したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

北海道 国政・地方政治スレ

1 北海道民 :2008/10/13(月) 15:10:41
選挙が近づいてきた次期衆院選の北海道は、町村・中川・武部のところなど接戦で面白い
また地方でも釧路市長選など興味深いところがあるので、このスレを作成してみました
気軽に北海道情報を話し合いましょう

1109 チバQ :2018/03/22(木) 21:26:24
https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/politics/mainichi-20180321k0000e010228000c.html
<道議会>副知事人事で11人退席 自民と知事、対立表面化
03月21日 10:00毎日新聞

<道議会>副知事人事で11人退席 自民と知事、対立表面化

副知事人事案の説明前に議場から退席する自民会派の一部の道議たち=札幌市中央区の道議会で、藤渕志保撮影

(毎日新聞)

 道議会は20日の本会議で、道提出の人事同意案を賛成多数で可決したが、与党会派の自民党・道民会議会の4分の1近い11人が採決時に議場から一斉退席した。筆頭副知事の山谷吉宏氏が退任し、4月に後任として阿部啓二経済部長が昇格する人事への「抗議」(退席道議)で、これだけ多数の与党議員が、道提案で退席するのは極めて異例だ。【田所柳子】

 高橋はるみ知事と自民道連間にくすぶっていた対立が表面化した格好で、今後本格化する来春の知事選の候補者選考にも影響する可能性がある。

 退席したのは自民党道連の小畑保則幹事長、中司哲雄政調会長ら道連幹部や神戸典臣元議長、高橋文明元議長、遠藤連前議長らベテランばかり。小畑氏は退席後、「JR問題が大変な時に、責任者の山谷副知事が続投すべきだという道連の意向に反する人事だ」と抗議の意志を表明した。

 自民道連は公明道本部とともに2015年の知事選で高橋知事を推薦した道議会与党だが、道連の吉川貴盛会長と近い山谷氏の退任人事に、「自民への挑戦」(幹部)との反発も出ている。高橋知事は20日の記者会見で「(対立との)認識に至っていない。今回のそれぞれの議員の思いを謙虚に真摯(しんし)に受け止め、新体制でしっかり仕事したい」と対立を否定した。

 来年4月に任期満了を迎える知事選を約1年後に控え、いまだに与党内では高橋氏の続投か新人擁立かの方針が決まっていない。今後、候補者選考が本格化する中で、今回の対立を機に知事、自民双方の主導権争いが激化する可能性もある。

1110 チバQ :2018/03/24(土) 04:11:49
https://mainichi.jp/articles/20180323/ddl/k01/010/013000c
ニュースプラス
知事選まで1年 高橋氏出馬巡り神経戦 自民も野党も動けず /北海道
毎日新聞2018年3月23日 地方版
 高橋はるみ知事は任期満了(来年4月22日)が約1年後に迫る中、22日に札幌市で開かれた後援会役員会で5選出馬に含みを持たせた。今後、来春の知事選への候補者擁立の動きが本格化するが、現時点では与野党ともに誰も立候補を表明しておらず、神経戦が続いている。【田所柳子、藤渕志保】

 ◆含み持たせる

 与野党ともに最大の注目を注ぐのが、現職の高橋氏の動向。その後援会「北海道を愛するみんなの会」は22日に札幌市で開いた役員総会で、4月1日に会長を吉沢慶信氏から高井修元副知事に交代する人事を決定した。

 高橋氏は「知事5期20年は、生まれた子が成人するほど長いことはよく理解している」としたうえで「後援会をはじめ、多くの方々の推挙、支援があればそれに応えるのは責務だ」とあいさつ。「いずれにせよ道民に恩返ししたい」と5選出馬については含みを持たせるにとどめた。

 自民党道連幹部は「高橋氏が知事選に出馬すれば、誰が相手でも勝てない」と指摘。その態度が決まらない限り自民党道連は新人擁立に動けず、野党も候補者選考を本格的に進められない。高橋氏、自民党道連、野党の3者がけん制し合う「三すくみ」の状況となっている。

 ◆関係悪化の影

 高橋氏は昨年末の毎日新聞へのインタビューで「知事職で5選目を目指すか、その後にあると言われる(参院選などの)国政を目指すか、第三の道を目指すか、しかるべきタイミングにしっかり判断したい」と述べ、今後について5選出馬か参院選を中心に検討する考えを示している。

 学校法人「森友学園」問題などで安倍政権の支持率が急落する中、高橋氏の出馬が最も与党に有利なシナリオだ。北海道はもともと野党が強い地盤で、知事を野党に奪われればその後の国政選挙への影響も大きい。

 ただそこに、副知事人事をめぐる高橋氏と自民道連の関係悪化が影を落とす。20日の道議会では、自民会派49人のうち道連幹部など11人が人事同意案に抗議して退席した。「決定的な対立でなく、けん制のパフォーマンス」(道内与党関係者)との見方もあるが、自民内には「多選で道政が停滞する」(道議)などとの批判もくすぶる。公明党は自民が候補を擁立した場合に、推薦の有無を判断する。

 ◆参院はリスク

 高橋氏が参院選にくら替えして次期知事選で与党新人が勝利した場合、与党にとってはメリットもデメリットもある。

 道内の自民関係者は「野党が分裂している今回のうちに新人に世代交代すれば、次々回に再選しやすくなる」と説明。全国唯一の財政再生団体の夕張市を再生計画見直しなどで立て直してきた鈴木直道市長の名前が浮上するほか、道との関係がある官僚らの擁立を模索する動きもある。

 半面、改選数が1増の3となった2016年の参院選道選挙区で2議席を獲得できなかった自民にとって、道内で圧倒的な知名度のある高橋氏の参院選くら替えはリスクも大きい。保守票が高橋氏に集中して、再び1議席に終わる恐れがあるためだ。橋本聖子自民参院会長が控える比例も調整が難航する。

 ◆野党は協力鍵

 野党側では、立憲民主党の逢坂誠二政調会長代理らの名前が上がる。民進党道連は当初、4月をめどに人選を進める予定だったが、昨年10月の分裂の影響に加え、高橋氏の対応も不明で大幅にずれ込む見通し。野党協力ができるかが鍵となる。

 元ニセコ町長の逢坂氏は同10月の衆院選で民進党と希望の党の合流に反発し、いち早く無所属での出馬を公言し、知名度を高めた。ただ立憲で国会対策や政策分野を担う中心人物の一人で、国政からの転出が難しくなる可能性もある。

 また民進党の小川勝也参院議員は4期目で、来夏の参院選に立候補すれば5期目を目指すことになり「3期までが原則」の連合北海道の支援を得にくくなる。このため、知事選への転向を勧める声もある。先の衆院選で躍進した立憲民主だが、高橋氏と一騎打ちになれば「知名度の点で逢坂氏でも勝ち目がない」(民進幹部)だけに、決め手に欠ける。

 共産党や社民党は、野党統一候補に期待する。「戦争させない市民の風・北海道」の共同代表を務める上田文雄・前札幌市長は「反原発が大きな争点になる知事選は、国政選挙ではなくても重要な選挙だ」と強調。知事選でも野党共闘を働きかける可能性がある。

 ■ことば

道知事選
 これまで統一地方選で実施されており、前回は2015年3月26日告示、4月12日投開票。2人が立候補し、与党が推薦した高橋氏が野党などが支援する新人を破って道政初の4選を果たした。次期知事選の日程は、今秋に国の特例法で決定される見通し。

1111 チバQ :2018/03/24(土) 04:19:01
https://mainichi.jp/articles/20180314/ddl/k01/060/050000c
訃報
布川義治さん 68歳=道議 /北海道
毎日新聞2018年3月14日 地方版
布川道議が死去 補欠選挙せず
 道議の布川義治(ぬのかわ・よしはる)さんが13日、死去した。68歳。通夜は15日午後6時、葬儀は16日午前10時、江別市野幌末広町31の2の北野華苑野幌斎場で行われる。喪主は妻久美子(くみこ)さん。

 江別市議を経て、1999年に初当選し、5期目。江別市区選出で、自民党・道民会議に所属した。

 公職選挙法の規定により、補欠選挙は行われない。道議会各会派の新勢力は次の通り。

 自民党・道民会議49人▽民進党・道民連合25人▽北海道結志会12人▽公明党8人▽共産党4人▽欠員3人【田所柳子】

1112 とはずがたり :2018/03/25(日) 18:37:11
<道議会>副知事人事で11人退席 自民と知事、対立表面化
03月21日 10:00
https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/politics/mainichi-20180321k0000e010228000c.html

 道議会は20日の本会議で、道提出の人事同意案を賛成多数で可決したが、与党会派の自民党・道民会議会の4分の1近い11人が採決時に議場から一斉退席した。筆頭副知事の山谷吉宏氏が退任し、4月に後任として阿部啓二経済部長が昇格する人事への「抗議」(退席道議)で、これだけ多数の与党議員が、道提案で退席するのは極めて異例だ。【田所柳子】

 高橋はるみ知事と自民道連間にくすぶっていた対立が表面化した格好で、今後本格化する来春の知事選の候補者選考にも影響する可能性がある。

 退席したのは自民党道連の小畑保則幹事長、中司哲雄政調会長ら道連幹部や神戸典臣元議長、高橋文明元議長、遠藤連前議長らベテランばかり。小畑氏は退席後、「JR問題が大変な時に、責任者の山谷副知事が続投すべきだという道連の意向に反する人事だ」と抗議の意志を表明した。

 自民道連は公明道本部とともに2015年の知事選で高橋知事を推薦した道議会与党だが、道連の吉川貴盛会長と近い山谷氏の退任人事に、「自民への挑戦」(幹部)との反発も出ている。高橋知事は20日の記者会見で「(対立との)認識に至っていない。今回のそれぞれの議員の思いを謙虚に真摯(しんし)に受け止め、新体制でしっかり仕事したい」と対立を否定した。

 来年4月に任期満了を迎える知事選を約1年後に控え、いまだに与党内では高橋氏の続投か新人擁立かの方針が決まっていない。今後、候補者選考が本格化する中で、今回の対立を機に知事、自民双方の主導権争いが激化する可能性もある。

1113 チバQ :2018/03/29(木) 20:03:30
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/174771
帯広市長選に市議会議長出馬へ
03/25 05:00
小森唯永氏
小森唯永氏
 【帯広】任期満了に伴う4月8日告示、15日投開票の帯広市長選に、帯広市議会議長の小森唯永氏(68)が立候補する意向を固めたことが24日、分かった。26日に正式表明する見通し。市長選には既に3選を目指して現職の米沢則寿氏(62)が出馬表明しており、8年ぶりの選挙戦になる可能性が強まった。

 小森氏は帯広市出身、帯広畜産大別科修了。1999年の市議選で初当選し、現在5期目で、2015年5月から議長。小森氏は、市中心部で民間事業者が進める西3・9周辺地区市街地再開発事業について、市の補助金26億5千万円は多額だとして米沢氏を批判し、対抗馬擁立を模索していた。

 小森氏の立候補の意向は、複数の後援会幹部が明らかにした。小森氏は24日、北海道新聞の取材に対し「選挙になるかもしれない」と述べた。

1114 チバQ :2018/04/09(月) 15:57:00
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/178756
帯広市長選が告示 現職、新人一騎打ち 8年ぶり選挙戦
04/08 17:16 更新
[PR]
 【帯広】任期満了に伴う帯広市長選は8日告示され、現職で3選を目指す米沢則寿氏(62)=無所属=と、新人で前市議会議長の小森唯永氏(68)=同=が立候補を届け出た。

 同市長選が選挙戦となるのは2010年以来8年ぶり。米沢氏は農業や食を核とする「フードバレーとかち」構想を中心に2期8年の実績を訴える。小森氏は市が26億5千万円の補助金を支出する中心部再開発事業の見直しを公約に掲げる。

 市議補選(欠員2)も同日告示され、新人3氏が立候補を届け出た。投開票はいずれも15日。

1115 とはずがたり :2018/04/10(火) 17:12:11
北海道では民進徳永が立憲の足をひっぱりにきてる。

京都では相乗りに一定の(ほんのちょっとだけど)理解をしている俺であるが,こっちは納得いかんな。。

道知事選、はや相乗り宣言? 民進道連・徳永代表
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/178663
04/08 05:00

 民進党道連の徳永エリ代表は7日、札幌市内で開かれた定期大会後の記者会見で、来春の道知事選の候補者選考について「今まで拳を挙げて『道政奪還』と戦ってきたが、果たしてそれでいいのか。(与野党が)連携していい人を選ぶという考え方もある」と述べ、与野党相乗りの可能性を示唆した。

 徳永氏は候補者擁立について「立憲民主党の方向性に従って対応する立場だ」と強調しつつも、個人的な考えとして「北海道は大きな転換点になる。誰がふさわしいのか、(戦い方が)今までのままなら、ダメかもしれない」と述べた。

1116 チバQ :2018/04/10(火) 22:03:35
https://mainichi.jp/articles/20180410/ddl/k01/010/148000c
選挙
帯広市長選 現新2氏 再開発争点に 8年ぶり選挙戦 /北海道
毎日新聞2018年4月10日 地方版
任期満了に伴う帯広市長選が8日告示され、3選を目指す現職の米沢則寿氏(62)と前市議会議長の新人、小森唯永氏(68)=いずれも無所属=が立候補を届け出た。米沢氏が初当選した2010年以来8年ぶりの選挙戦は、中心市街地再開発への対応などを争点にした一騎打ちとなった。投票は15日で、即日開票される。

 両氏はそれぞれ8日午前8時半から選挙事務所前で第一声の演説をした。

 米沢氏は2期8年の実績を挙げ「十勝19市町村がスクラムを組んでやってきた。8年間の積み重ねがなければできない次のステージの仕事を進めていきたい」と強調。小森氏は再開発事業に伴い市が拠出する補助金26億5000万円について「市税の無駄は許さない姿勢で、使い道を一から市民に問い直したい」と述べた。

 同時に告示された市議補選(改選数2)には、新人3氏が届け出た。【鈴木斉】

帯広市長選立候補者(届け出順)
米沢則寿(よねざわ・のりひさ) 62 無現(2)

全国市長会監事▽帯広空港ビル社長[歴]石川島播磨重工社員▽投資運用会社社長▽北大

小森唯永(こもり・ただなが) 68 無新

[元]市議会議長▽畜産関連会社社長▽帯広商工会議所議員[歴]市議会建設委員長▽帯広畜産大別

帯広市議補選立候補者(改選数2-3)=届け出順
大和田三朗 53 無新

木幡裕之 55 無新

大平亮介 29 共新

1117 とはずがたり :2018/04/13(金) 13:45:12
https://twitter.com/electionshow17/status/984651323005067264
2019 政治決戦ウオッチ
?@electionshow17
18 分18 分前
その他
#札幌市議会
#民進党
市議16人が
#立憲民主党

残る4人は
電力総連の支援受けた議員と
2区選出の一部

1件の返信 0件のリツイート 0 いいね
返信 1 リツイート いいね ダイレクトメッセージ

2019 政治決戦ウオッチ
@electionshow17
フォロー中 @electionshow17さんをフォローしています

その他
厚別区 小川直人氏

北区 林清治氏
東区 藤原広昭氏
篠田江里子氏
成田祐樹氏

のうち3人

21:35 - 2018年4月12日

1118 チバQ :2018/04/16(月) 18:58:05
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/180601
大野克之氏が初当選 現職を大差で破る 新ひだか町長選
04/16 02:54 更新
大野克之氏が初当選 現職を大差で破る 新ひだか町長選
 【新ひだか】任期満了に伴う日高管内新ひだか町長選は15日投票、即日開票の結果、元道農政部競馬事業室長の新人大野克之氏(59)=無所属=が、現職酒井芳秀氏(73)=同=を大差で破り、初当選を果たした。

 8年ぶりの選挙戦となった。当日有権者数は1万9111人。投票者数は1万3998人で、投票率は73・25%。2010年の前回を6・27ポイント下回った。無効票は127。

 大野氏は2月末に約40年務めた道職員を退職。出馬表明が3月上旬と出遅れたが、基幹産業である1次産業強化や町政運営の透明化などを訴え、批判票を掘り起こした。元道議会議長の酒井氏は3期12年の実績をアピールしたが、支持に広がりを欠いた。

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/180598?rct=n_localelection
及川秀一郎氏、初当選 安平町長選
04/16 02:22 更新
及川秀一郎氏、初当選 安平町長選
 【安平】任期満了に伴う胆振管内安平町長選は15日投票、即日開票され、新人で前町教育委員会教育次長の及川秀一郎氏(53)=無所属=が、新人で前副町長の森下茂氏(63)=同=を破り、初当選を果たした。

 当日有権者数は6859人。投票者数は5258人で、投票率は76・66%。旧早来、旧追分両町が合併、安平町が誕生した2006年の前回を6・31ポイント下回った。無効票は80。

 及川氏は、定住促進住宅の整備による人口減少対策や、最先端情報機器を活用した教育環境の充実などを公約に掲げた。長期的な視点でのまちづくりを強調し、幅広く支持を集めた。森下氏は行政刷新などを訴えたが、及ばなかった。

1119 チバQ :2018/04/16(月) 18:59:25
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/180595?rct=n_localelection
米沢則寿氏が3選 帯広市長選 再開発事業の継続訴える
04/16 01:23 更新
米沢則寿氏が3選 帯広市長選 再開発事業の継続訴える
 【帯広】任期満了に伴う帯広市長選は15日投票、即日開票の結果、現職の米沢則寿氏(62)=無所属=が、新人で前市議会議長の小森唯永氏(68)=同=を6116票差で破り、3選を果たした。

 当日有権者数は13万9004人。投票者数は6万2323人で、投票率は44・84%。2010年の前回を12・71ポイント下回り、同市長選では過去最低だった。無効票922、持ち帰り3、不受理2。

 市長選は当初、米沢氏の無投票3選の観測も出ていたが、小森氏が市中心部の再開発事業見直しを訴えて告示13日前に出馬表明。8年ぶりの選挙戦となった。

 米沢氏は2期8年の実績を柱に、農業や食を核とした産業振興策「フードバレーとかち」の促進や、再開発事業の継続と推進を訴えた。「市民党」を掲げ、政党本部の推薦は受けなかったものの、立憲民主党支部が独自に推薦、自民党支部は「応援」方針を決定。大半の市議が支援に回り、無党派層にも支持を広げた。

 小森氏は、再開発事業の市の補助金26億5千万円を「多額だ」と批判し、市民グループなどと連動し草の根の選挙戦を展開。現職への批判票を一定程度集めたが、浸透しきれなかった。

1120 チバQ :2018/04/16(月) 20:05:22
https://mainichi.jp/articles/20180416/ddl/k01/010/089000c
選挙
帯広市長選 米沢氏、中心街再開発訴え3選 投票率過去最低 /北海道
毎日新聞2018年4月16日 地方版
 任期満了に伴う帯広市長選は15日投開票され、無所属現職の米沢則寿氏(62)が、同新人で前市議会議長の小森唯永氏(68)を破り、3選を果たした。投票率は44・84%で過去最低。

 告示2週間前に小森氏が出馬表明し、一騎打ちの構図になった。

 米沢氏は食と農業を核にした産業、地域振興政策「フードバレーとかち」や十勝地方の自治体間連携など2期8年の実績を掲げ、一層の政策推進の必要性を強調。自民や立憲民主、新党大地などの地方組織の支援を受け、支持を固めた。

 小森氏は市が26億5000万円の補助金を拠出する中心市街地再開発の見直しを最大の争点に、市税の使途のあり方を問うとして3月末に議員辞職して出馬。訴えに共鳴する市民グループと連携し支持拡大を図ったが、浸透しなかった。

 市街地再開発(市内西3南9周辺地区)は約20年間空きビルとなっていた大型商業施設などを取り壊し、高層マンションなどを新設する国認可の補助事業。「20年間、何の価値も生まれなかった一等地。都市機能の更新で固定資産税など『都市の稼ぐ力』を高めるには、一定の投資が必要」とする米沢氏の主張が、広く受け入れられた。【鈴木斉】

帯広市長略歴
米沢則寿(よねざわ・のりひさ) 62 無現(3)

 全国市長会監事▽帯広空港ビル社長[歴]石川島播磨重工社員▽投資運用会社社長▽北大

1121 チバQ :2018/04/18(水) 01:43:31
http://mainichi.jp/articles/20180416/ddl/k01/010/097000c
富良野市長選/富良野市議補選 告示 市長選、新人3氏が立候補 /北海道
毎日新聞2018年4月16日 地方版
 任期満了に伴う富良野市長選が15日告示され、前市議の広瀬寛人氏(54)、前市議の渋谷正文氏(49)、前市議会議長の北猛俊氏(63)の3人が立候補を届け出た。同市長選で三つどもえになるのは1974年以来。投開票は22日。

 広瀬氏は、市民の要望や満足度を把握したまちづくりや市役所改革、民間活力を利用した効率化、幅広い市民参加による総合計画の策定などを訴える。

 渋谷氏は地域医療・介護、子育て支援の充実、インバウンド対応、文化の香りやスポーツの熱気を感じるまちづくりなどを掲げ、連合富良野が推薦する。

 最も早く出馬表明した北氏は、市民すべてが健康で幸せを感じる「健幸都市」を掲げ、子育てのしやすさ日本一や市民参加型のまちづくりなどを打ち出す。【横田信行】

富良野市長選立候補者(届け出順)
広瀬寛人(ひろせ・ひろと) 54 無新

 タクシー会社社長[歴]保険会社社員▽富良野青年会議所理事長▽市議▽東京経済大

渋谷正文(しぶや・ただふみ) 49 無新

 [元]市議[歴]農協職員▽富良野ソフトボール協会会長▽地域日台親善協会事務局長▽旭川東高

北猛俊(きた・たけとし) 63 無新

 [元]市議長▽富良野高校同窓会副会長[歴]全国市議会議長会理事▽北海道拓殖短大

富良野市議補選立候補者(改選数3-4)=届け出順
大西三奈子 39 無新

小林裕幸 63 無元

谷口正也 49 無新

家入茂 55 無新

1122 チバQ :2018/04/23(月) 19:24:26
https://mainichi.jp/articles/20180423/ddl/k01/010/064000c
富良野市長選 市長に北氏 三つどもえ制し初当選 /北海道
毎日新聞2018年4月23日 地方版
 任期満了に伴う富良野市長選は22日投開票され、前市議会議長、北猛俊氏(63)が、無所属新人による三つどもえの激戦を制し、初当選を果たした。投票率は70・15%(前々回2010年は73・89%)。

 選挙戦になるのは2010年以来8年ぶりで、三つどもえは1974年以来44年ぶり。北氏は最も早く立候補を表明。「すべての市民が健康で幸せを感じる『健幸都市』」を掲げ、子育てのしやすさ日本一や市民参加型のまちづくりなどを打ち出し、支持を固めた。

 元市議の渋谷正文氏(49)は地域医療・介護、子育て支援の充実などを、元市議の広瀬寛人氏(54)は市民の要望を反映したまちづくりや子どもの居場所づくりなどをそれぞれ訴えたが、届かなかった。【横田信行】

市長選開票結果=選管最終発表
当 5366 北猛俊 63 無新

  4070 渋谷正文 49 無新

  3377 広瀬寛人 54 無新

富良野市長略歴
北猛俊(きた・たけとし) 63 無新(1)

 [元]市議長▽富良野高校同窓会副会長[歴]全国市議会議長会理事▽北海道拓殖短大

1123 チバQ :2018/04/24(火) 21:11:28
76 :チバQ :2018/04/24(火) 21:10:53
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/182809/
高橋知事、二階氏に接近? 都内の派閥パーティーで講演 来夏の参院選への臆測も
04/24 05:00
二階派のパーティーでの講演に臨む高橋知事
二階派のパーティーでの講演に臨む高橋知事
 高橋はるみ知事は4期目の任期が残り1年となった23日、東京都内で開かれた自民党二階派のパーティーで講演した。知事に関しては最近、二階俊博幹事長に接近しているとの見方があり、来夏の参院選に向けた動きとの臆測も流れる。

 講演で知事は、中国、ロシアとの交流が盛んになっているとし、来道外国人の増加について「きっかけは2008年北海道洞爺湖サミットの誘致だ」と説明。道産食品の人気ぶりを挙げ「可能性の大きい北海道をさらに『でっかいどう』にするため、ちっちゃい高橋、頑張ります」と語った。

 二階氏とは03年の初当選の際、応援を受けた間柄だ。15年に二階氏率いる訪中団に参加し、今年3月の党本部での北海道物産展では付き添って会場を回った。周囲にも近さを強調する。

 知事は副知事人事を巡り、二階派の吉川貴盛・自民党道連会長(衆院道2区)との溝が深まっている。道連幹部は「選挙を見据え、有力者が後ろ盾なんだとアピールし、求心力を保とうとしているのでは」と話す。二階派関係者によると「予定していた講師がキャンセルになり、高橋氏に頼んだ。副知事人事の前に決まっていた」という。(佐藤陽介)

1124  チバQ :2018/05/20(日) 23:39:35
https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/190567
小樽市長選 迫氏22日出馬表明

05/18 05:00

北海道��政治��地方選

 【小樽】小樽市の元総務部長で、来年4月予定の小樽市長選に立候補する意向を示していた迫(はざま)俊哉氏(59)は22日、小樽市内で記者会見を開いて正式に出馬を表明する。市長選への出馬表明は迫氏が初めて。

[PR]

 関係者によると、迫氏は後援会関係者に「このままでは小樽の将来像が全く見えない」と立候補の理由を伝えているという。

 迫氏は小樽市出身。1982年に市役所入りし、企画政策室長など中枢の役職を歴任した。森井秀明市長が15年4月に就任した後は、北しりべし廃棄物処理広域連合派遣などを経て17年2月に退職した。

1125  チバQ :2018/05/27(日) 20:21:09
https://mainichi.jp/articles/20180508/ddl/k01/010/023000c

2018年5月27日(日)

国民民主党結党 道内議員は2人参加 3人離党、うち2人立憲へ /北海道

毎日新聞��2018年5月8日 地方版

 希望の党と民進党が合流した新党、国民民主党の設立大会が7日に開かれ、道内の国会議員では民進党道連代表の徳永エリ参院議員と希望の党の山岡達丸衆院議員の2人が参加した。

 徳永氏は2日の民進道連常任幹事会で、新党移行について「地域や人によりいろいろな立場があるが、必ずもう一度元の状況に戻し、強い野党として一つの塊を作っていきたい」とあいさつしていた。また山岡氏は7日、毎日新聞の取材に「地元の若い人たちも積極的に意見を寄せてくれる。時間はかかるかもしれないが、民意を国政に反映できるよう、政治を変えていきたい」と語った。

 一方で、民進道連所属の参院議員3人が離党。このうち相原久美子氏と鉢呂吉雄氏は立憲民主党への入党届を提出した。【日下部元美、福島英博】

道内国会議員の動向

 <衆院>

[PR]

山岡達丸(希望) 国民入り

 <参院>

相原久美子(民進) 立憲へ

小川勝也(民進) 無所属

徳永エリ(民進) 国民入り

鉢呂吉雄(民進) 立憲へ

 =敬称略

1126  チバQ :2018/05/27(日) 20:21:40
https://mainichi.jp/articles/20180527/ddl/k01/010/058000c
立憲・国民選挙協力へ 道連が確認 統一選や参院選で /北海道

毎日新聞��2018年5月27日 地方版

 立憲民主党道連と民進党道連は26日、札幌市内でそれぞれ常任幹事会を開き、立憲と、民進から衣替えした国民民主の両党が来年の統一地方選と参院選について、道内で選挙協力する方針を確認した。来月16日に選挙協力に関する協定を結ぶ。

 昨秋の衆院選で旧民進党が分裂。このうち、旧希望の党と旧民進が合流し国民を結党したが、今も立憲とは分かれた状態が続く。ただ、来春には知事選、来夏には参院選と相次いで重要選挙が控えており、両党が選挙協力することで野党勢力結集を主導する狙いがある。

[PR]

 立憲、国民両党は今後、支持組織の連合北海道、道農民連盟を加えた連絡協議会を設立。知事選などの候補者選定や選挙協力を進めていく。立憲道連の市橋修治幹事長は終了後、「協定を結び、綿密に連携し、選挙を戦いたい」と強調。民進道連の平賀貴幸幹事長も「(連合、農民連盟を含めた)4者で協議を進め、早い時期に候補者を決めたい」と述べた。

 また、民進道連は26日付で名称を「国民民主党北海道総支部連合会」に変更することを決めた。【安達恒太郎】

1127 チバQ :2018/06/09(土) 08:56:08
秋元克広 札幌市長 民主系が擁立
904 :チバQ :2018/06/09(土) 08:53:19
導入済 渋谷区、世田谷区、伊賀市、宝塚市、札幌市、福岡市
導入予定 中野区、大阪市、千葉市
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-00000003-kobenext-life
同性パートナー証明184組 兵庫・宝塚市など全国7市、特別区へ拡大
6/2(土) 8:30配信 神戸新聞NEXT
同性パートナー証明184組 兵庫・宝塚市など全国7市、特別区へ拡大
神戸新聞NEXT
 同性カップルをパートナーとして認め、公的書類を交付する「パートナーシップ制度」が2015年以降、兵庫県宝塚市などの全国七つの市と特別区で導入され、これまでに計184組が交付を受けたことが1日、神戸新聞社の取材で分かった。

 15年11月に東京都渋谷区と世田谷区が先駆けて実施。制度のある市区では書類の提示によって、パートナーと家族向け公営住宅に入居できたり、生命保険金の受け取り手続きができたりと活用が広がる。専門家は自治体の取り組みが、性的少数者(LGBT)に対する差別解消につながると指摘する。

 交付書類は「証明書」「宣誓書受領証」など自治体によって名称が異なる。交付が最多となったのは世田谷区の71組。今年4月に導入した福岡市では、2カ月で18組が取得した。兵庫県内では宝塚市が16年6月、同性カップルが署名した宣誓書を市が受け取り、受領証を交付する制度を開始。今のところ交付はゼロだが、担当者は「問い合わせは数件ある。同性カップルの宣誓はハードルが高い面もあるが、制度が当事者の安心感につながっている」とみる。

 交付書類に法的拘束力はないものの、パートナーを家族とみて対応する事例も出てきた。

 渋谷区や那覇市などでは家族向け公営住宅の入居申し込みができ、三重県伊賀市では市立病院でパートナーの病状説明が聞け、手術に同意できるようにした。さらに携帯電話の家族向け割引や職場の福利厚生制度にも適用が広がっているという。

 今後、大阪市や東京都中野区、千葉市なども導入を予定。制度導入の背景には20年の東京五輪もある。オリンピック憲章には「性的指向による差別の禁止」が明記され、自治体も対応を迫られるためだ。

 制度がある宝塚市の中川智子市長や渋谷区の長谷部健区長らは、年内をめどに首長グループの立ち上げも検討。中川市長は「LGBT支援は人権課題だが、日本は遅れている。自治体トップのネットワークで広く支援の必要性を発信したい」と話す。(中島摩子)

【LGBT問題に詳しい棚村政行・早稲田大教授(家族法)の話】札幌、福岡、大阪市など大都市が手を挙げ、パートナーシップ制度の導入は加速している。自治体の取り組みが都道府県や国を動かす。米国など海外でも、身近な自治体の取り組みが国全体に広がった。(制度を利用した)184組は人口から見るとまだ少ないが、当事者が勇気を持って申請し、自治体が認めることがLGBTに対する差別解消や理解促進につながっている。

1128 チバQ :2018/06/11(月) 19:47:33
定数101 自民会派49 =49%【自民会派過半数以下】

○自民党・道民会議 49 全員自民道連所属
千葉英守
吉川隆雅
道見泰憲
大崎誠子
伊藤条一
花崎勝
吉田祐樹
大越農子
岩本剛人
丸岩浩二
和田敬友
加藤貴弘
角谷隆司
川尻秀之
佐々木俊雄
八田盛茂
加藤礼一
東国幹
千葉英也
小畑保則
笠井龍司
清水拓也
塚本敏一
船橋賢二
村木中
遠藤連
吉田正人
野原薫
中野秀敏
松浦宗信
梅尾要一
太田憲之
田中芳憲
長尾信秀
内海英徳
冨原亮
内田尊之
村田憲俊
本間勲
竹内英順
三好雅
高橋文明
久保秋雄太
神戸典臣
藤沢澄雄
喜多龍一
大谷亨
小松茂
中司哲雄


●民主・道民連合
藤川雅司  立憲民主党
小林郁子 
星野高志
広田まゆみ
菅原和忠  立憲民主党
松山丈史  立憲民主党
梶谷大志 
畠山みのり 立憲民主党 
須田靖子  立憲民主党
高橋亨   立憲民主党
平出陽子  立憲民主党
川澄宗之介 立憲民主党
三井あき子 立憲民主党
橋本豊行  立憲民主党
三津丈夫  2014年衆院選落選
中川浩利
沖田清志 
勝部賢志  立憲民主党 2014年衆院選落選
小岩均   立憲民主党
稲村久男  立憲民主党
池端英昭 
市橋修治  立憲民主党
笹田浩   立憲民主党
北口雄幸  立憲民主党
佐々木恵美子 立憲民主党


●北海道結志会 12
滝口信喜 民主党>>1018
赤根広介 民主党>>1018
中山智康 民主党>>1018
池本柳次 民主党>>1018

山崎泉  新党大地
浅野貴博 新党大地
新沼透  新党大地

安住太伸 元みんなの党

佐藤伸弥 民主より無所属
大河昭彦 中間会派フロンティア
金岩武吉 中間会派フロンティア
 
白川祥二




●公明党 8
森成之
志賀谷隆
安藤邦夫
荒当聖吾
吉井透
阿知良寛美
田中英樹
中野渡志穂

●日本共産党 4
真下紀子
宮川潤
佐野弘美
菊地葉子

1129 チバQ :2018/06/11(月) 19:53:30
札幌市議会
自由民主党(24名)
武市憲一(手稲区) 阿部ひであき(白石区)
宮村素子(清田区) 伴良隆(北区)
鈴木健雄(東区) 松井隆文(手稲区)
高橋克朋(北区) 近藤和雄(豊平区)
山田一仁(東区) 五十嵐徳美(東区)
勝木勇人(西区) 長内直也(中央区)
三上洋右(豊平区) 小須田悟士(南区)
細川正人(中央区) 横山峰子(北区)
佐々木みつこ(白石区) 北村光一郎(清田区)
飯島弘之(西区) 中川賢一(中央区)
小竹ともこ(豊平区) 村松叶啓(北区)
こじまゆみ(厚別区) 村山拓司(西区)



札幌市議会民主市民連合議員会(20人)
福士勝(手稲区) 中村たけし(西区)
畑瀬幸二(白石区) 松原淳二(厚別区)
小野正美(手稲区) 三宅由美(南区)
大嶋薫(西区) 長谷川衛(中央区)
藤原広昭(東区) しのだ江里子(東区)
恩村一郎(清田区) 小川直人(厚別区)
峯廻紀昌(豊平区) 村上ゆうこ(中央区)
桑原透(清田区) 岩崎道郎(南区)
山口かずさ(白石区) かんの太一(豊平区)
林清治(北区) 成田祐樹(東区)



札幌市議会公明党議員会(10人)
涌井国夫(西区) 好井七海(豊平区)
本郷俊史(中央区) 小口智久(東区)
國安政典(北区) 前川隆史(白石区)
福田浩太郎(手稲区) わたなべ泰行(南区)
丸山秀樹(厚別区) 竹内孝代(清田区)



日本共産党札幌市議会議員団(7人)
村上ひとし(厚別区) 伊藤理智子(白石区)
小形香織(中央区) 池田 由美(豊平区)
太田秀子(東区) 田中啓介(西区)
平岡大介(東区)



改革(2人)
松浦忠(白石区) 堀川素人(南区)



無所属(1人)
坂本きょう子(北区)


札幌市議会市民ネットワーク北海道(1人)
石川佐和子(北区)


札幌市議会維新の党(1人)
中山真一(北区)

1130 名無しさん :2018/06/13(水) 20:45:51
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000008-hbcv-hok

来年夏の参院選 立憲民主党道連が勝部賢志氏を擁立へ
6/13(水) 19:25配信

HBCニュース

北海道放送(株)
立憲民主党道連は、来年夏に行われる参院選の北海道選挙区に、道議会副議長の勝部賢志氏を擁立する方針を固めたことがわかりました。
千歳市出身の勝部賢志氏は道議会議員4期目で現在、副議長を務めています。立憲民主党道連は来年夏の参院選北海道選挙区に2人の擁立をめざし、国民民主党道連などと協議を重ねてきました。そして、北教組出身で連合北海道の支援も受けられることなどから勝部氏を擁立する方針で一致したということです。勝部氏は後援会と相談し、7月中には出馬するかどうか判断する見通しです。また、もう1人の擁立については未定です。なお、参院選北海道選挙区をめぐっては、共産党は畠山和也氏を擁立し、自民党も2人を擁立する方針です。

北海道放送(株)

最終更新: 6/13(水) 19:25
HBCニュース

1131 チバQ :2018/06/18(月) 20:09:00
https://mainichi.jp/articles/20180617/ddl/k01/010/024000c
釧路町長選 小松道議が出馬表明 /北海道
毎日新聞2018年6月17日 地方版

地方選挙
北海道
選挙・北海道
[PR]


 自民党の小松茂道議(60)は16日、記者会見し、任期満了に伴う釧路町長選(10月23日告示、28日投開票)に立候補することを表明した。現職の佐藤広高町長(68)は今期限りで引退する。

 小松氏は同町出身で、町議を経て2003年に道議に初当選し現在4期目。佐藤氏の引退に伴い、地元経済界などが要請し、16日の後援会役員会で了承された。

 小松氏は9月に道議を辞職する考え。道議選釧路地域(定数1)で選出されており、辞職に伴い補選が行われるため、自民党道7区支部で後継候補の擁立を急ぐ。【平山公崇】

1132 チバQ :2018/06/25(月) 17:00:57
対抗立てる力も残ってないのか
https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/politics/mainichi-20180625k0000m010108000c.html
<苫小牧市長選>岩倉博文氏、無投票で4選
06月24日 23:37毎日新聞

 苫小牧市長(北海道)

 岩倉博文氏(68)=無現[自][公]=が無投票で4選。

1133 チバQ :2018/06/26(火) 19:54:56
https://mainichi.jp/articles/20180626/ddl/k01/010/043000c
次期参院選
自民候補選定、難航 知事くら替え、不確定要素 /北海道
毎日新聞2018年6月26日 地方版
 来夏の次期参院選道選挙区(改選数3)を巡り、自民党の候補者選考手続きが難航している。25日に役員会を開いたが、候補の絞り込みは進まず、月内の党本部への1次公認申請を事実上断念した。道連内で具体的な候補についての意見が割れている上、高橋はるみ知事のくら替えの可能性も不確定要素になっているためだ。【安達恒太郎、田所柳子】

 道連幹部は「7月中の候補擁立すら、ほぼ無理」と指摘する。吉川貴盛会長は当初、6月中に候補者を選定する方針を示していたが、この日は選定時期を含め会長に一任することとした。他県連では次々と1次公認候補を決定するが、道連は党本部の7月中の1次公認決定に間に合わない可能性がある。

 一方で、道連内には「知事選も考慮した候補者選定が必要」「不透明な選考過程では道民の理解を得られない」と選考手続きの改善を求める声もある。25日は選考委員会の設置も確認。今後公募などが必要か検討する。

広告


inRead invented by Teads
 擁立予定の2人に対し、これまでに現職の伊達忠一氏のほか、岩本剛人道議、中川賢一札幌市議らの擁立の動きが表面化。ただ、道連内は一枚岩でなく、伊達氏は首相官邸・党執行部へのパイプを持つ一方、79歳と高齢で、参院議長まで務めたとして引退を求める声もある。

 さらに高橋はるみ知事が知事選を目指すのか、国政選挙を目指すのか明確にしていない点も事態を複雑にしている。参院選に立候補した場合は「圧勝する」(道連関係者)可能性があり、最有力候補の一人となるためだ。

 前回2013年から改選数が1増するが、公明党道本部は独自候補を擁立しない見通し。これに対し、新党大地の鈴木宗男代表は自ら参院選に出馬するかを決める時期について「年明けで十分」と述べた。

1134 チバQ :2018/06/26(火) 20:01:42
https://mainichi.jp/articles/20180625/ddl/k01/010/081000c
選挙
苫小牧市長選/苫小牧市議補選 市長に岩倉氏 4選 19年ぶりの無投票 /北海道
毎日新聞2018年6月25日 地方版
 任期満了に伴う苫小牧市長選は24日告示され、無所属で現職の岩倉博文氏(68)=自民、公明、新党大地推薦=以外に立候補の届け出はなく、無投票で4選を果たした。無投票は1999年以来19年ぶり。

 2006年と10年に候補を擁立した旧民主系は早期に擁立を断念し、共産党は当初、前回14年に続き新人の擁立を模索したが告示直前に断念を決めた。岩倉氏は「快適都市を目指して〜笑顔あふれるふくしのまちづくり」を基本テーマに掲げ、財政基盤の更なる強化や20年先を見据えたまちづくりの実践を訴えた。

 議員の死亡と辞職に伴う同市議補選(改選数2)も同日告示され、新人5人が立候補した。7月1日に投開票される。【福島英博】

1135 チバQ :2018/06/26(火) 22:03:42
明確に民主系と言えるのは札幌、旭川、帯広かな?

札幌市 秋元克広 副市長。民主・共産寄り上田文雄市長の後継 自民推薦本間奈々やぶる ●4区
小樽市 森井秀明 市議 >>1071市議会全5会派から問責決議案

●5区
江別市 三好昇   道職員
千歳市 山口幸太郎 自民道議>>209
恵庭市 原田裕   自民道議>>228
北広島 上野正三  
石狩市 田岡克介

●6区
旭川市 西川将人  民主推薦 自由党などで国政選出馬落選
士別市 牧野勇司  市議 >>212地元出身の民主党衆院議員、佐々木隆博氏が全面支援
名寄市 加藤剛士  >>281 父親の自民党道議加藤唯勝
富良野 北猛俊   市議 >>1122

●7区
釧路市 蝦名大也  大地系 鈴木宗男秘書
根室市 長谷川俊輔 >>703相乗り

●8区
函館市 工藤壽樹  副市長>>494市長を破って当選
北斗市 池田達雄  市議>>1103 長尾信秀(自民)が支援

●9区
室蘭市 青山剛   市議>>496
苫小牧 岩倉博文  自民代議士
登別市 小笠原春一
伊達市 菊谷秀吉  市議

●10区
夕張市 鈴木直道  東京都職員>>360
岩見沢 松野哲   市職員>>559 自民・民主候補を破る
留萌市 中西俊司  副市長>>1104
美唄市 髙橋幹夫  市議>>522 5票差で当選
芦別市 荻原貢   副市長
赤平市 菊島好孝  市議
三笠市 西城賢策  副市長
滝川市 前田康吉  自民道議 保守分裂>>493
砂川市 善岡雅文
歌志内 村上隆興  副市長
深川市 山下貴史  自民代議士・郵政造反組

●11区
帯広市 米沢則寿  会社役員 民主系>>252
●12区
北見市 辻直孝   >>1032非共産相乗り 網走市 水谷洋一  市議 民主系破る>>350 稚内市 工藤広   副市長相乗り>>485
紋別市 宮川良一  >>932 2005年は民主党推薦で初当選

1136 チバQ :2018/06/30(土) 02:42:58
>>1061-1063 補欠選で当選した野原薫が美唄
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32265770W8A620C1L41000/
北海道議会の議員定数、1減で合意 来春の道議選から
北海道・東北
2018/6/26 22:30
 北海道議会の各会派は、議員定数を現在の101から1減らして100とすることで合意した。定員1の美唄市選挙区を、隣接する定員4の空知地域選挙区へ編入する。2019年春の道議会議員選挙から適用される見通し。人口減少を踏まえた選挙区とし、「1票の格差」を縮小する。

 道議会の全会派で構成する検討協議会で合意した。9月に開かれる第3回定例道議会に関連する条例案を提出する。

 道議選の1票の格差は最大3.44倍ある。今回の定数削減により3倍未満に縮小する。議員定数の削減は、15年の道議選に続く措置になる。

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/202905
道議定数1減で全会派合意 9月に条例改正案
06/26 05:00
 道議会全5会派は25日、来春の道議選について、議員定数を現在の101から100に1減することで合意した。選挙区を維持できる公選法の人口基準を下回った美唄市選挙区(定数1)を廃止し、空知管内(同4)に編入する。9月開会の第3回定例道議会に条例改正案を議員提案する。

 同日の定数等検討協議会(冨原亮座長)で、101維持を訴えていた最大会派の自民党・道民会議と共産党が1減を受け入れた。定数2以上の削減を求めていた第2会派の民主・道民連合は既に1減を容認しており、5会派が一致した。

 公選法は都道府県議会の選挙区内の人口が、都道府県全体の人口を議員定数で割った「議員1人当たり人口」の半数を下回ると、隣の区と合併すると定める。

 2015年国勢調査で、道の人口538万1733人を定数101で割ると5万3284人。その半数は2万6642人で、人口2万3035人の美唄市は現行の47選挙区で唯一、基準を下回った。

 議員1人当たりの人口が最も多いのは札幌市中央区(定数3)の7万9209人で、美唄市との1票の格差は3・44倍あったが、1減後は人口が2番目に少ない2万6917人の根室市(同1)との間で2・94倍に縮小する。

 冨原座長は「人口減が進む地域の声を拾える制度にすべきだとの意見がある。1減後の選挙制度についても議論する」と話した。(佐藤陽介)

1137 チバQ :2018/06/30(土) 03:02:58
訃報:釣部勲さん 72歳=道議、元道議会議長、金滴酒造社長 /北海道 ...
https://mainichi.jp/articles/20170928/ddl/k01/060/107000c
2017/09/28 - 釣部勲さん 72歳(つるべ・いさお=道議、元道議会議長、金滴酒造社長)27日、腎うがんのため死去。通夜は29日午後6時、葬儀は30日午前10時、砂川市東1北21の1の1のベルコ空知セレモニーホール。自宅は新十津川町中央331の15 ...

1138 チバQ :2018/06/30(土) 03:19:35
https://mainichi.jp/articles/20180628/ddl/k01/010/100000c
選挙
来春の道議選 自民公認42人発表 /北海道
毎日新聞2018年6月28日 地方版
 自民党道連は27日、来春の道議選の公認候補42人を発表した。内訳は現職40人(空知地域と合区見込みの美唄市を含む)▽元職1人▽新人1人。候補者は次の通り(敬称略)。【安達恒太郎】

 千葉英守(札幌市中央区)▽丸岩浩二(同市南区)▽和田敬友(同市西区)▽加藤貴弘(同)▽吉川隆雅(同市北区)▽道見泰憲(同)▽伊藤条一(同市白石区)▽吉田祐樹(同市豊平区)▽大越農子(同)▽角谷隆司(同市手稲区)▽八田盛茂(小樽市)▽佐藤禎洋(同)=元職▽村田憲俊(後志地域)▽花崎勝(札幌市厚別区)▽梅尾要一(千歳市)▽太田憲之(同)▽田中芳憲(恵庭市)▽東国幹(旭川市)▽中野秀敏(名寄市)▽本間勲(上川地域)▽竹内英順(同)▽小畑保則(釧路市)▽笠井龍司(同)▽松浦宗信(根室市)▽川尻秀之(函館市)▽佐々木俊雄(同)▽冨原亮(渡島地域)▽内田尊之(檜山地域)▽千葉英也(室蘭市)▽遠藤連(苫小牧市)▽神戸典臣(胆振地域)▽藤沢澄雄(日高地域)▽野原薫(美唄市)▽植村真美(空知地域)=新人▽清水拓也(帯広市)▽喜多龍一(十勝地域)▽大谷亨(同)▽塚本敏一(北見市)▽吉田正人(稚内市)▽三好雅(宗谷地域)▽高橋文明(オホーツク東地域)▽久保秋雄太(同西地域)


■未公認議員
大崎誠子 札幌市東区 岩本剛人 札幌市清田区>>1133参院選狙い 加藤礼一 旭川市 *同選挙区の東国幹は公認 船橋賢二 北見市 無所属当選*同選挙区の塚本敏一は公認 >>1017武部系と船橋系が主導権をめぐって微妙な関係 村木中  岩見沢市 長尾信秀 北斗市 >>947-975無所属当選 内海英徳 石狩地域 引退か? 小松茂  釧路地域 >>1131 釧路町長選へ 中司哲雄 根室地域

■元職・新人 佐藤禎洋 小樽市 >>901 植村真美 空知地域 亡くなった釣部勲の後継ってポジション  

■定数減の空知美唄
空知4+美唄1→空知4
釣部勲 死去
植村真美 空知新人公認 (釣部の後継ってポジションか)
野原薫 美唄現職公認

空知地域 定数4 - 候補5(選管確定) 得票数(得票率) 氏名 年齢 党派(推薦) 新旧 当選回数 代表的肩書
当選 23,888(26.4%) 稲村久男 59 民主 現 3 党総支部幹事長
当選 22,063(24.4%) 釣部勲 69 自民 現 7 党道常任顧問
当選 18,011(19.9%) 荒当聖吾 48 公明 現 2 党道青年局次長
当選 15,750(17.4%) 白川祥二 64 無所属 新 1 (元)由仁町議
□ 10,786(11.9%) 木村賢治 64 共産 新 党道委員

>>1063
美唄市の補欠選挙(定数1)は10日投票、即日開票の結果、自民党公認で元道議(北広島市選出)の野原薫氏(68)が、無所属新人の会社社長大井和憲氏(69)を破り当選を確実にした。

1139 チバQ :2018/07/02(月) 11:51:15
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180630-00000001-facta-pol

橋下に倣い古賀茂明「北海道知事選」出馬か


6/30(土) 0:55配信

月刊FACTA



橋下に倣い古賀茂明「北海道知事選」出馬か

来春の北海道知事選が、キナ臭くなってきた。経産官僚出身の自民党系現職・高橋はるみ氏(64)の5選不出馬が確実視される中、後釜にまたも元経産官僚の名前が浮上。3年前、テレビ朝日「報道ステーション」の生放送中に「I am not ABE」の紙を掲げる「放送事故」を起こし、時の人となった古賀茂明氏(62)である。

無論、自民が反アベ・原発ゼロの急先鋒を担ぐ訳がない。話の出所は、与党でも野党でもなく、古賀氏本人の言動だ。突如として政治塾「フォーラム4北海道・古賀みらい塾」を主宰すると発表。4月25日、皮切りとなる講演会を札幌で開いた。

この場で古賀氏は、財務省前事務次官のテレ朝記者へのセクハラ問題の内幕を暴露。相変わらずの「爆弾男」ぶりを印象づけつつ、北海道の人口減少克服や観光振興の方策を滔々と語った。会場には連合北海道幹部の姿もあった。

講演後、地元テレビ局の取材に対し、聞き捨てならない発言が飛び出す。道知事選出馬について「2万パーセントない」と語ったのだ。10年前、橋下徹・前大阪市長(48)はこれと全く同じコメントを発し、舌の根も乾かぬうちに府知事選に打って出た。古賀氏はかつての橋下氏のブレーンである。

ではなぜ、北海道なのか。長崎県出身。官僚時代に北海道勤務はなく、縁もゆかりもない。

接着剤になったのは、塾の設立を持ちかけた市民団体「北海道の未来を拓く会」だ。札幌の経営者らで構成し、北電泊原発の再稼働に警鐘を鳴らしている。道議会専用の豪華庁舎建設に130億円を投じる計画にも抗議を続け、「人気はあるが、議会の言いなりで何もしない」との評が立って久しい高橋知事とガチンコ対決を繰り広げてきた。

地元誌記者は同団体について「これまで政治色は見えなかったが、高橋道政の体たらくがそのまま継承されることに危機感を抱き、主張が似通う古賀氏に近づいたのだろう」とみる。

とはいえ爆弾男の立起は、たやすいことではない。

自民党北海道連は「ポスト高橋」として、中央官僚や道内の市長ら複数人をリストアップ済み。立憲民主党を軸とする野党サイドも、国会議員や経営者らを俎上に載せている。古賀氏が完全無党派を標榜したとして、反アベ票を食い合えば、確実に保守陣営を利する。本意ではあるまい。

古賀氏を野党統一候補に祭り上げるのも、また難しい。立憲の枝野幸男代表と、ソリが合わないのだ。16年の東京都知事選で、当時の民進党都連は古賀氏擁立でまとまりかけたが、「枝野幹事長らがちゃぶ台を返し、あの鳥越俊太郎氏への差し替えが決まった」(古賀氏周辺)。

報ステとの関係然り、橋下氏との関係然り、一時的に重用されても、結果的に袂を分かつケースが、やけに多い人物だ。内に秘めた激烈さ故なのか。その古賀氏は最近のブログで「北海道の道路は直線的で交通量が少ない。自動運転の実験で国家戦略特区に申請してはどうか」と、「公約」まで披露している。

安倍首相が9月の自民党総裁選で3選したとして、統一地方選は最初の大型選挙だ。塾の講義はその直前の来年2月まで続く。道知事選で「I am not ABE」の訴えが轟くのか、見ものだ。
.
ファクタ出版

1140 チバQ :2018/07/04(水) 18:11:00
http://www.sankei.com/politics/news/180704/plt1807040016-n1.html
2018.7.4 16:50

北海道小樽市長が辞意表明 議会と対立、出直しに意欲
 北海道小樽市の森井秀明市長(45)は4日、市役所で記者会見し、近く任期途中で辞職する意向を表明した。これまで辞職勧告決議を2度受けるなど市議会と対立。「一部の議員に議会運営を人質に取られ、全てに反対された。市長選で民意を問いたい」と述べ、出直し市長選出馬への意欲を示した。

 森井市長は元市議で、北海道電力泊原発の再稼働反対などを訴え、平成27年4月に初当選、現在1期目。3回連続で市長選に立候補しての当選で、来年4月に任期満了の予定だった。

 市議会は昨年10月、市長の後援会関係者の遊覧船事業をめぐり、市が係留許可を出したのは条例違反として辞職勧告決議を可決。同12月にも「資質や能力に欠ける」として2度目の辞職勧告決議を可決したが、市長はこれまで「辞職するつもりはない」としていた。

 28年には、職員の昇任人事に客観的根拠がないとして、元市長らに地方公務員法違反容疑で告発され、その後不起訴とされた。

1141 名無しさん :2018/07/05(木) 18:12:51
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20180705/k00/00m/010/073000c
小樽市
森井市長が辞意表明 議会と対立 出直し選に意欲
毎日新聞2018年7月4日 20時06分(最終更新 7月4日 21時57分)

社会一般
選挙
速報
政治

北海道小樽市の森井秀明市長=2016年10月
[PR]

 北海道小樽市の森井秀明市長(45)は4日、記者会見し、任期途中で辞職する意向を表明した。近く市議会議長に辞職願を提出する。森井市長は市議会から辞職勧告や問責決議を繰り返し受け、激しく対立。「議会との関係回復に努力したが限界だった。市長選で民意を問いたい」と述べ、出直し市長選への出馬に意欲を示した。

 森井市長は元市議で、統合型リゾート(IR)の誘致や北電泊原発の再稼働に反対し、現職らを破り2015年4月に初当選。現在1期目。来年4月に任期満了を迎える予定だった。

 市議会は昨年10月、市長の後援会関係者である観光船事業者に、市が係留許可を出したのは条例違反だとして辞職勧告決議を可決。同12月にも「市長としての資質、能力に欠ける」として辞職を勧告決議した。就任当初から、たびたび議会が空転してきたが、市長は「辞職するつもりはない」としてきた。

 公職選挙法では、議長が辞職願を受け取ってから5日以内に市選挙管理委員会に通知し、その翌日から50日以内に市長選が行われる。

 次期市長選を巡っては、元市総務部長の迫(はざま)俊哉氏(59)が今年5月、出馬を表明している。市長の辞意表明を受け、迫氏は「早急に臨戦態勢を整え、市民のため、戦ってまいります」とコメントを発表した。【澤俊太郎、野原寛史】

1142 チバQ :2018/07/05(木) 18:51:31
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/205754/
森井・小樽市長が会見で辞意表明 議会と対立、出直しに意欲
07/04 23:44 更新
森井秀明氏
森井秀明氏
 【小樽】小樽市の森井秀明市長(45)は4日、市役所で記者会見し、一両日中に市議会議長に辞職を申し出る考えを表明した。市議会が昨年10月と12月に可決した自らへの辞職勧告決議などを踏まえて判断。「市議会は私のやることなすことすべてに反対。市長が市議会に不信任を突きつけることはできない。民意を問いたい」と述べ、8月にも行われる出直し市長選への再出馬を明言した。

 会見で森井氏は辞職勧告決議以降、進退を考えてきたと述べた。6月14日の市議会で、空席が長引く副市長に前市総務部長を充てる選任同意案が反対多数で否決されたことが「理由なき判断」だと反発し、辞職決断のきっかけになったと強調した。

 森井氏は2015年の前回市長選で自民と公明、民主(当時)、小樽商工会議所、連合小樽の5者相乗りの市政運営を批判して初当選し、当初から市議会と対立してきた。森井氏は会見で市議会について「関係改善を努力したが、市議会は受け入れるつもりがなかった」と改めて批判した。

 森井氏の任期満了は来年4月。辞職の申し入れを受けた議長は5日以内に市選管に通知し、50日以内に市長選が行われる。次期市長選には元市総務部長の迫(はざま)俊哉氏(59)が立候補を表明しており、選挙戦となる見通し。(渡辺佐保子)

1143 チバQ :2018/07/06(金) 10:04:42
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/206208?rct=n_politics
前保健所長が出馬意向 小樽市長選 3人以上の選挙戦濃厚
07/06 05:00
 【小樽】前小樽市保健所長の秋野恵美子氏(66)が5日、森井秀明小樽市長(45)の辞職に伴う出直し市長選に立候補する意向を固めた。9日に小樽市内で記者会見を開き正式表明する。

 市長選には森井氏のほか、元市総務部長の迫(はざま)俊哉氏(59)が出馬の意向を表明しており、3人以上での選挙戦が濃厚になった。

 秋野氏は現在、ボランティア団体「小樽ポッケ」の代表を務める。取材に対し「保健所を退職した2年前から市政の課題解決のために出馬を志していた。人口減少や医療・介護の問題に本気で取り組まなければならない」と話す。

 秋野氏は札幌出身。北大医学部を卒業後、北大医学部付属病院循環器内科、余市協会病院などを経て1995年に小樽市保健所入り。2009年から所長を務め、16年に退職した。(渡辺佐保子)

1144 チバQ :2018/07/10(火) 00:37:39
>>1128

●民主・道民連合
星野高志  国民民主党 札幌市東区(北海道2区→松木謙公@国民・落選のところ)
三津丈夫  国民民主党 帯広市2014年衆院選落選(北海道11区→石川香織@立憲当選のところ)
藤川雅司  立憲民主党
広田まゆみ 立憲民主党
菅原和忠  立憲民主党
松山丈史  立憲民主党
梶谷大志  立憲民主党
畠山みのり 立憲民主党 
須田靖子  立憲民主党
高橋亨   立憲民主党
平出陽子  立憲民主党
川澄宗之介 立憲民主党
三井あき子 立憲民主党
橋本豊行  立憲民主党
勝部賢志  立憲民主党 2014年衆院選落選→参院選北海道出馬へ
小岩均   立憲民主党
稲村久男  立憲民主党
市橋修治  立憲民主党
笹田浩   立憲民主党
北口雄幸  立憲民主党
佐々木恵美子 立憲民主党
小林郁子  不明
中川浩利  不明
沖田清志  不明
池端英昭  不明

1145 チバQ :2018/07/10(火) 15:07:42
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/207307
元裁判所職員、小樽市長選に出馬意向 来月26日投開票
07/10 05:00
[PR]
 【小樽】小樽市在住の元裁判所事務官鳴海一芳氏(63)が9日、森井秀明小樽市長の辞職に伴う出直し市長選に立候補する意向を固めた。近く記者会見を開き、正式に表明する。

 鳴海氏は6月23日に自身が代表を務める政治団体「明るく元気なみんなの小樽をつくる会」を設立。「森井市長と市議会の対立とは無関係のしがらみのなさを訴えたい」と話している。

 鳴海氏は十勝管内足寄町出身。日大法学部2部在学中に裁判所事務官になり、卒業後に甲府地裁や最高裁に勤務した。2013年に最高裁を退職し、両親の介護のために小樽に移った。小樽では脱原発や護憲の市民活動に参加している。

 市長選には森井氏のほかに元市総務部長の迫(はざま)俊哉氏(59)、前小樽保健所長の秋野恵美子氏(66)が出馬の意向を表明しており、4人以上で選挙戦が行われる見通しだ。

 小樽市選管は9日、市長選の日程を8月19日告示、同26日投開票と決定した。(渡辺佐保子)

1146 チバQ :2018/07/10(火) 22:11:54
https://news.goo.ne.jp/article/mainichi_region/region/mainichi_region-20180710ddlk01010045000c.html
<選挙>知事・参院選 道内与野党、足踏み 高橋氏の動向注視 /北海道
00:00毎日新聞

 来春の知事選と来夏の参院選道選挙区(改選数3)を巡り、道内の与野党が足踏みしている。高橋はるみ知事(64)がいずれかへの挑戦を示唆しつつも「音なしの構え」を続けるためだ。高橋氏はJR北海道の路線見直し問題などへの取り組みを優先する姿勢で、11日に札幌市で開く政治資金パーティーでも態度を明らかにしない見通し。与野党が高橋氏の動きに神経をとがらせる状況が長引きそうだ。

 いずれの選挙も候補を擁立できていない自民党。参院選に意欲を示す伊達忠一参院議長(79)は8日、当初目指していた7月中旬までの態度表明を断念するとした。札幌市のホテルで岸田文雄政調会長の講演に来賓として出席した後、「夏中のできるだけ早期に結論を出したい」と記者団に述べるにとどめた。

 6月中に知事選、参院選の候補擁立を目指すとした吉川貴盛道連会長は6月30日、札幌市の知事公館で高橋氏と会談。高橋氏の意向を探ったが、明確な回答は得られなかったとみられる。

 知事の任期満了は来年4月22日で、すでに1年を大きく割り込む。自民は高橋氏が知事選に出ない場合、新人を擁立する方針だが、状況は不透明だ。参院議員の改選任期(来年7月28日)も1年後に控え、公認申請の動きは進んでいない。

 一方の野党も、知事選は高橋氏の出馬次第で情勢が大きく変わるため、いまだに候補を擁立できていない。参院選では立憲民主党の勝部賢志・道議会副議長(58)が9日、道選挙区への立候補を正式に表明。旧民主系では初めてで、「このまま安倍1強を許すわけにはいかず、北海道から国の政治を変える力になりたい」と記者会見で意欲を語った。共産党は元衆院議員の畠山和也氏(46)の擁立を発表している。【田所柳子、安達恒太郎】

1147  チバQ :2018/07/20(金) 12:58:11
https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/208952?rct=n_localelection
立憲民主と連携不透明 国民民主党道連始動 国会での対立波及も

07/15 05:00

北海道��政治��参院選��地方選

松木謙公代表代行ら新役員を紹介した国民民主党道連の大会セレモニー

 国民民主党道連が14日、設立大会を経て正式にスタートを切った。道連幹部は野党の中心的存在となった立憲民主党道連との連携強化を強調するものの、勢力差は大きく、働き方改革法などを巡る国会での対立が道内に波及する可能性もある。来年の統一地方選や参院選に向け、両党が足並みをそろえられるかどうかは現時点で見通せない。

[PR]

 設立大会では代表代行に希望の党道連前代表の松木謙公前衆院議員、副代表に山岡達丸衆院議員(比例代表道ブロック)とする役員人事を決定。大会セレモニーで徳永エリ代表は「小さな出発だが、立憲民主の仲間と力を合わせ、北海道は一つとの思いで頑張りたい」と立憲民主道連との連携を強調した。

 5月に民進党道連から名称変更した国民民主道連は6月、来年の統一地方選と参院選に向け、連合北海道や立憲民主道連などとの4者協定を既に締結。今後、候補者選考や調整を行うことになっている。

 だが、立憲民主道連との連携は不透明。延長国会での働き方改革関連法を巡り、立憲民主は同法の成立阻止を狙い、共産党などと参院厚生労働委員会で委員長の解任決議案を提出したが、国民民主は共同提出に加わらないなど対応が分かれた。

 両党の対決が深刻化する中、立憲民主道連の佐々木隆博代表は招待されていた大会セレモニーを欠席。関係者は「国会で両党の対立が深まり、党本部の副代表でもある佐々木氏が出席を嫌がったかもしれない」とみる。

 原発政策でも両党の溝は深い。立憲民主が「一日も早い原発ゼロ」を目指すのに対し、国民民主は「2030年代の原発ゼロ」。国民民主関係者は「政策の違いが際立てば連携に影響する」と不安視する。

 国民民主道連は党勢拡大への課題も抱える。14日の設立大会に参加したのは市議ら約30人。非公開にしたのは「小規模なので恥ずかしい」(関係者)との理由からだった。

 国民民主道連によると、道内の所属自治体議員は27人、党員は322人と、いずれも立憲民主道連の2割にとどまる。国会議員も徳永代表と山岡副代表の2人だけで、9人所属の立憲民主側との差は明らかだ。

 大会に出席した国民民主党本部の大塚耕平共同代表も厳しい状況を自覚。「北海道は旧社会党の流れが強い地域。奇策はない」と強調する。(中村征太郎)

1148  チバQ :2018/07/20(金) 12:59:16
https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/208024?rct=n_localelection
根室市長選に石垣副市長擁立へ 経済団体、自民など

07/12 05:00

北海道��政治��地方選

石垣雅敏氏

 【根室】任期満了に伴う根室市長選(9月2日告示、9日投開票)で、市内の主要経済団体と、自民党、公明党、新党大地、国民民主党の各根室支部などは、根室市副市長の石垣雅敏氏(67)を擁立する方針を固めた。来週にも代表者らが石垣氏に出馬を要請する。出馬すれば、引退を表明した長谷川俊輔市長の事実上の後継候補となる。

[PR]

 石垣氏は根室出身、工学院大専修学校卒。1976年に根室市役所に入り、北方領土対策室長、水産経済部長、総務部長、助役などを経て2007年から現職。3期12年の長谷川市政を支えてきた。石垣氏は北海道新聞の取材に「現段階ではコメントできない」と述べた。市長選を巡って市内では、道外の市長経験者の擁立に向けた動きがある。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

クズの本懐(7) (ビッグガンガンコミックス) - 横槍 メンゴ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa