したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる |

君は僕のeveryting

1 YoonSic :2013/07/21(日) 21:04:28 HOST:i121-115-60-49.s04.a001.ap.plala.or.jp
男女混合仲良しグループ、6人。
この関係を 恋愛で 壊すなんて禁止 ってことくらい、言われなくても わかってる。

2 YoonSic :2013/07/21(日) 21:39:00 HOST:i121-115-60-49.s04.a001.ap.plala.or.jp
「ゆなっ! 主役の衣装完成したよ〜」

ふわっとした白雪姫のドレスを抱えて タタタっと私の元に駆け寄ってきたのは、ゆり。

「わっ、かわいい! いいじゃん! さすがゆり、みっぽに絶対似合うよ〜」

私が頷きながら言うと、ゆりは白い頬をピンクに染めて微笑んだ。

「ありがと。じゃあ、先生に最終チェックしてもらうね。」

そう言うと、ゆりは再びタタタっと去っていった。

彼女は 白浜 ( しらはま ) ゆり。

白い肌で、黒髪のショートカット。高校2年生の純情乙女だが、きりっとした顔立ちが どこか少年の雰囲気を漂わせている。 特技は裁縫。しかし料理に関しては全くのお手上げらしい。


私はゆりを見送ると、M高校の伝統、M高ミュージカル の今年の主役である、みっぽの元へ向かった。


今年のミュージカルの演目は、「白雪姫」。

私は、みっぽ・ゆり・私のクラスである 2-B にみっぽを見つけ、声をかけた。

「みっぽ! 台詞の練習?」


みっぽ こと 島崎 瑞津穂 ( しまざき みずほ ) は、私に気づくと 白雪姫の台本を机の上において頷いた。

みっぽは、なんと言うか、まさにお人形さんのような子。
ゆりと同じくらい白い肌には常に赤みがさしていて、ふわっとした栗色の長い髪。スタイルも抜群、顔や体のどこをとっても100点満点な女の子。もちろん、男子からの人気も高い。

みっぽがぶつぶつと呟いた。

「ほんと、やんなっちゃうよね。私1人の台詞だけで3ページ以上もあるのよ。本番まで あと2ヶ月しかないのに・・・。」

そういって頬を膨らませた。 そういう顔もかわいいのがみっぽだ。

3 YoonSic :2013/07/21(日) 21:56:41 HOST:i121-115-60-49.s04.a001.ap.plala.or.jp
「まあ、いいじゃん。姫はみっぽにしかつとまらないんだから。」

みっぽは優しい笑みを浮かべ、ありがとう と 嬉しそうな声を出した。


タタタっ・・・。 聞き覚えのある足音。 ゆりだ。

「みっぽ!姫の衣装持ってきたよ!着てみてくれる?」

みっぽはドレスを持ってそそくさとカーテンの影に隠れ、ものの2分で白雪姫へと変身した。

ドレスを着たみっぽは、思わずため息をつきたくなるほど綺麗だった。

「みっぽ、かわいい!」「超似合〜う!!!」

ゆりと一緒にみっぽを褒めちぎり、みっぽがそんなことないよ と謙遜しているうち、いつメンの皆が集まってきていた。

1人目は、坂上 篤 ( さかがみ あつし ) 。
日に焼けた肌と、きゅっと締まったスタイル。
女子には優しく、人気もある。顔もまあイケメンなため、みっぽと並ぶととてもお似合い。

2人目、 斉藤 竜也。(さいとう りゅうや、通称 りゅう)
爽やかな笑顔がチャームポイント。篤ほどイケメンじゃないけれど、まあイケてる。篤同様、日に焼けて締まったスタイル。 篤がいるため、女子からの人気は “・・・”

3人目、三神 皐。( みかみ さつき、通称さっつー)
クラス1の情報通。顔やスタイルは普通だが、吸い込まれるような深い瞳と 話の上手さで、そこそこの人気。

4 YoonSic :2013/07/21(日) 22:25:54 HOST:i121-115-60-49.s04.a001.ap.plala.or.jp
「わ、みっぽ綺麗じゃん!」さらっと褒める、あつし。
「 おー・・・、想像通りだな 笑」 ニカッと笑うりゅう。
「その姿、芸能事務所に送っていい?」 i phone片手に、さっつー。


ゆりがキャッと笑う。
「みっぽモテモテ!! 王子役 頑張んないとね、あつし!!!」

「おいおい、その話題に触れんなってー。」
と言いつつもにやけているあつしに、すぐさま野次が飛びかう。

そう、「白雪姫」の王子役は、あつし。
美男美女が主演ということで、M校生徒は 例年以上に、ミュージカルの準備にやる気を見せているのだ。

「てか、この後どうする?誰かの家にいく?」
私がそう切り出すと、みっぽが はあい、と とろけそうな声をあげる。

「私ん家、今日親いないから大丈夫だよー。家来る人ー?」

0.3秒後に、全員の手が挙がる。




そして、私たちはみっぽの部屋に集まっていた。

それぞれお菓子や飲み物を持ちより、プチパーティになってる。

だいぶ盛り上がり、時計の針が9時を指した頃。


「王様ゲームやろうぜ!!!」

あつしだ。

私は、長い茶色の髪をポニーテールにまとめながら、賛同した。

「 ん、楽しそう。」

ほどなく くじが出来上がり、全員が輪になって座った。
あつし、みっぽ、さっつー、ゆり、りゅう、私 の順。

まず、1回目。

王様は・・・。 「( ニヤッ ) 俺だな。」

さっつーだ。

さっつーは2、3秒考え込んだあと、
「1と5が、ディープキス!」

いきなりハード。 えーっ、マジー などの声が飛び交う中、まんざらでもないのか、1のあつしと5のみっぽが向かい合った。

「いきなり美男美女かよ、やるね〜さっつー。」
りゅうが私に向かってウインクする。

私は返事代わりにクスリと笑うと、みっぽに言った。

「ミュージカルの練習だと思って! ね。 (笑)」

「なにわらってんのよ、ゆな〜。」


そして、あつしがみっぽの顎をくいっと上げる。



「んっ、 はぁ、 ん・・・・・・・」

みっぽが喘ぐ。


クチュッ、クチャッ、ンッ、ヌチャッ、クチャッ・・・・・・・


「ンッ、はあ、あン、はぁん、 んっ・・・・・・・。」


5分以上の、長いねっとりとしたキス。
2人が唇を離すと、イヤらしくよだれが糸を引いていた。

5 YoonSic :2013/07/21(日) 22:30:04 HOST:i121-115-60-49.s04.a001.ap.plala.or.jp
しばらくの沈黙。


そしてー・・・。 また、あつしがみっぽにキスをした。


さっき以上にエロいキス・・・。

「んンっ、ンはあっ、あっ、ん、ん・・・・・・・」




クチャッ、ペチャっ、チュ・・・。 クチャ、ヌチャっ、、、、




「 はあん、あん、 やン・・・。 ぁはん、ぁぅん、っは・・・。」



みっぽの喘ぐ声もだんだんと激しくなっていく。

6 名無しさん :2013/09/29(日) 21:26:59 HOST:wb78proxy04.ezweb.ne.jp
↑↑↑↑

7 ピーチ :2013/11/17(日) 10:26:30 HOST:zaq31fa4bd0.zaq.ne.jp
こんにちは(*_*)♪♪
あたしピーチで〜す♪

当スレ名は、みっちゃんみちみちウンコスレッドと申します(*_*)♪♪


みっちゃんみっちみちウンコた〜れて〜♪
テッシュがないから手で拭いた〜♪

ちゃん♪ちゃん♪ちゃんちゃんちゃん♪
みっちゃんのおしり〜♪

大人のみっちゃん毛がはえた〜♪
昔はツルンツルンだったのに〜♪
今では毛がボウボウ!



8 ピーチ :2013/11/17(日) 10:27:14 HOST:zaq31fa4bd0.zaq.ne.jp
ここクソスレなので
クソの歌を歌ってみました

目には目を
クソにはクソを
宜しくね(*_*)♪♪★☆

9 ピーチ :2013/11/17(日) 10:28:29 HOST:zaq31fa4bd0.zaq.ne.jp
千春どこいっちゃんだろうね〜?(*_*)(*_*)(*_*)
☆☆☆☆♪♪★☆♪

10 ピーチ :2013/11/17(日) 10:29:44 HOST:zaq31fa4bd0.zaq.ne.jp
心愛さんいないの〜?♪♪
あたしさみし〜(泣)

最近ここ つまらない掲示板ばっかだからさ〜♪
もうちょっとマシなスレ立てられないの〜?

11 ピーチ :2013/11/17(日) 10:32:16 HOST:zaq31fa4bd0.zaq.ne.jp
こんにちは(*_*)♪♪☆☆☆♪
あたしピーチで〜す♪
心愛さん元気・・・?っていないじゃん(*_*)(*_*)(*_*)

心愛さんいないの〜?♪♪
あたしさみし〜よ(泣)
またはなそーよ〜♪♪ww☆☆♡♡♡♪(*_*)(^_-)-☆

なんか最近、荒らしが多いようですが・・・
そういうのは無視しましょうね(*_*)♪♪

最近ここ つまらない掲示板ばっかだからさ〜♪
もうちょっとマシなスレ立てられないの〜



当スレ名は、みっちゃんみちみちウンコスレッドと申します(*_*)♪♪

みっちゃんみっちみちウンコた〜れて〜♪
テッシュがないから手で拭いた〜♪

ちゃん♪ちゃん♪ちゃんちゃんちゃん♪
みっちゃんのおしり〜♪

大人のみっちゃん毛がはえた〜♪
み〜んな大好きみっちゃんのおしり〜♪


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

ポケットモンスターホワイト2 - 任天堂


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa