したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

後ろ手に縛られた女の子

1 名無さん。。。かわいいよ。。。 :2004/05/14(金) 23:46
拉致とかされて、後ろ手に縛られて・・・。
両手が使えないから、ズボンとかパンツは脱げない。

どうなるかな?

122 あぼ〜ん :あぼ〜ん
あぼ〜ん

123 あぼ〜ん :あぼ〜ん
あぼ〜ん

124 あぼ〜ん :あぼ〜ん
あぼ〜ん

125 あぼ〜ん :あぼ〜ん
あぼ〜ん

126 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:24:44
ボクの名前は清水望(しみずのぞみ)、小学5年生。
自分の事、ボクって呼んでいるけど、一応女の子だよ。
でも、髪の毛は短めだし、男の子と間違えられることはよくあるんだ。

こんなボクなんだけど、悪い癖があるんだ。
ボクは洋式のトイレじゃないと用を足せないんだ。
ボクの行っている小学校のトイレは全部和式だから、
学校で用を足すことができないんだ。
だから、朝に家で用を足したら、
学校から家に帰って来るまでトイレは使えないんだ。
厳密にはトイレが使えないというか、
使おうとしてもおしっこが出ないんだ。
だから、今まで失敗したことはないよ…今まではね。

127 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:25:24
ある日、ボクはある災難に直面した。
朝起きて、下にキュロットパンツ、
上にTシャツにトレーナを着て
その後にトイレを使おうと思ったら、
トイレが壊れてて使えなかったんだ。
ボクは非常に困惑した。
でも、学校休むわけにはいかないから、トイレに行けないまま
ボクはジャンパーを着て学校に行ったんだ。
帰って来るまで我慢できるかな?

128 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:25:48
朝からしたかったおしっこは
学校についた時点でさらにしたくなっていた。
でも、学校ではできないから我慢することにしたよ。
いつもだったら、そんなに辛くないんだけど、
昨日の夜からおしっこしてなかったからかなり辛かった。
1時間目の時点でモジモジしていた。
でも、そのまま4時間目が終わるまで座ってたよ。
お昼休みに友達に度っか調子悪いの、って聞かれたけど、
大した事はないよ、ってごまかしたんだ。
大した事あったんだけどね…。

5時間目と6時間目もずっと椅子に座ってた。
ボクは何とか放課後まで我慢したよ。
この時既におもらししても不思議じゃないぐらいおしっこがしたかったんだ。
でも、幸か不幸か洋式トイレ以外ではおしっこが出ないおかげで
おもらしは免れていたよ。
今頃トイレも直ってるだろうから家に帰ればおしっこができる。
下校中、そう考えていたんだ。
でも…。

129 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:27:02
午後3時半。
幼稚園バスが園児の一人ずつおろしながら回っていた。
その中に新人の幼稚園の先生の田中佐智子と
最後の一人の園児の女の子、澤田つぼみが乗っていた。
「せんせい、おしっこしたい。」
「もう少しだから我慢できる?」
「うん、じゃあがまんするね。」
二人はそんな会話をしていた。
つぼみはバスに乗って少したってから尿意を感じていた。
幼稚園で遊びに夢中でバスに乗る前にトイレに行っていなかったのだ。
しかし、あと30秒ほどで、彼女の降りる番が来るので、
大した問題はない…はずだった。
一方、佐智子も結構な尿意を感じていた。
なぜならば、慣れない幼稚園の仕事で、職場で一度も用を足していなかった。
朝起きた時に一回用を足したっきりだったので、かなり我慢していた。
しかし、つぼみをおろしたらそのまま幼稚園に戻るので、
そこで用が足せるので、何とかなる…はずだった。

130 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:27:24
つぼみの降りる所に幼稚園バスが着いた。
バスのドアが開いたとき、
急に武装した数名の男たちがバスに乗り込んできた。
その直後バスの運転手は外に引きずり出され、
佐智子とつぼみは男たちに荒縄で両手を後ろ手に縛られてしまった。
直後、男達の一人はバスを運転し始め、
途中、道を歩いている女の子を何人かバスに引きずり込んで
同じように後ろ手に縛った。
その中にはさっきの清水望も含まれていた。

131 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:29:05
ボクは急にバスの中に引きずり込まれて両手を後ろ手に縛られちゃった。
初め何が起きたか分からなかったけど、だんだんと状況が分かってきた。
ボクは…誘拐されたんだ。
しかも、後ろ手に縛られたからトイレにも行けない…。
ボクはおもらしを覚悟した…でも出ない。
しばらくすると、ボクの隣に長髪の女子高校生が
ボクと同じように後ろ手に縛られて押し込められた。
その人は水無月優子さん、高校3年生。
一番難しい大学の医学部に合格して、春から医学部の学生になる
すごく優秀なお姉さんだ。

132 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:29:30
ボクはこの人に憧れているんだ…。
でも…この辺で一番優秀な高校のブレザーの制服を着ていた。
スカートの長さは今時の女子高生らしくひざ上10cmくらいだけど、
どこか、清楚さと大人っぽさを持っていた。
この人とボクを比べるのは失礼だよね…。
おっとそれどころじゃない…ボクは優子さんに声をかけた。
「優子さん、大丈夫?」
「ありがとう、私は…何とか、望ちゃんは大丈夫?」
「うん、一応大丈夫なんだけど…おしっこしたい。」
「それは…困ったわね。もう少し我慢できる?」
「頑張ってみるよ…。」
こんな会話をしていた。
でも、ボクはこの時点で優子さんが
両足をもじもじさせていることに気付かなかった。

133 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:30:18
この4人以外にも女子高校生一人と一緒に歩いていた中学生二人が
同じように後ろ手に縛られてバスに閉じ込められていた。
7人はどうやら、人質に取られたらしい。
1時間くらいそのままバスが走り続けた。
すると、女子高校生が立ち上がって、男たちに言った。
「ねえ、あたしトイレに行きたいんだけど、行かせてくれないかなぁ?」
この女子高生は優子とは違い、コギャルっぽい恰好をしていた。
すると、男が立ち上がって、銃を向けて、
一発この女子高生に向けて撃った。
銃弾は女子高生の顔のすぐ横を抜けて、
髪の毛を数本切り落としてバスの窓の後ろを突き破った。
女子高生は、そのままその場にへたり込んだ。
彼女のミニスカートからのぞかせる両足の間から
黄色い液体がゆるゆると出てきた。
彼女はそのまま気を失った。

134 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:30:42
さらに、一時間が経過した。
一緒に誘拐された中学生二人組が一緒に震えていた。
しかも二人とも最後にトイレに行ったのが昼休みだった上、
後ろ手に縛られていて前押さえもできない状態で
尿意と戦っていた。
厳密には先ほどの銃声で二人とも少しパンツの中にしてしまい、
濡れた部分が冷たくなって、それがさらに尿意を助長させていた。
二人はヒソヒソ声で話した。
「ねえ、もう…我慢できない…。」
「私も無理かも…。」
「お願いがあるんだけど…。」
「なあに…?」
「一緒に…おもらしして…?」
「え…でも…。」
「私…もう駄目…お願い…。」
「私も…きついや。」
二人の尿意はすでに限界だった。
「じゃあ…いっせいのせ、でしようよ」
「うん・・・。」
二人で「いっせいのせ。」といった途端、
二人はパンツの中に今までためていたものを放出した。
それは、パンツとスカートと椅子を濡らし、二人の足元に水たまりを作った。
二人にとって、物心ついてから初めてのおもらしだった。
二人はおもらしを終えると、一緒に声を殺して泣いた。

135 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:31:05
さらに一時間後、佐智子は男たちに話しかけた。
「あの、お願いがあるんですけど?」
「なんだ?」
「この子だけでも、解放してあげてくれませんか?
この子はさっきからおトイレ我慢しているんです。」
佐智子の隣で、つぼみが足をもじもじさせていた。
しかも、怖い目に合った上、後ろ手に縛られてしまっているため、
尿意はさっきと比較にならないものになっていた。
むしろ幼稚園児がこの時点で失禁していないのは奇跡に近かった。
「ダメだ。」
男は非情にもそう言い放った。
「じゃあ、この子の心の傷が、この子の人生に悪影響を与えたら
責任とってくれるんですか?」
すると、男は二人に銃を向けて
「じゃあ、その人生を今すぐ終わらせるか?」
佐智子は何も言えなくなってしまった。
しかも、彼女はこの時ピンク色のズボンの中で
パンツを少しだけ濡らしてしまった。

136 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:31:30
「つぼみちゃん、どうしても行かせてくれないみたいだから、
もし我慢できなかったらそのままおしっこしちゃっていいよ?」
「でも、おもらししちゃいけないってせんせいいってたよ?」
「本当はね。でも、今日は特別の日だからしちゃってもいいよ?」
「うん、わかった。でも、できるだけがまんするね。」
佐智子はつぼみに気付かれないようにすっと涙を流した。

137 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:31:52
ボク達が閉じ込められて4時間ぐらい経ったのかな?
ボクはもうおもらししてもいいと思ってるんだけど、
例の癖のせいでどうしても出て来ない。
優子さんにどうしようか聞こうと優子さんの方を見たら、
優子さんは足をギュッと閉じて震えていた。
「優子さんも、おしっこ我慢してるの?」
「…ええ。ちょっときついかも。」
「ボクも結構我慢してる。一緒に頑張ろうよ。」
「そうね…。」
ボクの憧れの人が後ろ手に縛られておしっこ我慢してる…。
おもらしなんかしちゃったらショックだろうなぁ。
その点ボクなんか心は折れちゃってるもんね…出ないけど。
ボクは自分より優子さんのほうが心配になってきた。

138 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:32:14
「せんせい…もうでちゃう。」
さらに一時間後、つぼみが言った。
つぼみは足をモジモジさせていたため、幼稚園の制服のスカートが捲れあがり、
白いパンツが丸見えになっていた。
本来なら自分で直すんだろうが、後ろ手に縛られているため、それも叶わなかった。
「せんせい…ごめんなさい」
つぼみはそういうと、パンツのまたの部分を濡らし始めた。
その液体はパンツからあふれ出し、椅子を濡らしながら床に落ちていった。
つぼみの失禁は数分に及んだ。
足元には幼稚園児一人の体には入っていたとは思えないぐらいの
大きな水たまりができていた。
「ごめんなさい…ごめんなさい…」
つぼみは泣きながら佐智子に謝った。
「つぼみちゃんが悪いんじゃないの…気にしないで…。」

139 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:32:38
佐智子はこの時罪悪感を感じていた。
(つぼみちゃん、一生懸命我慢していたのに結局おもらしさせてしまった。)
つぼみは隣でしゃくりあげていた。
佐智子はこのとき一つの決心をした。
「つぼみちゃん?」
「…なあに。」
「今日はね…、特別な日なの…。
だから…、つぼみちゃんがおもらしすることは…悪いことじゃないの…。」
そういうと、彼女はギュッと閉じていた足をゆっくりと肩幅ぐらいに広げた。
「特別の日だとね…、大人でもしちゃうんだよ…。」
彼女は目を閉じると下半身の力を緩めた。
すると、パンツの中で温かいものが広がるのを感じた。
それはパンツを濡らし、パンツで抑えきれなかったものは、
外側のピンクのズボンの股の部分の色を濃くしていった。
さらに、つぼみと同じように椅子を濡らし、床に落ちて行った。
佐智子が半日間ため続けていたものはかなりの量だった。
彼女はつぼみよりも大きなみずたまりを作った。
彼女の目から涙がこぼれ落ちた。
「せんせい?」
「先生でもおもらししちゃうの…、だから…
つぼみちゃんがおもらししちゃうのはしょうがない事なんだよ…。」

140 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:33:02
さらに2時間後、ボクは出ないおしっこのために苦しんでいた。
「望ちゃん、大丈夫?」
「ボクね、みんなおもらししちゃってるからボクもしようと思ってるんだ。」
「え?」
「でも、出ないんだ…。ボク、洋式トイレじゃないとおしっこ出ないんだ。」
「…じゃあ、もしかして学校でトイレに行ってないの?」
「うん、行ってないよ。」
「実は…私も学校で行ってないの…行っておけば良かった…。」
優子さんも限界に達していた。もう時間の問題だろう。
「優子さんもしてないんだ…。ボクね、今日の朝、家でトイレが壊れてて…。」
「え?」
「昨日、学校から帰って来たときにトイレに行ったっきりなんだ…。」
「じゃあ、もう丸一日以上行ってないじゃない?」
「うん…だから…おもらしでもいいからおしっこしたい。」
「じゃあ、お腹押してあげるけど、そのまましちゃう?」
「…うん。」
「足でごめんね。」
優子さんは後ろ手に縛られているため、
足を使ってボクのお腹を押してくれることになった。

141 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:33:24
しかし、優子さんが立ち上がろうとしたとき、小さく悲鳴を漏らした。
「イヤ…駄目…出ちゃう…。」
優子さんは前かがみの状態で、そのまま固まった。
やがて、優子さんのスカートの中から液体が落ちてきた。
「ああ…。」
優子さんの足元に水たまりができて、それが広がっていった。
優子さんの永い失禁は数分続いた気がした。
優子さんは目を閉じて、一筋涙をこぼした。
ボクは憧れの優子さんのおもらしを目を凝らして見ていたんだ。
「優子さん…?」
しばらくしてボクは優子さんに声をかけた。
「望ちゃん…ごめんね…我慢できなかった…。」
優子さんは涙声で応えた。
「優子さんは…悪くないよ…。」
「ありがとう…望ちゃんもしちゃおうね…。」
「うん、お願い…。」
優子さんは右足の靴を脱ぐと、足をあげて、
ボクのおへその下あたりにそっと置いた。
優子さんが足を上げた時、スカートの中のスリップとパンツが見えた。
パンツの股の部分は黄色く濡れていた。
(優子さん、ずっと我慢していたんだもんね。しょうがないよね。)
「じゃあ、お腹押すね?」
「うん。」

142 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:34:06
優子さんは足でボクのお腹を押した。
ボクの尿意は急に強くなった。
しかし、出てくるほどではなかった。
「優子さん…もう少し強く押してくれる?」
「分かったわ。」
優子さんはさっきより強く押した。
おしっこが少しだけ出てきた。
パンツに温かいものが広がった。
でも、そこで止まってしまった。
「優子さん、もっと強くできる?」
「じゃあ、思い切りやるけど、痛かったら言ってね。」
「うん。」

143 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:34:37
優子さんは、ボクの下腹部に体重をかけた。
すると、今までどうしても開かなかった、ボクの水門がこじ開けられた気がした。
ボクのパンツの中にさっきとは比較にならないスピードで、
温かいものが広がっていった。
「優子さん…出る。」
しゅう〜〜〜〜〜〜〜
ボクのパンツの中からおしっこがパンツに当たる音が聞こえてきた。
ボクのはいている黄土色のキュロットパンツの股の部分の色が濃くなっていく。
キュロットパンツで抑えきれなかったおしっこが、椅子を濡らして、
さらに床に落ちていき、足元に水たまりを作っていく。
(ああ…おしっこ出てる…おもらししてる…でも…気持ちいい…。)
ボクの丸一日以上ため続けたおしっこは、
下半身のいろんな所を濡らしながら何分も出続けた。
しばらくして、ボクの永いおもらしは終わった。
ボクの目から涙が少しこぼれた。

144 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:35:07
「優子さん…ボクもおもらししちゃった。」
「私も…しちゃった…。」
ボクは目的が達せられて…恥ずかしかったけど…満足した。
でも、優子さんは少しショックを受けているみたいだ。
「さっき、保母さんも言ってたけど、今日は特別の日だからしょうがないよ。」
ボクは、自分の濡れたキュロットパンツを見ながら言った。
「ありがとう…。」

その時、急にある人影がバスの中に入ってきた。
その人影は男たちを一瞬で気絶させてしまった。
人影は優子さんの前に立った。
「優子、大丈夫か?」
「修一…君?」
優子さんはその人が誰だかすぐに分かった。
ボクも、ちょとだけ時間をおいて、その人が誰だか分かった。
山本修一さん…優子さんの幼馴染、今では付き合っているみたいだけど。
昔から、優子さんと一緒にいたけど、
正直、優子さんとは不釣り合いだとボクは思っていた。
優子さん曰く、彼はかなり頑張ってるらしい。
でも、これほど強いなんて知らなかった…。

145 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:35:29
「優子、遅れてごめん。警察がぐずぐずしてるから、勝手に入ってきた。」
修一さんは優子さんの足元を見た。彼はすぐに優子さんの失禁に気付いたみたい。
「優子…お前…。」
「…ごめんなさい、どうしても我慢できなくて…。」
「いや、俺が遅れなければ、こんなことにならなかった。本当にゴメン。」
修一さんは、手を合わせて優子さんに謝った。
「助けてもらった人に、謝らせる権利なんてないわ…。」
優子さんは修一さんに微笑んだ。

ボクはこの二人をうらやましそうに見ていた。

146 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:35:51
この後、男たちは警察に逮捕され、
望たちは警察に保護された。
バスから出るとき、彼女は毛布を腰に巻いて出てきた。
彼女たちは簡単な取り調べを受けた後、そのまま家に送ってもらった。
ここからは、彼女たちのその後を。

優子じゃない方の女子高生は、
あのまま警察に保護されるまで、気を失ったままでいた。
この間、何度か尿を垂れ流していた。
しかし、その後弾丸が顔の横をかすめた恐怖が忘れられず、
しばらく病院に入院をすることになった。

中学生二人は、おもらしの後、
もう一度一緒におもらしをしていた。
助けられた後も、誘拐された恐怖とおもらししたショックが
しばらく抜けないようだったが、
仲良し二人組で、お互い慰めあっていたために、
心の回復はそんなに時間がかからなかった。
事件の晩にふたりともおねしょをしてしまった様だが、
家族が適切に対処してくれたおかげで、それほど心の大きな傷にならなかったようだ。
しばらくすると、おねしょもしなくなった。
唯…時々二人でおもらし遊びをするようになった。

147 名無しさんのおもらし :2011/04/03(日) 23:36:13
つぼみは、先生に言われた、「特別な日」の意味をちゃんと理解していたみたいで、
その後、精神的な異常がみられることはなかった。
唯、幼稚園バスに乗る前にちゃんとトイレに行くようになった。
おそらくこの中で、一番影響が少なかった子だと思われる。

佐智子はつぼみにおもらしをさせてしまったショックがあったようだが、
幼稚園の園長やほかの先生、つぼみの両親からも気にしないように言われたため、
そんなに罪悪感が長引くことはなかった。
しかし、自分がおもらし好きに目覚めてしまい、
時々、自宅で、ズボンの中におもらししているらしい。
そういえば、最近職場でトイレを使用している形跡がない。

望と優子については、また今度にしよう。



148 名無しさんのおもらし :2011/04/04(月) 21:27:19
板は過疎、ある趣味ジャンルの文章方面も不作が久しいとはいえ
書き手が絶滅したわけじゃないんだね

149 名無しさんのおもらし :2011/04/05(火) 18:38:26
最後の一人がいるからねw

150 名無しさんのおもらし :2011/04/05(火) 19:43:33
一人かw

やっぱジャンルのすそ野が広くないと
焼き直しや劣化パクリみたいなものが多くなるのもやむをえない話だな

151 名無しさんのおもらし :2011/04/05(火) 21:39:45
それは一人では無理だなww
誰かよろしくと言わざるをえないw


俺は俺で勝手にやるけどw

152 名無しさんのおもらし :2011/04/06(水) 01:55:19
先細りジャンルというより
先細り個人か

153 あぼ〜ん :あぼ〜ん
あぼ〜ん

154 あぼ〜ん :あぼ〜ん
あぼ〜ん

155 あぼ〜ん :あぼ〜ん
あぼ〜ん

156 名無しさんのおもらし :2013/10/02(水) 20:39:38
パン食い競争で後ろ手に縛られてる女の子を
競技が終わった後も、そのまま放置したい



もちろん、おまたから黄色い液体が染み出してくるまでw

157 名無しさんのおもらし :2013/10/05(土) 22:10:53
彼氏の家に遊びに来ている女の子
今日、家に帰っても誰もいないから泊めてってお願いする
彼氏が少しゴネると、自分のこと好きにしていいから、って言って
結局泊めてもらうことになる
そのまま彼女は制服のブレザーに
ミニスカートのまま寝てしまう

朝起きると、両手が後ろ手に縛られてる
彼氏に今日一日そのままで、って言われる
約束だから、渋々承諾する

両手以外は自由なので、
自由に動き回ったりすることはできる
ごはんは彼に食べさせてもらう

しかし、ここで問題が起こる

おトイレに行きたくなった
厳密には朝起きた時点で尿意があった
しかし、後ろ手に縛られてるので自分で下着を下すことができない
でも、彼氏に頼むのは気に引ける
しょうがないので、我慢することにした

しかし、朝起きてから一日中我慢できるのか?
朝の時点でかなり強かった尿意は
時間が経つごとにさらに強くなっていく

昼ごろ、我慢の限界が来て、
彼に紐をほどいてくれとお願いするが、
却下される

やがて、限界が訪れる

彼女の中に大量にたまった液体が放出し、
下着と靴下を濡らし、足元に水たまりを作ってしまう

結局彼にパンツを脱がされ、
あそこを拭いてもらうことになった

靴下は、洗濯して返してもらったが、
おもらしパンツはそのまま没収された

この日は、後ろ手にしばられたまま彼にスカートめくりされまくった
そして、次の日の彼氏と一緒に出掛けることになった
もちろんノーパンで

158 名無しさんのおもらし :2013/11/01(金) 23:26:55
参照;『5ヶ月越しでやっと塗り終えたという結末・・・』で普通の検索(画像検索ではない)

スマイルプリキュアの5人を監禁して、絵の通り後ろ手に縛って、
半日ぐらい観察したい

一人目はだれだろうか?
また、最後の一人はだれだろうか?

159 あぼ〜ん :あぼ〜ん
あぼ〜ん

160 名無しさんのおもらし :2014/04/29(火) 09:29:57
ttp://video.fc2.com/a/content/20131218hGRZKdXB/&otag=1&tk=TXpNNU9EVTFOVFk9

161 あぼ〜ん :あぼ〜ん
あぼ〜ん

162 あぼ〜ん :あぼ〜ん
あぼ〜ん

163 あぼ〜ん :あぼ〜ん
あぼ〜ん

164 モンクレールメンズカタログ :2014/12/21(日) 13:42:18
http://www.christmas.com.br/ljmoncler/20141221020757moncler222.htmlモンクレール取扱店岡山
モンクレールメンズカタログ http://www.anellisumisura.com/public/File/ljmoncler/20141221061056moncler772.html

165 converse 後背包 :2015/07/11(土) 08:07:40
converse包包
converse 後背包 http://conversetw.nicacan.org/

166 名無しさんのおもらし :2015/07/23(木) 23:23:02
運動会でパン食い競走に参加する女の子を、
運動会の開会前から閉会後まで後ろ手に縛ったままにしておく決まりを作りたい。
お昼ご飯とかは誰かに助けてもらえばいいけれど、
トイレは恥ずかしいので、誰にも助けることができない。
結果6時間ぐらいトイレに行くことができない。
中には我慢できずにおもらししちゃう女の子がいるかもしれない。

後ろ手に縛る時間を開会前日の放課後からにして、
縛られたまま、一夜を過ごして、
次の日はそのまま運動会に参加させれば
おもらしする率はぐんと上がると思うw
むしろ、閉会までおもらししなかったら不戦勝でいいと思うw
当然、その後はおなかのマッサージ
&全校生徒の前でおもらししてもらうで賞が与えられるわけだがw

167 名無しさんのおもらし :2015/07/26(日) 17:34:47
開始前にしてしまって無駄に終わるのが多数だろうな

恥ずかしいといってもそれだけ無茶な状況で
同じ状況の子も何人もいるなら
助けてもらおうとするだろうし

アイデアの練りが甘い

168 名無しさんのおもらし :2015/07/26(日) 19:57:50
じゃあ、良い例をあげてくれw

169 あぼ〜ん :あぼ〜ん
あぼ〜ん

170 あぼ〜ん :あぼ〜ん
あぼ〜ん

171 あぼ〜ん :あぼ〜ん
あぼ〜ん


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

飼育少女(1) (モーニング KC) - 仲川 麻子

KENZEN! マジ、KENZEN!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa