したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

ときメモキャラのお漏らし小説

198 名無しさんのおもらし :2018/02/02(金) 11:26:44
伊集院(結局、他の生徒にはばれなかったようね)
伊集院(まあ、もしばれていたら私設医師団に記憶を消させなければいけなかったし、これでいいでしょう)

伊集院(それにしても催眠の効果は絶大ね。
他の催眠もかけさせてみるか…?)

………………………………………………………

伊集院家 私設医師団

伊集院「ちょっといいかい?」

医師「これはレイ様、何か御用ですか?」

伊集院「ああ、藤崎さんにかけた露出催眠だけど、
思いのほか効果があってね。」

伊集院「実は別の催眠もかけてみたいと思ったんだ」

医師「ほほう、それはそれは。レイ様もお好きですなあ」

伊集院「君たちほどじゃないつもりだけどね」

医師「それで、どんな催眠をかけるんですか?」

伊集院「おもらし催眠を頼むよ」

医師「ほほう………優等生がお漏らしですか」

伊集院「それにおねしょもだ」

医師「ふふふ、本当にお好きですなあ」

………………………………………………………

〜次の日〜

なんだか今日は変だ。すぐにおしっこに行きたくなるし、妙に水分がとりたくなる。

なによりもしお漏らししちゃったら…と思うと胸がドキドキして、お股におしっこじゃない液体があふれ出してしまう。

アソコを見られたくなったり、お漏らししちゃうところを想像して興奮したり…私の体はどうなってしまったんだろう。

詩織は、朝からこまめに水分補給をして、お腹はタポタポだ。けど、3時間目になっても一度もトイレに行っていない。

藤崎「ああ…漏れちゃう漏れちゃうわ…
高校生にもなって人前でお漏らしなんて」

そのとき、伊集院が挙手した。

先生「伊集院君、どうしましたか?」

伊集院「藤崎さんが体調が悪そうなので
保健室に連れて行ってあげても良いでしょうか?」

詩織は、おしっこを我慢しているせいで顔は
赤くなり汗が噴き出している。
それをみた教師も詩織の体調が悪そうだと判断した。

先生「ああ、じゃあ連れて行ってあげてくれ」

伊集院「わかりました。ほら藤崎君、行こう」

藤崎「え…あ…」

藤崎(動いたら漏れちゃう…!!)

伊集院「しょうがない娘だなあキラッ」

伊集院は動けない詩織をお姫さま抱っこで
抱き上げて、連れて行った。
女子から黄色い声が上がる


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

モンスターハンター:ワールド(発売日以降お届け分) - PS4 - カプコン

一狩りいこうぜ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa