したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

lw´‐ _‐ノv畳の上に座っているだけのようです

1 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 00:52:50 ID:rs/N8IXU0
お願いします

2 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 00:53:34 ID:zBqwjoH.0
なにを?

3 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 00:53:50 ID:rs/N8IXU0

一畳目「うどんきちがい」


lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「ふむふむ」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「わかったぞ」

lw´‐ _‐ノv「これは」

lw´‐ _‐ノv「いい畳だ……」

(; ・∀・)「……」

lw´‐ _‐ノv「合成繊維じゃなくて、本物のイグサだし」

( ・∀・)「あの……」

lw´‐ _‐ノv「もしも合成繊維だったら」

( ・∀・)「すいません」

( ・∀・)「気が付いたら、ここにいたんですけど」

4 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 00:54:30 ID:rs/N8IXU0

lw´‐ _‐ノv「人の話しは……」

( ・∀・)「はい」

lw´‐ _‐ノv「最後まで聞いてほしいな」

(; ・∀・)「えっ」

(; ・∀・)「すいません……」

lw´‐ _‐ノv「で」

( ・∀・)「えっ?」

lw´‐ _‐ノv「それで何だって?」

(; ・∀・)(イグサが何とかは最後まで話さないんだ……)

( ・∀・)「いや、あの、会社で働いていたんですが」

( ・∀・)「……気付いたら、この部屋に」

5 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 00:55:26 ID:rs/N8IXU0

lw´‐ _‐ノv「ふーん」

( ・∀・)「畳張りの床に」

( ・∀・)「四方、窓の無い真っ白な壁……」

lw´‐ _‐ノv「うん」

(; ・∀・)「……何なんですか、ここ?」

lw´‐ _‐ノv「ここは、悩みを抱えた者が呼び寄せられる座敷」

( ・∀・)「えーと……、いわゆる不思議空間ですか」

lw´‐ _‐ノv「うん、一種の夢や幻だと思っていいよ」

( ・∀・)「はぁ……」

( ・∀・)「じゃあ僕の悩みも解決してくれるんですね」

lw´‐ _‐ノv「悩んでいるのは」

( ・∀・)「はい」

lw´‐ _‐ノv「私の方なんだ……」

lw´‐ _‐ノv「……」

6 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 00:56:13 ID:rs/N8IXU0

(; ・∀・)(えぇ……)

lw´‐ _‐ノv「うん……」

( ・∀・)「僕もそれなりに悩んでるですけど」

lw´‐ _‐ノv「頑張って、応援してる超応援してる」

(; ・∀・)「……」

( ・∀・)「不思議な力とか」

( ・∀・)「上手いセリフとかで解決してくれないんですか?」

lw´‐ _‐ノv「いや、私も一介の一抹の露な普通の人間なんで」

( ・∀・)「どんな一般人アピールですか……」

lw´‐ _‐ノv「それより上質の畳だと思わない、これ」

( ・∀・)「……」

( ・∀・)「あの……、うどんって食べたことありますよね」

lw´‐ _‐ノv「ないよ」

7 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 00:57:14 ID:rs/N8IXU0

( ・∀・)「ええ、そうです。誰もが食べて……」

(; ・∀・)「って、僕の耳はおかしくなったか!?」

lw;´‐ _‐ノv「う、うん……」

(; ・∀・)「不審者を見るような目つきはやめてください……」

( ・∀・)「うどん、本当に食べたこと無いんですか!?」

lw´‐ _‐ノv「うん」

(; ・∀・)「じゃあ、年越しのときなんかは何食べてるんですか!?」

lw´‐ _‐ノv「いや……」

lw´‐ _‐ノv「そばだろ」

( ・∀・)「そ、ば……?」

(# ・∀・)「……クッ!」

lw;´‐ _‐ノv「えっ、何……?」

8 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 00:58:18 ID:rs/N8IXU0

(# ・∀・)「忌々しき……忌々しき、そば!」

(# ・∀・)「ああ、この世にそばさえ無かったら!」

lw´‐ _‐ノv「そばに恨み抱えてる人、初めてみたよ」

( ・∀・)「……」

( ・∀・)「取り乱してすいません」

( ・∀・)「実は僕……」

( ・∀・)「主にうどんを製造している会社で働いてるんです」

lw´‐ _‐ノv「なるほど」

( ・∀・)「部署は乾麺なんですけど」

lw´‐ _‐ノv(……こいつ、悩み相談始める気か)

( ・∀・)「そばに比べて、うどんの乾麺って最近は人気も知名度もありませんよね」

( ・∀・)「ちょっと前までは乾麺が主流だったのに……」

9 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 00:59:32 ID:rs/N8IXU0

lw´‐ _‐ノv「そ、そうなんだ……」

( ・∀・)「冷蔵のうどん、それにそばに押しやられてしまって……」

( ・∀・)「どうしたら現状を変えられるか、毎日そればかり考えているんです」

lw´‐ _‐ノv「乾麺のうどん? 買ったことないな」

( ;∀;)「何てことだっ! ああ、嘆かわしい……」

( ;∀;)「そもそも、うどんを食べたことのない民族がいるなんて!」

lw;´‐ _‐ノv「民族単位ならいるだろ、もっと世界のこと知っとけよ……」

( ・∀・)「……」

( ・∀・)「またまたー」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「スイカが主食の民族もいるんだよ……」

( ・∀・)「ははっ、ご冗談がうまいんですね」

lw´‐ _‐ノv「うん……」

10 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 01:00:37 ID:rs/N8IXU0

( ・∀・)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

( ・∀・)「で、本当に食べたことないんですか、うどん?」

lw´‐ _‐ノv「うん」

( ・∀・)「稲庭、讃岐、水沢の三大うどんをご存知ない!?」

lw´‐ _‐ノv「名前くらいは聞いたことあるよ」

( ・∀・)「あのマイルドな味わい、上品な香りを体験したことがないなんて!」

lw;´‐ _‐ノv「それ、コーヒーの瓶に書いてる文句でしょ? 上品な香りってなんだよ……」

( ・∀・)「……」

( ・∀・)「すいません、僕も本場の水沢うどんは食べたことなくて……」

lw´‐ _‐ノv(この人……)

lw´‐ _‐ノv(うどんキチガイなのかな)

11 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 01:01:33 ID:rs/N8IXU0

( ・∀・)「はあ……」

( ・∀・)「僕の身にもなってくださいよ」

lw´‐ _‐ノv「うん……」

( ・∀・)「もしあなたが、乾麺のうどんを作る部署の営業担当だったらどうします?」

( ・∀・)「どうしたら、もっとうどんを皆が求めるようになると思います?」

lw´‐ _‐ノv「うーん……、試食とか?」

( ・∀・)「そばだって……」

(# ・∀・)「そばだって、同じこと出来るじゃないですか!」

lw;´‐ _‐ノv「オリジナリティいるの、そこ? どんな対抗意識だよ……」

12 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 01:02:32 ID:rs/N8IXU0

( ・∀・)「もっと真剣に相談に乗ってくださいよ……」

lw´‐ _‐ノv「親がそば教だから……」

( ・∀・)「……あの」

( ・∀・)「さっきから、適当なこと言って煙に巻こうとしてません?」

( ・∀・)「この世にそば教なんて無いんですよ?」

lw´‐ _‐ノv「そういうことは知ってるのか……」

(; ・∀・)「……」

(; ・∀・)「どうにもつかめない人だ……」

lw´‐ _‐ノv「私は幽霊かよ、……ほら、ほっぺた引き裂かれんばかりに掴んでるぞ」

(; ・∀・)「いや、そういう意味じゃなくて……」

lw´‐ _‐ノv「どういう意味?」

(; ・∀・)「いや、いいです、日本語って難しいですね……」

13 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 01:03:45 ID:rs/N8IXU0

lw´‐ _‐ノv「日本語と言えば」

( ・∀・)「はい?」

lw´‐ _‐ノv「壁に耳あり障子に目ありって言葉があるでしょ」

( ・∀・)「ことわざ、ですね」

lw´‐ _‐ノv「畳には何があると思う?」

( ・∀・)「また、畳ですか……」

lw´‐ _‐ノv「畳には鼻があるんだよ」

( ・∀・)「鼻……」

lw´‐ _‐ノv「そう。足の裏の匂いをかいでる」

(; ・∀・)「嫌な畳ですね……、畳だけ覗き方おかしいですよ」

14 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 01:04:54 ID:rs/N8IXU0

lw´‐ _‐ノv「ちゃんと正座してたら大丈夫」

(; ・∀・)「ここの畳は、人の姿勢を気にかけてるんですか……」

lw´‐ _‐ノv「高級な畳たるゆえんです」

( ・∀・)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

( ・∀・)「そうだ! 今一緒にうどん食べましょう!」

lw;´‐ _‐ノv「一体今どんな思考をしたんだよ、一手目で王手かける将棋ソフトのAIかよ……」

( ・∀・)「ありますよね?」

lw´‐ _‐ノv「見ての通り、家具すらないよ」

( ・∀・)「どこに隠しているんですか、うどん」

lw´‐ _‐ノv「うどんは禁制品か何かなのかよ、あっても隠さないだろ……」

( ・∀・)「どうですかね、案外畳の裏なんかに敷き詰めてたり」

lw;´‐ _‐ノv「そんなうどん食べたいのかよ……」

15 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 01:05:35 ID:rs/N8IXU0

( ・∀・)「あれっ……」

( -∀・)「何だか急に眠く……」

lw´‐ _‐ノv「目が覚めたら」

lw´‐ _‐ノv「元の場所に戻ってるよ」

(; -∀-)「えぇっ……まるで何も解決してな……」

( -∀-)「う……」

( -∀-)「ど、ん……」

( -∀:*:。.:*:・'

( :’*:。.::・'゜

:・’

16 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 01:06:31 ID:rs/N8IXU0

lw´‐ _‐ノv「行ったか」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「うどん、か……」

lw´‐ _‐ノv「もしも畳が食品だったら」

lw´‐ _‐ノv「クッキーみたいな食感かもしれないな……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「……よし」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw;´‐ _‐ノv「う、イグサが口に……」


終わり

17 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 01:10:54 ID:rs/N8IXU0
こんな感じで一話一話短いので、毎週これたらいいなと思ってます。
次回は来週の土曜日に!
二畳目「キューチャン」

>>2
すいません、よろしくお願いします!、って言いたかったです!

18 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 01:13:37 ID:zBqwjoH.0
乙!
何がとはいえないけどなんかいいな…

19 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 10:50:57 ID:9S/mRBeoO
結局何一つ解決してねぇwww
だがそこがいい

20 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 11:45:16 ID:jY1BFGKc0
どういうことなの…

期待乙

21 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 11:48:02 ID:lyrqRdeo0
まさにシュール

22 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 12:29:49 ID:tSgcHq9k0
モララーいい味出してるw

23 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 14:26:46 ID:bt7TDkD.O
良か良か、今後も期待して待っとく

24 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 16:15:07 ID:OnuZ7z3g0
して

25 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/28(土) 16:18:01 ID:JmhlLX.UO
みんな冷凍うどんが悪いんや

26 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/04(土) 21:46:54 ID:OYPo0MU20
>>18-25
ありがとうございます!
皆さんも冷凍、冷蔵うどん、そばに対して
同じ気持ちを抱えていたようで、うれしいです!

27 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/04(土) 21:47:59 ID:OYPo0MU20

二畳目「キューチャン」


lw´‐ _‐ノv「かーごめー、かごめー」

lw´‐ _‐ノv「かーごのなーかのとーりーはー」

o川*゚ー゚)o「えっ……」

lw´‐ _‐ノv「いーつーいーつー」

lw´‐ _‐ノv「でーやーるー」

o川;゚ー゚)o「ここ、どこ、怖い……」

lw´‐ _‐ノv「おー、次の悩めし者が来たか……」

lw´‐ _‐ノv「よっ」

o川;゚ー゚)o「……」

o川*゚ー゚)o「きゃ……、きゃああああ!」

28 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/04(土) 21:49:11 ID:OYPo0MU20

lw´‐ _‐ノv「えっ……」

o川*゚ー゚)o「わああああああ!!」

lw;´‐ _‐ノv「ちょっと落ち着いて」

o川*゚ー゚)o「余りにも可愛いからっ……」

o川;゚ー゚)o「キューちゃんが、余りにも可愛いから誘拐されちゃったんだああ!!」

lw;´‐ _‐ノv「……」

o川*;ー;)o「お父さん、お母さん、怖いよおお!」

lw´‐ _‐ノv「……ねえ、テレビじゃないんだから」

lw´‐ _‐ノv「会話のインターネットしようよ……」

o川*;ー;)o「……ウッ、グスン」

lw;´‐ _‐ノv「ね?」

29 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/04(土) 21:50:25 ID:OYPo0MU20

o川;゚―゚)o「……」

o川*゚―゚)o「キューちゃんが……、ログインしました……」

lw´‐ _‐ノv「チャットなのか……」

o川;゚―゚)o「うう……」

lw;´‐ _‐ノv「えーと……、こんばんみ」

o川*゚―゚)o「もしもし……」

lw;´‐ _‐ノv「スカイプとかその類かよ、数秒前に言えよ……」

o川*゚―゚)o「キューちゃんの家」

lw´‐ _‐ノv「うん?」

o川*゚―゚)o「お金ないから身代金とか払えません……」

lw´‐ _‐ノv「……ここは、悩みを抱えた人がいざなわれるところ」

o川*゚ー゚)o「えっ?」

o川*゚ー゚)o「……どういうこと?」

lw´‐ _‐ノv「数十分くらいで、元いた場所に戻れるから安心せい」

30 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/04(土) 21:51:15 ID:OYPo0MU20

o川;゚―゚)o「……」

o川*゚―゚)o「キューちゃんが……、ログインしました……」

lw´‐ _‐ノv「チャットなのか……」

o川;゚―゚)o「うう……」

lw;´‐ _‐ノv「えーと……、こんばんみ」

o川*゚―゚)o「もしもし……」

lw;´‐ _‐ノv「スカイプとかその類かよ、数秒前に言えよ……」

o川*゚―゚)o「キューちゃんの家」

lw´‐ _‐ノv「うん?」

o川*゚―゚)o「お金ないから身代金とか払えません……」

lw´‐ _‐ノv「……ここは、悩みを抱えた人がいざなわれるところ」

o川*゚ー゚)o「えっ?」

o川*゚ー゚)o「……どういうこと?」

lw´‐ _‐ノv「数十分くらいで、元いた場所に戻れるから安心せい」

31 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/04(土) 21:51:59 ID:OYPo0MU20

o川*゚ー゚)o「……じゃあ」

o川*゚ー゚)o「じゃあ、キューちゃんは誘拐されたわけじゃないの!?」

lw´‐ _‐ノv「もちろん」

o川*゚ー゚)o「よ、よかったー! キューちゃん、まだ日本の土を踏める!」

lw;´‐ _‐ノv「それは誘拐というより、もっと禍々しい犯罪に巻き込まれてるよ……」

o川*゚ー゚)o「……でも、ちょっぴり拍子抜けしちゃった!」

lw;´‐ _‐ノv「この不思議現象のほうにも興味を持とうよ……」

o川*゚ー゚)o「なんだか、びっくりして損しちゃった気分ー」

lw´‐ _‐ノv「充分びっくりすること起きてるんだけど……」

o川*゚ー゚)o「よく見たらここ和風だね! 畳なんて久々に座ったよー」

lw;´‐ _‐ノv(会話が噛み合ってない……)

32 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/04(土) 21:52:58 ID:OYPo0MU20

o川*゚ー゚)o「新しい畳のいい匂いがするー」

lw´‐ _‐ノv「おおー、畳の良さが分かるか」

o川*゚ー゚)o「あれっ、どうしてここに歯型がついてるの?」

lw´‐ _‐ノv「えーと」

lw´‐ _‐ノv「クッキーだと思って、かじった人がいるんだ……」

o川*゚ー゚)o「……その人」

o川*゚ー゚)o「心の休養が必要だと思う……」

lw;´‐ _‐ノv「う、うん……、神妙な面持ちで言わないで……」

lw´‐ _‐ノv(心の休養が必要なのか、私……)

33 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/04(土) 21:54:01 ID:OYPo0MU20

o川*゚ー゚)o「それにしても畳いいなー……、前転してもいい?」

lw´‐ _‐ノv「え? いいけど、なんにも楽しくないと思うよ?」

o川*゚ー゚)o「キューちゃん、畳の上で前転したいお年頃なの」

lw´‐ _‐ノv「私には、その年頃は訪れなかったよ……」

o川*゚ー゚)o「人は人だもん、お婆ちゃんになってから訪れるかもしれないでしょ?」

lw´‐ _‐ノv「そしたら私は舞台に出演するの目指そうかな」

o川*゚ー゚)o「えいっ!」

lw´‐ _‐ノv「……」

o川*゚ー゚)o「……」

lw´‐ _‐ノv「……どうだった?」

o川*゚ー゚)o「まあまあ」

lw´‐ _‐ノv「まあまあ、か……」

o川*゚ー゚)o「うん」

lw´‐ _‐ノv「私も後で、まあまあな気持ちを確かめてみよう……」

34 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/04(土) 21:55:03 ID:OYPo0MU20

o川*゚ー゚)o「ところで、ここはどこなの?」

lw;´‐ _‐ノv「さっきも説明したんだけど……」

lw´‐ _‐ノv「キューちゃん、何か悩みがあるでしょ? そういう人がここに呼び寄せられるの」

o川*゚ー゚)o「ふーん……」

o川*゚ー゚)o「じゃあ、お姉さんは占い師さんなんだ!」

lw´‐ _‐ノv「ちがいます」

o川*゚ー゚)o「えー、そんな即答しなくてもいいじゃん」

o川*゚ー゚)o「うーん、……それは違うでしょう、とか!」

lw;´‐ _‐ノv「自分のことなのにどこに戸惑う要素があるんだよ、自明の理だよ……」

o川*゚ー゚)o「ねー、キューちゃんのこと、何か占ってみてー?」

lw´‐ _‐ノv「占いなんて、星座に見立てた占星術の殺人事件くらいしか知らないよ」

o川*゚ー゚)o「えー、占いの才能があるかも知れないでしょ?」

lw´‐ _‐ノv「凄い才能だとは思うけど、私には必要ないかなー」

35 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/04(土) 21:55:54 ID:OYPo0MU20

o川*゚ー゚)o「一度だけでいいからお願い!」

lw´‐ _‐ノv「……一度だけね」

o川*゚ー゚)o「わああ! ありがとー」

lw´‐ _‐ノv「うーん……」

o川*゚ー゚)o「どうでしょー?」

lw´‐ _‐ノv「私たちは前世で会ったことがあるでしょう……」

o川*゚ー゚)o「それで、それで?」

lw;´‐ _‐ノv「えっ、それだけだけど……」

o川*゚ー゚)o「……」

lw;´‐ _‐ノv「……」

o川;゚ー゚)o「ええー、そんな占いじゃ、場末の路上で手相見られないよ!」

lw;´‐ _‐ノv「期待に添えなくてごめんね……」

36 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/04(土) 21:56:38 ID:OYPo0MU20

lw´‐ _‐ノv「そういえば悩みがあるんでしょ、キューちゃん」

o川*゚ー゚)o「あっ、そうそう!」

o川*゚ー゚)o「キューちゃんね、良い人すぎるの」

lw´‐ _‐ノv「……」

o川*゚ー゚)o「……」

lw´‐ _‐ノv「えっ?」

o川*゚ー゚)o「うん?」

lw´‐ _‐ノv「多分聞き間違えたと思うから、もう一度言ってみて……」

o川*゚ー゚)o「いいよー」

o川*゚ー゚)o「キューちゃんね、良い人すぎるの」

lw´‐ _‐ノv(一字一句聞き違えてなかった……)

lw´‐ _‐ノv「そ、そう……」

37 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/04(土) 21:57:24 ID:OYPo0MU20

o川*゚ー゚)o「困ってる人を見かけたら、放っておけないしー」

lw;´‐ _‐ノv「うん……」

o川*゚ー゚)o「図書館の本も借りパクしないし……って、あっ!」

o川*゚ー゚)o「これは別に悩みじゃなかった!」

lw;´‐ _‐ノv「えぇ……」

o川*゚ー゚)o「手首の外側のでっぱりのとこなんだけど……」

lw;´‐ _‐ノv「え? 始めから別の話しだったの?」

o川*゚ー゚)o「あ、ここのとこ」

lw;´‐ _‐ノv「う、うん、手くるぶしのとこね……」

lw´‐ _‐ノv「そこがどうしたの?」

o川*゚ー゚)o「最近気づいたんだけど」

o川*゚ー゚)o「キューちゃんのは人のに比べて、やけにとがってるの……」

38 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/04(土) 21:58:19 ID:OYPo0MU20

lw´‐ _‐ノv「ふむふむ」

o川*゚ー゚)o「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

o川*゚ー゚)o「……」

lw´‐ _‐ノv「……え?」

lw;´‐ _‐ノv「悩みってまさか、……それ?」

o川#゚ー゚)o「それってどういうこと!? キューちゃん、本当に悩んでるんだよ!」

lw;´‐ _‐ノv「そ、そう……」

o川*゚ー゚)o「手首のここのとこを見てると、どうしてなんだろうって考え込んじゃうし」

o川*゚ー゚)o「私は人類とは違うのかもって不安になるし」

lw;´‐ _‐ノv「規模でけえな……」

39 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/04(土) 21:59:15 ID:OYPo0MU20

lw´‐ _‐ノv「言われてみればって程度だから、気にしなくてもいいよ」

o川*゚ー゚)o「ううん」

o川*゚ー゚)o「この気持ちを整理するには、ここ整形しなくちゃなんないのかなって思っちゃう……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw;´‐ _‐ノv「それより、自分でキューちゃん言うのを変えた方がいいと思うけど……」

o川*゚ー゚)o「手首のでっぱりが丸い人には言われたくない!」

lw;´‐ _‐ノv「キューちゃんに誰も意見できねえよ……」

o川*゚ー゚)o「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「そうだなー……」

40 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/04(土) 22:00:14 ID:OYPo0MU20

lw´‐ _‐ノv「ここに来たときキューちゃんは、はじめどう思った?」

o川*゚ー゚)o「え? ここに来たとき?」

o川*゚ー゚)o「うーん、不気味なところって思った」

lw´‐ _‐ノv「そっか……」

lw´‐ _‐ノv「私には、ここは落ち着く和室に思えるな」

o川*゚ー゚)o「言われてみれば……」

lw´‐ _‐ノv「うん」

lw´‐ _‐ノv「今キューちゃんが悩んでるのは、そういう種類の悩みだと思う」

o川*゚ー`)o(あれっ、なんだか、眠い……)

lw´‐ _‐ノv「時間が経てば、変わる考えもあるから」

o川*´ー`)o

lw´‐ _‐ノv「悩みだって同じことで」

o川*´-:*:。.・'

o川 :。:・'

:・’

41 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/04(土) 22:01:11 ID:OYPo0MU20

lw´‐ _‐ノv「気長に気楽に向き合っていったらいいと思う」

lw´‐ _‐ノv「ね?」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw;´‐ _‐ノv「って、いねえ……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw;´‐ _‐ノv「なんで、いいこと言ってる途中で消えるんだよ……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「……もう言わないし、金輪際いいことなんて言わないし」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「というかあの子」

lw;´‐ _‐ノv「最初から最後まで、私の話し聞いてなかったな……」

lw´‐ _‐ノv「まあいいや……」


終わり

42 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/04(土) 22:04:44 ID:OYPo0MU20
来週もこの時間この曜日に!
三畳目「正統派マッチョ」

ありがとうございましたー

43 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/04(土) 22:44:45 ID:9wW6HQmQ0

シューを手こずらせるとはこのキュートやりおる

44 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/05(日) 22:51:41 ID:qqNebX/60
こねえなーと思ってこのスレ探してみたらsage進行でやっておったか
今から読む

45 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/11(土) 01:24:36 ID:nd7GnEGI0
あげ

46 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/11(土) 08:00:40 ID:URwt5b7cO
乾麺うどんは冷やして食うとうまいよね

47 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/11(土) 21:46:08 ID:/0XOvcZA0
>>43-45
ありがとうございます!
また読んで貰えるようにがんばります!

>>46
おいしいよねっ!
もちっとしたコシがなんとも言えない!

48 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/11(土) 21:47:20 ID:/0XOvcZA0

三畳目「正統派マッチョ」


lw´‐ _‐ノv「もう誰か現れても」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「……見えないふりしよ」

lw´‐ _‐ノv「うん、そうしよう」

lw´‐ _‐ノv「間違っても悩みとか聞かないぞ……」

(,,゚Д゚)「よし、あと3セットいくぞ、ゴラァ!」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv(平常心を保て、私……)

49 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/11(土) 21:48:04 ID:/0XOvcZA0

(,,゚Д゚)「おい、そこのお前……」

(,,゚Д゚)「なんで前転してんだ!」

lw;´‐ _‐ノv「えっ……」

(,,゚Д゚)「いくら予選がまだまだ先だって言ってもなあ!」

(,,゚Д゚)「日々の鍛錬が大切なんだ!」

lw;´‐ _‐ノv「……」

(,,゚Д゚)「よし! スクワット続けんぞ!」

lw´‐ _‐ノv(私は蝋人形、私は蝋人形……)

(,,゚Д゚)「使ってる筋肉にちゃんと集中しろゴラァ!」

(,,゚Д゚)「はっい、いーち! にーい! さー……」

lw;´‐ _‐ノv「……」

50 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/11(土) 21:49:02 ID:/0XOvcZA0

(,,゚Д゚)「はーち! きゅーう! じゅー……」

lw´‐ _‐ノv「あの……」

lw;´‐ _‐ノv「あんまりうるさいと隣人に壁ノックされるから……」

(,,゚Д゚)「……」

(,,゚Д゚)「外部からの制裁は無用である」

lw;´‐ _‐ノv「壁という壁、畳の下からもコンコン鳴るんだけど……」

(,,゚Д゚)「北村さん……」

(,,゚Д゚)「……マッスル北村さんの御言葉だ」

lw´‐ _‐ノv「あれ、でもここ一階なのに」

(,,゚Д゚)「さあ、続き続き!」

lw´‐ _‐ノv「なんで、下からもコンコン聞こえるんだろ……」

(,,゚Д゚)「……って」

(,,゚Д゚)「どこだここ……?」

51 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/11(土) 21:49:44 ID:/0XOvcZA0

lw´‐ _‐ノv「生きてるのか、生き畳なのか」

(,,゚Д゚)「すいません」

lw´‐ _‐ノv「足の裏の匂いかいでるのか」

(,,゚Д゚)「……あの、ここはどこですか?」

lw´‐ _‐ノv「えっ」

lw´‐ _‐ノv「えーと、何の変哲のない和室だよ」

(,,゚Д゚)「はあ……」

(,,゚Д゚)「通りで落ち着くと思いました」

lw´‐ _‐ノv「おもてなしとかないけど」

lw´‐ _‐ノv「安らいでいったらいいんじゃないかな」

52 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/11(土) 21:50:33 ID:/0XOvcZA0

(,,゚Д゚)「はあ……」

(,,゚Д゚)「じゃあちょっと休むかな」

lw´‐ _‐ノv「うん」

(,,゚Д゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(,,゚Д゚)「ふう……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(,,゚Д゚)「って、違う違う!」

(,,゚Д゚)「なんで俺はこんなところに!」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「はっ、わたしもなんでこんなところに」

lw´‐ _‐ノv「まさか、なにかげーむにさんかさせられるんじゃ……」

(,;゚Д゚)「……なんですか、その棒読みは」

53 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/11(土) 21:53:04 ID:/0XOvcZA0

(,,゚Д゚)「何か知ってますよね?」

lw´‐ _‐ノv「そもそも私とは一体なんなのだろう……」

(,,゚Д゚)「ちゃんと教えてください! じゃなきゃ俺……」

(,,゚Д゚)「トレーニング始めますよ!?」

lw;´‐ _‐ノv「どんな交換条件だよ、分かったから腕立てしようとするなよ……」

(,,゚Д゚)「はい」

lw´‐ _‐ノv「ここは、もと悩みを持った人がお目見えする部屋」

(,,゚Д゚)「もとって何ですか……、現に俺がここに現れ出ちゃってますよ」

lw´‐ _‐ノv「私、この部屋と方向性の違いで決別したんで」

(,;゚Д゚)「バンドでも組んでたんですか……」

lw´‐ _‐ノv「いいこととか言わないし、畳の上に座ってるだけなんで」

54 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/11(土) 21:54:09 ID:/0XOvcZA0

(,,゚Д゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(,,゚Д゚)「つまり、この部屋であなたが悩みを解決してくれるってことですか」

lw´‐ _‐ノv「……違います、私はただの置物です」

(,,゚Д゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「……熊、そう私は鮭を咥えた熊の置物」

(,,゚Д゚)「うーん……」

(,,゚Д゚)「相談にのってくれたら、いいトレーニング方法教えますよ」

lw;´‐ _‐ノv「ちょくちょく謎の交換条件を提示するね……」

(,,゚Д゚)「でも、筋肉には興味がおありなんですよね?」

lw´‐ _‐ノv「まるでないよ、お箸持てたらそれで充分とさえ思ってるよ……」

55 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/11(土) 21:54:46 ID:/0XOvcZA0

(,,゚Д゚)「ええっ!?」

(,,゚Д゚)「ここに来た時に前転してたじゃないですか」

lw´‐ _‐ノv「まあまあな気持ちを確かめてたの」

(,,゚Д゚)「いや、意味が分からないんですが」

lw´‐ _‐ノv「……」

(,,゚Д゚)「……」

(,,゚Д゚)「……どうでした?」

lw´‐ _‐ノv「うん」

lw´‐ _‐ノv「まあまあ」

(,,゚Д゚)「まあまあ、ですか……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(,,゚Д゚)「……」

(,,゚Д゚)(……帰ったら、やってみるか)

56 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/11(土) 21:55:42 ID:/0XOvcZA0

lw´‐ _‐ノv「そういうことだから」

(,,゚Д゚)「……わかりました」

(,,゚Д゚)「じゃあ独り言言いますけど、気にしないでください」

lw´‐ _‐ノv「うん、私は置物だから、気にしないで」

(,,゚Д゚)「……」

(,,゚Д゚)「俺、小さい企業の実業団で陸上やってるんです」

lw;´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv(熊の置物に正面向かって話しかける人って……)

(,,゚Д゚)「毎年、ニューイヤー駅伝も予選落ちするようなとこなんですけど」

lw´‐ _‐ノv「……陸上?」

57 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/11(土) 21:56:25 ID:/0XOvcZA0

(,,゚Д゚)「ええ、半ば愛好会のようなチームなんですけどね」

lw;´‐ _‐ノv「いや、やたらマッチョだから……」

(,,゚Д゚)「うっ…」

lw´‐ _‐ノv「……」

(,,゚Д゚)「……」

lw´‐ _‐ノv(これは)

(,,゚Д゚)「……」

lw;´‐ _‐ノv(何の沈黙なの……)

(,,゚Д゚)「本当は……」

lw´‐ _‐ノv「ん……?」

(,,゚Д゚)「本当は、ボディビルダーになりたかった!」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw;´‐ _‐ノv「えぇ……」

58 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/11(土) 21:57:12 ID:/0XOvcZA0

(,,゚Д゚)「だけど、それじゃ食っていけないし」

(,,゚Д゚)「俺はとっくに割り切ったつもりだったんだ……」

lw´‐ _‐ノv「う、うん」

(,,゚Д゚)「けれど、気付けば鳥肉のささみや卵白を貪り」

(,,゚Д゚)「長距離走で使わない筋肉を鍛えていて……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(,,゚Д゚)「ああ!」

(,,゚Д゚)「俺の大胸筋は何のためにあるんだ!」

lw´‐ _‐ノv「……」

(,,゚Д゚)「……」

(,,゚Д゚)「熊さんは、どう思います?」

lw;´‐ _‐ノv「いや、知らないよ……」

59 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/11(土) 21:58:09 ID:/0XOvcZA0

(,,゚Д゚)「どうしたらいいですかね、俺」

lw;´‐ _‐ノv「どうして熊の置物が相談にのるんだよ、どんな超解釈だよ……」

(,,゚Д゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「……鮭、いる?」

(,,゚Д゚)「ないじゃないですか……」

lw´‐ _‐ノv「……うん」

(,,゚Д゚)「はぁ……」

(,,゚Д゚)「人は何のためにがんばるんですかね……」

lw;´‐ _‐ノv「そんな大きいことは分からないよ……」

(,,゚Д゚)「……そう、ですよね」

lw´‐ _‐ノv「でも、歳をとってから後悔はしたくないなあ」

(,,゚Д゚)「あっ……」

60 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/11(土) 21:59:11 ID:/0XOvcZA0

lw´‐ _‐ノv「どしたの?」

(,,゚Д゚)「マッスル北村さんも」

(,,;Д;)「同じことをおっしゃってました……」

lw;´‐ _‐ノv「そ、そう」

(,,;Д;)「ありがとうございます……」

lw´‐ _‐ノv「えっ、何が?」

(,,;Д;)「なんか、吹っ切れました」

(,,゚Д゚)「俺、来年のミスター東京出てみます!」

lw;´‐ _‐ノv「何? ボディビルの大会?」

(,,゚Д゚)「この自慢の腹筋と両脚、いや……」

(,,^Д^)「このアドミナブル・アンド・サイを武器に!」

(,,^Д:*:。.:*:・'

(,,^ :*。:・'

:・’

61 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/11(土) 21:59:54 ID:/0XOvcZA0

lw;´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「……よく分かんないけど、がんばってね」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「久々にいいかんじで消えていったな」

lw;´‐ _‐ノv「私、なんにもしてないけど……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「うん」


終わり

62 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/11(土) 22:01:48 ID:/0XOvcZA0
ありがとうございました!
次回はタイトル未定ですー

また来週来ます!

63 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/12(日) 00:07:23 ID:KyzDjewk0
ワロタ
とにかくワロタ



64 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/12(日) 00:18:45 ID:.mX.h95.0

ブレない感じが好きだ

65 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/12(日) 01:43:34 ID:9wAfdLT.0
おつす

66 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/13(月) 13:51:56 ID:QDoTYsZIO
おつ
シュー可愛いよシュー

67 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/18(土) 22:35:57 ID:2PUlFz0o0
すいません
今日はちょっと間に合いませんでした、、、
明日投下します、無念

68 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/19(日) 22:30:34 ID:1cA9fvfo0
>>63-66
こんなしょうもない話ですが、
いつもありがとうございます……
がんばろうと思えます!

ちょっと遅れてすいません!投下しますー

69 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/19(日) 22:31:21 ID:1cA9fvfo0

四畳目「火傷の料理人」


lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「あるいは」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「さっさと悩んでることを聞いて」

lw´‐ _‐ノv「もとの場所に帰すべきなのかもしれない」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「よし、その辺は試行錯誤していこう」

(#゚;;-゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「おお、こんにちは」

70 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/19(日) 22:31:59 ID:1cA9fvfo0

(;#゚;;-゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「こほん!」

lw´‐ _‐ノv「ええと、今日はどうされました?」

(#゚;;-゚)「……」

(;#゚;;-゚)「いや、知りません」

lw´‐ _‐ノv「……」

(#゚;;-゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「問診票には風邪と」

(#゚;;-゚)「書いてません」

lw´‐ _‐ノv「……」

(#゚;;-゚)「……」

71 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/19(日) 22:32:50 ID:1cA9fvfo0

lw´‐ _‐ノv「のどを見せてもらっていいですか?」

(#゚;;-゚)「私は健康そのものだって」

lw´‐ _‐ノv「……」

(#゚;;-゚)「何なの、ここ」

lw´‐ _‐ノv「夜はよく眠れてますか?」

(;#゚;;-゚)「はぁ……」

lw´‐ _‐ノv「あっ、ごめん……」

(#゚;;-゚)「……えっ」

lw´‐ _‐ノv「お名前聞いてなかった」

(#゚;;-゚)「……」

(#゚;;-゚)「頭、痛くなってきた……」

lw´‐ _‐ノv「それは、おそらく風邪……」

(#゚;;-゚)「じゃないから、間違いなくこの状況のせいだから!」

lw´‐ _‐ノv「……」

72 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/19(日) 22:33:45 ID:1cA9fvfo0

(#゚;;-゚)「帰ります」

lw´‐ _‐ノv「あ、うん、お大事に」

(#゚;;-゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(#゚;;-゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「想定してた流れと違うな……」

(#゚;;-゚)「この部屋……」

lw´‐ _‐ノv「どこで間違った、私」

(;#゚;;-゚)「玄関も窓もないじゃないか……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(#゚;;-゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「ここ、和室だからね」

(#゚;;-゚)「住居なめてるのかよ、不便きわまりないだろその和室……」

73 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/19(日) 22:34:34 ID:1cA9fvfo0

lw´‐ _‐ノv「……」

(#゚;;-゚)「……」

(#゚;;-゚)「まさか」

lw´‐ _‐ノv「どしたの、畳見つめちゃって」

(#゚;;-゚)「畳の下に出口とか……」

lw´‐ _‐ノv「別にないけど、畳とか好き?」

(#゚;;-゚)「……」

(#゚;;-゚)「思わせぶりな沈黙するから……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(;#゚;;-゚)「ほら、また」

lw´‐ _‐ノv「……悩み」

(#゚;;-゚)「また意味深なこと言って」

lw´‐ _‐ノv「いや、悩みを持ってる人がここに現れるの」

74 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/19(日) 22:35:28 ID:1cA9fvfo0

(#゚;;-゚)「……」

(#゚;;-゚)「……胡散臭いからいい」

lw;´‐ _‐ノv「いいとか悪いの問題じゃないんだけど」

(#゚;;-゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「どしたの、その火傷」

(#゚;;-゚)「……」

(#゚;;-゚)「……中華料理屋で働いてる」

lw´‐ _‐ノv「へえー、シシカバブとか作っちゃうんだ」

(#゚;;-゚)「それ、中華料理屋で頼んでみろよ……」

75 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/19(日) 22:36:17 ID:1cA9fvfo0

lw´‐ _‐ノv「あ、回鍋肉とかも」

(#゚;;-゚)「……」

(#゚;;-゚)「鍋はまだ、……振らせてもらえない」

lw´‐ _‐ノv「え? 火傷は?」

(#゚;;-゚)「家に帰ってから練習してる」

lw´‐ _‐ノv「そうなのか、偉いなあ」

(#゚;;-゚)「……」

(#゚;;-゚)「帰りたい」

lw´‐ _‐ノv「うーん、私もそうさせたいんだけど」

(#゚;;-゚)「……悩みを言ったら、解決してくれる?」

lw´‐ _‐ノv「できません」

(#゚;;-゚)「的確なアドバイスとか」

lw´‐ _‐ノv「言えません」

(#゚;;-゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

76 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/19(日) 22:37:21 ID:1cA9fvfo0

(#゚;;-゚)「だけど、ここから出られる?」

lw´‐ _‐ノv「かもしれない、よ」

(#゚;;-゚)「……わかった」

lw´‐ _‐ノv「おお、何でも聞くよ」

(#゚;;-゚)「コンタクトがうまく入れられない」

lw´‐ _‐ノv「……えっ、目に?」

(#゚;;-゚)「目に」

lw´‐ _‐ノv「片方の目で見ながら」

lw´‐ _‐ノv「入れるといいよ」

(#゚;;-゚)「そうか」

(#゚;;-゚)「ありがとう」

lw´‐ _‐ノv「いえいえ」

(#゚;;-゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「ナイス助言、私」

77 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/19(日) 22:38:02 ID:1cA9fvfo0

(#゚;;-゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(#゚;;-゚)「……いつ出れる?」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「お姉ちゃんとかいる?」

(#゚;;-゚)「いない」

lw´‐ _‐ノv「……ここが不思議の国だったら」

lw´‐ _‐ノv「アリスはお姉ちゃんに起こしてもらって」

lw´‐ _‐ノv「目が覚めたんだけどね」

(#゚;;-゚)「……」

(#゚;;-゚)「もしも夢だったのなら」

lw´‐ _‐ノv「そう、もしも夢だったら」

78 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/19(日) 22:39:01 ID:1cA9fvfo0

(#゚;;-゚)「……」

(#゚;;-゚)「……そういう歳でもないんだけれど」

lw´‐ _‐ノv「私も電波時計は持ってないよ」

(#゚;;-゚)「白ウサギの時計はそんなハイテクじゃねえよ……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(#゚;;-゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「ほんとは、コンタクトのことじゃないんでしょ」

lw´‐ _‐ノv「悩み」

(#゚;;-゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「恋の悩み?」

(#゚;;-゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「仕事のこと?」

(#゚;;-゚)「……違う!」

79 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/19(日) 22:39:55 ID:1cA9fvfo0

lw´‐ _‐ノv「うん?」

(#゚;;-゚)「ずっと皿洗いや野菜の皮を剥かされてばっかしで!」

(#゚;;-゚)「いつになったら私を使ってくれるんだとか……」

(#゚;;-゚)「そういうことじゃ悩んでない!」

lw´‐ _‐ノv「……」

(#゚;;-゚)「そういうことじゃ……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(#゚;;-゚)「……なんだよ」

lw´‐ _‐ノv「私は木彫りの熊だから」

(#゚;;-゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「ここには誰もいないよ」

(#゚;;-゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

80 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/19(日) 22:40:41 ID:1cA9fvfo0

(#゚;;-゚)「……」

(#゚;;-゚)「……大体、君がいて助かるよなんて言って」

(#゚;;-゚)「そんな仕事、誰でも出来るのに」

lw´‐ _‐ノv「うんうん」

(#゚;;-゚)「みんなすぐに辞めるから、そう言うだけで」

(#゚;;-゚)「一人で何百回も鍋を振ってるのに……」

lw´‐ _‐ノv「おお、そんな仕事辞めちゃえー」

(#゚;;-゚)「……絶対辞めない!」

(#゚;;-゚)「私が偉くなって、調理場を牛耳るまで」

(#゚;;-゚)「何十年でも続けてやる……」

lw´‐ _‐ノv「そうかー」

(#゚;;-゚)「……」

(#゚;;-゚)「熊じゃなかったの?」

lw´‐ _‐ノv「あっ、そうだった」

(#゚;;ー゚)「……ふふ」

81 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/19(日) 22:41:33 ID:1cA9fvfo0

lw´‐ _‐ノv「私のこと、この部屋のこと」

lw´‐ _‐ノv「誰かから噂とかで聞いたことある?」

(#゚;;-゚)「知らない」

lw´‐ _‐ノv「うん……」

lw´‐ _‐ノv「だけど、私はこうやっていろんな人の悩みを聞いてる」

lw´‐ _‐ノv「いつか来る日をただ待って」

(#゚;;-゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「つまり、そういうこと」

(#゚;;-゚)「……よく、分からない」

lw´‐ _‐ノv「うん」

(#゚;;-゚)「……」

lw´‐ _‐ノv「似てるね、私たち」

(#゚;;-゚)「……そうかな」

82 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/19(日) 22:42:18 ID:1cA9fvfo0

(#゚;;-゚)「だけど」

(#゚;;ー゚)「……ありがとう」

lw´‐ _‐ノv「ところでさ」

lw´‐ _‐ノv「悩みを解決してくれる美人がいるって」

(#-;;:。.::・'

(#:*:・'

:・'

lw´‐ _‐ノv「ちょっとくらいは聞いたことない?」

lw;´‐ _‐ノv「あっ、いねえ……」

lw´‐ _‐ノv「……」

83 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/19(日) 22:43:11 ID:1cA9fvfo0

lw´‐ _‐ノv「まあいいや」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「いつか、食べに行きたいな」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「あの人の作ったパエリア」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「……じゃなかった、麻婆豆腐」


終わり

84 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/19(日) 22:46:48 ID:1cA9fvfo0
ありがとうございましたー
あ、この話しは八畳目で終わりです

来週はちょっと来れないかもです、すいません
またね!

85 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/19(日) 22:53:06 ID:1cA9fvfo0
一畳目「うどんきちがい」>>3-16

二畳目「キューチャン」>>27-41

三畳目「正統派マッチョ」>>48-61

四畳目「火傷の料理人」>>69-83

流行りのしおり置いてきます、じゃね!

86 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/20(月) 09:39:08 ID:ndlbTCTc0

餃子が食べたい

87 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/20(月) 20:07:30 ID:z/kRK7ZA0

シシカバブ食ったことねえな

88 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/03(日) 08:08:35 ID:w4E7k63s0
こねぇ

89 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/03(日) 16:43:21 ID:JmpwIIxc0
ごめんね、今日は間に合うかと思ったんだけど……
明日! 天地がひっくり返ろうとも明日必ず投下します〜

90 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/04(月) 22:46:40 ID:GlS88ppQ0
>>86-87
ありがとうございます!
畳と悩みの話しなのに、毎回食べ物のレス率高いw

>>88
毎週投下ってけっこう大変でした……
でも、出来るだけがんばります!
コメディで間隔開けずに投下してるあの作品様、驚嘆!

91 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/04(月) 22:48:04 ID:GlS88ppQ0

五畳目「お父さん」


lw´‐ _‐ノv「だけど、ずっと外の風景も見れないと」

lw´‐ _‐ノv「今が何時なのかとか、時間すらも分かんないな」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「お腹もすかないし」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「最後に食べたのは、お昼ご飯だったっけ?」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「……焼き魚」

lw´‐ _‐ノv「ししゃも食べたい……」

92 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/04(月) 22:49:29 ID:GlS88ppQ0

lw´‐ _‐ノv「……」

(`・ω・´)「はっ、ここは……」

lw´‐ _‐ノv「おっ」

(`・ω・´)「和室……、夢の中だろうか?」

(`・ω・´)「たぶん居眠りでもしているんだろう……、最近疲れていたしな」

lw´‐ _‐ノv「こんばんは」

(`・ω・´)「えっ、ああ、どうも……」

lw´‐ _‐ノv「夕ご飯食べた?」

(`・ω・´)「えっ」

(;`・ω・´)「……今は、昼間じゃなかったかな?」

lw´‐ _‐ノv「お昼なんだ……」

(;`・ω・´)「うん」

93 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/04(月) 22:50:15 ID:GlS88ppQ0

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「じゃあ、たらこパスタだな」

(;`・ω・´)「え?」

lw´‐ _‐ノv「あ、なんでもないよ」

(;`・ω・´)「そうか……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(`・ω・´)「ところで、君は何をしているんだい?」

lw´‐ _‐ノv「時間を数えてた」

(`・ω・´)「時間?」

lw´‐ _‐ノv「うん」

lw´‐ _‐ノv「目をつむって頭の中で10秒数えて」

lw´‐ _‐ノv「ストップウォッチをぴったりに押す遊びあるでしょ?」

94 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/04(月) 22:51:50 ID:GlS88ppQ0

(`・ω・´)「ああ、子供のときにやったなあ」

lw´‐ _‐ノv「あれの24時間版に……」

(;`・ω・´)「挑戦してるの!? 時間恐ろしく有り余ってるな……」

lw´‐ _‐ノv「そうそう」

(`・ω・´)「はは、君の時間を分けてもらいたいぐらいだよ」

lw´‐ _‐ノv「ケーキみたいに切り分けて?」

(;`・ω・´)「いや、うん、例えは何でもいいんだけどね」

lw´‐ _‐ノv「ナイフがあればね」

(`・ω・´)「はは、気持ちだけもらっておくよ」

lw´‐ _‐ノv「……」

(`・ω・´)「……」

lw´‐ _‐ノv「じゃあ、時間数えるの次はおじさんの番ね」

(;`・ω・´)「えぇ、僕もやるのかい?」

95 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/04(月) 22:52:34 ID:GlS88ppQ0

lw´‐ _‐ノv「まずは10秒、はい目つむって」

(;`-ω-´)「う、うん……」

lw´‐ _‐ノv「よーい、どん!」

(`-ω-´)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(`-ω-´)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(`-ω-´)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(`゜ω゜´)「10秒!!」

lw´‐ _‐ノv「……」

96 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/04(月) 22:53:11 ID:GlS88ppQ0

lw´‐ _‐ノv「残念、13秒でしたー」

(`・ω・´)「そんなに経っていたか……」

lw´‐ _‐ノv「意外に早いよね、時間」

(`・ω・´)「って、ストップウォッチはどこに?」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「心のストップウォッチ使った……」

(;`・ω・´)「正確さ皆無だな、サーキットレースだったら世界新続出だよ……」

lw´‐ _‐ノv「24時間版やる?」

(`・ω・´)「やめとくよ……」

lw´‐ _‐ノv「そっか……」

97 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/04(月) 22:54:02 ID:GlS88ppQ0

(`・ω・´)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(`・ω・´)「しかし、出来ることなら……」

lw´‐ _‐ノv「うん?」

(`・ω・´)「過去に時間を戻して」

(`・ω・´)「もっと家族のそばにいてやれたらよかったなあ」

lw´‐ _‐ノv「……何かあったの?」

(`・ω・´)「いや、大したことじゃないんだ」

lw´‐ _‐ノv「まあまあ」

lw´‐ _‐ノv「ここで会ったのも何かの縁だし」

(`・ω・´)「そうかい? じゃあちょっと話そうかな」

lw´‐ _‐ノv「うん」

98 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/04(月) 22:54:41 ID:GlS88ppQ0

(`・ω・´)「……僕は仕事の都合、単身赴任ばかりでね」

(`・ω・´)「あまり、娘にかまってやれなかったんだ」

lw´‐ _‐ノv「うんうん」

(`・ω・´)「最近ようやく落ち着いて」

(`・ω・´)「家族で一緒に暮らせるようになったんだが……」

lw´‐ _‐ノv「おおー」

(`・ω・´)「けれど、娘と何を話せばいいのか分からなくてね」

(`・ω・´)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「自然に接すればいいんじゃない?」

(`・ω・´)「いやあ、その自然ってのが分からないんだ」

lw´‐ _‐ノv「ふむふむ」

99 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/04(月) 22:55:47 ID:GlS88ppQ0

(`・ω・´)「はは、これじゃ父親失格だね、僕は……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「娘はいくつぐらいなの?」

(`・ω・´)「確か、今年17歳になるのかな」

lw´‐ _‐ノv「おおー、高校生かー」

(`・ω・´)「うん、昔は目に入れても痛くなかったんだが」

(`・ω・´)「今は娘が何を考えているのかすら分からないよ」

lw´‐ _‐ノv「……」

(`・ω・´)「……」

lw´‐ _‐ノv「年頃の乙女は、大体ししゃものこと考えてるよ」

(;`・ω・´)「魚屋の娘でも考えてないよ、きっと……」

100 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/04(月) 22:56:25 ID:GlS88ppQ0

lw´‐ _‐ノv「うーん」

lw´‐ _‐ノv「共通の趣味とか作ったらどう?」

(`・ω・´)「共通の趣味か……」

lw´‐ _‐ノv「そうそう、入浴剤集めとか」

(;`・ω・´)「どう盛り上がったらいいんだい、その趣味で……」

lw´‐ _‐ノv「草津と鳴子トレーディングしようぜ娘よ、みたいな」

(;`・ω・´)「交換しても、結局同じ風呂に投入されるよ……」

lw´‐ _‐ノv「集めたら飾っておくんだよ」

(`・ω・´)「そ、そうか……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(`・ω・´)「……」

101 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/04(月) 22:57:11 ID:GlS88ppQ0

lw´‐ _‐ノv「……」

(`・ω・´)「……」

lw´‐ _‐ノv「えー、鳴子温泉って湯力弱いしー、お父さーん」

(;`・ω・´)「えっ、何……」

lw´‐ _‐ノv「私、きき湯がいいなー、お父さーん」

(;`・ω・´)「……」

lw´‐ _‐ノv「お父さーん」

(;`・ω・´)「……」

(;`・ω・´)「よ、よし……、きき湯と草津2つでどうだ」

lw´‐ _‐ノv「いいよー、ありがと、お父さーん」

(;`・ω・´)「いや、いいんだよ、ははは……」

lw´‐ _‐ノv「あ、明日バスクリン買わなきゃー」

(;`・ω・´)「……」

102 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/04(月) 22:57:59 ID:GlS88ppQ0

lw´‐ _‐ノv「……どう?」

(;`・ω・´)「娘とこの会話、ありえないだろ……」

lw´‐ _‐ノv「割と良かったと思うけど……」

(;`・ω・´)「うーん……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「あっ、入浴剤あるあるとか」

(;`・ω・´)「入浴剤集め趣味にする気ないからもういいよ、ありがとう……」

lw´‐ _‐ノv「そうかー」

(`・ω・´)「はあ……」

lw´‐ _‐ノv「……」

103 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/04(月) 22:58:37 ID:GlS88ppQ0

(`・ω・´)「過去に戻れればなあ……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(`・ω・´)「……」

lw´‐ _‐ノv「今は一緒に暮らしてるんだよね」

(`・ω・´)「そうなんだけどね……」

lw´‐ _‐ノv「じゃあ大丈夫だよ」

(`・ω・´)「ん、何故だい?」

lw´‐ _‐ノv「自然って時間が経たないと、そうならないでしょ?」

(`・ω・´)「……」

lw´‐ _‐ノv「だから、これからは大丈夫だよ」

lw´‐ _‐ノv「一緒の時間が経つもの」

104 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/04(月) 22:59:33 ID:GlS88ppQ0

(`・ω・´)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(`・ω・´)「そういうもの、かな……」

lw´‐ _‐ノv「そういうものだよ」

(`・ω・´)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(`・ω-´)「今度」

(`-ω-´)「鈴鹿に連れてってみるかな……」

(`-ω-:*:。:*:・'

(`-.:*:・'

*:・'

105 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/04(月) 23:00:15 ID:GlS88ppQ0

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「いいお父さんだな、きっと」

lw´‐ _‐ノv「なんとかなるんじゃないかな、うん」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「お父さんの気持ちは分からないけど」

lw´‐ _‐ノv「娘の気持ちは分かるし」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「鈴鹿って、何するところなんだろう……」

lw´‐ _‐ノv「……」


終わり

106 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/04(月) 23:03:08 ID:GlS88ppQ0
五畳目終わり!
毎回遅れてごめんなさい!

次回の六畳目でまた〜

107 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/04(月) 23:03:22 ID:xWzcili20

鈴鹿サーキットか

108 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/05(火) 20:34:34 ID:WBhyTRRY0
乙ェ…

109 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/06(水) 16:40:04 ID:3PyrcjSU0

いい湯加減の作品だ

110 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/20(水) 21:04:08 ID:LLeDkjyo0
続きェ…

111 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/25(月) 14:35:01 ID:uNp7s2020
続きお待ちしてます

112 saorin :2011/08/21(日) 10:27:39 ID:pVz2.ko60
不景気だと騒がれていますが・・・(*・ω・)! http://tinyurl.k2i.me/GoeA

113 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/08/21(日) 20:33:57 ID:r5pF.PYE0
いいなぁー
なんかいいなーこれなんかいいなー

114 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/09/06(火) 11:40:13 ID:gwysbKBUO
まだかなまだかな〜

115 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/09/06(火) 12:57:35 ID:BGXBhTvIO
目次プリーズ

116 青空ホライゾン ◆x/rxoIq2T6 :2011/09/20(火) 22:09:23 ID:087plCCIO
報告遅れましたが、まとめさせてもらいました。
ご意見、ご要望ありましたらお気軽にどうぞです!
http://mo-neru.net/portable/boon/01005/index.html

117 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/02/10(金) 07:54:53 ID:alT4m48Q0
つづきまだー?

118 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/02/26(日) 04:04:33 ID:vdkWOXMw0
終盤目前にして逃亡してしまいました
待っていて下さった方々への申し訳ない気持ちでいっぱいです
読んでくれていた方も裏切ってしまって
とにかく長い間本当にごめんなさい!

>>115
ずいぶん遅くなっちゃって申し訳ないんですが、あとで目次貼りますね!

>>116
逃亡しているのにまとめて下さっているとは思いませんでした
お手数掛けてしまってすみません!

>>117
本当にお待たせしました!
正直、謝る以外に何も言えないです、ごめんなさい……

残すところ3話、最後までお付き合い下さったら幸いです

119 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/02/26(日) 04:07:02 ID:vdkWOXMw0

六畳目「ワタナベさん」


lw´‐ _‐ノv zzz

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「む……」

lw´‐ _‐ノv「むにゃむにゃ……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv zzz

从'ー'从「あれっ……」

从'ー'从「あれれ〜、私」

从'ー'从「確かお買い物していたような……」

120 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/02/26(日) 04:08:19 ID:vdkWOXMw0

从;'ー'从「卵も白菜もどこに行っちゃったんだろう」

キョロ从'ー';从;'ー'从キョロ

lw´‐ _‐ノv zzz

从;'ー'从「誰か眠ってる……」

从'ー'从「あの〜、すみません」

lw´‐ _‐ノv「あ……」

lw´‐ _‐ノv「アラモ砦……」

从;'ー'从「……」

lw´‐ _‐ノv zzz

lw´‐ _‐ノv「す、炊飯器……」

从;'ー'从「お、起こさない方がいいのかな……」

121 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/02/26(日) 04:09:44 ID:vdkWOXMw0

lw´‐ _‐ノv「……」

从'ー'从「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

从'ー'从(というか)

从;'ー'从(どなたかのお宅に、どうして私……)

lw´‐ _‐ノv「んっ……」

lw´‐ _‐ノv「うとうとしちゃってたか……」

从;'ー'从「ふええ〜」

lw´‐ _‐ノv「うおっ、びっくりした……」

从;'ー'从「ご、ごめんなさい、あの、怪しい者ではありません〜」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「あ、幸せになれる壷ならもう持ってます」

从;'ー'从「えっと、訪問販売じゃないですよ〜」

lw´‐ _‐ノv「冗談冗談ー、ふわあ……」

122 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/02/26(日) 04:11:06 ID:vdkWOXMw0

从'ー'从「あ、あの、私、ワタナベと言います」

lw´‐ _‐ノv「えーと、シューって呼んでください」

从'ー'从「お休みのところすみません……」

lw´‐ _‐ノv「ううん、気にしないで。悪いのはむしろこの状況で寝て……」

lw´‐ _‐ノv「ん、待てよ、……私いま眠ってた?」

从'ー'从「えっ? はい〜」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw;´‐ _‐ノv「本当に? 実は薄目開けて起きてたりしてなかった?」

从;'ー'从「えぇ〜、IQテストか何かですか?」

lw;´‐ _‐ノv「いやいや、IQの測り方あいまい過ぎるだろ……」

123 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/02/26(日) 04:12:29 ID:vdkWOXMw0

从'ー'从「……あ、それもそうですよね」

lw;´‐ _‐ノv「それで、ほんとに寝てたよね、私?」

从'ー'从「眠ってましたよ〜、確か寝言で食洗機がなんとかって」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「そっか……」

从'ー'从「はい〜」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「眠るだけじゃ、駄目なのか……」

从'ー'从「あっ、分かりました〜」

lw´‐ _‐ノv「うん?」

从'ー'从「疲れが取れないんですね!」

从'ー'从「ちゃんとお布団かベットで眠らないと〜」

lw´‐ _‐ノv「えーと」

lw´‐ _‐ノv「そういうわけじゃないんだけど、ありがとう」

从'ー'从「あ、はい〜」

124 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/02/26(日) 04:13:24 ID:vdkWOXMw0

lw´‐ _‐ノv「さてと……」

lw´‐ _‐ノv「日課の、畳の目でも数えようかな」

从'ー'从「そう言えば、私もお買い物中だったんだ〜」

lw´‐ _‐ノv「いつも50越えた辺りで面倒になっちゃうんだよね」

从'ー'从「スーパーに戻らなくちゃ……」

从'ー'从「……って、あれれ〜」

lw´‐ _‐ノv「9、10、11、ん? 11がこれか?」

从;'ー'从「あ、す、すいません……」

lw´‐ _‐ノv「これが12っと……、どうしたの?」

从;'ー'从「私、気付いたらシューさんのお宅に」

lw´‐ _‐ノv「そうそう、畳の目数えてる場合じゃなかった」

125 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/02/26(日) 04:14:58 ID:vdkWOXMw0

lw´‐ _‐ノv「あのね、悩みを抱えてる人がここに現れるの」

从'ー'从「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

从;'ー'从「えっ、……えぇ〜!」

lw´‐ _‐ノv「おっ、久々にいいリアクション」

从;'ー'从「それって……」

lw´‐ _‐ノv「うん?」

从;'ー'从「シューさんのお宅、大変じゃないですか?」

lw;´‐ _‐ノv「あ、私の家じゃないんだけどね……」

lw´‐ _‐ノv「ともかく、しばらくしたら元いたとこに帰れるよ」

从'ー'从「そうなんですか……」

126 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/02/26(日) 04:16:18 ID:vdkWOXMw0

从'ー'从「なんだか不思議なところですね〜」

lw´‐ _‐ノv「ここを不思議に思った人も久々だ……」

lw´‐ _‐ノv「良かったな、この畳屋敷め」

从;'ー'从「……」

lw´‐ _‐ノv「ちなみに、ワタナベさんは何を気にかけていたの?」

从'ー'从「悩み、ですか?」

lw´‐ _‐ノv「そうそう」

lw´‐ _‐ノv「手くるぶしのこととか、雨季の湿気対策とか何でも」

从'ー'从「雨季の湿気対策……」

lw´‐ _‐ノv「気になる?」

从'ー'从「あ、はい〜」

lw´‐ _‐ノv「それは、うーん……、犬を飼うことかな」

从'ー'从「えっ?」

127 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/02/26(日) 04:17:30 ID:vdkWOXMw0

lw´‐ _‐ノv「えーと、トイプードル」

lw´‐ _‐ノv「トイプードルって湿気吸ってくれそうじゃない?」

从'ー'从「えっ」

lw´‐ _‐ノv「ほら、毛むくじゃらだし……」

从'ー'从「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

从;'ー'从「……そういう気持ちで飼ったら可哀想です」

从;'ー'从「それに、ワンちゃんは湿気や暑さに弱いんですよ〜」

lw´‐ _‐ノv「毛むくじゃらの宿命か……」

从;'ー'从「えーと、そうなのかな?」

lw´‐ _‐ノv「まあ、そういった悩みがあれば何でも聞くよー」

128 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/02/26(日) 04:18:25 ID:vdkWOXMw0

从'ー'从「……そう言えば」

从'ー'从「お夕飯何にしようか悩んでいました」

lw´‐ _‐ノv「お夕飯……」

从'ー'从「はい〜」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「私はたらこパスタがいいな」

从'ー'从「たらこパスタですか?」

lw´‐ _‐ノv「うんうん、美味しいよたぶん」

从'ー'从「うーん、じゃあそうしようかな……」

lw´‐ _‐ノv「ん、すんなり解決かな」

129 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/02/26(日) 04:19:19 ID:vdkWOXMw0

从'ー'从「何だかすみません、ご親切に」

lw´‐ _‐ノv「いやいや、食べたいもの言っただけだよー」

从'ー'从「いえいえ、助かりました」

lw´‐ _‐ノv「……あとは、ちょっとしたら眠くなるから」

lw´‐ _‐ノv「それで、気がついたら元のところに戻ってるよ」

从'ー'从「あ、はい、分かりました〜」

lw´‐ _‐ノv「……」

从'ー'从「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

从'ー'从「……」

lw;´‐ _‐ノv(悩み、明らかにこれじゃないな……)

130 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/02/26(日) 04:20:35 ID:vdkWOXMw0

lw´‐ _‐ノv「……もしかしてなんだけど、他に悩んでることあったりする?」

从;'ー'从「えっ、いまはお夕飯のことだったんですけど」

lw´‐ _‐ノv「いまは、って言うと?」

从;'ー'从「前に悩んでいたことですか? 何だろう、洋服のことかな……」

lw´‐ _‐ノv「たくさんあるんだ」

从'ー'从「えっと、それは人並みだと思うんですけど」

从'ー'从「私、悩みだすとしばらく考えちゃって……」

lw´‐ _‐ノv「うんうん」

从;'ー'从「そのまま物事を決められないことがよくあるので……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「じゃあ、有田焼と瀬戸焼どっちが好き?」

从;'ー'从「えぇ〜……」

131 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/02/26(日) 04:22:33 ID:vdkWOXMw0

lw´‐ _‐ノv「プレゼントで貰えるとしたら?」

从;'ー'从「そもそもどっちもよく知らないですよ〜」

lw´‐ _‐ノv「うーん」

lw´‐ _‐ノv「どっちを選んでもいいんだけどなー」

从'ー'从「あっ、いまの心理テストだったんですか?」

lw;´‐ _‐ノv「違う違う、テストの類好きだな……」

从'ー'从「あっ、いえ、考えちゃうと決められないから苦手で……」

w´‐ _‐ノv「そっかそっか」

从'ー'从「はい」

lw´‐ _‐ノv「ありきたりだけど」

lw´‐ _‐ノv「もっと自分の選択に自信を持ちなよー」

从'ー'从「……よく言われます」

132 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/02/26(日) 04:24:21 ID:vdkWOXMw0

lw´‐ _‐ノv「うーん……、確かに自信を持てって言われて」

lw;´‐ _‐ノv「簡単に持てるものじゃないよね……」

从;'ー'从「はい〜……」

lw´‐ _‐ノv「……」

从'ー'从「……」

lw´‐ _‐ノv「ここだけの話しなんだけど……」

从'ー'从「はい?」

lw´‐ _‐ノv「私がこの世を統べている」

从'ー'从「……え」

从;'ー'从「か、神様なんですか?」

lw;´‐ _‐ノv「う、うん」

133 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/02/26(日) 04:26:16 ID:vdkWOXMw0

lw´‐ _‐ノv「そう、そなたをここに呼んだのは私なの、……私じゃ」

从;'ー'从「ど、どうして私を?」

lw´‐ _‐ノv「えーと、重要なことの他はもっと気楽に考えなよ、って言いたくて」

从'ー'从「そのためだけに……」

lw´‐ _‐ノv「うん」

lw´‐ _‐ノv「神様にそう言われたと思ったら、ちょっとは自信も持てる気がしない?」

从;'ー'从「な、何となく、そんな気もしてきました」

lw;´‐ _‐ノv「そう、たぶん神様も見守っているから……」

从'ー`从「分かりました、私」

从´ー`从「有田焼にしま……」

从´ー`:*:。:*:・'

从´ー.:*:・'

:*:・'

134 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/02/26(日) 04:27:26 ID:vdkWOXMw0

lw;´‐ _‐ノv「う、うん……」

lw´‐ _‐ノv「あ、あと、あんまり知らない人を信じ込んじゃだめだよー」

lw;´‐ _‐ノv「聞こえたかな……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw;´‐ _‐ノv「それにしても大それたことをしてしまった……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw;´‐ _‐ノv「ごめんね、神様、もうしません」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「……うん」


終わり

135 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/02/26(日) 04:32:36 ID:vdkWOXMw0
六畳目終わり!

ちょっと実家の方で用があるので
次回は3月中旬くらいに投下します〜
また遅くなりますが、絶対に逃亡しません!

136 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/02/26(日) 04:36:15 ID:vdkWOXMw0
一畳目「うどんきちがい」>>3-16

二畳目「キューチャン」>>27-41

三畳目「正統派マッチョ」>>48-61

四畳目「火傷の料理人」>>69-83

五畳目「お父さん」>>91-105

六畳目「ワタナベさん」>>119-134

しおり置いときますね〜、では〜!

137 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/02/29(水) 21:53:25 ID:DQ11nFuQ0
まってた! もうたまらんぜよ!

138 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/04/14(土) 16:06:39 ID:yKqVtFgA0
このシュー好きだー

139 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/13(日) 21:29:40 ID:KooVAmU20

七畳目「イメージする人」


lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「座ってぼんやりしてるのも」

lw´‐ _‐ノv「乙なものなのかな……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「せめてお茶でもあったら」

lw´‐ _‐ノv「もうすこし、まったり過ごせるんだけど……」

('A`)「ん……」

lw´‐ _‐ノv「むむっ……」

(;'A`)「……」

140 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/13(日) 21:30:34 ID:KooVAmU20

lw´‐ _‐ノv「ずずずず……」

('A`)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「エアお茶をすすってたんだけど、分かった?」

('A`)「あ、何となくフィーリングで、はい」

lw´‐ _‐ノv「おおー、良かったー」

lw´‐ _‐ノv「ちなみに静岡の緑茶をイメージしてたんだけど」

(;'A`)「……」

(;'A`)「いえ、そこまではちょっと……」

lw´‐ _‐ノv「うーん、しかたないか」

141 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/13(日) 21:31:14 ID:KooVAmU20

('A`)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

('A`)「……ええっと」

(;'A`)「じゃあ僕も、エア珈琲か何か飲もうかな、ハハハ」

lw´‐ _‐ノv「……」

(;'A`)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(;'A`)「あ、あの、冗談です……」

lw´‐ _‐ノv「コポコポコポ……」

('A`)「……」

142 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/13(日) 21:31:54 ID:KooVAmU20

lw´‐ _‐ノv「淹れたてです、どうぞ」

('A`)「あっ、珈琲淹れてくれたんですか、どうも」

lw´‐ _‐ノv「いえいえー」

('A`)「うーん、どれどれ」

('A`)「……うっ、うまい!」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「えっ」

(;'A`)「いや、何もないですけど、はい……」

lw´‐ _‐ノv「……」

('A`)「……」

lw´‐ _‐ノv「そうだ、お疲れなのかも」

(;'A`)「いえ、ジョークですよ、大丈夫です」

143 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/13(日) 21:32:33 ID:KooVAmU20

lw´‐ _‐ノv「きっと、そう、悩みとかあるんじゃないかな?」

(;'A`)「……」

('A`)「悩みはありますけど、さっきのは冗談ですからね」

lw´‐ _‐ノv「まあまあ、私も冗談だよー」

('A`)「どれがそうなのか分かりませんよ」

lw´‐ _‐ノv「えっ? エアお茶のくだりとか?」

(;'A`)「ほぼ丸ごとじゃないですか」

lw´‐ _‐ノv「……」

('A`)「……」

lw´‐ _‐ノv「人生って、そういうことなのかもしれないね」

(;'A`)「いや、どういうことですか……」

144 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/13(日) 21:33:17 ID:KooVAmU20

lw´‐ _‐ノv「そうそう、悩み悩み」

lw´‐ _‐ノv「良かったら聞かせてよー」

('A`)「人の悩みなんて、聞いててもつまらないですよ」

lw´‐ _‐ノv「えっ、そうかなー?」

('A`)「だと思いますよ」

lw´‐ _‐ノv「まあ、こう見えてプロになりつつあるから任せてよ」

('A`)「悩みのですか?」

lw´‐ _‐ノv「そう、お悩みのプロフェッショナル」

(;'A`)「……」

('A`)「いまいち気乗りしないんですが、……そこまで言うなら」

lw´‐ _‐ノv「おめでとー、これでもう明日は明るいはず」

(;'A`)「はぁ……」

145 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/13(日) 21:34:20 ID:KooVAmU20

lw´‐ _‐ノv「一体どういうお悩みなの?」

('A`)「どうでもいいことが気になる時ってあるじゃないですか」

lw´‐ _‐ノv「風に揺れる葉っぱの枚数とか?」

(;'A`)「暇を持て余してるわけじゃないですよ……」

lw´‐ _‐ノv「私は気になったことあるよ」

(;'A`)「そうですか……」

lw´‐ _‐ノv「うんうん」

('A`)「……それで、あの、一度考えると、いつまでも頭に残っちゃうんですよ」

lw´‐ _‐ノv「例えばどういうこと?」

('A`)「色々ありますよ。口の中の舌の位置が気になったり」

146 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/13(日) 21:35:07 ID:KooVAmU20

lw´‐ _‐ノv「舌?」

('A`)「はい。寝てるうちに舌が絡まったりしないか、とか」

lw;´‐ _‐ノv「人の舌はそんなに長くないよ? 妖怪かよ……」

('A`)「あとは、人類で初めて髪を切ろうとした人って」

('A`)「怖くなかったんでしょうか……」

lw´‐ _‐ノv「……」

('A`)「……」

lw´‐ _‐ノv「うん」

lw´‐ _‐ノv「素敵な趣味だと思うよ」

(;'A`)「誰がたしなむんですか、その趣味」

lw´‐ _‐ノv「別に悪いことじゃないと思うけどなあ」

147 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/13(日) 21:35:56 ID:KooVAmU20

('A`)「ふとした瞬間に、頭の中にそのイメージが浮かぶんですよ」

lw´‐ _‐ノv「イメージ?」

('A`)「はい。部屋の中で、俺が黙々と髪を切ってるんです」

lw´‐ _‐ノv「うん?」

('A`)「絵になるような俳優さんとかならまだしも、俺ですよ」

('A`)「見栄えするわけでもないし、流石に嫌になりますよ」

lw´‐ _‐ノv「ちょっと面白そう」

('A`)「いやいや……」

lw´‐ _‐ノv「……」

('A`)「……」

148 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/13(日) 21:36:52 ID:KooVAmU20

lw´‐ _‐ノv「ところで昔の人、爪はどうしていたんだろうね」

(;'A`)「止めて下さい、気になっちゃうじゃないですか」

lw´‐ _‐ノv「あ、ごめんごめん」

(;'A`)「ああっ!」

lw´‐ _‐ノv「えっ?」

('A`)「爪を切る映像が脳裏にっ!」

lw;´‐ _‐ノv「……」

('A`)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(;'A`)「頭の中で俺が、黙々と足の爪切ってます……」

('A`)「どうしたらいいですか」

lw´‐ _‐ノv「えっと」

lw;´‐ _‐ノv「心の病はちょっと……」

149 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/13(日) 21:37:31 ID:KooVAmU20

('A`)「気のせいか、爪切りのパチンって音も……」

lw´‐ _‐ノv「ちょっと体験してみたい」

('A`)「はあ……」

('A`)「こんな自分にほとほと嫌気が差しますよ」

lw´‐ _‐ノv「自分が嫌いなの?」

('A`)「ええ、つくづく」

lw´‐ _‐ノv「それはもったいない」

('A`)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

('A`)「まあ、しかたないですよね……」

150 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/13(日) 21:38:06 ID:KooVAmU20

lw´‐ _‐ノv「でも、自分自身だもの」

lw´‐ _‐ノv「自分で変えようと思った瞬間から変わっていくよ」

('A`)「……」

('A`)「具体的にはどうすれば?」

lw´‐ _‐ノv「……」

('A`)「……」

lw;´‐ _‐ノv「その辺はちょっと……」

(;'A`)「えぇ……」

lw´‐ _‐ノv「でも、嫌だって思ってるより建設的じゃない?」

('A`)「……それはそうですけど」

151 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/13(日) 21:39:11 ID:KooVAmU20

lw´‐ _‐ノv「よし、じゃあやってみよう」

('A`)「はい?」

lw´‐ _‐ノv「目をつむって、心のなかで」

lw´‐ _‐ノv「一分ごとに私は良くなってきてる、って思ってみて」

(;'A`)「分毎って、三日後には聖人になってますよ」

lw´‐ _‐ノv「まあまあ、ものは試しだよー」

('A`)「……分かりました」

lw´‐ _‐ノv「……」

('A`)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

('A`)「あの、イメージしましたけど、特に何も……」

lw´‐ _‐ノv「一分待たないとだめだよ」

(;'A`)「その辺シビアなんですね……」

152 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/13(日) 21:40:15 ID:KooVAmU20

lw´‐ _‐ノv「……」

('A`)「……」

lw´‐ _‐ノv「よし一分経ったー、時計ないけど」

('A`)「なんだか眠気が……」

lw´‐ _‐ノv「おー、おそらく変化の兆しでしょう」

('A`)「えっ?」

lw´‐ _‐ノv「ほら、熊とか冬は冬眠するって言うし……」

(;'A`)「いやいや、意味が……」

lw´‐ _‐ノv「目が覚めたら、きっと少しは変わってるよー」

('A`)「というか、ここは」

('A`)「どこ……」

('A`:.::*:・'

('A:*:・'

*:・'

153 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/13(日) 21:40:54 ID:KooVAmU20

lw´‐ _‐ノv「解決したのか分かんないけど」

lw´‐ _‐ノv「一件落着かな……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「それで……」

lw´‐ _‐ノv「それで私自身は」

lw´‐ _‐ノv「いつになったらこの部屋を出られるんだろう……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「はあ……」


終わり

154 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/13(日) 21:43:19 ID:KooVAmU20

>>137
そう言ってもらえると、やってて良かったとしみじみ感じます!
待たせてごめんなさい!

>>138
ありがとうございます!嬉しいです!



遅くなってすみません!
次回最終回ということであげてみました!

短くなりそうなので、5月の最終週くらいには!
しおりも次回まとめて貼りますね!ではー!

155 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/13(日) 23:07:33 ID:3wtOQO1g0
ええええええええええ次回最終回!?
もっと見たかったが次回作に期待します。乙です。

156 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/13(日) 23:11:19 ID:66m.JOpE0
久々に着たと思ったら最終回予告とな
乙!

157 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:23:08 ID:4Crjlz1E0

八畳目「私」


lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「それで私自身は」

lw´‐ _‐ノv「いつになったらこの部屋を出られるんだろう……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「二度言うほどのセリフでもなかったな……」

lw´‐ _‐ノv「……」

Jw´‐ _‐从「よっ」

lw´‐ _‐ノv「……えっ?」

158 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:23:54 ID:4Crjlz1E0

Jw´‐ _‐从「よっ」

lw;´‐ _‐ノv「いやいや……、えっ?」

Jw´‐ _‐从「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「……もしかして、私?」

Jw´‐ _‐从「どこからどうみても私だよ」

lw;´‐ _‐ノv「ちょ、ちょっと待って……」

Jw´‐ _‐从「おっけー、待つ待つー」

lw;´‐ _‐ノv「……」

Jw´‐ _‐从「……」

lw;´‐ _‐ノv「……」

Jw´‐ _‐从「そんなまじまじと見るなよ、恥ずかしいでしょ」

lw;´‐ _‐ノv「わ、私だ……」

159 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:25:16 ID:4Crjlz1E0

Jw´‐ _‐从「うむ」

Jw´‐ _‐从「正確には、過去の私でもあり未来の私だよ」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「えーと、つまり……」

Jw´‐ _‐从「うん?」

lw´‐ _‐ノv「江戸時代の私で、同時にSFみたいな未来の私なの?」

Jw´‐ _‐从「それ寿命長すぎるだろ、私……」

lw;´‐ _‐ノv「う、うん」

Jw´‐ _‐从「ともかく唯一無二の私だよ」

lw;´‐ _‐ノv(すでに二人存在しちゃってるけど……)

160 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:26:42 ID:4Crjlz1E0

Jw´‐ _‐从「だからリラックスしなよー」

lw;´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「髪の毛カールしてるけど、どうしたの?」

Jw´‐ _‐从「あっ、触っちゃだめ!」

lw´‐ _‐ノv「えっ?」

Jw´‐ _‐从「同じところに私が二人いるだけでもアレなのに、触れたらどうなるか……」

lw;´‐ _‐ノv「そ、そうなの?」

Jw´‐ _‐从「きっと良くないことが」

lw;´‐ _‐ノv「どっちかが消えたり……?」

Jw´‐ _‐从「冗談でしたー、触ってもいいよー」

lw;´‐ _‐ノv「嘘なのかよ……」

161 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:27:27 ID:4Crjlz1E0

Jw´‐ _‐从「髪の毛? ……ああ、寝癖ついてるね」

lw;´‐ _‐ノv「この適当さはまさしく私……」

Jw´‐ _‐从「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

Jw´‐ _‐从「それにしても殺風景なところだ……」

lw´‐ _‐ノv「あるのは壁と畳くらいだもんね」

Jw´‐ _‐从「うおー、横たわるー」

lw´‐ _‐ノv「お行儀悪いよ」

Jw´‐ _‐从「まあまあ、一緒に寝そべってお話しでもしよーよー」

lw´‐ _‐ノv「……うーん、まあいっか」

162 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:28:38 ID:4Crjlz1E0

Jw´‐ _‐从「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

Jw´‐ _‐从「こうやって横になってると、畳の匂いがよく分かるね」

lw´‐ _‐ノv「うん」

Jw´‐ _‐从「外のことは何一つ分からない場所で」

Jw´‐ _‐从「自分と話してる」

lw´‐ _‐ノv「うん」

Jw´‐ _‐从「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

Jw´‐ _‐从「ちょっと不思議だね……」

lw´‐ _‐ノv「……」

Jw´‐ _‐从「……」

163 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:29:28 ID:4Crjlz1E0

lw´‐ _‐ノv「ねえ、ここに私自身が現れたってことは」

Jw´‐ _‐从「うん?」

lw´‐ _‐ノv「……何か、悩んでるの?」

Jw´‐ _‐从「あー、そのことは後で話すよ」

lw´‐ _‐ノv「え?」

Jw´‐ _‐从「だってそしたら、すぐお別れじゃんかー」

lw´‐ _‐ノv「……それもそっか」

Jw´‐ _‐从「それよりどうだった?」

lw´‐ _‐ノv「ん、何が?」

Jw´‐ _‐从「いろんな人の悩みを聞いてきたんでしょ?」

164 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:30:19 ID:4Crjlz1E0

lw´‐ _‐ノv「どうって、……知ってるんじゃないの?」

Jw´‐ _‐从「自分の口から聞けるのも、また一興じゃん」

lw´‐ _‐ノv「そうかなー」

Jw´‐ _‐从「……弟者君」

lw´‐ _‐ノv「え?」

Jw´‐ _‐从「小学生のときに好きだった人ー」

lw;´‐ _‐ノv「あっ、おい、恥ずかしいから止めて」

Jw´‐ _‐从「ね? なんだか新鮮でしょー」

lw;´‐ _‐ノv「新鮮というか、なんでか焦ったわ……」

165 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:31:23 ID:4Crjlz1E0

Jw´‐ _‐从「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

Jw´‐ _‐从「うどんの会社の人、覚えてる?」

lw´‐ _‐ノv「あー、ここに来て、しばらくした頃の」

Jw´‐ _‐从「あの人、いまテレビに出てるよ」

lw;´‐ _‐ノv「ええっ、何があったの?」

Jw´‐ _‐从「うどんの宣伝してる」

lw´‐ _‐ノv「あ、CMかあ……」

Jw´‐ _‐从「そうそう。それでそのCMを見て、なんて思ったか分かる?」

lw´‐ _‐ノv「なんだろう? うどん食べたくなった?」

Jw;´‐ _‐从「その答えが正解なら、わざわざ問わねえよ……」

166 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:32:12 ID:4Crjlz1E0

lw´‐ _‐ノv「なんて思ったの?」

Jw´‐ _‐从「そばでも同じこと出来るじゃーん、って」

lw´‐ _‐ノv「……ん」

lw*´‐ _‐ノv「あっ、そういやそんな会話してたっけ」

Jw´‐ _‐从「そそ、懐かしいでしょ」

lw*´‐ _‐ノv「……」

Jw´‐ _‐从「……」

lw´‐ _‐ノv「ずいぶんいろいろお話ししたよ」

lw´‐ _‐ノv「この畳の上に、ただ座っていただけなのに」

Jw´‐ _‐从「うん」

167 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:33:32 ID:4Crjlz1E0

lw´‐ _‐ノv「……」

Jw´‐ _‐从「……」

lw´‐ _‐ノv「知ってると思うけどさ」

lw´‐ _‐ノv「私って適当なところあるでしょ」

Jw´‐ _‐从「そうかなー? 才色兼備の淑女じゃない?」

lw´‐ _‐ノv「ほら、そういうところ」

Jw´‐ _‐从「……むむ、50歩譲りましょう」

lw´‐ _‐ノv「うん」

Jw´‐ _‐从「それで?」

lw´‐ _‐ノv「ん、いや、みんな真剣に悩んでたけど……」

lw´‐ _‐ノv「私はこんなかんじで良かったのかな、って」

Jw´‐ _‐从「気負いすぎだよー、誰かさんは適当なんじゃなかったっけ?」

168 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:34:29 ID:4Crjlz1E0

lw´‐ _‐ノv「……たまには、ね」

Jw´‐ _‐从「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

Jw´‐ _‐从「そもそも私がここにいるのは」

Jw´‐ _‐从「誰かの悩みを解決するためじゃないと思うよ」

lw´‐ _‐ノv「えっ?」

Jw´‐ _‐从「どうして一般市民の私が、そんな大それた役しなくちゃならないのよー」

lw´‐ _‐ノv「前世から宿命とか……」

Jw´‐ _‐从「ないない」

lw´‐ _‐ノv「だけど悩みが解決したら、みんな消えていって……」

Jw´‐ _‐从「全員、ちゃんと解決した?」

lw;´‐ _‐ノv「うーん、怪しいのもあるかも」

169 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:35:39 ID:4Crjlz1E0

Jw´‐ _‐从「でしょー」

lw´‐ _‐ノv「だったらいったい……」

Jw´‐ _‐从「私もさ、何もかも知ってるわけじゃないけど」

lw´‐ _‐ノv「うん」

Jw´‐ _‐从「ただ聞いてあげれば、それで良かったんじゃないかな」

lw´‐ _‐ノv「……」

Jw´‐ _‐从「……」

lw´‐ _‐ノv「ふーん……」

Jw´‐ _‐从「ふーん、って反応薄くない?」

lw´‐ _‐ノv「……ううん」

lw´‐ _‐ノv「胸の中がスッとして、何も言えなかった……」

Jw´‐ _‐从「ハンカチ要る?」

lw´‐ _‐ノv「泣かないよ。でも、ありがとう」

170 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:36:36 ID:4Crjlz1E0

Jw´‐ _‐从「いえいえ……」

lw´‐ _‐ノv「……」

Jw´‐ _‐从「……」

lw´‐ _‐ノv「……ねえ、何を悩んでるの?」

Jw´‐ _‐从「もう解決したよ」

lw´‐ _‐ノv「えっ」

Jw´‐ _‐从「大したことじゃなかったのよー」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「うそついてるでしょ」

Jw´‐ _‐从「ほんとだよ。自分に隠し事しないタイプだし」

171 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:37:37 ID:4Crjlz1E0

lw´‐ _‐ノv「……」

Jw´‐ _‐从「疑惑の眼差しを向けるでない。それよりさ」

Jw´‐ _‐从「ここに来たときに悩んでたこと、そっちは覚えてる?」

lw´‐ _‐ノv「あー……」

lw´‐ _‐ノv「もう覚えてないや」

Jw´‐ _‐从「そっか」

lw´‐ _‐ノv「……」

Jw´‐ _‐从「……」

lw´‐ _‐ノv「悩むって、何なんだろうね」

Jw´‐ _‐从「さあ……」

172 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:38:41 ID:4Crjlz1E0

lw´‐ _‐ノv「自分のこととか状況だとか」

lw´‐ _‐ノv「知らない間に悩みがそこにある」

Jw´‐ _‐从「……」

Jw´‐ _‐从「じゃあ、時計の電池みたいなものだ」

lw´‐ _‐ノv「うん?」

Jw´‐ _‐从「ふと見ると、知らない間に止まってるから」

Jw´‐ _‐从「文字盤は記憶」

lw´‐ _‐ノv「あんまりしっくりこないよ」

Jw´‐ _‐从「むむ……」

173 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:39:46 ID:4Crjlz1E0

lw´‐ _‐ノv「……」

Jw´‐ _‐从「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

Jw´‐ _‐从「……」

lw´‐ _‐ノv「あれっ、眠気が……」

Jw´‐ _‐从「どうやらお別れみたいだね」

lw´‐ _‐ノv「もっとお話ししてたかった」

Jw´‐ _‐从「どこかでまた会えるよ、きっと」

lw´‐ _‐ノv「……」

Jw´‐ _‐从「……」

174 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:40:45 ID:4Crjlz1E0

lw´‐ _‐ノv「私はどうなるの?」

Jw´‐ _‐从「ん、もちろんお家に帰れるよー」

lw´‐ _‐ノv「そうじゃなくて……」

Jw´‐ _‐从「あ、私のこと? 」

lw´‐ _‐ノv「うん」

Jw´‐ _‐从「おいおい、お人好しだなー。私もすぐ帰るよ」

lw´‐ _‐ノv「そっか、よかった……」

lw´‐ _:*:。.・'

lw´*。.・'

。.・'

175 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:41:41 ID:4Crjlz1E0

Jw´‐ _‐从「元気に過ごすんだぞー」

Jw´‐ _‐从「……」

Jw´‐ _‐从「……よいしょっと」

Jw´‐ _‐从「決意するのに、悩む必要なんか無かったな」

Jw´‐ _‐从「……」

Jw´‐ _‐从「さてと」

Jw´‐ _‐从「飽きるまで誰かの悩みを聞こうじゃないか」


終わり

176 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:45:30 ID:1WtC.cCo0
無限ループって

177 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:48:29 ID:L50UEEcw0
怖くね?

178 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:50:09 ID:4Crjlz1E0

以上で、lw´‐ _‐ノv畳の上に座っているだけのようです完結です。
眠る前や空いた時間なんかに、布団の中でポチポチ読んでいただけたら幸いです。

コメントには本当に元気付けられました!
読んでくれた皆さん、まとめて下さった青空ホライゾンさん
本当にありがとうございました!



>>155
ありがとうございます、なんだか名残惜しいです!
そのうち何かまた書きますので、そのときにまた!

>>156
時間は掛かりましたが、なんとか予定していた最後までこれました!
ありがとうございました!

179 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:51:15 ID:BwG0U1.A0
乙!

180 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:52:20 ID:4Crjlz1E0
>>176-177
怖くないですよ!


栞貼っておきますね!

一畳目「うどんきちがい」>>3-16

二畳目「キューチャン」>>27-41

三畳目「正統派マッチョ」>>48-61

四畳目「火傷の料理人」>>69-83

五畳目「お父さん」>>91-105

六畳目「ワタナベさん」>>119-134

七畳目「イメージする人」>>139-153

八畳目「私」>>157-175


それではー!

181 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/27(日) 21:55:32 ID:INSglTZ60

何かありそうで何にもなさそうな感じが好き

182 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/30(水) 18:11:35 ID:oANDVAn20
乙!

183 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/05/31(木) 16:22:21 ID:IXV6m7bQO
カールシューおつ!


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

刑務所なう。 - 堀江 貴文

     ミミ ヽヽヽヽヽヽリリノノノノノノノ
    ミ               彡
    ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、,、,,、,、,、,、、 彡
     l  i''"            i彡
    .| 」  /          |
    ,r-/     ● (__人_) ●  |  オリンパス事件どうなの?
    l                  | 
    丶_              ノ
   /~~    ´~ ̄(⌒)(⌒) ヽ
  /          ヽ`ニニ'ノ  ノ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


read.cgi 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa