したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

心霊体験したことあるやつおる?

1 不思議な名無しさん :2016/06/18(土) 19:23:54 ID:OTj5azyo0
教えて

2 不思議な名無しさん :2016/06/19(日) 14:44:03 ID:UW.7OxMY0
中学生の頃祖母の家(団地)に遊びに行ったら、台所に白い服の黒髪ロングヘアーの女の人が立ってこちらを見ていた。

当時は「いや、こんなテンプレみたいな幽霊おらんわ、気のせい気のせい」って思って信じなかったんだけど、それから何週間か経った後祖母から母に電話が来て、
「最近夜中に目が覚めると、白い服の髪の長い女の人が横にいるんだよねぇ」
と言っていたと母から聞かされた時は本当にびっくりした。

そういえば祖母の隣の部屋は「出る」と言われていた。当時祖父が亡くなったばかりで、何とか自分で祖父にお経をあげたいと思っていた私は、経を覚えるために幽霊に遭遇する直前まで仏壇前で「般若心経ポップ」を聴いていた覚えがある。
もしかしたら女の人を読んだのは自分かもしれないと反省している。
自分のどうってことない体験の中で一番怖かったのがこれ。

3 不思議な名無しさん :2016/06/19(日) 15:07:09 ID:8ffVDuyE0
で…
お経はあげたの?

4 不思議な名無しさん :2016/06/19(日) 16:01:26 ID:UW.7OxMY0
>>3 あげたらあの女の人また来るんじゃね?と思ってあげてなかったわ。
爺ちゃんごめん、お盆にあげに行きます。

5 不思議な名無しさん :2016/06/19(日) 16:52:04 ID:GymcELA.0
布団に入りしばらく目をつぶってたんだがなかなか寝付けず目を開けてみたら子供?の顔が布団の外から覗いてた

6 ♯Hiroshima :2016/06/21(火) 23:46:20 ID:ap1G3Lno0
2年前の話。新車(2人乗りオープンカー)を買ったからドライブしたくて知り合いsを乗せてウロウロしていたら、心霊スポットに行きたいというので、深夜に地元で有名なダムの側にあるトンネルに行って来た。
(自分としては)正直な話、雰囲気が不気味なところだからでるって言われてるだけで、ガチな場所じゃないだろうと思ってた。そんな様子なので怖がることもなく雑談しながら向かっていたんだけど、近付くにつれて雨が降り始めて、屋根も開けられずなんだかな〜と思いつつ目的地の手前500mくらいのところまで近づいた。

7 ♯Hiroshima :2016/06/21(火) 23:47:35 ID:ap1G3Lno0
運転しながら変わらず助手席の知り合いsと普通に談笑していると…

「あれ?」(ハンドルを握っている自分の右腕から鳥肌が全身に広がっていきそれに伴って腕の毛が逆立っていくのがみえる)「なんだろ。これ」と思った矢先すごい頭痛と吐き気がして、あまりの体調急変具合に自分でビックリして心臓もバクバク。目も潤んできちゃって、よくわからないけどすごい悲しい感情が湧いてきた。

体調がおかしいことを知り合いsに話して…

俺「ここはヤバいからすぐに引き返そう!」(まじかよ!うーヤバいよー。)
知り合いs「あっうん。不気味なところだよね」とポカーンとした様子。

8 ♯Hiroshima :2016/06/21(火) 23:48:52 ID:ap1G3Lno0
曲がりくねった山道を進みつつUターン出来そうなところを探していると、左手の崖下の川沿いのほうから嫌ぁな感じがギュンギュンしてくる。もういいや。狭いけどハンドル切り返してすぐ引き返そ!(気持ち悪い…。死にそう…。)と左手のに寄せて車を停める。

ふと前をみたら…
ちょっと意識が遠退く感じ(煙草を吸った時に頭がクラっとくる感覚)がしてから…

透明人間みたいな白モヤっぽい女性が居る。ハッキリ見えてるわけでないのに何故か女性だとわかる^^;

(なんでこんな深夜3時過ぎの山中に…?いやそれ以前にあんなもん人じゃないよな??どうしよう。気づいていないふり…そうそれな。それしよう!)

急いで離れたいものの気づいていないふりをしないといけないので、車をゆっくりUターンして引き返していくと数分もしないうちに急に体が楽になってきて全く普段通り。

「あーマジ怖かった。もう疲れたから家まで送るね〜」と解散。

9 ♯Hiroshima :2016/06/21(火) 23:50:15 ID:ap1G3Lno0
後日。
仕事中に社内廊下を歩いていて、ボイラー室の扉が開いているからふと目を向けたら、電気が消えている。真っ暗で見えるはずないのに、工事現場のおっさん??みたいな人が部屋の端にいたり(結構リアルで本物みたい)、会社の天井付近に黒いモヤモヤがみえてビビったり。…といった具合で無闇やたらと変なものがみえる。
職場の仲が良い課長に相談したら「ついてきてるんじゃないの?」と言われ、ひぃぃぃ。

課長「それは兎も角ここは元々そういうのをよくみかけるから前に陰陽師さんを呼んでお祓いしてもらったことがあるんだよ〜。それで貴方(俺)の部署のトイレと3階の製品倉庫と2階の○○に幽霊がいるっていわれたけど、3階の以外は今はいなくなったって。でもこういう業種(医療関連サービス)だからそのうちまた来ると思うよー。居付くかどうかは別にしてね」

余計にひぃぃぃ。

10 ♯Hiroshima :2016/06/21(火) 23:51:49 ID:ap1G3Lno0
暇な時にいつもその時のことを思い出してなんだったんだろう?と考えに耽ってることが多くなり。しかしまたあそこのダムのほうにはとても行きたくないし…とりあえずネットで調べてみよう。(閃)

そして自分がいったダム名をネットでググると…

女性の霊の目撃談が多数ある。ダム側の下流に地蔵群と廃墟ラブホと別荘がある。その廃墟のほうで鬼太郎みたいな少年の霊の目撃談が幾つかある。(某掲示板で)行ってみたけど何もありません。幻覚でもみたんじゃないですか?って書き込みもある。そういう心霊サイトを調べているうちに気にしてかまっちゃうのがいけないのかな?と思い始め知らんぷりしようと思いつく。

そして数週間後。
気がついたら変なものをみることがない。気配も感じない。やった〜!なんともねーぜ、俺。最高!

11 ♯Hiroshima :2016/06/21(火) 23:52:44 ID:ap1G3Lno0
そして数ヶ月後。
なんであんなものみたんだろう?以前にもあそこのダムにはいったことあったし何にもなかったのに…。また物思いに耽ることが多くなり、違う友人と今度は昼間にそのダムに行ってみる。なんともねーお。でもまた怖い思いしたらいけないから、この際藁をもすがる思いで神様でもなんでもすがろうと思いつく。
以前にパワースポット好きな課長に連れられていったことのある近所の神社に行ってみた。この神社は以前に来たとき陽光を浴びるように心地いい感じがする御神体の岩が置いてあり、某有名ブロガーが出した本で紹介されてたところ。今ではほぼ毎週お供え物とお賽銭を入れて2礼2拍手1礼してお参りしてます。

(そのせいかどうかは知らないけど)今のところ変なものを見ることもなく平和に過ごしてます。終わり。
長文失礼しますた。

12 不思議な名無しさん :2017/02/15(水) 16:00:48 ID:aHpD7QxU0
心霊体験かどうか自分では判断つかんのだが書き込ませてくれ。
6年くらい前の高校2年生の頃の話なんだが。

地元じゃそこそこ有名な学校に通ってて、担任が女体育教師だったんだ。
その女教師はまあ、体育教師にありがちな脳筋で、わりとみんなから嫌われてた。
で、俺もそいつが気に食わなかったんだけど、体弱いのに無理しろとか言ってくるのもそうだったんだが、
何より目を合わせるのが嫌だったのにそれを強要してくるのが本当に無理だった。
で、なんで目を合わせたくないかっていうと、
そいつの肩辺りにさ、肉塊?みたいなうごうごした赤ん坊が常にいたんだよ。ひっついてたの。
何でかはわからなかったんだけど、おかげで目をぜんぜんあわせられないというか上見たくなかった。
それで、いつも「なんで人の目を見て話さないの」とか責められた。
「その肩のやつどうにかしてください」って言いたかったな。
さすがにおかしなやつ扱いされたくなくて、家族以外にはずっと話してこなかったんだ。
で、7月か8月くらいだったかな。そいつが妊娠してるって話になって。
妊娠6ヶ月くらいって言ってた。
で、「ああ、なんだ」って納得して受け入れられたんだけど、今ふと思い出して意味がわからなくなった。
今は全然消息知らないんだが、まあ、子供が無事生まれたらしいとは聞いたんで後はよくわからない。
ふと思い出したので書き込みさせていただいた。

長文失礼しますた。
ありがとです。

13 不思議な名無しさん :2017/02/15(水) 16:04:34 ID:aHpD7QxU0
そういえば
>>1みたいな白い服で髪長い女の人ならうちの祖母の家にもいた。
一軒家だが台所からトイレまでという決まった範囲内にいつもついてくる女性だった。
兄弟全員見てる。おかげであの頃みんな夜中にトイレ行けなかった。

14 ヒヨコ :2017/03/06(月) 03:12:18 ID:/GDLaBSE0
たまに知らない女の人家に居る事あるよね

15 隼人 :2017/03/06(月) 03:26:05 ID:ztyOHPtA0
>>14ヒヨコ
ねっねっねーよガクガクブルブル
幽霊?シッシラナイヨ

16 mama :2017/06/14(水) 12:46:12 ID:zV0BbhRQ0
心霊体験なのか解らないけど、昔の話を。
これは、私がまだ中学生だった頃の話。

当時私は、両親と兄、祖母と実家に住んでいて、その家族の中で私だけが所謂「憑依体質」みたいな感じでした。そんな私の事を誰より心配してくれてたのが、祖母と、昔から私を可愛がってくれてた近所のおじちゃん(僧侶でもある)でした。
そのおじちゃんが、畑仕事をしている最中に倒れて急死しました。おじちゃんの魂がそこに残っているのではないかと、祖母は知人に紹介して貰った霊能者の方に来て貰う事に。

長くなったので、一旦ここで区切ります。
続きを再度書きますね。

17 mama :2017/06/14(水) 17:59:04 ID:zV0BbhRQ0
その霊能者さん(Hさん)は、当時で80歳〜90歳位のおばあちゃんで、手に御守りの大きい版みたいなのを持っていて、その中に7人の神様が居て、その神様が教えてくれるんだと言って、そこからお祈りみたいなのが始まりました。
やっぱりおじちゃんはそこに居たみたいで、Hさんが祈りながら、途中その御守りの神様とブツブツ話たりしてて、最後に「えい!」って言った後におじちゃんはス-ッと無事に帰って行ったみたいで、
あ、これで無事に帰れて終わったんだと思いました。
ところが、Hさんが「今から私が言う様に車を走らせて下さいね」と言って、急いで車に乗り込みました。(何となくHさんの表情的に何かあるなと思いました)
それからHさんはまた神様とブツブツ話しては、運転手に「そこを右に」「そこを左に」とか指示していて、最終的に小さな神社に着きました。
何だろう?って思いながら、皆でHさんの後を着いて行くと、、ゾッとしました。
神社の奥の木に、一体の藁人形があるわけで。
結局、その藁人形でおじちゃんは呪い殺されたそうでした。
その後、犯人を教えて貰った後、呪いを解いて貰って供養してこの件はこれでおしまい。

因みに今回のこのHさんとの御縁により、我が家の不思議現象が落ち着く事になりました。
それはまた別のお話なんですが(笑)

18 不思議な名無しさん :2017/06/19(月) 18:43:07 ID:wvPvcfb.0
面白かったです。もっと読みたいw

19 mama :2017/06/29(木) 17:03:24 ID:zV0BbhRQ0
ありがとう。初めての投稿なので、書き方が下手で解りにくいかなと思ってたので。

ちょいちょいと、色々あるので良かったらまた書きますね。

20 mama :2017/06/29(木) 20:48:34 ID:zV0BbhRQ0
何から書こうか…と思いつつ(笑)。
先のおじちゃんがおじゃん繋がりで、おじちゃんの話から書きますね。

私が小学3年生の時に、自分が憑依体質なのだと知ったきっかけにもなるお話です。
ある悲しい出来事があってワンワン泣いたのですが、その辺りから自分の中に「死への恐怖」の感情へと支配される様になりました。
死にたくない、死にたくない、寂しい、寂し久手狂いそうだ、何故死ななければならないのか、墓に埋まって土となりたくない。怖い怖い、死にたくない。。
休む暇も無く、毎日その感情が頭に浮かび、嗚咽をあげながら泣いてました。
そんな時に、お坊さんでもあるおじちゃんが、ある異変に気付きました。
これは間違いなく憑依だと。

おじちゃんは、「○○ちゃん(私)、○○ちゃんがこの前の悲しい事があった時に、おじいちゃんが自分が生きとったら助けてあげられたのに!!って言う、とっても強い想いが○○ちゃんに来とるんよ」と、私に教えてくれました。
その日から一週間〜10日程の間、徐霊の様な事が始まりました。

長いので、一旦区切りますね。

21 mama :2017/06/29(木) 21:55:01 ID:zV0BbhRQ0
おじちゃんはいつもニコニコの恵比寿顔って感じの人なのだけど、徐霊が始まると一変して厳しい顔になりました。
おじちゃんが、仏前でお経を唱えているのを、私は祖母の隣で固唾を飲んで見ていました。
途中、おじちゃんが仏壇に向かって「…ですね、…ですか、ありがとうございます」みたいな感じの事を言っていたのですが、その時は小さな蝋燭から火柱が高く上がると共に、おじちゃんの体が上下にガタガタと大きく揺れていました。
最初の数日はその様な感じの事を行っていたのですが、最後の方は私を仰向けに寝かして、お腹の上に水晶玉を置いてお経を唱えました。
そして最終日には、予め準備する様に言われていた酒・鯛一匹・塩・米・を仏前に置きました。
おじちゃんが「これからこの中に魂を入れるから、終わったら、海に投げて来る事。その時、絶対に後を振り返らない様にね。そうしないと、寂しくて魂がまた着いて来るから」と言っていました。
お祈りが終わって、両親が海へ行って来てくれる間、私は家で待っていました。
これでこの件は終わりです。

あれから随分と月日は流れましたが、あの時の幼いながらも鮮明に残る記憶は、昨日の事の様にハッキリと覚えています。
因みに、泣き続けていた毎日の中で、霊感すらない母が私(正確には憑依した霊)を温かい一言で救った一言があり、その一言も忘れられません。


長くなってすみません。
読んでくれた方、ありがとう。

22 mama :2017/06/30(金) 18:27:01 ID:zV0BbhRQ0
次は、霊能者のHさん繋がりで(笑)。
Hさんがうちの家の祈祷を初めて行って下さった時の話を書きます。

Hさんがうちに来て、例の御守りを手に、先ずはお祈りから始まりました。
途中何やらブツブツと神様と話をしながら、私達にHさんは言いました。
「大変だ、、ここの家に狐さんがおられるそうだ」
私達は「えぇ?!どう言う事ですか?!」と、パニック状態でした。
お祈りが済んで、じっくり聞くとこうでした。
「ここには昔、お稲荷さんを降ろして祈祷をしていた方が居る。その方が辞めた時にお社は移していけど、性根(魂)が移ってないからここの家に居る」
それを聞いた私は、ある事を思い出しました。
1.以前、狐らしきものが家の中を走って行ったのを見た事があった事。
2.エンジェル様(こっくりさんみたいな物)で、怖い体験をした事。

そしてHさんは、狐さんがいらっしゃる場所を、知らないとは言え汚してしまっている事を怒っていると教えてくれました。
とにかく、許して貰ってお社のあるところへ帰って頂かないといけないと言う事で、日を改めてお祈りをして頂く事に。

長くなったので一旦区切ります。

23 mama :2017/07/01(土) 11:23:08 ID:zV0BbhRQ0
そして、再度Hさんがうちに来てお祈りが始まりました。
Hさんが私達の代わりに、お稲荷さんに謝罪の言葉を伝えたり、お社にお帰り頂ける様にお願いして下さったおかげで、なんとかお社に帰って貰える事になりました。(帰らないと言われる事もあるらしい)
Hさんは「良かった!お帰り下さるそうだから、今から急いで行きましょう」と言い、予め準備する様に言われていた物(酒・油揚げ等)を持って近くのお社へ向かいました。
田舎の、夜の暗いお社は不気味で怖かったけれど、
Hさんの後ろに続きました。
先ず、お酒でお社を一周する様に流した後に、油揚げ等を供えてからお祈りが始まりました。
約一時間位で祈りは無事に終わりました。

その後Hさんの話をじっくり伺うと、お稲荷さんを降ろして祈祷していたのは、私の曾祖父(時は戦時中)でした。知らなかったとは言え(早くに亡くなっていた事もありその事を家族は知りませんでした)
お稲荷さんが居る場所を、祖父が仕事場に使い、汚した為に祖父は病気で亡くなったのだろう、
と言う内容でした。

取り敢えず、この件はここまでです。

24 不思議な名無しさん :2017/07/23(日) 07:50:18 ID:A5HsOIHs0
これは俺の先輩から聞いた話なんですけどその先輩(A)はとあるボロアパートに住んでるCと仲良く
いつも2人でよく遊んでたらしいんですね...
いつものように公園で遊んでいたらCが急にボロアパートに行こうと言い出してAを引っ張って走り出した
ボロアパートに着いた時は2人とも息が荒れていて そんな中でもCは喋り出して
(お前後ろにいたスーツを着た人に気づいてた?)
と言って Aは(全く気づかなかった...)と答えた
Cの話だとナイフを持ってて1~2mまで近づいてたらしい
とりあえず怖くなった2人は遊ぶのを止めAは家に帰った
次の日 学校に行くとCが休みだった 風邪だと思いAは見舞いに言った
するとドアは開いており引き込まれるように中に入っていった
Cがいつも座っている椅子には紙が貼ってあり
公園と汚い字で書いてあった 気になったAは公園に行くと
昨日の男がいて低い声で Cカエシテ ホシイカ? とまるで怪獣みたいな声で喋った
Aは頷きながらポケットの中の携帯で110番をしようとしていた

ちょっと区切ります

25 不思議な名無しさん :2017/07/23(日) 10:33:00 ID:mifmIPUE0
(続き) この先結構リアルで怖いぞ



110番をしようと入力していたAに男が気付き ちょうどAのポケット目掛けてナイフを投げた
すると見事に当たったらしくAは股関節に全く痛みを感じなかった 携帯が盾になったのだ
打つ手無しのAは逃げようとしたが捕まり
目隠し ガムテープでの口塞ぎ 手足の拘束など 完全に動きを封じられたAは
恐らくクロロホルムを嗅がされ 眠った
起きるとAはトラック?の中に閉じ込められていた
周りを見ると通気用の穴(かなり小さい)とCがいた
Cは気絶していて起こすと同じように捕まり 入れられたらしい
しばらくすると外に連れられた パッと見た感じボロいスナック?みたいのところに連れられていた
そのスナックの裏側のマンホールに入れられた すると別の男がAとCをキャッチして
かなりキレイな研究所みたいな所に連れられた
その中には檻があってそこに入れられた しばらくして 床がベルトコンベアな事に気づいてた
すると前の壁が開いてホールみたいなところに連れられた
多くの人がいて AとCの隣にいた若い男がこう言った
(人間オークションの開催でぇーす♪)

区切ります

26 不思議な名無しさん :2017/07/23(日) 16:07:40 ID:GqYatByA0

怖い話ではありませんが語らせてもらいます。
私は大型犬を飼っていて、それはもう我が子のように可愛がっていました。
そんな中、愛犬が4歳の時に血液の病気を発症し治療の甲斐なくあっと言う間にこの世を去ってしまいました。
それから一週間くらいたったかな。夜中に目が覚めたんだけど何か気配がする。
それと同時に誰かが私の布団を踏み踏みしている感触がして怖くてビックリした。うちのアパート(ペット飼育可)は治安が悪くて横のフィリピン人や下のDQNカップルがよく警察沙汰おこすもんだから『部屋に誰か入ってきたのかも!!泥棒!!鍵かけ忘れた!?殺される〜!!!!!!!!!!!!!』とか頭の中はパニックだった。そんな時に踏み踏みが止まったと思ったら私のわき腹あたりに重たい何かがもたれ掛ってきた。
その時に気づきました。この重たい懐かしい感触は死んだうちの愛犬だって。
なんせ45㎏もある大きい子だったから重たいのなんのって(;´・ω・)
私は『来てくれたん?』と愛犬に声をかけて安心して眠りました。

翌日、朝起きて昨日のことを思い出し『あれは夢だったんだろうな。』とそれくらいで片付け仕事にむかいました。それからまた1週間ほどして同じことがおこりました。夜中に布団を踏み踏みして私のわき腹あたりに重たい何かが持たれ掛かってきました。それと同時に今度は『ふんっ』とため息が聞こえました。
生前うちの愛犬は『ふんっ』とため息をつく癖があり、まさにそのため息でした。
翌日、私のわき腹あたりの布団がくぼんでいて夢じゃないのかも・・・。と思うようになりました。そんなことが度々おこっていたある夜中、いつもように重たい感触がしたので、手を感触のする方へ動かすとフワフワの何かを触りました。
私はびっくりして『〇〇―!!』と愛犬の名前を呼び飛び起きると、そこにはビックリして寝転びながら私を見る、亡くなったはずの愛犬の姿がありました。愛犬はとにかくビックリした顔でこちらを見ていましたが、私は泣きながら愛犬の名前を呼んで頭を撫でると優しい表情を浮かべて笑っているようにみえました。そこから私の意識は遠のき朝になっていました。これは愛犬が亡くなって49日前の出来事です。49日がすぎると、愛犬が布団にやってくることはなくなりました。
長々とすいませんが終わりですm(_ _”m)

27 不思議な名無しさん :2017/07/24(月) 22:11:11 ID:E6xvkFvg0
嘘っぽいですが聞いたんです....

その人間オークションでAとCはそれぞれ250万で売られて
Aは金持ちそうな人 Cは医者?みたいな人に売られて
Aは引き渡される瞬間に会場から逃げて 適当に道を進んでいた
当然警備も固いけどAは陸上の県大出たり 身体能力がかなり高く
必死に逃げたらしい で マンホールを出て たまたまその近くにいた俺にこの話をした
信じられないけど かなり痩せ干そっているし 説得力があったんだよ...
先輩は自殺したって事になってたけど 俺は信じない 
絶対殺された それにCも自殺したって事になってるけど死体が微妙にCと違う...
俺もこんな事を書いたし 明日生きてるか分からん
だけど 裏社会があって 人間が売買されてて 多くの人が騙されてる
これだけを覚えていてほしい....
追記
先輩は大事を伝える時誇張するからすこし誇張されてるかもしれん
けど 俺は先輩を信じる


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

ボンレスベルト


これであなたもハムの人。

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa