したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

おもらし千夜一夜4

1 名無しさんのおもらし :2014/03/10(月) 00:57:23
前スレ
おもらし千夜一夜3
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/sports/2469/1297693920/

2 名無しさんのおもらし :2014/03/10(月) 01:02:18

4スレ目は何作くるかなw

3 事例の人 :2014/03/14(金) 19:39:19
スレ立て乙です
新スレ早々続き物とかアレだし単品でも楽しめるのにします
します、と言うか2年くらい前に書いた未公開の奴を引っ張ってきただけ

……本編が出来てない時間稼ぎですorz

4 事例EX「雛倉 雪」と真夜中の公園。① :2014/03/14(金) 19:40:54
「あぁ、ダメ……そろそろ限界かも」

彼女――“雛倉 雪”は体を少し前に倒した姿勢で、苦しそうに何かを耐える。
落ち着きの無い仕草、時折スカートの前に待っていかれる手。
注意深く観察すれば、誰でも彼女が何に耐えているの分かるだろう。
ただ、今は23時40分。場所は彼女の家付近の自然公園内であり、人通りはない。
もし人が居たとするなら、ここまで大胆な仕草は取ってはいないだろう。

「んっ――そろそろ戻らないと間に合わないかも……」

そう口にした彼女は、公園の半ば付近で自宅の方向に向き直り、落ち着き無くその場で足踏みをする。
そして、上着に入れてある携帯を取り出し、液晶に映る時間を確認する。

「“目標の12時”まではあと17分か……あぁ、どうしようかな」

彼女は時間を気にして、一向に自宅へとは向かわない。
それは今から帰ると“目標の12時”より早く自宅に着いてしまいう可能性が高いから。
その場でじっとしているのが辛く、足踏みをして、たまに片足を上げて膝をすり合わせる。

(あぁ、もう、じっとしてられないっ!)

彼女は意味も無く街灯の下付近を歩き回る。
そして何度も携帯を確認して、しばらくすると動きを止め、再度自宅方向に向き直る。

「ぁぅ……あと13分、コレなら……」

そういって今度は自宅へ向かって歩き出す。
彼女の額にはほんの数分前までは無かった汗が光っていた。

5 事例EX「雛倉 雪」と真夜中の公園。② :2014/03/14(金) 19:42:37
――彼女が尿意の我慢をしなければいけない理由は無い。
強いて言うなら彼女が自らそういう制約で行動している。

時を遡ること6年前。彼女が中学2年の時。
夏休みの部活の帰り、途中で催した尿意。学校を出るときに家から持ってきたペットボトルを空にしようとしたのが間違いだった。
なかなか変わらない信号。開いてくれない踏み切り。
限界が迫り、恥ずかしいのを我慢して途中のコンビニに飛び込むも、目的の場所への扉には故障中の3文字。
その下には“お急ぎの方は店員に一言かけて頂ければ従業員用のお手洗いをお貸しします。”と書かれていた。
“お急ぎの方”つまり、どうしても我慢が出来ない人の事。当然恥ずかしがり屋である彼女は申し出ることは出来なかった。
それに、例え彼女でなくとも常識的に考えて女性がそんなことを言えるはずもない。
すべてが彼女に意地悪を働いてるように、欲求の開放を妨害された。
何とか自宅へたどり着いた彼女だが、自宅の鍵がカバンから見つからない。
そんな時、背後から妹に声を掛けられ、咄嗟に取り繕うもそれが災いし妹の前で下腹部の波打ち感じながら水溜りを作ってしまった。
妹は姉を優しく抱きしめ、慰めた。
結局鍵は、直ぐ出せるようにと帰り道自分で制服の胸ポケットにしまっていた。
情け無いやら、惨めやら、色々負の感情が込みあげる中、ただその中にひとつ“気持ち良かった”その開放感だけが異質ながら存在していた。

中学での出来事はしばらく彼女に傷を負わせていたが、高校生になると“もう一度限界まで我慢してみたい”と思う気持ちが強くなっていた。
初めは高校1年の一学期期末テスト。最後の科目で不意に催した尿意。
テストが終わりトイレに向かうも、工事による一部断水の為使用できるトイレが限られ、
またテストの間の休憩時間は皆ギリギリまで勉強していたようで、テストが終わったときのトイレは混雑していた。
まだ余裕があった彼女は、学校のトイレの使用をあきらめて帰宅する事にした。
その時僅かながら彼女自身、高揚していることに気が付いていた。
まだ余裕はあったが、帰宅となると徒歩10分、電車で20分、自転車15分。
電車の待ち時間も含めると自宅のトイレに入れるのは1時間程度先だった。
もちろん駅にトイレはあった。でも彼女は使用せず、逆に駅に着いたとき缶コーヒーを買って一気に飲み干した。
自宅近辺の駅に着いたときは余裕が殆どなくなっていたが、そこでもトイレに寄ることはせず、駐輪場まで駆け足で向かい自転車に跨り、帰路に着いた。
でも駅を出て5分したところで彼女は後悔していた。電車に乗る前に飲んだコーヒーが今になって思ったより効いてしまい、家まで持ちそうに無かった。
あとたった10分……それが高校生にもなって我慢できない。とても恥ずかしいことに思え、中学の時同様、負の感情に心が沈んでいく。
涙目になりながら帰路を急ぐも、限界を超えてしまい、サドルに押し付けていた下着にシミを作ってしまう。
無我夢中で自転車を住宅地の一角にある空き地に止めて、飛び降り、不法に置かれた車の陰に隠れる。
隠れる前から少しずつ溢れ出し始めていたが、もう止める余裕も無く隠れるなり下着を下ろし野外で放尿した。
それは我慢しすぎた為か、勢いは無いが1分以上も出続けた。――自宅まであと500mが間に合わなかった。
彼女にとってそれは恥ずかし粗相のはずだった。
でも、後から思い出されるのは限界まで張り詰めた膀胱と、限界寸前の緊張感、そして例えようの無い開放感だった。
それからも彼女は月に1〜2回程度わざと尿意を限界まで我慢していた。
それは下校中だけに留まらず、家に誰も居ないとき、休みの日の出かけ先で、授業中にまで至った。

大学に進学してからはさらにその行為はエスカレートして行った。
大学近辺のアパートで一人暮らしを始めた事で箍が外れたからだ。

6 事例EX「雛倉 雪」と真夜中の公園。③ :2014/03/14(金) 19:44:02
「はぁ、はぁ……んっ! あぁ、出ちゃう……」

公園から自宅に向けて歩みを進める彼女。
その足取りは行きのときとは違い小幅で、時折立ち止まっては足を絡ませ、手で足の付け根辺りと抑えていた。
時間は23時52分、時間にして先ほどから5分程度しか経っていない。
我慢が辛く、思った以上に歩みも進まず自宅まではまだ2/3程度の道のりを残していた。

(家を出る前に飲んだ、最後のダメ押しの紅茶2杯……思った以上に効いてる……)

(なんとか我慢したまま家まで戻れれば、すごい量出せそうだけど……間に合わないかも)

彼女は予想外の尿意の高まり方に動揺する。
経験上、額に汗が浮かびだすと持って15分。引き返すタイミングは悪くなかったと思っていた。
でも実際にはそれよりもずっと早く尿意は加速し、下腹部を触ると既にこれ以上に無いくらい硬く張り詰めていた。
それは今回初めて使った利尿作用の強い紅茶を飲んだのが大きく影響していた。

「んぁ! ダメ……あぁ、おしっこしたい……が、我慢しないと」
(い、何時もと同じ紅茶にして置けばよかった……)

半分の道のりを過ぎたところで今までに無い大きな波がきて立ち止まる。
今度はスカートの下から手を差し入れ下着の上から押さえる。
それでも溢れそうになり、体をくの字に曲げ足を締め付ける。

「ぁ……あぁ! ダメ……んっあ!!」
<プシュッ>

彼女の手の中に暖かい感触が一瞬渦巻く。

「いや! ダメまだ、だめぇ……」

下着を押さえる手により力を込め、尿意を紛らわすように揉み解す。
下着を濡らしてしまったことに――恥ずかしい行動に羞恥心が刺激され、顔は紅潮する。
彼女はおもらしする事を望んでいるわけではなく、
求めているのは、あくまで限界まで我慢したときに感じる何ともいえない感覚とスリル、そして放尿したときの開放感。
事実大学に入ってからは今まで下着を濡らしてしまったことは1度しかなかった。

「はぁ、はぁ、はぁ……んっ」

1分程度続いた強烈な波は去り、一時の小康状態となる。
だが、以前として限界まで張った下腹部を見れば状況が変わったわけではなく、
むしろ紅茶の利尿作用で今も膀胱の水位を上げつつある。
今すぐにでも自宅に帰りたいのに、少し無理をして公園に長くいすぎたため自宅までまだ少し距離があった。
ならば、人目が無いのだから、野外放尿という手段もあるのだが、彼女は自宅を目指し続ける。
昔からの負けず嫌いな性格が、自分で立てた目標を曲げてしまうのを拒んでいた。
今回の目標は、0時まで我慢する事、自宅のトイレまで我慢することの二つ。

(はぁ……折角もうすぐ12時なのに家まではまだ半分くらい……どうしよう、どうしよう……)

波が来てないうちに出来る限り、早足で自宅に歩みを進める。
それでも手はもう前を離せない状態にあり、その歩みはお世辞にも速いものではなかった。

7 事例EX「雛倉 雪」と真夜中の公園。? :2014/03/14(金) 19:45:16
(さっき少し出ちゃったってことは……もうそんなに持たないはずよね?)

大学で一度濡らしてしまったときは崩壊まで5分と持たなかった。
個室の中に入る前から溢れ、下着を下ろすことすら出来なかった。
まさか間に合わないとは思ってなかった、しかも学校のトイレで……。
限界を迎えてから使用中のトイレ、清掃中のトイレとたらい回しになった結果だった。

「(あの時は誰にもバレずにすんでよかった……まさか大学生にもなって――っ! あぁ! 波が……!)」

以前の体験を思い出してしまった為、敏感に膀胱が反応して波打つ。
不意打ちの大波に立っていられず、しゃがみ込み、かかとを立てて押さえ込む。

「あぁ、まだダメぇ……んっあぁ!!」
<シュワ……>

踵に感じる確かな温もり。
それは、今の彼女が自分の状態を改めて確認するには大きすぎる失態。
その恥ずかしい液体は滴り落ちることは無かったが、下着はほとんど完全に濡れてしまい、これ以上の水分を蓄えられないほど湿っていた。

「はぁ、はぁ……っ、ダメ、もう木陰で――」

彼女はもう自宅のトイレまでとても間に合うとは思えず、野外での放尿を決断したときだった。

「っ! うそ……人が――!」

さらに言えば、その顔は大学での顔見知りであることに気が付く。

(な、なんで梅雨子が……)

直ぐに木陰に隠れる。
見つかってしまえば会釈だけではすまない相手。
彼女の親友である、黒蜜 梅雨子。
もう限界まで張り詰めた膀胱を抱えた雪には見つかるわけには行かなかった。

「(お、お願いぃ! 早くっ…はやく! どこかへ行ってっ!! じゃないと、私っ、もうっ……!)」

もう間に合わないと決断したのだ、早く居なくなって貰わなければ……
次の波が来てしまえば……もう耐え切れる自信は彼女には無かった。

木陰にしゃがみ込み、濡れてもう冷たくなり始めた下着にねじり込むようにして、踵で押さえ込む。
限界まで緊張した括約筋は麻痺してしまい、時より跳ねるような痙攣が踵に感じられる。
その痙攣が彼女にもう我慢の限界だと認識させ、焦りをより加速させる。

――もし、我慢できずに限界まで張り詰めた膀胱の中身を出してしまえば――
――こんな静かな夜に、そしてほんの数メートル向こうに相手がいるのに――
――……確実にその恥ずかしい音が…匂いが……相手に――梅雨子に聞こえてしまう……そうなれば――

「あれ〜? ゆきりんらしき人影見えたと思ったんだけどなぁ……」

「っ!」

突如聞こえた、彼女を指す言葉。
そう、梅雨子は彼女の姿を見ていたのだ。

8 事例EX「雛倉 雪」と真夜中の公園。⑤ :2014/03/14(金) 19:50:19
「ぁっ――」

今まで括約筋を痙攣させながらも、何とか均衡を保っていた恥ずかしい液体を塞き止めていた栓に
自身の名前を呼ばれると言う、予期せぬ事態がかすかな揺らぎを与えた。
その揺らぎを合図に、膀胱が小さく波打ち、今までにない圧力で、閉じ込めておくべき恥ずかしい水が
出口に向かって動き出す。

「――っ!!」

限界。
経験上この感覚を彼女は知っている。
だからこそ彼女は焦った。そして動揺した。
もう数秒先に迫る限界点。
だが、数歩先には知り合いが居る……絶対に迎えてはいけない限界点。

――だめ……無理! でも、あぁ! 我慢できないっ! 梅雨子がいる! まだダメなのっ!
――早くどこかへ! 居なくなって! もう溢れるっいや、我慢しなきゃいけない! でももう……

沢山の思いが頭の中で駆け巡る。

その十秒にも満たない時間が彼女にとっては何十分にも感じられた。

そして膀胱の小さな波打ちが止まる。
それは消して小康状態になったわけではなく、硬く収縮したままとなったのだ。
圧倒的な圧力が括約筋を内側から抉じ開けようと攻め立てる。

「くぁ……ぃゃ!」

そしてついに彼女の括約筋はその圧力に屈した。

<ジュッ>

「ぁ…ぁ……っ!」

今までとは違う勢いのあるくぐもった音が下着の中で聞こえた。
たったの一吹きで押さえ込んでいた足の靴下をびしょびしょにしてしまう。
そして、さっきまでの失態とは違い、さらに膀胱が搾り出そうと収縮して圧力を上げる。
もう彼女にそれを防ぐ手立てはなかった。

<ジュッジュ〜〜>

「ぁ…くっ……やぁっ!」

如何にかして下腹を引き締めようとするが、力の入れ方が判らず、
押さえ込まれたスカートに染みを広げ、さらに勢いを増し、足元に水気を帯びた影を広げてゆく。

<シュィーー>

誤魔化しようのないおもらし。
大学生にもなって……もう2回目だ。

しばらく放心状態の彼女だったが、2分もすれば我にかえり、周囲をきょろきょろと確認する。
おもらしをしてしまう寸前まで居た梅雨子の姿は無かった。
一度音が聞こえる程度の距離まで近づいて来ていたが、決壊して、大きなくぐもった音を出していた時には、
ある程度離れていたため気が付かれなかったのだ。
しかし、あと10秒、いや5秒早く決壊していたのなら、その音は梅雨子の耳に届いていたかもしれない。

彼女は安堵しながら立ち上がる。
スカートの裾からまだ暖かい水滴がいくつも零れ落ちる。

「っ……また、やっちゃった……」

その水滴が彼女の羞恥心を煽る。
スカートを吊り上げると、自分の粗相を重さとして実感した。
目に涙を溜めて、それでも今度の水は溢さず、家まで持って帰る。

「誰にも見つからずに部屋までいけるかな……」

時計を見るともう日付が変わっていた。

おわり

9 名無しさんのおもらし :2014/03/15(土) 01:13:33
1000 名前:名無しさんのおもらし[sage] 投稿日:2014/03/14(金) 20:39:54
1000なら次スレは久々に覗かなくても良作キテタ

10 名無しさんのおもらし :2014/03/15(土) 18:34:09
あれ? 黒蜜 梅雨子ってひょとして真弓の姉かな?

11 名無しさんのおもらし :2014/03/16(日) 15:17:29
呼び方もあやりん、ゆきりんで妹と同じだしそうとしか思ってなかった

12 名無しさんのおもらし :2014/03/25(火) 00:38:02
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/sports/2469/1297693920/

前スレ「声が聞きたい!」シリーズまとめ
>>731-737:事例1「山寺 瞳」と私の自己紹介。
>>747-750:事例2「篠坂 弥生」と……。前編1
>>752-759:事例2「篠坂 弥生」と……。前編2
>>777-785:事例2「篠坂 弥生」と……。後編
>>799-813:事例3「日比野 鈴葉」と『声』の無い二人。
>>821-830:追憶1「雛倉 雪」
>>842-854:事例4「宝月 皐子」とラブレター?前編
>>860-871:事例4「宝月 皐子」とラブレター?後編 ※描写ミスあり >>882->>883辺りを参照
>>872:事例4「宝月 皐子」とラブレター?EX
>>877-879:追憶2「雛倉 雪」と微睡みの幻?
>>884-897:事例5「黒蜜 真弓」と抜き打ち見学会。前編
>>902-917:事例5「黒蜜 真弓」と抜き打ち見学会。中編
>>929-939:事例5「黒蜜 真弓」と抜き打ち見学会。後編
>>940-942:事例5「黒蜜 真弓」と抜き打ち見学会。EX
>>982-985:事例5.1「?」とセンチメンタルな真夜中の私。 ※一部訂正>>986

「声が聞きたい!」シリーズ・登場人物紹介安価
>>791「雛倉 綾菜」(主人公、高校1年生)
>>738「山寺 瞳」(別クラスの友達)
>>786「篠坂 弥生」(懐いてる友達)
>>814「日比野 鈴葉」(花屋の娘で大学生)
>>831「雛倉 雪」(姉で大学生)
>>873「宝月 皐子」(お嬢様の生徒会長、2年生)
>>943「黒蜜 真弓」(元気な親友)

13 名無しさんのおもらし :2014/03/25(火) 00:46:48
某所で評判を聞いてここを探し当て、読ませて頂き
続編への期待をこめて目次を貼らせてもらいました。
その手の書物や作品などを漁って十数年になりますが
こんな秀逸なおもらし小説を書ける人は
ネット広しといえども古今東西ほかに見当たりませんね
これからもがんばってください

14 名無しさんのおもらし :2014/04/04(金) 16:21:35
過疎スレあげ

15 事例の人 :2014/04/17(木) 19:24:10
>>10-11
その通りです
>>12-13
応援ありがとう、でも自重して! 特に12は貼らないで欲しかった
ところで某所ってどこだろう?

そして、やっと書けたので投下する
待ってて頂いた方には一ヶ月以上も放置してごめんなさい
今後も多分こんなペースです
あと、今回ちょっと我慢要素少ないかもです、後編の時になるべく頑張る予定

16 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。① :2014/04/17(木) 19:26:18
「あ、綾ー?」

「……なに?」

「来週末には東京もどるからー」

「……わかっ――えっ!」

――東京に戻る?

雪姉から聞かされた衝撃の事実。

「何その反応? 休みはもう少しあるけど、用事は無いわけじゃないんだから当然じゃない?」

そう言うと、私のベッドに寝転びながら漫画の続きを読み始める。
……結局のところ、雪姉が帰ってきてから特に何も無かった。
こんなことなら、家族でレストランとか行く以外にも、市民プールとかどこかの娯楽施設に誘うべきだった。

「ふーんふーんふんふん〜♪」

音程をやたらと外した鼻歌を、機嫌良く歌いながら漫画を読んでる雪姉。

――……あれ? 二人でそういうところ行けなくて後悔してるのって私だけ?

帰ってきた時雪姉は“寂しかった”って言ってたのに……実際のところあれは社交辞令で、
本当に寂しく感じていたのは、私だけだったと言うことかもしれない。

「そうだ、綾! また正月に帰ってくるから、東京土産何か欲しい?」

……。

「……別に、なにもいらないけど? だから、買ってこなくていいし、忙しいなら帰ってこなくてもいいよ」

もやもやした気持ちのまま問い掛けられ、さらに内容が帰ることの話で、不貞腐れた態度で返してしまう。

「あ、綾? な、何か私…嫌われる事したかな?」

私の態度の変化に気が付き、慌てた様子でオロオロしながら問い掛ける。……可愛い。
私は首を小さく横に振った。

「そ、そう……」

そう言って漫画の続きを読み出すが、どうにも納得いかない様子でチラチラを私の様子伺ってる。
折角機嫌よくしていたのに、悪いことをしてしまった……。

私は雪姉に聞こえないように小さく嘆息して、自室の椅子に座りながら先日の見学会の感想をまとめる。
そしてそれを書き終えたとき、ふと、机の隅に置かれた紙が目に入る。
その紙には大きく“夏祭り”の文字が書かれていた。

――……あ、そうだ!

私はこの祭りに雪姉と一緒に行こうと思い、椅子に座ったまま体だけを横に向けて雪姉に向かって口を開いた。

17 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-前編-② :2014/04/17(木) 19:28:18
「雪――」<♪〜〜〜>

私の携帯の着信音が、私の声を遮る。非常に間が悪い。
私は、こっちに視線を向けた雪姉に「ごめん」と一言言って携帯を手に取る。

――一体誰が……ってまゆ…か。

そういえば見学会の後、一度も会話していない。
あの時は気を利かせてくれたようで、降りた時に居たのは“近づかないでオーラ”を放っていた朝見さんだけだった。
当然私も話しかけ辛かったので、極力見ないようにして帰った。

……。

私は意を決して、恐る恐る電話に応答した。

「……も、もしもし?」

  「やっほ、もうすぐあやりんのところって祭りだよね?」

「……え? あ、うん」

  「んじゃ、当日夕方5時くらいに神社の入り口のところ集合ね! バイバーイ」<…プープー>

……。
タイミング悪いのに加えて一方的過ぎる。
とはいえ、当たり前のように、そしていつも通りの態度で誘ってくれたのは凄く嬉しいのだけど。

「夏祭り友達といくの?」

電話の内容を聞いていたであろう雪姉が、私に問い掛ける。まゆ…声大きすぎる……。
本当は雪姉と行こうと思っていたけど、「姉と行きたいからパス」――なんてまゆに言えない。
それに、まゆと行くのも悪くないと思うし。

私は取り合えず声には出さず頷いた。

「そっか、私も梅雨子と鈴葉と一緒に行く予定あるけどねー」

――そうですか。
誘っていたところで撃沈だったと。

18 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-前編-③ :2014/04/17(木) 19:29:52
――
 ――

「とうちゃ〜く」

「……だね」

祭りの行われる、神社の入り口付近に雪姉と共に着く。
ちなみに私達の服装は浴衣。

私が着てる――――着せられた……――――浴衣は、黒を基調にした素朴な菖蒲柄。
色的に、銀髪が映えるような感じ。
雪姉のも私と同じく黒を基調にした浴衣。
柄は牡丹かな?

「あ、あやりーん!」

まゆの私を呼ぶ声が聞こえ、こっちに駆け寄ってきた。

「あやりん?」

雪姉が私のあだ名――――まゆしか使ってないあだ名だけど――――を初めて聞いて目を丸くする。

「え……えっと、お姉さんですか? 始めまして、真弓って言います!」

まゆが雪姉の存在に気が付き、元気良く敬礼しながら挨拶をする。……なんで敬礼? 可愛いけど。
あえて私は何も言わずに観察してよう。

「真弓ちゃん? んー、どこかで見たような顔で、どこかで聞いたような名前……」

まゆの挨拶を無視して、なにやらぶつぶつと言いながら考え込む。

「……ちょっと雪姉! 自己紹介してるのにちゃんと返してよ!」

ちょっと頭にきたので注意したやった。

「あ……うん、ごめん。……私は綾菜の姉の雪です。いつも綾菜がお世話になっています」

私のきつい言葉に我に戻り、なんとか挨拶を済ませるが、相変わらずすぐ凹む。
ちょっと泣きそうな顔で無理に笑顔を作ってる。

「あー、お姉さん気にしないで下さい、あやりんはこんな感情的な態度、学校では殆ど見せないから逆に羨ましいですよー」

「っ! ……まゆ、黙って……――雪姉もいきなり元気にならないで!」

私は顔が熱くなるのを感じならが、二人に抗議する。……恥ずかしい。
そんな様子をまゆがニヤニヤと見てくるから余計にいたたまれなくなり、二人に背を向ける。
気持ちを落ち着かせるために、二人に聞こえないように深呼吸してから口を開く。

「……雪姉も友達待たせてるんじゃなかった?」

「あ……そうね、――それじゃ真弓ちゃん、綾のことよろしくお願いねー」

余計な一言を言って、雪姉は神社の奥の方に走って行く。
それを視線だけで見送っていると横からまゆが抱きついてくる。

「……ちょ、ちょっと何?」

私はそれを気怠そうに対応する。

「いやー、雪さんってあれでしょ? 3年間成績1位をキープしたって言う伝説の優等生」

「……多分そうだけど、あれ見たら幻滅したんじゃない?」

「まぁ、思ってたような人じゃないけど。でも、ああいう感じの方が印象良くていいじゃん?」

確かにお堅い性格よりは良いのかもしれない。
人のものを勝手に食べなきゃね!

19 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-前編-④ :2014/04/17(木) 19:30:44
「――にしても、あやりん浴衣かー、超似合ってるし……」

抱きついていた身体を離し、私を舐めるように観察する。

「……ん、ありがと――でも見過ぎ……」

私は視線を少し逸らして言う。

「あー、私も浴衣着てこれば――」「見つけたー!」

まゆの言葉に被って、遠くから叫ぶような声が聞こえた。
その声の主は小走りにこちらに向かってきた。

「もう! なんで、待ち合わせの、場所から…ちょっと離れてるん、ですかっ!」

息を少しだけ上げてそう怒ってるのは弥生ちゃん。

――そっか、まゆと二人でって事じゃ無かったわけか。

よくよく考えると二人で出かけるのに“集合”って言い方は余りしないかもしれない。
というか、むしろ何で二人だと私は勘違いしてたのだろう?
……やっぱり、友達が少ないとそういう発想に疎くなるのかもしれない。

「本当にちょっとだけじゃん! 弥生ちゃん細か――」「雛さん浴衣なんですね! 私もなんですよ!」

弥生ちゃんは、まゆを完全に無視して、私の浴衣姿を見てから元気良く話す。
脇を空けて、肘を90度に折り曲げて体を捻って見せる。
それは水色を基調にした桜柄。

「……可愛い」

――あ、声に出して……まぁこの場合は別にいいのか。

「か、可愛い!? そんな、雛さんも凄く似合ってますよ!」

凄く照れてる。やっぱり弥生ちゃんは可愛い。癒される。

「もう! 浴衣着てない私への当て付けか! さっさと出店とか回ろうよ!」

手を大きく広げて大げさな態度で怒りをアピールし、すぐ私たちの後ろに回り込む。
私たちに振り向く暇も与えないまま、背中に手を当てて、出店のあるほうに押す。
そんないつもと変わらない日常に、私はほんの少し頬を緩め、押された手に身を任せるようにして歩いた。

20 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-前編-⑤ :2014/04/17(木) 19:31:49
――
 ――

「いっぱい回ったねー」

弥生ちゃんがカキ氷を食べながら満面の笑みを見せる。
ちなみにこのカキ氷は2つ目、その前には喉が渇いたとかでラムネも……。
唯でさえトイレ近いのに大丈夫なのだろうか?

「ん……あ、ちょっと私お手洗い行ってきますね!」

……案の定大丈夫じゃなかった。
ただ、走っていった仮設のトイレが余り込んでいないのは残念。
まだ、祭りが賑わって来る時間帯では無いし、祭りに来てすぐトイレに駆け込む人も少ないのだろう。

「私も一応行って来るけど、あやりんはどうする?」

まゆが私にそう問い掛ける。

「……私はいいよ、家出る前に済ませたし」

それに、今してしまうとこの後『声』が聞けなくなる。
折角の祭りって言うイベント事だし、『声』を聞かずに普通に過ごすだけって言うのはちょっと勿体無く感じる。
……そういう発想になる私って……。

まゆは私の言葉を聞いて、「じゃあ、此処で待ってて」と言い残し弥生ちゃんの後を追った。

私はなんとなく視線を上に向けると、空が赤から黒に変わり始めていた。

「――綾菜さん?」

聞き覚えのある声がして、視線を空から声の聞こえたほうへ移す。

「……あ、皐先輩」

そこには綺麗な長い金髪で、ハーフアップの髪が上品な印象を与える生徒会長様がいた。

「やっぱり! ……えっと、御一人ですか?」

「……あ、いえ、友人と3人で来てます……皐先輩は一人なんですか?」

「いえ、後で椛さんと合流予定です」

――あぁ、なるほど、椛さんか。

それは聞き覚えのある名前。
生徒会副会長であり一応小学生の頃からの顔なじみ。
とはいえ、最近は疎遠気味だけど。
でも、まさか皐先輩と椛さんが祭りを二人で回るほど仲が良いとは思っていなかった。

――にしても……椛さん――か。

学年は違ったけど、昔は凄く仲良かった。雪姉を交えてよく3人で遊んでいた。
弥生ちゃんと同じく幼児体系だけど、クールで仕事とかの要領が凄く良くて、それでいて、気さくなところもあって、なんか色々と凄い人だった。
憧れ……って言うほどではなかったけど、尊敬できる人。

21 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-前編-⑥ :2014/04/17(木) 19:32:58
「えっと、綾菜さん? どうかしました?」

思い出に浸っていた私は、名前を呼ばれて祭りに来ている現在に戻る。

「……すみません、少し考え事してました」

私の言葉を聞いて皐先輩は、怪訝そうに私の顔を覗いた後、口を開く。

「祭りを楽しんで友達と別れた後で良いので、少し話せますか?」

突然、意外な台詞を言う。
恐らく生徒会への勧誘だとは思うけど。

「……まぁ、少しくらいなら大丈夫だと思います」

「そう? よかった。えっとちょっと待って――……っと、これ私の携帯番号だから、時間出来たら連絡くれると助かります」

皐先輩はメモ用紙を出して、携帯番号の書いて差し出す。
なんだか知らないけど、生徒会長様の携帯番号をゲットできた……ちょっと嬉しい。

「では、祭りを楽しんでください」

そう言って皐先輩は人ごみの中に消えて行った。

「あやりん? 今の会長さん?」

用を済ませてきたまゆが隣まで走ってきて尋ねる。

「……うん、副会長と来てるんだって」

「ふーん」

興味があるのか無いのか……まゆは微妙な態度で返す。

「お、お待たせしました」

パタパタと浴衣を揺らしながら弥生ちゃんが帰ってくる。
遅かったのは浴衣きてたからって言うのと
並んだ列――――仮設トイレだったのでフォーク並びでは無さそうに見えた――――の進みが遅かったのかもしれない。
……良く見ると、弥生ちゃんの浴衣の帯とおはしょりが少し乱れてる。多分、裾を帯に挟んだときにでも少しずれたのかもしれない。

「……弥生ちゃんちょっとじっとしてて」

私は弥生ちゃんの前にしゃがみ込み、少しでも見た目がいいように直す。
完璧とは行かなくても、多少のマシに出来るはず。

「あ……ごめん」

少し恥ずかしがって居るみたいだけど、じっと待ってくれる。
時間にして1分程度で作業を終え、細かい点を除けば、ほぼ直ったと思う。

「……はい、出来た」

「えへへ、ありがとう、雛さん」

少し複雑な表情ながらも、笑ってお礼を言ってくれた。

「待ちくたびれたよ〜」

そうだった……まゆのこと一瞬忘れかけてた。
私達は、まゆに軽く謝り、祭りの散策を再開した。

22 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-前編-⑦ :2014/04/17(木) 19:34:42
――
 ――

射的や金魚掬いをしてある程度見回った時、最近では珍しい遊戯屋台を見つける。
そして、私が見つけたと同時に、弥生ちゃんも見つけたのか、目を輝かせて、それを指差して口を開く。

「あれ! 型抜き菓子ですよ!」

今日一番の笑顔でそう言う。
見学会の時と良い、弥生ちゃんは美術的なものが好きらしい。

弥生ちゃんは早速、型を買って屋台の隣にあるテーブルがあるほうへ行く。
私とまゆはとりあえず弥生ちゃんの後に続く。

「……テーブル殆ど座ってるね」

4人がけのテーブルが4セットもあるにも関わらず、ほぼ満席。
唯一一人しか座っていないテーブルがあったので私達はそこへ向かうことにした。

「すみませーん、隣良いかな?」

正直どうやって声を掛けるべきかって思っていたけど、まゆが真っ先に行動してくれた。
私も弥生ちゃんもこういうの苦手だし……本当、気が利く。

「え、あ、いいですよ――って!?」

快く了承してくれた少女だったが、私たちの顔を見て驚く。
私も驚いた。

「……山寺さん……こんばんは」

「ひ、雛倉さん!? こ、こんばんは……」

そこに居たのは山寺さん。
随分挙動不審で……そういえば“あれ”以来会ってなかった。
あの時微妙な感じで別れることになったから、私はちょっとだけ気不味い。たぶんあっちはもっと気不味い。
まゆや弥生ちゃんが居る以上、下手にフォローしてボロが出てしまうのは避けたい。余計なことじゃべらないで置こう。

「奇遇だねー、山寺さんだっけ? こんな風に喋るのって初めてだよね?」

「え、あ、うん……えっと、黒蜜さん…で、あってるかな? こっちは篠坂さん?」

私自身、山寺さんと確り話したことは4〜5回程度しかなかったけど
どうやら、その少ない会話の中に出てきた、二人の名前を覚えていたらしい。

「は、はじめまして……篠坂弥生って言います」

初対面な人に緊張しているのか凄くかしこまった態度で自己紹介をする弥生ちゃん。可愛い。
少し居心地悪そうにしていた弥生ちゃんだったが、
山寺さんの前のテーブル上に置かれた、いくつかの型抜き菓子の完成品を見て目を丸くした。
と言うか、私も驚いた。さらに言えば今抜いてる物にも。

「……なんか随分な数抜いてるね。しかも今してるのなんか異様にデザイン細かいし」

「うん、私、型抜き得意なの。それと今のコレは店主の特別製らしくて――」

少し照れながら、けど得意げに喋り続ける。可愛い。

23 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-前編-⑧ :2014/04/17(木) 19:36:51
――ブルッ……

不意に背筋に震えが走り尿意を感じる。
皆がトイレに行ったときに済ませなかった甲斐があった。
私は早速『声』に意識を傾ける。

『また、したくなって来ちゃった』
『やば……さっきまで集中してたから気が付いてなかったけど、そこそこトイレ行きたいかも……』

……そして聞こえてきた『声』は、まさかの二人同時。
正直弥生ちゃんの方はもともとトイレが近いのに加え、水分を取りすぎだったので予想してたけど
まさか、偶然出会った山寺さんまで尿意を感じているなんて……なんて運が良い。

「ねぇねぇ、弥生ちゃんって型抜き見つけたときテンション上がってたけど、やったことあるの?」

まゆが弥生ちゃんに尋ねる。

「あ、いえ、漫画とかで存在を知ってただけで、やったことないです」

「んじゃあ、山寺さんにコツとか教えてもらえばいいんじゃない?」

まゆは何と無しにそう言ったが、実際のところ弥生ちゃんの人見知りを気にして言った言葉な気がした。
ただ、今の二人にそういう事させると、トイレに立ち難くなるんじゃないかって思う。……私としては少し嬉しいけど。

弥生ちゃんは少し複雑な表情を見せながらも、山寺さんに教えてもらうことにしたようで、恐縮そうにしながら隣に座る。
私は山寺さんの正面に座り、その隣へまゆが座る。

我慢の仕草をしていないか観察するが、特に目立ったものは見つけられない。
まだそこまで尿意は高まっていないということ。

――えっと、弥生ちゃんの方は『声』からして尿意を感じ始めてすぐ?
山寺さんの方は型抜きに集中してて尿意を意識してなかっただけで、それなり溜まっているっていったところかな?

実際、『声』の大きさも山寺さんのほうが遥かに大きかった。

しばらくはまゆとちょっとした雑談を含めながら、二人の様子を眺める。

「こういうところは、大胆に割らずに少し深めに削っていくと上手く行くと思うよ」『ん……意識し始めたからかな? 結構辛くなってきたかも』
「はい、此処もそんな感じで良いんですよね?」『やっぱ飲みすぎたのかな、そろそろ行かないと……』

表向き確り指導して確り勉強してるが、頭の中ではおしっこの占める割合が随分増えてきた。
そして、いつの間にか『声』の大きさに大きな違いが無くなっていった。

――これはすぐに弥生ちゃんが逆転しちゃうかな?

その様子を内心ニヤニヤしながら眺めていると、隣に座っていたまゆが「さーて」といいながら立ち上がる。

「見るのも飽きたし、何か買ってくるからここで待っててー」

そう言うと、屋台の並ぶ方へ小走りに向かっていった。

24 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-前編-⑨ :2014/04/17(木) 19:38:27
『どうしよ……やっぱ行かないと――でも、さっき行ったばっかりだし、また浴衣直して貰うのも恥ずかしいし……山寺さんもいるし……』

弥生ちゃんは行きにくい要素が沢山あって、どうしても言い出せない様子。
出来れば弥生ちゃんから申告してくれるのが望ましいけど……。
……助け舟を出してあげるべきかもしれない。
でも、なんて言えば良いのかわからない。
直接的に言うのは簡単ではあるけど、ほぼ初対面の山寺さんが居る以上、流石にデリカシーに欠ける気がする。
しばらく、考えてみるがやっぱり上手い方法が思いつかない。
いっそのこと私がトイレに行きたいって言うのも手かと思ったが、皆で行くとまゆに悪い気がする。
山寺さんに残ってもらうって言うのも尿意の大きさからして酷だし、私が山寺さんの様子を見ていられなくなるのも勿体無い。
せめて、まゆが戻ってくるのを待てば――

「ひとみー! 食料とか調達してき――たんだけど?」

突如山寺さんを呼ぶ声が聞こえてきた。
山寺さんをひとみと呼ぶくらいの仲の人。私は視線をその人物に向ける。
初めに目に付いたのは、お面、金魚、ヨーヨーをはじめとする祭りの戦利品。

「なんで狼さんが居るわけ?」

少しきつい態度、それに毛先にウェーブの掛かったセミロングの髪。

「ひとみ、ボクが居ない間に此処のテーブル、随分賑やかになったね」

テーブルにたこ焼き、焼きそば、カキ氷を置きながら、なぜか私に視線を向けて言う。

「ま、鞠亜……1時間くらい探検してくるとか行ってなかったっけ?」

彼女の名前は霜澤 鞠亜(しもざわ まりあ)。
新聞部部長で、私に“一匹狼の雛さん”と言うあだ名を付けた人物らしい人。

――と言うかこの人、ボクっ娘だったのか。可愛いかも。

「探検は終わりっ! 殆ど見て回ったし、ひとみの用意してくれた商品交換権も使い切ったし!」

商品交換権ってなんだろうと疑問に思ったが、さっきからこの辺りの人たちがそれらしきものを持っているのを何度か見た。
どうやら、型抜きの報酬が現金ではなく、他の出店で使える商品交換権らしい。
恐らく、予め他の店と連携を取っていたのだろう。

『あ、あれ? なんだろ、この空気。さらにお手洗いに行き難くなっちゃった……』

そう『声』にだす弥生ちゃんの身体が左右に小さく揺れ動く。可愛い……けど、そろそろ余裕がなくなってきてる。
どうにかしようと、私は口を開く。

「……あの――」「何? 狼さん。今ボクとひとみが話してるんだけど?」

私の言葉を遮るようにして、高圧的な態度で言う。
朝見さんの態度と少し重なるが、こっちはもっと直接的で感情的……。
言い返す隙こそ朝見さんよりはありそうではあるが、私の性格上無理だ。

25 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-前編-? :2014/04/17(木) 19:40:50
「ちょ、ちょっと! さっきから何なんですか!? 雛さんに失礼です!」

余りの態度に見かねた弥生ちゃんが抗議してくれる。
だけど――

「どうして? 関係ない子は黙っててよ」

「っ! 関係なくなんてないです! 雛さんは友達だもん!」

それを聞いた霜澤さんは目を丸くさせる。

「鞠亜、一応言っておくけど、私も雛倉さんとは友達だからね」

……なんだろう、凄く嬉しいんだけど、私が一番恥ずかしい思いをしてる気がする。

「な、なによ……ボクが悪いわけ?」

「あだ名の命名も含めて明らかに鞠亜が悪いよ」

「え? あの厨二臭い二つ名みたいなのってこの人が考えたんですか?」

「ぐっ!」

――なんだか、霜澤さんが可哀想になってきた……。

厨二臭いと言われて恥ずかしかったらしく、顔を赤く染めて……。
歯を食いしばるようにして少し涙目で悔しがるその姿は……うん、可愛い。

しばらくそんな態度をしていたが、黙ってまゆが座っていた席に座る。
まゆの席だと言うことを伝えようかと思ったが、もともと先に居たのは霜澤さんの方だし……まゆ、ごめん。席なくなったよ。

『うーん、トイレにたつタイミング……やっぱこの前の事もあるし言い出し難いな……』
『まずいよ……お手洗い、早く言わないと間に合わなくなっちゃう……』

二人とも良い『声』。
だけど、弥生ちゃんの方は本当に危ないかもしれない。
言い出すのを待っていたら手遅れになる可能性もある気がする。

難しい顔をしながら型抜きをする弥生ちゃん。
良く見るとほんの少しだけ身を捩る仕草が見て取れる。
あの時――――科学の実験の授業の時のこと――――の様子を合わせて考えると、
此処まで仕草に出てしまう状況は、弥生ちゃんにとって結構危ないところまで来ているように感じる。

26 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-前編-⑪ :2014/04/17(木) 19:42:05
――仕草を見せないように必死になってるなんて、凄く可愛い……だけど……。

『んっ! あぁ、だめ、どうしよう……もう我慢できないかも……言わなきゃ……』

弥生ちゃんの手はいつの間にか止まり、下を向いたままとなる。

――だめだ、これ以上見てられない。

そう思った時、隣の霜澤さんが機嫌悪そうにしながら、テーブルに置かれたカキ氷の氷を右手で掴む。
私はその行為にどういう意味があるのか考えたが、すぐに答えを出すことが出来なかった。
謎の行動をする霜澤さんに視線を向けていると、急に、でも音を立てずに立ち上がった。
そして、霜澤さんの視線が弥生ちゃんに向けられていることに気が付いた。

――っ! まさか……。

霜澤さんが弥生ちゃんの後ろへ回り込む。
我慢と作業に集中してる二人は気が付いてない。
私は霜澤さんを止めるため、慌てて立ち上がり、同時に声をだした。

「ちょっと! 霜澤さん!」

私の珍しく焦った声に、弥生ちゃんと山寺さんが驚いた表情で私を見る。

「残念でしたー♪」

弥生ちゃんの背後に居る霜澤さんは、得意げな顔を見せてすぐ、弥生ちゃんの浴衣の襟を首筋が見えるように左手で引っ張り、その中へ右手を入れた。

「えっ!? ひ、ひにゃっ!」

カキ氷の氷を不意に入れられ、その冷たさに背中を逸らしながら、小さく可愛い悲鳴を上げる弥生ちゃん。
凄く可愛い……でも――

「んっ! あっ! あ! あぁ……!」『あぁ! ダメぇ!』

【挿絵:http://motenai.orz.hm/up/orz33972.jpg

逸らした背中は直ぐに顔がテーブルに触れそうなくらい前のめりとなり、
さっきの悲鳴とは、全く別種の焦りを含む声を発する。
身体はプルプルと震え、テーブルの下に隠れた手は、恐らく大切な部分へ添えられている。

不意を付いた尿意の猛攻――それに必死に抗う弥生ちゃんの姿に、私は立ち上がったまま、生唾を飲み込み、見入ってしまっていた。

「……え? ちょっと、なに? 大丈夫なの??」

霜澤さんは氷を背中に入れた直後こそ笑っていたが、焦りを含んだ悲鳴に変わった弥生ちゃんを見て異常に気が付く。
そして、数秒の後、弥生ちゃんの予想外の反応に心配する声を出し、肩を掴んで隣にしゃがみ込む。……意外と優しく面倒見の良い性格なのかも知れない。

「あぁ……んっ! やぁ……」『ダメ……も、もう、溢れっ――あぁっ!』

「あ……、もしかしてトイレ我慢してたの?? ご、ごめん……我慢してよ?」

デリカシーの欠片もない言葉。
でも、霜澤さんがそんな気遣いをする余裕が無いくらい焦っているのもわかる。
状況をある程度理解できてしまったからこそ、自分のしたことがどれほど大きな失敗だったのか……。

27 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-前編-⑫ :2014/04/17(木) 19:43:08
「ぁ……」『だめ……もう、我慢、なんて出来な――あぁ! やぁ……』

霜澤さんの言葉に答えるように大きな『声』を出して、身体を大きく震わす。

「え? 嘘……」

弥生ちゃんのすぐ隣に居た霜澤さんが足元を見て、信じられないものを見るような顔で、二歩、三歩と後ずさる。
……音は聞こえないけど、私はすぐに理解した。

――我慢……できなかったんだ……。

「篠坂…さん……」

隣に座っていた山寺さんも名前を呼ぶも、どう声を掛けていいかわからないらしく、言葉が続かない。

私は……弥生ちゃんの尿意を知っていながら……。
決して私は悪くないはずなのに、知っていたということが微かに罪悪感を残す。

こんなに周りが騒がしいというのに、私達のテーブルでは弥生ちゃんの小さな嗚咽と息遣いしか聞こえてこなかった。
なんて声を掛ければいいかなんてわからないけど、そんな沈黙に耐えかねて、私は口を開いた。

「……えっと、弥生ちゃん?」

すると弥生ちゃんは大きく肩を跳ねさせる。
私は、気の利いた言葉をなんとか出そうともう一度口を開こうとした時――

<ガタンッ>

勢い良く弥生ちゃんが立ち上がる。
同時にテーブルの下で雫が落ちる音が微かに聞こえた。
そして、その音が止まぬうちに、弥生ちゃんは踵を返し、走り出した。

「……え、ちょ、ちょっと! っ!」<ブチ>

私は追いかけようと、足を踏み出すが、下駄の鼻緒が切れて、バランスを崩す。

「わっ! ちょっと、綾!」

丁度目の前に居た、霜澤さんが私を受け止める。
私の目は、まだ弥生ちゃんを捕らえていて、同時にもう一人タイミングのいい所に来た人に気が付いた。

「ま、まゆ! 弥生ちゃんをお願い!」

「へ?」

当然なんのことかわからず、弥生ちゃんはまゆの隣を駆け抜けていった――
が、まゆが目で弥生ちゃんを追ったことで、浴衣の後ろが水色から紺色に変わっていることに気が付いた。

「あ〜、うん、了解ー!」

察してくれたらしく、弥生ちゃんの後を追って人ごみの中へ消えてゆく。

28 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-前編-⑬ :2014/04/17(木) 19:45:14
――まゆ、頼んだよ……。

私は、弥生ちゃんの事をまゆに任せて、とりあえず椅子に座ることにした。
下駄の鼻緒が切れたなんて……妙なタイミングで不吉なことが起きてくれる……。

それと気になることが――
 ――「わ、ちょっと! 綾!」――

つい今しがた、私を呼んだ霜澤さんの台詞。

――“綾”? 霜澤さんが私を“綾”って呼んだ?

“一匹狼”とか“狼さん”なら判る。でも何故私を“綾”だ何て呼び方……。
私は怪訝な顔を霜澤さんへ向けた。
その視線に気が付いてか、霜澤さんは視線を逸らして機嫌悪そうに言う。

「な、なに? ……ボクが悪いの?」

どうやら、弥生ちゃんのことでまだ頭が一杯らしい。
それに、咄嗟の場面だったし、自身が口走ったことも確り覚えていないのだろう。
でも、まぁとりあえず――

「……悪いと思う」

「……」

呼び方の事はとりあえず置いて置くことにして、私は率直な答えを口にする。
それを聞いた霜澤さんは、下を向いて押し黙る。
……。

「……でも、知らなかったんだし……仕方がないとも思う」

私の続けた気遣いの言葉の裏には、我慢していたことを知っていた私の自責の念があった。
視線を軽く霜澤さんに向ける。
霜澤さんは視線を斜め下に落として気不味そうにしていた。

「……今度会ったとき、謝ろう。私も一緒に付き添うから」

「っ!」<ガタンッ>

――ん? あれ? 何だろう?

霜澤さんは突然立ち上がり、目を見開いて私を驚いた表情で見る。
そして、その目はすぐに細められ、何故か怒りを含む目で私を睨んだ。

「嘘つき……」

――え?

「ちょっと! 鞠亜どうしたの?」

「え? ……あ、――ご、ごめん…ボクもう帰る」

霜澤さんはそう言うと山寺さんの手を掴んで踵を返す。

「え、あ、型抜きが! それに――」『と、トイレに行きたいんだけどっ!』

私はただ、その姿が人ごみに消えてゆくのを眺めていた。

つづく。

29 事例の人 :2014/04/17(木) 19:52:21
前スレ920さんが弥生ちゃんが好きと言ってくれたのでまずは弥生ちゃんにスポット当てました
メイン回ではないけど前編のヒロインポジなので許して

30 名無しさんのおもらし :2014/04/19(土) 21:37:53
いつの間にか良作が

31 名無しさんのおもらし :2014/04/21(月) 22:48:34
久々に以下略

32 名無しさんのおもらし :2014/04/24(木) 10:12:03
やはり弥生ちゃん可愛い!
わざわざありがとうございます

会長さんに期待

33 名無しさんのおもらし :2014/05/17(土) 20:47:26
         __        /: : : : : : : : : : : (
          〈〈〈〈 ヽ     /: : : : ::;:;: ;: ;:;: ; : : : ::ゝ
          〈⊃  }     {:: : : :ノ --‐' 、_\: : ::}
   ∩___∩  |   |      {:: : :ノ ,_;:;:;ノ、 ェェ ヾ: :::}
   | ノ\    /  ヽ !   !   、  l: :ノ /二―-、 |: ::ノ
  /  ●   ● |  /   ,,・_  | //   ̄7/ /::ノ
  |    ( _●_)  ミ/ , ’,∴ ・ ¨  〉(_二─-┘{/ 
 彡、   |∪|  /  、・∵ ’  /、//|  ̄ ̄ヽ
/ __  ヽノ /         /   // |//\ 〉
(___)   /         /    //   /\ /
   パンチラ                  
パンチラの書き込み超最高!! マジで復活希望!!

34 名無しさんのおもらし :2014/05/28(水) 19:47:56
前スレより落ちてる……ので一応age

35 名無しさんのおもらし :2014/05/29(木) 04:42:37
続いてるスレ平気で落としたかと思えば
とっくに1000超えてるスレや荒れてしかいないスレを平気で残してたりするし
前スレが1000超えても使えるしで管理人の基準もでたらめだし
単独スレになってるところもあるしで
あんま新スレの意味ないよな

36 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-後編-① :2014/06/01(日) 00:26:13
下駄の鼻緒が切れてしまったので大して動けず、まゆも待たなくてはいけないため
ぼんやりと山寺さんと弥生ちゃんが彫っていた、大して美味しくもない型抜き菓子を出来の悪い順から頬張っていた。
……こんなに美味しくないなら、商品交換権へ交換できるものはしてしまった方が良いかも知れない。

――にしても、霜澤さんのあの態度……凄く気になる。

私を“綾”と呼んでいたし、もしかしたらどこかで会っているのかもと考えたが、
記憶の中に彼女を見つけ出すことは出来なかった。
それに顔見知りだと言うことを黙っている理由も良くわからないし……。
ただ単に、仲良くなる前の弥生ちゃんと同じ様に、心の中での呼び方が違っただけなのかも知れない。
そう考えた方が自然……だけど――

<♪〜〜〜>

思考を遮るように私の携帯が鳴る。私は相手が誰なのか確認する。

――……まぁ、まゆだよね。

想定通りの相手に、確認後、間をおかずに応答する。

「もしもし?」

  「あ、あやりん? ……えっとね――」

まゆは少し言い辛そうに言葉を濁す。
……。

  「弥生ちゃん凄く泣いててさ……戻ろうって言っても首横に振るし、今はまだあやりんに顔合わせれないって…さ」

「……うん、そう…なんだ……」

  「でさ……あやりんには本当に悪いと思うけど……私、弥生ちゃんを家まで送って行こうって思うんだけど……」

「……私はいいよ、弥生ちゃんをお願い」

  「ホントにごめん、私が誘ったのに……もう夏休み中は無理かもだけど、また三人でどこか行こう?」

「……ん、期待してる」

  「それじゃ、切るよ」

「……またね」

電話が切れる。

37 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-後編-② :2014/06/01(日) 00:27:46
――はぁ……。
“一匹狼の雛さん”……たしかに今は一人か。

なんだかその二つ名見たいなあだ名が妙に胸に突き刺さるので、この状況を早急に打破すべく私は浴衣の袖に入ったメモを取り出す。
メモに書かれた番号を、携帯に打ち込む。
最後に通話ボタンを押し、携帯を耳に当てる。

  「――電波の届かない所にいるか電源が――」

――なんでよっ!

連絡して来いって言っておいて、この仕打ち。
皐先輩には悪いけど、下駄もこの状態だし、連絡付かないならもう帰ってしまおうかと考える。

――と言うか、トイレにも行きたいし……。

なんにしても下駄がコレだと何をするにも面倒くさい――どうしよう……。
しばらく悩んでみるが、状況を好転させる方法が思いつかない。
雪姉に連絡しようとも考えたが、折角友達と楽しんでるはずなのに邪魔するわけにも行かない。

「はぁ……」
「綾、どうしたの?」

っ!

懐かしい声、そして私を綾と呼ぶものはそんなに多くはない。……だけど、振り向くまではその声の持ち主が誰なのかわからなかった。
そして、振り向いてしまえば、それは声の印象と同じく、懐かしい相手。

「……椛さんっ!」

「えー、一応先輩なんだけどー?」

少し不満そうな顔で返す。

「あ、……紅瀬先輩って呼べばいいのかな?」

「うそだよ、昔のままでいいよ、くすぐったいしー、“椛さん”でも一応丁寧だし」

くすくすと笑いながら返す。……やっぱり可愛い。
そして、相変わらずの背の低さ。……これも可愛い。

『あー……しまったな…トイレ行きたかったのに、つい話しかけちゃった……』

っ!
これって椛さんの『声』だよね?
しかもそこそこ大きな『声』。
少なくとも私よりは我慢してそうな感じ。……最高に可愛い。

――弥生ちゃんがさっきあんなことになったって言うのに私は……。
好きなものは好きだし、可愛いものは可愛いし、仕方がないけど……。

そう思いながら私は型抜き菓子を一口頬張る。うーん、微妙な味。

「で? なにしてるの? 型抜き菓子なんて美味しくないでしょ?」

私が美味しくなさそうに食べてるのを見て呆れ顔で尋ねる。

「……えっと、なんて言えばいいのかな? 置いていかれた的な感じと言うか……、それに――」

私は話すのを止め、鼻緒が切れた下駄を履いている方の足を、椅子から横に伸ばして、椛さんにも見えるようにする。

「あーうん、こりゃ歩くのきついね……にしても、置いていかれたってこんな状態でとか酷くない?」

椛さんは少しムッとした顔で周囲を見渡す。
別に私を置いていった人がまだ近くに居るだなんてこと思っては居ないのだろうけど、そういう仕草で私に“お姉さん”を見せているみたい。
実際姉御肌ではあるんだけど、背が低いことや、幼児体系を凄くコンプレックスに感じているから
少し大げさにでも、お姉さんぶりたいのかも。……そういうところも可愛いと思う。

――昔から全然変わらないな……。

私は見えないように少し口元を緩めた。

38 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-後編-③ :2014/06/01(日) 00:29:11
「……まぁ、事情があるし、鼻緒が切れたこと知らないから仕方がないよ」

あえて、山寺さんと霜澤さんのほうの事情は話さない。――というか、私も良くわからないから説明できないし。

「ん、そっか……」『トイレ……どうしよう。折角久しぶりに話してるのに、綾を置いていくのもな……』

良い『声』なんだけど――……ちょっと気を使わせちゃってる。
折角だし『声』を聞いて楽しみたいけど、気を使わせてるのに……ちょっと後ろめたさが残る。
それは思いやりだなんて大層な物じゃなく、私の都合だけど……。

私がそうやって悩んでいると――

「はぁー、隣座るよ」

答えを出す前に椛さんは嘆息しながら隣に座った。
……対面じゃなくて良かった。

「実は私もちょっと困っててね……人探しなんだけど、探すの面倒でさ」

どうやら、誰かを探しているらしい……。

……。

「……それ、皐先輩ですよね?」

「ん……そうだけど…あれ? 会長と知り合いなの?」

私の口から“皐先輩”と言う名詞が出たのが意外だった様で、疑問と驚きの顔を同時に見せた。

「……まぁ…ちょっと、生徒会への勧誘をされてて……」

「っ!」

驚くかもしれないとは多少思っていたけど、予想以上に驚いてる。
少し疑問に感じながらも誤解を与える前に続けた。

「……でも、今のところは入ろうだなんて思ってないけど」

「へー、そうなんだ……会長も二人に振られそうだなんて大変だね」

――二人?

一人は当然、生徒会に入る気がないと言った私。
……本当の事を言えば、少し迷ってる。このまま行けば入らないだろうけど、状況が変わればあるいは――
それに加えもう一人……皐先輩は私以外に誰かを誘っているということ。

「まぁ、同じ1年でしょ? 一緒に入ってみたら? 私も推すよ」

「……というか、そのもう一人が誰か良くわからないんだけど……」

なんだか、勝手に知り合いだと思われてるらしい……気になる。
椛さんはもう一人は誰なのか知っているってことかもしれない。

「え? そうなの?」

また意外そうな顔をする椛さん。私はその問い掛けに首を立てに振る。

39 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-後編-④ :2014/06/01(日) 00:30:09
「んー、私も良くわからないけど、長い黒髪の子だったけど……
私が見たのは……えっとあれは1年が見学会の時かな?
皆が帰った後ひとり校門辺りで立つ後姿だけだし、誰かまでは良くわからないけどね」

……。
私はその条件に該当する人を一人しか知らない。
違う……断言できる。

間違いなく朝見さんだ。

――でも、どうして? それに振られそうってことは朝見さんも入る気はない?
そしてなにより、皐先輩は私と同じクラスの人を誘うのに、なぜそのことを私に伝えない?

……考えるだけ無駄だ。
朝見さんを誘う予定が最近決まったのかもしれない。
いくらだって説明の付く仮説はあるから。

『ん……困ったな…、歩き回って喉乾いてたから、ラムネ2本も飲んじゃったし……結構溜まるの早いな……』

……無駄なことを考えるより、今は余計なことを考えず楽しむべきかもしれない。
ただ、弥生ちゃんみたいに沢山の人に見られる可能性のある場所で失敗されるのも考え物だけど。

「……もう一人の生徒会候補はなんとなく予想は付きました……にしても皐先輩居ませんね」

とりあえず生徒会候補生の話をぶつ切りした。大分無理やりだけど気にしない。

「だね、携帯は電池切れっぽいし……」『どうしよ、なんでもない振りしてトイレに行こうかな……』

……。

「……そういえば奥のほうから来た人が、金髪の浴衣姿の人見かけたって言ってたかも」

――嘘だけどね!
なにか話に動きがないとトイレに立ってしまいそうだし……ちょっと故意にしてるのは気が引けるけど。

「え、じゃあ、行って――…みようと思ったけど、綾はどうする?」

「……どうするって……あっ」

鼻緒が切れた下駄……これが一番問題だった。

「お姫様抱っこでもして欲しい?」

――っ!
突然の台詞に吃驚した――が、私をからかう冗談らしく視線を向けるとニヤニヤと笑っていた。

「……そうしてもらおうかな?」

その顔を見て私も少しニヤつきながら冗談を返す。

「本当にやっちゃうよ?」

……それは困る。私は体を引いて首を振る。……ていうか、冗談だと思うけど真顔で言わないで欲しい。

「まぁ、抱っこは冗談だとして、肩くらい貸すよ。そこの射的の景品に派手な下駄があったから行ってみよー」

そう言うと、私に確認を取る間もなく、肩の押し貸しをしてきた。

――そっか、まゆって少し椛さんに似てるのかもしれない。

40 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-後編-⑤ :2014/06/01(日) 00:30:54
――
 ――

「あぁ! もう!」『トイレにも行きたいし!』

射的屋に到着してもう15分くらい経っただろうか?
山寺さんと弥生ちゃんが残してくれた型抜き菓子を射的券に交換したが券はあっという間になくなり
現金を二千円を使い果たしたところ。
ちなみに全部目当ての物には当たっているけど落ちないだけ。
周りにも5〜6人の見物客が集まる始末。

『どうしよう……トイレ……こんなに見物客が居る中でどうやって抜け出せば……』

そして、再度5発分の弾を貰い撃ち始める。

『んっ……じっとしてなきゃ…我慢してるの周りにバレちゃう……』

そんな『声』を出しながらも、今度もすべて命中。でも落ちない。
当たり所だって悪くない。同時に撃つなりしないと物理的に厳しいのかもしれない。

……この状況凄く悪い。流石に見かねて助け舟というか、本音も込めて私は口を開いた。

「……もういいよ、諦めよ? 流石にそんなにお金出してもらうの悪いし……」

少し前に私がお金を出そうとしたら、「先輩を立てるべき」などと言って断られたが流石にこれ以上は……。
椛さんは、私の言葉を聞いて不満そうな顔で答えた。

「じゃあ、下駄どうするの?」

私は言葉に詰まる。確かに下駄は欲しい……。
そんな私を見て、椛さんはさらにお金を店主に払う。

「……もう、待って……私も撃つから」

本当はこんな見物客が居るのに目立つようなことしたくないって言うのが本音だけど。
私も銃を持ち椛さんの弾を一つ貰う。

――ああ、視線が痛い。

唯でさえ銀髪に黒の浴衣とか目立つ格好なのに……。

「それじゃ行くよ!」

別にカウントダウンを始めるわけでもなく、椛さんは銃を構える。
私も同じように構え、椛さんの微妙な身体の弛緩に注意を配り、引き金を引いた。

<パシュッ>

コルク弾が発射される時に聞こえる独特の乾いた音が同時に二つ聞こえた。
直後、周囲からちょっとした歓声が上がる……なんで射的だけでこんな目立つのか……。

一応上手く行ったことに私は安堵する。
隣にいる椛さんは大きく嘆息して、私以上に安堵しているみたいだ。

『よかった……これ以上我慢し続けるのは辛かったし、財布も……』

店主が持ってきた戦利品の下駄に早速履き替える。
……凄い派手。

41 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-後編-⑥ :2014/06/01(日) 00:31:50
「あ、えっとさ、綾?」『流石に…ね』

一度言葉を止めて言い辛そうに視線を逸らしながら、再び口を開く。

「い…入り口の方に行こうか」

「……あ、うん」

結局トイレに行きたいとは言わない。
普段からこんな感じだと、凄く苦労してそうだけど
やっぱり、久々に話したし、特に私に対しては、“お姉さん”でありたいのかもしれない。
だから、尿意の告白なんて弱みのようなものを見せたくない……そう感じているのだと思う。
でも、私が奥に皐先輩が居たって言ったことは完全に忘れてる。

しばらく並んで歩く。
視線だけで様子を見てみるが、見た目上変わったところはない。
前屈みでも無ければ、歩幅が小さいなんてこともない。

――まぁ、『声』の大きさから考えても、仕草を隠すくらいの余裕はまだまだありそうだったし。

「あ……」『嘘?』

突然、椛さんは足を止めて信じがたいものを見たときのような『声』を上げる。
私も足を止めて視線を前方に向ける。

『も、もしかしてあの行列ってトイレ待ち?』

長蛇の列――と言うほどでもないが、結構な長さの列。
どうやら仮設トイレにありがちの故障があったらしく、使えるトイレが3つほどしかないらしい。
それに、多くの人が浴衣姿であることを考えると、見た目以上に時間が掛かるかもしれない。

『し、仕方ないか……多分大丈夫だと思うし……』

椛さんは少しだけ不安な顔をしながら、さり気なく下腹部を擦る姿を見せた。

「あ、綾……トイレ行きたくない?」

此処まできて、自分から行きたいと言わないとは……。

「……そうですね、椛さんは行きたくないんですか?」

私は本音を「声」として聞きたくてつい出来心から意地悪な台詞を口にする。

「え? ……あ、――ちょっと行きたいし…綾が並ぶなら並ぼうかなって……」『我慢してるのバレてる? そんなこと…ないよね?』

はい、バレてます。
でも、もう十分楽しんだし、今から並んでもそれなりに楽しめるはず。

「……皐先輩も見つからないし、とりあえず寄ってこうかな」

「そうね……」

そう言って私達は仮設トイレの列の最後尾に並ぶ。
椛さんは自分からトイレに行きたいと言わなかったので当然私の後ろへ並ぶ。
そういえば、祭りに来たすぐと違ってフォーク並びになっていた。
並ぶ人が増え、途中で故障したことで、皆の意識が変わって自然とそういう流れになったのかもしれない。

42 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-後編-⑦ :2014/06/01(日) 00:33:08
私は身体を少しだけ列の外側へ傾けて、前の様子を伺う。
人数にして15人程度。だけど、やっぱり進みは遅い。
それでも、30分もすれば十分個室へたどり着けるだろう。
それくらいなら私は余裕だし、未だ大きく仕草に出して居なくて
『声』も会った時から比べ、多少大きくなった程度の椛さんも、間に合うと思う。
間に合うと言っても、『声』でラムネを2本飲んでいると聞いたので、
良い仕草を見せてくれるところくらいまでは、追い詰められるとは思うから十分満足だけど。

列がほんの少しずつ前に進んでゆく。

『……はぁ、結構掛かるな……まだ我慢できると思うけど…うぅ、ちょっと不安だな』

――え……不安?

椛さんが意外な『声』を出す。
私の分析だと十分間に合いそうな気がするんだけど……。
ただ、過度に心配しているだけなのか、仕草を見せてしまうことも危惧してのことなのか。
まぁ、どちらにせよ私にとっては良いスパイスになってくれる。

一人、また一人、私達の目指す先である仮設トイレから人が出てくる。
そのたび、一歩また一歩と仮設トイレに近づく。

――あと8人……か。

ふと気が付く。今まで椛さんの『声』にばかりに気を配っていたけど、此処はトイレの行列。
個人に向けてでなく、周囲にも感覚を向けると、列に並ぶ人は皆、少なからず『声』を出していた。

 『あぁ、時間掛かるなートイレいきたーい』
 『まだかな? 我慢できないこと無いけど……』
 『おしっこしたい……はぁ、もっと早く並んでおくべきだったか』

良い『声』。
だけど、やっぱりまだまだ小さい。
私はさり気なく左手を首の後ろに回して右側にある髪を首元に押さえつける。
そして、自身の右肩越しに後ろに視線を向ける。

「はぁ……」『大丈夫、まだ大丈夫……』

下を向き腕を抱くようにしてじっとしている椛さんが瞳に移る。
『声』の大きさはさっきから殆ど変わっていないけど……なぜか不安は大きくなっている気がする。
尿意の大きさが変わってない以上、列が進み確実にトイレを済ませるまでの時間が短くなっているはずなのに……。

「……ぁ」

耳を澄ましていなければ聞き逃してしまいそうなほど小さな声が椛さんの口から発せられた。でも――

『やぁ、嘘? もう来ちゃうの……だって、まだこんなに並んで……』

直後に聞こえたその『声』は今までとは比べ物にならないほど大きかった。
身体も小さく震わして、腕を抱いている方の手は強く握り締められ、抱かれている方の手は太腿辺りまである服の裾を強く掴んでいる。

43 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-後編-⑧ :2014/06/01(日) 00:34:02
――え? も、椛さん??

おもらしをしてしまう前に聞くような『声』の大きさや仕草に一瞬驚くが、直ぐに理解できた。
こういう人に今まであってきたこともあるし、よくよく思い出せば椛さんの『声』を初めて聞いた時もそうだった。
あの時はこんな趣味持ってなかったのでうろ覚えだけど……。

きっと椛さんは括約筋が人より弱いのだと思う。

膀胱の内圧は徐々に上がっては行くけど、ある一定量を超えると急に上がる傾向がある。
その後に来る尿意の波は括約筋が弱くなくても辛い。
現に限界まで我慢した後に来る尿意は、括約筋が弱ってしまい我慢し辛い……と思う。

『やだ……此処じゃまだ……我慢、我慢しなきゃ!』

焦る『声』に私は前を向き残りの人数を確かめる。

――1、2…――まだ4人も……。

「あ、綾……」

「え?」

突然後ろから声を掛けられて吃驚して振り向く。

「あ、その……順番回ってきたら…先に、入っても…いい?」『恥ずかしいけど……もう、猶予が……あぁ!』

少し前屈みになって必死にそう言う椛さんを見て、私は目を丸くする。
そしてその裏では必死に波に抗う『声』も聞こえて……。

『お、治まってよ、ホントにもうっあ! やぁ!』

何も喋れずに椛さんを見ていると、両手がジーンズの前に添えられた。
添えられたというより、片手は大切な部分に指を差し入れ、その上からもう片方の手で力を込めて押さえつける。

「うぅ……」『ちょっと、でちゃっ――だ、だめ…まだ、離せない……』

真っ赤な顔をして、目に貯めた涙を必死に零れないように目を細めて羞恥に耐えてる……可愛い。

――って! どうしよう? 波をやり過ごせばまたしばらく大丈夫だとは思うけど……。
間に合う? 後4人……。

「はぁ…はぁ……ぁ…あはは、い、今のオーバーリアクションって奴だからね!?」『やっと…ちょっと治まった……でも…もう間に合わないかも…やだよ、そんなの……』

波を何とか乗り越えて身体を震わしながらも、手を大切な部分から離して何でもないと言い張る。
でも、押さえていた部分は僅かに濃く変色していて……椛さんはそのことに気が付いてない様子……可愛い。

でも、きっとこのままじゃ間に合わない。
そう遠くない未来、絶対に決壊する。
もう並んでも10分も掛からないはずだけど……連れ出すなら今しかない。

44 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-後編-⑨ :2014/06/01(日) 00:35:13
「……椛さん…行こ!」

「え? あ、ちょっと!?」

大切な部分から離されていた椛さんの手を、私は半ば強引に手首から掴み、列を抜け出す。

「あ、綾っ! なにしてっ……コレじゃまた並ぶことに…?」『ダメ……間に合わなくなっちゃう! 早く、トイレに…な、なんなの??』

「……いいから!」

混乱してる椛さんにあえて何も言わない。
言ってしまえば、列に戻るって絶対に聞かない気がして……。

屋台の隙間を抜け、薄暗い草木が並ぶまさに“する”には恰好の場所へ到着する。

「……ここなら多分バレないから……見張ってますから済ませて下さい」

「え? ……それって……」『私が我慢出来そうにないから、ここでしろってこと? ……そんなのって……』

「出来るわけないじゃない! こ、こんな所でっ…ぁ!」『あ、またっ! だめ……駄目なのにっ……』

小さな悲鳴を上げた後、我慢できないほどの波に切羽詰った焦りの『声』を上げる。

「……して下さい! 本当に間に合わなくてもいいですか!?」

私はあえて強く言い放つ。

「で、でも……私は『先輩なのに』……こんな『綾の前で』……外でなんて……」

「……おもらしなんてしたらもっと恥ずかしいですよ……」

私は見張るために後ろを向いたまま言った。
椛さんのプライドを守るために、プライドを傷つける言葉を……。

「っ……」『そうよ……綾の言う通り、もう間に合わない…っ だ、だったら……ここで……』

私は胸を撫で下ろす。
最悪の事態は避けられそう。
あとは……見てみたい。
限界まで我慢した椛さんの姿を。放出する瞬間を。

――ふ、振り向くべき? こっち向きながらしてるなんてこと……ないよね?

撫で下ろした胸が今度は鼓動を早くする。
そして、振り向きたい衝動を抑えきれず、恐る恐る振り向く。

「ぁ…あれ?? ちょ…なんで?」『ど、どうしてこんな時に! っ! 駄目…お願いもう少しだけ……』

様子がおかしい。
椛さんは後ろを向いていて、何やら下腹部辺りを手で抑えてるように見える。

「な、なんで下りないっ、あぁ!」

――下りないって……っ! ま、まさかジーンズのファスナー?

凄く既視感を覚える。
それもそのはずで、ほんの数日前に夜中で歩いた時、見かけたOLのお姉さんがまさに同じ状況だった。

「やっ! だ、だめぇ……」『待って! もう少しだけ……』

私はどう考えても危ない状況に見張りをやめて、踵を返した。

45 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-後編-⑩ :2014/06/01(日) 00:36:24
「……椛さん! だ、大丈夫?」

駆け寄っていくと、椛さんは左手で大切な部分を押さえ込んで、右手でどうにかファスナー下ろそうと必死になっている姿のまま振り向く。

「ぁ……あ、綾っ…ファ、ファス、ナ…が下りなくてっ、ダメ…もう」『もう、出ちゃう出ちゃう!』

「……ま、待って! 椛さん! 我慢して、私が何とかしてみるからもう少しだけ我慢してっ」

椛さんは直ぐに決壊寸前まで我慢した尿意を抑えるため、右手も大切な部分へ添えられる。
私は椛さんの前で膝を付いてファスナーに手を掛ける。
でも、上げても下げても全く動かない。

「あぁ! や……」『ダメ……ダメェ……』

――っ! もう間に合わないの?

切羽詰った声と『声』に合わせて、目の前で抑え込まれたジーンズに染みが少しずつ広がっている。
私はそれを見て顔が熱くなるのを感じながら、手に力を込める。

「あっ…! だ、ダメ押さないで…揺らさ…ない……でっ……」<ジュウ……ジュ…>

声とジーンズの抑え込まれた部分から聞こえる音に、私は慌てて手に込める力を緩める。
溢れ出た熱水は抑え込んだ手の隙間から雫をひとつふたつと落とす。
そして、その独特の匂いが私にまで届く。

「(でちゃう…おしっこ、出ちゃうっ……)」

独り言の様に心の中で言わなければいけないはずの台詞を私にも届く程度の小声で零す。
身体の大きさも合わさり、本当に子供のように――いつものお姉さんキャラは見る影もない。
椛さんの今の辛さが伝わってくる。

間に合わない……いや、もう間に合ってないのかもしれない。
それでも私は、余り下腹部を刺激しないように懸命にファスナーを下げようとする。
だけど、ジーンズと密着している下腹部の硬さはどうしても手に感じてしまう。
充満している硬さではなく、筋肉が収縮し排出を促しているであろう硬さ……。
この尿意に耐えながら椛さんは――

「――っ! お、下りた!」

何度か上に下にファスナーを動かそうとしていると、外すことができた。

「っ! う……あぅ……」

苦しそうな声を出し、右手をジーンズのウエスト部分持って行き脱ごうとするが、
少し下がって大人っぽい黒の下着――――コレはコレで良いギャップ――――が少し顔を出すだけで……。
足を開かず、手で押さえ、そして少し濡れてしまっているフレアジーンズでは例え両手でも脱げるわけもない。

私はそんな姿を見て、脱ぐのも手伝おうかと一瞬考えたが、直ぐに椛さんは後ろを向く。
ほんの少しの小さなプライドがそうさせたのかも知れない……だけど――

「やぁ……」『もう…だめ……』

<ジュッ! ジュィィーー>

ジーンズを股下程度まで何とか下げたところで椛さんは恥ずかしい音を立てて、直ぐにその場に膝を付いて屈みこんでしまった。
私から見えるのは真っ黒な下着から恥ずかしい熱水が迸り、
その大半がジーンズに一度染みこみ、保水性の限界を超え滴り、その雫で地面を湿らせる……そんな椛さんの姿。

「んはぁ……はぁ……」

震える熱い吐息がなんとも艶っぽさを醸し出して……凄く可愛い。
きっと放心状態で……終わったらどんな反応をしてくれるのだろう。

……。

――いやいや! これ終わったらどうやってフォローすればいいの!?

46 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-後編-⑪ :2014/06/01(日) 00:36:59
「あれ? 綾菜さん? こんな所でなにを――」

――っ!

そして、探しても見つからないくせに、一番都合の悪い時で出てくるこの人……。

「――え? ――ぁ……ぇ? ……も、椛さん?」

屈み込んで後ろを向いている椛さんの肩が大きく跳ねる。
放心状態から名前を呼ばれることで正気に戻ったためか、耳が少しずつ赤色に染まって行くのがわかる。

「うぅ……」『だ、だめ……止まってよ……』<ジュウゥゥーッ…ジュッ、ジュー>

声を押し殺して恥ずかしさに耐え、それでもまだ完全に止められない。
断続的に聞こえるくぐもった音は、止めようとしての事だろうし、余計に今の状況が判ってしまい、より羞恥心を感じる結果となっている。

「えぇ〜と……綾菜さん…コレは――」

私に聞かれても……皐先輩も突然こんな場面に遭遇して混乱してるだろうから仕方がな――

「――前に回りこんで表情を確認してもいいですか?」

――……。

私は後ろを向いたまま答える。

「……ダメです」

本当によくわからない人……。

47 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-後編-⑫ :2014/06/01(日) 00:38:26
――
 ――

「べ、別に私恥ずかしくないしっ!」

おもらしが終わって直ぐに立ち上がり、そして振り向いた際に言った第一声。
涙目で真っ赤な顔をしながら……強がりって可愛い。

「そうですわね〜、可愛いですよ椛さん♪」

上機嫌に答える皐先輩……私も同じようなこと思ってたけど、口に出すのやめた方がいいと思う。

「う、うるさい! もうパソコン関連の仕事してやんないよ!」

「っ! そ、それは……今後、私、家に帰れなくなってしまいますから……ご、ごめんなさい」

流石、生徒会副会長。裏方ではやっぱり一番の実力者。

「はぁ……帰るわ、私……」

気怠いそうにそう言って、とぼとぼと私達に背を向けて歩く。

「……えっと? 大丈夫ですか?」

「え? うん……余り大丈夫では無いけど、暗いし早々バレないでしょ?」

確かに辺りは暗くなり始め、遠目では全く気が付かないと思う。
弱みを見せないように強がってるんだろうけど……それを加味しても強いメンタルの持ち主だと思う。

「それと……綾、浴衣…ごめんね」

その言葉に私は自身の浴衣を見る。
別に濡れたわけではないけど、ファスナーを降ろすのを手伝った時、膝を付いていたため汚れていた。

「……別にコレくらいいいですよ」

「ん……ありがと……またね、会長もね」

そう言って私達の前から姿を消した。

「吃驚ですね……あの椛さんが…意外でした」

目を丸くさせて、今でも信じられないものを見ているような目で、もう見えなくなった椛さんのほうへ視線を向ける。
だけど、ちょっとだけ嬉しそうなのが……皐先輩らしいというかなんというか……。

48 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-後編-⑬ :2014/06/01(日) 00:39:45
「それともう一つ吃驚しました……綾菜さん、椛さんと知り合いだったんですね」

「……だから椛さんに透視…使わないでくださいね」

皐先輩は私の言葉に「え?」と声を出し固まる。
そして数秒間の後、ガックリと項垂れる……そんなにショックなのか。
というか、今まで絶対『見てた』……。

「……それよりも…話って何ですか? 電池切れの先輩」

私はやや怒りを含ませた口調で問う。
皐先輩はその口調に表情を変えているとでも思ったのか、何か期待しているような顔で直ぐにこっちを向いた。
が、直ぐに残念そうにする。……そう簡単に見せませんから!

「電池切れはほんの少し前に気が付きました……不注意でしたね、すみません」

丁寧に謝った後、皐先輩は少し言い難そうに「話というのは――」と切り出し、途中で口を塞ぐ。
そして、仕切りなおすようにゆっくりと口を開いた。

「綾菜さんは朝見呉葉さんのこと……ご存知ですよね?」

今回も勧誘だと思っていたが、苦手な人の名前が挙がり、少し複雑な心境になる。
勧誘される事自体は、正直悪い気はしない。

「呉葉とは……えっと、知り合いなんです。昔からの……」

――なるほど、生徒会に朝見さんを誘っているのは知り合いだからか……。

凄く気難しい人だし、普通知り合いでもなければ誘おうだなんて思わないと思っていただけに、すんなり納得できた。
だけど……なんだろう? 皐先輩の態度に少し違和感が残る。

「それで……最近、呉葉と喧嘩とかしました?」

――っ!

その言葉に私の身体は少し緊張する。
もしかして、朝見さんは“あの事”を皐先輩に話したんじゃないかって……そう思った。

しばらく私は黙って……表情も崩さないようにして続きの言葉を待った。

「……肯定と受け取ります」

その言葉に私は少し安心した。
深い内容までは確り理解していない。そう思えた。

「結論から言うと……仲直りして欲しいのですが……ダメですか?」

「……ダメもなにも……もう関わらないって言われたから……私からは、なんとも」

「そうですね、それは呉葉から伺ってます」

「……だったら――」「でも!」

私に言うのは間違い……そう返すつもりだったが皐先輩はその言葉を遮るように小さく叫んだ。
そして、言っていいのかどうか迷った様子で話の続きをするために、再度口を開いた。

「でも……コレは内緒ですからね…実は呉葉、私に泣きながら言ったんです」

49 事例6「紅瀬 椛」と夏祭り。-後編-⑭ :2014/06/01(日) 00:40:26
――……え?

「ですから……取り返しの付かないことをしてしまったって、もう貴方に関わる資格なんてないって……泣きながら言ったんです」

理解できていない私を察して丁寧に判りやすく説明してくれる。
……話の内容は理解できた。
だけど、意味が――頭の理解が追いつかない。

「……ど、どうして? だって朝見さんは私の事をいつも馬鹿にして、酷いことばかり言って……」

「ちゃんと言わないと判りませんか? ……呉葉は貴方の事嫌ってなんていませんよ」

――嫌ってない?
――朝見さんが、私を?

「でも、呉葉は素直じゃありませんから……一朝一夕では仲直りできないと思うので――」

私が混乱しているうちに、なぜか仲直りをする流れにされている。
……確かに、私は朝見さんの事は凄く苦手ではあるけど…別に嫌いと言うわけではない。
仲良くできるものならしてみたい……。

とりあえず、皐先輩の誘導に乗ることにして、次の言葉を待つことにした。

「次の中間テストで呉葉の順位を超えてください」

「……え? ちょ、ちょっと待って! 何でそんなこと――」

――というか無理だ。勝てるとは到底思えない。

「出来ますよ、綾菜さんなら……では、お願いしますね。二人がギクシャクしてるのは私にとっては都合が悪いんです」

頭の中を整理する前に、皐先輩は居なくなっていた。

――“都合が悪い”って結局生徒会へ私達二人を入れるに当たってってこと?
いや、それはこの際置いておくとして――仲直りか……本当に出来るの?
……。
……。
……って! トイレ行かなきゃ!

色んなことがあって忘れていた尿意が、一人になってぶり返す。
結構鋭い尿意……急いでまたあの列に並ぶために入り口付近へ向かった。


……ちなみに危なかったけど間に合いました。

おわり

50 「紅瀬 椛」 :2014/06/01(日) 00:49:58
★紅瀬 椛(べにせ もみじ)
3年で生徒会副会長を2年連続で務めている。

前会長が「宝月 皐子」をスカウトしていなければ、恐らく会長になっていたであろう人物。
融通が利き、発想豊かで、機転が効いて、仕事も早い。

一戸建ての頃の雛倉家のご近所さんで、小学生時代は雛倉姉妹と良く遊んでいた。
当時3人で遊ぶ時は、天然の雪、元気な綾菜、二人の面倒を見る頼れる“お姉さん”であった。
中学に入学してからは同じ学校でありながら、学年の違いに加え、
諸事情で雛倉家が一戸建てからマンション住まいになり、少しずつ疎遠になり
高校入学後は会う機会も少なくなった。
特に綾菜とは2学年差あるためなお更。

非常に背が低く、「篠坂 弥生」と同じくらい。
またスレンダーでメリハリのない体つきを気にしている。
見た目はどうしようもないので、見えない部分(主に下着)で見栄を張っているのに加え
自身が頼れる“お姉さん”であるところを無意識ながら過度に主張している。
実際頼れる存在ではあるが、“お姉さん”であることのプライドが邪魔をして
頑固になったり、自身の本来の主張を押し殺してしまうこともある。

膀胱容量は身体に似合わず平均的。
ただ、自身が我慢できる限界を遠くに見すぎていることが多々あり
限界直前の差し迫った状況に陥ってから慌ててしまう面がある。
また、括約筋も人より弱いため、危ない状況直面してからの我慢が思うように利かない。

成績並、運動優秀。
勉学自体はさほど良いわけではない。
性格は基本的にはクール。仲のいい人へは気さくでもある。そして適当(にみえる)。
ストレートな物言いで、高いリーダーシップを持ち、本当に大事なことは熱く語ることも。

綾菜の評価ではちっちゃくて可愛いお姉さん。凄く尊敬もしている。

51 名無しさんのおもらし :2014/06/01(日) 03:38:42
そういえば途中だったのか>後編

イラストに期待

52 名無しさんのおもらし :2014/06/01(日) 03:48:33
回想シーンのあだ名で呼んでたシーンが生かされるのはまだまだ先かな

53 名無しさんのおもらし :2014/06/01(日) 09:46:16
GJ!相変わらずの素晴らしいSSです。

54 事例の人 :2014/06/02(月) 22:38:26
訂正……orz
×
>中学に入学してからは同じ学校でありながら、学年の違いに加え、
>諸事情で雛倉家が一戸建てからマンション住まいになり、少しずつ疎遠になり
>高校入学後は会う機会も少なくなった。


中学に入学してからは同じ学校でありながら、学年の違いにより、少しずつ疎遠になる。
諸事情で雛倉家が一戸建てからマンション住まいになってからは、会える機会も少なくなった。

つなぎ方が変で矛盾が生じる所だった……

>>51-53
感想とかありがとう
次のは同時進行で書いてたので、もうちょっと早く仕上がると思います
絵も頑張る!

55 名無しさんのおもらし :2014/06/02(月) 22:46:23
事例の人、よそでキャラの名前だけ隠した安価ss書いたりしてた?

56 事例の人 :2014/06/02(月) 23:02:08
>>55
してた

57 名無しさんのおもらし :2014/06/02(月) 23:10:30
その安価SS詳細求む。

58 名無しさんのおもらし :2014/06/03(火) 04:00:42
この界隈でも別名で書いてるし
他板でもいろいろやってるね

他所で何度も活動をほのめかすのはあざといというか印象良くないけど

59 事例の人 :2014/06/03(火) 16:52:51
>>51
事例6後編の⑫くらいの挿絵
http://motenai.orz.hm/up/orz36617.jpg

>>57
>>58のように思う方も少なからずいらっしゃると思うので
自己解決していただけると嬉しいな

60 追憶3「霜澤 鞠亜」と公園戦争。@鞠亜① :2014/06/04(水) 23:28:20
おい! そこの3人組!」

ボクは男子共を追い払い公園を占拠した3色の女子グループに突っかかる。

「また貴方ですか……」「毎度懲りないね」「え、えっと……」

金髪は呆れ気味に、銀狼は待っていたとばかりに、黒姫はおろおろする。
ボクは得意げな顔で相手側のリーダー格である銀狼に視線を向けて口を開く。

「男子どもを追い返して、公園の秩序でも守ってるつもり? 一緒に遊ぶって発想はないわけ?」

「ないですね」「だって此処に来る男子暴力的だし」「え、えっと……?」

彼女達はまた皆で言葉を返す。ボクは銀狼に言ったんだけど……。
そして、銀狼は結構痛いところを付く。確かにあの男子共は他の低学年の男女を問わず追い払ってしまうし暴力も振るう。

「た、たしかにそうだけど……だからって実力行使が良いわけないじゃん!」

対した切り返しも思い付かず、今週3回目くらいのありきたりな返し……。

「さてと、今日の理由付けは終わりかな?」

銀狼が一歩前に出て、黒姫は逆に下がる。金髪は二人の行動を確認してから一番前に出て口を開いた。

「水鉄砲は持ってきてますね?」

ボクはそう言われてスカートの中の太腿に取り付けた水鉄砲を二丁格好良く取り出す。
そして昨日必死に考えた格好良い構え、腕を前で交差させて水鉄砲を横向きにする。
そして最後に――

「ボクの“るなてぃっく――”…えっと……」

――あれ、なんだっけ?

「る…“るなてぃっく……すっ、凄い奴!”を見せてやる!」

――……死にたい。

「……」

何でもいいから、突っ込んで欲しかった!
沈黙とか一番辛い!

――うぅ……恥ずかしいっ!

真っ赤な顔を下を向いて隠しながら悔しさに歯を食いしばる。
そのまま黙っているわけにも行かないので未だ真っ赤なはずの顔を上げて口を開いた。

「ぐぅ……早く勝負しゅるわよ!」

思いっきり噛んだけど気にしない!

61 追憶3「霜澤 鞠亜」と公園戦争。@鞠亜② :2014/06/04(水) 23:30:10
ボクは水鉄砲を一番前にいる金髪に向ける。
金髪は悠長にブランド物のバッグから黄色の水鉄砲を取り出しながら横へ歩く。
ボクも同じ方へ足を進めながら徐々に距離を詰める。

「あ、私の水鉄砲の中身は唐辛子エキス入っていますから、顔を狙って差し上げますね」

――っ! 酷い! ボクのは口に入っても大丈夫なように煮沸消毒した上に、富士の天然水を使ってるのにっ!

金髪は両手で水鉄砲を持ちながら狙い打つ。
ボクはそれを軽やかに避けて反撃する。

「っと……危ない」

ボクとは違って金髪は紙一重で避ける。
実力差は歴然。
金髪は戦いやすい場所へ移動するためなのかさらに横に走る。
ボクは距離が離れないように同じように横へ移動する。
でも、距離は詰めない。もし万が一にも顔に飛沫が飛べば――

「おーい鞠亜ー」

後ろの方から突然、銀狼の声が聞こえて振り向く。

<バシャー>

何がなんだか判らない内に全身が冷たくなった。

「……え?」

<バシャバシャー>

なんで冷たくなったのか直ぐ理解できた。水に濡れた。
そして尚も掛け続けれられ、ボクは腕で顔を隠しながら水の飛んでくる方向を見る。
そこには井戸水がでる蛇口を上に向けて、指でボクの方に水が飛ぶように調整している銀狼が居た。
……しかも凄い笑顔で。

「あははー、鞠亜の負けー」<バシャバシャ>

「ちょ、やめ! 綾! 卑怯だってっ!」

「卑怯なんて失礼な。作戦勝ちです」

さらに後ろから金髪の声が聞こえる。

――作戦……まさか、金髪はボクが井戸水の蛇口があるほうに移動するように行動していたってこと?

だとすると、あの水鉄砲の中身に唐辛子を入れたなんてことをわざわざ言ったのも
ボクの動きを慎重にさせて、誘導し易くしていたのかもしれない。

「落ち込まないでよー鞠亜ー。一対一だったら絶対鞠亜が一番強いってー」<バシャバシャ>

「も、もう! いつまで掛け続けるのよ! いい加減――ひ…ひくちぃっ!」

流石にいくら夏でも冷たい井戸水は辛い。ボクはその場にへたり込んでしまう。
ボクのくしゃみを聞いて銀狼は水を掛けるのをやめた。

62 追憶3「霜澤 鞠亜」と公園戦争。@鞠亜③ :2014/06/04(水) 23:31:41
――ブルッ

だけど、すでに完全に身体が冷えてしまい尿意まで感じてきた。

――……あれ? 最後にトイレに行ったのって……。

今は午後三時くらい。そして最後にトイレに入ったのは昼食ちょっと前。
時間からすれば大したことない……のに、思った以上に尿意が切迫している。
冷たい身体を両腕で抱き、モジモジとした動きが止められない。

――そんな……なんでこんなに…あっ!

そして重大なことにボクは気が付いた。
水鉄砲に入れた富士の天然水……あまった奴はボクが全部飲んでしまったんだ。

それを飲んでから1時間ちょっと。
それに、公園のトイレは男子共が砂を詰めて修理中。
……事の重大性を理解して、顔から血の気が引いていく。
別に、今すぐ漏れそうなわけじゃないけど――負けたら罰ゲーム……それはボクから言い出したこと。
もともといつもボクが一人で不利だから、無理難題を課せられることはないとは思うけど……この尿意はそう長く耐えれそうにない。

「どうしました? なんだかしおらしくなっちゃいましたね……そうですね〜♪」

金髪が頬を緩ませながら、口に手を当てて、上機嫌に罰ゲームを考えている。

――ど、どうしよう!? 逃げなきゃ……でも捕まったら…我慢してるボクが、足で綾菜に勝てるわけない……。

詰んだ。罰ゲームが直ぐ終わる内容であることを祈って受けるべきかもしれない。

「今日一日私達のパシリっていいんじゃないかしら?」

――あー、うん。終わった。完全に無理だ。

「えっと……めーちゃん、それはやり過ぎじゃないかな?」

罰ゲームの内容に不服を唱えたのはボクではなく銀狼だった。

「そんなことありませんよー、あーちゃん。私の言うパシリは、焼きそばパンを買って来いとかじゃありませんし、ただ従順にしててもらうだけですから」

要するにパシリと言うより従順な舎弟のような感じだろうか?
どちらにせよボクには同じ死の宣告。多分もう10分と我慢できないから……。

「で、でもさ……」

それでも、銀狼――綾は納得言ってない様子だった。

「あら、あーちゃん? 今日は随分霜澤さんの肩を持つんですね?」

少し膨れっ面で不満たっぷりに問い掛ける。

「そ、そう言うわけじゃないけど……」

どうして綾がボクの事を心配してるのかは知らないけど、このままじゃ金髪に押し切られる気がする……。
そうなれば、此処でボクがおもらし――ダメ…だったら申し出るしかないけど
間に合うトイレがこの近くにない……。

63 追憶3「霜澤 鞠亜」と公園戦争。@鞠亜④ :2014/06/04(水) 23:33:19
「もう……だったらさらに譲歩します。1時間だけでいいですから……酷いことも絶対しませんから、ね? 霜澤さんいいでしょ?」

全然悪気のない顔でボクを覗き込む……。
本当にこの人はボクに何を求めているのか…いつもよく判らない。
ただ、本当に酷いことはしない……そんな気がする。でも――

「……いや! ボクはお前のようなお金ですべて解決しようとする奴は…き、嫌いだ! 
酷い命令がなくても、お金を貰っても言うことなんて絶対聞かない!」

嫌いと言う部分を除けば大体本心だった。
同じお金持ちに生まれたもの同士だけど、親の財力に頼るようなことはボクは嫌いだった。
金髪は親の権力をかざして、男子共を脅したこともあった……金髪のことは嫌いじゃないけど……そう言うのはやっぱり嫌いだ。

だけど、今この台詞を言ったのは、金髪を怒らせるため。
怒って帰ってしまえば、それを追うように銀髪も黒姫も帰ってくれる…そう思ったから。

「……そっ、そうですか! 悪かったですね! 私は使える力は全部使ってこそだと思ってますから!」

――知ってる……。

「もてる力を使わないのは力の持ち腐れです。それは持ってない人への侮辱です!」

――それも判ってる……そんな金髪の思想も知ってて言った。

でも、『帰って』……ボクはそう念じた。

「もう、いいです! 今日は帰ります! ……罰ゲームは次、…また、会ったときに…考えておきますからね!」

嫌いって言ったボクに、また会ってくれるといってくれたことが凄く嬉しかったけど……凄く痛かった。

金髪が背を向け公園を出て行くと離れた場所に居た黒姫もその後を追っていった。……だけど。

「……鞠亜のバーカ」

「っ! な、なんで、あんたは帰らないのよ……」

「……ごめん、私のせいで喧嘩させちゃって……トイレでしょ?」

――っ!

「私が濡らしちゃったから……えっと鞠亜…間に合う?」

ボクは顔を真っ赤にして首を横に振った。
我慢してるのがバレてるのを知って、緊張の糸が切れ、手がスカートの上から大切な部分を抑える。

64 追憶3「霜澤 鞠亜」と公園戦争。@鞠亜⑤ :2014/06/04(水) 23:34:25
「と、とりあえず、公園の隅の茂みに行こう?」

その提案に乗るしかない……そう思ってボクは立ち上がろうとする。

<ジュ……>

――っ!!? 今ちょっとでちゃ――ぁ、だめ……。

「やぁ…」<ジュ…ジュウ……>

冷たくなっていた下着の中で熱水が渦巻く。
立ち上がる時に変に力が入ってしまった……。
どうにかこれ以上漏れないようにと立ち上がるのを諦め再びへたり込んでしまう。

「えっと……無理?」

「うぅ……無理……」<ジュワ……>

今も少しずつ溢れてる……綾に気が付かれるのも時間の問題。
情けない……金髪を怒らせて、綾に見透かされ、心配もされて……それなのに我慢できない自分が情けない。。

「う〜、何か容器みたいなもの……」

綾はきょろきょろと周囲を見渡す。
だけど、そんな都合のいいものはすぐには見つからない。
そして、ボクにとってその都合のいいものは今すぐでないと、もう意味がない。

<ジュゥ……ジュウー……>

――だめ……溢れてくる……手も熱くなってきた……。出ちゃう……綾の前で…漏れちゃう……。

身体を大きく震わし、波が治まるのを必死に待つ。
だけど、治まるどころか、膀胱は収縮を繰り返し、さらに吐き出そうとして居る。

<ジュゥゥ…シュィー……>

必死に歯を食いしばる、でも全然止めることができない。
一度に溢れる量も勢いも増え、閉じていられる間隔も短くなって……。
我慢の力も次第に失って、暖かい……なんとも言えない開放感が襲う。
それでも、必死に…必死に我慢しようと手で抑え付ける。

「鞠亜……」

ボクを呼ぶ声が遠くで聞こえる、

――神様……お願いだから…我慢させて…漏らしたくないよ……お願い……。

神頼み。神なんて居ない。そう日頃から思ってるボクに似つかわしくない事。
そして、それは心のどこかで聞き取って貰えないことだと判っていた。

<ジュッ…ジュウゥゥゥーー>

抑える手に熱水が溢れだす……そして同時に目の前が白く濁り、何も見えなくなった。

65 追憶3「霜澤 鞠亜」と公園戦争。@鞠亜⑥ :2014/06/04(水) 23:36:37
――
 ――

「――亜……鞠…! 鞠亜!」

――ん……綾?

肩を両手で持ってボクを揺さぶる綾が目に映る。
でも直ぐにボクの身体は綾の方に引き寄せられて、空が見えた。

「よかった! ……大丈夫?」

「え? あ、……うん?」

――えっと? なんでボク綾に抱きしめられてるんだっけ?

しばらくすると綾が抱きしめるのをやめて、両手を地面に付きながら心底安心したように口を開いた。

「はぁ〜…急に気を失うから吃驚した……」

気を失った?

……。

――っ!

ボクは視線を自身のスカートに向ける。
濡れてる……のは当たり前だけど、この匂いは……。

顔に血が上っていくのが判る……ボクはおもらし……しちゃったんだ……。
綾の前で、気を失いながら……。

目の前が歪む。
それは涙のせいなのだと直ぐにわかった。

「ぐす……」

――綾は……こんなボクを抱きしめてくれたんだ……。

複雑な涙。
凄く恥ずかしい失敗をしてしまって悔しかった。でも綾の優しさが嬉しかった。

「鞠亜、立って、もうちょっとこっち来て」

綾がボクの手を引く。
ボクは力なく立ち上がり、よく判らないまま少しだけ動く。

「そんじゃいくよ! “るなてぃっく凄い奴!”」<バシャバシャー>

冷たい。
蛇口を上に向けてボクたち二人に水が掛かる。
恥ずかしい失敗も、涙も流してくれる。
虹が見える中、綾は笑いながら言った。


「……今度めーちゃんに会ったとき、謝ろうよ! そのときは私も一緒に付き添うからさ」


おわり

66 名無しさんのおもらし :2014/06/06(金) 00:49:50
おお、もう次の話が更新していたか。 次回の話も楽しみに待ちます。

67 名無しさんのおもらし :2014/06/08(日) 18:26:39
@鞠亜とな
他の人のもなんかあるのかな

68 事例の人 :2014/06/08(日) 20:31:17
>>67
主人公(綾菜)以外の視点ってだけです
事例EXの話を除き、一つの話で一貫して視点が違う時は今後もこういう書き方します

69 名無しさんのおもらし :2014/06/24(火) 20:43:44
早朝の国道沿い まだ車も疎らであるこの時間帯に全力疾走する二つの姿があった
「待ちなさーーーーい!!!!」
ひとつは所轄署の刑事課のホープとまで言われている小谷麗子巡査部長である
彼女は昨晩まで他の署の捜査本部に応援に行っていた
そのせいで家路につくころには既に夜があけかかっていた。
その日の捜査はそれこそトイレに行く暇もないくらいだったので帰り道尿意を感じた
家まで我慢できそうにないのでしかたなくコンビニでトイレを借りようとした
ところが…
入ったコンビニのレジの前にあからさまに怪しい覆面をした男がいた
覆面の男が「金を出せ!」って叫んだものだから思わず「警察だ!」と叫んでしまった麗子
その言葉を聞いて入り口の麗子を突き飛ばし逃げ出す覆面の男
尻餅をつく麗子、衝撃で括約筋が緩んでシュシュッと吹き出たもののなんとか前を押さえて耐える
なんとか耐えたはいいものの強盗犯を無視してトイレに行くわけにもいかず張り詰めた膀胱を抱えたまま麗子の追跡劇が始まった

70 名無しさんのおもらし :2014/06/24(火) 20:44:19
(いったいいつまで逃げるのよぉ〜〜〜!)
既に麗子は十数分は犯人を追いかけている
学生時代は陸上部であり、諦めてトイレを優先しようという誘惑もも持ち前の正義感でねじ伏せている
とは言ってもおしっこを我慢しているようなコンディションでは距離など詰まるはずもない
一回強盗犯がコケるという絶好のチャンスがあったにもかかわらず急激に襲ってきた尿意の波に負け前押さえを優先してしまった
(ああおしっこしたいトイレトイレトイレトイレおしっこおしっこもれちゃうもれちゃう!)
強盗犯もだいぶバテては来ているものの麗子の尿意も比例して切羽詰ってきている
もはや麗子には強盗犯との距離はそのままトイレへの距離に思えた
(あと5mでおしっこおしっこおしっこすあと4mもれちゃうもれちゃうがまんがまんがまんあと3mもうすぐといれといれといれ!)
しかし麗子は気がついていない犯人を確保できたとしてもすぐにトイレに行けるわけではない
少なくとも犯人を近隣の警察に受け渡すまで麗子の我慢は続くのである

71 名無しさんのおもらし :2014/06/26(木) 19:12:26
続かない? 続いてもいいのよ? 続いてください

72 名無しさんのおもらし :2014/06/27(金) 00:54:37
続かない 続きます 続く 続くとき 続けば

73 事例2.1「篠坂 弥生」と七夕。@弥生① :2014/07/07(月) 23:30:52
七月七日、七夕。
私は短冊に願いを書く。

“お手洗いの失敗なんて事、もう絶対にしませんように。弥生”

――だめだ。名前はダメだよ…。

私は名前の部分をマジックで塗りつぶす。

此処は多くの人が短冊を吊るしにくるところ。
もし学校の人が弥生なんて名前見たら……そう思うと名前なんて書けるわけがない。

自分で書いた短冊を顔を赤くしながら間違いがないか確認して再度吊るす。

手を伸ばした時、横の短冊が揺れて内容が目に入る。

“あーちゃんとまた仲良くなれますように。くーちゃん”

……なんだろ、子供っぽい内容なのに子供の割には凄く字が綺麗。

それを見ていると直ぐ隣にある短冊も目に付いた。

“← くーちゃんが素直になって、過去に振り回されませんように! めーちゃん”

これも字が綺麗の割に……。

――いやいや! 他人の見るとかよくないよね! わ、私のも見られたくないしっ!

……なんだか私の願い事が余りに酷い気がしてきた。
私は短冊を破いて書き直す。

“雛さんとついでに真弓ちゃんとも、ずっと仲良しで居られますように。弥生”

今度は堂々と名前を書いて吊るす。

やっぱりこういうことを書くべきだ。
私は笑顔で駅前にある笹飾りを後にし、帰りの電車が来るホームへ向かう。

74 事例2.1「篠坂 弥生」と七夕。@弥生② :2014/07/07(月) 23:32:17
――
 ――

電車に揺られ自宅へ向かう中、ふと尿意を感じる。
学校出る前に済ませてきたが、短冊を吊るすために1本電車を遅らせたのがいけなかったのかも知れない。

――はぁ〜、こんなことなら駅のお手洗いを使えばよかった……。

後悔しても後の祭り。
目的の駅まで後ひと駅だ。付いたら駅のお手洗いを利用すればいいだけ。

「〜申し訳ございません。車両点検を行うため10分ほど停車いたします〜」

――なによこんな時に……。

マーフィーの法則……そんな言葉が思い浮かぶ。
いやな予感を感じながらも大丈夫だと自分に言い聞かせる。
まだ尿意を感じてそこまで時間がたっているわけじゃない。
10分なんて直ぐ終わる。

5分が経ちまもなく10分が経つ頃。

「〜大変ご迷惑をおかけ致しました。車両点検が只今終了致しました。まもなく電車が発車します〜」

――ほ、ほら余裕だ! これなら余裕を持ってお手洗いにいける。多少込んでても大丈夫!

カバンの中に丸めて入れられた破れた短冊。
破った罰でも当たったのかと思ったけど、本当に助かった。

しばらくすると電車が駅のホームへ入り、扉が開く。
ホームに下り、改札に行く前に、お手洗いへと足を進めた。

だけど――

“清掃中”

……最悪。
いつまで掛かるのか判らないし、ここで待つのも我慢してるって言ってるようなものだし、なんだか恥ずかしい。

私は思い切って改札から出る。
家までの道のりは15分。……多分間に合う。
それに、公園もちょっと遠回りすればあるし、そこにはお手洗いがある。

真っ直ぐ帰るか、5分ほどで付く公園に向かうか。
家まで我慢できないことはない……でも、不安は拭えない。
私は公園へ向かうことにした。

75 事例2.1「篠坂 弥生」と七夕。@弥生③ :2014/07/07(月) 23:34:12
電車の中で座ってるときはそうでもなかった尿意が、歩いていると少し辛くなった気がする。
きっと立ち止まると足をもじもじと動かしてしまうほどに尿意が高まってきた。

だけど、もう公園は見えてきた。あと2分と掛からずこの辛さから開放される。

そして、公園に足を踏み入れる。

「あら? 弥生ちゃんじゃない!」

――っ!

人見知りな私に声を掛けてきたのは近隣住民の調子のいいおばさん。

――や、やな人に捕まっちゃったな……。

長話。そうなる気がした。
我慢。電車の中からここまで抱えてきた液体を足を閉じて我慢する。
顔見知りだけど、この人は苦手だ。ましてや近所の話のネタにされるわけにもいかない。
だから我慢しているのがバレるのは困る……じっとなんでもないように愛想笑いをして何とか切りがいいところまで我慢するしかない。

――
 ――

2分…5分…そして10分経っても話は終わらない。
ずっとマシンガントークで……私のようなとろとろした子には到底入り込む余地がない。
でも、尿意は強くなって次第に足をじっと止めることができなくなってきていた。

――こんなことなら、真っ直ぐ家に帰ればよかった……。

私は、なんとか話を切り上げるタイミングを計っていると、おばさんの後ろの公園のお手洗いに一人のおじさんが近づいていくのが目に付く。
その手には南京錠らしきものと鎖が……。
額に汗が浮かぶ。恐らくあの人は公園の管理者。
まだ夕方もそこそこだというのに、防犯のためなのかお手洗いに鎖を巻くらしい……。
今すぐにでもお手洗いに行きたいのに、目の前には喋り続けるおばさんと、公園の管理者。
おばさんの話をなんとか切り上げることと、公園の管理者のおじさんには尿意の告白をしなければ入ることは出来ない。

――む、無理だよ……。

タイミングを測っている間に、おじさんは鎖を巻いてどこかへ行ってしまった。

76 事例2.1「篠坂 弥生」と七夕。@弥生④ :2014/07/07(月) 23:35:19
「あら、もうこんな時間! タイムセールがあるから失礼するわね」

話し始めてから15分。結局あっちから切り上げられるまで何も出来なかった。
そして、もう目的の場所は硬く閉ざされてしまった。

私はスカートの裾を握り締める。
尿意はもう一刻の猶予もないところまできている。
家までは……12〜3分。間に合う気がしない。
でも、一番近い私の欲求を満たせるところがそこ以外思いつかない。

こめかみから流れる汗が頬を伝う。
私はようやく気が付いた。
さっきのタイミングを逃した時、私に残された道が二つになってしまったことに。

一つは……意地でも家を目指すこと。
おもらしになるか、おチビリで済むのかわからないけど、どう考えてみても無事でつけるとは思えない。

もう一つは……や、野外で……つまりは野ション……。
現実的にはこっちだと思う。だけど、まだ外はそれなりに明るくて……。

視界がぼやけてくる。
なんだか悔しくて涙が出てくる。
最悪の2択。迷ってる暇なんてない。それでも決断できない。
私はカバンで隠しながらスカートの前を抑えた。

――だめ、我慢できない……は、早くぅ、お手洗い……。

私の心はお手洗いを求めた。私は目の前にある鎖の掛かったお手洗いに足を踏み出す。
もしかしたら、南京錠を掛け忘れているかもしれない。
もしかしたら、簡単に開けれるかもしれない。
もしかしたら――

そんな思いで近づいて私は鎖を手にして肩を落とす。

――ダメだ……開かない。

開いてしまいそうな部分を抑えながら、絶対に開かないお手洗いの鎖を手にする。
なんて皮肉。

77 事例2.1「篠坂 弥生」と七夕。@弥生⑤ :2014/07/07(月) 23:36:13
もう……野ションしかない。

私はスカートの前を抑えながら、お手洗いの裏手に回る。
木があるし背の低い草も茂っていて多少は周囲から見難いところ。

足がガクガクと揺れる。
こんな所で……そう思っていても限界の近い膀胱は許してくれない。

――でる…でちゃう……もう、ここで、しちゃうしか……。

そう思って私はカバンを直ぐ脇に置き、心臓が痛いくらいになるのに耐えながらスカートの中に手を入れた。

――しちゃう、しちゃんだ私……こんなところで、野外でなんて……もう何年ぶりだろう……

下唇をかみながら下着に手を掛ける。
だけど――

「――――?」「――――」

目の前の木の向こう側。見難いが道路がある方向。
二人組みの声が聞こえてきた。

私は茂みに身体を隠すために咄嗟にそのまましゃがむ。
下着はまだ降ろしていない。
なのに……。

<ジュ……>

――ダメ! でないで……まだ、なの……もう少しだから……お願い……。

私は咄嗟に下着の上から手で力いっぱい抑える。
手に感じるのは湿った暖かいぬくもり。そして、押し返す力。伝わる震え。

<ブシュ…>

抑え込んでいるはずなのに、手の隙間から雫が滴る。
本当は下着をずらせば済ませられるかもしれない。
だけど、音が道路まで聞こえてしまうような気がして……。

<ジュウゥ……>

溢れ出す雫が乾いた土に染みを増やし、やがて小さな水溜りを作る。
そして声が遠くへ行ったのに気が付き、抑えていた手を離し直ぐに下着をずらした。

<ジュィーーー>

「はぁ、はぁ……」

土を抉るような音と、夏なのに湯気さえ出そうな熱い息を何度も吐く。

額から零れる汗が地面に出来た水溜りに落ちて消えていく。
それを眺めながら、安堵、それ以上に情けない気持ちが心に湧き上がってくるのを感じて……。
私は目からも熱い液体を零した。

おわり

78 名無しさんのおもらし :2014/07/08(火) 04:06:19
おつ
イベントにキッチリそろえてきたということは
この先それらしい日までは待つことになるのかな

ナンバリングはキャラ別?
複数競演の場合はどうなるのかな

79 名無しさんのおもらし :2014/07/10(木) 03:34:58
某スレはあんなに人がつめかけてるのに寂しいな
せっかく良作が更新されてるんだからあげとこう(といっても現在上から2番目だけど)

80 名無しさんのおもらし :2014/07/10(木) 19:28:34
>>78
読んでくれてありがとー
七夕だし七夕主題に何か書こうって急遽思っただけなので…余り七夕が関係ない内容になってしまったけど
今後の投下は今まで通り、不定期気侭で行きますよ

ナンバリングは基本的に時系列順
事例は入学〜。 それ以前は追憶でこっちのナンバリングは書いた順。小数点はその間にあった出来事の掘り下げや付け足し話。
「」内はその話のメインヒロイン(のつもり)

>>79
わざわざageありがとう。寂しく適度に頑張る。ROM専がそこそこ居てくれてることを信じて……
他の方も書いて欲しいよ!>>69-70の続きも見たいわ

81 名無しさんのおもらし :2014/07/10(木) 21:25:37
いつの間にか更新していたか。 相変わらずの素晴らしい出来にGJと言ってしまう。もはやこの事例シリーズは今の小説で一番の楽しみだ。

82 名無しさんのおもらし :2014/07/15(火) 20:22:23
事例2.1ってことは弥生ちゃんおもらししないようにお祈りした後にも夏祭りでやっちゃったのか
かわいい

83 事例の人 :2014/07/21(月) 00:42:24
>>81-82
感想とかありがとう。励みになるよ!

84 事例7「睦谷 姫香」と図書室。① :2014/07/21(月) 00:43:40
「……はぁ、はぁ、はぁ…」

私は息を切らせながら自転車を漕ぐ。
今日は9月2日。始業式の日。
額に汗が浮かびながらも、私が懸命に自転車を漕ぎ続けるのには理由がある。
朝起きた時間が自宅を出る時間であり……つまりは寝坊だった。
新学期早々に遅刻とかありえない。
こんなことじゃまた朝見さんに何を言われるか――いや、あの時の言葉通りなら
私には関わらないはず……。
酷いことを言われないのは良い事のはずだけど……皐先輩の話を聞いてからはそんな簡単に考えられなくなった。

でも、それよりも今は、夏祭りの時以降話せていない人が居る事の方が問題だ。
……。

――いや、だったら遅刻した方が話のネタになって上手く行く可能性も?

……。

――いやいや、冷静に考えよう。そんな小さな話のネタでどうにかなるのなら、ネタがなくてもどうにか出来るでしょ?

……。

どっちでもいい気がしてきた。
でも折角ここまで急いできたわけだし、それを無駄にするのは勿体無い気もする。
結局のところ結果次第。遅刻してしまったら話のネタになるから結果オーライ……とでも、思っておくことにする。
そして、やっとの事で学校目前の踏切に差し掛かる。

<カーンカーンカーンカーン>

だが、目の前で遮断機がおり、行く手を阻まれる。
私は必死で自転車を漕いできた足を地面に付ける。
この時間帯の踏切は長い場合が多く――――通過タイミングが日によって数秒違うので直ぐに開く時もある――――
それに出くわすと確実に間に合わなくなる。

『あぁ、最悪……トイレ…行く時間絶対なくなったよ、コレ……』

『声』が聞こえてくる。
相手は……後ろから数秒遅れで来た生徒。私と同様、自転車に乗り、この踏切で足止めを受けることになった、Aクラスの睦谷 姫香(むつたに ひめか)さん。
ファッションなのか、左右違う柄の派手な靴下を履いている。しかもこの人いつも長袖の制服を着てる変わった人。
実のところこの人を此処で見かけることは多々あるのだけど、話したことは全くない。
そういえば見学会の日もこの人の良いシーンを見させてもらった。

そして、我慢の『声』が聞こえた事で、今更ながら私自身も尿意を感じていることに気が付く。
急いで自宅を出てきたため、朝トイレを済ませていなかった。
だから別にどうと言うことはないけど、このまま行くとトイレを済ませず始業式。
それは、すこしだけ心配ではあるけど、むしろ期待のが大きい。
一学期の入学式では収穫はあったけど、終業式では本当に大したことが起きなかっただけに、今回は何かあって欲しい。
というか、睦谷さんがその“何かある”人になる可能性が高いと思う。

――だけど……別にそれほど大きい『声』ではなんだけどね……。

多分私と同じくらいか、ちょっと多いかも知れない程度。
見学会の日に見た、長い排尿時間から察するに、結構膀胱は大き目なんじゃないかと考えられるので
始業式をトイレを済ませずに行ったとしても、それほど苦労せずに済んでしまうんじゃないかと思う。
それでも、式の間、退屈せずに過ごせるのは良い事だけど。

『ん、開いた……遅刻はしないけどやっぱトイレは無理だなー……』

その『声』に私もペダルに足を引っ掛けて、睦谷さんの前を走った。

85 事例7「睦谷 姫香」と図書室。② :2014/07/21(月) 00:44:36
――
 ――

「あ! あやりんギリギリじゃーん!」

教室に入ると直ぐにまゆが私を見つけてそう叫ぶ。目立つからやめて……。

多くの人の注目を浴びながら私は表情を変えずに視線を周囲に向ける。
それは無意識のうちに行った行動で、自分でも驚いた。
一番気にしていた筈の弥生ちゃんは、まゆの近くにいたのでそんなことをする必要がなかったのだから。

――やっぱり……。

“関わらない”という言葉の重みを今更ながら理解した。
コレほどまでに目立っているにも関わらず、ただ一人、朝見さんだけは窓の外に視線を向けていた。
……。

「ひ、雛…さん? どうしたの?」

心配そうに声を掛けて来てくれたのは、私から声を掛けるべきだった相手の弥生ちゃんだった。

「……あ、うん…なんでもない」

予想していなかった事態に私は少し不自然に否定した。

「あやりん、なんか元気ないね?」

周りのクラスメイトが日常に戻っていく中、まゆが私に近づき話しかける。
こんなことで心配かけるわけには行かない。
私はまゆの言葉に首を振ってから口を開く。

「……おはよう、二人とも…」

まゆは少し腑に落ちないような態度をとりながらも小さく息を吐いてから挨拶を返す。
弥生ちゃんはなんだか視線を逸らしながら少し赤い顔で小さく返してくれた。
私の前で二度も失敗したことを恥ずかしく思っているのかもしれない。
でも、なんだかその態度がまだ確り打ち解けていないころの弥生ちゃんを彷彿とさせ、なんだか懐かしく思えた。
最悪、会話すら出来ないかもしれないと思っていただけに、安心した。

「ん〜? 今度はなんだか嬉しそうだねー」

まゆが私の顔を覗き込むようにしてそう言う。
表情変えたつもりなんてないのに……相変わらず鋭い。

<キーンコーンカーンコーン>

チャイムが鳴ると先生が入ってきて、扉付近に居る私達の背中を押すようにして席へ付くように促した。
そして、出席を点呼で取り、始業式のため、教室を出る。

ガヤガヤとして騒がしい廊下でAクラスから出てきた睦谷さんが目に止まる。
同時にさっきまであまり意識していなかった『声』が聞こえてきた。

『はぁ、我慢我慢……見学会の帰りの時と比べればどうってことないし……』

一瞬見えた横顔には焦りも不安も表情から読み取ることは出来なかった。

86 事例7「睦谷 姫香」と図書室。③ :2014/07/21(月) 00:45:42
――
 ――

「――生徒の皆さんが楽しんだ夏休みだとは思いますが、この先、文化祭、体育祭と、多くの行事も控えています。
学校生活を夏休みよりもより有意義に、楽しく、健康的に過ごせるのではないかと考えています。
そして、皆さんならそれが出来るということを信じています。
私も微力ながら各行事が成功するように生徒会長として可能な限りの努力をしてまいりたいと思います。
少し長くなりましたね。以上をもちまして、私の御挨拶に代えさせていただきます。
生徒代表、生徒会会長、宝月 皐子」

「キャー会長様ー」<パチパチ>

皐先輩の挨拶が終わり拍手が体育館に響く。
……誰だ会長様って叫んだ生徒。

『う〜、やっと終わる? 結構辛くなってきた……』

睦谷さんの『声』が聞こえてくる。
時間にして1時間もなかった始業式だが、『声』は大きく、尿意は思いのほか上がっている様だった。

――朝から沢山水分を取ったとか、コーヒーを飲んだとかかな?

斯く言う私も、昨夜眠気を覚ますためにアイスコーヒー2〜3杯飲んでいた。
朝済ますことが出来なかったので、睦谷さんほどではないにしても結構我慢してる。

『ふー、Aクラスから出れるのは、我慢してる私には救いだな〜』

始業式が終われば、教室に置いてある連絡事項の紙を持って自由に帰って良いらしい。
実に面倒が嫌いな人には優しい仕様だ。

だけど、睦谷さんの『声』が届かなくなり、知らない間に済ませてしまうって言うのは残念。

教室に戻った頃には、案の定睦谷さんの姿は隣のクラスにはなかった。

「あやりんー帰ろ!」「……」

まゆと弥生ちゃんが声を掛ける。正確には弥生ちゃんは口を開いただけで声にはなっていなかったけど。
誘ってもらえるのは凄く嬉しい。だけど、私は今日ちょっと用事がある。

「……ごめん、私ちょっと図書室に用があるから……先に帰ってていいよ」

「ぇ……」

何故だが弥生ちゃんがショックを受ける。

「あやりーん、それどれくらい掛かる? この後3人でお茶していこうかな〜って思ってたんだけど?」

……なるほど。
恐らくまゆなりに私と弥生ちゃんの事考えてくれてるのかな?

「……15分くらいは掛かると思うけど……大丈夫?」

「おーけー! それくらいなら教室で時間潰してるよ〜」

そう言って、教室の中で弥生ちゃんの机に座るまゆ。
私はそんなまゆと弥生ちゃんに「……後で」とだけ言い残し、背を向けて教室を出た。

87 事例7「睦谷 姫香」と図書室。④ :2014/07/21(月) 00:46:59
図書室に向かっていると自身の尿意が辛くなってきたのに気が付き、通り道にあるトイレに入る。
この先まゆと弥生ちゃんとお茶しに行く用事はあるものの、まだ少し先の話だ。
今行っておかないとタイミング悪く私が限界なんてこともあるし。
そうして、個室に入り用を済ませ、再び図書室へ歩みを進める。
入学して間もない時に、一度興味本位で入っただけで、まともに利用したことがないのだけど……。

図書室の扉前に着き、私は扉に手を掛ける。

<ガチャッ>

引き戸の扉を開くために力を入れた手に、予想外の重い手応えを受ける。

――鍵が開いてない?

私は扉に書かれたカレンダーを見るが、事前の調べ通り、今日も昼までは開放されているはず……なんだけど。
これからどうするべきか……私はカレンダーを見ながら考えていると――

「あ、あの……すみません」

私は後ろから声を掛けられ振り向く。

「い、今開けますね……」

申し訳なさそうにしながら、でも人付き合いが苦手なのか
――――私も人の事を言える程でもないが――――目を全く合わせようとせずに、私の脇へ移動して鍵を差し込む。

<カチャン>

学校にありがちな安っぽい鍵の開く音。
彼女――睦谷さんは鍵をカバンに入れて扉を開けた。

――そういえば、この子って図書委員だったんだっけ?

流石に1年生の名前と顔をすべて把握してる私でも、所属委員とか部活とかの詳細情報までは知らない。
でも、まぁ、折角わかった情報だし確り覚えておこう。

「あの……」

扉を開けて直ぐに睦谷さんは私に話しかける。
開いた扉から先に入った私は、振り向いて相手の言葉を待つと小さく口を開けて声を出した。

「えっと、本……借りて行きますか?」

――えっと?

「……え、ええ…まぁ、何冊か借りようかと……」

「で、ですよね……あはは、すみません変なこと聞いてしまって……」

そう言うと何かを誤魔化すように小走りにカウンターへ向かう。
私はそんな睦谷さんに疑問を抱きながらも目的の本を探しに本棚へ向かう。

88 事例7「睦谷 姫香」と図書室。⑤ :2014/07/21(月) 00:48:27
――えっと……とりあえず歴史と化学のよさそうな参考書は……。

本棚に目を走らせ、それらしいものを手に取りは戻してを何度か繰り返す。
思った以上に役に立たなさそうな本が多くて、面倒な作業。
……でも、納得いかないところを適当に済ませてしまうと、朝見さんに勝てる気がしない。
というか、本当に私なんかが勝てるのか……。皐先輩は絶対私を買い被ってる……。
私が毎日のように寝坊しそうなくらい勉強したとしても、中間テストでその結果が出せるか。

――ダメだったら絶対皐先輩に八つ当たりしよう。うん、そうしよう。

そんなことを考えながら一冊、また一冊と選び取る。
ある程度取ると、持ち帰る手間を考えて嘆息し仕方がなく何冊か返して、3冊ほどで妥協した。

私は両手に少し大きめの参考書を抱きながらカウンターへ向かう。

……?

カウンターに居る睦谷さんを遠目から見ると、下を向いて左右に揺れている。
本を借りるため近づいて行くと、前髪の隙間から辛そうな顔と、少し荒い息遣いが聞こえてくる。

――あれ? えっと、もしかして……我慢…してるの?

あと5メートルってくらいまで近づいたが、辛そうな顔、粗い息遣い、ソワソワと落ち着きのない身体、少し前屈みな体勢。
どれをとっても尿意に耐えている姿そのもの。――と言うかこの距離で私に気が付かないのか。

私はトイレに寄ってしまったことを後悔しつつ、もう数歩足を進める。
そして、カウンターに本を置くコンマ数秒前に、睦谷さんが私に気が付く。

「……ぇ? あ――」

今までしていた仕草を見られていたと察して、視線を外して耳まで顔を赤く染める。……可愛い。
ただ、落ち着きなくソワソワしている仕草は止まったものの、身体はまだ少し前屈みで膀胱を庇っていて、
当然息遣いも直ぐに整うはずもなく、なるべく小さくしている呼吸音が聞こえる。

――これって……結構危ないんじゃ……。

『声』が聞こえない以上判断基準は仕草だけだが
ほぼ初対面の私相手に此処までしか仕草を隠せないとなると限界寸前なのではないかと感じ取れる。

「えっと、こちらの3冊を1週間でよかったっ……でしょう、か?」

睦谷さんは最初こそ確りした口調で対応するが、最後まで平静を装えず、途中息を詰まらせる。

「……そうです……1週間でお願いします」

「わかり、ました……」

そう言って本を受け取り最後のページの裏についているカードを本から抜き取る。
あとはそれに私の名前を書いて終わりだろうし、流石に間に合うだろう。

89 事例7「睦谷 姫香」と図書室。⑥ :2014/07/21(月) 00:50:12
「あ、えっと、借出し申請証を出していただけますか?」

……え?

全く聞き覚えのない単語。
生徒手帳を出せばいい物だとばかり思っていたが、どうも妙なものが要るらしい。

「……えっと、ごめんなさい、私初めて利用するんだけど、その、申請証? って言うのは……」

「あ、えっとですね……こ、こちらで準備しますので少々、おまち…ください!」

睦谷さんは後ろを向いて、引き出しの中を漁り始める。
もじもじと足を摺り合わせ、少し腰を突き出すようにして……艶可愛い。
思わぬ収穫だけど、あっちは最悪の延長戦と言った所だと思う。
何か止む終えない事情でトイレに寄れずに此処まで来るのも、きっと睦谷さんにとって延長戦だったはずで……。
私のためにトイレに行かずにカウンターで必死に我慢してたと思うと、流石に悪い気がしてくる。

「うぅ……」

――わ、私が見てるのに腰を振って我慢……あれ? これって本当に不味いのでは?

私は口を開きかけて直ぐに閉じる。
もし直ぐに終わるような作業ならなにも言わずに帰った方が睦谷さんの為。
……一瞬そう考えたが、今までそうやって迷ってきて恥ずかしい失敗をさせてきた人も多い……。
幸い私以外人は居ないからそれでもいい気もするけど、私だけだからと言っても恥ずかしいものは恥ずかしいだろう。
そりゃ私はそんなところを見るのは好きだけど、助けれるものなら助けたいってのもある。

「……えっと、いいですよ先に行ってきても」

「え? あ……ち、違うんです私、我慢なんて……」

振り返りスカートの前を抑えている手が見えているにも関わらず、睦谷さんは強がる。

――というか、別に我慢がどうのって言ってないんだけど……。

「……いいから、そういうの!」

「うぅ……でも……あっ! んっ……ご、ごめんなさい!」
【挿絵:http://motenai.orz.hm/up/orz39225.jpg

真っ赤な顔をして迷っていたようだけど、急に身体を軽く跳ねさせて、険しい顔をしながらカウンターを飛び出す。
だけど、扉まで行くと扉に手を掛け体重を掛けるようにして、姿勢を屈めていく。

――え……うそ?

90 事例7「睦谷 姫香」と図書室。⑦ :2014/07/21(月) 00:52:05
「……ちょっと大丈夫?」

私は慌てて駆け寄る。

「あぁ…やぁ、おね、がい……見ないでっ…んっ――あぁ!」

<ジュゥ……>

くぐもった独特の音が、睦谷さんのスカートの中で小さく響くのが聞こえた。
でも、直ぐにその音は止む。
閉じあわされた足が小刻みにガクガクと揺れ動く。

チビッた――と言うには明らかに多すぎたであろう音。
もしかしたら、既にカウンターを飛び出す直前に恥ずかしい先走りをしていたのかもしれない。

それでも、私は睦谷さんをトイレに行かせるため、扉に手を掛ける。
でも、小さな声で「ダメ」とつぶやく声が聞こえ睦谷さんへ視線を向ける。

真っ赤な顔で、目に涙を貯めて震える声を零す。

「もう…間に、合わない……からっ……んっ」

……我慢できないと悟って人目を避ける…わからない話じゃない。
だけど、きっと睦谷さんは気が付いてない。
トイレに行くことを諦めているのに、どうして我慢しているのか。
混乱。羞恥。意地。沢山の理由があると思う。
どこかに希望がある――そんな風に心の片隅で信じているのかもしれない。
現実を受け止めることが出来ないだけかもしれない。
でも……。

「やぁん……だめ、あぁ…っ〜〜〜」

<ジュッ…ジュゥー……>

さっきよりも大きな音が2回に分けて聞こえる。
扉の方に回り込んだ私には抑え込まれたスカートが濃く染まっていくのが見えた。
歯を食いしばってこれ以上でないように……そんな表情も見て取れる。

<ピチャ…ピチャ……>

そして、足を伝って出来た小さな水溜りに限界まで溜め込まれた恥ずかしい雫を零し音を立てる。
それは、抑え込まれた大切な部分から今も尚、止めきれず少しずつ溢れ出している証拠で……。

<ピチャ…ピチャピチャピチャ>

次第にその雫の落ちる音の間隔は狭くなって……睦谷さんはしゃがみこんでしまう。

「はぁ……はぁ……っ、んはぁ……」<ジュゥーーー>

息を荒げて、上気した表情でただ呆然と広がる水溜りに視線を落とす。……か、可愛い…。
私は無意識に手を伸ばす。

「あ、…え?」

なぜか頭を撫でてて居た。
……。

――ど、どうしよう!?? なにしてんの私!?
【挿絵:
http://motenai.orz.hm/up/orz39226.jpg


つい可愛くて触ってしまった。とてつもなく私混乱してるけど、きっと睦谷さんも混乱してる。
なにか声を掛けないと……。

91 事例7「睦谷 姫香」と図書室。⑧ :2014/07/21(月) 00:53:43
「……えっと、よく頑張ったね?」

「う……うん」

……よかったんだろうか?
今も尚、手を離すタイミングを失って撫でてるけど、顔は真っ赤にしてるけど、特に嫌がってないみたいだし……。

――でも気不味い。なんだろうこのどうしようもない感じ!

しばらくすると、睦谷さんのスカートの中で聞こえていたくぐもった恥ずかしい音が聞こえなくなる。

「あ、も、もう、大丈夫…です……ごめんなさい」

真っ赤な顔で、涙目の上目使いで、少し汗ばんで髪の毛が額に張り付いて、上気した表情で……可愛い要素が多すぎて困る。
なんだか見てるのがこっちが恥ずかしくなってきた。顔に血が上るのが判る。

「……別に謝らなくても……」

「で、でも…ぐす」

泣き出しそうな声で表情を崩していく。

「……あー、大丈夫だから、ね? わ、私掃除道具入れからバケツと雑巾持ってくるから!」

私は慌ててなにか行動する。
ちょっと慌しくなれば睦谷さんだって泣く隙を与えずに済むかもしれない。

「……ほらちょっとあっちで休んでて、掃除しておくから」

「え、ま、待って! それ汚…わ、私のおしっ……こ……」

途中まで言いかけて、顔をこれ以上にないくらい真っ赤にしてる……可愛い。
そこまで言われると、掃除するのも可哀想。……。

「……じゃあ、とりあえずこれは置いておいて、着替える?」

「え……ほ、保健室…ですか?」

凄く不安そうな顔で答える。
……確かにこの格好で廊下を歩いて保健室までって言うのは酷か。
仕方がない。

「……あー、ちょっとまって――」

私はカバンに常備しているタオルとスカートと新品の下着を取り出す。

「どっ、どうしてそんなものがカバンの中にっ!?」

「……い、いや…き、気にしないで……」

「まさか、貴方おもらしの常習――」「ち、違います! いいから着替えて! それとも着替えさせて欲しいの!?」

「え、あ、お願いし――あっ、ごめんなさい自分で着替えます……」

雫が落ちないようにタオルで足を拭いた後、カウンターの影の方へパタパタと駆けていく。

――今、「お願いします」って言いかけなかった?

……。

「はぁ……」

私は一息吐く。
これはこれで良かったけど、やり直せるものなら、トイレを済ませずにやり直したい。
だからと言ってあのまま我慢したままって言うのも今度は私自身が心配だったし仕方がなかったんだけど。

……本を借りれるのはまだ少し先になりそう。

「……はぁ、まゆに電話しよ……」

私は遅くなる連絡を入れることにした。

おわり

92 「睦谷 姫香」 :2014/07/21(月) 00:58:29
★睦谷 姫香(むつたに ひめか)
1年A組の生徒
常に長袖で靴下をよく履き間違える天然っ娘。
図書委員に所属している。

友達が少なく、若干人見知りの文学少女。

本が好きと言う理由だけで図書委員になる。
当番の日はカウンター内で本を読んで有意義な時間を送っている。

膀胱容量は比較的大きく最大で1000ml程。
ただ、体質の問題で尿の生産量が人より多く、水分をある程度取りすぎると
最大容量の割にはトイレの近い子になってしまう。
膀胱が大きいのも体質の問題で我慢する機会が多いためである。
本人はその体質に気が付いていない。

成績並、運動音痴。
文系の科目はそこそこ得意だが、理系は平均点を遥かに下回る。
運動に関しては非常に酷いが、走る事に関しては並程度。
絵などの芸術も微妙。
性格は無口で綾菜ほどではないにしろポーカーフェイス。
無自覚ではあるが、心のどこかで頼れる人に甘えたいと思っている。

綾菜の評価では、膀胱容量の大きい人。
靴下の履き間違いをファッションだと誤認している。

93 名無しさんのおもらし :2014/07/21(月) 01:43:16
挿絵がレベルアップしてる?

94 名無しさんのおもらし :2014/07/22(火) 10:31:36
新作乙です!
某イラスト投稿サイトの活動も拝見しています。
可愛い挿絵も書けて文才もあって、多彩な才能をお持ちで羨ましいです。

95 名無しさんのおもらし :2014/07/22(火) 22:27:41
毎日覗いたらすごい良作キテタ
睦谷さんの行動謎な部分が多いし後につながりそう

96 名無しさんのおもらし :2014/07/22(火) 23:06:45
新作GODです。挿し絵の女の子も可愛くて文句なしの出来です。

97 名無しさんのおもらし :2014/07/23(水) 00:46:43
>95
いつもの人かな>定型文

98 事例の人 :2014/07/23(水) 21:28:08
>>93-96
感想とかありがとう
絵もちょっとはマシになってきてるみたいで良かったです

99 名無しさんのおもらし :2014/07/28(月) 01:42:52
「はい…それでは…お願いします…はい」
犯人を追跡し始めて数十分ついに麗子は犯人を確保した
麗子にタックルされた強盗犯は気絶し、今は金網フェンスに後ろ手に括り付けられているから逃亡の可能性はまずない
(あっあっあっ…!だめっ!もれちゃう!)
そんなことよりも麗子はそのタックルで刺激された尿意と戦うことに必死だった
犯人を追いかけているうちに気づけば国道沿いからはなれた資材置き場のようなところに着いてしまった麗子
周りにはコンビ二のような開いている店も公衆トイレもまったくない
今呼んだ警察がたどり着くまで離れることのできない麗子はただひたすら応援が来るまで耐えるしか方法がないのである
(うっ…くぅ…我慢しなきゃでも…ああッ!)
周りに人の目がないことをいいことに幼子のように前を押さえおしっこ我慢のステップを踏む麗子
最後にトイレに行ってから12時間以上既に限界はとうに通り過ぎている
このままでは麗子がトイレまでおしっこを我慢できる確率は限りなく低いだろう
「どこか…どこかにおしっこできるところはないの!?」
この際トイレじゃなくても茂みで用を足そうと考えるもあいにく資材置き場は視界を遮る様なところはそれこそ資材の影ぐらいしか見当らない
さすがに人の敷地内でするわけには行かず震える足でもう少し奥まで進むと…
「ああ!あったトイレ!」
手を洗う水道の脇に打ち付けてあった板に小さく トイレ⇒ と書いてありその先にはトイレが建っていた
「やっと…!やっとおしっこができる…!」
実に半日ぶりの開放を求めて麗子はトイレへの道を急ぐ

100 名無しさんのおもらし :2014/07/28(月) 01:43:26
しかし麗子に待ち受けていた運命は残酷であった
「えっ………?」
ドアを開けた先には朝顔、ようするには男性用の小便器がそこにはあった
そもそも資材置き場である以上そこまで利用する人がいるわけでもなく小便器で十分役目は果たせているのだろう
「そんな…うそ…こんなことって…」
だが女性である麗子にとってそれはトイレとしての役目を果たすことはできない代物である
どうしようか迷う麗子、そこに
「くぅんっ!?」
開放を待ち望み、この瞬間に開放される予定であったおしっこが麗子の腫れきった膀胱のなかで暴れ始めた!
「ああああああ…あああああああああああああ!もうむりぃっ!げんかいよぉっ!」
半ば脱ぎ捨てるようにスラックスとショーツを下ろす麗子
水を流すスイッチのついた管をつかんで朝顔の前に腰を押し付けるように立った
「いやあああああああぁぁぁぁぁぁぁ………」

シュシュシュ…ジュゴオオオオオオオォォォォォッ!
すさまじい水圧を持って黄金のアークが叩き付けられる。
12時間もの間膀胱に閉じ込められていた大量のおしっこがごぼごぼと唸りをあげて朝顔のなかに吸い込まれていく
パトカーのサイレンの音が周囲に聞こえているのも気づかずに排泄の快感から力の入らない足を突っ張らせ麗子のおしっこは尚も続く

101 名無しさんのおもらし :2014/07/28(月) 19:32:42
続き来てた!
着衣おもらしではないけど
正しい所で出来てない、間に合わないってシチュいいな

102 名無しさんのおもらし :2014/07/30(水) 18:30:10
声が聞きたい!シリーズ面白いですね!
朝見さんの我慢やおもらしがあるのか気になります!

103 名無しさんのおもらし :2014/07/31(木) 19:23:44
女剣士、女魔道士、女格闘家のパーティがエルフの森に入ってから1日が経過した
エルフの森には尿意を増幅させる成分をふんだんに含んだ花粉をばら撒く植物が大繁殖していた
お陰でこの森に住むエルフたちは朝から晩まで一日中尿意に攻められ続けている
おまけに飲み水にまで花粉が混ざりさらに利尿作用を高めている始末
この冒険は原因を突き止めるためのクエストであり予め準備をしてきたつもりだったのだが予想が甘かったようだ
森の中心地に進むにつれ花粉の量が増し、それに比例してトイレの頻度も激増している
最初のうちは1時間おきくらいだったのが今では10分おきにトイレ休憩を取らねばならない状態にある
トイレ中の斥候も2人だったのが我慢できず1人になり、今は3人ともいっしょに用を足している
無防備な姿をさらすとモンスターに襲われる可能性が高いのだが3人とも他の人のおしっこの音を聴きながら我慢できる状態ではない
そんなこんなでなんとか最深部までたどり着いたものの明らかに元凶っぽいモンスターがいる
これを倒すのはかなり時間がかかりそうだ…しかし、戦闘中におしっこをするわけにはいかない
意を決して我慢しぬくことを決意する冒険者たち

数十分後、花粉植物モンスターを倒した直後に3人そろって失禁するという未来を思いもせずに

104 名無しさんのおもらし :2014/07/31(木) 23:34:45
         __        /: : : : : : : : : : : (
          〈〈〈〈 ヽ     /: : : : ::;:;: ;: ;:;: ; : : : ::ゝ
          〈⊃  }     {:: : : :ノ --‐' 、_\: : ::}
   ∩___∩  |   |      {:: : :ノ ,_;:;:;ノ、 ェェ ヾ: :::}
   | ノ\    /  ヽ !   !   、  l: :ノ /二―-、 |: ::ノ
  /  ●   ● |  /   ,,・_  | //   ̄7/ /::ノ
  |    ( _●_)  ミ/ , ’,∴ ・ ¨  〉(_二─-┘{/ 
 彡、   |∪|  /  、・∵ ’  /、//|  ̄ ̄ヽ
/ __  ヽノ /         /   // |//\ 〉
(___)   /         /    //   /\ /
   パンチラ                  
パンチラの書き込み超最高!! マジで復活希望!!

105 名無しさんのおもらし :2014/08/01(金) 00:42:47
>>103
コピペ?
見たことある内容だな

106 名無しさんのおもらし :2014/08/01(金) 19:15:09
前スレより落ちてるのでageちゃうよ

107 名無しさんのおもらし :2014/08/02(土) 10:17:04
初期作リスペクトかな

108 名無しさんのおもらし :2014/08/03(日) 23:29:33
初期作パクリストかな

109 名無しさんのおもらし :2014/08/19(火) 00:12:39
かなり落ちてるのでageとく

110 名無しさんのおもらし :2014/09/01(月) 20:39:04
保守age

111 名無しさんのおもらし :2014/09/03(水) 23:25:06
その紙片をよし子が見つけたのはほんの偶然だった。
昼食の弁当ガラで溢れたゴミ箱に入りきらずこぼれたのであろう丸められた紙片が
キラキラと金色に輝いているのが五時間目の退屈と戦っているよし子の目をひいた。
普段ならそのまま忘れ去ってしまうささいなことのはずだったが
たまたまよし子が教室の掃除当番にあたっていたため、紙片を再度意識することとなった。
お菓子かなにかの包装でもなさそうだが、なぜが妙に気をひかれたよし子は
ふとした出来心で、その紙片をこっそりポケットにしまいこんだ。

放課後部活に向かう前に、よし子は気になる紙片をあらためるためにトイレに入った。
誰かがゴミ箱にすてた紙片を眺めているところを、捨てた持ち主に見つかっては
トラブルの元だ。
個室の鍵をかけ、フタを下ろしたままの洋式便器に腰掛けてポケットの紙片を取り出す。
ねじり丸められた紙片を広げると、ミニサイズの便箋かレポート用紙のようで、罫もあり
何か文字が書かれていた。
レターペーパーというにはちょっと改まった堅苦しさのあるデザインで、周囲が金でふちどりされている。
たかが便箋だが、よし子がいままで過ごして来たクラスの雰囲気とはそぐわない違和感があり、
「なんだ、いらなくなったメモか」と安心してしまえない品のようなものがある。
書かれた文字はほとんどが数字の羅列だ。意味もなんとなく分かる。
17:10とか22:40などの数字はまず時刻だろうし、その横に並ぶ880とか410とかの数字は
何のことかはわからないがその時刻にあった何かの数字を記しているのだろう。
いくつかの時刻が書いてある上に添えられた2桁の数字はそうなると日付と推測できる。
今が10月になったばかりだから、21とか22というのはメモの新しさからすると先月9月のことかもしれない。

内容はなんとなく分かったがあまり興味はわかなかった。だがよし子にはメモを捨てる気になれなかった。
ひとつは用紙がやけに印象的だったせい。もう一つはメモの筆跡が見入ってしまうほど美しかったせいだ。

112 名無しさんのおもらし :2014/09/03(水) 23:25:43
部活が終わって、帰りに友人たちと駅前のコーヒーショップで過ごす。
一学期とくらべるとよし子は付き合いが良くなった。
一学期のよし子は、人見知りする方ではなく、親が帰宅時間にうるさいわけでもないのだが
断って一人帰ってしまうことが多かった。
大急ぎで家に帰ると、よし子は真っ先にトイレに駆け込んだ。
今日はきつかった。部活もあって、その後でさらにコーヒーショップにしばらく居たのだから。
そろそろ気温も低くなってきている。お昼前からよし子の膀胱は危険信号をあげはじめていた。
以来こらえつづけること数時間、よし子は朝に済ませて以来半日ぶりのおしっこをやっと放出することができた。

よし子は赤の他人が大勢居るようなトイレでは用が足せなかった。
どうしても我慢できなければやむをえず使うが、
よし子にとってはそんなトイレで用を足すのは、みんながいる教室の隅にバケツでも置いて
仕切りもない状態で用を足すくらいの落ち着かず恥ずかしい思いがするのだ。
単なる慣れの問題で、自宅や親戚、親しい友人宅のトイレなら、ドア一枚隔てたむこうで人が待っていても
気にならないのだが。

113 名無しさんのおもらし :2014/09/03(水) 23:54:53
小さい頃は小さい頃なりに、状況がかわるごとに不安なトイレを使えないことを
どうにか対策してきたよし子だったが、中学の半ば頃からは「トイレを使えないなら我慢する」という
一番ひねりのない力技でも押し通せるようになってきた。

知恵がついてきて、水分をとりすぎるとあとで辛い目にあうというような計算や
どこのトイレだったら安心して使えそうだという算段がはたらくようになったこともあるだろう。
体の成長が落ち着いて、おしっこを出したり我慢したりするあたりの神経や筋肉が大人に近づいたせいもあるだろう。
何より、日々おしっこを我慢し続ける生活に、よし子の体も心も適応してきたのである。

高校生になったよし子は、学校のトイレで用を足すという選択肢は最初から考えに入れていなかった。
よほどのピンチになれば使うこともあるだろうが、たいていは我慢してしまえるようになっている。
とはいっても高校1年の女子の体はよし子自身の考えどおりに動くほど安定してはいない。
自宅に帰りついたあとや、帰宅路の人目につかない駐車場に逃げ込んで限界を迎えることが何度かあった。
昔より我慢できるようになり、あと少し我慢できさえすればという過信や理想が計算を狂わせるのだろう
高校の半年で、よし子は中学三年間での失敗の回数を超えてしまっている。
冷房の強さだとか、不意に告げられた居残り補習だとかで危険水域まで追い込まれても
なんとか我慢する方向でしのごうとしたせいだろう。
9月に入ってからは、帰宅して待ちに待ったトイレタイムにありつくのを遅らせる寄り道も
なるべく断らないようにしたよし子だったが、
その1回目にはさっそく帰り道で限界を迎えてしまっている。

114 名無しさんのおもらし :2014/09/04(木) 01:13:48
夜、よし子は例の紙片を取り出して眺めてみた。
内容には興味はなかったが、持ち主は誰だろう。
まだクラスメイト全員と言葉を交わしたこともなく、顔と名前がようやく一致する程度の子も多い。
よし子の知る範囲では、あんなに綺麗な字を書く子はいなかったように思う。

14

21         22         23         24         25
6:10  560   6:00  610   1:20  410    6:10 650    6:00  590
10:20 230 ×17:30  840   8:30  530    16:40 720   17:10 810
13:50 310   17:50  190  13:10  350    17:10 170   17:20 130
19:40 350   21:00  360  13:30  110    22:50 420   17:50 160
22:30 420   23:10  220  20:50  770              22:40 410
                    22:50  200


数字の羅列に目をむけてみる。
同じような塊が3段ほどにわたっている。その一番下に目を向けるとこのような数字だ。
これが先月の日付と時刻だとすると、何があった時刻だろう。
9月のカレンダーはもう破りすてていたので、よし子は手帳の日付を見てみた。
9月21日は日曜だ。先週の日曜にあたる。
日曜はなにかあったかな?と思い出すが特にかわったことはなかったように思う。
23日も祝日で休みだ。友達と映画を見に行ったが、映画の前にファミレスのドリンクバーで
飲みすぎてあとでずいぶん困ったものだった。朝から夕方までトイレに行けない普段のことを思うと
油断して飲みすぎたのだ。23日の20:50といえばもう家には帰っていたはずだ。
おしっこがかなりやばかったので帰りの時間の時計をチラチラ見ていて、
8時半にやっとお開きになったのをおぼえている。
他は平日で学校があった日だ。これといって時間の記憶が残っている出来事もない。
なにか思い当たる時間はあるだろうか。
よし子は一箇所に×がついていることに気づいた、9月22日の17:30。月曜だ。
先週の月曜は何をしていたかというと、コーヒーショップに寄ってたはずだ。
休み前ってことで数学の課題が出てて、教えあったりした日だ。
そう、あの日は学校出たときにはもう相当やばかったのに、数学の分からないところを教えあうということで
断りにくかった日だ。それさえなければ断って大急ぎで家に帰っていたはずだ。
高校の数学というやつはやたらと時間がかかる。ただでさえおしっこしたくて気が気じゃないのに
頭に入るわけがない。2,3度トイレに駆け込みはしたが、必死で我慢さえすれば
もちこたえられそうだったのでよし子はおしっこをしないままトイレを出て、
お開きまで耐え抜いたかなり大変だった日だ。
実はかろうじて家のトイレまでは辿りついたものの、そこで限界を迎えてしまった。
下着や靴下だけでなく、スカートにもいくらかかかってしまい、翌日が休日でよかったと思いながら
洗濯したのをおぼえている。

115 名無しさんのおもらし :2014/09/04(木) 01:14:33
まさか、とよし子は思った。
数字を追いなおす。
そういう目で見ていくと他の数字も辻褄が合いそうだ。
これは信じられないことだが、よし子のおしっこの記録ではないのか!?

平日のよし子は学校ではおしっこをしない。朝起きておしっこをすませたあとは
放課後、友達との寄り道の間もずっと我慢をつづけて、帰宅してやっとおしっこをするのが日常だ。
振り返ってみればメモの数字は帰宅時間と一致してそうだ。
そして、学校帰りのよし子はいつもおもらし寸前のきわどい我慢をしている。
数字を見ると、学校帰りのところだけは数字が大きい。よし子は人の膀胱の大きさが
どのくらいなのかは知らなかった、ペットボトルの大きさをおなかのなかに入れることを考えると
500ミリリットルたらずなのだろうと想像した。700、800といえばペットボトル一本分よりも多い。
それがあれだけギリギリの思いで我慢していたおしっこの量なのだろう。
他には祝日のときの、ドリンクバーで飲みすぎたときのおしっこも多い。見れば見るほど
この数字の列はよし子のおしっこのことだとしか思えなくなっていく。
そういえば祝日の前夜は夜更かしして、その分朝はおそかった。これも記憶のとおりだ。
×というのは、トイレに間に合わなかったということではないのか。

9月に入って、少し大胆になったこともあり放課後の寄り道付き合いがふえたよし子は
その分トイレに間に合わない失敗が激増した。といっても見つかったものはないが
月に4回というのはよし子のいままでの人生ではペースが上がりすぎだ。
さかのぼれば他にも×の日があるはずと、よし子は上の方の数字を見た。
ところが、そこにある日付は21から25までであった。
よし子のデータが5日分出揃っているとすると、他のデータは何だろう。
よくみると日付と思われる数字の前に、さらに数字がある。
上段は3、中段は12、そしてよし子のものと思われる下段は14。

14といえば真っ先に思い当たるのはよし子の出席番号だ。女子14番。
これがもしよし子のクラスの出席番号だとするならば、
3番は小治田さん、12は堀田さん。どちらもよし子にとってはかろうじて顔と名前が一致する程度の
付き合いのない生徒だ。小治田さんは一目で育ちのよさのわかる優等生なお嬢様、
堀田さんはちょっと不良っぽいとっつきにくい一匹狼タイプだ。
小治田さんならこんな綺麗な字を書くのかもしれないな、とよし子は思った。

116 名無しさんのおもらし :2014/09/04(木) 10:34:46
続いてください

117 名無しさんのおもらし :2014/09/05(金) 11:22:18
これは期待

118 名無しさんのおもらし :2014/09/07(日) 15:46:50
25日の810が凄く気になる
コーヒーショップによって限界まで我慢したあと括約筋が疲労してて
トイレが近くなってるのも……妄想が捗るな
朝がちょっと多すぎないかなって思うけど、体質の問題かな

なんにせよ期待するしかないな

119 名無しさんのおもらし :2014/09/07(日) 19:42:48
よし子が拾った気になる紙片。
メモされた数字の持つ予想外の意味に驚いたよし子は、いくつか調べたいことができた。
しかし。
紙片が、まず最初にそんなよし子の行動に及ぼした影響は
具体的な調査活動についてではなかった。
紙片を拾った翌日は土曜日、学校は休みだった。
午後から友人の家で一緒に勉強をする約束をしていたよし子だったが、
急に予定ができたのでできれば約束を午前中に変えられないかと電話した。
午後に何か急用が入ったわけではないのだが、ある意味うそをついたわけでもなかった。
藤花という小学校からの友人は、少し渋ったが了承してくれた。
高校に入ってからはよし子と藤花はクラスも部活も違い、普段はつるんでいない。
今でもこうやって時々は家に呼び合う親しさだが、互いに新しい人間関係もできている今
少し図々しかったかもしれない。が、よし子にはやむをえない事情があったのだ。
それも、かなり切実な事情であった。

よし子はおしっこが我慢できそうになかったのである。

120 名無しさんのおもらし :2014/09/07(日) 19:43:53
紙片を手に入れた夜、よし子はその数字を眺めて、自分のおしっこをした時刻と
その量のメモであることに気づいた。保証はないが、思い返してみると
明らかに違うものは一つもなく、よし子自身は自分がいつどれほどのおしっこをしたかなんてことは
いちいち記憶に残っていないが、学校にいる間はトイレを使ってないこと、
長時間我慢したあと大量のおしっこをしたことなど一致しそうなものばかり。
中でもきわめつけは、よし子がトイレの中で間に合わず下着やスカートを濡らしてしまったと思われる回には
×印までついていることだ。ほぼ間違いなく、このメモの主はよし子のおしっこの状況を
正確に把握していると思われる。
最初は正確さへの驚きだけで深く考えなかったが、その夜よし子は寝る前におしっこを済ませようとして
トイレに立ったとき、これからするおしっこもまた誰かに把握されメモされるのかと思うと
おしっこをすることが煩わしく思えた。日中は半日近くもおしっこを我慢するのに慣れているよし子は
少し尿意を感じたままベッドに入るのはすこし不快だったが、それほど気になることもなく
そのまま寝てしまった。

朝、強い尿意で早く目が覚めた。長年鍛えられた膀胱の持ち主で、寝る前にはおしっこをすませる習慣のある
よし子にとってはめったにないことだった。ねぼけているうちはいいが目がさめてくると一気にじっとして
いられなくなった。学校で、少しずつ重みや辛さが増していくおしっこ我慢にじっと耐え続ける心構えや体の準備は
できているよし子だ。たとえお昼前に尿意がやばいところまで差し掛かっても、
中学半ば以降のよし子は、どう自分の心と折り合いをつけてトイレに行くかを考えるより
安心して使えるトイレにありつけるまでの数時間もの長さを耐え抜くよう、心身ともに覚悟を決める方をとる。
ところが眠りをさますほどの朝の尿意は勝手が違う。体も心も思うように覚悟を決めてくれない感触だ。
必然的に、よし子はトイレに駆け込むことになった。
運悪く、あるいは運良くといおうか
家のトイレには先客がいた。姉である。姉の朝のトイレは例外なく長い。
平日は活動時間帯に少しのズレがあるおかげで、お互い困ることはないのだが
今日は休日な上に、よし子が夜におしっこをしないまま寝てしまって、尿意でずいぶん早くに目覚めてしまったので
かち合ってしまったのだ。

121 名無しさんのおもらし :2014/09/07(日) 19:44:54
もしここで寝起きで頭が回らないうちにトイレに行けていたなら、よし子は素直におしっこできていただろう。
しかし、なかなかトイレから出てこないとわかっている姉が先客としていたことで、
よし子は一度おしっこに傾いた気持ちを引き止めなければならなくなった。
部屋に戻り、股にマクラをはさんだりしながら、おしっこを先延ばしにするよし子。
心も体も出すつもりになっているおしっこは、いくら鍛えられたよし子といえどなだめるのは簡単なことではない。
むしろ、経験上そう思い知っているからこそ、学校でのよし子はかなりのピンチでも
自分はトイレに行けない状況にいるのだと覚悟を決める、つまりは心身ともにおしっこを出すつもりの方に
傾かないよう厳しく自制しているのだ。
姉がトイレを流す音が響いてからも、もうしばらくベッドの上でモゾモゾとおしっこと格闘をつづけるよし子。
姉が長い占拠を謝る言葉とともによし子の部屋をノックしてくれたのに対し返事をしながらも
ベッドを安全に立つ態勢はととのっていなかったためだ。
どうにか朝の不慣れな尿意を歩けるほどまでになだめて、よし子はやっとトイレへと向かった。
ここまでの間におもらしを避ける努力に集中したせいで、寝ぼけ気味なよし子の頭はやっと回り始めた。
朝だというのにこれでは学校からの帰宅時の中でもかなりやばい時に近いな、と思うともなく感じたときに
×のついた22日のトイレのことを思い浮かべてしまった。
そして、自分のおしっこ状況がことこまかにメモを取られていることを改めて思い出した。
思い出したからといって、よし子の尿意の方はきわめて急を要する状況だったのだが、
これから自分がトイレでするはずのおしっこが、またも誰かにデータとして把握されてしまうのだと思うと
一瞬、尿意も一気に消し飛ぶほどぞっとした。
どういう方法なのかは知らないが、とんでもなく変態的なのぞき・ストーカー行為の対象になっているということではないか。

122 名無しさんのおもらし :2014/09/07(日) 19:45:30
元々、不特定多数の人が近寄る可能性があるというだけでトイレを使うのが恥ずかしさで気が進まないよし子にとって
もっと確実におしっこのデータを把握される場でおしっこができるだろうか?
よし子にとって、今までどんなときでも確実に文字通り「ホーム」といえた自宅のトイレが
一気に「アウェー」に反転するのを感じた。
友人宅のトイレや宿泊先のトイレなどは「アウェー」だったものを、いろんな理由付けや慣れで
必要に応じて「ホーム」と思いこむことで使ってきたが、正真正銘の「ホーム」が一転
最も使いがたい最大級の「アウェー」になってしまうなんて。
冷静に考えれば、あのメモの、他のクラスメート2名のデータも見たよし子は
自宅のトイレだけではなく、クラスメート達が使った学校のトイレやそれぞれの家のトイレでもまた
同様のデータを取られていることに思い当たったはずだが、このときのよし子はただ
自宅のトイレに関してだけ絶対に使えないと思っただけだった。
おしっこの我慢は即放出されてしまいそうな態勢からは立て直したものの、
前夜もトイレに行っていないのでかなり辛い状況だ。
トイレを乞い求めるよし子の気持ちが真っ先に探りあてたのは、自宅の次に安心して使えるトイレである、
親戚や、気の許した友人宅のトイレだった。
親戚は近所にはいない。急に今日訪ねていけるところでもないが、
友人ならちょうど今日会う約束がある。高校でふだんつるんでいる友人だと訪ねていってトイレを借りるほどの
親密さはまだないが、さいわいにも今日会う友人は小学校以来の付き合いで、トイレを借りたことも何度もある。

こういったわけでよし子は
「急に予定ができたのでできれば約束を午前中に変えられないかと電話した」のであった
午後の約束の時間が予定が入ってつぶれたわけではなく、
午前に友人宅のトイレを是が非でも借りるという深刻で切迫した予定ができたという点で
よし子はうそをついたわけではなかったのである。

123 名無しさんのおもらし :2014/09/07(日) 19:54:17
続いてください

124 名無しさんのおもらし :2014/09/07(日) 23:56:23
よし子が藤花に電話したのが朝の8時過ぎ。あまりに早すぎては迷惑だろうと何度も遠慮した結果だ。

自宅のトイレでのおしっこがどういう方法でかわからないが何者かに知られてしまうと思うと
それがどんなに非現実的だと思っても実際にメモで残っている以上、意識してしまう。
それまでに何度かよし子は知られてしまうという思いを振り捨ててトイレに向かった。
よし子にとって、出先ではトイレは我慢するものだが、自宅ではトイレは安心して気兼ねなく使えるものだ。
家のトイレだけは特別であり、最後の砦だ。そんな意識で十年以上も過ごして来た。
おしっこがしたくて辛いときに真っ先に思い浮かぶのは見慣れた自宅のトイレ。
一生懸命おしっこを我慢して帰ってきた足が向かうのはトイレのあるこの廊下。
意識はしなくても、トイレへの廊下の何歩目でどこの床がきしむかまで体がおぼえている。
昨日今日に自宅のトイレへの禁忌意識が急にわいたからといって、心も体も自宅のトイレを求めてしまう。
よし子にとって、最後の砦のこのトイレが使えなくなるのは文字通り死活問題だ。

125 名無しさんのおもらし :2014/09/07(日) 23:56:55
一時間ほど部屋とトイレの前の無意味な往復を繰り返したのち、よし子は思い切ってトイレに入った。
盗聴器か盗撮カメラでも仕掛けてあるのなら、それさえとってしまえばおしっこのことを知られずにすむ。
よし子は条件反射的に体がおしっこのストッパーをゆるめようとするのにあらゆる努力で抵抗しながら
トイレのあちこちを探った。
小学校の頃からよし子は、おしっこがもれそうで我慢できるかどうかわからないほどなのに
平気を装って使いたいトイレを掃除する状況は何度もあった。慣れているはずだった。
それでも自宅の使い慣れた最後の砦を前にして、ぎりぎりの我慢をしながら別のことをするのは
全然違う辛さがあった。
なんで私はおしっこを我慢しなきゃならないんだろう。ここは思う存分におしっこしていいところなのに。
すぐ体も心もそんな方に向かってしまい、メモのことを思い出して思いとどまる時に
立て直しがききにくい。

結局、30分近くもかけて必死に探した結果、変な機械をしかけた痕跡はなさそうだとわかった。
かなりのおしっこを我慢しながら、尿意を知らん顔で押し込めて学生生活を送るのに慣れているよし子にとって
このトイレでは尿意のほうに意識を引き寄せられてしまって集中がきれやすく、今までと違う逆境だった。
そのため探す正確さは落ちたかもしれないけれど、いろんな隙間や壁なども何かを仕掛けた様子はなさそうだった。
しかし、見つかればたとえそれがダミーでも安心できたかもしれない。
まったく見つからないということは、安心するきっかけもないということだ。
心や体がよし子の意思に反しておしっこをする方に傾くたびに、よし子はもし自宅のトイレが使えないことになった場合
どうすればいいかという現実に直面せざるをえなかった。
行動圏内の、記憶にあるトイレを次々に思い浮かべる。
よし子は自宅のトイレではデータをとられてしまうと思い込んでいるが、他のトイレはそうだとは思っていない。
思い浮かべるごとに、さまざまなトイレの優先度はことごとく低い。優先順位圧倒的1位の自宅のトイレに
間に合いさえすれば、使いたくはないものだからだ。
今ではよし子は学校生活の間もトイレを使わずにすますほどだから、思い浮かぶトイレのほとんどは
現実に使うことを考えもしなかったものだ。
最近だと、コーヒーショップのトイレは我慢できなくなって入ることはわりとあるが、
実際に用足しにまで至るのは半分以下だった。友人の前ではおおっぴらに押さえたり
ちびったのが大丈夫かどうかチェックするのにプライバシーのある場所を必要とするだけで、
そこからおしっこを自分に許すところまでいくことは少なかった。
学校のトイレは行かないわけではないが、小学校の頃、まだ学校生活の間一度もトイレに行かずに
もつはずがなかった頃のよし子の解決策は、自分が用を足している間、その個室のあく番を
ドアの前で待っているのが自分の心許せる友人のときなら安心しておしっこすることができた。
小中学校の頃は友達同士で固まってなるべくその形に誘導することで、よし子は学校でおしっこをすることができていた。
高校ではおしっこの無防備さをゆだねるほどに心を許した友人は同じクラスにはまだいないが、
学校生活の間は我慢が続くようになったので当面なんとかなっているというところだ。
実際に使った自宅以外のトイレを思い浮かべると、高校になってからは本当に限界で緊急避難的に使った、
さびれた児童公園の仮設トイレのような、できれば使いたくない優先度のかなり低いものがいくつかと、
あとはもっとさかのぼって昔は使っていたなじみのあるトイレだ。その中でも安心できるのが
親戚や友人の家のトイレということになる。

126 名無しさんのおもらし :2014/09/07(日) 23:57:25
藤花との約束を午前に変えてもらったが、時間は9時半だ。
電話からさらに一時間半も先になる。
今やよし子にとって、おしっこをすることのできる安心できるトイレで、
現時点で行ける可能性があるのは藤花の家のトイレしかない。
小学校中学校の頃に何度も使わせてもらったことのある懐かしいトイレをが
よし子の脳裏をぐるぐると巡る。
よし子はすでに姉がトイレに入っている間に尿意を押さえ込もうとしていた頃から
断続的というわけではなく、二時間近くの間にたった2,3回ではあったが
おしっこに尿道突破を許してしまっていた。早い話がちびっていた。
量はごくわずかのもので、パンティのクロッチに1cmたらずのしみができるくらいだったが
おしっこがついていることにはかわりない。

よし子は藤花の家に行く前にシャワーを浴びておこうかと思ったが、水音を想像してやめることにした。
今あんな盛大な流水音を聞いた日には、絶対におしっこが押さえきれなくなってしまう。
シャワーにまぎれておしっこをしてしまえばわざわざ友人宅のトイレをあてにするまでもなく
辛い状況があっさり解決してしまうのだが、よし子の発想の中にはお風呂でおしっこをすませるなんてことは
思いもよらないことだった。中学校ではそうでもなかったが、小学校の修学旅行でよし子は
かなりおしっこを我慢した状態で入浴することになり、水音の誘惑や支えてくれる下着もない不安さの中で
おもらしの危険と戦ったが、洗いながら、あるいは浴槽の中でこっそりとすませてしまうという発想は
思いつきもしなかった。水泳の授業も漏れそうな状態で迎えることは何度もあったが、
プールの中ですませようという考えがよぎったこともなかったのは、他の子とくらべて
よし子がおしっこへの意識が過剰だからなのかもしれない。

もし目撃されればトイレでのおしっこを知られるよりも恥ずかしいかもしれないことだったが
よし子はそこまで気にせず、自分の部屋の椅子に腰掛けてパンティを下ろすと、
匂い消しの意味でおしっこの出口付近を、デオドラントの制汗スプレーをしみこませた
ウェットティッシュで何度か拭いて、新しいパンティにはきかえた。
おしっこがわずかながら出てしまった尿道口あたりを清めるなんて
トイレでやるべきことだったが、使い慣れた自宅のトイレにみだりに近づくと
押さえ込んでいる尿意が暴れだすと困るからだ。

127 名無しさんのおもらし :2014/09/07(日) 23:57:57
まだ早すぎる、まだ早すぎると何度か部屋を出ようとしてはまたやめ、時計とにらめっこするよし子。
藤花と一緒に勉強するのは久しぶりで楽しみだったが、本当のところは
一刻も早く藤花の家のトイレでおしっこをさせてもらいたいという切実な思いで占められていた。
トイレに対しこんなおかしなこだわりのあるよし子にとっては、本来トイレを済ませて新たな気持ちで
次のことを迎えるべきところを、おしっこを我慢しつづけたまま迎えることがよくあった。
身近な日常の中で言えば、学校の休憩明けの授業だ。特に五時間目、六時間目、七時間目となると
無事に我慢がつづくとはいえよし子にとってそろそろかなりきつい時間になっている。
おしっこしたい、おしっこしたいとつねに焦りながら、そのためのトイレ休憩を
一人割り切って見送り、時限のはじまりをおしっこ我慢の継続中の状態で迎えるのである。
学校のトイレ休憩をやりすごすのはもう当たり前に成っているが、もっと大きな仕切りなおしの機会でも
おしっこを我慢しつづける。放課後、半日分のおしっこをどうにか今日も我慢した、あとは間に合うよう
大急ぎで帰るだけ、と焦る心を押し殺し、コーヒーショップに行く友人たちに付き合うとき。
学校を出る前にトイレを済ませておく子もいる。コーヒーショップで気兼ねなくトイレを使う子もいる。
よし子だけは、コーヒーショップまでの移動すらあやういかもしれないと思いながらも
それでもこれが自分の生き方だと割り切って、人知れない我慢を選ぶ。
これから家を出発しようというのに、おしっこがもれそうなのにトイレを済ませずに出発する。
今日のよし子もいつもと同じことなのかもしれない。しかし感覚は全然違う。
自宅を出るときのよし子は、次におしっこをすることができるのは何時間先になるかわからない
またここに帰ってきたとき、だから出がけにおしっこの不安があれば必ず解消してから出て行くのが普通だ。
おしっこしたいなという体感のままトイレをすませず自宅を出るのは、
ましてそれがもういつもれるかわからないほどに切羽詰っているのに行かずに出発するのは
よし子にとって画期的なことだ。

小学校の学区が同じ藤花の家はめちゃくちゃ遠くもないが、自転車で5分から10分はかかる。
高校は主に自転車通学のよし子にとって、おしっこを我慢した状態で自転車に乗るのももう慣れた。
歩きと比べると、尿意をごまかすために足踏みしたり交差させたりといった
ピンチのときのしのぎ方がかなり減ってしまう。他にもデメリットは多い。
よし子の学校帰りの頃くらいおしっこがたまっていると、膀胱はパンパンになっている。
さわらなくても膀胱がきつくはりつめて、どこにあるのかが自分でわかるほどだ。
ちょっと前かがみな姿勢になったり、体をひねったりするだけで膀胱がぎゅっと押されて
押さえ込んでいる尿意を掻き立てられてしまう。自転車に乗ると停車時に足を伸ばしているのも、
一歩一歩こぐのも、膀胱がいっぱいの状態にとってはかなりきびしい。
ペダルをこぐ足の動きは、歩きとくらべてかなり足が上まであがるので、下腹部が意外と圧迫されるのである。
おしっこの出口の問題もある。サドルの形状は股間を押し付けるにはちょうどいいと思う人がいるかもしれないが
たしかに先の細った部分は股の間におさまるが、思うような押さえ効果などあるわけではない。
仮に机の角などに股間をおしつけるような効果を狙おうとすると、上半身を大きく動かしつづけることになり
それでもジャストフィットの効果はない。それだけ体を動かせば膀胱への負担のほうがずっと大きい。
そんな中でも自転車には数少ないメリットがある。それはスピードだ。
もしよし子が歩いて藤花のところまで行こうとすれば、30分くらいはかかるかもしれない。
それよりは、ちょっとの間不利でも5分ちょっとでつくほうが今のよし子にはありがたかった。

128 名無しさんのおもらし :2014/09/07(日) 23:59:14
藤花の家に向かいながら、よし子は藤花の家のトイレのことと、自分の尿意のことばかり考えていた。
それともうひとつ、あまりなじみのない、同じクラスの堀田さんのことが頭をよぎった。
あの紙片のメモの件である。あのメモは今のよし子をこんな状態に追い込んだ元凶でもあるのだが
激しい尿意と、あとわずかでそれから解放される期待とで冷静でないよし子には
とりとめもない考えが浮かんでくるばかりだ。
あのメモに書かれていた数字が出席番号だとすると、よし子のほかに2名の生徒のデータが
記されていたことになる。ひとりは小治田さん、もうひとりは堀田さん。
21日から25日までのデータしかなく、データがとれてない日もあるようだったが、
よし子と違って×はついていなかった。
育ちのよさそうなお嬢様といった感じの小治田さんは、よし子以上にトイレに無縁そうな印象があったが
メモによればトイレの回数はむしろ多かった。学校にいる間だけでも3回4回とおしっこをしている。
おしっことは無縁と思えるような品のよさそのままに、おしっこの量は少なかった。
別の見方をすると、おしっこをたくさん貯めておけないからその分おしっこの回数は多くなっているのかもしれない。
一方堀田さんの方は回数はよし子とあまり変わらないということはすくな目なのだろう。
ただ、学校でトイレに行かないわけではなく、時刻の間隔もおしっこの量も偏りはなさそうだった。
よし子は昨夜数字、特に時刻を眺めながら、顔がどうにかうかぶ程度のクラスメートの
当時の行動を想像しようとしてみた。人間関係も部活も知らないのにたいしたイメージができる
わけがなかったが、2人ともたいていよし子と同じで、早朝のおそらく起きてすぐの頃と
夜中のおそらく寝る前にあたる時間にはおしっこをしていることがわかった。
それはごくありふれたことだとは思ったが、だからこそそうでないところが気になった。

22
8:20 650
11:20 300
14:00 290
18:50 350
23:50 470

堀田さんはこの日だけ早朝におしっこをしていない。
8時20分といえば朝のホームルームが終わって一時間目が始まる前だ。
堀田さんはひょっとすると寝坊して、朝トイレに行ってくる時間がなくて、
遅刻にならないよう、通学中や学校についてからもトイレを後回しにして、
ホームルームが済んだあとでやっと朝のトイレを済ませることができたのではないだろうか。
よし子は22日の堀田さんのことを思い出そうとしてみた。出席番号2番違いで
席は近く、よし子のほうが後ろの席なので視界には入っていたはずだが
特に意識していなかったので何も思い出せなかった。多分席が空いてはいかなかった
だろうけど、本当にそうかと聞かれれば自信がない。
堀田さんのおしっこの量を眺めると480、510などほとんど500前後だ。
よし子は自分のトイレの回数まで意識したことはなかったが、学校ではトイレに行かない分
同級生と比べるとかなり回数は少ないほうだろうという実感はある。
そのよし子と同じく一日4〜5回しかおしっこをしない堀田さんはおしっこを我慢するほうではないだろうか。
だいたい500くらいが堀田さんがトイレに行くラインなのだろう。
そこから考えると、22日の朝の堀田さんは通常と比べてずいぶんおしっこを我慢していたことになる
おそらく、朝起きて支度をしているときも、通学中も、朝のホームルームの間も
早くトイレに行きたいと思い続けていたにちがいない。
こんな想像をくりひろげるのはそれこそよし子が自宅のトイレを使う気になれなかった原因でもある
ストーカー的な発想なのだが、よし子はそこまで深くは考えなかった。
ただ、ほとんど会話したこともない堀田さんに、朝一番のおしっこのチャンスを逃したピンチの姿が
強く印象づけられることになった。
まさか翌日、自分が朝からおしっこを我慢しつづけるハメになるとは思ってもみなかったよし子は
今あとすこしでトイレにありつける逸る気持ちの中で、堀田さんのことが思い浮かぶのだった。

129 名無しさんのおもらし :2014/09/08(月) 00:21:29
わくわく

130 名無しさんのおもらし :2014/09/08(月) 13:49:01
羞恥心強い子の我慢は最高だな

131 名無しさんのおもらし :2014/09/09(火) 19:45:07
わっふるわっふる

貴殿が書いた作品他にもあったら是非読みたい!

132 名無しさんのおもらし :2014/09/15(月) 19:07:22
超期待してるんだけど、そろそろ書いて欲しかったり
途中で止めるのは過疎だからってよくないと思うのです

133 名無しさんのおもらし :2014/09/21(日) 13:09:47
藤花の家についた。時間は9時15分。約束は30分だからこれは少し早すぎた。
目が覚めてから4時間近くもの間、トイレに行きたくて気が気ではないよし子にしてみれば
これでも何度も自分を抑え、電話をかけてもいい時間までじりじりと待ち、出かける頃合いの時間まで
自分に言い聞かせて我慢し、百歩どころか万歩譲ってトイレへの出発を遅らせてきたのだ。
今からもう15分もどうやって待てというのか。
しかし本来は午後に会う約束を、トイレを借りたいという口が裂けてもいえない個人的理由のせいで
乗り気でない藤花に無理に予定を朝に変えてもらった負い目はよし子にある。せめて10時ならという藤花に
それでは試験範囲を押さえるには時間が足りないからとさらに無理を言って早めてもらった結果が9時半。
ここでその約束の時間を15分も勝手に早めて押しかけるなんて許されないだろう。
でもよし子のおしっこ我慢はもう最終局面まできてしまっている。
何度かちびってパンティをかなり湿らせてしまい、新しいのにはきかえているほどだ。

134 名無しさんのおもらし :2014/09/21(日) 13:13:54
おしっこで汚してしまったパンティをはきかえるというのは、行くところまで行ってしまった状態である。
よし子は、小学校の間に何度か保健室のお世話になった以外では、
周囲にばれるおもらしとはいかないまでも、ちびりの範囲を越えて致命的に濡らしてしまったパンティを
駆け込んだトイレに捨てて帰ったり、帰り道に裏道に隠れて目撃は防げたが完全におもらししてしまったり、
自宅のトイレには辿りついたものの、トイレの中で間に合わなかったりと、
人目につかずに済んだだけでパンティをおしっこで汚したことは何度もある。
ただしそんなときには我慢しきれなかったおしっこが全部出てしまっているか、駆け込んだトイレで不特定の他人の気配を
気にする心理的余裕もなく、濡らしたパンティの始末がてらおしっこを済ませてしまったりで、
安心できる自宅で新しいパンティにはきかえる時には、よし子が我慢できなかったほどの激しい尿意は解消されているのが普通だった。
いつおもらししてしまうか分からないほどの尿意がまったく解消していないまま、おしっこで濡らしたパンティを
新しいのにはきかえるのはよし子にとってはかつてないことだった。
しいて言えば、クラス別に順番が決められたことと、途中渋滞がありスケジュールがタイトになったせいで、
トイレ休憩ないまま移動を続けたバスがホテルに着くと、トイレに行く間もなく入浴することになった小学校の修学旅行のときに
よし子は少し似たような状況に置かれたことはある。ぐずぐずせずにただちに入浴しなければならなかった一組女子が
先を争って大浴場の脱衣場の1つしかないトイレに詰めかけるのにももちろんよし子は加わらず、かといって
バスでもトイレ休憩がなかったのに、ホテルに到着し長ったらしい諸注意から解放されやっとトイレに行けるかと思えば
自分達だけトイレに行く暇はおろか部屋に荷物を運ぶ時間も認めず強制的に入浴に急きたてられた酷い扱いに腹を立て、
我慢できなかったこともあって開き直って貸切り大浴場で示し合わせておしっこ競争をくりひろげた十数名の中にも参加しなかった。
一人おしっこを我慢しながら入浴したよし子は、さすがにもじもじ落ち着かないのは隠せなかったけれど
小学校でもたいてい朝から給食がおわる昼休みくらいまではトイレなしで過ごすことの多かったよし子には
我慢できないほどではなかった。
体を洗い清め、新しいパンティをはきながらよし子は大きな違和感があった。普段パンティを下ろすのはトイレで用を足すとき、
つまりパンティを上げるのは用を足し終えたあとのすっきりしたとき。それに比べておしっこをずいぶん我慢した状態でパンティを
上げる感覚は、おしっこをしていいのにおしっこをしないままおしっこをしたことにして自分やみんなをあざむいているような不思議な感覚だった。

135 名無しさんのおもらし :2014/09/21(日) 13:16:38
元々他人の気配が気になっておしっこをすることができないこともあるよし子は、学校でトイレに行くときは
仲良しの友達の前の順番、つまり自分の番のときによく知った子がドアの前で待っている状態ならなんとか安心できた。
裏を返せば、ちょっとした巡り会わせでその並びにならなかった時には、個室には入ってもおしっこをしないまま出ることになる。
そんなときよし子はまわりをあざむいているようなつもりはないし、自分はこういう生き方だから仕方ないと思っている。
それと比べてかなりおしっこを我慢したままで新しいパンティをはいた修学旅行のときの感覚は、自分をごまかしているような
変な気分になった。プールの中でおしっこをしてしまうという考えもないよし子は水泳の授業のあとにもおしっこを我慢しながら
脱いでいたパンティをはくことは何度もあったが、そのときにはそこまで変な気はしなかった。

その違和感の正体が今のよし子にははっきりわかっている。
小学校、中学校とおしっこ我慢で辛い思いをしたことは数え切れない。限界を超えてしまったことも何度かある。
でも心身ともに成長した高1の今のよし子の我慢は、限界を超えておもらしにいたるほどの小さいころの我慢と比べて
何段階か上回っているのは確かだ。小さい頃も膀胱がジンジンうずいておしっこの形が目をつむれば分かるほど
おしっこがしたくてたまらないということはあった。そんな時と比べても今よし子が我慢してるおしっこの方がはるかに辛い。
一時間ほど前、よし子がウェットティッシュで拭き、パンティを替えたとき、前夜からのおしっこがたっぷり溜まった
よし子の膀胱は本当にパンパンで、下腹部が見慣れない膨らみ方をしていた。ひょっとすると高校の帰りにコーヒーショップで
ひたすらおしっこを我慢している頃にはいつもそのくらい膨れ上がっているのかもしれなかったが、
そこまでおしっこを我慢したまま自分の裸体を見る機会はいままでなかった。ちびったおしっこの痕跡をふき取ろうと
かがみ込むと、その動きで膀胱が圧迫されるのがずっしりと分かる。こんないつおしっこがもれるか分からない
今までの人生でも有数のおしっこ我慢をしながら、おしっこを解放することなしに新しいパンティに下腹部をおさめる。
これまた、いつもパンティを身に着けるのとは大きく違う手ごたえ。下腹部のボリュームアップでパンティがきつく伸びきっている。
こんなにまで体も心もおしっこをしたいと切実に訴えているのに、おしっこをすませたあとの、おもらしなんてするおそれは何一つない
すっきりした「つもり」を、新しいはきかえたばかりのパンティはよし子に強要するのだ。
すっきりさっぱりと尿意に悩まされることなどまるでないかのような、白鳥のような優雅な気分。
その裏には一瞬でも気を緩めれば確実に盛大なおもらしが始まってしまいそうな、一瞬たりとも気を抜けない
水面下で水をかくような必死の努力。
このギャップが違和感の源だ。
だが、見方を変えれば、新しいパンティに替えたことがよし子をすっきりした気分にさせ、リフレッシュ感を与えたおかげで
よし子は起床後、いや起床前から続く激しい尿意の責め苦に今もこらえつづけることができているともいえる。

136 名無しさんのおもらし :2014/09/21(日) 13:17:47
あと十数メートルでトイレ!
よし子にとって唯一最大の砦であった自宅のトイレに気を許せなくなってしまった今、
昔何度も使ったなじみのある藤花の家のトイレが最後の希望だ。
姉が出てくるまで、ストーキングの危惧に対し態度を決めるまで、藤花に電話をかけるまで、
そして家を出るまで、どれほど最大の欲求を先延ばし先延ばしにしてこらえてきただろう。
それなのにあと15分は目の前の家を訪ねるわけにいかない。
家の前でじっと佇んでいるなんて不審者だ。それにじ15分もじっとしているなんて想像するだけで気が遠くなる。
なにか気のまぎれることは。15分もあればよし子の家までもう1往復だってできそうだ。
なにか取りに帰ろうか、と自宅を思い浮かべたとたん、尿意の責め苦に疲弊した心身は
条件反射的に自宅のトイレを思い浮かべた。毎日ギリギリの我慢しながらそこだけをめざして帰っていく聖地だ。
よし子の膀胱がきゅんきゅんと疼く。
じっとしていてはもれてしまいそうで、よし子は考えずに自転車を漕ぎ出した。

あてがあるわけでもなく、パンパンの膀胱をかばいながらもじっとしていられずこぎ続ける。
信号にさしかかると、じっと止まっていることを想像するだけでももれそうで、つい青信号のほうに渡ってしまう。
そういえばこっちの道はなんだっけ、と尿意に占有されて回転の鈍った頭脳が注意を促すが、答えは間に合わない。
目の前に開ける景色を見ながらやっと結論に至る。ここは私道だからこっちにいくと行き止まりだったはず。
もう奥まで入ってしまった。Uターンできるほどの道幅もなく、よし子は自転車を降りて向きをかえなければならなかった。
サドルをまたいで大きく脚を上げると膀胱が圧迫される。数時間休みなく戦い続ける括約筋がおしっこの突破をまた許してしまい、
あわてて左手が押さえにまわる。次の瞬間よし子はわれに返って手をおおあわてではなし、きょろきょろとあたりを見回す。
多分見られてはいないはず。よし子は向きをかえた自転車に勢いをつけて飛び乗り、激しくなった尿意にあわせるかのように
やけくそ気味の乱暴なこぎ方で自転車を加速させた。

137 名無しさんのおもらし :2014/09/21(日) 13:18:39
途中、小学校を通った。よし子が数年前に使ったトイレが今もあるはずだ。
学校は休みだが校庭は子供達が遊べるよう開放されている。体育館横のトイレなら校庭からでも行ける。
よし子は小学校のトイレを使いたい誘惑にかられた。校庭で遊んでいるのはほとんどが男の子たちだ。
女子トイレには人がくることは少なそうだ、とよし子は計算をめぐらせる。
だが、高校生のよし子が一人で小学校の校庭に行くのもなんだか変だ。職員室に挨拶にいく?
それに体育館横のトイレに行くとなると校庭の男の子たちの視界を思いっきり横切ることになる。
遊具やベンチや水のみ場はちょっと方向がちがうし、他には倉庫やせまい通路があるだけだ。
部外者のおねえさんがトイレだけ借りて帰っていったというのが子供達全員に一目瞭然になってしまう。
それだけではない。小学校のこっちの門には自転車はとめてはいけないことになっている。狭い門なので
一時的にとめるだけでも目立ってしまうし、子供達も日頃からしつこく言いきかされているはずだ。
ここにとめれば子供達にとがめられ面倒なことになるにちがいない。学校の周りを走りながら、よし子は
校庭につづく西門を通り過ぎた。裏門の駐輪場にとめればいいが、そっちだと職員室がすぐで、どう見ても小学生に
見えないよし子なら声をかけられるだろう。一言や二言のあいさつですめばいいが、話が長引けばその間
じっとおしっこを我慢できるかどうか自信がない。そう考えながら角をまがり、裏門も通り過ぎる。
正門も自転車をとめてはいけない。しかも正門からだと校庭からトイレまで長い距離を横切らなくてはならないし
職員室からも見通しがいい。よし子はやっぱり西門に無断駐輪してトイレだけは借りてしまおうか、それとも
みんなに見られるのんだからやめようかと迷い2周目にさしかかった。だが気持ちの天秤はトイレ目当てなのが
みんなに知られることや無断駐輪のトラブルのマイナスの方が、おしっこから解放されるというプラスを上回った。
よし子は小学校を2周すると藤花の家の方にこぎだした。

138 名無しさんのおもらし :2014/09/21(日) 13:19:31
9時25分。5分前だがこれなら許容範囲だろうと考え、よし子は藤花の家の前で自転車を降りた。
玄関のドアの前まで来て、きょろきょろとあたりを見回し、視線がないことを確認すると
よし子は両手を重ねて股をぐいっとまさぐり、股に手をはさんだまま腰をもじもじゆすった。
何時間も何時間も孤立無援で戦ってきたおしっこの出口にひとときのリフレッシュを与えるためである。
藤花と会ってからしばらくの間、おしっこを我慢しているそぶりも見せるわけにはいかない。
もじもじそわそわと落ち着かなかったり、変な姿勢になったりしていると、トイレが目当てで藤花の家に来たこと、
さらにはトイレを少しでも早く済ませたいので約束の時間を早めたことまで気づかれてしまうかもしれない。
よし子は手をはなしかけてからやっぱりもう一度その部分を揉むように動かし、それからインターフォンを押した。

139 名無しさんのおもらし :2014/09/21(日) 13:49:58
更新来てた!
葛藤良い、最後の1行良い! GJ
次の更新が早いことを期待してます

140 名無しさんのおもらし :2014/09/24(水) 03:16:46
下腹部膨らんでるという描写がいいね

141 割り込みすみません :2014/10/05(日) 23:32:55
目の前の大きな扉に、勇者が手をかける。
重い音を立てながら開いたその隙間から瘴気があふれてくるのを、巫女の少女はすぐさま感じ取った。
勇者、魔法使い、戦士、そして巫女の少女はそれぞれに警戒の姿勢をとる。勇者の掛け声にあわせて、全員が突撃した。

部屋の中は予想通り、瘴気に満ちていた。
人間の体に瘴気が当たり続ければ、それは体内に蓄積しやがて悪影響を及ぼす。勇者たちも例外ではなく、三人の体にたまる瘴気を浄化するのが巫女の役目だ。
魔物に勇者が斬りかかり、その間に戦士が後ろに下がって巫女の少女の浄化を受ける。それが終わると、今度は魔法使いが下がって浄化を受ける。そのローテーションで戦闘が成り立つ。
魔物が予想以上の強敵だったことに一行が苦戦する中、巫女の少女は一人、別の敵とも戦っていた。
浄化とは、瘴気そのものを消し去るわけではない。一度巫女自身の体に吸い上げてから、分解を経て外界に排出される。
主に、尿として。

つまり、必然として巫女の少女は魔物との戦いの中、尿意と戦うことを余儀なくされるのだ。

巫女は戦士の心臓の位置に左のてのひらをあてながら、時折つっかえつつ呪文を唱える。
長い睫に縁どられた瞼はは集中するため、というよりは堪えるようにきつく閉じられている。右手が直接的に抑えないのは服の構造が半分と、巫女としてのプライドが半分。
呪術的な意味の施された服はひとつでも外せばその効果を失い、ただの重い服と成り果てる。そのため、この少女は前の街を出てから数時間の間、用を足すことすらままならなかった。
戦士の浄化が終わり、魔法使いが下がる準備をし始めるのが見えた。
少女の生まれ持った浄化の才能が、早くも戦士から吸い上げた瘴気を分解して、あるべき場所に送り込む。ひときわ強くなった尿意に、裾の広がった巫女服の中で、細い少女の両足がひっきりなしに擦りあわされていた。

142 名無しさんのおもらし :2014/10/07(火) 18:55:18
やっぱ割り込んでいいのか悩むよね……
それで、>>141は続くんですか? 続け!

143 名無しさんのおもらし :2014/10/08(水) 03:33:25
こりゃ当分割り込まないでおいたほうがよさそうかな

144 名無しさんのおもらし :2014/10/08(水) 21:40:44
マジで煽りでもなんでも無いんだけど、途中で投稿止める人って
その後で続き書いてるんだろうか?
一気に書き上げないと逆に難しいと思うんだけど、人によるんかな?

145 名無しさんのおもらし :2014/10/09(木) 00:15:21
>>144
人と作品一本の長さによると思う
細かいプロットまで組まず成り行きで造ると途中の展開に行き詰ることが多々ある
そう言うとき時間置いたり、別の話書いてる時にふと良い展開を思いついたりする
でも、思いつかずにそのままになる可能性も少なからずあるわけで……
あと、逆にプロットは確り決まってても、文字として起こすのにどうしても時間が掛かるわけで
リアルの都合で書ききれないんじゃないかな?

どちらにせよ>>138>>141には何とか仕上げてもらいたいね
折角良作っぽいのに、このままじゃただのスレチになりかねないっ言うのは悲しい

146 名無しさんのおもらし :2014/10/09(木) 03:12:14
一層割り込みにくい空気に

147 名無しさんのおもらし :2014/10/09(木) 17:20:53
そういうことなら、割り込みにくい空気を打破すべく近いうちに割り込んでみる

148 141 :2014/10/09(木) 20:36:42
戦士が巫女に短く礼を言って、再び魔物の前に躍り出る。
魔物は随分と弱ってきていて、この分なら倒れるまでそう時間はかからないだろう。
そう巫女の頭の冷静な部分が分析するが、同時にそれまで持つだろうか、という懸念もよぎる。
魔法使いが目の前に来て、巫女は思考を切り替えようと準備に取り掛かる。目を閉じて、左手を魔法使いの心臓へ。
しかし、そこから先へ進めない。呪文を唱えようとする唇は固く閉じられ、震えるばかり。空いている右手は、巫女服の布地を力いっぱい握りしめている。
どうした、と魔法使いが声をかけるのとほぼ同時、不意に巫女の左手から力が抜けた。ふらりと芯が抜けたようにその場に座り込んだ巫女は、下を向いたまま動かない。
魔法使いが肩を抱いて巫女を立たせようとするが、少女は顔を真っ赤にして首を左右に振るのみ。

決壊が、訪れた。

勇者や戦士の剣戟の音が激しかったのは幸いなのか、広がってゆく水の音は魔法使いにも、巫女にも聞こえることはなかった。
ただただ静かな水たまりの広がりが止まると、今度はその水面に巫女の涙が波紋を生んだ。

魔物の断末魔が、巫女の耳に遠くの事のように届いた。

149 141 :2014/10/09(木) 20:38:51
まさか続きコールがあるとは思ってませんでした
というか正直こんなのでスミマセン感がある

150 名無しさんのおもらし :2014/10/09(木) 21:24:58
わーい、続き来たGJ!

151 名無しさんのおもらし :2014/10/10(金) 02:05:42
>>103の続きなのかな

催促してみるもんだなw>>145

152 名無しさんのおもらし :2014/10/11(土) 01:24:26
>>147は?

153 141 :2014/10/13(月) 12:06:29
>>103さんとは関係ないですすみませんw

154 名無しさんのおもらし :2014/10/16(木) 13:29:56
>>147は?

155 名無しさんのおもらし :2014/10/16(木) 14:11:53
age
事例の人まだかなー

156 事例8「雛倉 綾菜」と病気の日。① :2014/10/18(土) 23:43:22

――ん……えっと。

朝起きて視線を壁掛けの時計に向けるとそろそろ授業が始まる時間だった。

……。

……。

――って! 遅刻!

明らかに間に合わない。そうは思うが私は慌ててベッドから上体を起こ――せない?
一瞬金縛りにでも合ったのかと思ったが、身体に上手く力が入っていないらしい。
そしてその直後、力の入らない身体を無理に動かそうとしたからなのか
もしくは何か考えたのが原因なのか、視界が歪み、寝ているにもかかわらず頭が揺れているような感覚に襲われる。

「はぁ……はぁ……」

――これって……。

自身の荒い息遣いを聞きながら、状況を理解し始める。

――えっと……、風邪?

動かすのも辛い手を、何とか額の上に乗せると……熱いのかなこれ?
自分の手も額も熱いみたいでよく判らない。

でも恐らく風邪。最近夜中までずっと机に向かってるし……。
此処まで勉強したのって高校入試以来だ。あの時も入試終わって直ぐに熱出した。
でも、テストまではまだ期間がある。あと2週間……。
と言うか、この風邪のせいで学校の授業内容がわからないのは痛手でだった。
重要なことを板書か口頭でしか言わない教師も少なからず居る。

まゆは寝ているだろうし、弥生ちゃんは……ちょっと言い難いがなんだか聞き逃してたり、書き損ねてそうでもある。
なので逆に私のノートを見に来ることも多い。

私は荒い息遣いの中、心の中で嘆息した。

とりあえず、無断で休むわけには行かない。
お母さんは……だめだ。普段ならこの時間寝てるはずだけど、たしか今日は泊りがけの仕事があるとか何とか……。

連絡するには自分からどうにかしないといけない。
無理やりどうにか身体を起こす。関節痛に筋肉痛……とてつもなくだるい。
喉も痛く声もまともに出せそうにない。

――あー、油断したなぁ……こんなになるまで勉強して、結果学校休んでたら本末転倒じゃない……。

声が出せない以上仕方がないので、携帯を手に取り、まゆへメールで体調不良を伝える。

メールが終わると、私はとりあえずベッドからゆっくり降りる。
重い身体を覚束無い足取りで引きずるように部屋を出て、廊下を歩き台所を目指す。
食欲はないが喉の渇きが凄まじいのと、喉の気持ち悪さを何とかしたかった。

台所に着くとコップを手に取り水道水を入れて飲む。

「んっ、ゴホッゴホッ」

喉の痛みに咳き込む。
だけど飲まないわけには行かないし、飲んでるときが辛くても、飲み終われば今より楽になる。
私は一杯飲み、そして二杯目を少しずく喉を意識しながら飲む。
それでも、喉の違和感が気になりもう一杯だけ飲む。

「はぁ…はぁ……」

台所でシンクの縁に手を突きながら荒い息をつく。
喉の痛み余り変わりないが、説明し難い気持ち悪さは多少なり解消された。

あとは市販の薬でも飲もう……そう思い、リビングダイニングへ移動してからそれが無理なことに気が付く。

――だめだ、とてもじゃないけどあの高さのものは取れない……。

救急箱なんて普段使わないから家具の上の高いところに……椅子などを使わないと絶対に取れないところ。
椅子を使えば取れるかもしれないが、今の状態だと怪我する可能性のが遥かに高く感じる。
この状態で怪我、下手をして頭をぶつけるとかすると本当に不味い気がする。

私は潔く諦めて、自室に戻る。
戻ると直ぐにベッドに入り寝てしまうことにした。

157 事例8「雛倉 綾菜」と病気の日。② :2014/10/18(土) 23:44:15
――
 ――

<……ピンポーン>

――ん?

<ピンポーン>

――えっと来客?

怠いし、面倒くさい。無視してしまおう。
時間だってお昼前だし……。

「おーい、雛倉? 先生だぞー」<ピンポーン>

……。意味がわからない。
なぜに先生が……学校はどうしたのか。

仕方がないので、重い身体を引きずりながら玄関へ向かう。
声も出せないのでとりあえず玄関を開けた。

「あぁーなんか物凄くだらしない格好だなぁ」

――そっか、ジャージでしかも髪も酷いし。

そういわれても仕方がない。

「びっくりしただろ? なんたって私も早退してわざわざ見舞いしにきたんだから」

得意げに笑ってみせる先生。
うん、吃驚だ。何故に早退までしてまで家に来るのか。
ちゃんと仕事して欲しい。

「いやー、見学会のとき、なにか奢るって言って忘れてたから、スポーツ飲料水と風邪薬を奢ってやろうと思ってね」

そういえば、そんなこと言ってた……。

……。

私は熱い顔がさらに熱くなるのを感じる。
もしかして、先生は知ってるかも知れない。私の失敗を。
バス会社から座席のクリーニングの話があったとしたら、先生が私に疑惑を向けるのはパーキングエリアでの会話から至極当然なこと。

「とりあえず、お邪魔するよ」

「…っ!」

玄関先から靴を脱いで勝手に家に上がる先生。それを止めようと声を出そうとするが、喉が痛くて出せない。
先生は開いてる扉を見つけ、中を覗き、そこが私の部屋らしきことを確認すると私の方へ視線を向ける。

「あ、ごめん、歩くのも辛い? 声も出せなさそうだし、結構酷いのか」

廊下の壁に手を付きながら歩く私にそう言う。
そして、私に近づき肩に手を回して支えてくれる。

――本当、良い先生なんだけど……。

先生の名前は文城 雅(ふみしろ みやび)。
今年でこの学校にきて3年目で、去年は雪姉のいクラス担任だった人。
私と雪姉の入試点数勝負についても進路指導の関係で知っているらしく
そのせいで私の入試トップの印象が強くクラス委員長に……流石に負けられない勝負だっただけに後悔はしてないけど。

158 事例8「雛倉 綾菜」と病気の日。③ :2014/10/18(土) 23:45:06
「はいはい、病人は寝て寝てーっ」

乱暴に……でも最低限の配慮をして私をベッドに寝かせる。
家に人が来てるのに寝てるわけには行かないんだけど、身体がそれを許さず、起きる気力を奪う。

「ちょっと台所でコップ借りてくるわー、どれでもいいでしょ?」

私はとりあえず小さく頷いたが、先生は質問しておいてこっちを見ず部屋を出て行った。
……だったら聞かなきゃいいのに。
本当に適当。前にノリで教師になったとか言ってたし。
でも……正直嫌いではない。時折面倒くさいこともHRで企画してきたりするけど
クラスメイトの殆どがどちらかと言うと好感を持っていると思う。

しばらくして、先生が戻ってくる。

「お待たせ、風邪には水分補給は欠かせないからさー」

そういい、寝ている私の背中に手を入れて起き上がらせて、枕を縦に立て掛け、そこに凭れさせる。

――あー、結構汗かいて蒸れてるのに……凄い迷惑かけてる……。

わざわざここまでしてくれるのも、あの事を知っているから……そう思ってしまう私は少し自己嫌悪する。
私は心の中で首を振り、あの事の事を今は考えないようにする。

「はい、飲んで」

「っ!」<ゴクゴクゴク>

――いやいや、自分で飲むから! 傾けるの早いし! 咳き込んだらどうするのっ!

「っ……はぁ、はぁ……」

何とか飲み切り、呼吸を整える。スポーツ飲料の独特の甘味とほのかな塩見が心地よい。

「あ、まだ欲しい?」

確かに美味しく、心地よかったが、正直別に欲しくなかった。
手か何かで遠慮するジェスチャーをしようと思ったが、もう既にコップに注ぎ始めていた。
断るのも悪い気がして、仕方なくいただくことにする。

<ゴクゴクゴク>

今度は程よい傾け方。先生もさっきのはやりすぎだったと思ったらしい。
飲み終わり、小さく咳き込みながら呼吸を整える。

「まぁ、こんなとこ――あ、薬……水持ってくるわ」

まだ飲ませる気らしい……ちょっとトイレに行きたいし、これ以上飲みたくないのが正直な感想だけど。
でも薬は飲みたい。明日も休むってわけにも行かないし……仕方がない。
それに、折角先生が珍しく優しくしてくれてるんだし、断れない。

159 事例8「雛倉 綾菜」と病気の日。④ :2014/10/18(土) 23:45:45
「おまたせー」

そう言って先生がコップに8割ほど水を入れて戻ってくる。
ちょっと入れすぎな気もするけど、薬が食道で引っ掛かるとそれはそれで大変なのだから仕方がない。
自分で飲むために手を出すが「じっとしてなさい」と有無を言わせず飲ませてくる。
看病ではなく介護と勘違いしてるんじゃないだろうか……この人。
結局最後まで傾けてくるので、コップの水に溺れないために、全て飲み干す。……お腹がたぽたぽして気持ちが悪い。
これじゃ、本当にトイレが近くなる……考えてみれば、朝起きた時にも3杯ほど水を飲んだ。1杯200mlだとして1200mlも飲んでしまった計算。
そして、前日の夜、勉強するのに眠気を覚ますためコーヒーも2〜3杯飲んだし、
最後にトイレに行ったのも深夜2時頃で――そのときコーヒーはまだ1杯目を飲んでる途中だった気がする。

……。

そう考えると、急に尿意が強くなった気がした。
寝ている間は尿の生成は抑制されるはずだし、風邪で随分汗も掻いた……。
布団の中で膀胱辺りを軽く押してみる……張ってはいない、けど押している時は鈍い尿意を感じる。
まだ、当分我慢できる。先生がそこまで居座るとは思えないし。
それにどうしても我慢できなければ、恥を忍んで済ませに行けば良いだけだ。

「さてさて、薬も飲んだし寝る寝る! あ、それとも昼に……って薬飲んでから食べさせて良かったっけ?」

私の身体を横に倒しながら言う。多分薬の大半は食後だと思う。
案の定先生は薬の箱を見ながら“失敗した”顔をしていた。

「あ、そういえば今日クラスの係りとか1限目に決めてね」

――クラスの係り……そういえばそんなこと言ってたっけ……。

うちの学校は、1年に2回、つまり前期と後期で係りが変わる。
実際に係りの仕事を行うのは2学期の中間テストが終わってからになる。

「で、結論から言って雛倉はいいんちょさん継続になったぞ」

……まぁ、予想はしてたけど。

「クラスで目を塞いで採決って奴で、賛成8人、反対1人、残りどっちでも良いって感じ」

そうなるだろう。賛成を選べば面倒な仕事を私に押し付けられ、自分がする可能性が減る。
どっちでも良いは、本当にどうでもいいのだと思う。

「そうそう、雛倉の友達の黒蜜と篠坂は賛成だったよ」

……裏切り者――とは言わないけど。まゆはなんだかんだ言っても手伝ってくれるし、弥生ちゃんは元より私に向いてる様なこと言っていた。
少し気になるのは反対の一人だけど……目を塞がせて採決を採るくらいなんだから普通教えてくれないだろう。
というか、賛成の二人を言うのも友達とはいえどうなのかとは思う。

――そんなことより、トイレ……本当に大丈夫かな?

クラス委員長を継続と言う非常に残念なニュースよりも、先生の話が長くなるんじゃないかって心配のが強くなってきた。
できれば先生が帰るまではトイレに立ちたくない。

「――にしても、なにこれ勉強してたの?」

いつの間にか私から少しはなれて、私の机の上に散らばっている教科書を見ていた。

「教科書だけじゃなく図書室の参考書も? なになに〜? 2学期からは優等生の本領発揮ってわけかな?」

私は視線を逸らす。
なんとなく頑張ってるってバレるのが恥ずかしい。

「打倒朝見――ってところ?」

私は朝見さんの名前を聞いてほんの少し身体を強張らせる。
図星を付かれた――だけでなく、そんなリアクションを取ってしまったのは、最近頭から離れない人の名前だったから。

「……そう、頑張んなさいよ。雛倉をいいんちょにしたのは私みたいなもんだし、私のためにも朝見に負けないようにね」

……先生のためには頑張りません。
本気で言ってるわけじゃないのはわかってるけど。

――けど……本当、不味いな……。

尿意の急激な高まり。
座っていても膀胱に感じる重みが一秒一秒増して行くのがわかる。

そして、また別の事を話し出した。
早く話を止めて帰ってもらうために、布団を被って聞いてないアピールをするが効果がないみたいだった。

160 事例8「雛倉 綾菜」と病気の日。⑤ :2014/10/18(土) 23:46:37
――
 ――
  ――

「雛倉さん」

「……な、なに?」

私は朝見さんの呼びかけに恐る恐る答える。

「下着見えてますけど?」

その言葉に私はスカートがあるべき下半身に視線を向ける。

――っ!

「……え、あっ! なんで!?」

だけどそこにあるべきスカートがなく、下着丸出しで――下着が見えてるなんて生易しい表現ではなかった。
私は、座り込み上の制服の可能な限り下へ引っ張る。そうすることで何とか隠そうとした。

「大丈夫、それなら見えてませんから。……でも――」

朝見さんは特に動じもせずに話していたが、途中で言い詰まる。
私は真っ赤な顔をしながら彼女の言葉を待つ。

「それじゃ困りますね。下手に動くと下着が見えるので、トイレには行けないわけですから」

――トイレ……あぁ、そういえば私、トイレに行きたかったんだ。

意識したとたんに急激に尿意が膨れ上がる。
もう既に本当に漏れそう。そんな段階まで来てる。
私は引っ張る服の下に片手だけ入れて下着の上から必死に抑え込む。

――や、やだ、本当にでちゃう、もれちゃ――ど、どうしよ…こんな格好じゃ皆に……。

周りから視線を感じて、顔を上げる。
そこにはまゆ、弥生ちゃん、山寺さん、睦谷さんまで……皆私を違った表情で見ている。
その直ぐ前には指で四角を作り楽しそうに私を見る皐先輩も。

【挿絵:http://motenai.orz.hm/up/orz44665.jpg

「ちょ、皐先輩! み、見ないでください!」

私は真っ赤になりそう叫ぶが、見るのを止めてくれない。

「狼さん、ちょっとお手を拝借でーす」

突然横から霜澤さんが出てきたと思ったら、下着を抑える手をつかまれ上に上げられる。

「え、ちょっ――」

焦る私は服を引っ張っていた手を慌てて出口を塞ぐ応援に回す。だけど――

「そんなはしたないこと……やめた方がいいわ」

朝見さんはその手を掴み、霜澤さんと同じように上に上げる。

「あ、ちょ……だ、ダメ離し…んっ……だめ…でちゃう、から、お願い……もれちゃう……あぁやぁ――」

下着の中で大切な部分が抉じ開けられるそんな前兆を感じた。

161 事例8「雛倉 綾菜」と病気の日。? :2014/10/18(土) 23:47:31
――
 ――
  ――

――んっ……あ、あれ?

息苦しさに目を開けると見慣れた天井があった。
自宅。そう理解する。だけどその直後に鋭い尿意を感じて、布団の中でうずくまる様にして両手で局部を抑えこむ。
夢の内容がぼやけつつあるなか、そこが濡れていなかったことに安堵した。でも、まるで夢の中で感じたような鋭い尿意が私を攻める。
抑えこむ手の直ぐ上、手首付近に膀胱がパンパンに張っているのがわかる。

「あぁ……んっ、だめ――……我慢…我慢しなきゃ」

我慢で混乱しているはずなのに、頭の片隅で、声が出せる程度に喉の痛みが治まっていることに気が付く。
同時に、失念していた先生の存在も思い出し、布団から顔だけ出して周囲を見渡す。

――い、いない? 帰ったの…かな? あぁ、ダメ……。

先生はいない。だったら今すぐトイレに行ける。
そう思ったつもりは無かったが、身体が反応して、尿意は引くばかりか強くなる。
普段生成量が少なくなる睡眠中に、これだけ沢山の恥ずかしい熱水が溜まってしまうのは
過剰すぎる水分摂取が原因なのは言うまでもなく、昨夜から一度も排出することが許されていない膀胱はもう限界だった。
両手で抑え、それでも足らず押しつぶすように何度も力を入れる。だけど――

<ジヮ……>

「(あ…っ! や……くぅ…んっ…、待って、こ、ここじゃ……)」

布団の中でしてしまうのはおねしょの直らない子だけ。
私は高校生で、しかも今は寝てすらいない。してしまうわけにはいかない……。

<シュ……>

――んっ!

また抑え切ることが出来ずに下着に熱い感覚を生み出してしまう。
トイレに行かなければ……だけど、今は動けない。動いたら決壊する。
なんとかもう少し落ち着くまで耐えてそれから――

<ジュ…シュワ……>

「あっ……あぁ……」

今度は2回に分けて少し多めに溢れ、ジャージの上にまで染み出し手にそのぬくもりを感じる。
それでも、尿意は一向に引かず、なおも膀胱を震わす。

162 事例8「雛倉 綾菜」と病気の日。⑦ :2014/10/18(土) 23:48:17
――だ、だめだ……我慢できないっ!

<バサッ>

私は布団を押し上げて、ベッドから飛び出す。

「あっ、うぅ……」<ジュー……>

だけど、そのままトイレまでは走り出すことが出来ず、噴出す感覚を受けて自室の床に膝を付く。
また今までよりもずっと多い量。ジャージから滴る一歩手前……それほどまでに濡らしてしまった。

こんなになるまで寝ていたなんて……恐らく風邪薬の副作用に睡眠作用があったのだと思う。
寝ている間にせずに済んだのは、私が高校生で、もうそんなことをするはずの無い身体だから。
だけど、おもらしだってしちゃいけないはずなのに、我慢しなきゃいけないのに、直ぐにいけるはずのトイレが部屋を出れば直ぐあるのに。
そこまでの距離が今の私には凄く遠い。

「や――」<ジューーッ……シュワァ……><ピチャ、ピチャ……>

もうおチビリとはいえないほどに溢れ出る。
ジャージの内腿に走る線が広がり面になっていき、服の中では膝まで伝う感覚を感じる。
抑える手からも一滴二滴ではない量がフローリングに叩きつけるように落ち、10cm程度の水溜りまで作る。
手だけでは抑えきれず、踵でぐりぐりと押さえるが、その踵が湿っていく感覚が気力を奪う。

――……だ、だめ、これ以上は……直ぐ横には絨毯だってあるのに、しちゃうわけには――

<ジュッ…ジューッ>

また断続的にあふれ出し、踵を濡らしそのままフローリング流れる。
それでも、グリグリと何度も身体を揺すり、時には息を止めて必死に耐えると、少し尿意が引いていくのがわかった。

「はぁー、はぁ…っ、はぁ」

なんども肩で呼吸して、小康状態の中、自身の状態を理解し、情けなくなる。
だけど、ここでこうしてるわけにも行かない。
全体の1割程度の量を失敗してしまったかもしれないが、未だ膀胱はパンパンに張っていて直ぐに次の尿意が来る。
そうなれば、きっとまた沢山溢れさせてしまう。

私は抑えた状態で前屈みに立ち上がり、覚束無い足取りで部屋を出る。
部屋を出て、玄関側に少し歩けば直ぐに目的の場所。
心の隅で気にしていた、「先生は本当にいないのか」と言う心配は、このとき靴が無いのを見て解消された。
玄関の鍵も閉まっている所を見るに、鍵は扉に付いた郵便受けの中ではないかと思う。

「ぁ……」

そんな余計なことを考えていたためなのか、不意にまた大波が押し寄せ、恥ずかしい出口を攻め立てる。
足を震わせ座り込みたくなる気持ちを殺しながら、必死に息を止め耐える。

<ジュウゥー…シュ――>

それでもトイレの手前と言うこともあり、私の悪い癖が働き、我慢が追いつかず溢れ出す。
必死に抑えても、勢いが弱くなるだけで止まらず、私は完全に止めることはもう無理だと悟り、
そのままの状態でトイレへの扉ではなく、お風呂への扉を開く。
もちろんそこに便器などない。あるのは脱衣所と浴室。
私は雪崩込むように浴室に入るとそのまま倒れこむようにへたり込んだ。

「ぁはっ! んっ――」<シィュゥゥ――>

そして、ジャージを脱ぐ余裕もなく局部が熱くなり、服の中で渦巻くのを感じる。

――あぁ、やっちゃった……おもらしだ……これ。

浴室を選んだのは多分正解だった。極度に湿った服はきっと直ぐには脱げず、個室を酷く汚してしまったに違いない。
浴室なら後始末は簡単……だけど、その選択をしてしまった私が凄く惨めで悔しい。
このあとしっかり片付けをすれば誰にもばれることは無い。
それでも、いくらばれなくてもやはりおもらしであり……。
ワザと我慢したわけでもない……純粋なおもらし。

ベッドを汚さなかっただけ良かったと、風邪で体調が悪かったからだと、心の中で言い訳を繰り返して、
無理やり自分を納得させようと無駄な努力をする。

「はぁ……はぁ……」

熱の籠もった荒い息を何度も吐いて、膀胱に溜まった恥ずかしい熱水を途中止まりながらもすべて服を着たまましてしまった。
気持ち良い……こういうのが好きな人の感覚、わからないでもない。
だけど、やっぱり私は後に残る、なんだか落ち着かない喪失感と惨めな気持ちが好きになれない。
しばらく尾を引いてしまうであろうこの憂鬱な気持ちも。

そんなボロボロの心と熱と我慢でフラフラの身体は直ぐには動かせない。
浴室だけでなく、部屋と廊下にも残る情けない自身の失敗の片付けは、まだしばらく後になりそう……。

おわり

163 事例の人 :2014/10/18(土) 23:50:29
……様子見していたのもあるけど随分遅くなった。すまない。
待っててくれた方に感謝。ありがとう。

164 名無しさんのおもらし :2014/10/18(土) 23:57:58
たまたま開いたら更新が来てた
待ってましたお久しぶりです、挿絵も良いですね

165 名無しさんのおもらし :2014/10/19(日) 00:38:01
遂に更新が来たぜ。
待ってました。挿し絵は綾菜の下着の色は黒か紺なのかな。
おそらくこの後の展開は後始末の最中に真弓と弥生ちゃんがお見舞いに来て、おもらしの跡を目撃して、気まずい雰囲気になるな。

166 名無しさんのおもらし :2014/10/19(日) 00:57:23
呼ばれてすぐw

挿絵の気合の入り方がすごい
本編より労力かかってるかな

167 名無しさんのおもらし :2014/10/19(日) 17:56:18
先生の「なんたって私も早退して」のセリフで他にも早退した人がいてその人も見舞いに来たと思ってるのかな?

168 事例の人 :2014/10/19(日) 18:17:05
>>164-167
感想とかありがとう。
先生の台詞についてですが、
「私も早退して」は「私も早退して(休む)」と言うことなので
綾菜の「風邪で休む」行為に繋げたつもりでした。文法としてはおかしいけど
日常的にはこういう使い方するかなって……日本語難しい

169 名無しさんのおもらし :2014/10/19(日) 18:55:41
「びっくりしただろ? なんたって私も早退してわざわざ見舞いしにきたんだから」

から>>167の疑問が生じるものかな?
それに対する>>168もなんか変だな

170 名無しさんのおもらし :2014/10/20(月) 11:12:25
事例の人の書く文章、描写は相変わらず素晴らしい。大ファンだわ。
これからも自分のペースで構わないからぜひたまに投稿してもらいたい。

171 名無しさんのおもらし :2014/10/21(火) 14:50:48
>>156-163
待ってました
風邪ひいた女の子の我慢ってすばらしい

172 植村 由美 :2014/10/21(火) 17:02:24
激安ブランド財布 (*^-^*)
新品財布の通販専門店 財布質屋市場
超Sクラス優良店

■【激安◆【ルイ.ヴィトン】★S級ハンドバッグ】
■店長: 植村 由美
■連絡先:info@wcwntv.com

■URL:www.wcwntv.com

当店特惠:
とても長く連絡していません
歓迎して再に注文の商品に来ます
LOUIS VUITTON 、GUCCI、CHLOE、CHANEL大激売中
ブランド バッグ、財布、 時計、バーゲン 超激安 


2万円以上のご注文:商品5%割引
5万円以上のご注文:商品10%割引
10万円以上のご注文:商品15%割引


【News】2014年人気最新品、新素材入荷!--N品写真 高品質
【News】2014年新作CHANEL シャネルバッグ販売開始です 品登場!
【News】2014年ROLEX腕時計男性用/女性用大量新品入荷! 登場!!!!


1) 当公司の商品の高通関率
2) 商品不良、商品が何らかの事情でお手元まで届かない場合,
税関は物品を取り押さえます場合,会社の承諾, 再度発送します!!
3) ご不明な点、ご質問のメールのご返答は5-20分以内
4) 商品発送は入金確認後の24時間以内発送

173 名無しさんのおもらし :2014/10/22(水) 03:17:33
この手の荒らしはどうにかならんのかな
スレ立てとか規制すればいいのに

174 名無しさんのおもらし :2014/10/24(金) 17:29:21
空腹とかを感じるタイミングが全く一緒な双子の我慢話を考えたけどオレの文章力じゃ無理だった

175 名無しさんのおもらし :2014/10/25(土) 04:03:31
ここで>>147の出番である

176 名無しさんのおもらし :2014/10/26(日) 11:12:44
>>174
やる前から諦めてどうするんだ

177 名無しさんのおもらし :2014/10/26(日) 19:07:12
おしっこをする前からトイレに行くことを諦めていた少女の話?
なかなか惹かれるなw

CASE1 いつもトイレ禁止されるいじめられっ子、超厳格なスパルタ家庭教師の授業中
CASE2 人前では行きたくても我慢することが習慣化してる育ちのいい子やアイドル
CASE3 多忙等でトイレに行ける時間がとれそうにない
CASE4 大混雑や休憩の時間が短いなどで、トイレに並んでも時間内に順番が回ってこない
CASE5 監禁状態で、どうせ訴えても無駄なので欲求を訴えれば訴えるだけ羞恥プレイ
・・・

で、諦めてた時に限ってその時行こうとしてたら行けたのに、と後で分かったりするわけだね

178 名無しさんのおもらし :2014/10/26(日) 21:21:48
つまり総合すると、双子が同時に催して尚且つトイレを諦める話…?

179 名無しさんのおもらし :2014/10/26(日) 22:16:42
双子A「私が催したって事は――」
双子B「――Aも催したよね?」
双子AB「「トイレ空いてないだろうからあとで行こう」」

こうですか?

180 名無しさんのおもらし :2014/10/27(月) 00:45:08
◆尿道括約筋が開くタイミングが同じ
同時に2箇所開いてないかぎり無事に用を足せない
結構ハードル高いかもな
学校とかの行列が発生するような大人数用共同トイレだとタイミングが完全に揃う可能性は低い
逆に一箇所しかないようなところでも無理
他人に見られてなければ野なり一個室(一便器)同時使用なりで凌げるが

どちらか1人でも開放すると同時開放というのも非常にこわいが
逆にどちらか1人だけでは開かないというのもそれはそれでこわい

さらには同時に同量しか出ないというところまで揃ってしまうと
たまってる尿量や水分摂取量に差があったときに大変なことになる
ただこれは空腹等のタイミングが完全に同じというのとは矛盾しそう

181 名無しさんのおもらし :2014/10/27(月) 00:45:38
零歩ちゃんは双子の妹・溺ちゃんに内緒でこっそりジュースを飲んだ。
幼い頃から二人の娘に対する公平さには神経質な母親が
いつでも二人に同じものを同じ量ずつ与えてきた。
零歩ちゃんはりんごジュースが大好きなのだが、溺ちゃんはきらいで飲むのをいやがるので
結局めったに与えてもらえない。
逆に溺ちゃんの好きなオレンジジュースを零歩ちゃんはあまり好きではないのだが、
大げさにいやがることをしないせいで、たいてい母親の選択はオレンジジュースになってしまう。
いつも自分が損をしていると思った零歩ちゃんは、冷蔵庫にりんごジュースがあったのを見つけて
こっそり飲んでしまうことにしたのだ。
残しておいては勝手に飲んだことがばれると思って、500mlのペットボトル一本まるまるのみほした。
冷蔵庫のものがなくなってて、その分ゴミが増えてればばれるのだがそこは子供の知恵。
普通なら、ペットボトル一本を二人で分けても余るほどなので、
ちょっとのみすぎでおなかがたぷんたぷんするほどだったが、
零歩ちゃんは大好きなりんごジュースを久々に思う存分飲めて幸せだったし、日頃の鬱屈が晴れる思いだった。
ところが。
まだ小さい零歩ちゃんにとって、当然ながらりんごジュースは多すぎた。
30分もしないうちに零歩ちゃんは急速におしっこがしたくてたまらなくなった。
変に二人に公平な母親の方針のせいで、二人はトイレに行くのも一緒だった。
二人の家にはわざわざそのために誂えたのか、個室が2つ並んでいて、二人は同時にトイレに行くよう躾けられている。
旅先のホテルなどでは、部屋に便器が一つしかないときには無理やり並んで立ちションさせられたり、
わざわざ個室がいくつもあるところまで行って用を足したりしたし、喫茶店でトイレに行きたくなった時には
*一つしかないから*我慢しなさいと言われたこともある。
零歩ちゃんは溺ちゃんの様子をうかがったが、出掛けに二人でおしっこをすませたばっかりでもちろんトイレに行きたい様子はない。
早く溺ちゃんもおしっこしたくならないかな、と心の中で願う零歩ちゃん。
しかし溺ちゃんが尿意を催すより何倍もの速さで、零歩ちゃんのおしっこ我慢は危険水域をとっくに越えてしまった。
そわそわが止まらず、じっとしていられない。おしっこの出口がじんじんする。
零歩ちゃんは思い切って、溺ちゃんをトイレに誘った。
溺ちゃんとしては全然おしっこなんかしたくないから、なかなかトイレに行こうとしなかったが
零歩ちゃんの様子が真剣なのでやっとトイレに行くことにしてくれた。
黙って1人でトイレに行けばよさそうなものだが、トイレが一つしかないところでは我慢させられたりしてずっと過ごしてきた
2人にとっては、トイレは2人同時に行かなくてはならないものなのだった。

182 名無しさんのおもらし :2014/10/27(月) 00:46:19
そうなってくると問題が一つある。この公園には男女共用の、仮設トイレのようなものが一つしかない。
近所のコンビニも多分便器は一つだろうし、そもそも子供だけで勝手に店などに行ってはいけないといわれている。
となると公園から家に戻るのはちょっと遠いので、焦る零歩ちゃんは比較的近い小学校に行くことにした。
2人用のトイレ環境が揃わないと用をたしてこなかった二人は、今までの短い人生のわりにはおしっこを我慢することが多かったが、
今日の零歩ちゃんのおしっこは今までにないほどつらい。
小さい子供が500mlものジュースを一度に飲んだのだから、経験したことのないほどの量が一気にたまってしまったわけだ。
人目はばからず前を押さえて、時々足踏みしながら不規則にあるくせいで、零歩ちゃんはなかなか小学校に近づかない。
自分は全然トイレに行きたくない溺ちゃんはなかなか来ない零歩ちゃんにいらいらして、早くこないと小学校に行くのやめようかなと言う。
そんなこんなで泣きそうになりながら、ようやく零歩ちゃんはめあての小学校までたどりついた。
放課後の校庭には遊んでいる同級生の姿もあった。溺ちゃんがそっちに行こうとするのを必死でひきとめて
体育館脇の外トイレに。もともと使用者の少ないトイレで、思ったとおりたくさんの個室は誰もつかっておらず貸切状態だ。
零歩ちゃんと溺ちゃんは空き待ちのタイミング合わせにわずらわされることもなく、スムーズに個室に入れた。
まにあった!やっとおしっこできる!
零歩ちゃんは一生懸命とざしつづけてきた尿道を心ゆくままにゆるめた。
じわっ。じわじわっ・・・・・・
我慢しつづけた尿道がなかなか開放されないじれったさ。やがて
ぷしゃああっ!
零歩ちゃんの小さい膀胱には無茶なほどの量がつめこまれていたおしっこが、勢い良く噴き出した。

しゃああっ!・・・…

・・・

しぃぃっ!

・・・

しょろろっ!

おかしい。まだおしっこはほんのちょっとだけがほとばしっただけだ。
たまりにたまった量がちっとも減っていないのに、おしっこが続かない。少し間をおいて申し訳程度に数滴飛び散るだけだ。
カラカラとペーパーを取る音がして、続いて流す音がすると零歩ちゃんのおしっこはもう全く出なくなった。
まだぱんぱんの膀胱は全然すっきりしていないのに。むしろおしっこを出してしまったせいで
おなかの中をおしっこが激しくうずまき暴れているかのようで、尿意はおしっこが噴き出す前より数倍はげしい。

183 名無しさんのおもらし :2014/10/27(月) 00:47:57
ノックの音がして、溺ちゃんが心配する声がするまで、零歩ちゃんはどうにかしておしっこを出そうと悪戦苦闘していたが
おなかをもみほぐしても、割れ目をいじってみても、おしっこは出ない。
溺ちゃんの声を聞いて、零歩ちゃんはなぜおしっこが出ないのかなんとなく分かったような気がした。
元々そういう体質だったから二人同時にトイレに行くよう躾けられたのか、はたまた躾のせいで二人の体がそうなってしまったのか
二人はジュースをもらえる量も、トイレ待ちの時間も平等なように、おしっこを出せる量も平等に同じなのだ。
家でトイレを済ませてからそんなに時間がたっていないので、ジュースを勝手に飲んでいない溺ちゃんのおしっこは
ほんのすこししかたまっていなかったのだろう。尿意も感じていないのだから、少し出ただけでもいい方だ。
一方の零歩ちゃんはぱんぱんの膀胱が一刻も早くおしっこを体の中から出してしまおうと、強い力で勢い良く送り出す。
でも溺ちゃんの申し訳程度のちょろちょろおしっこの量に追いついてしまうとそこで零歩ちゃんのおしっこは
いったんストップしてしまったのだろう。溺ちゃんの量がおいつくとまた少しだけ零歩ちゃんもおしっこが出る。
これが零歩ちゃんのおしっこが断続した理由なのだろう。そして零歩ちゃんが残りのおしっこが止まってしまった理由でもあるだろう。
幼い頭で漠然とこのようなことを理解した零歩ちゃんは気がとおくなりかけた。
この先、溺ちゃんにたっぷりおしっこがたまるまで、零歩ちゃんはぱんぱんの膀胱から解放されないのだ。

実際は溺ちゃんにおしっこがたまると普段平等に飲み物を飲んでいる零歩ちゃんにも同じ分だけおしっこがたまるので
溺ちゃんがたっぷりおしっこをすませて、零歩ちゃんが同時にたっぷりおしっこできたとしても、
やっぱり差し引き500mlのジュース分のおしっこは残ってしまうのだが、まだ幼い零歩ちゃんにはそこまで想像力はなかったので
残酷な現実を直視せずにすんだ。
あと母親が捨てられた空きボトルと零歩ちゃんの様子から全てを理解して、溺ちゃんをうまくごまかして多めに水分をとらせたので
一日ちょっとでだんだん差をつめることはできたが、
ぱんぱんの膀胱で夜を迎えた零歩ちゃんと、寝る前にもたくさん水分をとらされた溺ちゃんはその夜
小学○年生にもなって盛大におねしょをしてしまった。
零歩ちゃんは翌日も少し残った差分で辛い思いをし、ジュース抜け駆けの自業自得をいやというほど思い知ることとなったのでした。おしまい

184 名無しさんのおもらし :2014/10/27(月) 00:48:25
おねしょはおもらしに入らないか。しまった

185 名無しさんのおもらし :2014/10/27(月) 00:56:25
これの発展系で

とある人がしたおしっこの量だけしか膀胱内の尿が減らない子たち(複数)
分量の割り当ては元の人の1回ごとにランダムでそのうちの1人に

というのを昔考えた
もしそんな状況になったら複数名の子たちは
元の人に一般人の水分摂取量の最低限人数倍くらいを無理やり飲ませようとする行動に出そう
一見複数人による1人に対するおしっこ我慢イジメのようで、実は複数人の方が困っている状況

186 名無しさんのおもらし :2014/10/29(水) 19:23:50
gj
でも個人的には辛くて出したいがために行動するって言うより
やっぱり、出そうだけど、恥ずかしいから出したくないのが好き

187 名無しさんのおもらし :2014/11/24(月) 11:03:48
せっかく良い挿し絵があるのにすぐ消えちゃうのが惜しい
併せて読みたいんだよなあ

188 事例8裏「篠坂 弥生」と断水の日。@弥生-前編-① :2014/12/02(火) 20:55:50
「ふぁ〜あぁ……弥生ちゃん、おはよー…」

大きな欠伸をしながら教室に入ってきた真弓さんは、私に朝の挨拶をする。

「おはよう……眠そうだね?」

私はいつにも増して眠そうな真弓さんに、挨拶と質問を投げかけた。
少し怠るそうにしながら軽く手櫛で髪を梳きながら答える。

「うーん、ちょっと漫画夜中まで読みすぎたかな……」

あー、うん。真弓さんらしいどうでもいい理由。

<♪〜〜〜>

真弓さんのカバンから携帯の着信音が鳴る。

「あー、しまった、マナーにしてなかった……ってこの音、あやりんからのメールじゃん」

真弓さんはごそごそとカバンの中を漁る。
どうやらメールらしい。

――雛さん専用の受信音……私も後で設定しておこうかな?

そこまで考えて、雛さんがまだ学校に来ていないことに気が付く。
もう直ぐ授業が始まるのに……真弓さんへのメールは遅刻するといった内容なのかもしれない。

「……あやりん風邪かぁ」

「っ! え? もしかして休んじゃうんですか?」

「んー、とりあえず今日は休むから先生に伝えといてって書いてある」

私は肩を落とす。
私は学校での雛さんとの日常が凄く好きで……。
逢えないとなると……大きなため息を吐いてしまいそうなくらい残念に感じる。

……。

――って違う違う!

私は大きく頭を振る。
残念がるより普通心配が先……自分の事を優先して考えていたことに少し自己嫌悪する。

でも、一度心配しはじめると、今度は凄く心配になってくる。

189 事例8裏「篠坂 弥生」と断水の日。@弥生-前編-② :2014/12/02(火) 20:56:51
「まぁ、メールを送れるくらいには元気って思っておいてもいいんじゃない? それに、多分あやりんのお母さんも昼くらいまでは家にいるし」

私の顔色を見て、真弓さんがそう言う。
相変わらず凄く察しが良い……でも――

「――っていうか、なんで雛さんの家庭事情知ってるんですか!」

私の知らない雛さん関連の情報に何故だが小さな怒りを覚えて、強く返す。
真弓さんは少し驚いた顔をして目をパチパチとさせる。
だけど、直ぐに口の端を吊り上げ、ゆっくり目を閉じて胸を張りながら答える。

「まっ、私はあやりんの“親友”ですから〜」
「わ、私も親友です!」

私は間髪いれずに返す。

「わかってるよ、ただ、家に行ったことないでしょ?」

そう言われて私は返す言葉を失う。

「私は一度だけあるからさ、そのとき聞いたんだよ。多分、家に行ったのが弥生ちゃんでも話してたと思うよ」

真弓さんは「ただ、そう言う話が偶然聞けただけだから」と続けて笑ってみせる。
普段不真面目な態度なのに……私の嫉妬心にフォローを入れてくれる。
本当良い人――明らかにからかわれた気もするけど。

夏祭りで恥ずかしい失敗してしまった時も一緒に帰ってくれて、凄く慰めてくれた……。
そのあと雛さんとの気不味い感じをどうにかしようと
喫茶店でのお茶会――――霜澤さんに偶然会い、なぜか一緒にお茶することになるトラブルがあったけど――――も企画してくれた。

<キーンコーンカーンコーン>

予鈴がなり真弓さんが席に戻ると同時に、廊下を慌しく走る音が聞こえ、担任の文城先生が教室に入ってくる。

「はいっ!! セーフッ!」

予鈴が完全に鳴り止んでからで、全然間に合ってないけど文城先生的にはセーフらしい。
というか先生の立場で廊下を走るのは如何なものかと。

「せんせー、あやりん風邪で休みって連絡貰ったよー」

「え? ……んー、サンキュー黒蜜。えっと、雛倉が風邪で休み――っと、ほかは……大丈夫そうだな」

真弓さんから休みの話を聞いた後、適当に周囲を見渡し出席を確認してから「えーと」と声に出し、堰を一つついて再度口を開いた。

「実はだな、1時間目の授業の時間20分貰って来たんだ……
というのもうちのクラスだけ後期の委員名簿が出てないと怒られた、今からさくさく作るから協力してくれ」

……あぁ、この人完全に忘れてたんだ。

190 事例8裏「篠坂 弥生」と断水の日。@弥生-前編-③ :2014/12/02(火) 20:57:38
「んじゃまずは……クラスいいんちょ……前期は雛倉だったか……
面倒だし継続でいいかな? 一応賛成反対の決取るから目を瞑って手を上げてくれ」

――面倒だしって……随分適当。

文城先生が私達に目を瞑る様に指示を出す。
そして賛成の人は手を上げるように指示を出す。
私は迷わず上げた。
雛さんは自分で向いてないって言っていたけど、私はそうは思わない。
逆にクラスで一番向いてるんじゃないかって思う。
でも、自分だけ手を上げてるような不安もあって、私は気が付かれない様に目を細く開く。
私の席は後ろの方で、ぱっと見ただけでも真弓さんと檜山さん、他3人程度が手を上げていた。

「んじゃ次は反対の人ー」

私は手を膝の上に置く。反対の人……いるのだろうか?
いまいち賛成の人数も多いのか少ないのかわからなかったので、このときもダメだと思いながら私は目を細めて見ることにした。

――えっと……あ。

見える範囲に一人だけ、肘を机につけたまま遠慮がちに手を上げる人がいた。
その人は黒髪で長髪の……朝見さんだった。

雛さんと余り仲がいいとは言えない相手。
いや、仲が悪いと言ったほうが適切だろう。
ただ、最近は干渉することをやめて、互いに避けてるような気がする。

避けて関わらないようにしてるはずなのに……なぜ手を上げたのだろう?
他の多くの生徒が両方に手を上げなかったように朝見さんもそうするのが自然……。
彼女は何を思って手を上げたのか……本当に向いていないと思ったのだろうか?

「よーし、目を開けていいぞ。結果は継続だな。えっと次は――」

淡々とこれが続き、実に半数くらいの人が委員継続と言う結果になった……適当すぎる。
最後に何か別の話しをしていた気がするけど、下腹部に溜まり始めた物に注意を奪われ、聞き逃す。
文城先生のことだし、恐らく大したことではないだろうと勝手に決め付けておく。

そんなことより、下腹部に溜まり始めた物の方が心配だ。
それは、朝2杯飲んだ飲んだ牛乳が恥ずかしい熱水へと変わったもの。
普段は朝のHR前か後に済ませるのだけれど、朝、雛さんや真弓さんと話す機会が増えたことで、最近ではHR後に行くようになっていた。
朝のHRと1時限目の間には短いが5分の休憩がある。特に文城先生は話が短く直ぐ終わる場合が多い。
だけど、今日はそうは行かない。次授業の先生が既に来て待機している。休憩は無いだろう。

――あと30分……まだそんなにしたくないし全然大丈夫だよね?

私は結構――というより可也“近い”方だから不安が大きかったのだけど
このあとほんの少し我慢が辛くなった程度で、どうにかお手洗いには間に合った。

191 事例8裏「篠坂 弥生」と断水の日。@弥生-前編-④ :2014/12/02(火) 20:58:28
――
 ――

――相変わらず高い冷水機……。

私はそう感じながら背伸びしながら冷水機の水を喉を鳴らして飲む。
体育は苦手――勉強も得意じゃないけど……。

「はぁ……」

満足するまで水を飲み干してお手洗いに向かうことにする。
だけど、お手洗いの前には4人ほど人が居て、直ぐに済ますのは無理そうだった。
いつもなら並んでいても2人くらいで、それくらいなら待つのだけど……次の授業もあるし着替えもしなくてはならない。

――着替えてから別のお手洗いに行こう……。

そう思い私は更衣室で着替えた。

――
 ――

4時限目の現国、35分を過ぎた所。
私はお手洗いに凄く行きたくなっていた。

……理由は簡単。着替えていたらお手洗いに行くのを忘れていたから。

普段体育の時は授業終わって直ぐに行くのだけど
後回しにしたのが失敗だった。
いつも授業の合間に済ませているわけだけど
それは尿意に関わらず行ってる日課であり……つまりはその日課を済まし損ねたって事で……。
加えてちょっと飲みすぎた気はしてた。

――またやっちゃった……。

今朝の事もそうだし、1学期の時も同じように飲みすぎて大変恥ずかしい目にあった……他にも――いやそれはいい。
とりあえず、それを全然学習できてない自分が情けない。

――あと15分だけど……ギリギリかも…言った方がいいよね。――よし!!

万が一間に合わなくなって恥ずかしい目に合うくらいなら……そう思って私はお手洗いの許可を先生に要求する覚悟を決める。
以前の私なら多分そんなこと出来なかった。でも雛さんや真弓さんに会って、ほんの少し変われた気がする。

「せんせー、もれちゃいそうで〜す」

――っ!? ちょ、檜山さん!

檜山さんが最悪のタイミングでお手洗いの許可を得るために手を上げながら…もう片方の手はスカートを抑え、恥ずかしい台詞を吐いた。
当然私は、あんな恥ずかしい台詞の後に続いて「私も行きたいです」とは言えず、
行き場の失った覚悟を恨みに変えて歯を食いしばり檜山さんを睨む。
大げさな格好をしてるけど、きっと私より我慢してない……そんな気がする。

――はぁ……。

私は嘆息する。
恨みを込めて檜山さんを睨みはしたものの、別に檜山さんに非があるわけではない。
だが、こうなってしまっては仕方がない。どうにか昼休みまで我慢するしか……。
そうすれば、恥ずかしい思いをしなくてもお手洗いへ行ける。なんの問題もない。

――でも……う〜…。

自然と足がソワソワと動く。
あれだけ水を飲んでしまったのだから、尿意が強くなるのも当たり前……。
だけど、ここは我慢しかない。

192 事例8裏「篠坂 弥生」と断水の日。@弥生-前編-⑤ :2014/12/02(火) 20:59:06
――
 ――

檜山さんの恥ずかしいもれちゃう宣言から10分が経った。
檜山さんはすでにお手洗いから戻ってきている。
私はと言うと……。

机の下でスカートの前に手を添えていた。

――あう…やっぱり辛いよ……。本当に我慢…出来るかな…?

そう思いながら、添えられた手に力を込め、抑える。
いくら机の下で見られていないとはいえ、はしたない……判っていながら手を離すことが出来ずに居た。

<キーンコーンカーンコーン>

授業を終えるその音に私は顔を綻ばせる。

「あ〜、悪い……キリのいい所まで進ませたいから、あと3分だけ……」

――……え?

私にとって最悪の台詞。
次が昼休みだから少しくらい過ぎても問題ないとでも思ってるのかも知れない。
私には大問題なのに……。

私は心の中でどうすべきか悩み、そして焦る。
この3分は私にとって致命的……だけど、今お手洗いだと申し出ることは
その3分が我慢できないと宣言するのと同義で……とても恥ずかしくて言えたことじゃない。

突然与えられた延長戦に緩んでしまいそうな私のか弱い部分を両手で必死に抑える。
1分、2分……秒針がとてつもなく遅く進む。
汗が噴出す。

――やだ……早く…まだなの?

時間は進まないのに尿意が刻々と強くなる。
後ちょっと……それがこんなにも辛い。
大丈夫…大丈夫だとそう自分に言い聞かせるが、不安が拭えず
その不安がより尿意を強くする。
そして――

――あっ…やぁ……波が!

私の膀胱が悲鳴を上げて中のものを搾り出そうと収縮する。
私はそのイケナイ感覚に身を震わし、前のめりに身体を倒して両手で抑え込む。

<じゎ…>

――っ!?

必死に閉じているはずの足の付け根から、ほんの少し、滲み出るように溢れ出す。
仄かに感じることが出来たそのじんわりとした独特の湿り気に私は焦った。
あと少しで終わる、それからまた3分と言うあと少しの時間。
予定ではギリギリ間に合うはずだった、下着を汚してしまう失敗なんてしなくて済むと思っていた。
だけど、やはりこの3分は私にとって境界線で……急に突きつけられたその状況に対応できずに居た。

193 事例8裏「篠坂 弥生」と断水の日。@弥生-前編-⑥ :2014/12/02(火) 20:59:59
――だめ、絶対だめ……こんな所で…おもらしなんて絶対やだ……。

入学してから今までしてきた度重なる失敗。
その回数はすでに中学3年生の時の失敗回数に並んでいた。
それに……中学の時は一度も誰かに見られる状況での失敗は無かった。
だけど、私は今、少しでも気を抜こうものなら決壊してしまうような状態で
クラスメイト全員に見られる授業中の教室と言う環境の中に居る。
絶対失敗なんて許されない――絶対に我慢しなくちゃ!

――でも……本当にもう……。

ほんの少し湿らせてしまった下着が、再度我慢しなくちゃダメだと決意した私に現実を感じさせる。
我慢できずに溢れさせてしまった事実はなくならず、ただ冷たさに変わるだけ。

「はい、ここまで。延長ごめんね、号令はなくていいから各自休憩して」

そんな先生の声が聞こえた。

――や、やったー! 今度こそお手洗いにいける! ……大丈夫、きっと間に合う!

後はお手洗いまで……そこまで我慢すればいい。
下着を汚してしまったのは恥ずかしいことだけど……誰かにバレることはないはず。

「弥生ちゃーん!」

真弓さんの私を呼ぶ声が聞こえる。

「連れションいこうよ!」

――……ストレート過ぎ。

私は我慢している事を悟られないように装い、軽く頷き一緒に行くことを了承する。
というか、真弓さんを良く見ると寝癖が……寝ていたらしい、いつもの事だけど。

私は机に手を付き立ち上がる。

<ジュッ…>

――え? ……ぁ。

私は動きを止める。
確かに感じた、新たに広がった温もり。
油断……波も来ていなかった為、手を離し、立ち上がるくらい大丈夫だと思っていた。
だけど、立ち上がってみると、背を確りと伸ばすことが出来ないくらい辛い状態であることに気が付く。

「遅いよー。早く行こっ」

「う、うん」

――私、真弓さんの前で……少し…出しちゃったんだ……。

気が付かれていないが、そう思うと恥ずかしくてたまらなかった。

194 事例8裏「篠坂 弥生」と断水の日。@弥生-前編-⑦ :2014/12/02(火) 21:00:55
真弓さんの後に付いて膀胱に負荷が掛からないように軽く前屈みに――――あまり不自然には見えない程度に!――――
なって気を緩めず、慎重に歩く。
……抑えたい。だけどそれを必死で我慢して私は歩みを進める。

私の前を歩く真弓さんが教室を出て左に歩みを進めた。

――え? あれ?

私は混乱する。
この教室から一番近いお手洗いにいくには右に行かなければいけない。

「ま、真弓さん?」

私は平静を装い尋ねる。すると振り向きながら「ん? なに?」と返す。

「お、お手洗いならあっちじゃ……」

「え? 今日工事で1年のトイレは断水でしょ?」

――……断水?
今日行ったけどなんとも無かったはずなのに……。

「朝言ってたじゃん? 12時から1階だけ断水って、だからトイレなら2階でしょ?」

どうやら、私が朝聞き逃していたのはこの事らしい。
真弓さんはそれだけ言うと、また前を向き歩き出す。

私がお手洗いを済ませるには、2階のお手洗いまで行かなければならないということ。
もじもじと足を擦り合わして、スカートの裾を握り締める。

――ま、間に合う……よね?

限界の迫る身体に言い聞かせる。
ほんの少し遠くなっただけ。もう直ぐだから。
だけど油断しちゃダメ。確り我慢しなきゃ。

「ぁ……」

必死に真弓さんに付いて歩くが階段を見て思わず声が漏れる。
だけど立ち止まっていてはいけない。
落ち着いているうちに行かないと本当に間に合わなくなる。
一歩一歩慎重に足を踏み出す。
小さな段差を上るために足をほんの少し高く上げる。
ただ、それだけの動作が膀胱を激しく刺激し凄く辛い。

「はぁ……はぁ……」

辛い……本当に。

195 事例8裏「篠坂 弥生」と断水の日。@弥生-前編-⑧ :2014/12/02(火) 21:01:44
どうにか階段を上り終える。
だけどまだそこはゴールではない。
廊下を歩く真弓さんに必死についていく。

――っぁ……。

不意に感じる尿意が膨らむ気配。

――だめ……まだ、まだなの……。

慎重な歩みから焦りの歩みに変わり、足を踏み出すペースが早くなる。
視界に映るお手洗い……それに私の身体が反応している。
あとちょっと、もう直ぐお手洗い……。

ゾクゾクとした感覚が襲う。
膀胱が小さく収縮して私を追い詰める。
もう、平静なんて装えない。

――も、もう出ちゃう!

私は前を歩く真弓さんの横をすり抜けお手洗いに急いだ。

お手洗いに入ると一番奥の個室が開いていた。
もし塞がっていたらと思うと……。

私は慌てて個室に飛び込み、鍵を――

<ガチャガチャ>

――あ、あれ?

何かに引っ掛かりなかなか鍵が掛からない。
私はよく手元を確認する。

――……え? う、うそ、壊れてる!

目に入ったラッチ錠は、ラッチと受けの位置がずれてしまっていた。
お手洗い……いや、個室と言う空間に来たことで、尿意が一層膨れ上がる。

――どうすれば……そ、そうだ、扉を手で押さえてしちゃえば……。

本来ならそんな大胆で恥ずかしいこと出来ない。でもこのままじゃ本当に我慢できない。――此処まで来ておもらしなんて出来ない!
他の個室もまだ開く気配も無い。だったら……。

私は視線を便器の方へ向ける。

――……っ!

私は頭が真っ白になる。
跨って済ませる和式の便器から扉までの距離。
どうやっても手が届く距離ではなかった。

――お手洗い……凄く遠い……。

それは手が届かない物理的な距離だけじゃなく、済ますことの出来ない状況から出た表現。
身体が震える。恥骨から頭までゾクゾクとした感覚が走る。

196 事例8裏「篠坂 弥生」と断水の日。@弥生-前編-⑨ :2014/12/02(火) 21:02:32
――だめ……どうしよう? どうしよう? どうしよう!?

「弥生ちゃん、大丈夫?」

真弓さんの声。
私は思いつく。真弓さんなら……。

私は震える身体を必死で抑えて口を開く。

「ま、真弓さん! あの…お願いがあ――っ……」

<ジュッ!>

私は言葉を途中で止める。
だけど、止めなきゃいけないのは言葉ではない。

<ジュワー……>

抑えこむスカートに染みが広がる。

――うそ…やだ……。

扉に体重を預ける様にして前屈みになる。
止めなきゃ、止めなきゃ……そう何度も心の中でつぶやき、力を込める。
でも、だめ……わからない。どうやったら止めれるのか、どうしたら力がはいるのかが。

「――? ――」

扉の外で真弓さんが何か言っている。
凄く遠くから聞こえる……。

<ジュー><ぴちゃ、ぴちゃ>

押さえて抑えて……どんなに押さえても抑えられない。
スカートに広がる染みはさらに広がり、腿に流れ靴下に染み靴を濡らす。
スカートの奥から雫が落ち個室の床で水音を立てる。

「あっ――っはぁ……んぁ…ぁ……やっ…――と、とま……」

もう、わかってる。
私はまた……。

「え? ちょっと弥生ちゃん……(ごめん、ちょっとそのまま、隠れてて!)」

真弓さんの声……その後お手洗いから駆け出していく足音が聞こえた。
私は真弓さんの指示に従う。従うしかなかった。
私のその恥ずかしい水は7割以上出てしまいながらも途中で止めることができた。でも何の意味もない。
下着を湿らしてしまったのとはわけが違う。

――また、やっちゃったよ……。

視線を落とす。そこには色濃く染まったスカートと私の作った恥ずかしい水溜りがあり……それは言い訳の効かない明らかな“おもらし”で……。
個室に入ってた人達にはバレてるかもしれない……此処を開けられて、恥ずかしい姿を見られるかもしれない。
水溜りの上で必死になって扉が開かないように手で押さえる。
そんな自分の姿が、情けなくて、馬鹿みたいで……目に溜まる涙が静かにいくつも零れていく。

――雛さん……真弓さん……。

親友の名を心の中でつぶやく。
二人に見られたくないのに、恥ずかしいはずなのに……。

それなのに私は、……今、二人に凄く縋りたい……近くに居て欲しい。
そう思ってしまう。

つづく。

197 事例の人 :2014/12/02(火) 21:04:11
最近『声』が全然仕事してない

198 名無しさんのおもらし :2014/12/02(火) 22:01:16
言われてみれば確かに声が全然仕事してないね。 綾菜が風邪で寝込んでる時にこんな事があったのか、あれ?この話って某所で書いてたマンガを小説にしたのかな。あのマンガは好きだったので小説でも読めるとは最高です。後半は一体どんな話になるのか楽しみだぜ。

199 名無しさんのおもらし :2014/12/02(火) 22:34:38
待ってました!
弥生ちゃんおまた緩すぎだろと思ったら中学でもおもらしっこだったのか

200 名無しさんのおもらし :2014/12/03(水) 08:12:39
弥生ちゃんは恥ずかしがりやでかわいいなあ
やっぱり、我慢する不運な少女の話は最高ですね!

201 名無しさんのおもらし :2014/12/03(水) 14:56:42
あげとこう

先を越されていい出せない、カギのせいで目の前の【楽園】おあずけ等
状況の作り方がいいね

202 名無しさんのおもらし :2014/12/06(土) 05:46:01
またあげとこう
こんばんがたのしみ♪

203 名無しさんのおもらし :2014/12/06(土) 17:13:54

この世界には、『式神契約』というものがある。
『式神』となる人間は術者の魔力を受け、己を使役する術者の盾となり矛となる。
契約が済むと、術者と式神には特別な繋がりが生まれ、感覚を共有しながら共に成長してゆくのだ。



とある修練場に、ひとりの式神の少女が居た。
相方の術者である少女は今ここにはいない。
契約があるとはいえ、四六時中一緒にいるわけでもないのだ。
式神の少女は呪文の鍛錬をしながらも、頭の中は相方のことと、もうひとつのことでいっぱいだった。
相方に対するものは、心配や恋情などでは決してない。あえてそれに名前を付けるとしたら、怒り。
(あの馬鹿、繋がってること忘れてるんじゃないでしょうね…!)
少女のほかには誰もいない修練場の真ん中で毒づくが、それは怒りと同時に湧き上がってきたもう一つの欲求に遮られてしまう。
少女は反射的に両足を包む袴の間に手を差し入れ、それから恐る恐るといった様子で手を放す。正座の状態になった両足は、その姿勢を崩さない程度にもじもじと動いている。


さて、ここでもう少し詳しく『式神契約』について説明しよう。
先ほど述べた「特別な繋がり」とはなにも魔力の受け渡しに限った話ではない。体の感覚――寒さや痛みなども、一方が感じれば自動的にもう一方にも感覚が行く。実際に傷ができるわけではないが、痛いものは痛い。そして、それは、尿意にも適用される法則だった。
つまり端的に言えば式神の少女は、どこかにいる相方の『おしっこ我慢』のとばっちりを受けているのだった。


「み、水の神よ…、っ、敬虔な使徒に、ぁ、力を、さず、けたまえ…っあ、」
目の前に広げた、呪文の書かれた巻物の字を切れ切れに唱える。水、という言葉に小さく反応する。
実際にはほとんど膨らんでいない彼女の膀胱は、まるで危険水域に至っているような感覚を先ほどからずっと発し続けている。
ならば相方が厠に行けばいい話なのだが、生憎と今日は二人に仕事が入っていなかったために、相方は朝からどこかに出かけたままだ。早く厠に、とせっつくことすらできない。
朝、どこそこに行ってくるという話をされたような気はするが、その時は興味もなく聞き流していた。
つまり、どこかに居る相方が自分の意思で厠に行かない限り、この式神の少女は虚構の尿意から解放されることはない。
ここまで強い尿意を抱えた相方が何をしているのか知る由もないが、きっとすぐに厠に行くだろう。そう楽観視してはいるものの、期限の切られない我慢は辛い。

いくら限界が来ようとも、漏らすことがないのは救いだろうか。
それとも、自分の意思で解放されることのできない我慢は苦痛か。

腰を左右に揺らしても、ぎゅっと股間を抑えても、前かがみになっても尿意の辛さは変わらない。
はち切れそうな膀胱を抱えて、今もどこかで『本当の我慢』をしているのは、彼女ではなく相方だからだ。
もしかしたら買い物の途中で催して、厠を探している最中かもしれない。そういう話を聞いたことはないが、意中の相手とどこかを歩いていて、言い出せないのかもしれない。
いいから早く厠に行け、と想像のなかの術者の少女に怒りをぶつけるが、そんなことをしても仕方ない。
極限状態といってもいいほどの虚構の尿意に苛まれた式神の少女は、鍛錬を諦めることにした。

正座の状態から、腰の引けた状態でゆっくりと立ち上がる。途中、強い波が襲ったが、術者は漏らさなかったらしい。更に強くなった尿意がそれを伝えてくる。
巻物をまとめ、所定の場所に片づけ終え、修練場の戸に手をかけた時、『それ』は起きた。
「っ、あ…待って、っ〜〜」
いままでで最大級の尿意に、たまらず崩れ落ちる。漏らすことはないと頭では分かっていても必死で押さえつける。
長い時間我慢させられた尿意は、それが実在していないとしても少女に解放の快楽を感じさせるには十分だった。
時折弱まる排尿感は、もしかして術者は排尿を止めようとしているのか。
それがもどかしくて、無意識に式神の少女は下腹部にぐっと力を込める。ちょうど、自分が排尿するときのように。
数分が経っただろうか。あれほど式神の少女を悩ませた強い尿意はすべて消え、少女は床から立ち上がる。と、同時に違和感を覚えた。
先ほどまでは体に馴染んでいた袴がいやに重い。
恐る恐る少女が目をやると、愛用の袴はちょうど股から下の一部を濃く変色させていた。

204 名無しさんのおもらし :2014/12/06(土) 17:21:59
いつか術者ちゃんの側も書きたい

205 名無しさんのおもらし :2014/12/26(金) 02:12:41
式神ちゃんめっちゃかわいい

206 名無しさんのおもらし :2014/12/26(金) 02:39:33
20日間か…

207 名無しさんのおもらし :2014/12/26(金) 15:16:34
過疎ってるなぁ

208 名無しさんのおもらし :2015/01/07(水) 16:08:03
あけおも

209 名無しさんのおもらし :2015/01/08(木) 00:44:28
事例の人は今
PC(Pee Continence)の調子が悪いんだっけ

210 名無しさんのおもらし :2015/01/12(月) 01:19:50
ぱんぱんっ、と賽銭箱の前で柏手を打ち、頭を垂れる。

(高校受験、失敗しませんように…っと)

菜々美は父親と二人で初詣に来ていた。
いつもは家の近くにある神社に行っているが、今年は高校受験を控えているということで、少し離れた学業成就で有名な神社にお参りすることになった。

(やっぱり有名な神社はすごいなぁ)

神社の敷地の中も外も、びっしりと屋台が立ち並び、通路は人で埋め尽くされている。

「菜々美、どうする?何か買ってから帰るか?」
「うーん…」

(クレープとかあるけど、こんな時間に食べると太っちゃうなぁ…)

辺りの屋台を見回しながらどれにしようか考えていたところ、ぷるるっ、と菜々美の体が震える。

211 名無しさんのおもらし :2015/01/12(月) 01:21:34
(あ、結構トイレ行きたいかも…)

上半身は厚いコートを着込んできてはいるが、下半身は膝丈までのスカートだけなので、身体が冷えてしまっていたらしい。

「うん、食べ物はいいかな。私ちょっとお手洗い行ってくる」
「そうか、じゃあ車で待ってるから」

父と別れトイレを探す菜々美。
しかし、初めて来る神社なので、トイレがどこにあるのかわからない。
うろうろとさまよい歩くうちに、ようやく厠はこちらですという看板を見つけた。

(やっと見つかった…って、うそ、こんなに並んでるの!?)

参拝者の多さもあってか、女子トイレにはパッと見でも数十人以上の列が並んでいた。
中の個室の数は分からないが、このまま並んだら相当待つ事になるだろう。

(うーん、こんなに待つんだったら、早く帰って家のトイレを使ったほうがいいよね)

外の寒さの中トイレを待つよりも、暖かい車の中で家まで我慢した方がいいだろう。
そう考えた菜々美はトイレの列に並ぶのを諦め、急いで駐車場に向かった。

212 名無しさんのおもらし :2015/01/12(月) 01:22:24
車に乗り込んでからしばらくは、尿意を我慢したままどうにか父親と世間話を続けることが出来ていた。
だが、家まで十分程度のところまで来たところで、膝をくるくると手で撫でまわしたり、脚を組み替えたりと落ち着かない様子を隠せなくなってきた。

(うぅ…したい、おしっこしたい…)

もし今学校の授業中だったら、先生に手を上げてトイレに行かせてもらうかもしれない。
奈々美はもうおしっこの事しか考えられなくなってしまっていた。

(がまん、がまん、がまん)

ぷるぷると震えるおしっこの穴に、必死に力を入れて抑える。
すーはー、すーはー、と浅い呼吸を繰り返しながら、それでもどうにか家まであとすこし、外は見覚えのある景色になってきた。

213 名無しさんのおもらし :2015/01/12(月) 01:23:28
しかし、そこで父親が予想外の一言を発した。

「ガソリンなくなってきたから、スタンド寄るぞ」
「えっ、う、うん」

あと数百メートルもまっすぐ行けば家につくという所で、車は右手にあったガソリンスタンドに進入する。
もう少しでトイレに行けると思っていた菜々美は、思わぬおあずけを食らってしまった。

(こんな時に行かなくたっていいのに…おしっこ、おしっこっ…!)

ガソリンスタンドにもトイレはあるだろうが、奈々美はそんな事にも気が回らなくなっていた。
ぎゅっと膝をこすりあわせ、手をひざの上に置いて、奈々美は我慢の延長戦を続ける。

(本当ならもうトイレでおしっこ出来てたはずなのにっ…!)

一瞬、トイレでおしっこをしている自分を想像してしまう。それがきっかけになってか、一際強い尿意の波が菜々美を襲う。

(やっ!)

咄嗟にスカートの上からぎゅぅーっと、両手でお股を抑える。

214 名無しさんのおもらし :2015/01/12(月) 01:25:53
(あ、危なかった…出ちゃうかと思った)

どうにか尿意の波を乗り越えられたが、次の波を我慢できるか怪しいかもしれない。

そわそわ、そわそわ。
まさにそんな擬音がぴったりなくらい、膝をぎゅっと合わせたまま体を揺すっておしっこを我慢する。
ガソリンスタンドを出て数分、しかし奈々美に取っては十分以上にも思える時間で、ようやく家に到着する。

片手でぎゅっと股間を握りしめながら、お腹に力が入らないよう慎重に、かつ手早くシートベルトを外して車から降り、前かがみのままよちよちと家のドアに駆け寄る。
家には母親と妹が残っているので、鍵はかかってない。

215 名無しさんのおもらし :2015/01/12(月) 01:27:28
ドアを開けて玄関に入ると、温かい空気に一瞬体が弛緩する。
ぶるるっと身体が震え、おしっこが飛び出そうとする。

(もうちょっと、もうちょっとだからっ!)

トイレまであと少しという事実で自分を鼓舞しながら、片手でスカートの前を抑えたまま、もう一方の手で靴を脱ごうとする。
しかし、靴紐がきつく縛られている所為でなかなか脱げない。
その間にも、菜々美の膀胱は刻一刻と開放の時を待ち望んで、強烈な尿意を送り続けている。

(も、もう靴脱いでなんてらんない!)

菜々美は靴を脱ぐのを諦め、土足のままトイレに向かって歩き出す。
ひっぺり腰のままトイレの目の前まで辿り着き、ドアノブを一気に引き降ろす。

216 名無しさんのおもらし :2015/01/12(月) 01:28:36
だが、がちゃん、という鈍い音を立ててドアノブは途中で止まってしまった。
見るとドアノブの中は赤く、施錠済みであることを示している。

「お姉ちゃん?おかえりー」

トイレの中から妹の声が聞こえる。

(なんで、こんな時にっ…!)

トイレが空いていればあと数秒でおしっこができるはずだった菜々美に、またしてもトイレのおあずけが下される。
おしっこが出る穴がひくひくと震え、尿道をおしっこが通り抜けてくる。

(だめ、だめ、まだ、だめなのっ…!)

括約筋に必死に力を入れるが、何度もおしっこを抑え込んできた菜々美の身体はもう限界に来ていた。
菜々美の必死の抵抗も虚しく、ちょろ、ちょろとおしっこが溢れでて太ももを流れていく。

217 名無しさんのおもらし :2015/01/12(月) 01:29:06
「ちょ、ちょっと早く出て!」
「んー?わかったー」

カラカラとトイレットペーパーをまき取る音がする。
その間も、菜々美はぷるぷると身体を震わしながら、断続的におしっこを垂れ流し続ける。

(だめ、だめ、だめっ…!)

ガチャ。
トイレのドアが開き、妹が出てくる。

(おしっこっ!)

218 名無しさんのおもらし :2015/01/12(月) 01:30:05
妹を肩で押しのけトイレの中に入った菜々美だったが、その真っ白な便器を目にした瞬間、まるでおしっこの穴を塞いでいた栓が抜けてしまったかのような圧倒的な尿意が菜々美を襲う。

(あっ、やっ、だめっ!)

じょろろろろろろ。
スカートを一瞬で黄色く染め上げながら、滝のようにおしっこが溢れ落ち、トイレの床に水たまりを作っていく。

「ちょ、お姉ちゃん!?」

妹がぎょっと目を見開いて、便器の目の前で立ったまま突然おしっこを始めてしまった姉の姿を見つめる。

(やだ、止まってぇ…!)

両手をあてがい必死におしっこを抑えこもうとするが、二度のおあずけを食らってしまったおしっこはもはや止めることは出来なかった。
妹にその一部始終を目撃されながら、菜々美のおしっこはばちゃばちゃと床の水たまりを広げ続けていった。

219 名無しさんのおもらし :2015/01/12(月) 02:02:45
ふむ、オーソドックスな良作です

他も期待しています

220 名無しさんのおもらし :2015/01/14(水) 08:08:39
やっとトイレにいけると思ったら誰かが入っている
いい展開ですね

221 事例8裏「篠坂 弥生」と断水の日。@弥生-後編-& ◆plUe0InTVs :2015/02/05(木) 19:34:19
「はぁ……」

私は駅に向かって歩く。
結局、保健室から着替えとかを真弓さんに持ってきてもらって事なきを得たが
今回は――――"今回"とか言っちゃう辺り常習犯なのを自覚してて情けない――――そのまま授業を受ける気になれず早退してしまった。

「あぁー、もう、なんで……あぅ……」

私は頭を抱えながら意味のない声を小さく零す。
頭の中に"おもらし"と言う言葉がグルグル回ってる。
何度失敗しても慣れない。恥ずかしさや悔しさ、憂鬱な気持ちやなんとも言えないやるせなさ。
それが複雑に絡み合い、胸が締め付けられているような苦しさを感じる。

――どうして我慢できないかなー、今日だって、隣の個室が開くまで我慢すれば……そうじゃなくても
真弓さんに後一言伝えて、扉を開かないようにしてもらえれば……。

後者の行動はどうしても我慢できそうにない私が取ろうとした行動。非常に恥ずかしい最終手段。
冷静になって考えれば、凄く大胆な行動で……でも、結局それすらも我慢できず……。

「はぁ……」

また嘆息する。わかってる、悪いのは全部私。
飲みすぎたのも、お手洗いに行き忘れたのも、授業中に申告てきなかったのも、我慢できなかったのも全部私。
誰かのせいなんて言い訳しちゃいけない、全部私の責任……。

――あーもう、いいや、早く帰って寝ちゃおう……。

深く落ちていく思考を続けるのが辛くなって、故意に思考を中断させる。

電車に乗り込み、座席に座る。
しばらく私は電車に揺られる。一駅、二駅……。
乗りなれた電車。でもいつもと違う時間。乗車してる人も若干違うし少し違和感のある感じ。
その不思議な妙に落ち着かない感覚を体験することとなった理由……私の失敗。
……考えたくないのに。

「はぁ……」

もう何度目になるかわからない嘆息。
それと同時に、私の小さな下腹部が不快な感覚を感じてしまう。

222 事例8裏「篠坂 弥生」と断水の日。@弥生-後編-& ◆biEzrXRlmM :2015/02/05(木) 19:36:20
――……そっか……全部、出さなかったから……。

尿意。
それは本当に小さな尿意。
だけど、確かに感じる。今は不快で仕方がない。

いつも降車する駅まであと10分と言ったところ。
余裕を持って我慢できる、途中の駅でお手洗いに行くためだけに降車するなんてありえない。
普段ならそう思うべきはずの場面。

――つ、次で一応……降りようかな?

あれだけ我慢した後というのもあって、出口や膀胱を確りコントロール出来る自信がない。
私は電車の扉前に視線を向ける。
そこには一人の綺麗な――でも可愛い服に身を包む女性が居た。記憶が確かなら、私と同じ駅で乗り込んできた人。
その人は、まだ停車するために電車は減速すらしていないのに、扉の前にいる。
そんなに早くから席を立つ意味……。
なんとなく気になりその人に視線を向け続けていると、あることに気が付く。
ソワソワと落ち着きが無く、何か心配してるような表情で、目が少し泳いでる。
それは……尿意を感じて我慢している……そんな風に見える。

それなりに切羽詰っていなければ見せないはずの仕草。だったら何故前の駅で降車しなかったのか。
いや、それ以前に乗車する前になぜ済ませなかったのか。……人のこと言えないけど。

しばらく観察しているとその綺麗な女性はしきりに時計を気にしている。
何か予定があり、途中で降車することを躊躇している……そんな風に見える。

駅が近づき、電車が減速し始める。私も立ち上がりその女性が降りる扉とは違う扉の前に立つ。
私は視線だけを横に向け、女性の様子を見ていると、少し焦った表情で扉に一歩近づいた。

――あ、降りるんだ。我慢できないのかな? それともここが降りる予定の駅?

どのくらい我慢してるんだろう。
今日私が失敗したときよりもずっと沢山我慢してるのかもしれない。

……。

――そんな事考えてたら、私も……。

沢山我慢した後はお手洗いが近くなる。
変に尿意を意識した為に急激に高まる尿意に私は小さく足をすり合わせる。

223 事例8裏「篠坂 弥生」と断水の日。@弥生-後編-3 :2015/02/05(木) 19:37:45
――うぅ……は、早く止まって開いてよぉ……。

他人の心配なんて出来ないくらいに急激に高まってくる尿意に私は焦る。
膀胱が張っているわけじゃないから沢山溜まってるわけではない。だけど、膀胱が敏感に小さく収縮する。
抑えたい……。だけど、後ちょっとだし、……やっぱり恥ずかしい。

私は極力大きな仕草にならないように必死に我慢する。
片足に体重を乗せ、もう片方の足を軽く浮かせて内側に押し付ける。
そんな不安定な我慢の仕草をしているとき電車が止まり、車内がガクンと揺れた。

「あっ!」

バランスを崩し、浮かせた足が肩幅程度に開いた状態で車内に足をつける。
同時に溢れ出してしまいそうな感覚を局部に感じて、慌てて両手で押さえ中腰になる。

<じゎ…>

だけど、間に合わずほんの少量ではあるが下着を汚してしまう。

――あぁ、学校の下着なのに……んっ! やぁ!?

下腹部にたまる熱水が暴れる。極度に疲労してしまっている括約筋にうまく力が入らない。
手で何度も抑えなおす。少し治まったらすぐに離すつもりでいたのに……もう離せない。

――は、早く! 早く開いてよ!

ほんの少し前までまだまだ大丈夫だと思っていたはずの尿意に信じられないくらい追い詰められる。

<――扉が開きます、ご注意ください――>

扉が開く前の悠長なアナウンスが聞こえたあと扉が開く。
私は急いで足を前に踏み出す。

――あぁ、そ、そうだ、ここいつもの駅じゃなくて……えっとここのお手洗いって……。

いつもと違う景色、でも何度か降りてお手洗いの場所はわかってるのに、混乱してその場で足踏みして左右に視線を巡らせる。
そんな視界に捕らえたのはお手洗いの表記ではなく、慌てて駆けていく先ほど同じ電車に乗っていた尿意を我慢していたであろう綺麗な女性。
駆け出していった方向にお手洗いがあることを思い出すと同時に、ここのお手洗いは狭く個室がひとつしかない事も思い出す。

――っ……嘘、最悪だよぉ……。

必死で後を追うように駆けるが、彼女の後ろに並ぶことになるのは明らかで、もしかしたら、すでに数人並んでいる可能性も十分にあって……。
良くない今の状況に最悪の事態が脳裏を過ぎる。

お手洗いに入ると、さっきの綺麗な女性が前屈みになって何度も小さく足踏みを繰り返していた。
個室の前で熱い息を何度も吐き、彼女も本当に限界まで我慢していることがわかる。
だけど、私がお手洗いに入ってきたことに気が付き、ほんの少しだけ姿勢を正し、でも手は大切な部分から離さずにじっと個室のほうに向いてしまった。

224 事例8裏「篠坂 弥生」と断水の日。@弥生-後編-4 :2015/02/05(木) 19:38:48
――個室の人と……一人の順番待ち……。

たぶん私の番まで5分も掛からない。
大丈夫、我慢できるはず。――しなきゃダメ……。
でも、学校で酷使され続けた大切な部分が待ってくれない。
まだだと分かっているのに膀胱も小さく収縮し出してはいけない恥ずかしい熱水を吐き出そうとする。
身体をくの字に曲げて両手で必死に抑え込む、それなのに――

<じゅゎ……>

――〜〜〜っ!

また溢れ出す、今度はさっきよりも多くその温もりをハッキリと局部の周りに感じる。
それでも膀胱は収縮し続け、我慢する力を失った括約筋が押し広げられる感覚を感じる。

「あぁ……やぁ……」

――だめ、だめぇ……でちゃうでちゃう……またしちゃうの??

立っていることが出来ずしゃがみ込み踵でグリグリと緩みそうな出口を抑え込む。
我慢できそうな感覚を残しながら、それでいて今すぐにでも簡単に開いてしまいそうな異様な感覚。
あとちょっとが凄く遠く感じて、視界が涙で滲む。
一日に2回もおもらしなんてしたくない――したくないけど……。

「だ、大丈夫?」

必死の我慢に顔を伏せていた私に正面から声が掛かる。恐らく個室の前に並んでいた綺麗な女性。
その人の声は私を気遣う内容だった。
……自身の状態を頭の隅で映像に起こして、顔を上げることが出来なくなる。……恥ずかしい。

「えっと、もう少しだけ我慢できる?」

私の状態を察し、目の前でしゃがみ込み肩に手を置く。
伏せたままの視界にその人の足が見える。
もじもじと小さく揺れるその足は、彼女も限界近くまで我慢していることを物語る。

「もうすぐ…個室空くから、もうちょっと…がんばって……」

自身を襲う強い排泄欲を必死に宥めながら、その言葉の意味を理解する。
私は顔を伏せたまま小さく頷く。……頷くしかなかった。
私よりも年上でずっと綺麗なのに、仕草を隠せずに我慢してる……それがどれくらいつらいのか分かっていながら……。

<バシャー>

大きな水音が、個室の奥から聞こえてくる。

「ほ、ほら……んっ、も、もうすぐだからっ」

私はその熱い息遣いの混じった声を聞きながらゆっくり慎重に立ち上がる。
踵が濡れてる感覚がする。下着もさっきよりも広い面積で濡れた感覚を感じる。

225 事例8裏「篠坂 弥生」と断水の日。@弥生-後編-5 :2015/02/05(木) 19:39:49
――あと少し、あと少し、ぁ、〜〜っ!

<じゅっ…じゅぁぁ……>

また少し溢れて下着が濡れる。
スカートの上から抑え込んだ手にも少し温もりを感じる。

――これ以上はダメ、絶対ダメぇ……溢れちゃう、おもらしになっちゃう……。

<ガチャ>

個室が開く、私は滑り込むように中に入る。

「ぁ、やぁ…」<じゅぅぅーー>

下着の中でくぐもった音が控えめに聞こえる。もう止められない。
扉の鍵を慌てて掛け、スカートを上げて便器に跨り、同時に下着を下ろした。

<しゅぅーーーー>

便器を叩く恥ずかしい音。
太腿、脹脛に間に合わなかった雫が光る。
下ろした下着はこれ以上濡れようのないくらいに恥ずかしい熱水を含んでいた。

「はぁ……はぁ……」

――これって……少し失敗したって程度……じゃ…ないよね……。

当然これはちょっとした失敗ではなく、完全な失敗――おもらしであり、私は今日だけで2回もそんな恥ずかしい粗相をしてしまった……。
悔しくて、情けなくて、惨めで、滑稽で――

<コツコツ>

個室の外で足踏みの音が聞こえ、私を現実に引き戻す。
同時に、荒い息遣いも……。

――は、早く出ないと……っ!

私の膀胱は思ったとおり10秒程度に空になったが、スカートの前が握りこぶし程度に濡れて変色していて
個室の中も沢山汚してしまっていた。

――か、片付けなきゃ!

そう思い、紙に手を掛けるが、失敗を処理できるほど紙の残りが無い事に気が付く。
カバンに何かあるかも知れないと思ったが、個室の外でしゃがみ込んだときに手放していて、手元に無い。
このまま出たら、沢山失敗しちゃったことがバレてしまう。

226 事例8裏「篠坂 弥生」と断水の日。@弥生-後編-6 :2015/02/05(木) 19:40:37
「(やぁ……はぁ……んっ、…んはぁ……)」

外から余裕の無い息遣いが聞こえる。
……恩を仇で返すわけには行かない。
私は最小限の紙を取り、局部と足と下着を軽く拭き紙を便器に落とす。
その後レバーを倒し、下着を上げ――――当然冷たく気持ち悪かった……――――スカートのしみを目立たない横に回して身嗜みを整える。

<コンコン>
「あぁ…は、早く……ねぇ?」

「っ! ごめんなさい、今出ます」

突然催促されて、驚く。私は慌てて鍵を外すとこちらが開く前に、外から開かれる。

「あぁ! もうだめっ!」

その人は滑り込むように入って扉も閉めずに便器に飛びついた。
同時に恥ずかしい音が聞こえ、私は慌てて個室を出て扉を外側から開かないように持った。

「はぁ……はぁ……」<じゅううぅぅーーー>

扉の中から聞こえる勢いのある音。
たぶん私も聞かれていた恥ずかしい音。
私は顔が真っ赤に染まる、人前でなんな恥ずかしい我慢姿だけじゃなく、音消しも出来ずにこんな音まで。
それに、個室の中で溢れさせて……ほんの少し間に合わなくて……。

恥ずかしさから私は視線を下に落とす。

――……え?

個室の外に小さな水溜りを見つける。

――私、個室に入る前からこんなに失敗しちゃってた??

……。

個室の中ではまだ、恥ずかしい音が続いてる。
こんなに沢山……私よりずっと沢山……。
もう一度視線を床に向ける。

……。

可能性の話でしかない。
裏付けるものもまだ何も無い。
だけど……。

――これって、私のせいで……あの綺麗な女性が……?

私が出るのが遅かったから。
私が順番を譲ってもらったから。

こめかみから汗が流れ、唾を飲み込む。
もし本当にそうなら、凄く悪いことをしてしまった。

227 事例8裏「篠坂 弥生」と断水の日。@弥生-後編-7 :2015/02/05(木) 19:41:25
<ガチャ>

中から鍵が掛かる音がした。

「あ、あの!」

私は何か言わなくちゃと思い声を上げる。
中からすぐに返事が来ない。……私は続けた。

「ご、ごめんなさい……順番譲ってもらっちゃって」

中の様子が見えないからどうすればいいのか分からず
罪悪感から胸が痛む中ただ、じっと待つことしか出来なかった。
そして一拍の間をおいて中から声が聞こえてきた。

「……"ありがとう"じゃなく、"ごめんなさい"――なのね……」

私が意味を分からずにいると――

「……水溜り見っちゃったんでしょ?」

そう細い声で尋ねられ、さっきの言葉の意味も理解した。
失敗した……"ありがとう"と言うべきだった。――いや、後ろめたさがあった以上、"ありがとう"とは言えなかったと思う。
私はもう一度扉の外で謝る。

「ううん、私が無理せず電車に乗る前に済ませば良かっただけだから……」

中でごそごそと失敗の処理――――きっと気が付かず私の分まで……――――をしながら説明してくれた。
彼女は大学生で、昼からの講義に出るために大学に向かっていたところで
用事があって電車が来るギリギリに駅についてしまったこと、降りる駅は次の駅だったこと、そこまで我慢するつもりだったこと
我慢できそうになくなって、講義に間に合わなくなるけど、この駅で降りてしまったこと。

しばらくして、彼女が出てくる。

228 事例8裏「篠坂 弥生」と断水の日。@弥生-後編-8 :2015/02/05(木) 19:42:01
「えっと……目立つかな?」

私に濡れているところを涙目で恥ずかしそうに見せる。
黒っぽい色のスカートで、よく見ない限りは分からない。

「だ、大丈夫だと思います……」

それを訊いて、少し安心したような顔をした。
手を荒い、お手洗いを出て駅のホームに向かう。

「もうっ! 今年はトイレ運ないな〜」

彼女は少しワザとらしく明るく言って見せた。
その後、私を見てから少し不思議そうに言う。

「あなた、高校生でしょ? こんな時間に早退かなにか?」

私は肩を跳ねさせる。
でもそれは当然の疑問だと思う。

「えっと……その、…しちゃったんです」

「え?」

「ま、間に合わなくて……その……」

本当のことなんて言わなくてもいいのに……。
そう思いながらも小さな細い声で遠まわしに言ってしまう。

「あっ! ……えっと、ごめん変なこと訊いちゃった……」

気まずい沈黙が続く。

「わっ、私もね……えっと7月始め頃かな? 失敗しちゃったことがあってね……。
しかも、友達の妹の前でよっ! あれは死にたくなるくらい恥ずかしかったぁ〜」

私を励まそうとして明るく、でも真っ赤な顔で話す。
そのとき電車が来る。
そして、ふと疑問を感じて電車に乗る前に尋ねる。

「えっと、これから大学に行くんですか?」

「あ……、私この電車乗っちゃだめなんだ!」

ですよね。

おわり。

229 事例の人 :2015/02/05(木) 19:45:21
①とか②を使うとなぜかトリップに……

あけおめです

230 名無しさんのおもらし :2015/02/05(木) 20:34:03
覗いたら更新来てたぜ!
弥生ちゃん1日に二回も失敗するとは本当運がないね。そこがいいけど

231 名無しさんのおもらし :2015/02/05(木) 21:42:16
この女子大学生のシチェ良いね。こうゆうの好きだわ大学生が見られてるのを途中で気付いたらのを考えたら萌えるね。
綾菜も今回のシチェ見たいにならないかなぁ

232 名無しさんのおもらし :2015/02/06(金) 06:15:52
おっ、きてた

233 名無しさんのおもらし :2015/02/06(金) 11:30:51
イイハナシダナー

234 名無しさんのおもらし :2015/02/06(金) 22:28:06
ひょっとして花屋のお姉さんかな?なんにせよ、いつも良作をありがとう!

235 名無しさんのおもらし :2015/02/12(木) 00:05:08
事例の人が圧倒的で気後れしちゃうな

236 名無しさんのおもらし :2015/02/12(木) 02:58:25
ほかにも投稿者はいるし、気にすることも無いだろう
そんな理由で投稿者が減ってるとすれば哀しいことだが
実質専用スレみたいな始まり方だったし
事例の人が>>235のような意見を気にして投下に影響が出るほうがスレ的にまずい

237 名無しさんのおもらし :2015/02/15(日) 18:16:32
「じわる」に違う意味を見いだした…
ここの人なら理解してくれる気がした

238 名無しさんのおもらし :2015/02/15(日) 22:51:04
ま、文脈が出来てる場ではな

239 名無しさんのおもらし :2015/02/17(火) 05:03:59
重度の頻尿体質の私にとって、毎週末の礼拝はある種の罰だ。いつもは30分で終わるところ、今日は特に大事な時節なので2時間。始まって10分、すでに尿意は高まっている。神父様の味わい深い説教も耳を素通りしていく。足を組み替えたりもぞもぞさせたりしても尿意はごまかせない。

(説教はもういいから、早よ終わってよぉ)

1時間に満たない高校の授業でさえ毎回膀胱がヤバいのに、2時間の礼拝なんてとても耐えられない。
学校では、授業中に一度はトイレに行かせてもらう。今、そういうことはできない。私が席を立てば、親が周囲から白い目で見られるのだ。

思えば、地味に困るこの体質のせいで今まで損ばかりだった。
中学の修学旅行で訪れた沖縄でも、私一人のためにトイレ付き観光バスを手配してもらったり、夜中に5度トイレに起きたり、海に入って遊んでいるうちに身体が冷え、そのまま許されざる罪を犯したり、といった苦い思い出を作ってしまった。早急に忘れたいと思ってる。

(イエス様、はしたない私を憐れんで下さい)

240 名無しさんのおもらし :2015/02/17(火) 05:13:40
水滴が膀胱から数粒降りてきた。そうなってしまうと、お腹に力を入れるのはむしろ逆効果なので、出るに任せるしかない。水滴がパンツに吸われて広がる。きっと染みになっちゃってるだろう。

(ううっ、超みじめだよ)

私が澄ました顔で、既に数度ちびってると知ったら周りの人はどう思うだろう。
もう本当に絶望だ。出した量は相当のものになり、だんだんともわっとしたニオイを帯び始めている。もうちびったとかじゃないレベルだ。死が迫っている。目の前に走馬灯が浮かび、今までの人生での、間に合った場面や間に合わなかった場面が流れる。

(イエス様、私はどうしたらいいですか?)

背に腹は代えられず、席を立つ。案の定、周囲の見知った大人たちがジロジロと私、そして私の両親を見る。肩身の狭いだろう両親に謝りながら、教会堂の離れにあるトイレへ急いだ。長い間耐えたと思ったのに、腕時計を見ると礼拝開始から25分であった。

おもらしでベチャベチャになったパンツを脱ぎ下ろし、色のほとんど付いていないお湯を真っ白な陶器の中に思いっきり注ぎながら、私は神様が自分を頻尿に造ったいきさつについて思いを馳せた。
そして、20分ちょっとというしょっぱすぎるタイムリミットを設定し給うた神様を割とマジで呪った。

241 名無しさんのおもらし :2015/02/17(火) 06:30:20
最後の晩餐の時、イエス様はパンツをとり、感謝をささげ、弟子にあたえておおせになりました。
「皆、これを取ってはきなさい。これはあなた方のために渡される私の身体である」

長い晩餐の間、トイレへ立つのは無作法だと考え我慢しつづけ、ついにはしくじってしまった弟子達に
イエス様は慈悲を与えたのです。

食事の終わりに、イエス様は杯を取り、弟子にあたえておおせになりました。
「皆、これを受けて飲みなさい、これは私の血、あなたがたと多くの人のために流されて罪の赦しとなる血である」

せっかく履き替えたパンツが、晩餐が終わるまでにまた濡れてしまった弟子達がいるのを見て取り
イエス様は再び慈悲を与えたのです。

弟子達はワインを飲み、そのいくらかを口からこぼして前にしたたらせ、既に濡れていたパンツをワインで濡れたように
装うことができました。

聖餐とよばれるキリスト教のパンツとワインの儀式は
イエス様の身体と血を分かつという名目のもと、
このような頻尿体質に苦しむ哀れな羊たちに救いを示しているのでした。

242 名無しさんのおもらし :2015/02/17(火) 12:47:16
昼休み投下

243 名無しさんのおもらし :2015/02/17(火) 12:47:58
急に山に目覚めたお嬢は有り余るほどの金にものを言わせ、上等な登山用品一式をためらい無しに揃えた。
今日はそのお披露目の日。お嬢の山ガールファッションにも気合いが入る。両親譲りの整った顔立ちとスタイルに、付き添い一同はしばし見惚れた。
お嬢の山行の付き添いは、屋敷の若い衆全員だ。南アルプス阿利馬山から西尾根を縦走、珠敷峰の頂きを踏む。初心者にしてはハードなルートだ。お嬢は弱音も吐かず、我々に配慮する余裕まで見せながら一歩ずつじわりじわりと登る。

珠敷峰の頂上まであとちょっとという所で、我々は梯場に到り着いた。ラスト前の最大の難関だ。

「李世が先に昇るわ」

勇ましい勢いで梯を昇るお嬢。我々一同は直下の足場でお嬢の姿を見守る。
しかし、ちょうどお嬢の腰が我々の頭上の高さまで来た時、お嬢の手は止まった。

「お嬢、いかがなさいましたか!?」

捻挫をした? 体調が悪いのか? 我々は急いで救急の準備をテキパキと進める。

「もう昇れないよぉ……」

「何か、支障が!?」

「そうじゃないの……」

お嬢の弱々しい涙声を聞いて、我々は事情を察する。お嬢は「手を滑らせたが最後、3000m下の麓まで落ちちゃうのではないか?」と述べる。もちろんそれは杞憂だ。梯から手を離しても、我々の立つ足場より下に落ちる事はない。
お嬢の小心と泣き虫は18歳を過ぎても未だ治っていなかった。

244 名無しさんのおもらし :2015/02/17(火) 12:49:06
「とりあえず下から皆で支えますので、そのまま降りてきて下さい!」

「恩に着るわ」

お嬢の足とおしりを数人がかりでしっかり支える。言葉を探し探し、お嬢をなだめる。お嬢はまだ動かない。昇りも降りもしない体勢でピタッと止まっている。その姿を見て、我々は差し迫った状況なのに笑ってしまいそうになる。
そんな状態のまま数分が過ぎた。 突如お嬢が大声を出す。

「みんな、李世から手を離して!」

むろんそんな無責任は赦されない。我々は支える手に力をいれる。すると、お嬢が全身の力を抜いたようで、おしりのもったりした重たさが急に増した。

「もう、やだぁ……………
…………ぁ、ふぁ………………」

お嬢が声を漏らすと同時に、 我々の手に、頭に、ぬるい雨が降る。お嬢のボトムスがシャワーを浴びたようにひたひたになる。ピチャピチャッ、という水が岩場を打つ音のあと、お嬢の失敗は終わった。自分の無様さを受容できず、お嬢はすみやかに失神し、ふらっと梯から落ちた。……

245 名無しさんのおもらし :2015/02/17(火) 12:50:22
我々以外に誰もいない頂き。お嬢は隅のほうの目立たない場所で体に残った水をジョロジョロと放っていた。
あの大失敗のあと、お嬢はぎゃん泣きしながらも梯を昇り切った。一つの事を達成したお嬢を遠巻きに見ながら、それでも我々は、彼女の成長をしみじみ実感していた。

246 名無しさんのおもらし :2015/02/17(火) 21:01:05
お嬢!我々が紳士だなー

247 名無しさんのおもらし :2015/02/18(水) 02:13:12
事例氏応援投下
弾切れです。スレ汚しすみません:

248 名無しさんのおもらし :2015/02/18(水) 02:15:03
私はエルサレムにいる。

人として生まれたからにはイスラエルへ行かない道理はない、という両親の思い付きの旅。誰もが知る名所を一通り回る旅に、高校の冬休みを利用し私も連れだって向かう事となった。旅行好きの両親のもとに生まれた出無精の私は、慣れない海外での三日間に一抹の不安を感じていた。
私の最大の問題はトイレ。日本での生活で私は、トイレの位置案内アプリを多用している。日本国内の各都市を網羅し、最寄りのサイトを指し示すものだ。
ただ、イスラエルはもちろん範囲外。アプリがカバーしていない地域を訪れる事は、私にとって自死と同義だ。

「お姉ちゃん、角におトイレがあるぞ? 行かないでいいのか?」

旧市街の埃舞う通りを歩きながら父が言う。

「恥ずかしいからやめて、……まだ大丈夫だよ」

「今行っておきなさい。先週のおつかい帰りみたいになったら大変だわ」

母が直近の失態を持ちだして注意を促す。一緒に付いてきた4歳の弟と7歳の妹は、私に配慮してしらんぷりをしている。ありがたいのと同時に恥ずかしい。弟と妹はトイレが信じられないほど遠い。半日ほど行かずとも全然大丈夫なようだ。トイレの不安があるのは私一人だった。

「もよおしたら、漏らす前にちゃんと言えよ、お姉ちゃん。いつでも寄ってやるから大丈夫だぞ」

直球の言葉に私は赤面した。父はからかっているのではない。マジで言っている。
私の真新しい旅行鞄は、三日分以上の着替えが詰まってパンパンだ。もちろん、予期せぬ事態に備えてのものである。両親にとって、旅行中の私の失敗は想定内なのだ。

朝のうちは、トイレに数度寄ってもらったので、ピンチはなかった。そのたびに弟と妹は待たされて不満そうだったが。昼までに名所のほとんどを回り、お買い物も済ませた。ランチでおなかが満たされるとやっと、イスラエルへ来たという感慨がわいた。

249 名無しさんのおもらし :2015/02/18(水) 02:24:20
聖墳墓教会はさすがに凄まじい人だかりだ。それなのに、聖堂の中は人の多さに反して静か。錯覚に陥ってしまった気分になる。イエスの歩いた道、ヴィア・ドロローサの末尾。十字架の上の真理と正対する。

ふいに父が、

「O Jerusalem,Jerusalem……」

と呟いた。そのさまが芝居がかっていたので、そばにいたイギリス人のカップルがニヤニヤする。
母は弟と妹の手をしっかり握り離れないようにしている。

教会の内部を彩る装飾に目を奪われ、私は一人教会内の各部屋を回った。紀行や写真でしか見聞きしなかった憧れの場所に今、自分が居るという事実に胸が高鳴った。旅行に来て初めて素直に楽しいと思った。
教会堂の中央では典礼が絶えず執り行われている。私は伝統的なその儀式を眺めてうっとりした。

250 名無しさんのおもらし :2015/02/18(水) 02:29:47
教会の中は簡単に見通せるほどの広さだった。人を見失うはずはない……そう思ってた。

(みんな、どこ行ったの?)

両親、弟、妹。みんなを見失って私は一人だった。心臓が早鐘を打ち、心細さから目が潤んでしまう。周りを見回すが、姿は見当たらない。みんな、もう外に出てしまったのだろうか。私は置いて行かれちゃったのだろうか。
教会の外へ出ると、目の前には砂っぽい異国の街並み。不安がごまかしきれなくなる。

(天にまします我らの父よ……)

思わずとっさに祈る。それしかできなかった。
お腹にたぷたぷと水が溜まってきた。頭が真っ白、そして手のひらの脂汗がひどい。姿勢がつらいのでその場でへたり込んでしまう。
教会の入口で一心に祈りながら地べたに座る私を見て、周りの観光客が手を差し延べる。私が信仰心から感極まり、取り乱していると勘違いしているのだ。私は外国語でなだめられる。彼らの手を取りなんとか立ち姿勢を戻した。

その姿勢がダメだった。

(うぁ……!)

太ももからふくらはぎへ、筋になって温かいものが走る。最初、下着から血を垂らしてしまったのかと早とちりした。でも、血ではない、もっとさらさらした液体だ。父達を探すのに夢中で尿意をすっかり忘れていたが、私は無意識の内におもらし寸前まで我慢していたのだった。恥ずかしさより、湿った下着やタイツが肌にはりついている気持ち悪さの方がまさっていた。

(もう、死ねるわ私)

親切な観光客たちに慰められながら、私は焦点の合わない目でエルサレムの街並みをみつめていた。ローファーの中の足の裏にぶちゅっとした水っぽさを感じながら、今年に入って三度目の信仰否認をした。はっきり意識があったのはそれまでだった。

251 名無しさんのおもらし :2015/02/18(水) 12:37:14
水遊びの大好きなお嬢のために我々はマイクロバスでいつもの場所へ向かった。夏に入ってから毎週のようにお嬢にせがまれている。岐阜の山あいの道をしばらく進むと、お嬢お気に入りの水遊び場に到着する。水遊び場といっても、人の見当たらない川の下流の天然の溜まりである。

岸辺に用意したついたての中で水着に着替えたお嬢は待ちきれないとばかりに溜まりへ入る。

「お嬢、水の色の変わってるところへ入ってはダメですよ!」

「承知したわ」

「それから、お疲れの時はいつもの通りアイツが道の駅まで運転しますので、なんなりと」

「ありがと! ねえ、みんなも遊ぼ!」

お嬢は何度来ても非常に楽しそうにするので我々としても連れて来甲斐がある。

252 名無しさんのおもらし :2015/02/18(水) 12:41:16
昼、幼い娘を連れた若い夫婦が林道側から溜まりへ入ってきた。溜まりで人を見るのは珍しい。父親は我々を一瞥する。

「ほら、今日はお兄ちゃん達が遊んでるから、また今度な」

「いや! 今日遊びたいの!」

「姫、ワガママ言わないの」

我々は余りにいたたまれないので、帰ろうとする二人を呼び止める。

「占用してしまってすみません、よろしかったら彼女と遊んでやってもらえませんか?
ついたても有りますんで、どうぞお使いください」

母親は明らかに不審な目をしているが、姫ちゃんはとっても嬉しそうだ。

253 名無しさんのおもらし :2015/02/18(水) 12:45:24
お嬢と姫ちゃんは直に仲良しになり一緒に遊び始めた。お嬢のふわふわだった髪は濡れてちょっとぺたっとしている。姫ちゃんの両親と我々は二人を岸辺から眺める。

「姫ちゃんは5つなんですか」

「そうなんです。来年は小学生なのに、利かん坊で、気に入らないことがあると大泣きしたりして……」

「お嬢とおんなじだな」

談笑していると、姫ちゃんが不意に我々を呼んだ。

「みんな、李世ちゃんが変!」

お嬢に目をやると確かに顔色が悪い。我々はとっさに足をつってしまったのだと直感した。

「え? 李世なんともないよ? ホントなの、みんな信じて、李世なんともないの!」

お腹まで水に浸かり、屁っぴり腰のまま止まっているお嬢。足をつってしまったのは明らかだ。そのまま一分間、静かな溜まりは時間が止まってしまったかのよう。
目をつむって身体を緊張させているさまはとてもつらそうで見ていられない。我々はもどかしい気持ちだった。

お嬢の頬がホッと緩み、そのままじゃぶじゃぶと岸辺へ歩いてきた。

「なんだかお屋敷に帰りたい気分になっちゃったわ」

「お嬢、足は大丈夫なんですか?」

「足??…………ええ、ええ、大丈夫よ。じゃあ、ついたてでお着替えするね」

目が泳いでいるお嬢。我々につらいそぶりを見せまいとするいじましさが胸を打つ。ついたての中で、鼻歌までうたって。

254 名無しさんのおもらし :2015/02/18(水) 12:50:53
「バイバイ、姫ちゃん」

親娘にさよならを言うと我々はバスを発車させた。お嬢の顔には血が戻っており、むしろ頬に赤みがさしているほどだ。お嬢はいつも以上に饒舌だった。

「お屋敷が恋しいの。帰り道、急いでね」

「お嬢、本当に気分はよろしいのですか?」

「ええ、本当に大丈夫。
……遊んだらおなかがすいちゃった、お夕飯が楽しみね」

お尻を落ち着きなさそうに気にするお嬢を乗せて我々は帰路を飛ばした。

「さっきから変なにおいがするの。何のにおいかなぁ?」

「そうですか? 我々には感じませんが……」

255 名無しさんのおもらし :2015/02/18(水) 13:42:39
賑わってきたというより
とっ散らかってきたように思えるのはなぜだろう

256 名無しさんのおもらし :2015/02/18(水) 17:33:11
失禁描写がアッサリなのがアレだな

257 名無しさんのおもらし :2015/02/18(水) 19:46:24
確かにもう少し描写が欲しいのは同意だけど、こういうのも嫌いじゃないな
千夜一夜の初期頃はこういう作品のが遥かに多かった
むしろ長編の濃い描写が大作などといわれてた稀な作品だった

258 名無しさんのおもらし :2015/02/19(木) 00:39:37
1スレ目を思い出す

259 名無しさんのおもらし :2015/02/19(木) 02:18:55
初期スレ見てきたが勢いとフェティッシュと謎設定に溢れていて笑える

260 名無しさんのおもらし :2015/02/19(木) 03:40:24
それにくらべると今は・・・

261 名無しさんのおもらし :2015/02/23(月) 00:02:36
俺は今の方が好き

262 名無しさんのおもらし :2015/02/23(月) 00:53:07
今の看板作品は好き(特に初期)
小説スレとしては申し訳ないがあまり…
昔は珍妙な設定やちょっとした感想のやりとりにもリビドー直撃するようなものが多かった

初期千夜一夜は良くも悪くも独特すぎたな

263 名無しさんのおもらし :2015/03/01(日) 14:11:29
>>256
描写があっさりなせいではないとおもう

264 名無しさんのおもらし :2015/03/21(土) 00:20:46
すっかり過疎ってるな

265 名無しさんのおもらし :2015/03/27(金) 00:58:20
事例さん来て!

266 名無しさんのおもらし :2015/04/06(月) 14:38:52
事例の人忙しいんかな?
急かしてるふうになると申し訳ないけど

267 名無しさんのおもらし :2015/04/06(月) 23:57:40
>>4  EX 3/14
>>16 6前 4/17
>>36 6後 6/1
>>60 追3 6/4
>>73 2.1 7/7
>>84 7 7/21
>>156 8 10/18
>>188 8裏前 12/2
>>221 8裏後 2/5

2ヶ月開きってことも珍しいことではない
調べるためにさかのぼってみたが目次代わりにもなるかな
事例作品以外が思ったよりあって意外だったが
書き手同士の交流はほとんどなかったり
事例の人も感想に対するレスポンスがあったりなかったりいろいろなんだな

268 事例の人 :2015/04/07(火) 01:07:58
遅筆で申し訳ない
事例9の文章の方は大方出来上がってますが、挿絵が準備できてないので――遅くても4月中には

感想に対するレスポンスはしたつもりで実際はしておらずタイミングを逃したとか
応答すると長くなりそうな場合、他の方が書き込みにくいかな……と悩んでたり色々です

感想などいつもありがとうございます

269 名無しさんのおもらし :2015/04/07(火) 14:00:09
期待してます!

270 名無しさんのおもらし :2015/04/08(水) 01:54:12
事例の人の挿絵やイラストは
荒削りだけどなんというかこの趣味における萌え要素をしっかり捉えてて好き

271 事例の人 :2015/04/17(金) 00:59:17
>>269-270
ありがとう!

272 事例9「朝見 呉葉」と聞こえない『声』。1 :2015/04/17(金) 01:01:03
静まり返った廊下。
校庭では朝の部活動を行う人もいるが、校舎内にいる生徒は極少数。

私は一人廊下に張り出された“結果”を深呼吸して――覚悟を決めて見上げた。

――っ……朝見さん…やっぱり一番左側……。

そのすぐ隣には一番見慣れた自身の名前が見て取れた。
私は嘆息しながら視線を落とす。
勉強で誰かに張り合おうなんて思ったこと高校入試の時を除いて考えたこと無かったが、今回ばかりはちょっと悔しい。

私はその場を離れ教室へ向かう。
自覚できる程度にはゆっくりとした歩幅……。
思った以上に私は落ち込んでいるらしい。
それは順位で負けたことにではなく、たぶん――

「……」

足を止める。
私はそんなにも朝見さんとの仲を回復したいのだろうか。
回復……もとより好感度がプラス側になったことは無いのだろうけど、今の関係は何かと厳しく言われていた時よりも酷く、そして辛く感じる。

そんなことを考えていると正面から朝見さんが歩いてくるのに気が付く。

教室とは方向が違うから一瞬疑問に感じたが、すぐに理解した。
同時に何もない廊下に立ち止まっている自身の不審な行動を理解して慌てて足を前に出す。
そしてすれ違う。
朝見さんは視線を私に向けず――いや、態と視線を外していた。

「はぁ……」

朝見さんに絶対に聞き取られない程度に離れてから胸を撫で下ろしながら嘆息した。
無視されていようがなんだろうがやっぱり苦手なものは仕方がない。

とりあえず仲直りは失敗。
というか、勝つとなぜ仲直りできるのか知らないけど。

――あとで皐先輩に文句言ってやろう……。

「出来ますよ、綾菜さんなら……」とか言う妄言を信じた――わけではなかったけど
無根拠で無責任な態度に無性に苛立ちを感じてきた。
朝見さんが泣きながら――っと言う件も私と朝見さんを生徒会に入れるための方便だったんじゃないかとさえ思える。
今更ながらではあるが、あの朝見さんが泣くとは思えない。

教室に入り自身の席に座る。
時計を見ると朝のHRまであと30分もある。
クラスでも数少ない話し相手、まゆと弥生ちゃんも居ないとなると時間の使い方が分からない。
そんな理由もあって普段はそれなりにギリギリに来るわけで……。

私は席を立つ。クラスメイトが来た時こんな朝早くから無駄に長時間座ってるところとか見られたくない。
だけど、教室を出たところで行くところもなくフラフラと校舎をふらつく。
気が付くと、また中間テスト順位の張られた廊下にまで来ていた。

273 事例9「朝見 呉葉」と聞こえない『声』。2 :2015/04/17(金) 01:01:46
――っ! 朝見さんまだ居る……。

ここで引き返してもいいのだけど、もし後姿を見られたりしたら
明らかに途中で引き返したことになり……なんだかいやだった。

こっちに来てしまったことを後悔しながら、私は可能な限り足音を立てずに後ろを通り過ぎようとしたが……振り向かれた。

「…っ!」

振り向いた朝見さんは目を丸くして驚いた。

「あ――……」

朝見さんは言葉をつむぎ掛け、すぐに視線をそらし口を手で押さえて逃げるようにその場から居なくなる。
何がなんだか分からず、朝見さんが見ていた順位に自然と目が行く。
何度見ても変わらない。一番左が朝見さん、次点で私。

「やっほーあやりん! 何見てるのーって順位発表かー」

私に駆け寄り、後ろから肩越しに話しかけてくるまゆ。
どうして順位に興味のないはずのまゆがここに居るのか少々疑問に思うが
まゆの行動理由は良くわからないことが多いので、気にするだけ無駄かもしれない。

「……おは――」「わぁ! 凄いじゃんあやりん!!」

挨拶を返す隙もなく順位を見ながら後ろから私の肩を持つ。
確かに2位ってだけでも頑張った方だとは思うけど。

「あやりんも1位なんて吃驚だぁー」

――え?

私は1位という言葉に驚きもう一度順位発表を見る。
確かに一番左は朝見さんで、次点で私。何度見ても変わらない。
だけど……私は名前のもう少し上に視線を向けた。

朝見さんの上には1と言う文字。そして私の上には……。

「……1?」

更に横に視線を移動させると3と言う文字が記載されていた。
つまり――

274 事例9「朝見 呉葉」と聞こえない『声』。3 :2015/04/17(金) 01:02:44
――
 ――

<キーンコーンカーンコーン>

三時限目が終わり休み時間開始を告げるチャイムが鳴る。
私は席から動かず、惚けてしまう。

「おーい、あやりん?」

気が付くと目の前には呆れた顔のまゆがいた。

「……えっと、なに?」

私のその態度に少し困った様にして言った。

「さっきからずっと呼んでたんだけどねぇ……」

「……え、ご、ごめん」

どうやら、呼ばれる声に私が気づいた時には既に何度も私を呼んだ後だったらしい。
そんなに惚けていたとは……失敗した。

『ん……お手洗い……行っておかなくちゃ』

不意に『声』が聞こえてくる。――この『声』は……弥生ちゃんみたいだ。
横目で弥生ちゃんの姿を捉えると、一人パタパタとした動きで教室を出て行くのが目に入った。
トイレ……『声』が聞こえたのだから当然私も催していた。
朝済ませてから行っていないし、『声』を聞くために朝は多めに水分を取っているから当然といえば当然。

「あやりーん?」

余所見をして考え事をしていると不満げな声が聞こえ、私は再度まゆへ視線を向ける。
すると、嘆息した後周囲を軽く見てから小さめの声で言った。

「呉葉ちゃんとバドミントン組むことになったの気にしてる?」

私は苦虫を噛み潰したような……と、まではいかないものの、図星をつかれて視線を逸らしながら無表情を崩した。
さっきの時間で体育祭――――と言っても運動会のような大きな行事ではなく、いくつかのスポーツをクラス対抗でするレクリエーションのようなもの――――の
出場競技を決めることになって、先生の突飛な企画により、全員くじ引きで競技を決めるという非常に迷惑なこと極まりない方法で
私と朝見さんが、バドミントンのダブルスに決まってしまい、どう接するべきかでものすごく頭を悩ませていた。

275 事例9「朝見 呉葉」と聞こえない『声』。4 :2015/04/17(金) 01:03:32
「何があったか知らないけど、仲直り……したいんでしょ?」

私はその言葉に驚いてまゆの方を見る。

「勉強頑張ってたのも、気を引くためなんじゃないの?」

「ち、ちがっ――……そんなんじゃ……」

私は顔に血が上るの感じる。真っ赤になって否定して馬鹿みたい。
実際仲直りできると聞いて勉強してたんだから強ち間違いではないし……。

――というか、勉強頑張ってたのバレてたんだ……。

学校じゃ頑張ってるのを隠していたつもりだったのだけど――

「バレてないと思った? なんとなく分かったし、ノート見た時に確信できたよー」

らしい。恐るべしまゆ。
もしかしたら朝成績の貼り出しを見に来ていたの私の順位を見るためだったのかもしれない。

――ん……。
不意に尿意の波を感じた。

――トイレ行っておいた方がいいかな……。

弥生ちゃんもトイレへ行ったし、めぼしい『声』も今は無い。
このまま我慢を続けても無駄になる可能性も十分にある。
何より、このまま次の授業を受けるには少し尿意が強すぎる。
私は椅子を引き立ち上がった。

「あ、そろそろ行く?」

「……え?」

「だから更衣室でしょ?」

――あ……そっか、次は体育だっけ?

「……体育って今日何するんだっけ?」

「さっき先生言ってたじゃん、体育祭の練習って、だから……あやりんは呉葉ちゃんとバドミントンだろうね」

……。
私は嘆息して肩を落とした。

276 事例9「朝見 呉葉」と聞こえない『声』。5 :2015/04/17(金) 01:04:27
――
 ――

私はバドミントンのシャトルを拾いながら、少し後悔していた。

――トイレ…行けなかったなぁ……。

四時限目が体育であることを失念していた事と、着替えた後に向かったトイレが混んでいたことで済ませることが出来なかった。
すでにそれなりに辛いと思えるほどには溜まっているし、更に10月中旬にしては少し肌寒い日であり……辛い。

「はぁ……」

嘆息しようと息を吸った時、朝見さんが嘆息する。私は静かに息を吐き、少し視線を落とす。
だけど、会話しないわけにも行かない。「関わらない」と言った朝見さんもこういう時くらいは多少は反応してくれるはず……。

「……えっと、朝見さん……はい、シャトル」

「えぇ、…ありがと」

――……あー、うん、気まずい。

バドミントンの競技に選ばれたのは私たち以外に4人居る。
とりあえず、ダブルスのもう一組の二人と適当にラリーしているのだが……ほとんど会話が無い。
もともと私も朝見さんも他人と話すほうではないし、相手の二人もくじ引きで選ばれただけあって仲が良い訳でもない。
試合形式にしようとか言うこともせず、黙々とラリーしているだけ……。

トイレには行きたいし、気まずいし、誰の『声』も聞こえないし……早く時間が経つことばかり祈っていた。
横目でバスケットの競技に選ばれたまゆを見る。元気が良くて、周りを巻き込んで汗を掻いて楽しんでる。
改めてまゆがいない時の自分のダメさ加減を理解する。

――ブルッ……

尿意の波に身体が震え、そわそわと動かしたくなる身体をラケットを握り締め宥める。
寒さもそうだけどいつもと違う環境で緊張してしまっているのも原因かもしれない。
私は体育館の壁に付けられた時計を見る。

――……あと10分か。……我慢できないわけでもないし、着替えも後回しにすればいいし……頑張ろう。

「はぁ……」

また隣で少し暗い顔で朝見さんが嘆息する。私はそれに気が付かない振りした。

277 事例9「朝見 呉葉」と聞こえない『声』。6 :2015/04/17(金) 01:05:30
<ピーー>

先生のホイッスルの音が聞こえる。
授業終了3分前、どうやらやっと終わりらしい。

「もう良い時間だからそこまでね、今日の日直は倉庫へ使ったものを片付けてから昼休みにしてね」

先生はそれだけいうと体育館を出て行き、それに続くように他のクラスメイトも順番に出て行く。

――日直か……。

今日の日直は朝見さんと檜山さん……なのだけど、檜山さんの競技はミニサッカーなので外で行われていて、この場にいない。
……凄くトイレに行きたいんだけど――手伝った方がいいよね?
視線を朝見さんの方に向けると既に片付けのために行動していて、私も無言でそれを手伝うことにした。

「あやりーん、呉葉ちゃーん手伝うよ」

まゆがそういって私たちに駆け寄る。
朝見さんが小さくお礼を言ったので、私もそれに続いた。

バスケットボールやバドミントンのネット、ポールはともかく、得点板とか使わないなら出さなきゃ良かったと思いながら、片付けを続ける。
朝見さんと狭い倉庫に入り、得点板をなるべく邪魔にならない奥のほうへ入れ込む。

……?
どうも朝見さんがさっきから何か焦っているように見えるけど……。

「ねぇ、ここ置いておくよ?」

倉庫の入り口の方でまゆの声が聞こえる。

「……それで全部?」

「うん、全部かな? 先教室戻ってるねー」

「……うん、ありがとう」

本当は残って居てくれると気まずくならずに済むのだけど……仕方が無い。
片付けの作業を再開する。だけど――

<ガッシャーン>

大きな音が倉庫の扉の方から聞こえて驚き振り向く。
扉が閉まってる……今の音は何かが倒れる音と、扉の閉まる音。

「黒蜜さんよ。多分ポールの置き方が悪かったんじゃないかしら」

「……そうだね」

朝見さんが私に視線を向けずにつぶやいたその言葉に、私は短い台詞を返す。
会話といえるかどうか分からないが、朝見さんから話してくれるとは思ってなかっただけに――ちょっと嬉しい。

278 事例9「朝見 呉葉」と聞こえない『声』。7 :2015/04/17(金) 01:06:33
倉庫の中での作業を終えて、まゆが運んでくれた物を倉庫に入れるため、扉に手をかける。

<ガチャン>
「……あれ?」

<ガチャン、ガチャン>

上手く開かず再度何度か引くが、何かが引っかかり5cm以上開かない。
ここ数年前に付け替えられた様な綺麗な引き戸で、今までに私が経験した中では、こんなに開き難いなんて事を感じたことは無い。
私はもう一度引いてみるが、やはり開かない。

「開かないの?」

「……うん…あ、もしかして――」

私は引き戸に顔を近づけて隙間――――開く方でない方――――から外を見る。
そこにはバドミントンのポールと思しきものが心張り棒のようになっており――最悪……開かないわけだ。
私の行動を見て朝見さんも状況を察したらしく、すぐに扉を叩いて、体育館の外の誰かに気が付いてもらおうとするが――

「うそ? もう誰も居ないの?」

体育館からは物音ひとつせず、ただ、扉を叩く音が響いているだけ。
皆が出て行った後、まゆだけが手伝っていたし、誰も居なくて当たり前……。
次がお昼休みなのも運が悪い。

「……携帯もないし……閉じ込められた? っ……」

私は落胆すると同時にことの重大性をある欲求から理解した。

――トイレ……どうしよう……。

片付けなんて本当はしたくないくらいにトイレに行きたかったし、着替えも後にして先に済ませようとさえ考えていたくらいだ。
もし、昼休みの間ずっとこのままなんてことになれば、正直危ないかもしれない。
せめてもう少しまともにバドミントンをしていて、汗を掻いていたならその分体内の水分を失うことになっていたと思うが……。

私は横目で朝見さんを見る。また、朝見さんに恥ずかしい姿を見られるなんて事絶対に避けたい。
出来るなら我慢してること事態気が付かれたくない。
思い出したくも無いバスでのことが脳裏をよぎり、息苦しさと、ざわざわした感覚が私を襲う。

――……冗談じゃない、あんな思い二度と感じるなんてこと……。

……大丈夫、まゆや弥生ちゃんが気が付くはずだ。朝見さんと私が居ないとなれば、更衣室や体育館を見に来る。
そんな時間は掛からないはず、30分――いや、早ければ20分程度で……。

……?

横目で見ていた朝見さんの動きがどうも落ち着いていないように見える。
ついさっきも焦っているように感じたし、閉じ込められたと分かってすぐに扉を叩いたのも、いつもクールな朝見さんらしくなく違和感を感じた。
私と一緒に閉じ込められて苛ついている、もしくは単純にこんな事態になったことに不満があるのか。

「……はぁー…」

バドミントンしている時よりも少し深く嘆息して、不安げな顔をしたあと私の視線に気が付き、慌てた様子で身体ごと後ろを向く。
体育をするために後ろで纏められた髪の間から見える耳が、少しだけ赤くなっているように見える。
私も朝見さんから視線を外して、二人っきりである気まずさ感じつつ、彼女の不信な行動について考え、ある答えに辿り着く。

――……朝見さんも我慢してるんじゃ…?

だけど、その答えには疑問が残る。
なぜなら、仕草に出るまで辛い尿意を抱えている朝見さんの『声』が今の私に聞こえていないから。
私はその答えを否定する。

279 事例9「朝見 呉葉」と聞こえない『声』。8 :2015/04/17(金) 01:07:44
――でも……可愛かった…かも。

事態は何も解決していないのにそんなことを考えてしまう。
私は頭の中だけで頭を振り、とりあえずどうすればいいか考える。
人が居るであろう校舎から離れた場所に位置するここからでは、大声を出しても気が付いてもらえない。
だったら、多少の不安はあるが、やはりまゆを待つのが定石……。
そして立っているとどうしても落ち着かないので、それを誤魔化すために体育倉庫の奥のほうにある積み上げられた体操マットのところまで行き
それを背もたれにして膝を立てて座る。立っているよりも我慢の仕草を気が付かれ難い……と思う。

「……あ、朝見さんも…座ったら?」

「そう…ですね」

そう言うと、私に視線を向けずに隣へ来る。
私が手で腰を浮かしてマットの端の方へ移動すると、朝見さんは反対側の端へ腰を下ろした。

……。

1分、2分……5分たっても会話が無い。

「……あ、あの…朝見さんの体育の時のポニーテール…、えっと……可愛い…よね」

――……何言ってるのよ私っ!!

体育の時だけ髪を纏めているポニーテールについて触れようと思ったが後が続かず「可愛い」と言ってしまったことを後悔する。
ちなみに、ポニテが特別に好きなわけでもなく、普通にロングも同じくらい可愛いと思うけど。

「雛倉さんは、ツインテールだかおさげだか、わからないけど……」

「……こ、これ、まゆがいつも勝手に……」

私は髪を触りながら、自身の髪型が不本意であることを説明しつつも、そっけなく答えた朝見さんの声に違和感を感じていた。
少し声が震えてる……それによく耳を澄ませば息も少し荒い。

「無理に会話するのやめにしない……?」

朝見さんは私に言った。
その声はやはり震えていて、視線を向けると膝を抱くようにして何かに耐えるような顔をしている。
体調が悪そう――というより……やっぱり尿意を感じているように見える。
でも相変わらず『声』は聞こえない。……私は朝見さんの『声』を一度も聞いたことが無い。

280 事例9「朝見 呉葉」と聞こえない『声』。9 :2015/04/17(金) 01:09:41
――ぁ……んっ……。

不意に来た尿意の波に私はつま先を上げ、体育館シューズの中で足の指を握り耐える。
波が引き聞こえないように一息ついたときに再度朝見さんについて考える。
これほどまでに我慢してるのなら『声』が聞こえるものだと思っていたが
朝見さんは仕草から我慢しているようには見える――――もちろん、とても可愛い――――が現実問題として『聞こえない』。
根本的に私と朝見さんの波長が合っていないのならば、まゆと同じように滅多に『聞く』ことが出来ないなんてことは確かにある。
だから、今の私の状態で“『声』が聞こえない”=“尿意を感じていない”は確かに成立しない可能性は十分にある。

だけど……正直それは信じられなかった。
尿意の波長に関しては慣れているわけで……実際、朝見さん以外の同級生すべての我慢した『声』を聞いたことがあるから。
確かに逆を返せば、朝見さんだけ『声』を聞いていないのだから、波長が合っていないとも言えるかもしれないが……ん、えっと……――

――ぅ……だめだ、尿意も強くてよくわからなくなってきた……。

私は小さく深呼吸する。
落ち着くために行った行為だが、意識が内面に向くことで尿意をより強く意識してしまう。
下腹部はパンパンとまでは行かないがずっしりと重く、張ってきているのが触らなくても分かる。
閉じ込められてからまだ10分も経っていないと思うが、状況と寒さがより尿意を加速させているのかもしれない。
そしてそれは朝見さんも多分同じで……。
視線を朝見さんに向けると、その横顔には寒い状況でありながら汗が光り、辛そうに見えた。

【挿絵:http://motenai.orz.hm/up/orz52553.jpg

「……朝見さん…えっと、大丈夫?」

私はつい尋ねてしまう。
朝見さんはそんな私に一瞬だけ目を向けた後、すぐに自分足元に視線を戻す。

「大丈夫よ……」

朝見さんは立てられた膝の下に手を回して、太腿を抱くようにして弱弱しくそう答える。
全然大丈夫なように見えない……。
だけど、それ以上追求することも出来ず、私はしばらく視線を外す。

「はぁ……はぁ……」

荒い息、身じろぐ音が微かに隣から聞こえてくる。
『声』は聞こえない……私はダメだと分かっていながら再び朝見さんの方に視線を向ける。
目に映るのは、落ち着かない足、不安で辛そうな顔。
感じ取れるすべての動作が尿意を感じている……そう私には見える。――やっぱり…可愛い。

「っ! ……見ないでよ」

朝見さんは、私の視線に気が付き、弱弱しい声色で拒絶する。
当然の事。我慢してる姿なんて見られたくないだろうし、彼女に限れば私の嗜好を知っている――――と思う――――から尚更で……。
私は「……ごめん」と言って一度視線を外すが……だめだ、気になる。

281 事例9「朝見 呉葉」と聞こえない『声』。10 :2015/04/17(金) 01:11:21
バドミントンをしている時から感じていたであろう尿意。
ラリー中に時折嘆息していたのは嫌気や気まずさからではなく、尿意への不安からだったのかもしれない。
そしてその尿意は、今や私に隠せないくらい強い尿意になり、朝見さんを攻め続けている……そう思うだけで心臓が早鐘を打つ。
どれくらい限界なのか知りたい。『声』が聞きたい……でも、聞こえない。
そんなもどかしさを感じつつもこの状況のままでいいのか不安を感じる。

――……まゆ全然来ないし…このままじゃ朝見さん…下手したら私まで……。

波が来ていないうちはいいが、可愛いとかなんとか言ってられないくらい私自身、気が抜けなくなってきた。
私は立ち上がりもう一度扉に手を掛けるがやはり開かない。
ほんの少し見えるポールを隙間からどうにかできないかと考えるが、ほんの数ミリの隙間では手や倉庫にあるものではとても通りそうに無い。

――んっ! 波が……。

少し大きな波が私を襲う。
平静を保たないと……そう思うが、どうしても身体が言うことを聞かず強く腿を閉じ合わせ小さく腰を揺する。

「ん……はぁ…」

波を越えて熱い息を吐く。
失敗は無かったけど……多分朝見さんに見られたし、気が付かれた気がする。
その証拠に辛い顔をしながらも朝見さんはこちらを何か言いたげに見てるし……。

顔に血が上り、自身の顔が赤くのなっているのが分かる――恥ずかしい。

「そうよ……皆恥ずかしいのよ……それなのに――」

視線を逸らしながら辛そうに一言一言紡ぐ朝見さん。
言いたいことはわかる。――そんな姿を見て楽しんでいるなんて良くない。

「……分かってるけど…仕方ないじゃない……好きを簡単にやめるなんて出来ない……」

私はそんな恥ずかしがってる姿も含めて、我慢している誰かを見るのが、聞くのが、そして『声』が凄く好きで――譲れないのだから。

「し、仕方ないって――んっ、あぁ、んんっ……」

朝見さんが台詞の途中で下を向き太腿を抱える右手だけを大切な部分へと押し当てる。
私はそんな朝見さんを見てやっぱり鼓動が早くなる。
溢れてしまいそうになって、見られてるって分かっていながら、押さえないと我慢できない。
たとえ、見られてる相手が私みたいな嗜好を持っているって分かっていてもその衝動を抑えられない。
そうしなければ、もっと恥ずかしいことになるかもしれない……そう分かってるから。

――でも……だとしたら、朝見さんは今本当にギリギリで……。

それは凄く私にとって嬉しいことだけど――このままじゃ……。
自分で言うのもなんだけど、こんな嗜好を持った人の前って言うのは辛いと思う。――と言うか、私もどう反応していいのか……。
とりあえず、私は朝見さんに近づき口を開く。

「……もうちょっと我慢できない? えっと、きっとまゆがそろそろ気が付くからっ」

そういって私はしゃがみ、朝見さんの肩に手を――

『――』「っさ、触らないで! っ〜〜」

私の手はすぐに朝見さんに払いのけられた。
同時に何かノイズのような『声』が聞こえたような気がしたが、それはすぐに聞こえなくなった。――近づいた影響?
朝見さんは払うために身体を動かした為か今度は両手で確りと抑え込む。

282 事例9「朝見 呉葉」と聞こえない『声』。11 :2015/04/17(金) 01:12:40
「ぁぁ、んっ……ふっ、ぅ……はぁ……」

言葉にならない声を上げて必死に宥めようとして……。
私はどうしていいか分からず、ただその様子に魅入ってしまう。

「んっ! だ、だめぇ……もう、我慢……あぁ」

その声を合図に身体を大きく跳ねさせて呼吸を止める。
時間にして5秒程度。だけど、私にとってはすごく長い時間で、朝見さんにとっては更に長い時間に感じたんじゃないかと思う。

「――んっ、はぁー……はぁー……」

真っ赤になった顔、目は潤ませて深く熱い吐息を何度も吐く。
普段の朝見さんからは想像も出来ない乱れた見っとも無い姿……。

「もうやだ、見ない…で……」

――……朝見さん、本当にもう我慢できないんだ……。

朝見さんの言葉は聞こえた。だけど、私は視線を逸らすことが出来なかった。
手はもう一時も離す事ができないのか、押し当てられたまま。
もしかしたらその手の下には恥ずかしい染みがあるのかもしれないと思ってしまう。

「……もう、我慢できない?」

朝見さんはそれを聞いて身体を震わす。
心配するように言ったがこれは意地悪な質問だ。
朝見さんが凄く可愛くて……反応が見たくて。

「……ねぇ? まゆが来るまで我慢できない?」

――こんなこと言っちゃだめなのに。聞いちゃだめなのに。

「我慢できる……できるから…」

私の問いに答えるようにして、でも自分に強く言い聞かせるように朝見さんは言う。

――でもそれは嘘。我慢できない。見たら分かる。
全身を震わせて、しゃべるのもやっとで、見っとも無く息を荒げて……。
顔に沢山汗を浮き上がらせて、辛い顔で、一瞬たりとも油断できなくて。
凄く……艶っぽくて可愛くて愛おしくて……。

「っ〜〜〜」

朝見さんはまた身体を跳ねさせて声も出せずに力いっぱい抑え込む。
だけど、押さえ込まれた部分のハーフパンツの色が濃く染まっている。

それを見ていると上からポタポタと床に水滴が落ちる。
最初は汗が落ちたのだと思った、だけど視線を上げるとそれは朝見さんの目から溢れた涙で……。
胸が締め付けられる。

――この人を守りたい……。

どこか遠くで同じことを感じたことがある――夏休み前の皐先輩? ……違う、もっと昔……。

283 事例9「朝見 呉葉」と聞こえない『声』。12 :2015/04/17(金) 01:13:36
「だめっ……でちゃ…くぅ…あぁ!」<ジュウ…>

くぐもった音が聞こえ必死に抑えて込んでいる手の隙間から溢れだす。
それはすぐに止まり、ハーフパンツを広い範囲に濃く染め上げほんの少しの水溜りを股の間に残す。

「くぅ…はぁ……はぁ……っ、うぅ…」

チビったなんて量ではなく、それは確かにおもらし。
だけど、まだ朝見さんの膀胱にはまだ沢山の出してはいけない恥ずかしいものが詰まっている……。
それでも懸命に…あきらめずに我慢をやめようとしない。

顔は涙と汗で濡れて、髪は額に張り付いて……。

「ぁ……やぁ……んっ〜〜」<ジュ…ジュウゥ……>

また抑えきれない量の熱水が溢れ出し、水溜りを少し大きくする。

「なんで? ……どう…してよっ……あぁぁ……」

少しずつ少しずつ暖かい水溜りの面積を広げていく。

「……朝見…さん……」

「ぁ……」<ジュウゥーー>

私が名前を呟いたのを切欠に、朝見さんは震えた声を漏らして恥ずかしい音を継続的に響かせた。
必死に抑えて身体に力が入ってるのがわかる。だけど、意に反して恥ずかしい音は止まらない

「くぅ……んっ……」

いくら力んでも勢いが弱まるだけで止まらない。

「……っはぁ……はぁ…ぅ……」

乱れた熱い息を吐きながら、広がってゆく水溜りに視線を向けるようにして俯く。

「っ…みないで……もうゆるして……」

朝見さんは私の視線感じて呟く。
次第に恥ずかしい音が止み、代わりに嗚咽が聞こえてくる。
手を伸ばせば届く距離。それなのにどうすることも出来ず、かけるべき言葉もかわからない。

「こんな状況だから仕方がない」そんな言葉はきっと求めてない。
私はただひとこと「……ごめん」と呟き朝見さんの前を離れた。

284 事例9「朝見 呉葉」と聞こえない『声』。13 :2015/04/17(金) 01:15:54
――
 ――

「……」
「……」

――気まずい。

扉を背もたれにして私は離れたところで腰を下ろしていた。
結局なにも気の利いたことも言えずに、ちらちらと様子を覗いながら気まずさと尿意に耐えるだけ。

「ねぇ……」

「……は、はいっ」

しばらく声を出さずに泣いていた朝見さんが突然私に声を掛ける。
目の下を赤く腫らして――なんだか凄く艶っぽい……。

「……変態」

ストレートな言葉とじとっとした目が私に突き刺さる。
私は苦笑いをして誤魔化しながら視線を逸らす。

「……うぅ……仕方無いじゃない…朝見さんにだって好きって感情あるでしょ?」

「わ、私は……っ」

朝見さんの動揺した声に目だけで朝見さんの方を見ると真っ赤になって――――もともと真っ赤だったかもしれない――――
目を泳がしていた。

「あ…えっと……ぁ、そういえば雛倉さんはどうして今回成績良かったんですか?」

私の視線に気がつき慌てて話題を換えるようにして言った。よくわからないけど、私の質問が良くなかったらしい。
だけど、その質問はどう答えていいのか難しいところ。
私は悩む。どこまで正直に話すか、気まぐれだと適当に済ませるか……。

……。

「……それは…、ある人に仲直りするにはどうするかアドバイスされて……」

「アドバイス?」

暗い声ではあるが興味を示したらしく尋ね返される。

「……その…まずは仲直りしたい人の順位を越えてって……」

「それって……私のこと?」

私はそう聞かれて顔が熱くなるのを感じながら小さく頷く。

285 事例9「朝見 呉葉」と聞こえない『声』。14 :2015/04/17(金) 01:17:04
「あ…えっと……さっ、皐ね…余計なことを……」

朝見さんまで動揺してしまった。
というか皐先輩のことを皐と呼び捨てている……。
昔からの知り合いだと聞いていたけど、思っていた以上にフレンドリーな関係らしい。

――っ! あぁ、そろそろこっちも……。

朝見さんのことで頭がいっぱいで小康状態にあった尿意が、不意に大波として私を襲う。
仕草を抑えきれず身体を震わし、一瞬だけ大切な部分を押さえてしまう。

「あの、私が言うのも変かもしれないけど……大丈夫?」

「ま、まぁ……なんとか…」

――見られた……恥ずかしい。確かにこんな状態を見られるって言うのは相当辛い。

「おーい、あやりーん、呉葉ちゃーんいるー?」

扉の向こう側から声が聞こえる。
私はすぐに振り向き扉を叩きながら答える。

「まゆ! さっさとあけなさいよ!」

「うぉ、あやりんが怒ってらっしゃる! 今あけるからちょっとまって……っと、ほい」

ポールを取りまゆが扉を開ける。

「ごめんごめん、ポールが……あ、……えっと呉葉ちゃん?」

扉を開けてようやく状況を察したらしく――っていうかトイレ!
私は小さく足踏みをしながら言葉を紡ぐ。

「……えっと、まゆそのね……えっと――」
「雛倉さん……いいから行きなさいよ」

――うぅ……。

私の様子を見かねて朝見さんが私を行くように促す。
実際開いたことによる安心感で本当に危なくなってきてるし……。

「ご、ごめん! 終わったら更衣室から着替えとか持ってるくから! まゆ、後お願い!」

私は二人を置いて身体を前屈みにして駆け出す。
手は確り前を抑えて――ぅ…恥ずかしい。

一番近いのは体育館横のトイレ。
駆け込むとあの時のように扉が閉まっている――みたいなこともなく、慌てて個室に飛び込む。

<ジュワ……>

――っ! ダメ、鍵……いいや! 後!

先走りを感じ、鍵をあきらめ和式トイレを跨ぐ。
ハーフパンツと下着両方同時に手を掛けて一気に下ろすと同時にしゃがみ込む。

「はぁ……っ」<ジュイィィーーー>

相変わらずトイレ前とかに弱い私が少し情けなく感じながらも、安堵から声が漏れる。
多分朝見さんの我慢は今の私よりずっと辛かったんだと思う。
そう思うと――やっぱり可愛い。良い物を見せてもらえた。

それに……よくわからないけど、ちゃんと会話できた気もする……。

1分近く続いた恥ずかしい音が止まりほんの少し濡れて気持ち悪い下着を多少なりとも拭いて履きなおす。

「……はぁ…」

――さて……更衣室で制服に着替えて、朝見さんの服を持って――後は一度教室に戻って下着とか入ってるカバンも取りに行かないと。

昼休み終了まであと15分ほど。
お昼を食べる時間がないことを少し惜しみながら私は更衣室の方へ駆け出した。

286 事例9「朝見 呉葉」と聞こえない『声』。-EX- :2015/04/17(金) 01:20:03
**********

――失敗したなぁ……。
あやりんに後を頼まれたけど、どうしよう……。

「あんまり……見ないでくれる?」

「ご、ごめん!」

私は呉葉ちゃんに言われてすぐに後ろ向く。
余りの惨状に目を背けるどころか呆然としてしまった。

……。

「本当にごめん私のせいで……」

その惨状の原因を作ってしまったことを謝罪する。

「……もう、いいわよ……わざとしたわけでもないんだし……」

その言葉に冷や汗が流れる。
だけど、……言わなくちゃいけない。

「えっと、凄く言い難いんだけどさ……」

一呼吸おいて続けた。

「その…わざとなの……閉じ込めたの」

「……え?」

「い、意地悪でしたんじゃないんだよ! その……二人には二人で話せる機会が必要だと思って……あーもう! 本当にごめんっ!」

私は振り向き膝をついて頭を下げる。
こういう機会を作ってあげないと、あやりんと呉葉ちゃんの性格的にどうにもならない気がしたからした行為だったけど、完全に裏目に出てしまったかもしれない。

「いや、土下座までしなくても……と言うか貴方もなの…?」

私は頭を下げながら「貴方もなの…?」っと言う言葉が何のことか考えるが……わからない。

「はぁ……お節介焼きばかり……このことについては許さず恨むことにさせてもらうから」

その言葉に返す言葉もなく、頭を下げ続ける。

「だけど……、雛倉さんの事で少し勘違いしていたことがわかったし…一応そのお節介に対してはお礼を言うわ……黒蜜さん、ありがとう」

私は良くわからず頭を上げて目をぱちぱちとさせる。

「……こっち…見ないでくれる?」

おわり

287 名無しさんのおもらし :2015/04/17(金) 01:44:20
更新待ってました。
ついに結果がまさかの二人とも同じ順位、朝見とは少し仲が改善したしね。 今まで朝見の声が聞こえないのは波長がかなり合わなかはって事なのかな。

そして久しぶりに声が仕事した。

288 名無しさんのおもらし :2015/04/17(金) 15:03:33
ついにきたー
クールな女の子が必死で我慢するのはすごくかわいい

289 名無しさんのおもらし :2015/04/18(土) 18:42:35
GJ!
朝見さんメイン来た!

それにしてもやっぱり文章も別格感あるな

290 名無しさんのおもらし :2015/04/19(日) 00:32:14
GJ!!!

291 名無しさんのおもらし :2015/04/22(水) 01:10:48
浅見さん髪長いなww
話が大きく展開した感じ、次回が楽しみ

292 事例の人 :2015/04/26(日) 19:23:45
>>287-291
感想とかありがとう!
>声
『声』……仕事したと言えたのかな?
>次回
平常運転(事例10)か伏線回収(裏)か寄り道(小数点)になります

293 事例2裏「朝見 呉葉」と弱い心。@呉葉 1 :2015/05/11(月) 20:01:12
『う〜ん可愛いなぁ』

冷水機前でいつもの変態少女が『声』に出して悶えている。
さすがに大きな『声』ではないし、表情自体は崩してはいないわけだけど。

そして、その視線の先は……どうやら篠坂さんの様だ。

……。

仄かな苛立ちと呆れを感じて小さく嘆息する。
私は冷水機から立ち去り更衣室で早々に着替えを済ませ教室へ向かう。
体育で喉は渇いているが私には持参の水筒がある。
わざわざ並んで水を飲むことも無い。

<ゴクゴクゴク>

教室に戻り私は自分の席で水筒のお茶を飲む。

彼女……雛倉 綾菜(ひなくら あやな)は変態的な嗜好を持っている。
他者、特に可愛い子のお小水の我慢姿を見ること。
ただそれだけの変態な女の子ならまだ良かったのだけど、彼女は私と同じテレパシスト。
ただし、私のように特定波長の『声』を聞き取る能力ではなく、彼女の読み取れる波長は可変。
より細かく言えば自身と同波長の『声』を聞き取る能力。
正直言って使い勝手は私と同程度には悪い。
しかし、彼女の嗜好と結びつくと彼女にとっては有益な、他者にとっては非常に迷惑な能力となる。
私には通用しないから、私自身が危惧する必要はないのだけど。
それでも、その嗜好には強い嫌悪感を感じるし止めてもらいたい。

<ゴクゴクゴク>

「はぁ……」

2杯目を飲み干して嘆息する。

294 事例2裏「朝見 呉葉」と弱い心。@呉葉 2 :2015/05/11(月) 20:02:12
――やっぱり私が、どうにかしてやめさせないと……。

そう思うが、いい方法があるわけでもない。それどころか今は八方塞――――私にとっては……だけど――――な状態。
なんとか会話しようと思うが……なんというか、きつく当たってしまって……。

彼女が入試一位だったと聞いて、私は素直に喜んだ。
昔、私が憧れた何でも出来る彼女のままなのだと、そう思えたから。

なのに……中間テストの結果では二位ですら無かった。
聞いた話によると、一切テスト勉強をしていないとか……そして順位を見てる彼女は全くの無関心。悔しがる素振りなんて微塵も見せなかった。
私だけが彼女に追いつこうと必死に努力して、勉強して、運動だってして……でも、彼女は成績なんて――私なんて見ていなかった。
覚えていなくても良い……だけど、私の存在を感じて欲しかったのに……。

私はそんな彼女に勝手ながら失望し、トップになっても私を相手にしていないことに落胆し、馬鹿にされた気分となって。
……その気持ちは悲しさや寂しさだけでなく、蟠りを残し、いつしか小さな悪感情を私に抱かせた。
それが、私が彼女にきつく当たってしまった最初の理由。

そして、私はこの時の事を本当に後悔した。
一度きつく当たってしまったせいで、普通に話しかけることが難しくなってしまって。
口下手で不器用な私はきつく当たることでしか、彼女と会話する方法がわからなくなってしまった。
最近ではそれが余りに続くため、無視されるようにもなって――さらに私は話し辛くなって……。
悪循環とはこのこと……。

もとより私はコミュニケーションを取る事が苦手で上手く会話できない。
本当はもっと普通に会話できれば……。

――って違う!! はぁ……今は彼女の変態的な嗜好をどうやって矯正するかって話であって……。

<ゴクゴクゴク>

落ち着こうと思って3杯目のお茶を飲み干す。
飲み終わると大きく嘆息した。

295 事例2裏「朝見 呉葉」と弱い心。@呉葉 3 :2015/05/11(月) 20:03:55
――
 ――

<キーンコーンカーンコーン>

3時限目終了のチャイムが鳴り、数学の授業が終わる。
私は教科書と筆記用具を持って――――次は実験で移動教室――――すぐに人気の無いお手洗いに向かう。
荷物を持ってって言うのは本当ならいやなのだけど、この際仕方がない。
移動教室なので早く人気の無いお手洗いに向かわないと時間が無い。

――あぁ、結構したい……。さっきの休み時間、やっぱり飲みすぎた?

人気の無いお手洗いに向かう理由は、唯単に恥ずかしいから。
普段は水分摂取をある程度控えて、学校でお手洗いを使わないように心がけてはいるが、
我慢できそうに無い日もあるわけで……特に今日は体育のあと飲みすぎたみたいだ。

「呉葉!」

背後からよく知った私を呼ぶ声。
振り返るとその声の主は廊下を小走りで駆け、私の前まで来る。

「何ですか、“先輩”」

「“先輩”って……皐って呼んでって言いましたよね?」

一見笑っているように見える。
けど、良く見ると眉だけ怒っている。
……この人はこの学校の生徒会、会長、宝月 皐子(ほうづき さつきこ)。
面倒なのに捕まってしまった。

「それで……あの話は考えて貰えた?」

「保留って前回話したはずだけど」

可能な限り感情を出さずにそう答えると、皐は不満げな顔で会話を続ける。

「それは聞きましたけど……綾菜さんも誘う計画がありますから……それだけはわかってもらえてますよね?」

私はそれを聞いて目を細めて睨むように皐を見る。

「そんな目で――……はぁ、いい加減素直になって、仲良くしたらいいだけじゃないですか?」『凄く良い目〜』

「簡単に言いうけど……色々あるから」

余計な『声』も聞こえてきたことに少し戸惑いながらも視線を逸らし平静を装う。

「今の綾菜さんも十分良い子ですよ……私は割り切って考えることにしましたし、その上で私は呉葉と綾菜さんの2人に生徒会へ入ってもらいたいわけですから」

本当、簡単に言う……。
私はそんな簡単に割り切れないのに。
でも、私たち2人に拘る皐も、本当に割り切れてるのか甚だ疑問だけど。

私は、大きく嘆息して、再度念を押すように答える。

「とりあえず、今は何度聞いても保留だから」

「……そう、だったらとりあえずは綾菜さんの方を誘う方法を考えます。計画が決まり次第実行しますから。
もし、入ってくれる目処が立ったり、何か進展があればこちらから連絡します。その時に良い返事を期待するとしましょう」

そう言って私の前から立ち去る。相変わらず横暴で、勝手な話。
そっちはそっちで精々頑張ってとしか言えない。
私が答えを出せるのは、私個人の問題が解決してからだ。
目処が立ってもそれに進展が無ければ、保留のままだし、生徒会選挙までに決まらなければ自動的に断るという選択となるだけ。

「はぁー」

私は大きく嘆息して、お手洗いを済ませることが時間的に間に合わなくなったことに肩を落とした。

296 事例2裏「朝見 呉葉」と弱い心。@呉葉 4 :2015/05/11(月) 20:05:14
――
 ――

実験室に入ると多くの生徒が既に席についていた。
空いてるテーブルは一番奥のほうと手前にある雛倉さんのテーブルの二つだけ。
友達がいないのはクラス中に知れ渡ってることなので、わざわざ、奥へ行って座るのも不自然。
と、いうわけで仕方がなく……本当に仕方なく手前の雛倉さんの隣に座る。

残る数名が教室に来て座ってゆく。

<キーンコーンカーンコーン>

チャイムとほぼ同時に最後に入ってきたのは篠坂さんだった。

「おーい、弥生ちゃーんこっちこっち、もう此処だけだよ空いてる席〜」

「あ、うん」

黒蜜さんがそう言うと、篠坂さんは小走りにこっちに来て座る。

『……とっても可愛い』

隣で雛倉さんの『声』が微かに聞こえる……確かにちょっと可愛かったけど――この変態少女。

私は改めてテーブルのメンバーを見る。
まず、私、その隣に雛倉さん、さらに隣が黒蜜さん。
その正面に座るのが篠坂さんで、私の正面が檜山さん。
一人休みなのでこの5人の班となった。

「あぅ……よく見たらこの班、優秀な人が3人も――」
「そうそう、だからこの班選んだのよ!」

篠坂さんが恐縮そうに言うと、檜山さんが被せるよう本音を言う。
酷い理由で選ばれたものだ。

「私はあやりんや呉葉ちゃんほど優秀でもないよ〜」

黒蜜さんはそう謙遜する。
雛倉さんと同じで、テスト勉強なしで成績上位なのだから、優秀であることには変わりないのだが。

「それでは実験を始めます、指定された器具を各班代表で一人、前まで取りに来てください」

いつの間にか先生が入ってきていて、授業開始の合図と同時に実験道具を取りに来るように指示をした。

297 事例2裏「朝見 呉葉」と弱い心。@呉葉 5 :2015/05/11(月) 20:06:45
――どうしよう、私の席が一番近いし私が取りに行った方が――

「……私取ってくる」

――良いかな……と思ったが、私がそう決断するより早く雛倉さんが動く。
そして実験器具を一式持ってきて彼女はテーブルに置く。

<ガチャン>

……。

「雛倉さん、もうすこし丁寧に置いてください」

――あぁ……また、私はこういうことを……。

別にそこまで言わなくてもって私自身も思う。
それに、私が早く行かないから雛倉さんが行ってくれた訳で……。

雛倉さんは無表情ながらも、少し気を落とす。
それでも、やっぱり無視……声を聞かせてはくれない。

――はぁ……どう考えても私が悪い。

『授業始まったばかりだけど……やっぱりお手洗い行きたいよ……』

不意に聞こえてきたのは篠坂さんの『声』。
どうしてさっきの時間に済ませなかったのか……。
私のように済ますことが出来ない事情があったのかもしれない。
だけど、そんな『声』を出すと――

『今は朝見さんとかどうでも良くてこっちが大事』

――……どうでもいい? ……。

ちょっと凹む。
私だって我慢してるのに――って、だからってそんな目で見て欲しいとか全然思わないけど……。
結局私は、彼女にとって鬱陶しいだけの人で……。
どうしてこうなってしまったのか。なんで私は……なんで彼女は――

私は心の中で大きく嘆息して、思考を無理やり中断して気持ちを切り替える。
考えても無駄なこと……もう何度も考えたのだから。

『まだ45分もある……あの秒針が45周……気が遠くなるような時間だよぉ』

……始まったばかりだし当然だ。
確り我慢して欲しい。……雛倉さんのこんな『声』なんて聞きたくない。
聞いていたら、また苛立ってしまう……。

298 事例2裏「朝見 呉葉」と弱い心。@呉葉 6 :2015/05/11(月) 20:08:32
「それでは、実験の説明をします。まず注意事項は――」

先生が実験の説明を始める。

『説明長そう……あ、でも長くても授業終了時間は変わらないし一緒かぁ……』

――篠坂さんも、もっと別の事考えれば、雛倉さんへ届かないのに……。

「――以上です、各班事故の無い様慎重に行ってください」

説明が終わり、各班作業を開始し始めたようで、各所で話し声や器具を設置する音が聞こえてくる。

「はい、シャー芯」

「……まゆ、私にさせるつもり?」

「うん」

私の隣の2人が実験を始めようとしている。
ちなみに実験内容は炭素棒の代わりにシャー芯を使った電気分解。
シャー芯を受け取った雛倉さんは少し嫌そうにしながらも、嘆息をした後作業に入った。
流石に手際が良い……が、一人でするのは流石に大変だ。
黒蜜さんが手伝うのかと思っていたのだが、どうやら丸投げらしい……。

対面に座る二人を見るが、どうも、不思議そうな顔で作業を眺めているところを見るに、全く理解できていない様子。
……仕方が無い。私は雛倉さんの作業を黙ってサポートすることにした。

『早く終わったら、早くお手洗いに……いけないよね……』

そうでしょうね。
と言うか、その様子じゃ実験レポートかけないような気がするけど……。

私は雛倉さんの実験の進行をスムーズに行えるように器具の配置を換えたり、道具を渡したりする。
何をするか分かっていると言葉を交わさなくても、何とかなるものだと、一人で関心していると――

「……あ、ありがと……」

――実験に使う道具を渡した時に、小さい声でお礼を言ってきた……。
いつも私が話しかけても無視するのに……いや、私が悪いのは分かってるけど。
そんなことを思いながら雛倉さんの方に向いていたのだけど、不意にその直線上に居る黒蜜さんの顔が目に止まる。
その顔は…なんと言うか微笑ましいものを見ているような――あ……全く手伝わなかったのはそういう魂胆……。
余計なお世話だ……。

299 事例2裏「朝見 呉葉」と弱い心。@呉葉 7 :2015/05/11(月) 20:09:27
『結構ヤバイかも……こんなに我慢したの最近じゃなかったな……』

『……抑えたい…檜山さんは実験見てるしバレないかな? ……いいや、もう抑えよう……』

作業を淡々と進めている中、篠坂さんの辛そうな『声』が聞こえてきた。
授業終了まではあと30分もある。

――この子……大丈夫なの?

と、言っても実は私も少し辛くなってきた……あの時皐に邪魔されなければ、こんな思いしなくて済んだのに……。
今更そんなことを考えても仕方が無いのだけど……授業が終わったら、どこか人気の無いお手洗い探さないと。

――次は昼休みだし、利用者の少ないのはやっぱり――

そんなことを思っていると、雛倉さんの実験を行う手が止まっているのに気が付く。
確かに一段落付いたけど、まだそれなりに作業は残っている。
私がどう、声を掛けようか迷っていると、雛倉さんは対面の、篠坂さんと檜山さんに視線を向ける。

「……二人ともちゃんと実験内容理解できてる?」

――あ……雛倉さん……。

「全然理解できないです!」「ご、ごめんなさい」

「……まゆ、あとお願い、私は二人に解説するから」

彼女は2人を気遣って、わざわざ解説するために対面の真ん中の開いている席へ座る。
私は、誰も見ていないだろうけど、少し頬が緩むを感じる。
『声』では変態的でも、皐が言う通り良い子なのだ。

「おお、優しいね〜、実験レポート出せなくて困るのその二人だけなのに」

「っ! 真弓ちゃん意外と黒い子だ!」

「……ぁ」『隣に人来ちゃった……もう流石に抑えられない』

『恥ずかしくて流石に離したみたいだけど……どこまで我慢できるかしら?』

……。
やっぱりただの変態かもしれない。

雛倉さんに代わり、黒蜜さんが実験を進める。
私は真面目に解説をしているように見える変態を眺めながら、実験のサポートを続けた。

300 事例2裏「朝見 呉葉」と弱い心。@呉葉 8 :2015/05/11(月) 20:10:48
――
 ――

『やだ……本当にヤバイかも……』
『抑えたい、でも……』

『……わぁ、篠坂さん……足震えてるし、手も握り締めて……凄く可愛い』

雛倉さんは、篠坂さんの辛そうな『声』を聞いて、隣でチラチラとその仕草を眺め、嬉しそうな『声』を上げる。……変態。

『……でも私もトイレ……結構切迫した状態になってきたかも……』

だけど、その変態は少し誤算があったようで、自身もそれなりに尿意が高まっているようだった。
彼女のテレパシー能力の制限で相手の波長に合わせるため、いつも彼女自身、我慢しているのだけど、
今回はちょっと飲みすぎたようであり、随分我慢している。

――そういう私も、実は結構危ないんだけど……。

多分尿意の大きさから言えば雛倉さんと同程度くらいだとは思うけど……。
そして、もう一人は私たちと比較する必要が無いくらいに、切羽詰った『声』を上げていた。

『ぅ……やだ、波がっ――お、お手洗い! 早くぅ! お手洗いに行きたいよぉ……』

その『声』を聞いてか、雛倉さんが視線だけで篠坂さんを見る。

『……つ、ついにスカートの前に手が……』

『嘘……今の雛さんに見られた!?』

――雛倉さん……本当にあなた変態なのね。

ここまで酷い場面初めてだ……。
まぁ、ここまで尿意に切羽詰ってる人の『声』を聞くのも学校じゃ稀だけど……。

『もう、だめ……我慢できないのに……でも雛さんに見られるし……』

……。

どうしよう……このままだと篠坂さん、本当に粗相しかねない。
助け舟を出すべき?

「んっ!」『やだやだ! 出ちゃう、先生に……でも恥ずかしい……』

これ以上我慢を続ければきっとここで――

「……すみません、先生。篠坂さんを保健室に連れて行ってあげてもいいでしょうか?」

――え? 雛倉さん?

先生は篠坂さんの真っ赤になった顔を見て、体調不良だと感じたのか納得して、口を開く。

「そうですか……では保健係の人は――」

「……いえ、もうレポートも完成しましたから、私が連れて行きます」

「それじゃあ、お願いします」

先生がそう言うと、雛倉さんは黒蜜さんに「……ごめん授業終わったら私の荷物持って、教室に帰ってて」と言って、教室を出て行く。

301 事例2裏「朝見 呉葉」と弱い心。@呉葉 10 :2015/05/11(月) 20:12:12
……。
私は……結局何も出来ない。
変態の雛倉さんですら、篠坂さんを心配して助け舟を出して上げれるのに……。
『声』が……助けが聞こえてるのに、私は行動できない。助けられない。
私は、昔と何も変わっていない。
行動力が無くて、馬鹿で、誰も守れなくて……。
昔、私は言った。「――……いつか私も正義の味方になってみたい」って。
でも、私はやっぱり駄目なのかも知れない。

……でも、だからこそ……雛倉さんを矯正しないと……そうしなければ。



いつしか時間が過ぎ去り、授業が終わった。



私はレポートを提出して、お手洗いに向かうために教室を出る。

「ねぇ、呉葉ちゃん」

――うぅ……また、変なタイミングで……。

振り向くと黒蜜さんが少し悲しんでる様な怒っているような表情をしていた。

「なに?」

冷たく、無機質な声で応答する。
もう少し、普通に言えたらいいんだけど……。

「あやりんに強く当たるの、もう少しどうにかならないかな……?
事情があるのかどうか、よくわからないし、強制はしない……けど、あやりんは私の親友だから……。
あやりんも無視しちゃってはいるけど……あれでも結構凹んでると思うの、だから……ね?」

私は何も返せない。
少しだけ下を向いて……何て言えばいいのか思考を巡らすが、やはり返せない。
黒蜜さんは廊下の端に寄り、壁にもたれかかるようにして続けた。

「……呉葉ちゃんとは中学の間ずっと同じクラスだったからさ……悪い人じゃないってことは知ってるから……
2人が仲悪いのはちょっと私辛くてさ……」

しばらく沈黙が続く。

「ごめんね……勝手な事言って……」

黒蜜さんは私の脇を通り、教室の方へ行く。
私は心の中で謝る。本当に謝るべき相手は雛倉さんであることは分かってる。
でも、どうすることも出来ない自分の弱さに、今はただ、後姿を見せる黒蜜さんに心の中で謝ることしか出来なかった。

302 事例2裏「朝見 呉葉」と弱い心。@呉葉 10 :2015/05/11(月) 20:13:49
――ブルッ

背筋に走る震えが、思いのほか余裕が無いことを告げる。

――っ! い、今は、早くお手洗い行かないと……。

そう思ったが、手に持っていた、教科書と筆記用具……先にこれを片付けてしまおう。
教室に遅れて戻る時に教科書とか持っていると、誰かが詮索しかねない。

教室に戻り引き出しの中に教科書と筆記用具をしまう。
そして、この時間帯でもっとも人気がなさそうなお手洗いの場所へ移動しようと教室をでる。

「あっ!」

「っ……霜澤さん……何の用?」

教室を出たところに最悪のタイミングで接触してきたのは霜澤 鞠亜(しもざわ まりあ)。
新聞部を立ち上げるも、部員が少なすぎて、結局愛好会の域を出れない知人。
ただ、そこそこ優秀な人ではある。
成績も中間テストで10位前後だった気がするし、スポーツも出来る。そして、人間関係も私ほど悪くなく人並み。

「通りかかっただけだけで、ボクは特に用はないけど? まぁ、強いて尋ねるとするなら……その……狼さんの様子はどうって…くらいかな?」

言い初めの方は高圧的な、如何にも彼女らしい態度で話していたが、後半は弱弱しく、声も小さく話す。
変装のため付けられたと思われる似合わない眼鏡を無駄に直しているのを見ていると、彼女も雛倉さんのことを強く気にかけているように思う。

「相変わらずよ……」

私は素っ気無く言葉を返すが、尿意で立ち止まるのも辛く、足踏みしたいのを必死に耐えながら、早く話が終わるのを祈る。
もし、あまりに続くようなら、何か理由をつけて離れないと……。

「そ、そう……分かってると思うけど、変に刺激して記憶が戻ったりしたら許さないから……金髪にも言っといて!」

少し強い口調でそういうと背を向けて離れる。
すぐに話が終わったことに安堵するが、同時に下腹部溜まった恥ずかしい水が主張を強める。

303 事例2裏「朝見 呉葉」と弱い心。@呉葉 11 :2015/05/11(月) 20:15:16
今日は非常にタイミングの悪い時に声を掛けられる……。
私は急ぎ足で体育館の渡り廊下の隅にある、お手洗いを目指す。
その道中限界に近い尿意に焦りながらも、心の片隅で皐と霜澤さんの雛倉さんに対する姿勢が私を憂鬱にさせる。

皐は新しい雛倉さんを受け入れようとしていて、
霜澤さんは記憶が戻ることを危惧して、関わることを極力避けている。
そして私は、今の雛倉さんを受け入れられず、だからと言って避けることもできずに居る。
心のどこかで、思い出して欲しいと願い、昔のような彼女に戻ってくれると期待している。

――……やっぱり、過去に囚われているのは私だけね……。

「絶対に思い出させちゃダメだから!」……霜澤さんが泣きながら私たちに言ったあの時の言葉が思い出される。
そう、あの言葉は正しい。私の願いも期待も叶うことはない。叶えてはいけない。

……。
私は小さく首を振り、憂鬱な気持ちを振り払う。

体育館の渡り廊下の隅にあるお手洗いを昼休みにわざわざ利用する生徒は滅多といない。
保健室を越えて、渡り廊下へ、そしてお手洗いが見えると、長い髪をマフラーのようにして首に巻きつける。
それは私にとって用を足すための準備のひとつで……普段ならお手洗いに入ってから行っていること。
良く言えば効率的。でも、それは今、私に余裕がない恥ずかしい証拠でもある。

私は周囲を軽く見渡し、誰もいないことを確認してお手洗いへ駆け込む。
息が少し荒いのは走っているからではない。
手がスカートの前を抑えているのは風で捲れあがるからではない。

――んっ……まだ…あとちょっとだから……。

お手洗いに着いたことで安心した身体が尿意の波を起こし、それを心の中で宥める。

いつも通りの修理中の個室と未使用の個室が並ぶ。
私は未使用の個室へ飛び込み、少し乱暴に扉を閉めて鍵をかける。

304 事例2裏「朝見 呉葉」と弱い心。@呉葉 12 :2015/05/11(月) 20:16:31
髪は先に上げて置いたので大丈夫。
私は用を足そうと下着に手を掛けたとき――

<コツコツコツ>

――お手洗いに走って駆け込んでくる音が聞こえて私は、下着に手を掛けたまま固まる。
……個室に入ってしまった以上、出るところを見られる……それにこのタイミングだと音まで聞かれる。
出来れば他のお手洗いに移動して欲しいが、そうも行かないと思う。

『って、嘘? 個室閉まってる??』

――っ! この『声』って……ひ、雛倉さん?!

<コツコツコツ>

個室前までその足音が近づく。
私はもうすぐしてしまえると思っていたため、急激な尿意が襲ってくる。
個室の中なのに……することが出来ない。もししてしまえば、私の“音”が……。
私は必死になって音を立てずにスカートを捲り上げるようにして下着の上から大切な部分を抑える。

『……嘘でしょ?』「ぁ…んっ!」

――っ!! これって……雛倉さん、凄く切羽詰ってる?

『声』も声も今まで聞いたことが無いくらい焦っている。
早く替わってあげたほうが良い――そんなこと判ってる。
でも、よりによって雛倉さんだなんて……。

……ダメだ、出るわけには行かない。

恥ずかしい音を聞かれるなんて耐えれない。終わった後、どんな顔して出れば……。
そして、今出してしまうと我慢していた分、相当長い時間音がする……たとえ音消しをしても雛倉さんなら聞き取りそうだし
そもそも、1回の音消しでは間に合わず、2回行うことになればそれはそれで恥ずかしく、結局我慢していたことが雛倉さんに判ってしまう。
……それだけでも死にたくなるくらい無理なのに……それに加えて雛倉さんは私の『声』が聞こえなかったという疑問を持つことになる。
つまり私にテレパシストの読み取りに抵抗があることがバレてしまうかも知れない。

『何で、どうして?? もう膀胱パンパンなのに……直ぐ入れると思ってたのに!』

――お願い、雛倉さん……早く別のところへ行って……。

私はそう祈る。
それは、開くことが無いトイレに無駄に待つことになる雛倉さんの事を思って祈っただけじゃない。
個室に入って気が緩んでいる私も長く我慢できる自信がないから。

305 事例2裏「朝見 呉葉」と弱い心。@呉葉 13 :2015/05/11(月) 20:17:52
「はぁ…はぁ……」

扉一枚隔てた向こう側から小さな息遣いが聞こえる。
とりあえず、雛倉さんは波を越えたのかも知れない。
でも、私は――

「(んっ……)」

左手で声が漏れない様に口を押さえ、右手はスカートのしたから下着を鷲掴みにするようにして耐える。
音を立てるわけに行かず、足踏みも満足に出来ない……。

<コツコツコツ>

それなのに、個室の外からは雛倉さんの足踏みの音が、トイレ内に響き渡る。

『うぅ、これ個室の中の人にも絶対聞こえてる……』

そう『声』が聞こえ、しばらくは音が止むが、またすぐに遠慮がちに音が聞こえてくる。
私はその不快なステップのリズムが、酷く羨ましく感じてしまう。
出来ることなら私も同じようにしたい……でも――出来ない。してはいけない。

小さく身を揺すりながら、音を立てずに何とか我慢を続ける。
でも、数分経った今もなお、外で雛倉さんが我慢を続けている。

『ちょっと…いくらなんでも遅すぎない!?』
『もう、我慢も限界なのに……何してるのよ!』

――それはお互い様ですからっ!

そう思っているなら早く、別のトイレに向かって欲しい。
いくら待たれても、出れないものは出れない。

――それに……早くしてくれないとそろそろ私も我慢が……。

抑え込む手にこれ以上無いくらい力を入れて、何度も抑えなおす。
それでも、溢れてしまいそうになりながらも、これ以上身体を動かし音を出すことも出来ない。

『もしかして、音が聞かれるのが嫌で中で我慢してる? ……いや、『声』が聞こえないしそれは無い?』

――っ!

図星を付かれて動揺する。
その動揺に反応するように膀胱が収縮して波を起こす。

――ぁ…んっ……もうっ限界…! お願い、早くどこか……。

306 事例2裏「朝見 呉葉」と弱い心。@呉葉 14 :2015/05/11(月) 20:19:35
『っ! ダメ……余計なこと考えてたらまたっ!』
『やだ……本当限界、なんで空かないの!?』

私が急な尿意に動揺して焦っているのと同じように、外でも限界の尿意に抗う雛倉さんの『声』が聞こえる。

「ぁぅ……」『嘘!? やぁダメ…おしっこ、漏れちゃう! うぅ……』

必死の我慢の『声』が口からもあふれ出している……。

――っ……はぁ、ど、どうしよう……このままじゃ雛倉さん…。

出るべきか否か。
雛倉さんの事を思えば、私の能力とか羞恥心とか気にしていられない……。
出てしまうのが絶対に正しい……なのに……。

――やっぱだめ……出れない、出るにしても済ませてからじゃないと私が持たないっ。

それに……やっぱり音を聞かれるのが嫌で、さらに今更して、後でなんて言えばいいのか分からなくて。

「んぁ! ――はぁ、はぁ……」

どうやら雛倉さんは波を乗り切ったのか、外で熱の篭った激しい呼吸音が聞こえた。

でも、今度は私の膀胱の収縮がピークを迎え、恥ずかしい熱水を力一杯押し出そうとしてくる。
荒い呼吸も身動ぎさえ許されない状態での大波。必死になって足を閉じ合わせ、ただただ抑え込む。

だけど――

<ジュ……ジュー>

【挿絵:http://motenai.orz.hm/up/orz53686.jpg

何度もお預けをされ、個室に入ってからも長時間にわたり我慢し続けてきた大切な部分が限界を迎えた。
そしてその熱い感覚は、どうやっても止めれそうになかった。
視界が涙で霞み、片手で押さえられた口から声が漏れそうになるが、どうにか飲み込む。

『うぅ…ちょっとだけ濡らしちゃった……だめだ、ここから一番近いトイレ……本棟に戻って階段を上れば直ぐだ!』

その直後外から雛倉さんの『声』がして、同時に、足音がトイレの外へ向かうのが判った。

私は、足を開き、口を押さえていたほうの左手でスカートを掴み上げ、和式トイレを跨ぐ。
下着を下ろすことは諦め、すぐにしゃがみ込んで、靴や靴下へ被害を出さないことを優先した。

「はぁ……はぁ……」<ジュウゥーー><ジョロロロ>

下着の中でくぐもった音を出し、あふれ出た熱水は白い陶器の中にある水溜りを打ち、二重に恥ずかしい音を立てる。
そんな音を確かに耳にしながら……ただ、このときは雛倉さんの前で失敗せず済んだことに安堵していた。

307 事例2裏「朝見 呉葉」と弱い心。@呉葉 15 :2015/05/11(月) 20:20:21
――
 ――

「はぁ……」

恥ずかしい失態を終えた私は下着を洗面所で洗う。
被害が下着だけで済んだことと、雛倉さんが気が付かずに他のトイレに行ってくれたのは不幸中の幸いだけど……やっぱり辛い。
雛倉さんはここで多少の失敗はしたようだけど、大丈夫だっただろうか?
もし間に合っていたなら……理不尽だけど怒りたくなる。

――最低の理由で我慢していた雛倉さんが間に合って、私が間に合わないなんて事……。

だけど、もし間に合っていなかったら……それが良い薬になればいい。
そう思うが――やっぱり原因の一端は私であり……凄く申し訳なく思う。

下着を洗い終え、自身がしてしまった失敗を再度自覚する。

「はぁ……あと少しだったのに」

情けない気持ちと、これを今から履くことになる現実に憂鬱な気持ちになる。

おわり

308 「朝見 呉葉」 :2015/05/11(月) 20:21:31
★朝見 呉葉(あさみ くれは)
綾菜にきつい態度をとる。
学年一の優等生。

波長限定テレパシスト。綾菜同様受信のみ可能。
非常に大きな主張を持つ波長、その中でも興奮した感情を含むものが受信しやすい。
読み取れるのは表層の『声』のみ。深層意識は全く関係しない。
綾菜と比べると感度は非常に低め。10mも離れればどんな『声』でも聞き取れない。
綾菜同様、聞こえやすさ個人差があり、綾菜や皐子は聞き取りやすい(慣れも含む)。
また、テレパシストによる読み取りを妨害する能力も合わせ持っている。

朝見家は代々テレパシーの能力をある程度受け継いできた家系。
例えば、呉葉の母は直接触れている相手の表層の『声』をすべて聞き取ることが出来る…など。
呉葉のテレパシストによる読み取りを妨害する能力は、非遺伝的な能力。
周囲に波長として漏れ出さないだけであり、触れてさえしまえば、母でも綾菜でも聞き取ることは可能。

膀胱容量は人並みより少し多い程度で最大容量800ml程度。
過去に公園のトイレを利用しようとした際、それを妨害され、それに興奮する『声』を聞いてしまう。
それ以来、そういう類の人に嫌悪感を持っており、同時に、人前でトイレに立つことを非常に恥ずかしいことだと感じている。
そのため、学校ではあまりトイレを使わない。なので比較的我慢しがち。
下校まで我慢出来そうにないと判断したときは、やむ終えず利用者の少ないトイレを使う。

成績最優秀、運動得意。所謂、文武両道。
入試成績2位、1学期の中間テスト、期末テスト、2学期中間テストで学年1位。
綾菜が入試成績トップな事を知り、自身の存在を主張する為にも更に猛勉強して挑むが、綾菜はテスト勉強すらしておらず空回り。
自身が求めていた綾菜と大きくかけ離れた存在であることに気が付き、中間テスト後はもやもやした気持ちからきつく当たってしまう。
その後は綾菜に無視されるようになり、綾菜から自身に向けられる不信感に後悔と遣る瀬無い気持ちを覚える。

性格は正義感が強く真面目で無口。
正義感が強いのに、コミュ力低いので積極的に問題解決には踏み出せない上
口下手で近寄りがたい空気を纏っており、綾菜に対する態度からも、周囲からは怖い人だと思われている。
綾菜のことを変態趣味持ちな面で嫌っていると同時に、助け舟を出したりする行動には多少好感を持っている。
なので、如何にかして変態趣味から脱して欲しいと思い日々悩んでいる。
ただ、皐子の嗜好に関しても知っているが綾菜ほど気にしていない。
表情を取り繕うのが得意で、表情に反して本音では後悔や苦しんでいることが多い。
緊張や動揺、不安に直面すると喉が乾き、持参のお茶をついつい飲んでしまう割る癖があるが自覚していない。

綾菜の評価は最悪であり、天敵。自身の嗜好まで知られてしまっている油断できない相手。
『声』を聞いたことが無い相手であり、いまいち何を考えているか判らなく、自身に対して非常に厳しく理不尽な対応。
ただ、根は悪い人ではないのは判ってはいるし、仲良くなれるのならなりたいと思っていて、妙に意識してしまう相手でもある。

309 名無しさんのおもらし :2015/05/11(月) 21:31:38
丁度覗いたら更新きてた。なるほど事例2の裏ではこんな事があったのか、あの時トイレにいたのはやっぱり朝見だったのか。

310 名無しさんのおもらし :2015/05/11(月) 21:57:01
待ってました
事例の人の小説は久々にスレ覗いて以来最近の楽しみになりつつあるよ

311 名無しさんのおもらし :2015/05/11(月) 23:39:27
偶然にも朝見と綾菜は見事に行動がシンクロしてる。二人とも下着を下ろさないでしてしまって、その後下着を洗ってる所が。これもしも同じトイレで二人同時に個室から出てきたらバッタリと会ったらどうなるんだろう。

312 名無しさんのおもらし :2015/05/13(水) 15:22:02
なんと素晴らしい

313 名無しさんのおもらし :2015/05/16(土) 22:56:18
前回で話が一つ区切りを迎えたかと思えばまた大量の伏線でてきたな
こりゃこれからも目が離せませんわ

314 事例の人 :2015/05/21(木) 19:21:57
>>309-313
感想とかありがとう
>大量の伏線
回収した伏線のがきっと多い……はず

315 名無しさんのおもらし :2015/06/07(日) 05:44:36
くノ一つづいてたのか

316 名無しさんのおもらし :2015/07/28(火) 15:34:27
素晴らしい

317 名無しさんのおもらし :2015/08/25(火) 23:05:57
続きはよ

318 名無しさんのおもらし :2015/08/28(金) 13:10:39
長い間出したかったおしっこは思う存分もらしちゃったので
たまるまでしばらくお待ちください(笑)

319 名無しさんのおもらし :2015/08/28(金) 22:56:47
最近になってこのシリーズ知ったんだけど、昔の挿絵とか見れなくなってたり
もしよければ渋とかに今までの挿絵まとめとかやってくれたら嬉しいです

320 名無しさんのおもらし :2015/08/29(土) 15:30:56
>>12
実質単独スレで他の作品がくることもほぼないし
こういう状態で別物が混じるのもすっきりしないし浮くし
看板作品が止まるとこんな状態だし
前スレの段階で占有率高いことは分かってたし
スレ独立してたほうがいろんな意味でよかったのかもな

321 名無しさんのおもらし :2015/08/30(日) 23:37:17
まあ占有率高いのは投稿者の責任じゃないしこのままでいいんじゃね

322 名無しさんのおもらし :2015/09/12(土) 03:04:15
なかなか次のおしっこがたまらないね

323 名無しさんのおもらし :2015/09/17(木) 10:50:56
あげ

324 名無しさんのおもらし :2015/09/17(木) 12:06:41
>>320
そのまとめ、投稿者さんが貼って欲しくないと書いているのだから貼らない方がいいと思う。
まして単独スレというのはもっと不本意なんじゃない?
プレッシャーを掛けないで置くべきだと思うな。

325 事例の人 :2015/09/19(土) 20:06:37
感想とかありがとう
>>319
気が向けばいつかまとめるかもです
>>320-321>>324
このあたりについては当然思うこともありますが、ごめんなさい、ノーコメントとします

あと先に謝っておきます。挿絵はありますが、そっち系の絵ではないです。なので見る必要ないかもです
後半部分のどこかを描く予定でしたが、しばらく描けない状態に陥ってますので用意できてないです

326 事例7.1「霜澤 鞠亜」と喫茶店。@鞠亜 1 :2015/09/19(土) 20:09:02
<カランカラン>

ボクは始業式の帰り、駅前の喫茶店に入る。
本当はひとみと来るつもりだったけど、何か用事があるとか……。
当然それは嘘だとわかっている。
どうも、夏祭りでのことを気にしてるみたいで、……当然といえば当然――本当に申し訳なく思う。

なので、寄らないって選択肢もあったのだけど、此処のマスターとは知り合いで、今日行くって話を事前にしてしまっていた。
「やっぱり行かない」なんて連絡を入れるのも悪い気がして……結果一人で来てしまった。

「あ……」

――ん? ……っ!

誰かの声に視線を向けると思いも寄らぬ人達がいて、ボクは半歩後ずさり驚く。
そして条件反射でボクは口を開く。

「な、なんであんたらがいるのよ!」

入ってすぐの4人席。そこには銀狼、黒蜜真弓、篠坂弥生の3人がいた。

「いやー、なんでってお茶しに来たんだけど? ――ってあれ? もしかして噂の新聞部部長さん?」

最初にボクの問いに答えたのは、元気が取り柄で有名な黒蜜真弓。
ほぼ初対面のはずの彼女が最初に口を開いた当たり、コミュニケーション力の高さが窺い知れる。

「そ、そうだけど?」

相手のその元気に飲まれないようにボクは不遜な態度で返す。

「なんで最近メガネつけてないの?」

「え? あぁ、それは友達に外した方がいいって言われたから……」

微妙な質問に面を食らいながらも、平静を装い答える。

「それじゃ、今コンタクトなんだ」

「別に目が悪いわけじゃないから、付けてないわよ?」

もともと度の入ったメガネではなかった。
変装のためにと思ってつけていたのと、ちょっと知的に見えるかも知れないと思っていただけ。

327 事例7.1「霜澤 鞠亜」と喫茶店。@鞠亜 2 :2015/09/19(土) 20:10:03
「……ちょ、ちょっとまって!」

銀狼がボクの所に来てテーブルの二人には聞こえないように背を向けて話す。
正直その行動にボクは驚く。

「(……どうして、ここにいるの……)」

「(え、……ど、どうしてって……お茶しに来ただけなんだけど……)」

大体銀狼のグループと同じ理由。それを素っ気無く……っと言ってもそう言う振りをしたかっただけで、実際は可也動揺した態度が……。
銀狼はそれを聞くと小さく嘆息して――――嘆息するとか失礼でしょ……――――続けた。

「(……どうする? 謝る? なにか手伝う?)」

ボクはその言葉に視線をあさっての方向に向ける。

「(……言い難いのはわかるけど……)」

――違う。綾は全然わかってない。

ボクは謝る事が嫌とか言い難いからとか、そんな理由で視線を逸らしたわけじゃない。
……いや、実際そう言うのは苦手ではあるけど。
綾は……銀狼はボクの事を覚えていないはずなのに、どうしてそこまで親切にしてくれるのか……。
誰にでも優しいのか、それとも無意識に昔のように接してしまうのか。
どちらにしても、銀狼の優しさに触れるのは、正直辛かった。

「(いい、一人で何とかする……む、無理そうならフォローしてくれると……まぁ…ちょっとは助かるけど……)」

【挿絵:http://motenai.orz.hm/up/orz57216.jpg

だけど、ボクの口から出た言葉は甘えた――――ついでに捻くれた――――内容。
その優しさに甘える資格なんてボクには無いはずなのに……。

「(……わかった…余り期待はしないでよ)」

優しく返された言葉。
仄かな温かみを感じながら、同時に胸を締め付けるような息苦しさを覚える。
甘えるどころか、こうしている事自体がいけない事……。
わかってる筈なのに、もっと邪険にして、関わらない方が絶対綾のためなのに……。

328 事例7.1「霜澤 鞠亜」と喫茶店。@鞠亜 3 :2015/09/19(土) 20:11:02
「な、なにしてるんですか二人で……」

その声に視線をテーブルの方へ向けると、少し怒っているような困っているような表情の篠坂弥生がこちらを見ていた。
友達が憎き相手と密談しているのが気に食わないのだと思う。
ボクはその様子を見て、銀狼に席に戻るように促すために、アイコンタクトを取る。

「うぅ……」

今度はそんなやり取りが仲よさそうに見えたのか、より機嫌を損ねる。
篠坂弥生はムッとした顔で、ストローでオレンジジュースを飲む。
失敗した。この子は結構焼餅妬きらしい。
この前の夏祭りの時に銀狼に突っかかりすぎたボクに口を挟んできた事も考えると
余程銀狼の事が大切らしい……。

それともう一つ失敗した。今の銀狼はボクのよく知る綾ではないわけで……アイコンタクトを取ること事態おかしな気がする。

それでも銀狼は意味を直ぐに理解したらしく席に戻る。
それに続くようにボクも“その”テーブルまで行って口を開く。

「えっと……此処いい?」

ボクは空いてる席を指差して、内心緊張しながら篠坂弥生に問い掛ける。

「ど、どうしてですか?」

怒った上目遣い……怒ってるんだけど、なんだか可愛く見えてしまってるけど……本人は気が付いていないだろう。
そして……どう答えるべきか。
素直に言ってしまうほうが無難なのだろうか。

「別にいいじゃん、ちょっと私もこの人の事気になるし」

黒蜜真弓……この人は笑顔ではあるけど、なんと言うかボクに対してほんの少しの敵意を感じる……。
でも、この台詞はボクにとって助け舟となり、篠坂弥生もしぶしぶ了承したようで、
ケーキや飲み物で散らかった空いている席――――つまりボクが座る席――――のテーブル上を片付け始めた。

――優しい気の利く子…なのかも?

“銀狼とつるんでる”“とろとろした子”そしてさっき知った“嫉妬深い子”と言う認識しか持ってなかったが
謝った時、許してくれそうな情報に少し安堵する。

「わ、悪いわね……」

余り言い慣れない言葉。
本当は「ありがとう」とかの方がよかった気がするけど、これで精一杯。

ボクは片付けてもらった席に恐る恐る座る。

329 事例7.1「霜澤 鞠亜」と喫茶店。@鞠亜 4 :2015/09/19(土) 20:12:26
「……とりあえず、何か注文する?」

銀狼がメニューをボクに渡す。

「あ、あたりまえじゃないっ……」

意味もなく高圧的な態度で、メニューを奪い取るように受け取ってしまった。……また失敗した。
銀狼はそれでも気にしてる素振りはなかった――――ボクの性格を知ってかどうか判らないけど――――が、
直ぐ隣の篠坂弥生はきっと内心怒っているんじゃないかと思う。

……それにしても凄く緊張する。
ざっとメニューに目を通すがもともと頼むものは決まってる。そのことすら忘れていた。

ボクは店内を見渡す。
すると、先週から此処で働き始めたと聞いた、見知ったウェイトレスを見つけ手招きをする。

「ご注文は……って鞠亜様でしたか、今日はご友人とお食事ですか?」

「「「様?」」」

「様とかつけるな! いつもの頂戴! マスターに言えばわかるからっ」

「かしこまりました、鞠亜様」

――うざっ! うちのお手伝い辞めたからって調子乗りすぎでしょ!?

……えっと、あれから金髪のとこで仮契約でメイドをさせて、今は水無子のとこで働いているはずだけど……。
水無子も非常に苦労してるに違いない。紹介したのボクだけど恨まないで欲しい。

「あの……様ってなんですか?」

……。

以外なことに尋ねてきたのは篠坂弥生だった。
この中じゃ一番の人見知りだと思っていたし、なにより嫌われてるはずだから……。

そして、余り答えたくない。出来れば「関係ないでしょ!」とか言って適当な話題を出し、はぐらかしたいのだが
相手が相手だけにそう言うわけにも行かない。
これ以上拗れさせては仲直りがより難しくなる。

「……えっと、うち、ちょっとしたお金持ちなのよ……さっきのは以前ボク専属のお手伝いさんとして雇ってた如月って人」

皆、目を丸くさせて驚く。

「だ、誰にも言わないでよ? 家のことなんてボクには関係ないんだからっ」

一応皆ボクの言葉に戸惑いながらも頷き返してくれた。
その様子に安堵して、小さく嘆息する。

330 事例7.1「霜澤 鞠亜」と喫茶店。@鞠亜 5 :2015/09/19(土) 20:13:42
「へー、思ったより仲良くなれそうな気がする……」

黒蜜真弓がそう言った。ボクに視線を向けたまま、ショートケーキを口に運び……興味深くボクを観察している。
ボクに向けられていた敵意も随分と減った気もする。

――別に、誰かに好かれようと思ってるわけじゃないんだけど……。

お金持ちを理由に変に威張らないところが好まれたのか
もしくは黒蜜真弓はただ、変わり者に興味があるのか……。
どちらにせよ、ボクは彼女と仲良くなろうとは思わないし
仲直り――というよりかは、自分のしたことへのケジメとして
篠坂弥生に謝罪したいだけであり、必要以上に二人と絡むつもりはない。

仲良くなってしまえば銀狼と関わることも必然的にこの先増えてしまう。

……。

――だめだ、さっさと謝ろう。

そう考えてボクは口を開ける。

「えっと……この前の事なんだけ――」「お待たせしましたー鞠亜様ー、紅茶とスコーンのセットですよ」

――早いのは結構だけど…タイミング悪い……と言うかワザと何じゃ?

ボクはじとっとした目で如月を見ると、より一層嬉しそうに笑う。――うん、ワザとだ。
とりあえず出された紅茶を一口飲む。

「紅茶……好きなんですか?」

……何故か話題を振ってくる篠坂弥生……。

「あ、うん……日本茶も好きだけど、紅茶の香りはまた違うから……」

「そうなんですか……私はその独特の香りが少し苦手で……ちょっと羨ましいです」

……もしかして、ボクが気にしてるのを知って無理に会話してくれてるんじゃ……。
そう思うと、こんないい子に恥を掻かせてしまったことによる罪悪感がより強くなる。

そして……ついでに――

――ん…なんかトイレに行きたくなってきちゃったし……。

思い返せば今朝済ませてから一度もトイレに行っていない。
極度の緊張と水分を口に含むという行為が意識させるきっかけになったみたいだ。
それに今朝も紅茶を飲んで出てきてしまったので……正直結構溜まっていると思う。

ただ、状況がよくない。
この前おもらしをさせてしまった相手を前にトイレを済ませるために席を立つと言うのはちょっと――ではなく相当気が引ける。

――早く謝ってしまわないと……。

そう思うが、篠坂弥生が気を使って来たことで、言い出すタイミングが掴めなくなってしまっていた。
それに詮索しすぎなのかもしれないが、この気の使い方は
実のところ、ボクにその話題に触れて欲しくないと思ってしている……そんな風にも感じて。

タイミングを掴むため、少し我慢して様子を見よう。
そう思って、ボクはスコーンを口に運んだ。

331 事例7.1「霜澤 鞠亜」と喫茶店。@鞠亜 6 :2015/09/19(土) 20:15:04
――
 ――

店に入ってから40分程度は経っただろうか?
皆で他愛もない話をするだけで、一向に謝るタイミングがない。
いや、ボクが掴めていないだけかもしれない。

そんな中、ボクは机の下で落ち着きなく動かしたくなる足を、動かさないようするために必死だった。
緊張の余り、直ぐに紅茶とスコーンのセットを食べてしまったのがいけなかった。
そして篠坂弥生に進められるがままに次の飲み物まで頼んでしまった。
紅茶には高い利尿作用があると聞いたことがある。飲み慣れて多少耐性が付いているかもしれないが、あれから40分。
唯でさえ朝から飲んだ紅茶が自身の膀胱に溜まり続けていたのに、ここで飲んだ紅茶に追撃されては当然危なくなる。

そして、それでも話は終わらない。

――不味い……そろそろ我慢が本当に辛くなってきた……。もう行っちゃった方がいいかな?

当然このまま行かなければ大変なことに……。
でも待てど暮らせど――――暮らせどは言い過ぎだが――――タイミングが掴めない。
なんて言って席を立てば良いのか、どんな顔でその言葉を言えば良いのか。
そして、篠坂弥生はどんな顔をしてボクの言葉を聞くのか……。

空調管理された店内にいながら額にうっすら汗が浮かんでくる。

「あ…えっと、ちょっとお手洗いに…行ってきますね」

その言葉を発したのはボクではなく、篠坂弥生。
若干言い辛そうにして、顔を赤らめながら席を立つ。
そして思い至る。――そう連れション。
席を立とうとして、腰を小さく浮かす。
同時に膀胱に溜まった熱水が重力に引っ張られるような重い尿意を感じる。

「――」「まりりんちょっといい?」

「ボクも――」そう言葉を紡ぐ寸前に、黒蜜真弓が声を掛けて来た。
仕方がなく、スカートを直す振りをして再び腰を下ろし、そわそわしたくなる身体を必死に宥め、黒蜜真弓の言葉を待つ。

――というか、まりりんって……。
鞠亜の“まり”とあだ名によく使われる“りん”をつけたわけか、銀狼――――つまり“あやりん”――――と同じ方式。

「ごめんね、弥生ちゃんがあれじゃ、謝るのは難しいね……触れないのも優しさだしね」

黒蜜真弓はそう言うと複雑な顔で笑ってみせる。
なんと言うか、此処に来て直ぐと比べるとボクに対する毒気が大分薄れたように感じる。

「それに……良い感じに仲良くなってきてる気がする
まぁ、初めの内はそう言うつもりで話してたわけじゃないと思うけどね」

だけど……謝れないとなると結局トイレに行けない。
いや、篠坂弥生に気を使わないのであれば別にいけないこともない。
彼女も自らトイレにたったわけだし、それほどボクがトイレに行くことを気にする必要は無いはずだ……と思う。

332 事例7.1「霜澤 鞠亜」と喫茶店。@鞠亜 7 :2015/09/19(土) 20:16:03
――でも…もうちょっと…もうちょっとだけ我慢しよう。そうすれば――

……帰ってくれるかもしれない。そんな希望的なことを思ってしまう。
ボクが思っている以上に篠坂弥生が気にしてしまう可能性だってある。
それに……トイレに行けない色んな理由はあるが、実際のところ普通に恥ずかしくもある。
なら帰ってくれるに越したことはない。

椅子に浅く座り、誰も気が付かない程度に震える膝……それに手を置いて震えを沈める。
そんな状態でこんな悠長なこと考えてる場合じゃない……そう思ったが、本当にギリギリまでは我慢してみようと思った。

「お、お待たせしました……」

小さな弱々しい声で、でもどこかすっきりもしている顔で篠坂弥生が用を済ませ帰ってくる。
銀狼達が「おかえり」と言ったのでボクも作り笑いをしながらそれに続く。
その言葉を言ってすぐ背筋に震えを感じた。

――だ、だめだ、もう言わないと間に合わなくなっちゃう……。

自身が思っている以上に、本当は限界なのかも知れないと初めて気が付く。
触らなくても下腹部がパンパンに張って、石みたいに硬くなっているのは想像が付いていた。
だけど、もう少しくらい大丈夫だとも思っていた。
尿意は辛いけど、おもらししちゃいそう、出ちゃいそうとは思っていなかったから。
それは椅子にじっと座り我慢していたことで今まである種の均衡を保っていれただけで
少し前に腰を浮かせてしまった時にそれが崩れ、徐々に排出に向けて身体が準備を始めたのかもしれない。

――っ……こ、この波を越えたら、絶対に言おう。

今すぐ言えなかったのは言って直ぐ席を立てない気がしたから…――いや、それだけじゃない。
口を開くという行為を出来るほど余裕がなかった。意識を少しでも我慢から別のところに移してしまうのが怖かった。

――うぅ……高校生にもなってこんなになるまで我慢して……馬鹿みたい。

つい先日、高校生二人のおもらしを見ておきながらも、そう思わずにはいられなかった。
いや、見ていたからこそ、自身が同じようなことを経験してしまっている今の状況にこの上なく情けなく思っているのかもしれない。

「そんじゃ、そろそろ帰ろっか?」

黒蜜真弓がそう言った。
ボクは波に耐えながらも何とかこの状況を乗り切ったことに安堵した。

「……そうだね……ぁ」

銀狼が同意したあとボクの方に視線を向けたかと思うと、何かに気が付いたのか小さく驚くような声を出した。
我慢してることに気が付かれたのかと思って一瞬どぎまぎしたが、焦点はボクではなくその後ろの方に向けられているみたいだった。
気にはなるが今振り向くと下腹部が捻りで圧迫されるし、庇いながらだとどうしても不自然になる。
それに銀狼は直ぐに何事もなかったように帰るための身支度をし始めた。きっとそんな大したことじゃない。そう思った。
他の皆もカバンなどを持ち席を立つ。

333 事例7.1「霜澤 鞠亜」と喫茶店。@鞠亜 8 :2015/09/19(土) 20:17:14
「あ、ボクは、えっと…マスターにちょっと話しがあるから、残るよ」

皆がボクが席を立たないことに疑念を抱く前に先回りして答える。

「あ、そうなんですね……」
「んじゃ…んー、会計は各自でいいかな?」

篠坂弥生と黒蜜真弓が会計の話を始める。

――ど、どうでもいいから早くっ、早く行って!

「(……ねぇ)」

っ!
二人より先に席を立っていた銀狼が隣まで来ていて
ほんの少し頬を染めてボクを心配そうに見て直ぐに視線を逸らしながら小声で言った。

「(あまり力になれなくてごめん……それと…えっと……な、なんでもない……がんばって)」

初めの謝罪は当然ながらフォローのこと。フォローしようとしてる努力は少なからず感じることは出来たが、実際全くフォローになってなかった。
次の言葉は一瞬何のことかわからなかったが、自身が机の下で無意識ながら“抑えて”しまっていることに気が付きその言葉の意味を理解した。
そして、理解すると同時にボクは顔を真っ赤にしながら手を離した。
会計の話をしてる二人には気が付かれていないけど……“また”銀狼にだけは知られてしまった。

「……二人ともとりあえず行かない?」

「おっけー、そんじゃーね、まりりん」「うん、……えっと、またね? ――でいいのかな?」

そう言うと3人がレジに向かう。ボクは小さく嘆息する。

――ゾクッ……

っ!!?

背筋に電気を通したような激しい震えが走り、尿意が一気に膨れ上がる。
一度大切な部分から離した手を再度滑り込ませ、今度は両手で力の限り宛がう。

――だめぇ……まだ、まだ綾たちがレジのところに……も、もうちょっと――もうちょっとだから……。

尋常ではない強烈な尿意の波に挫けそうになる。
キリキリと軽い痛みすら感じるほどに丸く張った膀胱は、小さく収縮を繰り返し限界を告げている。

――早くぅ、早くしてよぉ……。

睨むように三人に視線を向けていると
ふと、綾が心配そうな顔でこちらに一瞬視線を向けた。
ボクは慌てて視線を逸らす。

<ジュ……>

っ!

だけど、その心の乱れと、本当に少しだけ軽く動かした身体の隙を付いて
全力で抑えているはずの部分が、小さく膨らむようなそんな感覚を指先に感じた直後
ジワァっとした熱い液体がほんの少し溢れ出たのを感じた。

334 事例7.1「霜澤 鞠亜」と喫茶店。@鞠亜 9 :2015/09/19(土) 20:18:36
――っ…う、嘘!? や、今…少しだけっ! ――あぁ!! だ、だめ……これ以上はっ! 

続けて攻め立てる尿意にきつく両目を瞑って歯を食いしばり、大切な部分を内側に何度も押し込むようにして力を入れる。
……なんてはしたない姿……綾が見てる可能性だってあるのに――それでも止められない。そんなことを気にしてる余裕なんてなかった。

そうしてようやく少し落ち着いてきた尿意の隙を付き、ゆっくりと瞼を開けると、レジには綾たちの姿はなかった。

――こ、これでようやく……。

そう思い膀胱を刺激しないようにして椅子の上で身体をゆっくりと回して、席を立つ準備をする。
膀胱の張りを敏感に感じ取れる。本当に限界まで膨らんだそれは何かを抱えているみたいに、重さも感じられた。

もう少し……そう思った……。
だけど、その思いは視線をお手洗いに向けた瞬間に打ち砕かれた。

――せっ、清掃中!?

それを見たとき、少し前に綾の驚いていた顔が脳裏に蘇る。
あれは、トイレの清掃看板を見て驚いた顔?

……。

ボクは下を向き恥ずかしさと尿意に歯を食いしばる。
綾は……気が付いていた?
いつからかは知らないけど、声を掛けて来る前からボクが我慢してることを。
そして、あの“がんばって”という言葉はこれを含めていった言葉。

――どうしよう…どうしよう……本当にもう、我慢が…――

次、大きな波が来たらきっと我慢しきれない。
どの程度しきれないのかはわからないけど……さっき程度済むとは到底思えない。
もしかしたら水溜りを作ってしまい……マスターや従業員や今いる客全員に……。

「鞠亜? えっと……その体勢は――トイレ…ですか?」

335 事例7.1「霜澤 鞠亜」と喫茶店。@鞠亜 10 :2015/09/19(土) 20:19:26
その声にボクは顔を上げる。

「えぇ〜と、その様子だと結構きてますね〜。紅茶のおかわりなんてするからですよ」

笑顔でありながら少し心配した表情でボクに視線を落とすのは如月だった。

「今清掃中ですが、ものの2,3分で終わりますよ、それまで我慢姿でも堪能させて頂きますね」

――っ! な、何を悠長で変態的なことをっ!

いつ決壊してもおかしくないこんな状態だと2,3分どころか1分すら怪しい。
そんな状態を堪能? ……我慢姿だけじゃなくチビってしまってる所も確実に見られてしまう。
仕方がない。既にバレてるわけで……それでも断腸の思いでその恥ずかしい言葉を口にする。

「き、如月ぃ……お願いそんなに持たない! 今すぐに終わるようにっ…ねぇ、お願いだからぁ……」

顔から火が出る思いで限界であることを伝える。

「……えっと、マジですか……んー…もうちょっとじっくり見て居たかったのが本音ですが、本当に無理そうですね。
……貴方には多少なり恩がありますしー…う〜ん、仕方がないです、今度、水無子お嬢様で遊ぶとしましょうか」

そう言うと清掃中のお手洗いの方へ行き、扉を開けて清掃員の人と何やら話しをしている。
ボクはと言うとスカートが捲れ上がっているのに気にする余裕もなく、下着の上から両手で何度も何度も抑えこむ。

――まだっ…なの? 後何秒? どれくらいっ経ったの? いつまで……。

時間の進むスピードが判らない。
そしてまた身体が小さく跳ねる。

――っダメ……来ちゃう…また……如月ぃ…お願い早くぅ!

心音が凄く大きく感じて、
でも次の心音までが恐ろしく長い。

――ダメだ、もう来る、来ちゃう……。

目を瞑り、椅子から下ろされた足はつま先立ちとなり、背中を丸め身体を小さくして“それ”に備える。

336 事例7.1「霜澤 鞠亜」と喫茶店。@鞠亜 11 :2015/09/19(土) 20:20:50
「鞠亜、もう入っても大丈夫ですよ」

不意にかけられたその声と同時に身体が震える。

――あっ! あっ! ……ち、違う! 出していいなんて誰も言ってない! まだダメっ!

そう言い聞かせるが膀胱は大きく波打ち出す。
だめだ、絶対に我慢できない。そう感じた。
だからボクは波を越えることを諦めた。

<ダンッ>

――と、トイレに!

波を越えなくても、漏れ出す前にトイレにさえ辿り着ければいい。
その一身で立ち上がりトイレまで走った。

ほんの10歩ほどで辿り着けるトイレの入り口。
一歩踏み出すごとにその振動が膀胱へ直接響きより大きな尿意を生み出す。
最初の数歩までは失敗せずにいけた。けど――

<ジュ…ジュッ…ジュウ……>

トイレの入り口にたどり着く前に何度も溢れ出し、その量は次第に増え下着を直接抑える手が
次第に濡れ、指の間からポタポタとフローリングに一滴、また一滴と落とす。

外扉までたどり着く。
幸い押すだけで開くタイプの扉なので、肩を使い押し開ける。
その間にも徐々に溢れ出るようにして熱水が下着から染みだしてくる。

慌てて中に入り、次は個室。
清掃を途中で切り上げた床は多少濡れている所がある。
だけどそんなこと関係ない、ボクが今最優先にすることは個室に入ること。
大丈夫、さっきまで清掃していたのだから、閉まっているなんてこと絶対にありえない。
二つある個室の手前の方の便器が見える。

<ジュッ…ジュ……>

――や、だめぇ、出てる、これ以上はっ! あとちょっと、ちょっとだからぁ!

気を緩めたつもりは全くなかったが、身体が勝手に搾り出そうとして、今度は勢いよく噴出する。
すでに保水性の限界を超えている下着では受け止めきれず、手に暖かさが大きく広がり指の隙間や内腿を伝い滴り落ちる。
それでもボクは足を止めることなく個室に飛び込み下着を下ろす余裕もなく便器の蓋を開けて大急ぎで座る。

「はぁ……はぁ……っんあぁ……」<ジュッ…ジュゥ〜〜><シャバシャバ――>

下着の中で出るくぐもった音、それと水面を打つ音が混ざり合う。
下着の中におしっこが渦巻き、気持ち悪く……でも部分的にお風呂にでも入っているかのような気持ちよさを感じながら放尿……いや、おもらしをする。
今更ではあるが、濡れに濡れた下着を指でずらし下着の中でしてしまうという背徳的な行為から目を逸らす。
……認めたくはないが、トイレに大半を間に合わせただけで
下着を履いて――――今はずらしてはいるが――――、且つ入る前から何度も滴り落としてしまっては間違いなくおもらしだった。
どれだけ控えめに表現したところで“チビった”なんて表現ではない。
視線を落とした目の前には、便器の蓋を開けるほんの1,2秒の間に出来たと思われる小さな水溜りもできていた。
それは明らかにトイレの清掃で来た水ではなく、白いタイルを薄い黄色に染めた明らかなボクの――……。
だけど、それを見ても酷くショックを受けるわけではなく、だた、やってしまったと思うだけで……何かを考える心の余裕がまだ――

337 事例7.1「霜澤 鞠亜」と喫茶店。@鞠亜 12 :2015/09/19(土) 20:22:24
<コンコン>

ドアをノックする音。
ボクは前を見る。

……。

「グッドイブニ〜ング、鞠亜。扉は閉めたほうがいいと思うけど?」

「え……如月…っ〜〜〜〜! や、ダメ! し、しめ、閉めてっ!」

「いや♪」

満面の笑みで個室の扉の前でボクを冷やかす。
慌ててボクは扉に手を伸ばすが腰が浮いてしまい――

<ジョボジョボ>

音を覆い隠すものがなくなったのと、高い位置から落ちることで、その恥ずかしい音は便器の外側へ大きく響く。
ボクは慌てて座りなおす。

「でも、まさか間に合わないとはね……うーん、良い目の保養だわぁ〜♪」

「うぅ……」<ジュゥ〜〜>

完全に開き切ってしまった尿道口を閉じようとするが全く上手くいかない。
途中で止めることが出来ない以上、ボクはこのまま見られながら……。

「まぁ冗談はこれくらいにして、ゆっくり落ち着いてしちゃいなさい、後始末もね……個室の外はやっとくわ」

如月はそう言うと扉を閉めて、どうやってしたのか知らないが外側から鍵を閉めた。
……。

――冗談? 完全に見ておいて冗談って……。

おもらしが続く中、如月の介入により放心状態に戻れるはずもなく多少冷静になってくる。

初めに思ったのは、どうしてあとちょっとを我慢できなかったのか。
出来なかったものは仕様がない……だけど、どうしても後悔を含んだ思いを感じてしまう。

――はぁ……本当、最悪……。

でも、幸いスカートは無事なのだから後始末を確りすれば、見た目の上では至って普通のはずだ。

そして長かった恥ずかしい失敗がようやく終わる。
冷静になってきたとはいえ、頭を手で抱えたくなるくらいに後悔するが、おしっこまみれの手で抱えるわけにも行かない。
個室から出ればまた如月にどんな顔で何を言われるか……。
情けなさと憂鬱な気持ちを吐き出すように、深く大きい嘆息をして後始末をすることにした。

338 事例7.1「霜澤 鞠亜」と喫茶店。-EX- 1 :2015/09/19(土) 20:24:30
**********

「ありがとうございましたー」

喫茶店にはあまり似合わない明るい挨拶を聞いて私達は外へ出る。

――……うぅ、気になる。

後ろ髪を引かれるとはこのことだろう。
自身の尿意が低い事と、少し離れすぎた事で霜澤さんの『声』が全く聞こえない。
あの切羽詰まり具合だと限界間近と言うよりおもらし間近と言ったところだと思うが、果たして間に合ったのか……。
気がかりなのはトイレが清掃中であったこと。
その状況の類似点とこの喫茶店ということで、当然の事ながら皐先輩の事を思い出す。

――『声』の大きさからしても皐先輩へ延長戦を持ち掛ける直前くらいには辛そうだったし……。

でも、水分を多く取っていた皐先輩の時とは多少は違う。
いくら喫茶店で飲み物を少し飲んでいたとしても、最大利尿速度には程遠いはず。

「意外にあの人悪い人じゃないんですね……」

不意に弥生ちゃんがそう口にする。

「だね……ちょっと変な子ではあるけど良い人っぽかったね」

隠さずに敵意を向けていたまゆも意外にも高評価。
それと変な子……最初に言ってたメガネの話だろうか。
目が悪くないなら何故つけてたのか……意味不明だ。

「まぁ、とりあえずはお茶会終了、解散だね」『トイレも行きたいしー……電車待ちだったら駅の使おうかな?』

私はまゆの声と珍しい『声』の両方を聞きながら「……そうだね、また明日」と答え自転車に跨る。
私の声に続くように二人も別れの挨拶をして、駅へと足を進めていった。

私が尿意を感じ始めたのは喫茶店に入ってから30分くらいしてからだった。
『声』に意識を傾けると、まさか3人とも我慢しているとは思ってもみなかった。

その中の一人――霜澤さんの『声』は限界がそこそこ近い状態であることにさらに驚いた。
『声』の内容からも必死で取り繕っていたのは判った。
それでもあれほどの『声』でありながら、結果私以外の誰にも気が付かれずに隠し通したのだから大した人なのかもしれない。

弥生ちゃんもトイレの近さが顕著に現れていた。
どうも始業式が終わった時に、知らない間にトイレに寄っていたみたいだったが
トイレに立つ寸前は霜澤さんほどではないにしろそこそこ切羽詰っていたみたいだった。

まゆは……珍しい『声』を聞けただけでも満足と言ったところだろうか。
始業式だったため、トイレに寄るということをしていなかったらしく
まだまだ余裕はあるようだが前の経験からも少し心配しているように感じられた。

――まぁ、前のはまゆが寝てたのもそうだけど、あそこまで追い詰められた原因と言ったら利尿剤なわけだけど。

339 事例7.1「霜澤 鞠亜」と喫茶店。-EX- 2 :2015/09/19(土) 20:25:48
利尿剤……。
朝見さんが私の飲み物に混ぜた薬。
私の嗜好を止めさせるため、痛い目にあわせることが目的であり、でも行き過ぎた……私にとっては非常に恥ずかしい結果となった。
皐先輩の話を聞くに朝見さんはそれを後悔しているらしい。
霜澤さんも故意ではなかったにしろ弥生ちゃんを辱めたことで落ち込み、悩んでいた。
故意で行った朝見さんもそれ以上に悩み、悔やんだのかもしれない。

私は我慢している姿、その結果は好きだし萌えるし抱きしめたくなるほど可愛く感じるが
やっぱり、相手を貶める行動には蟠りが残る。知り合いや友達ならなおの事。
それにたとえ貶めなくても、助けられたはずの子が公衆の面前で失敗してしまうのは……ちょっと辛い。

――でも『声』を聞くために蟠りが残らない程度には最大限の努力はするけど。

私は自転車を走らせる。
真っ直ぐ家には……帰らない。
今日、既に図書室で勿体無い経験をしたのだから、ここで諦めるわけには行かない。

私は隣のコンビニに入る。
店内には入らず、私は駐車場内の喫茶店に近い場所に自転車を止め、喫茶店の方に意識を集中させる。
此処は喫茶店のトイレにもっとも近い場所。
壁があると少し受信感度は悪くなるが、何とか届くはず。
トイレに入る寸前の霜澤さんの『声』が……。

清掃中だったので、5分程度待つ必要がある。
そう思っていたが――

『や、だめぇ、出てる、これ以上はっ! あとちょっと、ちょっとだからぁ!』

――っ!

『あぁ……――』

直ぐに『声』は聞こえなくなる。

……。

……。

――えっと…少なくとも完全には間に合っていない?

清掃中なのにお願いして入ってきたのだろうか?
そんなになるまで、言い出せずに限界まで我慢して……。
それも以前失敗してしまった弥生ちゃんの前での我慢で。

――霜澤さんって凄く、かわ――

『ふふ、鞠亜、可愛いわぁ……扉開けっ放しで下着履いたままだ何て……』

――っ!?
な、なに今の『声』?

開けっ放し? 下着履いたまま?
そんな状況を見てる人が居る?
そして私のようにそれを可愛いと思ってる誰かが。

――というか、そんな状況なの? 私も見たい、もっと細かく教えて、というか羨ましい! 代わって!

『慌てちゃって……本当、相変わらずかわいいなぁもう♪』

また聞こえる。
恐らく、『相変わらず』と言う言い方や『鞠亜』と呼んだ点からして、如月さんだろうか。

『あーあ、床にもこんなに……そこまで我慢って……本当、可愛い子♪』

……。

……あぁ、本当、羨ましい。
本当今日はなんだか色々と惜しい……。

おわり

340 名無しさんのおもらし :2015/09/19(土) 20:51:58
更新待ってましたよ

とうとう鞠亜も漏らしたか、これで大体の登場人物が漏らしたね
シチェも漏らしてるのを間近で見られるのが良すぎる

341 名無しさんのおもらし :2015/09/19(土) 23:23:55
いい…いい!

342 名無しさんのおもらし :2015/09/21(月) 06:10:45
弥生ちゃん飲み物いっぱい勧めてるけど実はこっそり利尿効果を狙ってたりして

343 名無しさんのおもらし :2015/09/21(月) 15:45:59
如月さんの我慢展開も見たい

344 名無しさんのおもらし :2015/09/21(月) 22:18:33
>>339
更新お疲れ様です。
相変わらずのハイクオリティ…素晴らしい

345 名無しさんのおもらし :2015/09/21(月) 22:30:14
如月さんが羨ましいそこ変わって

346 名無しさんのおもらし :2015/11/19(木) 20:44:50
もう冬だね
新作こないのかな

347 名無しさんのおもらし :2015/11/21(土) 23:34:23
次回作はよ

348 名無しさんのおもらし :2015/11/22(日) 04:11:43
お約束の前触れレス?

349 名無しさんのおもらし :2015/12/20(日) 23:13:25
続き全くこないな

できれば!新作お願いします

350 名無しさんのおもらし :2015/12/20(日) 23:24:12
続編よりも?

351 名無しさんのおもらし :2015/12/21(月) 14:18:33
俺は声シリーズの続きが見たいです

352 名無しさんのおもらし :2015/12/21(月) 15:26:35
>>318
>>322

353 事例の人 :2016/02/03(水) 22:24:59
めっちゃ間空いた
感想とか期待とかありがとう

354 事例10「宝月 水無子」と休日。 1 :2016/02/03(水) 22:26:59
「っ…みないで……もうゆるして……」

長い黒髪の子はそう言って嗚咽を漏らす。
私は手を伸ばす。だけど届かない。
私は口を開く。だけど声が出ない。

目の前で泣き続けるその子に私は何もしてやれない。

――
 ――
  ――

目を開くと――あぁ、此処は自室だ。

私は上体を起こし目を擦る。

……。
…………。

目を擦っていた手を止める。
同時に顔に血が上るのが分かる。
私はせっかく起こした身体を捻り、うつ伏せになって枕に顔を埋める。

「ぅ〜〜〜」

意味もなく声を出す。
これで三日連続だった。
彼女の――朝見さんの夢を見るのは……。

クラスメイトの夢を見ることはある。だけどそれは本当に稀なこと。
三日連続だなんてこと普通ありえない。
それに、翌々考えれば、連続では無かったが朝見さんの夢を見ることは此処最近以外でも何度かあった。

――……あ〜、なんで私…こんなに意識しちゃってるの?

無意識――ではなく、自覚できるくらいに。
確かに朝見さんは私にとって特別な人だ。
特別……それは私の嗜好を唯一知っている人であり、なぜか『声』が聞こえない人であり
凄く苦手で、天敵で、一緒に居ると気不味くて……だけど――

……。

私は枕の横に手を突き、四つん這いにして身体を再度起こす。
朝見さんは夢にまで出てきて私を振り回す……それが嫌で。
そして、大きく深呼吸して気持ちを切り替える。

355 事例10「宝月 水無子」と休日。 2 :2016/02/03(水) 22:28:16
今日は休日。
時間は――10時を少し回ったところ。
とりあえずトイレで用を済ませ、洗面所で歯磨きしたり、髪を適当に梳かしたり……。
その後のどの渇きを覚え、冷蔵庫から水出しのお茶を取り出し、大き目のコップに注いで飲み干し、一息。

キッチンから見えるリビングのソファーに母が寝ていて……。
いつもとなんら変わらない平和な休日。

……。

「……出かけようかな」

誰に言うわけでもなく、呟く。
気分がそうさせるだけでなく、卵がなくなってきていたし、他にも買うものがあった気がする。
冷蔵庫からだした水出しのお茶をしまうついでに、何が必要かを頭の中で整理する。
寝ている母を起こさないようにして、身支度をして書置きをテーブルの上に置く。

どこへ買い物に行こう……そんなことを考えながら玄関を出て、エレベーターに乗り込む。
エレベーターがホールに着き扉が開く。
そして自転車に乗るために駐輪場へ――

<♪〜〜>

私の携帯から着信音がなる。
携帯を取り出し確認すると相手は皐先輩だった。
私は応答しながら駐輪場へ向かう。

「……もしもし?」

  「おはようございます、綾菜さん♪」

「……な、なんだか機嫌いいですね……」

私は電話越しでも分かるその態度に少し引いてしまう。
なぜ、皐先輩がご機嫌なのは多分――

  「あ、分かりましたか? そうですね、機嫌いいですよ、仲直り出来た様ですから♪」

――……やっぱりそのこと……誰から聞いたのやら。

私は、自転車の鍵を取り出しながら聞こえないように小さく嘆息する。結局、朝見さん関係のことで振り回されるのかと思うと――
……。

以前の私ならもっと憂鬱な気分にでもなっていた気がするが、今はそんな気分にならないことに気が付く。
もちろん、良い気分になるわけではないのだけど。
やっぱり仲直り――――どう考えても仲直りでは無かった気がするけど……――――というものは大切と言うことだろう。
正直なところ多少は打ち解けられた気がして、私は嬉しいのだと思う。

356 事例10「宝月 水無子」と休日。 3 :2016/02/03(水) 22:29:04
<カチャン>

  「え? 今の音……自転車ですか? どこか外出ですか?」

私の自転車の鍵を開ける音に目敏く気が付き、問いかけてくる。

「……少し気分転換も兼ねて、買い物しようかと思いまして……」

  「気分転換…ですか? 何か悩み事でもあるなら私が相談に乗らせて頂きますけど?」

気分転換という内容を省いて話せばよかったと今更ながら後悔する。

「……いえ、お気になさらず」

  「あら、残念。私もすこし用事がありますし……生徒会への勧誘も、また後日ゆっくり致しましょう」

それだけ言うと皐先輩は「では、また」と言い残して電話を切った。

――はぁ…生徒会か……。

今のところ入る気など無いが――朝見さんはどうするのだろう?
私と朝見さんとの仲が少し改善されたことで、皐先輩にとって私たち二人を誘いやすくなったのだろうけど
仲良くなったわけではないし、朝見さんがそれだけで生徒会に入るとはとても思えない。
それに、入る気など無い以前に私が生徒会に入るには少し面倒な手続きが必要なはずだし、担任やクラスメイトに少し迷惑をかける。
皐先輩は知ってるはずだけど――いや、どこか変なところで抜けてる人だし気が付かなかったのかもしれない。
……でも、まぁ、そういう微妙な隙が、皐先輩の隠れた魅力なのだけど。

私は自転車に乗り道路に出る。

皐先輩と話したことが切欠で、夏祭りの時の皐先輩の台詞を思い出す。

――「――もう貴方に関わる資格なんてないって……泣きながら言ったんです」――
――「――……呉葉は貴方の事嫌ってなんていませんよ」――

結局のところあの言葉は方便だったのか、事実だったのか。
数日前に涙を流した朝見さんの姿――――夢の中だとほんの少し前だけど――――を見ているだけに
どうにも、方便だったと確信できずに居る。

……。
…………。

「はぁ……」

私は大きく嘆息する。
折角の気分転換が台無しだ……。

357 事例10「宝月 水無子」と休日。 4 :2016/02/03(水) 22:30:25
――
 ――

懐かしい。
歩きながら私はゆっくりと視線を巡らす。

電車に乗り、買い物に向かった先は、私が以前住んでいた家の近く。
私は見慣れた――でもほんの少し見ない間に細かなところで変わってしまった町並みを楽しみながら道を進みデパートに向かう。
いつもはこっちのデパートには来ないから少し新鮮な感覚も後押しして、穏やかな気分になる。

「綾?」

そんな中、私を呼ぶ昔からよく知る声が聞こえ振り向く。

「やっぱり綾! なに? こんなところまで来て?」

「……椛さん! …あ、おはようございます」

振り向いた先に居たのは椛さんだった。
結局夏祭り以降また話す機会を失っていたのだが……校外ではなぜかそれなりに縁がある。

「……私は買い物。椛さんこそなにか用事?」

「そうそう、こんな時間から生徒会長様の使いよ」

皐先輩の用事というのは椛さんに合うことだったようだ。
それにしても、あんなことがあったのに全く気にしていない態度。
……流石に繕っているとは思うけど、強い人。
私は関心しながら、話を続ける。

「……これから学校となると、お昼はどこかで外食ですか?」

「あ、違う違う、場所はそこの公――あ……」

椛さんは何か失敗した時のような表情で言葉を止めた。
私は怪訝に思いながらも、振り向くと公園があり――だけど視界の下のほうに何か動いたのを感じて視線を落とす。

358 事例10「宝月 水無子」と休日。 5 :2016/02/03(水) 22:31:10
「ねぇ、貴方ってもしかして銀狼?」

そこには私の胸より少し低いくらいの少女がいた。
髪は私と同じ銀色で、ツーサイドアップに近い髪型。
レースブラウスに長袖のボレロ、そしてフリルの付いたジャンパースカート……
ゴスロリ衣装――いや、クラロリ衣装なのかも知れない…そんな服を着ていた。
お嬢様という言葉が似合うその少女に私は驚き、少しの沈黙を作ってしまう。

「コホンッ、えーと水無子(みなこ)、この人は銀狼じゃなくて、雛倉綾菜って言って私の幼馴染」

その沈黙を空かさず破ったのは椛さんで、その子――水無子と呼ばれた女の子に、私の説明をする。
どうも二人は知り合いらしい。

「知ってるよ名前くらい……“まりあお姉ちゃん”が銀狼って呼んでたから言っただけだし」

――……“まりあお姉ちゃん”?

“まりあ”という比較的珍しい名前を聞いて私が思い浮かべるのは当然一人だけ。
霜澤鞠亜……私を銀狼と呼んでいたという情報から考えるに、この子の言う“まりあお姉ちゃん”とは霜澤さんのことで間違いないと思う。
以前、喫茶店で話した感じだと、あの人も一応裕福な家の生まれだったはずだしなにか接点があるのかも知れない。
「お姉ちゃん」と言う意味合いから、実妹もしくは、妹分という印象を受ける。

――……それにしても、なんで霜澤さんは私の話をこの子に?

「わかったから、とりあえず自己紹介でしょ?」

椛さんがそういうと、少女は少し不満そうな顔をしながらも一歩下がり膝下丈ほどのスカートの裾を片手で軽く持ち上げてほんの少し膝を曲げる。
確かカーテシーといわれるヨーロッパの挨拶。偏見かもしれないけど、いいところのお嬢様の挨拶らしい挨拶。

「はじめまして、宝月 水無子と申します。銀狼さん♪」

どこか嘗められている気がする。
……。

「……貴方も銀髪じゃない」

「っ!! そうだったっ!」

自身の髪の毛を触りながら叫ぶ。気付いてなかったらしい。

359 事例10「宝月 水無子」と休日。 6 :2016/02/03(水) 22:31:46
――……というか今、宝月って言わなかった?
宝月は皐先輩の苗字と同じ……。

「綾、この子はね会長の親戚の子でね、察しの通りお嬢様……まぁ、会長ほどではないけど、気持ちはお嬢様らしいよ」

「ちょっと、後半の説明がディスってるように聞こえたんだけどっ!?」

水無子ちゃんは椛さんの気配りの無い説明に不服を唱える。
椛さんは面倒くさそうな顔をして「だったら自分でしてよ」と不満を口にしながら宥める。宥めれてないけど。

もしかすると、椛さんが呼ばれた理由はこの水無子ちゃんの面倒……みたいな感じなのだろうか。
流石に理由はあるのだとは思うけど、会長も随分人使いが荒い。

――それにしても、このまま立ち話……っていうのもねぇ……。

私は公園の方へ視線を向ける。
そこにはちょっとした木や遊具のほか、目当てのベンチもいくつかある。

「……ねぇ、立ち話もなんだし、そこの公園で話さない?」

提案してから気が付く。……この公園、なぜだかあまり記憶に残っていない。
昔の家からこの公園まではそれほど距離があるわけではない。
遠目で見る遊具の古さから私が引っ越すことになってから遊具が追加されたとかでリニューアル的なことになっているというわけでも無さそう。
意識して思い出そうとすると確かに此処に公園があった……それは思い出せる。
だけど…それだけ。

――……こんな近所の公園だったのに……私、ここで遊ばなかったのかな?

昔の私は結構アウトドア派だった気したけど……。

「あー……で、でも綾これから買い物でしょ? 付き合せちゃ悪いし――」
「なら一緒に買い物ね!」

椛さんと私の間に入って水無子ちゃんはそう言う。
……自分勝手なところは会長に少し似てるかもしれない。

360 事例10「宝月 水無子」と休日。 7 :2016/02/03(水) 22:32:46
――
 ――

「……えっと卵と牛乳と――」
「綾ってこんな主婦してたっけ?」

私は椛さんのその言葉に小さな嘆息で返事をする。
母の仕事が今の時間帯になってからは、どうしても家で一人で食べることも多くなった。
雪姉も居ないし……私自身料理は得意ではないが、ある程度は身についてしまった。

――……というか、椛さんのよく知ってる私って小学生の頃の私だし、その頃から主婦してるわけがない。

「こんなに安い卵でいいの? こっちのが悪いなりにもよさそうだけど……」

などとお嬢様が仰っている。庶民の私にはその「悪いなりにもよさそう」と微妙な評価をされた卵が既に贅沢過ぎる。
だけど、そういう発言をしながらも気が付かれないように振舞ってるのは……うん可愛い。

『あー、食品売り場は寒くて余計したくなっちゃう……早くお手洗いに行きたいけど……』

少し前に私が尿意を感じたのと同時に、水無子ちゃんの『声』が聞こえてきた。
どうも『声』の感じからして、会った時くらいから既にある程度の尿意を抱えていたんじゃないかと思う。

『もう……櫻香が美容のためとか言って紅茶沢山いれるから……美味しかったけど』

――……櫻香? この子のお姉さんか誰かかな?

とりあえず、櫻香さんありがとう。おかげで良い『声』が聞けてます。

「他、何か要るものあるの?」

適当に商品を見ている振りをして考え事をしていると、椛さんが尋ねてくる。
私は改めて冷蔵庫の中を思い出しつつ足りないものを考える。

「……えっと、あと買う予定は……とりあえずはタマネギくらいかな?」

「それじゃあ、あっちだね」

『よかった〜、余り時間掛けられると危なかったし……』

……。

「……でも、安かったら買いたい物もあるかもしれないし、とりあえず全部回ろうかなって」

『っ! うぅ……まだ大丈夫なんだからっ』

意地悪なことしちゃったかな?
仕草も少し見え隠れし始めてる気がするし……本当かわいい。

361 事例10「宝月 水無子」と休日。 8 :2016/02/03(水) 22:33:37
“広告の品”と書かれた実はそれほど安くも無い商品――――一般的に安いのは本日限りとかだしね――――を無視して視線を巡らしつつ、考える。
これからどうするべきか。水無子ちゃんを観察していると結構辛くなってきてるようだけど、まだ自分から言い出さない当たり
高いプライドの持ち主……いや、初対面の私がいるのも言い出しにくい原因かもしれない。

『あぁ、早く終わってくれないかな……結構辛くなってきたよ……』

私が立ち止まると少し不安そうな顔をして、気が付かれない様にほんの少し膝を曲げたり伸ばしたり。
時折片方の足をもう片方の足の後ろに持っていって、さりげなく太腿をすり合わせたり。
歩いている時はまだいいけど、じっとすると言うのは流石に辛そう。

そんな様子を水無子ちゃんと椛さんに気が付かれない様に観察しながら
色々回って、結局タマネギだけを買い物カゴに入れてレジへ向かう。

「あ、ちょっと……用事あるからレジ終わってもここで待っててっ」『これ以上我慢してたら、おしっこってバレちゃう!』

水無子ちゃんは引き止める間もなく走り出し、恐らくトイレへ行ってしまう。
付いて行きたいところだけど、流石に椛さんにレジを押し付けるわけにもいかない。

レジが終わり袋に商品を入れて水無子ちゃんを待つ間、椛さんに謝る。

「……ごめん、買い物に付き合わせるみたいになって」

「え? あー、でも水無子が一緒にって言い出したんだし、責めるならあの子かそれを相手にさせた会長でしょ?」

私はそれを聞いて感じていた疑問を口にする。

「……どうして椛さんがあの子の相手をすることになったの?」

「んーとね、大した理由じゃないんだけど、会長と一緒になって遊んであげた時があって
その時に月に1〜2回くらい遊んであげようか、って言ったら……まぁこんな感じに?」

椛さんらしい理由。
多分、水無子ちゃんのことを妹分のように可愛がっているのだろう。

「お、お待たせっ」『お手洗い清掃中とか最悪!』

――っ!

駆け足で私達のところに戻ってきた水無子ちゃんに私は驚く。
もちろん駆け足だったからではなく、その『声』に。

「おかえり……どうしたのそんな焦って?」

帰ってきた水無子ちゃんがそわそわと落ち着き無い仕草をしているのに椛さんが気が付き声をかける。

「あ、えっと……なんでも……っ」『ど、どうしよう、どこで……』

水無子ちゃんはその問い掛けに動揺しつつも、仕草を抑え、でもよく見れば足を擦り合わせる仕草を残しながら言葉を濁す。
俯いて顔を隠してはいるが、髪の間から見える肌は赤く染まっている様に見える。……うん、最高に可愛い。

相当切迫してきているのにまだ私達に尿意の告白をしてこない。
たしかに……それはそれで可愛いことは可愛いんだけど……私が気を使って聞くべきなのか
それとも、プライドを傷つけないためにも水無子ちゃんから言うのを待つべきなのか。

362 事例10「宝月 水無子」と休日。 9 :2016/02/03(水) 22:34:22
「あ、もしかしてトイレ混んでたりして出来なかった?」

私が迷っているとあっさり椛さんが核心を突く。
というか、聞き方からして水無子ちゃんがどこへ向かって走っていったのか気が付いていたようだ。

「なっ……うぅ、で、デリカシー無さすぎ!」

――ですよね。

「はいはい、わかったから行って来なよ、待ってるからさ」

「あ、いや……混んでるんじゃなくて…清掃中だったから……」

「じゃあ、頼んで使わせてもらえるか聞いてみる?」

「ちょ! が、我慢できないみたいで恥ずかしいじゃない! それより…えっと……こ、公園っ! さっきの縁公園に行こうよ!」

私、完全に傍観者になってるけど……とりあえずさっきの公園のトイレを目指すみたい。
それと、あの公園には名前があるらしく縁(えにし)公園というらしい。……やっぱり聞き覚えが無い。
そして、デパートのトイレを使わせて貰うのは恥ずかしいようだけど
清掃が終わるまで待つ選択肢は自分の中では無いらしい。
それはつまり「我慢できないみたい」じゃなく清掃が終わるまで「我慢できない」と言うことかもしれない。

「は、早く行こっ!」『こ、公園までなら大丈夫なはず……だよね?』

少し自信が無さそうな『声』が聞こえる。
尿意の上がり方も『声』を聞く限り早そうだし、櫻香さんとやらに貰った紅茶が強く作用してるのかも知れない。
紅茶には利尿作用があるし、それを沢山口にしたなら当然の結果だと言わざる終えない。

私と椛さんは「早く、早くっ」と急かす水無子ちゃんの後を付いていく。
デパートを出て公園までは歩いて15分掛からないくらい。
小走りに走る水無子ちゃんについていくため、私達も足を速める。
これなら11〜2分くらいで到着するだろう。

「……こんなに急がなくちゃ行けなくなるくらい我慢してたんだね、もっと早く言えばいいのに」

先頭を走る水無子ちゃんに聞こえないように世間話のつもり椛さんに話しかける。
それを聞いて椛さんの顔が少し赤くなり、私から視線を逸らすように前を向いてから躊躇いつつ口を開く。

「そ、それ……普通、私に言う?」

その言葉の意味が一瞬分からなかったが、すぐに夏祭りのことだと理解して失言だったと感じ口を押さえる。
同じく尿意を告白せず、しかも間に合わなかったのだから、当然そういう――可愛い反応になる。
椛さんは少しだけ速度上げ、私の前を歩く形になるともとの速度に戻る。

――……気を悪くさせちゃったかな? 恥ずかしいだけならいいけど……。

私はほんの少しの距離を保ち後を追う。

363 事例10「宝月 水無子」と休日。 10 :2016/02/03(水) 22:35:30
『うぅ、どんどんしたくなって来ちゃう……あぁもう、櫻香のバカァ!』

水無子ちゃんの『声』は次第に大きく、そして焦りを伴うものになっていく。
よく見れば下腹部を庇うようにほんの少し前傾姿勢で
流石に間に合わないほどではないと思うが……椛さんのように急に来るタイプかもしれないし
心配と期待を込めて最後まで見守ろうと思う。

『っ! 見えた……大丈夫、間に合う!』

公園が見えて来たと同時に安心した『声』も聞こえてくる。
私は少し残念に感じながらも、それなりの『声』が聞けたためそこそこ満足していた。
外で、同学年より下――――水無子ちゃんの年齢が良くわからないが、身長で言えば小学高学年と言ったところ?――――の
『声』を聞くというのは、高校生活を送る私にとっては結構稀な体験で、新鮮だった。

水無子ちゃんが公園に入ると同時くらいに、椛さんは歩く速度を下げる。
本当なら私は個室に入る瞬間まで見ていたいところではあるが、私も速度を緩めそのまま椛さんのところに歩み寄る。

「なんとか、間に合いそうだね……」

椛さんのその言葉には安心した気持ちと、ほんの少し複雑な気持ちが感じ取れた。
安心は当然だけど、複雑なのは……多分あの時の自分を重ねて見てしまっていたのかもしれない。
年上の自分が間に合わず、水無子ちゃんが間に合いそうなことに手放しで喜べないのだと思う。
そう思わせてしまったのは多分私の余計な一言が原因。

「……とりあえず、そこのベンチで待ってようか?」

私はそういって公園に足を踏み入れる。
足音で椛さんが付いてきているのも分かる。

『ちょ、な、なんでよぉ!』

――え? ……水無子ちゃん?

気になる『声』が聞こえてくる。焦りと困惑が混じったような『声』。
だけど、椛さんが居る手前、変な反応をするわけにもいかない。
水無子ちゃんが向かった公園の公衆トイレに視線を走らすが中が見えず、状況が分からない。
私も用を済ませるためにトイレに向かうのも手かもしれないが、それをするには買い物袋を椛さんに渡さないといけないわけで。
だけど、ベンチで待っていようと提案してしまったため、ベンチまで移動してそこに荷物を置かないと不自然に思われる可能性がある。

『あぁ、もう、使用禁止ってなによ! もう我慢できないのにっ!』

……状況が飲み込めてきた。
使用禁止の張り紙が個室に張ってあり、使えない。
公衆トイレではありがちな事で、すぐに修理がされないことも多々ある。

364 事例10「宝月 水無子」と休日。 11 :2016/02/03(水) 22:36:36
とりあえず、ベンチに着き座り荷物を置く。
トイレの中が気になり「私もトイレに」そう椛さんに切り出そうとした時――

「も、椛お姉ちゃん!」

トイレの方から水無子ちゃんがこちらに向かって覚束無い足取りで歩いてくる。
前屈みで、不安そうな顔で、何かを抱え込んでいるようなその様子は
誰がどう見てもまだ済ませていないのは明白で、限界が近いことが感じ取れる。

だけど、その思いもよらぬ事に椛さんは困惑しているみたいで
先に口を開けたのは水無子ちゃんの方だった。

「こ、此処から一番近いトイレってどこ!?」

「え、えっと……駅かな?」

戸惑いながらも椛さんはそう答える。
駅……公園から見える程度の距離で歩けば5分かからないくらい……だけど――

「……そこまで我慢…できる?」

言葉にしてから私は失敗したと思った。
そんな聞き方で、この子が「我慢出来ない」なんて言う筈がない。
我慢していたのを隠していて、それを知られた時恥ずかしそうにしていたこの子には
その「我慢出来ない」と言う言葉はハードルが高すぎる。……私でも言いたくない。
案の定、顔を赤くして涙目で私を睨むようにして言った。

「が、我慢できるに決まってるじゃない!」『わかんないよ、そんなのっ!』

精一杯の強がりを言い、だけど『声』には自信が無くて……。
スカートの裾を握り締めている手を何度も掴みなおす。
本当は前を押さえたくて仕方がない……そんな感じで――凄く可愛い。

「とりあえず、此処のトイレは使えないのね?」

状況がいまいち分かっていない椛さんが確認する。
水無子ちゃんは時間が惜しいとばかりに首を2、3度縦に振り
その後は私達がベンチを立つ前に踵を返し公園の外へ向かい歩き出す。

椛さんは立ち上がり後を追う。
私も買い物袋を持ち直して慌てて立ち上がる。

365 事例10「宝月 水無子」と休日。 12 :2016/02/03(水) 22:37:59
「はぁ……っ、はぁ……」『あぁ…っ、やだ、我慢……まだ、我慢だから……』

水無子ちゃんは、深く、震えるような息を吐きながらゆっくり歩く。
額にはうっすら汗が浮かんでいる。
もう、正直な『声』を聞かなくても――――聞くけど――――余裕の無いことがわかる。
椛さんもそれを理解して隣まで行き肩を抱くようにして一緒に歩いてあげてる。

『えっと、公園出て…道路渡って…少し歩いて……駅に入っ――っ! き、切符!』

限界まで膨らんだ下腹部をどうにかしたくて、気持ちが急く……
その中でこれからの事をシミュレートして駅のトイレを使用するためには切符が必要なことに気が付く。

「も、椛お姉ちゃん……先に行って、切符買って…っ……来て…」

搾り出すようにして出された声は、少し生意気で強気だった水無子ちゃんとは思えないくらい弱々しい。
何度も御預けされ続けた膀胱がこれ以上溜められないと少女を攻め立てる。
それは、女の子にとって本当に辛くて恥ずかしくて……でも絶対に耐えなければいけないこと。
崩れそうになりながらも、どうにか踏みとどまって、諦めずに耐える。……健気で本当に可愛い姿。

「綾、水無子をお願いっ」

椛さんはそう言うと同時に駅の方へ走って向かう。

――……でも、お願いって言われても……。

私は両手を見る。
小さなカバンと買い物袋が二つ。
さっきまで椛さんがしていたように肩を抱くには荷物が多い。
仮に荷物がなくても、出会って間もない私では馴れ馴れしいのではないかと思う。

水無子ちゃんはゆっくりとした足取りで公園を出る。
私も歩幅をあわせ、後方から見守る形で後を追い、観察する。
なんと言うか、どう接していいのかわからなくてお世辞にも居心地が良いとは言えない。

「はぁ…ふぅ……っ」『はぁ……あぁ、だめぇ、我慢、我慢っ…で、出来るからっ…』

震える息は不規則に乱れている。
『声』は自身を励ますように……だけど、それは現実を認めたくない……そんな風にも聞こえて。

「んっ!」『っ! やぁ……あぁ――』

前を歩く水無子ちゃんは足を止める。
今まで裾を掴んだり、所在なさげに彷徨わせていた手が、スカートの上から大切な部分をこれ以上無いくらいの勢いで押さえ込む。
止めた足はガクガクと震え、肩も震わせて……それは大きな波が来ているのだと私に感じさせるには十分で……。

「ぁ……」『やだ、嘘……』

どうにか聞き取れるくらいの困惑と焦りと恐れを含む声が漏れ
『声』の表現からしてもそれが何を意味するのかわかってしまう。

――……少し、濡らしちゃった?

おもらしを目前にして、どうしようもない不安に直面している水無子ちゃんとは対照的に
私は、鼓動が早くなるのを感じ、妙な緊張から唾を飲み、喉を鳴らす。

366 事例10「宝月 水無子」と休日。 13 :2016/02/03(水) 22:38:59
「ふぅ…はぁ……」『もう……そんなに…持たないっ』

何度か小さく息を吐き、波を越えた後のほんの少しの小康期間。
私はまた小さく歩みを進めるのを見ていた。
水無子ちゃんは焦った様子で駅がある、道路の向こう側へ行こうと歩道から道路へ足を出す。
私もそれに続こうとした時――

「っ!」

すぐ近くの路地からエンジン音が聞こえ、それがこちらに曲がってくるのが見えた。
私は咄嗟に買い物袋を手放して、水無子ちゃんの腕を掴み、こちらに引き寄せる。
身長相応の軽い身体は簡単にこちらに倒れるようにして引き寄せられ、赤い車体の車が目の前を通り過ぎた。

私の胸の下辺りに水無子ちゃんの頭が当たる。
それと同時に、手放した買い物袋が地面に落ち、中の卵が割れる音がした。

私は危険な運転をした車を目で追うが、止まることなく走り抜けていった。
横断歩道もなく信号も無かったのだから、こっちに非が無かったと言うわけではないのだけど。

「あっ、やぁ……」『あぁ、でちゃうっ!』

すぐ近くで焦りの声が聞こえる。
私は崩れ落ちそうになる水無子ちゃんの身体を、両手で両肩を掴むようにして支える。
様子を窺うため視線を落とすと、両手はスカートの前を確り抑えていて……
だけど、アスファルトには黒い斑点がいくつもあって……。

【挿絵:http://motenai.orz.hm/up/orz60671.jpg

「はぁ――、んっ、あぁ…」『だめっ、だめ…なのっ!』

スカートの中から落ちた雫がアスファルトに黒い斑点を増やしていく。
焦げ茶色のスカートは押さえ込んだ手を中心に水気を帯び、色濃く染まっていく。
身体が震え、限界ギリギリまで溜め込まれた熱水を意思とは無関係に吐き出そうとして、膀胱を締め上げていく。

でも――

スカートが水気を帯びても必死に押さえ直す少女の手は、溢れ出る熱水を塞き止める事を諦めていなくて……。
その荒く不規則な息遣いは、どうにか踏みとどまろうとしている呼吸で……。
『声』は生理現象を必死に宥め否定していて……。

本当に必死で……。

367 事例10「宝月 水無子」と休日。 14 :2016/02/03(水) 22:39:48
「はぁ――ふーっ、んっ…はぁ……ぁ…ふぅ……」『うぅ……こんなに――でも……まだ』

小さく何度も震える呼吸をして、なんとか完全な決壊を免れた少女。
だけど、スカートには少しとは言いがたい、コップで水を掛けられたくらいに濡れた痕。
アスファルトに作っていた斑点はいくつかが繋がり、水溜りと言った方がいいほどで。

私はそれを見て口を開く。

「……ご、ごめんね」

限界だったのは確かだけど、手を引いたことが切欠だったのも確かなことで。
仕方が無かったとはいえ、謝らずには居られなかった。

「い、いい……助けて…くれたの、わかってる…し……」

肩で呼吸しながら私を気遣う言葉。
もっと泣いて私を責めてくれても少女を責める者は居ないはずなのに。

水無子ちゃんの顔を髪の間から見ると真っ赤で……
言葉はしっかりしていていくら繕っても、顔にはその失敗の恥ずかしさが出ている……可愛い。

「んっ……はぁ……」『だめ……残りは我慢しなきゃ……』

今度は左右を確認してから、視線を少し落として歩みだそうとする。
黒色のタイツでわかり辛いが雫が伝ったであろう足で。
だけど、私は水無子ちゃんの肩から手を放さず、提案した。

「……ねぇ…、この状態で駅に行くのは…止めて置いた方がいいよ」

その言葉を受けて一歩目を踏み出してから、足を止める。

駅には駅員をはじめ、人が多くいる可能性が高い。
目立つ髪色と服装をしている水無子ちゃんに視線が集まるのは必然。
そうなれば、押さえ込まれたスカートの染みを見られてしまうのは火を見るより明らか。

「で、でも……んっ…駅じゃないと…ま、間に合わない…から………」
『うぅ、ダメ冷えて…おしっこ…おしっこしたいっ…ちゃんと、トイレで……』

トイレで済ませたい。
健気なのか我侭なのか混乱しているのか。
あるいは、その全部なのかも知れない。
失敗の跡を見られるよりも、ちゃんと正しく“したい”。

――……どっちが正しい? 私は、この子の肩から手を放すべき……?

多分正解は無い。
周りから見て失敗済みだと見える状況である今、どちらも正解ではないから。
トイレでないところで済ませることは恥ずかしいことで
失敗した姿を人目に晒すことは恥ずかしいことだから。

368 事例10「宝月 水無子」と休日。 15 :2016/02/03(水) 22:40:45
「っ! ……う、嘘?」

水無子ちゃんが何かに怯えるような声を出す。
私は、水無子ちゃんの顔を見て、その方向へと視線を向ける。

――……女の子や男の子…水無子ちゃんと同じくらいの学年?

大体の想像はついた。
見知らぬ人ならここまで怯えることもない。
恐らく、顔見知り…最悪クラスメイトや友達と言ったところだろうか。
幸いこちらにはまだ気が付いていない。

私は落としていた買い物袋を拾い――――卵が割れてる……――――
無理やり片手に全ての荷物を持つと、空いた右手だけで肩を抱くようにして、公園の方向に向きなおす。

「あ、ちょっと――」
「……いいから、見つかりたくないでしょ?」

何か言いたそうにしていたが、私の言葉に何も言えず覚束ない足取りではあるが必死に足を前に出す。

「はぁ…っん、ふっ…あぁ……」『んっ…だめ、座り込みたい…我慢……我慢できない……』

一度溢れさせてしまった恥ずかしい熱水がまだ足りないと言う様にして水無子ちゃんを襲う。
だけど、足を止めるわけには行かない。
後ろからはまだ、子供たちがこちらに向かってきている。
私は水無子ちゃんを励ますようにして、肩を抱く手に力を込める。

再び公園に入ると、私は公衆トイレへ向かい歩みを進める。

「っ…やぁ……」『んっ! だ、ダメ……が、まん……さっきあんなに出ちゃったのに…あぁ、もう――』

荒く熱い息を詰まらせ、足が止まりかける。
大きな波が来てるのはわかる……だけど、此処じゃまだ……。

「……もう少し、だから……あの裏手まで何とか……」

私はそう言うが、その欲求がどうしようも無いことはわかっていて……。
水無子ちゃんが一番わかっているはずで……。

<ジュ……ジュウゥ……>

――っ……。

私は仄かに聞こえるくぐもった音に視線を落とす。
その視線の先、水無子ちゃんの足元にまた新たな雫が落ちていることに気が付く。
だけど、それとほぼ同時に、私の手を振り払うようにして水無子ちゃんは公衆トイレに駆け出す。
私はその後を慌てて追う。
水無子ちゃんが駆けていった公園の地面は、ところどころ色が濃くなっている。

『やぁ…だめ……だめなのにっ……』

その『声』と共に水無子ちゃんは公衆トイレの裏手に姿を消す。
正直、「大事な場面なのに出遅れた」などと思ってしまった。
可哀想だとも当然思ってはいるが……どうしようもなく可愛い姿が見たい私に自分で呆れる。

369 事例10「宝月 水無子」と休日。 16 :2016/02/03(水) 22:42:10
「はっ…ふぅ……やぁんっ……」『ダメ、出ちゃう出ちゃうっ!』

裏手に入って見た光景は、少し予想と違っていた。
我慢も限界の限界で、人目が無くなり隠れられるスペースに入ったのだから
緊張の糸が切れてしまってもおかしくない状況。
なのに、水無子ちゃんは公衆トイレの壁に腰だけを付けて少し前屈みになって必死に前を押さえ込んでいた。

「あぁ、……やぁ、み、見ないで……んっ…はぅ……」『我慢……がまん……お外でなんて…やだぁ……』

見ないでと言われても……視線が外せない。
必死で我慢を続ける……だけど、抑え切れない水圧でポタポタと地面を濡らしていく。
股から直接落ちる雫、足を伝い靴を濡らし足の周りに広がる水溜り、スカートに染み込み切れない恥ずかしい熱水が裾から零れる。
我慢してるはずなのに、止めることが出来ない。
諦めてないのに、結果として諦めているのと何ら変わらない現実。

こちらに向けられる涙で一杯の瞳。
私はようやく視線を外した。

「はぁ……はぁ……」

今までより深く熱い息遣い。
『声』はもう聞こえない。

私は恐る恐る顔を上げて水無子ちゃんに視線を向ける。
水無子ちゃんは私の視線に気が付くとこれ以上赤くなれないくらいに顔を染めてばつが悪そうに視線を逸らした。
そのまま背中を公衆トイレの壁に付けて、ずるずるとしゃがみ込み下を向く。
深い息遣いだけが聞こえる。

――……物凄く可愛――

『ふふ、水無子お嬢様、すごく可愛いわぁー』

――っ!

聞き覚えのある『声』、それも後ろから聞こえ私は振り向く。

「ごめんなさい、雛倉綾菜様……で、よろしかったですよね?」

見覚えのあるニコニコした表情で私に歩み寄る。
それは、いつかの喫茶店で会った如月さんだった。

「な、なんで…櫻香がっ!」

水無子ちゃんの慌てた声に、私は振り向く。
水溜りの上にしゃがみ込んだまま、困惑の表情を上目遣いで向けている……可愛い。

「あら、水無子お嬢様ー? 足元が水浸しですよ?」

「っ!」

ニコニコの表情を全く崩さない如月さんが私の前を通り過ぎ、水無子ちゃんに近づいていく。

「お、お、櫻香が、沢山紅茶を飲ませる…からっ…うぅ」

水無子ちゃんは立ち上がり如月さんの服を掴み泣きながら攻め立てる。
如月さんは適当にあしらいながら頭を撫で撫でしている。

――……というか、如月さんの下の名前が櫻香だったんだ……。

紅茶を沢山飲ませたという人物は如月さんだったということ。
……なんというか物凄く作為的な気がする。

370 事例10「宝月 水無子」と休日。 17 :2016/02/03(水) 22:43:11
「綾菜さん」

後ろからさらに別の人の声が聞こえて振り向く。

「えっと……こんなことに巻き込んでごめんなさい」

「……皐…先輩」

そこには居心地の悪そうな表情で視線を外している皐先輩がいた。

「先ほど道路で水無子の危ないところを助けて頂いて、本当に助かりました。ありがとうございます」

「……いえ、そんな――」

――って、どこかで見てたってわけですか。

「っ! な、なんで皐お姉様まで!?」

水無子ちゃんが如月さんを盾にして慌てて全身を隠す。
だけど、如月さんは水無子ちゃんの肩を掴んで皐先輩に全身が見えるようにする……何と言う鬼畜メイド。

「ちょ、や、これは…ちが……」

慌てた様子で何か言い訳を探そうとしている……うん、可愛――

『可愛すぎですよ、水無子お嬢様ぁ♪』

……。
なんだか悔しいし、物凄く認めたくないけど、私とこの人凄く似てる。

「言い訳はダメですよ、水無子お嬢様、それにこの前だって家で――」
「わーー、わーわーーー!」

如月さんの言葉を水無子ちゃんが必死に掻き消す。

そして皐先輩も、そんな水無子ちゃんの頭を撫で撫でして適当に乗り切るらしい。
それで、黙って俯いてしまうこの子もこの子だけど……。

「雛倉様、水無子お嬢様が大変お世話になりました。勝手ではありますが、このまま回収しちゃいますので」

――回収って……。

所々この人が楽しんでいるのがよくわかる。
と言うか、楽しんでいるのを隠す気が無いというか……。

「あ……綾菜…お姉ちゃん…………いろいろ、その…ありがとう……」

水無子ちゃんが去り際にそう言ってくれた。
お姉ちゃんと呼ばれることに免疫が無い私は少し妙な……でも悪くない気分になる。

「あの、綾菜さん……大丈夫…ですよね?」

残された皐先輩がよくわからない質問を私に投げかける。
私はどのことを言われているのか考える。
普通に考えれば――道路での事?

――……あれ? 以前にもなんか…なかったっけ?

「あ、いえ、すいません。良いんですこっちの話ですから……では――あ、ご不浄の張り紙外さないと……」

……え?。

「……ちょっと…え、張り紙って?」

「あ……えっとですね、水無子には内緒ですけど、此処のご不浄、使用禁止なんかじゃないんですよ……というか、私達が身を隠していた場所でもありますし
もちろん、櫻香さんにはやり過ぎだって言ったんですけどね。まさかデパートのご不浄までクレーム付けて清掃中にさせるとは……
相変わらず、自身の欲望の為ならなんでもしちゃう人……まぁ、私としても水無子の良い表情は見れましたが――」

……。
紅茶のみならず、最初から最後まで策略だったとは……。

「――では、椛さんによろしくお伝えください」

そう言って皐先輩は如月さん達の後を追いかけていった。

私は大きく嘆息して、駅で待機してるであろう椛さんへ連絡を入れるために携帯を取り出した。

おわり。

371 「宝月 水無子」 :2016/02/03(水) 22:44:54
★宝月 水無子(ほうづき みなこ)
小5のちょっとお金持ちのお嬢様。
ゴスロリ、クラロリ衣装を好む。

皐子とは親戚関係。鞠亜とはお金持ち同士の友人である。
皐子を「皐お姉様」と慕い、鞠亜を「鞠亜お姉ちゃん」と呼ぶ。
皐子へは憧れを素直に抱いているが、鞠亜へは素直になれないものの尊敬し慕っている。
また、椛とも仲がよく、生意気な態度を取るもののよく懐いている。

膀胱容量は年齢相応よりかは少し大きめ。
櫻香に紅茶を沢山飲まされていることが多いため、トイレ自体は近くなりがち。
飲まされてはいるが紅茶は好き。

成績そこそこ優秀、スポーツ得意。
基本的にはツンデレで少し傲慢な態度を取る。
特に同年代の人とは自分は違うと壁を作り、少し孤立気味。
如月櫻香を専属メイドとして雇っており、色々と扱き使いがちだが
逆に飴と鞭を使い弄ばれている。仲は悪くなく、信頼も厚い。

綾菜の評価では、プライドの高いツンデレお嬢様。
髪色が近いこともあって、お姉ちゃんと言って貰えるのは結構嬉しかったりする。

372 「如月 櫻香」 :2016/02/03(水) 22:45:48
★如月 櫻香(きさらぎ おうか)
年齢は雛倉 雪や日比野 鈴葉と同い年。

いつもニコニコ、悪戯好きでSなお姉さん。

代々メイドや家政婦の家系である変わった家の生まれ。

基本変態。
皐子のように相手の表情を見て楽しみ、
綾菜のように我慢、おもらし姿を見て楽しむ。
積極的に相手に関わり虐める……優しい顔したドS思考。

メイドとしてのスキルは高く、それなりに頭もいいが
メイドの仕事を優先し高校は行かず、中学でさえほぼ登校していない。
そのため、明るい性格の割りに友達といえる人は多くない。

○主人の変移
中学1年〜高校2年まで:鞠亜
・友達関係が如月の家にバレ、辞めさせられる。
・鞠亜がなるべく如月を傍に置きたいため、仮の主人として皐子を紹介。
高校2年〜高校3年:皐子
・とりあえずの1年契約。
・鞠亜と皐子が新たな正式な主人として水無子を紹介。
高校3年〜現在:水無子
・水無子を溺愛している模様。
・メイドの仕事が休みの日は駅前の喫茶店で働き、鞠亜や皐子とたまに話す。

鞠亜の評価では、大切な友達。だけど時々――ではなく、かなり面倒くさい。
皐子の評価では、変わった人。少し趣味が合い意気投合したりするが、表情が笑ってばっかりで観察対象としてはつまらない。
水無子の評価では、頼れる信頼の置ける人。だけど多々虐められる……悔しい! けどかn――憎めない。
綾菜の評価では、相当な変態。多少の親近感を感じるが出来ることなら余り関わりたくない。

373 名無しさんのおもらし :2016/02/03(水) 23:16:02
今年初めての事例の人の更新キター
そして相変わらずの素晴らしい小説だ

374 名無しさんのおもらし :2016/02/03(水) 23:47:57
ここで新キャラ二人登場か、櫻香がいい性格してるよ綾菜が我慢してる時に出くわせてやりたいわぁ

375 名無しさんのおもらし :2016/02/04(木) 10:52:27
何この素晴らしいメイドさん

376 名無しさんのおもらし :2016/02/04(木) 23:12:32
今度はこのメイドさんが失敗するんですね分かります

377 名無しさんのおもらし :2016/02/05(金) 08:33:28
>>376
それいいな

378 名無しさんのおもらし :2016/02/05(金) 08:56:33
おお、じれーちゃんきてるじゃん

379 名無しさんのおもらし :2016/02/06(土) 02:22:22
水無子ちゃんもいいけど恥ずかしがる椛さんの反応がめっちゃかわいい……
そういや感想とは関係ないけど渋の方の小説ってよく読むとここのと同じ世界観だったのね
雪姉と同世代かな

380 名無しさんのおもらし :2016/02/12(金) 13:41:56
しかし流石お嬢様...
年相応より我慢できるとは

381 名無しさんのおもらし :2016/03/07(月) 13:29:46
普通の小学生でも結構我慢できるよな
友人の娘が一リットルくらい出してるの見たし

382 名無しさんのおもらし :2016/03/08(火) 14:55:47
普段から我慢慣れしてる女の子だと結構我慢出来るらしい

383 名無しさんのおもらし :2016/03/08(火) 17:32:33
>>381
どういう状況で見ることになるんだよそんなんw

384 名無しさんのおもらし :2016/03/09(水) 23:42:29
>>383
渋滞で我慢出来ないって言うからペットボトルの底切ってさせたんだ
1リットルのヤツだったんだけど溢れ出してな

385 名無しさんのおもらし :2016/03/12(土) 18:50:26
>>384
溢れたって凄すぎだろ...
明らかに俺より膀胱大きいんだが...

386 名無しさんのおもらし :2016/03/15(火) 00:59:30
>>384
溢れ出たんなら正確な量はわからないか...?
てかそれを小説風にしてここに書けよ

387 名無しさんのおもらし :2016/04/17(日) 06:52:49
新作希望

388 事例の人 :2016/06/22(水) 23:57:23
まためっちゃ間空いた
感想とかありがとう
時間掛かったわりに読み返し少なくて誤字とか多いかも(いつも多い)
それと無駄話多目?

389 事例11「卯柳 蓮乃」と体育祭。1 :2016/06/22(水) 23:58:40
「――決まったーーっ! バドミントンダブルス決勝進出は1年B組の朝見・雛倉ペアだぁ!――」

マイクから試合の結果が伝えられる。
物凄く熱の篭った実況をありがとう卯柳さん。

今日は体育祭。小規模な体育祭。
学年の垣根を超えてクラス対抗で行うレクリエーションのようなもの。
バドミントンもミニサッカーも……全てがもろもろ同時に行われるため私達バドミントンを観戦していた生徒は
同じくバドミントンの試合待ちの人や終わった人、または他の競技の試合の合間に見に来る極少数の物好きな人。

試合相手と握手をしてコートから出る。
その際、私は軽く視線を巡らす。
応援してくれていた人は大体予想通り。同じ競技の人たちが数人と序盤で負けたミニサッカーの競技の人が少々。
その中には弥生ちゃんも居た。
弥生ちゃんは声には出していないが、少し興奮気味に喜んでいるように見える。
私は視線を逸らす……照れるとかそういうことじゃなく、私自身との温度差が少し後ろめたいのだと思う。

「おつかれさま……」

隣を歩く朝見さんが私に視線を向けずに言って、自分の荷物が置いてあるところに真っ直ぐ歩いて行く。
急なことで私は言葉を返せず、だけど、そのまま何も言わないのも悪い気がして朝見さんのところに向かおうとした時――

「雛さん! おつかれさまです!」

「……あ、うん、ありがと」

弥生ちゃんが駆け寄り声を掛けてくれたので、私は足を止めてお礼を返す。
少しだけ視線だけを朝見さんの方に向けると、一瞬目が合いそしてお互い同時に視線を逸らす。

あの体育倉庫での出来事から朝見さんのことを無駄に意識してしまって……。
それは相手も同じようで……距離が縮まったというより、接し方がわからなくなったというか。
以前の関係のが良かったとまでは言わないが、今は今で気不味い感じが耐え難い。
本当に朝見さんとは何かと妙な関係が続く。

「あの……雛さん?」

その声に視線を少し下に落として弥生ちゃんに向けると、少し上目遣いにしながら心配そうな顔で私を見ていた。
朝見さんに視線を向けていたのは一瞬だったが、その後すぐに弥生ちゃんへ視線を戻さなかったのが良くなかった。

「……ごめん、何?」

「えっと、やっぱり朝見さんと何かあったんですか?」

その言葉に私はすぐに口を開けなかった。
見学会前までは酷いことを言われていて、2学期中間考査まではお互い無視しあう関係で
そしてそれ以降は……なんだかよくわからない感じで。
当然それは、私や朝見さんに近しい人ならば気が付くほどの変化であり、弥生ちゃんが疑問に思うのもわかる。
だけど、見学会前後のことは説明できなくは無いが内容が内容だけに可能な限りしたくないし、中間考査前後はいまいち私も良くわからない。
考査の結果が朝見さんと同じ順位になったことが理由のひとつなのはわかるけど、それが全てではない。
朝見さんの中でそれをどう受け取ったのかも正直わからない。
そしてその後体育倉庫で起きた事に付いても話す訳にも行かないわけで……。

「……その…色々かな? 私も上手く説明できないから……気にしないで」

私は時間を置いてから曖昧な言葉を紡ぐ。
弥生ちゃんはその言葉に納得のいかない表情をしていたが
その後は深くは追求してくることは無かった。

390 事例11「卯柳 蓮乃」と体育祭。2 :2016/06/22(水) 23:59:45
――
 ――

「――これは圧勝っ! 生徒会、会長・庶務ペアをあっさり下し
バドミントンダブルス決勝進出を決めたもう一組は1年C組の霜澤・山寺ペアだっ!――」

マイクから試合の結果が伝えられる。
引き続き卯柳さんの実況。
だけど……。

『んー、ちょっと……おしっこ行きたいっ!』

実況と言うのは結構席を外すのが大変らしい。
しかも体育館から一番近いトイレは個室ひとつしか使えない上、バスケットとバトミントンの競技参加者も使うから
そこそこ混んでいるわけで……私にとってはそれはそれは嬉しいこと。

「――バドミントンダブルス決勝はシングルス決勝の後に開始します――」

そして、卯柳さんはこの後シングルス決勝の実況、ダブルス決勝の実況をしなければならなくて……。
でも、シングルスの決勝が終わった段階で尿意がそこそこギリギリなら彼女の性格上トイレに立つとは思うけど。

……彼女は1年A組の卯柳 蓮乃(うやなぎ はすの)さん。
それなりに元気が良いらしく、よくお喋りを友達と楽しんでいるのを見かける。
委員は実況をしているのだから恐らく放送委員なのだと思う。
『声』はそれなりに聞く機会がある人だけど、今まで本当に切羽詰った『声』というのは1〜2回と言ったところだと思う。

『まぁ、大丈夫だよね? でも……声出すから結構水分取っちゃったからな……』

……可愛い。シングルスの試合よりもずっと卯柳さんを見ていたい。

「はぁ……」

隣――――と言っても、3mくらいは、離れているのだけど――――で呆れたような嘆息が聞こえる。
視線を向けなくてもわかるが、それは朝見さん。

――……? どうして溜め息? これから始まる試合に興味がない? それは私も同意だけど。

どうにも私は勝負事に関しては余り関心が高くない。
勝敗に興味がないとまでは言わないが、昔の私と比べると……表現するならば“冷めて”いる。
雪姉は今も昔も負けず嫌いな性格――――その割りにはマイペースな所もあるのだけど――――だから
私と雪姉は容姿以外は余り似ていない――と今更ながら思う。

――というか、雪姉があんなだから、私が確りしなきゃならなくて“やんちゃ”を卒業しちゃったんだと思うし。

負けず嫌いな性格もその時に薄れていったのかもしれない。
昔のような“やんちゃ”の方が良かったとは思ってはいないが、もう少しそんな私が残っていた方がきっと良かったのだと思う。
今や軽いコミュ障レベルだし……。

――……いや、コミュ障に関してはもうひとつ思い当たる事――というか人が居るんだけどね……。

391 事例11「卯柳 蓮乃」と体育祭。3 :2016/06/23(木) 00:00:39
「――おっと! 早速紅瀬選手のスマッシュが決まるっ! 小さい身体でも鋭いショット!――」
『よし、実力差ありそう! 早くおしっこいけるじゃん!』

考え事をしている間に試合は始まり、早速点が入る。
よく見ると決勝の一人は椛さんで……これは早く決着が付いてしまうかも知れない。

そうなると私は少し残念だし、次の私達の試合が億劫に感じる。
試合に多少集中しつつ『声』にも注意を払う……うん、『声』だけ聞いていたい。

『うぅ……結構きつくなっちゃうかな……両方の試合終わるまでなんとか我慢できるとは思うけど』

私は顔の向きを変えずに視線だけで卯柳さんの様子を観察する。
パッと見るだけでは気が付かない程度だが
実況席のパイプ椅子の足に時折足を絡ませたり、両足を伸ばしてクロスさせたり……可愛い。
その少し落ち着きのない様子や『声』の大きさから察するに5〜6割と言ったところだと思う。
試合前はまだまだ仕草を見て取れなかったから、この早いペースでの尿意の上がり方は、卯柳さんが『声』で言っていた通り水分の取りすぎが原因。
取りすぎた水分の過剰分が腎臓でろ過され、彼女の下腹部に早いペースで熱水を送り込んでいる。

『んっ……やっぱやばいかな? でも、この試合の少し前から水分取るの止めたし大丈夫なはず…なんだけど……』

卯柳さんは自身が摂取した水分を計算して、そろそろ今のペースでの尿意の上がりは落ち着くと考えている。
実況と言う声を出す仕事は喉の乾きを感じてはしまうが、実際に身体はそれほど水分を必要としていないことが多い。
声を出すことで排出される水分は少なく、気温も高くないので汗としても出ないはずで、飲んだ量の殆どが余剰分と思っていいはず。

――……声か。声を出すといえばカラオケ……あまり歌いたくないけどまゆとか弥生ちゃんとか……誘って行くのもいいかも?
でも、この3人じゃトイレを言い出し難い空気にするのは少し難しいかもしれないし……
霜澤さんとか皐先輩とか入れたほうが……んー、この二人を誘うというのはハードル高い。
そもそも、誰であっても私からそういうのに誘うこと事態がハードル高いし……――よし諦めよう。

無駄な想像をして諦める決心をする独り舞台を終え、私は視線を卯柳さんの前、マイクなどが置いてある机に向ける。
500mlほどのペットボトルのお茶が1/3ほど残して置いてあるように見える。
その隣に200mlほどののジュースと思われる紙パックがストローが刺さったまま横倒しになっているから、これは恐らく空。
摂取した水分は大体500mlと言ったところだと思う。

何時トイレを済ませたかというのはわからないが
実況が席を離れ難いと卯柳さんが確り理解をしていたなら少なくともトイレは昼休みに済ませているだろう。
お昼に摂取した水分量とそれから飲んだと思われる約500mlの水分。
摂取した水分の8割くらいが余剰分だと思うと膀胱容量にもよるがそこそこギリギリになるんじゃないかと思う。

「――決まったっ! 圧倒的でした、バドミントンシングルス優勝は紅瀬椛選手ですっ!!――」

いつの間にか試合が終わる。
本当に卯柳さんばかり見てた気がする……――椛さんごめん、試合ほぼ見てなかったよ。
椛さんが私に気が付いて涼しい顔して軽く手を振っているのが物凄く申し訳ない。

392 事例11「卯柳 蓮乃」と体育祭。4 :2016/06/23(木) 00:01:18
「――それでは、次の試合はダブルス決勝です! これまで安定したプレイを見せてきた1年B組、朝見、雛倉ペア!――」

急に名前が呼ばれ慌てて立ち上がる。
隣では既に朝見さんが立ち上がっていて、私が立ち上がったと同時に呆れたように嘆息してコートに向かって歩き出す。
それに私は直ぐについて歩く。……卯柳さんに気を取られ過ぎた。

それと、直ぐに試合を始めるということは、卯柳さんはトイレを済ませずに続けて実況を行うつもりらしい。
実際、予定通りなら休憩を挟む場面ではないが、実況担当は同時にある程度の進行としての責任も任されているから
行こうと思えば行けるはずなので……試合が終わるまでは我慢できる自信があるのだろう。

「――そして、もう一組は今までの全ての試合で大差をつけて勝ち進んできた1年C組、霜澤、山寺ペアです!――」

コートに入り相手のダブルスペア、山寺さんと霜澤さんがネット越しに目に入る。
試合を確り見たわけじゃないけど、卯柳さんの実況の言葉通り今まで圧倒的な強さで決勝まできた相手。
山寺さんはC組で最もスポーツが得意な人だと聞いたことがある。例外なくバドミントンも上手いのだろう。
霜澤さんについては……よくわからない。
ただ今までの試合、私が見た限りで大きなミスはなく、得点になるショットも何度か見た気がする。

「(……雛倉さん。私、この試合に勝ちたいので集中してください)」

隣で小さな声で朝見さんの少し意外な声が聞こえてきた。

――集中か……正直言って卯柳さんの方に意識を向けたいんだけど……。

といっても、これはクラス対抗であり個人だけの問題ではない。
卯柳さんの『声』もまだ、これからって所なので此処はちゃんと集中しないといけない。
わざわざ、朝見さんも集中するように言って来たわけだし、確りしよう。

試合前の握手を済ませ、じゃんけんをする。
サービス権は私達に決まり練習で数回打ち合う。
練習が終わりシャトルを受け取りサービス位置に付く。
深呼吸して構える。
決勝は3ゲームマッチ……長くなりそう。

私はそんなことを思いながらサービスを打つ。
ほんの少し浮き気味にネット越え――

<バシュ>

……。

「――ほんの少し浮いたシャトルをプッシュで押し込むっ! 霜澤選手の見事な速攻です!!――」

――……いやいや、ちょっと浮いただけだし、あれをプッシュできるの?

最初のサービスだからロングサービスは無く、多少浮いてくると予想していた可能性もあるけど……。
涼しい顔して位置に戻っていく霜澤さんが若干癪に障る。

393 事例11「卯柳 蓮乃」と体育祭。5 :2016/06/23(木) 00:01:57
――
 ――

<バシュ><バシュ><バシュン>

「――これは…少し一方的な勝負になっていますっ」『これは……早く終わる? これならおしっこ余裕で間に合うかな?』

良い『声』……だけど、もう少し善戦したい所。
今は17-4……――霜澤さん強すぎない?

正直、私は山寺さんを警戒していたが、明らかに霜澤さんが強い。
クリア、スマッシュ、カット、ドロップのフォームが綺麗過ぎて打つ瞬間まで判断できないし、狙いが正確で……。

――朝見さん……勝ちたいって言ってたっけ……。
普通に無理な気がするけど……。

少し息切れをして良い表情でガッツポーズをしてる霜澤さんを見て考える。
C組で最も運動が得意なのは山寺さんで間違いないが技術は明らかに霜澤さんが上。

策は一応思いつくが上手くいく保証もなく、はじめるには遅すぎる気もする。
でも……やってみる価値はあると思う。

「(……朝見さん、勝ちたいなら卑怯かもだけど……霜澤さんを狙う?)」

誰よりも汗を掻き、息が上がっているのは霜澤さん。
だったら、運動が得意と言われている山寺さんを狙うよりも
そういった情報がなく、現状山寺さんよりも体力が無さそうに見える霜澤さんを狙えば、きっと穴ができる。
問題はこのゲームはもちろんだけど、2ゲーム目も多くの点を前半で捨てることになり
また、試合終了までに霜澤さんの体力が尽きるとは限らない事だけど――

「(それしかなさそうですね……)」

朝見さんは驚いた顔や考えるような仕草もせずにそう答えた。
私の言ったことを直ぐに察したところを見るに
朝見さんもこの策に考え至っていたのかもしれない。

相手のロングサービスが来て、霜澤さんのいる方を確認してカットかドロップを打って少しでも前に歩かせる。
霜澤さんがヘアピンで返せばクロスにヘアピン。ロブで返せばカットかドロップ、状況によってはクリアで返す。
言うだけなら簡単だけど、力量差が歴然で思うように粘れないからあっという間に1ゲーム目を取られる。

394 事例11「卯柳 蓮乃」と体育祭。6 :2016/06/23(木) 00:02:46
――
 ――

「――バドミントン決勝、激戦の勝者は霜澤、山寺ペアの1年C組っ!!――」『よかった……これならなんとか間に合いそう』

……。
結果から言って負けた。
作戦自体は上手く行って2ゲーム目は19-19まで追い詰めてから相手の2点先取。
初めの1点は霜澤さんの隙を突いたつもりで打ったシャトルを山寺さんのフォローにより……。
最後のもう1点は……決めれるはずの場面で聞いてしまった『早く、おしっこ行きたいっ!』に惑わされて……。
しかも、両方とも私のミス。……勿体無いのと申し訳ないのが合わさりよくわからない居心地。

試合を終えて相手と握手を交わす。
疲れてはいるが凄く満足そうな霜澤さんと笑顔の山寺さんが眩しい。

「勝ちたい」と言っていた朝見さんにはどんな顔をして何を言えばいいのか。
握手を済ませてからそんなことを考えていた。

「……えっと――」

とりあえず謝ろうと思ったが「ごめん」なのか「ごめんなさい」なのか「すいませんでした」なのか
心底どうでもよさそうなことで悩んで続きを言えないでいると――

「最後のは……いえ、そのことよりも…ありがとう」

突然のよくわからないお礼を言われ反応できずに居ると「とりあえず……おつかれさま」と続けて言われて
私も同じ言葉を返した。

――……何のお礼? …頑張ったから労い? そんなわけないか。

自分の荷物があるところに戻る朝見さんの後姿を見送る。
最初に言い始めていた「最後のは……」の後も少し気になる。多分、フォローの言葉か、突き刺すような罵倒だったのだとは思うけど。
あれは、卯柳さんが――

――……って! 卯柳さんは?!

すっかり試合の余韻――――余韻と言えるものなのかわからないけど――――で忘れていた。
私自身の尿意も昼休みから上がり続けていて、そこそこ溜まってきている。
卯柳さんの尿意の大きさもそれなりだから、集中すれば聞こえ――

「あの、雛倉さん」

「っえ、あぁ、山寺さん?」

そこには山寺さんだけがいて霜澤さんの姿は見えない。

「ちょっといい?」

私に軽い手招きをしてコートの外――――未だにコートから出ていなかった――――に呼ばれる。
正直卯柳さんが気になる。移動中に少し意識を集中させてみたが、『声』が聞こえない。
『声』が届いていないだけと思うから恐らく体育館の外――校舎か渡り廊下横のトイレにいるのだろう。

コートから出て、山寺さんが向き直り笑顔を向けて口を開く。

「朝見さんとの関係上手くいってるみたいだね」

――……あ…そっか……。

山寺さん、見学会の時のこと覚えてくれていたんだ。

「……まぁ…うん、まだ微妙だけど…。というか、あんなこと言って置いてアレだけどね」

「うんうん、ずっと仲良くなれないとか言って置きながら、私に相談もなしに解決しちゃうんだからー」

そうだった。
山寺さんあの時、凄く格好良い台詞を私に言ってくれていた。
「いつでも私を頼って」「友達だからね! 困った時は助けるよ」
まぁその格好良い台詞を言っているときに溜まっていた恥ずかしい水は
溢れさせちゃったんだけど。

そんなことを考えていると、山寺さんは笑顔を止めて少し困ったような顔をして口を開いた。

「あのね――」

395 事例11「卯柳 蓮乃」と体育祭。7 :2016/06/23(木) 00:03:57
――
 ――

山寺さんとの話を終えてから、今度はまゆや弥生ちゃんに捕まり
ようやく開放された私は体育館を出て再度『声』に意識を傾ける。

『此処、個室ひとつしか使えないんだった……校舎の方に行こうかな?』
『やっと次だよー、もう、さっさと修理してよー』

複数の『声』が聞こえる。
個室がひとつしか使えないということは体育館横のトイレだろう。
と言うか、私まで『声』が届きそうな位置にあるトイレはそこだけ。

だけど、聞こえてくる『声』はどれも大きくなく、切羽詰っている様子はない。
卯柳さんの『声』も聞こえてこない。

――……出遅れたし…もしかして、もう済ませちゃった?

一瞬そう感じたが、私が体育館で話をしていたのは長く見積もっても精々5分。
『声』の中に『やっと次だよー』という内容があったことを踏まえると
並んでいるのは一人や二人では無さそうな気がする。

そう思い、視線をトイレのあるほうに向けるとトイレの入り口――――個室ではない――――付近に
数人並んでいるのが見て取れる。
5分前もあの状態だと仮定すると、既に済ませたと言うのは流石にないはず。
だとすると――

――……校舎に戻って2階のトイレに向かった?

体育館から一番近いのはそこだ。
私にとっては少し嫌な思い出のあるトイレだけど……。

とりあえず、渡り廊下を小走りに歩みを進め、校舎へ向かう。
もしかしたらもう済ませた後なのかも知れないが、体育館横のトイレの混みようだと
こちらに流れてきている人もそれなりに居てもおかしくはない。

校舎に入り階段を上る。
上から人の気配を感じ同時に『声』が聞こえてきた。

『こっちも混んでるのか……』
『ちょっと時間掛かったけどあっちよりかはマシだよね? 個室多いわけだし』

複数のそんな『声』の中に一際大きい『声』が聞こえる。

『あぁもう! 後何人?? ……はぁ、直ぐ回ってくると思うけど』

それは卯柳さんの『声』。
私は階段を上り切るとトイレから5人くらいが溢れるように並んでいるのが目に入る。
その後ろから2番目に卯柳さんはいた。
私は行列の最後尾の方に歩みを進め、不自然に見えない程度に視線を卯柳さんへ向け観察する。

仕草は若干落ち着きがない程度で、意識して見ていないとわからない。
切羽詰ってはいるが、まだ余裕も残してる……そんな風に感じる。

396 事例11「卯柳 蓮乃」と体育祭。8 :2016/06/23(木) 00:04:54
私は最後尾に並ぶ。
中は恐らくフォーク並びだろうから、行列は全部で8〜10人程度だと思う。
バドミントンのシングルス、ダブルス決勝のあと、それとバスケットの決勝も私達の試合を終えた直後くらいに終わったから
観戦者や選手が詰め掛けた感じなのだろう。うん……良いタイミング。

『はぁ……やっぱ、シングルスの試合の後に済ませとけばよかったかな……こんなにしたくなるなんて……』

良い『声』が聞こえ、私の二つ前に並ぶ卯柳さんの身体が右へ左へ少し揺れる。……可愛い。
だけど、個室の数から考えて10分も掛からずに卯柳さんは済ませてしまう……ちょっとそこは残念。

そんなことを考えていると校内のスピーカーにマイクが入るのを感じた。
その直後、スピーカーから声が聞こえる。

  「――体育祭の全ての競技が終了しました。順位発表と閉会式を行います。生徒の皆さんはグラウンドへ集合してください――」

――そっか、体育館での試合が最後の競技だったんだ……。

私は視線を卯柳さんに向ける。
トイレに並んでいた人が一人、また一人行列から抜けてゆく中、卯柳さんはまだ動かない。

『うぅ、どうしよ……順位発表とか私が読むわけじゃないはずだし ちょっと遅れてもいいのかな??』

私の前の人が列を抜け、卯柳さんの全身が見える。
身体を仄かに揺らしたりして極力仕草を抑えてはいるけど……うん、とても可愛い。

前に並ぶ人が少し減った影響で、後何人並んでいるのか判るようになる。
卯柳さんの前に5人。個室は4つだから、全員分入れ替わってもまだ直ぐには入れない。

『まだ、5人っ……し、仕方が無い、閉会式に遅れたら迷惑かけるかもだし…予定では15分程度で終わるはずだからそれくらい大丈夫……』

そう『声』にして、卯柳さんは済ませることを諦め、列を抜ける。
私も少し遅れて列を抜け、卯柳さんから少し距離を取りつつ運動場へ向かう。
卯柳さんの尿意がもっと切羽詰っていたなら、此処で済ませていただろうけど
少し余裕があったばかりに、後回しに……。

少し卯柳さんのことが心配ではあるが、正直なところ凄く期待もしている。
15分で終わるとは言うが、集合に10分程度は掛かるだろうし
次トイレに行けるチャンスはどれだけ早くても30分程度先になると思う。
利尿速度は大分落ち着いてはいると思うけど、それでも30分は長い。

『大丈夫、これくらいならまだまだ我慢できるし……』

前を歩く卯柳さんを私は無表情で――でも内心ニヤニヤしながら見る。
仕草は歩いていると全く判らない。並んでいる時と比べて『声』の大きさも控えめ。
トイレに並ぶという行為は、もうすぐと言う気持ちの先走りとじっと待つという行為をしなければならず
それは我慢には辛い状況で尿意は当然大きく膨らむ。
対して今の状態は歩くことで気が紛れるし、もう直ぐトイレと言う油断も無い。
だけど、閉会式はずっと立ったまま行うことになるはず……。
油断が無くても、じっと待つのは辛い筈。

――……私の位置から卯柳さんが見れるといいんだけど。

そんな期待をしつつ、下駄箱から運動靴を出して履き、運動場へ向かう。
運動場には、全校生徒の7割くらいの人が既に集まり、整列を始めていた。
私は自分のクラスの方に歩みを進める。

『はぁ、トイレに行きそびれちゃったなぁ』
『おしっこ、出来なかったじゃん』

意外というか、やっぱりと言うべきか。
そこそこの生徒がトイレを済ませることが出来なかったらしい。
運動場のトイレは個室が少なくあまり清潔とはいえないはずだったから
体育館に居た人以外もそういう状況に陥っていてもおかしくない。

397 事例11「卯柳 蓮乃」と体育祭。9 :2016/06/23(木) 00:05:56
自分のクラス付近まで来ると、まゆが走ってこっちに来る。

「あやりーん、人数確認するのクラス委員長の仕事らしいよー」

……体育委員の仕事じゃないのか。
私は仕方なく、足りない人が居ないか確認するため一番前に向かい歩く。

『うー、したいしたいっ! でも我慢我慢っ! 終わったら教室戻る前にどこかのトイレに駆け込まなきゃ……』

卯柳さんの……うん、良い『声』。
そして、前の方まで歩いてくると整列している卯柳さんが居て
視線を向けると、片足を揺らし足の指先で地面をグリグリしたりして我慢している姿が目に入る。……良い、物凄く可愛い。

可愛い姿を確認してから、上機嫌に……と言っても表向き無表情でだが、一番前から居ないクラスメイトの確認をはじめる。

……。

――……あーうん、出席番号1番居たよ。凄く睨んでた気が……いやいや私何もしてないしっ!

出席番号1番は朝見さん。当然だ、“あ”から始まる苗字はB組では朝見さんだけだ。
もしかして、卯柳さんに視線を向けていた事、私がそれを楽しんでいる事に気が付いている?
あの一瞬で気が付いていたのだとしたら……流石と言うか、妖怪……。
というか、私の嗜好をどうやって見抜いたのか……今更聞けないけど気になる。
周囲にバレるような行動をしていたつもりはないんだけど……。

そんなことを考えながら、私は確認を進める。
私のクラス、1-Bは優秀らしく、全員揃って居た。もしかしたら私が一番遅かったのかもしれない。
確認が済むと列の一番後ろに居る文城先生に伝え、私本来の位置に付く。

『えっと、まだなの? んっ、本当結構辛い……やっぱ済ませてこればよかったかなぁ……』

私は上半身を少しA組側に倒して、前の方に居る卯柳さんを見る。
トントンと地面をつま先で蹴るような仕草を、右足、左足と交互にしている。
完全にじっと待つというのは相当厳しい状態なのかもしれない。
『声』の大きさもトイレに並んでいた時くらいかそれ以上に大きくなっていて
強い尿意を感じていることがわかる。

他の学年やクラスからもいくつか『声』を拾うことも出来る――――一番遠い3年A組辺りまでは届いていないだけかもしれないが――――が
明らかに一人、卯柳さんの『声』の大きさだけが頭一つ抜きん出ている。

――……まぁ、……私も結構我慢してる気がするけど……。

お昼前から感じていた尿意を開放することなく確り溜め込んでいるわけだけど
決勝後は十分汗を掻いたし、水分補給はほぼしていないし、急激に辛くなってくることはない筈。

『っ……もうっ! こんなにおしっこしたいのに、一体いつになったら始まるのっ! 早く、はやくぅ……』

一向に始まらない閉会式に尿意だけが募り、卯柳さんは苛立ちと焦りが『声』に溢れてきている。
遠目で見ても左右へ揺れている身体……ただ、苛立っているようにも見えなくは無いけど
見る人が見れば、尿意に耐えている姿だと理解するには十分に思える。

398 事例11「卯柳 蓮乃」と体育祭。10 :2016/06/23(木) 00:06:54
そして、マイクの入る音がして静かにするように指示が出され、私語やざわざわとした音が小さくなる。
ようやく、閉会式が始まるらしい。

『はぅ、ふぅ……やっと始まる……でも、んっ、どうしよう、我慢しなきゃだけど…結構っ……というか、もしかしてマズイ…かも?』

静かになり、皆が騒がず前を見るようになったため、卯柳さんも仕草を抑えて我慢を続ける。
『声』は物凄く切羽詰っていて、10段階評価で言うなら8〜9くらいの尿意に抗っていて……限界は直ぐそこに迫っているようだった。

『あぁ……なんで、私後回しなんかに…んっ……しちゃっ、たんだろう? …もうちょっと待ってればおしっこ――すっきりできたの…にっ……』

後悔。
そんな思いが卯柳さんから『聞こえる』。
始まってまだ2〜3分……閉会式はあと10分以上ある。
そして、その10分と言う時間は個室に入る時間とイコールではない。

――……どうなんだろ……我慢…出来るのかな?

私は鼓動を早くさせる。
心配しているのか期待しているのか――多分両方で。
だけど、全学年が居るこんなところで失敗しちゃうと……可愛いんだけど…やっぱり物凄く心配。

『ふぅ…ふぅ……んっ〜〜、はぁっ……やばい…、やばいよぉ……どう、しよう? ――っ……が、我慢しなくちゃ……』

時折『声』が大きくなる。
そんな尿意の波を受けている時は足をクロスさせて、体操着を握り締め、無駄に下に引っ張ったり。
前傾姿勢になったり、しばらく俯いたり……。
仕草が次第に抑えられなくなって、その行動が目に付いた人は
直ぐに彼女が何に追い詰められて居るのが判ってしまうほどに……。
そんな状態に陥ってしまうほどに、彼女の膀胱は限界まで張り詰めている。

『んっ……! はぁぁ…本当にやばい……あとどれくらい? もう、我慢できない…かも、……んっせ、先生に言いに行く?』

卯柳さんは今の状況を打開するために考える。
思いつくのは最もポピュラーな方法で、それはあとほんの少しで終わるはずの集会を抜け出すための手段。
それを実行するべきか卯柳さんは悩み、決めきれない。
抜け出してしまえばきっと許可はもらえるだろう。
だけど、それは同時にあと10分にも満たない時間が我慢できないと言うことに他ならず
ギリギリ一杯まで膀胱を張り詰めさせてそれを必死になって抱えてますと宣言するようなもので……。

『やっぱダメ……あと少し我慢すれば良いだけなんだから……』

授業中と言う環境下ならば、卯柳さんは例えあと10分で終わるとしても申し出ていたかもしれない。
だけど、今は授業中ではない……全校生徒が居る前で、マイクで話す中何も言わずに先生のところへ向かうこと……。
それは当然授業中に手を上げてトイレに行きたいと申告するよりもハードルが高い。
しかも、先生は一番後ろで卯柳さんは結構前の方……物凄く目立つはず。

399 事例11「卯柳 蓮乃」と体育祭。11 :2016/06/23(木) 00:08:01

『んっ――はぁ、ふぅ……お、お願い……早く、はやく終わってっ……』

『声』がまた大きくなる。
後ろから確認できる仕草も激しさを増していて、時折ハーフパンツを必要以上に引き上げているのがわかる。
前で引き寄せられ吊あがったハーフパンツは足の付け根に密着して……本人は気が付いていないかもしれないが
後ろから見ると下着の筋がはっきりと見えて……なんというか、艶っぽい――と言うよりもっとストレートにえっちぃと言うべきか。
だけど、押さえずにどうにか宥めようとするにはそれくらいしないとどうにもならないのも『声』の大きさからして理解できる。

『あぁ……っ! んっだめ……本当、やばい……あ、あぁだ、ダメっ―!』

ただでさえ大きい『声』がさらに一際大きく、叫び声のようにして上げられる。私は卯柳さんから目が離せなくなる。
本当にどうしようもない大きな波に晒され、身を縮こまらせて今度は右手で抑え込む仕草が見える。
大きく身体は動かさずじっと抑え込んだまましばらく動かずにいる。

『んぁ……くぅ、はぁ……だ、大丈夫、我慢でき…た……で、でも、私…本当もうっ――』

本当に自身が限界であることを自覚して、多分、最悪の結末が脳裏を過ぎっているのだと思う。
いつ失敗してもおかしくない状況を見守っている私も焦り、手に汗を握ってしまっている。
もし、もっと近くに卯柳さんが居たら、きっと熱い息遣いが聞こえるだろう……。

『あぁもうっ! さっきからちゃぽちゃぽ、聞きたくないのにっ……何でお茶もって来ちゃったんだろ……』

――……お茶?

『声』のなかにその単語を見つけて、卯柳さんを観察する。
右手は落ち着き無く動いたり、体操着の裾を掴んだり、ハーフパンツを掴んだり……いろいろしていたが
左手は胸辺りにずっと添えられたままで……。
どうやらお茶のペットボトルはずっと左手で持っていたみたいだった。
殆どが後姿でしか見ていなかったため、全然気が付かなかった。
人によるところも多いが、水の音というのは尿意を意識している人に対しては
より尿意を意識させたり、波を引き起こしたりと非常に厄介な存在。
中身が中途半端に入ったペットボトルを持っているということは
身体を揺するたびその音を聞いていたわけで……。

『あ、あっ……んっ〜〜だ、ダメ、我慢だから…我慢、がまん、がまん、して、我慢しなきゃ――っ』

時間にしてたったの1分前に叫び声のように上げられていた『声』がまた聞こえてくる。
波の間隔は短くなり、本当に溢れるギリギリまで押し寄せて卯柳さんを攻め立てる。

  「――以上で閉会式を終わります――」

そのマイクからの声を聞いて、周囲がざわざわと少し騒がしくなる。
順位発表全く聞いていなかったが――――興味ないから別にいいのだけど――――いつの間にか式は終わっていた。

400 事例11「卯柳 蓮乃」と体育祭。12 :2016/06/23(木) 00:08:50
『お、終わったっ……はやく、早くトイレ、おしっこ…はやくぅ……』

少し安心した、でもまだ焦りも十分に残した『声』。
前屈みになって必死に押さえ込んだままの姿勢で、卯柳さんは教室に戻る指示を待つ。

  「――混雑すると思うので3年生から順に、1分後に2年、さらにその1分後に1年が教室へ戻ってください――」

『う、嘘……2分? っ……だ、ダメ、どうしよう…我慢……あぅ、』

マイクからの残酷な指示。
当然全校生徒をいっせいに下駄箱に向かわせるのはよくない。
下駄箱付近は混むし、怪我をする可能性も当然ある。
だから、マイクから聞こえた指示は正しい。
だけど、卯柳さんは限界ギリギリまで本当に必死に我慢して、それなのに後2分の延長戦。

『だめっ、だめぇ……本当、無理っ……2分してからあんなに混雑した…下駄箱…間に合わない、我慢っ――でき…ない』

緊急事態なんだから、3年からなんて言葉守らず、一目散に校舎へ向かえばよかったのだけど……。
余りにも強い尿意に、正常な判断力を失っているのかもしれない。
かといって、今更走って下駄箱に急いでも、結局は混雑に巻き込まれることになる。

「ねぇ蓮乃、あんた大丈夫? トイレ行ってきなよ、下駄箱は混んでるけど、今なら運動場のトイレなら空いてるんじゃない?」

――っ!

卯柳さんに話しかけた友達の言葉が聞こえ、私も運動場のトイレの存在を忘れていたことに気が付く。
確かにあそこなら校舎に入るために下駄箱を通らなくて良い分、時間をかけずにトイレまでたどり着ける。

「っ! そ、そだね……ちょっと行ってくるっ」

卯柳さん列から離れ運動場のトイレに向かう。
だけど、卯柳さんに掛けられた言葉は私の居るところくらいまで聞こえる程度には大きく
それを聞いた、同じくトイレに行きたかった数人の生徒が運動場のトイレに向かってしまう。
私も周りのその反応に乗じて、運動場のトイレに向かうことにした。
幸い、多くの生徒が雑談などで列を崩しても、教師などから指導が無いところを見ると
体育祭の余韻も考慮し、そういった行為を容認しているようで、余り目立たずに動くことが出来た。

401 事例11「卯柳 蓮乃」と体育祭。13 :2016/06/23(木) 00:09:50
「蓮乃、大丈夫かな?」
「えー、なにそれ? 大丈夫だって、高校生がおもらしなんてありえないじゃん?」

去り際に聞こえた声に私は振り向く。
「高校生がおもらしなんてありえない」そう言ったのは卯柳さんと同じクラスの星野さん。
それがありえることだなんてまるで思っていない……。
周囲に居る何人かの人は今の台詞が重く胸に突き刺さったはず。重くとは言わないが当然私にも……。
……彼女には是非ともその台詞を覚えていて欲しい。
もし“そのとき”がきた時、どういう『声』を聞かせてくれるのか……。

……星野さんに悪気は無かったのだろうけど
それでも私は心の片隅で我慢できないと言うことを経験して欲しいと思ってる……。

私は自分に呆れ、嘆息してから視線を卯柳さんの方へ戻した。

『っ! だめ、私以外の人も…運動場のトイレに? んっ――い、急がなきゃ…でも……走ったら、でちゃう――かも……』

卯柳さんは少し前屈みで慎重な足取りで運動場のトイレに向かう。
対して、他の生徒は小走りに向かう人も居て、二人が卯柳さんの前を行ってしまう。
卯柳さんの友達が発したあの言葉以前に、運動場のトイレに向かった人も居るかもしれない。
運動場の個室は少なく2つ……それが意味することは卯柳さんにもわかっているはずで。

運動場のトイレ。
運動部の部室と体育倉庫がある古い一つの建物の一角がトイレになっている。
体育の時以外だと、外で行う運動部くらいしか使用しないトイレ。
卯柳さんはそのトイレに入る。私も直ぐにその後を追うようにして入る。

「(はぁ……ふっ――んっ…)」『っ……やっぱり並んで――っ、あぁ、だっ、ダメ……我慢しなきゃ…あぅ…んっ――やぁ……っだ、だめっ〜〜』

入ると同時に卯柳さんの必死な我慢姿と『声』を目の当たりにする。
足をクロスにしてプルプル振るえ、荒い息を押し殺して、片手は大切な部分を必死になって押さえてる。
その押さえている所を見て――――……と言うより凝視してたと思う――――私は気が付く。

――……っ、卯柳さん……少し濡れてない?

押さえている手で見難いが濡れてるように見える。
自身の鼓動が早くなるのを感じながらその震える足の付け根から目が放せない。
そして、急に動きが止まり全身を緊張させて抑え込む手に力を込める。

「(あぅっ……)」『やっ――あっ…あぁ! ――っ…』

『声』にならない『声』をあげ、目の前で押さえ込まれたハーフパンツの染みは少しずつ面積を広げる。
何度も押さえなおすたび、その染みはにじみ出るように広がり、卯柳さんの手を濡らす。

――……卯柳さん――もう、本当に限界なんだ……。

前には二人並んでいる。二つの個室は未だに閉まった状態。
順番を譲って貰わないと間に合わなくなる。――いや、もう間に合わないのかもしれない。

402 事例11「卯柳 蓮乃」と体育祭。14 :2016/06/23(木) 00:10:56
『〜〜〜っ……も、もうだめぇ!』

卯柳さんは急に振り向きこちらに向かって駆け出す。
私はぶつかりそうになり、でもどうにか身体を翻して避け、背中がトイレの壁に当たる。
前に並んでいた生徒が、後ろの騒がしさに少し振り向くが、個室から水の音がして直ぐ前を向く。
私は個室の方ではなく、卯柳さんが飛び出していった外に視線を向け、後ろ手で壁を押して後を追う。

――……他のトイレ? いや、あの状態じゃ間に合わないと思うし――

「――っ!」

トイレから出ると目の前に人が居て足を踏ん張り、既の所で衝突を避ける。

「(………変態)」

ぶつかりそうになった相手を確認する前に目の前の人はそう囁いた。

「っ……、ぁ、朝見、さん……」

目の前には怒っているような呆れているようなそんな表情の朝見さんが居た。
私は直ぐに視線を逸らす。その逸らした視線の端で卯柳さんが此処の裏手――運動部の部室の方に駆けて行く姿が見えた。

「……えっと……見逃し…て?」

どうしていいかわからず、だけど、卯柳さんの後を追いたい一心で目の前の朝見さんにそう口にしてしまう。
内容はお願い事の筈なのになぜか疑問系……。
朝見さんはそんな私に心底呆れたらしく大きく嘆息する。
その後、少し冷めた目で私を見据えて口を開いた。

「いいけど、……あの子…助けが必要そうなら力になってあげることね」

それだけ言って私から離れていく。

――……助けが必要そうなら……か。

助けが必要になるまで見守っている私がすべき罪滅ぼしと言ったところなのかもしれない。
……。

私は卯柳さんの向かった方になるべく足音を立てずに走る。

『んっ……あぁ、か、隠れるとこっ此処じゃ道路から……』

まだ『声』を聞く限り我慢は継続できている。
部室側は道路に面していて、卯柳さんは身を隠せるところが無く焦っていて……。
それはつまり、どうしても我慢できないから野外で済ませてしまおうと言う考えで……うん、堪らなく可愛い。

403 事例11「卯柳 蓮乃」と体育祭。15 :2016/06/23(木) 00:11:30
『あぁ、っ…だめ、もう、此処しか――』
<ガチャ>

扉の音……。
私は裏手への角から顔だけを出して――――怪しすぎる――――様子を見る。
卯柳さんの姿は無く、開けられていた扉は一番手前……確か使われていない空き部室。
中からはパタパタとした足踏みの音と、カチカチとした音が聞こえる。

「あぁ、なんで、電気つかな――っあぁ! で、ちゃう……」『どうしよ、此処トイレじゃないのにも、もうっ……』

どうやら、電気が点かないらしくスイッチを何度も触っているらしい。
この部室に窓は無いので明かりは扉からしか入ってこない。つまり、扉を閉めると真っ暗になるわけで……閉められないと言うこと。

「だめ、もういい、それより……っ、あぁ…なにか…んっ…ふぁ――だ、めぇ……」『容器……受け止めれる…なにか……』

電気を点ける事を諦め、扉を開けたまま卯柳さんは次の行動に移る。
探しているのは容器――でも、中で聞こえるのは足踏みの音ばかりで他の音はしない。
私は静かに開いた扉に寄り、扉の蝶番側の隙間から中を覗く。
見えたのは視線を巡らすだけで容器になりそうなものを探す姿。
手を伸ばしたりする動作すらする余裕が無くて……。

「っ……ふっ…んぁ……――ぁ」『あぁ、あ…またでちゃ――っ』

足踏みが止まり、また身体を硬直させる。
ハーフパンツを抑え込む指先だけが後ろから見えて、その押さえ込まれた部分の染みがさらに広がる。

<ボチャン>

――っ!

予想していなかった何かが落ちる音に私は驚く。
その音は卯柳さんの足元から聞こえ、私はその正体を確認するため視線を少し下に動かす。
それが何か確認すると同時に『声』が聞こえた。

『お、お茶っ……もう、これに……じゃないと、部室を汚しちゃう……』

卯柳さんが片手でずっと持ち歩いていた飲み欠けのペットボトルのお茶。
それを拾うため、卯柳さんはしゃがみ、同時に押さえていた手は放され代わりに踵があてがわれる。
腰を振るようにして踵に体重を掛けて……実に眼福な光景。

404 事例11「卯柳 蓮乃」と体育祭。16 :2016/06/23(木) 00:12:14
――……それにしても、部室を汚しちゃう…か。

最悪そのまま部室の床へ……そう思っていたがそれには抵抗があるらしい。
空き部室ではあるけど確かに物凄く汚れているわけでもなく
よく見ると一部部活が倉庫として利用しているようで、それらしい道具も確認できる。
そうなると、そのまま床へする行為には罪悪感が伴うだろうし
当然それは“此処で済ませた人が居る”と言う噂に繋がる。
その恥ずかしい失敗の発覚が今日になる可能性も低くなく、もしそうなってしまえば
体育倉庫のトイレへ向かった人に容疑が向けられる可能性も否定できない。

そこまで考えて……ということではないとは思うけど
彼女の判断は正しい。
ここでしてしまった恥ずかしい行為の痕跡は残すべきではない。

「はぅ……んっ、開いたっ」

下半身に目を奪われつつ考えている間に、どうやらペットボトルの蓋を開けていたらしい。
でも確かあの中にはまだ3分の1ほどのお茶が残っていた筈。

「っ……」『絶対溢れちゃう……の、飲むしか……』

500mlの容器、今のままでは350ml足らずしか入らない。
限界まで我慢してきた下腹部いっぱいに溜め込んだそれを受け止めるには恐らく少なすぎる。
途中で止めるって方法もあるけど……それは唯でさえ大変なことな上
長時間の我慢で疲弊しきった外尿道括約筋ではさらに難しいはずで。
彼女が取った方法は残った分を飲み干し、500ml一杯まで入れられる様にすること。

「っごく…ごく――」『んっ…早く……っや…待っ…っ〜〜〜』

上を向き喉を鳴らしながら飲む。慌てて飲むその口元からは飲みきれない余分なお茶が首筋を流れる。
だけど、溢れ出しているのは口元からだけじゃない。溢れさせちゃいけない、大切にしまって置くべき恥ずかしい熱水。
腰は揺れ、体重の掛けられた踵へその熱水は徐々に広がって行く。
限界まで我慢しているときに水分を入れると言う行動。
それに、上を向くことで背筋が多少なり伸ばされ下腹部を圧迫。
さらに、あと少しで済ませることが出来る油断。
強烈な波に抗え切れず、ハーフパンツを越えて溢れ出す。

405 事例11「卯柳 蓮乃」と体育祭。17 :2016/06/23(木) 00:12:58
「っぷはぁっ――く、早くっ……あぁ…ぁ」『だめ…とまんなっ――もれちゃ…でちゃう〜〜!』

<ジュウ…ジュウウ……>

ペットボトルのお茶を飲み終わったときには、既に飲んだ分以上に溢れていて……。
狭い部室に断続的に響くくぐもった音。
踵から流れるその音を発した熱水が部室の床に水溜りを作る。
そして、卯柳さんは慌てて立ち上がり大きな染みの付いたハーフパンツ――――この言い方でも言い足りないほどに濡れてるけど――――を
下げるため手を掛ける。……だけど――

「ぁ…ぁっ……やぁ…下りな……ひ、紐が…」『やだ、やだ……早くっ…だめ、暗くて見えな――あぁっ!』

卯柳さんはハーフパンツを下ろせないままに倒れるように屈んでしまう。
それでも、空にしたペットボトルを慌てて股の下にもって行き少しでも被害を抑えようとする。
膝立ちに近い姿勢で、ハーフパンツの上からペットボトルをあてがう。
だけど、殆どが足を伝い床に水溜りを広げる。
肩で息をして、時折息を詰まらせながらその恥ずかしい失敗を続ける……極めて可愛い。

【挿絵:http://motenai.orz.hm/up/orz63495.jpg

『っ……だめ、全然入んないし、止まんないし、脱げなかったしっ……臭いが…水溜りも……誰か覗いたら此処でしちゃったって……わかっちゃうのに……』

まだ止める意思が残っているのかしばらくはそんな『声』が聞こえる。
だけど、限界まで溜め込まれた熱水はそんな不安をねじ伏せ、我慢する気力も奪い去り溢れ続ける。
いつしか『声』が聞こえなくなる。

時間にして2分にも満たない時間。
恥ずかしい水音が止み、荒い息遣いと時折鼻を啜るような音だけが聞こえるようになる。
股の下で両手で支えられたペットボルトには100mlほどしか入っていない。
だけど、床にはそのペットボトル一本分を逆さま向けても足りないくらいの大きな水溜りを作っていた。

「うぅ……っ…やっちゃった……」

安堵や後悔、困惑、呆然……。
いくつもの複雑な思いを抱きながら水溜りの上でそう囁く。

服も靴も濡れてどうしようも無い状態……。

――……朝見さんに言われたからって訳じゃないけど……。

途方にくれてるであろう彼女を見過ごすなんてことできなかった。

406 事例11「卯柳 蓮乃」と体育祭。18 :2016/06/23(木) 00:14:19
「……あ、あの……」

私は扉の中に向かって小さく声を発する。
中の彼女は背筋が伸びて硬直させる……可愛い。

「……大丈夫…誰にも言わないから」

私はとりあえず、卯柳さんから恐怖心を取り除くための台詞を選ぶ。

「ち、ちがうのっ、これ、お茶零しただけ…で……」

卯柳さんは振り返り今更ながら言い訳を始めるが
匂いも濡れ方も誤魔化すには無理がある。
卯柳さんもそのことを頭では理解していて……でも、失敗をどうしても知られるわけにも行かなくて。
真っ赤になってどうにか信じて貰おうと身振り手振りで……あぁ、抱きしめてそのまま撫で撫でしたい。

「……とりあえず、着替えと拭くもの持ってくるから…扉を閉めて隠れてて」

私は混乱している卯柳さんを敢えて無視して話を進める。
HRが始まるまでそれほど時間も残されていない。
時間があったなら冗談交じりにちょっとした言葉攻めなんて選択肢も……うん、想像するだけで可愛い姿が浮かぶ。
名残惜しいが扉を閉めて私は走る。

下駄箱は経由せずに、体育館の渡り廊下まで直接行ってそこで靴を脱ぎ保健室へ。
もしかしたら中にけが人とか保健医とか居ると思ったがそんなことはなく、あっさり服と下着とタオル、それと雑巾を手に取る。
そのまま持っていくと誰かに見られたとき詮索される恐れがあるので、手近にあるビニール袋に全て入れて持ち出した。

そして再び空き部室前。
私はノックして卯柳さんを呼び着替えを持ってきたことを扉越しに伝える。

「ありがと……そこに…置いといて、くだ…さい」

中から鼻声で返事が帰ってくるが開けてはくれなかった。多分鍵も掛けてある。
扉を閉めたら灯りが点かないのだからほぼ真っ暗と言っていい筈で……
それでも、扉を開けないのはそれ以上に彼女の“関わらないで”と言う思いが強いから。
諦めて、物だけ置いて去るべき……でも――

――……慰めて上げたい。

私は扉のノブに着替えなどが入った袋を掛けてその場を離れ
だけど、足音を立てずに直ぐに扉の前に戻る。
そして、中から鍵を開ける音、そして扉が開かれると同時に私はノブを握り扉を思いっきり引いた。

407 事例11「卯柳 蓮乃」と体育祭。19 :2016/06/23(木) 00:14:55
「ぇ…あ、ちょっ――」

中には驚いた顔で、恥ずかしい失敗姿の卯柳さんが居た。
卯柳さんはいっぱいまで開いた扉を外に出てまで閉めることに躊躇し、数歩後ずさる。
驚きと不安の表情を見せる……悪いことをした気がする…でも――

「……扉の外見てるから早く着替えて……HRが始まるまでに何食わぬ顔で戻ろ?」

私はなるべく明るく――――対して明るくないが……――――言葉を発した。
灯りが点かない以上、扉を開けたまま着替えなければいけないが、そうなれば外が気になるだろうし……。
……それはきっと私の“慰めて上げたい”を正当化するための建前なんだと思うけど。

「……ほら、早くっ!」

私はノブに掛けてあった袋を卯柳さんに向けて差し出す。

「…………うん」

涙目で震えた声で頷き、袋を受け取ってくれる。

「じゃ…じゃあ……えっと見張っててよ……」

恥ずかしそうにしながらそう言った卯柳さんに私は頷き背を向ける。
私の背後で卯柳さんは深呼吸する。
それからハーフパンツを脱ぐ音、ビニール袋から何かを出す音、拭き取るような小さい音……後始末の音が聞こえてくる。
そんな音を立てる中、「あの……」と卯柳さんから声をかけらる。

「えっと……その……ば、バドミントン…良い勝負でしたね」

……凄く唐突な感想になんと答えるべきか判らず沈黙を作ってしまう。

「うぅ、…――っと…あ、相手の霜澤さん…なんか物凄く強かったよねっ」

どうやら、空気の重さに耐えかねてとにかく話をしようとしているようだった。
私はそういうことに合わせると言うのが余り得意ではないが私は口を開くことにした。

408 事例11「卯柳 蓮乃」と体育祭。20 :2016/06/23(木) 00:15:24
「……う、うん…下手したらバド部の人より強いんじゃ…って思った」

霜澤さん……本当に上手だった。
……。

――……そういえば、山寺さん霜澤さんのこと言ってたな……。

バドミントンダブルス決勝を終えてから聞いた話。
見学会の時、霜澤さんと友達であることを隠していたことの謝罪――――不仲だと思って言い出せなかったらしい――――と
私と霜澤さんの関係……。

――「鞠亜……雛倉さんのこと嫌ってるようには見えないのに、凄く故意に避けてるみたいな感じがして……」――

その後続けて、何かあるなら相談に乗るから……と、言ってくれた。
霜澤さんのその行動に心当たりは無かったが
私に対して、他とは少し態度が違うことだけはなんとなく気が付いていた。

409 事例11「卯柳 蓮乃」と体育祭。-EX- :2016/06/23(木) 00:16:57
**********

「どうでした? 真剣勝負は?」

「まぁ……それなりに楽しかったけど……」

皐は私の答えに笑みを浮かべて背を向ける。

「貴方は鞠亜と真剣勝負をしたことがなかった筈ですからね」

そう、あの頃の私はただ見て居ただけ。
いつか私も……そう思ってはいたけど、あの時は叶わなかった。
でも、こういう形で雛倉さんと共にそれが実現出来るとは思っていなかった。

ただ、雛倉さんが集中していたかどうかは凄く微妙ではあるのだけど。
最後のミスも明らかに実況してた子の影響だったし……。
『声』で気が逸れたからなのか、彼女の願いを無意識に叶えてしまったのかは定かではないけど。

「山寺さんでしたっけ? 出来ることなら私と代わって欲しいくらいでした……」

皐はその先を言わなかったがどこか懐かしむ目をしていて……何を考えているのかわかってしまう。

――……皐……。貴方は気が付いていないの?

今の雛倉さんを受け入れたと言っていた皐だけど……違う。
きっとどこかで、本人も気が付いていない感情があるのだと思う。

「鞠亜も楽しそうでしたね……私が知る限りでは綾菜さんの前であれほど元気な姿を見せたのは入学後初めてです……」

皐は少し悲しげな笑みを浮かべてそう口にする。
私はその顔をなぜだか見ていられなくて視線を逸らす。

霜澤さん……。
私達よりも雛倉さんと付き合いが長かったはずなのに……彼女が極力関わらないようにしているは
それだけ雛倉さんのことを想ってのことだと思う。
だから、今日の元気な姿を見て思った、彼女も本当は凄く辛いのだと。

「そういえば呉葉、生徒会に入る気にはなりましたか?」

生徒会への勧誘。
私と雛倉さんの仲が改善されたの知って、保留以外の答えを期待して改めて……と言ったところ。
正直言って、まだ雛倉さんとの距離を掴めていないので前までとは違う意味で保留としたい。
だけど、保留と言うと皐はまた色々うるさく言ってくる……。
此処はひとつ、雛倉さんを生徒会へ入れるに当たっての問題が増えたことを教えてあげた方が
私の答えを先延ばしに出来て都合がいいかもしれない。
恐らくどこか抜けている所がある皐のことだから知らないはず。

「私のことより雛倉さんのことを考えたほうがいいと思うけど」

「? ある程度仲良くなったので、拝み倒せば大丈夫でしょう?」

酷い言い分だけど、問題は承認が取れるかどうかではない。

「クラス委員長を含む一部の委員は生徒会役員になることが出来ない……雛倉さん後期クラス委員長なのよ?」

「……え?」

「一応、反対票に入れたけど、前期に引き続き後期も継続。クラス委員長を誰か他の人に頼まないと無理」

現クラス委員長つまり雛倉さんの承認、引き継ぐクラス委員長の承認、あと担任教師の承認を得れば
雛倉さんを生徒会に入れるのは不可能ではないが、クラス委員長をやりたいと思う人が居ないであろう事が最大の問題。

「っ……なぜ綾菜さんはクラス委員長を引き継いで……」

「その日、雛倉さん休みだったから適当に……と言うか全委員適当に決まったの」

「あぁもう! これから文化祭だってあるのにっ……」

頭を抱える皐を見て、しばらく私の答えは必要無さそうなことに少し安堵した。

おわり

410 「卯柳 蓮乃」 :2016/06/23(木) 00:18:33
★卯柳 蓮乃(うやなぎ はすの)
1年A組の生徒
放送委員に所属している。
放送委員は主に行事の際などに活動し、生徒会の補佐的な役割も果たす。

元気が取り得で、調子に乗りやすい性格をしている。
お喋りが好きで、クラスではそれなりに目立つ方。

放送委員に入った理由は実況がして見たいと思った為。
体育祭ではバドミントンの試合の殆どを担当する。

膀胱容量は平均より少し小さく、トイレは若干近め。
篠坂弥生ほどトイレが近いわけではないが、2時限置きには大抵済ませている。
お喋りが好きな割りに、喋れば喋るほど喉が渇き飲み物を飲んでしまう。
授業などで喋る時間のない午前中より、昼休みを挟みよく喋った後の
午後の授業中などに強い尿意を感じることが多いが
本当に危なくなる前には先生にトイレの許可を申し出る程度には行動的。

成績並、運動若干苦手。
元気な性格はしているが、運動は得意ではない。
スポーツ自体は好きだが、どちらかと言えば見たり語ったりする方が好き。
勉学は、文系も理系も可もなく不可もなく。
料理や裁縫などは出来、家庭的な一面もある。

綾菜の評価ではそこそこ元気な生徒。それなりに『声』を聞ける機会が多い人。
基本的には危なくなる前にトイレに立てる人なので『良い声』までは余り聞けない相手。

411 名無しさんのおもらし :2016/06/23(木) 19:33:21
久しぶりの事例の人の更新キター
素晴らしい小説ですよ。

412 名無しさんのおもらし :2016/06/23(木) 20:00:13
更新ありがとうございます!
一票の反対票がそんな理由だったとは

るなてぃっく凄い奴の直後に事故で記憶+αを失ったってところかな?
皐っぽい金髪の人が「めーちゃん」なのも気になる
皐月→Mayちゃん?

413 名無しさんのおもらし :2016/06/24(金) 17:19:30
おしっこ我慢しながら実況する女の子かわいい

414 名無しさんのおもらし :2016/07/19(火) 00:13:49
次回作希望

415 名無しさんのおもらし :2016/09/19(月) 16:03:48
次回作希望!頼む!

416 名無しさんのおもらし :2016/09/19(月) 17:55:54
事例シリーズはおもしろい

417 事例の人 :2016/09/20(火) 00:45:59
感想とかありがとう
お久です……遅筆で申し訳ない

>>412
よく読んでますね。呼び名はその通りです

418 追憶4「雛倉 綾菜」と手紙。1 :2016/09/20(火) 00:47:41
帰宅した私は自室に入ると大きく嘆息してベッドに倒れこむ。今日は疲れた。

卯柳さんのことで奔走していた――――なんとかバレずに済んだと思う――――のもあるけど
体育祭……そこそこ私は頑張った。頑張ったけど……負けた。

……。

そう、私は結構頑張っていた。
ベッドに倒れこんだのは、卯柳さんのことだけじゃなくその疲れから――いや……それだけじゃない。
本当は決勝で勝てなかったことに少しだけ悔しく思っているから……。

いつもの私ならそんなに頑張らなかっただろうし、悔しいなんてそれほど思わなかったと思う。
シングルスではなくダブルスだったのが影響している。
朝見さんが勝ちたいと言っていたのに勝てなかったというのもある。
だけど……違う、それだけじゃない――よくわからないけど……。

私は気怠い身体を横に向ける。
ふと、机の下にボールペンが落ちていることに気が付く。
疑問に思い視線を少し上、机の上へ向けると角度的に見難いが筆記用具類が散乱しているように見える。
恐らくはお母さんだろう。欲しかったのはハサミなのかボールペンなのか知らないが
何かしら引き出しの中から借りて行ってそのままにして行ったのだと思う。

私は重い身体を転がすようにしてベッドから降り
ボールペンを拾い、机の上にある筆記用具をしまうために引き出しを引く。

片付けていると引き出しの奥のほうに古い手紙があるのに気が付く。
私はその手紙に吸い込まれるように手を伸ばし、引き出しから取り出す。
差出人の名前を見て懐かしいような寂しいような……そんな表情で嘆息して
その手紙を持ったまま再びベッドに倒れこむ。
そして私は目を瞑り、手紙の差出人との出会いに思いを馳せた。

419 追憶4「雛倉 綾菜」と手紙。2 :2016/09/20(火) 00:48:29
――
 ――
  ――

「えぇっと…誰?」

私のその言葉に彼女は緊張した面持ちで口を開く。

「――え? あ、えっと……」

なぜだか凄く焦っている彼女は、見た目から判断するに私と同い年くらいで――小学5年生前後と言ったところだろうか?
肩に掛かるくらいの髪はピッグテールにして纏めている。

「わ、私は……しも」

微妙なところで言葉を切ったように感じたが、彼女の顔を見ると言い切っているようにも見える。

「しも?」

「うん、えっと……色の紫って字と草冠に明るいって字で、紫萌……私の名前」

「字は可愛いけど、珍しい名前だね」

私がそう言うと紫萌ちゃんはどう反応すればいいのか迷っているようなそぶりを見せる。

――珍しい名前って感想がいけなかったかな?

だからと言って感想を言い直すのも変なので話を進めることにする。

「それで、紫萌ちゃんは私に何の用事?」

「この病室に私と同じ位の年齢の子が居るって聞いて……」

その質問が来ることを予想していたように紫萌ちゃんは答えた。
とりあえずは、彼女も私と同じ入院患者のようだ。
何の病気なのかわからないけど、私とは違い見た目的には至って健康そうに見える。
ただ、そういう子に限って重い病気だったりしそうなので、深くは追求はしないほうが良いのかもしれない。
それと彼女の言葉から察するに、多分、同世代の話し相手が欲しくて此処に顔をだしたのだろう。
退屈だった私としてもそれは願ったりだ。

「足……大丈夫?」

紫萌ちゃんは私の足を見て心配そうに尋ねる。
私の足は軽く固定するために包帯が巻かれている。
骨にほんの少しひびが入っているらしい。

「動かさなければ痛くないし、大丈夫だよ」

それは強がりではなく本当のこと。

「――というか、何で私入院してるのか良くわからないんだよね、交通事故って言ってたけど全然覚えないし」

私は大したことない足を右へ左へ傾けながら言う。
ほんの少し痛みを感じはするが、大した問題はない。

420 追憶4「雛倉 綾菜」と手紙。3 :2016/09/20(火) 00:49:10
「……辛いことって本能的に忘れようとするって聞いたことある……」

紫萌ちゃんは下を向きながら、なぜだか申し訳無さそうにして答える。

「なんで紫萌ちゃんがそんな顔するかなー? 別に加害者だとかそういうわけじゃないでしょ?」

交通事故は車との事故らしいからまず加害者ではないし
彼女の家族が加害者と言う可能性はあっても紫萌ちゃんが申し訳なく思うのは、私としてはおかしな事だと思う。

「それは…………違うけど……」

否定の言葉を口にした紫萌ちゃんだったが、少しの間が何かを隠しているような気がした。
だけど、私はそれに気が付かない振りをする。
もし仮に何か隠していても、私に気を使い此処に来たのなら私がわざわざ深く追求する必要は無い。
それに、私は紫萌ちゃんに少し興味を持ち始めていて、空気を重くしたり悪くするようなことは極力したくなかった。
だから私は明るく尋ねた。

「それで、何して遊ぶ?」

「え、あ、遊ぶの?」

「違った? あーでも安静にとか言われてるから怒られるかも……」

何か騒がずに楽しめるものは無いか考えるが、トランプとかの類は持ってないし……。

「話してるだけじゃ…だめ?」

紫萌ちゃんは少しだけ笑いながら私に問いかけた。
私もその言葉に口の端を軽く吊り上げてから、口を開いた。


それは他愛も無い会話だった。
テレビ番組の話だとか、学校で流行っている遊びだとか。
だけど、病室で一人の時、誰かと話せるだけで凄く楽しく
退屈な病院生活を紫萌ちゃんが大きく変えてくれた。

421 追憶4「雛倉 綾菜」と手紙。4 :2016/09/20(火) 00:49:57
――
 ――

今日もいつものように紫萌ちゃんは来てくれた。

「ねぇ――」
「雛倉さん、点滴の時間ですよ」

私が紫萌ちゃんに向かって口を開けたとき、看護婦さんが点滴のセットを持って病室に入ってきた。
骨折、しかも大したこと無いのに毎日点滴をされる。
いつも病院食を半分程度残している――――ここのは不味いと名高い!――――からかもしれない。

「雛倉さん、今日はお手洗いの方は大丈夫? 点滴中は基本安静にして欲しいからしたかったら先に言ってね」

私は顔が熱くなる。
昨日、点滴中に我慢できないくらいの尿意を催してしまい、私は恥ずかしいのを我慢して看護婦さんを呼んでしまった。
だからその事を覚えていたらしいこの空気の読めない看護婦さんはこんなことを口走ったのだと思う。
あの日は点滴を受ける前からほんの少し尿意を感じていて――――足がこの状態だから面倒で極力済ませる回数を抑えたかった――――…でも、
言い出すのも恥ずかしかったし、我慢しようと思っていたがそれは失敗だった。
点滴で血中に直接水分を流し込まれるというのは、思った以上に早く膀胱をいっぱいにしてしまって……

――確かに私が悪かったんだろうけど……だからって、紫萌ちゃんが居る前で言わなくても……。

病院の人は本当にこういう所が鈍感になっていて困る。病院だから恥ずかしくないなんてことは無い。
もちろんトイレを申告したり、尿意を悟られることへの恥ずかしさには個人差があるとは思う。
私は誰かがおしっこを我慢してる姿や、失敗しちゃった姿をなぜだかよくわからないけど可愛いと思ってしまうらしい。
だから、余計にそういうことを強く意識してしまって……多分人並み以上には恥ずかしさを感じてしまう。
そういうことだから、よっぽどしたくなければ自分からは言わない。

「だ、大丈夫…です。……そんなことより失敗せずに刺して」

恥ずかしいことを紫萌ちゃんの前で蒸し返されて――ってほどではないけど……でも、そんな気分になって、
少し不機嫌になった私は刺されるところ凝視して無駄にプレッシャーを与えてやった。
残念というか幸い、チクッと表現するには少し痛すぎる感覚は一回で済んだ。

私は小さく嘆息してから紫萌ちゃんに再度声をかけ――

「昨日、途中でトイレ行きたくなったの?」

「う……そ、そんなこと…」

「でもさっきの看護婦さん“今日は”って――」
「あー、もう、そうなの! 途中で行ったの!」

――もう、紫萌ちゃんまで空気読んでくれないっ!

「恥ずかしい?」

「――っ! わかってるなら聞かないでよ!」

クスクスと笑いながら紫萌ちゃんは謝る。
……全然謝ってもらった気がしない!

「そ、それでっ! 今日は何するの?」

私は恥ずかしいのを隠すために少し怒ったような態度で紫萌ちゃんに話しかける。
紫萌ちゃんはそんな私の態度を見透かしたように顔を緩ませたまま言う。

「いつものように話そう、何かしようにも点滴中だし」

うん、ご尤も。

422 追憶4「雛倉 綾菜」と手紙。5 :2016/09/20(火) 00:51:24
――
 ――

いつも通りのお喋り。
だけど、私には少し困った事情が出てきてしまっていた。

紫萌ちゃんに気が付かれないようにタオルケットの下で包帯の巻かれていない自由な足をほんの少し動かす。
それは蒸れて来たとか痛くなって来た訳じゃなく……トイレに――尿意を催してしまったから。

――うぅ……おかしい、点滴する15分くらい前に済ませたのに…なんで?

まだ我慢できないほどじゃない。
だけど、昨日の感覚から考えるに点滴中は本当に凄い勢いで尿意が膨らんで行く。
残りの点滴の量を視線の端で確認する。

――あと五分の一くらい? ……大丈夫、あと15分もすれば終わるはず。

外しに来て貰う時間も含めても多少余裕がある状態で自由になれるだろう。
というか、キャスター付きの点滴棒にしてくれれば、最悪自力で何とかなるのに……。

「はぁ……」

「どうかした?」

つい溜め息を吐いてしまった私に紫萌ちゃんは問いかける。
失敗したと思いながら何か言わないとと思い言葉を探すが見つからず、結果少しの沈黙を作ってしまう。

「もしかして、トイレだったりして?」

冗談交じりに言われた台詞。
図星を付かれて鼓動が大きく早くなる。

「そ、そんなわけ無いじゃん。点滴前には済ませてたしっ」

そんな動揺を隠しながらそれを否定する。
紫萌ちゃんは「だよね」と言って話を続きを始めた。
どうにか誤魔化すことはできたけど……本当は白状してしまった方が良かったのかも知れない。
点滴が終わった後にトイレに行かなければいけない事実は変わることは無く
紫萌ちゃんが病室から出て行ってくれない限りは、彼女の前でトイレに立つ必要があるのだから。

――……やだな………。

先のことを考えて気持ちが沈む。
気心が知れた友達とまで行かない微妙な距離感の相手。
加えて、トイレに行きたいことを否定してしまった手前、言い出しにくい。

――もう……どうして済ませたのにこんなにしたくなっちゃうかな……。

いつもと変わらない時間からの点滴。
昼食後、1時間後くらいからはじめたはずで、昼食時以外では水分の摂取していない。

423 追憶4「雛倉 綾菜」と手紙。6 :2016/09/20(火) 00:52:11
――そうなると……昼食の時に何か――っ!

私は何を食べたのかを思い出してはっとする。
デザートがスイカであったこと。
確か瓜科にはそれなりの利尿作用があって、特にスイカにはシトルリンとか言うのもあって……
全然気にせず食べてしまったが、思った以上に早く尿意を感じてしまったのはそのせいかもしれない。

そして、尿意はさらに膨らむ。
私は再び視線を点滴の方に向ける。
点滴は丁度無くなったところだった。

「あ、点滴無くなったんだね」

「うん、もう直ぐ外しに来るはずだけど」

点滴は逆流しないようになってはいるらしいけど、長時間針を刺したままにしておくのも良くはないはずで。
今まで、ナースコール無しでも5分以内かそれ以前に来てくれていた。
だけど……強い尿意を感じているときに待つのはやっぱり辛い。
早く来てくれれば、早くトイレに行ける……そう思うと早く来ない看護婦さんが恨めしい。

そして……。

「こないね」

「……うん」

5分くらい経った――――厭くまで主観であり、計っていたわけじゃないけど――――が未だに来ない。
尿意は私が思っていた以上に膨らみ、結構危険なところまで来てしまっていた。

――はぁ……どうして、今日に限って……っ、ナースコール押しちゃっても…トイレ我慢してるから押したなんて勘ぐりしないよね?

看護婦さん相手に少し挑発的な態度をしてしまっていたので
「やっぱり我慢してる」なんて思われるのは物凄く嫌で……。

――あぁ、でも、ダメ……これ以上は来て貰ったときに仕草に出ちゃうかも……

“見るからに我慢してます”よりかは“勘ぐられる可能性がある”方が断然マシなはず。
そう考え、私は不機嫌な振りをして――――紫萌ちゃんに来るのが遅くてイライラしたから押しましたと思ってもらうため――――ナースコールを押す。

ナースコールを押してから直ぐに看護婦さんは来た。
私は平静を装い、点滴が無くなったことを伝える。

「ごめんね、遅くなって……っと、少し痛いけど我慢してね」

注射の時とは違う点滴独特の抜く時の痛みを感じながら、ようやくトイレにいけることに安堵する。
看護婦さんは点滴の袋などを片付けて、部屋を出て行く。
問題は、紫萌ちゃんにどう伝えるかだけど……

424 追憶4「雛倉 綾菜」と手紙。7 :2016/09/20(火) 00:53:16
『はぁ……トイレ行きたくなっちゃった……』

――っ! 紫萌ちゃんの『声』だ!

初めて聞く紫萌ちゃんの『声』に私は心を弾ませる。
だけど、彼女よりも私の方がずっと切羽詰っていて……この状況はどうにも覆りそうにない。

「えっと、ごめん、私ちょっと……」

紫萌ちゃんはそう言って寝台の脇に置かれた丸椅子から立ち上がる。
間違いなくトイレに行くつもりで席を立った。このチャンスを逃す手はない。

「あ、紫萌ちゃん、トイレ? 私も行くからちょっと待って!」

そう言って私は寝台から足を下ろし、松葉杖を使い立ち上がる。

――っ……あぅ…立ち上がると、思ってたより……んっ…はぁ……溜まってる……。

今までじっと寝ていたから気が付かなかったが、膀胱は想像よりもずっとパンパンになっていて
その存在感から自身が可也切迫した状況に置かれていることを自覚する。

「点滴してると、やっぱしたくなっちゃうね」

膀胱の庇うようにして歩く姿は多分、松葉杖を使っていることで誤魔化せていると思うが
何も喋らずにいるのは落ち着かなくて、誤魔化すようにして話しかけた。

「うんうん、点滴も水分だからね」

そう、水分……それを血中に直接流し込んでいる……。
流し込まれたものは腎臓で直ぐにろ過されて膀胱に溜められる。

わかってはいるけど、紫萌ちゃんの言葉に再度認識させられる。
松葉杖を前に出して必死に前に進む。
トイレが近づき、尿意はさらに膨れ上がる。

――……んっ……やばい…もうっ……だめ、もうちょっと我慢して……

自分でも信じられないくらいの勢いで限界へ向かう尿意に焦る。
今まで横になっていたから、均衡を保てていたのかもしれない。
もう直ぐトイレだから、気持ちが切れ掛かっているのかもしれない。
でも、理由なんて関係ない。
我慢しなきゃ……こんなところで――紫萌ちゃんの前で失敗なんてしたくない。

425 追憶4「雛倉 綾菜」と手紙。8 :2016/09/20(火) 00:54:34
スイカや点滴、昼食で取った水分。
その全てが形を変えて、私の下腹部をこれ以上ないくらいに膨れあがらせる。
背筋を伸ばすことが出来ないくらい抱えて……。

――あぁ、っ…だ、大丈夫……我慢できる、ふぅ…あと、……ちょっとだから……

心の中で言い聞かせる。
本当にもう少し、もうトイレが見えてる、後数歩でトイレに入れ――

<ジュゥ……>

――っ!! ぇ、え? ちょっと……んっ、あぁ、ダメ……

不意に下着に暖かい点が生まれた。
それを認識すると同時に尿意が急激に膨れ上がり足をクロスにして立ち止まる。
松葉杖を投げ出して抑え込みたい衝動に駆られるが、それでは前を歩く紫萌ちゃんに気が付かれる。
抑えなきゃいけないくらい我慢してるなんて思われたくない。
涼しい顔して、トイレに入って、何事も無く出て行きたい……それなのに、そうでありたいのに――

<ジュ、ジュゥゥ……>

そんな願望とは裏腹に、限界を超えてしまった下腹部が波打ち、必死に締めている筈の場所から噴出すようにして溢れる。
下着の広い範囲が熱くなり、閉じあわされている足の付け根に服が張り付くのを感じる。
思った以上の大きな失態……だけどその分、急激に上がった尿意はほんの少し落ち着く。
まだ油断できる状態ではないけど、これ以上足を止めてるわけには行かない。
紫萌ちゃんが振り向けば多分、状況を察してしまう。

気が付かれたくない。
私は息を詰めて、溢れない様に目一杯必死に締めて足を踏み出す。
自分自身を心の中で励まし、どうにかトイレに入る。

『ふぅ、話に夢中であれだったけど、結構溜まってるかも……』

紫萌ちゃんは振り向くことなく空いている一番奥の個室へ入っていく。
結構我慢していると言う魅力的な『声』を聞きながらそれを楽しめない今の私が恨めしい。
もうひとつ空いている個室は奥から二番目。
私は必死にその個室前まで行く。だけど――

「っ……わ、和式……」

和式トイレから視線を上げると個室の入り口に和式と言う表示が書かれていた。
紫萌ちゃんが入った一番奥も和式。
私達が来る前から閉まっていた手前の個室二つだけが洋式と書かれていた。

426 追憶4「雛倉 綾菜」と手紙。9 :2016/09/20(火) 00:55:25
<ジュ……>

「―っ!」

また下着の中が熱くなる。
私は和式の個室に飛び込み、松葉杖を乱暴に手放し、自由になった手でこれ以上溢れないように必死に抑え、もう片方の手で扉を閉めた。
骨にヒビの入った足にはギプスではなく包帯が巻かれているが流石にしゃがむと言う行為は難しい。
本来なら洋式トイレに入らなければいけない……だけど、空くのを持っていられるほどの余裕はもうなかった。
もし、洋式トイレが空いていれば、直ぐに済ませることが出来たのに……。

<ジュ、ジュ……>

「ぁ……んっ…」

抑える手に温もりを感じ、抑えられない衝動に声が漏れる。
私はどうやって済ませるかを考えないまま押さえていない方の手を使い服と下着、同時に手を掛ける。
だけど、押さえたままでは下ろすことができないので、押さえていた手も下ろすために放す。

「あっ、やっ…うそ…」<ジュゥゥー>

一瞬の内に下げてしまえば……そう考えていた。
だけど、すでに濡れてしまっていた服が張り付き素早く下ろし切る事ができず
不慮の自体に抑えを失い、個室の中と言う空間で上手く制御することが出来ず、溢れる熱水は下着に当たり
恥ずかしい温もりを感じながら、くぐもった音を響かせる。
それでもどうにか膝まで衣服を下ろして、中腰で便器の上に立つ。

<ジャバババ――>

高い所から水面を叩く音が響く。
音消しをするためにレバーを押そうと思うが、中腰では手はおろか足でもバランスを崩す恐れがある。
それにレバーを押すためには、少しの間、骨にヒビの入ったほうの足だけで立つ必要もあって……。
結果、私は下を向いて顔を真っ赤にしながらその恥ずかしい音が早く止むのを祈るしかなかった。

「ぁぅ……」

パンパンになるまで下腹部を膨らませた恥ずかしい熱水は、直ぐに終わるわけも無く、長くその音を響かせる。
直ぐ隣の個室に入った紫萌ちゃんに絶対に聞こえてる。
今のこの恥ずかしい音だけじゃない。
個室に慌しく入って松葉杖を手放した音。
我慢が効かなくなり、溢れ出てしまった声。
その全部が、聞こえちゃってる……。

「はぁ……はぁ……っ」

そして、その恥ずかしい失態が終わる。
気が付くと震えるような息遣いが溢れていて……慌てて唾を飲み込み呼吸を抑える。

「あ、綾菜?」

困惑の混じった私を心配する声が個室の外から聞こえてきた。
私は個室の中でこれ以上無いくらい顔が熱くなるのを感じ、声を出すのが怖くて何も返せなかった。

「――えっと……着替え…いる?」

しばらくすると紫萌ちゃんはそう言った。
言葉を必死に選んでくれたように感じられた。

「ご、ごめん……お願い…できる?」

個室の中の私は目頭が急速に熱くなるのを感じていたが、紫萌ちゃんに心配をかけるわけにも行かず
声が震えないように必死で返した。

「うん……ちょっと、まってて!」

トイレから駆け出していく足音が聞こえ、私は目に溜まった涙を零しながらペーパーに手を伸ばした。

427 追憶4「雛倉 綾菜」と手紙。10 :2016/09/20(火) 00:56:52
――
 ――
  ――

……。

「うぅ……」

凄く嫌な思い出まで蘇ってきてしまった。
今思えば、前日に限界まで我慢していたのもあの日の失敗の原因のひとつだったのだと思う。
松葉杖もなんで大したことないのに2本使っていたのか……今考えれば後悔ばかり。

「はぁ……」

あの後着替えを病室からもって来て貰って事なきを得たが、
着替えて個室を出る時にはもう紫萌ちゃんの姿は無かった。

そして――その日以降会うことは叶わなかった。
ただ、翌日の朝にこの手紙だけ丸椅子の上に置かれていた。

当時の私は安心したような、でもそれ以上にもやもやした思いが残り気持ちが悪かった。
私の恥ずかしい失敗を見て愛想を尽かされたんだって思った。
それでも、私はまた会いたいと思って看護婦さんに紫萌ちゃんの病室を尋ねた。
だけど、不思議なことに彼女はどの病室にも居なかった。
退院したわけではなく、そんな少女が入院していた記録自体が存在していなかった。

差出人の名前は字廻 紫萌(あざまわり しも)。
その珍しい苗字も看護婦さんに聞いてみたがそれも病院内に該当する人は居なかった。
つまり、もとより彼女は入院などしていなかった、もしくはこの名前は偽名……。
紫萌ちゃんがなぜ私に会いに来てくれたのか、なぜ偽名を使ったのか……。
彼女はこの手紙だけを残して姿を消した。

手紙の内容は失敗したことを気にしないと言う事と、もう私と会えないと言う事。
会えない理由は確り書かれてはいなかったが、近いうちにそれを打ち明けるつもりであったらしかった。
私があんな失敗をしたことで、私が顔を会わせ辛いと思い予定を前倒しにして手紙で伝えたということらしい。
当時の私は、その言葉が信じられずただ幻滅されたのだと思っていたが、今読み返すとそれは私の被害妄想なのだと思える。
その手紙には何度も消しゴムで消した跡があって……何度も書き直し想いを込めて書いてくれていたから。

「……またいつか会えないかな……」

確りお礼を言えなかった。
そして……また彼女と会話を楽しみたい。

私は彼女を顔を思い出そうとする。
だけど――

「……なんで、思いだせないかな……」

いつもそう。
なぜだか紫萌ちゃんの顔を思い出せない。
そんなことじゃ例え出会えてもそれを認識できないのに。

「はぁ……」

私は大きく嘆息して手紙を持った手をベッドにパタンと落とした。

おわり

428 「字廻 紫萌」 :2016/09/20(火) 00:58:47
★字廻 紫萌(あざまわり しも)
過去に、綾菜が入院している時に出会った少女。
綾菜になにか隠している素振りを見せたまま、病院から姿を消した。

429 名無しさんのおもらし :2016/09/20(火) 11:07:41
新作だー!
雛さんこの頃から変態だったのかww
能力が目覚めたのはいつ頃なのかな

430 名無しさんのおもらし :2016/09/20(火) 11:26:39
このシリーズ以外に書くやつおらんのか
正直クッソつまらんのだが

431 名無しさんのおもらし :2016/09/20(火) 12:38:26
お前の好みなんてしったこっちゃない

432 名無しさんのおもらし :2016/09/20(火) 17:38:12
能力の設定が蛇足

433 名無しさんのおもらし :2016/09/20(火) 20:53:36
新作待ってました

綾菜マジ可愛いぜ

434 名無しさんのおもらし :2016/09/20(火) 22:11:00
これ以上荒れて欲しくはないのでここ止め

我は事例の方のは大好き

435 名無しさんのおもらし :2016/09/20(火) 22:13:24
事例の方のは大好きというのには同感

436 名無しさんのおもらし :2016/09/20(火) 22:14:41
久々に覗いry

pixivで「男子に人気」の中でおもらし小説探す方法ないかな

437 名無しさんのおもらし :2016/09/20(火) 23:11:33
事例の方を批判するわけではないが、事例の方以外の方にもどんどん書いて欲しい

438 名無しさんのおもらし :2016/09/20(火) 23:58:29
更新お疲れ様です。
過去の謎が明らかになっていくようで「追憶」も好きです。

雪姉が鍵無くした時も能力使ってたし、事故前から能力は発現してたみたいですよね。

439 名無しさんのおもらし :2016/09/21(水) 14:48:10
我慢する綾菜はかわいい

440 名無しさんのおもらし :2016/09/21(水) 18:59:34
まゆに親友ポジ奪われちゃったけど、最近出番増えて来てるね

441 名無しさんのおもらし :2016/10/05(水) 16:03:59
事例の方のなんだか伏線が増えてきて楽しくなってきた。おしがま描写も大好きだけれど、ストーリーも楽しみ

442 名無しさんのおもらし :2016/10/25(火) 20:45:10
新作欲しいよお

443 名無しさんのおもらし :2016/11/12(土) 15:22:11
ストーリーもいいね

444 名無しさんのおもらし :2016/11/23(水) 22:22:44
新作期待

445 事例の人 :2016/11/30(水) 23:24:23
感想とか沢山ありがとう
>>440
あれ、バレてそう?

446 事例6裏「山寺 瞳」と友達。@瞳 1 :2016/11/30(水) 23:30:14
「え、あ、型抜きが! それに――」

――と、トイレに行きたいんだけどっ!

後に続けたかった言葉は声として出されることはなく、心の中で叫ぶだけ。
言えなかったのは恥ずかしかったからと、なぜか妙な雰囲気だったから
そして何より……篠坂さんの失敗――おもらしの後で言い出すことが気不味かった。

――ま、まぁでも……あとは恥ずかしいのを我慢して鞠亜に言えば良いだけだし……。

私の手を引く鞠亜に視線を向ける。
そこにはいつもと違う、複雑な表情をした鞠亜の横顔があった。

――……鞠亜?

鞠亜と雛倉さんとの関係はよくわからないが、何か思うところがあるのだと思う。
変なあだ名を付けたり、必要以上に突っかかったり……。

今日の鞠亜は動揺していた……だけじゃないと思う。
どこか生き生きしていたようにも感じた。
それが何故なのか、詳しいことは私にはわからない。

夏休み前に日常会話の中で雛倉さんを話題に出したことがあった。
興味無さそうな態度をして話が続くことはなかった。
だけど、今思えば態とそういう態度で話を続かないようにしていたようにも感じる。

鞠亜は雛倉さんの事を避けてる……だけど、嫌いだから…と言う感じではない気がする。

「っ…はぁ、はぁ」

鞠亜は立ち止まり小さく声と肩で息を吐く。
どう声をかけようか迷っていると鞠亜は近くの屋台へ向かい直ぐに戻ってくる。

「はい」

そう言って私に冷えたジュースを差し出す。
私はそれを反射的に両手で受け取る。

「……ごめん、型抜きしてたのに無理やり連れ回して……」

鞠亜は横を向き自分の分のジュースを開けて難しい顔で一口飲む。

「いいよ、…そろそろ型抜きにも飽きてきてたし」

本当は最後のやつだけはやりたかったのだけど――事情がありそうだし…まぁ、仕方がない。

――それにしても……なんかトイレって言い出し難いな……。

鞠亜は私の言葉に何も反応せずにいる。
渡されたジュースを飲まないと変に思われる気もするし……。
私はあまり飲みたくはないが、プルタブに手を掛けて開け、一口飲んだ。
だけどしばらく沈黙が続く。
私から何か言うべきなのかわからず……手持ち無沙汰に何度も缶に口を付けてしまう。
飲み物が喉を通るたび、下腹部に直接それを注がれているように尿意が膨らむ。
そんなはずはないはずなのに……意識した上で冷たい水分を摂るという行為は――辛い。

447 事例6裏「山寺 瞳」と友達。@瞳 2 :2016/11/30(水) 23:31:02
「……と、友達の…話なんだけどさ」

半分ほどなくなった缶を手で転がしていると鞠亜は唐突に話し始める。
私は下腹部に溜め込まれたものから意識を外して鞠亜の話に耳を傾けようとする。

「えっと……その友達がとある子の大切なものを奪う――違うか…手放す後押し…でいいや」

――……え? なに? 一体何の……っていうかトイレっ…やばい……かな?

型抜きの時に意識し始めた時点で既に強かった尿意はさらに膨らみ、下腹部にその存在の重さを感じる。
鞠亜に気が付かれないよう軽く足をクロスさせ、出口を引き締める。
とてもじゃないが話に集中できそうにない。

「――だったの……友達は凄く後悔して、大切なものを取り戻させるかどうかで凄く悩んで――」

鞠亜はよくわからない話を続けている。
恐らくその友達と言うのは鞠亜本人のことのように感じるが、話の内容が全く頭に入ってこない。

――っ……トイレ…行きたい……おしっこしたい。

尿意が少しずつ膨らむのを感じる。
型抜きの席にいた時は座っていて下腹部が突っ張ることはなかった。
下半身も机で殆ど隠れていて、ちょっとした落ち着きのない仕草も我慢せずに出来た。
だけど、今は背筋を伸ばしていて下腹部を軽く圧迫しているし、仕草もあからさまには出来ない。
“したい”欲求を宥めることができない。

「――けど、結局……――あぁもう、何話してるんだろ……ごめん、今の話忘れて……ボク自身何言ってるのかよくわかんなくなってきたし……」

話は途中――――だったと思う、良く聞いてなかったから断言はできないけど――――で切り上げられた。

「う、うん……全然わからなかったし、よく聞いてなかったから大丈夫」

「えー……それはどうなのよ? 忘れてとは言ったけどなんか損した気分なんだけどっ」

少し膨れた顔で睨む鞠亜の顔はいつもの彼女のようで安心した。
安心……鞠亜の事と、私の事情。
トイレに行きたいと気軽に――と、まではいかないけど、幾分言い出しやすくなった。

私は、我慢の仕草から鞠亜に勘付かれる前に自ら白状してしまおうと思った。

448 事例6裏「山寺 瞳」と友達。@瞳 3 :2016/11/30(水) 23:31:55
「鞠――」
「ひとみ、やっぱもう少し祭り見て回ろっ!」

私が口を開くのとほぼ同時に鞠亜がそう言って、私の手首を掴む。

「結局、ひとみは型抜きしてて、ボクも一人で満喫してただけだったしね」

これで帰ったら一人で来ていたのとそんなに変わらない。
そう続けてから人混み――――っと言うほどは混んでいないけど――――の中を私の手を引き歩き出す。
だけど――

<ジヮ>

「っ!! あ、ちょ、鞠亜!」

それは一瞬の油断。
急に引かれた手に身体が前のめりとなり、バランスを取るために踏み出した一歩目に必要以上の力が加わる。
開けてしまった大切な部分に汗とは違う、明らかな湿った暖かさが生まれ、直ぐにそれが恥ずかしい失態なのだと自覚する。

「……なに?」

鞠亜は手首を掴んだまま少し不機嫌そうな声を出して振り向き足を止める。
私を見据える鞠亜の目を直視できず、視線を少し下げて口を開く。

「その…えっと……」

私は恥ずかしさから言葉を詰まらせる。
その間にも尿意が攻め立て、それほど長くは持たないことを私に告げている。
私はそれに抗うために足を小さく動かす。

――だ、だめ…仕草にでちゃうっ!

顔が熱くなるのを感じながら、再度口を開く。

「と、トイレ! …い、行きたい……」

伝えた。恐らく伝わった。最初のトイレだけ非常に大きく言っちゃった気がしたが……。
私の言葉に鞠亜はきょとんとした表情をしていたが、直ぐに視線を逸らして気不味そうな顔をした。

「ご、ごめん、気が付かなくて……」

「や…べ、別に……」

鞠亜は悪くない……――と言いたいところだけど正直わからない。
尿意に気が付くのが遅かった私が悪いのは当然だし、直ぐに言わないのも私。
言い出し難いとか、恥ずかしいとかそういうのはただの言い訳。
だけど、鞠亜の今日の態度が特別変だったのも事実であり、私に有無を言わせず引っ張って行ったのも鞠亜だから。

449 事例6裏「山寺 瞳」と友達。@瞳 4 :2016/11/30(水) 23:33:22
「えっと、確か入り口の方に仮設トイレがあったわね」

「うん」

私達は鞠亜の「もう帰る」と言う台詞で走ってきていたので、神社の入り口方面に向かっていたわけであり
幸い、その仮設トイレから近いところに私達はいた。

――とりあえず、言えた……もうちょっと我慢すれば…んっ!

不意に尿意の波を感じる。
服の裾を握り、ホットパンツの前を押さえたいの必死に抑えて――だけど、それじゃ宥めきれず
見っとも無く小さく足踏みをしてしまう。

「ひ、ひとみ?」

心配する鞠亜の声。
私は恥ずかしくて鞠亜を見ることが出来ず視線を下げる。
顔が熱い……恐らく耳まで赤くなってしまってる。

「……行こっ」

鞠亜はそれだけ言って前を歩く。
私はその場で足踏みをしているだけの足を前に出して後を追うように歩き出す。
歩幅はいつもより少し狭くして慎重に……。

――はぁ……っ…だ、大丈夫……もうすぐ見えてくる……。

限界が近づいているのは確かだけど、油断したりしなければまだ我慢できる。
学校で少し下着を濡らしてしまった時や見学会での失敗の時と比べれば、まだ大丈夫……そう思えた。

……思えた、けど……。

「えっと……」

鞠亜は仮設トイレを見て言葉を詰まらせる。
私は声すら出せてない。

トイレが見えたからといって直ぐに済ませられるわけじゃない。
学校でも見学会でもあった。
何度も経験してわかっていたはずなのに……。

450 事例6裏「山寺 瞳」と友達。@瞳 5 :2016/11/30(水) 23:34:22
「どうする?」

仮設トイレに出来た行列を目の前にしている私に鞠亜が問いかける。

――っ……なんで、いつも我慢してるときに限って…並んでるの?

怒りや情けなさ、理不尽だと思えるような仕打ちに目頭が熱くなる。
おしっこを我慢して、こんなことで目に涙が浮かぶ――それが凄く悔しい。

「だ、大丈夫…並ぶ……」

私自身に言い聞かせるように。
溜め込んだ下腹部に言い付けるように。

「涙でてるけど……」

――っ! わかってる! 言わないでよっバカ!

「き、気のせいだよっ」

私は悔しいのか恥ずかしいのわからないが、視線を鞠亜のほうに向けられず現実を直視する。

――えっと、5……10…12人くらい? というかフォーク並びだったっけ?

仮設トイレは全部で5つ設置されている。
祭りに来て直ぐの時は個別に並んでいた気がしたが今はフォーク並び。
フォーク並びなら直前で長く待たされるということも無い筈で……私としてはありがたいこと。

「はぁ……っ」

ちょっとした安心からか熱い息を吐いてしまう。
私は口を一度塞いでから小さく開き、荒い呼吸を隠すように下を向く。
そわそわと落ち着きが無い足が見える。

――っ……大丈夫…12人くらい……5分ちょっとで…回ってくるはずだし。

5分と言うのは自分でも少し高望みしすぎな早さだと思う。
それでも10分は掛からない。10分だって我慢できるはず。

451 事例6裏「山寺 瞳」と友達。@瞳 6 :2016/11/30(水) 23:35:25
1分、2分、3分……時間が経つ。

列もスムーズに進む……そう思っていた。

――〜〜っ な、なんで? さっきから一歩か二歩しか進んで…ない?

進みが悪いなんてものじゃない。
それに、引き換え尿意は刻々と膨らんでいた。
鞠亜に貰ったジュースが下腹部に姿を変えて注ぎ込まれてきてる……そんな感覚。
飲むべきじゃなかった……わかっていたのに。

手に持ったジュースの缶が軽い、もう全て飲んでしまったから。
それを見ているのも、持っているのも辛くて、それを持つことになった原因の鞠亜に押し付けるようにして渡す。

「っ…これ、捨ててきて……」

「え、あ、うん……わかった」

鞠亜はそれを受け取り私から離れる。
言ってからさっきのは感じ悪かった……そう後悔する。

「はぁ……んっ!」

膀胱が小さく収縮して尿意が膨れ上がる。
息を詰めて少し前屈みになり足はクロスさせて……どう見ても我慢してる姿で……。
それでも手は前を押さえず服の裾を強く握って治まるのを必死に待つ。

「ん…ぁ……ふぅ…っ……やぁ……」

だけど尿意の膨らみは次第に抑え切れなくなって……。
裾から放された手は太腿を摩ったり自分の身体を抱くように動かしたり落ち着きが無くなる。

<ジヮ>

「ぁっ! んっ――」

ほんの少し下着に広がる温もりを感じて、慌てて手を足の付け根に宛がう。
その熱水はそれ以上溢れることはなく、押さえたことでほんの少し尿意が落ち着く。
だけど、同時にどうしようもなく惨めな気持ちが込み上げる。

「ひとみ! その…大丈夫?」

缶を捨て、戻ってきた鞠亜が隣で声をかける。
私を心配する声? ……違うかもしれない、私の見っとも無い姿に困惑してるのかもしれない。
せめて手を離さなきゃ……だけど、そう思うだけで離すことが出来なかった。

452 事例6裏「山寺 瞳」と友達。@瞳 7 :2016/11/30(水) 23:36:36
「えっとさ、捨てに行ったとき仮設トイレの前の方見たんだけど……その、いくつか故障してる感じだった…かも」

――……こ、故障? また? なんで何時も……。

「浴衣の人も多いし……このペースだとまだ10分は……ねぇ、ひとみ間に合いそう?」

10分。
身体が震える。
鞠亜の質問に答えるのなら、多分間に合わない……違う…絶対間に合わない。
気を抜いたら今にも全て溢れさせてしまいそうなのに……。

――ん…順番……変わってもらう?

前を見る。
そわそわしている大学生くらいの人、母親と一緒に並ぶ落ち着きの無い小さな子供。
皆に迷惑かけて? 断られたらどんな顔をして、どうしたらいい?
我慢できないのに譲ってもらえなかったら……。

断られた時の自分の姿が浮かぶ。
どうすることも出来ず抑えきれない恥ずかしい失敗をした私を
皆、冷たい視線で眺めてる。

視界が涙でぼやける。
前を必死に押さえて、落ち着き無く足踏みして……そんな恥ずかしい子供みたいな我慢までして
必死で溢れさせないように抱えてるのに……それなのに間に合わない。我慢が出来ない。

「ま、まりあ……っん、だめ……間に合わないよぉ……」

私の惨めな気持ちが溢れる。
そんなこと言ってもダメなのに無駄なのに……迷惑なのに困らせるのに……。

「えぇ! ちょ、ちょっと待って、もうちょっと我慢できないの??」

「でき…ないよぉ……」

震える声で情けない言葉を伝える。

「え、えっと――……そ、そうよ! こ、コンビニ! すぐそこのコンビニっ!」

――……コンビニ?
そっか……そうだ、トイレは此処だけじゃない。

神社を出て直ぐに、確かにコンビニがあった。
此処から歩いて3分ほどの距離……。

――ま、間に合う? わからないけど……お願いっ…もう少しだけ……。

453 事例6裏「山寺 瞳」と友達。@瞳 8 :2016/11/30(水) 23:37:42
「んっ……我慢、する……コンビニまでっ…うぅ」

「う、うん、すぐそこだからね」

そう……すぐそこ。
すぐそこなのに……遠い、気が遠くなるくらい遥か先に感じる。

鞠亜は私の肩を抱きながら慎重な足取りで列を抜ける。
見学会の時の雛倉さんもそうしてくれた……。
私は今にも崩れ落ちそうなのだと、周りから見てそう見えるのだと思う。
事実私は少しの衝撃で崩れてしまう…溢れさせてしまう。

「――んっ! はぁ、あぁ…ふぅ……くぅ…ぁ……っ」

尿意が引いてくれない。ひと時も油断できない。
呼吸が乱れて、時折息を詰めて、声にならない恥ずかしい声を溢れさせて……。

「ぁぅ……やぁ、でちゃ――……おしっ…こ……ぁんっ!」

<じゅうっ……>

押さえ込んでいるのに今までの小さな失敗よりも広い範囲に暖かさが広がる。
足を止めて何度も押さえ直すようにして宥める。

「ひとみ……?」

私を覗き込むようにして鞠亜が私を呼ぶ。
心配してくれてる……我慢しなくちゃ…鞠亜の前でおもらしなんて――やだ、したくない。

押さえてる手に仄かな湿り気を感じる。
強く押さえ込まれたことで下着からホットパンツにまで染みてきてる。
染みにまではなってない……そう思いたい。

私は歯を食いしばって鞠亜に確り視線を向けながら小さく答える。

「(だ、大丈夫……いけ…る、から……我慢できるからっ)」

鞠亜は黙ってただ頷いてくれた。

454 事例6裏「山寺 瞳」と友達。@瞳 9 :2016/11/30(水) 23:39:03
ゆっくりとした足取りでなんとか神社を抜けた。
道路を挟んだ向こう側に明るい光が見える。
コンビニの明かりが眩しい……あと少しでそこまでいける。
おしっこが出来る。

――……あと少しっ……ん、あっ、あぁ――!

急に下腹部が震えて、同時に強い尿意の大波が私を襲う。
両手で前を押さえて、身体を強張らせる。

<じゅ、しゅぃーっ…じゅっ…>

「――っ! やぁっ…んっ! あぁ……」

必死で抑えてるはずなのに……断続的に下着に暖かさが広がる。
指先が濡れてるのを感じる。

――あぁ……やだ…止まってっ! これ以上は…んっだめ、だめなんだからぁ!

<じゅーっ…じゅっ>

だめなのに溢れて……。押さえている手にじっとりとした湿ったと言うには濡れすぎている感覚を感じる。
だけど、それ以上続けて溢れずどうにか持ち直す。

早く、道路の向こうに行きたい。
コンビニまで行きたい。したい。トイレに…っ!
そんな思いだけで思考が埋まっていく。

足を踏み出す。

「待ってひとみ! 車来てる、あれが過ぎてから――」

鞠亜の声が聞こえる。
遠くで聞こえる……。

踏み出せない足を小さく上下に動かして足を擦り合わせる。

――早くっ はやくぅ、はやくしてよぉ!

おもらしなんてしたくない。したくないのに。
見学会の時の失敗、辛くて情けなくて……沢山後悔した筈なのに。
もうこんなことにはならないって言い聞かせてきたはずだったのに……。

455 事例6裏「山寺 瞳」と友達。@瞳 10 :2016/11/30(水) 23:40:38
「ひとみ! いけるよ、もうすぐだからっ」

鞠亜の言葉で気が付くと車は通り過ぎていた。
そうもうすぐ……。

私は鞠亜に肩を抱かれながらコンビニに向かう。
濡れた下着が張り付いて気持ち悪い。
それに腿が濡れている気がする。
だけど、あと少し……あともうちょっと……。

コンビニの自動ドアを開けると冷たい風を感じた。
同時にまた下腹部が大きく震えた。

「ぃやぁっ、ごめんっ!」

肩を抱いていた鞠亜を振り払うようにしてトイレへ走る。
また押さえる手に温もりが広がる。だけど、まだ決壊はしてない。我慢してる…出来てる。
少し溢れてるだけ、すぐにトイレに入ってしまえばいい。

私は扉に手を掛けた。

<ガチャン>

「ぇ……」

扉は開くことはなく、代わりに中から声が聞こえた。

「あ、すいませんもう出ます」

水を流す音も聞こえる。
その言葉は多分本当ですぐに出てくる。

<じゅう…じゅうぅ……>

――ぁ、ぁ……ダメ、早くぅ……はや…っ

また断続的に溢れる。

「は、はやくぅ……やぁ……」

だけど、もう限界だった。
必死に閉じて合わせた足の間。
手で確りと押さえ込まれた出口から溢れて行く。
足の付け根が、手が……熱い。

<じゅうぅーー>

限界まで体内で溜め込まれた熱水がホットパンツを超えて太腿に脹脛に靴に流れる。

「ぁ……あぁ……とま――」

いくら押さえても、下腹を引き締めても手の中でくぐもった音が止まない。

456 事例6裏「山寺 瞳」と友達。@瞳 11 :2016/11/30(水) 23:41:49
<ガチャ>

目の前の扉が開く音がした。
同時に出てきた人の驚く声がした。

「え! あ……」

言葉をかけることなく避けるように横を抜けていく。

――もう遅い。遅いよぉ……。

だけど、私は必死に抑えながら個室に入る。
私はホットパンツを下ろすことも出来ずにそのまま便器を跨ぐ。
残っている分……おしっこが下着とホットパンツの中で渦巻いてから水面を打つ音を立てる。

「うぅ……あぅ…っ」

――やっちゃった……またしちゃった……。
あと少しだったのに、また…間に合わなかった……。

涙が溢れてくる。

「……ひとみ」

外で鞠亜の声が聞こえる。
トイレ前の状態を見れば私が今どういう状況なのかは想像が付いているはず。

「さっき…誰か入ってたんだ……」

……。

――違うの……わかってる。誰もいなくても結果は一緒だった……間に合ってなかった……。

コンビニに入ったときもうだめだった。
何かが切れちゃってた。
押さえて、引き締めて必死で我慢したけど……もう止められないと感じてた。

だけど、それを認めたくなくて。
我慢できるって信じたくて……。

――もっと早く言えば……良かったのに…鞠亜に迷惑かけなかったのに……。

457 事例6裏「山寺 瞳」と友達。@瞳 12 :2016/11/30(水) 23:43:34
「ごめん、ごめんね……折角の祭りなのに……っ…私の…せい、で……台無し…で……」

一緒に回ろうって言ってくれたのに。
迷惑かけて、面倒かけて、おもらししちゃうような私なんかと一緒で……。

「……謝んないでよ…ボクも悪かったし……」

鞠亜が罪悪感を感じる必要なんてない。

……。

「もう、いいよ鞠亜……先、帰って…いいよ」

これ以上迷惑を掛けられない。
こんな姿見られたくない。

「やだよ……今帰ったら気不味いし……今度どんな顔して話せばいいかわからないし…」

……。

「ここで、待ってるからね……」

……。

いけないのに……ダメなのに。
涙が溢れる。鞠亜はただ一言「待ってるからね」と言っただけなのに。
こんなにも嬉しくて……。

――鞠亜のバカ……私のほうがもっとずっとバカだけど……。

落ち込んで沈んでちゃダメ……。
震える息を吐きながら自身の状態を確認する。

下着もホットパンツも靴下も靴も……物凄い被害。
隠すなんて無理だけど、拭けるところは全部拭いて落ち着かないと。

待っててくれる友達がいるから……。
元気な顔は無理でも、涙を止めて心配させないように……。

「(……よし)」

小さく気合を入れて私は後始末を始めた。

458 事例6裏「山寺 瞳」と友達。-EX- :2016/11/30(水) 23:44:59
**********

<ガタンッガタンッ…>

「すー……すー……」

電車の中、弥生ちゃんは泣き疲れて隣で眠ってしまった。
泣いている時に聞いた話では霜澤さんが色々悪さをしたとかなんとか。

……。

――霜澤鞠亜、朝見呉葉……それと会長さん。

あの人たちとあやりん。
何か因縁でもあるのだろうか……。

呉葉ちゃんはともかく、あの二人は要注意。
実際会って話す機会があるといいんだけど。

……。

………。

――はぁ…なにあやりんの保護者ぶってんだろ……私。

今日こんなに後ろめたい気持ちを感じたのに。
いや、だからこそ私はあやりんの事を考えて目を逸らしてる?

「はぁ……」

私は嘆息して弥生ちゃんに視線を向ける。
泣き腫らした目で静かに眠ってる……。

今は弥生ちゃんのことを考えよう。
起きた時また泣いてしまうかも知れない。

私は弥生ちゃんを起こさないように頭を撫でて、起きた時にかける言葉を考えることにした。

おわり

459 名無しさんのおもらし :2016/12/01(木) 21:49:14
事例6の裏にこんな出来事があったのか

最後の真弓視点の時には綾菜はトイレに並んで必死に我慢してる時かな。その時の様子読んで見たいな

460 名無しさんのおもらし :2016/12/03(土) 10:55:46
新作ありがとうございます
喫茶店での回想にあった『夏祭りでのこと』のシーンですね

「やだよ……今帰ったら気不味いし……今度どんな顔して話せばいいかわからないし…」とか
(「……今度会ったとき、謝ろう。私も一緒に付き添うから」からの)「嘘つき……」とか
鞠亜の過去を悔いているような台詞が印象的ですね

461 名無しさんのおもらし :2016/12/05(月) 09:09:15
すごくいい

462 名無しさんのおもらし :2016/12/06(火) 21:37:46
新作か。この人の作品はおもらししてハイ終わり、じゃなくしばらく余韻を持たせる描写があるのが好きだな。

ただ、なんか漢字が多くないか
「態と」や「気不味い」はひらがなでいいんじゃないか。完全に好みの問題だけど。

463 名無しさんのおもらし :2016/12/07(水) 05:22:41
雰囲気だよ雰囲気

464 名無しさんのおもらし :2016/12/11(日) 19:58:40
記憶が戻ったりしたら許さないって言ってるし、自分も距離を置いてたみたいだし、PTSDを防ぐために記憶を捨てさせることを提言したのかな
酷く気に病んでるように見えるのは、この判断が正しかったのかまだ迷ってるのか、近くにいられないジレンマなのか・・・

465 あぼ〜ん :あぼ〜ん
あぼ〜ん

466 あぼ〜ん :あぼ〜ん
あぼ〜ん

467 名無しさんのおもらし :2017/02/15(水) 23:19:40
更新なくなったのでしょうか

あげておきます

468 名無しさんのおもらし :2017/02/23(木) 23:22:50
新作希望

469 名無しさんのおもらし :2017/03/25(土) 23:31:13
何年かぶりに書いたので投下してみる。

470 名無しさんのおもらし :2017/03/25(土) 23:32:01
あそこが──不意にピクンと疼いた。

 あ……ハツジョウキ、来ちゃったみたい。

思わず小声で独りごちながら、私はゴクリと生唾を飲み込む。
身体の内側、腰の辺りが妙にムズムズして堪らないような奇妙な感覚、
無性に喉が渇き、そして今すぐたっぷりの液体で身体の奥底まで満たされたいという
生物としての根源的な欲求に、全身が一気に支配されていた。
巫女装束に包まれた女の肉体が、恥ずべき欲望に炙られ、悶えていた。

 こんなに急に……んっ……したくなっちゃうなんて……
 あぁっ……も、もう我慢できないっ!

穢れなき巫女を象徴する清楚な衣装。
罰当たりにも、その緋袴と湯文字の布地越しに
下半身の肉の丘を何度も撫で擦り、恥肉の谷間へ中指を突き立て慰める。
そしてついには、更なる本能的欲求の高まりに耐えきれず、
私は熱に浮かされたようにふらふらと神社の裏手へと足を向けた。
──他人の目につかない御不浄の中で、はしたない行為を済ませるために。

***

 うぅ、信じられない……あんなに一杯……
 いつもの倍くらい、しちゃった……。

とりあえずの欲求をなんとか解消した私は、少しでも気を紛らわそうと
手水場に立ち寄り、柄杓にたっぷりと水を汲む。
そして、いつもは1杯か2杯だけで済ませる“禊”を
まだ身体に残っている欲求を鎮めるために何杯も何杯も繰り返し、
清浄な冷たい水を全身に染み渡らせていく。

間もなく始まる奉納の神楽舞い。
一人前の巫女である身として、ハツジョウキだからといって休む訳にはいかない。
早くも再び高まりつつある肉体の欲求を宥めるため下腹部をひと撫ですると、
私は不安を振り払って舞殿へと向かった。

471 名無しさんのおもらし :2017/03/25(土) 23:33:36
舞台の上、大勢の観客の視線に囲まれながら、
私は神具の鈴を手に、一見何事も無いかのように淑やかに舞う。
しかしその実、私の身体はハツジョウキの症状に激しく翻弄され
今にも陥落してしまいそうな瀬戸際にあった。

腰の付近にわだかまっているムズムズ感が酷い。
身体の内に在る水分が刻一刻と穢れに満ちた体液に姿を変え、
腰の辺りから下腹部へ至る肉の管をとめどなく流れ下って行くのが判る。
ハツジョウキで敏感になっているせいか、
恥部のすぐ内側に溜まったその熱い液体の存在がはっきりと感じられる。

緋袴の下では、動くたび湯文字に擦れる肉唇がビクビクと蠢き、
はしたない欲求がまさに溢れ出しそうな位、ぐつぐつと煮え滾っていた。
神様に捧げる舞いの途中だというのに……大勢の人達の目の前だというのに……
恥ずかしい液体が今にもあそこから迸ってしまいそう。

 ……あぁ……だめ……もう、だめっ!

理性による抑制がついに限界に達しようとしたその寸前、
曲の余韻が静かに消えていき、奉納の舞いが終わった。
脚が、腰が、全身がガクガクと震え、握りしめた鈴の不自然な鳴り音が止まらない。
朦朧とする意識の中、女性の部分から一瞬何かが噴出する感覚、
そしてそこから発された微かな湿った水音に、背筋がぞっと粟立った。
早く、一刻も早く、人目につかないあの場所で──

私は下半身を庇いつつ、おぼつかない足取りでよろよろと舞台を降り、
昨年初めてハツジョウキを経験したという先輩巫女に
いったん舞殿を離れる事を伝えた。

「あら……貴女もハツジョウキ来ちゃった?
 ふふっ、人前でしちゃわないように気を付けてね」

股間の一点が痺れたように熱く疼いている。
下半身の肉が、あそこをキュッキュッと締め付けるように蠢いている。
ちょっとでも気を抜いたら、ここでしてしまいそうだ。

 は、はぃ……分かりまし……ぁ、んっ、んんんっ!

唐突に全身がビクンッと大きく震え、私は狂ったように股間に手を伸ばす。
力いっぱい押し込んだ手指の下で、限界間近のあそこ──私の下半身に潜む肉の筒が
1回、2回、そして3回、恥ずかしい飛沫を勢いよく吐き出した。
既に湿っていた湯文字を更に濡らして、
熱い液体が脚の付け根から太腿へと伝い流れる。

解放を許されないまま溜め込まれ続けた欲求は、
下腹部の奥で今や破裂しそうな程にパンパンに膨れ上がっていた。
その欲求に駆り立てられるように、人目の無いあの場所へと私は急ぐ。
股間で苦し気に喘ぎ痙攣する肉の門が、もはや一刻の猶予も無いことを訴えている。

 ……したい……1秒でも早く、したい!

個室に飛び込みながら、帯を解く間ももどかしく緋袴を一気に引き下ろし
濡れそぼった湯文字を脱ぎ捨てると、私は両脚を大きく広げた。
巫女装束の下に隠されていた女性器が大胆に外気に晒され、そして──

472 名無しさんのおもらし :2017/03/25(土) 23:34:51
 あぁーーーっ!

思わず発してしまったはしたない嬌声と共に、
溜まりに溜まっていた膨大な量の穢れ──お小水が太い滝となって股間から迸った。

普段の私からは信じられないくらい大量のお小水が、
膨らみきった膀胱から一気に溢れ出し、怒涛の勢いで尿道口から放たれ、
肉襞の隙間を擦り抜けて、白い陶製の器へと注ぎ込まれていく。
神に仕える巫女らしからぬ下品な排尿音が、床の陶器と私の股間
その双方から、外まで聞こえてしまいそうなほど盛大に響いている。

限界まで耐えた尿意を存分に解消するという最上級の快楽は、
私をあさましい一人の女へと引き戻し、忘我の極致へといざなった。

***

個室の中に漂い満ちるお小水の湯気と匂い、
そして下腹部の排尿欲求が次第に解消されていく満足感に包まれながら、
私は御不浄の壁に目を向ける。
そこには、いつも通り一枚の紙が貼られていた。


 発浄期──

 神職に就いた女性のみに現われる特殊な体調状態を示す期間。
 発情期と似て非なるものであり、不定期に発現しおおよそ2日間ほど継続する。

 現代医学では未解明の何らかの要因により腎臓の働きが大幅に活性化し、
 大量の水を飲み、大量の尿を排泄することによって体内の穢れを祓うための
 神事由来の生理現象と考えられ、その際の飲水行為を禊(みそぎ)と称する。

 発浄期の巫女は、膀胱の容量が普段の2倍から最大3倍程度まで増大するが、
 尿の生成量の増加率がそれ以上に大きい為、極めて頻尿となる傾向が見られる。


御不浄で用を足す度に何気なく眺めていたその内容が、
今日の実体験でようやく本当に理解できたような気がする。

 発情期と似て非なるもの……か。
 ……ふふっ、上手いこと言うわね。

ただひたすらに尿道口からお小水を放ち続け、膀胱が徐々に軽くなっていく。
得も言われぬその快感に身を委ねつつ──私はそんなことを思った。

473 名無しさんのおもらし :2017/03/25(土) 23:35:30
果てなく続くように思われた排尿の末、膀胱がようやく空になった。

いつもの倍以上はありそうな大量のお小水を下腹部から解放しきった私は、
安堵の息と共に、名残の雫を滴らせているあそこを丁寧に紙で拭い、
改めて巫女の衣装を身に纏う。
湯文字の方は、我慢できずに何度かお小水を浴びせてしまったせいで
前側がぐっしょりと濡れていたので着るのを諦め、
股間辺りの濡れ染みを手早く拭った緋袴のみを下半身に直穿きした。

少しだけ──いや、少々多めに粗相してしまったお小水は、
幸いにも緋袴の表側まではそれほど染みていないようだ。
これ位ならきっと誰も気付かないだろう……気付かないで欲しい。
布一枚に覆われただけの女性の大事な部分が心許ないが
着替えを取りに戻る時間が無い以上、他に手段は無かった。

穢れを含んだお小水で汚してしまった名入りの湯文字を
御不浄に備え付けの洗浄用の籠に入れる。
──これで私の発浄期とお粗相は巫女達全員に筒抜けだ。

 お小水で濡れた湯文字を持ち歩く訳にもいかないし……
 それにどうせ発浄期だってすぐに気付かれちゃうだろうし、ね。

たっぷりのお小水に溜息ひとつ、
それと汚れた湯文字を残して私は御不浄を後にした。
排泄欲を満たすと同時に襲ってきた耐えがたい喉の渇きに、
まずいとは思いつつも手水場に足を運び、柄杓で10杯だけ禊をする。

──またしても腰の辺りがムズムズするような感覚に包まれた。
この感覚は、私の腎臓が全力でお小水を漉しとっている証。
作られたお小水が尿管を通ってとめどもなく流れ下り、
猛烈な勢いで膀胱へと注ぎ込まれていくのを感じる。

いつもより容量がかなり増えているとは言え、このままいけば
私の膀胱が再びお小水で満たされてしまうのも時間の問題だろう。
なのに、発浄期の下半身に少々のお粗相を許してくれる筈の湯文字は既に無く、
頼みの尿道括約筋も、つい先程の限界を超えた我慢での疲労がまだ残っている。
巫女にとって職業病とも言える発浄期の苦難は、まだまだこれからが本番だ。

間もなく始まる2回目の神楽舞いを奉納すべく、
私は尿意の先触れを感じながら舞殿へ向けて一歩を踏み出した。


膀胱の中のお小水が、たぷんと揺れた。

474 名無しさんのおもらし :2017/03/26(日) 09:24:03
すばらしい

475 名無しさんのおもらし :2017/03/26(日) 18:48:40
綺麗に終わってるけど続きが読みたいのは私だけじゃないはず!

476 名無しさんのおもらし :2017/03/26(日) 18:56:07
素晴らしすぎる

477 名無しさんのおもらし :2017/03/27(月) 20:35:52
月壬月辰やノーションの流れを汲むここの伝統の言葉遊びですね

「したい」や禊の水○杯などのダブルミーニングの使い方は
これほどの文章力やアイデアの人なら
もっと綺麗な形を期待できそうに思えました

478 名無しさんのおもらし :2017/04/14(金) 00:36:27
久しぶりに見に来たら新作来てた…
気が抜けないな

479 469 :2017/04/22(土) 13:31:23
感想どうもです。
今作の続きはまだ特に考えてません……。
ただ、別の短編モノを書いてるので
そっちは後日投稿するかも。

480 名無しさんのおもらし :2017/05/03(水) 01:53:48
生まれつきのミラクルパワーを悪用し、これまでさんざんいたずらを繰りかえしてきたリッカ。
今回ばかりは目に余ると、とうとう正義の味方に捕まってしまったのでした。

「ほら……立華ちゃん、あまり暴れるとむやみに怪我をするだけだよ?」

頬をなでる彼のしぐさはジェントルマンらしいものでしたが、人一倍誇り高いリッカはむしろ肌をぞわぞわと粟立たせます。
また、衆人環視の中、組伏せられるというありさまも、恥ずかしさをおおいに増幅させます。
艶やかな髪や、お気に入りの服を砂まみれにした姿を公衆にさらすなど、それこそ屈辱の極み……。

「私に恥をかかせて、あとで承知しませんわ!」

司くんは、女の子にはとことんやさしいけれど、正真正銘の男の子たるリッカ相手には結構容赦ありません。
リッカは後ろ手に縛られ、足首をくくられ、公園の真ん中に転がされたまま。
じきに魔術ポリスが到着すれば、大目玉を食らったのち、身の毛もよだつほどのお仕置きにさらされてしまうのです。

「司くん、この縄をほどきなさい! さもなくば、イーヴル・パワーを解放しますよ!?」

「知ってるよ、パワーを使うにはスペル・ブックが必要なんだろう?」

司くんが、目の前で大切なスペル・ブックをちらつかせるたび、リッカのすらっと高い鼻を古い紙の香りがくすぐります。
何とかスペルを頭に浮かべようとするけれど……、冷静さを欠いた心では、正確な文言を思い出せません。

(8u561su594jh18(靴下をそろえる呪文)
じゃなかった、ええと
76h3rrr935t56stz(バケツ召喚呪文)
…………も違う……
…………ああもう! ああもう!)

つうっと首筋に汗が流れ、思わず身をふるわせるリッカ……。実は、少し前から尿意がふくらみつつあり、そちらのほうも気がかりだったのです。
しかし、拘束された身では、靴の中で爪先をぎゅっと硬くし、お腹の奥に力を入れ気を紛らすとか、指先をもじもじ動かすとかするよりしかたがありません。
せめて司くんにトイレのことを告げられればいいのだけど、そこは女の子以上に乙女な心の持ち主であるリッカ。司くんに我慢を知られでもしたら、舌を噛みきって死ぬくらいの思いでありました。

「司くん、お願い……もう観念して捕まります! だから、ちょっとの間だけ、縄を……」

「おいおい、直球かよ」

「違うの! 本当にちょっとだけ……
ううっ……いたずらしたこと、謝りますからぁ」

いつになく反省気味。
とはいえ、平生のリッカのふるまいはそれはそれは凄まじいものですので、正義漢の彼がすんなり許してくれるはずもありません。

……と、司くんの声が、急に耳元へぐっと近づき、

「分かった。立華ちゃん、もよおしちゃったんだろ」

リッカはかあっと頬を染めました。不意打ちされた拍子に、思わずしずくが迸りそうになります……おしっこの我慢はもう限界みたいです。

481 名無しさんのおもらし :2017/05/03(水) 06:46:32
リッカの訴えが功を奏したのでしょうか、告発者の表情が柔らかくなります。すこし和らいだ雰囲気に、リッカがほっとしたのも束の間、

「たしかに、お腹が張っちゃって、可哀想だな…………そぉれ!」

「えぇっ!!?」

彼はドSでした。
心臓マッサージならぬ膀胱マッサージの要領で、リッカの下腹部へ全体重が掛けられます。
お腹を思いっきり押し下げられた衝撃で溢れだしそうになる温かいものを、辛うじてお腹にキープするリッカ。
パニックする頭はフライング気味に、大勢の前で失態を繰り広げる己の姿を鮮明に描き上げ…………。それは、考えるほどに下着の中のものがふるふると縮んでしまうくらい、羞恥にまみれた想像でした。

「あれっ? まだ我慢してんの? 体に悪いなあ、……そぉれ!」

(何何何、なんなのこの人……っ)

次の打撃が到来するまさにその時、土壇場思考の為せるわざか、ある重要なスペルを思い出します──とたん、彼の拘束から体がパチンと離れました。

「あ、こら立華ちゃん、またパワーを使いやがって!」

「私の名誉を守るためです!!!」

vh8ik1730uf、縄ぬけの呪文。罪状がまた増えたけれど、気にしてはおられません。人の目も気にせず、スカートの上から大事なものを握りしめ、解放された勢いのまま公園のトイレへ向かおうとする……乙女にあるまじき、相当なみっともなさ。
その上、乱暴なマッサージのせいで生じた下着の湿り気。
これだけでも、リッカの繊細な心を粉々に砕くには余りあります。

よたよたと歩を進める足は、感覚を喪失しながらも確実にトイレへ近づこうとするけれど……もはや敗色濃厚といった感じ。膝ががくがくふるえます。
そんなリッカの周りには、押し並べてただただ気の毒そうな顔を浮かべる人々の群れ。
たくさんの混乱した思考でぐちゃぐちゃだった頭の中が、ぱっと暗くなると同時に、その場へうずくまりました。

もう絶対に力を悪用するまい、と誓いながら…………。







魔法要素は余計でした

482 名無しさんのおもらし :2017/05/03(水) 23:50:24
…………蝉の命は短くとも、終わりの瞬間までその声をからし尽くす……それに似た事態でしょうか。
理性はきっぱり我慢を止めたのに、体はまだ奮闘を続けるつもりのようです。
もはや立ち上がっただけでも出ちゃいそうなリッカは、100%漏らすことが確実な人間の、瀬戸際の心理というものを味わわされておりました。

「さあギャラリーは散った散った、見世物じゃありませんよ」

頭上から、今一つの聞き慣れた声が降ってきます。魔術ポリスが到着したようです。

「この子は蟻の観察でもしてるのかい?」

「さあ? 俺が気づいたらこの通りでした」

しらを切る告発者。

「そう、まあいいけど…………もしもし立華さん、そのままで構わんので聞いてくださいね」

顔馴染みではありますが、今回はいろいろと事情が異なるようす。
うずくまったままちらっと顔を上げ確かめると、彼の表情は穏やかでしたが、それはつまり……かなり怒ってることの証左であります。

「はい……」

「立華さん、今回ばかりはさすがにチョンボですねえ」

「すみません……」

清楚さを装う立ち居振舞いも忘れ、問われるまま返事をするリッカ。その肩をガッシと掴まれます。
取って喰われそうに感じ、上半身を強ばらせます。

「とても遺憾ですが、君はこれから僕にしょっぴかれるわけです」

「当然のことです……」

蛇口がとうとう緩み、《ちょゎぁぁぁ……》 と、水の流れる音が体の奥から聞こえ、下着の中がほんのり温かくなってきます。けれど今それは、遠い誰かの失態、他人事と感じられるのでした。
スカートのお尻をずぶ濡れにし、すっかり魂が抜けたようすのリッカでしたが、二人のサディストの声が大きく響くときだけは、悔悟とも恥じらいとも言いがたい気持ちがその都度、灯ったり消えたり。

「勘違いせんでほしいのは、君の罪はミラクルパワーの使用にあるというよりかむしろ、原付を改造して市民の憩いの公園にて走らせ、あまつさえ公共物を破損したという点にあり……」

「あのっ」

リッカが声をあげます。話の腰を折られた彼は不満顔。

「…………漏れました」

「見りゃわかりますけど。で?」

おしっこのにおいがむんむん漂う場で、訓戒は小一時間つづけられましたとさ。



fin.

483 名無しさんのおもらし :2017/06/25(日) 07:50:00
前々から気にはなってたんだが、今は第何夜なんだ?

484 名無しさんのおもらし :2017/07/17(月) 00:27:09
なんかよく分かんないネタになった感あるけれど投稿してみます

485 名無しさんのおもらし :2017/07/17(月) 00:27:32
 はぁっ……と、ため息一つ。
体中で静かに渦巻く煙たい感覚を吹き飛ばしてみるけれど、重たいお腹は相変わらずで、またモヤモヤと広がっていくばかり。

「……」

 一つ前を見る。
経っているのは、私より少し背の高くてショートヘアのクラスメイト。
背中にはいつものツンとした雰囲気を身に纏い、僅かに覗くお澄まし顔は ”なんにもありません” とでも言いたげだけれども、その下でソワソワと踏み変えられる足がその情けない実態を雄弁に物語っていた。

そのまま視線を前方に移していく。
二人、三人、四人…………十二人。
それがこの場所――女子トイレに並んだ制服姿の数。

 ここは学校の女子トイレ、一年生の私たちにあてがわれているのはここと、廊下の反対側にあるもう一箇所。
上級生が使う場所に行くのは気が引けるし、そもそも行った所で混雑は多分変わらない。
仕方がないので、私たちはここで待っている。

 その視線を、横に向ける。
一つ、二つ、三つ……三つ。
たった三つの個室がこの場所――女子トイレに用意された個室の数。

 女子というのは不便なもので、用を足すのには個室が必要で、脱いだり、拭いたり、どうしても時間がかかってしまう。
皆が皆スカートを履いている分まだ回りは早い方ではあるだろうけれど、それでも何クラスも集う学校の女子トイレに、たった三つの個室じゃどう考えてもキャパシティを越えている。
お昼休みでも無いと順番が回ってこないのはザラにある事だから、トイレに行きたいと感じてなくてもとりあえず並んだりするんだけれど、それが混雑を悪化させていて、でも行きたいと思ってからじゃもう遅い訳で……本当に不便だと、日々不満を抱いている。

「……っ、ぁっ……」

 じぃん、と波がきて、いっぺんに押し出された吐息が形を持って溢れてしまった。
慌てて口を塞ぐけれど意味は無くて、出てしまったものは取り返しもつかない。
……恥ずかしい。 伏せた顔が紅潮するのを感じる。

ざぁ、と水が流れて一人出てきて、慌ただしく入れ替わって、それから水の流れる音と、そこに隠しきれない別の水音。
そんな音、聞かせないでよ……そう言いたいけれど、後ろがつかえているのを気にしてできるだけ早く済ませようとしてくれているんだろうし、文句は言えない。辛いけれど。
腕時計に目をやると、休み時間はあと五分。
さっきの休み時間もトイレに入りそびれちゃったから、今回も逃すとさすがにキツいんだけれど、でも、ダメそう。
これはもう、授業中に行かせてもらうしかないだろうかな。

そう思いながら顔を上げて、顔にかかった前髪をはらった……黒く遮蔽された視界の隅っこが明るくなって、そしたら見えてしまったんだ。
ずっと目を逸して、無かった事にしていたその場所。

「っ……!」

 女子トイレの片側、個室が仕切られた―― ”トイレ” の反対側にある ”それ” が。
ぽっかり口を開けて、ズラッと立ち並んだ、小便器が。

486 名無しさんのおもらし :2017/07/17(月) 00:28:10
「ぅぅ……」
「ねぇっ、もうすぐ休み終わっちゃうから、早くしてよっ!」

 女子トイレの中、個室に向けて並んだ列から声がする。
誰も ”アレ”――小便器を使おうとはしない。
男子トイレにあるのと形は少し違っていて、腰の高さできゅっとすぼまる器の淵はそのまま突き出し、細長い溝が突き出している。
男性器の無い私たちがおしっこをした時どうしてもお尻の方におしっこが垂れてしまうから用意されたものだと分かるのだけれど、不格好に伸びたそれは舌を出してケタケタ笑っているみたいで、私は苛立ちを覚えながら目を逸した。

ここ数年で急速に普及が進んだ、女性用の小便器。
公園の、駅の、コンサートホールの……今じゃ、大抵の女子トイレは壁の片側から個室が取り払われている。
慢性的な女子トイレ不足を解決できて、トイレのために新たにスペースを確保する必要も無い――なんて、いいトコだけ書けば確かに良さそうに聞こえるけれど。
誰が推したのやら……あんなもの。

私の前にも後ろにも続く長い列と対照的に、五個ある小便器はどれも使われておらず、真新しくピカピカと光っている。
だから、あの溝を跨いで、下着を降ろして、体から力を抜く、それは一切待つ必要なくて、今スグにでもおしっこを出す事ができる。

でも。

「はぁっ……トイレっ……早く……!」

 順番を次に控えた子が、切なげにそう呟く。
その声、その言葉に体の奥底からゴポゴポと泡立つように、また大波が来る。
私は膝をピッタリくっつけて、スカートの裾をぎゅっと握った。

「っ……ん、くぅ……!」

 壁が無いから視線は遮らない、擬音装置も無ければセンサーで人影を感知するものだから用を足し終えるまで水は流せない。
紙が用意されていたり、さっき言った溝だったりと配慮は一応あるけれど、用が足せればそれでいいじゃないかと言わんばかり。
まだ幼い小学生の妹は、 ”こっちの方が早くできるし便利じゃん” なんて言ってすっかり順応しているけれど、私はそれを “トイレ” とは思えなかった。
これがパソコンやスマホに文句を付ける人たちの気持ちがなのかと、綿のように柔らかく受け入れる妹がちょっと怖かった。

「駄目そーだね……」
「うん……戻ろっか」

 後ろから沈んだ声色と共に、足音が段々と遠ざかっていく。
壁には向かわず、出口に向かって一直線。
あの子たちも私と同じ気持ちなんだろう。

「はぁっ……トイレ、もっと増やしてよっ……!」

 後ろから詰めてきた子が低い声でそう漏らす。
多くの女性達があの品のないL字形を受け入れる事ができていない……それがこの国の今。
そりゃあそうだよ。これまでの常識――仕切られた個室の中、ひっそり慎ましく用を足す――とはまるで違う “立ちション” をいきなりやれと言われてもそれは無茶だ。
これは結構問題になっていて、学校でも小便器を利用するようにだとか、小便器の使い方を保健の授業で教えたりするくらい。
 私もこの学校に入学したての頃は、全然ありつけない個室のトイレを諦めて ”アレ” で何度か用を足した頃があるけれど、物凄い目で見られるし、死ぬほど恥ずかしいし……季節が夏に移り変わった今、 “アレ” で立ち小便を披露しようだなんて子は早々いない。

“あんなの、トイレじゃない”
それが乙女の共通認識だった。

487 名無しさんのおもらし :2017/07/17(月) 00:28:56
「授業始まっちゃうよっ……」

 前の方、先頭から三番目くらいだろうか、せわしなく体を揺らしているクラスメイトが焦った声で溢す。
……あと二分か。
私まで順番が回ってくるのはあり得ない。
授業中にトイレに行くのだって決して気楽な事では無いけれど、皆の前でおしっこをぶちまける恥辱に比べればどうという事はない。
合理的なのかそうでないのかなんとも言えない判断でトイレの列を離れる。別に汚れてもいないけれど、洗面台で手を洗った。手汗が滲んだ不快感を拭って、重苦しい膀胱の不快感はそのままトイレを出ようとして――

 バァンッ!

「――どっ、どいてッッ!」

 ――必死の形相で入ってきた子にぶつかりそうになって、思わずその場に固まってしまった。

「えっ……委員長?」

 一年生の学級委員のまとめ役であるその子の名前を呼ぶけれど、委員長は見向きもせず、私を避けて一目散。
っていうか、スカート越しに前を思いっきり握って、あの表情……まさか。
振り向きながら、彼女が通った道筋に点々と続く雫の跡を見てそれは確信に変わる。

「ねっ……あの、お願いっ! トイレ、先に入れてぇぇっ!!」

 背中を”く”の字に曲げて、両手を挟んだ足がタイルを踏みしだくその様子を私が目にしたのと彼女が涙混じりにそう叫んだのは殆ど同時だった。
うわっ……ほんとに限界なんだ。

 そういえば、さっきの授業終わりに先生に頼まれごとをされてたっけ。
生真面目な子だから、トイレに行きたいのも我慢してたんだろう。

規則や決まりにうるさい委員長でもちゃんと順番を待てないくらいトイレがしたくて……それでも、もうどうしようもないのに、彼女は個室に入れて欲しいと叫ぶ。
みっともなく腰を振って、顔も汗と涙でぐちゃぐちゃで、トイレが我慢できないって恥ずかしいことを大声で叫んで……それでも、小便器は使いたくない、その気持ちは痛いほど分かった。

「んぅぅ! ぁっ……ぁっ! やっ、だめっ! っ〜〜〜!」

 大きな波が来たみたいで、委員長は背中が折れちゃうんじゃないかってくらい丸くなって小さく震えて……それから、行列の先に並ぶ子たちの返事も聞かずに個室に駆け寄ると、扉をノックし始めた。

「おねっ、おね、がぃぃぃ!」

右手で扉を叩いて。

「早く、トイレッ……トイレ、おしっこっ……がまん、できないのっっ!」

 両足が激しく上下に左右に揺れ動いて。

「といれっ、といっ、っぁ……ぁぁぁっ、だめ、だ、メェッ!」

 でも、委員長が行きたくて行きたくて堪らないトイレを、彼女の本能は……出したくて出したくて堪らないおしっこは待ってくれなかった。

488 名無しさんのおもらし :2017/07/17(月) 00:29:20
「っぁぁぁぁっ……み、ない、でぇぇっ!!」

 スカートの内から黄色く雫が落ちて、委員長の必死の懇願は僅か数秒で終わり、別の願いへと変わったのだ。
個室が空くまでもたない、その絶望的な判断を受け入れたのだろう。
顔をくしゃくしゃにしながら委員長が後ろに体をねじると、当然その先にあるのは誰も使っていない、私たちがおしっこを出すことを許されている場所。

「っ……! っ!」

 怖気づいたみたいに一瞬だけ躊躇った委員長の背筋がブルリと震えて、ぱちゃぱちゃと水滴が間断なくタイルに打ち付けられる。
その水流に流されるかのように彼女は白い器に駆け寄った。

「んぅぃぃっ……はぁぁっ、はぁぅぅぅ!!」

 漏らすのと、 “アレ” を使うのと……どっちがマシかなんて選べないけれど、委員長はそっちを選んだ。
涙を流す彼女によって私がさっき思い描いた手順が再現されていく。

黄色い筋の浮かんだ足で溝を跨いで、
ぐっしょり湿った下着を降ろして、それから――

ぶじゅぉっぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーっっ!!!

――体の力を抜く必要はなかったみたいだ。

「んぅぅぁぁぁっ……は、ぁぁぁぁッッッ……!!」

切なく深い溜め息が吐き出されるその真下で、まるで滝のように噴き出した委員長のおしっこ。
その流れのままに焦点を下に移していくとそれはぽっかり開いた穴に叩きつけられていた。

ぶじじゃじゃじゃじゃじぃぃぃぃぃ!!

水の張られていない陶器にぶつかり、音を立てて飛び跳ねる飛沫は便器の中には収まりきらずタイルに点々と濡れ跡を作っているし、ガクガク震える委員長のおしっこは狙いを定めきれずに水流そのものが便器から的を外す事もある。
外にまで聞こえそうな程の盛大なおしっこの音に、委員長の艶めかしい声……何もかもが、慎ましい女の子の “トイレ” から、完全にかけ離れていた。

 でも……すごく、気持ちよさそう。
それでも、私はあんなの絶対にゴメンだ。
これならやっぱり授業中にトイレに行くほうがずっとマシ……委員長も授業始まるまで我慢できればよかったのにね。

「ぁぁぁっ……まに、ぁっ……たぁあ……っ……」

 誰かに言い聞かせるみたいに、委員長が呟いた。
全部個室のままなら、こんな思いしなくて良かったのに。
急に男の子みたいにしろって、そんなの出来る訳ない……体も、音も、臭いも、なにもかも筒抜けでおしっこをするなんて、やっぱりあり得ない。
生々しい光景に、お腹が苦しくなって、私は体にキュッと力を入れた。

委員長がおしっこを始めてすぐにチャイムが聞こえて、私は踵を返してトイレを出た。
背中を向けた委員長の長い黒髪の隙間から、真っ赤になった耳が覗いていた。

489 名無しさんのおもらし :2017/07/17(月) 00:30:09
おわりです

490 名無しさんのおもらし :2017/07/17(月) 15:29:07
素晴らしいです!

491 名無しさんのおもらし :2017/07/18(火) 23:41:51
>>485-488
いいな…。
出来れば主人公の前に並んでた子の結末もリクエストしたいところだ。

492 名無しさんのおもらし :2017/07/20(木) 01:16:06
素晴らしい。興奮した


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

東方求聞口授 ~ Symposium of Post-mysticism. - ZUN

。『東方風神録』以降のキャラクター解説に重点を置いたもので、
ZUN氏自らが執筆することもあって単なる紹介にとどまらない内容ですぞっ

※カバーイラスト:匡吉

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa