したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

( ^ω^)が世界樹の迷宮を踏破するようです

1 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 20:03:42 ID:GZQA69R20
・初作品
・そのくせ長編に挑む
・もしもし多くなると思う
・世界樹の迷宮2のブーン系

以上の注意点を踏まえ、当作品を暖かく見守ってください。

2 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 20:08:48 ID:GZQA69R20
七つの海に 文明が呑まれ
五つの島に 樹海が広がり
一つの城に 選ばれし民は逃れた


七つの海は 全てを沈め
五つの島は 全てを滅し
一つの城は 全ての孤児と化した


天空を漂う城の民は
長き流浪の末
再び母なる大地に降り立つ


―これが世界樹に擁かれし、ハイ・ラガードの興国記である




( ^ω^)が世界樹の迷宮を踏破するようです

3 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 20:16:16 ID:R0a4ogzU0
世界樹とかもうね 支援するしかない

4 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 20:20:17 ID:GZQA69R20
―大陸の遥か北方に広がる高地
そこには巨大な樹を神木と崇め"ハイ・ラガード公国"があった。

その神木は"世界樹"よ呼ばれ、その天高く伸びる樹は"空飛ぶ城"へと繋がっているという伝説があった。

そんな伝説の樹の中に、あるとき謎の遺跡群と未知の動植物を内包した巨大な自然の迷宮が見つかったのだ!

その地を治める大公は、その迷宮を調べ空飛ぶ城の伝説の真偽を確かめるために大陸全土に触れを出した。

―空飛ぶ城の伝説と広大な迷宮・・・。
この触れは冒険者達の心を捕らえ、多くの者達が公国に訪れた。


・・・しかし、どんなに多くの冒険者が集まろうと、その迷宮を踏破し、伝説を解明するものはいなかった。

これはその"世界樹の迷宮"に挑む若き冒険者達の物語である。

5 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 20:23:07 ID:m7aKKjb2O
世界樹きた!
超支援
マジ支援

6 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 20:25:56 ID:GZQA69R20
第一話

ハイ・ラガード公国の広場に足を踏み入れたブーンは、周囲に騒がしい人の気配を感じた。

( ^ω^)

この男の名はブーン。この物語の中枢、いわば"主人公"となる男だ。
銀箔の甲冑を身にまとい、背に巨大な盾を背負っている。
姿から察するに彼は"パラディン"という職業であろう。
上背は高く、肩幅も広い。非常にがっしりとした体系で、まさに騎士にふさわしいだろう。
・・・幾分腹に肉がついているのが余計だが。

彼もまた、世界樹の迷宮に惹かれ、冒険者を目指しこの街へやってきたのである。

( ^ω^)(・・・早速冒険者ギルドに向かうお)

7 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 20:26:53 ID:IODySw7.0
これは期待

8 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 20:29:08 ID:GZQA69R20
―冒険者ギルド―

冒険者ギルドは堅牢な大理石でできた、壮大で厳しい建物だった。
雰囲気に威圧されながらも、ブーンが扉を開くと、中にはこれまた厳しい甲冑を身にまとった人物がいた。

おそらくこの人物が、冒険者ギルドを統率する"ギルド長"だろう。

( ^ω^)「あの・・・すみませんお」

9 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 20:37:04 ID:Rh2NBgeUO
期待しよう

10 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 20:42:48 ID:GZQA69R20
( OMO)「・・・見ない顔だな。冒険者志望か?」

( ^ω^)「はい、そうですお。・・・いや、正しくいうなら新しいギルドを作りたいですお」

( OMO)「ふむ・・・、新米冒険者が作る新米ギルドか。で、お前の名は?」

( ^ω^)「ブーン。ブーンですお。」

( OMO)「ブーンだな。宜しい。私のことはギルド長とでも呼べ。で、ブーンとやら。ギルドを作成したいんだな?」

( ^ω^)「はいだお!」

( OMO)「ギルドを作成し、ギルドマスターになればもう後には引けん。メンバーが何人死のうが、破産しようが、その身が朽ち果てるまで世界樹を上り続け、踏破しなければならない」

( OMO)「この羊皮紙にギルドの名前を書けば、もうお前の人生は世界樹の虜だ」

( OMO)「それでも、お前は冒険者になるか?」

11 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 20:46:09 ID:DyKlOq7g0
君はこの作品を支援してもいいし、支援しなくてもいい

12 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 20:50:08 ID:GZQA69R20
ギルド長が羊皮紙をひらひらとさせる。

( ^ω^)(この羊皮紙に名前を書けば、ブーンは冒険者だお)

( ^ω^)(何もできずに魔物に殺されるかもしれないお。樹海で迷って餓死するかもしれないお。けれど)

沈黙。静かな闇が冒険者ギルドに落ちる。
しばらくの逡巡の後、ブーンは顔を上げた。

( ^ω^)「ブーンは・・・冒険者になりますお!!」


( OMO)「フッ・・・元気の良い奴だ。ではこの羊皮紙にギルド名を書くが良い」

ギルド長がひらひらとさせていた羊皮紙と羽ペンをブーンに渡す。

( ^ω^)(ギルド名は・・・ここに来る前から決めていた・・・)

ブーンは勢い良く羽ペンを走らせる。


ギルド名「V I P」

13 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 21:00:06 ID:GZQA69R20
( OMO)「VIPか・・・聞かぬ言葉だが異国の言葉か?なかなかに響きが良い」

( OMO)「・・・ところで見たところ一人のようだが、ギルドメンバーはいるのか?」

(: ^ω^)「いないですお・・・」

( OMO)「・・・話にならんな。一人で樹海に潜れば間違いなく死ぬだけだ。死と隣合わせの危険を共に切り抜ける・・・そんな戦友を集めるのがギルドの存在意義である」

( OMO)「最低でも5人だ。5人連れてきたならギルド発足の権利をやろう」

( ^ω^)「わ、分かりましたお。では行ってきますお」

( OMO)「待て」

ギルドを去ろうとしたブーンをギルド長が呼び止める。

(: ^ω^)「な、なんですお?」(このオッサン怖いお・・・)

14 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 21:05:01 ID:Mbhfcu5U0
(: ^ω^)とは新しい表現だな

15 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 21:06:37 ID:OvXBd9N20
(; ^ω^)

(;^ω^)

( ^ω^ )

16 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 21:07:26 ID:GZQA69R20
( OMO)「まだこの街に来たばかりで勝手が分からんだろう。冒険者をスカウトしたいならば"鋼の棘魚亭"に向かうと良い。多くの冒険者達が利用する店だ。・・・私は好かんがな」

( ^ω^)「あ、ありがとうですお」

( OMO)「勘違いするな。私は職務でしているだけだだからな。」

( ^ω^)「それでもありがたいですお。では、行ってまいりますお!」


ダッタッタッタッタッ


( OMO)「・・・元気な奴だ」」



ブーンは広場に出て、ギルド長から教えてもらった鋼の棘魚亭に向かう。
幾度か迷いながらも、ブーンは鋼の棘魚亭に着いた。

17 >>15 ミスはずかしいよぅ :2011/02/19(土) 21:15:58 ID:GZQA69R20
―鋼の棘魚亭―

( ^ω^)「失礼しま・・・うおっ」

酒場の扉を開けると、キツいアルコールの匂いと、人ごみによる熱気。そしてまだブーンは知らない樹海独特の匂いがブーンの鼻を突いた。

ワイワイガヤガヤ


広いとはえない面積の店内に、かなりの人数の冒険者達が集まっている。冒険の帰りに直接来ている者も多いようで、汗のとアルコールと体臭の匂いが混ざり合ってなんとも形容しがたい匂いになっている。

( ^ω^)「なかなかハードな場所だお・・・すいませーん!店長はいますかお!?」

バタン

ブーンが声をあげるとカウンターの奥の扉が開き、恰幅の良い中年男が出てきた。 青い髪に伸ばした顎鬚。むさくるしい格好なのにどことなく精悍な顔つきをしており、若いころは二枚目であったことが予想できる。

  _
( ゚∀゚)「おうさ!酒か!?料理か!?情報か!?」

( ^ω^)「えっと・・・情報を頼むお!」

18 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 21:18:35 ID:veW0Zs5E0
ふむ

19 >>15 ミスはずかしいよぅ :2011/02/19(土) 21:25:21 ID:GZQA69R20
_
( ゚∀゚)「情報か!今来ているクエストは新種の薬草探しと・・・」

( ^ω^)「いえ。違いますお。実は僕、新しくギルドマスターになったんですが、メンバーが足りn」
  _
( ゚∀゚)「ははぁそれでウチに来た、と。紹介してやらんこともないが・・・」

( ^ω^)「ならぜひ教えてくださいお!」
_
( ゚∀゚)「坊主・・・ほら、アレだよ。分かるだろ?」

店主はそう言うとクイクイと手を動かす。なにかのハンドサインだろうか。

( ^ω^)「????」

_
( ゚∀゚)「坊主・・・世の中ギブ・アンド・テイクだ。ほら、あまりデカい声じゃあ言いたくないが情報料や仲介料がだな・・・・・」

( ^ω^)「ああ、そういうことですかお。・・・・じゃあ・・・・・5enほどでいいかお?」
_
( ゚∀゚)「・・・え?」

( ^ω^)「はい。5enですお」

ブーンはなかば無理やり店主の手に5enを乗せる。

20 ジョルジュの顔がおかしい・・・・ :2011/02/19(土) 21:39:06 ID:GZQA69R20
  _
(  ゚∀゚)「・・・チッ。良いだろう坊主。教えてやろうじゃねぇか」

  _
(  ゚∀゚)「あそこのテーブルに、一人でシケた顔してるネーチャンがいるだろう?」


ξ゚⊿゚)ξ

店主が指を指した先には、一人でちびちびと酒を煽っている金髪の女がいた。
黒い皮のマントに包まれ、挑発的なボンテージレザーを着ていることから見るに、彼女は"ダークハンター"という職業だろう。

( ^ω^)「ああ、あの金髪の人かお?」
  _
(  ゚∀゚)「そう、あのべっぴんさんだ。まぁ胸はないが腕は良いダークハンターだ。名前はツン。役に立つはずだぜ」

( ^ω^)「おっお!ありがとうだお!早速スカウトに行ってくるお!」
  _
(  ゚∀゚)(悪いな坊主。5enぽっちじゃ性悪で腕も悪い、貰い手のこないツンくらいしか紹介できんよ)

  _
(  ゚∀゚)(ま、断られるだろうが、次は200enくらい払って良い情報を買うことだな)

21 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 21:44:17 ID:veW0Zs5E0
ドリ子か

22 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 21:45:35 ID:Mbhfcu5U0
もうちょい投下間隔短くしてもいいと思うよ、確かさるないでしょここ

ながら?

23 ジョルジュの顔がおかしい・・・・ :2011/02/19(土) 21:48:38 ID:GZQA69R20
( ^ω^)「・・・ツンさん、ですかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・そうだけど。あによなんか用?」

すでに出来上がっているのであろう。ツンという女性は呂律の回らぬ声で返事をした。

( ^ω^)「僕は新しいギルド、『ギルドVIP』を作ったばかりのギルドマスターなんですお。それでギルデメンバーが足りなくて・・・ツンさんを雇いたいんですお」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・・お断りよ」

( ^ω^)「お?なんでですかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「私はあんたみたいな新米がやってるような新米ギルドじゃなくてもっと強い、強豪ギルドに入るのよ。そのスカウトを待ってるのよ」

( ^ω^)「・・・そうは言わずに」

ξ゚⊿゚)ξ「『ギルドVIP』ぅ!?そんな名前も聞いたことのないギルドに入るわけないじゃない!わ・た・しは腕利きのダークハンターなんですぅ!!!」

24 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 21:56:44 ID:veW0Zs5E0
  _
( ゚∀゚)

どぞー

25 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 22:06:13 ID:s31fZeYIO
支援するしかねえぜ。なんか最近大人気だな、世界樹
今まで何人がギルド名でこれと被っただろうか……

26 >>22 初心者だから感覚が分からないんだ・・・ :2011/02/19(土) 22:06:48 ID:GZQA69R20
ξ゚⊿゚)ξ「じゃ、とっとと出て行きなさいよ白豚!」

ξ゚⊿゚)ξ(・・・なんでいつもギルドの誘いを断ってしまうんだろう。ホントは強豪ギルドからの誘いがこないなんで分かってるのに)

ξ゚⊿゚)ξ(1月前に前のギルドを飛び出して以来、酒場でくだを巻くだけの毎日。たまに来るスカウトは低階層で小金を稼いで満足している冒険者崩れの連中ばかり・・・)

ξ゚⊿゚)ξ(今回のコイツだってどうせロクな奴じゃ・・・)

( ^ω^)「待ってくださいお」

ξ゚⊿゚)ξ「何よ。しつこいわよ」

( ^ω^)「・・・確かにギルドVIPはできたてほやほやの、メンバーが一人もいない超がつくほどの弱小ギルドだお」

ξ゚⊿゚)ξ「メンバー0人wwwwwww」

( ^ω^)「けど、ブーンは、ギルドVIPは必ず世界樹を踏破するお」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「何よソレ。くだらない」

( ^ω^)「くだらなくなんかないお!!!」

ξ゚⊿゚)ξ「ッ!!!」

( ^ω^)「ギルドVIPは絶対、世界樹を踏破して空飛ぶ城を見つけるんだお!!口だけじゃないお!!ブーンにはその覚悟があるお!!!」

27 >>24 サンクス :2011/02/19(土) 22:08:33 ID:GZQA69R20
ξ゚⊿゚)ξ「・・・」

( ^ω^)「そのために、ツン!きみの力が必要なんだお!!」

ξ゚⊿゚)ξ(世界樹を踏破・・・か。本気で踏破なんて言う奴。久々に見たな)

ξ゚⊿゚)ξ(前のギルドじゃ、低階層しかいけず、上の階層へ向かう向上心を・・・勇気を忘れて、いつまでも3Fで"資金稼ぎ"をしていたんだっけ)

ξ゚⊿゚)ξ(そんな前のギルドに嫌気がさして飛び出したのは・・・そう。世界樹に挑みたかったから)

( ^ω^)

ξ゚⊿゚)ξ(こいつみたな純粋な瞳で・・・)

ξ゚⊿゚)ξ「良いわよ」

( ^ω^)「へっ?」

28 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 22:14:15 ID:GZQA69R20
( ^ω^)(いきなり態度が変わったお・・・?まぁ良いお。とにかく)

( ^ω^)「・・・ありがとうだお!」

ξ゚⊿゚)ξ「フンッ!感謝しなさい!」


  _
(; ゚∀゚)「おいおいマジかよ失敗するのに1000en賭けてたのに」ボソッ

( ^ω^)「親父さんもありがとうだお!良い情報だったお!」

  _
(; ゚∀゚)「お、おうよ!まかせろ坊主!!!」



ようやく仲間を一人増やしたブーン。
世界樹にすら入ってないが、踏破なんてできるのだろうか?
全ては世界樹のみぞ知る・・・

29 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 22:16:06 ID:GZQA69R20
第一話投下終了です。

もうパニくりまくりの投下でした。お目汚しすまない。次はオマケ的なジョブ解説でもして風呂入って寝ます。

30 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 22:16:51 ID:veW0Zs5E0
乙乙
期待してるよー

31 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 22:27:01 ID:GZQA69R20
オマケのジョブ解説


パラディン
タイプ 前衛防御特化型

パーティの守りの要。防御力、HPが非常に高く、魔物の攻撃を受けてもびくともしない。反面、前衛職にしては攻撃力が低い。

スキル面ではパーティの前衛を守る「フロントガード」やパーティ全体を炎属性の攻撃から守る「ファイアガード」でパーティの耐久力を底上げする。
攻撃より守りに重きを置く、まさに聖騎士である。


ダークハンター
タイプ 前衛状態異常攻撃特化

鞭を振るい、敵の行動を束縛する闇の狩人。
攻撃力は高いが、前衛職にしては防御力が低く、集中攻撃を受けるとすぐ戦闘不能になる一面も。
得意の鞭を使って敵を「封じ状態」にしたり、毒や麻痺などの状態異常を散布する。

スキル面では、中確立で毒を付与する威力の高い攻撃「アナコンダ」。敵の頭を縛り、封じ状態にして、ブレスや呪文を使えなくする「ヘッドボンテージ」、腕を縛り物理攻撃を封じる「アームボンテージ」、足を縛り回避力を下げる「レッグボンテージ」。そして敵の頭/腕/脚が封じ状態のときのみに使える超高火力スキル「エクスタシー」などを駆使する。

ググれば分かると思うけど外見はまんま女王様。
僕の息子も縛ってゲフンゲフン

32 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 22:29:39 ID:IOiszQD.0
いいね世界樹
2はレベル99αにするまで死ぬほどの時間費やしたから、期待せざるを得ない

33 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 22:47:23 ID:OvXBd9N20
俺のまわりも最近やり始めたの多いな
3しかやったことないから2やりたいけどどこにも売ってないお(´;ω;`)

34 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 23:07:51 ID:m7aKKjb2O
乙乙!

2は図鑑コンプしてないや…
やりこみが甘いか

35 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/19(土) 23:19:32 ID:s31fZeYIO
侍・銃士で二人旅縛りしたのは良い思い出、ジャガーさんに瞬殺されたのも良い思い出

乙乙、期待してるぜ

36 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/20(日) 01:56:20 ID:NeYjgrHAO
支援

37 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/20(日) 20:07:12 ID:SefVatdg0
支援

38 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/20(日) 22:15:52 ID:ZBZTrYss0
パラディンはスマイトで火力にもなれるイケメン

39 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/20(日) 23:06:45 ID:yllK0IhQ0
最終話で詰まって挫折する

よくあることです

40 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/20(日) 23:23:31 ID:yllK0IhQ0
話じゃなかった

41 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/22(火) 21:25:08 ID:x8W.rAo.0
第二話投下します

42 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/22(火) 21:26:49 ID:x8W.rAo.0
( ^ω^)は世界樹の迷宮を踏破するようです 第二話

―ハイ・ラガード公国 広場―

ξ゚⊿゚)ξ「それで、次はどの職をメンバーにするの?」

( ^ω^)「へ?ああ職かお・・・考えてないお」

ξ゚⊿゚)ξ「はぁ?阿呆なのアンタ?本気で世界樹を踏破したいと思っているのなら、パーティバランスを考えなさいよ」

(; ^ω^)「おっお、仲間になってくれる人を探すので精一杯だったんだお」

ξ゚⊿゚)ξ「今からパーティバランスを考えるわよ阿呆」

( ^ω^)「・・・どっちがギルドマスターか分からないお」

〜1時間後〜


ξ゚⊿゚)ξ「つまり回復役の"メディック"はこのギルドに必須なのよ」

(ヽ´ω`)「わ・・わかり・・・ました・・お」

ξ゚⊿゚)ξ「後は強力な属性攻撃が使える"アルケミスト"が欲しいところね。」

(ヽ´ω`)「・・・・・がふっ」

ξ゚⊿゚)ξ「さぁ、じゃあメディックを雇いに薬施院に・・・ってブーン!どうしたの!」

(ヽ´ω`)(ああ・・・コイツ、自分が話している間相手のこと見ない人種だ)

43 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/22(火) 21:27:24 ID:x8W.rAo.0
―公国薬施院―


薬施院とは、公国によって作られた医療施設のことである。
一般人は勿論、冒険者の治療も行っており、特に冒険者には保険が降りているので非常に安い値段で治療を受けることが可能である。
まぁ冒険者としてのレベルが上がるごとに保険の効果は薄れて治療費も高くなるのだが・・・

また、病人・怪我人の治療の他、新薬の開発、メディックの育成・教育なども行っている。
世界樹の樹海は危険がいっぱいなので、冒険者が一番お世話になる施設かもしれない。



(-@∀@)「次のお客さん、どうぞ。怪我ですか?病気ですか?」

薬施院に入ると、早速受け付けのメディックに話しかけられた。
地味な髪型の栗色の髪。四角いメガネ。絵に描いたようなメディックである。

(ヽ´ω`)「どちらでもないですお・・・」

(-@∀@)「ふむ・・・見たところ、精神的な影響による過労ですね。ではあちらの精神科へ」

ξ゚⊿゚)ξ「いやいや違いますから。コイツは大丈夫です。私たちは院長さんに用があるんですが・・」

(-@∀@)「院長ですか?院長なら僕ですが」

ξ゚⊿゚)ξ「あ、それは失礼しました」

44 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/22(火) 21:27:50 ID:x8W.rAo.0
(-@∀@)「いえいえ。で、何の用ですか?」

ξ゚⊿゚)ξ「私達、新米ギルドなんですけどまだまだ人手が足りなくて・・それで、メディックを一人雇いたいんです」

(-@∀@)「メディック・・・ね」

(-@∀@)「冒険者の中で、最も高学歴で、最も資格を得るのが難しく、最も需要が高い職・・・・そのメディックを雇いたいんですね?」

ξ゚⊿゚)ξ「はい。・・・・当然タダとは言いません」

(-@∀@)「・・・幾ら出す気ですか?」

ξ゚⊿゚)ξ(ちょっとアンタ!幾ら出す気なの!?)ボソッ

(ヽ´ω`)「お・・・?そうだおね・・・」

( ^ω^)「びた一文も出さないお」

ξ゚⊿゚)ξ「はぁ!?」

(-@∀@)「・・・・・」

45 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/22(火) 21:28:12 ID:x8W.rAo.0
ξ゚⊿゚)ξ(ちょっとアンタ正気なの!?この阿呆ピザ!メディックは絶対必要って言ったじゃない!!!幾ら出してでも欲しい人材を―)

( ^ω^)「仲間は、買うものじゃないお」

( ^ω^)「新人で手が空いてるメディックは何人いますかお?」

(-@∀@)「10人ほどですが・・・どうなさるんですか?」

( ^ω^)「話がしたいんだお。話し合って、お互い気に入ったら仲間になるお」

ξ゚⊿゚)ξ(まさかここまで脳味噌お花畑だとは思わなかったわ・・・)

(-@∀@)「ハハハ・・・面白い方だ。気に入りましたよ」

( ^ω^)「会わしてもらえますかお?」

(-@∀@)「ええ、では新人達を集めますので、あちらの第四治療室でお待ちください。今は空き室になっていますから」

46 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/22(火) 21:28:55 ID:x8W.rAo.0
―第四治療室―


ξ゚⊿゚)ξ「全くアンタは・・・院長さんが良い人だったから良かったものの・・・」

( ^ω^)「結果オーライだお!タダで済むにこしたことはないし、仲間は買うものじゃないお!」

ξ゚⊿゚)ξ「阿呆。まだ結果オーライじゃないわよ。まだメディックが仲間になってないじゃない。ちゃんと責任取ってスカウトしなさいよ」

( ^ω^)「まかせてほしいお!」


コンコン


(-@∀@)「失礼します」

(-@∀@)「こちら、新人のメディックです。一人ずつ部屋に入れますので、じっくり話し合って下さい」

从´ヮ`从ト「はぁい、狸っていいま〜す。よろしくで〜す(はぁと」

( ^ω^)「よろしくだお!!僕の名前はブーン。ギルドVIPの・・・・・」

47 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/22(火) 21:29:20 ID:x8W.rAo.0
―以下、ブーンと新人メディック達の会話の抜粋―

从´ヮ`从ト「えっ、契約金0・・・?ギルドメンバーが2人・・・?」

从´ヮ`从ト「またの機会に・・・」


( `ハ´)「金が出ないアルか?話にならないアル」


( ^Д^)「契約金0enwwwww乞食プギャーwwwwwww」


( ・3・)「メディック舐めてんの?」



―抜粋、終了―




( ^ω^)「・・・・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「アンタ・・・どーすんのよ」

(; ^ω^)「返す言葉もございませんお」

48 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/22(火) 21:29:45 ID:x8W.rAo.0
(-@∀@)「先ほどのメディックで最後でしたが・・・やはり話し合いは成立しなかったようですね」

ξ゚⊿゚)ξ「契約金0enなんて言ってる私達が悪いんです。仕方ありません」

(-@∀@)「・・・とは言っても、メディックはどうするつもりですか?他所で雇おうとしたら薮医者くずれくらいしか雇えませんよ」

(; ^ω^)「ぐぅ・・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・・」

(-@∀@)「そこで、提案があります」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・!?なんですか?」

(-@∀@)「実は公国の医療試験で、残念ながら1点足りずに不合格になった見習いメディックがいるんですよ」

(-@∀@)「両親もおらず、貧しい生活をしているので、もう一度高額の医療試験を受けることは叶いません。第一、一回目の医療試験だって髪まで売って資金繰りしたんです」

(-@∀@)「それが心苦しくてですね・・・医療試験を持ってないから正式なメディックではないのですが腕前は十分にありますし・・・」

( ^ω^)「・・・そのメディック、いや見習いメディックに会わしてもらえますかお?」

(-@∀@)「良いんですか?」

49 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/22(火) 21:30:20 ID:x8W.rAo.0
( ^ω^)「ええ、これは僕が勝手に会いたいと言い出したんだお。院長さんは何も言ってないお」

(-@∀@)「・・・話の分かる方で良かった。呼んでくるのでしばらくお待ちください」


バタン


ξ゚⊿゚)ξ「アンタ・・・自分のやってること分かってるの?」

( ^ω^)「・・・・・確かに違反だお。医療資格を持たない見習いメディックをギルドに入れて世界樹にいくなんて、公国にバレたらえらい事だお」

( ^ω^)「けど難しいことは考えてもきりが無いお。とりあえず、その見習いメディックと話し合いをするお」

ξ゚⊿゚)ξ(あの院長さんもコイツも・・・底が知れない奴ね)


コンコン


(*゚ー゚)「失礼します」

第四治療室に入ってきたのは、まだ幼子と呼べるような風貌の、可愛らしい少女だった。

50 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/22(火) 21:30:44 ID:x8W.rAo.0
( ^ω^)「キミが見習いメディックかお?」

(*゚ー゚)「はい。しぃと言います。」

( ^ω^)「僕はギルドVIPのギルドマスター、ブーンだお。よろしくだお」

(*゚ー゚)「こちらこそ宜しくお願いします」

( ^ω^)「では、早速だけど仕事の話をするお。まず、ギルドVIPは契約金を用意してないお。これは我慢してもうしかないお」

(*゚ー゚)「ええ。無免許のメディックを雇ってくれるギルドなんてそうそうありませんから。契約金くらいかまいません」

( ^ω^)「おっお。それは良かったお。じゃあちょっと質問したいことがあるんだけど・・・良いかお?」

(*゚ー゚)「はい。どうぞ」

( ^ω^)「君の医療の腕についてだお」

(*゚ー゚)「!!」

51 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/22(火) 21:31:09 ID:x8W.rAo.0
ξ゚⊿゚)ξ(そうね・・・一番重要なことだわ)

(*゚ー゚)「・・・確かに私は医療試験には落ちましたが、実力では他の新米メディックに決して劣りはしません」

( ^ω^)「なら、見せてくれるかお?」

( ^ω^)「今からブーンは自分を斬るお。その傷を治療して、メディックとしての腕前を見せて欲しいんだお」

(*;゚ー゚)「な、何言ってるんですか!!自分で自分を斬るなんて!!!やめてくだ―」


ブシャアッ

鮮血が散る。いつの間にか抜刀していたブーンは、自身の左腕をざっくりと切り裂いていた。

(; ^ω^)「・・・・・がふっ・・・やっぱ分かってても痛いもんだおね」

ξ;゚⊿゚)ξ「アンタ何やってんのよ!!」

(*;゚ー゚)「大変です!院長先生を―」

( ^ω^)「駄目だお!!」

(*;゚ー゚)「ッ!」

52 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/22(火) 21:31:31 ID:x8W.rAo.0
( ^ω^)「君が治療するんだお」

(*゚ー゚)「・・・・はい。では、失礼します」

血が噴出しているブーンの左腕に、しぃが手を伸ばす。
その手には、何本かの試験管が握られていた。

(*゚ー゚)「キュア」

この世界のメディックは、決して魔法なんかを使って傷を癒したりはしない。
あくまで薬を使っての治療である。
ただ、メディックが扱う薬品はこの世界の薬品とは少々異なっており、非常に効果が強いのだ。
そのため、切り落とされた腕を一瞬で癒着し、貫かれた胸を瞬く間に塞ぐことができる。

薬品で回復するのなら、メディックなどいらないのではないか?とお思いになるやもしれない。
しかし、肝心の薬品が非常に難しいのだ。
メディックの薬品は、基本的に複数の種類の液状薬品を、傷の種類・大きさ・毒などの有無に合わせて、その場で混ぜて作るのである。
その際に、一滴でも量を間違えれば、薬は身を焦がす劇薬に化けるのである。
その薬品を作る際の、丁寧さ、早さ、傷を見極め正しい薬を作る知識などはメディックとしてのレベルになるのである。



(*゚ー゚)「・・・治療、終わりました」

53 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/22(火) 21:31:53 ID:x8W.rAo.0
( ^ω^)「おっお。たいしたもんだお。痛みもないし、全く問題なく動かせるお」

( ^ω^)「では、晴れてしぃさんはギルドVIPの仲間だお」

(*゚ー゚)「!!ありがとうございます!」

( ^ω^)「改めてよろしくだお」

ξ゚⊿゚)ξ「私はツン。今後ともよろしく。」

(*゚ー゚)「はい!無免許ですが頑張ります!」

ξ゚⊿゚)ξ(ブーンがいきなり腕切った時は驚いたけど・・・それだけ世界樹への熱意が強い、ってことなのかしら?)

ξ゚⊿゚)ξ(それにしても少し異常だわ・・・)

( ^ω^)

ξ゚⊿゚)ξ(どうして世界樹にそこまで固執するの・・・?)

54 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/22(火) 21:32:15 ID:x8W.rAo.0
( ^ω^)「お?どうしたおツン。僕の顔に何かついてるのかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・いえ。少し考え事してただけよ」

( ^ω^)「それなら早速次の仲間を探しにいくお。できれば今日中にギルドを結成しときたいお」

(*゚ー゚)「あの・・・その前に少し時間を頂きたいんですが・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「・・お別れの挨拶?」

(*゚ー゚)「はい。・・・良いですか?」

( ^ω^)「当然良いに決まってるお!」

(*゚ー゚)「ありがとうございます。では、少し失礼しますね」

55 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/22(火) 21:32:39 ID:x8W.rAo.0
バタン


(*゚ー゚)(・・・やっと冒険者ギルドに入れたよ。一時はもう諦めかけたけど・・・)

(*゚ー゚)(これで会いにいけるよ・・・・ギコ君)



無免許のメディックを仲間に引き入れてしまったギルドVIP。
法的に完全なブラックな旅の始まりとなったが、彼らの冒険はどうなるのだろうか?
すべては世界樹のみぞ知る・・・。

56 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/22(火) 21:33:42 ID:x8W.rAo.0
オマケの職解説

メディック
タイプ:後衛

回復スキルを使える数少ない職業。
味方の回復を本分としており、他の職業ではできない蘇生スキルや全体完全回復スキルなどを使うことができる。まさに回復のエキスパート。

スキルはほとんど回復にかかわるものしか覚えず、戦闘終了時に味方全体のHPを自動で少量回復するパッシブスキル(常に何も消費せずに発動しているスキル)「戦後手当」。
状態異常を回復する「リフレッシュ」。
味方全体に確立戦闘不能予防効果(体力が0になっても中確立でHPが1残る効果)を付与する「レジストデッド」など多彩な回復・支援スキルを覚える。
また、唯一の攻撃スキル「ヘヴィストライク」は習得に苦労するものの、前衛に出て使えば回復役らしからぬ大ダメージを与えることが可能。
パーティの生命線。樹海に舞う白衣の天使。それがメディックである。


※ 原作では医療試験やら回復方法などについては一切触れられていません。薬の混ぜあいうんぬんはすべて作者の妄想です。ご注意下さい。

57 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/22(火) 21:35:26 ID:x8W.rAo.0
第二話投下終了。
前回の教訓を生かしてコピペを活用して一瞬で投下。

あと、支援やら色々してくれてありがとうございやした。

58 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/22(火) 22:12:03 ID:66w9WbcQ0
乙ー
妄想の余地があるのも世界樹のいいところだな

59 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/23(水) 08:34:43 ID:Q1be9KO2O
おお、乙乙待ってたぜ。
脳内でAAキャラが勝手にドット絵に変換されるwww

60 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/23(水) 10:16:25 ID:NJYu7MD60

期待してる

61 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/23(水) 22:50:13 ID:qPQ9gLY60
乙!
〜させてが〜さしてなのが気になる

62 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 20:49:35 ID:mhluEO5Q0
第三話投下します

63 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:00:48 ID:mhluEO5Q0
( ^ω^)が世界樹の迷宮を踏破するようです 第三話



―薬施院 第四治療室―

ξ#゚⊿゚)ξ イライラ

ξ#゚⊿゚)ξ イライライライラ

ξ#゚⊿゚)ξ「だーもぉ!!!あの娘はお別れに何時間かかんのよっ!!!!」

(; ^ω^)「落ち着くお、ツン。まだ1時間半しかたってないお。別れの挨拶は長くなるもんだお」

ξ#゚⊿゚)ξ「1時間半『も』、よ!!阿呆!!!」

ξ#゚⊿゚)ξ「あーもうあったまきたぁぁぁあ」

(; ^ω^)「ツン!!鞭を取り出すのは止めるお!!いくら僕が甲冑を着てるからと言って―」


ヒュンッ!


ツンの鞭が空気を切り裂く

64 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:01:17 ID:mhluEO5Q0
パチンッ!


( ゜ω゜)「アヒンッ!」

ブーンの甲冑のつなぎ目を狙い、正確に繰りだされた皮の鞭の一撃。

ξ゚⊿゚)ξ「退屈だわ。暇つぶし」

(; ^ω^)「ちょ、ツン?僕ギルドマスターだお?怒りすぎだ・・・アヒンッ!フヒュウ!痛いお!!止めて!やm―アウッ!!!」

ξ#゚⊿゚)ξ「ほらほら跪きなさきこの白豚ァ!」

( ゜ω゜)「痛い!!痛いお!!アウッ!ハヒィィン!!!!」

65 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:02:00 ID:mhluEO5Q0
〜30分後〜


ガチャ

(*゚ー゚)「すいません。遅くなりまs」

ξ゚⊿゚)ξ「分・か・る?私はあなたのご主人様よ。白豚」

( ^ω^)「ぶひぃ!ブーンはご主人様のペットでございますぅ!!」

ξ゚⊿゚)ξ「ふふ・・・良い子ね。じゃあ次は私の足をなm・・・・・あ」



(*゚ー゚)


ξ゚⊿゚)ξ


( ^ω^)




(*;゚ー゚)「えーと、部屋、出たほうが良いですかね?」

66 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:02:25 ID:mhluEO5Q0
ξ;゚⊿゚)ξ「いやいやいやいやいやいやいやいや。なにもやましいことはございませんよしぃさん。どうぞおくつろぎください」

(; ^ω^)「ち、ちょっとした訓練をしてただけだお!後、ツン。全部ひらがなになってるお!!」

(*゚ー゚)「いえ、まぁ・・・私そういうコトに偏見とか持ってないんで。大丈夫ですよ」

ξ;゚⊿゚)ξ「違うッ!違うわッ!!決してコイツとはそんな関係じゃないのよ!!!」

(; ^ω^)「そうだお!ブーンとツンはただの主従関係・・・じゃなくてギルド仲間だお!!」

ξ゚⊿゚)ξ「アンタ何主従関係とか言ってんのよ阿呆!!!」


パチンッ!


( ゜ω゜)「アヒンっ!!い、イイッ!!!」

ξ#゚⊿゚)ξ「良いとか言ってんじゃないわよっ白豚!!!」


パチンッ パチンッ


( ゜ω゜)「アヒン!ほひゅう!もっとぉ!!!アッー!!!イイっ!!!!」ビクビクン


(*゚ー゚)

67 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:02:55 ID:gyBSHqBgO
www

wwwwwwwww

68 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:03:07 ID:mhluEO5Q0
―ハイ・ラガード公国 広場―


( ^ω^)「さぁ次はアルケミストをスカウトするお」

ξ゚⊿゚)ξ「そうね。そうしましょう」

(*゚ー゚)(何事も無かったことになってる・・・・)

ξ゚⊿゚)ξ「それなら錬金術師が集まって住んでいる "錬金通り"が良いかもしれないわね」

( ^ω^)「錬金通り?」

(*゚ー゚)「あ、私知ってますよ。アルケミストだけが住んでいる路地裏ですよね」

ξ゚⊿゚)ξ「そう。ここらじゃ有名よね・・・・汚いことで」

( ^ω^)「お?アルケミストって賢くて偉いんじゃないのかお?」

69 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:03:32 ID:mhluEO5Q0
ξ゚⊿゚)ξ「二流・三流のアルケミストなんて全然稼げないわよ。『手から雷やら氷が出せます』ってことだけが売りの職だから、マトモな収入は得られないのよ。だからゴミやら虫やら増え放題。噂によると実験なんかで変な臭いもするとか」

( ^ω^)「でも僕の知ってるアルケミストは大金持ちばかりだお?ハインリッヒ高岡博士とか・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「大金持ちになれるのはほんの一部の成功者だけよ。新定理や術式の法則を見つけない限り無理無理。それくらい知っときなさい阿呆」

( ^ω^)「お・・・。ふがいないお」

ξ゚⊿゚)ξ「ま、それで金に困って冒険者になるアルケミストが多いのよ。その一人を今から雇いに行くわよ」

( ^ω^)「ふむふむ。分かったお。じゃあ・・・」

(*゚ー゚)「錬金通りに向かいましょう!」

( ^ω^)「だお!!」(セリフとられたお!)

70 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:03:55 ID:mhluEO5Q0
―ハイ・ラガード公国 六番通り裏 通称『錬金通り』―

ブーン達が足を踏み入れた錬金通り。そこは噂以上に酷い有様であった。
細く狭い路地を原型を留めていないゴミが塞ぎ、空はなんとも形容し難い色に変色している洗濯物で覆われている。
腐敗しているように見える壁をゴキブリや見たことの無い蟲が蠢き、『六番通り裏』と書かれているプレートには謎の黄土色の粘着物が付着している。

そして、何よりも酷いのは臭いである。まだ通りに入っていないというのに、化学物質を混ぜたときに生じる、独特の鼻を刺す臭いがプンプンするのである。
そこに洗濯物の水っぽい臭い、ゴミや糞便の臭いが混ざり、とても素敵な感じの臭いになっているのだ。


( ^ω^)「・・・これは酷い」

(*゚ー゚)「初めて来ましたけど・・・噂以上ですね」

ξ゚⊿゚)ξ(これは・・・・)

71 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:04:19 ID:mhluEO5Q0
( ^ω^)「じゃあみんな、しょうがないから鼻をつまんで進mξ゚⊿゚)ξ「ブーン一人で行けるわよね?」

( ^ω^)「え?」

ξ゚⊿゚)ξ チラッ (しぃ・・・分かるわね?)

(*゚ー゚) ハッ (・・・!そういうことですね!分かりました!)

(*゚ー゚)「こういう狭い路地を行くときは、三人で行くより一人で行った方がやりやすいんですよね、ツンさん!」

ξ゚⊿゚)ξ「ええ。そこでやっぱり『ギルドマスター』のブーンに頼もうと思ったんだけど・・・ダメ?」

(*^ー^)「こういうときはやっぱり頼りがいのある『ギルドマスター』ですよね!」

72 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:04:40 ID:mhluEO5Q0
( ^ω^)「うーん・・・」(ギルドマスター、か・・・)

ξ゚⊿゚)ξ「頼りがいのあるタフネスな『ギルドマスター』!」

(*゚ー゚)「できる『ギルドマスター』ってステキ!」

ξ゚⊿゚)ξ「モテカワスリムの『ギルドマスター』!」

(*゚ー゚)「昇天ペガサス『ギルドマスター』盛り!」

( ^ω^)(いい響きだお・・・)


( ^ω^)「そうだおね。じゃあここは『ギルドマスター』のブーンが行ってくるお」

ξ゚⊿゚)ξ「ありがと。じゃあ私たちは適当にそこらで待ってるから。終わったら探しに来てね、『ギルドマスター』のブーン」

(*゚ー゚)「がんばってくださいね。『ギルドマスター』のブーンさん」

( ^ω^)「ありがとうだお。・・・では行ってくるお!『ギルドマスター』のブーンが!!!」


高らかに宣言すると、やけに機嫌が良さそうなブーンは鼻をつまみながら錬金通りの闇の中へ消えていった。

73 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:05:03 ID:mhluEO5Q0
ξ゚⊿゚)ξ「しぃ・・・ナイスプレイよ」

(*゚ー゚)「いえいえ。こんな場所に入るなんて生理的に無理ですからね」

ξ゚⊿゚)ξ「ですよねー(笑) さ、じゃあ喫茶店でお茶でもしましょうか。私良い店知ってるのよ!」

(*^ー^)「良いですね!」

74 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:05:49 ID:mhluEO5Q0
―ハイ・ラガード公国 六番通り裏 通称『錬金通り』―


一方こちらは錬金通り。一人、鼻をつまみながら歩くブーンである。
盾でゴミを蹴散らし、えげつない色になっている洗濯物をかいくぐりながら狭い路地を進む。

(ヽ´ω`)「お・・・これはキツいお」

鼻をつまんでもなお臭う異臭。
異臭に耐えながら狭い面積に密集しているぼろぼろのドアを叩いていく。


コンコン


(ヽ´ω`)「すいませーん。こちらギルドVIPという冒険者ギルドなんですが・・・」


へんじがない。ただのいるすのようだ。
ブーンはNHKの集金係りになったような気分を抱きながら、次から次へとドアを叩いていく。

コンコン

コンコン

コンコン


大抵返事は無いが、たまに怒声と共に酒の空き瓶などが投げられてくる。
とんだ無法地帯である。これではスラムではないか。果たしてこんな場所でまともな人材を得ることができるのか疑問である。

75 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:06:19 ID:mhluEO5Q0
(ヽ´ω`)「お・・・これで三十七軒目だお・・・」


コンコン


(ヽ´ω`)「すいませーん。ギルドVIPというものなんですが・・・」

・・・・五秒・・・・・十秒
また居留守か、と思い次の家へ向かおうとするブーン。

その時、ガチャリとドアが開いた。

('A`)「なんの用だ?」


ドアを開けたのは、ボサボサの黒い髪を持つ、痩せぎすの男だった。手に特徴的な籠手を着けているので、間違いなくアルケミストであろう。


(ヽ´ω`)「僕は冒険者ギルド『ギルドVIP』のギルドマスター、ブーンという者ですお。アルケミストを雇いたくてここにスカウトに来てるんですお」

(ヽ´ω`)「失礼ですが・・・あなた、アルケミストですおね?」

76 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:07:25 ID:mhluEO5Q0
('A`)「ククク・・・ああその通りだ。俺はアルケミストのドクオ。『獄炎』のドクオだ」

( ^ω^)(あ、なんかコイツ駄目っぽいお。人として)

('A`)「冒険者ギルドか・・・入るのもやぶさかでは無いのだが・・・幾らもらえるんだ?」

( ^ω^) 「えーと、悪いのですが新米ギルドだから資金面に余裕が無いんですお。だから契約金は出せないお」

('A`)「契約金が出ない・・・だと・・・。ククク・・・我と契約したいと言うのに結構な条件だな」
     インフェルノ
('A`)「この獄炎のドクオを契約したいのならもっと大金を用意しろ。それならば考えてやる」

77 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:08:08 ID:mhluEO5Q0
( ^ω^)(獄炎・・・ね。じゃあその大層な名前の実力を見せてもらうとするお)

( ^ω^)「失礼ですがドクオさん」
   インフェルノ
('A`)「獄炎と呼べ。なんだ?」

( ^ω^)「そこまでおっしゃるのなら、あなたの腕前が見たいですお。今ここで"術式"を使ってくれませんかお?」


アルケミストの"術式"。
それは、アルケミストが扱う不思議な力であり、腕に装着した籠手から火・氷・雷などを出現させる、まるで魔法のような技術である。
しかし、この世界に魔法は存在しない。アルケミストは科学により火や雷を操るのだ。
その籠手は科学の結晶であり、籠手の内部にある複雑な装置の中で化学反応を起こし、火や雷を生み出すのだ。
その籠手から火などを生み出すまでの一連の行動を"術式"と呼ぶのである。火を生み出すのが『火の術式』で、雷を生み出すのは『雷の術式』である。


('A`)「・・・ほう、言うではないか」
                          インフェルノ
('A`)「そこまで言うのならとくと見るが良い・・・この『獄炎』の術式をな!!!」

ドクオが右手の籠手をガチャガチャと触る。
しばらく経つと、ドクオの右手の籠手、その掌の水晶体が紅く光り始めた。

('A`)「はぁぁぁぁああああああああああああああああああ!!!!!!!1!11!!」

紅い光が強くなっていく!!!

78 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:08:38 ID:mhluEO5Q0
('A`)「『火の術式』ッッ!!!!」




ポッ




ドクオの掌に小指ほどの大きさの火が現れた。

79 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:08:55 ID:mhluEO5Q0
( ^ω^)「・・・・・・・」

('A`)「ふっ・・・・今のはメラでは無い。メラゾーマだ・・・・」

( ^ω^)「・・・・・・・」

( ^ω^)「それではドクオさん。失礼ですがこの話は無かったことにさせて頂きm(;A;)「すまん!待ってくれ!!!」

80 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:09:14 ID:mhluEO5Q0
(;A;)「ああ、そうさ!どうせ俺は三流パチモン詐欺アルケミストさ!部屋の中で生活できるって理由でアルケミストを目指したけれど、勉強が難しくて挫折。二年間独学で炎系統の術式を勉強した結果がさっきのマッチみてぇな火だよ!!!」

(;A;)「まともな職に就かず、ずっと火の術式の勉強だけしていたから最早生活費もままならねぇ!ギルドの面接だっていったけれど百四十八件回って全滅だ!」

(;A;)「ブーンさん。あんたに情けがあるなら俺を雇ってくれ!!!もう食っていくこともままならいんだ!三日前はゴキブリを食おうかという誘惑と戦ったりしていた!契約金なんていらねぇ!頼む!!!!!」

( ^ω^)「だけd(;A;)「頼む!!!!!!!11!!!11!!」

( ^ω^)「k(;A;)「頼む!!!!1111!!!!!!1111111!」


大声で泣きじゃくり、汚い床に這いつくばる、汚らしい格好をしたアルケミスト。
どこからどう見たってまともな男ではない。


( ^ω^)(―だけど)

81 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:10:05 ID:mhluEO5Q0
( ^ω^)(この男からは、ブーンと同じ『熱意』を感じるお・・・・)

(;A;)「頼む・・・カーチャンからの仕送りも来なくなってるんだ・・・家賃も二年滞納してるんだ・・・頼む!」

( ^ω^)「良いお」

(;A;)「頼れる友達だっていない・・・昔から苛められていて・・・・格好いいからって獄炎なんて名乗って・・・頼m」

( ^ω^)「だから雇うって行ってるお」

(;A;)「えっ!?」

(;A;)「俺を雇ってくれるのか!?本気で?こんな駄目人間を?」

( ^ω^)「そうだお。早く涙を拭くお。他のギルドメンバーに紹介しにいくお」

(;A;)「ぶ、ブーンさん・・・」

(;A;)「うわぁあああああああん!!!!!11!」

( ^ω^)「お!苦しいお!抱きつくなお!離すお!あ〜もう鼻水が」

82 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:10:44 ID:mhluEO5Q0
(;A;)「すまねぇブーンさん・・・あまりにも嬉しくて・・・・」

( ^ω^)「ま、よろしくだお」

(;A;) グシグシ

('A`)「おう!よろしくお願いしますッ!」


スッ

ブーンが手を差し出す。

汚い路地裏で、二人の男が固く手を繋いだ。

83 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:11:12 ID:mhluEO5Q0
―ハイ・ラガード公国 とある喫茶店―


日が沈みかけ、薄暗くなってきた外に比べ、随分と華やかな喫茶店。
その店内に、二人の女性の声が響く。


ξ゚⊿゚)ξ「でさ〜その男がさ〜」

(*^ー^)「アハハッ!その話面白いですね〜!」

ξ゚⊿゚)ξ「でしょ?しかもその後・・・・」

(*^ー^)「アハハハハハハハハッ!!!もう最高です!!」


ツン達である。
ブーンがドクオを仲間にするまでの一時間余り、ずっと談笑していたようだ。
また、随分食べたようで、小洒落たテーブルには沢山の小皿や空きカップが並んでいる。果たして何enになるのであろうか。

84 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:11:28 ID:mhluEO5Q0
カランカラン



( ^ω^)「ツン!こんな所にいたのかお!」

ξ゚⊿゚)ξ「あら、思ったより早かったわね。もっとかかると思って喫茶店に入っちゃった」

( ^ω^)「全く・・・大変だったんだお?」

(*゚ー゚)「お疲れ様です『ギルドマスター』。・・・その人がアルケミストですか?」


('A`)


ξ゚⊿゚)ξ「え?ただの浮浪者でしょ?」

85 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:11:48 ID:mhluEO5Q0
( ^ω^)「・・・・・こちらが新しいギルドVIPの仲間、アルケミストのドクオだお」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・・なんかごめんなさいね」

('A`)「いや、慣れてますから・・・・ハハハ」

('A`)(他のギルドメンバーが女性二人だと!?しかも美人!sneg?ちくしょう緊張するぜ!)

( ^ω^)「じゃ、ドクオ。改めて自己紹介するお」

('A`)「あ、ああ・・・・」

('∀`)「二つ名は『漆黒ノ獄炎ヲ操ル者』。・・・アルケミストのドクオだ。人間共よ、以後宜しく頼む」 ニタァ



ξ゚⊿゚)ξ


(*゚ー゚)


( ^ω^)(またやらかしたかお・・・・)



少々問題のある性格だが、アルケミストのドクオを無事仲間にしたブーン一行。
パーティ結成まであと一人。ついに世界樹の迷宮に突撃か?
すべては世界樹のみぞ知る。

86 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:12:10 ID:mhluEO5Q0
オマケの職解説


アルケミスト
タイプ:後衛

炎・氷・雷の属性攻撃を操る黒魔法使いポジションな職。
TP(MPと同義)が全職で最も高く、スキルを使ってなんぼの職と言えるだろう。

敵単体に氷属性攻撃を行う「氷の術式」、さらに威力の高い氷属性攻撃を行う「氷結の術式」、そして敵全体に氷属性攻撃を行う「大氷乱の術式」といった風に属性攻撃がパワーアップしていく感覚でスキルを覚えていく。
また、覚えるのも難しく、消費TPも莫大だが絶大な威力を誇る敵単体無属性攻撃「核熱の術式」を使うこともできる。

また、属性攻撃は物理属性に耐性がある敵に大ダメ−ジを与えることができる。

属性攻撃に関しては他の追随を許さない、優秀な後衛アタッカーである。

87 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:13:56 ID:mhluEO5Q0
>>61

訛りが出ますた
ま、まだ許容範囲だよね?
以後気をつけます。指摘ありがとう

88 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 21:21:51 ID:gyBSHqBgO
乙乙。このドクオは化けるな

>>1はギルドにとりあえずで全職登録するタイプ?

89 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 22:34:39 ID:ffXLH3qc0
ていうか化けてくれなきゃパーティが壊滅してしまうわ
そういえば俺もアルケミストはドクオの名前で登録したなぁ

90 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 22:50:50 ID:1tCp/Ypg0
今電源つけたら全員お菓子の名前だった

91 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/25(金) 23:49:51 ID:6YCmKChk0
乙!

92 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/26(土) 13:12:51 ID:fpX9QUoU0
昇天ペガサスMIX乙

93 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/26(土) 16:40:31 ID:gX.1CJ.I0
乙!
自分のドクオはカースメーカーだった。睡眠便利すぎだろjk

94 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:13:17 ID:tLtFezUU0
第四話投下します


なんでこんな時間にいるのかって?・・・・察しろ

95 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:13:44 ID:tLtFezUU0
( ^ω^)が世界樹の迷宮を踏破するようです 第四話



―ハイ・ラガード公国 とある喫茶店―


華やかな店内にブーン達、ギルドVIPの声が響く

ξ゚⊿゚)ξ「で、最後のメンバーの職は何にするの?」

( ^ω^)「えーと・・・今は前衛二人に後衛二人だから・・・前衛か中衛職が良いんだおね?」

ξ゚⊿゚)ξ「あら、バランスが分かってきたみたいね。その通りよ」

( ^ω^)(・・・そりゃあんだけ語られたら理解できるお)

(*゚ー゚)「前衛職ならソードマン、中衛職ならレンジャー、バードってとこでしょうか」

96 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:14:07 ID:tLtFezUU0
ξ゚⊿゚)ξ「そうね・・・やっぱりソードマン(剣士)が無難かしら」

(*゚ー゚)「けど補助役のバード(吟遊詩人)も欲しいところですね」

('A`)「・・・迷宮探索のプロ、レンジャー(狩人)は?」

(*゚ー゚)「レンジャーは駄目です!!」

('A`)「へ!?」

ξ゚⊿゚)ξ「夢幻陣形(笑)」

(*゚ー゚)「サジタリウスの矢(笑)」

ξ゚⊿゚)ξ「採取をするだけの簡単なおしごt!!ああっと!(笑)」

(*゚ー゚)「まあとにかくレンジャーは駄目です」


('A`)「・・・ブーンさん。俺、何か悪いこと言ったかな」

( ^ω^)「違うお・・・すべてはバグが悪いんだお」

97 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:16:47 ID:dMRf8MHU0
ベスト版では修正されたよ!

98 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:16:52 ID:tLtFezUU0
失礼。ブーンのAAミスったから投下しなおします

99 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:23:41 ID:tLtFezUU0
( ^ω^)が世界樹の迷宮を踏破するようです 第四話



―ハイ・ラガード公国 とある喫茶店―


華やかな店内にブーン達、ギルドVIPの声が響く

ξ゚⊿゚)ξ「で、最後のメンバーの職は何にするの?」

( ^ω^)「えーと・・・今は前衛二人に後衛二人だから・・・前衛か中衛職が良いんだおね?」

ξ゚⊿゚)ξ「あら、バランスが分かってきたみたいね。その通りよ」

( ^ω^)(・・・そりゃあんだけ語られたら理解できるお)

(*゚ー゚)「前衛職ならソードマン、中衛職ならレンジャー、バードってとこでしょうか」

100 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:24:02 ID:tLtFezUU0
ξ゚⊿゚)ξ「そうね・・・やっぱりソードマン(剣士)が無難かしら」

(*゚ー゚)「けど補助役のバード(吟遊詩人)も欲しいところですね」

('A`)「・・・迷宮探索のプロ、レンジャー(狩人)は?」

(*゚ー゚)「レンジャーは駄目です!!」

('A`)「へ!?」

ξ゚⊿゚)ξ「夢幻陣形(笑)」

(*゚ー゚)「サジタリウスの矢(笑)」

ξ゚⊿゚)ξ「採取をするだけの簡単なおしごt!!ああっと!(笑)」

(*゚ー゚)「まあとにかくレンジャーは駄目です」


('A`)「・・・ブーンさん。俺、何か悪いこと言ったかな」

( ^ω^)「違うお・・・すべてはバグが悪いんだお」

101 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:24:28 ID:tLtFezUU0
ξ゚⊿゚)ξ「で、結局どの職を雇うの?」

( ^ω^)「そうだおね・・・悩むけれど・・・」

( ^ω^)「とりあえず街に出て、仲間になってくれる人を雇うお!」

ξ−⊿−)ξ ハァ

ξ゚⊿゚)ξ「・・・相変わらず考え無しの阿呆ね」

(*゚ー゚)「ま、確かに悩んでもしょうがないですしね」

( ^ω^)「じゃ、早速仲間を探しに行くお!ところで・・・これはなんだお?」

立ち上がったブーンにツンが一枚の紙を渡す

102 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:24:42 ID:tLtFezUU0
ξ゚⊿゚)ξ「あ、ああ。それは代金表よ。払っといてねギルドマスター」

(*゚ー゚)「すいませんギルドマスター。ここのお茶美味しくてついつい・・・」

今更だが、この世界の通貨『en』について説明しよう。
形状は中世の西洋で使われていたコインに似ており、この世界の万国共通通貨として使われている。
また、1enは現代の日本円に換算すると100円である。


(; ^ω^)「だ・・・代金は・・・100en!?ちょっと待つお!ツン!出て行くなお!!しぃ!!!あっ、ドクオまで!!!!!」



つまり、100enは一万円である。

103 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:24:58 ID:tLtFezUU0
ブーンが泣く泣く財布を開いているころ、時を同じくして一人の男がハイ・ラガード公国に入国していた。


( ФωФ)


男の名はロマネスク。長い黒髪に引き締まった巨体。そして目に特徴的な傷がある。
変わった服を着て、腰には異様に細く、いささか頼りなく見える剣を下げている。

この男もまた、世界樹の迷宮に惹かれ、ハイ・ラガードにやってきたのである。



・・・・・半裸で



( ФωФ)(少し寒いな・・・)

104 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:30:00 ID:tLtFezUU0
―ハイ・ラガード公国 広場―


( ^ω^)「ツン・・・しぃ・・・初任給を覚悟しておくことだお」

ξ゚⊿゚)ξ「あらあら給料でしか自分の怒りを示せないなんて小さな男ね」

(*゚ー゚)「まぁまぁ。早く次の仲間を探しにいきましょう。もう日が暮れてしまいましたよ」

しぃが言うとおり、街はすっかり闇夜に包まれている。

('A`)「そうだな。早く五人目を仲間にしてギルドを結成しないとな」

( ^ω^)「お!じゃあ・・・やっぱり・・・酒場にでも行くかお?」

105 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:30:24 ID:tLtFezUU0
ξ゚⊿゚)ξ「うーん、酒場も良いけど情報料取られるからあまり良くは無いわね。多いとこだと500en取ったりするわよ」

( ^ω^)「お?でもツンを仲間にするときは5enで済んだお?」

ξ゚⊿゚)ξ(・・・・・あの酒場の主人。いつか殺す)

('A`)「どこかに新人冒険者が転がってないもんかね」

(*゚ー゚)「まさかそんな旨い話が・・・アレ?」


向こう側の道から誰かが歩いてくる。
闇夜を切り分け歩いてきた男は・・・・

106 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:30:40 ID:tLtFezUU0
( ФωФ)


ロマネスクであった。




( ^ω^)

ξ゚⊿゚)ξ

('A`)

(*゚ー゚)


・・・・・半裸の

107 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:31:08 ID:tLtFezUU0
(*゚ー゚)「へ、へんt」

('A`)「待て!通報はまだだ!上半身だけならセーフだ!きっとなにかしらの事情であんな格好をしているんだよ!」

ξ゚⊿゚)ξ「やけに変態の肩を持つじゃないドクオ。あなたも露出癖があるの?」

('A`)「違う!・・・ただ、昔飲みすぎて全裸で街を徘徊したことがあるだけだ」

( ^ω^)「おまわりさんコイツですお」

ξ゚⊿゚)ξ「ギルドVIPの恥晒しめ」

(*゚ー゚)「変態」

('A`)(くっ・・・・しぃちゃんに罵ってもらえるなんてッ・・・たまらん!!!)



( ФωФ)「すまないである」

( ^ω^)「うおビックリしたぁ!」

いつの間にか半裸の男がブーンの後ろに立っていた。

108 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:31:24 ID:tLtFezUU0
( ФωФ)「驚かせてしまったようであるな・・・。すまない」

( ^ω^)「いや、大丈夫ですお。どうしたんですお?」

( ФωФ)「世界樹の迷宮への入り口が何処にあるかを知りたいのであるが・・・知っているか?」

( ^ω^)(この人・・・冒険者かお?いや、道を尋ねるってことは新米冒険者。しかも一人・・・)

( ^ω^)(つまり・・・スカウト対象!!!)

( ^ω^)「世界樹の入り口ならこの広場からあの道を垂直に飛び上がってうんぬんかんぬん・・・」

( ФωФ)「ふむ・・・ありがとうである」

( ^ω^)「いやいや困ったときはお互い様だお」


半裸の男はブーンに教えてもらった道を歩いていく。
恐らくこれから世界樹に挑むつもりなのであろう。

109 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:31:40 ID:tLtFezUU0
( ^ω^)「さっきの男の職・・・なんだと思うお?」

(*゚ー゚)「えーと・・・腰に剣を下げていたし・・・ソードマン?でもそれにしては軽装でしたね」

ξ゚⊿゚)ξ「軽装というか、半裸だったわね。ただの変態じゃないの?」

( ^ω^)「ふむふむヘンタイかお・・・前衛職かお?」

(*゚ー゚)(ここはツッコムべきなの・・・?)

('A`)「・・・・・たぶんだが、"ブシドー"って奴じゃないかな」

(*゚ー゚)(スルーが正解か・・・)

110 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:32:02 ID:tLtFezUU0
( ^ω^)「知っているのかドクオ!」

('A`)「ああ・・・ブシドーとは東洋から来た剣士でな。ここら国で使われている剣とは違う、変わった形状の『刀』っつー武器を使うらしい」

('A`)「まあそれぐらいしか知らんが・・・剣士だから前衛職なんじゃないか?」

( ^ω^)「ならスカウト決定だお!早速世界樹の入り口に向かうお!」

('A`)(チッ・・・あのオッサンを雇うのか・・・どうせならサラシ巻いた女ブシドーとかが良かったな・・・)

ξ゚⊿゚)ξ「追いかけてスカウトするの?」

( ^ω^)「ふっふっふ、ただスカウトするんじゃあないお。僕に考えがあるんだお!」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・・アテになるのかしら」

(*゚ー゚)「ちょっと望み薄ですね」

( ^ω^)「ひどいお!仮にもギルドマスターなのに!!!」

ギルドVIPは賑やかに喋りながら、先程の男が進んだ道を歩いく。

111 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:32:46 ID:tLtFezUU0
―世界樹の迷宮 入り口―

|  ^o^ |「ここはじゅかいのいりぐちです」

|  ^o^ |「わたしはけいびのえいへいです」

|  ^o^ |「なんというかいせつてきなひとりごと」

|  ^o^ |「おや、もうよるのはちじですか」

|  ^o^ |「ねむいですね」

|  ^o^ |「ねましょう」

|  ^o^ |「はたしてわたしがとうじょうしたいみがあるのか」

|  ^q^ |zzzZZZ

112 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:33:02 ID:tLtFezUU0
ガサッ


( ФωФ)「ふむ・・・寝たか」

( ФωФ)「一人でぶつぶつ言ってるときはどうしたものかと思ったが・・・ザラな警備であるな」

( ФωФ)「では・・・いざ樹海へ、参る!」

113 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:33:15 ID:tLtFezUU0
― 迷宮内部 ―
〜第一階層 古跡の樹海 1F〜


( ФωФ)(ここがハイ・ラガードの樹海)

( ФωФ)(・・・・あの樹海とさして違いなないようであるな)


緑に包まれた樹海。これが世界樹の迷宮。
静かに歩みを進めるロマネスクに、魔物の影が立ちふさがった


( ФωФ)「・・・早速出たか」

針ネズミが二体現れた!

114 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:33:34 ID:tLtFezUU0
―その頃、樹海入り口では―



('A`) 「・・・あの男はもう樹海に入っちまったようだな」

(*゚ー゚)「追跡失敗ですね」

( ^ω^)「いや、計画通りだお」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・計画ねぇ。で、その計画ってなんなのよ?」

( ^ω^)「ふっふっふ、それはだおね・・・」

115 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:33:52 ID:tLtFezUU0
―古跡の樹海 1F―


( ФωФ)(ふむ・・・見たことのない魔物だ)


黄色い皮に包まれた小さなネズミのような魔物。
その体表には小さな体に不釣合いな大きく、鋭いトゲが無数に生えている。

( ФωФ)(あのトゲが奴の得物か・・・)

二匹の魔物は小さく、高い声で鳴くと、左右から同時に襲い掛かってきた!

( ФωФ)(ぬるい!)

ロマネスクは、瞬時に細すぎる剣・・・ドクオいわく"刀"を抜き、右から迫り来る魔物に切先を向ける。
相手の体当たりの勢いを、そのまま利用して体を貫くのだ。

116 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:34:09 ID:tLtFezUU0
ザシュウ


肉が切れる音がする。
刀が、魔物の体表に刺さる。

しかし、断ち切れてはいない。

( ФωФ)(このまま・・・貫く!)

ロマネスクは刀に力を込めるが、いくら力を込めても硬いトゲが刀を通さない。

(; ФωФ)(なっ・・・馬鹿な!)

その時、左から来ていた魔物の体当たりが、ロマネスクに炸裂する。
直撃。鋭いトゲが腹部に刺さり、血が吹き出る。

(メ ФωФ)「がはぁっ・・・・」

117 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:35:07 ID:tLtFezUU0
―樹海入り口―


( ^ω^)「なに、策と言っても大したものじゃないお。簡単な話。」

( ^ω^)「さっきの男は世界樹の入り口を聞いてきた・・・ってことは今から樹海に挑む新米冒険者ってことが分かるお」

(*゚ー゚)「その通りですね」

( ^ω^)「けど、あの男は新米にも関わらず、一人で樹海に向かったお・・・その結果はどうなるお?」

ξ゚⊿゚)ξ「間違いなく失敗・・・」

( ^ω^)「そこでボロボロになって樹海から出てきたところを、しぃが回復してあげたり、ブーンが協力を申し出たりして、仲間にするんだお!名づけて『傷ついた犬を助ける作戦』!」

('A`) 「成るほどな・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「まぁアンタにしては良く考えたじゃない。けど問題は・・・」

(*゚ー゚)「生きて出てくることができるか・・・ですね」

ブーン達は、深く、暗い樹海の入り口を見つめた。

118 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:35:21 ID:tLtFezUU0
―古跡の樹海 1F―


(メ ФωФ)(こやつら・・・強い!吾輩の力が通じないとは・・・!)

(メ ФωФ)(いや・・・こんな強い魔物が1Fに出てくるのはおかしいである・・・もしや)

(メ ФωФ)(この樹海では吾輩が今まで鍛えた剣術は通用しないのであるか!?)

魔物が赤い舌をチロチロと出し入れしながら、後ろに飛び退く。
刀に刺さっていたほうの魔物も、刀を掴むと、勢い良く刀を引き抜き、自由の身となっていた。

(メ; ФωФ)(この状況・・・マズイである)

119 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:35:38 ID:tLtFezUU0
(メ ФωФ)(いや、焦ってはならぬ。先程の攻撃で学んだ事を冷静に分析するのだ)

針ネズミが再び体当たりをしてきた!

(メ ФωФ)(・・・皮のトゲは硬く、切れない。ならば)

(メ ФωФ)(皮に包まれていない腹を狙う!)

ロマネスクは身をかがめ、針ネズミの体当たりをかわす。
そして、頭上を通り過ぎようとしている針ネズミの白い腹部に刀を一閃、切り裂いた。

魔物が断末魔を上げ、血を撒き散らしながら地に伏す。

120 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:35:54 ID:tLtFezUU0
(メ ФωФ)(まずは一匹・・・)

しかし、ロマネスクが片方の魔物を相手にしている間に、もう一匹の魔物が眼前まで迫っていた!


ザクシュ


魔物の鋭いトゲがロマネスクの左肩を貫いた!!


(メメ ФωФ)「がっはぁ!」

肩から血が噴出す。

(メメ ФωФ)「くっ・・・かはっ」

口から血が漏れる。

(メメ ФωФ)(あと一撃喰らえば・・・死ぬな)

121 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:37:01 ID:tLtFezUU0
(メメ ФωФ)「・・・・・・クックック」

なにがおかしいのか、シャブでもキメたのか、ロマネスクは笑い始めた。

(メメ ФωФ)「このような命の賭博、奪い合いこそが吾輩の求めていたもの!やはり樹海探索は止められん!」

大音声で叫び、ロマネスクは刀を動かした。


カチャリ


刀を眼の高さまで上げ、胴より下をがら空きにする、攻めの構え。
"上段の構え"である。

122 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:37:39 ID:tLtFezUU0
魔物ががら空きになった胴をめがけて飛びかかる!


(メメ ФωФ)「――――斬馬」


刀を、上段の構えから一気に振り下ろす。
高度をつけ、勢いのついた刀身は魔物の硬いトゲをも容易く切り裂いた。

(メメ ФωФ)(終わったか・・・・)

魔物の体は二つに両断され、少し痙攣した後動かなくなった。


ヨロッ


(メメ ФωФ)「ぐっ・・・がふっ・・・」

再びロマネスクの口から血が噴出す。
二つの傷口からも血が止まることなく溢れている。

123 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:37:55 ID:tLtFezUU0
(メメ ФωФ)(無念だが・・・一度・・・・・引く・・・である)

ロマネスクは刀を鞘にしまい、杖がわりにして倒れそうな体を支え、後ろに歩き始める。

(メメ ФωФ)(いかん・・・前が見え・・ん・・・・これでは・・まるで・・)

(メメ ФωФ)(あの時のよう・・・だ)

124 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:38:08 ID:tLtFezUU0
―樹海入り口―

ξ゚⊿゚)ξ「あっ、出てきたわよ!」

ザッザッザッ

(メメ ФωФ)

刀を杖に、体を引きずるようにして男が樹海から出てきた。

バタン

男が倒れる

( ^ω^)「しぃ!早く薬を!」

(*゚ー゚)「ええ!既に調合を始めています!」

125 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:38:29 ID:tLtFezUU0
(*゚ー゚)(刺突による傷口が二つ・・・また、胴への攻撃による内臓の損傷による吐血・・・)

(*゚ー゚)(処方すべきは・・・この薬品!)

しぃが薬を混ぜ合わせ、傷口にかけると、男の傷がみるみる回復した。

( ФωФ)「・・・・ここは」

男が眼を開ける。

( ^ω^)「ここは樹海の入り口だお。僕たちはギルドVIP。一人で樹海に向かったあなたが心配で待ってたんだお」

( ФωФ)「そうか・・・それはすまないである」

126 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:39:21 ID:tLtFezUU0
 ^ω^)「困ったときはお互い様だお。僕の名前はブーン、あなたは?」

( ФωФ)「ロマネスクと申す。世界樹を求めて、はるか東より来たブシド−だ」

ロマネスクと名乗った男は立ち上がり、ブーンたちに頭を下げた。

( ^ω^)「おっお!気にしなくて良いお!それより、ロマネスクは一人なのかお?一人で樹海に潜るのは危険だお」

( ФωФ)「ああそうであるな。吾輩の剣術であればいけると思ったのであるが、どうもあの樹海では通用しないようである」

( ^ω^)「そう。一人で樹海に潜るのが危険なら、仲間と行けば良いんだお」

( ^ω^)「というわけで、ロマネスク。僕たちのギルド『ギルドVIP』に入らないかお?」

127 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:40:47 ID:tLtFezUU0
( ФωФ)「・・・・・」

( ^ω^)「新米ギルドで知識も経験も実力も無いけれど、一人で冒険するより五人で冒険した方が楽に決まってるお」

( ФωФ)「・・・・・」

沈黙。

(; ^ω^)(うう・・・スカウトのこの瞬間は何度経験してもなれないお)


( ФωФ)(ギルド、か。久しく聞いていなかった言葉だ)

( ФωФ)(このような新米ギルドを見ると昔を思いだすである)

( ФωФ)(・・・・・これぐらいは許してくれるな?ハイン)

128 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:41:03 ID:tLtFezUU0
( ^ω^)「・・・駄目かお?」

( ФωФ)「・・・謹んでお受けいたす」

( ^ω^)「ありがとうだお!歓迎するお!」

ξ゚⊿゚)ξ「よろしく、ロマネスク。私はダークハンターのツン」

(*゚ー゚)「よろしくお願いします。ロマネスクさん。先程治療さしていただいた、メディックのしぃと申します」

( ФωФ)「よろしくである」

129 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:41:21 ID:tLtFezUU0
( ^ω^)「お?ドクオも挨拶するお」

('A`) (えっ、こんな厳ついオッサンに話しかけるなんてハードル高いって!ちょっ!)

( ^ω^)「ほら、早く」

('A`) 「・・・・は、ハヒュッ!アリュケミシトのドッドドド、ドクオれす!よ、よろしく!ふ、フヒヒ!!」


( ФωФ)

ξ゚⊿゚)ξ

(*゚ー゚)

( ^ω^)(あー、こっちのパターンで来たか)

130 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:41:35 ID:tLtFezUU0
そして、その日。
ギルドVIPが正式に結成され、ブーンは冒険者になった。

いよいよ、彼ら、『ギルドVIP』の冒険譚が幕を開ける。
彼らの行く末はどうなるのか、すべては世界樹のみぞ知る。

131 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:42:41 ID:tLtFezUU0
第四話投下終了。

AAミスが目立つ回でした。死にたい。
続きまして解説コーナーでございます。原作やってる人は見なくても良いです。

132 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:42:58 ID:tLtFezUU0
('A`) 「さて、オマケの解説コーナーだ」

('A`) 「物語が良い感じに進んできたのでそろそろ正式にいろいろと解説していこうと思う」

('A`) 「原作をやったことがある人には必要無いだろうが、作者がぜひ原作を知らない人にも分かるように、と言っているのでな」

('A`) 「というわけで、ドックンのドキ☆ドキ解説コーナーだ」

('A`) 「まずは恒例の職解説だな。チラッと最初の方ででた職の解説もしよう」

133 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:43:19 ID:tLtFezUU0
ブシドー
タイプ:前衛

紙装甲高火力職。殺るか殺られるか、そんな職。
素早さと力が抜きん出て高く、敵に先手を打って大ダメージを与えることができる。
しかし、その分防御力は低く強めの攻撃を喰らうと一撃で死んだりする。

スキルはさまざまなものを覚える、器用な職である。
属性攻撃・全体属性攻撃・即死攻撃・連続攻撃とより取り見取りなのだが、スキルの習得には『構え』というスキルを覚えなければならない。
炎属性攻撃スキルと、強力な連続攻撃スキル『ツバメ返し』の習得に関わる攻撃的な構え、『上段の構え』。
雷属性攻撃スキルと、腕封じ効果のあるスキル『小手打ち』の習得に関わる防御的な構え、『青眼の構え』。
氷属性攻撃スキルと、即死効果のあるスキル『首討ち』の習得に関わる変則的な構え、『居合いの構え』。

この構えを極めることでブシド−は真価を発揮するのである。

134 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:43:32 ID:tLtFezUU0
ソードマン
タイプ:前衛

いわゆる戦士。もっともポピュラーな職であり、バランスの取れた職である。
武器は剣と斧の二つを扱うことができ、剣を持つときは素早く、攻撃範囲が広い。斧を持つときは遅く、攻撃範囲が狭いが強力な一撃を繰り出すことができる。
剣は雑魚用、斧はボス用といった感じだろうか。

スキルも剣用と斧用で分かれており、剣スキルでは、旋風を起こして三体の敵に攻撃する『トルネード』。素早く駆けて複数の相手(2〜4)を切り裂く『ハヤブサ駆け』などがある。
斧スキルでは、行動が最も遅くなる代わりに、力を込め、単体に強力な一撃を行う『パワーゲイン』。相手の頭を狙い、攻撃し、さらに中確立で頭封じ状態を付与する『ヘッドバッシュ』などがある。

また、味方が敵に属性攻撃をした時に、自分もその属性に合わせて追撃する『チェイス』スキルもソードマンの特徴である。
例えば『チェイスファイア』を発動すると、味方のアルケミストが敵に炎の術式を当てたとき、ソードマンもその敵に炎属性攻撃をするのである。

癖が無く、味方と協力できる剣士。それがソードマンである。
ハヤブサ駆けがあるのを思い出し、今更ブーンをソードマンにすべきだったのではないか?と作者は悩んだりしている。

135 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:43:48 ID:tLtFezUU0
レンジャー
タイプ:中衛

いわゆる狩人。弓の扱い得意とする。迷宮探索のプロであり、素早い身のこなしを誇る。

迷宮探索に役立つスキルが複数あり、敵とのエンカウント率を下げる『警戒歩行』や敵と遭遇したときの先制攻撃成功率を上げる『先制ブースト』、逆に敵に先制される確立を減らす『危険感知』などが役立つであろう。
戦闘スキルは弓を使った攻撃の他、華麗なステップで味方をサポートしてくれる。
弓スキルでは2回攻撃を行う『ダブルショット』や、上に向かって矢を放ち、3ターン後に矢を降らし大ダメージを与えるいわゆる時限爆弾スキル『サジタリウスの矢』などがある。
ステップスキルでは自身の回避率を上げつつ、敵の攻撃を自身にひきつける『チェインダンス』や、味方一人を最速行動にする非常に便利なスキル『アザーズステップ』などがある。

補助も攻撃も探索もできる便利な職・・・・なのだが、Ⅰに比べての明らかな弱体化と、残念ながらバグの餌食になり、人気は著しく低い。
>>97も言ってる通り、バグはベスト版なら修正されているのでそちらをどうぞ。

136 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:44:15 ID:tLtFezUU0
バード
タイプ:中衛

吟遊詩人。歌を歌って味方を鼓舞し、味方全体のステータスを強化する。

味方全体の攻撃力を上げる『猛き戦いの舞曲』や味方全体の防御力を上げる『聖なる守護の舞曲』などで味方をサポートする。
また、属性の強化もでき、味方一人の通常攻撃に火属性を付与する『火劇の序曲』、敵全体の炎属性耐性を下げ、味方全体の炎属性耐性を上げる『火幕の幻想曲』なども扱える。

後、全職の中で唯一所得経験値を増やすスキル『ホーリーギフト』を覚えることができる。
バードがパーティにいると、自分に有利な状況を作りだすことができるので、非常に有益である。

137 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:44:26 ID:OL.8H8N60
見殺しにしてから勧誘なんて外道ではないだろうか
一緒に行くんじゃ駄目だったのか?

138 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:44:28 ID:tLtFezUU0
ドクトルマグス
タイプ:中衛

魔女やシャーマンのような格好をした、不思議な力を扱う職。
メディックには及ばないが回復スキルと、バードには及ばないが単体強化スキル、そして敵が状態異常のときに大きな効果を発揮する剣スキルを覚える。
単体よりも味方との連携で力を発揮するタイプといえる。
そこそこの攻撃力・そこそこの防御力・なかなかの素早さを持つ。他のゲームで言えば赤魔道師ポジション。

回復スキルはメディックとは違い、中級回復魔法までを覚えるが、蘇生スキルや最大回復スキルは使えない。が、メディックよりも迅速な行動が可能なので、ピンチの時の回復を行うことができる。
剣スキルでは、相手が眠り状態のときに大ダメージを与える『睡攻大斬』や、テラー状態の相手が対象の場合、与えたダメージに応じてHPを回復する『恐吸大斬』などがある。
単体強化スキルは攻撃力アップの『鬼力化』 、防御力アップの『皮硬化』、素早さアップの『駿足化』など一通りそろっており、単体のステータスを大きく上げることができる。

支援に特化するも良し、支援を受けて攻撃をするも良し、器用な職である。

139 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:44:48 ID:tLtFezUU0
('A`) 「では、職解説が終わったところで、RPGの基本、『ステータス』について解説していきたい」

('A`) 「世界樹の迷宮におけるステータスは七つ、以下のようになっている」

HP(体力)
TP(MP)
STR(物理攻撃力)
VIT(物理防御力)
TEC(属性攻撃力・属性防御力)
AGI(素早さ・命中率・回避率)
LUC(運)  

('A`) 「()内の説明で大体分かるだろう。ツンなんかはSTR・AGIが高い、俺はTECやTPが高い、ブーンはHP・VITが高い」

('A`) 「それぞれの職によって上がりやすいステータスに差があるのだ」

('A`) 「LUCは確立に影響する。LUCが高ければ、クリティカルが出やすかったり、スキルの追加効果の発動率が上がったりする」

('A`) 「そんなところだ」

140 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:45:32 ID:tLtFezUU0
'A`) 「さて、ではいよいよ『スキル』についての解説だ」

('A`) 「職によって所得できるスキルは決まっており、スキルはSP(スキルポイント)をつかって覚えていく」

('A`) 「レベル1の時点でSPは3所得しており、それ以降レベルが1上がる度にSPが1手に入る」

('A`) 「つまり、レベル5になればSPは7ポイントあるわけだな」

('A`) 「スキルを使えるようにするためには、そのスキルの前提条件を満たしていることと、SPが振り分けられている必要がある」

('A`) 「例えば『火の術式』の前提条件は『炎マスタリー』という『マスタリースキル』に1SP振り分けている必要がある」

('A`) 「基本的にこの『マスタリースキル』が前提条件となる。パラディンなら『盾マスタリー』、ダークハンターなら『鞭マスタリー』といった具合だ」

('A`) 「そして、炎マスタリーに1SP振り分け、火の術式にもSPを振り分けることで『火の術式』を使えるようになるのだ」

チャラーン(スキルを覚えた音)

('A`) 「強力なスキル程前提条件が難しく、さまざまなスキルを所得していくことが必要となる」

141 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:47:27 ID:tLtFezUU0
('A`) 「また、スキルにはレベルがあり、そのスキルにSPを振り分けることで威力や効果を高めることができる」  

('A`) 「先程『火の術式』を所得したな。今の段階では『火の術式』はレベル1だ」

('A`) 「これにさらにSPを割り振ることで、『火の術式』のレベルを上げることができる。1SPを振る毎に1レベル上がる」

チャラーン

('A`) 「これで火の術式の威力が上がった。まぁ消費TPも増えたが」

('A`) 「基本的にスキルのレベルの上限は10だ。10ポイント振れば、初期術式の『火の術式』でもかなりの威力になる」

('A`) 「どのスキルにSPを割り振っていくか、で冒険者の力量は激変する」

('A`) 「非常に重要なシステムだ」

142 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:47:53 ID:tLtFezUU0
('A`) 「以上で解説コーナーを終わる」

('A`) 「最後にひとつ」

(;A;) 「こういうオマケコーナーっていろんなAAが出てきてワイワイやるもんじゃねぇの?なんで俺一人なの?死ぬの?」

(;A;) 「それでは今度こそ終わりだ」

143 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:51:27 ID:tLtFezUU0
>>88

いいえ、5人だけ登録するタイプです。ゆえにダークハンターは1-5バグの毒牙にかかりました
でも全職使いたいので2週、3週するタイプです。

>>93

ドクオはカースメーカにするかアルケミストにするかで悩んだ。
けどカースメーカは貞子だろ、と思ったので止めました。
それに状態異常は戦闘描写し辛いからなぁ。

144 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:52:15 ID:1jMPDneIO
>>121 ロマ、ベスト版じゃないのに死地の心胆なんてやったら普通に詰む……!



145 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 17:57:12 ID:2Pnzfh4c0
>>112ばザルな警備ってことでいいだろうか

146 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 18:02:18 ID:2Pnzfh4c0
あとブーンのAAおかしいからって投下し直ししてるようなので
ロマのAAも微妙に違うことも言っておくよ!
( ФωФ)○
( ФωФ)△

147 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 18:43:13 ID:6rdgIfZ.0
乙乙!

148 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/02/28(月) 21:27:18 ID:ImycZoM.O
久し振りに世界樹やるかな

149 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/01(火) 23:58:07 ID:6QFkogIo0
乙!次も楽しみにしてる

150 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 06:58:47 ID:3vjWC/Lc0
ゲームしたくなるわ
途中で放置した3進めようかな

151 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:27:20 ID:M9uTiaoI0
第五話投下しまする

152 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:27:41 ID:M9uTiaoI0
―世界樹の迷宮 古跡の樹海 1F―


(; ^ω^)「ハッ、ハッ、ハッ」

木漏れ日の中、自然に覆われた美しい樹海をブーンは駆ける.

その背中に背負っているのは、いつもの大盾と


ξ ⊿ )ξ


力無く四肢を垂らし、虚ろな眼をしたツンであった。

(; ^ω^)(早く・・・早く樹海から・・・・出たいお)


駆ける。 駆ける。 駆ける。

153 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:28:12 ID:M9uTiaoI0
その隣にはロマネスク、こちらも背中にドクオを背負っている。

(; ФωФ)「ゼェッ、ゼェ・・・」

そして、すっかり疲弊した様子で、二人について行くのがやっとという様子のしぃ

(*;゚ー゚)「・・・」


壊滅状態のギルドVIP、なぜこんなことになってしまったのか?

154 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:29:12 ID:M9uTiaoI0
―その冒険譚を、語ろう


    ( ^ω^)が世界樹の迷宮を踏破するようです ―第五話―


冒険譚は、まだ幕を開けただけ。


――これからが、彼らの冒険の始まり。

155 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:29:29 ID:M9uTiaoI0
ギルドVIPのステータス

( ^ω^)
職業:パラディン  Lv:1
スキル:盾マスタリーLv1 フロントガードLv1 挑発Lv1

ξ゚⊿゚)ξ
職業:ダークハンター 
スキル:鞭マスタリーLv1 STRブーストLv1 アナコンダLv1

( ФωФ)
職業:ブシドー Lv:1
スキル:上段の構えLv2 斬馬Lv1 

('A`)
職業:アルケミスト Lv:1
スキル:炎マスタリーLv1 逃走率UPLv1(マスター)

(*゚ー゚)
職業:メディック Lv:1
スキル:回復マスタリーLv1 キュアLv1 戦後手当Lv1

156 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:31:38 ID:M9uTiaoI0
―ハイ・ラガード公国 朝―

 @@@
@#_、_ @    
 (  ノ`) 「ほら、起きな起きな!朝だよ、ギルドVIP!!」

(; ^ω^)「はうおっ!」

女将の大声で目が覚める。どうやら朝のようだ。


ξ−⊿−)ξ「うーん・・・もう少しだけ・・・」

(*゚ー゚)「みなさーん、もう朝ご飯ができてるそうですよー」

( ФωФ)zzzzZZZZZZZZ

('A`) 「うーん、むにゃむにゃ・・・そんなとこ触っちゃダメだよぅ・・・」

皆、まだ眠いようだ。それもしかた無い。今は朝の5時である。
冒険者の朝は早いのだ。

157 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:32:00 ID:M9uTiaoI0
(*゚ー゚)「ほら!ドクオさんも起きて!」

('A`) 「はっ・・・!夢か・・・」

(*'A`) (おにゃのこに起こしてもらえるなんて・・・・・冒険者になって良かった)

( ^ω^)「さ!みんな!朝だお!」


ベッドからのそのそと体を起こすギルドVIPのメンバー達。
説明が遅れたが、ここは宿屋『フロースの宿』。
冒険者達が多く利用する宿屋だ。
昨日、ギルドVIPの結成式(とはいっても1分もかからず終わる簡潔な物であったが)を行った後、ブーン達はこの宿屋に泊まったのである。

ξ゚⊿゚)ξ「ふぁああああ・・・アレ?まだ5時じゃない」

158 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:32:14 ID:M9uTiaoI0
( ^ω^)「冒険者の朝は早いお。早く支度するお。というかロマネスク!早く起きるお!!」

( ФωФ)「起きてるである」

(*゚ー゚)「駄目ですブーンさん。これ寝言ですよ。さっきから五回は言ってます」

( ФωФ)「起きてるであr・・・・zzZZZ」

( ^ω^)「ロマネスクー!起きるお!!」ゲシゲシ

寝ているロマネスクの横腹に蹴りを入れるブーン。
だが、ロマネスクは微動だにしない。

( ^ω^)「・・・・・しょうがないお。これだけは使いたくなかったんだけど・・・」

そう言うと、荷物の中から盾と剣の鞘を取り出すブーン。

ξ゚⊿゚)ξ「ふぇ?なにすんにょ・・・?」

159 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:32:30 ID:M9uTiaoI0
( ^ω^)「・・・みんな、耳を塞ぐお」

スッ

盾と鞘をロマネスクの耳元に近づけるブーン。

('A`) 「はっ・・・!まさか・・・!"アレ"をやる気か!!」


ガンガンガンガンガンガンガンガン!!!!!!


ブーンが鞘で盾強打する。その鈍い音が室内に響き渡る。

(*゚ー゚) 「うわっ!!!」

ξ゚⊿゚)ξ「―――ッ!!!ちょっ、うるさいわよっ!!!」

160 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:32:50 ID:M9uTiaoI0
( ФωФ)zzzzZZZZ

しかし、それでも起きないロマネスク。異常である。何かしらのスキルの効果なのだろうかとさえ思う。


ガンガンガンンガガガンガガン!!!!!

ブーンは叩き続ける。何度も何度も、ロマネスクが眼を覚ますまで。

(; ФωФ)zzzZZZZZ

ここまで来たらロマネスクも意地である。武士としての誇り。それが今、彼を支えているものであった。
武士としての誇りがこの異様な音が鳴り響く室内でも、安眠をもたらしてくれるのである。


ガンガンガガガガガガガガガッ ンバーニンガガッ!!!!

両者の攻防が、際限無く繰り広げられる。

――その時、扉が開いた。

161 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:33:05 ID:M9uTiaoI0
ガチャ

 @@@
@#_、_ @    
 (  ノ`) 「うっさいわぁあああ!!!」

(; ^ω^)「はいぃいいすいませんおぉぉおお!!!!111!」

(; ФωФ)「ごめんなさいであるぅううう!!!111!!」


※フロースの宿にお泊りの際は、隣のお客様のご迷惑にならないよう、静かにしましょう

162 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:33:21 ID:M9uTiaoI0
〜30分後〜

 @@@
@#_、_ @    
 (  ノ`) 「こんな朝っぱらからあんな大きな音だして、ほかの客に悪いとウンヌン・・・」

(ヽ´ω`)「はい・・・はい・・・この度は御社に多大な迷惑を・・・」

 @@@
@#_、_ @    
 (  ノ`) 「そもそもアンタたちは新米だっていうのにウンヌンビウム・・・」

(ヽ´ω`)「はい・・・はい・・・ほら、ロマネスクも謝るお」

( ФωФ)「すまないであrzzzZZZZ」

 @@@
@#_、_ @    
 (  ノ`) 「まっ、良いんだけどね。次やったら承知しないよ!」

ウフフフとにこやかに笑う女将。
栗色の髪を後ろで団子にした、ふくよかな中ねn・・・妙齢の女性である。
とてもサッパリした性格で、明るい女人。わかりやすくいうならば大阪のオバチャ
 @@@
@#_、_ @    
 (  ノ`) 「なんだい?」

いや、なにも言うまい。

163 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:33:46 ID:M9uTiaoI0
 @@@
@#_、_ @    
 (  ノ`) 「さ、アンタたち!朝ご飯がすっかり冷めちまったよ!早く食べな」

(*゚ー゚)「はい、すみません」

( ^ω^)「ではお言葉に甘えて・・・はむっ、はふ、はふっ!」

ξ゚⊿゚)ξ「キメェwwww」

 @@@
@#_、_ @    
 (  ノ`) 「ウフフフフ、良い食べっぷりだねアンタ」

('A`) (うわあこの笑い方はキツい)

 @@@
@#_、_ @    
 (  ノ`) 「あ、そこのアンタ」

164 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:34:00 ID:M9uTiaoI0
('A`) 「へ?俺?」

 @@@
@#_、_ @    
 (  ノ`) 「ああそうだよ、ほら、ほっぺに・・・・」

 @@@
@#_、_ @    
 (  ノ`) 「パンカスがついてるよ」サワッ

:('A`) :ゾクゾクゾクッ


こうして賑やかにギルドVIPの朝は過ぎた。


そして、ブーン達が向かうは、この国の中枢機関『ラガード公宮』。
この国の統治者、公女様がおわすところである。
現実世界で言うところのハワイトハウスである。

165 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:34:15 ID:M9uTiaoI0
―ラガード公宮―

( ^ω^)「お・・・すごいお」

ξ*゚⊿゚)ξ「綺麗!!ほら!しぃちゃん!!あの宝石見てよ!すごく綺麗!!!」ウットリ

(*゚ー゚)「わぁー!!いったい何enするんだろう・・・」ウットリ

( ФωФ)(眠いである)

('A`) (それより公女様に期待。相当な美人らしいからな・・・!)

きらびやかな装飾。見るからに高価な品物の数々。
白く、美しく、高貴な建物。さすがは公宮といったところであろうか。

166 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:34:28 ID:M9uTiaoI0
門番達に冒険者ギルドであることを示し、大きな門を開けてもらい、衛士達に誘導されながら奥へと進む。

|  ^o^ |「ついてきてください」

( ^ω^)「はいですお」

ξ゚⊿゚)ξ(なんか頼りない衛士達ね・・・)

広い廊下を歩くギルドVIP。

('A`) 「すげぇな・・・照明一つとっても豪華だ。俺からしたら信じられん空間だな」

|  ^o^ |「あれはしゃんでりあというものです」

| ^o^ | 「それはしょうゆです」

(;'A`) 「え?」

167 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:35:02 ID:M9uTiaoI0
| ^o^ | 「なんでもありません」

|  ^o^ |「しょうゆおいしいです」

('A`) 「・・・・・やっぱえらい人の言うことはわからんな」

(*;゚ー゚)「確かに訳が分かりませんが、決して難しい話じゃないと思いますよ」

談笑しながら廊下を歩くと、大きな扉の前に着いた。

|  ^o^ |「ここがしつむしつです」

| ^o^ |「それはしょうy|  ^o^ |「ねたのごりおしはやめましょう」

( ^ω^)(緊張するお・・・)

('A`) (公女様ktkr!)



ギィィイイイイ


( ´∀`)「お、新米冒険者モナね。」

168 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:43:56 ID:M9uTiaoI0
失礼、モナーのAAがつぶれてドクオの笑顔みたいになってしまったので167のとこだけ投下しなおします。

169 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:44:23 ID:M9uTiaoI0
| ^o^ | 「なんでもありません」

|  ^o^ |「しょうゆおいしいです」

('A`) 「・・・・・やっぱえらい人の言うことはわからんな」

(*;゚ー゚)「確かに訳が分かりませんが、決して難しい話じゃないと思いますよ」

談笑しながら廊下を歩くと、大きな扉の前に着いた。

|  ^o^ |「ここがしつむしつです」

| ^o^ |「それはしょうy|  ^o^ |「ねたのごりおしはやめましょう」

( ^ω^)(緊張するお・・・)

('A`) (公女様ktkr!)



ギィィイイイイ

( ´∀`) 「お、新米冒険者モナね。」

170 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:46:02 ID:M9uTiaoI0
執務室の中にいたのは、一人の老人。
禿げ上がった頭に立派な白い髭。折れ曲がった腰から相当年をとっていることが伺える。

( ´∀`) 「この老体は、大公さまに仕え、この国の政を司る按察大臣、モナーだモナ。以後宜しくモナ」

('A`) 「・・・今日は厄日かな」

( ´∀`) 「? どうしたモナ?」

( ^ω^)「いや、コレはほっといて下さい。
       はじめまして、モナー大臣。ギルドVIPのギルドマスター、ブーンと申しますお」

( ´∀`) 「うむ、よろしくモナ。えーと・・・世界樹に入る許可が欲しいんだモナね?」

( ^ω^)「はい、その通りですお」

大臣はやけに砕けた口調で話しかけてくる。
一国の大臣が冒険者に取るとは思えない態度であるが・・・大丈夫なのだろうか。

( ´∀`) 「この国で世界樹の迷宮へ挑むには、公国民となる必要があるモナ。」

ξ゚⊿゚)ξ「住民票を得るってこと・・?」

( ´∀`) 「そうモナ。住民になるといっても本当に住む必要は無いし、いつこの国を出ても良いモナ」

( ´∀`) 「ま、住民の権利だけがもらえるから悪い話では無いモナ」

171 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:46:34 ID:M9uTiaoI0
( ^ω^)「ふんふん・・・それで、住民票を得るにはどうすれば良いんですかお?」

( ´∀`) 「公国民となる為には、この大公宮から出題する試練を 乗り越えてもらわねばならないモナ」

( ´∀`) 「試練を受ける覚悟はあるモナか?」

( ^ω^)「当然だお」

即答する。迷いは無い。


( ´∀`) 「…ふむ、それでこそ冒険者だモナ。そなたらが育ち、強くなることこそ我らにとっても好ましい」

( ´∀`) 「そなたたちがこれから挑む迷宮。この老体は大公さまの命令により、そこを調査してるんだモナ」

( ´∀`) 「伝説に残る空飛ぶ城。それを発見するのが目的だモナ。…あるいはただの伝承かもしれないモナ。 」

( ´∀`) 「じゃが、夢物語を追うのもまた冒険の始まりとして悪く無いモナよ。」

( ´∀`) 「…さて、ではそなたらに試練を出すモナ。 樹海の探索をはじめたくば、 まずはこれを受理するモナ。」


ギルドVIPはミッション『ハイ・ラガード入国試験!』を受領した!

172 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:46:49 ID:M9uTiaoI0
( ´∀`) 「さあ早速世界樹に向かうモナ。ミッションを達成したらまた来るモナ」

( ^ω^)「お!行ってきますお!」

( ^ω^)(これがギルドVIPの初仕事・・・失敗できないお!)

( ´∀`) 「あ、忘れていたモナ!ちょっと待つモナ」

( ^ω^)「お・・・なんですかお?」

( ´∀`) 「いかんいかん・・・年を取ると物忘れが激しくなるモナ・・・。さ、これを受け取るモナ」

大臣が手渡してきたもの。それは小さな青い水晶玉であった。

( ^ω^)「これは・・・?」

173 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:47:10 ID:M9uTiaoI0
( ФωФ)「それは・・・魔水晶か」

( ´∀`) 「おお知ってたモナか。それは魔物の気配を察知して色が変わる不思議な玉モナ」

( ´∀`) 「今は青いけれど、魔物が近くにいると赤く染まるモナ。赤くなってきたら注意するモナ」

ξ゚⊿゚)ξ「冒険者の必需品ね。ブーン。大切にするのよ」

( ^ω^)「ありがとうですお。では今度こそ行ってきますお」

( ´∀`) 「ああ、命は大切にするモナよ」


そしてブーン達は公宮を離れ、世界樹の迷宮へと向かったのである。

174 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:47:25 ID:M9uTiaoI0
―世界樹の迷宮 入り口―


(*゚ー゚)「いよいよ樹海ですね」ゴクリ

( ^ω^)「お・・・」

:( ^ω^):(体が・・・震えるお・・・)

:( ^ω^):(恐怖・・・?いや。これは・・・武者震いだお)

:('A`) :(普通にこわい)

( ФωФ)「そういえばブーン達は樹海が始めてなのであるな」

( ^ω^)「そうだおね」

ξ゚⊿゚)ξ「私は経験者よ。3Fまでいったわ」

( ФωФ)「そうか・・・ならば良いである」

なにか言いかけたロマネスクは口を閉ざした。

175 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:47:39 ID:M9uTiaoI0
( ^ω^)「では・・ギルドVIPの初陣だお!」

( ^ω^)「皆!気合入れて行くお!!」

(*゚ー゚)「オーッ!」

('A`) 「オーッ!」

ξ///)ξ「お、オーッ!」

( ФωФ)「・・・・?え?なにであるか?」


こうしてイマイチまとまりきらぬまま、ブーン達は樹海に入ったのである。

176 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:48:20 ID:M9uTiaoI0
―古跡の樹海 1F―
〜天に挑みし冒険者が歩みを進める場所〜


( ^ω^)「これが・・・樹海」

見るものを圧倒する景色。
並び立つ巨大な木々は遥か頭上に新緑の葉を広げ、木漏れ日を落とす。


――世界樹の迷宮。


ハイ・ラガードの街を抱くように枝を広げた巨大な守り樹、"世界樹"の中に存在する樹海。

(*゚ー゚)「・・・・綺麗」

('A`) 「・・・・・天国みてぇだ」

率直な感想が出る。思わず魔物がいることも忘れそうなほど、樹海は美しかった。

ξ゚⊿゚)ξ「騙されちゃだめよ。ここは樹海。私達が命を賭けて冒険する場所よ」

( ФωФ)「その通りである。確かに綺麗ではあるが・・・この樹は幾人もの血を吸ってできた魔性の血である」

( ^ω^)「・・・分かってるお。けど・・・・本当に」

177 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:48:43 ID:M9uTiaoI0
( ^ω^)「綺麗だお・・・・・」

血を吸っていても、いや、むしろ血を吸っているからなのだろうか。
それは、ブーンが今まで見たどんな景色よりも樹海は美しかった。

ブーンが樹海に見とれていると、一人の衛士が現れた。
街に居た衛士とは違い、兜を被っている。おそらくこれが正装なのだろう。

( T)「公国に新しい冒険者が来たと聞いている。ようこそ、世界樹の迷宮へ」

目の前に来た一人の衛士は君達の行く手を遮るかのように立ちふさがる。

( T)「私は公国直属の衛士隊の者だ。君達冒険者のミッションの手伝いを任務としている」

( T)「では早速だが公国民となるための最初の試練に向かうとしよう」

( ^ω^)「はいですお」

178 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:49:22 ID:M9uTiaoI0
ξ゚⊿゚)ξ「で・・・ミッションはなんなのかしら?まだ教えてもらってないのだけど」

( T)「ああすまない。簡単な任務だよ。今から私が君達を樹海のある場所へと連れて行く。
     君達はその場所からここ・・・つまり樹海の入り口まで帰ってくれば任務完了となる」

衛士はそう言うとブーン達を誘導するように歩き始める。

( T)「さぁついてきたまえ。君達の冒険の始まりだ」


―こうして、彼らの冒険譚は始まった。


ザッザッザッザッ

(; ^ω^)(右も左も分からないお・・・)

( T)「こっちだ」

衛士の言うがままに、ブーン達は森の奥まで連れて行かれた。

幾つもの道を曲がり・・・

(*゚ー゚)(道を覚えておけば簡単な任務ですね。右に3回左に2回と・・)

すっかり道順も忘れた頃・・・

(*;゚ー゚)(あ、アレ?さっきと同じところ?じゃあ右に4回で・・・えーと、左に・・・・・左に・・・)

ようやく衛士の足は止まった。

179 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:49:39 ID:M9uTiaoI0
( T)「ふむ、このあたりで良いな。さぁここからが君達のミッションだ」

( T)「ここから入り口までの道のりを地図に書いて帰るのが任務となる」

そう言うと、衛士は一枚の大きな羊皮紙をブーンに渡した。


樹海の地図を手に入れた!


( ^ω^)「これが・・・地図。って真っ白じゃないかお」

( T)「ははは、君達が自分で地図を作り上げるのさ。いづれ真っ黒になるときが来るだろう」

( T)「ああそうだ、後これもあげよう」

衛士は背負っている袋から幾つかの薬品を取り出した。


メディカを5つ手に入れた!

180 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:50:18 ID:M9uTiaoI0
(*゚ー゚)「メディカですね。ありがとうございます」

( T)「いやいや。些細な餞別だよ」

( ^ω^)「メディカ?」

(*゚ー゚)「素人でも扱える簡易薬品です。冒険者の必需品の一つですね」

ξ゚⊿゚)ξ「常識よ阿呆」

( ^ω^)「うう・・・すまないお」

ξ゚⊿゚)ξ「まったく・・・頼りないわね」

( T)「ふふっ・・・。では話はこれでおしまいだ。私は先に入り口へ行って待っておくよ」

衛士は鎧を鳴らしながら君達の前から去っていった。


( ^ω^)「お・・・この地図は誰が書くお?」

ξ゚⊿゚)ξ「危険度の少ない後衛が書いた方が良いわね。ドクオとしぃ、どっちが書くのが上手いかしら」

181 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:50:43 ID:M9uTiaoI0
チラッ

(*゚ー゚)

('A`)

ξ゚⊿゚)ξ「・・・しぃね」

( ^ω^)「だおね」

( ФωФ)「異論はないである」

('A`) 「おい待て今顔で決めただろ泣くぞ」

ξ゚⊿゚)ξ「勝手に泣いときなさい。ほら、しぃ。まかせたわよ」

(*゚ー゚)「はい。頑張ります!」


(;A;)

182 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:51:59 ID:M9uTiaoI0
( ^ω^)「さぁでは・・・道を覚えている人、いるかお?」

沈黙。これが答えであった。

( ФωФ)「しょうがないである。地道に歩いて探索するであるよ」

( ^ω^)「だおね・・・じゃあ、僕、ツン、ロマネスク、しぃ、ドクオの順番で縦に並ぶお」

ブーン達は隊列を組むと、樹海を歩き始めた。
右に、左に、さまよいながら。

( ^ω^)(さすが迷宮だお・・・どこも同じ風景に見えるお)

ξ゚⊿゚)ξ「しぃ、地図はちゃんと書けてる?」

(*゚ー゚)「はい。只今北東のエリアにいるようです。・・・南に行けば出口かもしれません」

183 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:52:15 ID:M9uTiaoI0
( ^ω^)「分かったお。南ってことは・・・・」

(; ^ω^)「どっちだお?」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・・」ハァ

ξ゚⊿゚)ξ「こっちよ」

( ^ω^)「お!ありがとうだお」

地道に、迷いながらも地図を着実に埋めていくギルドVIP。

( ФωФ)「待て」

( ^ω^)「お!?」

( ФωФ)「水晶が赤くなっているである。武器を構えておくである」

( ^ω^)「お・・・分かったお」

盾を構え、剣を抜くブーン。


( ФωФ)「・・・・ほらな、来た」


ガサガサッ

針ネズミが現れた!森マイマイ2匹が現れた!

184 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:52:30 ID:M9uTiaoI0
茂みから突如現れた3匹の魔物。
1匹は昨夜、ロマネスクと戦った黄色いネズミ。
後の2匹は見たことの無い紫色のぬるぬるしている得体の知れない魔物で、背中に灰色の殻を背負っている。

( ФωФ)「ブーン殿・・・指示を!」

( ^ω^)「・・・みんな、横に広がって、あの黄色いのに集中攻撃だお!」


拡散。
縦になっていた隊列がたちまち横になる。

一閃。
ロマネスクの鋭い刀が黄色い魔物の腹を切り裂く。


( ФωФ)「こいつの弱点は腹である!」

黄色い魔物、針ネズミの腹から鮮血が噴出し、甲高い悲鳴を上げる。
針ネズミが後退する。

185 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:52:50 ID:M9uTiaoI0
ξ゚⊿゚)ξ「分かったわ!」

そこにすかさずツンの鞭が飛ぶ。


ピシィイン!

鞭から出たとは思えない激しい打音が鳴る。
恐らく、これで魔物は瀕死になったはずだ。

('A`) 「おっし!これでトドメだ!」

杖をもったドクオが前へ出てくる。
そして杖を振りかぶるが・・・・

(: ФωФ)「待てっ!ドクオ!!」

('A`) 「え?・・・なっ!」

瀕死になった針ネズミが体当たりを繰り出してきた!

ザシュ

(メ'A`)「うっ」
鋭い針が、ドクオの肩口に刺さる。

(; ^ω^)「ドクオ!僕の後ろに下がるお!」

186 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:53:50 ID:M9uTiaoI0
ブーンが駆け寄る。
――が、遠すぎる。

既にもう一匹の魔物がドクオが眼前に迫っていた。

(メ'A`) 「えっ―――」

ガツッ

紫の魔物の、硬い殻を使った体当たり。
見事にドクオの頭に当たる。

( A ) 「―――――っ」

バタリ

ドクオが倒れる。

(; ^ω^)「なっ!ドクオっ!大丈夫かお?ドク――」

ブーンが急いでドクオに駆け寄ろうとする。

( ФωФ)「落ち着け。敵は待ってくれないである。」

187 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:54:16 ID:M9uTiaoI0

( ФωФ)「ギルドマスターが隊列を乱してどうする。世界樹ではその一瞬が命取りである」

(; ^ω^)「でも――」

( ФωФ)「このように、な」

ガフッ

(メ ФωФ)「ぐふぅッ―!!」

3匹目の魔物の体当たりがロマネスクに炸裂する。

(メ ФωФ)「余所見する暇なんてないのである。これが樹海。これが世界樹である」

口から血を流しながらロマネスクが喋る。

(メ ФωФ)「分かったら・・戦う・・である」

( ^ω^)「・・・・分かったお。ごめんだおロマネスク」

ブーンはドクオから目をそらし、剣を魔物に向ける。

188 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 18:59:06 ID:M9uTiaoI0
( ^ω^)(ああ、そうだお。ここは戦場と同じなんだお)

( ^ω^)(隣でさっきまで喋っていた戦友が倒れても、気にかける余裕は無いんだお・・・)

( ^ω^)(・・・本当にこれでいいのかお?)


(メ ФωФ)(本当にブーン殿にギルドマスターを任せれるのであろうか・・・)

(*゚ー゚)「大丈夫ですか?キュア!」

しぃがロマネスクに駆け寄り、薬品をロマネスクに傷口にかける。

( ФωФ)「うむ、ではブーン殿。再び指示を頼むである」

( ^ω^)「ごめんだお、ロマネスク」

ブーンは再びドクオの元へ駆け出した!

189 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:00:13 ID:M9uTiaoI0
ξ゚⊿゚)ξ「なっ!」

( ФωФ)「ブーン殿!!!」

( ^ω^)「・・・一番速いロマネスクがあの黄色い魔物にトドメをさすお!」

走りながら、指示を出す。

( ФωФ)「・・・くっ、承知した!」

ロマネスクがしぶしぶ指示に従う。
瀕死の黄色い魔物に一瞬で駆け寄り、斬る。
魔物は甲高い声を上げると、バタリと倒れた。

( ^ω^)(本当に、速いお)

ロマネスクが魔物斬ったのとほぼ同時に、ブーンはドクオの元に辿り着いた。
倒れているドクオを担ぎ、指示を出す。

( ^ω^)「ツン、右側の紫の魔物に攻撃するお!僕もその攻撃に続くお!」

190 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:01:05 ID:M9uTiaoI0
ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・しょうがない奴ね」

ツンが紫の魔物に接近。

ブーンもそれに合わせて、ツンの後ろを走る。

( ^ω^)「しぃは僕の後ろに隠れて、隙を見て攻撃してほしいお!」

走りながら指示を出すブーン。

(*゚ー゚)「は、ハイ!」

しぃがブーンの後ろにぴったりとつく。


ヒュンッ!

ツンが鞭をしならせ、紫の魔物を打つ。

が、その鞭にひるまずに魔物がツンに体当たりする。

ξメ゚⊿゚)ξ「ぐっ―!」

被弾。
さらに、いつの間にか接近していた左側の魔物も、その姿からは想像できない素早さでツンに飛び掛る。

ξメ゚⊿゚)ξ(ヤバッ!挟み撃ち!2発も攻撃を喰らったら―――!!)

191 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:01:48 ID:M9uTiaoI0
ガキィン!

( ^ω^)「・・・・フロントガード、だお」

魔物の攻撃を、ブーンの大盾が受け止めた。

ξメ゚⊿゚)ξ「あ・・・ありがと」

( ^ω^)「良いお。それよりしぃ!攻撃だお!」

(*゚ー゚)「はい!」

ブーンの大盾の後ろからしぃが飛び出し、魔物を硬い杖で殴る。

( ^ω^)「次、ロマネスク!頼むお!」

( ФωФ)「了解であるっ!」

魔物に急接近したロマネスクが、しぃの攻撃を喰らってよろめいている魔物を斬る。

残りは、1匹。

( ^ω^)「・・・ラスト、一斉攻撃だお。ツン!スキルを使うお!」

ξメ゚⊿゚)ξ「分かったわ」

192 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:02:41 ID:M9uTiaoI0
ツンの鞭が、毒蛇のように動き、魔物の腹部に鋭い牙を立てる。

ξメ゚⊿゚)ξ「さっきはよくも殴ってくれたわね・・・・アナコンダっ!!!」

鋭い一撃。魔物が怯む。

( ^ω^)「よし、これでトドメだお!」

そして、ブーンの剣が深く刺さる。
魔物は奇妙な音を立てながら二つに裂けた。

(; ^ω^)「ふぅ・・・なんとか倒したお」

ξメ゚⊿゚)ξ「ただの雑魚にこんなに苦戦しちゃったわね・・・」

(*゚ー゚)「あ、ツンさん。治療しますね」

(*゚ー゚)「戦後手当!」

キュイイイン

ξ゚⊿゚)ξ「ありがと、しぃ」

193 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:03:15 ID:M9uTiaoI0
( ^ω^)「ドクオは・・・?」

( ФωФ)「これだけの傷を負えば無理である。俗に言う戦闘不能であるな」

(*゚ー゚)「ええ・・・この傷は院長さんに頼まないと無理ですね」

( ^ω^)「そうかお・・・」

( ФωФ)「吾輩がドクオを背負おう。早く進むである」

( ^ω^)「お、分かったお」


ザッザッザッザッ

再び樹海を歩きだすブーン達。

魔水晶をちらりと見る。

( ^ω^)(まだ青い。大丈夫だお)

( ^ω^)(けど・・・次赤くなったら・・・対処しきれるかお?)

194 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:03:32 ID:M9uTiaoI0
ξ゚⊿゚)ξ「ブーン」

( ^ω^)「ん?なんだお」

ξ゚⊿゚)ξ「いざとなったら逃げるのも手よ。負けても、生き延びれたら良いわ」

ξ゚⊿゚)ξ「けど、全滅したらもう何も残らないわ。逃げるのも一つの策よ」

( ^ω^)「・・・分かったお。心に留めておくお」

(*゚ー゚)「だいぶ地図ができてきましたよ!」

( ^ω^)「ホントかお!?」

(*゚ー゚)「ええ、出口も近いようです。がんばりましょう!」

( ^ω^)「ーっ!」

(*゚ー゚)「? どうしました?」

( ^ω^)「・・・・魔水晶が赤いお。敵さんのおでましだお」

195 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:03:52 ID:M9uTiaoI0
ガサガサッ!


クローラーが現れた!

( ^ω^)「・・・・芋虫1匹かお」

( ФωФ)「油断は禁物であるブーン殿。さ、指示を」

( ^ω^)「一斉攻撃!!!一番強力なスキルを喰らわしてやるお!」

( ФωФ)「単純であるな。だが・・・」

ドクオを下ろしたロマネスクが魔物に一瞬で肉薄する。

( ФωФ)「良い指示である」

196 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:04:45 ID:M9uTiaoI0
上段の構えから、一気に、力任せに刀を振り下ろす技。


( ФωФ)「――斬馬」

魔物の胴から鮮血が噴出す。

ξ゚⊿゚)ξ「休む暇は与えないわ。アナコンダ!!!」

続いてツンの鞭が魔物を打つ。

( ^ω^)「トドメだお!!!」

そして、ブーンの剣が魔物の頭を貫く。

197 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:05:44 ID:M9uTiaoI0
(*゚ー゚)「1匹だと楽ですね」

( ФωФ)「ああ、そうであるな。」

ブーンは魔物から剣を抜き、進路を見る。

( ^ω^)「さぁ進むお」

殺った―――誰もがそう思った。
しかし、ただ一人、ツンだけがまだ魔物を見ていた。
ξ゚⊿゚)ξ(そうこの芋虫の魔物『クローラー』は強かった。こんな程度で死ぬものだったかしら――?)

その時、クローラーの体がピクリと動いた。

ξ゚⊿゚)ξ「危ないっ!!!」ハッ

( ^ω^)「えっ――――」

198 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:06:00 ID:M9uTiaoI0
ザク

人が、刺された音。

ブーンが後ろを向くと、魔物の鋭い鉤爪がツンの体を貫いていた。

ξ ⊿ )ξ「――――――ッ!」

ぼたり、ぼたり

血が樹海の土に垂れる。

(*゚ー゚)「あ・・・あ・・・・!」


ξ ⊿ )ξ「に、逃げて・・・」

ヌルリ

魔物の鉤爪がツンから離れる。
血濡れの魔物が、そこに居た。

199 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:06:38 ID:M9uTiaoI0
ブーンは咄嗟にツンの体を受け止める。

(;  ω )(一撃で・・・これは・・・この敵は・・・)

(;  ω )(敵う相手じゃないお)

:(;  ω ):(怖い、怖い、怖い、怖い怖い怖い怖い)

(*;゚ー゚)「ブーンさん!指示を!!」

:(;  ω ):

(; ФωФ)「くっ・・・!ブーン殿!!こっちに逃げるである!!」

:(;  ω ):

ロマネスクが刀を鞘に収め、ドクオを背負う。

(*;゚ー゚)「こっちです!!」

しぃが茫然自失としているブーンの手を引く。


ブーン達は逃げ出した!



そして、最初の状態に至るのである。

200 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:06:52 ID:M9uTiaoI0
(; ^ω^)「ぜぇ・・・ぜぇ・・・」

(; ФωФ)「ここまで来たら良いであろう・・・」

(*;゚ー゚)「出口はもう・・・すぐそこです」

(; ^ω^)「お・・・早くでるお」

よろよろと歩くブーン。命からがらここまで逃げてきたのだ。精神も肉体も疲弊しきっている。

(; ^ω^)(も、もういやだお・・・早くここから出たいお・・・)

歩を進める。
出口はもう目の前だ・・・・が、その時。
樹海の入り口の前に一人の衛士が立ちふさがる。先程の男だ。

( T)「待ちたまえ。地図を見せてもらおうか」

201 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:07:07 ID:M9uTiaoI0
( ^ω^)「お・・・しぃ、地図を」

(*゚ー゚)「はい。これですが・・・どうでしょうか」

しぃが衛士に地図を渡す。

( T)「・・・・駄目だな。正確な地図を書けるまで此処を通すことはできない」

( ^ω^)「そんな!!あの樹海にもう一度行けっていうのかお!?」

( T)「駄目だ。こんなこともできないようじゃ、冒険者とは呼べない。もう一回樹海を歩くことだ」

(# ^ω^)「・・・・」

( ^ω^)「・・・・分かりましたお」

( T)「よろしい、では正確な地図を描いてくるんだ」

( ^ω^)「・・・・・一つだけ、お願いがありますお」

( T)「なんだ?」

202 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:07:28 ID:M9uTiaoI0
( ^ω^)「この二人を・・・保護してくれませんかお?」

ツンとドクオ。この二人を背負ったまま樹海を歩くのは危険だ。
せめてこの二人だけでも・・・と、ブーンは思ったのである。

( T)「駄目だ」

が、衛士は斬り捨てる。

( ^ω^)「お願いですお。ただ見てるだけでいいんですお」

頭を下げるブーン。最早、プライドなどかなぐり捨てている。

( ФωФ)「・・・・」

(*゚ー゚)「・・・・」

これは、ギルドマスターとしての義務であるとブーンは感じていた。
ギルドメンバーの安全を確保すること、つまりは、大切な仲間を守ること。

203 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:07:49 ID:M9uTiaoI0
( T)「そうだな・・・、仮にキミ達がその二人を私に保護してもらい、無事このミッションを合格したとしよう」

( T)「キミ達は晴れて冒険者になり、樹海を冒険するだろう。」

( T)「だが、また壊滅状態になり、キミ一人だけが生き延びたてしまったらどうする?」

( ^ω^)「・・・・・」

( T)「衛士に保護してもらうか?いいや、衛士はそんなに都合良く居ない。
     少数人が生き延びた時にどうするか、キミ達はこのやり方を学ばなければならないのだ」

( T)「そんな危機にも対処できない集団を、冒険者として世に放つことはできない」

(# ФωФ)「貴様・・・」

カチャ

( T)「止めなさい。私を斬ってここを通っても、冒険者として認められなくなるだけだ」

(# ФωФ)「・・・・・・」

( ^ω^)「ロマネスク、止めるお」

204 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:08:22 ID:M9uTiaoI0
( ^ω^)「しぃ、地図のどこの部分が空白なんだお?」

(*゚ー゚)「あっ・・・えーと、北東の部分ですね・・・」

( ^ω^)「・・・かなり遠いおね」

(*゚ー゚)「ええ・・・」

( ^ω^)「ま、しょうがないお。衛士さん、甘えたこと言ってすいませんでしたお」

( T)「・・・・いいや、こちらこそ無礼な態度をとってすまなかった」

( ^ω^)「それでは、また会えることを祈ってるお」

( T)「ああ・・・」


ブーン達は再び樹海へと歩き始める。


( ФωФ)「・・・・どうするのであるか?我々の戦力ではあと一回も戦えないである」

( ^ω^)「戦えない・・・確かにそうだおね。なら、戦わなければいいんだお」

205 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:08:47 ID:M9uTiaoI0
(*゚ー゚)「え?」

( ^ω^)「・・・しぃ、ツンの鞭をとってくれお」

(*゚ー゚)「あ、はい」

しぃはツンの腰から長い鞭をはずす。

( ^ω^)「ロマネスク、ドクオを僕の背中に乗せてくれお」

(; ФωФ)「む?ツンの上に被せる形になるであるが・・・」

( ^ω^)「それで良いお。じゃあ次は・・・
       鞭でドクオとツンを、僕に思いっきり縛りつけてくれお」

(*゚ー゚)「・・・なるほど」

(; ФωФ)「分かったであるが・・・大丈夫であるか?」

( ^ω^)「なぁに大したこと無いお」

要するに、ツンの鞭を紐として使い、おんぶ紐にしたのだ。
ただし、大人二人である。その重量は100キロに及ぶ。

(; ^ω^)「おっ・・・さぁみんな、走るお。さっきの感じで『全力逃走』だお」

206 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:09:08 ID:M9uTiaoI0
( ФωФ)「・・・分かったであるが、さすがに無茶だと思うである」

(; ^ω^)「喋ってる暇はないお!!!」

ブーンが走り出す。

( ФωФ)(―――なっ)


( ФωФ)(なんという速さ!!)

走る、走る。
甲冑をまとい、大人二人を背負っているとは思えない速度で走る。

( ФωФ)「しぃ!早く追いかけるである!」

(*゚ー゚)「えっ、あっ、は、はい!」

ロマネスクとしぃもブーンに続く。

207 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:09:26 ID:M9uTiaoI0
全力逃走――

聖騎士の大盾で身を隠し、体当たりするかのような勢いで逃げる、パラディンのスキルである。
そのスキルを、戦闘の最中でブーンは自然と習得したのであった。

⊂二二二( ゚ω゚)二⊃「おおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉお!!!!!!!!」

樹海を駆ける、駆ける、走る、走る。
そして、逃げる。

幾度か魔物が行く手に立ち塞がったが、その大盾で蹴散らし、怯んでいる間に逃げる。


樹海を駆け回ること10分。

ついにブーン達は地図を書き終えた。

(*゚ー゚)「これで完成のです!!!」

(; ФωФ)「ぜぇ・・・ぜぇ・・・ぜぇ・・・」

( ^ω^)「よし、それなら・・・・」

208 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:09:54 ID:M9uTiaoI0
( ^ω^)「もっかい、出口まで走るお」

(*;゚ー゚)「そんな・・・!もう無茶ですよ!」

( ^ω^)「大丈夫だお。ほら・・・急がないと・・・」

(; ^ω^)「ツンの、ドクオの傷が治らなくなるお・・・」

そう、この男は、馬鹿で、愚直な男は、
昨日会ったばかりの人間を、仲間と呼び
その仲間を守るために、全力を出しているのである。

(*゚ー゚)(――――この人は)

( ФωФ)(――――本物の『ギルドマスター』、である)

209 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:10:08 ID:M9uTiaoI0
そして、全力逃走を続けること20分。
ギルドVIPは樹海の出口にたどり着き、


( T)「・・・・・よろしい。合格だ」


―――――ギルドVIPは、ミッションを達成した。

210 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:11:28 ID:M9uTiaoI0
第五話投下終了です。

たくさんの乙ありがとう。

211 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:11:53 ID:W0cSSfwMO
出たな、SQⅡが誇る最強スキル……!

212 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 19:13:03 ID:gOkQ7ghY0
追いついたら終わってた、乙!
久々に世界樹発掘してくるぜ

213 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 21:01:18 ID:JITANaJE0
乙乙!

214 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/09(水) 23:06:21 ID:3vjWC/Lc0

次も楽しみにしてる

215 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/13(日) 18:33:43 ID:M48noiUw0
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。

216 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/13(日) 18:33:53 ID:M48noiUw0
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。

217 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/13(日) 18:34:03 ID:M48noiUw0
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。

218 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/13(日) 18:34:40 ID:M48noiUw0
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。
ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。ブーン系有名作者は地震と津波で死ね。

219 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/03/27(日) 23:31:07 ID:LZ1NM1f20
こねーかな

220 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/04/12(火) 22:39:25 ID:yOo1B.kc0
待ってるから

221 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/04/24(日) 19:49:39 ID:tUEcHlS60
まってるよー

222 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/13(金) 16:03:06 ID:mzbrcmuE0
きてない

223 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/15(日) 16:23:22 ID:/IPuqtiw0
こないな

224 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/15(日) 23:33:03 ID:gSRZfAOA0
>>219-223
こういうのやめない?
スレ汚しかと

225 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/16(月) 09:30:49 ID:kvpWrKLo0
>>224
どのへんが?

226 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/30(月) 23:10:53 ID:AF8vlkvYO
まだかのう

227 ◆FBGlBPSpOs :2011/06/27(月) 16:00:06 ID:b4SUisT20
週一で書くとか言っといて結局このざまです。
作者野郎です。コテハンをつけることにしますた。

えー、エタってしまうのかと自分でも危惧しましたが、なんとか怠惰な自分を滅殺しました。
エタらせません。というわけでここで生存報告しておきます。

また隙を見て書きだめしてぽつぽつ投下しますので生暑い目で見下してください。

228 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/27(月) 16:29:31 ID:xwMyS8zYO
待ってた 待ってる

229 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/06/27(月) 23:43:23 ID:EKnKE3Bc0
嬉しい報告だわ

230 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/08/08(月) 19:47:36 ID:ouc6iPSA0


231 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/08/09(火) 15:52:22 ID:H4Jh8J5g0
生きててよかった
待ってるぞ

232 ◆FBGlBPSpOs :2011/08/21(日) 11:30:33 ID:hwokpitE0
えー、このスレ内で終わらせる自身が無いので創作板に移転します。
以上、業務連絡終わり。





さてここからはおじさんの勝手なトークだ

いやね、久々に書き溜めできたから、一月ぶりくらいにここ来たらですね。
びっくりしましたね。まさかこのような妨害の仕方があるとは、ある意味感心したね。

で、まぁ見てたらVIPが復活したとか言ってたんやけどおじさんVIPで
やる度胸も文章力も無いからね、やっぱここでダラダラやっていきたいんですわ

でも新規スレ建てられないってアンタ。そりゃキツいでっせ
新しい細胞が作れない人間は死んでまうねんで
というワケで気は進まないんやけど移転するんやね

233 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/08/21(日) 13:12:28 ID:phgejjjgO
いってらっしゃい

234 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/08/21(日) 15:31:32 ID:1YjfZK0M0
スレ内で終わらせる自信がないってことは、出来るだけこのスレでやりたいってことだよね
まだスレ全然埋まってないし、1000行くまでここでやれば?もしかしたらこのスレ内で終わらせられるかもよ

235 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/08/22(月) 15:47:52 ID:0bpSOhAsO
俺はどっちでもいいけど

236 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/08/22(月) 16:54:13 ID:6UAevnz.0
スレ埋まるまでここでいいんじゃね

237 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/08/22(月) 22:29:14 ID:wT03VeWw0
向こうのほうが読まれる
早く移行したほうが乗り遅れなくていいだろ

238 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/08/26(金) 01:33:11 ID:OkHuYlRI0
どっちでもいいから早く投下してくれ

239 以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2012/04/22(日) 19:24:11 ID:AkySlFQwO
あげ


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

いい女はみんな淫乱 OLのリアルSEXライフ - マガジンハウス

言わずもがな

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa