したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる |

試薬の神経系への作用メカニズムの仮説を唱え議論しあうスレッド

1 JWH-774 :2012/06/18(月) 18:14:27 ID:kQuK2bCA0
前に最近のサルビア甘南備をためして思ったことはパニック障害ってあんな感じなのかなと思った。
バッドトリップ=パニック障害?的な

人間てふとしたときに昔の嫌なこととか失敗した事とかを思い出して布団に顔を埋めたくなるときがたまにあるよね
あれは多分ドパミンが不要に流れて起こる視覚性を伴わない記憶のフラッシュバックだよね?
同じ原理でパニック障害も起こるのかなあなどと
パニックも目の前が真っ暗になったり、呼吸器系が乱れたりするよね
あとバランス感覚器障害もあるし凄く似てるとおもったんだがどうだろうか?
サルビア甘南備で時間感覚が無くなる事ってサーカディアンリズムを受容している需要体の感覚不良だと思うんだけどどうだろう?
あと普通の目眩と薬物性の目眩とサイケデリック柄的な目眩のの関連性も気になる

甘南備はいくら仮説を考えれても着地したときにほとんど覚えていないのが難点だね。

以外参考文献
www.jst.go.jp/pr/announce/20100224/index.html


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


危ない薬 / データハウス

日本に(おそらく)初めて2C-Xを持ち込んだ青山先生の人生を薬に掛けた名書。


read.cgi 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa