したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

永久我慢の円舞曲 3

4 名無しさんのおもらし :2018/11/12(月) 23:09:41
姫の尿と便にはあらゆる生物を死滅させる破壊の呪いがかけられました。

次に姫が排泄するとき、それが地球の終わりでした。



当然ながら姫の尿道と肛門には厳重には栓がされ、けっして排泄を出来ぬよう管理されます。



「ぐぬぅ…………もう辛抱がならん! 小便を、わらわに小便をさせるのじゃ!!」



「なりません! 世界が終わってしまいます!」



勇者一行は姫に呪いをかけた魔王を打ち倒すべく冒険中。

その最中もきっと小便をしているんだろう、そう思うと悔しくて仕方がない姫君。



「小便が、小便がしたい!! 従者共、貴様らも全員小便を我慢しろ!!」



「えぇ…………そんな…………ところであたし、いま3日便秘だったので昨日下剤飲んじゃってうんちしたいんですが」



「ふざけるな!! わらわは一ヶ月糞しとらんのだぞ!! 腹が痛いぃ、くそぅ、糞だけに糞ぅ、腹が痛いのじゃぁぁ、小便したい!! 糞したい!!!」



小便と糞を禁止したところで栓されているわけでもない従者たちはそのへんにおもらししまくるだけでした。



「くぅぅ、ずるいのじゃぁ!! わらわもおもらししたいぃ!! 小便、おしっこ、しっこ、シッコ、pee!!!」



そんな折、勇者たちが魔王を倒したと連絡が。

呪いから実に半年が経過してからのことでした。

姫君の下腹部は臨月の妊婦をゆうに越えるほど膨らみきり、浮き出た血管が痛々しく脈打っています。

当然ながら人間に耐えうる排泄の我慢ではありません。姫君がもし死亡すれば身体が腐り、結果的に尿や便が出てしまうので国の秘術をつかい、無理矢理延命しています。



「…………!! ち、ちっこ! おちっこ、わらわ、ちっちだちていいの!?」



「…………それが…………」



魔王が敗れたため、これ以上姫君の排泄物が呪われることはありません。

しかし。

いま現在姫君のお腹の中にある尿や便は既に呪われているため、取り返しがつかないのです。



「はぁぁぉぁぉぉぉぉぁ!?」



「ん…………あ、失礼」



しゃぁぁぁぁ。

従者は我慢仕切れず姫君の前で失禁。



「ずるいずるい!!!!」



錯乱して暴れる姫君は縛り付けられて幽閉されました。

あれから何年が経ったのか。姫君は麗しき若さを保ったまま排泄を切望しつつ悠久の時を生かされています。それは世界を守っていることに他ならないのです。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

レッドブルエナジードリンク 250ml×24本 - レッドブル・ジャパン

フルチャージ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板