したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

海上コンテナ鉄道輸送

52 とはずがたり :2004/01/27(火) 18:11
http://mytown.asahi.com/fukuoka/news02.asp?kiji=5861
運営会社を設立、ひびきコンテナターミナル
2社の出資 取りやめに

 北九州市若松区の響灘に開設予定の「ひびきコンテナターミナル」の運営会社が26日、設立された。同日、市内で出資協定が結ばれた。シンガポールの港運業世界大手PSA社や上組(かみぐみ)(本社・神戸市)など国内15社と市が出資する一方、国内2社が直前に出資を取りやめた。2月5日、市と運営会社が、公共事業に民間の資金とノウハウを導入するPFI事業の実施協定を結ぶ。

 資本金は10億円。出資比率はPSAが34%、市が10%。国内企業は上組が15・3%、山九、日本通運、新日鉄、三井物産が各5・8%など。予定地近くで埋め立て事業をする市の第三セクターひびき灘開発は0・9%。
 
 JR九州と伊藤忠商事は、出資をとりやめた。当初の出資予定は2社で計1%強で、北九州市の山縣宣彦港湾局長は「各社の事情がある。事業に影響はない」と述べた。

 資本金のほか、自己資金としてPSA、上組、ひびき灘開発など10社が計14億円の株主融資をする。市は融資の比率について、「基本的に出資比率に応じた形だが、各社に了解を得ていない」と公表しなかった。
 
 役員は8人。代表取締役最高経営責任者(CEO)に上組の久保昌三専務(61)、最高運営責任者(COO)にPSAのデニス・ソーアジア中東地域上席部長(47)。デニス氏は常勤で、新規航路の誘致や集荷を担当する。
(1/27)


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

境界線上のホライゾン (Horizon on the Middle of Nowhere) 1 (初回限定版) [Blu-ray]


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa