したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

海上コンテナ鉄道輸送

229 荷主研究者 :2006/10/09(月) 03:04:45
>>228
【博多港など北部九州に大型物流拠点続々】続き
プロロジスが初進出 「効率化法」活用でさらに加速 鳥栖IC、ファンドが拠点建設

 佐賀県鳥栖市。九州縦貫自動車道と九州横断自動車道が交わる鳥栖ジャンクションが近く、域内配送の利便性が高い地域だ。ここにも物流拠点建設が活発化している。米系の物流不動産ファンド、プロロジス(日本本社・東京、山田御酒・三木真人共同代表)の九州初進出に選んだのが鳥栖。同社は、二棟合計で延べ床面積約八万平方メートルの大型拠点を十九年末から二十年上期にかけて新設する。物流事業者など数社の入居を見込む。二棟は、佐賀県が分譲する流通業務団地「グリーン・ロジスティクス・パーク鳥栖」(総敷地面積約十八万三千八百平方メートル)内に建設する。すでに利用の引き合いがきているという。
 同団地には、ほかに三社の進出が決定しており、当初予定していた平成十九度からの分譲を前倒しした格好だ。国内ファンドのコマーシャル・アールイー(本社・東京、甲斐田啓二社長)は来年中をめどに、鳥栖から約十キロメートルの筑紫野市に複数顧客向けの拠点を稼働させる計画を進めている。 䗪九州のへそ蟖と呼ばれる同地域だが、主要港湾からは遠い。事業者からは、「輸入貨物が増えており、ドレー輸送で鳥栖まで引っ張ってくるのはしんどい」。「昨年、九州横断自動車道の大部分が四車線化し、交通アクセスの良い地域が広がった。鳥栖の優位性は薄れた」という声も聞かれる。

地方自治体の 理解が不可欠

 福岡、鳥栖を中心に大型拠点の立地が増えることが予想される九州だが、事業者が進出を決定する共通のキーワードは、港湾と消費地へのアクセスの良さだ。一方、共通する課題もある。ある事業者は、「九州で物流団地のような、構想や計画が進むとき、まず拠点の新設から。道路などのインフラは後回しになる」という。実際、農地用の道幅のまま倉庫が立ち並ぶ地域も多く、二十フィートコンテナのドレー輸送が困難な物流集積地も多い。
 効率化法が施行された時も、運輸局と地方自治体の対応に差があったという。国がうたう「スピーディー(迅速)で、シームレス(継ぎ目のない)な物流システムの構築」の実現には、今後、土地や道路の開発権限を持つ県や市町村などの理解や、より協力的な姿勢が欠かせない。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない (アニメ版)』黒猫 (1/8スケール PVC塗装済完成品)

かわいく、しっとりの黒猫!!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa