したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

都市計画道路・高速鉄道スレッド

1231 荷主研究者 :2008/09/16(火) 00:01:37
3%増ってのはスゴいんじゃないかなぁ。
>前年同期比3.3%増

ところで昨年、久しぶりに広島電鉄を広島→紙屋町に乗って感じたのは、都市内基幹交通としての限界だ。昼間でも3両連接車両が満員になるような状態で広島駅を出発した電車は、信号待ちでノロノロ運転が続き、乗降にも手間取ることから地下鉄に慣れた身には僅かな距離に時間がかかり過ぎる感じがしてイライラしてしまう。実質的なLRTとして機能している広島電鉄を高く評価する私だが、逆に今後の利用客の増加によっては路面交通としての限界を考える必要があると思う。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200807130050.html
'08/7/13 中国新聞
ガソリン高でマイカー離れ
-------------------------------------------------------------------------------
 ガソリン価格の高騰で、広島都市圏の交通事情に異変が起きている。ラッシュ時の乗用車の交通量が減り、バスの流れも以前よりスムーズ。逆に路面電車の乗客は増えた。通勤や買い物のマイカー離れが進んでいる。

 「ラッシュ時の交通量が明らかに減った」。広島バス(広島市中区)の西川博之営業副本部長(64)は指摘する。西区の宮島街道を通り中区中心部に向かうバスはJR西広島駅に到着時、最大5分の遅れが常態化していたが、6月ごろから定刻通りに着く便が増えた。

 広島県警によると、広島都市圏有数の渋滞地点の東区牛田新町の祇園新道、西区高須の西広島バイパス、海田町の大正交差点の車の通過台数は、3月以降いずれも減少傾向。最も下落が大きい6月は、大正交差点5.9%減、祇園新道4.6%減、西広島バイパス3.1%減といずれも大幅に減った。

 マイカー離れは、市中心部の駐車場にも表れる。約410台収容の時間貸しの「石崎本店パーキング」(中区)では、今年の利用が前年同期より約10%減った。

 広島電鉄(同)が市中心部や廿日市市方面で運行する電車の乗客は、1―5月が2422万人と前年同期比3.3%増。ここ数年、新型車両導入などで1%前後増えていたが、それを上回る。

【写真説明】ガソリンの高騰で、マイカーが減り路面電車の利用が増えている広島市中区の中心部(撮影・今田豊)


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX) - 森 薫

アミルさん20歳で既に行き遅れ扱いされてるけど俺ときたら…

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa