したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

農学部<6>

435 名無しの香大生さん :2019/05/26(日) 06:39:41 ID:Pa54QlsI
                         
・朝鮮人の「コンバージョンセラピー」の手口(1) 
<コリジョン=キャンペーン>
                            
 コリジョンとは「衝突」という意味です。標的となる人物(ターゲット)の行動を邪魔する行為の総称です。
ターゲットが移動する際に、人、自転車、バイク、車でぶつかったり、行く手を遮ったり、
ターゲットとすれすれの位置を通り過ぎて、その人の前に出て止まってみたり、お店のレジ、駅の改札、
販売機等に並ぶ際にターゲットの前に割り込む、といった行為が挙げられます。
 組織的ストーカー活動の黒幕の指揮の下、数百人、数千人単位でこれを行うことで、
ターゲットの自由意志を奪い、発狂させることが可能。後述の「アンカリング」と組み合わせると
効果が倍増します。
                              
・コンバージョンセラピーの手口(2) 「アンカリング」

 アンカリングとは、「条件付け」という意味です。自殺強要ストーキングでは、日常的に存在する人の仕草、
音、物、光等の「条件」をターゲットの意識に植え付け、「狙われているという意識」を被害者に持たせます。
 例えば、NY と書かれたTシャツや帽子をストーカー集団の構成員みんなで着用し、ターゲットの回りを、
長期間(50年以上)、継続的にうろうろすることで、自殺や殺人事件を引き起こすほどの怒りや恐怖を、
ターゲット=被害者に与えることが可能です。
 朝鮮人警察官の間でも実際に活用されている手法で、日本人を計画的に苛立たせ、犯罪を起こさせた後に
逮捕するというテクニックが、警察組織を乗っ取っている朝鮮人警察官のグループにおいて確立されています。
 朝鮮人工作員が医師免許無しで医療行為を行っているように見えますが、第三者から分かりにくく、
立証するのが難しいので、日本人が医師法違反の刑事告発をしても、朝鮮人検察官から相手にされませんし、
刑事裁判で被害者日本人が被害を主張しても、朝鮮人裁判官から無視され、判決には影響を与えないです。
 朝鮮人のプロ工作員、朝鮮人警察官、朝鮮人検察官、朝鮮人裁判官が、朝鮮人黒幕(指令役)の指揮の下、
日本人ターゲットに危害を加えるテクニックです。

・平野達彦「集団ストーカーされた」
・寺内カフ「集団ストーカーされた」
・引寺利明「集団ストーカーされた」
 ------
・デービット・カッツ「集団ストーカーされた」
・スティーブン・パドック「集団ストーカーされた」
・ウラジスラフ・ロスリャコフ「集団ストーカーされた」
・ロバート・バウアース「集団ストーカーされた」
・イエンス・R「集団ストーカーされた」
・イアン・ロング「集団ストーカーされた」
・豪のソマリア人「集団ストーカーされた」
・藤井裕幸「集団ストーカーされた」
・サンパウロの寿司職人「集団ストーカーされた」
・シェリフ・シェカット「集団ストーカーされた」
・ビクトリア駅「集団ストーカーされた」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

さぬきうどん全店制覇攻略本2011-12年版 / 株式会社あわわ



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板