したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

おしっこ我慢大会

1 実羽 :2015/02/27(金) 15:36:10
何人かで集まっておしっこ我慢大会をしてください!

2 名無しさんのおもらし :2015/07/18(土) 04:38:09
下腹部に手を置いて、友紀は考える。確かに、先は長い。
今の調べで何の目星もつかなかった以上、今日の夜もまた、張り詰めた膀胱を抱えて過ごすことになる。
友紀はそのことを悟り、かねて密かに決心していたことを、実行に移すと決めた。
顔を上げ、決意を込めて、彼女は言った。
「杏」
「何?」
「私、するわ」
八人の視線が、友紀に集まる。それを受け止めて彼女は、曖昧な笑みを浮かべた。
「我慢の連続で、もう無理。限界よ。夜まで我慢するくらいなら、今するわ」
柱時計に目をやる。時刻は、四時の少し前。
「十時まで、まだ六時間ある。私はするわ」
断固とした決意を込めて、友紀は主張する。
彼女は昨夜から、一滴も排尿していない。そして今朝からはこの騒動。何としても、用を足すつもりだ。
杏が溜息をつく。
「こらえ性のない膀胱ね」
「いざってとき、膀胱がもつように今すませる」
「根性ないわね、こんなシチュエーションでする気なの?」
「恥ずかしくても、断固するわ」
「なるほど、根性なしは取り消すわ」
しかし杏は苦笑したあとで呟いた。
「しかし、まあ、後で膀胱がバカになるより、その方がいいわね。やっぱり、そう愚かでもない」
「どうも」
「わかった。なら行って来て。その後で私がいく」
「待ちなさい」
と声をかけたのは、沙子。
「この部屋から離れるのは……」
「トイレまで行ってくるんじゃない」
すると決めた途端、尿意が急激に高まりだした。括約筋が制御を失い焦る。しゃべるのももどかしく、友紀は床を指差した。
「ここでする」
そしてそのままスカートの中のショーツに手をかけ、友紀はしゃがみこんだ。

3 名無しさんのおもらし :2015/07/18(土) 04:40:16
「なるほどね。トイレですることにこだわりさえしなければ、別に今死に者狂いで我慢しつづける必要はないわね。
常識と羞恥心さえ一時忘れれば、先の見えない我慢から解放される」
どこか軽蔑したような声は、志麻のもの。しかし彼女は、こう続けた。
「じゃあ、私も倣おうかな」
素早くショーツをおろし、しゃがみこむ。
それをきっかけに、
「あたしも、今のうちに膀胱を休めとく」
美夜が続く。
「サコ……」
友紀はもうすさまじい放出の快楽に身をゆだねていたが、その甘えたような声は若菜のもの。沙子の返事はとても優しかった。
「あなたもしときなさい。私は我慢してるから」

4 人妻 男性無料出会い :2017/01/25(水) 21:53:21
地域別|セフレ募集出会い
http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0013/

エロ写メ
http://aeruyo.2-d.jp/free/adult/1/
セフレ募集書き込み一覧
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/000/

5 名無しさんのおもらし :2019/09/23(月) 17:49:13
誰か勝負しよー?
絶対に負けないけど、お漏らししてみたい人いたら


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

飼育少女(1) (モーニング KC) - 仲川 麻子

KENZEN! マジ、KENZEN!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板