したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

海上コンテナ鉄道輸送

113 荷主研究者 :2005/05/22(日) 02:45:44

【浜田港の漁獲量】
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn05020442.html
2005/2/4 中国新聞
漁獲量31年ぶりの低水準 昨年の浜田港

 ■高値アジ売り上げ増

 昨年、浜田漁港(浜田市)に水揚げされた漁獲量は、県外船の水揚げがほぼ半減したことやイカ類の不漁が響き、一九七三年以降最低となった。浜田産のブランド化を進めるアジの平均単価が二倍近くになるなど、明るい兆しもうかがえる。

 市水産業振興協会のまとめでは、昨年一年間の漁獲量は二万五千八百五トンで、前年と比べ27・5%の減。売り上げは六十三億七千四万円で、同じく6%のダウンだった。

 地元の漁業種別では、夏場の休漁期明け以降、一統(一統は二隻)減の六統で操業した沖合底引き網漁は、0・8%減の三千六百五十三トン、0・3%増の十八億五千三万円だった。アジやサバを狙う巻き網漁(三船団)は、六千九百七十五トン、八億三千百二十四万円でそれぞれ5・9%、21・6%の増だった。

 魚種別では、イカ類が二千三百二十二トン、十三億二千八十八万円で、それぞれ33・2%、22・9%のダウン。

 脂質の高い旬のものを「どんちっち」名で売り出しているアジは、26・8%減の一万二千五百八十一トンだったが、35・9%増の十五億八千五百七十五万円を売り上げた。

 市水産物ブランド化戦略会議専門部会の渡辺祐二・部会長は「アジは一昨年に比べ大型のものが多かったこともあるが、小さなものでも魚価が安定してきた。『どんちっち』が浸透してきているのかもしれない」と手応えを感じていた。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

まおゆう魔王勇者 (1) (初回生産限定特典:朗読劇「昼の部」優先購入応募券/橙乃ままれ先生書き下ろし短編小説付き) [Blu-ray] - 高橋丈夫

魔王:「だから、もう一度云う。
   『この我のものとなれ、勇者よ』
    私が望む未だ見ぬ物を探すために
    私の瞳、私の明かり、私の剣となって欲しい」

勇者:「断る」

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa