したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

ストーブリーグの季節になりました。FA、新外国人、筒香などなど。

1横浜ベイファン:2022/10/31(月) 16:14:05
今季ベイはリーグ2位に躍進しました。夏場までは
2年連続の最下位も覚悟していましたからこの結果
には驚きと嬉しさしかありません。
その一方で、優勝とは出来るチャンスのある年に
優勝しないと、98年のように翌年必ず優勝出来る
保証はどこにもありません。もちろん、来季の期待感
はMAXなのですが。

今季もヤクルトはやっぱり強かったです。
そのヤクルトに昨季のお返しをしたオリックスも
強いチームになっています。
共に、二軍や育成からの若い世代の選手が育ち、
一軍で年間通して活躍している事が両チームの共通
した特徴かなと思います。それがベイには見られない
のは懸念事項だと感じています。

2横浜ベイファン:2022/10/31(月) 16:40:12
三浦監督はフェニックスリーグを視察に行って、勝叉以外に
これと言って目を引くような選手が居なかったという趣旨の
コメントが記事にも掲載されました。
確かに、今季ファームではベイスターズは最下位で、個人的
に期待している選手もパッとしていません。残念です。

ドラフト1位で今季3年目だった森敬斗も一軍帯同は続きました
が、同期ドラフトで下位入団したヤクルト長岡やオリックスの
紅林、中日の岡林などに、現状では大きく水をあけられています。
森敬斗は来季は4年目となりますので、丁度来年の大卒ドラフト
対象者と同じ立ち位置かと思います。彼はとにかく打撃をもっと
向上させて欲しいと思います。来季、今ドラフト3位入団の
林琢真の打撃次第では森がショートのレギュラーを獲れない事も
有り得ると思います。ベイは林琢真をショートコンバートを
考えていると思います。林琢真がショートを守れて且つ打てれば
林琢真がショートレギュラーを獲るかも知れません。
ベイスターズが優勝する為には、打てる捕手・打てるショートが必要です。

3横浜ベイファン:2022/10/31(月) 17:05:02
山﨑康晃のポスティングMLB挑戦ですが、記事ではだいぶ
迷っているようです。本当にMLB挑戦したいのであれば
今オフが年齢的にもリミットだと思います。

迷っている理由の中に、記事には出て来ませんが、おそらく
名球会入りも頭の中にあるのではないかと勝手に想像しています。
今季200セーブ達成して、後50セーブすれば通算250セーブ
達成で名球会入りの条件を満たします。つまり、今季のような
働きと成績を後2年出せれば名球会入りです。

MLB移籍すれば佐々木のようにクローザー起用を保証される
とは限らず、クローザーで起用されてもMLBで後50セーブ
を稼ぐのは、ベイに残って後50セーブを目指すのとでは、
日本で目指す方が、その達成の可能性は大きいと思うからです。

もちろん、康晃がMLBで50セーブなど端から不可能だと
貶している訳では全くありません。もし、MLB挑戦を選んだ
ならば、筒香と同じく全力で応援したいと思います。

4B級:2022/11/01(火) 12:23:53
「ベースボールクラブ掲示板」と言う掲示板で、横浜の高卒ドラフト指名選手で、これまでブレイクしたのは桑原くらいらしい。少し遅れて関根か?投手も同じように、京山くらいで、桜井、坂口も??。
以下、沢山の高卒新人があっという間に消えています。 
ファームが育成策を持ってないのかなあ!それともスカウトの眼力が!

5B級:2022/11/02(水) 10:03:09
FAのニュースで、各チームがこの選手を調査中との記事が出ますが、これで交渉前に選手の決断が左右されるとしたら、ドラフト会議前の1位指名宣言と同じ効果を持ってないのかなあ?
昔、タンパリングと言って選択決定前の選手との接触が制限されていたことを考えると発表禁止すべきではないかと思われます。

6横浜ベイファン:2022/11/02(水) 23:57:59
わたしは、FA申請をするに至る迄には、FA選手と、その選手
が宣言した時には獲得したいと思っている球団とが、其々双方共に
ある程度の水面下での手応えのようなものを掴んで、宣言した場合
にどの球団が手を挙げるか等を見極めてから、FA宣言するのでは
ないのかなぁと、何となくそんな気がしています。

例えば、西武森友哉捕手であれば1ヶ月も前からオリックス本命で
巨人がそこに割って入るという報道がずっと出ていますし、ベイの
嶺井もソフトバンクが手を挙げると報道されていました。嶺井の
場合、ソフトバンクの獲得調査の報道が無かったなら、嶺井
は果たしてFA申請を提出したでしょうかねぇ。阪神岩貞も横浜と
ヤクルトが獲得に向けて調査してると報道が出たので、FA申請
すれば横浜かヤクルトのどちらかへの移籍先は確保されるだろうと
の見込みがあるので、それでまだ迷っているのだろうと思います。
FA申請したはいいが、いざ何処からも声が掛からないという事に
なるのが一番悲惨で、何年か前にFAしたけど全11球団からスルー
されてしまった元広島の木村昇吾選手が典型的な例ですね。

何処かの球団関係者とFA選手とが宣言前に直接接触すれば、
タンパリングになってしまいますが、実際は誰か部外者の者
(第三者)を上手く挟んで間接的に水面下で情報の交換程度は
やっているのではないかなぁと、勝手に想像しています。

7B級:2022/11/03(木) 09:17:12
だとすれば、それを報じるマスコミが悪い、と言う事になりますね。

8横浜ベイファン:2022/11/09(水) 20:01:39
松尾汐恩の背番号が「5」に決まりました。
捕手なので少し意外な気もしましたが、昨年の小園の
ように球団から如何に期待されているかがわかります。
横浜の近年のレギュラー捕手が着けていた背番号といえば
谷繁や相川が着けていた「8」なのですが、今は神里が
着けており、「2」や「22」や「27」等の捕手らしい
背番号も今は空いていません。先日、田部が戦力外引退
しましたので、或いは「55」ではないかなぁと予想して
いましたが、まさか「5」だとは思いませんでした。

D3位の林琢磨の背番号は「4」か「5」のどちらかだろうと
予想していたのですが、これで林琢磨の背番号は「4」では
ないかなぁと予想します。
D2位の吉野光樹投手は「24」ではないかなと予想しています。
D4位の森下瑠大投手はわかりませんが、D5位の橋本達弥投手は
三上が着けていた「35」かなぁと予想します。

9横浜ベイファン:2022/11/20(日) 19:27:01
D3位入団の林琢磨内野手の背番号が「00」に決まったようです。
京田のトレードが決まる前は、林琢磨選手の背番号は「4」では
ないかなと予想していたのですが、京田のトレードが決まったので
林琢真選手の背番号は「00」になったのかなという気もします。
これでたぶん、京田の背番号は「4」になるのではないかなぁ。

10横浜ベイファン:2022/11/20(日) 19:38:33
貴重な中継ぎ左腕の砂田投手の移籍は、個人的には残念でした。
戸柱捕手が当初はトレード相手候補という情報も流れていました
ので、嶺井がFAでソフトバンクへ移籍してしまいましたので、
流石に戸柱は出せないですよね。ですが、嶺井がたとえ残留して
いたとしても、戸柱の同一リーグへのトレードはダメでしょうと
思っていました。
かつて、谷繁が中日に、相川がヤクルトに、其々移籍してしまい
横浜の頭脳が同一リーグに流れた事で、チームはボロボロに
なってしまい暗黒時代に放り込まれた大きな要因の一つでは
あっただろうと、個人的な印象があります。
阪神久保投手のFA獲得の人的補償で鶴岡捕手が獲られた翌年の
シーズンは相性の悪い阪神に更にフルボコにされてしまいました。
嶺井はパ・リーグへの移籍であった分、表現は悪いですがまだ
不幸中の幸いだったと思っています。

11横浜ベイファン:2022/11/20(日) 20:10:03
京田のトレード獲得は、個人的に京田選手に対する印象が
薄いので、どうなのかまだよくわかりません。印象が薄い
理由は、生中継がDeNAホームの試合しか観られず、バンテリン
ホームの試合は観られないので、その分観る頻度が少ないのと、
京田選手は新人の年に盗塁が多かったが、打率は,260前後位
だった位で、新人王は獲りましたが、対戦していても特段嫌な
選手だという意識は無かったです。中日岡林や阪神近本・中野
の方が何倍も嫌な選手です。

yahoo!コメントやYouTubeコメントなどを色々見ていると、
中日ファンのコメントによく見られるのは「守備はトップ級」
「足は速いが盗塁失敗が多い」「バントなど小技が出来ない」
「シーズン打率に比べて得点圏打率が著しく悪い」
「キャリアハイがルーキーイヤー」などが多くありました。
守備は上手くて足も速いけど盗塁失敗が多く、バントが下手で
得点圏打率が著しく悪い。これって今期待の森敬斗にそのまま
当て嵌まりますやん〜、って思いました。
最近、三浦監督や仁志2軍監督から結構厳しいコメントを
されている森敬斗ですが、彼に危機感を植え付ける効果も
あるとは思いたいです。高卒D1入団の森敬斗も来季は4年目
ですので、このまま埋没して欲しくは無いですね。
レギュラー掴むまではアソビはホドホドにして頑張って欲しいです。

12横浜ベイファン:2022/11/29(火) 04:43:26
※今季終盤加入のガゼルマン投手と来季契約延長しました。
1年契約だと思われます。推定年俸は1億2千万円。

※また、今季ダイヤモンドバックスでプレーした
J・B・ウェンデルケン投手(29)を獲得しました。
ポジションはセットアッパーで先発ではありません。
こちらも1年契約で、推定年俸は1億2000万円のようです。
(別のスポーツ紙では、1年出来高含め最高305万ドル
(約4億3000万円)で1年契約に合意と報じている所も
あるようです。)

※クリスキー投手やロメロ投手はどうなるでしょうか。
ロメロとは契約延長はしないような気がします。
クリスキーは怪我が多かったのでどうなんでしょうか。
もう1年見てみたいような気もしますが。

砂田を放出したので、左の中継ぎがエスコバーと田中健二朗
だけになるので、ある程度信頼出来る左腕の中継ぎが
もう一枚欲しいところです。今季途中から中継ぎになった
坂本をこのまま来季も中継ぎで起用するのかもですね。
あと石川達也投手や池谷蒼大投手らには頑張ってもらわねば
なりません。櫻井周斗投手は育成契約になりましたし。

13横浜ベイファン:2022/11/29(火) 04:54:24
※ジェフリー・ベンジャミン・ウェンデルケン投手。
右投げ投手。185cm 109kg。29歳。リリーフ専門。

※2016年にアスレチックスでメジャーデビュー。
メジャー通算144試合に登板し、10勝6敗12ホールド2セーブ、
防御率4・00と豊富な経験を誇る。
今季はダイヤモンドバックスで29試合に登板し、2勝1敗1H、
防御率5・28。7月にメジャー40人枠から外れ、マイナーに降格した。
今季マイナー3Aでは20試合に登板し、5勝1敗2H4S、
防御率2・63だった。【※日刊スポーツより抜粋】

下記はウェンデルケン投手の投球動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=5k1LIS6CYc4

14元祖番長・こけしバット:2022/11/30(水) 02:02:18
嶺井のFA移籍は痛いが、ドラ1で捕手を獲得。 流出危機だった ヤスアキと6年間の契約に成功。 大和の衰え・森の伸び悩みに備えて、京田の獲得に成功。 ガゼルマン残留&メジャーリーガーのセットアッパーの獲得と素晴らしい。 オースティンは手術明けの未知数なので、クリスキーの残留or新外国人獲得で助っ人 6人体制で臨むべき。 打撃コーチも、タカノリから 石井タクロー打撃チーフコーチ就任で、今年よりは来年の得点力アップに期待が出来そうだ。 東・平良らが完全復活してくれたら、本気で優勝が狙える陣容になるのではないか?

15横浜ベイファン:2022/12/12(月) 00:20:14
京田選手のトレード後、現役ドラフトで細川成也外野手が
中日へ移籍となり、中日の笠原投手がDeNAへ移籍となりました。
東が一緒に自主トレをした際に覚えたと言っていた笠原投手の
チェンジアップと自分のチェンジアップを其々カサチェとアズチェ
と名前を付けていたあの笠原投手の移籍なので、不思議な縁です。
仲良しのようなので、東と笠原は今オフも一緒に自主トレするのでしょうか。

京田とのトレードで中日へ移籍した砂田がDeNA時代に着けていた
背番号が47でしたが、DeNAへ移籍となった笠原が中日時代に
着けていた背番号もまた47でした。何とも不思議な感じです。
笠原はDeNAでも空いた47を着けるのでしょうか。
左腕投手にとって背番号47は工藤公康投手が現役時代に着けて
いた背番号なので、左腕投手にとっては人気のようで、
田中健二朗もかつて47を着けたいと言っていましたね。

16横浜ベイファン:2022/12/12(月) 00:36:11
京田選手の背番号が「98」に決まったのは全く
予想出来ませんでした。中日時代に非常に親しかった
木下雄介投手(練習中に突然死)が着けていた背番号
だとの報道です。

細川成也は100%現役ドラフトでリストアップされるだろう
と多くのファンは思っていたようですし、リストアップ
されれば100%どこかの球団に移籍となってしまうだろうと
個人的にも思っていました。横浜では未完の大器となって
しまい個人的には残念な想いですが、残っていても、例えば
楠本のようにチャンスをモノにして頭角を現すような気配は
感じなかったですし、恐らくノーチャンスだったでしょう
から已むを得ないと諦めてはいました。

17横浜ベイファン:2022/12/12(月) 01:07:58
現役ドラフトでは楽天のオコエに巨人からお声が掛かった
ようで、年俸2億の育成外野手としてはまた一人競争相手
が増えてしまいました。原監督は誰かとのYouTube番組内で
「彼は巨人にリハビリをしに来た。」と言ったと聞きました。
本当なら、よくそんな酷い事を言うもんだと思いました。

DeNAが獲得した左腕の笠原投手は、先発として考えている
のか中継ぎとして考えているのか、興味深いところです。
立ち位置としては坂本投手と似ているような気はします。
どちらかは中継ぎに回るような気がします。

ソフトバンクがロッテからオスナ投手を強奪したのが、
金持ち球団が本当に羨ましいです。かつて、巨人が
横浜からクルーンを金で強奪したのを思い起こさせます。
外国人選手は、評価=金額なので仕方無いですね。
マクガフがメジャー復帰挑戦の為、来季ヤクルトから
居なくなるので、ヤクルトがオスナ投手を狙う可能性も
と思っていたので、まぁ、パ・リーグでの移籍だったので
良かったです。

18横浜ベイファン:2022/12/12(月) 01:28:31
これで、ドラフト、FA、トレード、現役ドラフト、と
DeNAの編成も概ね終わったのかなぁと思います。
トレードは勿論もしかしたらまだあるかも知れませんが。
主要外国人選手も、オースティン、ソト、エスコバー、
ガゼルマン、ウェンデルケンの5人体制っぽいですね。

嶺井捕手のソフトバンクへのFA移籍はやっぱり痛いと
思いますが、嶺井の勝ち取った権利行使なので仕方無い
ですね。来季は伊藤光と戸柱に期待です。若手の捕手や
ルーキーの松尾汐恩、上甲にもかなりチャンスだし
頑張って欲しいですね。特に、やっぱりドラフト1位で
獲った松尾汐恩にはロッテの松川なみに、どうしても
期待してしまいます。

あとは、筒香がメジャー契約が獲れなかった場合、
どうするのか。復帰があるのか。個人的に気になります。
守備ポジションが難しいですが、もしもNPB復帰する
なら、DeNAに復帰して欲しいと思います。

19横浜ベイファン:2022/12/12(月) 01:39:48
あ、書き忘れていました。
山﨑康晃!残留を選びましたね。
予想はしていたというか、何となくメジャー行かずに
残留するような予感がしていました。只の予感です。
来季優勝へ向けて、山﨑康晃の残留はファンとしては
とても良かったです。これで、オースティンが来季
開幕から守備に就ければ言う事ないのですが。

20元祖番長・こけしバット:2022/12/13(火) 00:24:00
エース今永が、再来年メジャーに行ってしまうので、優勝のチャンスは 来シーズンのみですね・・・ 来年こそは、優勝あるのみ!

21横浜ベイファン:2022/12/23(金) 07:51:35
【※DeNAに助っ人第3の大砲候補!マイナー76発アンバギー獲得へ】
 (※サンケイスポーツより抜粋)

「第3の助っ人砲」がやってくる!!
DeNAが新外国人として米マイナー通算76本塁打の
大砲候補、トレイ・アンバギー外野手(28)
=前マリナーズ傘下3A=を獲得することが22日、
分かった。近日中に発表される。昨季に名門ヤンキース
でメジャーデビューを果たした強打者。
オースティン、ソトと球団3年ぶりの支配下外国人野手
3人体制を敷き、1998年以来25年ぶりの優勝、
日本一に向けた態勢を整える。

長打力を強化し、悲願の頂点を見据える。DeNAが
マイナー通算76発のアンバギーを獲得することが判明した。
身長188センチ、体重95キロの堂々たる体格から力強い
スイングを繰り出す右の大砲候補だ。2019年には加藤豪将
(来季日本ハム)らとヤンキース傘下3Aでプレー。
22本塁打、62打点をマークし、8割を超えたら一流と
される指標「OPS(出塁率+長打率)」で・823の
好成績を残した。

昨季も3Aで71試合に出場して同・812をマーク。
ジャッジ、ガードナー、スタントンら強力な外野陣を誇る
ヤ軍で7月にメジャーデビューを果たし、4試合に出場した。
メジャーでの経験は少ないものの29歳で来日したソトより
1歳若く、伸びしろは十分。日本の環境に順応すれば、
大きく飛躍を遂げる可能性を秘めている。
ソト、オースティンに続き、来季支配下の外国人野手はこれで
3人目。ロペスがいた2020年以来の助っ人野手3人体制と
なり、〝長距離砲トリオ〟の結成が期待される。

また、ソトは2年連続本塁打王に輝いた18、19年以降
やや安定感を欠いており、右肘のクリーニング手術を受けた
オースティンは今季、1軍で代打出場のみ。10月には右肘の
内側側副靱帯(じんたい)修復手術を受け、来季開幕は絶望的
となっている。チームは今季、本塁打数が昨季の136から
117に、得点は559から497に減少。決定力アップの
キーマンとしてアンバギーに白羽の矢が立った形だ。

このオフ、チームは中日からトレードで遊撃の京田を獲得
するなど、選手層に厚みを出すべく補強に注力している。
外野は佐野に加え、桑原、大田、楠本らがいるが、引き続き
5人の外国人選手を登録できる来季に向けて、競争による
相乗効果を生む「第3の助っ人砲」にかかる期待は大きい。

今オフは、既にメジャー通算144試合登板を誇る最速
157キロの救援右腕、ウェンデルケンを獲得。投打に
期待の新助っ人を加える。就任2年目をリーグ2位で終えた
三浦監督のもと、戦力を着実に増強し、1998年以来と
なるリーグ優勝、日本一を目指す。

★DeNAの外国人事情
野手では来季3年契約の2年目を迎えるNPB通算49本塁打
のオースティン、3年契約最終年で同147本のソトが在籍。
投手では今季70試合に登板し、2年契約最終年を迎える救援
左腕・エスコバーの残留が決定。今季途中に加入し先発で
安定感ある投球を見せた右腕、ガゼルマンも契約を更新した。
新外国人では救援右腕のウェンデルケンを獲得。
支配下は野手3人、先発投手1人、救援投手2人の6人体制となる。

22横浜ベイファン:2022/12/23(金) 07:57:46
■トレイ・アンバギー(Trey Amburgey)

1994年10月24日生まれ、28歳。米フロリダ州
レイクワース出身。セントピーターズバーグ大から
2015年のMLBドラフト13巡目(全体393位)
でヤンキースに入団。21年7月16日のレッドソックス戦
で右翼手としてメジャーデビューを果たした。今季はレッズ、
マリナーズのマイナーでプレーし、計59試合の出場で
打率・208、9本塁打、19打点。メジャー通算は4試合で
4打数0安打。マイナー通算は626試合で打率・265、
76本塁打、326打点。188センチ、95キロ。右投げ右打ち。

※下記はトレイ・アンバギー外野手の打撃動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=vyTyh3zYEwg

23横浜ベイファン:2022/12/23(金) 17:46:57
トレイ・アンバギー外野手(28)の推定年俸は3,500万円
らしいです。
外野は全て守れる、つまり両翼に加えセンターも守れる
との事だそうです。
今季は全てマイナーでプレーし、計59試合出場、
打率・208、9本塁打、19打点。目を惹くような成績
は残していません。
パッと見た感じも外国人選手にしては少し華奢な体型に
見えます。
オースティン完全復帰までの繋ぎ、若しくは、楠本・桑原
の競争相手、的な立ち位置での獲得なのかなぁ。
ハングリー精神で大化けしてくれる事を期待します。

24横浜ベイファン:2022/12/31(土) 23:13:51
これはトレイ・アンバギー外野手(28)の守備集のようです。
基本ライトとレフトで、センターは無いですね。
https://www.youtube.com/watch?v=DqkLELCAWV8

25たかぎあきお:2023/01/27(金) 22:23:44
ドラフトで即戦力型・素材型の選手をバランスよく、投手及び層の薄い内野と捕手を獲得したのは良いが、FAで嶺井流出の穴はぽっかり空いたまま(松尾・上甲は今年は一軍の戦力になるのは厳しいだろうから)。レギュラー未定の遊撃手に関しては、積極的にトレードに動いたのに捕手はルーキー高校生2人で事足れりとフロントは思っているのか?12球団で一番優勝から遠ざかっていて今年は必ず優勝しなければいけないんだが、捕手の穴を埋めようという危機感を感じない。捕手が弱いと投手の防御率も悪化する。かつて谷繁、相川、鶴岡一成と正捕手流出後に弱体化した歴史を持つ球団なのにのん気すぎる。球団もファンも。

26元祖番長・こけしバット:2023/01/29(日) 11:04:54
嶺井はベイのエース格・コントロールの良い主力投手の時のみスタメンだった。打撃成績は、ほぼ2割。 光や、戸柱は、コントロールの悪い3番手以降投手の時のみスタメン・・・打撃成績は、明らかに 光・戸柱の方が上だった。 それなのに、横浜はソフトバンクと同等の好条件を提示したのに、嶺井は横浜を出ていった!! 去る者は追わずだ! 光・戸柱も、エース格とバッテリーを組めるようになるのだから、全く問題は無い。 むしろ、嶺井より打撃は期待できるので、楽しみですよ〜 3人目に松尾か山本、どちらを1軍で使うのかも、楽しみですね!


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

※画像アップローダーはこちら

(画像を表示できるのは「画像リンクのサムネイル表示」がオンの掲示板に限ります)

掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板