したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

利水・治水スレ

512 とはずがたり :2010/01/30(土) 20:15:44

なんかわざとかのような蒲島いじめに見えるんだけど。

荒瀬巡り知事ジレンマ
http://74.125.153.132/search?q=cache:-p7NNOCAq8QJ:mytown.asahi.com/kumamoto/news.php%3Fk_id%3D44000001001160003
2010年01月16日

  蒲島郁夫知事が撤去から存続に方針転換した八代市坂本町の県営荒瀬ダムの存廃問題が、一挙に複雑化してきた。前原誠司国土交通相は14日、知事が求めた撤去費用支援に難色を示し、撤去費軽減に向け国の新たな交付金活用策を提言。ダム存続のため県が予定する水利権の更新は、期限切れの3月末に間に合わないとの認識を示した。4月からは水利権がなくなり取水や発電ができなくなる一方、撤去も困難という想定外の事態に至る可能性が高い。

  「だまし討ちに遭った気持ちだ」。蒲島知事は15日、熊本空港で取材に答え、不満をあらわにした。

  蒲島知事は2008年にダム撤去方針を転換して存続を表明した際、「撤去費用などの条件が整えば撤去する」と述べた。県は09年10月までに水利権更新手続きの準備をほぼ終えていたが、政権交代以降はまず撤去費用の支援を国に働きかけることにした。民主党の菅直人財務相が野党時代、荒瀬ダム撤去費用を国が支援する制度について語ったことなどがきっかけだった。「期待を持たせたのは民主党」というのが蒲島知事の言い分。「早く回答をいただいていれば早く更新できた」と不満げだ。

  前原国交相は15日の記者会見で「造った自治体が自ら撤去するのが前提」と述べ、現行法での対処は困難との立場を強調した。14日には前原国交相が、地方がある程度自由に使えるよう創設された社会資本整備総合交付金に触れ、「そういうものを活用して撤去されては」と知事に提案したが、知事は15日、「額や使い道が明らかになっておらず、現段階では具体的な話にはならない」と語った。

  前原国交相は14日、知事に「老朽化した河川工作物の対策を夏ごろまでにまとめる」と述べたが、15日の会見で「荒瀬ダムはまだ老朽化したとは言えない」として対象外であることを示唆した。蒲島知事は「荒瀬ダム撤去の話から始まった議論。対象外とは信じられない」と驚く。

  ●勢いづく撤去派住民

  撤去を求める地元住民らは勢いづく。前坂本村議と町民有志の会など6団体は15日、「県は新たな水利権申請の手続きを即刻断念し、撤去の計画を立てるべきだ」とする緊急声明文を知事と企業局あてに送った。

  県企業局幹部は「国に支援を要請し、(方針を見極めるため)水利権の手続きに入らなかったのは間違っていなかった」といい、なお水利権更新申請の姿勢を変えない。だが関係河川使用者である球磨川漁協は反対を表明しており、補償問題で交渉は難航しそうだ。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

【Amazon.co.jp限定】Just Because! 第3巻<初回限定版>(全巻購入特典:「比村奇石描き下ろし全巻収納BOX」&「鴨志田一書き下ろしドラマCD」引換シリアルコード付) [Blu-ray] - 小林 敦

(´;ω;`)ブワッ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa