したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

趣味の愚痴

1 紋章官 :2014/10/03(金) 22:34:41
秋の夜長、いかがおすごしでしょうか?というか、御嶽山噴火という痛ましい事件、
そして台風接近。放送局関連があるので、このような時は報道強化で局さんは緊張
します。ここ数年、本当にこんなことが多いご時世、ため息が増えます。

さてため息といえば、趣味の愚痴!明るく愚痴ります。先だって平和島の骨董市と
東京フォーラムの大江戸骨董市を掛け持ち。主に鍔を見て回りました。
掘り出し物はありません。それなりの値段とそれなりのお品。探すといいものが
隠れていますが、値段はそこそこついている。やはりそれなりのものは、見える業者
さんが扱っているので、値段もそこそこ。それでもお値打ち、とわかるものがあって
もどうしても買えない。なにしろ11月頭に年に一度の刀剣市が待ち構えています。
そこまでお小遣いをためておかないといけません。安くても数万、すぐに十万以上の
値段がつきます。おいそれと支払えるわけではありません。
いつもそういう値段を見慣れていますと、感覚がマヒするのですが、数万といえば
月のお小遣いよりよっぽど多い!刀剣店の店員さんとも話しますが、何しろ生活費
より高いものを個人相手に売るのは、ハタと気がつくと怖いもの、との事。
家や車、家電製品など生活品ではないのですから、一方で買ってもらった時の達成感
が大きいとの事でした。ただ、そういうものなので、買ってもらうまで案外とあわて
ないものです。すぐに売れるとは思っていませんので、その点、紳士的。
もちろん、個々の差はありますが。ただ、行ったことはありませんが、ブランド店など
ではどうなのでしょうか?テレビの中古ブランドの買い取りと販売を見ていると、
ずいぶんとまた、迫力というか、猛烈な感じがしますが・・・それではまた。

2 紋章官 :2014/10/31(金) 23:02:17
いよいよ11月になります。明日から3連休、そして神保町では古本まつりのメインイベント!ブックフェアが始まります。年に一度の出版社の在庫本処分ワゴンセール!けっこう掘り出し物があるんですよ。事に地方出版社のワゴンの中には、地域地域の珍しい題材の書籍があるので、はずせません。
それに絶版本も出てくることがあるし、やや乱丁があっても読むのに問題ない本もあるので、それを探しだすだいご味があります。しかし、また雨かあ〜どうも古本まつりは雨にたたられがちです。
同時に明日からは東京美術倶楽部での大刀剣市!こちらも行きます。去年はうまく日程がずれていたのに、また今年は重なってしまった・・・おかげで午前と午後に分けて見物です。こちらも年に一度なので、全国の業者と愛好家が集まります。こちらは屋内なので、雨でも問題ありませんが、カタログ付きの入場料がかかります。さて、このカタログ、出店業者が目玉商品を掲載、そして後ろに業者の住所と電話番号が掲載。
そうなるとどうなるか?カタログは10月初めに頒布始まります。すると、カタログを見て気に入った商品があると、さっそく業者に電話をして押さえます。なにしろ商品カタログなのですから当然と言えます。愛好家仲間とお話していますと、当日届き次第、電話をしても、先に電話されて買い損ねた、すでに手付金を支払った、そしてもう受け取った、と現品を見せてくれた方もいます。いやはや、早い者勝ち!いいものはどんどんなくなります。当日、いったいどの程度残っているのか・・・
ただ、業者さんいわく、今年はどこも目玉商品がいささかさびしいとか。良いものが出てこない、愛好家が一番良いものは手放さない。それで仕入れに頭が痛い、との事。
何しろ昔の値段に比べ、落ちているので、一番良いものを気に入らない値段で手放すくらいなら、手元に残しておこう、との傾向だそうです。
また今年は外人さんが少ないだろうとの話も。その理由がエボラ。なんでも飛行機で移動する際に、感染するのではないか?との不安が欧米にあるそうで、そのため飛行機を乗り継いでくるような外人さんは減るだろうとの事でした。意外な影響があるものです。
そんなこんあですが、まずは三連休、趣味に走りたいところです。それでは

3 紋章官 :2014/11/14(金) 22:00:26
コミケの当落通知に原稿をせかされる今日この頃、いっぽうで趣味の付き合いにも追われています。それに22日は趣味の鑑賞会、23日はコミティア。あわただしいところです。原稿、進むかなあ〜

さて古本まつりはほどほどに収穫があり、大刀剣市ではガラス越に眺めていました。やはり数があると、いろいろ見れます。
その前の週ですが、京橋祭りのパレード、来年4月の北陸新幹線開通のPRで、石川県のお祭りの代表がパレードに参加。加賀鳶、大灯篭などと共に田楽神楽もきていました。
なかなか田楽を見る機会がないので、ありがたいところ。躍動的な舞いと動き、見ていて、舞人方がかぶっていた笠が外れたり、靴が脱げたり、あらら、アスファルトの上では大変です。石川県で田楽踊りをするのはどこなのだろう?ささらを鳴らして、太鼓と笛の拍子で舞い続ける。雅楽から派生して名前のごとく、田植え行事に行われる農耕儀礼として広がる。映画「七人の侍」のラストシーンでも、春を迎え村を離れる生き残り三人が見つめる田植え作業では、腰の太鼓を打ち、笛を鳴らす囃子方、そして田植え娘が歌を歌うシーンがありましたが、これは田楽儀礼の簡易な、もしくは原型ともいえる姿。
田植えを単なる農作業ではなく、冬を越えて春を迎えた喜びを表し、秋の収穫を願うものとして位置づけ、一種の祝祭の意味合いがあったのです。もちろん、拍子をとることで、田植えの効率を上げることもあったのでしょうが、いつしか、それを越えたものとなっていたのです。
この田楽、かなり古いもので、遅くとも平安中期には出現、平安後期に「永長の大田楽」という京都での熱狂的な田楽ブームが発生、昼夜問わず、老若男女貴賎入り乱れ踊りに興じた事件が生じています。それだけに、かなりの広がりがあったはずですが、やがて田楽から猿楽、猿楽から能楽と生じていく中で衰退、地方芸能でいくつか残るだけの状態。
それだけに見る機会が少ないだけに、偶然、見れたのは幸運でした。それではまた。

4 紋章官 :2014/11/29(土) 22:36:19
晴れやら雨やらあわただしい天気です。寒暖の差も大きいので、くれぐれも体調にはお気をつけください。ところで先日のコミティアはどうでしたか?いけなかったのですが、盛りあがりましたか?

さて趣味の愚痴。今日は、諸般の事情で欧州中世金貨のコレクションを綺麗に手放してきました・・・22枚(泣)・・・とある支払いに振り向けました。趣味のジャンルがどうも私はレアなところ、人気の少ないところに行く傾向があります。プラモデルは艦艇模型、お城ファンと地味なものでしたが、最近は歴女ブームなどでお城ファンは恵まれてきましたし、艦船模型も艦コレのおかげか、人気が高まり、城郭模型普及推進委員会さんのご厚意でファンフェスで組み上げたものを、部品取り用ジャンク品として売ったら、買値と同じ値段で売れてしまっているし、艦船の古本もbook-offで売るより高く売れる!(駆逐艦100〜250円が今では800〜1200円、部品取りなら格安だわな〜)
でも、この欧州中世金貨や刀装具は地味、影が薄い、知名度が低い、なまじ高い・・・
金貨は幸い、集中して収集した時期が前の円高でコイン価格の下落期だった時期。その後の欧米の景気回復で、コイン価格は上昇、円安などで割高。そのうえ、日本で買い手が少ない、とのことでここ数年はほとんど入らない。そこで、ついに綺麗にさようならしました。残念ながら、金価格のようにはもうけはなし!中世金貨は現在、人気が低迷していて、欧米でもふるわないそうです、ただ、いま新規に仕入れようとすると、円安進行で割高になるので、その分、わりとそれなりにつきましたが2割くらい減りました・・・それで、一番コンディションが良い金貨2枚は手放すのをやめました。
一番、高いのですが、まあ、他の分で必要額に達し、それにやっぱり惜しくなったので!
何しろコンディションの良さは抜群なので、なかなかこのレベルは出てこない。
イタリアのフィオリーノ、ジェノニーノ、ドッカーレの代表的金貨揃いも、フランスのフィリップ6世からシャルル7世までの百年戦争期にフランス国王4代揃いも、みんなさようなら〜まあ、手放したけど、また集めようと思えば、出てきたときに購入できる程度のものですが、もう、同じ金額では買えません。前より2から3割増しかかります。
もしこれが中国貨幣やイギリス貨幣、近代貨幣だったら、倍以上になっているので、十分設けられたのに、中世貨幣、ハンマーコインはだめだそうです。どうしてかな〜趣味にするなら値上がりが期待できそうなものがいいのかな〜。すでに中世大型銀貨、小型銀貨も処分済み、残るは古代と中世銀貨が十数枚、金貨は4枚だけになってしまいました、一時、金銀貨50枚近くあったのがやっぱりさびしいなあ(泣)〜まあ、またぼちぼちと集めていくだけですが。それでは

5 紋章官 :2014/12/06(土) 00:50:33
急な大雪であちこち大変ですね。みなさん、大丈夫ですか?さて恒例のKODAIさんのコミケ参加サークル案内がアップされ、いよいよ追い込みの時期となりました。原稿、すすんでいますか?私はまだまだ悪戦苦闘中でーす(泣)

さて先週土曜日に、中世欧州金貨とさようならして、手元に一瞬だけあった札束。翌日とそのあとの支払いで、師走にふさわしくさようならしました・・・・
あれは幻だったんだろうか?あまりお金のかかる趣味はいけまんせんねえ〜
刀装具の方はじっくりと見ているのがもっぱら。なんしろ、買わなくても名品を月に1度手に取れるとなれば、自分の懐を痛めず、十分楽しめる。それに下手に名品を持っても、保管に心配することもない。
ちょうど落語「水屋の富」のようになることがないのが一番!それにありがたい事に、見せられるお品が著名な名品が多いと、それが基準になり、なまじ売っている品物では満足できない、また見ているうちに見せてもらったお品を思い出し、物足らなくなる。
そうやって節約していける。あとは折を見て、持ち主の人に懇願して譲ってもらう!
なんて、うまくいくはずがない。やっぱり欲しくなって購入してしまうんです、なにかしら。それに見せられる品々はレベルが高いので、個人間でも価格はどうなるのか、という世界。何しろ頼み込んで譲ってもらうのだから、値段に文句はいえない。みなさんはくれぐれもお気をつけださい。それではこれでまた


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

ボンレスベルト


これであなたもハムの人。

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa