したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

最近読んだ本を晒すスレ

1 シバッキー :2011/01/22(土) 00:40:55 ID:E80qZlHI
最近読んだ本を晒したいと思います。
ご自由に晒しても結構です

2 シバッキー :2011/08/11(木) 22:31:22 ID:G/vQ.in6
「涼宮ハルヒの驚愕」前後編おまけ付きを読了。
前作「涼宮ハルヒの分裂」で分裂してしまった2つの話は、これでやっと1つになる。
そして謎の新入部員と、「涼宮ハルヒの陰謀」で出てきた謎の未来人その他云々がかんぬんして。。。。。
そして「やれやれ」な話(一緒かい!)
まあ、「分裂」で無理矢理話を2つに分けてしまった(と思われる)割りには、
ちゃんとまとまったかな(^-^; って感じのお話。

未来についてかんたんに書いているのは、もう書かないつもりの布石なのか。。。。

3 シバッキー :2011/08/11(木) 22:37:36 ID:G/vQ.in6
塩野七生著「ローマ人の物語」は文庫本第5巻である「ハンニバル戦記」まで読了。

ハンニバルがローマを、イタリア中をかき回したことが、その後のローマを強くするきっかけになった、
という意味で、大変意味のあるポイントに差し掛かってきた。
今まではローマやイタリア近辺だけを色々してきたローマが、
ついに「地中海世界の盟主」として動かないといけない時代がやってきました。

とにかく、ハンニバル軍との闘争もすばらしくて、ほんとうに目が離せなかった!!

4 シバッキー :2011/09/10(土) 20:22:26 ID:G/vQ.in6
筒井康隆著「家族八景」と読了。
今まで何回か読みかけて、この「エログロさ」に耐えかねて読みきれなかったもの。
最終話はどういうオチになるかと思ったら、思いっきりなところで落としてきたので、
やっぱ筒井は違うなぁ~、と感心しきり。

5 シバッキー :2011/09/26(月) 21:25:13 ID:G/vQ.in6
「青い空」海老沢泰久著、サブタイトルは「幕末キリシタン類族伝」

舞台は日本人が大好きな坂本龍馬とかがいる幕末から明治維新、主人公は今の山形県庄内地方の農民。
この「キリシタン類族」とは、先祖がキリシタンであったのだけれども宗旨換え(転ぶという言い方をしている)をしたものの、5代はキリシタンと同じ弾圧を受ける身分にあったもののことを言う。
当時はお寺が実質住民たちを監視する役目をおっており、徴税も、今で言う住民票のようなこともすべてお寺が管理していた。
ということは、お寺の僧侶の言うことが全てであり、特に「類族」は普通の人よりも重い使役が課せられていた。
その彼がひょんな事から江戸に出ることとなり、幕末の勝海舟や赤報隊など、色々と関わっていく。

中でもその後の「廃仏棄却」を導く神道が、宗教い(信仰)としてでなく、なし崩し的に当時の仏教の代替え品として勃興して行く様は、日本人の中で「宗教」というものが根付かなかった理由のひとつである、
ということを主人公を通して伝えている。

キリシタン弾圧にも頁を割いていて、当時欧州諸国が駐留しているなかで、幕府も明治政府も弾圧を繰り返していく。そして、それに黙って従うキリシタンたち。。。。

日本人に「宗教感」といものを喪失させた時代を検証するには、とても良い本だとおもいます

6 シバッキー :2012/07/24(火) 22:07:54 ID:G/vQ.in6
「ねこタクシー」永森裕二著

うだつの上がらない元教員のタクシードライバーが、
ある時出会ったデブ猫「御子神さん」によって成長する、
まあ、ありがちと言えばありがちなお話だし、
タクシーの内情に関しては他の物語よりは詳しいけど、やっぱりちょっと足りないし、
まあ、色々あるけど、
カンニング竹山氏主演で映画化されたので、主人公をカンニング竹山氏で「脳内再生」すると
かなり簡単に読み終わることが出来た。
それなりにいい人情話だと思うなぁ〜

7 シバッキー :2012/08/02(木) 21:36:09 ID:G/vQ.in6
「フィンランドの歴史」デヴィット・カービー著 百瀬宏、石野裕子監訳 東真理子、小林洋子、西川美樹訳

スウェーデンの東側の地方として、なんとなくあった「僻地」として、北欧の、特にスウェーデンに支配され、「スウェーデン語こそ至高!」とされていた時代から、フィンランド語復権運動、自主独立運動から、帝政ロシアによる占領期に入り、ロシアの首都サンクト・ペテルブルグに近いことから対ドイツの拠点的扱いを受け、帝政ロシアの「フィンランド大公国」となる。
ソビエトになってからはソ連の思惑で完全独立を果たすが、「巨大な隣人」に翻弄され、領土を取られ、関税同盟などの加盟にもクレムリンを伺わないといけなくなる。
そしてソ連崩壊で、それまで「なんとなく西側」だったのが、名実ともに西側に参加できるようになった!

ということが事細かに、何人かの主要人物のピックアップとともに書かれていて、いい本でした。

8 シバッキー :2013/01/06(日) 16:38:47 ID:ax/NHeDY
「妻をめとらば 韓国人!?」篠原令 著

高嶋ナントカさんの「ストーカー」とまで騒ぐ離婚裁判や、その前からの嫌韓論など、韓国をDisる発言が多かったりする今日この頃、じゃあそれは何故かというと、
相手のことをよく理解しようとする気がないからなのでは?というのが、
この本を読んでのわたくしめの第一感想なのです。
違う国なんだから考え方が違うのは当たり前で、じゃあなんで違うのかってのを、この本はよく解説してくれていて、すごくためになる。

著者はもちろんそういった、違う国の違う考え方を理解した上で結婚したのだけれども、それでも考えたの違いに一々驚いているわけで、そう考えると高嶋ナントカさんは、相手を理解する努力をどれだけしたのかしらん、と言う感じではあるのよね。。

9 <削除> :<削除>
<削除>

10 シバッキー :2016/02/08(月) 16:20:30 ID:/dIDUAaU
『君よ憤怒の河を渉れ』西村寿行1974年発行

読み進めると、高倉健さんの映画バージョンを見たことがあるぞ!っていう、
断片的な記憶がよみがえってきた!!

確かに導入はショッキングだし、筆致もすばらしいんだけど、
いまさら読むとアラが多いよなあ〜
・今時のラノベでもやらないような、行く先々で女性がなぜか助けてくれる
・名探偵コナンでもやらないような、強引な種明かし。しかも、結局解決していない!!!

wiki見ると、映画版はちゃんと解決し、悪者を罰するENDらしいのだけど、
原作ではそこいら辺がチョー適当で、主人公が被疑者のまま公然と雲隠れするENDになっている。
しかも、肝心の「蜘蛛の糸」に関する種明かしも、コナン君の方がもっとうまく種明かしするだろう!
っていう感じの、作者も書いていてよく分からなくなって、
枚数稼ぎの為か最後は精神病院に対する個人的攻撃になっているし。。。。

まあ、でも、読ませる筆致なのは、さすがでした

11 シバッキー :2016/06/25(土) 18:18:10 ID:Anu59tyA
教会で読む様に言われた本

1.『若者と生きる教会』大嶋重徳著
現在のKGKの総主事で、教会員であり大学生伝道を長年している著者の、
「若者はどうやったら教会に行くのか?」という質問に答える講演会の内容。
青年たちに向き合うことの大切さを書いている。

2.『もっと教会を行きやすくする本』八木谷涼子著
教会の「掲示板」「新来会者カード」「図書」「映像配信」などを
分かりやすい絵とともに、色々な教会の「こんなところやあんなところ」を
取り上げてみた。とても読みやすい一冊!

3.『高校生の居場所のつくり方』中尾祐子著
高校生伝道をしている団体Hibaを取材したキリスト新聞社の方による、
Hibaスタッフが高校生との接してみた体験を書いている。
う〜ん、でもなんか、スタッフの考え方がなんか古いタイプで少し幻滅した。
これがHibaなのか。。。。?

12 シバッキー :2016/08/01(月) 21:24:46 ID:Zid3nk92
『初音ミクはなぜ世界を変えたのか?』柴那典著2014年太田出版

初音ミクの誕生は様々な「偶然」というか「必然」が生み出したモノとして、
60年代のヒッピームーブメント、70年代のロックブーム、
80年代のYMOに代表されるエレクトリックミュージック、
そしてシンセサイザーに代表される電気音楽、
「宅録」からDTMへの以降、
ネットの普及により、フラッシュアニメの「空耳」からyoutubeニコ動の転載
楽曲の無断使用からの「掲載あぼん」、からの自作曲

という、すべての流れが初音ミクに集約されたのでは?
という著者による論評。したがって
「バーチャルアイドル」という点よりも、楽器としての初音ミクの方を
分かりやすく取り上げている。

一部「初音ミクが来ないのでスネています」とか、そんなに話題にならなかった作品を取り上げたり、
かなり商売っ気がありすぎて敬遠していた「桜の雨プロジェクト」とかを持ち上げたりして
ボカロ以前に「アイマス」が流行っていたことからボカロPの「○○P」という名前が付いたと言う点とか
そうなのか?と思う点もあり、
まあ、そこいら辺は「諸説有り」だからしょうがないのかなとも思うんだけど、

端的に分かりやすく纏められていた、良い本だと思います

13 シバッキー :2017/04/10(月) 20:56:21 ID:Anu59tyA
『八日目の蝉』角田光代著2007年中央公論新社(文庫本2011年刊)

NHKでドラマ化され、永作博美、井上真央で映画化されたらしいんだけど、
そうとは知らずに、ブックオフで100円で購入。
突然の乳児誘拐から始まるストーリーは、第1部と第2部に分かれ、「あの時」と「今」が錯綜する。
そして第1部の主人公である希和子、第2部の主人公恵理菜の「なぜ」と
あの時の愛情はいったい何だったのかという感情の吐露が素晴らしい物語。

エンジェルホームってのが途中出てくるんだけど、これって「ヤマギシズム」だよねぇ〜、なんとなく(--;
女性ばっかりじゃないけどさあ、あそこは。

まあ、それはともかく、逃げ延びた小豆島の情景、ささやかな幸せ、そこから一転凶器の日常と
「幸せ」ということの定義を考えさせられる作品

14 シバッキー :2017/06/20(火) 22:05:32 ID:Anu59tyA
『走れ病院』福田和代著2011年実業之日本社刊(文庫本2014年刊)
原題「ヒポクラテスのため息」

当然総合病院の経営を任された青年が駆けずり回るお話!といえば
それまでなんだけど、
タイトル通り疾走感があって、読むのには楽しいお話。

門外漢の青年が医療分野に踏み込むわけで、
当然門外漢である読者にも結構わかりやすく、病院の「経営の仕方」が書かれていて
勉強になる!かどうかは分からないけど、
知ったつもりになって、それも面白い。

ラストは、アレしかしょうが無いのかなぁ〜。
もっとハッピーエンドであっても良かったと思うんだけど。。。。
そこまでのお話が結構現実に即していたので、ラストだけファンタジーにするわけにはいかないのだろうけど
でも、なぁ〜

あたしの好きなAKBの名曲「走れペンギン」のようなタイトルとともに、
全体的には楽しいお話でした

15 シバッキー :2017/06/20(火) 22:19:52 ID:Anu59tyA
『人類は衰退しました』田中ロミオ著2007年小学館GAGAGA文庫

アニメ化され、特徴的なOPが印象的だったのだけど、
つまり、あれです。
話としては、あれがああするわけです。まさにそれなのです。

というわけで、大変面白かったんだけど、
次巻を読むかと言われると、まあ、
読まないですね


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

マケン姫っ!フルカラー《極!!》

肌色率K点越えで解禁!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa