したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる |

メモ帳

1 わめ★ :2005/09/25(日) 22:01:58
あまりに情報(リンク含む)が多過ぎて、整理しきれなくなってきました。汗

ってことで、このスレを重要URLリンクやメモ代わりに使いたいと思います。^^

2 わめ ◆TJ9qoWuqvA :2005/09/25(日) 22:04:53
軒ちゃんの05/09/22のブログ記事「性格と学会活動への適応について」
http://blog.goo.ne.jp/gehen_584/e/bd23b750353cd0b79bb3bf5abb687135

3 わめ★ :2005/09/26(月) 15:14:35
 あきあこさんのブログの「勧誘するなら○○○食え!3」
http://blog.goo.ne.jp/akiako0322/e/9be1994e46ef4e135004134c376585a2
コメント欄の、選挙違反についてのコメントウォッチ

4 わめ ◆TJ9qoWuqvA :2005/09/29(木) 11:05:32
 シナプスさんっちでのチョンガーさんのご意見。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/6071/1121856872/nt194-195

5 わめ ◆TJ9qoWuqvA :2005/09/29(木) 12:08:16
cocoしゃんの「原始仏教の智慧と大乗の信仰」でのお約束キター♪
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/sports/17142/1094230028/88-n

7 わめ★ :2005/09/29(木) 12:52:42
仏教 − 仏教以外の宗教の教え=縁起・無常・無我『原始仏教の特徴(特異性)』

8 わめ :2005/09/30(金) 14:59:28
ブッダおっさん恐るべしw >「自灯明・法灯明」
http://www.higan.net/mt/archives/000529.html
↑ この解釈(・∀・)ィィ

9 わめ :2005/10/01(土) 14:12:34
あきあこさんのブログの「教えて!nana・・・以外の人」
http://blog.goo.ne.jp/akiako0322/e/0fffc3c8d53c93b93510a16e51b44dac

10 わめ ◆TJ9qoWuqvA :2005/10/08(土) 12:39:51
自立について『日本人探訪』
http://blog.goo.ne.jp/enjoylife_wame/e/f04fb9d18fc23c469d47a214c537c597

12 わめ</b> ◆TJ9qoWuqvA<b>[TRACKBACK] :2005/10/08(土) 12:45:56
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/sports/20126/1118979037/r37

佐倉哲さんの「和の思想と空の思想」から引用
http://www.j-world.com/usr/sakura/japan/wa_and_ku.html

ナーガールジュナ(竜樹)の空の思想

 ナーガールジュナの空の概念は、このブッダの無我の概念を人間だけではなく、すべての存在に適用して、ブッダの思想をより普遍化したものである。だから、空の概念は、よく俗説に言われるように、すべての存在は夢や幻のごとく人間の心のなかにしか存在しない、というような説ではない。そうではなく、変滅する現象の背後に、なおも、ある不変な何ものかを想定しようとする人間の執着、それを否定する思想なのである。
−−−−−−−−−−引用終

13 わめ ◆TJ9qoWuqvA :2005/10/08(土) 21:06:53
 わめの拙いブログコメントを、みれいしゃんのブログの記事にして頂けました。
 光栄です。ぺこ <(_ _)>
http://blog.goo.ne.jp/mirei-2005/e/ae2b6f4b50416c860ac0573b654413dd

14 わめ ◆TJ9qoWuqvA :2006/03/23(木) 15:45:17
EnjoyLifeブログの2005.12.20付記事の『自性・無自性について』のくまりんさんのコメント(2005.12.25)を転載。その一
http://wame.seesaa.net/article/10864702.html

わめさん、こんにちは。
>>この点においてテーラワーダもわめの言う唯一絶対思想、その強信者にはそのような態度が見受けられると思います。

 テーラワーダは議論の俎上に引き上げない限り不特定多数に向かってそのようなことはないと思います。とゆーかさんにしてもいきなり出てきたわけではなく「テーラワーダ仏教で言う障害」でわめさんの批判があったから応えに出て来られたのではないでしょうか。
  
 教団としてのテーラワーダは日本仏教の各派やキリスト教教団とも交流をしていますし、僧伽としての活動はそのスタート時点から社会に適応しており、創価学会のように真面目な信者から集めた財施を批判ではなく罵詈雑言で罵倒した教団への裁判費用ですとか、殺人事件に関与するような噂ですとか、出版妨害事件ですとか、盗聴事件で敗訴して有罪判決を受けるような世俗のルールを破るようなことはしていません。

 とゆーかさんとわめさんとのこちらでの議論はあくまで個人対個人の議論に納まるものではなかったですか。例えば他のテーラワーダの方も今回の議論は承知していたにもかかわらず、とゆーかさんを加勢に発言される方はおられず、あくまでもとゆーかさんとわめさんとの議論と言うことで見守られバトルになるようなことはなかったと思います。これが例えばわめさんのところではなく、わめさんが言われるような「創価バリバリ会員」のブログに僕なりとゆーかさんが出て行ったらおそらくバトルになってこちらが罵詈雑言で罵倒されたことでしょう。2chの創価系の版でも僕の大乗仏教成立に関するエントリに賛意を示してくださったかたがいらっしゃるんですが、他の方の反応をみるととてもじゃないけど発言する気にはなれません。

>>ブッダの真意がどちらの縁起にあるのかは興味深くこの後の議論に期待しています。
 十二支縁起が僕や宮本啓一が言うようにブッダの思想の確信として口伝されたと仮定するならば、スッタニパータなどにみられる「これがあるとき、かれがある。」は「無明があるとき行がある」「無明がなければ行はない」との時間的因果関係を指す十二支縁起のことになると言えます。ブッダの思想は四聖諦にも時間は貫かれており、弟子達によるアビダルマも存続し続ける過去とその自己反省による未来の選択も時間です。また前述の石飛道子によれば「〜がある」「〜がない」という形式を用いる言語世界はブッダの認める「生じ滅する」ダルマだけが代入を許されることになるので生じ滅するダルマとはブッダ財世時の十二支縁起であり、部派の時代になればより細かく記号化されたアビダルマのダルマですからやはり十二支縁起と解釈するべきであると考えます。
Posted by くまりん at 2005年12月25日 16:35

15 わめ ◆TJ9qoWuqvA :2006/03/23(木) 15:47:25
EnjoyLifeブログの2005.12.20付記事の『自性・無自性について』のくまりんさんのコメント(2005.12.25)を転載。その二-1(文字数超過で2回に分割)
http://wame.seesaa.net/article/10864702.html

---つづき
 また時間が止まった空間的な解釈は比丘ではなく一般的なインド民衆に見られる世界観であるので、そうした解釈は大衆部系の文献に見られると岡野潔が「仏陀の永劫回帰信仰」(『 印度学宗教学会 論集』、第17号)という論文で指摘しています。

----------------
このような信仰は、上座部よりも大衆部系の人々において、形而上学的な根拠をもちえたと思われる。『異部宗輪論』(説一切有部 ヴァスミトラ著 引用者補填)によれば、大衆部の教義においては、世間 (loka) と出世間 (lokottara)、すなわち〈輪廻の世界〉と〈それを越えた世界〉という、絶対的に分かれ た2つの世界が、想定されている。現象界(時間の世界)は、虚妄の世界であって、それを越えた世界、法界(永遠の無時間的世界)が、実なる世界である。仏は本来法界に属し、現象界に降りてきた仏は仮の姿にすぎないと主張される。
  中略  
理論的な「報身」説の完成によって、それぞれの過去仏にそれぞれの歴史性を持たせることが理論的に可能となった時、釈迦仏の仏伝は一回的で絶対的なものとなり、他の仏と共通のものではなくなったのである。こうして「報身」の成立によって、仏伝の永遠反復は理論的に、より複雑で矛盾のない学説に克服された。出家の論師たちにとって非時間的仏陀と時間的仏陀の二元論の内包する矛盾に悩む必要はなくなったわけである。その後も、民衆の中には、信仰として単純明快な、永遠反復の法身信仰をもつ者がなお在続していたであろうが、しかし仏教全体の流れから見れば、永遠反復の仏陀観が大衆部から初期大乗にかけて一つの流れとして現われただけで、すぐさま仏教の新しい流れは、久遠釈迦や阿弥陀などの特定の仏への熱狂的な信仰に向かっていったのではないかと思われる。
---------------- http://homepage3.nifty.com/indology/okano1990a-buddha.html

16 わめ ◆TJ9qoWuqvA :2006/03/23(木) 15:47:56
EnjoyLifeブログの2005.12.20付記事の『自性・無自性について』のくまりんさんのコメント(2005.12.25)を転載。その二-2(文字数超過で2回に分割)
http://wame.seesaa.net/article/10864702.html

 引用した岡野論文によればそうした思想はインド土着的なものであり、『本来大衆部の部派に限られる説であったものが(『異部宗輪論』参照)、仏伝文学の流行によって他部派にも広がっていったものである。このために、仏伝は部派を越えて互いに類似するに至ったものと思われるが、同時にそれによって大衆部系統に由来するであろう仏伝の永遠反復説を反映した仏伝の描写が、痕跡あるいは模倣として他部派の発達仏伝の中に残るに至ったと考えられる。』としそれが常に仏弟子のエリートであり時間主義的な歴史性のあるブッダ観を持つ声聞の仏教思想を脅かしたと指摘していますが、その仏教を破壊する時間無視の場所的相互依存性を牽制する為にこそ説一切有部はアビダルマを体系化し、律蔵を増広していったと僕は考えています。また平岡聡の指摘する大衆部系の文献と般若経群の相互依存、影響関係(『説話の考古学 インド仏教説話に秘められた思想』仏教大学提出博士論文の書籍化)を前提にし、ナーガルジュナの伝記に伝えられるようにナーガルジュナが般若経を理解した上で『中論頌』を現したとすれば場所的相互依存性と解釈する佐倉哲のナーガルジュナ理解は正しいことになるけれども、時間的思想としてのブッダの十二支縁起は対立するとは言えないまでも副次的なものとなり、かかる思想の持ち主だったとすれば松本説は退けられることになります。しかし石飛の指摘するようにナーガルジュナはブッダの論理学を理解していたことは否定され得ない(時間的縁起も含まれるとすれば)のでなかなか興味深いところではありますが僕はどちらでもかまいません(笑)。

 またナーガルジュナの伝記よれば彼は強姦を犯していますから有部律では比丘にはなれない人であるけれども大衆部の比丘であるならば、大衆部では悪業は善業を積めば消えるとされ(有部では悪業は善業を積んでも消えないとされる)ているので伝記に記載されていることは矛盾なく成立することになるし、そうなればショペンの言うように有部やニヤーヤ学派に乗り込んで論争を挑んだ『党派心の強い説教術を持つ小さな戦闘的集団の一員で』自らの『論理に基づいて行われる議論を台無しにしてしまった』ことも自然に考えることができます。しかし彼の思想を受け継いでいった比丘達は中観派という確固とした思想の流れを仏教史に記したことは紛う方なき事実です!なぜならば佐倉が指摘するようにアビダルマを実体的なものとして固執して教条主義的な教えにしてしまった比丘が多数いたであろうことは普通に考えても推測できるからです。こうしたエピソードは仏教史をゆたかにすることには間違いがないので賛否はともかく歓迎されるエピソードだと思います。

>>ダルマとは何を指しているかと言うことが分からない
 この場合のダルマとは教義には十二支縁起の各支、五蘊、眼耳鼻舌身の五根と働きを現す五境、四大であり、広義には説一切有部のアビダルマで記号化される五位七十五法、あるいは南方分別説部(テーラーワーダ)のアビダルマ・物質、心、心所の各ダルマを指します。

Posted by くまりん at 2005年12月25日 16:36

17 わめ ◆TJ9qoWuqvA :2006/04/14(金) 15:51:57
goo辞書より『宗教・哲学・科学』の解説

しゅうきょう ―けう 1 【宗教】

(1)神仏などを信じて安らぎを得ようとする心のはたらき。また、神仏の教え。
(2)〔religion〕経験的・合理的に理解し制御することのできないような現象や存在に対し、積極的な意味と価値を与えようとする信念・行動・制度の体系。アニミズム・トーテミズム・シャーマニズムから、ユダヤ教・バラモン教・神道などの民族宗教、さらにキリスト教・仏教・イスラム教などの世界宗教にいたる種々の形態がある。


てつがく 2 0 【哲学】

〔(ギリシヤ) philosophia は知恵への愛・希求の意。西周(にしあまね)の訳語。賢哲の希求を表すために「希哲学」と訳したが、後「哲学」とした〕
(1)世界や人間についての知恵・原理を探究する学問。もと臆見や迷妄を超えた真理認識の学問一般をさしたが、次第に個別諸科学が独立し、通常これらと区別される。存在論(形而上学)、認識論(論理学)、実践論(倫理学)、感性論(美学)などの部門をもつ。
(2)自分自身の経験などから得られた基本的な考え。人生観。
「社長の経営術には一つの―がある」


かがく くわ― 1 【科学】

〔science〕
(1)学問的知識。学。個別の専門分野から成る学問の総称。「分科の学」ないしは「百科の学術」に由来する。
(2)自然や社会など世界の特定領域に関する法則的認識を目指す合理的知識の体系または探究の営み。実験や観察に基づく経験的実証性と論理的推論に基づく体系的整合性をその特徴とする。研究の対象と方法の違いに応じて自然科学・社会科学・人文科学などに分類される。狭義には自然科学を指す。

18 わめ ◆TJ9qoWuqvA :2006/06/05(月) 14:07:59
三ちゃんブログの記事・コメント

【選民】
http://blog.livedoor.jp/s3939/archives/50412988.html
【やりなおし】
http://blog.livedoor.jp/s3939/archives/50417046.html
【文明以前】
http://blog.livedoor.jp/s3939/archives/50421174.html

19 わめ ◆TJ9qoWuqvA :2006/06/05(月) 14:13:32
EnjoyLifeブログの記事・コメント

【Re: 地獄への道は人びとの善意によって舗装されている】
http://wame.seesaa.net/article/16676845.html
【格差社会】
http://wame.seesaa.net/article/18291064.html

20 わめ ◆TJ9qoWuqvA :2006/06/07(水) 12:13:51
三ちゃんブログの記事・コメント

【根本倫理】
http://blog.livedoor.jp/s3939/archives/50423992.html

21 わめ :2006/06/20(火) 16:32:02
みれいしゃんブログの記事・コメント

【欲望と破壊】
http://blog.goo.ne.jp/mirei-2005/e/db08f6abe1b65f73b555ca7d2b5f9474
【日本のカルト宗教問題】
http://blog.goo.ne.jp/mirei-2005/e/4101f99e4cdb37f74d64bf34298df9ab
【討論】
http://blog.goo.ne.jp/mirei-2005/e/c6ab079d34bceb033e4c19aeeeddd19f

22 わめ :2006/06/22(木) 14:29:20
メメさんブログの記事・コメント

【いやな予感と重たいテーマ】
http://inunomeme.blog.ocn.ne.jp/kakarityou/2006/06/post_66ef.html

23 わめ :2006/06/27(火) 16:31:31
メメさんブログの記事・コメント

【アンチ(系)ブログらしからぬ記事】
http://inunomeme.blog.ocn.ne.jp/kakarityou/2006/06/post_73ba.html

24 わめ :2006/07/02(日) 15:55:04
メメさんブログの記事・コメント

【こないだめっちゃ驚いたこと】
http://inunomeme.blog.ocn.ne.jp/kakarityou/2006/07/post_eaa4.html
【この界隈について思う】
http://inunomeme.blog.ocn.ne.jp/kakarityou/2006/07/post_ce48.html

25 わめ :2006/07/14(金) 03:13:26
Libra師匠のサイトより

信仰的模倣時代から理性の時代へ(牧口常三郎)
http://freett.com/Libra0000/024.htm

27 わめ :2006/07/15(土) 17:41:45
Laoさんの哲学の言葉
http://page.freett.com/leo020503/maxim.html

28 わめ :2006/07/30(日) 19:23:47
にっし〜さんのブログの記事・コメント

【僕が考える仏法と他宗の違い】
http://blog.drecom.jp/nisshiey/archive/122

29 わめ ◆TJ9qoWuqvA :2006/09/08(金) 00:44:39
メメさんブログの記事・コメント

【活動と信仰】
http://inunomeme.blog.ocn.ne.jp/kakarityou/2006/09/post_18fb.html

【初の試み】
http://inunomeme.blog.ocn.ne.jp/kakarityou/2006/09/post_78ca.html

30 わめ ◆TJ9qoWuqvA :2006/09/10(日) 11:15:11
フルナさんブログの記事・コメント

【輪廻からの解脱こそ仏教の目的】
http://pub.ne.jp/nonpro/?entry_id=297264

31 わめ ◆TJ9qoWuqvA :2006/09/22(金) 14:59:15
三ちゃんブログの記事・コメント

【教育1】
http://blog.livedoor.jp/s3939/archives/50513834.html


フルナさんブログの記事・コメント

【「生きることは苦」は主観か?】
http://pub.ne.jp/nonpro/?entry_id=331394

33 わめ ◆TJ9qoWuqvA :2006/09/27(水) 14:09:26
メメさんブログの記事・コメント

【「必ず治る」リターンズ】
http://inunomeme.blog.ocn.ne.jp/kakarityou/2006/09/post_f359.html

34 わめ ◆TJ9qoWuqvA :2007/01/22(月) 00:20:54
gizmoさんブログの記事・コメント

【最近のこの界隈に思うこと】
http://gizmo4649.blog31.fc2.com/blog-entry-299.html
【おまえらこそいじめてるじゃねーか】
http://gizmo4649.blog31.fc2.com/blog-entry-301.html
【罰は存在する】
http://gizmo4649.blog31.fc2.com/blog-entry-302.html

35 わめ :2007/02/02(金) 22:26:55
gizmoさんブログの記事・コメント

【幸せならいいんですけど】
http://gizmo4649.blog31.fc2.com/blog-entry-303.html
【もっと柔軟になりましょ】
http://gizmo4649.blog31.fc2.com/blog-entry-304.html
【謝罪するくらいなら最初から書くな】
http://gizmo4649.blog31.fc2.com/blog-entry-305.html
【問題の本質はなにか】
http://gizmo4649.blog31.fc2.com/blog-entry-308.html
【アンチどものやってること】
http://gizmo4649.blog31.fc2.com/blog-entry-309.html
【部分肯定でかまわない】
http://gizmo4649.blog31.fc2.com/blog-entry-311.html

36 わめ ◆TJ9qoWuqvA :2007/03/27(火) 11:45:04
アロエさんブログの記事・コメント

【ニセ宗教】
http://blog.drecom.jp/renoir/archive/320

【相対尺度】
http://blog.drecom.jp/renoir/archive/321

37 わめ ◆TJ9qoWuqvA :2007/05/08(火) 15:34:16
Libra師匠ブログの記事・コメント

【批判的合理主義入門】
http://fallibilism.blog69.fc2.com/blog-entry-9.html


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(2) (ガンガンコミックスONLINE) - 谷川 ニコ

「高校に行けば自然とモテると思っていた。」

そんなふうに考えていた時期が私にもありました。

当然、夏休みだって、ぼっちです。。?

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa