したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

海上コンテナ鉄道輸送

486 荷主研究者 :2009/08/30(日) 18:10:55
これは酷いな。北九州港と博多港は共同でスーパー中枢港湾の指定を目指していたはずだが、このような状況では難しいだろう。そもそも釜山港に近い北部九州でハブ港を目指すのは今さら困難ではないか。
>07年の貨物取扱量は約5万4000TEU(20フィートコンテナ換算)と、取り扱い能力の約1割にとどまっていた。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/117739
2009年8月27日 01:27 西日本新聞
北九州市 利用低迷の若松区・ひびきCT ハブポート構想撤回 東側 コンテナ以外に利用

 利用が低迷している若松区の大水深港湾、ひびきコンテナターミナル(ひびきCT)について、北九州市は北九州港長期構想の中間取りまとめ案で、アジアの拠点港を目指し2020年までにコンテナ船用の岸壁2400メートルを追加整備するとしていた従来のハブポート構想を事実上撤回、「ものづくりを支える港」と位置付ける現実路線への転換を打ち出した。

 市は構想第1期として05年、水深15メートルの岸壁700メートルを備えるひびきCTを開設。これまでに約900億円が投じられ、市は約530億円を負担した。案では、未整備部分の西側を「長期的なコンテナ需要などの増大に対応する」との表現に改め、東側は近くに立地した工場の原料や製品などコンテナ以外の貨物用に利用すると位置付けた。

 ハブポート構想は1996年策定。経済発展著しい中国や、韓国の貨物を北米、欧州へ運ぶ中継地とする計画。だが中、韓で大水深港湾開設が相次ぎ、07年の貨物取扱量は約5万4000TEU(20フィートコンテナ換算)と、取り扱い能力の約1割にとどまっていた。

 市は今年1−3月、同港を利用する145社を対象にアンケートを実施。ひびきCTを「利用したい」としたのは回答した116社の12%にとどまり「利用予定なし」が73%と、今後の利用拡大が見込めなかった。

 市は「港近くの工場で、一般貨物を扱う岸壁の需要は高い。コンテナも徐々に集めていきたい」としている。

 同港長期構想は来年度中に策定予定で、20−30年後の港の概要を示す。中間取りまとめ案に対し、市は11−12月に市民からの意見を募る予定。

=2009/08/27付 西日本新聞朝刊=


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 メイドVer. (1/8スケール PVC塗装済み完成品)


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa