したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

ジャンル問わず不思議体験を教えてください

256 不思議な名無しさん :2018/02/06(火) 23:09:27
>255
 そういう事が起きてもおかしくないよなー、って場所で起きた不思議な事って
不思議なようで不思議じゃないような気もしてちょっとおかしいものですよね。
私もちょっと不思議な事が起こっても不思議じゃないだろって場所での体験談をひとつ。

【クセのあるイビキ】

 3年ほど前に8床の大部屋に入院していた。8人程度とはいえ色々な人が居て、斜め向かいの
ベッドの患者さんはどうも看護師さん達と折り合いが悪いというか、割とつまらない事で
ナースコールを繰り返しては辟易とさせていたようだ。

 数日が経ち、その患者さんは患っている病気に適した設備のある所へと転院する事になった。
その人に見合った場所で治療を受けて快方に向かってくれると良いなと思う一方で、失礼ながら
昼間の電話での愚痴と夜間のイビキから解放される事にちょっと喜んでしまった。ごめんなさい。

 検査とリハビリを終えてベッドに戻ると、斜め向かいはカーテンが開け放たれて誰も居ない状態に。
その後夕食を終え、消灯時間になり、就寝するまでそこに新しい患者さんは入ってこなかった。


 夜中に目が覚めた。カーテンの向こう側からややクセのあるイビキ。転院した人がイビキをかいて
いたのだと思っていたけれど、別の患者さんだったのだな。そう思いながらトイレに行く為にベッドを
抜け出すと、件の斜め向かいのカーテンが閉まっている。

 閉まってはいるけれど少し開いていて、ベッドに横たわる人の背中らしきものがイビキに合わせて
ゆっくり動いているのが見えた。寝ている間にどなたか入院されたのだろうか。何にせよジロジロと
観察するのも失礼な話だし、用を済ませたいしで病室を出た。

 ベッドに戻る際にもやはりベッドに横たわる背中がチラリと見えた。覗くつもりは無いのだけれど、
位置的に目に入るので仕方ない。その後しばらくはそのちょっとクセのあるイビキを聞きながら
ウトウトしていたが、いつの間にか眠りにおちていた。

 翌朝。大方のご想像通りだとは思うけれど斜め向かいのベッドには誰も入っておらず、看護師さんに
聞いてみたものの夜のうちに入院して明け方前に退出していった人も居ないとの事。
不思議といえば不思議なのだけれど、なにしろ病院だしそんなものだよねぇ…


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX) - 森 薫

アミルさん20歳で既に行き遅れ扱いされてるけど俺ときたら…

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa