したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

鉄道総合スレッド

1 ■とはずがたり :2003/03/10(月) 18:49
貨物輸送,都市高速鉄道スレはありましたが鉄道談義一般が無かったのでたてます。。

2209 とは :2007/12/03(月) 11:25:14
どういうルートで筑波に帰るか迷ってたけど西大寺行き普通がそのまま橿原神宮前行き急行になるとの事。西大寺では京都発奈良行き急行と相互接続。このまま近鉄で三重まで行こう…。
それにしても割と普通にあるんだな。暫く停車するも難波発奈良行き急行が着いたが向こうの扉が開く前に発車。相変わらず接続は悪い。

2210 とは :2007/12/03(月) 14:50:17
東生駒→名古屋:2,300
名古屋→東京:10,030
北千住→つくば:1,000
計:13,330

2211 とはずがたり :2007/12/03(月) 23:49:26
>>2210
通常価格14,340>>2182や桃山経由(昼間回数券無し)14,210>>2043と較べて1000円前後安く出来るだけなのに1時間以上余計に掛かる。。
もう一声安くあって欲しい所だねぇ・・。

2212 小説吉田学校読者 :2007/12/09(日) 08:47:18
周りにゴルフ場もあるんだけど、ゴルフやる人は鉄道利用しないから、再建は厳しいかな。
とりあえず、四季の彩り、日向ぼっこには最高のいすみ鉄道でありますので、そこらへんを売り物にしないとあかんか?

いすみ鉄道 社長公募 10日から コスト意識や柔軟発想
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20071208/CK2007120802070607.html

 いすみ市と大多喜町を結ぶ第三セクター「いすみ鉄道」(大多喜町大多喜)が経営再建に取り組む社長を公募する。期間は十日から来月九日まで。民間の経営感覚やコスト意識、柔軟な発想力などを生かした即戦力としての働きを期待し、「とにかく鉄道を再生してくれる人に来てほしい」と応募を呼び掛けている。
 いすみ鉄道は開業した一九八八年度から赤字が続き、二〇〇六年度の経常損失は一億二千七百万円。民間経営者の登用は存続が危ぶまれる経営体制の見直しとして、県や両市町などで構成する「いすみ鉄道再生会議」が十月に取りまとめた最終報告に盛り込まれていた。
 現在は田嶋隆威・大多喜町長が非常勤で社長を務めているが、新社長は同社に常勤となる。任期は来年四月からの二年間。年間約七百万円の報酬を予定。年齢制限などはない。
 公募の要項と申込書は同社か同社のホームページで入手できる。書類選考を経て、来年二月上旬に面接を行う予定。問い合わせは、同社=(電)0470(82)2161=へ。

2213 とはずがたり :2007/12/10(月) 20:55:23
槙嶺からでは遠大すぎる。日之影〜高千穂間とかに縮小したらどう?路盤も新しい筈。4000万弱じゃ難しいかねぇ。

高千穂トロッコ社存続 清算一転 路線再開を模索 株主総会承認
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071210-00000008-nnp-l45
12月10日17時9分配信 西日本新聞

 宮崎県北部を走る高千穂線の運行再開を目指している民間会社「神話高千穂トロッコ鉄道」(同県高千穂町)は10日、臨時取締役会を開き、最大株主の同町観光協会が求めていた会社清算をしないことを決めた。同社は観光協会を株主から外し、廃線が確定するまで再開を模索する方針。続く臨時株主総会でも承認された。

 同線は一昨年の台風被害で運行停止に追い込まれた。県や沿線自治体でつくる第三セクター高千穂鉄道(同町、TR)は再開を断念。これに代わって同町観光協会が中心となり昨年3月、トロッコ社を設立。全線50キロのうち高千穂‐槙峰間(約21キロ)での運行再開を目指し、開業資金の募金活動(目標2億円)を展開してきた。

 しかし、募金は目標を大きく下回る約3800万円しか集まらず、トロッコ社株式の61%を保有する同町観光協会が11月下旬、運転再開をあきらめ、会社清算するよう求めていた。

 同線所有のTR社は休止にとどめていた高千穂‐槙峰間について休止期限が切れる27日以降に廃止届を国に出す見通しだが、廃線確定までさらに1年ある。トロッコ社はその期間内に再開のめどをつける考えだ。

=2007/12/10付 西日本新聞夕刊=
最終更新:12月10日17時9分

2214 とはずがたり :2007/12/18(火) 01:07:33

結構無理矢理合意したねぇ。
新大阪〜長崎に「かもめ」が走る事になりましょうか?
東京〜長崎・西鹿児島に運転できないかね?8両*2で編成数の問題もクリアできるのでは?

在来線、20年間JRが運行 九州新幹線長崎ルート
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2007121701000524.html
2007年12月17日 20時18分

 未着工となっている九州新幹線長崎ルートをめぐり、佐賀、長崎両県とJR九州は17日それぞれ記者会見し、同ルート開業後も20年間、JRが並行在来線を運行、赤字は両県が負担することなどで基本合意したと正式に発表した。合意を受け政府・与党は、着工条件である沿線自治体の同意が不要と判断する見通し。

 古川康佐賀県知事は「経営分離に反対だった人たちの気持ちにも沿った合意だ。1日も早い着工を期待する」と述べ、金子原二郎長崎県知事は「長年の悲願がようやく一歩踏み出した」と話した。JR九州は「赤字を地元が負担するというので合意した」と説明した。

 合意によると、JRは長崎線・肥前山口−諫早間を14億円で両県に譲渡。運行は20年間維持し、赤字は譲渡金から補てんする。譲渡金の負担割合は今後調整し、21年目以降の運行は再度協議する。
(共同)

2215 とはずがたり :2007/12/18(火) 20:17:51
廃止になった諸ローカル線との整合性が必要である気もする。勿論存続して欲しいのではあるが。

並行在来線対策12道県議長が要望
自民、省庁に
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aomori/news/20071217-OYT8T00642.htm

 整備新幹線開業に伴う並行在来線の問題を抱える12道県の議会議長が17日、自民党本部や財務省、国土交通省を訪れ、合同で要望活動を行った。

 連名で作成した要望書は、並行在来線を巡る現状について、「地方公共団体の財政状況が著しく悪化する中、鉄道の維持存続が強く危惧(きぐ)されている」などと窮状を訴えた上で、〈1〉新幹線開業に伴ってJRから譲り受ける鉄道資産の無償または収益性に基づいた価格での譲渡〈2〉初期投資・維持経費に対する新たな助成制度〈3〉税制上の優遇措置――などを求めている。

 神山久志・青森県議会議長は額賀財務相との会談後、読売新聞の取材に対し「大臣から、地域の財政事情は十分わかっているとの発言があった」と述べ、感触の良さを強調していた。
(2007年12月18日 読売新聞)

2216 とはずがたり :2007/12/20(木) 11:40:15
地域経済が大変そうな地区ではあるな。産業らしき産業もないし。

>同社の年間輸送人員はピークだった一九八〇年ごろの約一千万人から、二〇〇六年は二百七十二万人と約四分の一に激減。
>年間の運送収入は一九八五年ごろの約十七億円から二〇〇六年度は八億七千万円に半減している。
これは酷い。。80年頃なんて数字の感覚だけだと30代半ばの俺にしてみると割と最近な気もするのだが,地方交通機関の利用客が4分の1に成る程遙かな昔なんだなぁ。。

住民悲痛、通院・通学に大影響 全但バス路線縮小問題
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0000776815.shtml

 但馬地域を中心に路線を巡らせる全但バス(本社・養父市)が、全体の約3割に当たる24路線91系統の運行休止計画を発表してから約3カ月がたった。但馬3市2町はそれぞれ代替策の検討を始めており、来年10月に計画通り実施された場合、小中学生の通学や高齢者の通院に深刻な影響が出ることが明らかになってきた。(但馬総局・上杉順子)

 豊岡市教委によると、市の南東部にある同市但東地域の高橋小学校では、全校児童五十二人のうち三十七人が休止対象路線のバスで通学している。十四日夜、同地域で開かれた説明会には住民約百人が出席。相次いで切実な訴えを投げかけた。

 「小学生の母親たちは『バスがなくなったら勤めを辞めて送迎しなければならない』と悩んでいる」「高校生でも冬は雪も深く、自転車通学が難しい」など通学に関する声のほか、「通院で利用する高齢者も多い。高齢化が進む中でバスがなくなれば地域が崩壊する」との嘆きもあった。

 同市は「現状のサービス維持は難しいが、通学面などは何とか確保したい」と説明。集計中の住民アンケートを分析し、年明けにも具体的な代替案の検討を始める。
   ◆    ◆
 全但バスによると、同社の年間輸送人員はピークだった一九八〇年ごろの約一千万人から、二〇〇六年は二百七十二万人と約四分の一に激減。年間の運送収入は一九八五年ごろの約十七億円から二〇〇六年度は八億七千万円に半減している。同社には国や県、各市町からの補助があるが、燃料費の高騰などもあり、経常損益は〇五年度決算で約二億四千万円の赤字を計上。赤字は〇六年度には約二億六千万円に拡大している。

 今回休止対象となった路線や経路は、いずれも利用者数が低迷しており、車内にいる乗客数の平均が一人以下という路線、経路も多い。豊岡市が実施したアンケート調査では、高橋小学校区などの住民のうち、バス通勤をしているのはわずか3%という結果が出た。

 これらの傾向は他地域にも当てはまり、同市の正職員千四十四人中、バス通勤者はたった一人。最終便が午後六時台という路線が多く、職員課は「残業などがあると、帰宅時に困るからだろう。マイカー通勤が多い」とする。

 半面、先のアンケートで、通院している高橋小学校区などの住民の二割が路線バスを交通手段として挙げた。「バスを最もよく利用する」としたのは約百五十人で、その約七割は「ほかに手段がない」とし、生活の足として絶対に欠かせない住民が一定数いることも示している。
   ◆    ◆
 ほかの市町でも協議は進んでおり、香美町は、路線が休止対象となった地域で、町が運行するコミュニティーバスの路線を延長・増便するなどして、通学や通院のための交通手段を確保する-との方針を示した。ただ、いずれの市町も財政は苦しく、「効率を考え、必要最低限のサービスを維持する」などと厳しい選択をせざるを得ないことを示唆している。

 ある自治体の担当者は住民説明会で、「乗らなければなくなると認識してほしい」との言葉を繰り返した。住民側からも「利用者があまりにも少なく、バス会社がやっていける訳がない」との声が出た。

 今後さらに高齢化が進む中で、公共交通の必要性は一層高まることが予想される。行政が力を尽くすことはもちろんだが、住民側も積極的に利用するなど地域全体で取り組まなければ過疎地の公共交通は維持できない状況に追い込まれている。

(12/20 10:08)

2217 とはずがたり :2007/12/21(金) 02:05:11
終電に乗り遅れて取手→つくばタク約1万円。ちょいと高ぇ。。カードも使えないし,うんちゃんも酷い訛り。まぁ会話楽しんできたけど。
守谷からタクの方が安かったようだ。そっちには間に合ったよなぁ・・

上野発
終電
土浦行き 23:42
取手行き  0:23
始発
取手行き  4:30
勝田行き  5:10

秋葉原発
終電
つくば行き 23:30
守谷行き 0:18
始発
つくば行き 5:30

2218 とはずがたり :2007/12/21(金) 22:28:15
額賀のこの発言は国民に対する罪で国外追放少なくとも懲役刑ぐらいには処せるんじゃねーの?

九州、東北に重点配分 整備新幹線の総事業費
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/kumamoto/20071221/20071221_004.shtml

 国土交通省は21日、2008年度に予定している整備新幹線5路線の総事業費3069億円の路線別配分を決めた。07年度比で増加した432億円の7割強を10年度末に完成予定で08年度に工事のピークを迎える東北(八戸−新青森)と九州・鹿児島ルート(博多−新八代)の両新幹線に振り向け、重点配分する。

 内訳は、東北が07年度比90億円増の700億円、九州・鹿児島ルートが同225億円増の1270億円。15年度の完成に向け工事が順調に進んでいる北海道(新青森−新函館)には07年度より78億円増の178億円を配分。

 北陸(長野−金沢)は来年度完成予定の福井駅の整備費5億円を含めて39億円増の911億円とした。

 九州・長崎ルート(武雄温泉−諫早)は本年度と同額の10億円だが、年度末までに工事の認可が出れば、本年度分の予算(10億円)を08年度に繰り越して使える。

2007年12月21日19時39分

新幹線札幌延伸 道内全選挙区で勝たせてくれたら「一発で決まる」 陳情団に財務相(12/20 00:31)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/66847.html?_nva=11

 「(次期衆院選で)北海道全選挙区で与党を勝たせてくれたら、一発で決まりますよ」−。額賀福志郎財務相は十九日、北海道新幹線札幌延伸の陳情に訪れた札幌市議会の与党議員団にこう述べ、地元に注文を付けた。

 整備新幹線の未着工区間の扱いは今後、政府・与党の作業部会が検討するが、新函館−札幌間沿線の選挙区の多くは民主党が議席を占め、地元選出の与党議員が政府への攻勢を強める北陸新幹線とは対照的。

 「新幹線を延ばしたければ選挙協力にまい進せよ、と受け止めた」と陳情団関係者。

 大臣室に並んだ自民、公明の市議会議員約三十人は神妙な表情で聞き入った。

2219 とはずがたり :2007/12/21(金) 22:30:38
全部品川・横浜に停まんのかよ。。まぁ彼処迄停車するようになると全部停めた方が判りやすいわな。。
銀河の廃止は結構ショックだ。最後の寝台急行か。廃止になる前に乗っておきたいけど高いんだよね。

全新幹線品川・新横浜停車 JR春のダイヤ改正
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/kumamoto/20071220/20071220_004.shtml

 JR各社は20日、来年3月15日に実施するダイヤ改正の概要を発表した。

 東海道・山陽新幹線はすべての「のぞみ」「ひかり」が品川駅と新横浜駅に停車。新型車両N700系を3月15日までに上下22本から同43本に増やすなどするため、両駅に停車しても運行時間はほとんど変わらない。

 東京発ののぞみは、岡山行きを17本から4本に減らし、広島行きを16本から30本に増やす。利用が低調な「こだま」は新大阪−岡山など4区間計12往復を取りやめる。

 東北新幹線では、ビジネス客らの需要に応えるため、午前7時台に仙台を出発する東京行き「はやて」を新設する。

 在来線では、利用率が低い寝台列車「銀河」(東京−大阪)、「なは・あかつき」(京都−熊本・長崎)、「日本海2・3号」(青森−大阪)を廃止する。

2007年12月20日18時23分

2220 とはずがたり :2007/12/22(土) 04:09:31
客が増えれば阪神本線に10連が走ることになる?確か尼迄は10連だったよねぇ?

名称「阪神なんば線」 三宮−奈良間70分台に
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/75955/
08/11 12:02更新

 阪神西大阪線の西九条駅(大阪市此花区)と近鉄難波駅(同市中央区)を結び、平成21年春の開業を目指して工事が進む西大阪延伸線(3・4キロ)について、阪神電鉄は9日、路線名を「阪神なんば線」にすると発表した。現在の阪神西大阪線(尼崎−西九条)も含めた名称になる。

 建設中の3つの駅名は、西から順に「九条」「ドーム前」「桜川」に決定。九条駅は市営地下鉄中央線、桜川駅は同千日前線、ドーム前駅は同長堀鶴見緑地線ドーム前千代崎駅の乗換駅になる。
 開業すると、阪神三宮−近鉄奈良で阪神と近鉄の相互直通運転が行われ、昼間帯なら両駅間が70分台で結ばれる。市営地下鉄御堂筋線を利用して乗り継ぐ現在のルートに比べ、約20分短縮されるという。

 西大阪延伸線は戦後間もなく計画され、昭和42年に一部区間で工事を始める予定だったが、地元住民との補償交渉が不調に終わり、長期にわたって中断。その後京セラドーム大阪のオープンや湊町地区(浪速区)の再開発事業で沿線の需要が高まり、平成15年10月に再着工した。
 建設工事は大阪府、大阪市、阪神電鉄などが出資する第三セクター「西大阪高速鉄道」が約1071億円をかけて進めており、運営は阪神電鉄が行う。

安心でっせ 阪神なんば線用の新型電車
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/83926/
09/11 21:47更新

 平成21年春に開業予定の阪神なんば線(西大阪延伸線、尼崎−近鉄難波)で運行される阪神電気鉄道の新型車両1000系が完成し、11日に報道関係者向けの試乗会が行われた。今月下旬以降に阪神本線で先行投入され、阪神なんば線開業後は三宮−近鉄奈良間で特急や急行などとして直通運転される。
 1000系は近鉄への乗り入れを想定し、列車自動停止装置(ATS)など阪神と近鉄で異なる保安機器を両社の方式に対応させた。車体は環境を重視した無塗装のステンレス製。6両編成が基本だが、ラッシュ時には8両や10両での運行も可能という。

 全車両に車いすスペースと非常通報器を配置したほか、扉の開閉を知らせる予告灯を各扉に設置。行き先表示器には見えやすい白色LEDを採用し、安全面やバリアフリーにも配慮している。
 製造費は10両で約12億円。阪神なんば線開業時には70両余りが投入される。阪神電気鉄道車両部の谷山彰紀係長(36)は「阪神と近鉄双方の乗務員が扱いやすいよう運転台のレイアウトなどを工夫した」と話している。

2221 とはずがたり :2007/12/22(土) 04:16:05
【ためされるのは鳩?特急列車車輌?】
間抜けな鳩だね。。弱ってたんかねぇ。

ハト黒こげ、特急遅らせる 運転士「思ったように速度出ない」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/109731/
12/14 18:29更新

 14日午前9時25分ごろ、香川県多度津町のJR予讃線を走っていた岡山・高松発松山行き特急「いしづち7号・しおかぜ3号」の運転士が「思ったようにスピードが出ない」と指令室に連絡した。
 愛媛県の伊予西条駅で8両編成の列車をつなぎ直した際、連結部からハトの死骸(しがい)が落下。スピードは回復したが、約40分遅れて松山駅に到着した。
 JR四国によると、ハトが挟まって連結部の電気系統が接触不良を起こしたとみられ、普段は最高時速130キロのところ、約90キロしか出なかったという。特急のほか2本も最大約50分遅れ、計約200人に影響した。
 特急は岡山、高松から来た2編成を香川県の宇多津駅で連結。ハトはその前の走行中か連結時に挟まったらしい。同社は「極めて珍しい」としている。

2222 名無しさん :2007/12/22(土) 14:04:04
>>2219
神奈川県民だが
今回のダイヤ改正は失敗に終わると思う
朝の新宿行きライナーを削減したが
その分湘南新宿ラインを増やさなかった
あと、北斗星を減らしたのはよいが
北海道内で函館線特急の間隔があいてしまった
など利用者からの不満が出てくると思う

2223 名無しさん :2007/12/22(土) 16:07:25
>>2218
ふむふむ総選挙で民主党が全勝し、民主党政権になれば一発で決まるってわけだ(違

2224 とはずがたり :2007/12/22(土) 20:17:20
大体が元々は迷惑施設と云って廃止求めとったんちゃうんかい。
神戸空港も関空も出来たし廃止して公園都市でも建設した方がええんちゃうけ?

大阪空港「格下げ」へ
大阪・兵庫方針 地元負担受け入れ
http://kyoto-np.jp/article.php?mid=P2007122200063&genre=A2&area=O10&mp=

 大阪府と兵庫県は22日、空港種別の見直しに合わせて大阪空港の整備費の一部を地元負担とする国土交通省案を受け入れる方針を固めた。これまで大阪空港は国が全額負担し管理する第1種空港だったが、事実上格下げになる。周辺市は反発しており、地元負担をめぐる議論は続きそうだ。

 国交省は現行の空港整備法を廃止し、施設の有効活用など管理運営に主眼を置いて空港種別を見直す「空港法」(仮称)の制定を目指しており、2008年の通常国会に法案を提出する。

 国交省は18日、空港周辺の11市で組織する「大阪国際空港周辺都市対策協議会」(会長・藤原保幸兵庫県伊丹市長)に対し、大阪空港を羽田空港などと同格の「拠点空港」に位置付ける一方、整備費は年間約30億円の3分の1を地元が負担する案を正式に提示した。

 苦しい財政状況の大阪府と兵庫県は、地元負担に反対し続けてきた。しかし、年間約10億円の地元負担を5年間に限り約5億円に半減することで国交省と合意し、受け入れに転換した。

 関西空港は8月に2本目滑走路の供用を開始、08年度予算には大阪府が強く要望した第2期空港島の用地造成費用が計上される。府の担当者は「関空を人質に取られており、強く反対できない」と打ち明ける。

 兵庫県には、将来、神戸空港に国際線を誘致したい思惑もあり、国との協議に応じざるを得ないとの空気が強まって「負担が生じるなら、県の来年度予算の検討が必要」(空港政策課)との声が出始めた。

 当面、両府県が負担する見通しだが、今後、周辺の市に負担を求める可能性もある。国と地元は、大阪空港を国の直轄空港と定める「存続協定」を結んでおり、周辺市は反対姿勢を崩さない。
 藤原市長は「府や県が負担案を受け入れても、市は断固拒否する」とコメント。大阪府豊中市の浅利敬一郎市長も「存続協定の趣旨からも国の責任で対応すべきだ。費用負担は到底受け入れられない」としている。(共同通信)

2225 小説吉田学校読者 :2007/12/26(水) 07:10:59
ひでぇな〜。日常的に使い回しされているのではないかと邪推したくなる。

機内食から揚げ、食べようとしたら歯形 日航系グアム便
http://www.asahi.com/national/update/1224/TKY200712240152.html

 成田空港を19日に出発した米・グアム行きの日本航空系のJALウェイズ機で、男児に、他の乗客が食べ残した機内食を提供していたことが24日、分かった。客室乗務員が誤って出したもので、歯形がついた豚のから揚げが入っていた。同社は男児と家族に謝罪し、「再発防止を徹底したい」と話している。
 日航成田広報室によると、トラブルがあったのはJALウェイズ941便(乗客、乗員459人)。両親ら計6人で家族旅行中だった千葉県在住の男児に、到着約1時間前に子ども用機内食が出された。豚のから揚げが食べかけなことに家族が気づき、客室乗務員に申し出た。男児は食べなかったという。
 社内調査によると、73食分の子ども用機内食が準備されていた。食事を出す時間に男児が寝ていたため、保管していたはずの男児分がなくなった。客室乗務員があらためて出す際、回収済みだった食べ残し分を新品と間違えた。袋に入ったフォークやナイフが未開封だったため、新品と勘違いしたという。
 日航成田広報室は「大変申し訳ないことをした。全客室乗務員に注意喚起し、再発防止を徹底したい」と話している。

2226 とはずがたり :2007/12/26(水) 08:12:49
>>2225
ありそうっすよね。。気持ち悪いなぁ。。
>日常的に使い回し

2227 杉山真大 ◆mRYEzsNHlY :2007/12/26(水) 15:51:10
戸隠へ夏休みに遊びに行った先で、その戸隠を走る川中島バスの倒産をテレビで見たのが小学生の頃。
その川中島バスを支援した松電=アルピコも債務超過で私的整理なんですから、隔日の感ありって気がしますなぁ・・・・・

アルピコが再生支援要請、八十二銀など支援へ
http://www.shinmai.co.jp/news/20071226/KT071225ATI090023000022.htm
12月26日(水)

 松本電鉄(松本市)などアルピコグループ19社は25日、グループ全体で総額182億円の実質債務超過に陥り、「自助努力では返済できない」(滝沢徹社長)と判断し、主要取引金融機関の八十二銀行(長野市)など8金融機関に金融支援を要請した。同行や投資会社のリサ・パートナーズ(東京)などが支援に乗り出す。支援総額は投資会社も含め200億円超。同時に事業再生計画を発表し、経営効率化で再建を図る。滝沢社長ら現在の経営陣は来年4月に引責辞任する。

 同グループは松本電鉄のほか、バス会社やスーパー、観光事業会社などを中核にした県内有数のグループ企業。グループ各社の営業は継続し、基本的に人員削減も行わない。再建では、企業統治の強化や組織合理化などが課題となりそうだ。

 金融支援は「私的整理に関するガイドライン」に基づき、金融機関に申し入れた。グループの事業再生計画によると、有利子負債610億円のうち、8金融機関に総額152億円の債務免除を要請。うち八十二銀行の債務免除は85億円。このほか、投資会社のリサ・パートナーズが管理する投資組合がスポンサーとなり、同行などとともに総額50億円程度を出資する。同行はこのほか、30億円の債権を株式化する。

 この結果、同行とリサ・パートナーズの両者で同グループの株式の過半数を取得し、経営の主導権を持つことになる。

 同ガイドラインの活用で同日、アルピコ側と八十二銀行が合意。両者で他7金融機関に対し、借り入れ返済の一時停止を通知した。

 金融支援以外では、バス会社の統合や不採算路線の見直しで経営を効率化。小売り事業では不採算店の閉鎖や既存店舗の改装も進め、営業強化を図る。

 同グループの中核企業は、松電のほか、バス会社の川中島バス(長野市)や諏訪バス(茅野市)、スーパーのアップルランド(松本市)、ホテル・旅館など観光事業の東洋観光事業(茅野市)。

 経営悪化の原因については、1980−90年代のホテル、ゴルフ場経営への投資が十分な収益を生み出せず、新規出店・改装など小売り事業への必要な投資が滞り、全体の収益力が低下した、と説明している。今年9月中間期で初めて連結決算をまとめた際、多額の債務超過が判明した。

 同日夜、松本市内の松電本社で滝沢徹社長、八十二銀行の堀籠義雄常務らが会見。滝沢社長は「各社の個々の収益を大切にして、グループとしての財務が悪化した。グループ全体の経営戦略が欠如していた」と述べた。

 また、交通事業の見直しについては「鉄道は基本的に存続していく。路線の効率化もある程度考えるが、地域の利用客が不便にならないように対応する」と述べた。

 リサ・パートナーズは1998年設立。東証1部上場で、全国の地域金融機関と連携して企業再生ファンドを立ち上げている。県内では長野ホテル犀北館(長野市)に出資している。

2228 とはずがたり :2007/12/26(水) 19:45:53
なんだこの資源リサイクル会社みたいな名前は>アルピコ
アルプスから採ったのかねぇ。

それにしてもそんなに大変だったとは。
長野に対して松本の力が又弱くなるのかも。松本には頑張って欲しいぞ。

2229 とはずがたり :2007/12/27(木) 11:25:50

中央東線塩尻−岡谷間で運賃取りすぎ 安い路線パス
http://www.shinmai.co.jp/news/20071227/KT071226FTI090003000022.htm
12月27日(木)

 JR東日本は26日、運賃の異なる2路線に分かれて再び合流する中央東線塩尻−岡谷駅間を通過する列車の利用客から運賃を取りすぎていた、と発表した。自動券売機やインターネットで同区間を経由する乗車券や定期券を購入する際、安い路線を利用した乗客が高い路線の運賃を支払っていたという。

 JR東日本管内で取りすぎの可能性があるのは、2005年2月以降に販売した乗車券303枚と定期券1枚。正しい金額との差は、乗車券では840−150円、定期券は松本−岡谷間で8520円高かった。差額総額は11万8760円。このほか、JR西日本管内の販売分でも12件で計3960円を取りすぎている可能性があるという。

 塩尻−岡谷駅間は、途中にみどり湖駅のみを通る路線と、辰野駅(上伊那郡辰野町)など4駅を通り割高となる通称「辰野線」がある。JR東日本によると、同区間を含む乗車券を購入する際、2路線を選択する画面は「岡谷−塩尻」とあるだけで、購入者側には違いが分からない状況だった。現在は「中央線(辰野線)」と、区別できるようにしている。

 乗車券の販売記録は県内では、塩尻、岡谷のほか、長野、松本、上田、篠ノ井、上諏訪の計7駅であった。JR東日本は、駅で名乗り出た該当者に返金するほか、インターネットやクレジットカードを使って購入した客には調査し返金する。問い合わせは(電話0120・010・762)へ。

2230 とはずがたり :2007/12/27(木) 12:11:50
民間資本を育成していかねばね。
仙台市も市ガス局民営化して東北の総意で東北ガスとか育成したらええんちゃうのん。カメイ辺りと組んで。今更かなぁ

市バス9路線移譲へ 民間3社の新会社に
http://kumanichi.com/news/local/index.cfm?id=20071225200018&cid=main

 熊本市の幸山政史市長は二十五日、民間バス三社でつくる「熊本都市バス株式会社」に、市交通局が運行する第一環状線など九路線を一括移譲する方針を明らかにした。新会社が同日設立されたのに伴う。移譲時期は二〇〇九(平成二十一)年四月を予定しており、路線の詳細などを今後詰める。

 九路線は上熊本営業所本山車庫(旧本山営業所)の管轄。市営バスは川尻市道線など六路線が順次民間三社に移譲されてきたが、営業所単位の「面的移譲」は初めて。移譲後も利用者が「不便にならないようにする」(同市長)ことを前提に協議する。

 同車庫を対象としたことについて、幸山市長は「主にJR熊本駅を起点に市南部方面の路線を管轄しており、今後、新幹線の全線開業などで新たな交通需要が見込めるエリア」と説明した。

 本山車庫には職員五十六人、三十七台が所属。移譲に伴い正職員は配置転換して雇用を確保。嘱託職員については新会社での採用も含め協議する。建物などは新会社に貸し出すことも視野に検討する。

 新会社の資本金は九百万円。熊本電気鉄道、熊本バス、九州産交バスの三社が三分の一ずつ出資。九州産交ホールディングス顧問の山内清宏氏(67)が社長に就いた。本社は同市桜町の九州産交バス本社に置く。

 同市内の路線バスは、市営を含め四事業者が競合し、経営改善などに向けて民間三社は路線移譲を求めてきた。共同運行会社は市側からの路線移譲とバス網の再編を進める狙い。三月に設立を表明し、その後、山内社長を内定していた。

 二十五日は幸山市長と山内社長が市役所で会見。山内社長は路線引き受け後も「利用者が不便にならないよう努力する」と強調。市交通局の残る二つの営業所(小峯、上熊本)が管轄する二十四路線(重複含む)の引き受けにも強い意欲を示した。(前田克)

●本山車庫管轄のバス路線
 第一環状線、楠城西線、流通団地線、秋津健軍線、中央環状線、熊本駅県庁線、長溝団地線、本山車庫線、八王寺環状線

2231 とはずがたり :2007/12/27(木) 14:29:21
31年余の幕閉じる、RAC波照間便 島民ら別れ惜しむ
http://www.y-mainichi.co.jp/?action_article_show=true&article_id=9982
八重山毎日新聞 (2007-12-01 12:37:09)

エ社〜年末から不定期運航へ

 【波照間】琉球エアーコミューター(RAC)は11月30日、石垣波照間便の運航を終えた。波照間空港では午後3時半すぎに離陸した石垣行きの最終便を島民約100人が見送り、31年6カ月で幕を閉じた波照間発着の定期航空路線との別れを惜しんだ。波照間便を不定期航空路線として運航するエアードルフィン社(本社那覇市)は同日、RACからBN2B型機(アイランダー、9人乗り)1機の引き渡しを受け、年末の運航開始を目指すことになった。当初、2週間程度とみられていた運航空白期間は、1カ月近くに伸びる見通しとなった。

 波照間便は、南西航空(現日本トランスオーシャン航空)が1976(昭和51)年5月20日に運航を開始した。RACは92年11月16日に移管を受けたが、現行の運航体制では満席で運航しても黒字が見込めず、廃止された。これまでに運んだ乗客は延べ23万人。
 エ社は今後、10日間から2週間程度かけて引き渡しを受けたBN2B型機の点検を行う。その後、塗装にさらに1週間程度かかるとみている。
 こうしたことから、エ社は「(25日の)クリスマス明けから仕事納め(28日)の間に波照間便の運航を開始したい。年内には就航する」としている。
 同空港で最終便を見送ったRACの神山正實社長は「31年間、無事故で安全に運航できたのは、県や町、住民の支援のおかげ。感謝している。経営上、現状では運航の継続は難しいが、将来、滑走路の拡張などがあれば、再開もありうる」と話した。

 RACの波照間便はこの日、波照間発石垣行きの臨時便1便を含む5便が運航。波照間空港は、無事故での運航に感謝を示す張り紙が掲示されるなか、最後のフライトを見届けようという地元の人たちや航空ファンでにぎわった。
 石垣からの最終便で波照間に戻ってきた西波照間ヨシさん(85)は「飛行機にはお世話になりました。船に酔いやすいので愛用していました。最後まで最高の乗り心地でした」と話していた。

2232 とはずがたり :2007/12/27(木) 14:31:08
>>2231-2232
いいなぁ。。>12月も半ばを過ぎたが、蒸し暑い日が続く石垣島地方。24日は午後2時22分に最高気温25.6度を記録。平年気温を約4度上回った。汗ばむ陽気に市内では半袖で歩く人の姿も多く見られた。
こっち(ばーつく)は結構寒い。。

ワンマンシステム運航
http://www.y-mainichi.co.jp/?action_article_show=true&article_id=10132
八重山毎日新聞 (2007-12-25 13:16:12)

 28日に波照間便の運航を開始するエアードルフィン社は、パイロットが搭乗手続きの受け付けや乗客の誘導などを行うのだという。波照間便の標準的なダイヤでは、石垣から到着したあと、10分後には石垣へ戻るために離陸することになっている。こうした運航方法が八重山で行われるのは初めてのこと。航空や觀光の関係者からも注目されそう。

 12月も半ばを過ぎたが、蒸し暑い日が続く石垣島地方。24日は午後2時22分に最高気温25.6度を記録。平年気温を約4度上回った。汗ばむ陽気に市内では半袖で歩く人の姿も多く見られた。週間天気予報によると29日ごろまで気温20度を上回る見込み。冬を感じさせない南国石垣島に、市民からは「ロッテキャンプの時にもこれぐらいの陽気になれば選手たちも喜ぶだろう」との声も。

2233 荷主研究者 :2007/12/27(木) 22:08:15

http://jyoho.kahoku.co.jp/member/news/2007/10/20071008t11030.htm
2007年10月08日月曜日 河北新報
宮城・丸森町、団体利用で運賃補助 阿武急行利用促進

 宮城、福島両県を結ぶ第三セクターの阿武隈急行の利用促進を図ろうと、宮城県丸森町は10月から、町民が行事などで団体利用する際、阿武急運賃の半額を助成する制度を導入した。

 町内の3駅(あぶくま、丸森、北丸森)で乗車または降車する4人以上のグループが対象で、片道大人300円、子ども150円を上限に運賃の半額を助成する。家族旅行でも利用でき、丸森―福島駅間(大人片道780円)を両親と子ども2人の4人で乗車した場合、往復で計1800円になる。駅で乗車証明書の発行を受け、役場に申請すれば交付される。通勤や通学の利用は対象外で、申請は一人年2回まで。

 実施主体は町と関係団体でつくる「阿武隈急行線利用促進協議会」(会長・渡辺政巳町長)。従来、阿武急を利用して温泉地などへ行く観光ツアー「町民号」を毎年秋に企画してきたが、参加者が年々減少。「団体旅行という形式がニーズに合わなくなった」として今年から取りやめ、予算を助成制度に振り替えた。

 阿武急は全体的に利用客が減っているが、中でも町内3駅は減少幅が大きい。ピークの1992年には41万4200人あったが、昨年度は24万5300人にまで減少。地域の足として将来も鉄道を維持していくためにも、利用促進が求められている。町しあわせのまちづくり推進課は「マイレール意識を高めるだけでなく、地球温暖化など環境問題を受けて自家用車の利用を見直すきっかけにつながれば」としている。

2234 荷主研究者 :2007/12/27(木) 22:11:27

http://www.sanyo.oni.co.jp/l/news/2007/10/11/2007101110102254013.html
2007年10月11日掲載 山陽新聞
乗車ICカード 明 暗 JR西日本イコカ 県内バス3社ハレカ

好調なスタートを切ったイコカ(写真左)、利用路線が限られて伸び悩むハレカ(写真右)

 JR西日本が、集積回路(IC)内蔵乗車カード「ICOCA(イコカ)」を岡山・広島エリアで導入して約1カ月。これまで2万8000枚以上が販売され、「好調なスタート」という。一方、導入1年が経過した県内バス会社のICカード「Hareca(ハレカ)」は利用路線が限られているため低調。“ハイテクカード”をめぐり、鉄道とバスで明暗が分かれた格好だ。

 ICカードは、乗降時に改札や料金箱にかざすだけで運賃が自動的に精算される。運賃を確かめたり、小銭を出す煩わしさがなくなることから、JR東日本の「Suica(スイカ)」(約2193万枚発行)や阪急、阪神など関西の主要私鉄が導入している「PiTaPa(ピタパ)」(約83万枚発行)など、大都市圏では急速に普及した。

 イコカは9月1日、JR岡山支社管内の山陽、瀬戸大橋線など7路線61駅で利用を開始。初日に限定絵柄カード5000枚が即日完売するなど出だしから好調で、9月末までに定期券機能付きイコカは、切り替え可能な利用者(約6万4000人)の約30%に上った。

 さらに、岡山、倉敷など主要駅や天満屋岡山店内の一部店舗の約60店で電子マネーとして使え、岡山駅前に今秋オープンするビックカメラでも利用可能に。同支社は「対象店舗を拡充し、2年間で計15万枚の販売を見込んでいる」と言う。

 好調なイコカとは対照的に、ハレカはバス各社の足並みがそろわず伸び悩んでいる。

 2006年10月に両備バス、岡山電気軌道、下津井電鉄の3社が導入したハレカは、岡山、倉敷、玉野市の主要バス路線と路面電車で利用が可能だが、8月末までの発行枚数は約7700枚。徐々に増えているものの、1日当たりのハレカ利用者数は全体の3%前後にとどまり、当初見込みの5―10%を大幅に下回った。

 伸び悩む原因として、岡山電気軌道は「ハレカには、どのバスに乗っても使える安心感がないのだろう」と説明。県内にバス路線を持つ8社のうち5社がまだ導入しておらず、全社で利用できるプリペイド式バスカードに比べて不便な面は否めない。

 各社が足踏みするのは、専用機器の設置費が1台数十万円かかる割にメリットが見込めないことが大きい。あるバス会社は「導入は検討しているが…」とした上で「ICカードがあるからといって、すぐに利用者の底上げにつながるとは思えない」と打ち明ける。県バス協会は「全社導入が前提の協会事業だが、多額の費用がかかるので強制はできない」と言う。

 導入した3社では、07年度中にもハレカに定期券機能を付け、従来の紙製定期券を廃止したり、乗り換え時の割引などの特典をPRして他カードとの違いを打ち出していくという。

2235 荷主研究者 :2007/12/27(木) 22:18:27

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200710110085.html
'07/10/11 中国新聞
岡山空港、長距離便低迷
--------------------------------------------------------------------------------
 2001年10月に岡山県が第3種空港として全国で初めて滑走路を3000メートル化した岡山空港で、長距離便の運航が低迷している。延長により離着陸が可能になった大型旅客、貨物チャーター便の発着は6年間で計50便。350億円もの巨額投資に対する効果に疑問の声も上がっている。今年9月末までに欧州や米国などに運航した長距離便は、旅客が22便、貨物が28便。05年度は旅客便がゼロに落ち込むなどしている。

【写真説明】岡山空港の滑走路3000㍍化で実現した「ボジョレ・ヌーボー」の空輸便。04年度以降の長距離貨物便で、唯一の利用となっている(2006年11月10日)

2236 荷主研究者 :2007/12/27(木) 22:29:56

http://jyoho.kahoku.co.jp/member/news/2007/10/20071018t42016.htm
2007年10月17日水曜日 河北新報
秋田内陸線「存続努力を見守って」 県議会調査に住民ら要望

 秋田県議会建設交通委員会は17日、赤字経営が続く第三セクター鉄道「秋田内陸線」の現地調査を行った。廃止を含め、1年以内に判断するという寺田典城知事の方針に対し、地域住民は「存続への努力を見守ってほしい」と要望した。

 北秋田市では、運営会社「秋田内陸縦貫鉄道」(本社・北秋田市)が経営状況を説明し、「列車を走らせるだけで手いっぱい。路線の一部廃止やダイヤの大幅改正は必要」と指摘した。

 市が本年度、小中学生の通学手段を内陸線からバスへ転換し、年間7万人の乗客減となる点を委員が質問すると、岸部陞市長は「乗車率向上のためだと言って、駅への行き帰りに暗い農道を歩かせるなどして子どもを危険にさらすことはできない」と理解を求めた。

 地域で回数券をまとめ買いしている住民からは「存続に向けた努力を沿線に広げようと、活動を始めたばかり。知事は1年以内に判断するというが、もう少し時間がほしい」との声も上がった。

 仙北市では、石黒直次市長が「知事は(存続は)地元の熱意次第というが、内陸線が果たす観光面の役割などを考えれば、県にとっての重要性も大きい」と存続への積極的な関与を求めた。

 内陸線は、鷹巣(北秋田市)―角館(仙北市)間を結ぶ94.2キロの生活・観光路線。

 平山晴彦委員長は「地元自治体や住民の声を聞き、知事に少しでも判断の時間を遅らせるよう申し入れたい」と話した。

2237 荷主研究者 :2007/12/27(木) 22:42:17

http://jyoho.kahoku.co.jp/member/news/2007/10/20071020t12023.htm
2007年10月20日土曜日 河北新報
中国南方航空 仙台―広州線開設 週2便

 中国南方航空(広東省広州市)は19日、仙台―広州線を12月30日から週2便体制で運航すると発表した。譚作成日本支社長が宮城県庁を訪れ、村井嘉浩知事に説明した。仙台空港の定期国際路線就航先は、28日に運航再開の香港線と合わせ9都市となる。

 使用機材は198人乗りのボーイング757―200型機で、毎週水、日曜日に各1往復を運航する。ともに仙台出発は午後2時、到着は午後1時。所要時間は出発便が約5時間、到着便は約4時間を予定している。

 年間の利用者数1万2000人、搭乗率60%を採算ラインと見込む。記者会見した譚支社長は「仙台は観光資源に恵まれ、中国国内の知名度も高い。需要があれば増便も検討したい」と述べた。

 中国南方航空は広州空港を拠点としている。国内線で桂林、海南島など60都市以上、国際線ではパリ、ドバイなどを結ぶ。日本は東京、名古屋、大阪、福岡、北九州に次ぎ仙台が6番目。2003年から仙台―長春線も運航している。

 村井知事は「広州には日本の進出企業も多い。東北のビジネス客が成田を経由せず、仙台から直接行ける意義は大きい。宮城や東北を宣伝し、観光客を呼び込みたい」と話した。

 仙台空港の国際線は現在、ソウル、グアム、北京、上海、大連、長春、台北の7都市。

2238 荷主研究者 :2007/12/27(木) 23:09:13

http://www.kahoku.co.jp/news/2007/10/20071028t13023.htm
2007年10月28日日曜日 河北新報
JR仙台駅前 乗り換え機能再整備 市、懇談会で検討へ

仙台市が交通機能の再編を検討するJR仙台駅西口広場周辺

 仙台市は本年度、JR仙台駅前のペデストリアンデッキ(高架歩道)などを含む西口広場の再整備に向け、本格的な検討を始める。JR線と市地下鉄南北線との乗り継ぎの悪さや、バス乗り場の分散などの課題を分析。有識者による懇談会などを通し、東北の「表玄関」が備えるべき機能を考える。西口広場の機能見直しは1981年の完成以来、初めて。

 仙台駅は、市地下鉄南北線と合わせて一日当たりの利用者が11万人を超える。しかし、JRと南北線との乗り換えルートが複雑で分かりにくい上、東口には改札口がないため利用者は迂回(うかい)せざるを得ない。

 高速バスを含むバスの発着は一日5000本を超すが、バス停は駅の西口と東口を合わせて約50カ所に分散。タクシープール(80台)は客待ちタクシーを収容しきれず、周辺の渋滞も慢性化している。

 宮城球場(宮城野区)に本拠地を置くプロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスの試合開催時には、東西連絡自由通路が混雑する問題も浮き彫りとなっている。

 仙台市が建設を進める地下鉄東西線が2015年度に開業を予定。「中央南地区再開発構想」など、駅周辺で今後も大型ビルの建設が見込まれることなどから、市は交通機能や公共的施設の再配置の検討が不可欠と判断した。

 市は、大学教授ら有識者による懇談会を11月から来年3月まで4回程度開催し、再整備の方向性を模索する。JRやバス事業者など関係機関による検討会議を設置し、市民の意見も募って、来年度中に「交通施設配置計画」を策定する。

 市交通政策課は「交通機能だけでなく、イベント広場の整備なども含め、仙台駅の『新たな顔』づくりを議論したい」と話している。

2239 荷主研究者 :2007/12/27(木) 23:12:29

http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20071030101.htm
2007年10月30日02時49分更新 北國新聞■石川のニュース
◎「ちょいのり」運賃100円 金沢市、1日からの環状バス実験 利用客掘り起こし

 金沢市内で十一月一日から運行実験が始まる環状バスで、四区間までの「ちょいのり」を百円とする運賃体系が試行されることになった。「ワンコインバス」の気軽さを前面に打ち出し、多少の距離なら歩く人を取り込み、乗り換えの利便性も高める。郊外を含む路線での短区間乗車の大幅な割り引きは石川県内で例がなく、市はバス利用客を掘り起こし、バス事業者による本格実施につなげたい考えである。

 運行実験ルートは金沢駅西口から長田、大豆田、入江などを通り、小立野古府線の押野陸橋から泉野を経て平和町(市立病院)に至る約十二キロ。この間であれば、どこから乗車しても四区間まで大人百円、小児は半額の五十円で済む。

 環状バスは午前七時から午後八時まで、おおむね三十分間隔で双方向で運行される。市の委託を受けて北陸鉄道が運行し、IC乗車券「ICa(アイカ)」も利用できる。運賃百円で一円分の「エコポイント」も付加される。実験は来年二月末まで実施される。

 金沢市内では、北陸鉄道が中心部の香林坊―南町―武蔵ケ辻の限定二区間で路線バスの運賃を百円としている。市は「香林坊―武蔵ケ辻間の実績を見ても利用者が増える可能性は大きい」(交通政策部)と指摘。日ごろ徒歩で公共施設や買い物に出掛ける人が、天気の悪い日や疲れた時はバスに乗るなど、従来はバスを使わなかった層の利用拡大に期待を寄せる。

 「ちょいのり」運賃は市が昨年度末にまとめた新金沢交通戦略でも利用促進策として盛り込まれている。初の「ノーマイカーデー」が実施される十一月十一日には市内の路線バス運賃が半額となる。市は料金低減で市民の公共交通利用を促し、まちなか区域へのマイカー流入抑制などにつなげる。

2240 荷主研究者 :2007/12/27(木) 23:14:57

http://www.niigata-nippo.co.jp/pref/index.asp?cateNo=1&newsNo=3705
新潟日報 2007年11月1日
新潟市で基幹バスが運行開始

 JR新潟駅を起点に新潟市中心部を循環する基幹バス「りゅーとリンク」が1日、運行を始めた。同駅前のバスターミナルでは出発セレモニーが行われ、運行事業者の新潟交通や市の関係者らが、真新しいバスを拍手で送り出した。

 バスの運行は、バスを生かした環境に優しい都市づくりを目指して、市が国の指定を受けた「オムニバスタウン計画」の一環。新潟駅前から古町、市役所、県庁を経由し、同駅南口と市民病院にそれぞれ向かう便、同駅南口と市民病院を結ぶ便があり、20分間隔で運行する。

 市は、運行開始に合わせ、専用の低床バスを10台導入した。車体には赤やオレンジ色の夕焼けの中を白鳥が飛んでいる絵が描かれ、「オムニバスタウンにいがた」の文字が入る。車内には、乗り換え案内と市政情報を流す液晶画面を、前部と中央部に2つ設置した。2009年までに、路線内の便はすべて専用車両に入れ替える予定だ。

 セレモニーでは、篠田昭新潟市長が「公共交通が便利になったと感じてもらえると思う。ご愛用をお願いしたい」とあいさつ。新潟交通の金子仁社長、車体をデザインした専門学校生の斎藤陽香さんらがテープカットを行い、鮮やかなバスの出発を見送った。

 乗車した同市西区の会社員男性(39)は「さまざまな場所に止まり便数も増えたので、使いやすいし、地域の活性化にもつながると思う」と期待していた。

2241 荷主研究者 :2007/12/27(木) 23:15:48

http://www.hokkoku.co.jp/_today/E20071101002.htm
2007年11月1日16時18分更新 北國新聞■石川のニュース
◎「ちょいのり」」実験開始 金沢市の循環バス 駅西口―平和町 4区間100円

 金沢市内で一日、環状バスの交通実験が一日始まり、沿線住民や通勤客らが早速利用した。環状バスは、来年二月までJR金沢駅西口―平和町(市立病院)を三十分おきに運行し、運賃は四区間までの「ちょいのり」が手ごろな大人百円に設定されている。

●30分間隔、1日50便

 金沢市の交通政策の一環で、環状方向に走るバス路線の需要を探るほか、都心部から放射状に延びる従来のバス路線を環状方向につなぎ、乗り継ぎの利便性を高めることで、バス利用客を掘り起こす。

 ルートはJR金沢駅西口から長田、大豆田、東力などを通り小立野古府線の押野陸橋、泉野を経て平和町に至る約十二キロ。平日午前七時―午後八時に双方向合わせて一日五十便運行する。運賃は四区間まで大人百円・小児五十円、四区間を超えると大人二百円・小児百円または大人二百三十円・小児百二十円となる。

 この日午前の便は一便当たり数人程度の乗車とやや少なめだったが、午前十時過ぎに利用した主婦(73)=同市久安五丁目=は「従来のバス路線で西金沢や押野の友人宅に行くには遠回りだったが、環状バスができて行きやすくなった。頻繁に使いたい」と喜んだ。午後には平和町バス停で出発式が行われた。

●みどり線で増便

 路線バス「みどり線」の増発実験も始まった。来年三月まで平日の双方向で計十八便増やす。路線上にある西部緑地公園テニスコート駐車場を利用した三十区画のパーク・アンド・ライド(P&R)も開始された。

 このほか、市内と野々市町内に新たに四カ所のP&R駐車場が新設された。

2242 とはずがたり :2007/12/29(土) 16:58:14
やむを得まい。

高千穂鉄道:高千穂−槙峰約21キロ、廃止届を提出 /宮崎
http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20071228ddlk45020482000c.html

 第三セクター、高千穂鉄道の内倉信吾社長(高千穂町長)は27日、福岡市の運輸局鉄道部を訪れ、08年12月28日を廃止日とする高千穂−槙峰約21キロの廃止届を提出した。槙峰−延岡約29キロは既に廃止が確定している。

 同鉄道部は、1月初旬に廃止届を公示し、2カ月をめどに沿線の利用者団体などに対し、代替交通の確保や廃線の繰り上げが可能かどうかなどの意見を聴取する。

 内倉町長は「今後、沿線自治体に譲渡される鉄道資産については、町民の役に立つよう使っていきたい。一部には鉄道公園化の案もあるが、(それに)町でかかわるかどうかは、全く決まっていない」などと述べた。【甲斐喜雄】

毎日新聞 2007年12月28日

2243 とはずがたり :2007/12/30(日) 13:19:23

関空連絡橋3月完成 強風ニ負ケヌ橋二変身
http://mytown.asahi.com/osaka/news.php?k_id=28000000712260003
2007年12月26日

 関西空港と対岸のりんくうタウン(泉佐野市)を結ぶ連絡橋(3750メートル)で、鉄道が通る部分を防風柵(さく)で覆う作業が進んでいる。年間約1300万人が利用する関空の大動脈だが、海上にあるため、強風でしばしば電車が運転できなくなるのが弱点だった。来年3月の完成後は、規制値を秒速26メートルから30メートルに引き上げることで、運転中止の回数を今までの3割に減らせる見通しだ。

 JR・南海りんくうタウン駅から関空行きの電車に乗り、橋にさしかかると、窓の外に緑色の柵が立っているのが見える。

 高さ2メートルの金属製。表面は凹凸になっており、無数の穴が開いている。列車から風景を見やすくするための工夫ではない。仮に金属板で完全に覆って風を100%はね返すと圧力がかかりすぎ、橋のほかの構造物に悪影響を及ぼす恐れがあるため、60%を遮るように設計してあるのだ。

 連絡橋は94年の関空開業以来、紀淡海峡方面から吹く強い南西の風に悩まされてきた。関空会社は96年度、特に風の通り道になっている橋の両端部約300メートルに高さ2メートルの柵を付け、規制値を秒速25メートル(台風時23メートル)から現在の26メートルに引き上げた。だが、その後も風による運転中止は絶えず、台風が多かった04年度は19回を数えた。

 このため同社は06年12月から、橋のほぼ9割を柵で覆う工事を始めた。既存の柵も高さを1メートルかさ上げする。事業費は約30億円。現在、上下線とも両端のかさ上げや中央付近の約900メートルが完成している。

 海上での工事のため、風が秒速10メートルを超えれば作業は中断。橋の中央の現場から陸上までは約2キロ離れているため、作業員たちは風が吹く通路上で食事をとることもある。「めったにない大変な現場だと思います」と関空会社鉄道業務グループの浜田政市リーダーは言う。

 完成後は風が秒速30メートルに達しない限りは運転が可能になる。過去の運転中止のうち、30メートルを超えていたのは約3割だったので、年間の中止回数は数回程度に減ることになりそうだ。在来線では国内最高水準の防風性能という。

2244 とはずがたり :2007/12/30(日) 13:56:04
ちゃんと保存できて結構。

浜寺公園駅保存 新駅の「玄関」案
http://mytown.asahi.com/osaka/news.php?k_id=28000000712270002
2007年12月27日

 南海本線の高架化事業に伴って保存活用策が検討されてきた浜寺公園駅と諏訪ノ森駅(いずれも堺市西区)の駅舎が、新駅と一体の形かまたは周辺に移設されて残されることが26日、ほぼ確実になった。いずれも国の登録有形文化財で、明治・大正のレトロな建物。この日の有識者らの懇話会で、浜寺公園駅については新駅のエントランスのように使う案が有力となった。諏訪ノ森駅は、新駅にくっつくように移設する案と、新駅周辺に移設する案に絞られた。両駅については、堺市が有識者や市民委員らでつくる保存活用懇話会を設置し、今夏から検討を重ねている。

 案によると、浜寺公園駅舎は、新駅舎から歩行者用通路がとれるほどの間隔を空けて移設。新駅舎のエントランスのようになり、旧駅舎の中を通って新駅舎へ入るイメージだ。

 この日、委員からは「駅としての機能を残さないと、価値がなくなってしまう」「駅舎と駅舎の間隔はゆとりのある広さがよい」などの意見が出された。

2245 荷主研究者 :2007/12/30(日) 16:46:42

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20071101/CK2007110102060995.html
日航、県の優遇策期待 静岡空港 福岡、新千歳線就航正式表明
2007年11月1日 中日新聞

 日本航空は31日、2009年3月開港予定の静岡空港(島田市、牧之原市)に、福岡線を1日3便(往復)、新千歳線を1日1便それぞれ定期就航させると正式発表した。ダイヤは今後詰めるが、福岡線は朝昼夜に各1便となる。

 これで開設時の運航は、全日本空輸の新千歳線と那覇線(各1日1便)、韓国・アシアナ航空のソウル線(1日1便)と合わせ、1日当たり国内線6便、国際線1便となる。日航が使用する航空機は、新千歳線と福岡線の朝夜2便が「MD81」(座席数163)か「MD90」(同166)、福岡線の昼便は座席数100席以下の小型機となる予定。

 県庁で会見した日航の平田邦夫執行役員は「静岡県の経済力や観光資源を評価した結果」とした上で、県が空港利用料減免などの優遇策を実施することに期待を示した。

 一方、県が就航想定地にする鹿児島について「マーケティングの結果、定期便を運航する確固たる自信がない」と述べ、当面は見送ることを明らかにした。

 平田執行役員は会見に先立ち、石川嘉延知事に路線就航を伝えた。知事は会談後、報道陣に対し「決定していただきありがたい。他路線も可能性を探りたい」と述べ、さらなる路線拡大に意欲を示した。

 就航表明に伴い、県と日航は新たな覚書を締結。新規需要の創出に県内企業と協力して取り組むことや、路線収支の均衡を図るため総合的な運航支援策(優遇策)の実施などを盛り込んだ。

2246 荷主研究者 :2007/12/30(日) 16:49:20

http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=444866004
'07/11/02 山陰中央新報
出雲ー大阪便の増便スタート

出雲−大阪便の8往復便化を記念した出発式で、くす玉を割る関係者=島根県斐川町沖洲、出雲空港

 日本エアコミューター(本社・鹿児島市、JAC)が一日、運航する出雲空港(島根県斐川町沖洲)発着の大阪便を、従来の一日七往復から八往復に増便した。同空港での機材の夜間駐機(ナイトステイ)により、朝夕のダイヤを改善。大阪での最大滞在時間が七時間から十時間に拡大した。

 出雲−大阪便は、プロペラ機のSF3型機(三十六人乗り)と、DH4型機(七十四人乗り)で運航。新ダイヤは、出雲発の始発便が従来より約一時間早い午前七時四十分、逆に大阪発の最終便は約二時間遅い午後七時で、日帰りの出張や観光の利便性が高まった。

 出雲空港であった出発式では、島根県の松尾秀孝副知事が「増便で、関西圏との交流に弾みがつく」とあいさつ。JACの長束隆由社長は「多くの人に利用してほしい」とPRした。

 同社は増便を記念し、年末年始を除き、出雲発の一便を搭乗二十八日前に予約すれば、片道一万七千六百円(大人)の通常料金から60%引きし、七千円とする割引きを来年三月末まで行う。

 同路線は一九六六年に開設し、九四年に年間利用客が二十万人を突破。昨年は十四万人で、利用率は61・9%だった。

2247 荷主研究者 :2007/12/30(日) 17:01:06

http://jyoho.kahoku.co.jp/member/news/2007/11/20071109t71028.htm
2007年11月08日木曜日 河北新報
本州側工事が本格化 トンネルなど着工 北海道新幹線

工事の安全を願って神事のくわ入れをする関係者

 2015年度までの開業を目指す北海道新幹線新青森―新函館間(148.8キロ)のうち、本州初の本体工事となる館沢、館下両トンネルの安全祈願祭が8日、青森県外ケ浜町蟹田の現地で行われた。

 トンネルの全長は館沢が590メートル、館下が440メートル。ほかに高架橋などを合わせた1645メートルが今回の工区で、10年2月の完成を予定している。

 安全祈願祭には工事関係者、地権者ら約60人が出席した。鉄道・運輸機構東北新幹線建設局(盛岡市)の三輪誠局長は「(10年度開業予定の)東北新幹線新青森駅延長工事とともに、着実な進展に向けて努力したい」と話した。

 道新幹線の本州側工事は、青森市から青函トンネルまでの44.06キロ。道側では05年9月に工事が始まっている。

2248 荷主研究者 :2007/12/30(日) 17:03:19

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200711070128.html
'07/11/7 中国新聞
廃線4年 レール全撤去へ
--------------------------------------------------------------------------------
 廃線から間もなく4年になるJR可部線の可部―三段峡間のうち、レールが残っていた広島市内分の撤去が6日、佐伯区の旧水内駅で本格的に始まった。来年3月までに完了する予定で、市は販売収入約1億円を廃線敷を利用したサイクリングロードの整備事業費に充てる。撤去対象は佐伯、安佐北区の総延長16.9キロ。安芸太田町内分の廃線は05年8月、入札で総延長約28キロを売却、昨年3月に撤去を終えている。

【写真説明】レールや枕木などの撤去が始まった旧水内駅そばの廃線区間

2249 荷主研究者 :2007/12/30(日) 17:03:51

http://www.hokkoku.co.jp/_today/E20071112001.htm
2007年11月12日16時52分更新 北國新聞■石川のニュース
◎半額バスにぎわう 金沢市でノーマイカーデー 「ふらっと」無料でほぼ満員

運賃が引き下げられたバスに乗り込む市民=11日、金沢市内

 金沢市が初めて「ノーマイカーデー」に設定した十一日、市内を走るバス運賃が一日限定で大幅に引き下げられた。大人運賃が半額となった路線バスは買い物客や観光客らでにぎわい、終日無料となった市のコミュニティバス「金沢ふらっとバス」は家族連れなどで満員となり、利用者は通常の日曜日の二・六倍に。市はマイカーから公共交通利用への転換のきっかけになることに期待を寄せた。

 大人運賃が半額となったのは金沢市内を走る北陸鉄道と西日本JRバスの路線バスと、北鉄の石川、浅野川両線。小児は五十円均一となった。市が運行する百円均一のふらっとバスは全三ルートでどこまで乗っても無料になった。

 市によると、午前十時から午後七時までに金沢駅、武蔵、香林坊の三カ所でバスを降りたのは一万千七百人で、一週間前の四日の一・三倍と推計される。ふらっとバスの利用者は四千四百人。十月の日曜日平均に比べて金沢駅を通る此花ルートが三・三倍となり、材木ルートは二・八倍、菊川ルートは一・八倍だった。

 ふだんからバスを利用しているという門野良子さん(59)=金沢市加賀朝日町=は運賃半額の取り組みを歓迎し、「きょうはたくさん乗っていた。半額にした効果があったのではないか」と話した。家族四人でふらっとバスに乗りに来たという黒沢克俊さん(37)=同市天神町=は「運賃が安いにこしたことはない。運行本数も増やしてほしい」と要望した。

 山出保市長もこの日は公用車を使わず、バスを乗り継いで公務をこなした。同市長は「こうした取り組みを続けることに意義があり、試行錯誤していきたい」と述べ、今後もノーマイカーデーを実施して市民に公共交通利用を働き掛けるとともに、バス事業者に運賃引き下げなどの協力を求める姿勢を示した。

 ただし、十一日に金沢駅東広場もてなしドーム地下イベント広場で開かれた公共交通利用促進市民会議のパネルディスカッションで、北陸鉄道の宮岸武司取締役自動車部長は運賃引き下げについて「状況は厳しい。相談しながら、できることをしたい」と述べるにとどめ、収入への影響を見極めたいとの姿勢を強調した。

 ノーマイカーデーとなったこの日も市中心部の駐車場入り口付近にはマイカーが長い列をつくり、市民への周知なども今後の課題となりそうである。

 もてなしドーム地下イベント広場ではこの日、交通クイズ大会やふらっとバス利用者を対象にした抽選会が開かれ、市民団体の活動などが紹介された。市は、マイカー利用者が通勤で公共交通を利用した場合の経費や地球温暖化への効果を算出するシステムを展示した。

2250 とはずがたり :2007/12/30(日) 17:24:09
新潟−福岡便、減便提案に新潟県同意
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071222-00000047-san-l15
12月22日7時50分配信 産経新聞

 新潟県は21日、全日空から新潟−福岡便の廃止代替案として打診されていた減便案について、同社側に同意する考えを伝えた。この日の記者会見で泉田裕彦知事は「将来的に必ずしも路線廃止を前提としていない」と提案の受け入れ理由を述べた上で、「中越沖地震を踏まえて対応してもらい、ありがたい」と全日空の対応を評価した。今後は福岡県側と提携しながら「福岡の人にもっと利用してもらえる取り組みに力を入れたい」と意欲を示した。

 全日空側は18日、同便の廃止届を取り下げて現行の1日2往復を1往復に減便し、平成20年4月〜9月まで運航継続する案を県に提示。さらにこの間の搭乗率が70%以上ならば、それ以降も運航を継続させるとしていた。

2251 荷主研究者 :2007/12/30(日) 17:31:52

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200711150163.html
'07/11/15 中国新聞
列車より短いホーム改修へ
--------------------------------------------------------------------------------
 JR西日本は、広島市安佐南区のJR可部線七軒茶屋駅を移設、上八木駅のホームを延長する改修工事を始める。両駅は乗降ホームが、運行する4両列車(全長約80メートル)より短く、これまでホームのないところでドアが開くミスもあった。危険を回避し、乗降できない車両もあった乗客の利便性を高めるためで、来春の完成を目指す。可部線は単線で、1日に運行する列車112本中、主にラッシュ時の約50本を4両で運行している。4両の場合は、上下線とも広島駅寄り1両のドアを開閉せず、乗客は残りの3両から乗降している。乗降に不便が生じ、地元住民などから改善を求める声が上がっていた。

【写真説明】ホームの両端を踏切にはさまれた上八木駅。4両編成の列車の最後尾の車両(写真左)がホームからはみ出す

2252 荷主研究者 :2007/12/30(日) 17:32:55

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200711150090.html
'07/11/15 中国新聞
電飾丘陵公園へ深夜バス
--------------------------------------------------------------------------------
 備北交通(庄原市)は23日から、金、土曜に運行している広島駅―庄原バスセンターの深夜バスを、ほかの平日にも拡大する。同日から、同市の備北丘陵公園のウインターイルミネーションに合わせた公園直通便も運行。電飾期間中は毎日運行する。深夜バスは広島駅を午後11時半に出発。午前1時に三次バスセンター、同1時24分に庄原バスセンターに到着する。料金は通常の倍で、広島―三次は2900円。

2253 荷主研究者 :2007/12/30(日) 17:36:21

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/071016/biz0710161312004-n1.htm
【特報 追う】つながらない「空」と「街」 仙台空港アクセス鉄道 (1/3ページ)
2007.10.14 02:19

 空と街をつなげたい−。今、多くの地方都市が鉄道やバスを活用した「主要駅−空港間のアクセス改善」に取り組んでいる。空港の利便性を高め、観光客誘致や地域経済の活性化を図るのが狙いだ。JR仙台駅と仙台空港を結ぶ「仙台空港アクセス鉄道」もその一環。しかし、開通後半年間の利用者数は当初の目標(1日1万人)を下回る1日7600人と、今ひとつ元気がない。背景を探った。(渡部一実)

 アクセス鉄道は今年3月、「仙台駅−仙台空港が最短17分」をうたい文句に、鳴り物入りで開通。同区間を路線バスやタクシーで移動すれば約40分かかるというから、確かに時間短縮効果は大きい。

 運営するのは宮城県、仙台市、JR東日本などが出資する第三セクター「仙台空港鉄道」(同県名取市)。コンセプトは「空港−駅のスムーズな接続」と「沿線市街地、商業地の活性化」の2本立てだ。つまり、駅、空港の利用者に加え、もともと沿線に住む通勤・通学客、買い物客などの利用も見込む。

 開通前、仙台空港駅の需要予測は、空港利用者の1日4000人に加え、通勤・通学、買い物客らが1900人で合計5900人。だが、実際には、空港関係の利用者は1日3900人で目標に近づいたものの、通勤・通学客は目標の1割にも満たないわずか150人にとどまる。

2254 荷主研究者 :2007/12/30(日) 17:36:48

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/071016/biz0710161312004-n2.htm
【特報 追う】つながらない「空」と「街」 仙台空港アクセス鉄道 (2/3ページ)
2007.10.14 02:19

 同社の担当者や県関係者の話を総合すると、伸び悩みの要因は2つ。住宅地から鉄道駅への交通アクセスの悪さと、高運賃だ。

 仙台空港周辺には名取、岩沼両市の住宅地、工業団地が点在するが、いずれも駅まで直接行けるバスは走っていない。

 同社も開通前からこの“弱点”を把握しており、自宅から駅まで乗用車で行き、駅で鉄道に乗り換える「パーク・アンド・ライド方式」の導入を検討した。しかし、空港駅周辺には国有地が多く、駐車場を確保できなかったという。

 そして運賃。片道で仙台駅−空港駅間は630円、住宅地の多い名取駅−空港駅間は400円。空港駅を利用する通勤客約600人にアンケートしたところ、大半が「高い」と回答した。

 同社の三浦邦夫業務部長はこう嘆息する。「複数の路線を持つ鉄道会社が空港に乗り入れるケースでは(空港線の運賃を抑えても)他線や他事業でコストを吸収できる。でも、うちはアクセス線単独で収支バランスを取らないといけない。どうしても高めにならざるを得ないんです」。

2255 荷主研究者 :2007/12/30(日) 17:37:16

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/071016/biz0710161312004-n3.htm
【特報 追う】つながらない「空」と「街」 仙台空港アクセス鉄道 (3/3ページ)
2007.10.14 02:19

 “苦戦気味”のアクセス鉄道だが、その成否を注視する自治体もある。

 新北九州空港−JR小倉駅(北九州市)を結ぶ「新北九州空港アクセス鉄道」の実現を目指す北九州市。同市物流振興課の担当者は「単に空港と駅をつなぐだけでなく、途中駅を作り、沿線の活性化を目指す仙台の構想は斬新」と評価する。

 一方で、「駅への交通アクセス充実も大事だが、結局は空港利用者の数が物を言う。いかに空港利用者を増やすかだ」とも指摘する。

 全日空が仙台−福岡線の廃止を国に届け出るなど、航空各社が不採算路線の見直しを進める昨今、仙台空港アクセス鉄道はどうやって生き残るのか。

 三浦業務部長は「とにかく既存住宅地からの集客がカギ」と強調する。今後は地元のバス会社と提携し、住宅地と駅を往復する定期バスの運行を検討するほか、空港駅では困難な「パーク・アンド・ライド」を隣接駅で実施する方針という。

                 ◇

 ■仙台空港アクセス鉄道 正確には名取駅−仙台空港駅間の約7.1キロ区間。仙台駅から名取まではJR東北本線に直接乗り入れる。平成3年、仙台空港の滑走路拡張に合わせ、宮城県を中心に空港アクセス鉄道の検討委員会が発足。仙台市営地下鉄の延伸やモノレールなども検討されたが、4年、JR線を分岐し、空港線とすることを決定した。沿線自治体や地銀など117団体が出資する第三セクターが運営する。

 ■空港連絡鉄道 国内では昭和39年開通の東京モノレール羽田線が草分け。バスやタクシーに比べ、(1)渋滞に巻き込まれない(2)輸送人員が多い(3)環境への負荷が少ない−などのメリットがある。羽田のほか新千歳空港(北海道)、成田空港(千葉)、中部国際空港(愛知)、伊丹空港(大阪)、関西国際空港(同)などで運行されている。今後、敷設を検討しているのは、新潟空港、新北九州空港など。

2256 荷主研究者 :2007/12/30(日) 17:37:56

http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2007/11/25/2007112512194121024.html
2007年11月25日掲載 山陽新聞
JR福塩線・福山御幸地区 新駅設置へ地元研究会 26日に設立総会 利用調査など実施へ

住民らがJR福塩線の新駅設置を目指している福山市御幸地区(上の写真)と周辺地図

 JR福塩線に新駅を! 福山市北部の御幸地区の住民らが中心となり、26日に「福山平成大学前駅(仮称)設置研究会」の設立総会を開く。同地区にある同大や中国中央病院、県立ふくやま産業交流館(ビッグローズ)も賛同。アンケートや勉強会を予定しているほか、同市への要望書提出を目指している。

 開発が進む同地区への交通アクセスを高めようと、地元の御幸学区自治会連合会(門井善敬会長)が8年ほど前から、同大北側付近への新駅設置を福山市に要望してきた。だが、同市は「(御幸地区に隣接の)道上―万能倉駅間が約2キロと短い上、駅舎の建設費が自治体負担となることなどから設置は困難」(同市都市交通課)との立場を続けている。

 こうした状況を受け、新駅実現のために地域を挙げて機運を高めようと今春から研究会発足を準備。大学、病院はじめ、近隣住民や線路沿いの地権者に参加を呼び掛け。これまでに約30人が入会を決めている。

 新駅設置に向け大きな課題が近隣駅の利用者の伸び悩み。JR岡山支社によると、2006年度の1日平均乗車人員は道上529人、万能倉が679人。10年前に比べ、道上はほぼ横ばいだが、万能倉は半減している。

 研究会では、新駅の必要性を探るため、同病院の患者や同大の学生を対象に、現在の交通手段や新駅ができた場合に利用するかを尋ねるアンケートを予定。勉強会を重ね、将来的には期成同盟会に格上げし、同市に要望書を提出する。

2257 荷主研究者 :2007/12/30(日) 17:39:19

http://jyoho.kahoku.co.jp/member/news/2007/11/20071128t72021.htm
2007年11月27日火曜日 河北新報
「はやて」利用456万人 ビジネス客伸びる

 JR東日本盛岡支社は27日、東北新幹線「はやて」盛岡―八戸間の開業5年目(昨年12月1日―今年11月30日)の利用客数が、前年比13万人増の約456万人と過去最多を記録する見通しになったと発表した。

 盛岡―八戸間の一日平均の利用客は1万2500人で、在来線時代と比べて65%増えた。ビジネス利用の増加、7―9月の大型観光宣伝「北東北デスティネーションキャンペーン」が要因と分析している。

 盛岡支社は12月1日の開業5周年を記念し、八戸、二戸両駅で青森県産リンゴなどのプレゼントや郷土芸能による出迎えなどのイベントを予定している。

2258 荷主研究者 :2007/12/30(日) 17:43:34

http://jyoho.kahoku.co.jp/member/news/2007/11/20071129t73049.htm
2007年11月28日水曜日 河北新報
仙台―山形蔵王 高速バスを通年運行へ 宮交と山交

 宮城交通(仙台市)と山交バス(山形市)は12月1日、高速バス「仙台―山形蔵王」の運行を始める。同路線はこれまで、山交バスが冬季に限り、スキー客向けの予約制貸し切りバスを運行していたが、ほかのシーズンの温泉客らの需要を見込み、両社共同で通年運行する。

 一日2往復で、仙台発は仙台駅東口を午前8時と午前10時に出発。東北道、山形道を経由し、蔵王温泉バスターミナルに着く。蔵王温泉発は午後3時、午後4時半にたつ。所要時間は1時間半。

 運賃は片道大人1500円、小学生以下は半額。予約制。連絡先は宮城交通仙台駅前西口案内所022(267)1777。

2259 とはずがたり :2007/12/30(日) 19:42:36
wikiに拠ると元々赤字基調で中央高速の開通で高速バスに参入,復活したそうである。
今,バス会社を見ると地方の路線バス事業は潰滅状態であることが判ってやや吃驚するが,ここもその例に漏れず大変だったようである。

直営路線バス、信南交通が撤退へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071230-00000025-san-l20&kz=l20
12月30日7時50分配信 産経新聞

 信南交通(長野県飯田市)は29日、飯田市や下伊那郡内で運行している路線バス全12路線28系統について、平成22年3月をめどに直営での運行から撤退する方針を明らかにした。赤字がかさみ、収益の改善も見込めないためで、27日に開いた取締役会で決定した。

 同社によると、これらの路線バスは年間31万人余りの利用者がいるものの、自治体からの補助も減少する傾向にあり、生じる赤字を収益性の高い高速バスなどで補填(ほてん)している状態。このため、すでに一部で実施している自治体への運行主体の全面移管を目指しており、「沿線自治体と協議し、当社が運行を受託することも選択肢にして、地域の利用者の利便性を損なうことがないように努めたい」としている。

最終更新:12月30日7時50分

2260 とはずがたり :2007/12/30(日) 20:05:57
路線バス直営撤退、信南交通年明けから自治体に説明
http://www.shinmai.co.jp/news/20071230/KT071229FTI090020000022.htm
12月30日(日)

 一般路線バスの直営運行から撤退方針を明らかにした信南交通(飯田市)の中島一夫社長は29日、飯田市内の本社で記者会見し、年明け以降、関係自治体に具体的に説明していくと述べた。一方、利用者には驚きや戸惑いが広がったが、中には乗客が少ない現実から「仕方がない」とあきらめ気味の人もいた。

 中島社長は「もう一民間企業が事業として地域公共交通をやっていくのは無理」とあらためて説明。全12路線28系統の運行主体を自治体などに移管したい考えについて「行政にたくさんお金を出してと言っているわけではない。安いコストで運行できる業者があるなら、切り替えていってもいい」と強調した。

 飯田市の牧野光朗市長はこの日、「正式な話は聞いていない」とした上で「驚いている。市としても地域交通のあり方を一層検討していく」とのコメントを出した。

 年の瀬に伝わった撤退方針のニュースに不安を覚える利用者もおり、市内のJR飯田駅前の停留所で、大型店に向かうバスを待っていた30代女性は「乗る機会も多いので、路線や本数がなくなるようなことは困る」。下伊那郡下条村の男性(75)は路線沿いに病院があることを挙げ、「病院に行くのに使う人が多い。自治体の協力も必要だと思う」と話した。

 信南交通によると、一般路線バスの1台当たりの平均乗車密度は、最も少ない路線バスだと1人に満たない0・6人。市内の女性(70)は、人影が少ない駅前の停留所を見て、「これだけ客が少なければ経営も苦しい。仕方ない」と漏らした。

2261 とはずがたり :2008/01/01(火) 12:44:03
583系は最も好きな車輌の一つだけどひばりは485系↓で走って貰いたかったなぁ。もう残ってないのか?
http://www.uraken.net/rail/alltrain/uratetsu485.html

東北線 特急「ひばり」が復活運転
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20071215007.html

 JR東北線の開通120周年を記念し、1982年に廃止された特急「ひばり」が復活し、15日午前、仙台―上野間約360キロを走行するため仙台駅を出発した。

 特急ひばりは62年4月にデビュー、80年には同区間を1日14往復するなど活躍し、東北新幹線開業に伴い廃止された。その後も復活運転が行われており、今回は2002年以来。70年代に使用された「583系」車両の6両編成で、上野駅には約4時間半で到着。16日に復路を運行する。全席指定席で、1カ月前の発売直後に完売している。

 仙台駅ではこの日セレモニーが行われ、「1日駅長」の梅原克彦仙台市長やカメラを持った多くの鉄道ファンに見送られ、出発した。仙台駅売店や車内では、50―70年代に人気があった弁当の復刻版も限定販売された。
[ 2007年12月15日 09:45 速報記事 ]

2262 荷主研究者 :2008/01/03(木) 00:03:29

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200712010021.html
'07/12/1 中国新聞
可部線の電化延伸求めデモ
--------------------------------------------------------------------------------
 JR可部線の可部―三段峡間の廃止から4年たった30日、広島市安佐北区の旧河戸(こうど)駅周辺の住民約100人が可部―河戸間の電化延伸早期実現を求めて区役所までデモ行進し、秋葉忠利市長への要望書を区に渡した。可部―河戸間1.3キロの電化は住民の長年の悲願。1994年に期成同盟会が結成され陳情を重ねたが、2003年に可部―河戸間も含め可部―三段峡間は廃止された。

【写真説明】電化延伸の早期実現を求めてデモ行進する河戸地区の住民

2263 荷主研究者 :2008/01/03(木) 00:04:14

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20071201/CK2007120102068888.html
2007年12月1日 中日新聞
JR天竜川駅を橋上化 浜松市が周辺道路整備する方針

 JR東海道線によって往来が分断されているJR天竜川駅(浜松市東区天竜川町)周辺の交通をスムーズにするため、浜松市は30日、同駅を橋上駅化し、周辺道路を整備する方針を明らかにした。事業費2040万円で本年度中に基本計画を策定する方針で、既に測量などに取りかかっている。市議会定例会で酒川富雄氏(創造浜松)の代表質問に花嶋秀樹副市長が答えた。

 天竜川駅周辺は東西に延びる線路により、歩行者や自動車は駅の南側と北側を行き来しにくい状態。道路整備も進んでいない。地元住民らが「JR天竜川駅橋上化推進委員会」を組織し、橋上駅の設置を求める要望書を出していた。

 JRの舞阪駅(浜松市西区)と愛野駅(袋井市)は橋上駅になっており、線路をまたいで建てられた駅舎の中を歩行者が通り抜けできる。

 浜松市は、アクセス道路と駅前広場、駐車場なども併せて整備する考え。着工時期、総事業費は未定。本年度に同様の整備を完了する舞阪駅の総事業費は約58億5000万円で、天竜川駅も同程度の事業規模になるとみられる。

2264 荷主研究者 :2008/01/03(木) 00:20:17

http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20071209/CK2007120902070768.html
2007年12月9日 中日新聞
豊科に22日から新規停車 高速バス名古屋線

長野自動車道豊科インターの高速道路わきにあるバス停「長野道豊科」=安曇野市で

 川中島バス(長野市)と名鉄バス(名古屋市)が運行する高速バス長野−名古屋線で22日から、全便が安曇野市の長野自動車道豊科インター内のバス停「長野道豊科」に停車する。

 同線は、善光寺大門と名鉄バスセンターを結び、毎日4往復している。これまでは、長野自動車道姨捨サービスエリア(千曲市)に停車した後は、中央自動車道桃花台(愛知県小牧市)まで直行していた。

 帰省や観光で乗客が増える年末に合わせて、新規停車を始めることにした。松本地区と名古屋を結ぶ高速バスは松本電鉄(松本市)がJR松本駅前のバスターミナルから出しているが、安曇野市に停車するバスは無く、新規需要を見込んでいる。

 長野道豊科から愛知県内までの運賃は、中学生以上が片道3500円、往復5500円で、小学生以下は片道1750円、往復2750円。問い合わせは、川中島バス長野予約センター=電026(229)6200=へ。

 (福岡範行)

2265 荷主研究者 :2008/01/03(木) 00:20:41

http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20071206/CK2007120602069968.html
2007年12月6日 中日新聞
「スクリーン駅」3月開業 近江鉄道・多賀線

 大日本スクリーン製造(京都市上京区)は、彦根地区事業所(彦根市高宮町)北側を東西に走る近江鉄道・多賀線の高宮−多賀大社前駅間に、新駅「スクリーン駅」を建設する。来年3月15日の開業に向けて5日、着工した。

 大日本スクリーン製造の540平方メートルの敷地に、トイレと駅事務所を含む鉄骨平屋の駅舎35平方メートルを建設。建設費約1億円も同社が全面負担する。

 現在、同事業所には協力企業も含めて約1500人が勤務。近江鉄道を利用する約170人は、事業所まで徒歩10−15分ほどの高宮駅で乗降しているが、田んぼのあぜ道を通るため降雨、降雪時は不便をきたしている。

 半導体製造の研究開発施設が年明けに完成し、3月には従業員が2500人に増えることから今年5月、近江鉄道に新駅建設を要請した。通勤利便性向上のほか、マイカー通勤抑制による二酸化炭素排出量の削減、交通渋滞の緩和も図る。

 新駅は500−600人(出社、退社時合わせて1000−1200人)の従業員が利用を予定するほか、一般客も乗降できる。現在は彦根駅から多賀線に乗り入れる電車は平日で1日5往復のみだが、新駅開業後は通勤時間帯に増便し、彦根駅から乗り換えせずに9分で到着できるようにする。

 特定企業のために設けられる近江鉄道の新駅は京セラ前(東近江市)フジテック前(彦根市)に続いて3カ所目。

 (築山栄太郎)

2266 荷主研究者 :2008/01/03(木) 00:25:00

http://kumanichi.com/news/local/index.cfm?id=20071212200005&cid=main
2007年12月12日 07:42 熊本日日新聞
熊本駅〜空港バス、新ルートで8分短縮

 県は十一日、JR熊本駅と熊本空港を結ぶリムジンバスで、時間短縮を目的とした新ルート開発の試験運行結果を発表した。渋滞を避けて熊本交通センターなど熊本市中心部を経由しなかったため、所要時間は現行ルートに比べて平均で八分間短縮したが、乗客数は一便当たり二人前後と伸び悩んだ。

 試験運行は、九州新幹線の全線開業を見据えて熊本空港までのアクセス改善を図ろうと十月一日〜二十一日に実施。同駅から(1)産業道路〜国体道路(2)産業道路〜白山通り〜第二空港線(3)流通団地〜国道57号(通称・東バイパス)〜第二空港線、の三コースで、各一週間ずつ一日七便運行した。

 その結果、平均所要時間は三コースとも四十八分で、現行ルート(駅〜交通センター〜電車通り〜第二空港線〜空港)に比べて八分短縮した。

 一便当たりの平均乗客数は(1)二・一人(2)二・二人(3)一・五人、で、現行ルートの一四・七人を大きく下回った。

 県交通対策総室は「採算面も考慮して新ルートを探っていく。熊本駅からの所要時間を短縮しないと、利用者が福岡空港に流れてしまう。四十五分間を切るルートを開発したい」としている。

 また、十月二十二日〜二十八日にはJR豊肥線の光の森駅(熊本市武蔵ケ丘)と肥後大津駅(菊池郡大津町)から空港までのシャトルバスの試験運行もそれぞれ一日十便実施。一便当たりの乗客数は、光の森駅発着が一・一人、肥後大津駅が三・六人だった。(野方信助)

2267 荷主研究者 :2008/01/03(木) 00:27:39

http://jyoho.kahoku.co.jp/member/backnum/news/2007/12/20071218t52011.htm
2007年12月18日火曜日 河北新報
庄内交通高速バス発着所 駐車スペース倍増 鶴岡
--------------------------------------------------------------------------------
高速バス利用者の駐車場を増やし、ターミナル化を図る庄内観光物産館の停留所

 庄内交通(山形県鶴岡市)は仙台線高速バス利用客の増加を受け、発着所の一つ、庄内観光物産館(同)の駐車スペースを倍増させ、パーク・アンド・バスライド機能を強化した。来年度には地元の温泉行き路線バスも循環させ、庄内地方の観光バスターミナルとしての機能を強化していく。

 今回、駐車場を増設し、12月から計190台分を確保して使用開始した。プレハブだった待合所も鉄骨平屋(115平方メートル)に建て替え、年明けにオープンさせる。整備費は計6000万円で、国と市の補助を4分の1ずつ受けた。

 来年度には市内の湯野浜、あつみの両温泉と結び、路線バスやタクシーへの乗り継ぎ所としても利用する。辻順自動車事業部長は「高速バス利用者の利便性向上とともに、羽黒山などと結ぶ便の発着も検討しながら、観光窓口としての機能を充実させたい」と話した。

 同社の仙台線は1989年、1日4往復で運行開始。宮城交通、山交バスと共同運行し、13往復に増便された。本荘から酒田、鶴岡と経由する本荘―仙台線と合わせると16往復になる。乗客数は年ごとに伸び、昨年は最高の年間18万8000人となった。

 利用が伸び、マイカーから乗り継ぐ形態も増加。特に鶴岡インターチェンジそばの観光物産館は、週末や冬場になると80台の駐車スペースが常時不足する状態が続いていた。

2268 荷主研究者 :2008/01/03(木) 00:28:04

http://jyoho.kahoku.co.jp/member/backnum/news/2007/12/20071219t53017.htm
2007年12月19日水曜日 河北新報
突風予測し運転中止 羽越線で試験導入 JR東日本
--------------------------------------------------------------------------------
 山形県庄内町で2005年12月に起きた羽越線特急脱線転覆事故を教訓に、JR東日本は18日、気象情報から3つの条件を満たし、突風が発生する恐れがある場合に列車を事前に運転中止にするシステムを羽越線などで試験導入すると発表した。

 気象庁の情報を気象情報会社が加工したデータを活用。(1)寒冷前線が通過中(2)約10平方キロメートル以上のエリアで80ミリ以上の雨を降らせる規模の積乱雲が上空にある(3)積乱雲が高さ6000メートル以上―の3条件を満たす場合、その地点を中心に北から南東の半径約38キロの円弧形のエリア内を走る列車を止める。

 JR東日本は01―06年に日本海側とオホーツク海側で起きた6つの突風のデータを調べ、運転中止の条件を決めた。突風が吹きやすい11月から3月の間に羽越線の新津―酒田と白新線(新潟―新発田)で試行、来年1月から実施する。

 また別の強風対策として、風速25メートル以上などで運転中止する規制区間を現在の221駅間からさらに75駅間増やし、風速計を計178基増設する。

 このほか既に防風柵を増設したり、局地的な強風の観測に活用されるドップラーレーダーを鉄道事業者として初めて試験設置し、活用の検討を進めている。

 羽越線事故の原因は調査が進められているが、JR東日本は「強風が要因とみられており、できるだけ早く対策を取りたい」としている。

2269 荷主研究者 :2008/01/03(木) 00:28:32

http://jyoho.kahoku.co.jp/member/news/2007/12/20071221t12038.htm
2007年12月21日金曜日 河北新報
空港アクセス線利便向上 宮城・ダイヤ改正

 JR東日本仙台支社と仙台空港鉄道が20日発表した来年3月15日のダイヤ改正で、仙台空港アクセス線の利便性向上が図られる。仙台支社は東北線名取―仙台駅間について踏切制御を改善し、朝のラッシュ時の踏切遮断時間を短縮する。

 アクセス線では、利用者の少ない早朝時間帯で、上下とも始発の時間を30分程度繰り下げる。飛行機の発着便が多い午前9時台に合わせて、上りは出発前、下りは到着後の時間帯で仙台空港発着本数を増やす。

 夜間は下り最終列車の発車を20分程度繰り下げるなど、通勤や買い物客らが利用しやすいようにする。一部は名取駅で東北、常磐両線との接続時間を縮める。運行本数は上下合わせて一日80本で現行と変わらない。

 アクセス線開通に伴い、踏切の遮断時間が長くなっていた名取―仙台駅間では、南仙台駅構内の中田西浦踏切(仙台市太白区)と名取駅構内の塩手街道踏切(名取市)で、午前7―9時の自動制御を改良する。仙台市の調査で、中田西浦踏切は午前7時台の遮断時間が40分を超えていたが、塩手街道踏切とともに一時間当たり5分程度短縮される見込み。

 今回の改正でアクセス線や東北線、常磐線の一部は利用状況に応じて編成車両数が増減される。

2270 荷主研究者 :2008/01/03(木) 00:29:02

http://jyoho.kahoku.co.jp/member/news/2007/12/20071221t72025.htm
2007年12月20日木曜日 河北新報
東北新幹線の運転時間短縮 JR東・来春ダイヤ改正

 JR東日本は20日、来年3月15日のダイヤ改正の概要を発表した。東北新幹線は東京―盛岡間の所要時間が最大6分短縮されるほか、早朝に仙台発東京行きの「はやて」を新たに運行する。秋田新幹線は盛岡駅で東北新幹線に乗り換える場合の待ち時間が夕方以降は短くなる。

 東北新幹線ではデジタルATC(自動列車制御装置)の全線導入で、列車の減速がよりスムーズとなり、運転時間短縮が可能となった。「やまびこ」は東京―仙台間で最大4分短縮するが、停車駅の少ない「はやて」は東京―八戸間で1分程度の短縮。

 仙台始発「はやて」は今夏以降、帰省客向けや週末に臨時列車として運行していたが、首都圏出張のビジネス客らの要望に応え、仙台発午前7時16分、東京着同9時4分の便を設ける。このほか、土曜休日は運休だった仙台発着の3本が毎日運転に変更される。

 秋田新幹線は「こまち」から「やまびこ」への乗り換え時間を改善。盛岡駅での待ち時間が44―54分あった午後6―8時台の上り3本で「やまびこ」の発車時刻を繰り上げ、最大49分短縮する。

2271 荷主研究者 :2008/01/03(木) 00:30:34

http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2007/12/21/2007122109401018011.html
2007年12月21日 山陽新聞
JR山陽線「西川原駅」 2008年3月15日開業

 JR岡山支社は20日、山陽線岡山―高島間で建設中の新駅「西川原駅」(岡山市西川原)を、来年3月15日に開業すると発表した。

 ダイヤ改定に合わせた開業で、山陽、赤穂線の全普通列車(上下計155本)が停車。岡山までの所要時間は4分、高島までは2分。岡山―高島間の同時間は2分伸び8分となる。予想乗降客数は1日約2000人。

 9月に着工後、現在は駅舎の基礎工事など進め、丸山俊・同支社長は20日の会見で「工事は順調で半分が終了。新駅開業で利便性の向上につなげたい」と述べた。

 西川原駅は高架下に改札や事務室を配置し、上下線にホーム(各145メートル)と上屋(同40メートル)を設置。工事費約2億7000万円は地元の就実学園が全額負担する。駅前整備では、岡山市が駐輪場や4台程度が駐車可能なロータリーを設ける。

 地元から要望があるトイレ設置は計画になく、駅員常駐については同支社が検討している。

2272 荷主研究者 :2008/01/03(木) 00:31:01

http://kumanichi.com/news/local/index.cfm?id=20071220200015&cid=main
2007年12月20日 21:17 熊本日日新聞
熊本駅乗り入れへ 肥薩おれんじ鉄道

 第三セクター肥薩おれんじ鉄道(八代市、嶋津忠裕社長)は二十日、来年三月十五日改正の新ダイヤを発表した。土日、祝日運行の快速列車が朝夕一往復、熊本と鹿児島中央の両駅へ乗り入れを始める。乗り換え不要で所要時間も短くなり、観光客などの利便性が向上しそうだ。

 両駅に乗り入れる列車はいずれも一両で、出水駅(鹿児島県)を午前七時、午後三時台に出発。午前九時と午後五時台に両駅に着いた後、出水まで折り返す。熊本県内の停車駅は八代、日奈久温泉、佐敷、水俣。八代〜熊本間は停車しない。

 おれんじ鉄道とJRを乗り継ぐ現行の所要時間に比べ、佐敷〜熊本間で最短一時間十分かかるのを一時間に短縮。運賃は両鉄道区間それぞれの普通運賃を合算した額になる。現在運行している新八代〜川内間の快速列車は廃止する。

 八代市役所で会見した嶋津社長は「自動車の所要時間と差がなくなり、観光や買い物など週末の利用増につなげたい。将来的には平日乗り入れも目指す」と述べ、年間二万三千人の利用を見込んでいる。(田口貴一朗)

2273 荷主研究者 :2008/01/03(木) 00:32:05

http://kumanichi.com/news/local/index.cfm?id=20071221200004&cid=main
2007年12月21日 08:37 熊本日日新聞
寝台特急「なは」、来年3月廃止

廃止される「なは」「あかつき」=11月、大阪駅

 JR九州は二十日、来年三月十五日のダイヤ改正を発表した。熊本〜京都の寝台特急「なは」、同特急と鳥栖以北で連結する長崎発着の「あかつき」を廃止する。また特急「有明」の午後四時台の一往復を水前寺発着から光の森発着に変更し、光の森発着を八往復とする。

 「なは」の廃止は、利用低迷と車両の老朽化が理由。航空や新幹線の最終便以降に出発し、始発便の前に到着する列車だが、運賃が安い深夜高速バスと競合。二〇〇六年度の一日当たり利用者は往復七十人で、一九八九年度の四百三十九人の六分の一以下となり、定員に対する乗車率も30%程度にとどまった。七〇年代初頭に製造された車両も老朽化している。

 「なは」は沖縄の本土復帰の願いを込めて命名され六八年、新大阪〜西鹿児島(現鹿児島中央)の昼間の特急列車としてスタート。七五年の新幹線博多開業で寝台列車になり、〇四年には九州新幹線部分開業で運行区間を熊本以北に短縮した。

 九州発着の寝台特急は熊本〜東京の「はやぶさ」と大分〜東京の「富士」(門司以北は連結)だけになる。いずれも廃止の方向で検討中。

 ダイヤ改正ではこのほか、博多駅で新幹線「のぞみ」から特急「リレーつばめ」に七〜十九分で乗り継げる接続列車を増便。熊本行き下りは「有明」と合わせ二便多い二十便になる。(本多孝)

2274 荷主研究者 :2008/01/03(木) 00:33:04

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/fukuoka/20071221/20071221_016.shtml
2007年12月21日01時34分 西日本新聞
JR日田彦山線 新駅が3月開業 歓遊舎ひこさん駅

 JR九州は20日、来年3月15日からのダイヤ改正に合わせ、日田彦山線の添田‐豊前桝田間に新駅「歓遊舎(かんゆうしゃ)ひこさん駅」(福岡県添田町野田)を開業すると発表した。また、鹿児島線の「筑前新宮駅」(福岡市東区和白丘)の名称を「福工大前駅」に同日から変更することも明らかにした。いずれも地元の要望を受けての措置だ。

 「歓遊舎ひこさん駅」は駅舎なしの無人駅。ホームなどの設置費用は約7000万円でJR九州が約700万円、残り約6300万円は添田町が負担する。普通列車が上下合わせて23本停車する。

 近くには地元産の野菜などを販売する添田町設置の道の駅「歓遊舎ひこさん」がある。同町は「車を使わない人にも来てもらえれば」などとして、新駅設置をJR側に働きかけていた。

 一方、「筑前新宮駅」の名称変更に伴う各駅の案内板の表示変えなど、必要経費は約5000万円。同駅そばの福岡工業大を中心とした地元有志が全額を負担するという。

=2007/12/21付 西日本新聞朝刊=

2275 荷主研究者 :2008/01/03(木) 00:43:10

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200712210165.html
'07/12/21 中国新聞
新ダイヤ 福山乗り換え楽に
--------------------------------------------------------------------------------
 20日にJR西日本が発表した来年3月のダイヤ改正により、JR福山駅で山陽新幹線の「こだま」に短時間で乗り換えられる便が大幅に増える。新尾道駅や三原駅の利用客の利便が高まる。福山駅では改正後、特急新幹線「のぞみ」との乗り換え時間が15分以内のこだまが、下り線で10本から14本に増える。上り線でも8本から14本に増える。また、初めての三原発の東京行き「ひかり」が、早朝に1本新設される。

【写真説明】三原駅に着いた下りのこだま号。来年3月、福山駅での乗り換え便が増える

2276 荷主研究者 :2008/01/03(木) 00:44:40

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20071221/CK2007122102073982.html
2007年12月21日 中日新聞
ひかり停車 浜松8本増、静岡は3本 JR東海、来年3月ダイヤ改正

JR東海は20日、2008年3月15日に実施する新幹線、在来線のダイヤ改正を発表した。目玉は、浜松駅に停車する「ひかり」8本の増発。上り線で5本、下り線で3本が新たに停車するようになり、計34本となる。 

 浜松駅では、上り線は午前10時台、午後零時台、同2時台、同4時台、同9時台の1本ずつ増発。下り線は午後零時台、同2時台、同4時台に1本ずつ増やす。

 また、新大阪発三島行きの「こだま」(浜松は午後9時36分着)も1本増やし、浜松駅に停車する「こだま」は計66本となる。

 静岡駅に停車する「ひかり」も、上り線で午後10時台に1本、下り線で午前6時台に1本と午後10時台に1本増える。

 ほかにも▽すべての新幹線が品川、新横浜に停車▽東京−岡山間だった「のぞみ」15本を東京−広島間に変更▽朝夕の東海道・山陽直通新幹線を8本増発▽御殿場線と三島を直通する電車を3本増設−など、県内の利用客にとって、大きな利便性向上となる。

 今回の改正について、浜松市出身で東京−浜松間の新幹線をよく利用するという都内の男性会社員(38)は「ひかりは満席のことも多く、こだまで我慢することもあるが、本数が増えれば便利になる。こだまの2時間とひかりの1時間半の差は大きい」と歓迎した。

 たびたび東京に出張するという浜松市の男性会社員(39)は開口一番「昼間の1時間に1本あるのはとてもありがたい。朝の上りのひかりの混雑がひどいので、できれば今後は朝夕の増便もしてほしい」と話した。

2277 荷主研究者 :2008/01/03(木) 00:53:37

http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/economy/article.aspx?id=20071207000305
2007/12/07 18:20 四国新聞
JR高松駅―八幡浜間の高速バス運行開始

 四国高速バス(香川県高松市)と伊予鉄南予バス(愛媛県八幡浜市)は10日から、JR高松駅―八幡浜(愛媛県)間で高速バスを1日5往復運行する。大洲、八幡浜など松山以西の都市を結んでおり、香川県内から出発する高速路線バスとしては、初めて県庁所在地以外を結ぶ路線となった。

 香川と愛媛を結ぶ高速バスは高松駅―松山駅間で1日15往復走っているが、松山以西の地域との路線はない。八幡浜までは電車利用の場合と比べて、バスを利用すると最大約40分短縮できるほか、料金も約2千円安くなる。

 高松―八幡浜間は約220キロで、所要時間は約3時間。停留所は、ゆめタウンや高松中央インターバスターミナルのほか、高速道路内の丸亀、善通寺、観音寺、愛媛県内では、内子、大洲駅など計14カ所。終着は八幡浜駅近くの伊予鉄南予バスの本社。八幡浜までの片道料金は、高松駅4800円、高速丸亀4300円、高速観音寺3800円などとなっている。

2278 小説吉田学校読者 :2008/01/05(土) 20:20:51
>>1944
あれから1年。招き猫の功績大だニャン。駅長室って言ったって、犬小屋みたいなものなのでしょうか。
>>1942のちょっと上、あれから1年。横浜駅はまだ・・・

雑記帳:猫の駅長・たまが就任1年 客招きの功績で昇進
http://mainichi.jp/select/today/news/20080106k0000m040020000c.html

 ◇和歌山電鉄貴志駅(和歌山県紀の川市)の猫の駅長、たまが5日、就任1年を迎え、客招きの功績大として「スーパー駅長」に昇進。平社員から課長職へ出世した。
 ◇同駅前での辞令交付式には300人が集まり、たまは新調した駅帽をかぶり出席。同電鉄の小嶋光信社長からSの字が入った新メダルや、好物のカニかまぼこが贈られた。
 ◇同社によると「たま効果」で売上は7%増。駅舎内に正式に「駅長室」も作る。小嶋社長はネズミのおもちゃもプレゼント。「今年は子年。お客さんもしっかりつかまえて」

2279 小説吉田学校読者 :2008/01/06(日) 11:45:43
私、乗り物の中では、できるだけタバコは吸わないようにしていますが、喫煙者といたしましては、「車内で一服できないイライラ」とは、ニコチン禁断症状のそれではなく、車内では禁煙が強いられるストレスなのです。

喫煙ルーム:近鉄特急に来春導入 関西の大手私鉄では初
http://mainichi.jp/select/today/news/20080106k0000m020104000c.html

 近畿日本鉄道は、特急に、全席を禁煙とする代わりに喫煙ルームを設置した新型車両を導入することを決めた。阪神なんば線(西大阪延伸線、尼崎−難波)が開通し、阪神電鉄との相互乗り入れが始まる09年春に投入する。関西の大手私鉄では初の試みで、「全面禁煙」に踏み切る鉄道会社が多い中、喫煙者への一定の配慮を続け、「分煙」を徹底する。
 近鉄の特急には現在、「禁煙」と「喫煙」の車両があり、一部では車両間のデッキに灰皿を設置。しかし、乗客の通行の際などに、喫煙車両やデッキからタバコの煙が禁煙車両に流れ込み、非喫煙者の受動喫煙を防ぐのが難しかった。
 このため、近鉄は、車両を改造して喫煙ルームを設置、扉で仕切って煙が外に流れないようにする。導入路線は未定だが、当面は既存の特急と並存し、利用客の反応を見たい考えだ。

2280 とはずがたり :2008/01/07(月) 13:41:18
で,駅ナカの税制優遇は是正されたんかね?
都心ターミナル立地なんで何税が優遇されてたかしらんけど国税としてとるべし。

駅ナカ保育園が人気 鉄道各社、沿線での子育てPR
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/113826/
11:40更新

 JR東日本や大手私鉄が、駅ビルの中(駅ナカ)や隣に保育園を開設するなど、若年世帯に対して沿線での子育てのしやすさをPRする動きが広がっている。少子高齢化に伴って減少が予想される通勤、通学客の落ち込みを最小限に抑えたいとの狙いがありそうだ。

 東京都認証の保育園「ポピンズナーサリー立川」は、JR立川駅(東京都立川市)の新駅ビルの目玉施設として、2007年10月にオープン。定員30人に100人を超える応募があった。現在は10人以上が入園待ち。

 駅改札からエレベーターを使えば数分で着く。パスワード入力システムやカメラ付きインターホンがあり、部外者は入れない。約120平方メートルのベランダには天然芝が植えられ、砂場もある。「安全面や広さ、発育への影響に配慮した最新鋭の保育園」(運営会社)としている。

 同保育園では、駅の真上という「地の利」が女性の働きやすさに加え、男性の育児参加を後押ししているとみている。高橋知子園長は「普通の保育施設と比べて朝の送りは父親、夕方の迎えは母親といった連係プレーが目立つ」と話している。

 JR東日本は立川を含め19カ所で駅型保育施設を運営、今後も拡充する。JR西日本も既に6カ所でサービスを始めており、「今後拡大していく」(同社)という。
 京王電鉄は08年4月、建物内に保育施設を併設した「子育て支援マンション」を、高幡不動駅(東京都日野市)の隣にオープンする。育児中の社員の声を採り入れ、防音性能を強化するなどレイアウトを工夫した。

 同社は07年4月、子会社を設立してこれまで外部委託だった保育施設の運営をグループ直営に切り替えるなど、「子育てのしやすさで、若い世代に選んでもらえる沿線」(永田正総合企画本部長)を目指している。

2281 とは :2008/01/07(月) 18:07:12
東京駅→つくば方面高速バス初乗車。
昼間は30分毎で夕方は10〜20分毎計毎時4本である。毎時00分初は筑波大学行き。
時間が来ると日立行き、小名浜行き、カシマスタジアム行き等が一斉に出発して行く様はシステマティック且つなかなか壮観であり、興味あんま無かったがバスマニアが存在するのも理解できるのぉ。
つくば方面行きを毎時15分毎にしないのはバスターミナルの各バスを10分おきに一斉に出発させる為であるのであろう。
深夜便があるようだ。いつかタクシーに大枚はたいたがこれ使えば良かったんちゃうの?!orz

2282 とはずがたり :2008/01/09(水) 00:12:42
三原発・姫路発・西明石発と早朝「ひかり」が増強されてますなぁ〜。利用客多くて好評なんでしょうか。

新ダイヤ 福山乗り換え楽に
2007年12月21日(金)14:00
http://news.goo.ne.jp/article/chugoku/region/Tn200712210165.html?fr=rk
(中国新聞)

 20日にJR西日本が発表した来年3月のダイヤ改正により、JR福山駅で山陽新幹線の「こだま」に短時間で乗り換えられる便が大幅に増える。新尾道駅や三原駅の利用客の利便が高まる。福山駅では改正後、特急新幹線「のぞみ」との乗り換え時間が15分以内のこだまが、下り線で10本から14本に増える。上り線でも8本から14本に増える。また、初めての三原発の東京行き「ひかり」が、早朝に1本新設される。

西明石から「のぞみ」 朝9時東京着 JRが春から
2007年12月21日(金)11:47
http://news.goo.ne.jp/article/kobe/region/T20071221MS00802A.html?C=S

 JR西日本などの来年春のダイヤ改正で、山陽新幹線・西明石駅発の東京行き「のぞみ」が新設される。午前6時発の1日1本で、同9時に東京駅に着く。現在、播磨地域から早朝に東京へ向かうのぞみは、姫路駅午前6時発などがあるが、もう1本増えて便利になる。

 JR西とJR東海が20日発表した。ダイヤ改正は来年3月15日から。東海道・山陽新幹線では、今年7月から導入した新型車両N700系の整備増などに伴い、のぞみを中心に増発する。

 東京-博多間で毎時2本運転するのぞみ1本にN700系を投入、1日上下54本のうち2倍増の30本で運行する。

 一方、山陽区間の「こだま」だけになった初代新幹線「0系」は、来年11月末で運行を取りやめる。

2283 とはずがたり :2008/01/09(水) 00:16:45
今度の改正で寂しいのは銀河と並んでこの0系だ。未だ走ってたのかよと云った感もあるが最後迄残ってた0系は何年に製造されてたもんなんですかねぇ?新大阪迄見に行った方が良いかねぇ…。
それにしても此処迄残ってたのも大事に車輌を使う(≒財務体質の弱い)西日本ならではの奇蹟かね。呼び方「れいけい」と思ってたのに「ぜろけい」なんか??

0系、来年11月で引退=「銀河」なども3月に廃止−JR西
2007年12月20日(木)20:16
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-20X112.html?C=S

 高度成長期の日本を走り続け、だんご鼻の形で親しまれた初代の新幹線車両0系が来年11月で姿を消すことが20日、明らかになった。東海道新幹線開業から来年で44年。鉄道ファンから惜しむ声が上がりそうだ。

 JR西日本などが発表した来年3月のダイヤ改正によると、東海道・山陽新幹線では最新型車両のN700系を増やし、のぞみ東京−博多間は現在の1日26往復から27往復、東京−広島間が8往復から15往復などとなる。

 利用率の低いこだまの本数が減ることや、車体老朽化のため、現在山陽新幹線区間で6編成36両が走る0系は来年11月末で引退する。こだまは、JR西が独自に開発した500系9編成のうち、5編成を8両化して運用する。

 また、JR西が運行する寝台列車のうち、東京−大阪間の寝台急行「銀河」、ブルートレインの京都−熊本・長崎間を走る「なは」「あかつき」が3月15日前後に廃止され、大阪−青森間を走る「日本海」も一日4本から2本に半減する。 

初代新幹線「団子っ鼻」0系、来秋に引退
2007年12月20日(木)22:49
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/K2007122000124.html?C=S

 1964年に開業した新幹線の初代車両で、現在は山陽新幹線の「こだま」だけに使われている「0(ゼロ)系」について、JR西日本は来年11月末に営業運転から引退させ、廃車とすることを決めた。代わりに、500系「のぞみ」の車両の一部をこだまに転用する。日本の高度成長期を象徴する車両だったが、新型車両が次々と現れるなか、表舞台から完全に姿を消す。

 0系は開業当初、東京―新大阪間を3時間10分で結び、丸みを帯びたデザインから「団子っ鼻」の愛称で親しまれた。86年までに3216両が製造された。99年に東海道区間を引退。現在は新大阪―博多間で6両編成6本が走っている。

2284 とはずがたり :2008/01/09(水) 00:17:23

増収に成ると良いんですけど。

肥薩おれんじ鉄道 乗り入れ JR熊本・鹿児島中央に
2007年12月21日(金)10:11
http://news.goo.ne.jp/article/nishinippon/nation/20071221_news_004-nnp.html?C=S

 熊本県八代市と鹿児島県薩摩川内市を結ぶ第三セクター「肥薩おれんじ鉄道」(八代市)は20日、来年3月15日のダイヤ改正でJR鹿児島線の熊本駅(熊本市)と鹿児島中央駅(鹿児島市)に快速列車を乗り入れると発表した。年間約2万3000人の乗客増と約1500万円の増収を見込んでいる。

 同社によると、乗り入れ方式は、おれんじ側からJR側への片側乗り入れ。土、日、祝日の各駅停車の列車2本を快速に切り替え、車両基地がある出水駅(鹿児島県出水市)を起点に熊本、鹿児島中央両駅を往復運行する。乗り入れは当面、2年間続ける。

 JRへの乗り入れで、熊本方面へは八代駅で乗り換え不要となり、例えば佐敷駅(熊本県芦北町)から熊本駅までの所要時間が上りで10分、下りで12分短縮される。

 同社は、沿線各駅と熊本、鹿児島両県庁所在地を直接結ぶ利便性と時短効果に期待を寄せる。

 八代市で会見した嶋津忠裕社長は「自力での経営再建に向けた足掛かりができる」と話した。

=2007/12/21付 西日本新聞朝刊=

2285 小説吉田学校読者 :2008/01/10(木) 07:17:43
あわや大事故。JR西はぶったるんでいる。

JR特急が誤って環状線進入、急停止して後退 新今宮駅
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200801090213.html

 9日午後7時20分ごろ、大阪市浪速区のJR新今宮駅で、京都発新宮行き特急「オーシャンアロー29号」(6両編成)が通過する際、ホームの先端付近にあるポイント(分岐器)が誤った方向に切り替わり、特急が本来の大和路線・阪和線方面ではなく、大阪環状線の鶴橋方面に進入した。運転士(32)がポイント通過後に誤進入に気づいて非常ブレーキをかけ、約150メートル進入したところで緊急停止した。特急は後退して約25分後に運転を再開したが、大阪環状線と大和路線、阪和線の計31本が運休、26本が最大38本遅れ、約3万人に影響した。特急の乗客約300人にけがはなかった。
 JR西日本によると、特急は通過時、時速約50〜60キロで走っていた。ポイントから少なくとも約280メートル先までには、他の列車はなかったという。当時、ポイントの直前にある信号機2基は誤った進路を示していたが、運転士は気づかず、ポイントの手前で停止させることができなかったという。
 同駅のポイントは駅員が列車の運行ダイヤをダイヤ改定時などにコンピューター入力し、自動で切り替わるシステム。9日午後2時半ごろ、同駅付近の線路に男性が入り込んでダイヤが乱れたため、同4時ごろ駅員がデータを再入力したが、誤進入した特急のデータは改変していなかったという。
 同駅の駅員によると、特急の後続の回送列車が、特急が誤って進んだのと同じコースを走る予定だった。
 同駅のポイントは昨年3月のダイヤ改定以降、特にトラブルもなかったといい、同社は10日以降、プログラムなどを検査して誤作動した原因を本格的に調べる。

2286 名無しさん :2008/01/10(木) 10:28:43
京大や阪大の学生も就活でJR東海を第一志望にする奴多いだろうな。

2287 とはずがたり :2008/01/10(木) 13:01:25
>>2285-2286
これ新幹線の通過追い越し駅でやると高速で走るのぞみが恐らく脱線転覆するし,待避線で待ってるこだまに激突するしで大惨事になりそう。
変な所で心配性の俺は新幹線乗る度に不安になるんですけど乗る区間がJR東海のみなんでまだましかw

2288 とはずがたり :2008/01/12(土) 17:32:57
関空と神空に振り分けて伊丹は縮小せにゃならんのちゃうの?
まぁ琵琶湖空港計画無くなって京滋方面からの空の便が不便だから伊丹の価値は結構高いのであろうけど。
それにしても騒音対策費って毎年50億も何に使ってんだ?

大阪空港の騒音区域縮小へ 国交省方針、地元は反発も
http://www.sanyo.oni.co.jp/newsk/2008/01/12/20080112010003231.html

 国土交通省は12日、大阪空港周辺で住宅の防音工事などの助成対象となる騒音対策区域を縮小する方針を固めた。2006年4月にジャンボ機の運航が全面禁止され、昨年の騒音調査で以前より被害が改善した結果がまとまる見通しで、08年度末までに縮小計画を地元に提示したい意向だ。

 ただ、大阪空港は、施設整備費の一部を地元が負担する空港種別の事実上の「格下げ」が決まっており、区域縮小で“ダブルパンチ”となる地元自治体や住民の反発も予想される。

 区域の縮小は1987年、98年に次ぎ3回目。国交省は昨年7月と12月に空港周辺で騒音調査を実施していた。

 調査結果を踏まえ、国交省は来年度、空港周辺の11市で組織する「大阪国際空港周辺都市対策協議会」(会長・藤原保幸兵庫県伊丹市長)などに騒音対策区域の縮小案を提示。地元の理解を得て区域見直しを進め、国が年間約50億円支出している環境対策費を段階的に減らす。

2289 とはずがたり :2008/01/12(土) 23:25:00
ひでぇなw
まっこのええ加減さが大阪の魅力ではあるがww

空港周辺に高さ違反物650件 滑走路短縮を検討 八尾
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200801120037.html
2008年01月12日

 小型機専用の飛行場で、軽飛行機やヘリコプターなどが年間約4万回離着陸する大阪府八尾市の八尾空港の周辺に、航空法で定められた高さ制限を超えるアンテナや樹木、電柱などが650件あることが、国土交通省大阪航空局の調べでわかった。違法物件があまりに多く、すべてについて早急な撤去や移設を求めることができない恐れがあるとして、同局は、2本ある滑走路を短くするなどして高さ制限がかかる区域を大幅に減らす案の検討を始めた。しかし空港を利用する中小の航空会社の反発が強く、曲折が予想される。

 航空法は、航空機が安全に離着陸できるよう空港周辺に突出する物件の設置を制限する区域(制限表面)を設けている。八尾空港の場合、半径2キロ以内の建築物などを高さ45メートル(水平表面)までに制限。離着陸時に通る滑走路の前後部(進入表面)と側面部(転移表面)は滑走路からの距離や角度に応じてさらに厳しく規制されている。

 同空港には、A滑走路(1490メートル)とB滑走路(1200メートル)の2本がある。06年5月、B滑走路に隣接する民有地に高さ約6メートルのテント式の資材倉庫が建てられ、同局が施工主に撤去を指導。撤去までの1カ月間、B滑走路を一時閉鎖した。この際、「ほかにも違法建築があるはずだ」との指摘を受けた。また、周辺の宅地化が進んでいることから、同局は昨年春までにレーザーを使って上空から測量する方法で、約15平方キロある制限区域にかかる物件について調べた。

 その結果、高さ制限を超える物件は、A滑走路周辺に382件、B滑走路周辺に243件。半径2キロ以内には高さ45メートルの規制を最大約27メートル超える鉄塔などが25件あった。

 空港近くの突出は、高さ数メートルのアンテナや、屋上に設置された空調機、樹木などが大半だったが、建物1件が1メートル余り突き出ていたほか、屋根152件、電柱62件、煙突9件なども確認された。高さ制限を約8メートル上回るフェンスもあり、違法物件は工場や倉庫が多い空港の南側に集中していたという。

 同局は「現時点で運航上の支障は出ていないが放置できない」として、今後より正確な地上からの測量をしたうえ、対象物件の撤去や移設などを設置者に求める方針。一方で、滑走路の短縮などで制限区域を大幅に減らす案も担当者レベルで検討しているという。

 検討しているのは、A滑走路を600メートル短い890メートルにし、A滑走路が横風のときに利用され、使用頻度が少ないB滑走路を廃止する案。制限区域が大幅に減り、違法状態を解消できる案として、昨年末に一部の航空会社に示したという。

 しかし、滑走路を短くすれば、離着陸時の危険性がかえって高くなり、離着陸の距離が長い小型機が閉め出される恐れがある。

 同空港は1938(昭和13)年に民間機のパイロット養成学校として開港。当初は周辺は農地だったが、近年は宅地化が進んでいる。違法状態は長年続いていたとみられ、同局飛行場部管理課の吉野広久課長は「制限区域の範囲が広く、専属の監視員がいないため、結果的に見落としてきた。滑走路の短縮案はあくまで一案として示した。早急に対応策を詰めたい」としている。

 ある航空会社の担当者は「まず違法物件の撤去などが先決。これまで放置してきた国交省の怠慢も問われるべきで、滑走路の短縮案は本末転倒だ」と反発している。
      ◇
 《新田浩司・高崎経済大教授(航空法)の話》 違反物件の多さは驚くほどだ。今後も違法状態の放置や違法建築の見逃しが続けば、行政の不作為ということになる。国土交通省は安全確保、事故防止を最優先に早急に対応する必要がある。西日本には小型機が離着陸できる空港は少ないだけに、滑走路を短くするにしても可能な限り長いまま残すべきだ。住宅密集地にあり、国民の生命、財産にかかわる問題なので積極的に情報開示し、地元自治体や住民とともに空港の将来像を検討する機会にしてほしい。
      ◇
 《八尾空港》 国土交通省が設置、管理する第2種空港で、面積約70万平方メートル。定期便は就航していない。空撮や測量調査、薬剤散布、操縦訓練、遊覧飛行などの拠点となっており、民間航空会社12社の小型機などをはじめ、大阪府警、大阪市消防局のヘリコプターなど約130機が常駐。小型ビジネスジェット機も時々飛来する。

2290 とはずがたり :2008/01/12(土) 23:58:52
<岡山県>

補助変更でバス路線に影響
'08/1/1
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200801010157.html

 乗り合いバスの不採算路線を支援する岡山県の補助制度が10月に変更されたことを受け、2006年度ベースで補助を受けた118路線のうち、約7割の85路線で補助金の減額や打ち切りなどの影響が出ることが県の試算で分かった。井笠地域では井原、笠岡市などの27路線で影響を受ける見通し。自治体や事業者を中心に、新たな運行形態や代替手段の確保などを探る動きが加速しそうだ。

 補助条件の変更は、国の補助対象以外の広域・幹線路線の維持が目的の「地域振興特定路線」と、市町村合併に伴う再編路線を支援する「合併再編路線」。いずれも県と市町村が運行赤字の半額ずつを負担していた。

2291 とは :2008/01/16(水) 18:02:32
今回は名古屋で新幹線を下車、生駒迄近鉄特急で行く。運賃と特急料金で3860円。八木迄も西大寺迄も料金は同一みたいだ。因みに名古屋から生駒迄も東生駒迄も運賃は同一みたいだ。
名阪ノンストップ特急は新型アーバンライナーでかっちょいい♪ノンストップとは云うもののこの時間は八木にも停まるのである。この時間帯は客が減るのかねぇ。

2292 とは :2008/01/17(木) 15:07:05
新幹線の電光掲示板に「北陸線は石動駅で人が列車と衝撃した影響により運転見合せております」との事。茶化すべきではないのかもしれませんけどなんか日本語変じゃないか?「衝撃する」ってちょっと変わった使い方な気が…衝突して一撃が加わると云う意味?

2293 とはずがたり :2008/01/18(金) 19:24:34
昨日は名古屋で出張だった。
東山線は大阪市交の御堂筋線と同様一番のドル箱路線で一極集中タイプかと思ったが6連と案外短編成である。混んではいたが車社会で公共交通機関の分担率が東京大阪に比べて如実に低い名古屋ならではか。
名城線に乗り換えたのだが,意外に混んでてもう一度驚いた。同じく6連であったが。
昔住んでいた時はあんま乗る機会もなかったが,御堂筋線一極集中の大阪と違って東山線と名城線の2極体制か?環状線化の効果がでかいのか??

2294 とはずがたり :2008/01/24(木) 14:59:09
【ためされる鉄路 銚子電鉄】

「敗北宣言」が呼び込んだ奇跡の復活
『がんばれ!銚子電鉄』その1
http://business.nikkeibp.co.jp/article/pba/20080117/144713/

2295 とはずがたり :2008/01/24(木) 15:52:22
JR西の雰囲気は悪いんだろうねぇ・・。近鉄辺りと合併した方が良いかもね。JR近畿西日本鉄道だw
目先を変えてJR西日本航空とかw
可部線は先っちょが廃止になったが,更に三江線・木次線辺りは廃止して財務体質強化して貰わないとなかなか厳しそうである。
JR四国と合併して3島基金の受け皿会社の一つに認定して貰うのも良いかも。

少なくともこの社員一人に責を負わすのは余りに可哀想な気がする。

JR伯備線事故で現場責任者に禁固3年を求刑
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200801240032.html
2008年01月24日

 鳥取県江府町のJR伯備線で保線作業をしていた作業員5人が特急列車にはねられるなどして死傷した事故で、業務上過失致死傷罪に問われた、現場責任者だったJR西日本社員松原史明被告(25)の論告求刑公判が24日、鳥取地裁米子支部(村田龍平裁判長)であり、検察側は禁固3年を求刑した。この日は事故からちょうど2年目にあたり、公判は結審した。

 起訴状などによると、松原被告は06年1月24日、江府町武庫の伯備線で、JR西日本米子支社運輸指令から下り特急列車が遅れていると連絡を受けながら、すでに通過したと思い込み、見張りの配置などを変えなかった。5人の作業員が特急にはねられたり、はねられた人に当たったりして3人が死亡し、2人がけがをしたとされる。

 松原被告は事故で一人だけ起訴された。弁護人は「JR西日本の安全対策が万全であったとは言い難い」などと情状酌量を求めている。

JR伯備線作業員死傷:安全対策不備、浮き彫り 松原被告、起訴事実を認める /鳥取
http://209.85.175.104/search?q=cache:hCmF5iHt1x4J:mainichi.jp/area/tottori/archive/news/2007/12/21/20071221ddlk31040155000c.html
 ◇遺族「組織的殺人」と批判−−地裁米子支部初公判

 江府町武庫のJR伯備線で06年1月24日、保線作業員5人が下り特急にはねられ3人が死亡、2人が負傷した事故で業務上過失致死傷の罪に問われた現場責任者、松原史明被告(25)=日吉津村日吉津=の初公判が20日、鳥取地裁米子支部(村田竜平裁判長)であり、松原被告は「間違いありません」と起訴事実を認めた。弁護側は「ヒューマンエラーに対するJRの安全対策は不十分だった」と事故の背景を追及した。来年1月24日の次回公判で結審する。【小松原弘人】

 松原被告は一礼して被告席に着席。まばたきし、終始うつむき加減だった。

 検察側は、事故現場や当時の運行ダイヤなどの図を多用した冒頭陳述書をスクリーンに映し出して詳細に松原被告の過失を証明。松原被告は、根雨保線管理室(日野町)から約2・6キロの作業現場へ車で行く途中、通常は下り特急の後に通過する上り列車を目撃したため、ダイヤ変更があったのに「下り特急は既に通過したと勘違いし、逆方向に見張り員を立てたため事故が起きた」と主張した。

 これに対し弁護側証人の米子保線区長は、米子支社の基本マニュアル(05年6月)では作業前に列車運行状況を運輸指令と現場責任者が確認する“乱れ照合”の際、ダイヤ変更に伴う行き違い駅変更の確認があいまいだった点などから、「(勘違いという)ヒューマンエラーへのバックアップは十分ではなかった」と証言。「個人的には(松原被告を)執行猶予にしてほしい」と述べた。また裁判長の質問に対しても、「ダイヤ変更を手元ダイヤに記入する方法の教育はしていない」と述べ、JRの安全対策の不備が浮き彫りにされた。

 検察側が説明した3遺族の陳述調書でも「運輸指令が松原被告に“現場通過順が逆”と伝えなかった。JRは判断ミスが起きやすい状況で社員を働かせていた」「両側に見張り員を立てるべきだった」「安全を軽視したための組織的殺人」など安全対策への不満が述べられていた。

 起訴状によると、松原被告は作業現場を通過するのが上り列車と思いこみ、同方向に見張り員を立てたため、実際にはダイヤ変更で逆方向から接近した下り特急に作業員5人が次々とはねられ、死傷させた。

毎日新聞 2007年12月21日

2296 とはずがたり :2008/01/30(水) 12:57:38
2008年1月29日 22:30
「空港バス」発着を西部車庫に 九州産交
ttp://kumanichi.com/news/local/index.cfm?id=20080129200015&cid=main

 九州産交バスは二月から、熊本駅〜熊本空港間のリムジンバスの一部三十便と、熊本駅〜高森中央間(熊本空港経由)の快速バス「たかもり号」全八便の発着地を、熊本駅から熊本市上代の同社西部車庫に変更し、路線を三・六キロ延長する。乗客の利便性を高め、熊本空港方面のバス需要を掘り起こす狙い。

 西部車庫には、マイカーから公共交通機関に乗り換えるパークアンドライドの専用駐車場(七十二台収容)があるが、現在の利用は一日に二十台程度にとどまっている。リムジンバスなどの路線延長によって、周辺地区の人に同駐車場の利用を促す考えだ。

 路線の延長と同時に、「熊本空港」の停留所名を「阿蘇くまもと空港」に改める。西部車庫〜阿蘇くまもと空港の運賃はリムジンバス、快速バスとも片道七百四十円。所要時間は約一時間十分。熊本駅と西部車庫の間は停車しない。

 一方、同社は階段なしで乗降できる「ノンステップバス」一台を二月中旬に、リムジンバスに初めて導入する。定員七十人で車いす二台が入る。購入費は約二千六百万円。(中原功一朗)

2297 とはずがたり :2008/02/14(木) 22:02:00
JR西日本、縦割り弊害排除へ…安全対策チームを設置
リスクアセス確立へ
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200802140033a.nwc
FujiSankei Business i. 2008/2/14

 JR西日本は、2005年4月に起きた福知山線脱線事故を踏まえ、安全対策を検討するプロジェクトチームを設置する方針を固めた。4月からスタートする新たな安全に関する基本計画に盛り込む。事故を事前に予測、分析するリスクアセスメント(リスク評価法)を確立するために、駅や乗務員・車両、施設、電気、営業などから関係するメンバーを一堂に集めて、実際の事故事例などをもとにチームで対応策を検討する。事故やトラブル防止のために、社内横断的な組織を設けるのは会社発足以来初めて。

 JRなど鉄道各社は、「系統」と呼ばれる縦割りの組織体制で運営され、職種別に専門化しているため、人事異動も基本的には系統内だけにとどまる。また、駅員と運転士や車掌、それに保線や施設を担当する施設系統、信号や電力を担当する電気系統の担当者などが、同じ問題についてテーブルを囲むケースはほとんどない。このため、事故の原因追究なども、直接の原因となる系統が中心になり、事故に関係があっても他の系統は「まるでひとごとのように振る舞うこともある」(同社関係者)という。

 例えば、1月9日に新今宮駅(大阪市浪速区)で発生したプログラムミスによる特急電車の誤進入トラブルでは、昨年11月に同様のトラブルが3件発生していたことが後日判明したが、いずれも駅員が気づいて手動でポイントを切り替えて誤進入を防いでいた。しかし、駅員は信号装置の不具合に気づかず、運転士や電気担当に連絡していなかったため、結果的に誤進入を繰り返した。

 組織間のコミュニケーション強化の必要性を痛感したJR西日本では、鉄道会社としては初めてリスクアセスメントの手法を取り入れて、事故リスクを分析して高次元の安全確保策を追求することにした。

 「組織の横ぐしを通すかたちで、支社単位で系統を連携させて、あらゆる角度から検討を重ねていきたい」(山崎正夫社長)という。

 具体的には、同社で最大規模となる大阪支社では、5系統で45の事業所があるが、現場責任者をリーダーに各系統から担当者を集め、事故事例や現場からの事象報告を踏まえて、事故で想定される被害の大きさや発生する確率を分析し、対応策を検討する。

 新たな安全に関する基本計画では「利用者の死傷事故ゼロ」「社員の重大労災ゼロ」へ向けた体制構築を目標に掲げている。
                   ◇
【用語解説】リスクアセスメント

 開発事業に際して周辺環境にどのような影響を与えるかを事前に調査、予測、評価するとともに環境を守るための対策を検討し、総合的に評価する環境アセスメント(環境影響評価)の手法を事故のリスク管理にあてはめる考え方。例えばカーブ部分の線路を付け替える場合、施設変更前に、変更後の事故発生リスクを評価する。

2298 とはずがたり :2008/02/14(木) 22:11:59
昨日鶴橋で近鉄に乗り換えようとしたところ,様子が可怪しい。
ホームに人が溢れ目の前の急行が回送となって出て行った。
若江岩田駅で人身事故で奈良線が運行を停止しているとのこと。
一部の客も駅員も殺気立っている。
駅員は大阪市営の地下鉄をだいしこう(大市交)と呼んでいてちょっと萌え♪正式名称大阪市交通局の略称である。一般の呼び方である「地下鉄」では名市交・京市交と区別がつかないだろうからでしょうかなぁ。
振り替え輸送で大市交に回され鶴橋から千日前線・堺筋線・中央線経由で生駒迄帰ってきた。鶴橋駅に乗換の為に初めて降りたがちょっと香ばしい感じであった。。

2299 とはずがたり :2008/02/16(土) 21:18:51
長崎ルート着工条件、月内に確認見通し
http://www.saga-s.co.jp/view.php?pageId=1036&blockId=787497&newsMode=article

 与党の整備新幹線建設促進プロジェクトチーム(PT、津島雄二座長)は15日、未着工区間の新規財源問題を議論し、今後開業する区間の施設使用料(貸付料)などを充てる案について、JR側と具体的な協議に入ることを決めた。着工認可へ向けた作業が進む九州新幹線長崎ルート(武雄温泉―諫早)について、国交省は着工条件をクリアしているかの精査を今月末までに終えるよう進めていることを報告した。

 佐賀、長崎両県とJR九州の三者合意を受けて、国交省は着工条件となる同社の収支採算性などを精査中。PTの岩永浩美参院議員らが月内の認可確認を求め、進ちょく状況を聞いた。同省鉄道局は月内の確認を目指しているという。

 長崎ルートの諫早―長崎間や北陸、北海道新幹線の未着工区間の新規財源では、建設中の九州新幹線鹿児島ルートなどの開業後にJRが支払う貸付料を担保に資金調達する案や、延伸によって既存区間に発生する「根元受益」を充てる案を検討。来週中にも開く次回会合でJR九州、東日本など4社から可能か意見を聴く。JR側は負担増に反発している。
02月16日更新

2300 小説吉田学校読者 :2008/02/17(日) 06:18:14
間一髪、JALもぶったるんでいる。

着陸機いるのに離陸滑走、JAL機同士あわや追突…新千歳
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080216-OYT1T00476.htm

 16日午前10時33分ごろ、北海道・新千歳空港のB滑走路(3000メートル)で、羽田行き日本航空502便(ボーイング747―400型機、乗員乗客446人)が管制官の許可を得ずに離陸の滑走を始めた。
 同じ滑走路上には、着陸したばかりの別の旅客機がいたため、管制官が離陸中止を指示し、502便は緊急停止した。両旅客機の距離は約1800メートルだった。けが人はなかったが、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会は事故につながりかねない重大インシデントだったとして、調査官3人を現地に派遣し、調査を始めた。
 新千歳空港の管制業務を担当する自衛隊や日航などによると、16日の同空港は大雪に見舞われ、502便は機体の除雪作業のため出発が定刻から約50分遅れていた。当時のB滑走路は視界が約500メートルで、ほとんど前が見えない状態だった。管制官は午前10時29分ごろ、502便に無線で「ただちに離陸できるよう準備せよ。着陸機が滑走路を走行中」と指示。その後、地上監視レーダーで502便が離陸を始めたことを知り、急いで離陸中止を指示した。同型機の離陸に要する時間は20〜25秒程度とされる。
 日航によると、502便は管制官から離陸中止の指示を受けた時点で、滑走路をすでに約500メートル進んでいた。ブレーキをかけた時の速度は時速110キロだった。同便の機長(58)と副操縦士(32)は「(管制官から)離陸許可が出たと勘違いした」と話しているという。
 一方、同じ滑走路上にいた関西空港発日航2503便(MD―90型機、乗員乗客126人)は、トラブルが発生する5分前に着陸したばかりで誘導路に向かう途中だった。新千歳空港では、2005年1月にも日航機が無断で離陸しようとして別の旅客機とあわや追突のトラブルを起こすなどしたため、日航は同省から事業改善命令を受けている。

2301 小説吉田学校読者 :2008/02/17(日) 06:19:32
(続き)
降雪のせいにしたい感アリアリの日航当事者達。だったら、管制官の言う事に全神経を集中するはずじゃないか。

「ストップ!今すぐ」管制官が懸命の交信…日航機無断滑走
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080216-OYT1T00767.htm

 北海道・新千歳空港で16日、日本航空502便(ボーイング747―400型機、乗員・乗客446人)が、滑走路上で別の旅客機に追突しそうになった航空トラブル。激しい降雪で視界不良の中、離陸許可を受けないまま滑走を始めた旅客機に対し、管制官は「停止せよ」と懸命に命じた。
 日航機は2005年1月にも、同じ新千歳空港で激しい降雪の中、同様のトラブルを起こしており、航空関係者は「なぜ日航で同じミスが起きるのか」と疑問を投げかけた。
 「ただちに離陸できるよう準備せよ。着陸機が滑走路を走行中」「後続機あり。距離10キロ、最終着陸態勢」
 午前10時30分前後、滑走路に進入して離陸のために待機するよう命じられていた502便は、管制官からの交信に対し、「了解」とだけ返信すると、乗員は4発あるエンジンを全開にして離陸滑走を始めた。
 「ストップ、イミーディエトリー(ただちに停止せよ)」
 地上監視用のレーダーで、日航機が無許可で離陸滑走を始めたことに気付いた管制官は慌てて同便に呼びかけた。当時の視界は約500メートル。緊急停止した同便の約1800メートル先には、関西空港から到着したばかりの日航2503便(MD―90型機、乗員・乗客126人)がいたが、502便からはまったく見えない状態だったとみられる。
 「離陸許可をもらったと思った」。今回の無断離陸トラブルについて、502便の機長らは離陸を始めた理由をこう語ったといい、管制官の無線指示を聞き間違えたのが原因との見方が強まっている。降雪の影響で出発時間が大幅に遅れていたことから、乗員に焦りがあった可能性もある。
 日航は05年のトラブル後、離着陸時や滑走路進入時の管制指示については、コックピット内で機長と副操縦士が相互に指示内容を確認しあう手順を運航規程に盛り込んだ。
 国土交通省も、各空港や航空会社などに対し指示内容の復唱を徹底するよう求めているが、具体的にどんなケースで復唱を行うかについては決まりがなく、「復唱方法などを再確認する必要がある」と話した。
 一方、乗客からは、トラブルを伝えない日航の姿勢に対し、怒りの声も上がった。この日の新千歳空港は大雪で、2本ある滑走路の1本が、除雪作業が間に合わないため閉鎖されダイヤが混乱していた。
 「大変、お待たせをして申し訳ございません」
 客室乗務員のアナウンスが流れる中、同便はようやく離陸滑走を始めたが、滑走路の中途で急減速。乗客によると、機長が「管制塔からの指示で離陸できなくなりました」と短くアナウンス。その後、「このまま引き返します」と説明があり、駐機場まで引き返した。
 しかし、その後も大雪の影響でなかなか出発できず、結局、同便は午後2時過ぎに欠航になり、乗客は全員が降ろされた。
 同便の乗客は、新千歳空港で別の便に振り替え、羽田空港に向かった。羽田で飛行機を乗り継ぐ予定だった乗客は、「機内で缶詰めにされた上、予定の飛行機には乗り遅れた。トラブルについて何の説明もなかった」と腹立たしげに語った。

2302 とは :2008/02/17(日) 13:39:17
ただいま雪の関ヶ原。のぞみは徐行ちうである。

2303 とはずがたり :2008/02/19(火) 10:38:52
2面3線の使いづらいJR型配線だった高知駅を八田みたいにそのまま高架化するんちゃうやろねぇと心配に思っていたが4番線まであるとのことなので2面4線の大都市並みの駅になったのかな?

JR高知新駅、26日から営業開始 周辺4キロ高架化
2008.2.15 04:08
http://sankei.jp.msn.com/region/shikoku/kochi/080215/kch0802150408002-n1.htm

 JR高知駅が、隣接地に移転新築され、26日から、新駅舎での営業を開始する。新駅舎は高知県産杉材をふんだんに使ったおしゃれなアーチ型大屋根で、2階部分のホームや軌道を覆う構造。新駅舎建設に伴い周辺4・1キロ区間も高架化し、“開かずの踏切”が多かった周辺の渋滞も緩和される見込み。岡崎誠也高知市長は「リニューアルで、南側のはりまや橋まで人の流れをつくり、中心市街地との回遊性をもたせたい」と抱負を述べている。

 新駅舎は高さ約23メートル、東西約61メートル、南北約39メートルの2階建て。ホームは2階部分にあり1番線から4番線を、かまぼこ型の大屋根がすっぽり覆う。

 1階部分に改札窓口とコンコースを設け、JR四国管内で初めて自動改札機と自動指定席券売機を置くほか、コンビニエンスストアやベーカリーショップ、売店、飲食店、ATM、土産物店、観光案内所を設ける。また新たにインターネット回線を設けたネットカフェも進出する。

 周辺の入明駅と円行寺駅を含め、高知市比島町から福井東町間の高架化区間には、11カ所踏切があったが、すべてなくなり、南北の幹線道路の渋滞緩和を図る。相生町踏切などは、1日の遮断時間は3時間半にのぼり、渋滞も朝夕のラッシュ時など最長で約500メートル近くあったが、解消される見通しとなった。県が平成11年から約490億円を投じて建設していた。

 同駅の1日の乗降客は約1万人。授乳室や多目的トイレ、エレベーター、エスカレーターなど、バリアフリー設備にも配慮している。またJR四国管内では3月15日のダイヤ改正以降、特急列車は全席禁煙になり、随時、電話ボックス規模の喫煙ルームを設けるという。

2304 とはずがたり :2008/02/22(金) 01:03:42
いっそのこと皇子山にしようやw
で,序でに新岩国は御庄にww

市の費用支出差し止め請求
JR西大津駅改称で反対の市民団体
http://kyoto-np.jp/article.php?mid=P2008021900132&genre=C4&area=S10

 JR西大津駅の「大津京」駅改称をめぐり、反対する市民団体「市民運動ネットワーク滋賀」は19日、大津市が改称に伴う費用1億1000万円を負担するのは「公共性がない」として、支出の差し止めなどを求める監査請求を、市監査委員に行った。

 請求書によると、駅名を歴史的に存在の疑わしい「京」に変えることは「市民の公益を損なう行為」と主張。「JR側への支出は寄付行為に当たり、公益性のない寄付は地方自治法に反する」として、すでに支払った5500万円をJR側に返還させることと、3月に支払う予定の5500万円の支払い差し止めを求めている。
 池田進代表は「(改称について)市民や識者らによる検討の場を持つなどの手続きを踏まえておらず、行政のあり方として公正でない」としている。

2305 とは :2008/02/25(月) 23:02:15
今日は京都で飲み会…じゃなかったワークショップ。今帰途にあるが近鉄京都線に1編成だけ試験的に導入されたとおぼしきステンレス車両に初めて乗る。随分昔から見掛けては居たけど。まぁ中は特に他と変わる事は無かった様だったが。

2306 とは :2008/02/26(火) 08:48:48
今日もステンレス車両に乗れた♪ほんとは目の前で急行が出ていってしまいムカついとるんだがヽ(`Д´)ノ
この子昨晩もそうだったが主に各停に運用されてるのかな。

2307 とはずがたり :2008/02/28(木) 23:11:16

頑張って欲しいところ・・。

天浜線利用促進へ協議会 来月、県と沿線市町など
2008/02/26
http://www.shizushin.com/local_politics/20080226000000000014.htm

 天竜浜名湖鉄道の利用促進に向け、県と沿線市町、関連交通機関などが3月に同鉄道の活性化を図る新たな協議会を設置する。協議会は地域公共交通総合連携計画を平成20年度中に策定し、新しい運行形態の検討や会社と沿線自治体が一体となった利用促進、誘客事業などに取り組む。県は新年度当初予算案に関連事業費として500万円を計上した。
 協議会は県と浜松、掛川、袋井、磐田、湖西、豊橋、森の6市1町、天竜浜名湖鉄道、遠州鉄道、地域住民らで組織する。国交省の地域公共交通活性化・再生総合事業の補助も受け、20―23年度に連携計画に盛り込んだ支援事業を実施する。湖西市がアスモ前駅と知波田駅間の中間地点に検討している新駅構想なども連携計画に入れる方針。協議会の20年度の事業費は約1500万円で、国と県、市町が3分の1ずつ負担する。
 県によると、天浜線の旅客利用者数は17年度が176万人、18年度が174万人で、19年度は170万人を見込んでいるという。通勤利用者は若干増える傾向にあるが、通学利用者は年々減っている。
 県企画部は「企画列車やバスとの連携、通勤者向けのパークアンドライドなど需要喚起と利便性の向上を図るきめ細かい支援事業を展開していきたい」と話している。

2308 荷主研究者 :2008/02/28(木) 23:48:19

http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20080101103.htm
2008年1月1日01時58分更新 北國新聞■石川のニュース
◎まちなかシャトル10年度運行 新幹線開業へ新システム 金沢駅東口から中心市街、百円

まちなかシャトルの発着点となるJR金沢駅

 二〇一四(平成二十六)年度末の北陸新幹線金沢開業を見据え、金沢市中心部の新しい交通システムとなる「まちなかシャトル」が一〇(同二十二)年度に導入される。JR金沢駅と中心市街地を運賃百円で結ぶワンコインバスで、ほぼ待ち時間なく運行する。停留所新設やバス専用レーン拡大などで、従来の路線バスに比べて利便性を飛躍的に高める。新幹線で訪れる観光客に分かりやすいシステムとするだけでなく、市民にも公共交通利用を促す切り札とする。

 まちなかシャトルは金沢駅東口―武蔵―香林坊―片町を結ぶコースを基本とする。バス購入、バス停整備などの初期投資は金沢市が負担し、運営は金沢商業活性化センターなどの民間事業者に任せる。

 金沢市の試算によると、新幹線開業後の金沢駅利用者は現在の年間七百五十万人から一千万人に増えるため、平日を含む全日運行とし、五分―十分間隔で走らせる。

 初めて金沢駅を訪れる観光客も迷わず利用できるよう、既存の路線バスと一目で見分けが付く車両デザインを取り入れる。改札前からバス停までの案内板を掲示するなど、駅構内、バス停の案内表示を充実させる。利用者の回遊性を高めるため、バス専用レーンの時間延長なども検討する。

 金沢市では昨年、金沢駅西口―中心市街地を結ぶ金沢ショッピングライナー「まちバス」が導入された。前・後期の土日祝日を運賃無料・三十分間隔で計五十五日運行し、利用者は運行三十九日間で三万人を突破した。新年度は金沢駅東口―中心市街地を結ぶコースに変更し、土日祝日を運賃大人百円・子ども五十円で運行する。

 新年度と〇九年度のまちバスについて、市は利用状況や利用者アンケート調査を分析し、一〇年度のまちなかシャトルの運行に備える。新幹線が開業する一四年度に運行形態を見直し、あらためて増便などを検討する。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

モンスターハンター:ワールド(発売日以降お届け分) - PS4 - カプコン

一狩りいこうぜ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa