したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

元・時空のおっさんだけど何か?

616 不思議な名無しさん :2016/07/26(火) 21:06:51 ID:Yo6R0wlc0
1989年に発売されたファミコンソフト「神仙伝」の説明書のあとがきより

【ゲームデザイナーから一言】 
 誰が造ったのでもない。ずっと昔から宇宙はここにあった。
それにどうやら、始まりもなかったし、終わりもないらしい。

 宇宙の中には、沢山の世界がある。其れには上にも下にも横にも、
人間には感覚する事の出来ない方向に広がっている。
そんな中の一つが我々の住んでいる世界であり、其処から少し離れた場所に、
神仙伝の世界がある。恐らく其の直ぐ側に、魔界もあるだろう。

 実は、皆が考えている程、我々の世界は単純ではないのだ。
複数の世界と世界の間は、ある技術(若しくは能力)があれば、双方向に行き来が出来る。
一般の人は知らない事だが、幾つかの世界から我々のところへ来ている者達がいる。
彼らが何の目的で来ているのかと言うと、平たく言えば侵略である。

 勿論、我々も其れを黙って見ている訳ではない。
もうずっと以前から、世界的な規模で或る組織が運営されていて、
我々の知らないところで侵略者達との戦いが続いている。
彼らの強大な力に対して、我々は、数人の戦士達の異常な能力によって、
辛うじて護られているに過ぎない。

 今まで我々は、一部の異常能力者を除いては、他の世界へ行く事は出来なかったが、
暫く前に或る技術が開発された。其れによって作られた機械がコンピュータである。
そう。コンピュータとは、次元転移機なのだ。

 各々のマシンによって表現されている世界は(ブリタニアやアレフガルドも)真実である。
数万、数十万という人々が其のソフトをプレイする事によって、強大な気の力が産まれ、
異世界へと流れ込む。其れが、其処で戦っている異常能力者の力の源となるのだ。

 私がこの事を真実として此処に書く事は、実は非常に危険な事で、私自身の命が狙われる恐れがある。
だから以上の事は、妄想癖の強いゲームデザイナーが捏ち上げたフィクションであるという事にして、
話を終えておこう。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

ポケットモンスターブラック2 - 任天堂


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa