したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

★☆ 九州の温泉ニュース ☆★

685 もぐさ :2007/01/12(金) 07:07:29
「混浴」シリーズ24年の歴史に幕 テレ朝系
訪れた温泉85か所に 秘湯ブーム火付け役
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/20070110et04.htm?from=yoltop

 秘湯ブームの火付け役となり、お色気路線の人気も高かったテレビ朝日系の
土曜ワイド劇場「混浴露天風呂連続殺人」シリーズが、20日午後9時から
放送される「ファイナル」で最終回を迎える。24年にわたる長寿シリーズの
軌跡をたどった。(川辺隆司)

 同シリーズは朝日放送(大阪)の制作で、1982年10月の「婚前奥伊豆旅行
“私を鬼女にしたのは誰”」からスタートした。刑事の太郎(古谷一行)と
同僚のかおり(木の実ナナ)が、各地の秘湯を訪れ、殺人事件を解決していく。
引かれ合う2人の恋愛模様を交え、年1〜2回のペースで放送されてきた。

 最終回の26作目で、シリーズに登場する温泉は計85か所に達した。
北海道・屈斜路湖岸の砂湯や鹿児島・屋久島の平内海中温泉など珍しい温泉も
数多く紹介され、ロケ地は全国に及んだ。以前は地元の人たちが利用するだけ
だった秘湯に放送後、全国から温泉ファンが訪れるようになったこともある。

 シリーズの“名物”は、若い女性が素肌を見せる入浴シーン。サブタイトル
にも「那須の殺生石に消えたヌードギャル」、「美乳ギャル奥信濃秘湯ツアー」
など刺激的なものが多く、タイトルに地名を絡めることで、視聴者に旅情を
アピールしてきた。

 最高視聴率は、86年9月の「湯けむりに消えた女三人旅、田沢湖から
乳頭温泉へ…」の28・6%(関東地区)。シリーズ26作は、土曜ワイド劇場
の中でも5番目となる制作数だが、昨年1月の前作「角館〜乳頭温泉〜男鹿愛欲
殺人旅行!混浴外国人留学生秘湯めぐり」も15・2%(同)の視聴率を
記録するなど、好調を維持していた。

 今回、シリーズを終了する理由について、森山浩一プロデューサーは
「全国の温泉をひと通り回り、秘湯ブームのさきがけとなった番組の使命は
終わったかなと思っている。お色気は、終了とは無関係」と話す。

 主演の古谷は「最初の作品を見たら、(木の実)ナナさんもオレも
若いなって……。1回1回の思い出はたくさんあるが、60歳を超えてまで
やるとは思わなかった」と感慨深げ。木の実も「日本人に生まれて良かった、
と思える温泉に出合えた思い出深い作品。最終回は、シリーズの集大成にしたい」
と話している。

ファイナルのあらすじ
 かおり(木の実)の娘の婚約者が箱根の温泉ホテルの跡取り息子だったため、
かおりはホテルへ“偵察”に出かける。機会があれば、かおりにプロポーズ
しようとしている太郎(古谷)も同行する。婚約者の母・雪江(有森也実)が
かおりの知り合いであることが分かり、2人は旧交を温めるが、雪江あてに
脅しとも取れるファクスが届く。

(2007年1月10日 読売新聞)


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

温泉限定★リラックマだららん夢紀行?湯上りでだららん?RKOYANK0451 / 株式会社 StrapyaNext



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa