したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる |

2017/4/30 「放談!現代哲学」

1 ウラサキ :2017/03/20(月) 19:02:22
2月にやった「放談!西洋哲学史」の続編です。
予想されるラインナップとしては、
ショーペンハウエル→キルケゴール→ニーチェ→ベルクソン
→フッサール→ラッセル→ウィトゲンシュタイン→ハイデガー
→サルトル→メルロ=ポンティ→フーコー→ドゥルーズ→デリダ
といったところでしょうか?
勿論、他に推しメンがあれば、追加・挿入大歓迎です(^ー^)
マルクスやフロイトは哲学以外ってことで敢えて外しましたが、入れた方がイイですか?

2 はじ銀 :2017/03/20(月) 22:35:36
僕の大好きなあのシリーズの「ロラン・バルト」の巻の前書きに「バルトは批評家である。しかし哲学者に数えられている。バルトが居なければ所謂哲学者以外の学者が哲学者として今読まれることはなかっただろう」的なことが書いてありました。今は何でもありですし、色々入れちゃっていいと思います。

3 ウラサキ :2017/03/21(火) 04:38:08
じゃ、ニーチェの後にマルクスとフロイト一応入れときましょう。

4 夫 正彦 :2017/03/21(火) 11:02:01
ツイプラです。ttp://twipla.jp/events/249431

5 a :2017/03/22(水) 02:29:25
多くなりすぎそうですが
ミル、ロールズ、ハーバーマス、アーレント、ローティ、デューイ、クワイン、アドルノ、ラカン、レヴィナス
なんかも現代思想としては捨てがたいと思います。

6 横山信幸 :2017/03/22(水) 07:09:47
これは4月例会の話のネタについての話ですから、会合への参加予定者の意見かそうでないかで意見の重みに差をつけさせてもらって然るべきなように思います。aさんは参加されますか?そうであれば大歓迎ですが。

7 ウラサキ :2017/03/22(水) 08:16:45
あくまでも「放談!現代思想」ではなく「放談!現代哲学」って事もお忘れなく(^^;)

8 a :2017/03/22(水) 13:02:04
>横山さん
ラインナップ次第では参加したいと思っています。
この同好会は内容が確定していない段階から参加を決めないと意見を何も言えないのでしょうか。

いずれにせよ私は強制したいのではなく
単にこういう人達もいるのではと思いついた名前を述べただけですので
重みだとか差だとかいう話には興味がありません。

>ウラサキさん
現代思想と現代哲学というのは一体どうやって区別をつけておられるのか気になります。

9 横山信幸 :2017/03/22(水) 14:46:27
aさん、回答ありがとうございます。了解しました。来られるようになったら嬉しいです。できるなら前向きに考えてください。

みなさん、来られるかもしれない方からの提案ということで承って、時間が許すのであればaさん提案の人物たちも取り上げると言うのではどうでしょうか?

10 a :2017/03/22(水) 17:12:39
ご厚遇ありがとうございます。ただ繰り返し強調しておくと、
私の書き込みは、単に「こういう人もいるのでは」と
思いついた名前を挙げただけのものでして
「この人達も是非扱ってほしい」「この人達も扱うべきだ」
「この人達を扱わねばならない」「自分はこの人達が好きだ」
という意味では全くないので、
挙げた人物全員を扱うなんて配慮は頂かなくて結構ですよ。
多少こういう名前も視野に入れて一度検討して頂きたかっただけです。

11 ウラサキ :2017/03/22(水) 20:55:59
a さん、
はい、「現代思想」ってのはマルクス(経済学)やフロイト(精神分析)など、
狭い意味での「哲学」以外で現代の思想(考え方)に影響を与えた言説と捉えております。

一方、「現代哲学」ってのは大学の哲学科で扱われるテクストで19世紀後半以降、ってのがおおよその定義でしょうか。
他の学問分野に分類され難いという属性もあるかと思われます。

12 はじ銀 :2017/03/23(木) 05:50:10
RBにて告知しました。

13 はじ銀 :2017/03/23(木) 05:50:49
あっ、RB→FBでしたm(_ _)m

14 横山 :2017/04/12(水) 14:15:20
僕のブログへ参加申込みがありました。ぼちぼちヨタヨタさんという方です。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

30日間マクドナルド生活―自分の体で実験してみました - マツモト ケイジ

この本に一緒に書かれている「30日間 避難訓練生活」はマジで秀逸。


ドキュメンタリー映画「スーパーサイズ・ミー」の真偽を確かめた命知らずの日本人の記録!!
ファストフードの危険性についてはこちら

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa