したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

筑波・TSUKUBA・菟玖波

1 とはずがたり :2007/05/01(火) 00:19:11
この辺の事物の紹介・不満感の表明・方向性の検討等何でも。

1142 どんぐり :2017/11/13(月) 21:31:55
TX役員リストをみると、民営とは思えない布陣。

トップは、霞ヶ関キャリアとしては外回りが目立つが、経営能力を持たれる方なのかな。

現場職員が指摘するような潜在的な不安要因を取り除いてほしい。

しかし、東京都などの「巨大な大株主」を含めた組織運営側に対応能力があるのかどうか。

1143 とはずがたり :2017/11/13(月) 22:24:32
最近と思ってたTXの設備が早くも陳腐化してるというのはちょいショックでした。

昔は西武が協力してたけど手を引いてから可怪しく成った>>1119って指摘もあるし,官僚出身者だらけになってダメになってるかも知れませんね。。

1144 名無しさん :2017/11/13(月) 23:01:12
経歴をみる限り、(輸送手段のハード建設だけでなく)鉄道運用現場の「イロハ」を
理解していなそうな役員が多い。

降ってきた役員が現場を理解し始めた頃に、別の新人役員に入れ替わってるなら、
勿体ないな。
ある意味、操業当時よりも天下り組織らしくなったのかな。

今のうちに都議会や大手マスコミが指摘してあげたほうがいいだろう。

1145 名無しさん :2017/11/13(月) 23:02:32
記載忘れですが、>>1144 は「どんぐり」でした。

1146 つくばFuture :2017/12/04(月) 15:04:57
TXのホームドアセンサーは致命的ですね。
他社線が上下各2個ついてるのに対して、TXは各1個です。私も毎日使っていますが、
挟まった事数回。ドアから何か出ていてもお構いなし発車です。ホームに係員も居ないから、
本当に困った時に注意が必要です。人員増やせないなら、
ホームドアセンサーの改良工事やカメラの解像度向上や監視ディスプレイの大型化が必要と感じます。
事故が起きなければいいのですが…

1147 とはずがたり :2017/12/04(月) 16:38:42
>>1146
>挟まった事数回。ドアから何か出ていてもお構いなし発車です。ホームに係員も居ないから、
なんと。。

北総開発鉄道の失敗に鑑みて手厚く自己資本積んで財務体質を強固にしてるんだからちゃんと伸びてる売上の一部を設備のアップデートに回して欲しいですね。。

1148 どんぐり :2017/12/16(土) 21:37:00
日刊建設新聞・茨城版
http://www.jcpress.co.jp/wp01/?p=19633
拡幅改良や歩道整備を つくば野田線期成同盟会 県に要望書を提出

[2017/12/6 茨城版]
主要地方道つくば野田線整備促進期成同盟会(会長・木村敏文坂東市長)は11月29日、
県庁でこの路線の整備促進を求める要望活動を行った。当日は木村会長をはじめ、
つくばみらい市やつくば市、常総市、千葉県野田市の道路行政担当者、および顧問を
務める沿線地域選出の県議会議員らが参加。木村会長から要望書を手渡された
・・・
つくば野田線は、つくば市を基点につくばみらい市、常総市、坂東市を経て千葉県野田市に
至る幹線道路で、近年はTX開業に伴うみらい平地区の住宅開発や内守谷工業団地の操業、
常総ニュータウンの完成、さらに常磐自動車道の連絡道路として交通量が年々増大している。
県ではこれまで、みらい平駅周辺やきぬの里などで4車線化の改良を進め、玉台橋、谷原大橋、
菅生大橋も完成させている。しかしながら、県境の茅吹大橋の渋滞解消をはじめ
つくばみらい市区間の改良、国道294号から常総市都市計画道路鹿小路細野線までの4車線化
の早期完成など、一層の整備促進が求められている。

木村会長は、・・・要望書を提出した。

今回の要望内容は、▽坂東市矢作から千葉県野田市の県道我孫子関宿線までの4車線化の
早期実現(芽吹大橋の4車線化を含む、延長3km)▽国道294号から常総市都市計画道路鹿小路細野線
までの4車線化の早期完成(延長3km)▽つくばみらい市西楢戸地内から上小目地内までの
改良整備(延長2・9km)▽つくばみらい市高岡地内から小張地内までの改良整備(延長2km)──の4区間。

坂東市矢作から千葉県野田市までの区間では、芽吹大橋がネックとなって慢性的に渋滞が発生しており、
4車線化が坂東市民や野田市民の長年の悲願となっている。国道294号から都市計画道路鹿小路細野線
までの区間は、国道294号小絹交差点からふれあい道路までの区間が慢性的な交通渋滞となっているほか、
内守谷工業団地付近も大型車の通行が非常に多く、早期4車線化を要望した。

つくばみらい市西楢戸から上小目の区間は、通学路でありながら歩道が連続して設置されていないため、
歩道の早期整備を要望。高岡から小張の区間は2つのゴルフ場にはさまれ、大型車が容易にすれ違えない
狭あいな区間でセンターラインや歩道もなく、拡幅改良事業の一層の促進を要望した。

事業の進捗状況について県は、坂東市矢作地内から野田市県道我孫子関宿線までの4車線化で
「渋滞対策毎の効果検証のためのシミュレーションを実施し、その結果をもとに本年度は効果的な
短期対策を実施するための測量設計を実施する」と報告した。

また国道294号から鹿小路細野線までの4車線化では、このうち国道294号からふれあい道路までの
区間について「限られた予算であるため、交通の状況を検証し渋滞の状況を把握したうえで、
事業化については検討する」と説明。鹿小路細野線からきぬの里までの区間は
「常総市が30年度を目標に施工している鹿小路細野線の供用にあわせて、
交差点改良工事を実施していく」と話した。

つくばみらい市内は、西楢戸地内から上小目地内までの改良および高岡地内から小張地内までの
改良でそれぞれ「つくばみらい市と協力して残る用地の取得に努め、一連の用地が取得できた
区間から工事を進める」と答えて理解を求めた。

1149 どんぐり :2017/12/16(土) 21:43:27
TXもさることながら?、
最近のJR東日本も保守管理能力が落ちてきた感触あり。

運輸交通関係では、軽薄短小?なIT化が経営に寄与するとしても、
メンテなどの泥臭い作業を尊重する風土が消えかけていたらば、
とんでもない勘違い。

1150 どんぐり :2017/12/16(土) 21:47:51
すみません。
>>1149 消えかけていたらば、とんでもない勘違い。
 → 消えようとしているならば、危険極まりない。

1151 つくばFuture :2017/12/26(火) 10:58:35
高岡から小張の区間は挟んでる2つのゴルフ場との用地交渉がまとまったのか、
改良工事が始まってます。ラーメン大河のあたりの交差点も大がかりに道路の線形変わりそうですね。

1152 どんぐり :2017/12/27(水) 00:08:22
圏央道の4車線化など 来年度予算案 一般会計5.8兆円で前年並み
本年度補正に「国庫債務負担行為(ゼロ国債)」1575億円も(国交省)
日刊建設新聞 [2017/12/26 茨城版]
http://www.jcpress.co.jp/wp01/?p=19761

環状道路の整備予定箇所には、圏央道の久喜白岡JCTから大栄JCT間の4車線化や、大栄JCTから松尾横芝ICまでなどを挙げる。久喜白岡JCTから大栄JCT間の4車線化は34年度から順次供用を開始し、36年度の全線供用を見込む

(詳細は上記サイトをご覧願います。)

1153 とはずがたり :2017/12/27(水) 03:57:49
おお,早速4車線化,しかも大栄までするんですねえ〜。つくば〜大栄も順調に増えてるのか。

1154 荷主研究者 :2017/12/30(土) 20:30:05
>>1113
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14952002040703
2017年5月20日(土)茨城新聞
上曽トンネル、事業促進へ合意書 桜川・石岡市が来年度着手

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20170520ibaraki01.JPG

 桜川市と石岡市を結ぶ「上曽(うわそ)トンネル」の整備促進に向け、両市は19日、桜川市羽田の桜川市役所大和庁舎で合意書を締結した。合併特例債や交付金を財源に、両市が市道整備事業として進めていく。本年度は設計の見直しなどを進め、2018年度の事業着手を目指す。両市と県の3者による「上曽トンネル整備事業調整協議会」発足式の中で、合意書を交わした。

 県道石岡筑西線上曽トンネル整備事業は、石岡市上曽と桜川市真壁町山尾を結ぶ延長6・1キロで、うちトンネル部分3・5キロを計画。01年度に起工式が行われたが、用地取得の難航や県の財政難から、事業全体の進捗率は事業費ベースで11%にとどまっていた。

 発足式には、大塚秀喜桜川市長と今泉文彦石岡市長が出席。合意書により、すでに事業が進められていた石岡市側の0・52キロ部分を除く計5・58キロを整備区間とし、両市が市境までの区間をそれぞれ整備することを確認した。整備区間は2・95キロ(トンネル部分1・96キロ)、桜川市が2・63キロ(同1・58キロ)。

 事業は今後、両市が県道を市道に変更して市道整備事業として進める。財源は両市の合併特例債、国や県の交付金を活用。事業費としてこれまで110億円を見込んでいたが、本年度、設計を見直すことにより、改めて計算し直す。両市とも18年度に事業着手、合併特例債期限の25年度までの完成を目指す。

 発足式で大塚市長は「安全性や利便性の向上、県西と県南の連携や交流拡大が見込まれ、地域活性化に大いに寄与すると確信している」とあいさつ。今泉市長は「長年の懸案であったトンネル。非常に険しい峠道を上るような気持ちだったが、この日を待ち望んでいた。これからまた峠道が続くが、皆さんと一丸となって進めていきたい」と力を込めた。(平野有紀、高畠和弘)

1155 とはずがたり :2017/12/31(日) 09:20:05
これか?
https://map.goo.ne.jp/map/latlon/E140.36.28.663N36.32.11.982/zoom/10/

1845 名前:荷主研究者[] 投稿日:2017/12/30(土) 20:32:16

http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15129997966157
2017年12月12日(火)茨城新聞
「真弓トンネル」再浮上 常陸太田-日立間、合併特例債を活用

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20171212ibaraki01.JPG

 常陸太田市と日立市を結ぶ「真弓トンネル」(仮称)の整備構想が再浮上している。計画は茨城県が20年前に事業着手したものの、100億円を超える事業費や地元の一部反対などがあり、事実上15年近く休止したままだった。県は両市による合併特例債の活用を想定し、今年、両市から事業化の要望受けて事業再開を検討。両市の特例債の起債期限が迫る中、県は事業の調査費を含めた補正予算案を開会中の県議会に提出しており、議会の承認を受けて計画を前進させたい考え。

 県によると、真弓トンネルは常陸太田市の市街地と日立市の「山側道路」を結ぶ県道日立-笠間線(山地部分の一部は通行止め)を約1・6キロのトンネルで貫き、両市の往来をスムーズにする狙い。同県道の真弓ルートとして1997年度に事業に着手した。

 県は翌98年度からトンネルの予備設計や地質調査を行ったが、膨大な事業費などがネックとなり、2001年度以降は事実上事業がストップしていた。

 その後、県は国道293号常陸太田東バイパスや、バイパスから真弓ルートに向かう同県道亀作ルートなどトンネル予定地の周辺道路を整備してきた。

 今年4月になって、両市長はトンネル整備を知事に要望。合併特例債を活用する場合、7年後の24年度が特例債の起債期限となることから、事業化へのタイムリミットが迫っている。このため県は開会中の第4回県議会定例会に、環境調査や道路予備設計などの費用約4億円を含む補正予算案を提案した。

 合併特例債は「平成の大合併」で合併した新市に有利な起債(借金)として認められている。12年11月に供用開始した石岡市(旧八郷町)と土浦市(旧新治村)を結ぶ「朝日トンネル」(トンネル部分約1・8キロ)は、長らくストップしていた事業を特例債の活用で再開し実現した。

 朝日トンネルはもともと県の事業だったが、約55億円の事業費に両市の特例債や国の交付金を充てた。石岡、土浦両市は合併した相手同士ではないものの、広域的な地域振興につながるとして特例債を活用。調査設計や工事は県が受託して事業を進めた。

 合併特例債の活用は市の事業に限定されるため、県道を市道として認定し、「新市建設計画」にトンネル整備を盛り込む必要がある。その上で、県が合併支援事業として対象路線に指定し、市の負担の一部を助成する。

 石岡市(旧八郷町)と桜川市(旧真壁町)を結ぶ「上曽トンネル」(トンネル部分約3・5キロ)も、同じ仕組みで事業再開に向けた動きが進んでいる。

 真弓トンネルについて、今月8日の県議会一般質問で、富永幸一県土木部長は「日立市と常陸太田市の交流促進など、大変大きな効果が期待できる。ルート実現に向け、両市とともに最大限努力したい」と答弁した。(黒崎哲夫)

1156 どんぐり :2018/01/18(木) 03:34:03
ひたち野うしく、旧茎崎町、つくばみらい市を繋ぐ東西道路の整備は、このスレッドでも何度か必要性を書き込みしてきたが、地元の協議会からも県へ要請することに。
果たして、実現するのはいつ頃でしょうね。
___
6号牛久土浦BPを促進 牛久市・つくば市 つくばみらい市 交通体系整備促進協が要望
日本建設新聞社 [2018/1/16 茨城版]
http://www.jcpress.co.jp/wp01/?p=19851

牛久市・つくば市・つくばみらい市交通体系整備促進連絡協議会(会長・根本洋治牛久市長)はこのほど、県庁に富永幸一土木部長を訪ね、国道6号牛久土浦バイパスの整備促進と3市を結ぶ新規広域道路の整備、あわせて通学路の安全確保対策や橋梁の長寿命化に必要な予算の確保を求める要望書を提出。

要望内容は、▽一般国道6号牛久土浦バイパス事業化区間の早期整備および未事業化区間の早期事業化▽牛久市・つくば市・つくばみらい市にまたがる広域的な道路の県道路整備構想への位置付け▽通学路の安全確保対策や道路橋の長寿命化対策のための十分な予算の確保──の3点。

3市にまたがる広域的な道路は、「つくばみらい市みらい平地区からつくば市南部の都計道小山・大井線を経由し牛久市ひたち野地区に至る道路」と「つくばみらい市みらい平地区から、県道高岡藤代線、つくば市南部を経由し、牛久沼を横断し牛久市刈谷地区に至る道路」の2路線を、県の道路整備構想に位置付けて実現を図るよう求めた。

1157 とはずがたり :2018/01/29(月) 08:20:38

遊歩道が映ってるけど筑波鉄道跡かな?北条とかあの辺か?

茨城・つくば市で70代男女がイノシシに襲われる
TBS News i 2018年1月29日 01時10分 (2018年1月29日 02時30分 更新)
https://www.excite.co.jp/News/society_g/20180129/Tbs_news_123925.html?_p=all
 

 28日午前、茨城県つくば市で70代の男女2人がイノシシに襲われ、けがをしました。男性は手の指をかまれて切断し、重傷です。
 28日午前10時半ごろ、つくば市・沼田の路上で、自転車に乗っていた70歳の男性にイノシシが突然、後ろから体当たりをしました。

 男性は自転車から降りて逃げようとしましたが、およそ20分間にわたり、イノシシにかまれるなどして襲われました。男性は病院に運ばれましたが、右手の親指をかまれて切断するなど重傷です。

 また、その40分後には、近くを散歩していた73歳の女性も走ってきたイノシシにかまれるなどして、右手の指に軽いけがをしました。警察によりますと、イノシシはいずれも体長およそ1メートルほどで、同じイノシシかどうかは分かっていません。

 警察は周辺の住民らに注意を呼びかけ、今後、市とも連携して対応していくとしています。(28日17:01)

1158 とはずがたり :2018/02/04(日) 20:27:15

2018.2.3 18:07
鉾田-茨城空港北が開通 東関東自動車道の8・8キロ
http://www.sankei.com/politics/news/180203/plt1802030015-n1.html

 茨城県から千葉県内を通じて首都圏を結ぶ東関東自動車道のうち、茨城県内の鉾田インターチェンジ(IC、鉾田市)-茨城空港北IC(茨城町)間の8・8キロが3日、開通した。同区間の事業費は約265億円。

 茨城県内で残る鉾田IC-潮来IC(潮来市)間の約31キロがつながれば、都心とのアクセスが一層向上するが、開通時期は未定。将来的には、農産物出荷や観光への波及効果が期待されるほか、災害時の代替路確保にも役立つとされる。

 石井啓一国土交通相は開通式で「北関東と首都圏を結ぶ広域ネットワークを形成する重要路線。地域産業が大いに活性化する」とあいさつした。

1159 とはずがたり :2018/02/07(水) 17:19:40

つくばの研究者246人「自殺考えた」 最近1年間で
https://news.goo.ne.jp/article/ibaraki/region/ibaraki-105889533.html
08:45茨城新聞

交流協、ストレス調査筑波研究学園都市の研究者らを対象とした職場のストレスや生活環境のアンケートで、最近1年間で自殺を考えたことがあると答えた人が246人に上ることが7日までに、筑波研究学園都市交流協議会のまとめで分かった。同協議会は「各機関でストレスを抱えた職員へのメンタル対策が重要になる」と強調している。
 調査は同協議会の労働衛生専門委員会が5年ごとに実施。今回は昨年2?3月、53機関、1万9481人を対象にネット(無記名)で行い、7255人から回答(回答率37・2%)を得た。
 「これまでの人生で自殺を考えたことがあるか」との問いには、1096人(26・4%)があると答え、厚労省の2016年度自殺対策に関する意識調査結果の23・6%と比べ高かった。さらにこのうち「最近1年以内に自殺したいと思ったことがあるか」の問いには、22・4%の246人があると答え、厚労省調査の18・9%より高かった。
 性別では男性が多く、年代は20?30歳代が目立つ。職種では事務系、研究・教育系、技術系の順で高かった。雇用形態では派遣職員、任期付常勤職員の順で高い。
 職場のストレス要因調査では、男性、30代、教育・研究系は質量ともに困難な仕事をこなしているが、裁量度があり達成感が高い一方、女性や事務職は達成感が少ないことが分かった。
 同委員会委員長の笹原信一朗筑波大医学医療系准教授は「職員の半数近くが心理的ストレス反応を抱えている。1年以内に自殺を考えた人が246人いたのは衝撃。各機関ではストレスチェックを行っており、リスクを抱えた職員がいることを各機関のメンタル対策で把握し、十分対応を取る必要がある」と話した。
 同委員会は2月初旬に会合を開き、結果を報告して対応を確認する。今後、学術的検討も加えた最終報告をまとめ、労働衛生・精神衛生の改善方策に生かす考え。
 一方つくば市の生活環境の満足度調査では、文化活動への満足度は前回調査より3・7ポイント低い79・3%。交通手段は前回より0・4ポイント低い57・5%だった。つくばエクスプレスの開通で電車の満足度は高まったが、研究学園駅周辺など市内の要所で交通渋滞が発生していることが不満の要因となった。治安は83・7%、同市への愛着度は86・3%といずれも過去最高だった。笹原委員長は「学園都市草創期は、つくばシンドロームといって自殺者が相次いだが、都市機能の向上で環境面の改善は進んでいる」と指摘した。
 同協議会は2004年、国公立・私立の大学や研究機関、公益法人、民間研究所、国機関など89機関で構成。研究交流や産学官連携といった活動を行っている。(綿引正雄)

1160 荷主研究者 :2018/05/06(日) 11:34:12

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29834490V20C18A4L60000/
2018/4/25 21:08 日本経済新聞 北関東・信越
水戸京成百貨店、つくば駅前に小型店開店

 水戸京成百貨店(水戸市)は25日、つくばエクスプレスのつくば駅(茨城県つくば市)前の商業施設つくばクレオスクエアキュート2階に「京成百貨店つくばショップ」を開店した。茨城県内にサテライト店を開くのは初めて。2017年2月末に同駅前にあった西武筑波店が閉店したことで、百貨店で取り扱う食品や雑貨への需要が高まっていたことに対応する。

開店した「京成百貨店つくばショップ」では菓子や婦人雑貨などを扱う(25日、茨城県つくば市)

 売り場は165平方メートルで、和洋菓子など食品は300点、婦人洋品雑貨は12ブランドを取り扱う。6月には中元ギフトセンターも設ける予定。

 17年に市内で衣料品や贈答品の販売会を開いたところ、百貨店で取り扱うような商品の購入を希望する声が多かったため、出店を決めた。営業時間は午前10時〜午後8時(キュート休館日は休店)。

 西武閉店後、県内の大型百貨店は水戸市の京成百貨店だけとなった。斎藤貢社長は「つくばショップを契機に県南部の方々に水戸市の店舗を知ってもらえれば」と期待した。早速同ショップで買い物をしたつくば市に住む主婦は「西武閉店後は来客用の菓子は千葉県の百貨店やインターネットで買っていた。今後は全国の菓子などを扱ってほしい」と話していた。

1161 とはずがたり :2018/05/21(月) 23:27:22
佐貫が消えるのは惜しいなあ。

常磐線佐貫駅の改称、20年春に 龍ケ崎市方針
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201805/CK2018052102000144.html?ref=rank
2018年5月21日

 龍ケ崎市の玄関口となっているJR常磐線佐貫駅を巡り、市は改称の時期を二〇二〇年春とする方針を決めた。二〇年春はJR東日本の大規模な機器更新が予定されており、このタイミングに合わせることで費用を大幅に抑えられるとしている。新たな駅名は、市の知名度アップと将来的な定住促進を狙い、「龍ケ崎市駅」にする考えだ。 (越田普之)

 佐貫駅の改称時期は、増税対応でJRのシステム改修が必要だった一七年四月と決まっていた。だが、増税が延期され、改称も先送りとなった経緯がある。改称の必要性を訴えてきた中山一生市長は、昨年十二月の市長選で三選を果たし、今年二月からJRとの協議を再開していた。

 市は十九日に開いた市民懇談会で、改称時期と費用についてJRから数パターンの提示があったと明かした。改称を単独事業として実施する場合、券売機の改修や自動案内放送の変更などに六億円以上かかるが、延期分の増税が見込まれる一九年十月だと四億五千万円、二〇年春では三億九千万円に抑えられるという。

 改称は市の要望を受けてJRが対応する形となるため、費用は市が全額負担する。市は、二〇年春だと財政的なメリットが大きく、確実性の面でも一九年十月よりも優位と強調。その上で「遅れれば遅れるほど費用がかさむ」とし、市民の理解を求めた。

 市では、六月の定例市議会で必要経費を盛り込んだ補正予算を成立させ、七月ごろまでにJRと協定を締結したい考え。一方、JRの駅舎に併設されている関東鉄道竜ケ崎線の佐貫駅については、改称を求めない方針だ。

 JR水戸支社によると、常磐線では〇四年、十王町(現日立市)の川尻駅を十王駅に改称している。

1162 とはずがたり :2018/05/27(日) 18:25:13

https://twitter.com/frNK9ksNMkn3514/status/999439031338348544
関鉄レールファンCLUB【公式】
@frNK9ksNMkn3514

[#龍ケ崎市地域公共交通活性化協議会]事業者、関係組織、商工、学校等で構成する龍ケ崎地域公共交通活性化協議会(十文字義之会長)は23日、同市役所で会議を開いた。旧年度事業報告、決算、今年度計画、予算等の議案を全て承認し、今年度竜ヶ崎線に係る16の施策のうち7事業を取り組むことで採択した。

16:56 - 2018年5月23日

1163 とはずがたり :2018/06/07(木) 21:42:22
数十秒早く発車で鉄道会社が「大げさ」に謝罪するワケ 実は遅れより重大な問題が
2018年6月6日 乗りものニュース
https://www.goo.ne.jp/green/column/trafficnews-80623.html


列車が数十秒早く発車したことで鉄道会社が「大げさ」に謝罪し、そのことが海外でも話題になりました。実は鉄道会社にとって「早く発車」は「遅れて発車」よりも重大な問題をはらんでいるため「大げさ」に謝罪したといえます。それはなぜなのでしょうか。

「大げさ」な謝罪が海外でも話題に
 2017年11月14日、つくばエクスプレス(TX)の下り列車が南流山駅を定刻より約20秒早く発車したとして、TXを運営する首都圏新都市鉄道が謝罪文を発表したという「事件」がありました。秋葉原発の守谷行き普通列車が、本来9時44分40秒に発車するところを、9時44分20秒に発車してしまったというのです。

 乗客から苦情はなかったとのことですが、TXでは2016年6月27日にも北千住駅で上り快速列車が定刻より30秒早く発車。再発防止策を進めていた最中ということもあり、発表に至ったものと思われます。

 ただ、こうしたことはTXに限った問題ではありません。2018年5月11日には、東海道本線(JR琵琶湖線)能登川駅で下り米原発の西明石行き新快速電車が、7時12分0秒に発車するところ、25秒早い7時11分35秒に発車していたとしてJR西日本が謝罪文を発表しています。

 このように、所定の発車時刻よりも早く列車が出発してしまうことを、運輸業界では「早発(そうはつ)」といいます。

 秒単位のミスであっても謝罪文を発表する鉄道会社の姿勢には、普段時間にうるさい日本の鉄道利用者たちも驚いたようで、SNS上では「そんなことで謝らないといけないのか」「大げさすぎるのでは」といった投稿が飛び交いました。

 日本人でも驚くのですから、海外の人々にとっては更に理解不能な話です。海外のSNSユーザーのあいだで「日本人の時間感覚はおかしい」「うちの国ではどれだけ遅れても謝罪などない」「そもそも時間通りに列車が来ないのだから早く出発するはずなどない」などと話題になり、それを英国のBBCニュースや米国のニューヨーク・タイムズが取り上げるなど、世界規模の「事件」になってしまったのです。

「早く発車」は禁止されている
 鉄道会社はなぜ、このような世界が驚くような「大げさ」な謝罪文を出したのでしょうか。実は鉄道会社にとって早発は、遅延よりも許されない行為とされています。

 多くの人は「20秒早く発車するより3分遅れる方が迷惑だ」と思ったかもしれません。確かにどちらも利用者にとっては迷惑なことですが、鉄道会社にとっては大きな違いがあります。早発は法令で明確に禁じられているからです。

 鉄道輸送における旅客の安全や円滑な利用を確保するために定められた「鉄道営業法」という法律があり、さらに細かい運送条件を定める省令として「鉄道運輸規程」があります。この第22条に「鉄道ハ時刻表ニ指示シタル列車ヲ其ノ時刻前ニ出発セシムルコトヲ得ズ」、つまり「早発してはならない」と、はっきり記されています。以下略

1164 荷主研究者 :2018/06/21(木) 23:28:40

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31514700X00C18A6L60000/
2018/6/7 22:48 日本経済新聞 北関東・信越
TX、20年度に経常益77億円 新車両デザインも公表

 つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道(東京・千代田)は7日、2020年度を最終年度とする中期経営計画を公表した。乗客数の増加を見込み、営業収益は17年度実績比8%増の484億円、経常利益は同26%増の77億円をめざす。輸送力増強に向け新型車両を投入するなど、設備投資額は今後3年間で計300億円と過去3年間に比べ倍増させる。

2020年春に導入する新型車両「TX―3000系」のイメージ図(首都圏新都市鉄道提供)

 同社が中期経営計画を公表するのは今回が初めてだ。沿線開発の進展を受けて、20年度の1日あたりの平均乗車人数は40万人に増える見通し。安全・安心な鉄道輸送やサービスの充実などを通じて、経営基盤の強化を進める。

 20年3月に5編成を導入予定の新型車両「TX―3000系」のデザインも公表した。外観は先頭車両前面のくさび形の傾斜を強くするなど、現行車両よりも先鋭的なイメージにした。車内へ防犯カメラや各車両にフリースペースを設けるほか、走行時の消費電力量も低減させる。

 新型車両の投入などで、朝のラッシュ時の1時間の最大運行本数が25本と現行から3本増やせ、混雑率は2割程度緩和するとみている。

 八潮駅(埼玉県八潮市)など8駅でホームドアのセンサーを改良したり、秋葉原駅(東京・千代田)などのホームを延伸したりして駅での安全性を向上させる。柏の葉キャンパス駅(千葉県柏市)などでは商業施設を新設する。

1165 どんぐり :2018/06/25(月) 08:03:30
日刊建設新聞・茨城版
http://www.jcpress.co.jp/wp01/?p=20874
高速鉄道の整備など、「新しい茨城づくり」へ36項目を要望(県の中央要望)
[2018/6/22 茨城版]
県は、31年度の「国の施策及び予算に関する提案・要望」(中央要望)を取りまとめ、20日に都道府県会館(東京都千代田区)で本県選出の国会議員に説明した。
今回の要望は、昨年12月に策定した「新しい茨城づくり」政策ビジョンに基づき、「活力があり、県民が日本一幸せな県」の実現に向けた取り組みを推進するうえで必要となる政策・制度の創設など全体で36項目を盛り込み、このうち10項目を重点要望に位置付けた。重点要望は、治水事業や緊急輸送道路整備、津波高潮対策の推進をはじめ高速道路や鉄道、港湾の整備などを登載。鉄道はTXや地下鉄8号線の延伸をはじめ、国が進める「地方創生回廊」構想で太平洋沿岸地域を縦断する高速鉄道の整備を要望する。
・・・

ええっ、TX延伸構想はどんな内容ですか?つくば駅から北進、それとも東進?
県の執行部さん、国会議員さん、教えてください。

1166 とはずがたり :2018/06/25(月) 14:23:30
>>1165
何処方面やろ,楽しみですね!?
個人的には土浦方面で,筑波山方面へは関鉄経由下妻からが良い♪(関鉄との乗り入れ実現の為にw)

>>1164
秋葉原のホーム延伸するのか〜。
南流山に序でかな?
後は新御茶ノ水と北千住をなんとか実現すれば郊外のおおたかの森と守谷は延伸楽だろうから通勤時間帯の10連運行が行けるぞ☆
なんなら新御茶ノ水と北千住は通過でもええね☆

1167 荷主研究者 :2018/07/07(土) 23:10:37

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32081570R20C18A6L60000/
2018/6/22 0:15 日本経済新聞 電子版 北関東・信越
「科学の街」つくばの表玄関、商業施設撤退相次ぐ
(北関東フォーカス)

http://tohazugatali.web.fc2.com/commerce/20180622L60001-PB1-1.jpg

 国や企業の研究開発拠点が集まる「科学の街」、茨城県つくば市。その表玄関であるつくばエクスプレス(TX)つくば駅周辺で商業施設の撤退が相次いでいる。市は再生に向けて公共施設の導入などの検討を急ぐが、にぎわいを取り戻せるかは不透明だ。一方、市庁舎があり、「副都心」として位置付けられている研究学園駅周辺は人口が増え続けるなど明暗が分かれている。

 「40年以上住んでいるが、こんなに荒れ果てたことはない。市は現実を見ているのか」

 5月下旬、つくば市は都市機能の立地などに関する計画の説明会をつくば駅前の施設で開いた。担当者が同駅周辺を中心市街地の形成を図る「都市機能誘導区域」にすると説明したのに対し、住民からは厳しい声が相次いだ。

 こうした声は周辺の活力低下に対する危機感の表れだ。商業施設「クレオ」に入居していた「西武筑波店」が2017年2月に、「イオンつくば駅前店」は18年1月に閉店し、全館閉鎖に追い込まれた。ランドマークとされてきた「つくばセンタービル」は飲食店街が消えようとしている。本社を構えるライトオンも4月に営業系機能を原宿本部(東京・渋谷)に移した。

 背景にはつくば市が抱える複雑な構造がある。筑波研究学園都市は国家プロジェクトとして1963年の閣議了解を経て整備が進められてきた。80年までに研究機関や大学の移転がほぼ完了し、研究者らが「新住民」として移り住んだ。国際科学技術博覧会が開かれた85年にはクレオが開業。05年にはTXが開通し、同駅周辺は発展した。

 だが、施設の老朽化に加え、05年から国の公務員宿舎の段階的な縮小も始まった。付近の駐車場の使い勝手がよくないことや、駅が地下にあるなど構造的な制約もあり、活力が失われてきた。

 一方、一駅東京寄りの研究学園駅周辺は開発余地が大きく、新たな中心部へと生まれ変わっている。08年には北関東最大級の商業施設「イーアスつくば」が開業し、市内外から年間1200万人を集める。10年には市役所新庁舎が開庁した。TX開通後、利便性の高さから「新々住民」が移り住み、人口の増加が続いている。

 市もつくば駅周辺の活性化に頭を悩ませる。12日にはクレオを市立図書館などとして活用した場合、床の補強などに約22億円かかるとの試算を公表。さらにビル全体の劣化部分すべてを改修すると約52億円もの費用がかかるとした。

 クレオは現在、第三セクターの筑波都市整備が保有する。周辺からは「商業施設として再生させるには採算性が厳しいが、マンションにするなら買い手はすぐにつく」などの声が相次ぐ。そうしたなか、市は購入や賃借などの関与方法を検討するため、6月補正予算案に調査費761万円を計上。年内に調査結果を公表する予定だ。

 市は「中心市街地まちづくりヴィジョン」も7月にもまとめる。強みを持つ科学技術を生かした街づくりを進めることなどで市中心部の魅力を高めようとしている。

 つくば駅周辺には筑波大学が20年にもスポーツの試合などに使う7000〜8000人規模を収容するアリーナ施設を整備する計画などもあるが、にぎわいにどの程度貢献できるかは未知数だ。

 五十嵐立青市長は同駅周辺を「(市内で)唯一、都市機能誘導区域にしたというのがひとつの意思表示」とし、最優先課題として再生に取り組む考え。ただ、「長期的に考えれば、中心部はどこだという問いに対してはつくば駅と研究学園駅が核となってくる」とも話す。科学の街の中心市街地の将来像はまだみえない。

(つくば支局長 浅沼直樹)

1168 荷主研究者 :2018/07/12(木) 22:59:23
>>1167
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32517320S8A700C1L60000/
2018/7/2 22:06 日本経済新聞 北関東・信越
ライトオン、つくばの本社ビル月内売却 土地と建物

 カジュアル衣料品のライトオンは、茨城県つくば市にある本社ビルの土地と建物を31日にも売却する。4月に営業系機能を原宿本部(東京・渋谷)に移転したことに伴い、経営資源の有効活用を図る。譲渡先や譲渡額は公表していない。2018年8月期に譲渡益3億7000万円を計上する見通し。本社機能と併設する店舗は維持する方針。

売却するライトオンの本社ビル(茨城県つくば市)

 本社ビルは7階建てで延べ床面積は約1万2753平方メートル。つくばエクスプレス(TX)のつくば駅前に位置し、06年に完成した。

 4月に事業拡大や流行の変化に対応するため、営業系機能の従業員100人以上が原宿本部に移り、本社ビルの4〜7階が空いていた。譲渡先とは賃貸借契約を結び、2階にある店舗と3階の事務所は維持する方針。

1169 とはずがたり :2018/08/28(火) 17:34:13
都市軸道路だっ♪早く開通させえ。後は利根川渡河だな

4380 名前:荷主研究者[] 投稿日:2018/06/21(木) 23:49:59

http://www.saitama-np.co.jp/news/2018/06/12/10_.html
2018年6月12日(火)埼玉新聞
三郷流山橋、建設へ 23年度までの開通目指す 外環道と常磐道へアクセス向上、渋滞緩和と経済効果に期待

http://tohazugatali.web.fc2.com/road/20180612saitama10.jpg
三郷流山橋有料道路の建設計画

 三郷地域の渋滞緩和や物流の利便性向上を目的に県は、本年度から埼玉・千葉県間を流れる江戸川に架かる「三郷流山橋有料道路」の建設計画に動き出す。

 事業主体は県道路公社(さいたま市浦和区)。工事区間は三郷市前間から千葉県流山市三輪野山までの延長2キロで、事業費は84億円。2023年度までの開通を目指す。

 周辺地域の慢性的な渋滞の緩和や、東京外かく環状道路(外環道)と常磐自動車道(常磐道)へのアクセス向上などによる経済効果が期待される。

 県土整備政策課などによると、三郷市は、つくばエクスプレスの開業により都心と直結し、JR武蔵野線・新三郷駅周辺には一戸建て住宅街と大型商業施設からなる「新三郷ららシティ」がオープンするなど、人口と交通量が増加している。

 現在、三郷市と流山市の間に架かる一般道の「流山橋」は慢性的に渋滞し、地元から新たな橋りょう建設の要望が出ていた。

 同課によると、有料道路は流山橋と並行して整備する。建設は短期間に整備を進めるため、民間からの借り入れが可能となる県道路公社が担う。2車線を予定するが、交通量に応じて4車線化も検討する。

 通行料金は普通車が150円、軽自動車が100円、大型車が250円などで、徴収期間は30年間を見込む。

 開通すれば、現在、渋滞が激しい周辺の四つの橋から、1日当たり計約1万1千台の車が有料道路に流れることが見込まれ、新三郷市街地から流山市街地の車による移動時間も30分から20分に短縮される見通しだ。

 県の試算によると、渋滞緩和による経済効果は1日当たり約140万円で、年間5億円以上の効果が見込まれる。

 今月2日には外環道・三郷南インターチェンジ(IC)―高谷ジャンクション(JCT)が開通。有料道路の整備により、外環道や常磐道へのアクセスも向上し、観光や物流面での経済波及効果も期待できる。

 上田清司知事は同日の定例会見で「(年間5億円以上の経済効果は)単純に渋滞緩和の経済効果だけしか入れていない。実際にはこれの2倍、3倍の経済効果が得られると思う」と述べた。

 県道路公社が管理する有料道路は現在、狭山環状(供用開始1987年)と、新見沼大橋(同96年)、皆野寄居(同01年)の3路線があり、新たな有料道路の建設は皆野寄居以来、17年ぶり。

 県は同有料道路の建設計画について、同意を求める議案を18日開会の定例県議会に提出する。

1170 とはずがたり :2018/08/30(木) 11:24:44

クレオ再生 「市が関与すべき」8割 つくば市意見結果 望む施設は「商業」
https://this.kiji.is/407676418022163553?c=77955783816085513
2018/8/30 08:00
c株式会社茨城新聞社

つくば市が一般から募った同市吾妻の商業施設クレオの再生に関する意見募集で、市の関与の是非を問う質問に対し、約8割の回答者が「関与すべき」と答えたことが29日、分かった。また、クレオに望む施設について複数回答(三つまで)で意見を募ったところ、約8割が、そのうちの一つに「商業施設」を選択した。市が意見募集の結果速報を、市の広報紙「広報つくば」9月号で発表した。

同施設は市中心部のつくばエクスプレス(TX)つくば駅前の商業施設で、西武筑波店、イオンつくば駅前店の閉店などで2月から休館状態。土地建物を所有する第三セクター、筑波都市整備(同市竹園)が後継テナントを探している。市はクレオ再生について積極的関与を検討している。

意見募集は、今月15日まで市ホームページなどで実施し、クレオ跡地に望む施設▽クレオ跡地を望ましい施設にするための市の関与について-などの質問に回答してもらう形で一般からの声を集め、計1242件の回答があった。

市の関与の是非を問う質問に対し、81・7%が「負担額にもよるが、一定の財政負担をしても市が関与すべき」と回答。18・3%が「市場動向に任せ、市は関与すべきでない」を選択した。クレオに望む施設の質問に「商業施設」を選択した人は80・8%だった。

回答者の多くが関与を望んだ結果を受け、市学園地区市街地振興室は「市が民間調査会社に委託している調査結果や今回のアンケートの結果を踏まえ、総合的に判断し、できるだけ早急に(関与についての)結論を出したい」と話した。市では今後、結果の詳細を取りまとめ、市ホームページに掲載する予定。(高阿田総司)

1171 とはずがたり :2018/09/03(月) 19:48:22
JR宇都宮線「新駅」へ始動…周辺まだ畑や山林
2018年08月31日 13時10分
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20180831-OYT1T50057.html?from=yartcl_outbrain1

 2005年9月の合併に伴って、茨城県古河市の新市建設計画に盛り込まれたJR宇都宮線の新駅設置計画が動き出した。「南古河駅(仮称)」予定地は古河駅から南3・2キロ付近の古河市大堤地区。市は課題として収益性、財源、区画整理事業の三つを挙げており、特に約20年前にストップした区画整理事業を実現できるかがカギを握りそうだ。

 新駅は、15両編成の列車に対応した長さ310メートルのホーム2本と、駅の東西を結ぶ自由通路を備えた橋上駅舎が予定されている。

 市は昨年度、9年ぶりの基礎調査を実施。27年の開業を目指す場合、設置費用は前回調査時より57億8000万円多い106億2000万円が必要と試算された。旧総和町が決定した「大堤南部土地区画整理事業(63・4ヘクタール)」が実施できれば、開業時に約7300人の利用者が見込めると推計された。

 市によると、この区画整理事業は、1996年に都市計画決定され、市街化区域に編入されたものの、99年の調査で反対する地権者が2割に上り、合意形成できなかった。いまも事業認定されておらず、予定地周辺は畑や山林のままだ。

 市が5〜7月に基礎調査の報告会を予定地周辺で計8回開いたところ、強い反対意見はなく、参加した約260人の市民からは早期の新駅設置を望む声が多かったという。現在、市民3000人を対象にしたアンケートを行っており、結果が注目される。

 市は収益性について、区画整理事業の実施でクリアできるとみている。新駅の半径2キロ以内は宅地造成などで年2%の人口増が見込まれるといい、区画整理事業で新駅利用者は27年の7298人から37年には8935人に増えると想定。JR東日本から全額負担を求められている新駅の設置費用については経済波及効果などを示し、市民に理解を求めていく方針だ。

 針谷力市長は「新駅設置は新市建設計画の先導的プロジェクト。この事業が進まなければ、他の事業も進まない。市民に情報公開をきちんとしながら、不退転の決意でまちづくりを進めていきたい」とコメントしている。

2018年08月31日 13時10分 Copyright c The Yomiuri Shimbun

1172 とはずがたり :2018/10/19(金) 19:22:00
茨城県が6年連続最下位に… 都道府県 魅力度ランキング
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181015/k10011672111000.html?utm_int=all_side_ranking-access_003
2018年10月15日 15時08分

民間の調査会社が行った、都道府県の魅力度を認知度や地域のイメージなどからランキングする調査結果が15日発表され、茨城県は6年連続で全国最下位という結果となりました。

この調査は東京の民間調査会社、「ブランド総合研究所」が毎年、インターネットを通じて行っていて、ことしは各都道府県ごとの認知度や地域のイメージ、観光に行きたいと思うかなど、合わせて84項目について調査しました。

回答を寄せたのは全国の20代から70代の男女3万人余りで、集計の結果、茨城県は6年続けて魅力度が全国で最下位となりました。

項目別にみますと、茨城県は「ハッスル黄門」などのご当地キャラクターの認知度が7位、「IT先端地域のイメージがある」が6位と比較的高い順位でした。

その一方で、「住みたいと思う」が44位、「魅力的な祭りやイベントがある」が47位と低い結果となりました。

茨城県は、県のインターネット放送局での情報発信を増やすなどPRや魅力度アップに力を入れてきましたが、最下位脱却はかなわず、都道府県別の魅力度の調査が始まった平成21年から10回のうち9回で最下位という結果になりました。

このほか、今回の魅力度ランキングでは、北海道が1位となった一方で、群馬県が42位、栃木県が44位と、茨城を含む北関東3県が引き続き下位に位置しています。
茨城県知事「一喜一憂せずに」
魅力度ランキングが6年連続で全国最下位となったことについて、茨城県の大井川知事は「残念な結果だが、ランキングの順位に一喜一憂することなく、本当の意味で茨城の魅力を増していく政策を続けていきたい。住みやすさの向上や、海外からの観光客の誘致など、やれることはたくさんあると思っている」と話しています。

1173 荷主研究者 :2018/11/03(土) 16:37:23

http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201809/CK2018092902000162.html
2018年9月29日 東京新聞
つくば駅前の西武跡 市、民間と共同購入構想 科学体験施設など入居

 西武筑波店が撤退したつくばエクスプレスつくば駅前の商業施設「クレオ」について、つくば市は二十八日、民間から出資を募って建物を共同購入し、科学の体験施設などを入居させる計画を発表した。市議会全員協議会で明らかにした。 (宮本隆康)

 クレオは、都市再生機構(UR)や市が出資する「筑波都市整備」が所有し、地上八階、地下二階の延べ床面積五万六千平方メートル。昨年二月に西武が撤退し、一月にイオンなど残る店舗も閉店。つくば駅前の空洞化が懸念されていた。

 市によると、計画案では、地元企業や金融機関から出資を募り、クレオの土地建物を購入して保有する「特定目的会社(SPC)」と、運営する「まちづくり会社」を共同で設立する。

 一階はスーパーや温浴健康施設、二階には百貨店機能や自転車の拠点施設、アウトドア体験施設、雑貨店などを誘致する。三階は、世界のおもちゃ体験施設と子どもの遊びスペースに。四階は科学体験教育施設と書店などにする。五階は、科学関連の市立図書館と市役所の窓口機能を開設。五階と六階には、企業のオフィスも設ける。

 購入など初期費用に七十一億円を見込む。市の出資二十億円、民間出資三十億円、残り二十一億円を金融機関からの借り入れで賄う。維持費に年六・五億〜八億円が必要になるが、約九億円の賃料収入を見込む。既に出資や入居を企業に打診している。

 筑波都市整備はクレオのほか、隣接する商業施設の「キュート」と「モグ」も売却したい意向で、マンションにする構想があるという。

 五十嵐立青市長は「市ならではの科学教育や、百貨店機能の要望などを踏まえた。キュートとモグの再生効果もある。短期的利益を求めればマンションになるが、長期的な街づくりを考えた」と理解を求めた。

 市議会全員協議会では「二十億円の投資が市民の理解を得られるのか」「計画通りに入居し、家賃収入が得られる見通しは」などの質問が出た。

 市民説明会を十月十四日午前十時から市役所で開く。順調に進めば、十月下旬に市議会に出資金などの補正予算案を提案。十二月にクレオを購入し二〇二〇年度にオープンを目指す。

1174 荷主研究者 :2018/11/03(土) 17:51:53
>>1173
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201810/CK2018101102000168.html
2018年10月11日 東京新聞
つくば西武跡 市共同購入案 「駅前再生に必要」市長、市民説明会で訴え

クレオ購入計画を説明する五十嵐市長(奥)=つくば市で

 西武筑波店が撤退したつくばエクスプレスつくば駅前の商業施設「クレオ」を巡り、つくば市が民間と共同購入する計画案について、市民説明会が始まった。市民を前に、五十嵐立青市長は「リスクはゼロではないが、駅前再生に必要」などと理解を求めた。 (宮本隆康)

 初回は市大穂交流センターで九日夜に開かれ、市民約五十人が集まり、五十嵐市長が説明。市が関与しない場合、クレオは民間に売却されてマンションになると指摘した。

 「同一世代が同時期に大量に入ると、古いニュータウンのように二、三十年後に苦労する。駅前に魅力がなくなり、街にとって衰退のリスクになる」と購入の必要性を訴えた。

 二年目に黒字にする収支計画について、賃料を周辺物件よりも安く試算し、テナントから入居に前向きな回答を得ているといい「甘い見通しではない」と強調した。

 計画では、科学体験施設や商業テナント、企業オフィスなどを入居させる。筑波大発ベンチャー企業のサイバーダイン(つくば市)が民間出資分の多くを占め、オフィスも置く予定。質疑で「一社に頼り、過剰投資として資金を引き上げられたらどうするのか」と問われ、五十嵐市長は「サイバーダインの現金保有額を考えれば、過剰投資にはならない」などと答えた。

 「科学体験施設で市内の研究機関を活用しないのか」との質問には、「今後さまざまな形で連携したい」と述べた。会場からは「クレオ一棟で駅前の問題は解決しない」「車で行きやすいかがポイント」との意見も出た。

 説明会は十一日に市茎崎交流センター、十四日に市役所と市筑波交流センターで予定。ここで出た意見や市民アンケートなどを踏まえ、市は購入の是非を判断する。

 市は二十億円を出資し、土地建物を購入と保有をする「特定目的会社(SPC)」と、運営する「まちづくり会社」を民間と共同設立する案を示している。

1175 荷主研究者 :2018/11/03(土) 18:44:34
>>1174
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36513180V11C18A0L60000/
2018/10/15 22:00 日本経済新聞 電子版 北関東・信越
つくばの「心臓」再生へ動く
(こだま)

 つくばエクスプレス(TX)つくば駅前にある全館閉館中の商業施設「クレオ」の再生に向け茨城県つくば市が動き出した。まちづくり会社を設立し、年内に取得したい考えを表明した。総事業費70億円の再生計画に五十嵐立青市長は政治生命をかけているという。

 「(クレオに入居していた)西武やイオンがなくなり、最近駅前を人が歩いていない。原宿に移して良かった」。ライトオンの川崎純平社長は4月にクレオの向かいの本社ビルから営業機能を東京・原宿に移し、その後同ビルを売却した。

 クレオは1月に閉鎖した。周辺に目を移すと、「つくばセンタービル」は飲食店街が消えた。国家公務員宿舎は売却で人影はなく、最近廃虚をイメージした撮影が行われている。街路灯も少なく、夜は真っ暗だ。

 「クレオはつくば市の心臓。死ぬのを黙って指をくわえているわけにはいかない」。14日、市役所で開かれた説明会。五十嵐市長はクレオ取得の意義について約1時間熱弁を振るった。詰めかけた市民もおおむね同意する意見が多かった。

 計画は市がサイバーダインとまちづくり会社に出資してリスクを抑えるなど良く練られている。ただ、入居を計画する百貨店や書店はクレオの隣接施設「キュート」に、図書館やスーパーも近くにある。デジタルアートを制作するチームラボ(東京・文京)などの科学教育施設は魅力だが、近くの「つくばエキスポセンター」と競合する。サイバーダインのオフィスを隣の研究学園駅前から移してもライトオンの人員減を補う程度だ。

 第三セクター、筑波都市整備はクレオに加え、キュートなども一括売却したい意向だ。周辺部の機能停止が進むなか、「心臓移植」の一点突破で人々の循環は取り戻せるのだろうか。

 注目したいのは駅前を生かしたソフトパワーだ。市はスタートアップのイベントを7月から開いている。10月には筑波大学出身の若者が起業拠点をオープンした。11月にはワンダーコーポレーションが10万人規模の無料ライブを開く。こうした動きと連携した計画はできないか――。そう思いながら駅から支局までの暗い夜道をきょうも歩く。

(つくば支局長 浅沼直樹)

1176 荷主研究者 :2018/11/06(火) 22:19:18

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36994720W8A021C1L60000/
2018/10/26 22:00 日本経済新聞 北関東・信越
車用安全部品の世界最大手、つくばに研究拠点

 スウェーデンに本社を置く自動車用安全部品の世界最大手、オートリブの日本法人は2019年1月に茨城県つくば市に研究開発拠点を新設する。周辺に研究機関が集積しているほか、東京からのアクセスが良いため同市への進出を決めた。事業費は約70億円で移転者を含め200人を雇用する予定。県は設備投資や人件費などに対し5億4000万円を補助する。

 同社の研究開発拠点「ジャパンテクニカルセンターつくば」はつくばエクスプレス(TX)つくば駅前にあるオフィスビルに設ける。自動運転をはじめ次世代自動車に要求される安全性の高いエアバッグやシートベルトの開発などに取り組む。

 26日にデイル・スティーブン・クック社長が大井川和彦知事と入居予定のビルで会い、補助金に関する認定書が授与された。大井川知事は「つくばビジネスには最適な場所。県として事業の発展を支援していく」と述べた。クック社長は「最先端の技術に対応するためつくばで優秀な人材を採用したい」と話した。

 同ビルはライトオンが所有していたが、今年4月に営業機能を都内に移し、その後不動産関連会社に売却していた。つくば駅前は今年1月に商業施設「クレオ」が閉館に追い込まれるなど活性化が課題となっている。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

小林さんちのメイドラゴン : 1 (アクションコミックス) - クール教信者


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa