したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

きさらぎ駅の駅長に会った

1 征一 :2017/12/22(金) 18:41:01
初めてスレを立てるけど、話を聞いてくれる心優しい方いたら

2 不思議な名無しさん :2017/12/22(金) 20:11:50
聞きたいっす

3 征一 :2017/12/22(金) 21:12:21
>>2ありがとうございます!ちなみに書き込みの所にメアド乗せちゃったんすけどこれって何ですか?ってぐらい初心者なので更新遅いですがよろしくお願いします

4 征一 :2017/12/22(金) 21:13:02
まず前提として、俺が怖がりで当時都市伝説を何も知らなかった事を知っていてください。きさらぎ駅の事は体験した後で調べて知りました。

5 征一 :2017/12/22(金) 21:17:58
当時俺は中3で、夏休みでも規則正しく過ごしていたから夜更かしはしてなかった。確かその日も夜10時にはベッドに入ったと思う。
それで夢を見た。気が付いたら埃まみれの電車の中で座っていた。車内は電気が付いてなくて、もうその時点で俺は「今日の夢は怖い夢か・・・」と(夢の中だと思っていた)嘆いていた。
俺は関西圏に住んでるけど、見たことない車内だったし、外の景色を見ようとしたけど窓にカーテンが降ろされていて上げようとしても固くて無理だった。今考えればドアの窓から見りゃ良かったんやけど、怖くて席から立てなかった。

6 征一 :2017/12/22(金) 21:31:36
時間感覚が分からなかったから、曖昧だけど、カーテンを上げようと必死に頑張っていたら電車が急停止した(急すぎて座席に横に倒れた)
もう夢だし何かあっても目が覚めたら終わりだと思って、諦めて電車を降りることにした。その駅は木とかがボロボロで廃駅だった。暗かったけど駅名を知りたくてそれらしいのを探していたら、いつの間にか電車がいなくなっていた。
その事を確認した時、駅の改札近くで火が付いている事に気付いた。近付いてみるといきなり「お前も?」と声を掛けられて叫びそうになった。

7 征一 :2017/12/22(金) 21:33:01
すいません、話変わるんですけど、不思議netさんからここに書き込んでるんですが、色指定したらコメントが好きな色になるよ!って友達が言ってたので、赤でお願いします。

8 征一 :2017/12/22(金) 21:56:51
声を掛けてきたのは大学生くらいの男だった。眼鏡を掛けていたのでこの後は心の中で眼鏡と呼んでいた。
眼鏡はライターに火を付けては消していた。眼鏡は俺を不思議そうに見ながらライターをしまった。
眼鏡は色んな事を聞いてきた(この後ビビりの俺はまともに話せてないから俺の反応だけ書きます)
「お前もさっきの電車に乗ってたのか」(俺頷く)
「お前は何の電車に乗ってここに来た?」(は?)
ちなみに眼鏡は西武線だった。
「ここが何処か知ってるか?」(知らないので首を振った)
眼鏡は少し興奮しながらも丁寧に教えてくれた。眼鏡の説明をまとめると(俺が覚えてる限り)、
・この駅はきさらぎ駅
・あの世に向かう途中の駅
・駅内で煙を出せばこの世に戻れる
だった。きっと眼鏡は都市伝説を知っていたから詳しかったんだろう、しかし俺は反対に詳しい眼鏡が怪しくて、眼鏡こそが地獄にいる怖いやつで俺を騙しているのではと疑い出していた。

9 征一 :2017/12/22(金) 22:06:44
怪しい眼鏡は、俺の反応が帰ってこなくなると、またライターを取り出して煙を出そうと頑張っていた。俺に紙持ってないかと聞いてきたけど、夢を見ている奴が紙なんか持ってるかよって思いながら首を振った。すると眼鏡は駅を見渡して「そうだ」と気付いたように声を出した。
「ここ木造だから、駅の一部を燃やしたら良いのか」
さすがにこれを聞いて俺は眼鏡が現実で放火魔なのではと思った。この時は夢の中だという事を忘れて眼鏡を止めにかかった(この時俺は目が覚めるまで駅に留まろうと考えてたから、駅が燃えて無くなったら困るし)
「燃やすのは駄目やと思います!縁起悪いですし」(ちなみに俺はビビりなのでこの言葉を噛みながら言った)
「縁起も何もこの世に帰れない方が駄目でしょ」
男は俺を無視して、駅の一部の腐った柱にライターで火を付けた。
火は小さく着いた。俺はすぐそれを踏んで消した。確か後ろで男が舌打ちしたと思う。その後、男は怒りながら俺を地獄の妖怪扱いして俺を置いて駅を出ていった。

10 不思議な名無しさん :2017/12/22(金) 22:13:13
>>3
このスレを読んだ人が征一氏のそのメアドにメールを送れるってこと。
捨てアドで、このためにつくったメアドならいいけれど、
メインで使っているなら、どんなメールがくるかわからないし、
消してもらった方がいいかも。

その辺は、管理人さんに聞いてくれ。
管理人さんに直接メールした方がいいかな。
メアドは、不思議netのトップページにあったはず。

あと、改行をもっと多くしてくれると助かる。
1行開けるとかも。
そのほうが読みやすいから。
文字ぎっしりだと、それだけで読む気が失せる人多いし。


あ、メアド入れるところに sage (←半角)っていれると、
スレがトップにこなくなる。
書くたびにトップにあげたいなら……いいけど、
ちょっとウザがられるから注意な。

11 征一 :2017/12/22(金) 22:25:43
なるほど、ありがとうございます!
捨てメアド使っといて良かったです・・・
あとこれからは改行します。

12 征一 :2017/12/22(金) 22:26:53
俺は真っ暗な駅に一人ぼっちになってしまった。
早く夢が醒めないかなと思いながらその場に座り込んで顔を伏せた。
でも眠ろうとしても意識が冴えていて眠れないし、ただただ時間が過ぎるのを待つ気分だった。

13 征一 :2017/12/22(金) 22:28:53
眠気も無いのに顔を伏せてるせいで首が痛くなった。
いやいや顔を上げたら、すぐ目の前に人の顔があった(俺彼女いないけど、キスってあれくらい近いと思う)

俺は怖くてもう情けない声で叫んだし、正直少し漏らした。
何が怖いって、別に顔は普通の男なんだ。
俺の知り合いにはいないけど、人間の顔をしていた。

けれど、その男は白黒だったんだ。

14 征一 :2017/12/22(金) 22:35:53
分かりやすく言えば、白黒写真から抜け出してきたような男だった。

真っ暗だったから肌の色とか分からないやろって言われそうやけど、俺は前に眼鏡に会ってるからちゃんと暗くても肌とかに色があったのは分かってたし、やっぱりその男は白黒だった。

(ちなみに友達にこの話をした時、「白黒の意味が分からへん」と言われたので、俺なりに無い語彙力を捻って詳しく書いたつもりなんですけど、これを怖いと思ったのはビビりの俺だけなのだろうか・・・)

15 不思議な名無しさん :2017/12/22(金) 22:48:23
夢の中(と思っている)だから白黒でも不思議ではない
とは感じなかったということかな

16 :2017/12/22(金) 22:54:41
>>15そうかもしれません。
俺は夢に色があるタイプですが、知り合いにモノクロで夢を見る人がいました。

17 :2017/12/22(金) 22:56:26
あ、すごいどうでもいい事ですけど眼鏡は紺色のチェックシャツを着てたんですごいオタクっぽかったです。

18 征一 :2017/12/22(金) 22:57:52
実はその男がきさらぎ駅の駅長だった。
以後駅長と呼ぶ。

駅長は俺の親戚の叔父さんくらいの年だったから、40代の男だと思う。
また漏らしかかった俺に駅長は無表情で話しかけてきた。

「お前は何処から来た」
「・・・」(夢って言ったら殺されると勝手に思い込んで黙った)

すると駅長は俺の左耳を触ってきて、どの電車でも無いと当てた(何で分かったのか)。
触ってきてって書いたけど、触れられてる感覚は無かった。

19 不思議な名無しさん :2017/12/22(金) 23:10:48
私も夢はカラーだなぁ。
夢の中で夢と気づけない(もしくは気づいてるつもりの夢を見る)タイプだから
夢だと気づいて、夢のつもりで行動できるって部分は羨ましいけれど、
感覚が現実味のある夢だからこそ「夢だから何でもありだなフフーン」ってならないのかもね。

20 征一 :2017/12/22(金) 23:13:51
>>19僕は夢の中で自由に行動出来るタイプです(友達がその夢の名前を教えてくれたけど忘れた)

21 征一 :2017/12/22(金) 23:15:06
駅長は珍しいと言った後、突然ありがとうございましたと感謝してきた。
俺は思わずえ?と漏らしてしまったが、駅長は聞こえなかったのか続けた。

なんと感謝してるのは俺が火を消した事だった。
今までは駅内で紙に火を付ける人は何人かいたが、駅に火を付けようとした人は始めてらしい。

俺はそこまで聞いて、勇気を出してあなたは誰ですかと聞いてみた。
するとこの駅の駅長だと言われた
(何故「きさらぎ駅」って言わなかったか後で分かります)

22 征一 :2017/12/22(金) 23:28:59
駅長は怖がっている俺を見て、どこかに行った。
すると駅全体が明るくなった(駅内のはガス灯?ぽかったけど、緑色の光が灯ってた)怖かったけどそれ以上に朽ちている駅と緑色の光が綺麗だった。
芸術とか分からない俺でも美しいと思った。

それでも緑色の光に照らされている駅長は白黒のままだった。
俺は(殺されたくなかったので)帰ってきた駅長にありがとうございますとお礼を言った。

ちなみに駅内はやっぱり見たことない駅だった。
まず俺は地下鉄しか使った事ないから地上にある駅を知らないし。

ただ印象的だったのは、駅内にある時計が、12までじゃなくて7までしかなかった事だ。
あれどうやって時間を知るんや・・・。

23 不思議な名無しさん :2017/12/22(金) 23:32:27
>>20
明晰夢(めいせきむ)かな
一度だけ見れたことがあるのだけれど、
「夢と気づいてる夢」とぜんぜん違ってて面白かった

24 征一 :2017/12/22(金) 23:45:18
>>23友達が言ってたやつ、それでした!(漢字知らなかったので、読み仮名ありがとうございます・・・)

25 征一 :2017/12/22(金) 23:47:22
帰ってきた駅長は、どうやって帰るかと聞いてきた。
俺は思わず目が覚めたら帰れると思いますと言ってしまったが、駅長は夢から来た場合は帰り方が難しいがと気付いていた。

そして駅長はきさらぎ駅を知っているかと尋ねてきた。
俺は正直にさっきの眼鏡が教えてくれた、それまでは知らなかったと答えた。
駅長は良かったなとしか言わず、その後帰り方を教えてくれた。


これを思い出しながら見た時計を書いてたんですけど、やはり7までしか無かったら使いにくいですよね・・・。

26 征一 :2017/12/22(金) 23:55:40
覚えてる限りで書くと、


①「清い」電車が来るまで待つ(他の電車は絶対乗るな)

②電車じゃない物が線路を歩いてきたら息を止めろ
(音を聞かせるなって行ってたから息を吸うことより呼吸音が駄目なんだと思う)

③帰るまで「駅名」を見るな


だった。
まず「清い」が分からないと尋ねたら、「今まで穢れた所に行ったことが無いなら乗れる」としか教えてくれなかった。
穢れた所って何処ですかね・・・。

27 征一 :2017/12/23(土) 00:00:21
とりあえず俺は大人しく座って待つことにした。駅長は少し距離を置いて俺の隣に立っていた。この後1時間は電車が来なかったので特に書く事が無い。

28 征一 :2017/12/23(土) 00:10:12
すまん、忘れてた。
駅長にお菓子をもらって食べたわ。

駅長は1回駅の改札の奥に行って、お菓子を持って帰ってきてくれた。
お菓子は河原に落ちてそうな石だった。
思わず拒否しそうになったけど、逆らわずに食べることにした。

駅長は食べようとしない俺に、舐めるだけでも構わないが、出来れば1回は噛めと言った。
俺はもうやけくそになって舐めずに噛んだ、何と触った感じは硬いのに噛めた。

ただじゃりじゃりしてたしそんなに甘くはなかった。
真ん中はドロっとした液体?だったけど、別に変な味はしなかった。

食べ切れなかったら線路に捨てろと言われてたからすぐに捨てた。
駅長はあれを噛めたなら現世に帰れるとボソッって言った。

29 征一 :2017/12/23(土) 00:24:13
お菓子?を貰ってから20分くらいだったか、電車がやってきた。
俺は期待して電車に寄ろうとしたら、突然駅長に肩を掴まれて後ろに倒された。
この時は今まで騙されててもう帰れないのかと一番パニックになったわ。

もう助からないのかと思って駅長を見たが、今まで何をしても無表情だった駅長が目を見開いているのを見て、この電車は乗ってはいけないとすぐ気付いた。
ちなみに電車は緑色の光に照らされてたから正しいか分からへんけど、紫色だったと思う。

30 征一 :2017/12/23(土) 00:41:03
電車から降りてきた人を見て驚いた。
降りてきた人は、服は車掌だったけど、顔が何かの動物だったと思う
(駅長に下を向いてろと言われてその後見れてないから記憶があやふや)

以下車掌と呼ぶ。
車掌の声は野太かったし、正直聞いていて嫌な気分になるような声だった。
説明力がなくてごめんなさい。

31 征一 :2017/12/23(土) 00:43:38
この後は下向いててどんな様子か分からないので、かっこ書きで会話を書きます。

(車掌)『駅長がいるなんて珍しいですね』

(駅長)「・・・あなたの電車がこの駅に止まるのも珍しい」
(駅長は2分くらい黙ってから喋った)

『そいつがいるからです。連れて行って良いですね?』

「駄目だ」

『ちょうど良い獲物なんですが』

この時俺は駅長は俺の事を同じく獲物だと思っているのかもしれないとすごい震えていた。
獲物ってことは食べる気だったんだろうか・・・。

32 征一 :2017/12/23(土) 00:50:23
「夢から迷ってきた人間だが、この人間は何も起こしていないから帰す」

心の中で駅長にめっちゃ感謝した。
あと駅長にさっきは疑ってごめんなさいと謝った。

車掌は駅長じゃなく突然俺に話しかけてきた。

『名前を教えてください』

33 征一 :2017/12/23(土) 00:55:45
絶対言ったら捕まると思って黙り続けた。
3分くらいしたらまた車掌は俺に話しかけてきた。

『知り合いが電車にいますよ』

思わず顔を上げて電車を見た。
なんと電車の中に眼鏡がいた。
「眼鏡!」って呼びかけたけど目を閉じたままだった。
ついでに車掌の顔を見たはずだけど、怖くてまた顔を伏せた。


駅長が車掌に早く行けって言ったら、車掌はまたとだけ言って電車に戻って行った。
その後電車が発進し出したんやけど、すごい生暖かい風?(あと甘い臭いがしてた)が吹いて電車は駅を出ていった。

34 征一 :2017/12/23(土) 01:01:41
何かこうやって頑張って思い出して書いてるんですけど、文才が無いから嘘くさいですね・・・。

もう誰も見てないなら早く書き終えた方がいいですよね。

35 征一 :2017/12/23(土) 01:23:54
電車がいなくなってすぐに駅長にあれは何だったのか尋ねた。
けれど駅長は教えてくれなかったが、「名前はこれからも言ってはいけない」とだけ言った。

結局その後も2本くらい電車が来たが、煙臭かったり通過していっただけで俺の乗る電車ではなかった。

けれどその次に来た電車が「清い」電車だと直感で思った。
その電車は今までと違い臭いが無かったから。確か電車の色は白というより水色ぽかった。

36 征一 :2017/12/23(土) 01:34:50
俺は駅長にさよならと言おうとしたが、「振り向くな」と言われた。
駅長は先程の③の「駅名」を見ないためにそう言ったんだと思う。


駅長は電車を待っている間、きさらぎ駅について少しだけ教えてくれた。

きさらぎ駅は日本に鉄道が出来た時代から存在する。
何だっけ、神なんちゃらの一つの原因って言ってたけど忘れた。

しかし最近、 来た女のせいで有名になってしまった。
そのため現世から来る人が(ほんの少しだけ)増えただけでなく、自力で帰る人も出始めたそうだ。
その分有名になってしまったので、最近は駅名の札を変えることにしているそうだ。

俺はめんどくさいし変えなくても大丈夫じゃないですかと聞いたら、最近駅名に四角い物を向けて光を当てる人が多いからと言われた。
スマホの事だと思う。でも体験した後で調べたんですけど、きさらぎ駅の写真って存在しないから、写真を本当に撮った人は帰れてるのか分かりません・・・。

37 不思議な名無しさん :2017/12/23(土) 01:36:11
「夢を見た」って書き出してて夢の話なのに嘘も何も

むしろわざわざ自分で嘘っぽいって言い出すのはそれこそ創作なの?って話で。
そういう夢を見たんでしょ?それでいいじゃん。

38 征一 :2017/12/23(土) 01:36:53
電車に乗る時、ガコッと板を外す音が聞こえたから、きっと駅名の札を外していたのかもしれない。

そして電車は発車した。
電車の中は座席すら無かったけど、俺は横になって目を閉じて夢が覚めるのを待った。
駅長のおかげで絶対帰れるという安心感があった。

39 征一 :2017/12/23(土) 01:43:26
>>37そうですね、見た夢をありのままに書けば良いだけですね。

気にせずに書こうと思います(でももうこれで夢終わりなんです・・・)

40 征一 :2017/12/23(土) 01:46:31
結局目が覚めて現世に帰ってこれました。

起きた後は心霊現象とかありませんでした。
ただ、起きてから鏡を見てる途中に、鼻血が出たくらいです。

以上で終わりです。
質問があれば是非お願いします。
俺も突っ込んでもらえれば思い出して書けるので。

41 名無したん :2017/12/23(土) 02:40:02
面白かったです!
向こうでは寒さとかは感じましたか?異世界とか飛んだことなくて…

42 征一 :2017/12/23(土) 20:06:23
>>41すいません、塾から帰ってきて見ました。

そうですね・・・別に寒いことはなかったので気温は普通だったと思います。

あ、でも電車が来た時に感じた風は生暖かったので気温が無いことはないと思います。

43 名無したん :2017/12/23(土) 23:44:17
いえいえです!
気温は感じるのですね…
抑々きさらぎ駅は何のためにあるのでしょうか 不思議ですね

44 不思議な名無しさん :2017/12/25(月) 07:51:24
きさらぎ駅に駅長がいたというのは新しいパターンだな
迷い込む人があまりに多くなったから
対策で駅員配置するようになったのかw

写真を撮ったら帰れなくなるというのは
案外あり得るかも知れないね
きさらぎ駅の写真と称するものはTwitterに結構上がってるけど
どれも実在の風景であることが判明している

45 征一 :2017/12/25(月) 23:55:08
>>44体験した後、きさらぎ駅の写真を何枚か見ましたが、自分がいた駅とは全然違いました笑

46 征一 :2017/12/25(月) 23:58:20
こうやって体験した事を書き出してここに載せた後、他に何か無かったか思い出そうとしたんですけど、何個か思い出した事があります。

一つ目は、車掌の顔がニホンザルっぽかったことです(マントヒヒではなかった笑)

もう1つは、車掌が乗っていた紫の電車に、子供が何人かいてこちらに手を振っていたことです。

47 不思議な名無し :2017/12/26(火) 00:14:05
>>46もしかしてあなたが見たのは子供ではなくて小人じゃありませんでしたか?

もしそうなら、あなたが見たのは猿夢の電車じゃないのでは?

48 征一 :2017/12/26(火) 00:21:21
>>47小人を見たことないですが、そう言われてみれば顔は老けてたような・・・。

猿夢って何ですか?
調べてみようと思うのですが、怖いのは苦手なので事前にそれだけ教えてください。

49 不思議な名無しさん :2017/12/26(火) 00:36:26
>>48
それなら見ない方が良いね
特A級の洒落怖やで

50 不思議な名無したん :2017/12/26(火) 00:45:04
>>47車掌の口調が猿夢に出てくる奴に似てるから有り得る。

もしかして猿夢の電車はきさらぎ駅に止まるのか・・・?

51 征一 :2017/12/26(火) 01:03:33
>>49気になったので調べてしまいました・・・。

眠る前に見るもんじゃないですね・・・。

でも1番怖かったのは殺され方よりも俺が会った車掌と口調が似てる所が怖かったです・・・。

52 征一 :2017/12/26(火) 01:09:02
>>50もしかしたらそうなのかもしれません。

てことは眼鏡はあの後殺されたのかと思うと後味悪いです。

53 不思議な名無しさん :2017/12/26(火) 06:58:43
全く知らない世界が夢の中に現れるというのは良くある話だが
夢の中が異世界と繋がってるのは本当なのかも知れない

オカルト抜きで考えるなら
物心付く前に誰かから聞かされたきさらぎ駅の話が
記憶の奥底に眠ってて夢に現れたとも考えられるが
封印された記憶が夢の中の登場人物によって語られるというのも
それはそれで十分に不思議な体験ではある

きさらぎ駅の話が世に出たのはかなり古くて2004年1月のこと
家族や幼い頃の知り合いの中にきさらぎ駅の話を知ってる人がいないか
確かめてみるのも一興だな

54 征一 :2017/12/26(火) 23:30:22
>>53きさらぎ駅などの話を聞いていて、無意識に覚えてて夢になったとしたら不思議ですね。

受験が終わったら久しぶりに友達にあって尋ねてみたいです。

当時は夢を見た後怖がってましたが、最近はきさらぎ駅の灯りがついたあの幻想的な景色が懐かしいです。

55 不思議な名無しさん :2017/12/27(水) 07:38:55
>>54
怖い体験だったけど後で思い出すと懐かしいというのは分かるような気がする
時空のおっさんもその系統のお話だね
もしかして駅長さんは時空のおっさんだったのかも

猿夢と言えば、きさらぎ駅の駅長と猿夢の車掌が登場するコメディー系SSならどっかで見たことあるけど
きさらぎ駅と猿夢が繋がってるという発想はなかった
でも猿夢の魔の手から守ってくれる駅長の存在は
猿夢の悪夢に悩まされてる人には朗報だな

56 征一 :2017/12/28(木) 00:12:07
>>55コメディーSSがあるとは知りませんでした!

後で読んでみます笑

俺は猿夢をちゃんとは見たことはないですが、他の人もきっときさらぎ駅の駅長が守ってくれるかもしれません。

57 不思議な名無しさん :2017/12/29(金) 19:37:22
夢で会った駅長ってご先祖か何かの守護霊じゃないのかな
ご先祖に鉄道関係の仕事してた人とかいない?
過去にご先祖の古い遺影を見たことがあるなら
そのイメージが白黒の駅長として現れたと考えられるよな

58 征一 :2017/12/29(金) 23:53:46
>>57ご先祖様ですか、今ちょうど爺ちゃん家に親戚揃ってるので聞いてみます!

59 征一 :2017/12/30(土) 00:26:15
親戚に聞いてみたところ、曾おじいちゃんが1番詳しいとの事です。

今曾おじいちゃんは今回の集まりに来てないので、また会う時に聞いてみようと思います。

ただ偶然なのか分かりませんが、祖先に失踪した人(性別は分かりません)がいるそうです。

60 57 :2017/12/30(土) 09:10:31
>>59
ご先祖の守護霊とか適当な思い付きで言ってみたけど(オイ)
何やら興味深い話になって来たな
きさらぎ駅の夢と関係あるか分からないけど
ご先祖様のこと調べてみたら色々繋がって来るかもよ

61 不思議な名無したん :2018/01/02(火) 01:07:34
読み返していたけど、「穢れた場所」って心霊スポットとかなのかな。
それだったら私はもう行っちゃったから、きさらぎ駅から帰って来れないなー笑

しかし征一さん帰ってこない・・・
何かあったのか・・・

62 不思議な名無しさん :2018/01/06(土) 23:33:07
面白い

63 不思議な名無しさん :2018/01/07(日) 10:59:24
きさらぎ駅にしろ猿夢にしろそれ自体は使い古されたネタだけど
この話は新鮮で興味深い内容だった思う
緑色で照らされた駅舎の情景もなかなか神秘的だし
心霊ちょっといい話っぽい展開もあって面白い

征一氏は受験生だそうなので無理は言わないが
一段落付いたらまた書き込みに来て欲しいな

64 征一 :2018/01/08(月) 23:18:21
お久しぶりです。
すいません、現在センター試験に向けて勉強していてここにあまり来れませんでした。

実は、この前言っていた曾おじいちゃんから聞いた話が、少し不思議な話だったので、またセンターが終わったら書き込みたいと思います。

ちなみに親戚はおろか、誰も失踪してませんでした笑

けれど、興味深い話なので聞きたい方がいたら待っていていただけると嬉しいです。

65 不思議な名無しさん :2018/01/09(火) 19:10:41
きさらぎ駅と関係あるのか分からないが
不思議な話というなら興味あるな
期待して待ってるから今は受験の方頑張ってくれ

66 不思議な名無しさん :2018/01/14(日) 05:00:54
待ちますよ
不思議なお話、聞かせてくださいね

67 不思議な名無しさん :2018/01/14(日) 11:29:32
丁度センター試験の真っ最中だね *\(^o^)/* ガンバレー

68 不思議な名無しさん :2018/01/16(火) 20:06:08
そう言えばきさらぎ駅の別の話が上がってたね
http://world-fusigi.net/archives/9032695.html
最近多いな、リバイバル機運かな

69 征一 :2018/01/22(月) 09:34:02
遅くなってすみません、ただいま戻りました。

実はセンターの結果があまり良くなくて、ヒステリックな母にスマホを取り上げられてます(家では)

なので学校や塾の時に細々と書いていこうと思うので、気が長い人は待っててください。

70 不思議な名無しさん :2018/01/24(水) 19:10:45
なんか大変でしたね
ともあれ気長にお待ちしてますので
受験に影響のない範囲でとだけ

71 征一 :2018/01/27(土) 14:52:00
遅くなりましたが、ひいおじいちゃんの話をしたいと思います。

ひいおじいちゃんの名前は直治と言います。
一々ひいおじいちゃんと打つのもめんどくさいし、正直特定されないと思うので名前を出しました。
後に出てくる友達もAとかだったら味気ないので。

直治は1912年生まれだと思います(もうボケてるので怪しいです)
直治は近畿地方の村出身です。
あるあるですが、直治にはたくさんつるんでいた友達がいて、その中でもガキ大将のヨシオと仲良しでした(漢字を聞くのを忘れました)
直治はよっちゃんと呼んでました。
ちなみに直治は直治で、村の女の子をよくからかってはその子を泣かしてヨシオと一緒に怒られるような子どもでした。

72 征一 :2018/01/27(土) 15:10:34
ただ二人には仲間と違い、とある女友達がいました。
それは沙夜という年上の女性でした。


少し年上なのかなと途中まで話を聞いている内に、沙夜さんの話がおかしかったので、ひいおじいちゃんに改めて尋ねると一回り年が違いました(なので10歳ぐらい離れているかも)

沙夜さんは目が悪い女性でした。
見えないわけではなく、直治によると太陽の光のような強い光に弱かったそうです。

73 征一 :2018/01/27(土) 16:08:41
なので沙夜さんは眩しがっていつも薄暗い倉に住んでいました。お母さんと二人暮らしで、あまり人に会いたがらないので、子どもたちの間では幽霊と呼ばれていました。


しかし村には馬鹿な子どもが二人いました。
直治とよっちゃんは10歳の誕生日(どちらかは分かりません)、大人になったということで(なってねぇ)、その幽霊を捕まえに行く事にしました。

でも怖いので昼間に襲撃することにしたそうです(やっぱり子どもだったとひいおじいちゃんは笑った)


二人は庭に忍び込んで倉に入ろうとしました。
当然沙夜さんのお母さんに捕まって怒られたそうです。
二人は村のいたずら小僧で有名だったので、お母さんが親に言いに行くと言い出した時、倉から元気な声が聞こえてきました。

74 征一 :2018/01/27(土) 19:59:26
沙夜さんでした。

彼女は、直治達に謝り出しました。昼寝をし過ぎた、遊びに来てくれると言ってたのに。まだ日は暮れてないから寄ってけと。

直治達はなぜ幽霊が嘘を吐くのか分からないが、素直に従ったら親に怒られないかもしれないと思い、その話に乗って倉に向かいました。

すいません、沙夜さんも正しい漢字が分からないのでこれからはサヨに変えます。

75 征一 :2018/01/27(土) 20:07:31
すいません、母に聞いたらひいおじいちゃんは1916年生まれでした(1912年だったら106歳笑)

76 征一 :2018/01/27(土) 20:51:34
直治達は倉に入ってからサヨさんにとりあえずありがとうと言いながら彼女を観察しました。

別に幽霊でもなく、かといって美人でもない、普通の女性でした。

サヨさんは生まれた時から目が悪かったわけではなく、ちょうど直治ぐらいの年に病気で目が悪くなったそうです。

なので、その頃から友達が離れていったので、直治達と話してみたいと思ったのでした。

77 征一 :2018/01/27(土) 21:25:52
サヨさんは明るい人で、直治達は馬鹿だったのですぐに仲良くなりました。

当時、ハンセン病のように、近所の人は病気の人から同じのを移されると疎まれたそうです。

サヨさんも例外ではなく、その上途中から目が悪くなったので大人達は掌を返すように付き合いが悪くなりました。

けれども直治達は気にせず、だんだん仲良くなり倉に通うようになりました。

ひいおじいちゃん曰く、「同い年の女の子とは気まずくなり始める年だったから、年が離れたサヨさんの方が話しやすかった」と。

78 征一 :2018/01/28(日) 09:03:25
サヨさんは虫が大好きでした。なので直治達が捕まえて来ては倉に飛ばしていたそうです。

サヨさんが一番好きなのはかぶと虫で、触って固さを感じるのを気に入っていました。

ちなみによっちゃんは蜂に刺されたことがあるので、大体は直治が虫を捕まえてました。

よっちゃんは村の中ではお金持ちだったので、たまにチョコレートやサイダーなどを持ってきて三人で食べてました
(残ったらサヨさんのお母さんにあげようとは言うものの、いつも残らなくてお母さんに笑われたそうです。微笑ましいなぁ。)

79 不思議な名無しさん :2018/01/28(日) 12:37:44
続きあるのか
時間かかっても良いから期待して待ってるよ

80 不思議な名無しさん :2018/02/04(日) 20:15:08
きさがぎの話違うんかい

81 不思議な名無しさん :2018/02/13(火) 18:07:56
面白いやん支援

82 不思議な名無しさん :2018/02/16(金) 01:48:49
見てます、受験頑張ってね

83 不思議な名無しさん :2018/02/17(土) 08:10:29
まさか最近来た女って.... まさか な?

84 征一 :2018/02/27(火) 19:18:48
ただいま戻りました!

随分遅くなってごめんなさい。

これからまたひいおじいちゃんの話を続けたいと思います。

明日からまた細々と書き込みます。

85 征一 :2018/02/27(火) 19:20:37
>>83最近来た女とは何のことですか?

86 不思議な名無しさん :2018/02/27(火) 19:48:19
まってたよー!おかえり!

87 不思議な名無しさん :2018/03/08(木) 19:56:54
>>84
気長に待ってるぞー

88 征一 :2018/03/09(金) 20:10:50
この前「明日から投稿する」と書きましたが、その後一切投稿しない状態になってしまいごめんなさい。

実は、もう話を整理して文章に起こしているのですが、その途中をひいじいちゃんに本当に書いて良いのか聞こうとして放置されてました。

しかし聞きに行こうと思っていたのですが、3月2日、脳梗塞で永眠してしまいました。

もうお年だったのでひいおじいちゃんは人生を全うできたと思います。

しかし亡くなってしまったため、この事を書いても良いのか聞けずじまいになってしまい、とりあえず1週間書くかどうかを考える事にしました。

結果、今度こそ明日から投稿して行こうと思います。

89 不思議な名無しさん :2018/03/10(土) 18:41:32
>>88
1916年生まれというと100歳超えの大往生とは言え
大正時代?昭和初期?の体験談を直接聞けるなんてことは
今の時代滅多にないだけに大変残念でした
ご冥福をお祈り申し上げます

お話の方はいよいよ再開されるとのこと、
楽しみにしています

90 征一 :2018/03/10(土) 22:18:48
>>89ありがとうございます。
最初は俺が体験したきさらぎ駅の話からひいおじいちゃんの話をするとは思いませんでした。

今頃は「りくさん」と会ってるかもしれません笑

91 征一 :2018/03/10(土) 22:20:04
では続きを書かせていただきます。

サヨさんと仲良くなって3年ぐらい経った頃、たまにサヨさんが倉にいない事が起こるようになりました。

それは決まって土曜日の夕方に遊びに行った時でした。

ちなみに直治達は、小学校を卒業した後はそれぞれ畑仕事を手伝ってました。

92 征一 :2018/03/10(土) 22:21:21
よっちゃんは進学したかったそうですが、そんな勉強したいわけでもなく、村を離れたくないという事で医者になるのはさっぱりと諦めたそうです。

ひいおじいちゃん曰く「あいつァそんな賢くなかったからな」と鼻で笑ってた(失礼)

けれど家は金持ちだったので、医療関係の本を趣味で読んでいたそうです。

93 征一 :2018/03/10(土) 22:22:08
そういうわけで、昔のようにサヨさんの所に通っていたので、直治達は何故土曜の夕方はいないのか不思議だったそうです。

話を聞いてて良かったなぁと思ったのは、直治達のおかげでサヨさんは倉から出るようになったそうです。

勿論晴れの日は無理でも、太陽の出てない雨の日は外に出て直治達と一緒に雨の匂いを嗅いでいたそうです。

94 征一 :2018/03/10(土) 22:22:24
また、その様子を村人達が見かけるようになった事で、サヨさんの同世代から下は彼女と話をするようになりました。

サヨさん嬉しかったやろなぁ。

95 不思議な名無しさん :2018/03/11(日) 10:42:56
幽霊と呼ばれてた不思議な少女と遊んだ体験というやつやね
心霊体験とは違うけどネットはおろかテレビもなかった時代なら
ちょっとした不思議体験だったろうね

この話まだ続きはあるのかな
土曜の夕方の謎とかサヨさんのその後とかはちょっと気になる

96 不思議な名無しさん :2018/04/21(土) 18:42:03
征一来ないけど死んだのか?

97 溜息 :2018/04/29(日) 22:29:12
そのあとどうなった。気になる。

98 溜息 :2018/04/29(日) 22:30:09
そのあとどうなった。気になる。

99 不思議な名無しさん :2018/04/30(月) 13:29:56
またきさらぎ駅に迷い込んで、猿夢の電車に乗ってしまい死んだ説

100 こうしと牧場 :2018/05/01(火) 22:03:02
100とったでー

101 不思議な名無しさん :2018/05/05(土) 10:58:37
なぁ、わざと書き込まないで死んだふりしてるだけだろ?

だけだよなぁ・・・?

まさかな・・・。

102 <あぼーん> :<あぼーん>
<あぼーん>


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい写真集 - 青山 裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa