したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

仙台・宮城・陸奥

1 とはずがたり :2008/06/05(木) 12:05:28
地区別スレ,遂に仙台も登場。陸奥とは勿論多賀城を首府とする明治以前の陸奥だ♪
本来はにぬけんが立てるべきだが何時迄俟っても立てやがらないので俺がたつヽ(`Д´)ノ

2847 荷主研究者 :2017/05/21(日) 21:40:54

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170511_13003.html
2017年05月11日木曜日 河北新報
<東北大>学内で留学体験 大型学生寮整備へ

ユニバーシティ・ハウス青葉山の完成イメージ

 東北大が、青葉山キャンパス(仙台市青葉区)に東北最大の学生寮「ユニバーシティ・ハウス青葉山」を建設する。来年10月の使用開始を見込み、日本人と外国人留学生計752人が生活をともにする計画だ。2015年12月の市地下鉄東西線開業による交通アクセス改善を追い風に、国際的な教育環境の整備に力を入れる。

 寮の敷地は農学研究科棟の南側で、東西線青葉山駅から徒歩約5分。04年まで営業したゴルフ場の跡地に当たる。7階建ての寮を6棟建設する計画で、今月29日に着工する。総工費は約112億円。

 個室8室と居間からなるユニットが計94あり、1ユニット当たり日本人学生と留学生が4人ほどずつ住み、「日本人学生にとって、入居しながら留学体験ができる」(担当者)のが売り。上の階に女子、下の階に男子が暮らす。研修室やラウンジ、ミニコンビニを備えた共用施設も建てる。

 青葉山キャンパスは東西線開業で、市街地へのアクセスが格段に向上した。ただ、キャンパス内に寮がなく、研究室に泊まり込む学生もいた。

 東北大はグローバルリーダーの育成が重点戦略の一つで、1944人(16年5月現在)の受け入れ留学生を20年末までに3000人へ増やす目標を掲げる。菅原俊二総長特別補佐は「自然豊かな修学環境や青葉山駅の交通利便性をアピールし、優秀な留学生を獲得したい」と意気込む。

 東北大などによると、東北で現在、最も定員の多い学生寮は同大のユニバーシティ・ハウス三条(青葉区)で416人。全国では、立命館アジア太平洋大(大分県別府市)のAPハウスが1310人で最多とみられる。

2848 荷主研究者 :2017/05/21(日) 21:50:07

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170512_12045.html
2017年05月12日金曜日 河北新報
<仙台オフィスビル空き室>改善8.16%

 オフィスビル仲介の三鬼商事仙台支店がまとめた仙台市内のオフィスビルの4月の平均空き室率は、前月比0.35ポイント低下の8.16%だった。改善は4カ月ぶり。郊外からの移転や館内増床などで大型契約が続き、1998年6月(8.12%)以来の低水準となった。

 調査した5地点のうち4地点が改善、1地点が横ばい。県庁・市役所は0.68ポイント低下の10.11%、仙台駅前は0.59ポイント低下の5.93%、仙台駅東は0.24ポイント低下の11.21%、泉区などの周辺オフィスは0.19ポイント低下の8.70%となった。

 仙台駅前が6%台を下回ったのは1997年12月以来。横ばいの一番町は8.36%だった。

 仙台支店の担当者は「4月にビル1棟が稼働して以降、建築中のビルはない。仙台はIT系を中心に企業の進出が続く見込みで、悪化する傾向はない」と分析した。

 調査対象は延べ床面積990平方メートル以上の351棟。

2849 荷主研究者 :2017/05/21(日) 22:06:06

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB15HAP_V10C17A5L01000/
2017/5/16 7:00 日本経済新聞
東北大の青葉山新キャンパス完成 農学系など産学連携に期待

 東北大学は15日、新たに建設した青葉山新キャンパス(仙台市)の竣工記念式典を開いた。農学系の新しい研究棟を中心に、災害科学国際研究所なども入る。工学部などが入る青葉山エリアへの研究拠点の集積で、異分野の融合や産学連携の加速を目指す。

 里見進学長は同日の式典で「新キャンパスを中心に産学連携機能を一層強化し、東北大発のイノベーションを加速する。学生や教職員、産業界が集い、研究開発を進める一大拠点に成長すると期待している」と述べた。

 新キャンパスは仙台市営地下鉄東西線青葉山駅の近くで、工学部などが入る既存の青葉山キャンパスに隣接する。農学部や農学研究科の移転が今年4月に完了したことを受けて記念式典を開いた。土地の造成は2008年から始め、順次完成した施設からすでに研究・教育活動を始めている。これまでにも環境科学研究科や災害科学国際研究所などを整備した。

 新キャンパスの敷地面積は約81ヘクタール。農学系の研究棟は同市内の雨宮キャンパスから移転した。雨宮キャンパスは老朽化が進んでいたほか、分散していたキャンパスの集積計画に沿って移転を実施。工学系などとの分野をまたぐ研究や産学連携の加速を目指す。

 雨宮キャンパスからの拠点の移転にかかった費用は約300億円。雨宮キャンパスの土地売却益約220億円を含む大学の資金で大部分をまかなった。

 新キャンパスには造成済みの空き地も確保し、将来の開発余地を残した。産学連携の拠点など、今後も新施設の整備を目指している。東北大は産学連携の関連拠点を複数持っているため、こうした機能の集積も検討している。

 新キャンパスでは今後、外国人留学生と日本人学生の交流を促す学生寮や、保育所を含む福利厚生施設の建設が決まっている。また、敷地の一部は東北大や東北経済連合会などが実現を目指す「東北放射光施設」の建設候補地にもなっており、新たな技術開発の拠点として産業界からも期待が高まっている。

2850 とはずがたり :2017/05/24(水) 15:07:53
185 R774 sage 2017/05/23(火) 13:17:53.68 ID:dTKUyDnk
飼料不足が指摘

少し前に秋田の飼料工場を宮城に統合してなきゃ…

石油不足が指摘

秋田と男鹿のエネオス工場が大平洋側に統合してなきゃ…

は言われていた

2851 とはずがたり :2017/05/29(月) 07:30:43
<さくら野仙台破産>解体・再開発 先行き不透明
https://news.goo.ne.jp/article/kahoku/business/kahoku-01_20170527_12005.html
05月27日 10:57河北新報

 さくら野百貨店仙台店(仙台市青葉区)を運営するエマルシェ(同)が自己破産して27日で3カ月となる。全テナントの退去が近く完了し、建物の解体と再開発に向けた地権者協議が本格化する。複雑な権利関係に加え、解体や再開発を巡る地権者間の溝は深く、先行きは依然、不透明だ。
 さくら野仙台店の破綻後、最後まで残っていたテナントのエステサロンは28日、営業を終える。空きビルになる同店は老朽化が進み、仙台市の診断で「震度6強?7程度で倒壊の危険性がある」と判定された。耐震改修して再利用する可能性は小さく、建物は解体される見込みだが、調整は難航が予想される。
 複数の法人、個人が分割所有するさくら野仙台店の土地と建物のうち、8割を占める最大地権者が「さくら野DEPT仙台合同会社」(東京)だ。今年1月には同店が営業中だったにもかかわらず、他の地権者に建物解体の同意を求める調停を申し出た。
 合同会社の実態は出資者が明らかにされない匿名組合のファンドで、建物を解体して土地を売り、投資を回収することが目的とみられる。周辺の再開発を担った東急不動産(東京)が関与していたが、2014年12月に撤退。現在の匿名出資者による運営に切り替わったとされる。
 関係者によると、合同会社以外の地権者はさくら野仙台店の前身の丸光、ビブレ時代からのオーナーで、合同会社が主導する解体に反発する声があるという。調停は継続中で、同意のめどは立っていない。
 早期に解体できず、建物が残った場合、維持費の問題が生じる。1カ月約2000万円に上るとされ、オーナーが所有割合に応じて全額負担するとみられる。
 不動産関係者は「賃料も得られないビルの維持に毎月2000万円払い続けることになる。地権者側にメリットはなく、限界が来るだろう」との見方を示す。
 過去にも再開発が頓挫した経緯がある土地だが、路線価が東北一の超一等地でもあり、「再開発の動きが表面化すれば、ぜひ関わりたい」(大手不動産関係者)との声は少なくない。
 さくら野仙台店は、仙台市が管理するJR仙台駅前のペデストリアンデッキに面し、再開発には市の協力が必要になる。市幹部は「所有者の1人でも反対がある限り、再開発が進むことはない。まだ出番はないだろう」と話す。

2852 荷主研究者 :2017/06/01(木) 00:27:29

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170518_11026.html
2017年05月18日木曜日 河北新報
交通網改善へ協議継続確認 仙台市・富谷市

 仙台、富谷両市の行政課題を検討する「仙台市・富谷市広域行政協議会」の17年度総会が17日、富谷市役所であり、交通アクセス改善へ議論を継続していく事業計画などを承認した。

 協議会会長の奥山恵美子仙台市長、若生裕俊富谷市長ら約40人が出席した。富谷市が昨年10月に市制移行し、2市間での総会開催は今回が初。

 奥山市長は「仙台、富谷両市の間ではヒト・モノの行き来が盛んだ。交通網の充実と強化に向けて関係機関への働き掛けに努めていきたい」とあいさつした。

 事業計画では、仙台北部道路の富谷ジャンクション(JCT)について、フルジャンクション化し、東北自動車道との双方向利用を可能にするよう国などに要望することを確認。また国道4号の渋滞緩和や、富谷市が調査検討を進める新公共交通システムも継続して協議することを決めた。

2853 荷主研究者 :2017/06/01(木) 00:28:17

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170518_12019.html
2017年05月18日木曜日 河北新報
<ピーチ>仙台空港拠点化 台北と札幌線新設

記者会見後、記念撮影する井上CEO(中央)と村井知事(右)ら=17日、宮城県庁

 格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション(大阪)は17日、仙台空港を9月に拠点化し、台北線と札幌線を新設すると発表した。今後、増便や新路線の開設を目指す方針も明らかにした。仙台空港で国内のLCCが国際線を開設するのは初めて。

 台北線は9月25日から月、火、木、土曜日の週4往復運航する。台北の桃園国際空港を午前11時に出発し、午後3時半に仙台着。折り返しは午後4時55分仙台発、午後8時台北着。運賃は片道7580円から。

 札幌線は9月24日に就航。仙台発が午前10時と午後2時45分、札幌発が正午と午後5時の1日2往復。運賃は4290円から。両路線とも180席のエアバスA320を使用する。

 宮城県庁で記者会見した井上慎一最高経営責任者(CEO)は「東北の潜在需要は高い。搭乗率75〜80%が目標。台北線はできるだけ早く、毎日運航を実現したい」と話した。

 仙台-台北線は他社の便と合わせ、毎日運航が再開する。村井嘉浩知事は「インバウンド(訪日外国人旅行者)の誘致に大きな影響をもたらす」と歓迎した。

 仙台空港を運営する仙台国際空港(名取市)の岩井卓也社長は「飛行機を気軽に利用できるようになり、航空需要が拡大するのではないか」と期待した。

 ピーチは2013年4月に仙台-関西空港を就航させ、毎日2往復運航している。仙台空港を今夏、関西、那覇に次ぐ第三の拠点とする方針を示していた。

2854 荷主研究者 :2017/06/01(木) 00:31:55

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170518_12015.html
2017年05月18日木曜日 河北新報
<外国人宿泊>仙台過去最多 個人旅行伸びる

http://tohazugatali.web.fc2.com/MIYAGI/20170518kahoku02.JPG

 2016年の仙台市内の外国人宿泊者数は12万8450人で過去最多となったことが17日、市の調査で分かった。台湾や中国などアジアを中心に個人旅行者が伸びている。

 市によると、過去5年間の外国人宿泊者数の推移はグラフの通り。過去最多だった15年(11万5947人)を10.8%上回った。訪日旅行が東北にも徐々に普及し、12年比で2.2倍増となった。

 国籍別では、台湾がトップで中国が続く。市は仙台-台北間の定期便就航や、有効期間内で何回でも日本に出入国できる「数次ビザ(査証)」などの認知度が高まっていることが背景にあると分析する。

 全体の宿泊者数は553万5804人で、前年より3.8%減。秋保、作並両温泉は例年並みだったが、都市部の宿泊者数が5.0%減ったことが響いた。

 観光客の総数は、最多だった前年を0.7%下回る2214万6806人。開催期間が短かった「SENDAI光のページェント」などの客足減が響いた。

 市によると、東日本大震災によって外国人宿泊者数は全体で落ち込んだが、台湾や中国は既に回復。一方、韓国や香港は東京電力福島第1原発事故の風評被害の影響で、震災前の水準に戻っていない。

2855 荷主研究者 :2017/06/01(木) 00:49:16

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170523_12005.html
2017年05月23日火曜日 河北新報
<さくら野仙台店>H&M24日閉店、長町へ

自己破産を申請したさくら野百貨店仙台店=仙台市青葉区

 さくら野百貨店仙台店(仙台市青葉区)の運営会社エマルシェ(同)が自己破産した問題で、閉店後も建物内で営業を続ける海外アパレル「H&M」は22日、7月上旬に仙台市太白区のザ・モール仙台長町に移転し、営業を始めると発表した。さくら野仙台店での営業は24日に終了する。

 H&Mジャパン(東京)によると、新店舗の名称は「H&Mザ・モール仙台長町店」。従来と同様、衣料品やアクセサリーを扱う。売り場面積は約900平方メートル。さくら野仙台店と比べ規模は半分ほどになり、同社は仙台市内に別の店舗の出店を検討している。

 同社は「仙台は複数の店舗を展開できる都市と考えている」と話した。

 破産後も営業を続けてきたさくら野仙台店のテナントは、6階に入るエステサロンのエルセーヌが28日に営業を終え、全て退去することになる。

2856 荷主研究者 :2017/06/01(木) 00:53:18

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170524_13049.html
2017年05月24日水曜日 河北新報
もうクマらない チョー短距離バスで帰宅安心

http://tohazugatali.web.fc2.com/MIYAGI/20170524kahoku02.JPG

宮教大からの送迎バスを降り、青葉山駅に向かう学生=仙台市青葉区荒巻青葉

 宮城教育大(仙台市青葉区)が、大学正門から市地下鉄東西線青葉山駅に向かう送迎バスを平日夜に走らせている。運行距離は約500メートルと短く、所要時間は1分強。異例の超短距離バスを運行させているのは、青葉山周辺で目撃情報が相次ぐツキノワグマだ。

 送迎バスは大学のマイクロバス(27人乗り)を活用。午後6時10分から10時15分まで、約15分間隔で運行する。昨年10月から5カ月間の試行を経て、本格運行に移行した。無料で利用できる。

 3年酒井千香さん(20)=宮城野区=は「大学から青葉山駅まで歩くと10分近くかかる。街灯が少なく、夜道が暗いのでバスがあって助かる」と話し、学生らの間で好評だ。

 宮教大がある青葉区荒巻青葉では2016年度、ツキノワグマの目撃情報が8件寄せられた。今年4月5日には近くの東北大青葉山キャンパスでも1頭の出没が確認された。

 15年12月までは大学正門から仙台駅行きの路線バスがあったが、東西線開業に伴って廃止され、最寄りの青葉山駅まで山中を歩く必要が生じていた。

 宮教大の斉野貴浩学生課長は「女子学生が多く、被害があってからでは遅い。普通は歩く距離だが、不審者対策も含めて、安全確保を優先した」と説明する。

 大学によると、5カ月間の試行で1日平均約126人が利用した。講義やサークルの終了直後の利用が多かったという。教員採用試験に向け、夜までキャンパスに残る学生の利用も見込んでいる。

 東西線沿線では、東北工大も八木山動物公園駅と同大の八木山、長町両キャンパスを循環する送迎バスを運行している。

2857 荷主研究者 :2017/06/11(日) 12:17:00
>>2736
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170526_13048.html
2017年05月26日金曜日 河北新報
<東北学院大>五橋キャンパス23年度開設

 東北最大の私立大、東北学院大を運営する学校法人東北学院(仙台市青葉区)は25日、仙台市から取得した旧市立病院跡地(若林区)に整備する「五橋キャンパス」の開設時期を2023年度とすることを明らかにした。泉区と多賀城市の既存キャンパスのうち、多賀城は売却も検討する。

 仙台市内で同日あった理事会で新旧4キャンパスの再編スケジュールを了承した。旧市立病院の解体は18年末から始め、五橋キャンパスは20年度に着工、21年度末の完成を目指す。泉、多賀城両キャンパスから1年かけて移転を進め、23年4月に授業を開始する。

 五橋キャンパスにはホール棟、講義棟、高層棟(地上19階)、研究棟、カフェ棟の計5棟を建設する。一部の建物と市地下鉄南北線五橋駅の地下構内を直結する方向で市と調整する。

 愛宕上杉通を挟んだ既存の土樋キャンパス(青葉区)も同駅の地下通路などと結びたい考え。土樋キャンパス側の駅出入り口に隣接する市福祉プラザの敷地内の通行を巡り、市と協議を始めた。

 教養学部などの学生ら約6000人が在籍する泉、工学部の約2200人が在籍する多賀城の両キャンパスの再開発は23年以降に実施。泉は野球場などの運動施設が集まっており、五橋移転後も活用する。多賀城は市中心部に位置する好立地を考慮し、市と調整しながら売却を含め検討する。

 東北学院は16年3月に発表した中長期計画で、「学都仙台」を担う都市型総合大学の実現を目指すキャンパス整備構想を掲げた。

2858 荷主研究者 :2017/06/11(日) 12:28:40

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170529_11052.html
2017年05月22日月曜日 河北新報
<宮城知事選>地方過疎化 支援薄く

http://tohazugatali.web.fc2.com/MIYAGI/20170522kahoku01.JPG
【地図】宮城県内の主な地域の人口推移

 宮城県が二極化の病に直面している。人口集中が加速する仙台圏と、流出に歯止めがかからない周辺部。福祉や医療、教育の格差は拡大する一方だ。地域経済は誘致企業に依存し、地場産業の衰退が進む。東北の中心にありながら、6県をつなぐ存在感は高まらない。村井嘉浩知事の3期目の任期終了まで半年。今秋の知事選を前に、約230万人が暮らす県土の現在地を見つめ直す。(宮城県政取材班)

◎みやぎ考(1)加速する仙台一極集中、偏在する県土

<人口流入進む>
 「県土の均衡ある発展」。県政運営の基軸にあった理念は、風前のともしびになりつつある。

 2016年1月に速報値が公表された東日本大震災後初めての国勢調査は、自治体間の明暗をくっきり映し出した。

 県中央部を横断し、南北から人口流入が加速する仙台市。05年に102万だった人口は108万に膨らんだ。県人口(233万)に占める同市の割合は46.4%。都道府県内の占有率は東京・特別区(68.6%)、京都市(56.5%)に次ぐ全国3位に浮上した。

 人口の急増は土地価格の高騰につながった。住宅需要が一段落して陰りが見える沿岸被災地を尻目に、地下鉄東西線の効果などにより仙台市は依然、全国トップクラスの上昇率が続く。

 「独り勝ち」と言われる活況の裏側で、他地域は深刻な人口減少にあえぐ。広域圏ごとの人口推移はグラフの通り。少子高齢化に加え、仙台圏への人口流出が同時進行する負の連鎖から抜け出せない。

<異質さ際立つ>
 経済力の格差も広がる一方だ。14年度の県内総生産8兆8958億円のうち、仙台市は4兆9168億円。石巻市(5882億円)、大崎市(5247億円)などを大きく引き離す。

 福島、郡山、いわきの3市が1兆円台前半でほぼ並ぶ福島県。山形市のほか、米沢、鶴岡、酒田市に一定の経済圏が分散する山形県などと比べ、宮城の異質さは際立っている。

 東北活性化研究センター(仙台市)の小杉雅之調査研究部長は「地域格差を解消するには、自然や農業など地域資源に光を当て、付加価値のある新産業の創出や企業誘致、公共投資が必要だ」と指摘する。

<「後押し必要」>
 「過度の人口集中は地方消滅を意味する」。15年6月の県議会6月定例会。仙台一極化に危機感を示す与党議員の質問に、村井嘉浩知事は「よろしくないと思う。仙台以外の地域が力を出せるよう県がサポートの努力をする」と強調した。

 答弁とは裏腹に近年、県による事業投資は仙台市に集中する。総額295億円をかけて県が整備する広域防災拠点。県議会で仙台以外への整備提案があったが、同市宮城野区のJR仙台貨物ターミナル駅への整備に踏み切った。

 県が構想し、仙台東部道路と市中心部を結ぶ自動車専用道路「仙台東道路」も本年度、国が調査に乗り出す。東北の次世代型放射光施設建設地は、県の後押しで丸森、松島、大郷3町が名乗りを上げたが、青葉区の東北大青葉山新キャンパスが選ばれた。

 ある県幹部は「効果が出やすい仙台圏への政策に傾斜し、地味な過疎対策への手当てが薄くなっている」と自戒を込めて明かす。

 05年に10町村が合併した栗原市の初代市長で、4月まで3期12年務めた佐藤勇前市長は「ヒト・モノ・ハコが仙台にばかり集中し、地域が衰退する宮城の現実に違和感を覚える。課題解決を図るには、県政の後押しが必要だ」と訴える。

<宮城県の将来人口推計>国立社会保障・人口問題研究所によると、現在233万の県人口は2040年に200万を割り、197万に落ち込む。108万の仙台市人口は98万と推計。県内で15年より増加が見込まれるのは富谷、名取、利府の3市町のみ。

2859 荷主研究者 :2017/06/11(日) 12:29:56

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170529_11054.html
2017年05月24日水曜日 河北新報
<宮城知事選>参入と転換に高い壁

(左上から時計回りに)17年産米の田植え、中小企業の商談会、キャリアカーに積まれる新車のコラージュ

 宮城県が二極化の病に直面している。人口集中が加速する仙台圏と、流出に歯止めがかからない周辺部。福祉や医療、教育の格差は拡大する一方だ。地域経済は誘致企業に依存し、地場産業の衰退が進む。東北の中心にありながら、6県をつなぐ存在感は高まらない。村井嘉浩知事の3期目の任期終了まで半年。今秋の知事選を前に、約230万人が暮らす県土の現在地を見つめ直す。(宮城県政取材班)

◎みやぎ考(3)産業覆う依存の構図、体質改善進まず

<拠点化は加速>
 1600人の従業員が世界戦略を末端で支える。宮城県大衡村の仙台北部中核工業団地にあるトヨタ自動車東日本の巨大工場棟。2016年度の生産台数は約16万台に達した。

 東日本大震災を経て、トヨタ関連の3社は2012年に合併し、体制を強化した。同社総務部は「生産はほぼ当初の見込み通りに進んでいる」と堅調な推移を説明する。

 裾野が広い産業を呼び込み、3次産業に偏る地域の経済構造を変える-。県は自動車産業の誘致と集積に大きな期待を寄せた。操業開始から6年。トヨタの拠点化は加速しているが、県が描いたシナリオは思うように進んでいない。

 15年度の県内総生産は9兆5150億円(実質)。11年度比で1兆4640億円増えた。ものづくりの2次産業は2兆7570億円。11年度比で1兆220億円増となったが、数字を押し上げたのは復興需要に支えられた建設業だった。

 県によると、地元企業が自動車関連企業から得た新規受注件数は11年度からの累積で273件(部品の試作依頼や設備関係を含む。3月末現在)。本格的な参入や取引拡大を果たした企業は一部に限られる。

 産業支援組織の関係者は参入の難しさを指摘した上で、「今までの待ちの姿勢では、中小企業は浮上のきっかけすらつかめない」と歯がゆさを隠さない。

<「脱コメ」鈍く>
 従来の産業構造から抜け出せないのは衰退が続く1次産業も同様だ。仙台市内のホテルで4月中旬にあった県園芸振興大会。県が目標に掲げた20年の園芸産出額422億円に、約300人の出席者からは「かなりハードルが高い」との声が漏れた。

 15年の県農業産出額は1741億円で、東北では5位にとどまる。コメが635億円を占めるのに対し園芸は約半分の329億円。米価の動向に産出額が左右される「コメ依存」が長らく続いてきた。

 野菜や果実、花など園芸作物を広げ安定した農業経営を促すのが県などのもくろみだが、農業従事者の高齢化や初期投資への負担感などが壁となり転換への動きは鈍いままだ。

 「他県と比べコメ以外の作物への対応が遅れた感は否めない」。農林中央金庫仙台支店の榎本浩巳支店長はこう指摘し、「コメへの依存体質を変え、経営という発想を生産現場に広げることが重要。伸びしろはあるのだが」と話す。

<復興需要が減>
 日本政策投資銀行東北支店によると、1995年に阪神大震災に遭った兵庫県の経済規模は震災後の1〜4年間は復興需要で震災前を上回った。5年目に震災前の水準を割り込み、回復までに5年を要した。

 復興需要の落ち込みに加え生産人口の減少が続けば、経済停滞のリスクはさらに大きくなる。同支店の柏原滋次長は「危機感を共有し、足元の成長を支える産業を創り出す必要がある」と警鐘を鳴らす。

<宮城県の震災対応予算額>震災発生後、初の当初予算編成となった12年度は9048億円に達した。16年度は5000億円を割り込み4833億円。17年度は3814億円で前年度比の減少率が初めて20%を超え、ピーク時に比べ約4割の規模となった。

2860 荷主研究者 :2017/06/11(日) 12:31:01

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170529_11056.html
2017年05月26日金曜日 河北新報
<宮城知事選>「オール東北」険しく

観光分野の連携が進む東北。宮城は新たな地方自治の在り方を示せるだろうか=仙台空港

 宮城県が二極化の病に直面している。人口集中が加速する仙台圏と、流出に歯止めがかからない周辺部。福祉や医療、教育の格差は拡大する一方だ。地域経済は誘致企業に依存し、地場産業の衰退が進む。東北の中心にありながら、6県をつなぐ存在感は高まらない。村井嘉浩知事の3期目の任期終了まで半年。今秋の知事選を前に、約230万人が暮らす県土の現在地を見つめ直す。(宮城県政取材班)

◎みやぎ考(5)機運乏しい広域連携、高まらぬ存在感

<誘客巻き返し>
 インバウンド(訪日外国人旅行者)の誘致で活況を呈する首都圏や西日本に比べ、出遅れが著しい東北。巻き返しへの危機感が、ようやく6県を動かした。

 2016年8月、6県の知事と副知事が台湾・台北市を訪問した。6県トップが海外で東北観光を合同PRしたのは初めて。今年も7月、各知事が香港でプロモーションを展開する。

 外国人の宿泊者数(16年)は全国7088万人に対し、東北は1%の71万人にとどまる。誘客はオール東北の努力が不可欠だ。

 経済界からは16年7月に完全民営化した仙台空港を拠点に、東北各地に向かう観光ルートの強化が望まれている。「宮城県が上手にかじ取りを果たし、将来への連携を図ってほしい」。東北観光推進機構の紺野純一専務理事は期待を込める。

<協力は個別的>
 東北各県は観光振興のほか災害支援、ドクターヘリ運航、自動車産業の集積など個別課題ごとの協力は進めている。一方で、本格的な広域連携に踏み出す動きは停滞したままだ。

 県組織単位での救援、復旧復興策の限界を露呈した東日本大震災。東北6県と北海道、新潟県は12年2月、広域連携を探る検討会議を設け、一時的に機運は盛り上がった。

 防災分野など8道県の事務の一部を担い、国出先機関の移管先となる「広域連合」を視野に入れたが意見集約できず、同年度内に終了した。広域連合の先に持論の道州制を見据えた村井嘉浩宮城県知事も震災対応に忙殺され、リーダーシップを発揮できなかった。

 道州制へのアレルギーは5県にくすぶる(表)。「住民自治の観点から課題はある。善しあしを言える段階ではない」(岩手県)、「国の統治機構の根幹に関わる。広範な国民的議論が必要」(秋田県)と慎重論が幅を利かす。

<ダム論に距離>
 地理的、経済的な中心にある宮城県が突出しかねない施策への警戒感は、なおさら根強い。

 「東北全体が衰退してしまう。雇用を求めて関東に出る部分に対し、ダムの役割を果たして流出を防ぐ。そういう宮城県にする」

 東北の人口が900万人を割った15年国勢調査の速報値を踏まえ、村井知事は16年1月中旬の定例記者会見で力強く語った。

 「ダム論」は、地方の拠点都市に資源を集中投資して魅力や経済力を高め、東京圏への一極集中を防ぐ考え方。14年5月に有識者らによる日本創生会議が提唱して注目を集めたが、各県の受け止めは冷ややかだ。

 「社会減と自然減の両面で問題の克服に取り組んでいる。各県で施策を着実に実行することが重要」(青森県)「新たな一極集中になりかねない。今は宮城にダム機能を求めない」(福島県)と距離を置く。

 東大先端科学技術研究センターの牧原出教授(政治学)は「人口減が加速する東北は県境を越えた政策連携は欠かせない。宮城県は、復興後を見据えた新たな地方自治の在り方を発信してほしい」と指摘する。

2861 荷主研究者 :2017/06/11(日) 12:57:14

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170527_12028.html
2017年05月27日土曜日 河北新報
「この世界の片隅に」制作のマッパが仙台に拠点

 アニメーション制作企画のMAPPA(マッパ、東京)が来年4月、仙台市内にアニメ制作のスタジオを開設することが26日、分かった。同社が東京以外にスタジオを設けるのは初めて。

 初年度は作画担当のアニメーターを中心に正社員15人を雇用する計画。5年後は40人体制を見込む。開設に当たり、市の企業立地促進助成金を活用する。

 同社は第40回日本アカデミー賞の最優秀アニメ作品賞を受賞した映画「この世界の片隅に」をはじめ、アニメや映画を数多く手掛けている。6月2日に市役所で立地表明式がある。

2862 荷主研究者 :2017/06/11(日) 14:21:42

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17133640R30C17A5L01000/
2017/6/1 7:00 日本経済新聞 電子版
仙台に物流倉庫が続々 市が沿岸部で誘致

 仙台市周辺で物流倉庫の新設が相次いでいる。今春、大和ハウス工業が市内で複数の大型倉庫を稼働・着工したほか、地元の運輸会社の新設計画も進む。インターネット通販の普及による需要拡大に加え、東日本大震災で津波被害を受けた沿岸部の市有地活用策として、市が倉庫などの誘致を積極的に進めていることも背景にある。

 大和ハウス工業は3月、仙台港近くに敷地面積約5万9千平方メートルの大型物流倉庫を完成させた。1万5千平方メートル前後の区画が4つあり、テナントの利用が始まっている。同社は5月に長町インターチェンジ付近に敷地面積約2万4千平方メートルの大型倉庫の建設を始めたほか、仙台空港近くにも倉庫建設を計画している。

 仙台港近辺は津波被災地で、防災集団移転跡地の市有地も多い。仙台市は移転跡地を活用するため、港に近い蒲生北部地区の一部について、譲渡・貸付先となる企業を募集。第1回募集は約1万〜9万5千平方メートルと比較的大きな区画で募集したが、5区画のうち3区画に倉庫用地として応募した運送事業者が事業候補者に選ばれた。今後契約に向けた協議を進める。

 このうち富田運輸(宮城県大和町)と丸山運送(仙台市)は、他の場所に倉庫を持っているが、貨物量の増加を見込み、この地区での増設を計画。富田運輸は「既存の倉庫は手狭になった。ドライバー不足などを背景に、陸路から船便へのシフトも進んでいる」と仙台港エリアへの進出を決めた。輸出入貨物の増加もにらむ。

 運送業などを展開する協同組合GREEN(札幌市)は仙台港近くで6月から冷蔵倉庫を稼働する。担当者は「長時間労働になりがちだったドライバーの負担軽減のため、中継拠点として利用する」と話す。

 東北運輸局によると、東北6県の倉庫面積は増加の傾向にあり、16年度末時点では287万9千平方メートルと、記録が残っている79年以降で最大になった。東北の貨物出荷量は東日本大震災後に急減したが、ネット通販市場の拡大などにともなって急回復し、現在は震災前の水準に戻っている。

 不動産サービス大手、CBRE仙台支店の稲毛敦士支店長は「東北は他の地域と比べて高機能の物流拠点が少なかった。ネット通販が定着し個人の荷物も増える中、需要がさらに高まっているのではないか」と話している。

2863 荷主研究者 :2017/06/11(日) 14:30:37

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170602_12004.html
2017年06月02日金曜日 河北新報
<エスパル>成城石井など17店オープン

総菜店などが並び、多くの買い物客でにぎわうエスパル仙台東館

入店を待つ長い行列ができた東北初出店の「成城石井」

記念のセレモニーでテープカットをする関係者=1日午前11時55分ごろ、JR仙台駅

 JR仙台駅の駅ビル「エスパル仙台東館」の増床部分が1日、オープンした。駅東口と東西自由通路に面したエリアで、東北初出店の高級スーパー「成城石井」など17店が入り、駅利用者の利便性を高めた。開店時には約300人が列をつくった。

 増床部分は19日に開業するホテルメトロポリタン仙台イーストの1、2階部分で、店舗は韓国総菜「カンナムキンパ」やドラッグストアなど日常使いが中心。

 成城石井は本格的な総菜や厳選した世界の食材をそろえる。開店と同時に買い物客が押し寄せ、入店を規制する盛況ぶりだった。同社の前川康子広報課長は「出店を待ち望んでくれていたと実感した」と話した。

 仙台市宮城野区の広田由美子さん(60)は「東京にいた時は調味料をよく買っていた。仙台に店ができて便利になる」と喜んだ。

 駅東口に面した1階部分にはスポーツバー「ダンボ ピザ ファクトリー」や、宮城野区岩切の人気ラーメン店「本竈(ほんかまど)」などの飲食店が入る。同店を利用した泉区の会社員佐久間信行さん(34)は「東口も東北の玄関口らしい姿になった。駅に来る機会がますます増えそう」と話した。

 記念のセレモニーが2階入り口であり、エスパルを運営する仙台ターミナルビル(仙台市)の新妻博敏社長は「東口の顔になるショッピングセンターにしたい」と語った。

2864 荷主研究者 :2017/06/25(日) 10:43:20

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170606_22025.html
2017年06月06日火曜日 河北新報
<青森銀>青葉通沿いに仙台支店移転

 青森銀行は、仙台支店を仙台市青葉区中央4丁目から同区中央3丁目の野村不動産仙台青葉通ビルに移転し、5日に営業を始めた。

 新支店はビル1階にあり、青葉通南側に面している。延べ床面積は約440平方メートルで、相談スペースを広げた。現金自動預払機(ATM)の営業時間を拡大し、平日、土日祝日とも午前7時〜午後9時とした。

 成田晋頭取は「青葉通沿いに移転することで青森銀行の認知度が上がる。取引する事業者の幅を広げ、個人ローンにも力を入れたい」と述べた。

 青葉通には七十七銀行と仙台銀行の本店のほか、岩手銀行仙台営業部、秋田銀や山形銀、大手行の仙台支店がある。

新仙台支店の前でテープカットする青森銀行の関係者

2865 荷主研究者 :2017/06/25(日) 10:45:54
>>1936
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170606_13031.html
2017年06月06日火曜日 河北新報
<NHK>仙台局新会館が完成 現地で式典

錦町公園の隣接地に完成したNHK新仙台放送会館

 NHKが仙台市青葉区本町2丁目で建設していた新仙台放送会館が完成し、5日、現地で竣工(しゅんこう)式があった。同区錦町の現放送会館から設備を順次移転し、運用訓練の後、2018年2月に開館する。

 竣工式で西村睦生仙台放送局長は「東日本大震災クラスの揺れにも耐え、ライフラインが途絶えても放送事業を持続できる施設となった。地域や市民に親しまれる会館を目指す」とあいさつした。

 新会館の総工費は約117億円。地上7階、地下1階。延べ床面積は約2万3620平方メートルで現会館のほぼ2倍。ガラス張りの1、2階は市民が自由に入館できる「定禅寺メディアステーション」とし、公開番組用の「杜のスタジオ」や震災を映像で学べるスペースなどを設ける。

 NHKは、営業終了したホテル仙台プラザと斎藤報恩会自然史博物館の跡地、隣接する市有地を取得し、移転新築を進めていた。現在の会館の跡地は売却の方向で検討している。

2866 荷主研究者 :2017/06/25(日) 10:49:36

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170607_12003.html
2017年06月07日水曜日 河北新報
<アロリカ>国内初の事業所 仙台進出

 コールセンター業務などを担うBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスの世界大手、米アロリカ社が12月、仙台市内に国内初の事業所「仙台サイト」を開設する。地元を中心に雇用し、3年以内に300人体制に拡大する。

 アロリカ社は米カリフォルニア州に本社があり、世界16カ国で事業を展開。従来のコールセンター業務に加え、同業務で得られた商品やサービスに関する情報を集約して分析。顧客に還元し、マーケティング戦略も支援することが特長だ。自動車、IT、金融などの世界企業を顧客に持つ。

 仙台サイトは、仙台市青葉区上杉1丁目のビルに置く。今年8月ごろから採用活動を本格化し、初年度は正社員を中心に50人ほどでスタート。2年後には250人体制にする予定。

 同社によると、東京からのアクセスや仙台空港などの交通利便性の高さと、人口が多く優秀な学生を確保しやすい環境が仙台進出の決め手になった。

 同社は今年1月、既に日本法人本社を市内に開設している。担当者は「日本のBPO産業は海外に比べ少し遅れている。仙台を拠点に国内の市場を開拓していきたい」と話した。

 同社アジア地区社長のボン・ボルハ氏らが12日、仙台市役所を訪れ立地表明書を提出する。

2867 荷主研究者 :2017/06/25(日) 10:52:20

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170608_13045.html
2017年06月08日木曜日 河北新報
<学都仙台パス>学生さんの足 サポート好調

東北大や宮城教育大に近く、フリーパスの利用者らが乗り降りする仙台市地下鉄東西線の青葉山駅

 仙台市地下鉄東西線の開業に合わせて対象路線を拡充した学生向けサービス「学都仙台 市バス・地下鉄フリーパス」の販売が堅調だ。4月の販売枚数は昨年同月に比べて14%の増加。発行元の市交通局は安定した収入源と重視し、さらなる浸透を狙う。

 フリーパスは2010年4月、主に市バスで一定区間を通学する小中高生や大学生が、通常の定期券より安価に購入できる仕組みとして導入された。

 15年12月の東西線開業時に路線を拡充。ICカード乗車券「イクスカ」で発行され、市バス、東西線、南北線の各路線の単独でも、自由に組み合わせてでも購入できるようにした。

 市バス、東西線、南北線の全区間が使えるフリーパスの場合、1カ月運賃は1万1460円。おおむね地下鉄なら3区(運賃300円区間)以上、市バスなら100円区間以外を利用する人は「定期券よりもお得」(市交通局)という。

 市交通局によると、対象拡充後初めての新学期となった16年4月の販売枚数が3万8259枚だったのに対し、今年4月には4万3606枚にまで増えた。15年4月は2万6310枚にとどまっており、対象拡充が販売増の転機となった。

 市交通局は市内の大学のオープンキャンパスなどでフリーパスの活用をPRする。担当者は「通学や通勤の定期利用が収入の根幹。学生の住まいは東西線沿線に集まってきており、ニーズを掘り起こしたい」と話す。

2868 荷主研究者 :2017/06/25(日) 10:58:05

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170609_12059.html
2017年06月09日金曜日 河北新報
<TKP>新ホテル「仙台駅北」着工

 TKP(東京)が仙台市宮城野区名掛丁に建設する「アパホテルTKP仙台駅北」の起工式が8日、現地であった。開業予定は2018年10月。同社のホテル建設は東北で初めて。ホテル隣に会議室棟を整備し、ビジネス需要を中心に集客拡大を目指す。

 ホテルはアパグループ(東京)のフランチャイズでTKPが運営する。鉄骨13階で延べ床面積約7150平方メートル。客室305室、300人収容の宴会場を設ける。会議室棟は6階で、2〜6階に100人収容の会議室を1室ずつ備える。

 場所はJR仙台駅東口の北側の線路沿い。駅から徒歩5分の位置にある。

2869 荷主研究者 :2017/06/25(日) 10:58:32

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170609_11046.html
2017年06月09日金曜日 河北新報
<松島海岸駅>バリアフリー化へ連携協定

協定を締結した(左から)松木支社長、村井知事、桜井町長

 宮城県と松島町、JR東日本仙台支社は8日、日本三景・松島への観光客増加を目指す包括連携協定を締結した。玄関口となるJR仙石線松島海岸駅の改修と周辺整備を軸に、バリアフリー化やイメージ向上を図る。

 松島海岸駅は1927年建造の木造駅舎。傾斜地に立地するがエレベーターやエスカレーターはなく、高齢者らにとって不便な構造が課題とされてきた。

 協定を踏まえ、JR東は駅の老朽化対策とバリアフリー化を進め、県有地の駅前ロータリーを3者で再整備する。新駅舎の完成時期は未定。東京五輪・パラリンピック効果による訪日客増加を見据え、JR東は「2020年がポイントになる」と説明する。

 JR東が観光に特化した連携協定を自治体と結ぶのは初めて。締結式で松木茂支社長は「地域活性化に結び付けたい」と述べた。

 桜井公一町長は旧松島水族館の跡地利用を引き合いに「駅周辺の整備は重要」と話し、村井嘉浩知事は「官民一体で観光拠点を整備したい」と強調した。

2870 荷主研究者 :2017/07/02(日) 11:09:16

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170610_12007.html
2017年06月10日土曜日 河北新報
<ロレック ス>東北初の正規店10日オープン

10日オープンする「ロレック ス ブティック 仙台藤崎」

 スイスの高級時計ブランド「ロレック ス」の正規取扱店「ロレック ス ブティック 仙台藤崎」が10日、仙台市青葉区一番町3丁目の商業ビル「クラックス」1階にオープンする。

 国内のロレック ス正規取扱店は6店舗目、東北では初めて。店舗面積は約235平方メートルで約600種類を取り扱う。価格帯は税込み49万6000円〜1274万4000円。

2871 荷主研究者 :2017/07/02(日) 11:09:51

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170610_13047.html
2017年06月10日土曜日 河北新報
芭蕉の辻一帯再整備を 商店主らフォーラム企画

平賀さんが構想する整備後のイメージ

現在の芭蕉の辻周辺の大町通

 藩制時代に城下町仙台の中心地だった大町通と国分町通の交差点「芭蕉の辻」(仙台市青葉区)周辺ににぎわいを取り戻そうと、地元商店主らが大町通の一部区間を再整備する構想を打ち出している。16日に青葉区の仙台国際センターで関連のフォーラムを開く。市民に向けて趣旨を説明し、実現へ機運を盛り上げる。

 構想の対象は、大町通の藤崎一番町館前からアークホテル仙台青葉通り前までの約500メートル区間。

 電柱を地下に埋設して路面をウッドチップで舗装。イベントを行いやすいよう日中の一定時間を歩行者専用とする。通り沿いのビルは1階外壁に地元産木材を多用し、城下町らしい統一感ある街並みにする。

 発案者は、仙台商工会議所女性会名誉会長で青葉区で化粧品店を営む平賀ノブさん(79)。昨年末ごろから大町通を管理する市当局や沿道のビル所有者の元に出向いて構想を説き、実現の可能性を探っている。

 芭蕉の辻周辺の商店主らから「大型商業施設開業で活気づくJR仙台駅周辺に対抗するチャンス」などと多くの賛同が寄せられた。こうした声を受けて5月に「城下町仙台まちづくり市民会議」を結成し、発足記念フォーラムを企画した。

 フォーラムは16日午後6時半から。構想の概要を説明するほか、電柱埋設が市街地発展に及ぼす効果について東北地方整備局長の川滝弘之氏が講演する。来場者が整備局や市の幹部と自由に討論する時間もある。

 定員は先着100人程度で参加無料。平賀さんは「東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年をめどに実現させたい。行政を動かすためには、多くの市民の賛同が欠かせない」と来場を呼び掛けている。連絡先は「ひらが」022(222)0158。

2872 荷主研究者 :2017/07/02(日) 11:13:25

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170611_13014.html
2017年06月11日日曜日 河北新報
日本家屋の美惜しむ 道路整備で取り壊しへ

取り壊しを決めた主屋を眺める門間さん

 国登録有形文化財の門間箪笥(たんす)店(仙台市若林区南鍛冶町)の旧主屋や工房が、市の都市計画道路整備工事に伴い取り壊されることになった。近代歴史資産の愛好家からは惜しむ声が上がっている。

 取り壊されるのは、主屋、板倉、指し物工房、塗り工房の計4棟で、1928(昭和3)〜35(同10)年にかけての建築。特に主屋は寄せ木造りの複雑な構造の屋根が特長。内部も吟味された部材と木工技術を駆使した建具、繊細な欄間などが日本家屋の美を体現している。

 2002年3月に国登録有形文化財となり、11年3月の東日本大震災では大規模半壊の認定を受けた。現在も骨組みにゆがみが残る。

 同社専務の門間一泰(かずひろ)さんは、計画が本格化した約10年前から保存の方策を模索してきた。現在地内での曳家(ひきや)は敷地上の制約から断念。他への移築も土地の購入や維持費など費用面から無理と判断した。

 門間さんら家族は現在、市内のマンションなどで生活している。解体終了後、計画から除外された残りの敷地に店舗と工房を新築する計画だ。

 建物の取り壊しは、13日に始まる予定。門間さんは「3代目の曽祖父が事業成功の証しとして建てた家。残す手だてを考えたが難しかった」と説明する。登録文化財のうち稲荷社は残し、一部建具、梁(はり)は新店舗に再利用する方針だ。

 市民対象の街歩きを開催する近代仙台研究会の斎藤広通事務局長は「地域のシンボル的な建物で風情ある姿が魅力的だった。なくなるのは寂しい」と話す。斎藤さんらは、12日午後1時から現地視察会を開催する。連絡先は090(4633)9570。

[国登録有形文化財]おおむね近代以降に制作された建築・美術工芸で、特に保存が必要と認められ、文化財登録原簿に登録された文化財建造物などを指す。登録制度は所有者からの届け出を基に、行政機関が指導・助言などを行うことで緩やかに保護措置を講じる仕組みで、1996年に誕生した。従来の指定制度を補完する。

2873 荷主研究者 :2017/07/02(日) 11:16:13

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170611_13009.html
2017年06月11日日曜日 河北新報
<宮城知事選>人口戻らぬ沿岸 予測と乖離

http://tohazugatali.web.fc2.com/MIYAGI/20170611kahoku02.JPG

 東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県沿岸部の自治体で、国勢調査に基づく2015年の将来人口推計に対し、実際の数値が大きく下回っていることが10日、仙台市内であった日本人口学会のシンポジウムで報告された。復興事業の遅れが乖離(かいり)を招いた主な要因で、流出した住民が想定ほど戻っていない実態が浮き彫りになった。

 シンポは青葉区の東北大青葉山北キャンパスを会場に、人口問題の専門家らが震災後の人口推移や、過去の災害後の人口などをテーマに議論。国立社会保障・人口問題研究所(東京)人口構造研究部の小池司朗第二室長は、13年3月に公表した10年調査に基づく15年の推計値と、15年調査の結果について説明した。

 岩手、宮城、福島3県と主な市町の15年推計と人口は=表=の通り。南三陸(19.86%)、女川(15.20%)、山元(5.30%)の3町で下落幅の乖離が際立って大きかった。

 小池氏は「町外に流出した住民が想定ほど戻っていない」と社会減が進んだ状況を説明。仙台市の人口は推計値以上に増えており、予測を超えた一極集中を示す結果となっている。

 一方、岩手は宮古、陸前高田、釜石各市など、推計値より人口減少が緩やかな市町が多かった。小池氏は「復興策が功を奏しているのではないか。(建設作業員ら)一時的な人口流入もある」との見方を示した。

 各専門家は「他地域からの移住を促進するだけでは短期的な効果しか生まない」「地域の実情に応じた少子化対策が重要」などと指摘。人口減を緩和するため、子育て環境の整備を進めて出生数を回復する必要性について意見が出た。

2874 荷主研究者 :2017/07/02(日) 11:24:27

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170615_12004.html
2017年06月15日木曜日 河北新報
<三井不動産>仙台・泉に複合スポーツ拠点

FUN-TE!の完成イメージ図(三井不動産提供)

 三井不動産は14日、仙台市泉区高玉の仙台泉ショッピングセンター(SC)のスポーツ棟を大規模改装して複合スポーツ拠点とし、2018年春までにアイスリンク仙台、サッカーと音楽の融合施設、アウトドア型飲食施設を順次開業すると発表した。

 拠点の名称は「SPORTS LINK CITY FUN-TE!(ファンテ)」。冬季五輪フィギュアスケート金メダリストの羽生結弦選手や荒川静香さんが練習したアイスリンク仙台(延べ床面積5628平方メートル)は、内外装を一新。ラウンジや展示スペースを新設する。

 サッカーと音楽の融合施設は、歌手の桜井和寿さんらの音楽ユニット「ウカスカジー」が所属するMIFAが「MIFA Football Park仙台」(仮称)を展開。クラブハウス(250平方メートル)を新設する。

 アウトドア型飲食施設には飲食棟(277平方メートル)を設ける。人工の砂浜でバーベキューやキャンピングが楽しめる「WILD BEACH」が東北初出店する。

 アイスリンクの改装は11月までに完了。他の2施設は18年春の開業を目指す。三井不動産広報部担当者は「スポーツを核として地域や人とつながる施設にしていきたい」と話した。

 仙台泉SCは核店舗だった西友仙台泉店が昨年9月に閉店、解体工事が進む。

2875 荷主研究者 :2017/07/02(日) 11:24:46

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170615_13018.html
2017年06月15日木曜日 河北新報
<仙台南北線>開業30年、トイレ初の全面改修へ

今夏にも改修を始める勾当台公園駅トイレのサイン

 仙台市交通局は本年度、市地下鉄南北線の全17駅のトイレ改修に着手する。2020年度までに便器計223台を取り換え、80台ある和式便器は全て洋式化する。バリアフリー対応で入り口の階段も解消する。7月に開業30年を迎える南北線でトイレの全面改修は初めて。

 計画では、トイレ床面の高さを下げて段差をなくし、便器や手洗い場を再配置する。温水洗浄便座を導入し、簡易型の多機能トイレを一部に設置するほか、大型の「ひろびろトイレ」も更新する。工事中は仮設トイレを置く。

 改修する駅は、本年度が北仙台、勾当台公園、仙台(北側)で夏にも着工する。18年度は泉中央、北四番丁、広瀬通、仙台(南側)、長町南。19年度は黒松、台原、五橋、河原町、長町で、20年度は八乙女、旭ケ丘、愛宕橋、長町一丁目、富沢を予定する。総事業費は計約9億4000万円。

 市交通局によると、15年12月に開業した東西線の設備の新しさと対照的に、南北線のトイレの劣化が目立ち、「南北線のトイレは臭い」などと苦情も寄せられているという。

 千葉秀之建築設備課長は「東西線以上の設備を目指す。サービスの質を上げ、気持ち良く使ってもらえるようにしたい」と話す。

2876 荷主研究者 :2017/07/02(日) 11:27:42

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170616_12041.html
2017年06月16日金曜日 河北新報
<阿武隈急行>車両更新前倒し 18年度に

乗客減が続く阿武隈急行。新たな需要の取り込みが課題だ=角田駅

 宮城、福島両県を結ぶ第三セクター鉄道の阿武隈急行(伊達市)は、2022年度から実施を計画していた車両更新を、18年度に前倒しする検討に入った。国に車両整備事業の国庫補助を打診しており、今後協議を進める方針。両県と沿線5市町は、早ければ18年度当初予算に負担額の費用を計上するとみられる。

 車両更新は18年度に2両(1編成)を想定し、4億数千万円が見込まれる。国庫補助は3分の1の見通しで、申請が認められれば残る3分の2を会社と関係自治体が負担する。

 現在の稼働車両は18両。1988年の全線開業から約30年間、修理で対応してきた。車両更新は22年度から順次、進める予定だったが、老朽化が著しいため、「喫緊の課題」(千葉宇京社長)として着手の時期を早める。

 これまでレールや枕木、橋などの補修は国庫補助のほか、会社が5分の1を負担。残りを両県と、沿線市町が利用者割合などを勘案して支出してきた。同社は累積赤字が10億3207万円に上り、車両更新費の捻出は厳しい状況にある。

 今後、両県と沿線5市町を交え、更新費用の負担割合や更新台数、19年度以降のスケジュールなどの協議を加速させる方針。

2877 荷主研究者 :2017/07/02(日) 11:28:12

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170616_12040.html
2017年06月16日金曜日 河北新報
<阿武隈急行>補助金頼み改善せず

 第三セクター阿武隈急行の車両更新費を巡り、宮城、福島の両県と沿線5市町が支援の検討を急いでいる。補助金頼みの赤字体質は厳しさを増し、人口減が進む地域の足を税金で支える構造は深刻だ。存続に向け、新たな需要を取り込む知恵が求められている。

 阿武急の1日当たりの輸送人員は約6900人(2016年度)。朝夕は通勤通学客で混み合うが、日中はまばらだ。累積赤字は10億円を超え、経営は県や沿線市町の補助金(表)なしに立ちゆかない。

 千葉宇京社長は14日、株主総会後の就任記者会見で「施設設備が老朽化し、経営環境は大変厳しい」と説明。「車両更新は安全運行に欠かせない。関係自治体と早急に協議を詰めたい」と理解を求めた。

 沿線は少子化による人口減が進み、乗客は減少傾向が続く。全国の地域公共交通が抱える共通の課題で、国土交通省は公共交通機関の利用者が減る地域に「地域公共交通網形成計画」の策定を勧める。

 自治体、交通機関の運営会社、住民、有識者らが協議会を構成し、計画にはまちづくりや観光振興と組み合わせた望ましい交通サービスの構想を盛り込む。全国で291件(5月末現在)策定され、ローカル鉄道の活用促進やバス路線の再編に生かされている。

 東北では36件の実績があり、東北運輸局は「計画作りは地域で交通機関の使い方を真剣に考え、実践する契機になる」と奨励する。計画に基づいて交通機関を再編する場合、国の財政支援が受けられる。

 宮城県の担当者は「まだ計画作りの機運に達していない」と消極的だが、阿武急の利用者増に向けて地域の協力、バスとの乗り継ぎ改善、観光への活用などの改革は避けられない。

 福島大人文社会学群の吉田樹(いつき)准教授(交通計画)は「阿武急の路線は福島市を起点とし、仙台市に近い。全国の他のローカル鉄道よりも条件は良いのに、人を呼び込む策を誰も能動的に考えてこなかったのではないか」と指摘する。

 沿線住民を巻き込んだ活性化への議論は不可欠とし、「鉄道を維持するリスクとメリットを明らかにし、必死に利活用を考えなければ衰退するだけだ。地域が主体性を発揮しなければならない」と強調する。

(角田支局・会田正宣、報道部・片桐大介)

2878 荷主研究者 :2017/07/02(日) 11:30:23
>>2761 >>2852
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170616_11037.html
2017年06月16日金曜日 河北新報
<富谷市>新交通「地下鉄・ミニ地下鉄優位」

 宮城県富谷市が仙台市泉区方面との交通渋滞緩和に向け導入を検討する新交通システムで、市が2016年度に依頼したコンサルタントの報告がまとまった。コンサルは「技術面から仙台市地下鉄南北線と同じ地下鉄か、同東西線と同じミニ地下鉄が優位」と結論付けた。

 コンサル調査は15年度に続き2度目。16年度は仙台市泉区泉中央-富谷市大清水間で4ルート(約5.3〜6.9キロ)を設定。(1)地下鉄(2)ミニ地下鉄(3)モノレール(4)東京臨海新交通臨海線「ゆりかもめ」と同じ新交通システム(AGT)(5)ライトレール(次世代型路面電車、LRT)(6)バス高速輸送システム(BRT)-の6分類を比較した。

 コンサルはピーク時利用者数を1時間当たり片道3200〜5300人、富谷市から仙台市中心部到達までの時間を35〜40分と想定。輸送力、速度の評価に加え「LRT、BRTは交通量を圧迫しハードルが高い」「LRT、モノレール、AGTは近隣に導入例がなくノウハウが活用できない」などとし地下鉄とミニ地下鉄の優位性を指摘した。

 市は本年度、交通政策の専門部署として「交通政策推進室」を新設し、専門職員を配置した。若生裕俊市長は「報告を基に本年度は需要予測、採算性、実現可能性の検討をさらに進める」と話した。

2879 荷主研究者 :2017/07/02(日) 11:31:04

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17726580V10C17A6LB0000/
2017/6/16 6:00 日本経済新聞
金沢―仙台で共同運行 JR系2社 高速バス、来月から

 西日本ジェイアールバスとジェイアールバス東北は、7月28日から「金沢―仙台線」を共同運行すると発表した。首都圏を中心とする訪日外国人(インバウンド)などの周遊観光のほか、ビジネス面での需要も見込めると判断した。両社が共同運行をするのは初めて。

 愛称は「百万石ドリーム政宗号」。運行は木、金、土、日曜日のほか祝日、祝前日、繁忙日としており3カ月ごとに運行カレンダーを公表する。8月は夏休みの需要を見込んで毎日運行する。金沢駅からの便は午後10時10分に出発し、仙台駅に午前7時20分に到着。仙台駅からの便は午後11時に出発、金沢駅に午前8時10分に到着する。いずれも富山駅を経由する。

 価格は金沢―仙台の普通運賃が9500〜9900円。早期購入や学生向けの割引運賃もある。9月30日まではキャンペーンで7000円の席も用意した。くつろぎやすい新型の座席のほか、カーテンや無料のWi―Fi(ワイファイ)、コンセントを設置している。

2880 荷主研究者 :2017/07/09(日) 10:46:15

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170620_13049.html
2017年06月20日火曜日 河北新報
<仙台東西線>青葉通一番町 地下駐輪場24日から

奥行き182メートル、幅16メートルと縦に長い青葉通一番町駅の地下駐輪場

 仙台市地下鉄東西線の青葉通一番町駅の地下駐輪場が完成し、24日にオープンする。1404台が収容でき、東西線開業に伴い開設された駐輪場では最大。これで東西線全13駅で駐輪場の整備が完了する。

 24日午前9時にサービスを開始する。自転車995台、バイク409台が収容可能で、夜間も利用できる。料金は1日利用が自転車60円、バイク・オートバイ120円。1カ月定期は自転車1200円、バイク・オートバイ1800円。

 駐輪場は延べ床面積約3000平方メートル。青葉通一番町駅周辺は市内有数の商業地のため地上で用地を確保するのが難しく、東西線の新駅で唯一、地下に駐輪場を設けた。駐輪場から駅の改札階に通じる通路も整備した。

 当初は東西線が開業した2015年12月の完成を予定していたが、車道の約2.5メートル下にある管路の補強工事などの影響で工期が延びた。遅れていた青葉通全体の再整備事業も年内に完了する見込み。

 周辺には、青葉通と東二番丁通の交差点下にある青葉通地下駐輪場(1017台)、広瀬通と一番町通の交差点近くの広瀬通地下駐輪場(1137台)があるが、満車になることが多いという。

 市道路管理課の佐藤秀樹課長は「たくさんの自転車とバイクを置くことができ、商店街にも近い。地下鉄利用者に限らず、多くの方に使っていただきたい」と話した。

2881 荷主研究者 :2017/07/09(日) 10:47:03

http://www.sankei.com/region/news/170620/rgn1706200050-n1.html
2017.6.20 07:04 産経新聞
仙台駅東口“開業ラッシュ” ホテルや商業施設…薄れる「東西格差」

 JR仙台駅東口に新たに完成した「ホテルメトロポリタン仙台イースト」が19日オープンし、開業セレモニーが開かれた。駅西口と比べて開発が遅れていた東口だが、双方をつなぐ昨年の東西自由通路の開通を契機に、ホテルや商業施設の“開業ラッシュ”が続いている。駅の東西間の行き来が活発化し、仙台市中心部のさらなるにぎわいに期待が高まっている。(大渡美咲)

 ホテルメトロポリタン仙台イーストはJR東日本系で仙台駅に直結。客室は5〜14階にあり全282室。会議室や宴会場がなく、西口にある同系列のホテルメトロポリタン仙台と差別化した。また、全体の6割がワイドシングル(1泊2万5千円)。2館の合計で577室となる。「東北六感」をコンセプトに、室内には南部鉄器など東北各地の工芸品を置いた。

 開業セレモニーでホテルを運営する仙台ターミナルビルの新妻博敏社長は「仙台駅が開業した130年前、(駅周辺は)東西に分かれ東側の発展が遅れた。東口の顔として、自信を持って社員一同取り組みたい」とあいさつした。

 また、仙台駅東口商工事業協同組合の松坂卓夫理事長も、昭和58年から東西自由通路の拡幅や東側の商業施設の開発について長年要望していたとし、「30年以上たって要望がかなった。何度もまちづくり懇談会を重ねてはいるが、将来を見据えた都市デザインに取り組む必要がある」と話した。

 関係者の悲願だった駅東西間の交流。突破口となったのが昨年の東西自由通路の拡張だ。これで人の流れは大きく変わり、さらに大型商業施設「エスパル仙台東館」もオープン。東西の往来が活発化し、利便性が高まっている。

 東口周辺ではホテルの開業も続いている。昨年4月には東北初進出となった「ホテルビスタ仙台」がオープン。来年10月には会議場機能を併せ持つ「アパホテルTKP仙台駅北」がオープンする予定だ。

 東日本大震災後、仙台では復興需要でホテルの稼働率が跳ね上がり、室数が不足しがちだったが、一連の開業ラッシュで800室余り増える予定。復興需要が落ち着く今後は、国内外からの観光客の呼び込みも鍵となってくる。

 メトロポリタン仙台イーストの尾形一郎総支配人は「東口の顔となってたくさんの人に来てもらいたい。また、ホテルを拠点に東北各地にも足を運んでいただきたい」と期待を込めた。

2882 荷主研究者 :2017/07/09(日) 10:51:20

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170623_72051.html
2017年06月23日金曜日 河北新報
<東北新幹線35年>首都圏との交流加速

http://tohazugatali.web.fc2.com/MIYAGI/20170623kahoku03.JPG

開業日の東北新幹線一番列車「あおば」が仙台駅を出発、広瀬川にかかる橋を通過した=1982年6月23日

 東北新幹線は23日、開業35周年の節目を迎えた。

 1982年6月23日、東海道新幹線より20年近く遅れて大宮-盛岡間が部分開業した。長年の悲願がかない、岩手、宮城、福島3県の沿線は異様なほどの熱気に包まれ、歓喜に沸いた。

 遠かった首都圏、東京との時間的距離がぐっと縮まった。平日には日帰り出張のビジネスマン、土日は1泊2日の東京、東北旅行を楽しむ家族連れらで車内は満員に。人やモノ、情報が東北と首都圏を盛んに行き来した。80年代の東北の経済、観光、文化は新幹線によって大きく変化した。

 91年6月に東京駅に乗り入れ、東海道新幹線との乗り換えも容易になった。東北と三大都市圏がつながり、工場立地や大手企業の支店開設がさらに進んだ。94年7月にはオール2階建ての「Max」が登場し、輸送能力が高まった。

 90年代、東北のハブである仙台市は人口、経済規模ともに拡大を続けた。自動車関連産業が集積した北上市は東北屈指の工業都市に成長するなど、沿線の都市は飛躍的に変貌した。

 一方、青森までの全線開業は難航した。大宮-盛岡間が部分開業した82年の9月には、政府が整備新幹線計画を当面見合わせる閣議決定をした。青森県などが陳情を続けたが、財政難の壁が大きく立ちはだかった。

 91年8月、盛岡-青森間の着工がようやく認可されたが、ミニ新幹線案がたびたび示され、フル規格での全線整備はなかなか確定しなかった。紆余(うよ)曲折を経て新青森まで開通したのは2010年12月。部分開業から28年が過ぎていた。

 東北の縦軸となった新幹線に、秋田、山形両県に向けた横軸が加わった。

 92年7月、全国初の新幹線・在来線直通運転となる山形新幹線「つばさ」(東京-山形間)がデビューし、99年12月には新庄まで延長された。同様の運転方式の秋田新幹線「こまち」(東京-秋田間)は97年3月に開業。高速鉄道網が縦横に整備されたのは国内で東北だけだった。6県の都市間の往来も活発化した。

 車両の機能や走行技術も飛躍的に進歩した。開業当初に時速210キロだった最高速度は現在320キロ。JR発足時の最速到達時間が2時間17分だった東京-仙台間は1時間31分、東京-盛岡間は3時間9分から2時間11分になった。

 1日当たりの運行本数もJR発足時の94本が2016年には177本、合計座席数も8万1000席が16万3000席になった。

 11年3月11日の東日本大震災では施設が被災し、開業以来最大の危機となったが、同年4月29日に全線復旧した。16年3月26日には北海道新幹線新青森-新函館北斗間が開業。津軽海峡を越え、東北と北の大地をつなげた。

 現在、次世代型の車両は営業運転として世界最速の時速360キロ走行を目指している。30年度末には北海道新幹線が札幌まで開業予定。東北を貫く大動脈は、さらに発展を続ける。

2883 荷主研究者 :2017/07/09(日) 10:52:19

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170623_72054.html
2017年06月23日金曜日 河北新報
<北海道新幹線開業>東北もインバウンド増

青函トンネルを抜け、青森県側に姿を現した北海道新幹線「はやぶさ22号」。対岸は北海道=2016年3月26日、青森県今別町

 新青森-新函館北斗間を結ぶ北海道新幹線が2016年3月26日、開業した。1973年の整備計画決定から43年を経て、北海道から九州まで新幹線でつながった。

 津軽海峡を隔て隣接する東北と北海道が経済、文化両面で交流が深まり、一体化する可能性も秘める。開業からおよそ1年3カ月たち、効果が現れている。

 訪日外国人旅行者(インバウンド)が他地域より圧倒的に少なかった東北に対し、北海道は東京、関西と並ぶ人気観光地。開業した新幹線に乗って北海道を目指すインバウンドが行き帰りの途中、東北にも立ち寄るようになった。

 東北運輸局が発表した今年1〜3月の東北の外国人宿泊者数は、延べ20万2780人で前年同期に比べ58%増えた。全国では3%増にとどまり、伸び率が際立った。

 東北運輸局や東北各県の担当者は、最大の要因として北海道新幹線効果を指摘する。10年の1〜3月と比べた場合、北海道に近い青森の伸び率が221%と東北で最も高いことも裏付けとなる。

 今年4月29日からの大型連休では、東北から北海道を訪れる旅行客が増えた。

 仙台市の旅行会社では今年、新幹線で結ばれている函館に代わって札幌の人気が高く、前年比2倍となった。前年に新幹線で函館を訪れた客が北海道のファンとなり、今年は飛行機を使って札幌に足を延ばしたケースが多いという。

 新函館北斗-札幌間の開業は30年度末の予定。東北経済連合会と北海道経済連合会のアンケートによると、新函館北斗までの開業が会員企業に与えた影響がプラスだったとする回答は24.8%だったが、札幌まで開業された場合は38.3%に上昇する。早期延伸へ期待が高まっている。

2884 荷主研究者 :2017/07/09(日) 10:52:54

http://www.kensetsu-sinbun.co.jp/menu/Daily_kensetsu_jyouhou.htm
2017/06/27 建設新聞
大洋薬品 賃貸マンションの新築
仙台市青葉区一番町2丁目 9月着工めざす
B1/10F2688㎡ 施工は支倉建築企画

 大洋薬品(宮城県大和町もみじケ丘2の18の3 三浦誠一代表)は、仙台市青葉区に「セントフィールド一番町」(仮称)の新築を計画しており、支倉建築企画の施工で9月初めの着工を予定している。

 建設場所は、南町通に面した仙台市青葉区一番町2丁目8の14ほか地内の382.78㎡で、現在はコインパーキングとして使用している。

 計画では、RC・B1/10F延べ2688.73㎡規模で、1LDKタイプを主体に、2LDKタイプも組み入れた総戸数45戸を見込む賃貸マンションを建設するもの。

 完成は2019年1月末を予定し、実施設計の作成は三和都市設計が担当した。

2017/06/27付一面に掲載。

2885 荷主研究者 :2017/07/09(日) 11:02:26

http://www.kensetsu-sinbun.co.jp/menu/Daily_kensetsu_jyouhou.htm
2017/06/28 建設新聞
東新住販 美田園五丁目マンションの新築
宮城県名取市 エムズ企画設計で設計
15F7267㎡・19年3月の完成めざす

 集合住宅の分譲事業などを手掛ける東新住販(東京都中央区日本橋1の2の19 田子弘幸代表取締役)は、宮城県名取市美田園に美田園五丁目マンション(仮称)の新築を計画し、エムズ企画設計に設計を委託している。

 建設場所は、宮城県名取市美田園5の4の5ほか地内の敷地2667.18㎡。仙台空港アクセス鉄道の美田園駅から徒歩圏で、周辺にはショッピングモールやホームセンター、小学校、保育園などがあり、生活環境が整った利便性の高いエリアとなっている。

 計画ではここにRC15F延べ7267.25㎡、間取りは3LDKを基本に4LDKも設ける全84戸の分譲マンションを建設する。

 近く施工業者と契約を結び、ことし8月の着工、2019年3月の完成をそれぞれ予定している。

2017/06/28付一面に掲載。

2886 荷主研究者 :2017/07/09(日) 11:04:46

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170629_72036.html
2017年06月29日木曜日 河北新報
仙台・泉中央に東邦銀が新支店

仙台泉支店の営業開始に先立ちテープカットをする関係者

 東邦銀行は28日、仙台市泉区泉中央2丁目の県道仙台泉線沿いに仙台泉支店を開設した。人口増が続く泉中央地区や周辺地域で個人客向け住宅ローンなどの販売に力を入れ、進出した企業との取引拡大も狙う。

 支店は鉄骨平屋で延べ床面積約450平方メートル。ローンセンターを併設する。同センターは週末も営業する。北村清士頭取はあいさつで「泉中央周辺は東京電力福島第1原発事故で福島からの避難者も多く、成長が著しい地域。暮らしの再建や企業の発展を手伝いたい」と述べた。

 開設を記念して店内では、郡山市在住の版画家橋本広喜さんの作品展を7月21日まで開催。福島の地酒も展示する。

 泉中央周辺には七十七、仙台の地元行や、岩手、北日本、秋田、山形、きらやか、荘内各行の支店があり、競争が激化している。

2887 荷主研究者 :2017/07/09(日) 11:13:57

http://www.kensetsu-sinbun.co.jp/menu/Daily_kensetsu_jyouhou.htm
2017/06/30 建設新聞
コペルハウス 荒井西プロジェクトの新築
仙台市若林区荒井西 自社施工で7月3日着工
5棟延べ6376㎡、CLT活用で宮城県内初

 コペルハウス(仙台市泉区松森鹿島15の14 高橋秀樹代表取締役)は、仙台市若林区の仙台市荒井西土地区画整理地内にCLTを採用した木造賃貸住宅を含む5棟の共同住宅から構成される「コペルタウン荒井西プロジェクト」の新築を計画しており、自社の施工で7月3日に起工式を行い着工する。

 建設用地は、組合施行で造成した仙台市荒井西土地区画整理地内の南西側に位置する、仙台市若林区南小泉梅木52ほか地内で、敷地面積は5610㎡。計画によると、A〜E棟まで5棟の賃貸住宅を建設。この内、E棟が枠組壁(2×4)工法にCLT床版を採用しRC造との立面混構造による5F延べ1720.95㎡での賃貸マンションとなる。

 また、A〜C棟がそれぞれW3F延べ973.86㎡、D棟がRC一部WおよびS5F延べ1733.8㎡で、5棟合わせた延べ床面積は6376.33㎡を想定。内部はA〜C棟がそれぞれ賃貸住宅を30戸、D〜E棟はそれぞれ1階部分に公共テナントを中心とした店舗、2〜5階に賃貸住宅を28戸設ける。賃貸住宅のタイプは主に1LDKとなる。

 起工式後、D棟から建設工事に着手し、2018年2月の全体完成を見込んでいる。設計はA〜C棟が自社、D〜E棟はバース建築設計(東京都中央区)が担当した。

 同社は「宮城県CLT等普及推進協議会」の会員で、同プロジェクトのE棟は16年度の国土交通省「サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)」に東北初で唯一選定され、CLTを活用したRC造との立面混構造による5階建ては宮城県内初の建物となる。

 ※コペルタウン荒井西プロジェクトの完成イメージ。
 左手前がCLTを採用したE棟。(クリックで拡大)

2017/06/30付一面に掲載。

2888 荷主研究者 :2017/07/09(日) 11:21:19

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170630_13024.html
2017年06月30日金曜日 河北新報
<放射光施設>応募は東北のみ 建設期待高まる

東北放射光施設のイメージ図。1周約340メートルのリング型実験施設のほか研究棟などが整備される

 次世代型放射光施設の新設を検討する文部科学省は29日、建設候補地の応募が東北大青葉山新キャンパス(仙台市)への建設構想1件だったと明らかにした。施設の整備運営者の候補である量子科学技術研究開発機構(量研、千葉市)は同構想も参考に、整備運用計画案を作る。

 29日あった科学技術・学術審議会の小委員会で報告された。構想は産学連携組織の光科学イノベーションセンター(仙台市)と東北経済連合会、宮城県の3者が提出。建設費約300億円の一部に民間資金を活用する仕組みを設けた。

 量研は6月1日、高輝度放射光源推進準備室を新設。国の委託を受け、予算規模や人員体制といった計画案の検討を始めた。小委に経過報告し、意見を反映させる。提出時期は未定。東北の構想は参考資料との位置付けだが、提案者に質問する機会も設ける。国が建設地を決める時期は決まっていない。

 施設を誘致する地域が東北に限定され、宮城県経済商工観光部の吉田祐幸部長は「実現への確度が相当高まってきたと期待する。精力的に国や量研との協議を進めたい」と話した。

 光科学イノベーションセンターの担当者は「実現に向け多くの企業に計画に参加してもらえるよう説明を尽くす」とコメントした。

2889 荷主研究者 :2017/07/09(日) 11:27:49

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201707/20170703_11011.html
2017年07月03日月曜日 河北新報
<松島水族館>跡地に体験型施設整備へ

集客・体験型施設の整備方針が固まった松島水族館跡地

 2015年5月に閉館したマリンピア松島水族館(宮城県松島町)の敷地を所有する宮城県は、跡地利用として県内の民間企業が提案した集客・体験型施設の整備案を採用することが2日、分かった。県内を代表する観光地の拠点施設として20年春の開業を見込む。

 施設は2階建て。周辺の景観との調和、訪日外国人旅行者(インバウンド)の誘客を見据え、木材を活用した和風の外観とする。建物の一部として1969年に閉館した松島パークホテルの塔の部分を再現し、ランドマークを復活させる。

 松島湾内をイメージした庭園を整備し、潮干狩りなどの海遊びを体験できるゾーンを設ける。庭園中央に円形のイベントスペースを置き、親子連れが安心して遊べるよう施設内に駐車場は造らない方針だ。

 インバウンド誘致の強化を狙い、多言語の観光情報案内所も設置する。地元産食材を活用したレストラン、物販スペース、歴史や文化などを紹介する展示室を備え、松島湾周辺6市町の滞在型観光の推進に向けた拠点性を持たせる。

 総事業費は6億円程度の見通しで、県は2億円を上限に費用を助成する方針。19年春の着工を目指す。開業初年度に20万人超の集客を見込む。

 水族館跡地の面積は約7500平方メートルで現在は更地になっている。県は15年12月に跡地利活用案の民間公募を表明し、16年8月に地元関係者らによる懇話会を設置した。利活用案の公募を今年3月末に始め、事業者の選定を進めていた。

 松島の観光振興を巡っては、宮城県と松島町、JR東日本仙台支社の3者が6月、JR仙石線松島海岸駅の改修や周辺整備などを軸とした包括提携協定を締結している。

2890 荷主研究者 :2017/07/17(月) 23:02:49

http://www.kensetsu-sinbun.co.jp/menu/Daily_kensetsu_jyouhou.htm
2017/07/06 建設新聞
久保田HDGのアトラス住販 仙台市で多様な投資活動を展開
新寺共同住宅プロジェクト(81戸)など

 昨年10月に久保田ホールディングス(仙台市青葉区一番町4の4の33 久保田定社長)のグループ企業となったアトラス住販(さいたま市中央区上落合6の18の21 社長・同氏)は、仙台市若林区新寺に「新寺共同住宅プロジェクト」(仮称)を計画し、リオ建築設計事務所(仙台市青葉区)で実施案の作成を進めている。

 建設場所は、新寺通を南側に入った仙台市若林区新寺3の1の8、10地内の敷地面積664.11㎡で、仙台市地下鉄東西線・宮城野通駅からほど近い場所。

 建設を予定している共同住宅は、S10F延べ2320.46㎡規模で、単身者層を入居想定とした総戸数81戸を見込んでいる。

 8月下旬の着工、2018年3月中旬の完成を予定している。

 久保田ホールディングスの中核企業である久保田本店(住所・久保田HDと同所 社長・同氏)は、仙台市青葉区内の都心部や宮城野区苦竹にホテルやオフィスビル、介護付有料老人ホーム、太白区の長町駅近くに賃貸マンションといった全7棟を保有・運用するほか、宮城のほか長崎県や岩手県、千葉県で再生可能エネルギー事業として太陽光発電所6カ所の運営・売電事業も行っている。

 ◎名取・仙台市長町の区分所有も取得へ

 このほかにもJR名取駅東口で建設中の名取駅前地区市街地再開発事業建築物2棟のうち、1棟の低層部1〜2階の保留床を取得し、ミニスーパーや医療モールなどのテナント入居を見込んでいるほか、仙台市太白区のJR・地下鉄長町駅前で以前建設された再開発ビル(太白区文化センター、太白区図書館、ライオンズタワー仙台長町などで構成)の地下1階から地上2階部分にある商業施設区画「イオプラザ」の取得も決めたという。

 積極的な投資展開について久保田社長は「短中期的な不動産投資だけでなく、中長期的視野に立ち仙台市中心部で保有するビル周辺を含めた再開発事業の実施も検討しており、仙台の活性化に寄与したいと考えている」と話し、「不動産の取得と売却のタイミングについては、社会・経済情勢の流れを見極め慎重に行いたい。1987年のブラック・マンデー、97年のアジア通貨危機、2008年のリーマンショックと約10年サイクルで世界経済には大きな嵐が吹いた。これらの動きを察知することも投資家にとって大事なこと」と自身の投資スタンスを説明した。

2017/07/06付一面に掲載。

2891 荷主研究者 :2017/07/17(月) 23:07:06

http://www.kensetsu-sinbun.co.jp/menu/Daily_kensetsu_jyouhou.htm
2017/07/07 建設新聞
仙台市小田原 レーベン仙台小田原B棟の新築
RC造13階建て、延べ1万6997㎡、19年10月末の完成へ
渋谷建築設計室で設計

 タカラレーベン(東京都千代田区丸の内1の8の2 島田和一代表取締役社長)は、仙台宮城野区小田原に分譲マンション「レーベン仙台小田原B棟」(仮称)の新築を計画しており、渋谷建築設計室(千葉県船橋市)に設計を委託している。

 建設用地は、旧キリンスポーツクラブの跡地となる仙台市宮城野区小田原1の414の7ほか地内の7405・67平方㍍で、現在建設中のレーベン仙台小田原(仮称)の隣接地。

 計画によると、ここにRC造13階建て、延べ1万6997・84平方㍍の共同住宅を建設。内部には分譲住宅を182戸設ける。9月中旬にも着工し、2019年10月末の完成を予定している。

 今回の計画は、同社で手掛けているレーベン仙台小田原の販売が好調なことを受け実施するもの。

2017/07/07付一面に掲載。

2892 荷主研究者 :2017/07/17(月) 23:12:35
>>2475
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201707/20170708_12042.html
2017年07月08日土曜日 河北新報
<東北道>菅生スマートIC 22年度目標

http://tohazugatali.web.fc2.com/MIYAGI/20170708kahoku01.JPG

 東北自動車道菅生パーキングエリア(PA、宮城県村田町)へのスマートインターチェンジ(IC)の併設を目指す地区協議会の初会合が7日、町内の道の駅村田であり、2022年度の使用開始を目標とする実施計画書案を承認した。

 計画書によると、菅生PAは村田-仙台南IC間(約15キロ)のほぼ中間に位置し、県がスマートICと県道仙台村田線との接続道路を整備する。事業費は概算で約30億円。県は近く、国に連結許可を申請し、許可を受け次第、事業に着手する。

 料金所は上下線それぞれ1カ所ずつの分離型で24時間運用する。自動料金収受システム(ETC)車載器を搭載した全車種が利用できる。

 協議会には町や県、東日本高速道路、東北地方整備局の代表者ら22人が出席。佐藤英雄町長は「近くの秋保温泉を含めた新たな周遊ルートができ、町中心部の渋滞も緩和できる」と利点を挙げた。県の担当者は「一日も早く使用できるようにしたい」と話した。

 菅生に設置されれば、県内の東北道のスマートICは長者原サービスエリア(SA)と三本木PA(大崎市)、泉PA(仙台市泉区)に続き4カ所目。菅生PAはモーターレースが開かれるスポーツランドSUGOに近く、地域活性化につながると期待される。

2893 荷主研究者 :2017/07/17(月) 23:14:12

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201707/20170708_12062.html
2017年07月08日土曜日 河北新報
<イオン>東北大雨宮跡地 開業は19年秋

 解体工事が進む東北大雨宮キャンパス(仙台市青葉区)の跡地に、イオンモール(千葉市)が整備を計画している大型商業施設の概要が7日、明らかになった。建物の着工は2018年6月を予定し、工期は13カ月間。開業は19年秋をめどにしている。

 計画によると、キャンパス跡地約9.3ヘクタールのうち、大型商業施設は約3.5ヘクタール。地上4階の商業棟(延べ床面積約5万平方メートル)と地上6階の駐車場棟(同約3万3000平方メートル)からなる。

 両棟の屋上にも駐車場を整備し、車両は計1638台の駐車が可能となる。車両の出入り口は、市道愛宕上杉通側と市道北六番丁線側の2カ所に設ける。自転車910台収容の駐輪場も整備する。

 イオンモールは3日、環境影響評価(アセスメント)を受けるため仙台市に準備書を提出した。

 同社の担当者は「計画通りに事業が進められるよう尽くしていきたい」と話した。

 雨宮キャンパス跡地は13年10月、イオンモールが約220億円で落札。跡地では現在、東北大が建物の解体工事を進めており、土地の引き渡しは18年2月を予定している。

 土地引き渡し後はイオンの商業施設のほか、仙台厚生病院(青葉区)を運営する一般財団法人厚生会が医療・福祉施設の整備を検討している。

2894 荷主研究者 :2017/07/17(月) 23:17:11

http://www.jcpress.co.jp/wp01/?p=18780
2017/7/8 建設新聞 宮城版
パークタウン第6住区 来春、148ha造成に着手 1965区画整備(三菱地所)

http://tohazugatali.web.fc2.com/MIYAGI/20170708sen.jpg

 三菱地所(東北支店・仙台市青葉区)が県に申請している林地開発許可について、6日に県森林審議会森林保全部会が開かれた。同社が申請している「泉パークタウン第6住区開発計画」について審議した。仙台市泉区根白石地区の山林など約148.2haを開発し、宅地1965区画を造成する。同社は来春の着工を予定し、35年中の完成・分譲開始を目指す。

 三菱地所は3月に、林地開発許可申請を県に提出した。すでに仙台市の環境影響評価の手続きや、農地転用許可の手続きを完了している。村井嘉浩知事から林地開発許可についての諮問を受けた県森林審議会森林保全部会は申請内容を審査し、現地視察をした上で同社の開発計画を承認。村井知事に「許可する」と答申する。

 同社の申請によると、開発するのは泉区根白石字針生山5-3ほかの山林・水田など約148.2ha。泉パークタウンのうち、第4住区・寺岡地区および第5住区・紫山地区の西側に位置する。土地215筆のうち、すでに202筆を取得済みだという。

 事業対象区域148.2haのうち、開発に係る森林面積は約87.6ha。宅地は約55.7haを確保、道路用地は約27haを確保する。

 宅地は敷地の東側、南側、西側にゾーニングし、北側は森林を残す。造成工事では高地を切土し、切土した土で谷を埋める。切土量・盛土量とも約650万立方mを見込む。残土はない見込み。

 内水などの防災対策として、敷地南西側に貯水量11万立方mの防災調整池を整備する。主に西側エリアの内水を引き込み、周辺河川に放流する。東側エリアの内水については、第6住区より南東側にある既設の八沢川調整池に引き込む計画だ。

 開発によってため池が消失する。泉土地改良区の水田13.6haのかんがい用水を確保するため、敷地南西側に貯水量2500立方mのため池も整備する。

 公園は西側エリアの円形公園をはじめ、8カ所に計5.2ha分整備する。

 同社の計画では、30年春に造成工事に着手し、35年まで5カ年をかけて造成する。宅地1965区画を整備し、20年程度をかけて分譲していく。

2895 荷主研究者 :2017/07/17(月) 23:28:18

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201707/20170711_12025.html
2017年07月11日火曜日 河北新報
<CKD>機械製造販売 宮城・大衡に新工場

協定を結んだ梶本社長(中央)ら

 工場向け機械製造販売のCKD(愛知県小牧市)が宮城県大衡村の第2仙台北部中核工業団地に新工場を建設することになり、10日に県、村と立地協定を結んだ。今年秋ごろ着工、2019年2月完成を目指す。

 敷地面積は約3万6000平方メートル。建物は鉄骨2階(一部3階)建て、延べ床面積約1万4000平方メートル。半導体製造装置に組み込まれる機器などの生産を拡大し、23年度売上高は100億円を目指す。同年の従業員は100人を見込んでおり、多くを地元から採用する方針だという。

 総投資額は約65億円で、東北での工場建設は初めて。主要取引先のトヨタ自動車や東京エレクトロンの関連企業が近くに立地するほか、愛知、三重両県に集中する生産拠点のリスク分散を考慮した。

 県庁であった締結式で梶本一典社長は「東海地域での業務が増えており、なるべく早い時期に新工場を稼働させたい」と話した。村井嘉浩知事は「ものづくり産業の厚みが出てきた。雇用創出に期待したい」と歓迎した。

 同社は1943年設立。17年3月期の売上高は831億7400万円、従業員は約2100人(いずれも単体)。

2896 荷主研究者 :2017/07/17(月) 23:29:08

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201707/20170712_14035.html
2017年07月12日水曜日 河北新報
<ベガルタ>荒井からJ選手を スクール開校へ

整備が進む荒井東1号公園

 サッカーJ1仙台を運営するベガルタ仙台が9月から、仙台市若林区の荒井東1号公園の運動施設「SPiA(スピア)」でジュニアサッカースクールを開くことが11日、分かった。スピアを運営する一般社団法人荒井タウンマネジメント(TM)などと提携する。

 1号公園は市地下鉄東西線荒井駅の南東約150メートルにあり、スピアは高品質の人工芝や夜間照明、シャワー室を備える。9月1日の1号公園オープンに合わせ、幼稚園の年中から小学生を対象にスクールを始める。

 平日の放課後に練習し、優秀な選手はジュニアチームに採用する。スクール利用料は樹木管理など公園全体の維持費に充てられる。

 ベガルタ仙台は宮城県内12カ所でサッカースクールを運営している。古矢武士育成部長は「人工芝は雨天中止が減る利点がある。荒井駅が近く、子どもたちも通いやすい」と語る。

 荒井TMは3月、運動施設の整備、運営に関する「都市利便増進協定」を市と締結。都市再生特別措置法に基づき、公園内のスポーツ施設を民間団体が運営するのは全国初となる。榊原進事務局長は「荒井育ちのプロサッカー選手が誕生してほしい」と期待する。

 スピアでは正式オープン前の8月20〜22日、スペイン1部リーグの強豪レアル・マドリードのコーチが小学1年から中学1年の男女に指導する「チャレンジキャンプ」も開かれる。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない (アニメ版)』黒猫 (1/8スケール PVC塗装済完成品)

かわいく、しっとりの黒猫!!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa