したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

(-[]3[]) Channelers のようです

1 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 05:42:45 ID:BMHeL29.0
__                           ____________________
__] Web page --- パスワード入力画面 [____________________

 僕の頭脳が勝っているか きみの勇気が正しいか 白黒はっきりつけよう
 正しい答えを入力することで道は開かれる
 きみたちの挑戦を待っている

┌‐‐┬‐‐┬‐‐┬‐‐┬‐‐┐
│  │  │  │  │  │  [ OK? ]
└‐‐┴‐‐┴‐‐┴‐‐┴‐‐┘

__________                     ________________
__________] Mail [ 1 ] --- 解読法? [________________

 『 どうだい、面白い趣向だろう。
  夜までの暇つぶしにはなると思うよ。
  せいぜい頭を悩ませてみることだね。 指定の場所で待っているよ。

  最後に一つ、可愛い君のために重大なヒントを

  寄付しよう。 お馬鹿な仲間に 苦労させられるね。 』

____________________                   _______
____________________] Mail [ 2 ] --- 暗号文 [_______

  3、里 ぜ か ね 名 ざ .社 .庁   1、し 廃 ろ. Q. 王 ち .ご .や
  4、あ る. ら ぷ び 町 ね ん    8、さ め り だ 欧 F ら .せ
  5、市 ー .き は ん 足 .こ う    7、め 出 お に .く へ. 山 県
  2、べ 海 ゑ 場 や 工 川 を   6、ず ま .ご 砂 .ら つ .京 ぶ

2 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 05:48:34 ID:BMHeL29.0
 





                                   ( 解答編 )

3 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 05:49:51 ID:BMHeL29.0
 
 メールの転送、及び文章の整形が終わった。
 PCのディスプレイには、パスワード入力ページとともに、
 二通のメールの文面が映し出されている。


( ´_ゝ`) 「よーし。 じゃー早速解いて行くか!」

(*゚ー゚) 「はい!」

从'。`リル 「どーやって?」


 腕まくりするオサムとしぃちゃんに、僕は当然の質問を浴びせた。


(;*゚ー゚)つ 「え、えーと……それを今から考えるんだよ!」

( ´_ゝ`)σ 「んっっっと空気の読めないやつだな!」

从 д リル (えええ〜〜〜……)


 助けを求めるように先生のほうへ視線を送ったものの、
 当の先生は、やれやれとでも言いたげに、肩をすくめるばかり。

 ……僕が突き放されたわけじゃなく、この状況に呆れているだけだと、そう信じたい。

.

4 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 05:51:12 ID:BMHeL29.0
 

                    http://boonsoldier.web.fc2.com/channel.htm
                 http://localboon.web.fc2.com/100/top.html

                                       纏 

          http://kurukurucool.blog85.fc2.com/blog-entry-497.html
    http://boonfestival.web.fc2.com/channelers/list.html

.

5 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 05:53:49 ID:BMHeL29.0
 
 送られてきたメールの内容をまとめると、次のようになる。


 ・ ギコがさらわれた。 犯人の要求はわからない。 目的も不明
 ・ 待ち合わせの指定時間は19時
 ・ 指定場所を知るためには、正しいパスワードをフォームに入力する必要がある
 ・ パスワードは五文字。 メール②の暗号文を解読することでわかる


 さらに、既に解読法へ到達したという弟者先生の話では、


 ・ 暗号文は並び替える必要がある
 ・ メール①には暗号解読のヒントが記されている?


 ……ということらしい。

.

6 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 05:54:33 ID:sFTpgk0EO
この早起きさんめwww
これは支援するしかない

7 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 05:55:21 ID:BMHeL29.0
 
( ´_ゝ`) 「てゆーかさ」
    ∂゙

 『 兄者 』 ことオサムが、ぽりぽり頬を掻き、言った。


( ´_ゝ`) 「重大なヒントってどこに書かれてるんだ? 見つからないぞ?」


 至極まっとうな指摘だ。
 そもそもメール①の末尾は、


 『 最後に一つ、可愛い君のために重大なヒントを

   寄付しよう。 お馬鹿な仲間に 苦労させられるね。 』


 という一文で締めくくられており、肝心のヒントらしきものが記されていない。


从'、`リル 「メールを印刷して、空白のとこをあぶり出しとか……」

(;*゚ー゚)ノシ 「そ、それはないよ、ないない」

(´<_` ;) 「私はどうやってそのヒントを読み取ったんだ」
.

8 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 05:55:58 ID:BMHeL29.0
 
 メール②には暗号文だけで、ヒントらしき文章は見当たらない。
 他に考えられるのは、ウェブページに書かれた

  >僕の頭脳が勝っているか きみの勇気が正しいか 白黒はっきりつけよう
  >正しい答えを入力することで道は開かれる
  >きみたちの挑戦を待っている

 この部分がヒントである可能性。
 もしくは……


(*゚ー゚) 「ここ……どうして、最後の一行だけ離れているんでしょう?」

从'。`リル 「それですけど」


 しぃちゃんの一言で、なんとなく確信する。


从゚、゚リル 「 “ 寄付しよう。お馬鹿な〜 ”っていう文自体が、
      暗号を解くヒントなんじゃない?」
.

9 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 05:57:40 ID:BMHeL29.0
 
 これだろう。
 他にヒントらしき箇所が見当たらない以上、


 >最後に一つ、可愛い君のために重大なヒントを

             ↑の一行と、

 >寄付しよう。 お馬鹿な仲間に 苦労させられるね。
 

 ↑の一行は、意味の繋がっていない、別の二文であると考えるほうが自然だ。


( ´_ゝ`)b 「いやー、おれも最初からそう思ってたんだよね!」
   ,_
从'、`リル 「嘘つけっ」

(*゚ー゚) 「“ 寄付しよう お馬鹿な仲間に 苦労させられるね ” ……ですか」


 文の締めくくりとしてはどことなく違和感がある。
.

10 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 05:58:25 ID:BMHeL29.0
 
( ´_ゝ`)゙ 「うーん。 しかし、これがヒントって言われてもなあ」


 オサムが低く唸る。
 果たしてこの一文は何を表しているのだろう。


(*゚ー゚) 「” 寄付 ” って言葉、おかしいですよね?
      ヒントを出すって意味を伝えたいのなら、“ 提示 ” とかでしょう。
      物をあげる意味でも、普通は ” 寄贈 ” とか” 贈呈 ” とか……」

( ´_ゝ`) 「” 寄付 ” だと、金銭の受け渡しになるな」

(*゚ο゚) 「金額とか、何かの数字が関係あるんでしょうか?」


 しぃちゃんの一言に、先生を除いた三人がいっせいに首をひねった。
.

11 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 05:59:27 ID:BMHeL29.0
 
从'。`リル (そういえば……)


 よく見ると、この暗号文、


  3、里 ぜ か ね 名 ざ .社 .庁   1、し 廃 ろ. Q. 王 ち .ご .や
  4、あ る. ら ぷ び 町 ね ん    8、さ め り だ 欧 F ら .せ
  5、市 ー .き は ん 足 .こ う    7、め 出 お に .く へ. 山 県
  2、べ 海 ゑ 場 や 工 川 を   6、ず ま .ご 砂 .ら つ .京 ぶ


 と、8文字ごとに数字で区切られている。
 各行に振られた1から8の数字と、寄付という言葉には何か関連があるのだろうか。

 暗号が並べ替え必須だというのなら、
 数字はその順序を表している、と考えるのが自然だ。

 しばらく全員が黙り込む。
 真っ先に集中力が切れたのは、案の定僕だった。


从'ヮ`リル 「キフっていや、こないだ飲んだ貴腐ワイン美味かったなー……」 ジュルリ


 甘く濃厚な味わいが脳裏に蘇る。
.

12 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:00:22 ID:BMHeL29.0
 
 うっかりこぼした呟きに、しぃちゃんが 『 えっ 』 という表情になった。


(;*゚ー゚) 「お、お酒飲むの? 高校生でしょ?」

从'д`;リル 「あ、い、いやそのっ」

(; ´_ゝ`) 「キフ違いだろ……って、ちょい待ち」


 オサムが、“ 寄付 ” の部分をドラッグし、変換キーを押す。


( ´_ゝ`) 「ひょっとして、寄付 → 棋譜?」

Σ(*゚O゚) 「あっ」

Σ从゚O゚リル 「そうか、将棋!」


 “ 棋譜しよう ” の意味するところは、つまり。
.

13 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:01:09 ID:BMHeL29.0
 
(*゚ワ゚) 「なるほど……この暗号を、将棋の盤面に “ 並び替えて ”」

从゚ー゚リル 「文字をマスに見立てて、
       何らかの “ 棋譜 ” に沿って読めばいいのか!」


 なんのことはない、わかってみればこんな単純な話だったんだ。


( ´_ゝ`)ノシ 「いやいや、違うだろ」

从'、`リル 「え?」


 ……と思った矢先に、オサムがそれを否定する。


( ´_ゝ`)σ 「この暗号は全部で64文字だぜ。
        最初の数字を含めても、64+8 で 72文字。
         将棋の盤面なら、81文字になるはずだろ?」

从'。`リル 「そうだっけ?」

(; ´_ゝ`) 「あるじゃんほら、81マスにダイブする漫画……」
.

14 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:04:21 ID:BMHeL29.0
 
 しぃちゃんが口元に指をあて、言った。


(*゚ο゚) 「64文字ってことは、9×9ではなく、8×8ってことですか?」

(´<_` ) 「そういうこと」


 小さく肯くは、白衣の男性。
 先生はテーブルの端に手を伸ばすと、ルービックキューブを拾い上げた。

 かしゃ、かしゃ、かしゃ。
 滑らかな手つきでそれをひねり、色を変えてゆく。
 真ん中を縦に180度、横に180度、真横に傾けて縦へ180度──。


( ´_ゝ`)(*゚ー゚) 从'。`リル 「!」


 □■□
 ■□■
 □■□


 するとキューブは、全面が鮮やかな市松模様になった。

15 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:05:43 ID:BMHeL29.0
 
●第二八話 『 チェッカー ・ キューブ ── VS. ????③ 』


 テーブルに、とん、と玩具が置かれる。
 六面それぞれにおいて、二色の正方形が互い違いのパターンを形成している。
 僕たちは顔を見合わせた。


从゚Ο゚リル 「……チェス、か」

( ´_ゝ`)b 「それだ!」


 第一段階クリアの、確かな手ごたえを感じた。


(*゚−゚) 「でも、チェスの棋譜ってどんな……?」
 σ

 しぃちゃんが首を傾げる。
 そう、確かに彼女の言う通りだ。

 棋譜に沿って読む……とはいったものの、
 チェスの棋譜とやらがどういったもので、具体的にどう暗号を読めばいいのか。
 それがわからないことには、話にならない。
.

16 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:09:48 ID:BMHeL29.0
 
( ´_ゝ`) 「ヒントの続きがポイントっしょ。
       “ お馬鹿な仲間に苦労させられるね ” って部分」
   ,_
从-、-リル 「何気にギコ……先輩を、ディスってますね。 この文面」

(;*゚ー゚) 「ギコくんは私の兄だから、“ 仲間 ”って表現は違うんじゃない?」

从'、`リル 「ん? じゃあお馬鹿な仲間っていったい……」


 ゙从゚ε゚リル ・・・

Σ从 д リル ハッ



  『 >内藤ドクオ、及び内藤ホライゾンという人物に限り、協力を仰いでもらっていい 』


  _, ,_
从゚皿゚;リル 「僕か! それ僕のことかー!」

(;*゚ー゚) 「ほえ?」

゙从'д`;リル 「あ、いえ別に……」
.

17 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:11:23 ID:BMHeL29.0
 
 ……どうしようもないやり取りの横で、オサムが呟く。


( ´_ゝ`) 「お馬鹿……」 ボソッ
   ,_
从゚、゚#リル 彡 「あん?」


( ´_ゝ`) 「バカ……阿呆、POOR……?」 ブツブツ
    ,_
゙从゚д゚;リル 「はぁあ?  な、なんだいきなりっ」


( ´_ゝ`) 「BAD? WRONG? それとも低能……?」 ブツブツブツ
    _, ,_
Σ从゚皿゚;リル 「失礼な!」


 なんかものすごい勢いでディスられている。
 くそっ、こいつに言われるとすげームカツク。
.

18 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:12:31 ID:BMHeL29.0
 
( ´_ゝ`) 「愚者……Fool?」

 .η_,  ,_ ..η
:::く从 皿#くくル :::: (こなくそおおおおおおおっ) グググ

Σ(  ゚_ゝ゚) 「あっ」


 思わずサイキック ・ モンゴリアンチョップ(今考えた)を浴びせようとしたところ、


(* ´_ゝ`)b 「【 フールズ・メイト 】!」


 オサムはぱちんと手を叩き、叫んだ。


(*゚ー゚) 「「 ? 」」 η从゚、゚リルη

ε- (´<_` ) 「……やっと気づいたか」


 先生が頷いている……ということは、どうやら合っているらしい。
 単語の意味はよくわからないけど。
.

19 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:13:26 ID:BMHeL29.0
 
η从'。`リルη 「何それ?」

( ´_ゝ`) 「チェスの用語で、有名な ” チェックメイト ” のパターンだよ。
       すなわち ” 詰みの形 ” だな。
       あとお前いま何しようとしてた」

η从゚、゚リルη 「詰みって、つまり……」

(*゚ー゚) 「要はチェスの勝敗が決まった状態ですよね?」

( ´_ゝ`)b 「そそ」


 誇らしげに指を立てるオサム。
 その横から先生が、キューブを戻しつつ補足する。


(´<_` ) 「“ フールズ・メイト ” 。
      最短2手で勝負のつく、初心者が陥る可能性のあるチェック・メイト。
      チェスにおける、最も短い詰みの手順として有名だ」

(;*゚ー゚)そ 「2手!? 二回動かすだけで勝っちゃうってことですよね!?」


 しぃちゃんが素っ頓狂な声をあげた。
.

20 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:15:06 ID:BMHeL29.0
 
从゚д゚;リル 「そんなのって……あんの?」

( ´_ゝ`) 「あるんだなそれが!
       ……もちろん、相手が示し合わせたようにおバカ手順を踏まない限り、
       まず実戦では起こり得ないけどね」

从゚o ゚リル 「なるほど。 仲間=メイトって意味で」

(*゚ー゚) 「“ おバカな仲間 ” = フールズ・メイトのことを指していたんですね!」


 最短でゲームを終わらせる手順、か。
 僕たちが納得する様子を見て、オサムは嬉しそうに声を張り上げた。


(* ´_ゝ`)b 「つまり!
         この暗号を、フールズ・メイトの棋譜に沿って読めばいいんだよ」

(´<_` ) 「……」

(*゚ー゚) 「さっそく並べ替えましょう!」


 まかせとけ!とばかり、
 オサムは表示されたテキストを手際よくコピー&ペーストした。
.

21 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:16:06 ID:BMHeL29.0
 
3、里ぜかね名ざ社庁  1、し廃ろQ王ちごや
4、あるらぷび町ねん   8、さめりだ欧Fらせ
5、市ーきはん足こう   7、め出おにくへ山県
2、べ海ゑ場や工川を  6、ずまご砂らつ京ぶ


   ↓   ↓   ↓


8、さ め り だ 欧 F ら .せ
7、め 出 お に .く へ. 山 県
6、ず ま .ご 砂 .ら つ .京 ぶ
5、市 ー .き は ん 足 .こ う
4、あ る. ら ぷ び 町 ね ん
3、里 ぜ か ね 名 ざ .社 .庁
2、べ 海 ゑ 場 や 工 川 を
1、し 廃 ろ. Q. 王 ち .ご .や
.

22 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:16:30 ID:BMHeL29.0
 
 並び替えるついでに、列の左から順に、 a 〜 h のアルファベットを振る。
 すると……。

                  a  b c d  e f  g  h
  a b c d e f g h
8 □■□■□■□■   8、さ め り だ 欧 F ら .せ
7 ■□■□■□■□   7、め 出 お に .く へ. 山 県
6 □■□■□■□■   6、ず ま .ご 砂 .ら つ .京 ぶ
5 ■□■□■□■□   5、市 ー .き は ん 足 .こ う
4 □■□■□■□■   4、あ る. ら ぷ び 町 ね ん
3 ■□■□■□■□   3、里 ぜ か ね 名 ざ .社 .庁
2 □■□■□■□■   2、べ 海 ゑ 場 や 工 川 を
1 ■□■.Q.王□■□   1、し 廃 ろ. Q. 王 ち .ご .や


从゚ヮ゚リル 「本当だ! チェスの盤面と同じ数!」

( ´_ゝ`) 「棋譜を示さないといけないので、
       振られた数字に沿って、降順に並べるんだな」

(*゚ー゚)っ 「じゃあ、フールズ・メイトの棋譜に当てはめてみましょう!」

( ☆_ゝ★) 「なんか目がチカチカするから、次のレスからにしようぜ」

(;*゚ー゚)っ 「あ、はい」
.

23 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:21:26 ID:BMHeL29.0
 
 表示された暗号文をなぞりながら、僕は言った。


从'。`リル 「駒が動く手順どおりに読んで行けばいいんだな。 まずは……?」

( ´_ゝ`) 「いや、駒の軌跡を一歩一歩辿っていく必要はないぜ。
       ” 棋譜に沿って読む ” のなら、もっと短くて済む」

(´<_` ) 「基本的には、駒の頭文字1文字と、駒が動いた後のマスだけを記す。
       さらにポーン(歩兵)の動きについては、頭文字(P)も省くことができる」


 先生と交互に解説したあと、オサムは検索サイトに接続し、キーを叩く。


( ´_ゝ`) 「フールズ・メイトの棋譜は……と」 カタカタ
 つ【+  】

d(´<_` ) 「ああ、それなんだけどな。 その後の」

( ´_ゝ`)ノ゙ 「わかったぞ! 1.f3, e5 2.g4??, Qh4# だ!」
 つ【+  】

d(´<_` ;) 「……」


 何か言いかけた先生の横で、オサムが記号の羅列を示した。
.

24 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:22:08 ID:BMHeL29.0
 
(*゚ー゚) 「つまり、f3・e5・g4・h4のマスにある文字を、順に読めばいいんですね!」

从'ヮ`リル 「よーし!」


 僕たちは、その棋譜に対応する暗号文の文字を拾っていった。


  a  b c d  e f  g  h

8、さ め り だ 欧 F ら .せ
7、め 出 お に .く へ. 山 県
6、ず ま .ご 砂 .ら つ .京 ぶ
5、市 ー .き は ん 足 .こ う
4、あ る. ら ぷ び 町 ね ん
3、里 ぜ か ね 名 ざ .社 .庁
2、べ 海 ゑ 場 や 工 川 を
1、し 廃 ろ. Q. 王 ち .ご .や
.

25 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:22:39 ID:BMHeL29.0
 
  a  b c d  e f  g  h

8、
7、
6、
5、        ん
4、            ね ん
3、          ざ
2、
1、


(*゚ー゚) 「……ざ、ん、ね、ん」


( ´_ゝ`)(*゚ー゚) 「「「 …… 」」」 从'。`リル

   ,_
从゚皿゚リル 「ふざけんじゃねーッ!!」

(; ´_ゝ`)゙ 「そんなハズは……いや、案外これがパスワードなのか」


 ……何もかも犯人の掌の上ってことだろうか。
 完全におちょくられている。
.

26 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:23:26 ID:sFTpgk0EO
なん…だと…

27 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:24:23 ID:BMHeL29.0
 
 頭を抱える僕たちの横で、しぃちゃんがぼそりと呟いた。


(*゚−゚) 「よくよく考えたら、パスワードは5文字じゃあ……」
 σ

 ああ、確かに。
 しかし、ミスリードにしては少々手が込みすぎな気がする。

 『 ざんねん 』
 わざわざ意味の通る一文を仕込んだってことは、
 犯人はあらかじめ、この解き方(フールズ・メイト)を想定していたということだ。

 つまり、考え方の方向性としては合ってるんじゃないだろうか?
 振り出しに戻ったわけではない……と、信じたいところだが。
.

28 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:26:05 ID:BMHeL29.0
 
( ´_ゝ`) 「弟者……」

(´<_` ) 「なんだ?」

( ´_ゝ`)つ○ 「ここに100円ある。
          ショート缶のジュースが一本、
          たまらん棒(駄菓子)なら9本も手に入る」

(´<_` ) 「……何が言いたい」

(* ´_ゝ`) 「ヒントちょーだい☆」
   人゙

Σ(´<_` ;) 「安っ! というか結局私が解くのか……」


 オサムは百円玉を指で弾き上げ、もったいぶった動きでそれをキャッチする。
 このわざとらしい仕草がたまらなくウザい。


( ´_ゝ`)b 「誤解すんな!  暗号はちゃんと自力で解くぞ!
        ほんのちょっぴりピンポイントなヒントを求めているだけだ!」

(´<_` ;) 「……あのなあ」
.

29 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:27:38 ID:BMHeL29.0
 
 眉根を寄せる先生の周りで、僕らも手をすり合わせた。


从゚ロ゚;リル 「お願いします。 ヒントでいいんです、ヒントで」
 人゙

(;*゚−゚) 「この通りです……どうか助けてください」
   人゙


(# ´_ゝ`) 「こんなに可愛い女のコ達が必死に頼み込んでんだぞ!?
       お前はそれでも血の通った人間か!」

Σ(´<_` ;) 「いや誰も教えないなんて言ってないから!
        そもそも口を出すなって言ったのは兄者で……!」


从>、<;リル 「先生だけが頼りです! 正直オサムじゃぜんぜん役に立ちません!」

( ´_ゝ`) 「前言撤回。 可愛い娘と腐れメイド約一名」

(´<_` ;) 「……まったく……」


 これまでで一番長い溜め息のあと、先生はPCに視線を落とした。
.

30 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:28:56 ID:BMHeL29.0
 
(´<_` ) 「チェスは二人で交互に駒を動かすゲームだ。
       そして先手と後手は、白と黒で表すだろ」


 それから、表示されているヒントの最後、
 “ 苦労 ” という文字をマウスでドラッグし、変換キーを押した。


(´<_` ) 「簡単なことだよ。 ほら」


『 きふしよう。 おばかななかまに くろうさせられるね。 』

  ↓          ↓       ↓

 棋譜      フールズ・メイト    黒 


(´<_` ) 「 ” くろうさせられる ” ……つまり。 黒、させられる」

Σ(; ´_ゝ`) 「あああああ!
        黒(後手)が詰まれるフールズ・メイトを再現しなければいけないのか!」

(*゚ー゚) 「「?」」 从'。`リル


 先生の言葉に、オサムは驚愕の叫びをあげた。
 話がよく見えないが、フールズ・メイトには別の棋譜もあるってことだろうか。
.

31 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:30:27 ID:BMHeL29.0
 
从'。`リル 「さっきのは白詰まれバージョンだったってこと?」

( ´_ゝ`)b 「そそっ。 対局が最短で終わる手順なので、
        フールズ・メイトを例示するときは、白が負けるほうを指すことが多いんだけどな」

(´<_` ) 「黒が負けるパターンとして、ほぼ同じ手順のフールズ・メイトが存在する。
       ただしこちらは、2手ではなく3手かかる」
   ,_
从'、`リル 「手の込んだ真似を……」

(; ´_ゝ`) 「うわオヤジギャグ?  うぜー」

Σ从゚ロ゚*;リル 「そ、そういう意味で言ったんじゃなッ」


 僕らのやり取りをあえて無視するかのように、先生は淡々と続けた。


(´<_` ) 「黒負けのフールズ・メイトは、1.e4 f6?  2.d4 g5??  3.Qh5# だ」

( ´_ゝ`) 「3手詰めの中に、白、黒、白、黒、白と、五回の手順」

(*゚ー゚) 「つまり、5文字!」


 しぃちゃんが熱気のこもった声をあげる。
.

32 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:32:52 ID:BMHeL29.0
 
(´<_` ) 「そうだよ。
       白負けのフールズ・メイト手順は、白黒合わせて計4回しか動かない。
       なので端から間違いだったってわけ」

(#´_ゝ`) 「わかってたんなら教えろバカ!」

(´<_` ;) (えええ〜〜〜〜〜ー……)


 ……僕たちは改めて、棋譜どおりの文字を拾っていった。


  a  b c d  e f  g  h

8、さ め り だ 欧 F ら .せ
7、め 出 お に .く へ. 山 県
6、ず ま .ご 砂 .ら つ .京 ぶ
5、市 ー .き は ん 足 .こ う
4、あ る. ら ぷ び 町 ね ん
3、里 ぜ か ね 名 ざ .社 .庁
2、べ 海 ゑ 場 や 工 川 を
1、し 廃 ろ. Q. 王 ち .ご .や
.

33 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:33:45 ID:BMHeL29.0
 
  a  b c d  e f  g  h

8、
7、
6、          つ
5、            .こ う
4、      .ぷ び
3、
2、
1、


(*゚ο゚) 「 び ・ つ ・ ぷ ・ こ ・ う 」

(´<_` ) 「──VIP港、か」

从゚ロ゚;リル 「そ、そこにギコ……せんぱいが、いるってこと?」

( ´_ゝ`) 「まー待てって。  まずはパスワードを入力してからだ」


 オサムはそう言ってキーボードに手をかける。
 皆が固唾を飲んで見守る中、エンターキーを弾くカタンという音が響き。

 数秒のラグのあと、ページが切り替わった。
.

34 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:35:52 ID:BMHeL29.0
 






        『 VIP港○○埠頭 △△株式会社VIP営業所所有 ・ 第三倉庫 』






.

35 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:36:59 ID:BMHeL29.0
 
===
==



 日暮れ時の診療所、待合室にて。
 一人残る流石イサムは、姉の番号の表示された携帯を、ぱちんと閉じた。


(´<_` ) (……犯人の目的はわからない、しかし……)


 イサムはふたたびキューブを回し、赤と白の市松模様をつくりだした。
 チェスから連想されるのは、鏡の国のアリス。

 ──アリス殺人。


(´<_` ;) (……例の事件と関わりがなければいいが……)


 ギコとしぃの両親が、何者かに殺害されたことを、イサムは知っている。

 例え猟奇事件と関係がなかろうと、
 わざわざ高校生の男子を拉致し、脅迫メールまで送りつけてくる相手だ。
 危険なことには変わりがない。
.

36 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:38:32 ID:BMHeL29.0
 
(;*゚−゚) 『 お願いです先生、どうか警察には── 』


 脳裏に、しぃの懇願する顔が浮かんだ。

 世の中には、人一人の力ではどうにも抗いようのない
 『 不運 』 という名の魔物が息を潜めていて。
 それは突然に襲い来るものだと、彼は理解している。


( <_  ) 「────」


 だからこそ。
 心配なんだ。

 イサムは口惜しげに携帯を睨みつける。
 彼の兄──オサムも、そのことは充分わかっているはずなのに。


「 ───ミサキ─── 」


 吐き捨てるように呟くと、テレビの電源を落とし、イサムは席を立った。
.

37 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:40:01 ID:BMHeL29.0
 

==
===


('A`) 「──田中ポセイドン?」


 VIP港へと向かうバスの中。
 ドクオの姿に戻った俺は、横に座るしぃちゃんに聞き返した。


(*゚−゚) 「はい。 おそらくは」


 彼女が告げたのは、ギコを拉致した犯人と思しき者の、フルネーム。
 診療所では 『 知らない 』 の一点張りだったしぃちゃんだが、
 やはり思い当たる節があったらしい。

 よほどこの話を先生に聞かれたくなかったのか。
 それはひとえに、刑事である姉者(アカネ)さんの存在が大きいのだと思う。

38 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:45:28 ID:BMHeL29.0
 
(;'A`) (だからといって、隠しだてしたところで、なあ……)


 素直にアカネさんへ協力を仰いだほうが絶対いいと思うのだが。
 しぃちゃん兄妹は、何故にそこまで警察を避けるんだろう。

 ……まあ、ドクミの姿で聞いたことを知らぬ存ぜぬで通し、
 今こうして 『 初めて聞いた 』 的演出に頭を悩ませている俺も、
 ある意味彼女とおあいこなんだけど。


('A`) 「……それさ」


 あの暗号騒ぎのあと。
 俺は診療所を出ると、ドクオとしてしぃちゃんにメールを返信し──そのまま帰宅。
 酒の力で無理やり仮眠を取ることで、ようやくこの姿に戻れた。

 というか、そう!
 ドクミの姿で酒を飲んだのは初めてだったのだけど、
 女の子の状態だと、てんでアルコールに弱くなっていて、
 コップ一杯もあけないうちにふらふらのバタンキューで……。

 ……とまあ、色々あった末に、今こうしてしぃちゃんと電車に揺られている次第だ。
 ドクミのカラダは見た目どおり、十代くらいの肉体年齢なのかも知れない。
 今後はアルコールは控えよう。  うん。
.

39 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:46:49 ID:BMHeL29.0
 
('A`) 「良かったら、詳しく聞かせてもらえるかな?」


 未だ残る頭痛を悟られないよう、平静を装いつつ、俺はしぃちゃんに問うた。


(*゚−゚) 「はい……そのぅ……」


 しぃちゃんの声がか細く、消え入りそうになる。

 かと思うと、彼女は心持ち俺のほうへ体を寄せてきた。
 俺の二の腕に彼女の肩、それから腿同士がくっつく。
 布地を通してほのかに柔らかさが伝わる。

 ああ、あまり周りに聞かれたくない話なんだな。

 ……と理解する前に、心臓が大きく跳ね上がったのを、俺は必死で取り繕う必要があった。
 彼女の接近、というか接触は、あまりに不意打ちすぎたから。


(*´−`) 「わたし達がいけないんです。 ごめんなさい。
      お二人を巻き込んじゃって、本当に」


 謝罪を前置きとして、彼女はとつとつと語りだした。


 〜 〜 〜
.

40 >38訂正 :2011/05/03(火) 06:48:39 ID:BMHeL29.0
 
(;'A`) (だからといって、隠しだてしたところで、なあ……)


 素直にアカネさんへ協力を仰いだほうが絶対いいと思うのだが。
 しぃちゃん兄妹は、何故にそこまで警察を避けるんだろう。

 ……まあ、ドクミの姿で聞いたことを知らぬ存ぜぬで通し、
 今こうして 『 初めて聞いた 』 的演出に頭を悩ませている俺も、
 ある意味彼女とおあいこなんだけど。


('A`) 「……それさ」


 あの暗号騒ぎのあと。
 俺は診療所を出ると、ドクオとしてしぃちゃんにメールを返信し──そのまま帰宅。
 酒の力で無理やり仮眠を取ることで、ようやくこの姿に戻れた。

 というか、そう!
 ドクミの姿で酒を飲んだのは初めてだったのだけど、
 女の子の状態だと、てんでアルコールに弱くなっていて、
 コップ一杯もあけないうちにふらふらのバタンキューで……。

 ……とまあ、色々あった末に、今こうしてしぃちゃんとバスに揺られている次第だ。
 ドクミのカラダは見た目どおり、十代くらいの肉体年齢なのかも知れない。
 今後はアルコールは控えよう。  うん。
.

41 >39の続き :2011/05/03(火) 06:49:40 ID:BMHeL29.0
 
 中学二年のとき、両親を失ってからのことです。

 わたしとギコ君は、事件について、とにかく手がかりを欲していました。
 両親の知り合いを訪ねたり、お父さんの職場にも行ってみたんですけど、
 目ぼしい情報は何も……というより、門前払いに近い状態でした。


(*;−;) 『 ギコくん、間違ってるの、わたし達のほうなのかな……? 』

(,, Д ) 『 諦めるな!  ──見ただろ?
      オレらはこの目で、とーちゃん達の……死んでるトコを 』


 そもそも警察は、たちの悪い物盗りの犯行として、
 早々にあの事件に決着をつけてしまったんです。
 ただの強盗なんかじゃない、っていうわたし達の主張に、誰も耳を貸してくれなかった。


(*∩−;) 『 でも……どうしたらいいの? 』

(,,:::Д::) 『 考えよう。 二人で。
      オレ達のチカラはきっと、
      とーちゃん達のカタキを討つため、そのために生まれたんだ 』
.

42 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:51:18 ID:BMHeL29.0
 
 そうして思いついたのは、インターネットのサイトを通じて、
 チャネラー達と会い、情報を集めることでした。

 憶えていますか? ドクオさん達と出会った夜のこと。
 チャネラーの素質があった内藤くんを、ギコくんが見つけて。
 それからわたしが内藤くんにメールを送ったわけですけど、ちょうどあんな感じです。

 前も言ったとおり、両親を襲った犯人は、チャネラーだという確信があったんです。
 とにかくたくさんの超能力者に会ってゆけば、
 どこかで殺人犯のチャネラーにたどり着けるんじゃないかと考えていました。


 ……はい。  考えが甘かったと、今ではそう思います。
 会えた人のほとんどはハズレで、情報なんて何も得られませんでした。

 それでもわたしとギコくんは、チャネラーとの接触をやめませんでした。
 正確には、チャネラーの存在を知る人たち、ですけど。

 それは、別の親戚に引き取られ、離れ離れになったわたしとギコくんが、
 一緒になって行動できる、唯一の機会でもあったから。

 もちろん、叔父さんたちにも、流石先生にも絶対に内緒です。
.

43 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:53:08 ID:BMHeL29.0
 
 そういったことを何回か繰り返したあとです。
 今から一年半くらい前──いや、もっと後、だったかな?

 詳しくは思い出せないんですけど、
 VIP学園に入学してからだったのは、間違いないと思います。


(,,゚Д゚) 『 それじゃオレは、先にこの辺りをチェックしてくるから 』

(*゚ー゚) 『 うんっ 』


 その日、わたし達はどこかの公園で、相手と会う段取りをつけていました。
 はい、そうです。
 ドクオさんと会ったときのように、
 チャネラー達とは、基本的に夜に会っていました。


::(*゚−゚):: (上にもう一枚着てくるべきだったなぁ。 まだまだ夜は冷え込むや)
.

44 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:54:26 ID:BMHeL29.0
 
(:::::::::::)

::(*´−`) ::


(-[]3[])

(*゚−゚) 『 ! 』


 ギコくんが離れて間もなくのことでした。
 ベンチで待つわたしの前に、彼が現れたんです。


(*゚ー゚) 『 あ、あなたが “ 海王 ” さんですか? 』

(-[]3[]) 『 ……いい 』

(;*゚ー゚) 『 ほえ? 』

(-[]3[]) 『 なんでもないよ。  君が “ サイアミーズ ” か。
       ……名前は? 』

(*゚ー゚) 『 は、はい。  猫塚しぃっていいます 』
.

45 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:55:53 ID:BMHeL29.0
 
(-[]3[]) 『 僕は田中ポセイドンだ。
       じゃあ、まずは用件を聞こうか 』


 ポセイドンと名乗った彼は、当時中学二年生。 わたし達よりふたつ年下でした。
 たぶん今は三年生になってるんじゃないかと思います。

 ……そんな顔しないでくださいよぅ。
 彼がギコくんをさらった犯人と決まったわけじゃないですけど、
 そうであっても不思議じゃないんですよ。

 ポセイドンくんは、中学生と思えないくらいに頭が良い人だったんです。
 それにその、ええと……色々と大人びてて。


 と、とにかく。

 わたしは彼に呼び出した理由を簡単に伝え、
 “ ある奇妙な能力 ” を持つチャネラーへの心当たりがないか、
 聞いてみることにしました。

 『 箱 』 ですか?  いえ、見せてなかったと思います。
 あれはわたしじゃなく、ギコくんがいつも持ってるので……。
.

46 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 06:58:47 ID:BMHeL29.0
 
(-[]3[]) 『 話はだいたいわかった 』


 すごく失礼なんですけど、わたしも最初ポセイドン君を見たとき、
 ああ、今回もダメかなぁ……と思ってしまいました。
 や、やっぱりその、わたし達より年下ですし……。
 掲示板のやり取りでは、知的な大人の方に見えたんですけどね。

 ところが、です。
 半ば諦めていたわたしに、彼が投げかけたのは、思いがけない一言でした。


(-[]3[]) 『 そういった情報なら、じきに君に渡せることだろう 』

(*゚ー゚) そ 『 ええ!? ほ、本当ですか!? 』

(-[]3[]) 『 もちろんだとも。
       知っての通り、超能力者に関しては、僕はあの掲示板の誰より詳しい。
       それは僕が、他にはない独自の情報ルートを持っているからだ 』

(*゚ο゚) 『 ルート……ですか? 』

(-[]3[]) 『 そうさ。 BAROSグループって聞いたことはあるだろう? 』


 ポセイドンくんが言うには、彼はとある企業の御曹司なのだそうです。
 当時のわたしはぜんぜん知らなかったんですけど、
 大手の電気機器メーカーを中核とする企業グループの、いち子会社、とのことでした。
.

47 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:00:02 ID:BMHeL29.0
 
 バカですよね……わたし。
 これといった情報をもらったわけでもないのに、
 ポセイドンくんの素性を聞いた途端、彼がすごく信頼できる人に思えてきて。


(-[]3[]) 『 他ならぬ “ サイアミーズ ” の頼みだ。
       僕で良ければ、出来る限り協力しよう 』

(*゚ワ゚) 『 あ、ありがとうございます! 』

(-[]3[])ノ 『 よし。 じゃあ…… 』


 そう言って彼は、ぶ厚いメガネを光らせながら、こちらに手を差し出しました。


(-[]3[])ノ 『 そろそろ行こうか 』

(*^ー^)っ 『 はい! 』

(;*゚ー゚)゙っ 『 ……って、えっ? 』


 わたしが手を握り返した直後です。
 黒い服を着た人たちが、二人。
 ポセイドンくんの後ろのほうから現れたんです。
.

48 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:01:13 ID:BMHeL29.0
 
 わたしの右手を掴んだまま、彼は言いました。


(-[]3[]) 『 心配しないでくれ。 彼らは僕のボディーガードさ。
       世の中何かと物騒だしね。
       こんな夜中に得体の知れない相手と会うんだ。
       用心するに越したことはないだろ? 』

(;*゚ー゚) 『 得体の……そ、そうですよね。 ごめんなさい 』

(-[]3[]) 『 気にしなくていい。
       君みたいな美少女なら大歓迎だよ、猫塚さん 』

(*/−/) 『 えっ……いえ、そんな 』

(-[]3[]) 『 ……とにかく。 ここは少々寒い 』


 それから彼は、わたしの手をぐい、と引き、


(-[]3[]) 『 駐車場に僕の車がある。  さ、行こう 』

(;*゚ー゚)ノシ 『 ほえ!? そ、それはちょっと…… 』


 そう告げたんです。
 お断りしようとしたんですけど、手、離してくれなくて。
.

49 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:04:16 ID:BMHeL29.0
 
(-[]3[]) 『 心配する必要はない。
       君の言う超能力者については、僕の部下に探らせてみよう。
       だがその為には、御両親のことも含め、
       君にもっと詳しい事情を聞かないとならないよね 』

(il*゚−゚)ノ 『 あの、ええと……? 』

(-[]3[]) 『 あとはゆっくり、僕のマンションで語り合おうじゃないか。
       ……しぃちゃん? 』

(;*゚−゚)ノ 『 ! 』


 そうしているうち、黒服の二人が、あっという間に両脇に回って。
 拒否する暇もなく、わたし、腕を掴まれちゃって──。


 〜 〜 〜
.

50 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:11:03 ID:BMHeL29.0
 
(;'A`) 「──それから?」


 唾を飲み、話の続きをうながす。
 小刻みに振動する最後部座席で、しぃちゃんの声は段々とか細くなっていた。


(*/ o/) 「そ、そのぅ……」


 しぃちゃんは言いよどみながら、もじもじと下を向き、顔を赤らめる。
 くっついた肩と仕草から、彼女が身を固くするのが感じられた。


(; A ) (────!)


 まさか。
 ポセイドンに捕まったしぃちゃんは、そ、そのまま────!
.

51 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:14:16 ID:sFTpgk0EO
おいやめろ

52 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:17:00 ID:BMHeL29.0
 
(*/ -/) 「あぅ……」


(;'A`) ドキドキ


(*/ο/) 「えと……その……」


(;'A`) ハァハァ


:::(*/ -/):::





(*///) 「……投げ飛ばしちゃいました。 三人とも」


( 'A`)


('A`) 「やっぱし」


 予想通り。
.

53 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:19:08 ID:sFTpgk0EO
つよすwwwwww

54 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:20:19 ID:BMHeL29.0
 
(;*- 。-) 「間もなくギコくんが戻ってきたので、そのまま二人で帰りました。
      もちろんそれからはぜんぜん会ってないです……」


 後日電話がかかってきたけれど、無視しました。
 そう彼女は続けた。


(;'A`) 「なるほどなあ……」


 相手はどっかのボンボンか。  しかも中学生。
 とはいえ、力づくで女の子を拉致しようとした輩だ。
 当時の出来事を恨みに思っていて、
 このたび復讐の強硬手段に出たのだと言われても、一応納得できる。


('A`) 「うん、よくわかったよ」


 そして、彼女たち兄妹が、警察を毛嫌いする理由も。
.

55 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:21:06 ID:BMHeL29.0
 
(*ー .ー) 「はい……」


 話し終えたしぃちゃんは、細い溜め息を漏らし、下を向いた。

 うつむく彼女の横顔は、窓より射す茜に彩られ。
 あどけなさと可憐さが溶けこんだ、涼やかなる透明感。

 ──状況的に少々不適切かも知れないが、
 憂いの表情もまた、整いすぎるほどに整っている。


 滑らかな曲線上に添えられた可愛らしい小鼻。
 けして厚くはないものの、ぷるんと柔らかそうな薄桃色の下唇。
 白雪の肌はオレンジに染められ、輪郭から輝いて見える。

 まるで妖精のように、全てが高い次元で調和の取れた彼女の容姿は、
 奇跡の産物と呼んでも、さして大袈裟に感じない。
.

56 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:22:43 ID:BMHeL29.0
 
(*゚ .゚)゙


 そのうち。
 長い睫毛に縁取られた瞳が、まばたきとともに、ふいにこちらへ向けられて。


(*゚ー゚) 「どうしました?」

(;'A`) そ 「え? あ、いや……」


 優しげに鳴る甘く澄んだ声。
 思わずどきりとしてしまう。


(;'A`) (こんな娘が、夜中に 『 会おう 』 なんて言ってくるんだ。
     相手が勘違いするのも、まあ仕方ないかもな……)


 ちょっとだけ納得してしまった。
 ……いやいや、だからといって無理やり……というのは、人道に反した行為だ。
 いくらなんでも許されることじゃあない。
.

57 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:23:37 ID:BMHeL29.0
 
('A`) 「正直さ」

(*゚ο゚) 「はい」


 俺は率直な感想を告げた。


(;'A`) 「子供二人で夜中に出歩いて、
     知らない他人に会おうとするなんて、無用心すぎると思うよ」

(;*゚−゚) 「あぅ……こ、子供って」

('A`) 「最初に会ったとき、なーんか手馴れてると思ったけど。
    やっぱり一度や二度じゃなかったんだ、こーゆーこと」

(;*゚ー゚)ノシ 「さ、最近はやってないですよ? 本当ですよ?」

('A`) 「気持ちはわかるけどさ。
    もっと人気のある場所とか、
    そうでなくとも、明るい時間帯に待ち合わせることも出来たわけで」

(*´−`) 「は、はい……」

('A` )彡 「な、お前もそう思うだろ」


 そのまま俺は、しゅんとしたしぃちゃんの反対側に問いかけた。
.

58 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:25:40 ID:BMHeL29.0
 
(; ^ω^) 「な、じゃないお!
       退院早々こんな展開、聞いてないお……」


 返答に続き、ぶふぅ、と湿っぽい息が漏れる。
 そちらに座る肉まんじゅうは、汗をふきふき俺の目を睨んだ。


(;*゚−゚) 「本当にごめんね……またこんなコトに巻き込んじゃって」

(; ^ω^)ゞ 「え?  あ、いや、それは別にいいんだけどお……」

(*゚ー゚) 「そう言えば内藤くん、その顔どうしたの?」

ヾ(^ω^=;)彡 「き、気のせいだお。 ちょっと蚊に刺されただけだお」


 脅迫メールの指示どおりに引っ張って来た我が弟。
 必死に手を振るこいつの左ほっぺには、巨大な赤いあとがついている。


(*^ー^) 「そうなんだ。 キスマークかと思っちゃった」

Σ(^ω^=;)ノノ 「うぇっ!?  ぜ、ぜんぜんそういうんじゃなおぼ@☆*!?」


 ブーンはぎくりと尻を浮かす。
 座席がシートごと揺れた。
.

59 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:27:30 ID:BMHeL29.0
 
ミ(; -ω-) =3 フゥ


 ちなみに、これはまったくぜんっぜん関係ない話だが──。

 コップ半分の日本酒でべろんべろんに酔った俺(ドクミ)は、
 寝る直前、相当な勢いでブーンに絡んだらしい。


( '3`) 〜♪
  _, ,_
(; ^ω^) ・・・


 もちろん俺にはそんな記憶まったくない。
 女物の服のまま部屋から出た俺が見たのは、
 ブーンがぷんぷん怒りながらリビングを片付けるシーンだけ。

 世の中にはきっと、思い出さないほうが幸せなこともあるだろう。  多分。
.

60 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:29:16 ID:BMHeL29.0
 
( ^ω^) 「それにしても、相手は何が目的なんだろうお?」


 ブーンはそう言って首をひねった。


( ^ω^) 「身代金の要求はされてないのかお?」

(*゚ー゚) 「うん。  それに、相手が本当にポセイドンくんだとしたら、
     お金に困っての犯行とは思わないけど……」


 しぃちゃんの話し振りからすると、逆恨みによる報復行為だと考えるほうが自然だ。
 それにしたって、もう一年以上も経っているんだろう。
 なぜ今更なんだ?


('A`) 「田中ポセイドンだっけ。
    そいつの素性は確かなの? 名刺とかもらった?」

(;*゚ー゚) 「流石にそれは……中学生ですもん。
      ああ、でもですね……」


 公園に現れた彼の服装は、某名門私立中学の制服だとのちに判明。
 教えられた会社名も、実在するBAROSグループ傘下の企業に間違いなかったとのこと。
.

61 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:31:51 ID:BMHeL29.0
 
 こんな事件が世間に知れようものなら、間違いなく大問題だろう。
 それこそ警察に……という言葉をぐっと飲み込む。

 _,
( 'A`) 「う〜〜〜〜〜〜〜〜〜む……」
  ∽

 俺は腕組みして考えた。


 兄のギコをさらって、妹のしぃちゃんに脅迫メール。

 普通は逆だろう。
 華奢で可憐な美少女と、目つきの鋭いやんちゃ坊主。
 どっちかを拉致しようという場合、どこの世界に悪ガキのほうを狙う奴がいる。

 第一、ギコはみすみす捕まるようなタマじゃない。
 特に別人格である “ タカラ ” の戦闘能力は、一般人のそれと一線を画している。
 ノーミソはお子ちゃまソノモノだけどナ! とはつーの弁であるが。
 (『 お前もな 』 の言葉が喉元まで出かかったのは言うまでもない)
.

62 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:33:15 ID:BMHeL29.0
 
(*゚ー゚)っ゙ 「あ、次ですね。 降りる停留所」 ピポーン
 _,
( 'A`) 「……………」
  ∽

( ^ω^) 「なに神妙な顔してるんだお? 気持ち悪いお」


 つまり──。
 相手はチャネラーの可能性がある。

 おそらく知っているんだろう。
 小柄な外見からは想像もつかない、しぃちゃんの豪腕っぷりを。
 見えざるを見、聞こえざるを聴けるギコのほうが、呼び出す際により厄介であることを。


( 'A`) 「……………」
  ∽

 相手は金銭目的ではない。
 そして、兄妹の素性を知っている。
 少なくとも、彼らの持つ超能力くらいは調べ上げている──?

 となると、やはりしぃちゃんの言う通り、
 田中ポセイドンという中学生の仕業だと考えていいのだろうか。
.

63 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:35:28 ID:BMHeL29.0
 
(*゚ο゚) 「内藤くん汗かいてるけど大丈夫? 緊張してるの?」

(; ^ω^)ゞ 「いや単純にあっついだけだお。 ここ暖房効き過ぎじゃないかお?」

(;*゚ー゚) 「そ、そっかぁ。 わたしはそうでもないかも……」

('A` ) 「……………」
  ∽

 楽観視しているわけではないが、
 誘拐犯の正体が謎のヴェールに包まれていたさっきまでと比べて、
 緊迫感が多少薄れていることもまた事実だ。
.

64 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:40:38 ID:BMHeL29.0
 
( 'A゚)゙ 「────!?」 
  ∽

 ──が。
 ふいに恐ろしい想像が頭をかすめた。


 仮に、仮にだ。
 自分が誰かを殺したとする。
 しかし、殺した目的が未だ達成されていないとしたら。

 そしてその後、被害者の子供たちが、自分のことを嗅ぎ回っていると知ったら。
 殺害の動機である “ 箱 ” を、彼らが所持していると、どこかで聞いたら。


(; A )
  ∽

 『 自分 』 はどういう行動に出る?
.

65 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:42:19 ID:BMHeL29.0
 
「まもなく□□町です。 お降りになる際は──」


 素人考えで犯人像をプロファイリングした気になっちゃダメだ。
 いくら頭をひねったところで、それは想像の域を出ないのだから。

 でも、もし……。
 もしも相手が、しぃちゃん達の探し求める 『 その相手 』 なのだとしたら。


(*゚ー゚) 「ドクオさん、着きましたよ?」

(; ^ω^) 「ぶひー! これでやっとこの暑さから解放されるおー!」 パタパタ


 我々は、過去最大の危険に飛び込もうとしているのではないだろうか。
.

66 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:43:05 ID:BMHeL29.0
 
(*゚ー゚) 「ドクオさん?」


 なぜならば、そいつは。

 人の胸に、銃口とは明らかに違う──、
 巨大な風穴を開けることのできる、超能力者。


(;'A`) 「あ、ああ。  いいい今降りるよ」


 ……いや。


( ^ω^) (*゚ー゚) 「?」


 “ 殺人者 ” ───なのだから。




 (続く)
.

67 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:46:47 ID:gzYJas/IO

続きが気になるぜ

68 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:49:48 ID:BMHeL29.0
結局予定してた場面まで書けなかった。
ハードルを上げるつもりはないが、
次こそは、次の話こそは、もっと面白い。 はず。

69 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:51:17 ID:sFTpgk0EO
乙!今回も面白かった!
暗号が全く解けなくて悔しい

70 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 07:53:50 ID:BMHeL29.0
暗号といえば、前のスレの時にきっちり解いてくれた人がいてすごく嬉しかった。
いくつか仕込んでいたミスリードにも律儀に引っかかってくれたぽい。
暇なら探してみるも一興。

71 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 08:00:30 ID:EsYgW2BA0
なんつー時間に来やがるwwww
乙乙、今回も面白かったぜ!
次回もwktkしながら待ってるからな!

72 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 09:48:20 ID:jyCBrF86O
おお!来てた!
一番好きな現行だから頑張ってくれ!!

73 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 12:46:13 ID:G14wm4iwO
この話で第一章完とかなりそうな展開だな

おつ、暗号さっぱり分からなかったけど解説聞くの楽しかった

74 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 21:24:43 ID:rkInNxYwO
きてたかこのやろう乙

75 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/03(火) 22:22:11 ID:fwYdET1s0
乙ー
棋譜(麻雀)は割といい線だったのか

76 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/04(水) 05:41:40 ID:zbH8FP4g0
>>75
棋譜とは、囲碁・将棋・チェスの対局記録を指す。
麻雀の場合は、牌譜(ぱいふ)といいます。

棋譜
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%8B%E8%AD%9C
牌譜
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%8C%E8%AD%9C

78 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/19(木) 21:07:43 ID:JG8ehXPw0
今追いついた
乙ー

79 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/27(金) 03:11:38 ID:vwnsAKrA0
 

 この度は、本製品
 『 ちゃねらーず!  〜 さいきっく☆オヤジ☆えもーしょん 〜 』 をお買い上げいただき
 誠にありがとうございます。

 プレイされる前にこの取扱説明書をお読みいただき、正しい使用法でご愛用ください。


 .

80 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/27(金) 03:12:06 ID:vwnsAKrA0
 

●ストーリー

 類稀な念動力の資質を持ち、
 サイキック中年ニートとしての生を謳歌する主人公 ・ 流石オサム。

( ´_ゝ`)

 今日もまた 『 人助け 』 と称し、仕事もせずに街を駆け回る。
 そんな彼が駅前で出会った少女(?)、高岡ハイン。


从 -∀从 〜♪

 その美声と容姿にすっかり虜になってしまったオサムは、
 毎日のように彼女の路上ライブへ足を運ぶ。
 不思議なことに、その日を堺に、彼は様々な女性と出会うこととなる。

 ハインは今日ものびやかに歌う。
 周りの全てに癒しを届けるかのように。
 オサムにとって、慌しくも幸せな日常がそこに生まれた。

 しかし。
 普段はおくびにも出さないが、彼女はその心に暗い闇を抱えていたのだ。


 『 ハインちゃんを助けたい 』


 一念発起したオサムと、ヒロインたちの織り成す物語が、はじまる。
.

81 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/27(金) 03:12:59 ID:vwnsAKrA0
 
●キャラクター


( ´_ゝ`)  流石オサム

 プレイヤーが操作する本編の主人公。
 ボサボサ頭の中年ニート・見た目は20代。
 棺桶デコレーションの痛PCを所持する、【二重人格の超能力者】(チャネラー)。

 人助けを身上として町を駆けずり回るも、警察に追われることもしばしば。
 いわゆる変人。


从 ゚∀从  高岡ハイン

 ゲームのメインヒロイン。  オサムが出会い、一目ぼれした少女(?)。
 駅前広場を中心として、様々な場所で路上ライブをしている。
 本人いわく 『 ギターの腕はまだまだ 』 らしい。

 「あはは。 オサムくん今日も絶好調だねー」
 「ちょっと付き合ってもらっていい?」
 「うん、私……なんでもない」
.

82 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/27(金) 03:13:54 ID:vwnsAKrA0
 
(*゚ー゚)  猫塚しぃ

 私立VIP学園に通う、ショートボブ八重歯の人懐っこい女の子。
 しかしひとたび怒ると、普段の彼女からは想像もできないような裏の顔が表れる。

 悲惨な過去を背負っているが、そのような素振りを見せることはない。
 身長やその他色々なところが小さいことを気にしている。


 「はいっ。 じゃあ先生に伝えておきますね!」
 「ほえ? そうなんですか?」
 「こ、これから成長するもん!」


川 ゚ -゚)  砂尾ヒトミ (クー)

 ガールズバーの店員。 繁華街で絡まれているところを助けることで知り合う。
 スタイル抜群だが、高慢ちきでぶっきらぼうな態度が玉に瑕な、黒髪ロング娘。
 年のことに触れるとハイキックが飛んでくるので注意。


 「ふん、誰が助けてほしいなんて言った」
 「私の魅力にメロメロなのだろう?」
 「……しょうがない。 今回だけ特別だぞ」
.

83 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/27(金) 03:14:59 ID:vwnsAKrA0
 
o川*゚ー゚)o  九鳥栖ナオ

 VIP学園に通う女の子。  愛称は 『 ナオ 』 『 キューちゃん 』 。
 ギャルっぽい口調でつんけんしているが、根は優しい。 でもやきもち焼き。
 実は料理が得意で、趣味も料理。
 しかし 『 キャラじゃない 』 という理由で周りには秘密にしている。

 ギコに仄かな恋心を抱いているものの、
 当の彼には他に好きな人がいるらしく、傷心の様子。


 「何このおっさんー? アタシらに何か用ー?」
 「……グスッ、ほっとけよ! アンタにゃアタシの気持ちなんてわかんねーよ!」
 「だっ、ダメだよぅ、恥ずかしいよ……」


ヽiリ,,゚ヮ゚ノi  岡戸スパム

 VIP学園に通うしぃの同級生で、オカルト研究部の部長。
 明朗快活、美人で人当たりのいい人気者。
 だが、時折ふいに冷たい目を見せる……らしい。


 「オサムさん?  あはっ、なんだか凄い力を持ってるとか……」
 「すごーい! きっと精霊様のお導きだわ!」
 「私だって……でも仕方ないじゃない!」


川д川  井戸中サダコ

 超ロングの黒髪を前に垂らしている、物静かな少女。
 VIP学園オカルト研究部の部員だが、部内でいじめを受けている。
 閉ざされた彼女の心を動かすには、おおらかな態度で接することが大事。


 「どうせ、わたし……なんて……」
 「コッチヲ、ミルナ!」
 「と、と、友達……?」
.

84 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/27(金) 03:15:53 ID:vwnsAKrA0
 
(*゚∀゚)  つー (secret)

 猫塚しぃの別人格で、笑いながら刃物を振り回す困った娘。
 一人称はオレサマ。  実際の性別は不詳。
 スカートのまま辺りを駆け回ることもしばしば。


 「あひゃひゃヒャヒャヒャ!!  死にたくなケリャー道を開けナッ!」
 「つーちゃんプレゼンツ、アルティメットもちもちターイム♪」
 「おいッ!  お、オレサマにそんなシュミはねェゾッ!?」


???  津出川ハナコ (secret)

 数年前、オサムがサイコキネシスで助けた喫茶店の店員。
 街中で偶然再会するが、彼女には今や昔の面影はなく──。
.

85 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/27(金) 03:16:43 ID:vwnsAKrA0
 
●サブキャラクター


(´<_` )  流石イサム (弟者)

 流石メンタルクリニックの院長で、オサムの弟。
 診療所が午後休診の時に出向くと、なぜかヒロイン達の好感度を教えてくれる。
 オサムがニートとして過ごせるのはほとんど彼のおかげなのだが、
 オサムが彼に感謝する様子は見られない。


 「OK兄者、働け」
 「いいから働け」
 「おい……ちょ、一体なにを……おい!」


∬´_ゝ`)  流石アカネ (姉者)

 VIP県警察本部の女性刑事で、オサムの姉。
 お巡りさんを呼ばれてしまったら、彼女の助けを借りてその場を切り抜けよう。
 一児の母だが、とてもそうは思えないほどの若々しさと、美貌の持ち主。


 「あんまり調子に乗ってると、この場で現行犯逮捕よー♪」
 「まーた捕まったの!?  あんたってばホントダメね〜〜」
 「ちょっと! 揉むのは肩だけで……ひゃんっ!?」
.

86 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/27(金) 03:18:14 ID:vwnsAKrA0
 
(,,゚Д゚)  外藤ギコ

 しぃの双子の兄。
 妹と同じく、イサムを先生と呼んで慕っているが、オサムには不遜な態度を取る。
 直情型で暴走しやすい少年。


 「ええっ!?  あ、あんたが先生の兄貴ぃぃ!?」
 「ヒーローに憧れるのは、男として当然だろ?」
 「そんな……オレ今すっごくドキドキしてる」


('A`)  内藤ドクオ

 ハインの路上ライブでよく遭遇する、猫背で陰気で冴えない男。
 彼女の知り合いだと主張するも、どこか怪しい。
 見るからに不審で、ハインの取り巻き曰く、ストーカーの疑惑があるらしい。


 「お、おではひゃインさんの知り合いでくぁwせdrf」
 「フヒヒヒ……酒うめえ……」
 「ウツダシノウ………」


从'。`リル  内田ドクミ

 メイド喫茶 『 スイート☆踵落とし 』 でアルバイトしている少女。
 クーに次ぐわがままバディの持ち主だが、やはり彼女も男言葉を使う。
 何故かやたらとオサムに突っかかってくる。
 しかし彼女には大きな秘密が……?


 「ぎゃー! どっ、どこに顔を突っ込んでるんだあッ!?」
 「はぁもう……ウツダ」
 「ぼ、僕はお前なんか……やっ!? こらああああ!」
.

87 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/27(金) 03:25:47 ID:vwnsAKrA0
 
从イ#゚д゚ノl| 从´ヮ`#从ト  取り巻き2人組

 ハインのことを 『 お姉さま 』 と呼んで慕う、ファンの高校生。
 ハインとのデートを一定確率で邪魔してくる困った子たち。
 ちなみに右の娘は、VIP学園オカルト研究部の部員でもある。


J( ‘_L’)し フィレンク子さん

 ガタイが良く、駅付近をうろついていることの多い女性。
 見た目に反して繊細で、出会うと勝手に痴漢呼ばわりされ、警察を呼ばれてしまう。
 通称 『 VIP駅のJの壁 』 。


*(‘‘)*  沢近ヘリカル

 凶悪事件に巻き込まれ、しかも人質に取られることの多い、薄幸な幼女。
 チャネラー達とのバトルミニゲームでは、
 彼女の安全を確保することが第一目的となる。
 助けるとお礼にコーラのペットボトルをくれるが、中身は醤油なので注意。
.

88 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/27(金) 03:26:44 ID:vwnsAKrA0
 
( <●><●>)  ワカッテマス

 ぬこ。 臭いを使った攻撃でオサムを苦しめる。
 エレベータの中で悪臭が漂うとあらぬ疑惑が。
 「ジェットのせいで歯車がズレたか……」


川*` ゥ´)  佐藤ピャー子

 サダコをいじめている張本人。
 容赦なくボコってサダコを救い出そう。
 山田の脚立攻撃はダメージが大きいのできっちり避けるべし。


ξ*ФωФ)ξ  ロマネス子

 ふしぎなくすりで女体化してしまった、内藤ドクオの 『 もと弟 』 。
 「ワガハイを落とせるのは、愛の篭った一言のみ……♪」
 彼女を仲間にすると、チャネラー戦で肉の壁になってくれる。
.

89 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/27(金) 03:27:51 ID:vwnsAKrA0
 

『 ちゃねらーず!  〜 さいきっく☆オヤジ☆えもーしょん 〜 』



 ゲームジャンル : サイキックおっさん恋愛シミュレーションバトル

 発売元: VIP

 CERO: Z (くそみそ的表現あり)




 本編の投下はもうしばらくお待ちください。

.

90 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/01(水) 13:44:59 ID:xsHfuwhgO
なんだこれwwwww

91 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/19(日) 05:35:46 ID:DN1wiPi20
 
幕間② −−− 第39.5話 【 男子系トーク 】−−−


 〜ゲーセンにて〜


((,,;゚Д゚)) 「お、おおっ、クッ」 ガチャガチャ

(((; ^ω^))) 「ふおおおおおっ、おっ、おおっ!?」 ガチャガチャ



l|i(,,*゚Д゚)∩l|i 「いよっしゃぁああぁ!」 ガタン
     ⊃

Σ(; ^ω^) 「くぅッ! ぼ、僕のプニエールたん(キャラ名)がっ」


(,,;*゚Д゚) O゙ 「はぁ、はぁ……どうだブーン!」

(; -ω-) 「完敗だお。 ちょっと戦わない間にずいぶん腕を上げたお?」

(,,;゚Д゚) O 「そりゃーもー! おめーに勝つために何度も対策と練習を……」


( ^ω^)


(,,゚Д゚)そ ハッ



(゚Д゚;三;゚Д゚) 「じっ、実力だスィー! オレが本気を出せばこんなもんだスィー!」

( ^ω^) (ツンデレなのかこれは……)
.

92 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/20(月) 08:53:08 ID:L6wV3Gtk0
 
(,,゚Д゚) 「ところでさー。 前から思ってたんだけどよー」

( ^ω^) 「お?」

(,,゚Д゚) 「ドクミちゃんってお前の親戚なんだよな?」

(; ^ω^) 「お!?  そ、そうだお」

(,,*゚Д゚) ゞ 「で、それってどーいう繋がりなの?」

( ^ω^) 「どういう……って?」

(,,*゚Д゚) 「いとことかはとことか」

(; ^ω^) 「お……? いや……それは……」


( ^ω^)

(,,*゚Д゚)

(  ゚ω゚) 『 兄だこんにゃろおおおおおおおおお!! 』


(,,゚Д゚)


(; ^ω^) (なんて言えるわけないお……)

(,,゚Д゚) 「?」


( ^ω^) 「……いとこ、だお」

(,,゚Д゚) 「そっか。 DNAって不思議だよな……」

( ^ω^) 「どういう意味でしょう」
.

93 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/08/06(土) 20:07:18 ID:qFM10oZsO
そろそろあげておこうか

94 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/08/06(土) 23:53:17 ID:5QEL2gBU0
あげ

95 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/08/07(日) 00:35:51 ID:cbwgftek0
待ってるよ

96 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/08/07(日) 04:30:39 ID:/0TDP/so0
上がってたから更新キター!!ってなって一気にテンション下がった

97 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/08/21(日) 18:51:51 ID:YMrVYSb.0
わたし待つわー

98 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/08/21(日) 21:01:22 ID:QxJAQCXgO
また書き溜めが消えたのかな

とりあえず俺は待つぜッ!

99 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/11/05(土) 20:35:27 ID:9zbMo4s.0
生存報告がほしいな…
待ってるぜ

100 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/01/31(火) 19:55:08 ID:AGj9dh0s0
久しぶりに読み返すとやっぱ面白いな
続き来ねぇかな

101 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/04/22(日) 19:19:26 ID:AkySlFQwO
あげ

102 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/04/28(土) 14:08:36 ID:sKnAZrfEO
まだか?

103 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/06/20(水) 21:07:33 ID:41qJ3PkU0
一周年記念あげ
待ってるんだぜ

104 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/06/24(日) 03:29:47 ID:gIZ56UfA0
.
 【 予告編 】
.

105 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/06/24(日) 03:30:24 ID:gIZ56UfA0
.
 燃えあがる空のもと、二人は揃って感嘆の声を漏らす。


「…………きれい…………」


 女は顔の前で両手を組むと、
 小首を傾げたアシンメトリィなポーズで、そう言った。


(君の横顔ほどではないけどね)


 長い汽笛が、男のこそばゆい呟きを、宙にかき消す。


「え? 何か言った?」

「いやいやなんでもないよ」


 不思議そうに見上げる女を前に、さわやかに笑う。
 きらり。  エナメル質がタイミングよく仕事をした。

106 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/06/24(日) 03:31:23 ID:gIZ56UfA0
.
 女の声色が変わった。


 赤焼けの空。 カモメのシルエット。
 茜に染まる船舶。 おだやかなる波の音。

 絶好のロケーション。
 ウッドデッキより望む、黄金のハーバー・ビュー。


 世界はいま、二人を祝福するためだけに存在していた。


 男は女のほうへ向きなおると、その瞳を見つめた。
 女もまた、男の眼を見つめ返した。


「…………」


 ──時は、満ちた。

 男は大きく息を吸い……、とうとう、その言葉を口にした。
.

107 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/06/24(日) 03:32:02 ID:gIZ56UfA0
.


                                   http://boonsoldier.web.fc2.com/channel.htm
                         http://localboon.web.fc2.com/100/top.html


                                       纏 


                 http://kurukurucool.blog85.fc2.com/blog-entry-497.html
         http://boonfestival.web.fc2.com/channelers/list.html

.

108 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/06/24(日) 03:32:26 ID:gIZ56UfA0
.
 〜 〜 〜


.
 俺たちはそのまま、
 背の低いレール棚によって無造作に間仕切りされた、
 右奥の一角へと、案内された。


(;'A`) 「!」


 辺りには、パイプ椅子が乱雑に並んでいる。
 だが、その中に一つだけ。
 場違いで、不釣り合いで、悪趣味な……社長椅子が存在していた。

 先を行く黒服が、その片側に着くと、座る人物に耳打ちする。


「ふふふ……待ちくたびれましたよ」


 ものものしい動きで、椅子が反転した。


(;*゚−゚)そ 「! あなたは……!」

109 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/06/24(日) 03:33:17 ID:gIZ56UfA0



     「どうぞ固くならず。

      いっしょに、楽しい夜を過ごしましょう」





    ●第二九話 『 ポセイドン ・ リベンジャー ── VS. ????④ 』


.

110 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/06/24(日) 03:33:54 ID:gIZ56UfA0

 〜 〜 〜

 彼らは雇われの身……つまり、素性も何もはっきりしない能力者なのだ。
 その事実は、ふたたび俺を畏怖せしめた。


(;*゚−゚) 「あなた、超能力が……?」


 可能性の話だ。
 こいつらの中に、しぃちゃんの両親を手に掛けた超能力者が
 いない、とは言い切れない。


   「……まあね。
    厄介なおまけもついてはきたが。
    これで、君と同じ土俵だ」


 おそらく、

  “ 別人格 ” のことだろう。

.

111 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/06/24(日) 03:34:23 ID:gIZ56UfA0



     「手に入れるって決めてるんだ。 欲しいと思ったモノは。
     
      絶対に。 何年かかっても。


      ……どんな手をつかっても」



.

112 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/06/24(日) 03:34:47 ID:gIZ56UfA0
.
 〜 〜 〜


 しぃちゃんは制服姿(一度帰宅したはずなのに)だが、
 学校指定のとは違う、小さめのショルダーバッグを右脇に抱えていた。

 バッグからは、可愛らしいポーチがひとつと、小さめの水筒。
 携帯、ハンカチなどの日用品。
 それから、ポータブルデジタル音楽プレイヤーが出てきた。

 少し意外な感じもしたが、しぃちゃんだって年頃の女の子だ。
 音楽くらいフツーに聴くだろう、そう思い直す。


 ポーチの中身は、
 リップクリーム。 あぶらとり紙。 ヘアピン。 ヘアゴム。
 あ、あとなんかよくわからないお菓子がいくつか。

 コスメ的なアレとかソレとかは、ほぼ入っていないに等しい。
 現役女子学生にしてはシンプルなほうだろう。

 “ ドクミ ” に至っては、これら数点すら持ち歩く気皆無だが。


.

113 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/06/24(日) 03:35:23 ID:gIZ56UfA0
.



    「究極のシンプルさを誇り、


      かつ、至高の心理戦が楽しめるゲーム」



.

114 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/06/24(日) 03:35:59 ID:gIZ56UfA0
.
Σ(;'A`) 「知っているのかブーン!?」

(; ^ω^) 「ち、中学の修学旅行でやったお……」


 ルールは単純明快。

 カードの強さは、Aが最弱で、あとは順に2〜10と続く。
 その上が、J、Q、Kで、Kが最強のカードになる。

 このゲームにおける最大の特徴は、








 そして、これこそが駆け引きの生まれる要素でもある。

.

115 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/06/24(日) 03:36:47 ID:gIZ56UfA0
.




     「あの夜から、僕の時計は止まったままさ」






     ●第三○話 『 うそつき○○○○○○ ── VS. ????⑤ 』



.

116 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/06/24(日) 03:37:28 ID:gIZ56UfA0
.
     六月末 or 七月 投下予定。
     遅くなってすまん。

117 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/06/24(日) 07:44:54 ID:37s4GJ0Q0
うおおおおおおかえりいいいいい

118 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/06/24(日) 12:25:40 ID:iTFrBSDo0
待ってたぜ!

119 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/06/25(月) 01:41:44 ID:pf.NAKSAO
おおおお

昔夜中にふと始まるチャネリスト好きだったぜええええ

期待期待期待期待!

120 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/06/26(火) 19:41:20 ID:TK3iEriY0
萌え豚路線のまま行くのかなぁ

121 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/06/27(水) 13:42:20 ID:kgKLDlrg0
おおおこれまじか!
おかえり!待ってた!!

122 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/06/27(水) 16:02:13 ID:ye./MQpUO
きたああああああああ

123 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/07/24(火) 17:24:59 ID:oCBMkH9w0
さて7月も残り少ないわけだが……期待してますぜ

124 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/08/03(金) 02:17:17 ID:gPSBVP760
田村鈴木を使う人がいるとは

125 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/08/06(月) 22:39:35 ID:X/E6w8i20
期待していいんだよな……?

126 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/08/06(月) 23:02:45 ID:5yc4zreA0
釣りでしたか

127 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/08/16(木) 17:21:36 ID:hsj/qLyI0
創作板に引っ越しました  つhttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/13029/1344858830/


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

刑務所なう。 - 堀江 貴文

     ミミ ヽヽヽヽヽヽリリノノノノノノノ
    ミ               彡
    ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、,、,,、,、,、,、、 彡
     l  i''"            i彡
    .| 」  /          |
    ,r-/     ● (__人_) ●  |  オリンパス事件どうなの?
    l                  | 
    丶_              ノ
   /~~    ´~ ̄(⌒)(⌒) ヽ
  /          ヽ`ニニ'ノ  ノ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


read.cgi 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa