取りざたされていることについて、「いかがなものか」との意見があったと披露。「民主党が推薦した候補をわれわれが推薦することは、私としては考えにくい」と述べた。(福家司)

http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20091001ddlk34010595000c.html
広島が変わる:09知事選 結論、また持ち越し−−民主3者連絡会議 /広島
 知事選に向けた民主党県連、県議会の民主系会派「民主県政会」、連合広島の幹部らによる3者連絡会議が30日、南区で開かれたが、この日も結論は出なかった。党県連は、推薦候補の2人の県議のうち、県連副幹事長の中原好治県議(46)=南区選出=に絞ったことを報告。連合広島は、県議会で民主系会派と知事与党を形成する自民系会派との連携維持などを理由に、元通産省官僚で経営コンサルタントの湯崎英彦氏(43)を推す考えを再度表明した。民主県政会は態度を保留し、議論は平行線をたどった。

 この日の3者会議を前に、3者は幹事会や総会を開催。県連は、県連幹事長の宮政利県議(51)が辞退し、中原県議に絞った。連合広島は、県議会の態勢維持と県議の出身産別労組から「時間がない」という意見が出ていることを理由に、湯崎氏に決めた。また、民主県政会は、午前の会合で県議を支援する方向でまとまりかけたものの、連合広島の推薦を得るのが難しいとの決定を受け、午後の会合で一転、結論を持ち越した。

 会議後、記者会見した党県連の佐藤公治代表は「向くべきところは県民で、候補擁立に向け努力していく」と話した。

 知事選には湯崎氏のほか、県立広島大名誉教授で経営コンサルタントの若井具宜氏(61)▽県議の柴崎美智子氏(54)▽学習塾経営の川元康裕氏(41)の3人が立候補を表明している。【加藤小夜】

400 名無しさん :2009/10/01(木) 19:57:34
>>399
関連古いニュース。

http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20090930ddlk34010662000c.html
広島が変わる:09知事選 3人に絞るも結論出ず−−民主3者連絡会議 /広島
 ◇きょう再会合
 11月8日投開票の知事選で、民主党県連、県議会の民主系会派「民主県政会」、連合広島の幹部らによる3者連絡会議が29日、南区で開かれた。民主党県連は、県連幹事長の宮政利県議(51)と同副幹事長の中原好治県議(46)を推薦候補として提案した一方、民主県政会と連合広島は、既に立候補表明している元通産省官僚で経営コンサルタントの湯崎英彦氏(43)を推したいとの意見を表明。3人に絞られたものの結論は出ず、30日に再度会合を開くこととなった。

 会議には11人が出席。民主党県連は「党として理念や政策を理解しており、県や県議会の歴史を良く知っている」などの理由で県議2人を推薦。民主県政会と連合広島は「これまで通り(自民刷新会議などとの)県議会の連携ができる」などとして、湯崎氏を推した。

 知事選には湯崎氏のほか、県立広島大名誉教授で経営コンサルタントの若井具宜氏(61)▽県議の柴崎美智子氏(54)▽学習塾経営の川元康裕氏(41)の3人が立候補を表明している。【加藤小夜】

http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20090929ddlk34010420000c.html
広島が変わる:09知事選 宮、中原両県議を推薦候補に−−民主県連 /広島
 ◇2人に絞る
 11月8日投開票の知事選で、民主党県連は28日、県連幹事長の宮政利県議(51)、同副幹事長の中原好治県議(46)を県連の推薦候補に決めたと発表した。29日に開かれる県議会の民主系会派「民主県政会」、連合広島との3者連絡会議に提案。既に立候補を表明している4人のうち、民主党を除籍処分となった県議を除く3人を加えた5人を候補者として、協議し合う。【加藤小夜】

 県連の佐藤公治代表は県庁で記者会見し、自薦、他薦を含む複数の中から2人に絞ったとした。県連が設けた検討委員会が27日に2人に確認したところ、知事選の候補者となる意思を表明したという。選考理由について佐藤代表は「党の理念や政策を理解しており、地方分権のリーダーとなることを理解し、志を持ち合わせている」ことや「県議会や県のことを分かっている」ことを挙げた。

 一方、今月中旬に開いた役員会で候補者擁立に向けて選考作業に入るとしていた自民党は、選対委員会の日程は未定。県連幹部は「今は様子見の状態だが、幅広く支援の得られそうな候補を選びたい」と話した。

 知事選には、県立広島大名誉教授で経営コンサルタントの若井具宜氏(61)▽元通産省官僚で経営コンサルタントの湯崎英彦氏(43)▽県議の柴崎美智子氏(54)▽学習塾経営の川元康裕氏(41)の4人が立候補を表明している。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200909290058.html
知事候補に県議2氏 民主 '09/9/29

--------------------------------------------------------------------------------


 民主党広島県連は28日、任期満了に伴う広島県知事選(10月22日告示、11月8日投開票)に擁立する推薦候補について、党県連幹事長の宮政利県議(51)=呉市=と、党県連副幹事長の中原好治県議(46)=広島市南区=の両氏に絞り込んだ。同党県議が所属する広島県議会会派の民主県政会、連合広島との3者協議に近く提案する。

 一方で宮、中原両氏が属する県議会の民主県政会は、党支持団体の連合広島と連携。県議会で「大連立」を組む自民党系会派の自民刷新会議と歩調を合わせた候補者選びを模索しており、意思統一できるかは流動的だ。

 県連の佐藤公治代表は、県議2人を選んだ理由を「民主党の理念や政策を理解しており、政権を獲得した国と協力して地方分権を進められる。県政や県議会の状況を分かっている」と語った。

 両氏は、26日の県連幹事会で出席者から推す声が挙がり、県連が立候補の意思を最終確認した。佐藤氏は並列での提案について「2人とも適任で優劣をつけがたい」と説明。両氏はともに「光栄だ」と話している。

 宮氏は呉市職員、呉市議を経て1999年に党公認で県議選に初当選し、現在3期目。中原氏は広島市議を経て99年、無所属で県議選に初当選し、現在3期目。

 今回、民主県政会の県議を擁立する方針を示したことについて、佐藤氏は「他会派との連携は否定しないが、政治的に大きな転換期に来ている。国民に分かりやすい形にしたい」と力を込めた。

401 名無しさん :2009/10/01(木) 19:58:53
http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20090908ddlk34010599000c.html

選挙:知事選 元通産省官僚、湯崎氏が出馬表明 「活力ある県に」 /広島
 任期満了に伴う知事選(11月8日投開票)に、元通産省官僚で経営コンサルタントの湯崎英彦氏(43)が7日、無所属での立候補を表明した。中区で記者会見した湯崎氏は「新しい時代を切り開く日本のリーダーたる広島県づくりに取り組みたい」と決意を述べた。政党に推薦を要請する予定はないという。

 湯崎氏は、現在の県政について「財政改革を進めてきた実績はあるが、全体の活力が見えてきていない」と指摘した上で、「厳しい財政状況は、徹底的に無駄の見直しをする。県にある技術や自然、人をフルに使って新しい挑戦をすれば、活力あふれる県になる」と語った。また、マニフェストを作成する予定という。

 湯崎氏は、佐伯区出身。東京大法学部を卒業後、米スタンフォード大でMBA(経営学修士)を取得。90年に旧通産省に入省。退職後は電気通信事業会社を設立し、副社長を務めた。

 知事選には、県立広島大名誉教授で経営コンサルタントの若井具宜氏(61)が出馬を表明している。【加藤小夜】

毎日新聞 2009年9月8日 地方版

402 名無しさん :2009/10/01(木) 19:59:49
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200910010003.html

呉市長選は現新一騎打ちか '09/10/1

--------------------------------------------------------------------------------


 任期満了に伴う呉市長選の告示まで1日で1カ月となった。再選を目指す現職の小村和年氏(62)と、新人で元広島県安浦町長の沖田範彦氏(64)の2人のほかに立候補表明はなく、一騎打ちの公算が大きい。両陣営は近く、市中心部に後援会事務所を構える予定で、前哨戦は静かに始まっている。

 市政刷新を訴えて前回、自民党系の一部が割れた選挙を制し、初当選した小村氏。今回は、1期目の実績を市民に問う選挙となる。

 小村氏は9月下旬、前回の選挙時は支持だった連合広島の推薦を受けた。さらに経済界や自民党の一部県議、高校の同窓生たちの支援を幅広く受ける前回同様の態勢をとる。

 一方の沖田氏は、既存の安浦町の事務所に加え、今月初旬にはJR呉駅近くに事務所を開く予定。マニフェストの抜粋版チラシは10万部を印刷し、ポスティングやあいさつ回りを進めている。呉市と合併する2005年まで、4期13年あまり務めた元安浦町長の人脈などを生かして訴えの浸透を図る。

 政策面では、小村氏は1期目で進めた財政健全化や地域協働、都市基盤整備などの発展的継続を目指す。老朽化した市庁舎の建て替え方針も掲げる。

 沖田氏は、にぎわいや雇用創出などの活性化策を掲げる。

403 名無しさん :2009/10/01(木) 22:02:58
http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20091001ddlk34010594000c.html

広島が変わる:09知事選 自民県連「独自擁立を検討」 候補者、4日までに /広島
 ◇「民主との相乗り考慮せず」
 自民党県連は30日、中区で選挙対策委員会を開き、知事選について、遅くても今月4日までに候補者を決める方針を固めた。会議後に奥原信也幹事長が記者会見し、「自民党推薦で無所属の独自候補者擁立検討を希望している」と話した。これまで立候補している4人は対象外で、「(民主党との)対決の様相を示すかもしれないが、自民1本で行動しなければならない」と、民主との相乗りは考慮しないという。【井上梢】

 選対委は非公開。奥原幹事長は「2日に選対を開き、メンバーから具体的な名前を出してもらい、4日に再度、選対を開いて決定した後、すぐに県連の役員会に報告する」と日程を説明した。民主系会派と手を組み知事与党を形成する一方で反知事会派に分裂しているなど、県議会での自民系会派のねじれ現象を踏まえ、「県議会で3分の2を占め、最も多いのに候補者を出さないのはおかしい」などの意見が選対メンバーから出たという。

 奥原幹事長は4日の期限については、「選挙の準備作業を始めるための最終リミットだ」と説明した。

毎日新聞 2009年10月1日 地方版

404 山口新聞男 :2009/10/02(金) 00:57:58
民主の香りなし
宇部や小野田は、社民のほうが姿が見えるな

選挙:山陽小野田市議選 26人が立候補−−告示 /山口
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/archive/news/2009/09/28/20090928ddlk35010212000c.html
 任期満了に伴う山陽小野田市議選(定数24)は27日告示され、26人が立候補を届け出た。
 内訳は、現職18人、元職1人、新人7人。小野田、山陽両地区に13人ずつで、政党別では共産3人▽公明1人▽無所属22人。女性は3人。
(後略)

405 山口新聞男 :2009/10/02(金) 01:01:46
>>311続き
民主県連幹事長で、山口市選出の西嶋県議は自治労組織内候補
今回も相乗りで、新人の高邑の出番はなさそう

選挙:山口市長選 伊藤市議が出馬表明 「元気の出る市政を推進」 /山口
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20091001ddlk35010436000c.html
 任期満了に伴う山口市長選(11月1日告示)に、同市議の伊藤青波(しょうは)氏(55)が30日、無所属で立候補する意向を表明した。
同日付で市議を辞職した。05年に同市と合併した旧徳地町長で「合併後、地域づくりはできていない。元気の出る市政を推進する」と意
欲を語った。市長選には、渡辺純忠市長(64)が出馬表明している。
 会見で、医療環境の整備▽校庭の芝生化▽観光推進局の創設−−などを公約に挙げた。渡辺市長と同じく防府市との合併による30
万人都市の実現を主張するが、「市長は『任期中にめどがつかなければ、辞職する』と述べたが、その行動も市民への説明もない」と批判した。
 伊藤氏は旧徳地町出身。93年から町長を4期務め、06年の山口市議選で初当選し1期目だった。
 また、市選管によると、辞職に伴う市議補選は、市長と市議の任期満了の間が6カ月以内のため実施されない。

406 名無しさん :2009/10/02(金) 21:13:24
最悪。また組合か。

>中原県議は辞退の理由について、支持母体の産別労組から「選挙態勢を整える時間がなく、支援が難しい」
>と報告があったと説明している。
>党県連幹部は「(連合広島が湯崎氏を推すことを決めた)30日に、外堀は埋まった」と話し、
>独自候補擁立の難しさを語った。

http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20091002ddlk34010638000c.html

広島が変わる:09知事選 中原県議辞退、民主「独自候補」白紙に /広島
 ◇県議会会派、県政会は湯崎氏応援
 11月8日投開票の知事選で、民主党県連が推薦候補としていた中原好治県議(46)=南区選出=は9月30日夜の幹事会で辞退を表明、党県連の候補者選びが白紙に戻った。一方、県議会の民主系会派「民主県政会」は1日、元通産省官僚で経営コンサルタントの湯崎英彦氏(43)を応援することを決定。連合広島も湯崎氏を推すことを決めているものの、湯崎氏は政党の推薦は受けない方針を表明しており、党県連の「独自候補」擁立の先行きは不透明となった。

 中原県議は辞退の理由について、支持母体の産別労組から「選挙態勢を整える時間がなく、支援が難しい」と報告があったと説明している。中原県議は「残念だが、組織の決定は受け入れざるを得ない」と話した。

 また、党県連幹部は「(連合広島が湯崎氏を推すことを決めた)30日に、外堀は埋まった」と話し、独自候補擁立の難しさを語った。党県連の佐藤公治代表は「状況を党本部に経過を報告して意見も聞き、対応を決めたい」と話している。

 知事選には、湯崎氏のほか、県立広島大名誉教授で経営コンサルタントの若井具宜氏(61)▽県議の柴崎美智子氏(54)▽学習塾経営の川元康裕氏(41)の3人が立候補を表明している。【加藤小夜】

毎日新聞 2009年10月2日 地方版

407 とっとり1区←神奈川2区 :2009/10/02(金) 23:40:24
>>388
鳥取市長選、民主の候補に水面下で様々な名前が挙がる中、ウチの上司の名前も出ているらしい…!?
別の記事では、県連の川上代表が「地元の男性」と言ったとのこと。
早川氏との連携は、考えてないみたいですね…。

民主、鳥取市長選候補擁立へ
http://www.nnn.co.jp/news/090927/20090927022.html
2009年09月27日

 民主党鳥取県連の川上義博代表は26日、任期満了に伴う来春の鳥取市長選で「民主党として深く関与する候補者をつくる」と述べた。来月の同党県連常任幹事会で候補者について提案する考え。倉吉市内で開かれた常任幹事会後の会見で明らかにした。

 川上代表は「今までの鳥取市政を継続するのかどうなのか、選択する機会が必要」とした上で、「民主党として候補者選定を進めている。現在、最終的な調整段階に入っている。近いうちに県連に提案したい」と語った。来月の常任幹事会までに調整を終えて、候補者を提案する方針。

 候補者について、川上代表は「地元の男性。大変いい人材であると思っている」と述べるにとどめ、具体的な名前は挙げていない。

 鳥取市長選には、現職の竹内功市長(57)=鳥取市西町3丁目、2期=がすでに出馬を表明している。竹内市長の任期は来年4月14日まで。


 現職の竹内の評判は、地元の一般市民レベルではかなり悪いので、いい候補を出せればあるいは?と思います。
業者ウケはいいんでしょうけどね。成功したのは砂像の美術館くらいかなぁ。

408 とはずがたり :2009/10/03(土) 02:46:44
>>407
ウチの上司!?
気になりますねぇ〜w

409 チバQ :2009/10/03(土) 11:26:20
http://www.nnn.co.jp/news/091003/20091003033.html
自・民 深まる対立 新政権への意見書応酬
2009年10月03日

 鳥取県議会は2日の本会議で、最大会派「県議会自民党」など3会派と民主党議員らが所属する会派「絆(きずな)」の双方から新政権に求める意見書が提案され、補正予算の適正執行を求める3会派の意見書を賛成多数で可決した。意見書に対して意見書で応酬する構図。自民、民主両議員は、前日の決議をめぐる対立に続いて再び激突した。


県議会自民党などが提案した意見書の採決で、起立して賛成の意思表示をする自民党議員=2日、県議会議場

 県議会自民党、会派「自由民主」、公明党の計22議員が提案した意見書は、地方が進めてきた事業の継続を求める内容。

 自由民主の安田優子議員は提案説明で、補正予算が見直された場合、「地方の財政運営に大きな混乱を招き、県民生活に深刻な打撃を与える」と危機感をにじませた。

 3会派は、1日の本会議に同趣旨の決議案を提出し、可決されている。決議に反発する民主側は意見書で対抗し、この動きをけん制するように自民側も意見書で応じた格好だ。

 県議会自民党によると、「議会の意思表示」である決議はどこにも提出できないため、地方自治法に基づいて国に提出できる意見書で新政権に訴えるという。

 二つの意見書をめぐっては、採決に先立ち、絆が「議会の総意は重みがある」(福間裕隆幹事長)として一本化を自民党議員に打診。しかし、県議会自民党は「主張をすり合わせる時間がない」(藤井省三会長)「絆とはスタンスが異なり、主張に具体性がない」(山根英明議員)などと突っぱねた。

 絆の8議員による意見書は、地方に配慮した政策転換を求める内容。鍵谷純三会長は提案説明で、補正予算の見直しについて「国民が望んだ政権交代の結果と理解する必要がある」と説明する一方、国と地方が協議する必要性を強調。一本化について「最大限の努力を払ったが、残念だ」と自民側に苦言を呈した。

 国政と県議会はいわゆる「ねじれ状態」にある。決議と意見書が入り交じった一連の攻防を受け、自民党議員の一人は「これから徹底抗戦していく」と語気を強めた。これに対し、ある民主党議員は「自民側の党利党略が透けて見える」と批判。今後も“対立の構図”が強まりそうだ。

410 チバQ :2009/10/04(日) 11:13:28
http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20091003ddlk34010550000c.html
広島が変わる:09知事選 自民県連が出馬打診、返答待ち /広島
 ◇候補擁立、週明け以降か
 自民党県連は2日、中区で知事選の候補者擁立に向けた選対委員会を開き、奥原信也幹事長が、1人に出馬を打診し、返答を待っていることを報告した。県議や広島市議ら他のメンバーからは、「適当な人がいない」と具体的な候補者の名前は挙がらなかったという。県連は、4日にも候補者を決めるとしていたが、奥原幹事長は「(打診相手からの回答は)週明けになるかもしれない」と話しており、候補者擁立がずれ込む可能性が出てきた。

 会議後に記者会見した奥原幹事長によると、打診は先月30日、奥原幹事長がした。相手は「少し考えて、返事をします」と伝えたという。

 ◇県議補選は平田氏公認
 県連は2日、県知事選と同じ11月8日に投開票される県議補選の三原市・世羅郡選挙区に、元職の平田修己氏(69)を党公認候補として擁立することを決めた。【加藤小夜】

411 名無しさん :2009/10/05(月) 20:49:34
http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20091005ddlk34010334000c.html

広島が変わる:09知事選 自民県連、候補者選考が難航 8日までに結論 /広島
 自民党県連の選対委員会と役員会が4日、中区であった。同日までに擁立するとしていた知事選の候補者は決まらず、8日までに結論を出すことになった。県連関係者によると、奥原信也幹事長は県議に立候補の打診をしたが、県議が態度を明らかにしていないという。このため、この県議を含め、具体的な候補者名は挙がらず、候補者選考は難航している。

 会議後記者会見した奥原幹事長によると、選対委では、9日に知事選の立候補予定者説明会が開かれることから、8日までには県連として結論を出すことを確認した。役員会では「民主党が推薦候補者を出せば、自民も出さなければ」などの意見が出されたという。

 奥原幹事長は、候補者擁立が進まない状況について「(8月の)衆院選で自民党が大敗し、(自民系)県議が一本になっていないことにも問題がある」としたうえで「推薦候補を前向きに選定をしたいと努力している」と話した。【加藤小夜】

毎日新聞 2009年10月5日 地方版

412 チバQ :2009/10/05(月) 22:00:07
>>325
http://mytown.asahi.com/tokushima/news.php?k_id=37000000910050001
鳴門市長選に新顔3氏 厳しい財政争点に
2009年10月05日


鳴門市長選候補者 届け出順

 吉田忠志市長の死去に伴う鳴門市長選が4日、告示された。元市収入役の潮崎焜及(てるちか)氏(62)、不動産賃貸会社長の山本善幸(よしゆき)氏(38)、前市議の泉理彦(みちひこ)氏(47)=民主推薦=の新顔3人が立候補を届け出た。いずれも無所属。厳しい財政状況の中、競艇や下水道事業、観光振興のあり方などについて論戦が繰り広げられる。11日に投票、即日開票される。


 鳴門市長選は財政再建のあり方が、存続の岐路に立つ競艇事業や、数十年単位の計画で総額約600億円を要する公共下水道事業の将来像と絡め、争点になっている。歳入の落ち込みを市債の発行で補ってきたため、08年度決算見込みで市債発行残高は約279億円に達する。


 9月27日に市内であった公開討論会には、立候補した3氏がすべて参加した。財政再建に関しては、予算編成過程の公開や市長報酬の減額継続でおおむね3氏の意見が一致した。一方、市一般会計予算に延べ約900億円の貢献をした競艇事業に関しては「30億円かけて施設改修」(潮崎氏)、「民間委託を含めた運営形態の再検討」(泉氏)、「有力選手の参戦を増やしても改善しない場合は廃止も検討」(山本氏)と意見は分かれた。


 鳴門競艇から市予算への繰り入れは70年代の40億円強をピークに減り、ここ数年は3千万円程度。地方交付税の減少や少子高齢化に伴う社会保障費の増大とともに、競艇事業からの繰入金の大幅減は市財政悪化の一つの要因と市財政課も認める。


 市は過去10年間で、臨時職員の活用などで職員数(公営企業除く)は約300人減り、09年4月現在で661人になっている。また、市長と副市長、教育長の給与と期末手当をそれぞれ25、15、10%減額しているが、根本的な打開策が見いだせないのが現状だ。


◆鳴門市長選候補者 3候補の訴え(届け出順)


 前回市長選で533票差で敗れた潮崎氏は、今回も公共下水道工事の凍結を訴える。「住民と協議し、凍結で浮いたお金は福祉や環境、教育といった生活に密着した分野に配分したい」。鳴門市撫養町の選挙事務所前で開いた出陣式では一貫性を強調した。


 財政再建が持論だが「市民に辛抱ばかりさせられない」として、観光客誘致のために海産物市場の開設や商店街の空き店舗対策も進める意向だ。この日は地元の瀬戸町を中心に市内各地を回った。

 山本氏は鳴門市撫養町の選挙事務所での出陣式を終えると、撫養町や里浦町の商店街や住宅街をこまめに回った。財政再建をはじめとする重点政策を3分間ほどのスピーチにまとめ、各地で車を止めては街頭に立ち演説をした。


 下水道事業については「市民に負担金制度が十分に理解されておらず、見切り発車だ」と市のやり方を批判。市長になれば、市民に十分な説明をした上で条例で定めた住民投票により、存廃を決めるとの持論を繰り返した。


 泉氏は鳴門市撫養町の選挙事務所近くの駐車場で出陣式を開き、実家のある鳴門町土佐泊浦を起点に市内を巡った。泉氏は財政再建を訴えて「子どもたちが笑顔でいられる、輝く鳴門市を再び取り戻そう」と意気込みを述べた。


 出陣式には福山守、黒崎章両県議や鳴門市議会の橋本国勝議長らも駆けつけた。福山県議は「県議時代から長い付き合いの吉田市長の後継は、若さと行動力、決断力のある泉さんしかいない」と党派を超えた結束を呼びかけた。

413 とっとり1区←神奈川2区 :2009/10/07(水) 02:29:19
 下記の記事と、ネットには上がってない朝日新聞の記事も合わせると、
・40代半ばの男性
・民間企業の管理職
・市の将来展望を提示できる人材
・鳥取市在住、生まれは県外
・政治経験はない

あああ全てが上司と被る…orz
唯一何か違うな、と思えるのは、「本人から打診した」ってあたりか…。

鳥取市長選で民主県連 市内の40代男性擁立へ
http://www.nnn.co.jp/news/091006/20091006039.html
2009年10月06日

 任期満了に伴う来春の鳥取市長選で、民主党県連が鳥取市在住の男性を擁立する方向で調整していることが5日、川上義博県連代表への取材で分かった。民間団体の管理職に就く40代といい、川上代表は「まだ名前は公表できないが、市の将来展望を提示できる人材」と評している。

 同日開かれた党県連の選挙対策委員会で、この男性を擁立することを確認した。川上代表ら党幹部は今後、党員・党友や党支持団体の連合鳥取などと調整し、今月末の県連常任幹事会で諮る方針だ。

 川上代表によると、男性は党員でないため、党推薦で擁立したい考え。生まれは県外で、政治経験はなく、1カ月ほど前に本人から出馬の打診があったという。

 川上代表は現在の市政について「中央の単なる受けで、その場しのぎの政治」と批判。「男性は出馬への強固な意思がある」とした。

 同市長選には、現職の竹内功市長が9月議会で出馬表明し、元民主党県連副代表で行政書士の早川周作氏(32)=東京都在住=が出馬の意向を示している。共産党県委員会も人選を進めている。

414 とはずがたり :2009/10/07(水) 02:37:08
あの辺の民間企業と云うと鳥取三洋電機ぐらいしか知りませんねー。さぁ当たってるか!?ww
でもこの記事だと民間「団体」ってなってますね。。ふうむ。農林中金みたいなちょっと団体系這入ってる企業かなー。

意外に政治好きが近くにおったってゆーどんでん返しかもしれませんねw
>本人から打診

415 とっとり1区←神奈川2区 :2009/10/08(木) 01:56:20
いやー、社名は(笑)たしかに、鳥取市の大手企業って三洋くらいっすね。
問題の男性の勤務先が、「企業」でなく「団体」だったらよいのにw
朝日の記事は「民間企業」だったんすよねー。
あと僕が恐れてる人の場合、民主より自民が好きそうな感じなんで、
そこに期待して、別人であることを願ってます…。

416 とはずがたり :2009/10/08(木) 02:37:21
詮索めいて失敬でした〜w

まあ県都鳥取ですので条件に合う男性はそれなりに居るんじゃないでしょうかねっ。
ホントに上司だったらそれはそれでなんかのコネクションにはなるかもしれませんし。それとも所謂「嫌な上司」タイプなんすかね!?w

417 名無しさん :2009/10/08(木) 20:35:11
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200910080208.html

河井県議出馬へ 広島知事選 '09/10/8

--------------------------------------------------------------------------------


 任期満了に伴う広島県知事選(22日告示、11月8日投開票)に、自民党県議の河井案里氏(36)=広島市安佐南区=が8日、無所属で立候補する意向を固めた。

 擁立を打診していた党県連幹部に対し、河井氏がこの日朝、立候補の意向を伝えた。党に推薦を申請する。河井氏は「広島県を変えたいという思いが強かった」と話している。

 河井氏は宮崎県出身。慶応大大学院政策・メディア研究科修士課程修了。短大非常勤講師を経て2003年、県議選安佐南区選挙区に初当選し、現在は2期目。夫は河井克行衆院議員(比例中国)。

 自民党県連は、河井氏の推薦をめぐって8日午後、選挙対策委員会と役員会で協議。ただ、県議会の自民党系会派の分裂を背景に、河井氏の擁立で一本化するかどうかは不透明となっている。

 一方、民主党県連も独自の推薦候補の擁立を目指しているが、結論は出てない。

 知事選にはこれまで、広島県立大名誉教授で経営コンサルタントの若井具宜(ともぎ)氏(61)=東区▽元通産官僚で経営コンサルタントの湯崎英彦氏(44)=西区▽県議の柴崎美智子氏(54)=西区▽学習塾経営の川元康裕氏(41)=安佐南区―の4人が無所属で、共産党県委員長の村上昭二氏(62)=広島県府中町=が党公認で立候補を表明している。

418 チバQ :2009/10/08(木) 21:21:59
衆院選前は旦那が知事選に廻るかと思いましたが

コスタリカ相手の増原が落選したのでそれもなくなりましたぬ。

女性
若い
広島市内
県議

条件としてはかなり良いのでは?
県議会の会派はどっちですかね?

419 チバQ :2009/10/08(木) 22:01:42
自民党議員会所属ですね。
広島市安佐南区 定数4−候補6 (選管確定)
得票数(得票率) 氏名 年齢 党派 新旧 当選回数 代表的肩書
当 17,877(21.1%) 石橋 良三 59 自民 現 6 団体役員
当 17,223(20.3%) 河井 案里 33 自民 現 2 (元)短大講師
当 15,359(18.1%) 梶川 幸子 48 民主=連合 新 1 党総支部幹事
当 14,381(17.0%) 栗原 俊二 47 公 明 現 2 党総支部長
□ 12,853(15.2%) 佐々木 弘司 65 自民 現 造園会社顧問
□ 7,110(8.4%) 大植 和子 53 共産 新 党県常任委員

420 とはずがたり :2009/10/08(木) 22:56:52
不愉快なのがでてきたなぁ。。>あんり

421 チバQ :2009/10/09(金) 16:46:32
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20091009-OYT8T00006.htm
知事選 自民県連結論持ち越す 河井県議 推薦願提出も取り下げ
 10月22日告示、11月8日投開票の知事選への対応を検討するため、自民党県連は8日、広島市内で選挙対策委員会と役員会を開いた。県議の河井案里氏(36)が立候補を目指して推薦願を提出したが、役員会で難色を示す意見が出され、この日も推薦候補は決まらず、9日の役員会に持ち越された。河井氏は、「党に請われて推薦願を出したが、異論が出た」ことを理由に、推薦願を取り下げた。

 奥原信也幹事長によると、同幹事長が先月30日、河井氏に出馬を打診。8日午前に、河井氏から出馬の意向を確認し、河井氏も県連に推薦願を提出したという。

 しかし、選対委と役員会では、河井氏への推薦に賛同する意見がある一方、河井氏の推薦願について、「慣例で添付されるべき、県選出国会議員全員の推薦書がない」と手続きの不備を指摘する声などが上がり、結論が出なかった。

 河井氏は記者会見を行い、知事選出馬について、「後援会と改めて相談する必要がある」と述べて明言はしなかったが、「仮に出馬する場合は、政党の推薦は受けず、無所属候補となるのではないか」と話した。

(2009年10月9日 読売新聞)

422 名無しさん :2009/10/10(土) 02:43:58
>>399-401
>>406
>>417
>>421

結局連合の推す相乗り候補か……。

>民主党県連は9日、(略)独自の推薦候補の擁立断念を決定。
>同党県議が所属する民主県政会と連合広島が、元通産官僚で経営コンサルタントの湯崎英彦氏の支援に回ることを容認する方針も確認した。
>佐藤氏は「党独自候補の擁立に期待する県民の声もいただいている。申し訳なく思う」と述べた。

>自民党県連は9日、(略)知事選での自主投票を決めた。
>自民党系県議は現在、自民刷新会議(16人)▽自民党議員会(15人)▽自民党広志会(8人)▽自民党良政会(1人)―の4会派に分裂する。
>自民刷新会議は、民主県政会(14人)と「大連立」を組んで議会運営を主導。
>自民刷新会議は湯崎氏を、自民党議員会は河井氏の支援を決定。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200910100098.html

民主、支持団体の歩調合わず 自民、会派対立で分裂選挙に '09/10/10

--------------------------------------------------------------------------------

 広島県知事選を前に9日、独自候補の擁立を断念した民主、自民の両党。衆院選大勝を受けて「主戦論」を掲げた民主党県連は、支持団体の連合広島などと歩調がそろわなかった。自民党県連は、県議会の自民系会派の分裂が響き、自主投票になった。政権交代後、全国で2番目となる知事選を前に、与野党の第1党の存在感が揺らいだ。

 民主党県連は9日、広島市南区で拡大幹事会を開き、独自の推薦候補の擁立断念を決定。同党県議が所属する民主県政会と連合広島が、元通産官僚で経営コンサルタントの湯崎英彦氏の支援に回ることを容認する方針も確認した。

 この日の拡大幹事会では、県連の佐藤公治代表が小沢一郎幹事長に現状を報告し「県連の決定を尊重する」との結論を得たことも説明した。来夏に参院選を控え、民主県政会、連合広島との3者の連携を最優先した形。湯崎氏については、県議会の最大会派である自民刷新会議が接触してきた人物でもある。

 終了後、佐藤氏は「党独自候補の擁立に期待する県民の声もいただいている。申し訳なく思う」と述べた。党県連は当初、県政会所属の県議2人を推したが、「連合の支援が得られない」と辞退していた。今後は党県連が湯崎氏の実質支援に向けた動きをみせるかどうかが焦点になる。

 一方、自民党県連は9日、中区で選挙対策委員会と役員会を開き、知事選での自主投票を決めた。過去の知事選で常に主導権を握ってきた党県連。16年ぶりの県政の新たなリーダー選びに、分裂選挙で臨むこととなった。

 役員会では、8日に推薦を申請した党県議の河井案里氏が、申請を取り下げたことが報告された。独自候補を探す時間がなく、自主投票を了承した。終了後、奥原信也幹事長は「擁立に努力したが、衆院選惨敗と県議会の会派分裂が大きな障害だった。深く反省する」と述べた。

 県議会議席の約6割を占める自民党系県議は現在、自民刷新会議(16人)▽自民党議員会(15人)▽自民党広志会(8人)▽自民党良政会(1人)―の4会派に分裂する。

 河井氏は桧山俊宏元県議会議長が事実上率いる自民党議員会に所属する。林正夫議長の所属会派である自民刷新会議は、民主県政会(14人)と「大連立」を組んで議会運営を主導。知事選でも湯崎氏を連携して支援する。

 自民党系の各会派はこの日、知事選への対応を協議。自民刷新会議は湯崎氏を、自民党議員会は河井氏の支援を決定。広志会は自主投票にした。(城戸収、高橋清子、永山啓一)

423 名無しさん :2009/10/10(土) 13:52:37
http://mytown.asahi.com/hiroshima/news.php?k_id=35000000910100002

民主が独自候補断念/自民は自主投票
2009年10月10日

 藤田雄山知事の任期満了に伴う知事選(22日告示、11月8日投開票)について、民主党県連は9日の幹事会で、独自候補擁立を断念した。一方、自民党県連も同日の役員会で、独自候補を擁立せず、自主投票を申し合わせた。自民が知事選で公認、推薦候補を出さないのは全国でも異例。総選挙大勝の波に乗れない民主の対応と併せ、県民には分かりにくい結果となった。(鬼原民幸)
 民主県連の幹事会には、県選出の国会議員ら約20人が出席した。この間、東京で党本部の指示を仰いでいた県連代表の佐藤公治・参院議員は、「県連の決定を尊重する」とする小沢一郎幹事長の発言を報告。支持団体の連合広島や県議会の民主系会派「民主県政会」が、無所属で立候補表明している元通産省官僚の湯崎英彦氏(44)の支援を決めているのを踏まえ、別の候補を立てない方針を確認した。
 閉会後に会見した佐藤氏は「独自候補に期待していた県民に申し訳ない」と陳謝。「同志である連合広島や県政会が応援する湯崎さんを見守りたい」と述べた。ただ、湯崎氏は政党の推薦を得ない考えを表明しており、県連の支援は水面下に限られそうだ。
 自民県連は県議ら14人が出席して役員会を開催した。立候補の意志を固めた河井案里県議(36)が党への推薦依頼を取り下げるなど、やはり独自候補の擁立は困難との認識で一致。告示日までの時間なども考え、今回は自主投票とすることで合意した。奥原信也幹事長は「自民党員として規律ある行動を取ってほしい」と、他党の候補への支援にクギを刺した。メンバーから異論は出なかったという。
 奥原氏は会見で「河井氏はメンバーがそれぞれの立場で応援することになる」と、県連としては支援しないと強調。自主投票に至った責任について、「自民が一本化していないのが大きな障害だった」とし、県議会で自民系会派が分裂している状況が原因との認識を示した。
 知事選には湯崎氏のほかに、いずれも無所属の元県立大教授の若井具宜(ともぎ)氏(61)▽県議の柴崎美智子氏(54)▽学習塾経営の川元康裕氏(41)と、共産党公認で党県委員会委員長の村上昭二氏(62)が立候補を表明している。
      ◇      
 この日、県庁であった知事選の立候補予定者説明会には、まだ立候補表明していないアルバイト店員ら2人を含む計7陣営が出席。県選管から選挙活動の注意点などの説明を受けた。(鬼原民幸)
      ◇
 河井案里(あんり)県議(36)が9日、広島市内で後援会役員会を開き、支援者に知事選立候補への決意を伝えた。河井氏は終了後、報道陣に「『頑張れ』という温かい声をいただいた。身をなげうってでも県政を変えたいという決意が固まった」と述べた。週明けにも正式に無所属での立候補を表明する。河井氏はその後、所属する県議会の「自民党議員会」の総会に出席。他の県議らに立候補の意志を伝えた。(福家司、鬼原民幸)

424 名無しさん :2009/10/11(日) 08:31:01
>>311>>405
山口市長選 尾上元市議出馬表明「中核都市見直し」
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2009/1008/2p.html
 任期満了に伴う山口市長選(11月1日告示、同8日投開票)の候補者を模索していた革新系市民団体「市民のための山口
市政をつくる会」は7日、元山口市議の尾上頼子氏(40)の擁立を発表した。

 立候補は無所属で、共産党が推薦を決めている。同市長選には現職の渡辺純忠市長(64)と旧徳地町長で山口市議を辞職
した伊藤青波氏(55)が出馬を表明しており、尾上氏の参戦で三つどもえの構図となった。

 尾上氏は市役所で会見し正式に出馬を表明。「合併後4年間の渡辺市政を見てきたが、『負担は低い方に、サービスは高い
方へ』という約束が切り崩され、生活に影響が出て憤っていた。地域や職場で不満が出ていた中で市長選を迎え、良い候補者
がいればと思っていた時に(立候補の)声を掛けていただき、私が先頭に立って訴えていこうと決意した」と語った。

 尾上氏は「住民の目線で市政が展開されていない」と渡辺市政を批判し、現市政が推進する30万人中核都市づくりは「都市
間競争に勝ち抜くという時代遅れの発想」と指摘。「中核都市路線からは手を引き、市民が主役のまちづくりを進める」と述べ、
子育てや福祉の優先、地域経済の活性化など5つの基本政策を訴えた。法定協が設置され、進行している阿東町との合併は
「両市町で住民投票して是非を判断してもらう」との考えを示した。

 尾上氏は旧小郡町出身。山口中央高卒。1999年の旧小郡町議選に共産党公認で当選。合併による在任特例で2006年ま
で山口市議を務めた。小郡女性団体連絡協議会幹事など。

425 ももだぬき :2009/10/11(日) 14:08:13
広島県政はおごりたかぶりすぎ。鞆の浦の開発差し止めで控訴なんてふざけすぎ。

426 とはずがたり :2009/10/11(日) 17:52:09
>>422
自民党刷新会議は県議会に巣喰っていた桧山元県議会議長を民主系会派と組んで追い落とした連中で他所の相乗りと同一視は出来ない様な気もしてます。
桧山は河井を担ぐようですし,此処は湯崎氏で闘って出来れば勝っておくのがベターなんじゃないでしょうかね。
巧くすれば自民党の更なるゴタゴタ・混乱を誘発出来るかもしれないですし。

427 名無しさん :2009/10/11(日) 18:52:36
>>426
なるほど。↓のレスとか勉強になります。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1042226470/1264-1265

http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20091011ddlk34010309000c.html
スクランブル:知事選、異例の展開 民主・自民、擁立断念 /広島
 11月8日投開票の知事選は今月22日の告示まで10日あまりに迫った。自民党県議が無所属での立候補の意思を表明し、候補者の顔ぶれがようやく出そろった。8月の衆院選で圧勝した民主、過去の知事選で推薦候補を出してきた自民の両党がいずれも候補擁立を断念する異例の展開になった。【加藤小夜】

 ◇顔ぶれは出そろう
 民主党県連と県議会の民主系会派「民主県政会」(14人)、連合広島の幹部らによる3者連絡会議の最終会合が10日開かれ、県連代表の佐藤公治・参院議員は、県連として独自候補の擁立断念を伝えた。

 ◆押し切られた民主県連

 会議後、佐藤代表は、出馬表明している元通信会社経営の湯崎英彦氏(44)について「前向きに見守っていきたい」と話した。

 独自候補の擁立を模索した党県連に対し、民主県政会と連合広島は、県政運営で協調する自民の最大会派「自民刷新会議」との連携維持を理由に、早い段階から湯崎氏支援を表明しており、県連が歩調を合わせる形となった。

 佐藤代表は「会派を最重点に考えてはいない」としながらも、「(民主県政会と連合広島との)3者の信頼関係が大事だ」と理解を示した。ただ、佐藤代表は「政党の推薦は受けない」との姿勢を見せる湯崎氏とはこれまで一度も会ったことがなく、温度差をにじませた。

 ◆分裂した自民

 一方、自民党県連は党所属県議が議席の3分の2近くを占めながら、四つの会派に分裂していることから、候補者を擁立できず、自主投票を決めた。知事選で推薦候補を出せなかったのは初めて。奥原信也幹事長は「衆院選での惨敗と県議会の(会派)分裂が大きな障害だった」と断念の理由を説明した。

 4会派の一つで最大の16人が所属する自民刷新会議は、以前から湯崎氏と接触。自主投票が決まった9日には早々に会派として湯崎氏の応援を決めた。

 これに対して、同会派と対立する自民の第2会派「自民党議員会」(15人)に所属する河井案里氏(36)は9日に後援会会合で出馬の意思を表明した。同日夜に開かれた会派の会合で、河井氏の支援を決め、事実上、自民の分裂選挙が決まった。

 連休明けに立候補を表明する予定の河井氏は「県議会の古い枠組みを変えたい」と自民刷新会議と民主県政会の連携を批判し、県議会の対立構図が知事選に持ち込まれることになった。

  × × ×

 知事選にはこのほか、経営コンサルタントの若井具宜氏(61)▽県議の柴崎美智子氏(54)▽学習塾経営の川元康裕氏(41)▽共産党県委員長の村上昭二氏(62)が立候補を表明している。

428 名無しさん :2009/10/12(月) 11:16:08
湯崎と河合以外の候補が勝たないかな〜。


>「衆院で308議席を取ったからと乱暴だ。地方の事情を無視するのか」と、
>連合広島加盟の労組幹部が憤りを見せた。
>大連立体制が崩れ、政治的影響力が低下することをおそれたからだ。


http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20091011-OYT8T00916.htm

知事選 なぜ独自候補見送ったか

記者会見で民主党県連の方針を伝える佐藤代表(9日、広島市南区で)
記者会見で自主投票の方針決定を伝える奥原幹事長(9日、広島市中区で)  22日告示、11月8日に投開票される知事選で、民主、自民両党が足並みをそろえたかのように独自候補の擁立を見送った。それぞれ、ぎりぎりまで候補者の選考を重ねてきたが、論点は「この候補で、県議会の各会派が乗れるか」に重きが置かれ、政策論は隅に追いやられてきた。政権交代しても、変わらない地方政治の実態を探った。(澤本浩二、平井宏一郎)


■民 主

 10月9日、広島市南区のワークピア広島。民主党県連代表の佐藤公治氏(50)(参院議員)は、県連幹事会後の記者会見で、独自候補擁立断念の経緯を問われ、顔を曇らせた。「我々の思いが実現するには、広島県ではまだまだ時間がかかる」。

 当初、県連は、民主党県議が属する会派「民主県政会」が、自民党系の最大会派「自民刷新会議」と〈大連立〉体制をとっていることに配慮。知事選の候補者選びは事実上、民主県政会に委ねていた。

 だが、衆院選の大勝がすべてを変えた。

 9月13日の県連幹事会で、新しいバッジを胸に付けた国会議員は口々に積極姿勢を求めた。「総選挙で示された民意を、知事選でも実現すべき」。ここから県連は態度を一変、「独自候補擁立、相乗り禁止」という党の原則を強く打ち出した。

 民主県政会と、支持母体の連合広島は反発。「衆院で308議席を取ったからと乱暴だ。地方の事情を無視するのか」と、連合広島加盟の労組幹部が憤りを見せた。大連立体制が崩れ、政治的影響力が低下することをおそれたからだ。

 「独自候補」か、「自民と組める候補」か。県連は、2人の県議も選考対象に加えたが、「この時期に2人を出されたら、それぞれの出身労組を中心に連合が割れかねない」(組合出身の県議)。連合広島は態度を硬化させた。

 連合広島と民主県政会は、無所属での出馬を表明した元通信会社副社長湯崎英彦氏(44)の支援を発表した。湯崎氏は、自民刷新会議も支援を模索する相手。県連は、独自候補の擁立を断念した。

 衆院選の勢いを生かせず、民主党のある衆院議員は「衆院選で助けてくれた連合広島や県議に弓は引けない。しかし、有権者の『政治を変えてくれ』という思いに国も地方もないはずだ」と、落胆の表情を浮かべた。

■自 民

 9月30日、県会の一般質問を終えた県議の河井案里氏(36)を、自民党県連幹事長の奥原信也氏(67)が、2人が属する会派「自民党議員会」の控室に呼び寄せ、言った。「知事選に出てくれんか」。

 8月の衆院選で、自民党は県内小選挙区の議席を6から1に減らした。党勢の低下は、知事選の候補選びにも影響。前衆院議員や官僚の名前が、浮上しては消えた。最後に残ったのが最年少県議の河井氏だった。

 「若さと女性であることが強みになる」と、後押しした県議は言う。しかし、河井氏で一本化することには難航が予想された。過去の勢力争いから、自民党系会派は四つに分裂しているからだ。

 実際、県連役員会では異論が相次ぎ、河井氏は推薦願を取り下げ、無所属での立候補に転じる。県連役員会は10月9日、自主投票を決めざるを得なかった。

 その直後、広島市中区のホテル「ANAクラウンプラザホテル広島」の一室に、自民刷新会議の県議が集まった。

 ゲストは、出馬表明した無所属の3人。河井氏の姿はなかった。県議たちは、県政の課題について意見を次々に尋ねた。関心は、民主県政会が支援表明した湯崎氏に集まった。

 ただ、自民刷新会議が湯崎氏を後押ししたとしても、河井氏も出る手前、どれだけの自民党県議がついてくるか。先行きは不透明だ。

 自民党県議の一人は、政党や会派、支持母体との密室の話し合いで候補を探す動きに、身内ながら違和感が募ったという。「県民に分かりにくい候補選びだったのは間違いない。この『分かりにくさ』こそ、政治不信の一番の原因なのに……」。

           ◎

 知事選には、ほかに県立大名誉教授の若井具宜氏(61)、県議の柴崎美智子氏(54)、学習塾経営会社社長の川元康裕氏(41)の3人が無所属で、共産党県委員長の村上昭二氏(62)が党公認で出馬する意向を表明。新人計6人が名乗りを上げている。

(2009年10月12日 読売新聞)

429 名無しさん :2009/10/12(月) 11:28:13
http://mytown.asahi.com/tokushima/news.php?k_id=37000000910120004
http://mytown.asahi.com/tokushima/k_img_render.php?k_id=37000000910120004&amp;o_id=4394&amp;type=kiji

鳴門市長に泉氏 民主推薦当選
2009年10月12日


初当選を決め万歳をする泉理彦氏=鳴門市撫養町の事務所

 無所属新顔3人が争った鳴門市長選は11日、投開票され、前市議の泉理彦(みち・ひこ)氏(47)=民主推薦=が、元市収入役の潮崎焜及(てる・ちか)氏(62)と、不動産賃貸会社長の山本善幸(よし・ゆき)氏(38)を破って初当選した。当日有権者数は5万1871人、投票率は55・07%(前回54・57%)だった。


 鳴門市撫養町の泉氏の事務所では、当選の知らせが入ると大きな歓声と拍手が起こった。泉氏は後援会関係者や事務所のスタッフに頭を下げながら感謝の言葉をかけた。


 民主党が圧勝した8月末の衆院選以降、県内で初の首長選。吉田忠志市長の死去に伴う選挙だったため、短期決戦となった。


 泉氏は、吉田市長の後継として立候補。民主党県連から推薦を受けたほか、橋本国勝議長ら市議9人、吉田市長が県議時代に親しかった自民系県議も支援。吉田市長の後援会も推した。選挙戦終盤には、民主党の中谷智司参院議員が一緒に選挙カーで市内一円を回った。


 泉氏は深刻な財政状況の改善のため、予算編成過程を公開したうえで「市民目線」で徹底的に無駄を省くことや、市長の公用車の廃止を打ち出した。経営不振の競艇事業では民間委託も含めた経営形態の検討を進め、下水道事業は市民と意思疎通を図りながら進める、と訴えた。


 07年の市長選で吉田市長に500票まで迫った潮崎氏。下水道事業の「凍結」や、競艇事業で30億円をかける改修計画を打ち出し、市議2人や鳴門競艇の労働組合の支持も得て泉氏を追い上げた。03年以来2度目の挑戦だった山本氏は、下水道事業の是非を問う住民投票の実施を訴えた。

430 とはずがたり :2009/10/12(月) 12:19:35
>>429
自民は分裂で動けなかったのか野党で推薦求められなかったのかどうなんでしょうかねぇ??

431 吠える県北人 :2009/10/12(月) 21:27:28
この不景気な時代、斎場建設を建てるに当たって、桜を植え遊歩道を設け
花見の出来る、人が集まる綺麗な斎場を建てる、とは如何な者か
広島県三次市の市長は迷惑施設であり、地域の発展はないと言いながらも
理解して欲しい、地域の人が斎場が建つ事によって、活性化に繋げて欲しいとは
勝手な言い分で地域住民を怒らせている現状だ、今は修理をしてやる時期だと思う

432 とはずがたり :2009/10/12(月) 23:09:43
>>429

選挙:鳴門市長選 民主推薦で前市議の泉さんが初当選 支持広げ接戦制す /徳島
http://mainichi.jp/area/tokushima/news/20091012ddlk36010288000c.html

 吉田忠志市長死去に伴う鳴門市長選は11日投開票され、前市議の泉理彦氏(47)=無所属新人=が、元市収入役の潮崎焜及氏(62)=同=と会社役員の山本善幸氏(38)=同=を破り、初当選した。当日有権者数は5万1871人(男2万4379人、女2万7492人)。投票率は55・07%だった。

 同市撫養町斎田の泉氏事務所では、当選の報告が入ると歓声が上がった。大勢の拍手に迎えられた泉氏は支援者らと共に万歳。「笑顔のあふれるにぎやかな街、新しい鳴門市を皆さんと一緒につくりたい」と抱負を語った。

 財政再建に苦慮した前市政の評価を巡り、各候補の主張は分かれた。泉氏は「吉田市長が果たせなかった仕事をやり遂げる」と継承の姿勢。民主党県連の推薦や吉田市長後援会の支援も受け、初出馬ながら接戦を制した。

 潮崎氏は下水道事業凍結や競艇振興策を主張。38年間の市職員経験を生かした市財政の立て直しをアピールしたが、前回選に続いて市長の座を逃した。

 山本氏は予算編成過程公開など市民の意見を反映した財政再建を説明。父親で元市長の幸男氏から引き継ぐ支援者の輪も強みだったが、及ばなかった。【岸川弘明、深尾昭寛、井上卓也、山本健太】

==============

 ■視点
 ◇課題山積、市民説明を

 前市議の泉理彦氏が当選した鳴門市長選。故吉田市長の路線継承を掲げた泉氏の勝利は、課題を残しながらも財政再建に取り組んだ前市政に対する一定の評価が有権者から示された結果と言える。

 県内では民主党が政権交代を遂げた衆院選後初の首長選としても行方が注目された。泉氏を推薦した民主党県連は陣営に人員投入し、国会議員も応援に駆けつけた。県連の関係者は「地方での我々の力量が問われる試金石だ」と話していた。

 争点とされた下水道事業や競艇事業を巡る議論で他候補の打ち出す主張に比べ、泉氏はあいまいと批判する声もあった。山積する問題にどう対処するのか。市民に対する明確な説明が求められる。【岸川弘明】

==============

 泉理彦(いずみ・みちひこ)47無新(1)

 [元]市議[歴]市職員▽市議会総務委員長・教育民生委員長▽京都産大=[民]

==============
 ◇開票結果=選管最終発表
当 13607 泉理彦  47 無新
  12273 潮崎焜及 62 無新
   2367 山本善幸 38 無新

毎日新聞 2009年10月12日 地方版

433 とはずがたり :2009/10/12(月) 23:12:47
>>404

選挙:山陽小野田市議選 26人が立候補−−告示 /山口
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/archive/news/2009/09/28/20090928ddlk35010212000c.html

 任期満了に伴う山陽小野田市議選(定数24)は27日告示され、26人が立候補を届け出た。

 内訳は、現職18人、元職1人、新人7人。小野田、山陽両地区に13人ずつで、政党別では共産3人▽公明1人▽無所属22人。女性は3人。

 同市は、05年3月に旧小野田市と旧山陽町が合併して誕生。今選挙から議員定数を27から24に減らした。争点は、合併特例債150億円を活用した街づくり▽市内唯一のごみ焼却施設や山陽小野田市民病院の老朽化問題▽山陽地区の地域医療問題−−など。

 投票は、10月4日午前7時〜午後8時(松ヶ瀬、森広、湯の峠、福田は同6時)まで、市内31カ所であり、午後9時半に市民館体育ホールで即日開票される。26日現在の有権者数は5万4180人(男2万4938人、女2万9242人)。【後藤俊介】

==============
 ◇山陽小野田市議選立候補者(定数24−26、届け出順)

平原廉清  68 無新    不動産鑑定士[歴]大和銀行員

尾山信義  57 無現(1) 市職労特別執行委員[歴]市職員

矢田松夫  57 無新    自治会副会長[歴]厚狭郵便局職員

山田伸幸  52 共現(1) 叶松第4自治会長[歴]旧国鉄職員

福田勝政  64 無現(1) 有帆建材工業所社長[歴]会社員

吉永美子  52 公現(1) 党県女性局次長[歴]生保会社員

千々松武博 62 無現(1) 損保店経営[歴]厚狭高PTA会長

大空軍治  68 無現(1) 保護司[歴]化学会社員▽市議会議長

高松秀樹  48 無現(1) 広告業[歴]小野田JC副理事長

伊藤実   49 無現(1) ガス販売業[歴]厚狭高PTA会長

伊藤武   62 無現(1) [元]JR西日本社員[歴]連合山口役員

下瀬俊夫  62 共新    党市委役員[歴]党県南部地区委員長

大井淳一朗 37 無元    行政書士▽地区社協役員[歴]旧市議

松尾数則  60 無新    農業[歴]建材試験センター職員

三浦英統  69 無現(1) 農業▽農協理事▽西側自治会長

江本郁夫  53 無現(1) 保護司▽運送会社長[歴]JC理事長

中島好人  58 共現(1) 党北南地区常任委員[歴]会社員

衛藤弘光  70 無現(1) [元]会社員[歴]自治会長▽行政相談員

河崎平男  61 無新    農業[歴]市部次長▽旧山陽町職員

中村博行  59 無新    学習塾経営[歴]古開作東自治会長

二歩材臣  67 無現(1) 会社員▽秋山土地改良区理事長

岩本信子  57 無現(1) 浴場経営[歴]高千帆中PTA役員

小野泰   61 無現(1) 小野田工高同窓会長[歴]化学会社員

石田清廉  68 無新    塗料販売業[歴]小野田LC会長

河野朋子  50 無現(1) 公民館運営委員[歴]小学校教諭

硯谷篤史  57 無現(1) [元]建築会社員[歴]市議会副議長

==============

 氏名▽年齢▽党派▽現元新▽当選回数▽肩書([歴]以下は主な経歴)

〔山口版〕
【関連記事】

* 議会:長門市 /山口
* 関門書道展:30回目、記念の大字を揮毫 /山口
* ふるさと歴史講座:「幕末青年の志」一坂さんが講演−−周南 /山口
* 長門市:副市長に阿野氏 /山口
* 伊藤博文:没後100年記念、先祖墓碑を修復−−萩市・報恩寺 /山口

毎日新聞 2009年9月28日 地方版

434 チバQ :2009/10/12(月) 23:42:17
ださっ
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20091011ddlk32010330000c.html
選挙:大田市長選 温泉川氏、立候補表明 「『石見銀山市』に改称を」 /島根
 任期満了に伴う大田市長選(18日告示、25日投開票)について、無所属新人で建設金物会社社長の温泉川(ゆのかわ)孝氏(68)=神奈川県湯河原町土肥2=が9日夜、立候補の意向を表明した。毎日新聞の取材に対し温泉川氏は「無投票選挙を避けようと立候補を決めた。自由に物が言える市政を目指し、『石見銀山市』への改称、場外馬券売り場の誘致などを実現したい」と語った。

 温泉川氏は旧温泉津町出身。日大法学部卒業。78年から神奈川県湯河原町で住宅の手すりなどを製作する会社を経営しており、03年に同町長選に無所属で立候補し落選している。

 05年10月に旧大田市、旧仁摩町、旧温泉津町が対等合併した際、合併協議会が決めていた新市名「石見銀山市」を、「大田市」に変更。07年に新しい市議会が市名を「現行のままに」との結論を出し、最終的に市が現在の市名に決定していた。

 同市長選には、現職の竹腰創一氏(59)が再選を目指し立候補する意向を表明している。【鈴木健太郎】

435 とはずがたり :2009/10/13(火) 00:12:13
もう済んだ話しなのにねぇ。。>石見銀山市

どうせなら歴史ある迩摩郡から迩摩市とすりゃええがねと思って調べたら旧大田市は元々概ね安濃郡だったそうな。。。

436 チバQ :2009/10/13(火) 17:59:13
http://www.chugoku-np.co.jp/senkyo/kenchiji/09/news/Kn09101101.html
民主、湯崎氏支援へ 県政会・連合と歩調 '09/10/11

--------------------------------------------------------------------------------

 広島県知事選(22日告示、11月8日投開票)で、民主党広島県連は10日、無所属で立候補を表明している元通産官僚で経営コンサルタントの湯崎英彦氏(44)=広島市西区=を支援する方針を固めた。県連は9日、独自候補の擁立を断念していた。

 県連はこの日、南区で同党県議が所属する県議会会派の民主県政会(14人)、支持団体の連合広島との3者で対応を協議。湯崎氏の支援を決めている民主県政会と連合広島に歩調を合わせ、支援することを申し合わせた。

 協議後、県連の佐藤公治代表は「3者の信頼関係を大事にしたい」と説明した。湯崎氏は特定政党に推薦申請をしない考えで、具体的な支援方法は今後、県連の幹事会で決める。また、連合広島は、湯崎氏と政策協定を結ぶ手続きに入る。

 知事選をめぐっては9日、自民党県連も独自候補の擁立を断念した。一方で同党県議の河井案里氏(36)=安佐南区=が無所属での立候補を表明。桧山俊宏元県議会議長が事実上率いる県議会の自民党議員会(15人)が、河井氏を支援することを決めている。

 これに対し、林正夫議長が所属する県議会の自民刷新会議(16人)は湯崎氏の支援を決定。議会運営での連携を背景に、自民党系の一部と、民主党系の勢力が湯崎氏を支援する構図が固まった。

 知事選には湯崎、河井両氏のほか、広島県立大名誉教授で経営コンサルタントの若井具宜(ともぎ)(61)=東区▽県議の柴崎美智子(54)=西区▽学習塾経営の川元康裕(41)=安佐南区―の3氏が無所属で、共産党県委員長の村上昭二氏(62)=広島県府中町=が党公認で、立候補を表明している。(永山啓一)



http://www.chugoku-np.co.jp/senkyo/kenchiji/09/news/Kn09101201.html
3連休「顔」アピール 各陣営、前哨戦が本格化 '09/10/12

--------------------------------------------------------------------------------

 任期満了に伴う広島県知事選(22日告示、11月8日投開票)に向け、立候補予定者6人の大半は3連休中日の11日、人出を求めて商店街やイベント会場に繰り出し、「顔」や政策をアピールした。告示後の選挙ポスター張りの準備に入った予定者もいた。投開票まで1カ月を切って顔ぶれがほぼ固まり、前哨戦が本格化している。

 広島県立大名誉教授で経営コンサルタントの若井具宜(ともぎ)氏(61)=広島市東区=は、自宅で立候補届の書類や、告示後に県内約8600カ所に掲示する選挙ポスター張りの準備をした。

 東広島市であった「酒まつり」を訪れたのは、元通産官僚で経営コンサルタントの湯崎英彦氏(44)=西区。同窓生たちが「広島県政に挑戦します」と声を張り上げ、来場者に名刺を配った。

 広島市内を中心に活動する姿が目立った。県議の柴崎美智子氏(54)=西区=は、区内で街頭演説した後、近所にあいさつ回りをした。積極的な企業誘致で県民の所得を上げ、豊かな暮らしを築く―などの政策を訴えていた。

 学習塾経営の川元康裕氏(41)=安佐南区=は、中区の商店街やJR広島駅前(南区)で街頭演説。「教育格差が急速に広まっている」と教育や福祉政策を最優先にする姿勢をアピールした。

 共産党県委員長の村上昭二氏(62)=広島県府中町=は、市内8カ所で街頭に立ち、演説やビラ配りをした。西区のJR横川駅前では「税金の無駄遣いをやめ、県民が主人公の県政に」と訴えた。

 県議の河井案里氏(36)=安佐南区=も、中区の商店街で演説し、「この16年間で停滞した広島を変える」と力を込めた。安佐南区での運動会や祭りにも駆け付け、握手して会場を回った。

437 名無しさん :2009/10/13(火) 20:35:15
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date1&amp;k=2009101300327
自民県議が出馬表明=広島県知事選
 任期満了に伴う広島県知事選(11月8日投開票)で、自民党県議の河井案里氏(36)は13日、広島市内で記者会見し無所属での出馬を表明した。
 藤田雄山知事(60)は5選不出馬を表明済み。河井氏は今月8日、同党県連に推薦を申請。しかし、異論が出たため自主投票が決まった。民主党県連は連合広島とともに、無所属で立候補を表明している経営コンサルタントの湯崎英彦氏(44)を支援する。このほか、共産公認の村上昭二氏(62)ら4人が出馬を表明している。(2009/10/13-12:21)

438 名無しさん :2009/10/14(水) 21:08:30
下関(定数10)で非労組系を一人以上追加したい
下松・山陽小野田(ともに定数2)で公認or推薦候補を通したい
できれば山口(定数6)でも一人増やしたい
萩(定数2)・長門(定数1)で公認or推薦候補を出したい
岩国(定数5)は共産も強いから、難しそう・・・
----
http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000000910140001
  県内では現在、山口市や周南市など8市に同党の党籍を持った市議計11人がいる。県連は今後、各自治体に3人は党籍を持った
議員をおきたい考えで、県議会でも候補者のいない選挙区をなくし、県議全体で10人を目指すという。

439 とっとり1区←神奈川2区 :2009/10/15(木) 02:10:19
鳥取市長選、民主の候補が明らかになりました。
ネットには出てないですけど、ソースは山陰中央新報です。

朝日新聞鳥取総局次長の砂場隆浩氏を、無所属・民主推薦で擁立するとのこと。
砂場氏は、既に辞表を提出し、13日付で受理。
今月31日の、民主県連常任幹事会で、正式決定する見通し。

あぁ、上司じゃなくて本当に良かった…。

440 とはずがたり :2009/10/15(木) 02:46:39
おおっ。遂に判明っすか。鳥取は石破が強いからなかなか難しそうではありますが。。。

>あぁ、上司じゃなくて本当に良かった…。
まぁ例え本当に上司でも上司じゃないと云う事にしとかないととっとり1区さんの職場がばれちゃいますよね!?(笑)

441 チバQ :2009/10/15(木) 19:51:21

http://mainichi.jp/area/tottori/news/20091015ddlk31010514000c.html
選挙:鳥取市長選 民主は砂場氏擁立へ 県連、支持団体に伝える /鳥取
 民主党県連が任期満了に伴う鳥取市長選で元朝日新聞鳥取総局次長の砂場隆浩氏を擁立する方針を固めたことが14日、分かった。無所属で出馬し、民主党が推薦する方針。31日の県連常任幹事会で正式決定する予定。

 鳥取市内で9日開かれた県連の会合で、県連幹部が支持団体に砂場氏を推薦する方針を伝えた。

 砂場氏は今月5日時点の取材に対し「打診があれば出てもいいが、ないだろう」と話していた。

 砂場氏は、県内勤務が長く、県政や鳥取市政などを担当。米子支局長を経て今春、鳥取総局次長に転じていた。同社大阪本社によると、「一身上の理由」で辞表を提出。13日付で退社したという。【遠藤浩二】

442 チバQ :2009/10/15(木) 20:09:10
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/article.aspx?id=20091015000076
観音寺市議選に公認3人を擁立/民主党県連
2009/10/15 09:27
 来月1日告示の観音寺市議選について、民主党県連(小川淳也代表)は14日、公認候補3人を擁立すると発表した。香川県内では政権交代後初めての選挙で、民主党空白区での党勢拡大を図るのが目的。

 観音寺市議選の公認候補は、新人2人と現職1人。いずれも民主党県連が公募により選考した。同市長選での擁立は見送った。

 民主党県連は、3日に地域戦略会議を設置。来夏の参院選や知事選をはじめ、ほかの地方選挙でも候補者を公募し、中央と地方行政のねじれ解消に向けた擁立を進める方針。

443 チバQ :2009/10/15(木) 20:24:57
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200910150336.html
【速報】広島県知事選、7人目立候補表明 店員の倉中氏 '09/10/15

--------------------------------------------------------------------------------

 広島県知事選(22日告示、11月8日投開票)に、アルバイト店員の倉中政記氏(33)=広島市中区=が15日、無所属で立候補すると表明した。立候補予定者は7人となった。

 知事選にはこれまでに、広島県立大名誉教授で経営コンサルタントの若井具宜ともぎ氏(61)=東区▽元通産官僚で経営コンサルタントの湯崎英彦氏(44)=西区▽広島県議の柴崎美智子氏(54)=西区▽学習塾経営の川元康裕氏(41)=安佐南区▽共産党県委員長の村上昭二氏(62)=広島県府中町▽県議の河井案里氏(36)=安佐南区―の6氏が立候補を表明している。

444 名無しさん :2009/10/15(木) 21:22:52
観音寺といえば、前回の県議選では候補を立てられなかったところですね
なかなかチャレンジングといえるでしょう

445 チバQ :2009/10/16(金) 10:25:29
>>434
http://mytown.asahi.com/shimane/news.php?k_id=33000000910160002
大田市長選 18日に告示
2009年10月16日


9月の連休には観光客でにぎわった石見銀山遺跡の町並み保存地区=大田市大森町

◆観光・財政など課題/医師補充も厳しく◆


 大田市長選が18日告示される。旧大田市・旧仁摩町・旧温泉津町が合併し今の大田市となって4年。その間、石見銀山遺跡の世界遺産登録が実現したものの、人口(住民基本台帳)は合併時より約2千人減って3万9951人(10月1日現在)に。観光客の伸びは一段落し、財政再建などの課題も抱える。(中村正夫)


■銀山・三瓶観光


 市の推計によると、石見銀山遺跡に来た観光客は05年が34万人だった。世界遺産登録の翌年にあたる08年には81万人を超え、市全体では同年188万人と3年間で1・6倍に増えた。これを機に観光を産業の柱にしようと市は期待を込めるが、課題も見え始めた。


 観光客の増加に伴って地元住民が騒音などに悩み、龍源寺間歩(ま・ぶ)へのバス路線を廃止。銀山への観光客は今年減少に転じ、9月現在で前年比68%に減った。


 一方、年間約60万人が訪れる三瓶山は、スキー場などを運営する市保養施設管理公社が赤字続き。年3千万円以上の助成が市財政を圧迫することから来年1月に公社は解散し、観光施設を市が買い取る。


■財政


 市の借金に当たる市債の残高は05年度決算で389億円あった。市は、職員数の削減などを盛り込んだ5年間の集中改革プランをつくって行財政改革を進め、08年度で349億円へ借金を減らした。


 とはいえ、一般的な支出に占める借金返済の割合を示す実質公債費比率は08年度で20・6%。県内他市町村と同様、起債に県の許可がいる基準の18%を上回る。


 市は、実質公債費比率を12年度で19・3%にまで下げ、最終的には18%未満に抑える目標を掲げるが、10年度以降の財政再建計画はまだできていない。


■医師不足と処分場


 最低3人は欲しいという市立病院の常勤外科医が10月から1人減った。残る2人も、いつまで確保できるか分からない状態だ。市は、県などを通じて後任を探しているが、補充のめどは立っていない。


 不燃物処分場を仁摩町宅野に市が新設する計画は、反対地権者との交渉が進んでいない。白紙撤回を求める住民団体の「宅野の自然と生活環境を守る会」と市との接触も途切れたままだ。


 市は、収集した不燃ごみの選別をきびしくするなどして3カ所ある処分場の延命を図る一方、反対地権者との交渉を進めたい考えだ。

446 名無しさん :2009/10/16(金) 16:49:54
>>442>>444
しかも観音寺は、あの大平正芳氏の地元でもありますからね。そんな場所で、民主党の公認候補を擁立するだけでも快挙と言えますね。是非とも頑張って戴きたいですね。

447 とはずがたり :2009/10/16(金) 17:12:34
しかも3人って結構な人数ですよね。
楽しみでもあり,共倒れが不安でもあります。。

448 チバQ :2009/10/16(金) 21:43:01
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shimane/news/20091012-OYT8T00013.htm
浜田市長選 現新2氏立つ 定数8減 市議選は33人 混戦に
 浜田市長、市議(定数28)のダブル選が11日、告示された。新市誕生から4年を経ての改選。市長選には、再選を目指す現職の宇津徹男氏(66)(無所属=自、公推薦)と、新人で税理士の森谷公昭氏(53)(諸派)の2人が立候補し、市議選には33人が届け出た。市長選は旧浜田市時代の2000年4月以来の選挙戦となった。

 宇津候補は、選挙事務所近くの同市紺屋町の広場で出陣式。支援者約300人を前に、浜田医療センターへの支援や行財政改革への意欲を語り、「時代は変わっても、市役所が市民と提携する姿勢は変えてはならない。心新たに取り組みたい」と訴えた。

 森谷候補は自ら立候補を届け出た後、同市殿町の市役所前で第一声。「市民の声を聞く場所を設けるために立候補した。市の財政のチェック、経理の監査に力を入れたい。若い私を市政の場で活躍させてほしい」と訴え、ポスターを張りながら市内を回った。

 市議選の立候補者は現職27人と新人6人。党派別では公明、共産、社民が各2人で残りは無所属。定数が36から8減となり、旧市町村ごとの選挙区も廃止されたため、混戦模様になっている。

 投票はいずれも18日午前7時から午後8時まで(一部繰り上げ)、市内104か所であり、開票は同日午後9時10分から同市野原町の県立大体育館で。期日前投票は12〜17日の午前8時半〜午後8時の間、市役所など市内5か所でできる。有権者数は10日現在、4万9987人。

(2009年10月12日 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shimane/news/20091015-OYT8T01214.htm
浜田市ダブル選 過熱 投票率80%超も
 浜田市長、市議のダブル選挙は終盤戦を迎え、熱を帯びてきた。得票とともに注目される投票率は、80%を超えるとの見方が大勢を占めている。

 浜田市で、ダブル選挙になるのは、旧市時代の1971年4月以来、38年ぶり。この時は統一地方選で行われ、市長、市議ともに投票率は90%を超えた。

 その後、当時の市長の死去に伴い、市長選が72年に行われたためにずれたが、以後の市長選は、新人同士の激戦だった2回で投票率が80%を超えた以外は低調で、旧市最後の2000年も54・77%だった。

 市議選も徐々に下がり、旧市最後の03年は75・67%。新市発足による設置選挙となった前回05年は、旧郡部の投票率の高さに支えられ全市平均で78%台に。今回はダブル選となったことや市議選の激戦化から、市選管や各陣営は、投票率がさらに上がると見ている。

 市選管によると、14日までの期日前投票者は847人で、前回市議選の最初の3日間を8・5%上回った。日を追うごとに投票者は増えており、市選管は「週末にさらに投票者が増えるのでは」としている。

(2009年10月16日 読売新聞)

449 チバQ :2009/10/16(金) 21:43:43
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shimane/feature/matue1255095652399_02/news/20091009-OYT8T01097.htm
明日の浜田 市長・市議選を前に

<上>手厚い配慮 独自に予算
旧市町に自治区制度


旭自治区の事業として建てられた地域交流プラザ「まんてん」(浜田市旭町丸原で、4月11日撮影) 浜田市旭町に4月オープンした公設民営の商業施設、地域交流プラザ「まんてん」。ナシや小松菜など地場産の果物や生鮮野菜をはじめ、弁当などのさまざまな食料品が並び、半年間で約5万人の買い物客が訪れた。近くに昨年10月に開所した官民協働の刑務所「島根あさひ社会復帰センター」職員らも訪れる。

 施設整備費は6000万円。旭自治区の独自の投資枠から支出した。全市枠での予算化も検討されたが、旭自治区の意向で昨年9月の補正予算に計上、その半年後のスピード開店にこぎ着けた。

 花本博文・旭自治区長は「市全体の様々な事業の中で優先順位を判断されるより、自治区の最優先事業として取り組む方が早くできると判断した」と話す。

    □ ■

 2005年10月に5市町村が合併して誕生した新・浜田市は、旧市町ごとに一定の予算や権限を残す「自治区制度」を導入した。自治区に、独自の事業に充当できる地域振興基金、予算の枠など財源を残し、常勤特別職の区長を置いた。

 合併で誕生した自治体にとって、周辺部の衰退を危ぶむ声に応えるのは共通の課題だ。旧市町村の事業や課題についての地域協議会や地域審議会を設けた松江、出雲、益田など他の合併市と比べ、浜田市は旧市町に対し、手厚く配慮している形だ。

 5自治区は2008年度、地域振興基金計7億2500万円を様々な独自の事業に充てた。三隅自治区は、CATVのデジタル化に2億2400万円を投資。弥栄自治区は、農産物加工施設の用途変更に伴う国への補助金返還(約8000万円)を支出した。

    ■ □

 市はこの自治区制度の検証のため、地域協議会委員や住民団体らの声を、8月にまとめた。

 「住民に安心をもたらした」と評価する声が多かった。一方、課題も指摘された。地域振興基金には「各自治区の残高の差が大きい」、「早く市全体のために有効活用を」。地域協議会については「報告の場でなく協議の場として活用を」、区長については「部長より給与が高い特別職を置く必然性があるのか」。そんな疑問の声も出た。

 自治区の設置期間は、新市誕生から10年間と合併協議で定めている。市独自の方式がよりよい結果を導き、その後も続くのか、注目される。

     ◇

 新市誕生から4年。市長、市議の初めての改選を迎えた浜田市の課題を検証する。(浜田支局長・早川達也)

(2009年10月9日 読売新聞)

450 チバQ :2009/10/16(金) 21:44:23
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shimane/feature/matue1255095652399_02/news/20091009-OYT8T01102.htm
明日の浜田 市長・市議選を前に

<下>図書館 早期建設に含み
シビックコア構想


シビックコア構想で文化施設の予定地となっている駐車場。左奥が市役所(浜田市殿町で) 浜田市が掲げるシビックコア構想。同市殿町の市役所周辺に、国の合同庁舎や市の文化施設などを集め、市の核を整備するプランだが、合併や市の財政状況などの変化を受けてなかなか前進せず、見直しが課題となっている。

 旧浜田市時代の2002年にまとめられた構想は、市役所東側1・2ヘクタールを再開発。老朽化した市民集会所の敷地約5100平方メートルに市役所分庁舎や図書館が入る文化施設を建設し、松江地方法務局浜田支局の場所に合同庁舎を建て、分散している税務署、ハローワーク、社会保険事務所など9機関を集めるとした。

 だが、05年の新市誕生以降、情勢が大きく変わった。浜田医療センター移転などの事業が優先され、同年取り壊された市民集会所の跡地も、合併で必要になった東分庁舎が暫定的に建てられ、残りは市役所のメーン駐車場になった。合同庁舎計画も、国の庁舎建て替えの抑制方針のため、メドが立っていない。

     ◇

 その中で、市民の要望が高い図書館も、シビックコアにこだわらずに建設する案が浮上している。

 同市の中央図書館として、年間約10万3000冊を貸し出す市立浜田図書館は、建築から40年が経過し、県内8市の中央図書館では最古。敷地面積は約350平方メートルで、2階建ての延べ床面積は690平方メートルしかなく、8市平均の1600平方メートルの半分にも満たない。このため同市教委は02年、市民集会所跡地の文化施設に延べ床面積3300平方メートル以上の施設を造る計画をまとめた。

 市側は3月、「図書館をシビックコアに建設する場合は14、15年度になる」と議会答弁。しかし議員の中には、「早期建設のため、新たな場所も選択肢に入れるべき」との声もある。11月に移転する浜田医療センター(同市黒川町)の跡地2万6500平方メートルが候補になりそうだ。

 勝田秀幸・市建設部長は「国の合同庁舎は市民サービスの面からも必要。建設を要望するためにはシビックコア構想の看板は下ろせない」としながらも、「選択肢は色々ある」と含みを持たせる。

 (早川達也)

(2009年10月10日 読売新聞)

451 名無しさん :2009/10/17(土) 12:37:23
http://mytown.asahi.com/kagawa/news.php?k_id=38000000910170003
新政権発足から1カ月、地方への影響は?
2009年10月17日

 鳩山政権が誕生して16日で1カ月。発足以来、高い支持率を維持しているが、高松道の4車線化凍結といった大型公共事業の見直しなどによって、県内でも波紋が巻き起こっている。大胆な政策転換は県民一人ひとりに直結するものが多いことから、今後、地域の政策もますます問われることになる。県内では11月の観音寺市長・市議選をはじめ、来年に参院選、知事選と続く一連の選挙が注目される。(佐藤常敬、林亜季)
 11月1日告示、8日投開票の観音寺市長選挙では、現職の白川晴司氏(63)と同市議の藤田芳種氏(60)が立候補の意思を明らかにしている。同じ日に行われる市議選は24の議席が争われる。政権交代して初めての県内の自治体選挙とあって「民主のくさびを地方に打ち込みたい」と民主党県連幹部。その後は三豊市長と同市議選などが続き、来夏には参院選、来秋には知事選と目白押しだ。
 参院選では、民主党、自民党とも候補者を公募で決める方針を固め、準備を進めている。政策転換をスムーズに行いたい国政与党、民主党にとっては、地方選での勝敗がカギの一つ。自民党にとっては、政権奪還を果たすための重要な足がかりとなる。

452 チバQ :2009/10/17(土) 16:58:33
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20091016ddlk32010441000c.html
大田市政の課題:市長選を前に/上 止まらぬ人口減少 /島根
 ◇中心街は“シャッター街” 「どこにも元気な場所ない」
 「世界遺産・石見銀山」「国立公園・三瓶山」の案内標識が立つ市の玄関口・JR山陰線大田市駅。市の中心市街地はこの南側に広がる。一番のにぎわいがあるはずの商店街は軒並み“シャッター街”と化し、行き交う人も少ない。朝から晩まで静かな通りになっている。「昔は人がたくさんいて、町中が子どもの遊び場だったんですが」。大田町に住む地元出身の無職女性(69)はため息をつく。

 「市の勢いというのは、その町の中心地、玄関口を見れば分かります。残念ながら、今は市のどこにも元気な場所はありません」と話すのは、大田商店会連合会会長である月森和弘市議(63)。地元の米穀店経営者として、中心市街地最大のイベントである「彼岸市」で街のにぎわいを取り戻そうと図る中心人物の一人だが、「商店主にとって、商圏の縮小は死活問題ですが、進む人口減少に決定的な対策はなかなか見つかりません」とあせりを見せる。

 益田、浜田と並び「石見三田(さんだ)」と呼ばれ、石見地方の主要都市の一つとされる大田だが、人口はこの3市で最も少ない。県内8市の中で唯一、過疎地域自立促進特別措置法(過疎法)に基づき、過疎対策の公債の発行などを認められた「過疎市」だ。

 05年10月、旧大田市、旧仁摩町、旧温泉津町が合併して発足した現在の市だが、合併時(10月1日時点)に4万2046人だった人口は、翌06年4月には4万1564人、08年4月には4万614人と減り続け、今年10月には3万9951人と4万人台を切っている。今年3月には、子どもの減少などを理由に、市内最後の私立幼稚園が閉園。全国的に少子高齢化が問題化しているが、「子どものいない町」に対する危機感は県内市の中でも特に大きい。市は総合計画の中で、「大田ブランド」の確立による地場産業の強化、子育て支援強化などの柱を掲げて人口の増加と流出の阻止を図っており、3歳未満の乳幼児医療無料化など独自の支援策を実施しているが、人口減少の歯止め、にぎわい復活に向けた“特効薬”は見つかっていない。

 5歳児の長女を持つ同市長久町の主婦(30)は「娘がここで大人になった時どれほど街が寂しくなっているのか、と想像してしまうと、少し怖いです。地元に残ってくれるでしょうか」と、次世代の大田に不安を見せていた。

   ◇

 任期満了に伴い、18日告示、25日に投開票が行われる大田市長選。現職、新人の無所属2人が立候補を表明している。次の4年間に向けて解決すべき市政の課題を探る。【鈴木健太郎】

453 チバQ :2009/10/17(土) 16:59:18
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20091017ddlk32010682000c.html
大田市政の課題:市長選を前に/下 世界遺産・石見銀山遺跡 /島根
 ◇「観光の目玉」は“黄信号” 教材としての活用策急務
 今年9月、大田市の世界遺産・石見銀山遺跡で初めて、「県地球温暖化防止活動推進員」らの研修会が行われた。地球温暖化防止に向け、普及啓発、助言、情報提供をするボランティアとして県が委嘱した推進員らは、山に入り、鉱山と街が一体となった同遺跡を見学。産業と環境の両立について学んだ。

 研修を企画した「しまね自然と環境財団」(県地球温暖化防止活動推進センター)の伊藤はるか企画員は「自然と共生しながら世界経済を動かすだけの銀を産出し続けた石見銀山は、産業、生活と経済のあるべき姿を学ぶいい材料」と語った。

 7月に世界遺産登録2周年を迎えた同遺跡。観光入り込み客数は、登録以前より増えているものの、減少傾向に。市は「世界遺産ブームがようやく落ち着いた」として、単なる観光地でなく、見て、感じて、学ぶ社会教育の「教材」としての位置を強めている。

 すでに、市内外の生徒・児童を中心に、間歩(坑道)内の見学や世界遺産センターでの実習は行われているが、一般の観光客に対しても、昨年からは「歩く観光」を目玉としてアピール。銀山の歴史を事前に“予習”してから、間歩跡や製錬所跡、鉱山とともに栄えた大森の町並みを歩く、という学習志向の観光客も増えている。

 兵庫県尼崎市から銀山を訪れた会社員の和田美佐さん(35)は「毛利氏から徳川幕府の財政を支えた銀山を実際に見られてよかった」と話していた。

 しかし、同遺跡が大田はもちろん島根全体の観光の目玉であることは変わりはない。今年に入って9月までの大森地区の入り込み客は42万6900人で、前年同期比で32%減少しており、観光地としては明らかな“黄信号”だ。市では石見銀山課を中心に、遺跡の調査と保存、より多くの集客ができる遺跡に向けて整備を模索。同遺跡の保存・活用のための「石見銀山基金」の具体的な運用を考えるNPO法人設立の準備に入っている。中世から近代の日本の歴史の証人であり、教材であるこの銀山が再び「埋もれて」しまわないための方策は、早急に求められている。【鈴木健太郎】

454 名無しさん :2009/10/18(日) 14:16:37
もうこの際、湯崎でいいから勝ってくれ。

http://www.chugoku-np.co.jp/senkyo/kenchiji/09/news/Kn09101701.html

亀井静氏が河井氏支援へ '09/10/17

--------------------------------------------------------------------------------

 任期満了に伴う広島県知事選(22日告示、11月8日投開票)で、国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相(広島6区)は16日までに、自民党を離党した県議の河井案里氏(36)=広島市安佐南区=を支援する考えを系列県議などに伝えた。

 民主党県連は、元通産官僚で経営コンサルタントの湯崎英彦氏(44)=西区=を支援する方針で、社民党県連合は自主投票の公算。与党3党は対応が分かれる事態となった。

 亀井氏は、河井氏が無所属での立候補を表明した13日以降、6区内の県議たちに「河井氏を応援する」と伝えていた。中国新聞の取材に亀井氏は「河井氏は自民党を離党した。地元で開く国政報告会に呼ぶつもりだ」と話した。

 社民党県連合は19日に最終方針を決める。金子哲夫代表は「民主党が独自候補の擁立を断念し、立候補予定者からも推薦申請が出ていない」として、自主投票の方向を示す。

 知事選にはこのほか、広島県立大名誉教授で経営コンサルタントの若井具宜(ともぎ)氏(61)=東区▽県議の柴崎美智子氏(54)=西区▽学習塾経営の川元康裕氏(41)=安佐南区▽共産党県委員長の村上昭二氏(62)=広島県府中町―が立候補を表明している。(知事選取材班)

455 とはずがたり :2009/10/18(日) 23:56:55
高知県議会
http://www.pref.kochi.lg.jp/~gikai/assemblymemberlist.htm
●会派別議員名簿 (09/07/17現在)

■自由民主党<15>
桑名 龍吾(くわな りゅうご)
高野 光二郎(たかの こうじろう)
武石 利彦(たけいし としひこ)
中西 哲(なかにし さとし)
三石 文隆(みついし ふみたか)
森田 英二(もりた えいじ)
浜田 英宏(はまだ ひでひろ)
樋口 秀洋(ひぐち ひでひろ)
山本 広明(やまもと ひろあき)
溝渕 健夫(みぞぶち たてお)
元木 益樹(もとき ますき)
土森 正典(ともり まさのり)
西森 潮三(にしもり しおぞう)
結城 健輔(ゆうき けんすけ)
西岡 寅八郎(にしおか とらはちろう)

■南風(みなみかぜ)<2>
清藤 真司(きよとう まさし) 香南市選挙区
ふぁーまー土居(ふぁーまーどい)高知市選挙区←何者じゃいw無所属でトップ当選。
=07年県議選=
香南市 定数2−候補4 (選管確定)
得票数(得票率) 氏名 年齢 党派 新旧 当選回数 代表的肩書
当 6,478(39.2%) 清藤 真司 41 無所属 新 1 (元)夜須町長
当 4,075(24.6%) 梶原 大介 33 無所属 新 1 (元)参議員秘書
□ 3,655(22.1%) 森 雅宣 58 自民 現 団体組合長
□ 2,336(14.1%) 上田 瀧雄 63 無所属 新 通信会社役員

■県政会<8>←旧橋本与党
梶原 大介(かじはら だいすけ)
横山 浩一(よこやま こういち)
上田 周五(あげた しゅうご)
式地 寛肇(しきじ ひろただ)
黒岩 直良(くろいわ ちょくよう)
佐竹 紀夫(さたけ みちお)
中内 桂郎(なかうち けいろう)
植田 壮一郎(うえた そういちろう)

■公明党<3>←全員高知市選出
西森 雅和(にしもり まさかず)
黒岩 正好(くろいわ まさよし)
池脇 純一(いけわき じゅんいち)


■県民クラブ<5>←民主・社民・連合系
大石  宗(おおいし しゅう)
坂本 茂雄(さかもと しげお)
井上 自由(いのうえ よりよし)
田村 輝雄(たむら てるお)
江渕 征香(えぶち せいか)

■西風(にしのかぜ)<1>
沖本 年男(おきもと としお)宿毛市・大月町・三原村選挙区←共産党単独推薦候補か。
=07年県議選=
宿毛市・大月町・三原村 定数2−候補3 (選管確定)
得票数(得票率) 氏名 年齢 党派 新旧 当選回数 代表的肩書
当 7,509(38.8%) 中西 哲 55 自民 現 3 党県政調会長
当 6,438(33.3%) 沖本 年男 58 無所属=共産 新 1 (元)宿毛市議
□ 5,401(27.9%) 二神 正三 60 無所属 現 (元)宿毛市議

■日本共産党と緑心会<5>
中根 佐知(なかね さち)
谷本 敏明(たにもと としあき)←共産系無所属候補
米田 稔(よねだ みのる)
塚地 佐智(つかじ さち)
田頭 文吾郎(たがしら ぶんごろう)
=07年県議選=
須崎市 定数1−候補2 (選管確定)
得票数(得票率) 氏名 年齢 党派 新旧 当選回数 代表的肩書
当 7,470(54.5%) 谷本 敏明 64 無所属 現 2 農業=緑新会所属(共産系)
□ 6,230(45.5%) 朝比奈 利広 68 無所属=自民・公明 現 会社役員

456 名無しさん :2009/10/19(月) 00:14:49
>>455
ふぁーまー土居は高知県では非常に有名なローカルタレント
芸名の通り本業は農業だったのだがラジオ出演をきっかけに活動範囲を増やしてテレビのレギュラーも持っていた

西風の沖本氏は議長選問題で共産党を除籍されている
除籍前から別会派で動いていたがそれについては党にとらわれず地元代表で幅広く活動したいという意向を党も認めていたらしい

457 とはずがたり :2009/10/19(月) 01:08:44
>>456
解説感謝ですm(_ _)m
肩書きが農業なのにいきなりトップ当選とは?!と思いましたがタレント候補だったんですねぇ〜。
沖本氏にはそんな経緯が。次はどうなりましょうかねぇ。。

458 カレンちゃん :2009/10/19(月) 16:24:00
ここって私しか知らないのかな?
↓    ↓    ↓
http://magiclien.com/?sk4

知ってる人が居れば情報ください!

459 チバQ :2009/10/21(水) 22:19:48
http://mainichi.jp/area/tottori/news/20091020ddlk31010625000c.html
漂流斎場:倉吉市長選の焦点/上 建設の是非問う /鳥取
 倉吉市の出直し市長選が25日に告示、11月1日に投開票される。長谷川稔前市長(62)が、来年4月の任期満了を前に新斎場建設の是非を問うとして辞職。川部洋市議(44)と増井寿雄前副市長(62)も立候補を表明しており三つどもえの激戦になりそうだ。難航している鳥取中部ふるさと広域連合の新斎場建設は、構成中核市に市長選をもたらし、選挙の焦点になった。

 新斎場建設は、現在の摩瑠山斎場(倉吉市馬場町)が老朽化したため持ち上がった。中部圏域の人口は約11万人。自前の斎場を持つ琴浦町を除く倉吉▽湯梨浜▽北栄▽三朝の1市3町がこの斎場を使用する。

 広域連合は06年5月、4市町が推薦した候補地から、幹線道路までの距離や面積などの基準を満たす同市谷の採石場跡地を選択した。翌月、候補地になったことを住民に説明。スポーツ広場が整備されると信じていた元地権者や住民は「寝耳に水」と反対したが、連合議会は候補地として決定した。

 市側と住民との話し合いはこじれた。元地権者らは「採石場跡地はスポーツ広場として整備するよう要望して市に寄付した」として、土地譲渡の無効を求めて提訴。鳥取地裁は、元地権者の請求を退けたが、元地権者は争う姿勢を崩しておらず、控訴した。

 現在の摩瑠山斎場は55年の建設。供用開始から半世紀以上がたった。4基ある炉は幅52センチ、長さ180センチと、近年主流になっている棺のサイズより小さい。近隣の葬儀会社は斎場に合わせて棺を手配しているが、圏外から運ばれた棺が炉に収まらなかったこともあったという。

 着火から収骨まで約2時間半もかかり、通常より1時間も長い。1日8件の受け入れが限度だ。駐車場も12台分しかなく、利用が重なると渋滞が起こる。待合室も2部屋しかない。告別室は50人が入ればいっぱいだ。修繕を繰り返しながら何とか使用している。

 一方、11年度の供用開始を目指す広域連合が作った新斎場のイメージ図や計画は別次元だ。1万平方メートルのひろびろとした敷地に、市の観光名所、赤瓦をイメージさせるモダンな外観の斎場が建つ。これまでより大きいサイズの4基の炉と予備炉が備えられ、待合室は4室。80人以上を収容できる玄関ロビーや70台が駐車可能なスペースも確保した。

 摩瑠山斎場を利用した人の多くが、新斎場の必要性にうなづく。イメージ図にある新斎場と現状との差も歴然だ。4市町の住民が恩恵を享受する施設であることははっきりしている。ただ、全体の利益のために一部の住民の声を抑え込んで進めるのか。計画当初に住民との間で掛け違えたボタンを時間をかけて直すのか。老朽化は進んでおり、時間はあまり残されていない。【武内彩】

460 チバQ :2009/10/21(水) 22:20:35
http://mainichi.jp/area/tottori/news/20091021ddlk31010404000c.html
漂流斎場:倉吉市長選の焦点/下 灘手、分裂に不安 /鳥取
 新斎場建設予定地の灘手地区は、9集落で構成されている。地区人口は09年2月現在、356世帯1081人。地域社会が健在で、子供からお年寄りまでが全員参加で運動会や文化祭を開催している。ところが、斎場建設問題が原因で昨年、ある集落が文化祭への参加を取りやめた。新斎場は、決して大きくはない地区を2分しようとしている。

 新斎場は、鳥取中部ふるさと広域連合を構成する倉吉▽湯梨浜▽北栄▽三朝の1市3町の住民を対象にしている。年間の受け入れは約1200件。摩瑠山斎場の老朽化は激しく、新斎場を求める声は切実だが、付随する問題を同地区が一手に押しつけられた格好だ。

 元地権者の一人で、斎場建設に反対する谷自治公民館長の長柄收さん(68)は、市に対して土地の譲渡無効を求める訴訟で控訴に踏み切った。06年6月、市に寄付した採石場跡地が予定地に上がっていることを新聞で知り、「行政のやり方は一方的」と不信感を募らせた。

 選挙の結果次第で「数で押されるかもしれない。“灘手の住民対他の市民”となるかもしれない」という不安はある。それでも反対の声を上げ続けるつもりだ。「他の市民にも一緒に考えてほしい」と訴える。

 地区で唯一の市立灘手小学校の児童数は49人。市内14校で最も児童が少ない。地区人口を年代別にみると、0〜14歳の106人に対し65歳以上は3倍以上の355人。高齢過疎化を食い止められないでいる。

 地区住民約40人が参加する容認派の「灘手の明日を語る会」の代表、宮本和正さん(58)は、建設により小学校の存続や雇用創出、路線バスの便数増などに期待している。

 08年に広域連合が開いた新斎場や周辺の整備計画の説明会にも参加した。「建設に反対する気持ちは理解できる。ただ地区の現状を考え、これからも灘手で生活していくためには苦肉の策だ」と斎場と共生する道を選んだ。

 宮本さんも当初は反対だった。今ももろ手を挙げて歓迎しているわけではない。「受け入れるなら最善の形で」と広域連合に対して供用開始後の定期的な環境調査や道路整備などを要望している。

 新斎場の建設計画が持ち上がって3年余り。ずっと地区を揺るがしてきた。住民の男性は「元に収まるのは難しい。溝は簡単には埋まらない」とこぼす。地域の分裂をよそに、計画は「今年度中の着工」を掲げている。【武内彩】

461 チバQ :2009/10/23(金) 19:05:30
http://www.nnn.co.jp/news/091023/20091023030.html
新斎場問題 3氏の考え三者三様 倉吉市長選
2009年10月23日

 鳥取県倉吉市長選挙の告示(25日)が迫ってきた。今回は前市長が新斎場建設の「民意を問う」として辞職したことによる出直し選挙とあって、新斎場建設の今後の進め方に対する市民の関心は高い。立候補を予定している3氏の考え方は「現計画にこだわる」「話し合いが第一」「建設地変更も視野」と三者三様で、告示後、市民にどうアピールしていくか注目される。

 前市長の長谷川稔氏(62)=同市小田=は、現計画の原石山採石場跡地(倉吉市谷)での建設にこだわる。谷の住民や元地権者の強い反対があるが「県中部地区住民が待望している。市民の声を後押しに、建設を進めていく」と主張する。

 元市議の川部洋氏(44)=同みどり町=は「新斎場問題は選挙で白黒つけるべきではなく、争点になじまない」と強調。「元地権者らと話し合いの場を持つことが第一。いろいろな可能性を持ちながら早急に結論を出していく」と考える。

 前副市長の増井寿雄氏(62)=同上井=は「斎場問題だけで自治体のトップを選ぶべきではない」と前市長の辞職を疑問視する。「1日も早く建設することが大命題。現計画にこだわらない」と建設地の変更も視野に入れている。

 新斎場建設をめぐっては、県中部1市4町で構成する鳥取中部ふるさと広域連合が同跡地に建設を計画。町の斎場を持つ琴浦町を除く1市3町が使用することになっている。

 しかし、跡地を市に寄付した元地権者は「寄付の目的が違う」と市を相手取って土地返還訴訟を起こしており、建設のめどは立っていない。現在の摩瑠山斎場の老朽化は著しく、新斎場の建設は急務となっている。

 23日午前10時からは、3氏の公開討論会が倉吉市駄経寺町の倉吉未来中心で開かれる。斎場問題だけでなく、まちづくりの基本理念や行財政改革、子育て支援などをテーマに討論する。

462 チバQ :2009/10/23(金) 19:12:09
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200910230158.html
政党対決色の影薄く 支援の構図、議会反映 '09/10/23

--------------------------------------------------------------------------------


 政権交代後、知事選としては全国2番目となる広島県知事選が22日告示され、新人5人が立候補した。県議会の主導権争いを背景に民主党、自民党の与野党第1党が独自候補の擁立を断念。衆院選から一転、政党の対決色は影をひそめ、有権者に分かりにくい支援の構図が広がる。

 ▽民主と一部自民連携

 5人のうち4人が無所属で立候補し、いずれも政党の推薦は受けていない。一方、独自候補の擁立を見送った民主党、自民党の県議を中心に、国政とはねじれた形で、意中の候補者を支援している。

 衆院選大勝を受け独自候補の擁立を目指した民主党県連。だが、支持組織の連合広島は、議会運営で連携する民主党系会派の民主県政会と、自民党系最大会派の自民刷新会議の関係を重視。両会派が推す経営コンサルタントの湯崎英彦氏(44)と政策協定を結んだ。

 民主党県連は最終的に、連合の意向を受け入れ、独自候補の擁立を見送り、湯崎氏の支援を確認した。具体的な対応は、衆院選挙区総支部ごとに進める。

 自民党県連は自主投票を決めた。県議会での自民党系会派の4分裂が大きな要因だ。

 自民党県連幹部は、自民党議員会に所属していた元県議の河井案里氏(36)に立候補を打診した。夫は自民党の河井克行衆院議員(比例中国)。対立する自民刷新会議の県議たちが「権力の集中につながる」と異を唱え、河井氏は党への推薦申請を取り下げ、離党した。自民党議員会の県議たちが支援の中核となる。

 与党3党の対応も分かれた。国民新党の亀井静香代表(広島6区)が「自民党を離党した河井氏を応援する」と明言。自民党議員会を事実上率いる桧山俊宏元議長周辺の働き掛けがあったとみられている。社民党県連合は自主投票を決めた一方で、連合広島との協力関係を踏まえ、各議員が湯崎氏を応援することは容認した。

 政党として唯一、公認候補を擁立したのは共産党。党県委員長の村上昭二氏(62)が立候補した。民主県政会に所属していた元県議の柴崎美智子氏(54)は、民主党県連の反対を押し切って立候補を表明し、除籍となった。学習塾経営の川元康裕氏(42)は政党と一線を画している。

 県議6人を擁する公明党県本部は自主投票を決めた。(城戸収)

463 名無しさん :2009/10/23(金) 21:31:01
>>462
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp20091023015801.jpg

464 チバQ :2009/10/24(土) 02:33:46
1がみつからない・・・・
http://mytown.asahi.com/hiroshima/news.php?k_id=35000000910180003
知事選企画(2)公共事業と財政悪化
2009年10月18日




 沼田川沿いの県道をさかのぼると、突然、巨大なアーチ橋が姿を現す。県が建設を進める地域高規格道路「広島中央フライトロード」の空港大橋(三原市本郷町)だ。アーチの両端を結んだ長さは380メートルで日本一の規模を誇る。
 同ロードは山陽自動車道河内インターから広島空港を経て、世羅町付近で建設中の中国横断道尾道松江線に接続する約30キロが、計画区間だ。藤田知事の就任2年後の95年に途中の三原市大和町までの10キロが整備区間に指定され、02年3月、同町内の約3キロが先に開通したが、沿線に都市はなく、走る車はまばらだ。
 来年度中の開通を控えて工事が大詰めを迎えている、広島空港〜同町間の約7キロを含む事業費は約640億円(国の補助率55%)。うち空港大橋は約300億円を占める。
 県道路企画課の宮本寿夫課長は「県北や島根県方面からの空港アクセス道路として、10キロの開通でも効果はある」と強調する。一方で残る計画区間は、「まったく未定。民主党政権は道路に厳しいし」と言葉を濁す。県の事業評価監視委員会も、全線開通時の計画交通量1日9400台の試算に委員から疑問の声が出た。
 「大手商社への勤務経験からか、知事は物流インフラにこだわりがあった」と県幹部は明かす。瀬戸内に浮かぶ「みかんの島」大崎下島などを結ぶ安芸灘連絡架橋、広島・福山港のコンテナ埠頭(ふ・とう)整備、工業団地と県道を結ぶ産業支援道路。確かに、そうした施策は目立つ。
 半面、「公共事業に関しては疑惑をもたれぬよう、特に抑制を心がけてきた」と、県幹部の一人はみる。中堅ゼネコン「フジタ」の創業者の一人、定市氏を祖父に持ち、父の正明・元参議院議長も副社長だったからだ。知事就任後に提案された、広島空港への軌道系アクセス▽エルミタージュ美術館▽がんセンターの三つの構想もすべて事業化の前に中止した。
 それでも、普通建設事業費は知事就任の年の93年度が3600億円とピークで、広島アジア大会のあった翌94年度から00年度までほぼ毎年、3千億円の大台を超えていた。今年度当初予算では4割弱の1317億円にまで減っているが、当時の多額の出費が今、県財政を大きく圧迫しているのは確かだ。
 県総合計画審議会の委員でもある広島大学地域経済システム研究センター長の伊藤敏安教授は「アジア大会関連事業や安芸灘架橋、広島空港の周辺整備事業などは、藤田知事の就任前から方針が決まっていた」と指摘。「財政の悪化は、バブル崩壊後の大型経済対策にいや応なく巻き込まれたことに加え、『三位一体の改革』で一般財源が減少したという全国共通の要因が大きいのではないか」とみる。
 知事就任の93年に6245億円だった県債残高は今年度、一般会計総額の2倍を超える2兆円に膨張。1391億円あった財源調整的基金は25億円に激減した。伊藤教授は、財政健全化に向けて藤田知事が取り組んできた、職員削減や給与カットを高く評価する。一方で、「財政面の制約がさらに強まる中、県としては将来をにらんだ戦略的な事業も進めざるを得ない。かじ取りはさらに難しくなるだろう」と県政の今後を懸念している。

465 チバQ :2009/10/24(土) 02:34:17
http://mytown.asahi.com/hiroshima/news.php?k_id=35000000910190003
知事選企画(3)教育に求めた「成果」
2009年10月19日


男性教諭への懲戒処分は不当だと、支援者らは県教委の担当者に抗議した=県庁東館の県教委総務課

 「就任して以来、教育問題を県政の最重要課題の一つとして取り組んで参りました」 藤田知事は9月28日、自身最後の県議会で答弁した。


 「公教育の基盤が整い、教育内容の面でも成果が出てきている」。93年の初当選時に公約とした「県教育の正常化」を一定程度達成した、との自負がのぞく。


 節目は、98年5月の文部省(当時)による「是正指導」だった。入学・卒業式での国旗掲揚・国歌斉唱問題など、県内の教育現場の課題に、「是正」を求めた通達だ。


 「円滑な対応を優先するあまり、しばしば幾多の妥協を余儀なくされてきた」


 県教委が01年にまとめた報告書は、過去の労組や同和関連団体などとの関係をそう記す。校長権限がゆがめられた職員会議の運営▽校内人事への介入▽学習指導要領の逸脱――なども挙げられた。


 藤田知事の就任直後から、文部省出身の出向職員を教育長に迎えていた県教委は、教育改革に乗り出した。学校運営の最終決定権は校長にあると指導通知に明記。組合側が「不平等につながる」と反対した習熟度別授業を導入し、難関大をめざす拠点高校に、予算を集中配分した。結果、県立高校の国公立大現役合格者数は08年度、00年度の1・66倍の2598人に増えた。


 藤田知事は一連の改革にどのような姿勢で臨んだのか。


 「あなたに任せる。責任は私がとる」。教育問題に詳しいある県議は、是正指導当時、知事が教育長に全面支援を約束したと証言する。


 県予算が縮小する中、教育改革の予算は増え続け、99年度からの4年間で計201億円を計上。さらに県議は00年9月の県議会で、藤田知事が「八者合意文書」の拘束性を否定したことで「改革にはずみがついた」と評価する。


 文書には「同和教育の推進に一致して努力」「差別事件の解決にあたっては関係団体とも連携し(略)早期解決に努める」などの言葉が並ぶ。県知事、県教育長、県教職員組合(広教組)らが85年に結び、教育現場への第三者の介入を招いたと批判があった。


 今月15日、県庁内の県教委総務課。広教組組合員の男性教諭が、語気を強めた。「上意下達のシステムで、正しい教育ができるとは思えない」。教諭は原爆の日の8月6日、平和集会に出るため研修を休んだとして、県教委から戒告の懲戒処分を受け、取り消しを求めていた。


 是正指導以来、処分をめぐる争いが頻発した。小早川健・広教組執行委員長は是正指導後の教育現場を「弱者切り捨てや数字に偏った評価が顕著になった」と訴える。


 受験者数が定員割れした県立高校でも、学力不足と判断した生徒を不合格とするようにした結果、95〜97年度に全国5位以内だった高校進学率は07年度、40位に。95〜97年度に全国20位台だった高校生の中途退学率は07年度、4位に上がった。被爆地なのに、以前は当たり前だった平和教育がほぼなくなったことを疑問視する声も高まっている。


 是正指導時に公立中学校長だった時永益徳(ます・のり)・広島大教育学研究科准教授は「過去に是正すべき実態はあった。一方で成果主義が学校現場にも押し寄せているのも事実だ。中高の改革では生徒のニーズに合った学科の改編、職場体験など、『生き方』を考える教育の充実が必要だ」と話す。

466 チバQ :2009/10/24(土) 02:35:36
http://mytown.asahi.com/hiroshima/news.php?k_id=35000000910210003
知事選企画(5)冷たい関係ほぐす時
2009年10月21日


小型機しか飛ばない広島西飛行場。将来の展望について、県と広島市の意見は対立している=広島市西区

 「94年のアジア競技大会は、県と市が一体で周到に準備を進めたのに……」
 13日、藤田知事は報道陣にまくし立てた。11日、広島市の秋葉忠利市長が田上富久・長崎市長と記者会見して発表した五輪招致構想。知事はもちろん、県幹部の誰もが「寝耳に水」だった。


 広島市幹部の一人は説明の遅れを認めつつ、こう言い切った。「事前に県に話したとしても、たぶん何も始まらなかった」


 県・市の根深い不信の象徴が、広島西飛行場(広島市西区)の問題だ。93年の広島空港(三原市)開港で廃止されるはずが、広島市や経済界の強い要望を背景にコミューター専用として存続した。


 ただ、現在ある定期便は日本航空グループの鹿児島、宮崎の2路線4便だけ。鹿児島行きに乗りにきた広島市西区の会社員山本拓さん(56)は「家から近くて便利なんですけど、いつも寂しいところですよね」と苦笑した。


 同飛行場の利用者は08年度で5万4千人。ピークだった02年度の半分以下だ。年約5億円の赤字は県と広島市の折半だが、累積赤字は08年度で118億円に達する。財政難の県・市には重い負担だ。


 藤田知事は07年以降、「県としては西飛行場はもはや不要」と繰り返してきた。「都心部に近く、防災面でも欠かせぬインフラ」と主張する広島市との溝は深まるばかりだ。9月中旬、経営難に苦しむ日本航空グループが、広島西飛行場から完全撤退すると報じられた時も、双方の表情は対照的だった。


 開本(ひらき・もと)出・県空港振興課長は「これを機に広島空港への路線集約について議論を加速させたい」。これに対し広島市の外和田孝章・空港担当部長は「一時的に定期便がなくなる可能性はあるが、引き続き東京便の就航を求めていきたい」と強調した。


 市が希望をつなぐのは、来年完成する羽田空港の第4滑走路だ。年間30万回の発着枠が41万回に増えるという。一方で、広島西飛行場北側を横切る広島南道路の建設により、現1800メートルの滑走路は440メートル短くされ、ジェット機の就航は難しくなる。日航の幹部社員は「厳しい経営状況で、羽田の発着枠はいわばプラチナカード。小型機しか飛ばせない飛行場に魅力は感じない」と打ち明ける。


 県と市は今年4月、トップ級幹部が西飛行場のあり方を話し合う検討会を初めて設置し、2回の会合を重ねた。ただ、両者の主張は平行線のまま。22日に3回目の会合があるが、どう決着するかは未知数だ。


 「対話が円滑でないために、県全体を経済的に引っ張るべき広島市と周辺の都市整備が遅れる結果を招いた」。森辺(もり・べ)成一・広島大大学院教授(日本政治史)は批判する。新知事には「どうすれば広島が発展するかという視点で、対等、平等な協力関係を再構築すべきだ」と求める。


 4月オープンの新広島市民球場(マツダスタジアム)は、建設費90億円のうち県が11億5千万円を分担した。県も市も長らく及び腰だった新球場構想を一挙に進めたのは、04年の球団再編騒動の時の「広島カープを守れ」という市民の声だった。森辺教授は「県と市を協調させるには、県民、市民の有形無形の突き上げが重要だ」と話す。(おわり)


≪メモ≫県と政令指定都市の関係
 地方自治法により、政令指定都市は保健所や児童相談所の設置、国道の管理といった事務を県に代わって扱う。行政区を設置できる上、税源も移譲され、事実上、県と同格といわれる。80年に政令指定都市になった広島市の場合、一般会計当初予算規模は5515億円(09年度)で県の約6割だが、市長部局の職員数は6112人(同)で、県知事部局の4597人を上回る。


(この連載は、福家司、中川壮、鬼原民幸、加戸靖史、山田雄介が担当しました)

467 チバQ :2009/10/24(土) 02:37:16
http://mytown.asahi.com/hiroshima/news.php?k_id=35000000910200003
知事選企画(4) 「合併後」見えぬ展望
2009年10月20日


合併で支所に変わった旧筒賀村役場。職員数はほぼ4分の1に減った=安芸太田町中筒賀

 「来るべき『分権社会』へ向け、道筋を立てることができたと思っている」
 7日の県議会9月定例会の最終日。藤田知事が退任のあいさつで述べた。広島を中国地方の中心県にしようと、市町村合併を積極的に進めてきた自らの施策を念頭に置いた発言だった。


 98年度末に86あった県内市町村は今、4分の1近い23市町にまで減った。減少率は全国1位の73・3%。合併に伴い、県はそれまで担っていた2446の事務を、各市町に移譲する計画を実行した。今年度までに1766事務の移譲を終える。


 具体的には、以前は広島市や福山市など一部の窓口だけで実施していた旅券(パスポート)の申請・交付業務が、07年6月から全市町の窓口で可能になった。また、生活保護業務などを扱う福祉事務所を町にも設置。県が担っていた一部道路の維持・管理なども市町の事務とした。


 今年度、県が各市町に移した財源は、当初予算ベースで約13億1800万円に上る。


 県市町行財政課の担当者は「『住民に身近な行政は各市町が担うのが望ましい』とする藤田知事の方針があったからこそ、ここまで合併と権限移譲が進んだ。住民サービスの向上につながったと思う」と胸を張る。


 「合併を機に、一気に地区が寂しくなった」。安芸太田町上筒賀に住む田仲りょう子さん(60)は訴えた。住まいは、太田川水系の清流と、緑豊かな山々に囲まれた旧筒賀村にある。04年10月に加計町、戸河内町と合併し、安芸太田町になった。旧村役場は町役場の「支所」に変わり、約40人いた職員が今では10人に減った。


 プロの演歌歌手として活動する田仲さんは、県内各地を回るうち、筒賀地区など中山間地域の衰退を痛感するようになったという。「活気があった役場が支所になり、地区の雰囲気ががらっと変わった」。筒賀支所は昼間でも静まりかえっている。7キロほど離れた町役場まで足を延ばしても、顔見知りの職員はいない。「行政が遠くなった」と感じている。
 筒賀支所によると、地区の人口は今年9月末現在で1135人。合併直前の04年9月末より136人減った。世帯数も同期比で約30減少。65歳以上の高齢化率は、合併前より約3ポイント増え、43・27%に上昇した。


 住民の足だったJR可部線の一部区間が03年に廃線になって以降、地区の公共交通機関の整備も進んでいない。町役場への直通バスすらなく、車がなければ病院にも行けないという。来年3月には、地区に唯一残った食料品店が町中心部へ移転する予定で、長距離の移動が難しいお年寄りにとっては死活問題だ。同支所の藤井幸穂支所長は「『合併で何が良くなったのか』と言う住民が多い。このままでは車を持たない人が生活できなくなる」と焦る。


 合併問題に詳しい広島大の川崎信文教授(行政学)は、「人口が減るなか、合併しないと最低限の行政サービスは維持できない」と話す。ただ、「合併の音頭を取った県には、旧町村で生きる人たちの生活を維持する責任がある。市町と連携し、交通網の整備などの課題を解決する必要がある」と指摘した。


≪メモ≫広島の市町村合併
 県は00年11月、合併を地方分権に向けた「不可避的課題」と位置づけ、市町村合併推進要綱を策定。01年4月には合併推進本部を設立し、一貫して積極的に合併を進めた。一方で合併は、小学校の統廃合を促進した。県によると、08年度の県内の公立小学校は577校(分校を含む)で、98年度に比べ79校の減。子どもを持つ若者世帯が市街地に流出し、地域の空洞化に拍車をかけているとの指摘がある。

468 チバQ :2009/10/24(土) 02:38:30
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/2246/1225487931/903
広島西飛行場、県が撤退へ '09/10/22

469 チバQ :2009/10/24(土) 02:44:11
http://mainichi.jp/area/hiroshima/archive/news/2009/10/20/20091020ddlk34010666000c.html
286万人の明日:09知事選/上 高速道の無料化 /広島
 ◇「生活路線確保」限界に−−フェリー日曜運休、土・祝日も検討中
 「これで(高速道路が)タダになったら、もう終わりだろうな」。10月中旬の平日朝。尾道市の瀬戸内しまなみ海道(西瀬戸自動車道)沿いの生口島と因島をつなぐフェリーで、男性乗組員がつぶやいた。両島を4分で結ぶフェリーは島民らにとって、通勤通学、通院といった「生活の足」だ。だが、3月のしまなみ海道通行料金の半額割引きで、航路維持の危機に陥っている。

 閑散とした乗降口。生口島に夫(77)と暮らす森重美保子さん(76)は徒歩で乗った。「夫は運転できるが、年ですし……。通院のためフェリーは必要です」と小声で話した。

 運航する三光汽船は増便や運賃引き下げの企業努力で、運搬車両を1日800台まで増やした。だが、今年3月には、1日約400台と半減、乗客がないまま運航することもあるという。

 旧因島市から続く市の補助金は6割まで減額された。7月から日曜日の運航をやめた。土曜日祝日の運休も検討している。香川一紀社長は「住民の生活路線を守りたい。でも限界を超えている」とため息をつく。国庫補助のある離島と陸地をつなぐ航路と比べ、生活航路への支援は後手に回ってきた。

 国交省中国運輸局は「島回りの生活航路対策については、県や市町にやってほしい」と話す。県は「高速料金の値下げは国の施策。国が責任を持つべきだ」とのスタンス。03年に本四連絡橋の料金割引が導入された時は、国は港湾使用料の減免などの配慮を求めたが、県は応じなかった。

 今回の値下げで、県は6月には広島・呉と松山を結ぶ航路、9月にはしまなみ海道と競合する12航路について、港湾使用料を1年間免除した。「いったん廃止されれば航路の復活は難しい」との危機感が大きかった。港湾管理課や交通対策室が国からの交付金の事例集を読み込み、決めた。「市町の要望に応えるため、国の補助金をどう活用するかを考えるのは県の役割の一つ」と県幹部は話す。ただ、香川社長は「(免除額は)従業員1人の年収ほどにしかならない」とこぼす。

 そして、次に予想される“大波”、高速道路無料化。県は国に「地域の実情を踏まえて、他の公共交通機関への影響も十分配慮すること」と提案するだけで精いっぱいだ。

   ◇

 一方、路線バスが生活を支える中山間地。02年2月に乗り合いバスの路線廃止の要件が緩和され、民間バス事業者の赤字路線撤退が相次いだ。県交通対策室によると、撤退した民間の路線バス事業者の代わりに市町が運行している路線の総延長は02年度の延べ409万キロから06年度に同592万キロに増加、市町の負担額は6億3000万円から10億1600万円と増えた。

 県は07年度に市町に対して補助金支給の要件を緩和し、新補助制度を導入。この制度で、生活交通再編計画を策定した自治体は23市町中20市町に上る。だが、この補助制度は07〜09年度の3年計画。10年度に予算化されるかどうかは見通しが立たない。

 また、バス路線やフェリー航路の維持を目指す会議を昨年、市町などと設置した。県は国と市町、事業者とのパイプ役として調整機能を果たそうとするが、新政権下でどこまで対応できるか、不透明感がつきまとう。

   ◇

 県政のかじ取り役を選ぶ知事選が22日、告示される。住民の生活に密着した市町と違い、県政の役割は見えにくい。フェリーを舞台に、県政と暮らしとのつながりを紹介する。

470 チバQ :2009/10/24(土) 02:44:46
http://mainichi.jp/area/hiroshima/archive/news/2009/10/21/20091021ddlk34010511000c.html
286万人の明日:09知事選/中 雇用 /広島
 ◇相次ぐフェリー航路廃止、経営破綻 「海」に帰れる人わずか
 「毎日が勉強です」。竹原市産業文化課農政水産係で働く野間浩文さん(44)は、4月までは、フェリーの航海士だった。現在は、中山間地の耕作放棄地に対する補助金申請の手伝いなどに追われる日々が続く。「船舶に乗る資格や技術を生かせないのがつらい。ただ、竹原を離れたくはなかった」

 旅客船業界は、経営破綻(はたん)や航路の廃止が続き、雇用環境が厳しくなっている。野間さんが勤めていた竹原−波方(愛媛県今治市)を結ぶ中四国フェリー(竹原波方間自動車航送船組合)は、今年4月末に45年の歴史に幕を下ろした。その当時の職員は35人。9人いた20〜30代のうち5人だけがフェリー業界に再就職した。中四国フェリーは竹原市などが出資する組合だったため、野間さんは市に再就職できたが、数人はまだ雇用先が決まらないという。

 9月下旬に、全日本海員組合が南区で開いた高速道路の値下げや無料化の影響についての緊急会議。中四国のフェリー会社など12社の組合員らから雇用に対する不安が相次いだ。同組合国内部の渡部慶二副部長は「フェリー会社の新規求人はほとんどない。先行き不安から離職者が続く一方、経費削減の減便や減船もあって人を雇える状況にない」と指摘する。同組合は中四国で約1200人の組合員がいるが、7月以降で約5%にあたる約60人が離職したか離職する予定という。

    ◇

 昨秋以降の雇用環境の急激な悪化を受け、県は08年度1月補正を皮切りに、09年度当初予算やその後の3度の補正予算で、離職者らに対する雇用機会の創出を目指す事業を打ち出した。離職者への資格取得訓練や、就農、訪問介護員養成の基礎的研修を実施したりするほか、県、市町による直接雇用や民間企業に事業を委託し雇用を生み出すなど多岐にわたる事業だ。9月補正分までに2544人の新規雇用を実施、計画している。

 ただ、緊急雇用事業の多くは、半年以内の雇用が原則だ。宮本隆之・雇用基金特別対策プロジェクト・チーム担当課長は「『もう少し落ち着いて働きながら職を探したい』との声も理解できる。厚生労働省に知事会を通じて雇用期間の長期化を要望している」という。

    ◇

 広島労働局によると、8月の有効求人倍率は0・53倍。2カ月連続で0・01ポイント改善したものの、昨年同月(1・01倍)の約半分だ。正社員の有効求人倍率は0・34倍と低迷している。4月以降減少していた解雇や雇い止めされた非正規労働者は、9月には、371人に急増した。

 ハローワーク広島東(東区)によると、離職先と同じ職場へのこだわりも持つ人は多いものの、1人の求人に対して20〜30人の応募があるのが現状で、希望職種に就職できる可能性は低い。片岡信彦業務部長は「船員や工場の技術者など特殊技能を持つ人も、職へのこだわりに折り合いをつけざるを得ない」と語る。ある県職員は「今は手元の知恵をしぼって仕事を作り出すので精いっぱい」。底なしの不況の前に出口が見つからない。

 6月末に廃業した呉・松山フェリーで働いていた30代の男性は、何とかJR西日本宮島フェリーの機関長職を得、松山市から廿日市市に転居した。男性は「町工場がつぶれてもニュースにならないし、中小のフェリー会社が廃業しても霞が関は動じない。だけど、物流に影響が出る。新知事には人々の暮らしや産業構造全体をひっくるめて考えてもらわないと困る」と話した。

471 チバQ :2009/10/24(土) 02:45:19
http://mainichi.jp/area/hiroshima/archive/news/2009/10/22/20091022ddlk34010567000c.html
286万人の明日:09知事選/下 財政難 /広島
 ◇国の交付金で港湾使用料免除 フェリー支援継続、不透明
 6月26日の県議会建設委員会。県議が「港湾使用料の免除は来年度も実施できるか」と迫った。鎌田泳一・港湾管理課長は「財源の見通しが立たない」と答えざるをえなかった。

 県は、6月と9月の補正予算で、フェリー会社支援のため、県や市町が管理する港湾の使用料を1年間免除するための費用計5300万円を計上した。委員会で、そのための条例改正について審議が行われていた。県議は、高速道路割引が今年3月から2年間の時限措置であることに対して、来年度の見通しを尋ねた。

 この免除は、全額国からの臨時交付金を活用しており、ある県職員は「100%一般財源でやれたかどうかは不透明だ」と話した。県が独自事業を展開しようとしても、財政事情が許さない。

    ◇

 県が今年8月に公表した今後の財政収支見通しでは、2010年度〜19年度までの毎年の財源不足額は400億円台を推移する。昨秋以降の景気後退で今年度の県税収入は昨年度比692億円も減る見込みで、貯金にあたる財政調整基金も藤田雄山知事が就任した93年度に1391億円あった残高が、25億円まで減り、いつ底をついてもおかしくない。景気浮揚策や画期的な福祉政策などを計画しても、財布の中にお金がなく、積極的にできないような状態だ。

 財政悪化の最大の要因は、竹下虎之助前知事が誘致を進めた94年のアジア大会や96年の広島国体にかかわる施設設備などの公共事業費の増大だ。

 県は、03年8月に財政危機宣言を発表。公共事業の大幅な見直しや人件費の削減などで立て直しを図ってきた。06年12月には新たな具体的方策を策定し、07年度から3年間かけて職員削減や公共事業費の削減をさらに加速させている。09年度の目標効果額は、390億円で、このうち360億円が歳出削減による。

 財政再建を進める一方で、藤田雄山知事は、04年度当初予算から特別枠を設定、各部局長がプレゼンテーションをして知事が査定する手法を導入した。財政当局が示す枠内で各部局が予算要求して、知事には財政当局がまとめて説明するのが通例。特別枠は、知事がリーダーシップを発揮し、その時々の計画の実効性を高めようという狙いだ。04年度当初予算では、産業再生や子育て支援など5分野に重点配分された。この特別枠での事業は09年度当初予算でも5億円が計上されている。

 県の努力にもかかわらず、新たな懸念が出てきた。民主党政権は、地方税であるガソリン税の暫定税率廃止を打ち出した。財政課は「廃止されれば財源的影響は避けられない。新たな手当てをしてもらうよう国に要求していくしかない」と渋い顔だ。さらに、交付金のさらなる削減、子ども手当の一部自治体負担がのしかかることなども予想される。

 今回の知事選後に誕生する新知事の大きな仕事となる2010年度の当初予算案の作成。続く財政難と今後の歳入見通しが不透明な中、新たな県のかじ取り役の選択は、県民の手に委ねられている。(この連載は加藤小夜、柳沢和寿、井上梢が担当しました)

472 チバQ :2009/10/24(土) 22:51:45
殿亀の地元の町議補選の候補者名が・・・
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20091024ddlk32010469000c.html
選挙:津和野町長選/津和野町議補選 あす投開票 /島根
 任期満了に伴う津和野町長選と、町議補選(改選数2)は25日、投開票される。

 町長選には、いずれも新人で無所属の、元建設会社社長の永吉義夫氏(67)▽酒造会社役員の下森博之氏(44)▽前副町長の松浦秀信氏(60)−−の3氏が立候補しており、地域活性化や危機的な財政状況の改善などを争点に、激しい選挙戦を繰り広げている。町議補選にはいずれも新人で無所属の5人が立候補している。

 投票は町内29カ所で、午前7時から午後6時(一部、午後5時)まで。午後8時から日原小体育館で開票される。19日現在の選挙人名簿登録者数は、7772人(男3521人、女4251人)。【上村里花】

==============

 ◇津和野町長選
永吉義夫(ながよし・よしお) 67 無新

 [元]商工組合理事長[歴]建設会社長▽岩川中

下森博之(したもり・ひろゆき) 44 無新

 酒造会社役員[歴]町議▽森林組合長▽同志社大

松浦秀信(まつうら・ひでのぶ) 60 無新

 [元]副町長▽農業[歴]旧津和野町農林課長▽東京農大

==============

 ◇津和野町議補選立候補者(改選数2−5)=届け出順
川田剛   27 会社員  無新

岡田克也  43 住職   無新

米澤〓文  64 農業   無新

丁泰仁   60 会社社長 無新

百合本修司 70 建築士  無新

473 名無しさん :2009/10/26(月) 00:13:45
>>472
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200910260117.html
島根・津和野町長に下森氏 「官民協働で産業振興」 '09/10/26

--------------------------------------------------------------------------------


 島根県津和野町長選は25日、投開票された。町長選は前町議で会社役員の下森博之氏(44)が、前副町長の松浦秀信氏(60)と元会社社長の永吉義夫氏(67)を破り、初当選を果たした。

 左鐙公民館に集まった支持者たちは、ケーブルテレビで開票作業を見守った。当選確実が報じられると、拍手と歓声が上がった。下森氏は「津和野には豊かな森林資源や歴史文化がある。官民協働のまちづくりで産業振興を進め、閉塞(へいそく)感の打破を目指す」と語った。

 2005年の旧日原、旧津和野両町の合併で初代町長となった中島巌氏(76)が引退を表明し、新人による三つどもえ戦となった。松浦氏は36年余りの行政経験を強調し、中島町政の継承と発展を訴えたが競り負けた。永吉氏は民間の経営感覚を生かした行財政改革を主張。草の根運動を展開したが、知名度不足が響いた。

 当日有権者数は7717人。投票率はいずれも85・15%で、前回の町長選の74・81%を上回った。(岡本圭紀)

 下森博之(したもりひろゆき)氏 酒造場専務。前高津川森林組合長。01年に旧日原町の町議補選で初当選。日原、津和野町の合併に伴う06年の町議選で当選し09年3月に辞職。左鐙。同志社大卒。

474 名無しさん :2009/10/26(月) 00:14:48
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200910260136.html

大田市長選は竹腰氏が再選 '09/10/26

--------------------------------------------------------------------------------


 大田市長選は25日投開票され、無所属現職の竹腰創一氏(59)=自民、公明推薦=が、無所属新人の会社社長温泉川ゆのかわ孝氏(68)を破り、再選を果たした。

 竹腰氏は70以上の企業や団体の推薦を得て、行財政改革など実績を強調して手堅くまとめた。温泉川氏は民主的な市政の実現などを訴えたが、立候補表明が告示約1週間前で知名度不足が響いた。

 当日有権者数は3万2990人。投票率は64・17%で、保守分裂となった前回の78・82%を下回った。(馬場洋太)

 ▽実績の竹腰さん笑顔、市立病院など課題山積

 午後10時すぎ、竹腰氏の当選確実が決まると、支援者の待つ大田町の宿泊宴会場で歓声が上がった。近藤浩平・選対統括責任者の音頭で万歳し、竹腰氏に花束が贈られた。竹腰氏は「行財政改革、産業振興、石見銀山の受け入れ態勢の整備などに全力で取り組む」と決意を述べた。

 竹腰氏は、旧大田市議や島根県議2期を務めた後、2005年、合併に伴う大田市長選で初当選した。保守分裂となった前回は自主投票とした自民党仁摩、温泉津両支部も、今回は竹腰氏を推薦。前回を上回る70以上の企業や団体が推薦し、県議や大半の市議も支援して戦いを優位に進めた。

 無投票阻止を狙った温泉川氏は、立候補表明が告示8日前と出遅れた。「押しつけでない市政」の実現や、会社を無借金経営してきた手腕を強調。出身の温泉津町の同窓生や、仁摩町宅野の不燃ごみ処分場建設計画に反対する住民団体などから個人的な支援を得た。一定の批判票を集めたが、神奈川県在住で知名度不足が響いた。

 市政は、来春にも外科医師ゼロの事態が予想される市立病院の再建や、地権者交渉が難航しているごみ処分場問題など課題が山積しており、竹腰氏は2期目の手腕が早速問われる。

475 チバQ :2009/10/26(月) 23:04:06
http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000000910260003
民・自 薄い対決色/山口市長選
2009年10月26日

◆現職と「強調関係」
  県都の顔を選ぶ山口市長選の告示が11月1日に迫った。選挙戦本番に向け、立候補を表明した現職と新顔2人の陣営では着々と準備が進む。民主、自民両党が政権をかけて争った8月の衆院選から2カ月近く。県内では政権交代後初の首長選だが、今回は両党の争いは影を潜めている。両党とも現職と「協調関係」にあるからだ。関係者は「国政選挙とは違う」と口をそろえており、衆院選とは違った選挙模様となりそうだ。
(井上亮、清水謙司)


◆3氏が立候補の準備
  立候補を表明しているのは、再選を目指す現職の渡辺純忠氏(64)、いずれも新顔で元市議の伊藤青波氏(55)と元旧小郡町議の尾上頼子氏(41)。3氏とも無所属で立候補する意向だ。


  渡辺氏は、繰り返し「市民党」という立場を強調する。だが、周辺には民主、自民両党の影も見え隠れする。


  24日夕にあった陣営の選対会議では、あいさつする渡辺氏を民主党県連の西嶋裕作幹事長と自民党県連の松永卓幹事長が並んで見守っていた。


  両党とも、党組織として正式に渡辺氏を推薦しているわけではない。しかし、自民党では市内5地域支部のうち、伊藤氏が9月まで支部長だった徳地支部を除く4支部が渡辺氏の推薦を決定。民主党では、同市区選出の県議でもある西嶋幹事長や市議が「個人的に」後援者らに電話をかけるなどし、渡辺氏を支援する立場を明確にしている。同党最大の支持組織の連合山口も早々に渡辺氏を推薦した。


  政権交代後の神戸や川崎の市長選では、政党では民主だけが推薦する候補も現れたが、民主党県連にその気はない。西嶋幹事長は「首長選に政党が深くかかわることは避けた方がいい。国政選挙とは違う」と話す。


  そもそも渡辺氏が初当選した05年の市長選では、同氏が立候補を表明する記者会見に民主、自民、社民各党の市議が出席。各党とも推薦こそ出さなかったが、事実上の「相乗り」に近い状態で当選を果たした経緯がある。


  一方の伊藤氏もいずれの政党にも推薦願いを出さず「市民党」を打ち出す。市政報告会などで、渡辺氏が公約に盛り込んでいた防府市との合併が達成されないことを批判。9月に市議を辞職後、1日30カ所の辻立ちやミニ集会、チラシ配布などの草の根運動を展開し、渡辺氏の支持層の切り崩しも視野に入れる。


  伊藤氏は、前回市長選で渡辺氏に敗れた合志栄一前市長(現県議)が07年の県議選に出た際に選対本部長を務めた。今回は合志氏や自民党市議の支援を受ける。


  前回、その合志氏を支援した山口1区の高村正彦衆院議員(自民)は今回は静観の構えだ。自民党に逆風が吹いた衆院選で、自民党市議らの協力を受けたことも背景にあるとみられる。同氏は25日、取材に「私の立場は(渡辺氏と伊藤氏の)両方に伝えてあります」とだけ答えた。


  渡辺、伊藤両氏とは明確な政策の違いを打ち出すのが尾上氏。18日の総決起大会では「身の丈に合わない政策は市民に負担をかける」と30万人都市づくりからの決別を訴えた。共産党中部地区委員会などでつくる「市民のための山口市政をつくる会」が擁立。同党の推薦を受け、ミニ集会などで支持拡大を図る。

476 チバQ :2009/10/26(月) 23:14:10
http://mainichi.jp/area/tottori/news/20091026ddlk31010330000c.html
選挙:倉吉市長選 前職と2新人の三つどもえ 斎場問題争点に−−告示 /鳥取
 前市長の辞職に伴う倉吉市の出直し市長選が25日告示され、前副市長の増井寿雄氏(62)=無新▽3選を目指す前市長の長谷川稔氏(62)=無前▽前市議の川部洋氏(44)=無新の3氏が立候補した(届け出順)。3氏はさっそく支援者らを前に決意表明し、選挙戦に入った。投開票は11月1日。

 24日現在の選挙人名簿登録者数は4万1807人(男1万9323人、女2万2484人)。【武内彩】

 ◆立候補者の第一声(届け出順)

 ◇雇用や景気回復に力を−−増井寿雄氏(62)=無新
 増井氏は午前9時から同市山根の選挙事務所前で出陣式に臨んだ。福井康夫市議会議長ら市議10人のほか、医師会や建設業協会などの業界団体からも出席があり、約300人が集まった。

 前市長が、鳥取中部ふるさと広域連合のほかの構成町長や市幹部にも知らせずに突然、辞職したことに対し「倉吉は信用をなくした」と批判。38年余りの市職員としての経験を生かし、「新たな市を構築していくため私の手法で取り組みたい」と訴えた。

 課題として雇用や景気回復を挙げ、「県外や世界とつながっていくため地域力を上げていく」と約束。斎場問題では予定地変更に傾くのではなく、「毎日、毎晩でも出かけて話し合いで解決していく」とした。【武内彩】

 ◇市民の声、生きる市政を−−長谷川稔氏(62)=無前
 長谷川氏の出陣式は午前9時から同市上井町の選挙事務所近くの公園であった。「市民の声が生きる市政へ出発」と書いた横断幕が張られ、公明3人を含む市議7人ら約230人(陣営発表)が集結。安部和臣・倉吉商工会議所会頭らが次々と支持を表明した。

 長谷川氏は「この町で生涯をおくるにふさわしい新斎場を建設したい一心で、任期6カ月を残して辞職に踏み切った。裁判は時間をかけるだけになっており、憂いている。斎場は誰にも必要。市民の総意を得て、事業推進の機運を高めたい」と第一声を上げた。

 最後に建設推進派「灘手のあすを語る会」の宮本和正会長(58)も支持表明。全員が「がんばろう」と拳を挙げた。【小松原弘人】

 ◇情報公開を重要施策に−−川部洋氏(44)=無新
 川部氏は、同市みどり町の自宅前で第一声。近くの住民や市議らが応援に駆け付けた。

 川部氏は「長谷川前市長は斎場問題について民意を問いたいというが、民意をもって強行するようなやり方は市民不在のやり方だ」と批判。「住民参加の市政を」と強調し、情報公開を重要施策に掲げた。

 倉吉のキーワードとして「自立と連携」「自然と歴史と文化」を提示。「市民が理解し、協力し合ってコミュニティーを大事にした町作りをしたい」と訴えた。

 来賓として興治英夫県議(無所属)がマイクを握り、「民主党政権で地域分権が進む新時代に川部候補はふさわしい市長になる」と支持を訴えた。【宇多川はるか】

==============

増井寿雄(ますい・としお) 62 無新

 [元]副市長[歴]市農林課長・環境課長・生活環境部長・建設部長▽法大

長谷川稔(はせがわ・みのる) 62 無前(2)

 [元]市長▽智頭急行監査役[歴]市議▽県議▽中部ふるさと広域連合長▽倉吉東高

川部洋(かわべ・ひろし) 44 無新

 [元]市議▽会社役員▽鳥取大院生[歴]IT関連会社員▽同志社大

477 チバQ :2009/10/26(月) 23:15:58
>来賓として興治英夫県議(無所属)がマイクを握り
「信」は反自民系会派でしたっけ?

倉吉市 定数3−候補4 (選管確定)
得票数(得票率) 氏名 年齢 党派 新旧 当選回数 代表的肩書
当 7,530(27.4%) 伊藤 美都夫 69 自民 現 2 県漁協組合長
当 7,231(26.3%) 興治 英夫 50 無所属 現 2 (元)旧倉吉市議・「信」所属
当 6,760(24.6%) 村田 実 69 無所属 元 7 福祉法人役員・前回自民公認落選
□ 5,992(21.8%) 杉根 修 72 無所属 現 団体役員・解放同盟・住民連合所属

478 チバQ :2009/10/26(月) 23:21:47
http://www.nnn.co.jp/news/091026/20091026022.html
3候補、熱く第一声 「新斎場」や「まちづくり」訴え
2009年10月26日

 25日に告示された鳥取県の倉吉市長選挙は、三つどもえの激戦となった。各候補は選挙事務所などで行われた出陣式で第一声を上げ、支援者は新斎場問題やまちづくりに対する主張に耳を傾け、「ガンバロー」と気勢を上げた。

 増井寿雄候補(62)の出陣式は、同市山根の選挙事務所前であり、約300人の支援者が集結。伊藤美都夫県議が「出口のない行政から脱皮しなくてはいけない。行政のプロ、たたき上げの人に立て直してほしい」と新しい力に期待を込めた。増井候補は、威勢よく「ガンバロー」とコールした後、支援者のもとに駆け寄って固い握手を交わし、選挙カーに乗り込んだ。

 長谷川稔候補(62)の出陣式は、同市上井町1丁目の選挙事務所裏の公園で行われ、約200人の支援者が集まった。新斎場建設推進派「灘手の明日を考える会」の宮本和正代表も駆け付け「市長を辞職したことは、自分の手で斎場を建設する意志の表れ」と候補の決断を後押しした。長谷川候補は支援者一人一人と握手し、拍手に見送られて遊説に出発した。

 川部洋候補(44)の出陣式は、同市みどり町の自宅前で行われ、約180人の支援者が集まった。興治英夫県議は「市役所改革を実現できるのは、若い力を持った川部候補しかない。彼こそが、新時代の倉吉にふさわしい市長だ」と世代交代の必要性を強く訴えた。川部候補は、乾杯で支援者と心を一つにし、意気揚々と選挙カーに乗り込んで市内に車を走らせた。

 各候補はこの日、名前を連呼しながら市内一円を選挙カーで流し、街頭演説では持論を展開。熱く支持を訴えた。玄関先まで出て候補を出迎える市民や農作業の手を休めて手を振る市民の姿もあり、候補は選挙カーから身を乗り出して市民の思いに応えていた。

479 とはずがたり :2009/10/27(火) 00:39:33
>>477
ゆる〜く民主系だったような感じもします。朧気な記憶ですけど。。

480 チバQ :2009/10/28(水) 23:24:59
http://www.chugoku-np.co.jp/senkyo/kenchiji/09/news/Kn09102801.html
知名度向上に知恵絞る 告示から1週間 '09/10/28

--------------------------------------------------------------------------------

 ▽プロレスラーに応援依頼/公約集配布

 広島県知事選(11月8日投開票)は28日、告示から1週間を迎え、中盤戦に入る。立候補した新人5人は名前や政策の浸透に懸命だが、「有権者の手応えがつかみにくい」との声も聞こえてくる。各陣営は、都市部での運動量や集会を増やすなど、支持拡大に向けたテコ入れ策を練っている。

 無所属で学習塾経営の川元康裕氏(42)は、街頭演説を繰り返し、知名度アップを図る作戦を徹底する。「『頑張れ』と声がかかるようになった」と陣営スタッフ。元参院議員でプロレスラーの大仁田厚氏たちを応援に招き、ムードを盛り上げる。

 無所属で元県議の柴崎美智子氏(54)の陣営は、県議時代の地盤だった広島市西区を中心に県西部を回ってきた。「まじめに政策を訴えるしかない」と陣営。近く完成するマニフェスト集を配りながら県東部、北部に入る予定でいる。

 共産党公認で党県委員長の村上昭二氏(62)は、1日10回以上の街頭演説をこなし、政策を中心に訴える選挙戦を展開。今後は「どの候補も藤田県政を批判している。藤田県政をどう変えるかをしっかり伝えたい」(陣営幹部)と、他の候補者との違いを強調する構えだ。唯一の政党公認候補であり、政党ビラの配布にも力を入れる。

481 チバQ :2009/10/28(水) 23:25:34
http://www.chugoku-np.co.jp/senkyo/kenchiji/09/news/Kn09102402.html
西飛行場は存続?廃止? 県撤退方針で争点化 '09/10/24

--------------------------------------------------------------------------------


 広島県が管理運営からの撤退方針を決めた県営の広島西飛行場(広島市西区)の存廃をめぐり、知事選(11月8日投開票)の候補者5人の見解が分かれている。藤田県政での「撤退」という最終結論に対し、東京線復活を目指す広島市は新知事に協力要請する構え。新しい県政のリーダーが向き合う緊急課題に浮上している。

 管理運営費を県と市で折半する西飛行場は、年間約5億円の赤字経営だ。現在は鹿児島、宮崎の2路線が就航。経営再建中の日本航空は来年度内の2路線廃止を検討する。

 県は22日、路線廃止を機に管理運営から撤退する方針を市に伝え、県が撤退した後に市営で存続させるかどうかを迫った。これに対し、市は「東京便が復活する可能性はある。新知事にも判断してもらいたい」と主張した。

 知事選の候補者たちは、西飛行場の存廃問題をどうとらえているのか。「存続」を主張するのは、無所属新人で元県議の柴崎美智子氏(54)。「廃止」を唱えるのは、無所属新人で学習塾経営の川元康裕氏(42)と、共産党新人で党県委員長の村上昭二氏(62)である。

 無所属新人で経営コンサルタントの湯崎英彦氏(44)、無所属新人で元県議の河井案里氏(36)は「どちらとも言えない」との姿勢。2人とも「十分に市などと協議する必要がある」と指摘している。村上氏も市との協議の必要性は認めている。

 西飛行場の存廃問題で、県はこれまで「来年度予算の編成に着手する今秋までに結論を出す」と繰り返してきた。滑走路北端を横切って建設する広島南道路の2011年度着工を前に、滑走路短縮工事の必要性を判断するタイムリミットだからだ。

 今回、県は撤退する方針を決定。今後は、市が市営で存続させる場合に限って短縮工事費の半額を協力し、市が結論を先送りする場合は予算化を見送る構えをみせる。

 藤田雄山知事は11月28日で任期満了を迎える。県の予算編成の骨格が通常、年内に決まることを踏まえれば、新知事は着任からわずか1カ月で、重要な決断を迫られる。(知事選取材班)

 ■広島西飛行場 1961年に国管理の広島空港として開港。同空港の三原市移転に伴い93年、国内初コミューター・小型機専用飛行場として県営で再出発した。管理運営費は市と折半で負担している。滑走路北端を横切る広島南道路の建設が2011年度に始まるため、飛行場を存続する場合、10年度には滑走路を現行の1800メートルから1360メートルに短縮する工事に着手する必要がある。

482 チバQ :2009/10/28(水) 23:33:57
>>472-473
岡田克也町議の誕生です!
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20091026ddlk32010336000c.html
選挙:津和野町長選/津和野町議補選 町長選、下森さん初当選 /島根
 ◇官民協働の町づくり訴え
 任期満了に伴う津和野町長選と、町議補選(改選数2)は25日、投開票された。いずれも新人で無所属の3人の争いとなった町長選は、酒造会社役員の下森博之さん(44)が、前副町長の松浦秀信さん(60)、元建設会社長の永吉義夫さん(67)を破り、初当選を果たした。町議補選も新議員が決まった。当日有権者数は7717人、投票率は、町長選85・15%(前回74・81%)、町議補選も85・15%だった。

 下森さんは若さを前面に打ち出し、豊かな自然や歴史文化などの資源を生かした住民参加による官民協働の町づくりや、住民目線の情報公開や行政評価の仕組みづくりなど透明性の高い行政の確立など町政の改革を訴え、幅広い層の支持を集めた。

 松浦さんは、36年間の行政経験をアピールし、行財政改革の推進や地域医療の拡充産業振興などを訴えたが、及ばなかった。永吉さんは、民間企業の経験を生かした無駄のない、公平公正な町政を訴えたが、立候補表明の遅れを取り戻せなかった。【上村里花】

==============

 ◆開票結果=選管最終発表

当 3298 下森博之 44 無新

  2001 松浦秀信 60 無新

  1209 永吉義夫 67 無新

==============

 ◆開票結果

 ◇津和野町議補選(改選数2−5)=選管最終発表
当 2838 岡田克也  43 無新

当 1305 米澤〓文  64 無新

  1149 川田剛   27 無新

   702 丁泰仁   60 無新

   331 百合本修司 70 無新

==============

483 とはずがたり :2009/10/28(水) 23:57:48
>>482
おおっw
外相効果有りやなしやw

484 名無しさん :2009/10/29(木) 02:57:11
明らかにあったとしか思えないような票の入り方だがw

住職ってことで、檀家にアピールしやすかったとか

485 とはずがたり :2009/10/29(木) 09:40:02
住職ってのもポイントかもしれませんが町長選とも重なるんですが40代の仕事盛りってのが評価された部分もあるかもしれませんな

>>482の下の部分の欠落補填

下森博之(したもり・ひろゆき) 44 無新(1)

 酒造会社役員[歴]町議▽森林組合長▽同志社大

毎日新聞 2009年10月26日 地方版

486 チバQ :2009/10/30(金) 00:38:40
>>442-446あたり
http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20091029ddlk37040636000c.html
ルポ香川:観音寺市長・市議選の課題 活気再び中心商店街 /香川
 ◇継続的魅力作りに苦労
 旧観音寺市と大野原町、豊浜町の1市2町が合併し、現在の観音寺市が誕生して4年。市長・市議のダブル選挙は、11月1日告示、8日に投開票される。同市中心部の柳町通り商店街で、活性化の試みから、市の課題を考えた。【松田学】

 同商店街は、約400メートルの通りに約100店が軒を連ね、かつては肩が触れ合うほどの買い物客であふれた。しかし、80年代以降は国道沿いの郊外型店舗に客が流れ、現在、営業する店は3割ほど。典型的な地方都市の「シャッター通り」だ。

 市は、同商店街を中心市街地の「顔」と位置付け、03年4月から大がかりな整備に乗り出した。約28億円を投じて、幅員約5メートルで歩行者専用だった道路を車も通れるよう約16メートル(歩道込み)に拡幅。いずれはJR観音寺駅を起点にした市中心部の環状道路の一部とする。11年3月に工事を終えれば、1日約4000台の交通量と400人の歩行者を見込む。

 同商店街振興組合役員の藤田圭造さん(52)は、親子4代、約130年にわたって店を構え、栄枯盛衰を見てきた。「道路を広げただけでは車に乗った人は通過するだけになってしまう。逆に商店街の機能がなくなって過疎化が進む」と危惧(きぐ)する。そして「市には周辺地域も含め、どんな町にするのか、どんな機能を持たせるのか、明確な施策を示してほしい」と注文をつける。

 若手の商店主らも知恵を絞っている。工事のためアーケードを取り払い、太陽が見えるようになったことから「ドピカーン観音寺」と銘打ち、04年以降、年1〜3回、現代美術や書、陶芸などのアーティストに2週間ほど滞在してもらい、商店街で作品展やワークショップなどを展開している。

 中心メンバーの矢野浩二さん(42)は「市民でも『初めて来た』『来るのは10年ぶり』と言う人が少なくない。一過性でない、新たな魅力を作って継続的に人が集まる場所にしたい」と言う。問題は資金だ。「1回に約200万円かかる。市から50万〜100万円の補助金が出るが、長引く不況で来年以降はどうなるか分からない」と気をもむ。

 工事は着々と進むが、問題はその後の人を呼び込む仕掛け作り。市建設部は「基盤作りが終わった後の土地利用は住民といっしょに考え、工夫していきたい」とする。民間の取り組みには限界がある。中心市街地の新しい「顔」にするためには、市の強いリーダーシップが不可欠だ。

 ◇合併から4年どう変化 人口は減り、市債は増加
 合併直後の4年前と今とではどう変わったか。数字で見てみる。

 人口は6万4688人(今年4月1日現在)と1739人減った。640人いた市職員は新規採用を抑え545人(同)に。財政面では、旧市のままでは38億9500万円だった地方交付税が算定替えで48億5700万円に。基金(貯金)は約10億円増の43億4000万円に。市債(借金)残高は296億7800万円で21億2700万円増。市は「懸案だった斎場建設と治水事業のため」と必要性を強調する。

 競輪事業は累積赤字が約6億3000万円に膨れ上がっていたが危機を脱した。赤字を生む自場開催を年間72日から37日に半減させるなどしたためで、今年度末で赤字解消の見通しだ。

 一方、来年度は景気悪化の影響で市税は減収の見込み。新たな自主財源の確保、少子・高齢化対策など、課題はまだまだ残っている。

487 チバQ :2009/10/30(金) 00:40:00
>>402
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200910290020.html
呉市長選、ねじれなく本番へ '09/10/29

--------------------------------------------------------------------------------

 呉市長選(11月1日告示、8日投開票)の前哨戦が、前回に比べて様変わりしている。立候補予定は再選を目指す現職の小村和年氏(62)と元安浦町長で新人の沖田範彦氏(64)で現職と新人の一騎打ちの構図は同じ。ただ、前回目立った自民党系議員や経済界の分裂はなく、ねじれのないまま本番を迎えそうだ。

 前回は4選を目指した現職に、多選などを批判して新人の小村氏が挑んだ。自民、公明両党から推薦を受けた現職を、市議の半数以上や多くの主要企業が支援した。一方、小村氏の陣営は高校の同窓生らによる草の根の運動に加え自民党の一部県議の支援を受けた。連合は支持し、若手経営者を含む企業関係者も活発に動いた。

 今回は、小村、沖田両陣営とも、政党色は排した戦いを続ける。

 そうした中で小村陣営を、前回は対抗候補を推した企業も含め地元企業が幅広くバックアップ。党派を超えた県議、市議の大半が支援の姿勢で、推薦した連合は後援会事務所にスタッフを派遣する。

 支援の広がりを陣営幹部は「実績が評価されている。連合の支援は特に心強い」と受け止め。「1期目を問う選挙。気を緩めずに戦う」と引き締める。

 対する沖田陣営は、高校の同窓生や一部企業、合併町の元町長の一部などの勝手連的なサポートを受ける。組織的な支援はないが、市の活性化策などを盛り込んだマニフェスト(公約)のチラシ配布などを続ける。

 沖田氏は「市民にマニフェストをよく検証してもらうことが大事だ。あくまでも草の根選挙を貫く」と強調している。

488 名無しさん :2009/10/30(金) 21:02:17
http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009103001000897.html

民主、自民の厚い壁崩せず 山口市長選11月1日告示
 任期満了に伴う山口市長選が11月1日に告示される。再選を目指す無所属現職の渡辺純忠氏(64)のほか、元徳地町長伊藤青波氏(55)、元小郡町議尾上頼子氏(41)=共産推薦=が立候補を予定している。

 政権を獲得し、小沢一郎幹事長が知事選や政令市長選では相乗りを禁止した民主党だが、山口市長選では候補者は擁立せず、陣営から推薦要請もなかった。地方組織の未成熟さを露呈した格好で、県連幹部は「まだ民主党には首長候補を立てる力量がない」とこぼしている。

 山口県では民主党が大勝した8月の衆院選でも、自民党候補が4小選挙区のうち三つを制した。しかも1区高村正彦元外相、3区河村建夫前官房長官、4区安倍晋三元首相と大物ばかり。他県である業界団体の自民党離れも表面化していない。建設業関係者は「県内は自民党議員が多く、敵に回したら業界が成り立たない」と、参院選でも自民党を支援するという。

 選挙で手足となる地方議員もまだ少ない。定数49の県議会では、自民党系会派27人に対し民主党系会派は7人。定数34の山口市議も、自民党系市議の大半が現職の支援に回り、2人しかいない民主党系市議は組織だった活動ができていない。

 同市長選の不戦敗に西嶋裕作県連幹事長は「首長選は政党色を出すものではない」と釈明。参院選や県議・市議選候補公募では以前の数倍の29人が応じ、支持層の広がりの兆しはあるが、結党以来の課題である地方組織の構築が進んでいない現実を浮き彫りにした。

2009/10/30 19:09 【共同通信】

489 チバQ :2009/10/31(土) 00:28:07
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20091026-OYT8T01407.htm
<県政の足元で 知事選の課題><1> 学校耐震化 財政難の壁
県債残高2兆円、再建険しく

図書室前の壁に生じたひび割れを示す大下校長。「早く耐震化工事を始めてほしいが」と語る(県立広島国泰寺高で)

 広島市中区の県立広島国泰寺高の4階建て校舎は1979、80年に建築された鉄筋コンクリート4階建てだ。見た目に古さは感じられないが、階段や図書室前の廊下の壁などにひび割れが生じている。

 「結構、老朽化が進んでるんですよ。明日にでも大地震に見舞われたらと思うと心配で」。大下隆司校長(57)は校舎内を回りながら、こう打ち明けた。

 12ある教室や音楽室で毎日約500人が学ぶこの校舎は2005年、震度6強以上の地震で倒壊すると診断され、今年度にようやく耐震化工事に向けた設計が始まった。だが、通常なら設計翌年に着工されるのに、県の財政難が影響し、着工時期は未定だ。

 文部科学省地震調査研究推進本部によると、広島市中区で今後30年間に震度6弱以上の地震に見舞われる確率は19・4%。大下校長は「子どもの命にかかわる。だが、現場からは『早急に取り組んでほしい』と求めることしかできない」と、苦悩する。

     ◇

 県によると、今年4月現在、県立高校で231棟、特別支援学校で15棟が震度6強の地震で倒壊するおそれがある。市立高校を含む高校の耐震化率は52・3%。全都道府県で41番目の低さで、トップの東京都(98・2%)のおよそ半分だ。

 県は04〜08年度に約220億円をかけて70棟で耐震化工事を実施。09年度は国の景気対策費を受け、約80億円をかけて51棟の工事を進める。しかし、耐震化率100%を達成するには「あと1000億円以上が必要」(県教委施設課)といい、完了の見通しは立っていない。

     ◇

 〈年間収入のうち所得は234万円で、仕送りが172万円。不足分のうち、79万円を借金でまかない、15万円は貯金から引き出す。借金の総額は1066万円で、毎年、74万円をその返済に費やす〉

 これは、県の09年度一般会計予算を年間の生活費が500万円の家計に例えたものだ。県税などの収入(所得)は全体の半分に満たず、国の交付金(仕送り)や県債(借金)、基金(貯金)の取り崩しでようやく維持している。

 予算規模が9380億円の県が抱える県債残高は2兆円。県は公共事業の削減や職員給与のカットで、04〜09年度に約1800億円、支出を抑制するなどの努力を続ける。しかし、県の試算によると、現在並みの緊縮財政を続けても、毎年400億円余りの財源不足が続く見通しだ。

 藤田知事は県議会9月定例会で、「あらゆる手段を講じて歳出、歳入の徹底的な見直しを行うなど、財政健全化に向けた取り組みを着実に実施する必要がある」と述べた。

 しかし、財政課のある職員はこう漏らす。「収入が増える見込みはあまりなく、コスト削減も限界がある。誰かが負担を負わなければ、予算を組むことができない」

 痛みを分かち合うためには、まず、県民の納得を得なければならない。

     ◇

 4期16年の藤田県政が終わりを告げ、次のリーダーを目指す候補者たちが知事選を戦う。候補たちが語る政策を、有権者はどう読み取り、誰を選ぶのか。県政が抱える課題を探った。

(2009年10月27日 読売新聞)

490 チバQ :2009/10/31(土) 00:28:48
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20091028-OYT8T00038.htm
県政の足元で 知事選の課題  過疎対策先行き不透明
地域の魅力どう引き出すか


お太助ワゴンに乗り込むお年寄りら。地域を支える公共交通機関として定着を目指す(安芸高田市高宮町で)  

谷あいに田畑が広がる安芸高田市高宮町の県道脇にある民家の前に1台の大型ワゴンがやって来た。車体前部には「お太助ワゴン」の文字。利用者の要望に応じて運行される新たな公共交通機関「デマンド交通」だ。

 利用者が減って民間の交通機関の経営が難しい過疎地域で、自宅から目的地までワゴン車などで送迎するデマンド交通の導入が広がっている。お太助ワゴンは予約制。100〜500円の料金で、通学や通院など利用者のニーズに対応する。17キロ先の診療所への通院に利用した無職荒木増雄さん(92)は「路線バスより安く、自宅まで送迎してもらえてありがたい」と話す。

 廉価できめ細やかなサービスの代償に、運営費がのしかかる。市は委託先のタクシー会社や地域団体に、車両ごとに160万〜580万円を支払う。来年10月の市全域での導入を目指し、市は新たに4台を購入する予定で、冬場には道路の除雪費も加わる。

 県は今年10月から1年間の運行実績を見た上で、走行距離に応じた補助を行う予定。市政策企画課は「サービスの充実には、県の補助は欠かせない」と訴える。



 旧過疎地域対策緊急措置法が施行された1970年度から2008年度までに、県内で過疎対策に投じられた費用は約3兆3000億円。大半は、水道や道路、交通機関など生活基盤の改善に充てられた。生活環境を整え、都市部への人口流出を防ぐことを目指した。しかし、県内の過疎地域の人口は1965年度の約46万3000人から05年度は約30万4000人にまで減少。15年後には約21万人にまで減る見通しだ。

 県は今年度、農林水産業振興を、過疎対策の柱に加えた。農業振興の核に据えられるのが、全国最多の167法人が活動する集落法人の育成だ。農機などの購入補助から、販路の開拓など経営の指導まで、多岐にわたる支援を行い、農地を集約し、採算性を高めることで、農業に競争力をつけることを目指す。

 県新過疎対策課の望月徹課長は「若者が定住し、新住民を呼び寄せるには、生活基盤整備だけでは不十分。地域の活力が必要だ」とする。



 標高270メートルを越える庄原市口和町に、地域の2集落全41戸の3分の2を超える32戸から集落法人「ファーム永田」に託された約25ヘクタールの農地が広がる。減農薬コシヒカリの販売が好調で、08年度の売上高は2300万円を超え、加盟農家に計1300万円を還元した。成功例として各地からの視察も多い。

 ただ、会員のいびつな年齢構成が先行きに影を落とす。60歳以上の人が23人に上る一方、働き盛りの30〜50歳代が12人しかいない。

 代表理事の三上頼徳さん(73)は不安にかられることがあるという。

 「県には農業振興を続けてほしいが、それだけで地域が守れるんか。10年、20年後にここに何人が残っているんじゃろうか」

 過疎地域の魅力をどう引き出すのかが、行政と地域に求められている。

(2009年10月28日 読売新聞)

491 チバQ :2009/10/31(土) 00:29:27
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20091028-OYT8T01441.htm
県政の足元で 知事選の課題  「電子化」車産業に波紋
下請けの対応力強化課題


カーエレクトロニクス推進センターの協力を得て開発したトランクの自動開閉装置。外付け式でゆっくりと開く(坂町のニイテックで)  

「ハイブリッド車を早期に投入すべきだ」

 6月24日、府中町のマツダ本社で開かれた同社の株主総会で、株主が経営陣に求めた。マツダは、トヨタやホンダがしのぎを削るハイブリッド車市場への参入時期を「2010年代前半」としてきたが、金井誠太専務執行役員は「(ハイブリッド車に使われるような)電子機器の前倒し導入を検討している」と述べ、早期の市場参入に意欲を見せた。

 電気モーターとガソリンエンジンを組み合わせた「ハイブリッド車」は燃費が良く、二酸化炭素排出量が少なく、人気はうなぎ登りだ。だが、1台の製造費のうち電子部品の費用が占める割合はガソリン車が2割前後なのに対して、5割に達する。このことが、下請けの部品メーカーなどに波紋を広げている。

 中国経済産業局が07年3月に発表した調査報告書によると、中国地方の自動車部品メーカーのほとんどは機械系部品を主力としている。同局はハイブリッド化がさらに進めば、中国地方で供給される自動車部品の3分の2が影響を受けると分析する。

 ある自動車部品メーカーの社長は「今の財務力や人材では電子化に対応できず、生き残ることは難しい」と打ち明ける。



 県も手をこまねいているわけではない。06年度、自動車産業の電子化のための補助金制度を創設し、さらに08年7月、「企業が資金を戦略的に生かせる土壌作りが必要だ」として広島市に「カーエレクトロニクス推進センター」を設立した。

 岩城富士大センター長と3人のコーディネーターが連日、企業や大学などを飛び回る。「こんな部品を開発している」「面白い研究成果がある」。情報を得れば、その成果を必要とする別の企業などとの間を取り持つ仕事が中心だ。岩城センター長は「ニーズを結んで企業の開発力を高め、電子化に対応できる力を育てたい」と語る。

 成果も出ている。部品メーカー「ニイテック」(坂町)は約10年前から自動車用ドアの自動化に向けた研究を進め、その技術で住宅に設置する自動ドアを開発した。

 昨年7月、同センターのコーディネーターの紹介で自動車工学の専門家も交え、トランクの自動開閉装置の開発に着手。県から1820万円の補助を受け、09年3月、試作品を完成させた。

 ただ、製品の販売先はまだ決まっておらず、仁井慎社長は「この先は企業努力が必要だ」と語る。



 ライバルとなる他の生産地が先を進む。トヨタのある愛知県は自動車産業への過度の依存から脱却し、その技術力を他方面でいかそうと、産業労働計画の策定を進める。同県産業労働政策課は「力のある中小企業が様々な分野に進出できるよう支援したい」とする。

 広島大地域経済システム研究センター長の伊藤敏安教授は、県が今後、産業振興で果たす役割についてこう指摘する。「自動車産業で培われた技術を農業や介護、福祉などまったく違う分野に生かしていかなければならない。福祉から工業まで幅広い産業をカバーする県だからこそ、その間をつなぐ道を開くことができるはずだ」

(2009年10月29日 読売新聞)

492 チバQ :2009/10/31(土) 00:30:07
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20091030-OYT8T00077.htm
「鞆の浦」将来像見えず
裁判長期化、住民対立に拍車


観光客でにぎわう鞆の浦(奥は常夜灯、福山市鞆町で)  

高さ約7・5メートルの常夜灯前で、観光客らが記念撮影の順番を待っていた。近くでは、カップルたちが階段状の港の遺構・雁木(がんぎ)に腰掛けて、瀬戸内の穏やかな海を眺めていた。

 江戸時代の風情を残す、福山市・鞆の浦の町並みを楽しむ人波は、鞆の浦の埋め立て・架橋事業への免許交付を差し止める地裁判決が出た今月1日以降、さらに増加している。

 幕末に鞆町を訪れた坂本龍馬ゆかりの品などを展示する「いろは丸展示館」は今月に入り、いつもの2、3倍の人が来館。ボランティア観光ガイドが案内した団体客数も前年同期の1・5倍のペースだ。このため、週末は町中心部の狭い県道が対向できない車で渋滞し、路肩に避けたまま立ち往生する歩行者も目立つ。

 県道近くで商店を経営する男性(68)は「週末の客の入りは3、4倍に増えた」と歓迎する一方で、「住民が安心して歩けないし、観光客の印象も悪くなる。何とか改善策を探れないものか」と嘆く。



 事業は、鞆町中心部の交通渋滞緩和などを目指し、鞆港の沿岸約1・9ヘクタールを埋め立て、駐車場やフェリー桟橋を整備、港湾を横切る長さ179メートルの橋を架ける。反対派住民らが起こした訴訟で、地裁は「事業が景観に及ぼす影響は重大。県の調査、検討も不十分」と、知事による埋め立て免許交付の差し止めを命じ、県は判決を不服として控訴した。

 事業反対の動きは住民だけでなく、映画監督の大林宣彦さんら文化人らにも広がり、鞆で映画「崖(がけ)の上のポニョ」の構想を練った宮崎駿さんも否定的な見解を示す。世界遺産候補地を調査するユネスコの諮問機関・国際記念物遺跡会議(イコモス)も事業中止を求める決議を採択した。

 訴訟原告団の大井幹雄団長は「次の知事は高い見識で状況を見極めて控訴を取り下げ、話し合いの場を設けてほしい」と求める。



 一方、15日に控訴を発表した、県の大野宏之土木局長は「景観保全最優先の判断基準では、鞆の浦に限らず瀬戸内沿岸の全地域に話が及ぶ。官民問わず、すべての工事や事業に影響を与えかねない」と、判決が与える影響を懸念し、控訴の正当性を強調した。

 23日に鞆町の公民館で開かれた会議で、事業に賛成する住民が多数を占める鞆町内会連絡協議会の大浜憲司会長が「判決は、(交通渋滞など問題の解決に)何ら効果がない」と、県や市の担当者に訴えた。

 訴訟の長期化は、住民間のあつれきが続くことを意味する。

 「住民同士のいさかいにストレスを感じるし、今のままでは鞆の将来の青写真も見えない。何とかならないものか」。鞆町で飲食店を営む女性(64)はこう言ってため息をついた。(終わり)

 (この連載は澤本浩二、平井宏一郎、野中明子、小井国春、石原敦之、向井友理が担当しました)

(2009年10月30日 読売新聞)

493 チバQ :2009/10/31(土) 00:33:37
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20091029ddlk35010372000c.html
県都は今:山口市長選/上 観光 見えない合併効果 /山口
 ◇温泉体験館に財政難の壁
 「4年前に合併したはずだが……」。4月に旅行会社からの出向で、山口市が出資する財団法人「山口観光コンベンション協会」の常務に着任した鈴木克彦さん(54)は、観光事業の管轄エリアを聞き、耳を疑った。

 小郡、秋穂、阿知須、徳地の4町が旧山口市と合併したのは05年。なのに、管轄地域は「旧山口市」に限定されていた。調べると、小郡、阿知須に観光協会は元々なかったが、残り2町の観光協会は独自に存続し、コンベンション協会に加盟すらしていなかった。「名所は増えたのに、スクラムを組んだ売り込みができていない」

 鈴木さんは、来年1月に市とリンゴの産地・阿東町との合併協議が進む中、これを機に広域観光の連絡協議会を立ち上げようと計画。湯田温泉を軸に、車エビの養殖で有名な秋穂や、山村体験公園「重源(ちょうげん)の郷(さと)」がある徳地などとの連携を−−と構想を広げている。

  ◇   ◇

 だが、軸と期待される湯田温泉も苦戦が続く。約600年の伝統があり、約30軒のホテル・旅館が並ぶ温泉街だが、宿泊客数は01年の年間約68万人に比べ、08年は約58万人と10万人も減少した。

 「合併効果は見えない。九州新幹線(博多−鹿児島中央間、11年3月開業予定)の開通で、東からの客足が県自体、素通りになるかもしれない」

 湯田温泉旅館協同組合理事長の宮川力さん(68)は危機感を募らせる。起死回生策として旅館業者や町内会でつくる「湯田温泉まちづくり協議会」は6月、市に対し、地元に「温泉体験館」の建設を提言した。2階建て施設に足湯や湯煙発生装置、ギャラリーを盛り込んだ。事業費8400万円で市が建設し、民間でつくる指定管理者が市から委託費を受けて運営する「公設公営」方式を求めた。

 しかし、市側はこの方式に難色を示した。今月8日、協議会に示した代案には温泉体験館は消え、足湯や観光案内板を設置した簡易な屋外施設になっていた。担当の児玉達哉・市企画経営課長は「採算性を考えると、市の公営でやれるかどうか、調整が必要だ」と歯切れは悪い。宮川さんは「『沸かし湯じゃないの?』と疑うお客もいる。ちゃんと温泉を紹介するシンボル的な公益施設が必要」と要望を続ける意向だ。

 合併で、市の一般会計予算規模(09年度当初約671億円)は旧市の1・5倍に増えた。一方、借金である市債残高(特別会計含む)も1296億円=昨年度末=に上り、住民が願う活性化策を打つにも財政的な限界が立ちふさがる。

 市総合計画(期間・08〜17年度)では、市内の年間観光客数を06年327万人、12年330万人、17年は350万人と右肩上がりの目標を掲げる。だが、事業項目には「観光資源の充実」「観光情報の発信」などと抽象的な言葉が並ぶ。合併効果を生かそうとする具体策は乏しい印象だ。限られた財源の中、官民共同の知恵を絞る総合力が問われている。

   ◇  ◇

 山口市長選は11月1日告示、8日に投開票される。県都が抱える課題を探った。

〔山口版〕

494 チバQ :2009/10/31(土) 00:34:24
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/archive/news/2009/10/30/20091030ddlk35010551000c.html
県都は今:山口市長選/下 中心商店街 跡地再開発遅れも /山口
 ◇急ぐ行政と不安の入店者
 山口市のJR山口駅に近い中心商店街の一角に、ぽっかりと広大な空き地が広がる。9年前、閉店した地場スーパー・アルビの敷地跡地(約2800平方メートル)だ。集客の核とすべく、1月、市出資の第三セクター・街づくり山口と地元の商店街組合が、共同で運営する2階建て商業施設「やまぐちマーケットプラザ(仮称)」の建設を発表した。「この辺りにはアルビと『ちまきや』(08年に閉店。現山口井筒屋)があって、昔は買い物客でにぎわってました」。近くの酒店店主の男性(75)は完成を心待ちにしている。

   ◇  ◇

 だが、入店予定者との交渉は長引き、当初見込んだ「来年秋開店」は遅れる見通しが出ている。

 プラザ(延べ床面積2600平方メートル)2階は飲食店で、隣接する古民家や土蔵も改修してイベントに活用し、公益的な集客施設に整備する。1階には、アルビ跡地から北へ約200メートル離れ、築50年と老朽化が進む川端・公設両市場の約15店舗を移転させ、市場跡地にはバスの乗り換え場などを再整備する計画だ。市場について「防災上も取り壊しはやむを得ない」(市都市整備部)との考えで、お年寄りや、子どもが安心して歩ける街づくり構想との「二重の効果」を狙う。

 「『絶対反対』という訳じゃない。大きな借金をして移ったのに『あっと言う間に閑散とした』というんじゃ、やれん」

 川端市場協同組合長で鮮魚店主の松西恭英(やすきよ)さん(61)は市場関係者の揺れる思いを代弁する。松西さんによると、プラザの家賃は現在の5倍に上がり、移転に伴い新たに購入した冷蔵庫などへの市の補償は総額の2割。例えば、設備費に2000万円かかっても、補償は400万円で残りは自己資金だ。長引く不況の中、重い負担が二の足を踏ませている。

 郊外への大型店舗出店やバブル経済崩壊で中心市街地の小売業の年間販売額(衣料、食料関係)は、96年の141億4900万円から03年の107億3100万円と、7年間で34億円減った。市は旧市内の中心市街地を商業集積地や交流拠点と位置づけ、11年度までに再開発や空き店舗対策などの活性化策を集中させる計画。その11年度に小売業の年間販売額を約110億円に盛り返す目標を掲げる。

 野村和司・市都市整備部次長は「衣料品販売などが強い現在の商店街に、市場の魅力を加えることで相乗効果が見込める」と強調する。だが、市場の松西さんは「移転しても、しっかり商売が続けられるように腰を落ち着けて交渉したい」と願う。

 「にぎわいを取り戻したい」との思いは同じだが、来年度内にプラザの完成を目指す行政側と、厳しい現実に不安を募らせる商店主との溝は埋まっていない。(この連載は中尾祐児が担当しました)

〔山口版〕

495 チバQ :2009/10/31(土) 11:52:46
http://mytown.asahi.com/kagawa/news.php?k_id=38000000910300003
観音寺ダブル選前に(上)
2009年10月30日


9月に使用が開始された柞田小の校舎=観音寺市柞田町


人員削減が進む豊浜支所。効率化の半面、市民との距離が広がるとの懸念の声も=観音寺市豊浜町和田浜

 真新しい校舎から子どもたちの元気な声が響いている。観音寺市柞田町の市立柞田小学校の新校舎は7月に完成したばかりだ。3〜6年の児童が授業を受けている。「学校が明るくなった」「きれいなロッカーで整理整頓をするようになった」。保護者たちの評判も上々だ。


 それまでの校舎は築約50年たち、歩くと床がギコギコと鳴るほどだった。市は07年に改修に着手。総事業費11億3200万円のうち6億円を、大野原町(当時)、豊浜町(当時)との合併特例債でまかなった。特例債は発行額の7割が国からの交付税だ。


 15年度までに活用できる特例債は約207億円あり、国からの交付は140億円余りにのぼる。市は特例債を使って、斎場を建設し、中部中学校の全面改築も進めている。


    ◇   ◇


 「新しいものをつくりながら財政健全化も進んでいる。合併の成果の一つだ」。矢野道夫総務部長は指摘する。合併した4年前、市財政は借金にあたる市債残高が約275億円にのぼっていた。貯金にあたる基金残高は33億円たらずしかなかった。


 市税収入を上回るほどだった観音寺競輪は客離れから売り上げが減少し、04年度に4億1千万円の赤字(単年度)に陥った。累積債務は06年度時点で、約17億円まで膨らんだ。開催日数を70日から37日に減らし場外の競輪券発売で収益を上げ、07年度の単年度収支は4年ぶりに黒字に転じたものの、苦しい営業が続いている。


 合併後の4年間で、市は新規採用を抑え、希望退職者を募るなどして640人いた職員を95人減らし、約3億8千万円の人件費を削減した。事務事業の民間委託なども進め、市全体では07年度末に掲げた目標額を約2億円上回る22億3千万円を削減した。


 山田、花稲、丸井、箕浦、高須賀の5工業団地の企業誘致は完了し、08年度の固定資産税は3億7千万円にのぼる。基金残高は合併当初より10億円増えて約43億円となり、財政の豊かさを示す財政力指数は0・72(県内5位)になった。


    ◇   ◇


 「合併」はバラ色なのか。観音寺と一緒になった大野原、豊浜の人たちには複雑な思いもある。
 豊浜支所(旧豊浜町役場)。3係を15人の職員で対応している。専門外の知識も必要となり、職員の一人は「負担は増すばかりだ」とため息をつく。かつては窓口で住民らとゆっくり話し合うなどコミュニケーションがとれた。住民にとって「何かあれば役場に相談」という所ではなくなりつつある。


 自治会や婦人会などへの補助金削減も不満の種としてくすぶる。合併前、豊浜町では1世帯当たり2300円、大野原町では2095円の補助金が計算上支払われていた。合併後の見直しで、豊浜町と大野原町は1200円に減額され、旧観音寺市は逆に320円が1千円と約3倍に上がった。「祭りができない」「会費を上げなければ……」といった声も漏れる。


 「合併したが、『ええことひとつない』なんて声をよく聞く……」。旧豊浜町長で、地域の街づくりに取り組む「豊浜会議」会長の佐伯文男さん(64)はつぶやく。


    ◇   ◇


 観音寺市長選、市議選が11月1日に告示、同8日に投開票される。05年の合併から4年。現状や課題を探る。

496 チバQ :2009/10/31(土) 11:53:12
http://mytown.asahi.com/kagawa/news.php?k_id=38000000910310003
観音寺ダブル選前に(下)
2009年10月31日


拡幅工事が進む柳町通商店街。工事を機に閉店する例も少なくない=観音寺市観音寺町


閉店前の観音寺サティ=9月18日、観音寺市坂本町5丁目

 市中心部の柳町通商店街でいま、道路の拡幅工事が進んでいる。


 自動車での移動が主流になった社会では、道幅が狭い商店街に人が集まらない――。道路拡幅はそんな状況を打開するためだ。


 80年代の最盛期、アーケード街には80店舗以上が並んでいた。夏場の毎週土曜に開いていた夜市では、歩くのも困難なほどだった。


 だがマイカー移動が主流になり、徐々に人の波は遠のいていく。急激に進む高齢化もあり、工事を始めた03年の時点では40店舗に半減した。工事をきっかけに閉店した店も少なくない。同商店街で40年以上店を開いていた男性(75)は「残っているのは私みたいな70代ばかり。今が50代ぐらいなら工事してもらって、もう一度頑張ろうとも思うだろうが……」とため息をつく。今の売りつくしセールを最後に店をたたむつもりだ。


    ◇   ◇


 「住民ニーズに的確に対応したまちづくり」「地域特性を生かした活力ある地域の形成」……。合併直前に合併協議会が作成した住民向けのパンフレットにはこんな文言が並ぶ。合併は「活性化」の起爆剤になるとの期待があった。だが、駅前や商店街の再開発は進んでいない。昨年以降、そこに急激な景気後退の波が襲ってきた。


 先月末、採算性の低さなどを理由に市郊外、同市坂本町5丁目にあった観音寺サティが閉店した。89年に前身のニチイがオープン。ファッションやグルメなど23専門店をそろえ、850台収容可能(当時)な駐車場があった。開店時、商店街には客が奪われるという不満はあったが、遠方から買い物客を呼び込むという側面もあった。閉店により、綾川町や三豊市にできた大型商業施設への人の流れが加速する。


 中心市街地の不振は、市の経済全体に影を落とす。観音寺商工会の加盟企業は約1200社あるが、ここ数年は年間30〜50社が廃業している状況だという。同会議所の島一会頭(71)は「駅周辺も活況がなく、市の中心地がどこなのかもわからない。公共駐車場の設置などインフラ整備を積極的に進めて欲しい」と求める。


    ◇   ◇


 「陰り」は市の中心産業の農業でも深刻だ。観音寺市はレタスやタマネギの出荷量が県内の半分以上を占める有数の農業地帯だが、06〜08年度の3年間で農家は約120人減った。どうやって歯止めをかければよいのか、特効薬は見あたらない。


 「田んぼ使ってくれんかなあ……」。知人と2人で農家を辞めた人の田を借りて米や麦なども栽培する同市古川町の養鶏農家の男性(52)は、こんな相談をよく受ける。高齢化が進み周囲で毎年2、3軒の農家が辞めていくという。山手側の小さな田はいまは荒れている。(連載は小林一茂、伊勢剛が担当しました)

497 名無しさん :2009/11/01(日) 10:41:17
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tottori/news/20091031-OYT8T01077.htm

民主「参院選の前哨戦」
鳥取市長選 出馬表明の砂場氏推薦
 民主党の推薦を受け、元朝日新聞記者の砂場隆浩氏(46)が31日、出馬を表明した来春の鳥取市長選。民主党は、前々回は自民党と相乗りで当時の現職を推薦、前回は自主投票だったが、政権与党となった今回、来夏の参院選をにらんで独自候補の擁立にいち早く動き、基盤固めを急ぐ姿勢を鮮明にした。出馬表明は3人目で、〈県都決戦〉は今後、各政党の思惑をはらんで一気に加熱しそうだ。

 砂場氏の推薦はこの日、倉吉市内で開かれた民主党県連の常任幹事会で正式に決まった。

 砂場氏は幹事会であいさつした後、川上義博・県連代表と記者会見。「財政が悪化する中、イベント中心の市政を続けていいのか疑問だ。県外企業の誘致ではなく、地元企業を支援して雇用を増やし、子や孫を安心して育てられるまちにしたい」と抱負を述べた。

 出馬の経緯について「地域の自立をテーマに取材してきた経験を評価してもらい、『立候補しないか』と複数の人から声をかけてもらった」と説明。民主党の推薦には「先の衆院選のマニフェストに地域主権を確立して自主財源を増やすことが掲げられており、考えが一致した」と述べた。

 今後、市民の意見を取り入れながらマニフェストをつくり、後援組織づくりも急ぐという。

 民主党県連は、来夏の参院選鳥取選挙区で新人の擁立を既に決めており、川上代表は「県都市長選は極めて重要。参院選の前哨戦に位置付け、勝利したい」と強調した。

 砂場氏は福岡市出身で、広島大卒業後、朝日新聞社に入社。鳥取総局や東京本社社会部などで勤務し、同総局次長だった10月13日付で退社した。

 一方、前回、公明党とともに現職の竹内功氏(57)を推薦した自民党の山根英明・党県連幹事長は、砂場氏の出馬に対し「多様な候補が競うことで、市に活力が生まれるのは良いこと」とコメント。今のところ、自民党県連内に独自候補擁立の動きはなく、「今後、竹内氏から推薦依頼があれば、内部で協議する」としている。

 このほか共産党東・中部地区委員会が、市民団体とともに候補の人選を急いでいる。

 鳥取市長選にはこれまで、3選を目指す竹内氏、2005年の衆院選に鳥取1区から民主党公認で立候補、落選した行政書士早川周作氏(32)が出馬を表明している。

(2009年11月1日 読売新聞)

498 名無しさん :2009/11/01(日) 11:04:35
http://www.nnn.co.jp/news/091101/20091101011.html

砂場氏出馬へ 鳥取市長選、民主が推薦
2009年11月01日

 任期満了に伴う来春の鳥取市長選に、元朝日新聞記者の砂場隆浩氏(46)=鳥取市弥生町=が31日、出馬を表明した。民主党県連(川上義博代表)は同日、倉吉市内で常任幹事会を開き、推薦を決定した。砂場氏は会見で「子どもの笑顔が輝く街にしたい」と語り、無所属で立候補する意向を示した。


砂場隆浩氏
 砂場氏は同党の地域主権に賛同し、10月18日に県連に推薦を依頼したと説明。「書くだけの力では限界を感じた」と出馬理由を話した。

 現市政については「計画性もなく事業を進め、財政を悪化させている」と批判。企業誘致に疑問を投げ掛け、「まずは地元の企業を大切にして雇用を増やしたい」とした。

 また、歴史的建造物や文化を生かす街づくりを強調。「全国の民芸作家を誘致し、仕事をするようになれば一級の観光地になる」と述べた。

 県連は近く、支持団体の連合鳥取や市議会会派などに支援を要請。川上代表は「地方を見る目が濃く、政策面で現市長を凌駕(りょうが)する」と評し、同市長選を参院選の前哨戦と位置付けた。

 砂場氏は福岡県出身。広島大学法学部卒業後、1988年に朝日新聞入社。米子支局長、鳥取総局次長を経て、10月13日付で辞職している。

 同市長選には、現職の竹内功市長が9月議会で出馬を表明。元民主党県連副代表で東京都在住の行政書士が出馬の動きを示しているほか、共産党も人選を進めている。

499 チバQ :2009/11/01(日) 13:39:24
http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009103101000662.html
亀井氏が元自民県議応援 広島知事選、ダブルねじれ
 国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相(衆院広島6区)は31日地元入りし、激戦となっている広島県知事選に出馬した元自民党県議の女性候補の応援に駆け回った。

 亀井氏が「個人」として支援するのは河井案里氏(36)。国民新党が連立を組む民主党の県議の多くは対立候補の元通産官僚湯崎英彦氏(44)を推している上、河井氏の夫で自民党衆院議員(比例代表中国ブロック)の克行氏は郵政民営化に賛成した経緯があり、いわば「ダブルねじれ」の格好だ。

 亀井氏周辺は、河井氏が告示前に自民党を離党し、民主党も独自候補を擁立しなかったことなどを理由に挙げている。

 三原市の事務所で31日開いた国政報告会。亀井氏は「利害損得で動かない、人間として大事なものを持った候補。ぜひ当選してほしい」と、隣の河井氏にエールを送った。2日間で計11カ所を一緒に回る予定だ。

 同知事選は11月8日投開票で新人5人が争い、共産党公認候補を除く4人が無所属。民主、自民、公明、社民の各党は自主投票を決めた。県議会の6割を占める自民党は河井氏と湯崎氏の支援で分裂している。

 湯崎氏は31日、亀井氏のおひざ元の尾道市に乗り込み「16年ぶりの新知事は前向きな広島をつくらなければならない」と街頭演説。ほかに共産党県委員長村上昭二氏(62)、元県議柴崎美智子氏(54)、学習塾経営川元康裕氏(42)が立候補している。

2009/10/31 21:51 【共同通信】

500 とはずがたり :2009/11/01(日) 18:12:18

頑張れ湯崎。亀井なんかに遠慮してないで前原だの仙谷だの投入できないのかね,民主県政会の連中は。
其れは兎も角民主商工会みたいだし民主県政会よりも民主党・県民連合みたいな会派名に出来ないのかねぇ

広島知事選は湯崎、河井両氏接戦 終盤情勢
http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009110101000350.html

 8日投開票の広島県知事選は終盤に入り、新人5候補のうち元通産官僚湯崎英彦氏(44)と元県議河井案里氏(36)が接戦を繰り広げ、共産党県委員長村上昭二氏(62)、元県議柴崎美智子氏(54)、学習塾経営川元康裕氏(42)が追う展開となっている。村上氏を除く4人は無所属で、政党の推薦や支持はない。

 湯崎氏は、連合広島に加え、今期で引退する藤田雄山知事(60)に近い自民党系最大会派と民主党系会派が支援。瀬戸内の自然を観光資源とした「海の道1兆円構想」を掲げ、地元企業も回る。

 河井氏を推すのは、藤田知事に批判的な自民党系別会派や、国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相。「最年少の女性知事」を目指し、女性票の取り込みを図る。

 ただ両氏の知名度はまだ上がらず、目立った争点もないため、盛り上がりに欠けている。投票率は過去最低だった前回の27・14%を上回る見込みだが、態度を決めていない有権者も多く、選挙戦の行方を左右しそうだ。

 村上氏は「雇用・福祉対策の充実」、柴崎氏は「企業誘致による活性化」、川元氏は「景気、雇用回復のための積極投資」をそれぞれ訴える。
2009/11/01 17:44 【共同通信】

501 チバQ :2009/11/02(月) 00:31:26
http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009110101000535.html
倉吉市長は辞職の長谷川氏 新斎場建設めぐる出直し選
 新斎場建設の是非をめぐる前市長辞職に伴う鳥取県倉吉市長選は1日投票、即日開票の結果、無所属の前市長長谷川稔氏(62)が、いずれも無所属新人で前副市長増井寿雄氏(62)、元市議川部洋氏(44)を破り、3回目の当選を果たした。投票率は64・66%で過去最低。

 長谷川氏の任期は、公選法の規定により2期目の残り2010年4月10日まで。

 長谷川氏は新斎場の建設場所をめぐり住民らと対立したことから「民意を問いたい」と9月に辞任し再出馬。新斎場建設問題に争点を絞り、市議時代からの支持者である高齢者や女性など幅広い支持を集めた。

 増井氏は長谷川氏の市政運営の問題点を指摘、産業振興や子育て支援を掲げたが及ばなかった。川部氏は市役所改革を主張し、若年層に浸透を図ったが伸び悩んだ。

 新斎場の建設予定地は、スポーツ広場を目的に贈与された土地だったため、元地権者らが「斎場が建設されるなら贈与はしなかった」と土地の明け渡しを求め、鳥取地裁に提訴するなど建設は難航していた。

2009/11/01 22:52 【共同通信】

502 チバQ :2009/11/03(火) 02:26:30
http://www.nnn.co.jp/news/091102/20091102032.html
倉吉市長 長谷川氏3選 増井、川部氏振り切る
2009年11月02日

◇倉吉市長選開票結果(選管確定)
当10987 長谷川稔 62 無前
  9730 増井寿雄 62 無新
  5795 川部 洋 44 無新

 今回の選挙では、9月15日に長谷川氏が新斎場建設問題の「民意を問う」として市長職を辞職し、出直し選への立候補を表明。川部氏、増井氏も相次いで立候補を表明し、三つどもえの激戦が繰り広げられた。

 選挙戦では、今後の新斎場建設の進め方や低迷する市の経済の建て直し、重点課題の「若者定住化促進」などが争点となった。

 長谷川氏は、辞職に対する批判が逆風となって吹く中、これまでの政治活動で築いた強固な「個と個」のつながりと知名度を生かした草の根型選挙を展開。主張を「新斎場問題の建設」一本に絞り、建設の必要性を粘り強く訴えた。

 増井氏は、全小学校区単位に張り巡らせた後援会支部を軸に組織型選挙を展開。地元経済人や県議、市議などの支援も受けたが、届かなかった。

 川部氏は、地元後援会がフル回転して支え、市役所改革や小学校区単位のまちづくりを訴えたが、全市的な知名度不足は否めず、涙をのんだ。

 今回は出直し選とあって有権者の関心は高かったものの、有権者にとって争点が分かりにくく、雨の影響もあって投票率は伸びず、選挙戦となった2002年の73・38%を8・72ポイントも下回った。当日有権者数は41382人。

 長谷川 稔氏 倉吉東高卒。倉吉市議を5期、県議を2期務め、2002年の市長選で現職との一騎打ちを制し初当選。06年には市制初の無投票再選を果たした。62歳。倉吉市小田。

http://www.nnn.co.jp/news/091102/20091102033.html
「新斎場」正念場これから 長谷川氏「絆」築けるか
2009年11月02日

 新斎場の必要性を粘り強く訴えた長谷川稔氏(62)に、倉吉市民は同調した。主張を斎場問題に絞ったことが功を奏し、市民の意識は高まった。しかし元々、新斎場は住民待望の施設で、新人2氏に投じられた反対票は長谷川氏の得票を上回り、「民意」を得たと言えるかは疑問が残る。建設予定地の住民とのしこりも残ったままで、問題の本質は何も変わっていない。


当選を決め、支援者と笑顔で握手を交わす長谷川氏(左から2人目)=1日午後11時、倉吉市上井町1丁目の選挙事務所

 長谷川氏の辞職をめぐっては、市民の間で疑問と批判が噴出した。逆風の中での選挙戦となったが、32年間の政治活動で築き上げた「個と個」のつながりは組織以上の固さで長谷川氏を支えた。

 投票率は、これまでで最低だった1994年3月の68・38%を下回る64・66%となった。これは、長谷川氏の仕掛けた一点突破型選挙の分かりにくさが、有権者の投票意欲をそいだことも要因の一つと言える。

 本当の正念場はこれからだ。新斎場問題は、建設予定地周辺でも賛成意見はあるが、辞職の理由としたことで反対住民の長谷川氏に対する不信感は、選挙前より増している。

 また、長谷川氏は選挙期間中、「斎場問題で一部執行部の執拗(しつよう)な抵抗があった」と公然と職員を批判した。市職労は今回、前副市長を支持し、表面化していた確執は決定的となった。財政や若者定住などの課題が山積する市政がうまく機能するか、不安が残る。

 長谷川氏は「残りの任期で斎場問題の道筋をつける」と力を込めるが、その「道」は決して平たんではない。支援者との間に築かれた「絆(きずな)」を、反対住民や市職員との間にも築くことができるか、政治姿勢が注目される。

503 チバQ :2009/11/03(火) 02:58:02
http://mytown.asahi.com/hiroshima/news.php?k_id=35000600911020001
火花散る応援合戦
2009年11月02日





知事選候補の応援でマイクを握る国会議員=広島市内

■「代理戦争」批判も/投票まで1週間


 知事選(8日投開票)も折り返し点を過ぎ、各候補は支持拡大に躍起だ。特定候補を応援する国会議員や県議の姿が目立ち始めた。動きのなかった民主党国会議員も、1日から候補の隣でマイクを握る。雨のラストサンデーに各候補の応援模様を探った。


 「ここに本人がいます。どうぞ顔を見てやってください」。民主党衆院議員の菅川洋氏が1日、広島市中区の繁華街で声を張り上げた。湯崎英彦候補(44)を応援する。この日は他にも、民主党衆院議員の松本大輔氏や空本誠喜氏らが、それぞれの選挙区で湯崎候補支持を訴えた。


 県議の動きも活発だ。知事与党の自民刷新会議や民主県政会のメンバーは、選挙カーの先導や応援演説を持ち回りで担当する。林正夫議長も、湯崎候補のイメージカラーの衣装を着込み、支援を徹底。「ぜったいに負けられない」と語気を強める。


 河井案里候補(36)には、亀井静香・郵政金融改革相がつく。10月30日夜を手始めに、河井候補は亀井氏が1日まで計12カ所で開いた国政報告会に出席。知事野党の自民党議員会などの県議や若手市議らも遊説に同行し、集会を開くなどして支援している。
 林議長と反目する檜山俊宏元議長も、あいさつに立っては河井候補の支持を訴えている。県議会の対立構造を「コップの中の争い」と批判する河井候補だけあって、檜山氏の秘書は「できるだけ裏方に徹している」と気遣う。


 こうした中、「候補の中で一番しがらみがないのは私だ」と話すのは川元康裕候補(42)。湯崎候補と河井候補について、「まるで(檜山)元議長と(林)現議長の代理戦争のようだ」と批判する。


 柴崎美智子候補(54)は、知事は議会会派と一定の距離を保つべきだとし、「新しい県政では、県と議会との関係を正常に戻し、県民のための政策立案をしなければ」と強調。応援は受けていない。


 共産党公認の村上昭二候補(62)は、同党の県議や複数の市議らが、それぞれの選挙区で演説などの活動を支えている。国会議員も応援に駆けつけ、党の勢力を結集して支持拡大を図る構えだ。

504 チバQ :2009/11/03(火) 11:56:27
http://mytown.asahi.com/hiroshima/news.php?k_id=35000000911030001
湯崎氏40代以上に浸透/河井氏追う
2009年11月03日

 8日投開票の知事選について、朝日新聞社は10月31日と11月1日、県内有権者への情勢調査を実施した。元通信会社経営の湯崎英彦候補(44)が、元県議の河井案里候補(36)を一歩リードする展開だが、投票態度を明らかにした人は全体の約4割にとどまり、情勢が変わる可能性もある。有権者の回答内容から、政党支持や年齢などの項目別に、支持傾向を分析する。(鬼原民幸)
 投票態度を明らかにした人の回答を対象に分析した。
 支持政党別にみると、県議会の民主系会派の支持を受ける湯崎候補は、民主支持層の約5割を固めたほか、支持政党無しと答えた人のうち4割強の支持を得た。ただ、自民系の最大会派と政策協定を結んでいるにもかかわらず、自民支持層の支持は3割強にとどまっている。
 年齢別にみると、湯崎候補は40代以上に浸透している。特に女性全体の支持では、河井候補を引き離した。県内地域ごとの支持模様をみると、広島市や福山市で約4〜5割の支持を固めて優位に立つ。
 元自民県議の河井候補は逆に、自民支持層の4割強を取り込んだ。また、民主支持層の3割強にも食い込んだほか、応援を受ける亀井静香・国民新党代表が地盤とする県北部を含む地域などで支持を広げている。しかし、自身の地元(広島市安佐南区)などを含む都市部では、3割前後の支持にとどまるなど、トータルでは湯崎候補に及ばず、追う展開となっている。
 男女別にみると、男性全体の支持率で湯崎候補をわずかに上回った。年齢別では30代以下の若年層、職業別では自営業者層から厚い支持を得ているが、事務・技術職層や主婦層では、湯崎氏に先行を許している。
 学習塾経営の川元康裕候補(42)は、40代からの支持が比較的厚めだ。共産党県委員長の村上昭二候補(62)は、共産支持層を固めた。元県議の柴崎美智子候補(54)は、農林漁業者層に比較的支持されている。ただ、いずれも湯崎候補と河井候補に大きく差をつけられており、支持拡大に懸命だ。
      ◇
 知事選への関心は高まっているのか。「大いに関心がある」と答えたのは全体の19%にとどまり、「少しは関心がある」は54%だった。
 投票については、「必ず行く」55%、「できれば行きたい」30%、「行かない」12%だった。「必ず行く」と答えた人は、60代以上では6割を超えている。


《調査方法》10月31日と11月1日、コンピューターで無作為に作成した番号に電話をかける「朝日RDD」方式で、県内の有権者を対象に調査した。世帯用と判明した番号は1505件、有効回答は1059人。回答率70%。

505 チバQ :2009/11/03(火) 11:57:09
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200911020073.html
湯崎氏と河井氏先行 広島知事選、本社世論調査 '09/11/2

--------------------------------------------------------------------------------


 新人5人が立候補した広島県知事選(8日投開票)で、中国新聞社は10月30日〜1日の3日間、電話による世論調査を実施し、結果をまとめた。取材を加味して情勢を分析したところ、ともに無所属で、経営コンサルタントの湯崎英彦氏(44)と、元県議の河井案里氏(36)が選挙戦をリードしている。回答者の7割弱は投票する候補者を決めておらず、終盤で情勢が変化する可能性もある。

 中盤戦までで湯崎、河井両氏が抜け出す形になった。共産党公認で党県委員長の村上昭二氏(62)、無所属で学習塾経営の川元康裕氏(42)、無所属で元県議の柴崎美智子氏(54)の3人は支持が広がっていない。

 知事選への関心度は、「大いにある」「ある程度ある」と答えたのは54・8%にとどまった。16年ぶりに県政の新たなリーダーを決める選挙への関心が高まっていない現状を示した。

 投票する候補者を「決めている」「だいたい決めている」と回答したのは3割強だった。投票する候補者を決めていない層が7割弱を占め、先の衆院選時の調査に比べ約2倍に達している。調査では、「まだ決めていない」「分からない・無回答」とした7割弱に対しても、「もし今投票するとしたらどの候補者ですか」と質問。支持動向を探った。

 湯崎氏は、県議会で連携する自民党系最大会派と民主党系会派に加え、連合広島の支援を受ける。国会議員を中心に民主党県連も動き始めた。民主党支持層に浸透し、県内全域で幅広い年代から支持を集める。

 河井氏は、県議会の自民党系第2会派が支援する。国民新党の亀井静香代表(広島6区)も加勢。自民党支持層、無党派層でほぼ互角に持ち込み、国民新党支持層に食い込む。県東部や北部で支持を広げる。

 村上氏は共産党支持層は固めつつあるものの、無党派層への広がりは見られない。川元、柴崎両氏は知名度不足から苦しい戦い。

 新知事に一番期待するものは「地域の活性化」が49・9%で最も多く、「県の停滞感の打破」(17・6%)「県政の変革・刷新」(17・3%)と続く。新知事に求められる手腕や資質(三つまで回答)には、48・5%が「行動力」を上げた。

 取り組んでほしい施策(三つまで回答)は、高齢者福祉▽医療の充実▽景気対策▽教育の充実―が上位に並んだ。(城戸収)

 ▽調査の方法

10月30、31、11月1日の3日間、広島県内の有権者を対象に、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかけるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で実施した。電話帳に番号を載せていない人も調査が可能で、性別、年代別など有権者の縮図となるような調査ができる。実際に有権者のいる世帯にかかったのは3687件で、うち1000人から回答を得た。


http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009110101000350.html
広島知事選は湯崎、河井両氏接戦 終盤情勢
 8日投開票の広島県知事選は終盤に入り、新人5候補のうち元通産官僚湯崎英彦氏(44)と元県議河井案里氏(36)が接戦を繰り広げ、共産党県委員長村上昭二氏(62)、元県議柴崎美智子氏(54)、学習塾経営川元康裕氏(42)が追う展開となっている。村上氏を除く4人は無所属で、政党の推薦や支持はない。

 湯崎氏は、連合広島に加え、今期で引退する藤田雄山知事(60)に近い自民党系最大会派と民主党系会派が支援。瀬戸内の自然を観光資源とした「海の道1兆円構想」を掲げ、地元企業も回る。

 河井氏を推すのは、藤田知事に批判的な自民党系別会派や、国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相。「最年少の女性知事」を目指し、女性票の取り込みを図る。

 ただ両氏の知名度はまだ上がらず、目立った争点もないため、盛り上がりに欠けている。投票率は過去最低だった前回の27・14%を上回る見込みだが、態度を決めていない有権者も多く、選挙戦の行方を左右しそうだ。

 村上氏は「雇用・福祉対策の充実」、柴崎氏は「企業誘致による活性化」、川元氏は「景気、雇用回復のための積極投資」をそれぞれ訴える。

2009/11/01 17:44 【共同通信

506 チバQ :2009/11/04(水) 21:52:41
http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000000911040004
休日の街 3候補走る 【県都はいま】
2009年11月04日

  8日の投開票に向けて、現職、新顔3氏による舌戦が続く山口市長選。祝日の3日、候補者3人は人出の多い商業施設、街頭などを走り回って支持を訴えた。


  無所属新顔の尾上頼子氏(41)は山口市小郡下郷の自宅近くから遊説をスタート。午後には秋穂、阿知須地区に入り、有権者に向かって手を振るなどして支持を訴えた。夕方には帰宅時間を迎えて通行量が増えた国道9号沿いで演説。「私は以前、パート労働で非正規雇用の苦労も味わった。いま市政に求められているのは市民感覚を持ったリーダーではないか」と車に向かって呼びかけた。


  無所属新顔の伊藤青波氏(55)は小郡地区の大型ショッピングセンターで、買い物客に向かって市民税の減税で民間の活力を引き出すとの持論を展開。阿知須地区では祭りの会場も歩いた。豪雨災害で断水を起こした朝田浄水場近くの路上では、災害に強いまちづくりを訴えるなど、行く先々で訴えのポイントを変えながら、支持を呼びかけた。夕方、再度中心部に戻って締めくくった。


  無所属現職の渡辺純忠氏(64)は午前中、豪雨災害で被害を受けた小鯖地区などを回った。まだ土嚢(どのう)が積み上げられた様子を見て「復興は一時的なもの。一刻も早い完全復旧を」と決意を新たにしたという。活性化が市政の課題となっている中心商店街では、イベント開催中のアーケード街をくまなく歩き、通行人らに握手を求め、「山口市を元気にするために、この商店街を元気にします」と訴えた。


  市選管によると、3日までに期日前投票をしたのは1267人。前回選挙の告示後2日間の約1・6倍にあたる。期日前投票は総合支所で7日まで、大殿、白石、湯田を除く旧市内の地域交流センターで4〜6日に受け付ける。

507 名無しさん :2009/11/05(木) 20:11:29
http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20091105ddlk34010580000c.html
広島が変わる:09知事選 終盤情勢 5氏、浸透に懸命 分裂選挙、構図複雑 /広島
 8日に投開票される知事選は、最終盤を迎えている。立候補した新人5人のうち、元通信会社副社長の湯崎英彦氏(44)と前県議の河井案里氏(36)が軸となり選挙戦が進む。共産党県委員長の村上昭二氏(62)、学習塾経営の川元康裕氏(42)、前県議の柴崎美智子氏(54)は、街頭演説などで知名度向上を目指す。国政で与党を組む民主と国民新で対応が分かれ、自民の県議会会派が分裂するなど有権者にとって分かりにくい構図となっている。【加藤小夜、井上梢】

 ◇湯崎・河井氏を軸に 村上・川元・柴崎氏もフル回転
 湯崎候補は、県議会の親知事会派「自民刷新会議」、「民主県政会」のほか連合広島などと政策協定を結び、県内全域で活動を展開。演説会では3者が並んで支援する姿が目立つ。先月末からは民主党の国会議員も後援会に支持を呼びかけたり、「知事にふさわしいのは湯崎候補以外にいない」と応援演説するなど、前面に出始めた。湯崎陣営の関係者は「有権者の反応は良くなってきたが、まだ横一線だ」と引き締めを図る。

 河井候補は国民新党の亀井静香金融・郵政担当相の支援の下、県北・東部を中心に支持拡大を狙う。亀井氏は先月30日〜今月1日に12カ所で開いた国政報告会に河井候補を招き「東京では私、広島では案里さんに頑張っていただき、日本を変えよう」と呼び掛けた。「自民党議員会」の県議や若手市議らも積極的に支援。各地での街頭に立つほか、後援会を中心に支持固めを図っている。陣営は「今後は、どんどん街頭に出て行きたい」と語る。

 共産公認の村上候補は、党所属の国会議員や県議、市議らと各地で遊説を展開。地区ごとで組織票固めに努める。鞆の浦埋め立て・架橋計画の中止のほか、福祉・雇用の充実を訴え、無党派層への浸透も目指している。

 川元候補は「(現行の県政と)しがらみがないのは私だけ」と訴え、元参院議員の大仁田厚氏と街頭演説するなど知名度アップに懸命だ。

 柴崎候補は「県民の豊かな暮らし実現」を主張し、家族などが中心となって各地を回り、政策を訴えている。

508 名無しさん :2009/11/06(金) 00:35:22
保守系(?)3会派の違いが分からない・・・。地域割りでも、安倍派・林派でもないようだし。
市議会会派→志誠会・関政クラブ・清流21(保守系)・市民連合(労組系)・公明党・共産党
ほかに無所属が1人(新左翼)
----
下関市議会、定数4減「34」に 11年から適用
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2009/1103/5.html
 下関市議会は2日、議会改革に関する調査特別委員会(林透委員長、10人)を開き、議員定数を現行の38から4
削減して34にすることを決めた。早ければ来年の3月議会で条例改正を行い、2011年の任期満了(2月12日)に
伴う市議選から適用される。

 議員1人当たりの年間経費は議員報酬や政務調査費などで約1100万円という。関谷博議長は「財政難もあり、1
割以上の削減が望ましいと考えていた。精鋭の議会として頑張りたい」と話している。

 下関市は2005年2月に旧1市4町が合併。議員定数は合併協議で46と決めた。合併当初は在任特例で105人が
在籍。しかし、同年10月の国勢調査で人口30万人を切ったため、06年3月30日から法定上限数の38に変更され、
07年2月に前回の市議選が行われた。

 定数4削減は6会派のうち5会派が支持。共産党は「合併で面積が広くなった下関市の実態に応じて決めるべきだ。
報酬をカットしてでも議員定数は削減すべきでない」と主張した。

 同特別委は議員定数など5項目を審議。同日は12月議会で行う委員長報告の内容をまとめた。議員報酬は正副
委員長手当削減の是非を両論併記し、費用弁償は交通費の実費支給とし、政務調査費は現行通りとすることなどを
決めた。

509 チバQ :2009/11/06(金) 23:41:48
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagawa/news/20091105-OYT8T01316.htm
参院選にらみ各党注視 観音寺市議選
 26人が立候補し、8日に投開票される観音寺市議選(定数24)は、県内では、政権が交代した衆院選後初の選挙となる。各党の県組織にとっては衆院選後の党勢の現状をはかり、来夏の参院選を占う機会ともなっており、それぞれ票の行方を注視している。

 候補者の党別内訳は、民主3人、公明2人、社民、共産各1人、無所属19人。自民は同党県連によると公認・推薦はゼロだが、無所属現職の13人が党員という。

 民主党県連は同市議選で初めて候補者を公募、3人を公認した。衆院選の大勝で県内の国会議員は3人に増えたが、公認の県議、市町議は9人にとどまる。村上豊・県連幹事長は「衆院選での追い風は続いていると思う。この勢いで党勢拡大を目指す」と意気込む。

 国政選挙で民主と協力、鳩山政権で与党となった社民党は、前回トップ当選を果たした現職1人を擁立。奥田研二・党県連代表は「今回は底上げのチャンス。得票数を伸ばし、来年の参院選へ弾みをつけたい。そして次の市議選では複数候補を立てたい」と話す。

 衆院選で大敗した自民党。綾田福雄・党県連幹事長は「都会と違い、地域の代表を選ぶ選挙。政党選挙でない」と静観の姿勢。ただ、民主党への追い風については、「新政権発足後、財源問題などで有権者の民主党への期待感も変わりつつあるのでは」とみている。

 公明党は山口那津男代表が3日に公認候補の応援に入り、街頭演説する異例のてこ入れ。擁立した現職2人は前回上位当選したが、都築信行・県本部代表は「民主への風がやんだわけではない。今後をにらむと1票でも上乗せしておきたい」と危機感を強める。

 共産党は今回、公認候補をこれまでの2人から1人に減らしており、必勝態勢で臨んでいる。土岐一郎・県委員会書記長は「国政選挙と同じ位置づけで、何としても議席を死守する。政治と暮らしを変えたいという市民の声を得票に結びつけたい」と話す。

(2009年11月6日 読売新聞)

510 チバQ :2009/11/07(土) 01:12:01
古いけど岡山市長選
http://svr.sanyo.oni.co.jp/senkyo/09_okayama/news_web/2009/08/10/20090810144105.html
県都の課題 1 政令市効果
利点を生かす施策必要

JR吉備線との交差事業が課題となっている岡山市北区西崎地区の都計道路整備予定地

 岡山市が政令指定都市になれば岡山県との二重行政を解消し、施策がスムーズに展開される―。こう期待していた三門学区連合町内会の岸本戴男会長は「政令市効果が感じられない」と不満を募らせる。

 岸本会長が指摘するのは、JR吉備線の備前三門駅西側(北区西崎地区)で、遅れている都市計画道路・米倉津島線との交差問題だ。

 岡山県は渋滞の原因となる踏切を設けず、駅周辺の吉備線を高架化、下に道路を通す立体交差事業を計画。そこに2003年、JRが吉備線の次世代路面電車(LRT)化構想を表明。複線・電化、駅を増やし、乗降しやすい低床式車両を導入するというもの。市もこの構想を推進したことから、「立体」か「平面」かの選択を迫られた。

 その後、県は計画を暫定ではあるが「平面交差」に見直した。さらに、政令市になった後は、県の道路事業がすべて移った市の主導で進められるようになり、問題解決に弾みがつくと期待された。

 しかし、LRT化について、市とJR側との協議に前進がない。経営主体や投資額、スケジュールは示されておらず、市総合政策審議会部会で有識者から「十分検討されているのか」と懸念の声が上がっている。市街路交通課は「バリアフリーのLRT化実現には、交差の最終の姿も平面にしたい」とするが、先行きは不透明だ。

最後の砦

 1572件。政令市移行に伴い県から市に移譲した事務数だ。道路行政をはじめ、福祉、教育など市民生活に密着した大半の事業を市が直接処理する。

 柱の一つが児童相談所(児相)の設置。虐待が疑われる家庭への立ち入り調査や、一時保護など子どもの命にかかわる役割を担う最後の砦(とりで)だ。岡山市は6カ所の福祉事務所内に児相のサブセンターとして「地域こども相談センター」を開設。窓口を広げ、児相の専門性確保を狙う。

 だが、保健福祉部門の業務経験が浅い職員が多い。市は6月から児相が児童の支援策を検討する会議にセンター職員を参加させ、研修を重ねている。

 県児童養護施設等協議会の高月和紘会長は「県と施設が長年の積み重ねで理解できるようになった。市が権限を使いこなし、施設と関係をつくるには時間がかかる」と話す。

“ねじれ”

 もう一つの柱は県教委から市教委に移った小中学校教員の任免権。市教委は教員を自らの判断で採用できる。しかし、今年の採用試験(7―8月)は県市合同で、筆記や面接の1次、口頭試問や実技の2次とも同じ内容。県全体の教育を考えれば県と市の連携は不可欠だが、独自色をどう発揮するかが課題だ。

 政令市に移行しても県教委の人事上の関与はなくならず、教員の給与を県が負担する仕組みは変わらない。給与負担者と任命権者が異なる“ねじれ”は生じたままだ。

 とはいえ、政令市移行は財政面でプラス効果をもたらす。本年度当初予算では48億円の余力を生んだ。移行に伴う業務増で必要となる支出よりも、新規財源などで収入が大きく増えたためだ。

 今後5年程度はこうした状態が続くとみられる。それだけに、メリットを最大限に生かさなければならず、市議会側は「政令市の権限を活用し、特色ある有効な施策の展開が求められる」と市に注文する。

     ◇

 4月に政令市に移行して初の岡山市長選は、30日告示、9月13日投票の日程で行われる。中四国の拠点都市として飛躍する大切な時期を迎えた県都の課題を検証する。


JR吉備線との交差事業が課題となっている岡山市北区西崎地区の都計道路整備予定地

(2009年8月1日掲載)

511 チバQ :2009/11/07(土) 01:12:39
http://svr.sanyo.oni.co.jp/senkyo/09_okayama/news_web/2009/08/10/20090810144403.html
県都の課題 2 まちの活力
会議誘致へ機能強化を

再整備した岡山市の西川緑道公園。にぎわいを創出する仕掛けが求められる

 岡山市中心部を流れる西川緑道公園(総延長2・4キロ)。今春、市はにぎわい創出を狙いに遊歩道を拡幅したり、花時計やイベント用デッキを新設した。

 約30年前の整備から初の大幅改装となったが、「人通りは以前と変わらない。多いのはイベントがあるときぐらい」と公園沿いにある飲食店の店員。

 商業やオフィスなど都市機能を中心部に集め、公共交通や徒歩で買い物などが楽しめる「コンパクトなまちづくり」を目指す市は、西川緑道公園をJR岡山駅周辺と表町地区を結ぶ“緑の回廊”として位置づけ、再整備に力を入れている。

 だが、せっかくの都心のオアシスを生かし切るには、さらなる仕掛けが求められる。

空き店舗率最悪

 都心部の風景はここ数年で変わった。駅前には大手家電量販店が進出。全面改装した駅構内には約90の専門店が入る商業ゾーンが誕生した。しかし、こうしたにぎわいの効果は一部エリアにとどまり、周辺への広がりを欠いている。

 市が昨年行った中心部の歩行者通行量調査によると、1地点当たりの1日の歩行者数(平均)は休日4943人、平日4177人。10年前に比べ休日は3割、平日が2割それぞれ減った。市の都市ビジョンで掲げる休日8000人、平日5700人(2025年度目標)を大きく下回っている。

 “まちの顔”とも言える商店街自体の体力低下も深刻だ。5月の市の調査で表町、駅前、奉還町の3商店街の空き店舗率は13・8%と過去10年で最悪。「郊外に大型商業施設や専門店が次々進出し、商店街で買い物をしたり、都心を回遊する人が減り続けている」と市産業課。

高い経済効果

 都心に活力、にぎわいを取り戻すにはどうすればいいのか―。

 市は学会や会議といったコンベンションの誘致に力を注ぐ。参加者の宿泊や食事、買い物による経済効果を引き出そうという狙いだ。

 「コンベンション参加者は観光客に比べ消費単価が高く、経済波及効果は大会開催費の1・7―2倍」と市の外郭団体・おかやま観光コンベンション協会の徳弘泰雄専務理事。

 中四国の交通結節点としての恵まれた条件の上に、市内のコンベンション施設は岡山コンベンションセンター、桃太郎アリーナ、ホテルなど45カ所が整う。さらに、この4月には全国18番目の政令市となり、情報発信力は格段に高まっている。

 しかし、市によると、08年度に市が補助金を出した市内でのコンベンションは52件(地方大会、全国大会が各26件)。ここ10年間はほぼ50件前後で横ばいの状態。コンベンションシティーとしての一層の機能強化が求められる。

 岡山商科大経営学部の岡本輝代志教授は「コンベンションへの参加者が消費すれば、飲食店や物販店が増え、定住している市民の消費生活にとってもプラスとなる。それが都市の求心力となり、都心の定住人口を増やすことにもつながる」とし、「岡山市が政令市として中四国の核となるには、一層の一極集中の街づくりを進めるべきだ」と提言する。

(2009年8月2日掲載)

512 チバQ :2009/11/07(土) 01:13:13
http://svr.sanyo.oni.co.jp/senkyo/09_okayama/news_web/2009/08/10/20090810144449.html
県都の課題 3 大規模跡地
将来見据えた活用策を

活用策が岡山市政最大の懸案となっている岡山操車場跡地

 岡山市街地の西部、JR北長瀬駅南に広がる岡山操車場跡地(北区北長瀬地区)。市と市土地開発公社が1994年から2004年にかけて約200億円で取得した約23ヘクタールに及ぶ用地は、半分以上が“空き地”の状態だ。

 「もったいない。政令指定都市・岡山の目玉となる拠点施設を計画的に整備していってほしい」。地元の黒住卓弘・西学区連合町内会長は訴える。

限られた用途

 同跡地は、市が市制施行100周年(1989年)の目玉事業として誘致を目指したデンマーク・チボリ公園の建設予定地とされたが、誘致企画会社の経理などをめぐり混迷。91年に市がチボリ事業から撤退して以来、跡地活用は市政最大の懸案の一つになっている。

 跡地の一部に市が、アクションスポーツパーク岡山(ASPO)を約3億円かけて2001年にオープン、さらに03年に岡山ドームを約20億円で建設したものの、全体の利用計画は示されないままの状態が続いている。

 ネックとなっているのが、同跡地の大半は「特殊公園・岡山チボリ公園」として都市計画決定されており、このままでは用途が限られていることだ。

 その上、01年に市、市公園協会、民間会社の3者がASPO管理、運営の委託期間を11年6月までとする覚書を結んでおり、さらにドーム整備などの借金返済が17年度まである。

 市議会内には「これだけ広い土地を手にすることは二度とないだろう。慎重に検討すればよい」との見方がある一方、「スピード感を持って取り組んでほしい」との声もある。

 そうした中で、跡地北側の北長瀬地区の土地区画整理事業は地権者との協議が進んでおり、計画では跡地の地下に道路を通すため、跡地活用との関連が出てきている。

 市も「公園の在り方について一定の方向性を出すべき時期が近づいている」とし、跡地全体の活用策を都市ビジョンに沿って検討する予定だが、具体案の提示はこれからだ。

足踏み状態

 中心市街地では05年3月に閉校した岡山中央南小(旧深柢小、北区中山下)の跡地活用も大きな懸案となっている。

 市議会は03年6月定例会で私立小学校誘致を求めた深柢地区連合町内会の陳情を採択。その一方で、同年9月定例会では表町商店街連盟などが提出した近くの川崎病院移転の陳情を継続審査とし、方向性が示せない状況になっている。

 市は有識者懇談会を設け審議してもらったところ、06年2月に地区全体のまちづくりの視点として「安全・安心」「地域コミュニティー」などを示した提言を受けたが、その後は足踏み状態。市は「市民的議論ができなかったことが原因」とする。

 都市地域計画に詳しい筑波大大学院の谷口守教授は「旧深柢小跡地は中心部に人を集める機能に転換させるべき。その際、自動車に頼らない交通体系を前提に検討することが大切」と提言。

 さらに、操車場跡地については「中心部の活力をそがない形で活用策を考えた方がよく、道州制もにらみ長期的視点で都市機能を集積させる方向もあるだろう」と指摘する。

 両跡地は政令市として岡山市が発展していくための貴重な都市空間。活用策をどうまとめ上げるのか。市の将来がかかっている。

(2009年8月3日掲載)

513 チバQ :2009/11/07(土) 01:13:50
http://svr.sanyo.oni.co.jp/senkyo/09_okayama/news_web/2009/08/10/20090810145349.html
県都の課題 4 総合医療センター 
救急拠点 具体性見えず

岡山総合医療センター構想の中で今後の在り方が検討される市民病院

 岡山総合医療センター(仮称)。24時間365日、誰もが初期診療を受けられる「岡山ER(救急外来)」を核とした地域医療の新拠点として、岡山市が基本構想づくりを進めている。

 背景には救急医療の過酷な現状がある。市によると、市内主要7病院が2006年度に受け入れた救急患者数は16万人。うち約9割の14万人は軽症患者で増加傾向だ。軽症患者を岡山ERが受け入れることで、重症患者が搬送される二次・三次救急医療機関の負担軽減を狙っている。

 救命救急センターを備える岡山赤十字病院(北区青江)の近藤捷嘉院長は「岡山ERが実現すれば三次救急に重点を置ける。各病院は得意分野に力を入れ、役割分担も考えられる」と話す。

症状で振り分け

 3月、市と岡山大が協定を結んだ。10年度から4年間の限定で市は同大に「地域医療学講座」(教授ら3人体制)を設け、救急医療にも対応できる医師の養成を目指す。

 活動拠点はセンターができるまでは市民病院(同天瀬)。ER型の救急医療システムや、地域医療ネットワークを調べる。このため、市民病院では今秋にも救急の処置室や診察室の改修を始め、初期臨床研修受け入れの体制を整える。

 センターができれば、同大は岡山ERに医師を派遣したり、逆に高度な専門治療が必要な救急患者を受け入れることになる。

 さらに、センターが市内の病院や開業医などとネットワークを結ぶことで、岡山ERで受け入れた患者を、症状に合わせて各医療機関に振り分けることが可能になる。

 市民に最適な医療を提供する体制が整うが、岡山市医師会の丹治康治会長は「公平性を保つためにも、各医療機関に患者を転院、紹介するコーディネートの機能が重要。各病院の意見をしっかり聞くべきだ」とする。

市民病院の今後

 総合医療センターをいつ、どこに開設するのか―。市は本年度中にできる基本構想で、事業規模や経営形態を盛り込む方針ではあるが、市企画局の高次秀明副局長は「今後4年間にある程度は形が見える」と述べるにとどまっている。

 センターの具体的な姿が見えにくいのは、老朽化した市民病院の今後の在り方が決まっていないからだ。市企画局はセンターと市民病院の位置づけは「全く別のコンセプト」であるとするものの、市側は6月定例市議会で「市民病院の今後はセンター構想の中で検討する」と答えている。

 市民病院は6年連続単年度黒字(08年度の決算見込み)ではあるが、累積赤字は07年度で57億4100万円。一般会計からの繰り入れは9億円余に上る。

 その市民病院の整備について岡山操車場跡地(同北長瀬地区)への移転新築構想もあった。だが、05年12月に白紙撤回された。大型投資は厳しい市の財政にとってさらなる負担となるからだ。

 こうした中で浮かび上がったセンター構想。市企画局はセンター設置の意義について「黒字経営を目指すが、公的役割も果たさねばならない。法に基づき一般会計から補てんしても合理的な負担ならあり得る」と強調。

 構想策定メンバーの市民病院の松本健五院長も「市民の安心を守ることが基本。政令市にふさわしい機能を持つものにしなければならない」と指摘する。スピード感を持った対応が望まれる。

(2009年8月4日掲載)

514 チバQ :2009/11/07(土) 01:14:27
http://svr.sanyo.oni.co.jp/senkyo/09_okayama/news_web/2009/08/10/20090810145430.html
県都の課題 5 子育て
支援の充実、強化最重要

岡山市内で高まる保育ニーズ。市は本年度、後期子育てアクションプランを作る

 「希望する保育園から入園は大丈夫だと聞いていますが、保証はなく不安です」。1歳4カ月の長男と西大寺ふれあい児童館(岡山市東区西大寺)の親子クラブに参加していた会社員女性(32)=東区=が表情を曇らせる。

 女性は育児休業中。現在、妊娠中で出産後は子ども2人を近くの保育園に預け、職場復帰を望んでいる。

 市内の認可保育園(113カ所)は2002年9月から待機児ゼロだが、希望する園が満杯で入園していない「保留児」は4月1日現在、721人に上る。前年同期より55人多く増加傾向だ。

 保育ニーズの高い人口増加地域では、定員の増加が不十分なためだが、園児を一人増やすには、2歳以上の場合、保育室が1・98平方メートル、園庭は3・3平方メートル増設しなくてはならず、施設整備は「財政的に厳しい」と市保育課。

“待機児童”も

 市は04年度、「子育てアクションプラン」(09年度まで)を策定。少子化の中で子育てにかかわる親、地域、事業者、行政の役割を明確にし、働く女性に対する子育て施策の充実を図ってきた。

 小学校低学年の子どもを学校で放課後に預かる児童クラブもその一つ。施設は市が確保し、地元の有償ボランティアでつくる運営委員会が担当する。同プランで市は「希望するすべての放課後児童の受け入れを目指す」と目標を掲げた。

 ところが、市の児童クラブは91小学区のうちほぼ全小学区をカバーしているものの、市こども福祉課は「ニーズの多さからクラブに入れない“待機児童”が出ている」と明かす。

 そうした待機児童の受け入れ先となっている民間児童クラブを運営するNPO法人タップの古谷義子理事長は「学区外からやむを得ず子どもを預けに来る母親がいる。解決には市の主体的なかかわりが必要」と強調する。

 また、国は安全確保のため10年度から、1組が71人以上の児童クラブへの運営費補助を打ち切る方針。市内では本年度、6クラブで人数が増え分割などの対応を迫られており、市こども福祉課は「プレハブ室や余裕教室で対応したり、敷地外の幼稚園の余裕教室や民間施設の活用も考えている」。

対策に満足12%

 市内の保育園の総定員は1万2857人で、児童クラブは82カ所に4302人が在籍。保育園も児童クラブも量的充足は進んではいる。しかし、希望する園に入れなかったり、児童クラブの受け入れ人数が少ないことから、07年度市民意識調査では、市の子育て支援や少子化対策に「満足」と答えたのは12・5%にとどまった。

 こうした現状を踏まえ、市は07年度策定した、将来の方向性を示す都市ビジョンで、新たな子育ての基本方針を提示。本年度は子育てアクションプランを見直し、10―14年度の後期プランを作成する。

 「育休がとりやすい環境整備といったワークライフバランス(仕事と生活の調和)の実現、保育園や学童保育などの充実、地域子育て支援の課題に重点的に盛り込む方針」と奥田さち子・市こども・子育て担当局長。

 村中由紀子・山陽学園短大教授(発達心理学)は「子育て施策が母親に本当に必要なものなのか、現場の声に耳を傾けることが重要だ」と指摘する。

 人口減少時代を迎え、県都岡山が活力ある地域づくりをけん引する役割を担う上で、多様な子育て支援の充実、強化は最重要テーマといえる。

(2009年8月5日掲載)

515 チバQ :2009/11/07(土) 01:14:56
http://svr.sanyo.oni.co.jp/senkyo/09_okayama/news_web/2009/08/10/20090810145658.html
県都の課題 6 教育
適性応じた学習環境を

学力底上げを目指す岡山市内の小学校の習熟度別少人数授業

 「56ミリは5センチと6ミリということですね」

 岡山市東区城東台西の城東台小。通常クラスと離れた教室で、児童2人と向き合った教員が、物差しの目盛りを指で示しながら説明する。

 市教委が学力の底上げを狙いに、本年度から導入した習熟度別少人数授業。学力のつまずきが起こりやすいとされる小学2―4年のうち、授業の理解が難しい児童に、国語と算数の一部授業を個別指導している。

 同小の小川和子校長は「勉強が分かる楽しさを体験でき、子どものやる気を引き出せている」と手応えを話す。

弱い応用力

 基礎知識はほぼ身に付いているが、知識の活用は苦手―。国が昨年4月、小学6年と中学3年に行った全国学力テストで、市の児童生徒の特徴が浮かび上がった。

 「応用力が弱い。図形の面積は計算できても、道路に囲まれた平行四辺形の広場の面積を求めると正答率は15%に落ちる」と市教委。統計の示す意味を読み取る「読解力」、選択問題に比べて文章で答える正答率が低いことから「表現力」も弱点と分析する。

 国は昨年、子どもの学力低下を懸念、学習指導要領を改定し“ゆとり路線”を転換。学力アップに向け、2011年度から小学高学年の英語を必修化し、中学校も12年度には理科の授業時間を従来の3割、数学を2割増やす。

 こうした状況を踏まえ、市教委は独自に本年度から小中9年間の学びの連続性を重視した“小中一貫教育”に乗り出した。

 中学進学時に授業や環境の変化に戸惑う「中一ギャップ」を和らげるほか、小学校で学ぶ計算などの基礎を中学校でもスムーズに活用できる授業づくりを目指す。本年度中には教員向けの指導書も作成する。

 ただ、小中が互いに授業を公開して研究が進む学区がある一方、小中の校長からは「日々の業務が忙しく、小中教員が顔を合わす機会が作れない」との声も上がる。

3年で倍増

 全国で増加傾向の発達障害児。市でも08年度は小学生772人、中学生164人(いずれも通常学級での数)で、3年前の2・2―2・6倍と倍増している。

 市教委は、元教員や市民をメンバーに、教育現場で対象児の学習や生活などをサポートする特別支援教育補助員を増員。本年度は幼