したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

聖書の暗号

1 ◆Ek5yqE0BJo :2011/04/02(土) 12:06:57
聖書の暗号には「日本」と「イスラエル」が「終わりの日」という言葉とともに現れる。両国の名前は、ただ一度「災害の年」 という言葉と交差している。さらに、日本とイスラエルは「最後の戦い」とともに暗号化されている唯一の国、大規模な災害の警告がこのニつの国に対して発せられている。日本では破滅的な大地震の危機が、イスラエルでは核戦争の危険である。聖書の暗号は終始一貫して、われわれの世界が自然災害と経済危機、そして、最終的には核戦争に直面することを繰り返し語っている。究極の危険は人類がこれまで目撃したどのような戦争や自然災害よりもはるかに大きなものになるという 「審判の日」は 2011年5月21日。

3 名無しさん :2016/01/26(火) 22:34:24
創価学会とは同和民と朝鮮帰化人の団体だ。

創価学会の支部施設などは同和対策事業により税金によって作られている。

調べれば分かる事だが、創価学会の大規模施設の殆んどは同和地区に作られている。

しかし後期入団の会員などはそうとは知らずにお布施によって作られていると勘違いしている。

また、日本国民の多くもこの真実を知らずにいる。


一般市民の供託金である税金によって作られているのですから

全ての創価施設は国民全員が使用できるようにすべきだ。

今後創価学会を嫌いな人たちはこの施設を国民全員に開放するよう運動するべきです。

日本の税金泥棒とは誰なのかを国民全員で話し合って行きましょう。
.


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

パイニャン - 青山裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板