したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

架空戦記系ネタの書き込み その110

1 名無しさん :2019/06/18(火) 15:00:14 HOST:p2939235-ipngn201004osakachuo.osaka.ocn.ne.jp
このスレは単発ネタも含める関係上、スレタイトルを『中編以上のネタの書き込み【架空戦記版】』から改名いたしました。
そのため単発ネタもOKとなりました。
ですので、単発・連載・嘘予告等を問わす、ミリタリー分多めのネタは、こちらに書き込んでください。
※例:史実準拠の歴史を歩む世界への転生・介入等

憂鬱世界内でのネタ、漫画・アニメ・ファンタジー等の別世界への転生・介入等は、『ネタの書きこみ』へどうぞ。
そこから同一のネタを題材とした投稿が(個人、複数人問わず)連続する場合は『中編以上のネタの書き込み』へどうぞ。

日本大陸に関するネタは『日本大陸を考察・ネタスレ』へどうぞ。
青の軌跡やガンダム関係に関しては『【青の軌跡】ガンダム総合スレ【憂鬱ガンダム】』へどうぞ。
コードギアスと憂鬱とのクロスは『提督たちの憂鬱×コードギアス ネタSSスレ』へどうぞ。

その他個別ネタスレがあるジャンルは、個別ジャンルのネタスレへどうぞ。

ネタ内容に関係のない雑談・議論、現代の事件・政治等に関する話題は『雑談スレ』にお願いいたします。


投稿にあたってはマナーを守り、常識の範囲内でお願いいたします。
二次創作にあたってはルールのあるものもありますので(例:らいとすたっふルール2004等)そちらも参照ください。
※ 投稿にあたっては下記注意事項をよく読み、それに則りお願いする次第です。

デン氏作成「中編以上のネタの書き込み用 規則12条 -   Ver1.03」更新2015年10月30日

――このスレには注意すべき事や規則があります。以下の文をお読みになり承諾できる方のみお読み・書き込みしてください。

1.ここは中編以上のネタ用スレなので様々な話が長期に渡って飛び交う可能性があります。場合によっては個人的に好きな内容や嫌いな内容が出る事がありますので、それらを覚悟した上でお読み・書き込みをしてください。
2.ここは中編以上のネタ用スレなので「少々の議論」はともかく、「本格的過ぎる議論」や「相手の価値観を潰す議論」は絶対にしないでください。
  以前それが原因で話が失速や潰れたりしています。冷静かつ楽しく書き込みを行って下さい。
3.ここでの話題はネタスレで中編以上のネタスレへの移行が推奨された話題のみです。それ以外の話題についてはネタスレに書き込むようお願いいたします。
4.「不適切発言」や「暴言」、「高圧的な発言」はしないでください。
5.ネタSSを投稿する際は出来るだけ、前持って投稿宣言をして下さい。いきなりですと動揺や迷惑、SSの分断の元になる可能性がありますのでご協力をお願い致します。
6.ネタSSは原則何でもご自由ですが「生々し過ぎる・性的・残酷すぎる」SSは禁止です。それらを守れれば「自重しないSS」はOkです。後は七つ目を読み、警告を入れましょう。
7.ネタSSが人を選ぶ様な場合はSSの最初に警告で目立つ様に表示してください。
  また、ウィキに搭載しても良い場合は警告の時に一緒に供述してください。またこのSSに限り何か禁止、許可したい場合なども警告に一緒に供述してください。
8.他作者の二次創作関連の話は慎重に取り扱いましょう。荒れる可能性が高く、他作者のファンの皆様の機嫌を損なう可能性があります。十分気をつけましょう。
9.産業作品や他作者の二次創作関連も含め、批評などは「きちんとした理由」なしに書き込まないようにしましょう。
  元々二次創作などは炎上しやすく、些細な事でここの掲示板に多大な迷惑をかける可能性が高いです。そこら辺もよく考えた上で書き込みましょう。
10.新規SSを投稿する際には議論の混乱を避けるため2015年時点で最も議論されている戦後夢幻会世界か、そうではない全く別の作品かを明記しましょう。
11.戦後夢幻会世界についての新規SSを投稿なさる際には議論の混乱を避けるためにひゅうが様・yukikaze様のルートがベースか否か、又はお二方とは異なるルートかを明記しましょう。
12.みんなで仲良く話しましょう。

前スレ その109> ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/9191/1555734255/

2 名無しさん :2019/06/18(火) 15:03:02 HOST:p2939235-ipngn201004osakachuo.osaka.ocn.ne.jp
次スレは>>980が立てること、できない場合はスレ作成を依頼して下さい。

架空戦記系ネタの書き込み

その108>ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/9191/1550931428/
その107 ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/9191/1543674916/
その106ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/9191/1540043074/
その105ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/9191/1536483023/
その100:ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/9191/1520937565/
( 中 略 )
その83:ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/9191/1485991411/ ←現在のタイトルに変更

旧題:『中編以上のネタの書き込み【架空戦記版】』
その82:ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/9191/1484464169/
( 中 略 )
その1:ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/9191/1405263128/

―――――【日企連ネタに関するガイドライン】―――――

大日本企業連合が史実世界にログインしたようです -注意事項あるいはガイドラインのようなもの(仮)-

【はじめに】
本作は「ネタの書きこみスレ73」からスタートした、earth氏原作の仮想戦記である「提督たちの憂鬱」および、
フロムソフトウェアから発売された3Dメカアクションゲーム・シミュレーションゲーム「アーマードコア(以下AC)」シリーズ、
特に「アーマードコア4(以下AC4)」「アーマードコア for Answer(以下ACfA)」を題材とした二次創作となります。

史実の歴史を変えるという趣旨であり、中編・長編となりつつあったためにネタスレから移転しました。
作者(弥次郎)の能力が及ぶ範疇でリアル路線で進行する予定ではありますが、史実の未来に位置するAC4世界の企業であり
転生者達の集まりである「夢幻会」がバックに存在する「大日本企業連合」が並行世界の史実に対して介入するネタということもあり、
どうしても完全なリアル系仮想戦記にはならないと思われます。作者(弥次郎)も努力は続ける所存ですが、
架空戦記スレの主流と言える戦後憂鬱夢幻会ネタとは性質が異なります。その違いについてはなにとぞご容赦ください。

【支援ネタなどについて】
本編の投下場所の変更に伴い、支援ネタやIFルート、一発ネタなどもこの仮想戦記スレに投下していただきますようお願いします。
また、支援ネタなどを投下する際にはその旨をタイトルに表記するか注意書きをしていただけると幸いです。
支援ネタについてはあまり制約は設けませんが、著しく本編の流れから乖離するネタは「IFルート」などと表記していただきたく思います。
そこら辺については質問や議論を交わしたうえ投下していただければ、混乱を招かずに済むと思われます。

【議論について】
議論をする際には「日企連ネタについて〜」「ACfAネタの〜」など、どのネタについての議論であるかを分かりやすくし、
スレの住人の混乱を可能な限り避けられるようにお願いします。人間であるためにうっかり忘れることもありえますので、
もし忘れた場合でも軽く注意しあう程度で納めていただきたいです。ACと企業という理不尽を放り込んだ仮想戦記について、
歴代のACを楽しんだ方も、あまり詳しくは知らないという方も、あるいはこれからACを操って戦場に赴こうと考える方も、
みんなで楽しく議論することが目的です。喧嘩をすると仲裁のために「ちょっとお手伝い」をします。

また、この作品は思い付きで書いた一発ネタから始まり、議論を交わしながら徐々に世界観を拡大したため、
設定に若干矛盾やまだ議論がなされていない部分があります。逆に言えば世界観についてまだまだ議論が出来る余地があるので、
今後もスレの住人の皆様と議論を深めていこうと思います。

前述のようにこの架空戦記は前述のように完全なリアル系ではなくSF要素を交えた架空戦記となります。
よって、世界中で常に進歩や発展が続いており、さらに西暦2000年代から200年ほどは未来の企業ということもあり、
現実ではまだSFの範疇にある技術(例えば放射能の除去 ナノマシン 高効率の水素燃料 AC アームズフォートなど)も、
長年の技術蓄積によって現実化しているという推測の上でこのシリーズは成り立っております。
あまり難しく考えすぎても諍いやスレの空気の悪化を招くだけかと思われます。
このスレの>>1に表記された注意事項とこのガイドラインの内容も理解の上で議論をお願いします。

【その他】
これまでのネタについては、あるいはかわされた議論が知りたいという方は「ネタの書きこみスレ」の過去スレを遡るか、
提督たちの憂鬱wikiの「ネタの書き込み」から「ACfa、ACE COMBAT ZERO」へと進んでいただきますと閲覧できます。

4 名無しさん :2019/06/21(金) 10:13:05 HOST:KD182251197159.au-net.ne.jp
乙です。

戦後世界では零戦の改良も改悪とか何とか言われる事もなく、艦上戦闘機として正しく進化していったと評価されてるわな。
航続距離? 短くなるのは仕方ないね。

5 名無しさん :2019/06/21(金) 11:17:01 HOST:sp49-98-77-168.mse.spmode.ne.jp
>>4
たぶん、S井だけはボロクソに言いそう。

6 名無しさん :2019/06/21(金) 12:05:46 HOST:softbank126141255111.bbtec.net
零戦での成功体験が強すぎて、負傷によって欠点だけが際立つ前に戦場から離脱しましたからね
本人の技量も際立っていた事でそれが認識できなかったのが不幸

7 名無しさん :2019/06/21(金) 12:10:08 HOST:softbank126141255111.bbtec.net
S氏の年代は、日本海軍が丁寧にワンオフ作品宜しく操縦士を育成していたから、日本海軍でも上澄み中の上澄みの技量の持ち主だけだった

8 名無しさん :2019/06/21(金) 12:14:10 HOST:sp49-98-77-168.mse.spmode.ne.jp
後は、空母Sの隊員だった、H氏くらいですかね?
あの有名なベテラン52型と新米21型を証言したのは

9 名無しさん :2019/06/21(金) 12:58:45 HOST:KD182251197159.au-net.ne.jp
だがまあ、戦後世界では坂井氏のそういうあかん部分も是正されてるしな?

10 700 :2019/06/21(金) 13:11:18 HOST:KD119105029058.ppp-bb.dion.ne.jp
>>零戦での成功体験
S氏の20mm機銃のションベン弾評価も実は零戦の機体強度の問題らしいことが判明していますからね。
#同じ銃を装備する雷電ではそのような評価が見られないことから。

元同僚S氏の発言にもあるけど、敵が弱かったときしか知らないと言われても仕方がないよね。

11 名無しさん :2019/06/21(金) 15:01:12 HOST:sp49-98-77-168.mse.spmode.ne.jp
>>9
桜花乗りになって音速戦士になるか、隼に乗って色々言われるかのどっちかである

12 ひゅうが :2019/06/21(金) 18:36:40 HOST:p282211-ipngn200204kouchi.kochi.ocn.ne.jp
とりあえずうちの方では「ちくしょういつか〇してやる」と某飛行機狂にこき使われてますので何か言う暇ないですね
ついでに本土防空戦でも一度落とされてますし、戦後では某危ない結社の広告塔なんてやってないです
ぶっちゃけ笹井中尉生き残ってますからたぶん頭が上がらんでしょうなぁ
それ以上に某飛行機狂がトラウマ植え付けてるはずですが

13 ひゅうが :2019/06/21(金) 18:51:12 HOST:p282211-ipngn200204kouchi.kochi.ocn.ne.jp
あと、ふと思った
「B-29対策に30ミリ機関砲が、それについで30ミリ無撃針信管(空気信管)つき榴弾仕様が配備される」とかいいですよね(邪笑)
高度1万に上がってきた烈風改(yukikaze氏案と拙著共通)が、信管重量分だけ火薬重量が増したうえで飛んでくるわけですから
薄殻榴弾ほどとはいきませんけど弾丸重量378グラム対弾頭火薬重量15グラムとか16グラムと、史実の倍くらいはできそうです(MK108とかだと330グラム)

14 ひゅうが :2019/06/21(金) 18:57:49 HOST:p282211-ipngn200204kouchi.kochi.ocn.ne.jp
(ヤバい。この話題前に何度もやってる気がする…若年性のがはじまってしまったか)

15 トゥ!ヘァ! :2019/06/21(金) 19:54:30 HOST:FL1-122-131-248-133.kng.mesh.ad.jp
まあ当分話題にしていない話だと自分でも忘れることは珍しくないですから…

16 名無しさん :2019/06/21(金) 20:01:56 HOST:dhcp70149.orihime.ne.jp
坂井さん、本土防空戦に参加してたんすか……

17 リラックス :2019/06/21(金) 20:49:28 HOST:119-228-10-186f1.hyg1.eonet.ne.jp
大丈夫大丈夫、何時間も雑談していたら同じ日でも3回くらい同じ話題ループすることもあるんだから

昨日かそれより前にした雑談の内容なんて忘れずにいる方が難しいですって

18 ひゅうが :2019/06/21(金) 20:56:26 HOST:p282211-ipngn200204kouchi.kochi.ocn.ne.jp
>>16
テストパイロットも投入される時代ですからね

19 名無しさん :2019/06/21(金) 20:57:30 HOST:opt-183-176-206-177.client.pikara.ne.jp
たぶん、桜花に乗った関係で、後世の創作で
幼女戦記みたくに、ロケット発射物やらされる。

20 トゥ!ヘァ! :2019/06/21(金) 20:58:57 HOST:FL1-122-131-248-133.kng.mesh.ad.jp
そらまあ本土の防空となったら手当たり次第に動員するしかないでしょうしなぁ。

21 700 :2019/06/21(金) 21:04:55 HOST:KD119105029058.ppp-bb.dion.ne.jp
>>18
S氏が人間関係の険悪化によりテストパイロットなら問題なかろうと三四三飛行隊から横空にトレードされたときに横空側が、うちはテストだけやってれば良い部隊じゃないって文句付けたらしいからね。
それで三四三側はもう一人人員を提供して2対1トレードで横空に納得してもらったとか。
#戦争末期の人手不足の折にそこまでして放り出したい人員ってよっぽどだな。

22 名無しさん :2019/06/21(金) 21:09:26 HOST:dhcp70149.orihime.ne.jp
>>21
ところでわざわざS氏と伏せ字にする意味も無いと思うんだがどう思う?

23 ham ◆sneo5SWWRw :2019/06/21(金) 21:12:17 HOST:dw49-106-188-15.m-zone.jp
立て乙です。

24 700 :2019/06/21(金) 21:14:19 HOST:KD119105029058.ppp-bb.dion.ne.jp
>>22
気に障ったら申し訳ない。
最初の書き込み(>>5-7)がS氏表記だったものでそのまま使ってた。

25 名無しさん :2019/06/21(金) 21:20:54 HOST:sp49-98-77-168.mse.spmode.ne.jp
ファンだった人もいますからなあ。
あくまでね

26 名無しさん :2019/06/21(金) 21:23:31 HOST:p601188-ipngn200607kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp
坂井氏嫌われてるなぁ

27 名無しさん :2019/06/21(金) 21:27:37 HOST:KD124215169144.ppp-bb.dion.ne.jp
ネット時代以前の有名人ですからね彼は
時代小説を史実と誤認される国民作家を司馬史観と言われる様に評価逆転は珍しくない

28 名無しさん :2019/06/21(金) 21:30:16 HOST:FL1-118-108-57-122.myg.mesh.ad.jp
エースパイロットだったのは間違いなく
そうして生き残れる我の強さがあったということだろうなぁ
個人的には功罪はっきりしただけで過度に貶めるほどじゃないと思う

29 名無しさん :2019/06/21(金) 22:26:07 HOST:210-194-52-243.rev.home.ne.jp
俺もそう思う、西沢や笹井とか死んでいく中で生き延びたのは充分凄いと思う

30 名無しさん :2019/06/21(金) 22:30:24 HOST:sp49-98-77-168.mse.spmode.ne.jp
日中から生き延びた人といえば
進藤とか、岩本とか、岩井とかぐらい?
激戦区も経て

31 名無しさん :2019/06/21(金) 22:33:10 HOST:ai126198030056.60.access-internet.ne.jp
 Twitterでノンフィクションの戦史を記録している方が生前に取材した時、水木しげる先生と坂井氏の対談で

「戦争ってのはね、勝たなきゃいかんのですよ(中略)勝たなきゃ子供は見てくれない」

みたいな発言をして、水木先生が大いに感心されたそうです。

 で、自著でも負け戦の話はかなり端折られたとも。

32 名無しさん :2019/06/21(金) 22:36:56 HOST:sp49-98-77-168.mse.spmode.ne.jp
調べてみたら、零戦の初空戦にも参加し
終戦まで生き延び、今もなお、存命な人
三上一禧がいるらしい。

なお、御年は101歳

33 名無しさん :2019/06/21(金) 22:50:54 HOST:KD124215169144.ppp-bb.dion.ne.jp
伊吹氏の氷山空母でゼロ戦大和の無敵評価に疑問符を付けるのも目的の一つと言っていたが
ワンショットライターも大空のサムライでも読んだ記憶が無いが誰が言いだしたのか
米軍記録の掘り出しでこれも評価が逆転した話の一つだな

34 yukikaze :2019/06/21(金) 23:14:56 HOST:156.82.0.110.ap.seikyou.ne.jp
坂井氏については、拙作世界では紆余曲折を経て、海軍航空隊よりも陸軍航空隊において
評価高いという状況でしたからねえ・・・
何だかんだ言って理論派でもある赤松はまだ戦後も国防空軍で生き抜けたでしょうが
この人については、隼3型という彼にとっては最良の機体に巡り合ったが故に
国防空軍でも浮いちゃうの確実ですし。

一時期はヘリコプター乗りにしようかとも思ったのですが、これもイメージできるかと言えば
難しく、今ですら「ほんとどうしようこの人。悪い連中にあたらないようにする位か」しか思い浮かばないのが実情。

とんでもなくワンチャンで、国防空軍のアクロバット飛行チームの一員位でしょうかねえ。
これならまだ機材の問題から、テキサンとか使えますしねえ。

35 ひゅうが :2019/06/21(金) 23:19:05 HOST:p282211-ipngn200204kouchi.kochi.ocn.ne.jp
うちでも扱いに困りましたっけね
飛行機狂の部下として延々とこき使われました、とかで周囲に色々言われないようにするのがいいかなと思っています
この人、暇してるとフラフラ悪い方にいってしまうものの誰かアクの強いか紳士然とした人間の下についたら真面目に仕事して本人も周囲も幸せになるタイプに見えますから

36 名無しさん :2019/06/21(金) 23:23:14 HOST:dhcp70149.orihime.ne.jp
アクの強い人:倉崎重蔵氏 紳士然とした人:堀越二郎氏あたり?

37 名無しさん :2019/06/21(金) 23:23:19 HOST:KD124215169144.ppp-bb.dion.ne.jp
本人曰く現代だったら暴走族になっていたと言っちゃうような人だし
戦後は復員してタクシーやトラックの運転手として平穏で幸せな余生を過ごすのも良いかのかも

頭の上がらない上官が多く生き残っていると大空のサムライの執筆も難しいか
結構書類も焼却処分されずに残って史料的価値も低そうだし

38 名無しさん :2019/06/21(金) 23:32:16 HOST:FL1-122-132-198-56.tky.mesh.ad.jp
別にバカにするわけじゃないけどさ、坂井氏のように戦争で名を上げても死ぬときに死ねんと悲惨なのよね
yukikaze氏とひゅうが氏が言うように扱い困るのよ、マジで
戦後に空軍に放り込めんし、他所行かれても困る、おまけに本人が問題起こすので目を離せないと面倒な人すぎてな

39 名無しさん :2019/06/21(金) 23:35:15 HOST:softbank126002159065.bbtec.net
馬鹿にしている人は今でも案外多くはない
零戦で64機撃墜は立派な数字だし、戦闘機パイロットとしては純粋にすごいと思う

40 名無しさん :2019/06/21(金) 23:37:47 HOST:dhcp70149.orihime.ne.jp
WW2でも5〜10機撃墜して最後まで生き残る事が出来たら、戦闘機パイロットとしては本当に立派な物だしな。

41 リラックス :2019/06/22(土) 00:17:05 HOST:119-228-10-186f1.hyg1.eonet.ne.jp
だからこそ下手な扱いも出来ないもんで扱いに困るという……

赤く塗って武装を外したエアレース用の機体に乗せて……とか、 もしくはブルーインパルス早めに作ってそこで、とか妄想はするけども

42 ひゅうが :2019/06/22(土) 00:28:16 HOST:p282211-ipngn200204kouchi.kochi.ocn.ne.jp
平穏なルートでは航空写真家としてヘリとか早めに生まれたパラグライダーに乗ってもらうとか考えてましたな

43 名無しさん :2019/06/22(土) 01:05:26 HOST:210-194-52-243.rev.home.ne.jp
淵田「じゃけん、宗教家になりましょうねぇ」
柴田「んだんだ」

44 名無しさん :2019/06/22(土) 01:18:15 HOST:230.116070173.m-net.ne.jp
そもそも彼が有名になったのってAP通信が日本軍のエースの話を聞きたいって話があって、
「際立って目立つ存在でもないエース」で東京在住のS氏に話が行って、そこかららしいので、
戦後世界の場合下手に目立ってるせいで取材自体、別の人になるんじゃないかな…。

45 名無しさん :2019/06/22(土) 05:03:20 HOST:sp49-98-77-168.mse.spmode.ne.jp
>>39
いや、この64機という数字は宮本武蔵の勝負数からとっていると自著に
書かれていて実際にいくつ落としたかは別なのよ。

単独で落としたと思われたB17も実は別の戦区で
零戦の追撃から逃れてたのを止めを刺した感じで
よってたかってようやく落ちたのが実業だったりと
調べたら辻褄合わないってのがざらにある
(まあ、今ほど資料が豊富ではなかったから仕方ない面もある。)

46 700 :2019/06/22(土) 12:13:35 HOST:KD119105029058.ppp-bb.dion.ne.jp
海軍は会戦全体で何機落としたかの記録はしても個人の戦果を記録していないですしね。
個人の公式撃墜数なんてものは存在しないとか。
そもそも戦果主張が実態とかけ離れているのは今昔、洋の東西、陸海空を問わずですし。

47 yukikaze :2019/06/22(土) 15:17:59 HOST:156.82.0.110.ap.seikyou.ne.jp
拙作世界だと、坂井はレイテでの陸軍の失態のお蔭で、「陸海協調の象徴」
的な扱いにされてしまいましたからねえ<プロパガンダ映画まで作られましたし。
更に言えば、撃墜数で言えば54機で、日本海軍で15位以内、陸軍まで含めると30位前後
なんだけど、ブラシウを皮切りに、フレミングやトーマス・マクガイアといったエースを撃墜し
最後の空戦では、マクガイアの復讐に燃えるボング率いる1個中隊の待ち伏せ(ちなみにこの時の
ボングの行動は、一騎打ちをやるようにアナウンスしてからの、数の暴力による復讐だったので、
名声を完全に失っています。)、連合国のパイロットから『赤い尾翼のオスカーはエースキラー』
と宣伝されるレベルでしたし。

なのでまあ、拙作世界では、戦争終了前から名前が知られている訳です。<坂井
お蔭で、21型や隼3型を褒める発言やら、大村空等での態度から、彼を毛嫌いする
海軍パイロットも多く(特に坂井と犬猿の仲になっていた杉田は酷評している。ちなみに
撃墜数は杉田が上)、微妙な影を落としていました。

48 名無しさん :2019/06/22(土) 15:48:20 HOST:opt-183-176-206-177.client.pikara.ne.jp
西沢が150機撃墜記録残したりするかな?
後、岩本哲三の202機も

49 陣龍 :2019/06/22(土) 15:51:04 HOST:124-241-072-147.pool.fctv.ne.jp
言っては何ですが、適性が零戦系に完全特化していた体質と幸運なのか不幸なのか分からん巡り合わせの結果で名が広まった部分が大きいので、
もし仮に雷電とか紫電改に何の違和感無く機種転換が出来ていたら、此処まで大々的に有名になる事は無かったんじゃ無いかなぁと…>坂井

50 yukikaze :2019/06/22(土) 20:04:38 HOST:156.82.0.110.ap.seikyou.ne.jp
>>48
海軍だと、西沢と岩本が160機程度。
笹井と赤松が120機程度と言ったとこですかねえ・・・
菅野や杉田、武藤クラスが80〜100機程度。

>>49
機種転換が上手くいった場合は、まあ西沢の影に隠れていたかと。
ちなみに上に挙げた撃墜王集団。大抵は海軍や空軍に就職したりしています。

51 名無しさん :2019/06/22(土) 22:48:28 HOST:210-194-52-243.rev.home.ne.jp
陸攻乗りは民間にいって旅客機飛ばしてそうだな、かつては彗星を飛ばしてましたが今はサヴェージ飛ばしてますなんて笑えねえ話もあるかも

そういや戦後憂鬱は核配備上等な世論なんだよね

52 yukikaze :2019/06/22(土) 23:06:50 HOST:156.82.0.110.ap.seikyou.ne.jp
>>51
拙作世界だとイエス。
まあソ連べったりな共産党残党や社会党左派とかは「日本が朝鮮戦争なんぞに
派兵したから云々」とか宣伝した(ちなみに新左翼とマスメディアのアカかぶれも同様)
んだけど、これまでのソ連と半島のやらかしのお蔭で「アカどもの言うことなんざ信じる訳ねえだろうが」と
核配備やむなしの声が圧倒的多数になっている。(一部強硬派は独自の核戦力保持を主張)

皮肉にも、アメリカが即座に報復核攻撃したお蔭で「核の傘」理論が実証されたんですよねえ。
ついでにいえば、戦後も政治的信頼性を得ていた海軍による管理という点も、国民からの
支持を得ることになりました。

53 名無しさん :2019/06/22(土) 23:10:29 HOST:p2939235-ipngn201004osakachuo.osaka.ocn.ne.jp
試される大地民「ソ連の核は綺麗な核とか、それ俺達の前で言えるの?」
言ってもいいけど最悪の場合は魚の餌かな

54 リラックス :2019/06/22(土) 23:28:55 HOST:119-228-10-186f1.hyg1.eonet.ne.jp
現地の移動中に凶暴な獣に襲われる痛ましい事件とか起きるかもしれんね

55 名無しさん :2019/06/22(土) 23:55:10 HOST:ai126165030153.73.access-internet.ne.jp
警察「何て兇暴な熊なんだ。みろ、このアカの切り傷。まるで日本刀でバッサリ袈裟懸けにされたみてぇだ」

56 ひゅうが :2019/06/23(日) 01:49:39 HOST:p282211-ipngn200204kouchi.kochi.ocn.ne.jp
よし決めたぞ
拙作の坂井三郎氏は、渡米後の縁で米軍からの払い下げを受け戦後にヘリパイロットに転身して報道ヘリの草分け的な存在に(史実の東〇航空っぽい感じで)
しかし腐れ縁から三菱の飛行機狂からは逃れられず、また偉くなった元同僚や上官に目をつけられていたこともあっていろいろ苦労をさせられたことにしておきましょう
具体的には…国防軍御用達の活動に手を貸させられたり、観艦式のビデオ制作の委託やらされたりして
そして片手間ではじめた航空写真家としての方が名を知られたりすると。そしてネット時代になって過去の黒歴史発掘されたりするのだ

これなら嫌いな元部下をコキ使える人々も、またわりと便利な人間を使える彼に好意的な元上官や同僚たちもニッコリ
彼も懐があったかくなりみんなしあわせだ!
???「畜生。俺は空へ戻りたかっただけなのに」

57 名無しさん :2019/06/23(日) 02:02:21 HOST:softbank126224181028.bbtec.net
シレっと実写版戦国国防軍のヘリパイロットとして登場しませんかねぇw
劇場版戦国自衛隊の陸自パイロット役の人、役者さんではなく本物のベテラン(飛行時間1万時間越え)ヘリパイロットだったのは有名な話

58 名無しさん :2019/06/23(日) 04:32:41 HOST:KD124215169144.ppp-bb.dion.ne.jp
そのままアメリカに渡って小型機で農薬散布やアクロ飛行
またはエアレースに参加した方が幸せだったのに(ホロリ)

59 名無しさん :2019/06/23(日) 06:28:43 HOST:ai126244071008.61.access-internet.ne.jp
 独立記念日な映画で、エリア51上空の宇宙船に農薬散布用の複葉機にミサイルを括りつけて突撃する役のモデルにされそう。

60 名無しさん :2019/06/23(日) 07:40:29 HOST:p601188-ipngn200607kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp
救難航空団やドクターヘリの創設メンバーあたりの方が疎まれなくて良いかも

61 名無しさん :2019/06/23(日) 09:10:55 HOST:dhcp70149.orihime.ne.jp
>>56
愚痴を零しながらもそれでも空を飛び続けたのは、純粋に空を飛ぶ事への欲だけが残ったからでしょうか? だとしたら素敵な話ですねw

62 名無しさん :2019/06/23(日) 09:26:12 HOST:sp49-98-77-168.mse.spmode.ne.jp
>>59
レストア整備してた零戦か隼にのって
UFOばったばったおとしてそう
そんなに好きならという意味で

63 加賀 :2019/06/23(日) 09:44:43 HOST:om126179242017.19.openmobile.ne.jp
うちの坂井さんは憑依者が憑依してるので負傷での離脱や杉田との確執は今のところ無い状態ですね。
撃墜数は60機程度ではありますが、坂井(憑依者)にとって撃墜数よりも列機を一人も死なせないようにしていたのでむしろ空中指揮官としての才能が開花した感じです(今のところ)

64 yukikaze :2019/06/23(日) 13:54:51 HOST:123.82.0.110.ap.seikyou.ne.jp
まあうちはそうですねえ・・・
佐賀県出身者ですんで、戦争終了後に佐賀に帰郷。
色々あって、国防空軍に入隊しましたが、ジェットにあわなかったことや
旧海軍からの出向者グループで、坂井を嫌っていた面々からの誹謗中傷に
よるトラブルから、嫌気がさして退役。(国防空軍に所属のままだと
太田中尉の親友の活躍を「警察予備隊時代に出来た救難隊で大分ご活躍されたそう」
と、伝聞形式で伝えないことから)

で・・・退役時には40代だったので、戦闘機パイロットは諦めざるを得ず、どうすんべと
思っていたところ、ANAに「うちに来ない?」ということで就職。
ANAにしてみれば『撃墜王坂井』の宣伝効果は大きく、坂井はこの手の客寄せパンダに内心
嫌な気分になったものの、生活のこともあって我慢することに。(で・・・旧海軍の坂井アンチが騒ぐ)

ANAにおいては、戦闘機と全く勝手の違う大型機の操縦などできる訳ない事から(訓練すればできるだろうが
当然時間がかかる)、もっぱらセスナ機による遊覧飛行のパイロットになります。
これが大ウケし(何度も言うが、坂井は史実よりも著名な戦闘機乗りである。この人に勝てるのは、
加藤建夫か、彼の上官の笹井と日本海軍撃墜数第一位の西沢、日本最強の撃墜王 上坊良太郎陸軍大尉位である)
ANA退職までセスナ機の機長として活躍することになります。

ANA退職後は、悠々自適の生活を行うことに。
これは、この時点でも親交の合った笹井や高田から「お前さんは名声がありすぎるから、都合よく使おうと
する人間が後を絶たないので、きちんとした紹介状の無い出版社やクラス会以外には
関わるな」と、釘を指されたこともあって、史実のようなねずみ講トラブルにも巻き込まれることなく
天寿を全うすることになります。

ちなみに戦後は、旧飛行第13戦隊や旧台南空の面々とは交際を続けていましたが、旧203空に関しては
関係修復が困難になっており(坂井自身は自分の自業自得と、戦前の自身の非を認めていたのですが、
旧203空の面々が意固地になっていた点が大きい。ただし、坂井を国防空軍から追い出したのもこの
面々であり、そのことで大批判を受けた点も大きく、旧203空も自業自得と言っていいのだが)、
笹井や西沢の死去後は、完全に海軍とは没交渉になっています。(坂井の葬式に、当時生き残っていた
陸軍航空隊の関係者は多数参列したのに、海軍は数えるレベルでしかなく、空軍は坂井に敬意を表して
鎮魂の為のデモフライトしたのに対し、海軍は全く無視(空軍に移動した笹井や西沢にはしているの
だから猶更)という扱いでした。)

65 名無しさん :2019/06/23(日) 15:43:11 HOST:dw49-106-188-66.m-zone.jp
>>55

「何で熊の爪で傷が一筋なんだ?」

66 名無しさん :2019/06/23(日) 15:52:14 HOST:opt-115-30-204-189.client.pikara.ne.jp
>>65
勘のいい大人は嫌いだよ(パーン)

67 名無しさん :2019/06/23(日) 16:31:17 HOST:sp49-98-152-236.msd.spmode.ne.jp
>>64
海軍に所属したままの旧海軍のエースパイロットって岩本や杉田以外誰だろう?

68 名無しさん :2019/06/23(日) 16:32:08 HOST:opt-115-30-204-189.client.pikara.ne.jp
そういや、空母あるから、海軍のままでもいいのか。
岩井勉とか?

69 ひゅうが :2019/06/23(日) 17:01:39 HOST:p282211-ipngn200204kouchi.kochi.ocn.ne.jp
意固地ですなぁ…
男の嫉妬というのは国も焼くレベルの深いものになりかねないからしょうがないですけど
拙著の方では弔電が米空軍とか某ご存命の世界一速い男氏からも届いたりしているでしょう
あとはむしろ、攻撃機とか爆撃機乗りの人からの方がわだかまりなさそうですな

70 名無しさん :2019/06/23(日) 18:49:14 HOST:FL1-122-132-198-56.tky.mesh.ad.jp
南郷茂章とかも生きそうだが、史実通りに死んでそうやな

71 名無しさん :2019/06/23(日) 18:52:55 HOST:opt-115-30-204-189.client.pikara.ne.jp
逆に史実では生きていた人が戦死するのもあり得るんだろうなあと

72 名無しさん :2019/06/23(日) 18:53:56 HOST:210-194-52-243.rev.home.ne.jp
村田が生き延びて、江草が死ぬとかもありそう

73 名無しさん :2019/06/23(日) 20:13:59 HOST:bai9536cb17.bai.ne.jp
江草も史実ではあ号作戦時に銀河に搭乗して奇襲攻撃敢行したけど撃退されて戦死している
それを記録したアメリカの戦闘報告で、彼の死は太平洋戦争の最後の問題である練達の勇士の時代が、大量火器の時代に取って代わられた象徴と記されているから少なくともこれを書いた人は何かしら思うところがあったっぽい

74 名無しさん :2019/06/23(日) 20:35:57 HOST:opt-115-30-204-189.client.pikara.ne.jp
江草もレーダーが発達したことから、低空飛行で逃れるすべはないからと
理解してたから、不得意な雷撃で挑んだんだよなあ。結果はアメリカ側の報告に

低空奇襲攻撃する寸前までは完ぺきだった。その後の攻撃方法がちぐはぐで下手糞だった

なんて書いちゃってるからなあ。

75 yukikaze :2019/06/23(日) 21:10:45 HOST:123.82.0.110.ap.seikyou.ne.jp
>>59
個人的には『内務省VS旧陸軍参謀本部』の国防陸軍及び『海軍基地航空隊VS陸軍航空隊』の
国防空軍での暗闘は凄いことになっていたと思います。
前者の場合は、これにプラスして、官僚将軍との間での暗闘もあったでしょうから、
組織として当初から一枚岩だったの、阿部提督が牛耳っていた海軍だけだったんじゃないかなあと。

ついでにいえば、国防省の次官や課長級ポストについて、旧内務官僚の暗躍はあっただろうなあと。
で・・・鳩山辺りがそれをうまく利用しようとして、最終的に枢機卿事件での岸の失脚で、民主党系
官僚層が壊滅して、旧軍系列の派閥の勝利になったんじゃないかなあと。

76 yukikaze :2019/06/23(日) 21:34:52 HOST:123.82.0.110.ap.seikyou.ne.jp
>>75
間違えた。>>59じゃなくて>>69ですね。

77 名無しさん :2019/06/23(日) 21:45:54 HOST:210-194-52-243.rev.home.ne.jp
旧軍の悪癖か…まあそうすぐ払拭されるわけじゃないか、空の抑え出来る人…源田…ダメだ…野中…多分中央は無理…あ、いねえ

78 トゥ!ヘァ! :2019/06/23(日) 22:44:02 HOST:FL1-122-131-248-133.kng.mesh.ad.jp
この手の内部争いは日本だけではなく、世界各国の組織で見られることですしね。

珍しい事ではないと言ってしまえばそれまでですが…

79 yukikaze :2019/06/23(日) 22:53:51 HOST:123.82.0.110.ap.seikyou.ne.jp
>>77
正直源田はまだマシかと。
あの人、流行に飛びつきやすい人ですけど、バカではないのと
根回しできる人なので、参謀がマシなら間違ったことはしないです。

最終的には黒江や笹井が抑えるんでしょうけど。

80 名無しさん :2019/06/23(日) 23:24:28 HOST:210-194-52-243.rev.home.ne.jp
笹井や加藤もいるから源田もあんま迂闊な真似できないか

81 名無しさん :2019/06/23(日) 23:40:03 HOST:KD124215169144.ppp-bb.dion.ne.jp
黒江さんは釣り事故を防ぐためにもライフジャケットを常備して貰おう(釣りキチ三平脳)

参謀か
むしろそっちの方で使えるのが居るのだろうか
史実ネームドで碌なのが居ねえ
突撃バカの神さん?

82 名無しさん :2019/06/24(月) 01:23:26 HOST:softbank126141200176.bbtec.net
殆どの無名参謀程「目立たず黙々と自分の仕事をやっている」んでしょう。悪名も有名も上がらない位に

83 名無しさん :2019/06/24(月) 08:00:03 HOST:KD124215169144.ppp-bb.dion.ne.jp
考えてみたら南雲艦隊の時は源田本人が参謀だった>ストッパーが居ねぇ

84 ham ◆sneo5SWWRw :2019/06/24(月) 19:17:51 HOST:sp1-75-241-48.msb.spmode.ne.jp
そういえば、俄か煎餅さんのハリファックス転生ネタで思ったのだが、もしイギリスが銀相場崩壊等の世界恐慌の被害を回避するにはどうすれば良かったのかな?

85 名無しさん :2019/06/24(月) 20:29:19 HOST:FL1-119-239-191-151.fko.mesh.ad.jp
あの世界大恐慌の影響もあるし、金本位制を誰がいつ離脱するか、それによる貨幣供給量の乱高下なんて要因もあるし防ぐの無理だと思うよ
要員となるファクターが大物過ぎる上に多過ぎる

86 リラックス :2019/06/24(月) 21:01:53 HOST:pw126245006001.16.panda-world.ne.jp
速やかにブロック経済を構築すればいけるかもだけど、こんなもん彼一人でどうこうなるとは思えんしな

87 トゥ!ヘァ! :2019/06/24(月) 21:17:49 HOST:FL1-122-131-248-133.kng.mesh.ad.jp
結局のところ遅かれ早かれで如何に被害を減らすかくらいしかできんでしょうからなぁ。

88 名無しさん :2019/06/24(月) 22:49:01 HOST:FL1-119-239-191-151.fko.mesh.ad.jp
とりあえず、さっさと金本位制を捨てるところから始めるのは確定
貨幣価値、貨幣供給量を、たった数種の貴金属に縛られるのは自縛プレイに過ぎん

それから、過剰投資で暴騰した株式市場が墜落する事は最早避けられないから、自国だけでも危機が起こる前から冒険が過ぎる投機の抑制、それから、暴落後の貸し渋り、貸し剥がし問題も止めないと結局どうにもならん
金利上げ、貨幣供給量増大によるポンド安政策、関税引き上げとか併用して、何とかして国内経済回す方向模索しないと何やっても厳しいんじゃなかろうか

89 名無しさん :2019/06/24(月) 22:50:32 HOST:p2939235-ipngn201004osakachuo.osaka.ocn.ne.jp
どこまで日本の蚕食を許容するかとかでもだいぶ変わりますしね

90 名無しさん :2019/06/25(火) 12:27:47 HOST:softbank126141253107.bbtec.net
当時の日本円に非兌換紙幣としての価値をどれほど持たせられるか

91 ham ◆sneo5SWWRw :2019/06/25(火) 19:55:17 HOST:sp1-75-241-167.msb.spmode.ne.jp
やっぱり金本位制が鍵になりますか。

仮に、ハリファックス以外にも転生者がいるイギリス版夢幻会ルートなら、第一次大戦後からの金本位制復帰阻止を行うのと、銀相場崩壊での夢幻会の荒稼ぎ阻止くらいかな?

夢幻会はイギリスの銀相場崩壊でも荒稼ぎしていたから。

92 名無しさん :2019/06/25(火) 20:22:19 HOST:FL1-119-239-191-151.fko.mesh.ad.jp
その気になればどこぞの百貨店が造った商品券すら貨幣代わりになりますぞ
その商品券があれば当店で5ポンド分の品物を買えますなら、英国発行の正規5ポンド紙幣とほぼ全く同じ働きをする
確か大恐慌時代にアメリカでどこぞのデパートの商品券が紙幣代わりの流通に成功したとかいう話を聴いた事があるような
どこぞの企業が造った、兌換も糞も無い紙切れですらこの有様
従って、政府がそれは百円札です百円の価値がありますと断言してればそれだけでその紙切れは百円に化けられるのだ

金貨から貨幣が登場した直後の時代ならさておき、大戦前夜や戦間期ともなると兌換する必要性はとうに失われていた事になる


確か金本位制復帰はボールドウィン内閣のチャーチルがやった事だったな
となるとこの時期のチャーチルを冷遇する必要があるのか 絶対暴走するぞ、チャーチルは
そして基軸通貨の地位を奪われつつあるポンドに金融業界が怯えた事もこの後押しだから、この不安をどう解消するかも問題だな
史実日本円が基軸でも何でもないのに信用を得ている事を考えたら別に基軸通貨の地位に執着する必要など無いのは明白なのだが、これをどう理詰めで説得するか
それに、対外投資したがる投資家達(=金持ち)をどう納得させるのかも大きな問題点だ
インフレ政策でポンド安を作れば、輸出増大が見込めて貿易収支は改善出来る だが、対外投資の旨味は減る グレートブリテンじゃなくてアメリカばかりを眺めている投資家達をどうやって対外投資を国内投資に誘導するのかも難しい話だ

93 名無しさん :2019/06/25(火) 21:02:57 HOST:softbank126159219016.bbtec.net
国がいくら言っても、実際に使用する側の人間がその貨幣を信用しなければインフレが起こる
終戦直後ののハイパーインフレみたいな極端な変化は起こりにくくても、昭和40年代と50年代では明らかに1万円の価値が変わったしね
統計を取り始めた昭和40年のサラリーマンの平均年収が44万円、昭和50年が200万円

94 名無しさん :2019/06/25(火) 22:09:19 HOST:210-194-52-243.rev.home.ne.jp
戦後憂鬱でサヴェージ使っていたけど、スカイウォーリアとヴィジランティって運用したのかな?
まあ合同訓練でそれらが着艦したぐらいかな?

ふと思ったが、この世界のファイナルカウントダウンってマリアナやレイテ編みたいなのありそう

95 名無しさん :2019/06/26(水) 06:47:49 HOST:KD182251197140.au-net.ne.jp
>>94
A-3まで。A-5は当時の日本では手に負えない。高過ぎる。
つーかあんな物を50年代に開発開始出来るべいてー様は頭おかしい。

96 名無しさん :2019/06/26(水) 07:47:09 HOST:i218-230-254-219.s42.a038.ap.plala.or.jp
A-3使ってたっけ? A-2→A-4という流れだったような

97 名無しさん :2019/06/26(水) 08:22:38 HOST:KD182251108097.au-net.ne.jp
シェアしている核報復手段が空母機動部隊に委ねられてるから
A-3までは運用していたような気が……あれ?

98 名無しさん :2019/06/26(水) 08:26:34 HOST:dhcp81123.orihime.ne.jp
核攻撃機がA-3しか無い時期は信濃の甲板にダメージを与えながらA-3を使うしかないという結論は大分昔に出ていた。

99 名無しさん :2019/06/26(水) 11:24:42 HOST:KD124215169144.ppp-bb.dion.ne.jp
ファイナルカウントダウン レイテ、マリアナ編
反応弾付き対艦ミサイルで大破するカール・ヴィンソン>みらいジパングと混じった映画になった

トップガンもアグレッサーのF-5から日米合同演習でのF-1の映像を使いそう>ロシア機に近いデザイン

この世界は世界の工場になっていないからハリウッドも中華マネーに汚染されていないのか
作風や登場人物もだいぶ変わるな
最近のニュースを見るとサッチャーさんを嗾けて香港を英国領のままにさせたいな

100 名無しさん :2019/06/26(水) 12:22:55 HOST:softbank126140206019.bbtec.net
戦後夢幻会版ランボーみたいなのとか

101 名無しさん :2019/06/26(水) 12:32:14 HOST:KD182251108097.au-net.ne.jp
カンボジアに行った米軍はベトナムと違ってアメリカンジャスティスの体現者になったから
不当な扱いはされ難いという話が以前あったな

102 名無しさん :2019/06/26(水) 12:51:00 HOST:softbank126140206019.bbtec.net
確かそのランボーの敵が中華系で、史実映画ではランボーを追い詰めた町の人たちと一緒にその中華系マフィア(だったか)と戦ったんだっけ?

103 名無しさん :2019/06/26(水) 19:44:57 HOST:211.198.214.202.rev.vmobile.jp
ランボーは泣きながら勲章授与を拒否するランボーとこれまた泣きながら勲章を授与しようとする制服組のシーンがあったと思う。
方や子供を殺した勲章と国家に忠を尽くした軍人に報いる為に

104 トゥ!ヘァ! :2019/06/26(水) 19:57:35 HOST:FL1-122-131-248-133.kng.mesh.ad.jp
お通夜みたいな授賞式だ…

105 陣龍 :2019/06/26(水) 20:10:42 HOST:124-241-072-147.pool.fctv.ne.jp
>>102
そしてわきを固めるもう一人が沖縄か硫黄島帰りのサラリーマンだったとか

>>103-104
実際あの世界だと同様の事例が有ったでしょうからねぇ…紛れもなく暴虐と人類悪の権化を叩き潰す正義の戦争、
だけど戦う相手は本国だと学校に通って勉強や遊んでたりする様な年頃の子供達。

その少年兵を殺さなければ、自分か戦友が死ぬ。でも、銃を持って殺しに来る相手は誤魔化しようの無い子供…
中国への怒りだけで取り繕えないですなぁ、こんなのって

106 名無しさん :2019/06/26(水) 20:12:19 HOST:FL1-111-169-1-224.tym.mesh.ad.jp
アメリカンジャスティスを成し遂げた勲章ものの活躍をした兵士をいつもの様に英雄扱い、がカンボジアの経験で発症したPTSDにダイレクトアタックかます事になり精神的に負担がかかる。
自分たちは英雄じゃないやったのは只の子供殺しだと叫ぶ兵士、でも英雄として扱わないと兵士に対する保障の大義名分が得られないので無理矢理でも勲章を渡す上層部。
お祭り騒ぎだった後方も現場の実態が明らかになるにつれて派手に褒め称えるの自重、自分たちは彼らに何ができるのかを考えるようになる。

って感じだったよね戦後世界のカンボジア紛争。

107 リラックス :2019/06/26(水) 20:15:17 HOST:119-228-10-186f1.hyg1.eonet.ne.jp
自分を殺そうとしていたのを撃ち殺される前に撃ち殺したら、そいつが偶々子供のような年齢だっただけだとか、そんな風に割り切れるようになってしまったら色々と取り返しのつかないものを失ってしまってる気がしますもんね……

108 名無しさん :2019/06/26(水) 20:22:59 HOST:FL1-111-169-1-224.tym.mesh.ad.jp
そこまでくると味方を誤認で殺しても「互いに運が悪かったな」で終わらせそうだなぁ

109 トゥ!ヘァ! :2019/06/26(水) 20:25:04 HOST:FL1-122-131-248-133.kng.mesh.ad.jp
子供殺したって批判する奴らもいるでしょうしね。史実よりはマシかもしれませんが。

110 陣龍 :2019/06/26(水) 20:27:34 HOST:124-241-072-147.pool.fctv.ne.jp
>>106
ほぼその様な流れでしたね。アメリカ議会で『これが嘘だったらどれだけ良かった事か!』と涙と本気の叫びによる糾弾、
そして事実を知って半乱狂になったソ連も中共を全力で糾弾した事で、世界はこのカンボジアの惨劇を知った感じで

>>107
無理矢理割り切ってしまったとしても、ふと子供を見たら瞬間的に自身が子供を射殺した光景や記憶がフラッシュバックしてきたりとかで、
文字通り一生涯付き纏う消える事無き傷跡になるでしょうしね……カンボジアに行ったアメリカ兵は、中世的な虐殺上等皆殺し上等メンタルの兵士じゃ無くて、
極一般的な近代社会で生きるお父さんや息子たちですから、余計にね

111 名無しさん :2019/06/26(水) 20:27:40 HOST:FL1-111-169-1-224.tym.mesh.ad.jp
そう言って貶したら「あんたは分ってるな、その通りだったんだ」とか笑い返されたりして困惑するのだろうか。

112 トゥ!ヘァ! :2019/06/26(水) 20:36:18 HOST:FL1-122-131-248-133.kng.mesh.ad.jp
困惑する輩を図に乗って更に叩こうとする輩に別れると思われ。

前者は善意で非難していた人々で後者は単純にそれが仕事が、人を叩くことが好きな連中かと。

113 リラックス :2019/06/26(水) 20:44:41 HOST:119-228-10-186f1.hyg1.eonet.ne.jp
そういう連中なら「開き直り?」って言うと思う。

114 名無しさん :2019/06/26(水) 20:45:39 HOST:opt-115-30-204-189.client.pikara.ne.jp
ユキカゼさん設定の坂井さん設定で
もっさんにすると、海軍所属なのに
陸軍制服を着て、隼をのるウィッチになりそうだな。

まあ、ストパンではハルカが穴吹さんが好きすぎて
海軍所属なのに穴吹が履いていた疾風乗ってるしな

115 名無しさん :2019/06/26(水) 20:47:08 HOST:FL1-111-169-1-224.tym.mesh.ad.jp
精神を大分病んだ人だと「こいつは英雄扱いしない、自分の理解者だ!」と思って仲良くなって面倒な運動に利用されそうだからそこら辺もキッチリするかな?

116 トゥ!ヘァ! :2019/06/26(水) 20:48:14 HOST:FL1-122-131-248-133.kng.mesh.ad.jp
そら逆にそれで更に病む人もいるでしょうからね。
PTSD全般の治療へ米国が総力挙げて取り組むのなら、兵士たちへの批判に関しても最大限庇護するかと。

117 ひゅうが :2019/06/26(水) 20:54:56 HOST:p282211-ipngn200204kouchi.kochi.ocn.ne.jp
WW2で史実以上にPTSD量産されてなければヤバいとこでした(戦時体制のもとであのアメリカの学習能力が精神の傷についての研究に作用した模様)

118 トゥ!ヘァ! :2019/06/26(水) 20:55:56 HOST:FL1-122-131-248-133.kng.mesh.ad.jp
学習したことを捨てない米国様は強い(確信)

なお史実では割と構築したノウハウや学習を戦争終わったとたんにシステムごとポイッすることも多かった模様。

119 陣龍 :2019/06/26(水) 20:58:46 HOST:124-241-072-147.pool.fctv.ne.jp
レイテの艦砲射撃による一方的蹂躙とか、各諸島での日本陸軍の異常なまでの頑強過ぎる抵抗で、
他国じゃとっくに失血死する規模の戦死傷者を出しましたしなぁ、アメリカ……

120 名無しさん :2019/06/26(水) 21:19:14 HOST:opt-115-30-204-189.client.pikara.ne.jp
スターリン「まだ、いけるじゃないかね。」←減らしすぎて後遺症発生してます

121 名無しさん :2019/06/26(水) 21:38:15 HOST:115-36-228-163.chubu1.commufa.jp
太平洋だけWW2なのにほぼ現代ドクトリンで総力戦やってたからね

122 ひゅうが :2019/06/26(水) 21:49:26 HOST:p282211-ipngn200204kouchi.kochi.ocn.ne.jp
>>120
あの太平洋の惨状を見て、欧州戦線の戦略爆撃祭りとそれによるマックの進撃を見たら欧州方面で現状維持か防衛に徹してアジアで攻勢に出る決断しても無理もないと思うの
史実ではアメリカにビビって牽制目的で朝鮮戦争に仕掛けたから、結局はロシア的な被害妄想ゆえの侵略性の発露ともいえるけど

123 加賀 :2019/06/29(土) 20:44:28 HOST:softbank126094209144.bbtec.net



「五戦隊司令官ですか……?しかし早くありませんか?」
「人が足らないというのが本音だ。クラ湾で君が育てた三水戦司令部は全滅したからな」
「それに五戦隊は兵器等更新してるよ」




 1943年7月10日、海軍水雷学校長だった橋本は再び前線勤務となりラバウルに停泊する甲巡『妙高』に司令官旗が掲げられる事になる。

「それで自分に何をしろと?」
「なに、五戦隊を率いてソロモン方面の撤退を支援してほしい」

 ラバウルでまだ外南洋部隊(第八艦隊司令長官)の三川中将は橋本の問いにそう答えた。

「今はコロンバンガラ島の撤退支援をしているが……どうやら敵さんは島への兵力増強だと睨んでいる。そのため三水戦で一掃してから撤退……という事だったんだが……」
「負けた……というわけですね」
「まぁ……そうなるな」

 三川中将は頭をかいた。

「秋山少将は電探を使いきれなかった。それが敗因だな」

 三川はそう言い切るが三水戦側を擁護するとすれば電探が故障していた事もあった。当初、三水戦旗艦『新月』には22号水上電探も搭載していたがクラ湾に向かう途中で故障してしまったのだ。そのため、秋山は見張り員の目を信じる事にしたのだが見張り員の目より米軍のレーダーが上回っていた。
 三水戦は第36.1任務群に敗北、旗艦『新月』と『長月』は撃沈され他の艦艇も大なり小なりの損傷をしてしまうのである。

「古賀長官の協力も得て、外南洋は五戦隊と七戦隊の増強を受けた。此処で敵に打撃を与えて一気にブーゲンヴィル島まで撤退する」
「分かりました。確かショートランドには例の部隊がいましたね?」
「あぁ、彼等か」
「彼等の力が必要です」

 斯くして橋本達は動き出す。7月15日、五戦隊と二水戦はコロンバンガラ島沖合いへ進出した。

「ジャップめ、性懲りもなく来やがったか」

 旗艦『ホノルル』にてエインスワース少将はニヤリと笑う。エインスワース少将は前回のクラ湾夜戦での戦法から「前衛駆逐艦の雷撃後にレーダー射撃を行い、一斉回頭後に後衛駆逐艦を突撃させる」戦法に変更していた。しかし、配下の乙巡『リアンダー』は28ノットしか出せないので部隊は28ノットで航行していた。
 後少しと思っていた矢先、徐々に聞こえてくる飛行機の爆音にエインスワース少将は驚愕する。

「馬鹿な!? レーダーは何をしている!!」
「そ、それがレーダーも補足していないと……」
「ま……まさかジャップ……」

 エインスワース少将はその答えに到達した時、飛行機の爆音はそこまで迫っていたのであった。

「全くめ……人使いが荒い三川中将だぜ」

 ショートランド水上基地に配属された第634海軍航空隊の瑞雲のパイロットはニヤリと笑いながら機体を上昇させる。

「ほらよ、土産だ!!」

 瑞雲から投下されたのは吊光弾だった。吊光弾は第36.1任務群の全てを照らす事は無理だった(そらそうだ。この状態ですら奇跡なのだ)が前衛駆逐艦群を照らす事には成功した。

124 加賀 :2019/06/29(土) 20:45:15 HOST:softbank126094209144.bbtec.net
「宴会の始まりだァ!!」

 前衛駆逐艦群を攻撃したのは低空飛行をしていた瑞雲17機である。腹には250キロ爆弾を抱えており、20ミリ機銃を乱射しながら投下した。深夜なので命中したのは二発だけだったが五戦隊と二水戦はそれを見逃さなかった。

「目標、炎上中の敵駆逐艦!!」
「砲撃始めェ!!」

 『妙高』『羽黒』は砲撃を開始、二隻に搭載されていた22号水上電探改四はその性能を遺憾無く発揮した。

「初弾命中!!」
(やったか……)

 見張り員からの報告に橋本はニヤリと笑う。二隻の猛射により前衛駆逐艦の『ニコラス』『オバノン』『ラドフォード』は大破した。(後に自沈)
 これを見ていたエインスワース少将は怯むことなく砲撃を開始させた。

「レーダー技術は此方が上だ!!」

 乙巡三隻は『妙高』『羽黒』に砲撃を集中させるが忍び寄る二水戦に気付いていなかった。

「左舷に敵艦!!」
「しまった!?」

 彼が気付いた時、既に二水戦は必殺の酸素魚雷を発射して離脱中だった。

「回避ィ!!」

 三隻は回避する前に被雷した。三隻の左舷は瞬く間に水柱が吹き上がり、三隻はあっという間に大傾斜していくのである。

「あれは沈むな。他の艦艇を攻撃する」

 『妙高』『羽黒』は探照灯を照射、大傾斜する乙巡三隻を尻目に逃げようとする後衛駆逐艦群を砲撃。これにより『ウッドワース』『モーリー』『ブキャナン』を撃沈するのであった。
 第36.1任務群が壊滅した事によりコロンバンガラ島アリエル入江に救出隊の駆逐艦が到着、待機していた陸兵を収容して離脱するのであった。

「やってくれたか」

 コロンバンガラ島沖海戦の結果を聞いた古賀長官はホッと安堵の息を吐いた。

「敵艦隊の撃滅に成功、陸兵の収容も成功。成功尽くしで怖いくらいですな」
「ま、その代償が瑞雲教か」

 日本の勝利の一因に新設されたばかりの第634空もあった事で瑞雲教(松田一派)による瑞雲音頭があったそうである。なお、瑞雲教には松田の弟子とも言える中瀬昇や野村留吉等約30人程度の将官や佐官が在籍したりする。

「ですが航空戦艦を史実通りにするのは……」
「仕方ない。扶桑型を防空戦艦にしているし改装しやすかったのもある」

 なお、伊勢型は史実通りに航空戦艦に改装されていた。当初は扶桑型と同じく機銃や高角砲を搭載の防空戦艦の予定だったが松田少将が「伊勢型は航空戦艦にして瑞雲を搭載すべきである!!」と各部署に怒鳴り込んで航空戦艦の座を勝ち取った経緯があった。なお、伊勢型は「どうせ改装するのだから」と機関をロ号改良の高温高圧缶×8基を搭載、この改装で伊勢型の配備は44年3月にずれ込んではいるものの速度27ノットにまで向上する事となる。

(航空戦艦はどうでも良いが機動部隊の随伴には付いてこれそうではあるな……)

 何やら思案する古賀であった。

125 加賀 :2019/06/29(土) 20:47:05 HOST:softbank126094209144.bbtec.net
・橋本、五戦隊司令官へ
・コロンバンガラ島沖海戦完勝(UNICORN)
・第634空、創設されていた
・瑞雲音頭(歌詞は四番まである)
・伊勢型航空戦艦へ

126 加賀 :2019/06/29(土) 20:52:12 HOST:softbank126094209144.bbtec.net
イベントのE-3でタシュケンが出ずに夜中発狂して上司に怒られて気付いたらゴトが二隻もいた加賀です
伊勢型の航空戦艦は史実通りにしました。(瑞雲教に押しきられたよ)
機関ですが島風の機関ですね。ソロモン方面での駆逐艦大量喪失が微妙に無いので島風型の建造計画の一環で生産が続いていた設定で機関は伊勢型へ横スライドさせました。
松型?ちゃんと出ますよ

127 名無しさん :2019/06/29(土) 21:01:15 HOST:FL1-111-168-184-222.tym.mesh.ad.jp
乙です、この瑞雲の活躍なら航空戦艦が真っ当に見えてくるwww

128 名無しさん :2019/06/29(土) 21:29:41 HOST:opt-115-30-204-189.client.pikara.ne.jp
機関交換って出来るんかいな?
艦橋とか艦上上構部を取り除いて、さらに装甲を取り外すなど
結構な工事をしてるはず(だからウォースパイトとか機関部損傷したら修理しないで放置してるし)

25ノットでも十分ついていけるし(隼鷹型とか龍鳳とかは十分)

129 加賀 :2019/06/29(土) 21:36:24 HOST:softbank126094209144.bbtec.net
うーん、伊勢型特に日向は爆発事故後で砲塔を取っ払っていますし案外いけるかなと思ったのですが……やはり難しそうですね。
修正します

130 加賀 :2019/06/29(土) 21:38:15 HOST:softbank126094209144.bbtec.net
修正

なお、伊勢型は史実通りに航空戦艦に改装されていた。当初は扶桑型と同じく機銃や高角砲を搭載の防空戦艦の予定だったが松田少将が「伊勢型は航空戦艦にして瑞雲を搭載すべきである!!」と各部署に怒鳴り込んで航空戦艦の座を勝ち取った経緯があった。なお、伊勢型は多少の機銃増加(40ミリ搭載)はあったものの12月には改装終了するのであった。

(航空戦艦はどうでも良いが機動部隊の随伴には付いてこれそうではあるな……)

 何やら思案する古賀であった。

131 名無しさん :2019/06/29(土) 21:43:13 HOST:opt-115-30-204-189.client.pikara.ne.jp
どこのレスを修正するって書いた方がいいすよ。

132 名無しさん :2019/06/29(土) 21:46:34 HOST:sp49-98-129-16.msd.spmode.ne.jp
改装無しで随伴ってイケるの?(素人の疑問)

133 加賀 :2019/06/29(土) 21:46:56 HOST:softbank126094209144.bbtec.net
すいません、やり方が分からなくて……どうしたら良いですか?

134 名無しさん :2019/06/29(土) 21:54:45 HOST:baidcd023ef.bai.ne.jp
>>132
伊勢型の速力は25ノットですが、隼鷹型も同じ25ノットなのでいけます
あと史実ではレイテ沖海戦に参加した最後の機動部隊で伊勢型が搭載機のない戦艦として空母を護衛していた実績があります

135 弥次郎 :2019/06/29(土) 21:57:16 HOST:p380005-ipngn200303sasajima.aichi.ocn.ne.jp
修正する部分のレス番を冒頭に付けて依頼すればいいかと
今回の場合では>>124の最後のところの修正ですから、そのように書けばいいと思います

136 加賀 :2019/06/29(土) 22:02:38 HOST:softbank126094209144.bbtec.net
>>124

124


修正

なお、伊勢型は史実通りに航空戦艦に改装されていた。当初は扶桑型と同じく機銃や高角砲を搭載の防空戦艦の予定だったが松田少将が「伊勢型は航空戦艦にして瑞雲を搭載すべきである!!」と各部署に怒鳴り込んで航空戦艦の座を勝ち取った経緯があった。なお、伊勢型は多少の機銃増加(40ミリ搭載)はあったものの12月には改装終了するのであった。

(航空戦艦はどうでも良いが機動部隊の随伴には付いてこれそうではあるな……)

 何やら思案する古賀であった。



修正お願いします

137 yukikaze :2019/06/29(土) 22:07:22 HOST:199.228.242.49.ap.seikyou.ne.jp
>>132
まあ速力あった方がいいのは事実だが、25ノットでも随伴は可能。
基本的に軍艦は、巡航速度での移動が大半(戦闘海域に入ると速度上げるけど)なので、
巡航速度に相当の開きがなければ大丈夫。

アメちゃんだって、30ノットオーバーのエセックスの護衛に、27ノット以下のノースカやダコダ(カタログスペックでは27ノットだけど
戦時改装で速力低下した)が普通にやっているし。
どちらかと言えば、KGVみたいに、燃費が悪すぎて補給頻繁にしないといけなくなる方が問題だと思う。

138 加賀 :2019/06/29(土) 22:11:19 HOST:softbank126094209144.bbtec.net
(こんな感じで良いのだろうか……)
まぁ伊勢型の速度向上は無しという事で認識お願いします

139 New :2019/06/29(土) 22:15:15 HOST:softbank060128001160.bbtec.net
乙。瑞雲教w瑞雲狂の間違いでは無いかw

140 名無しさん :2019/06/29(土) 22:25:38 HOST:FL1-119-239-191-151.fko.mesh.ad.jp
乙カレー

夜間にギリギリまでシースキミングする技量持ちを20人近く動員とは、大盤振る舞いですな
水上機母艦(航空戦艦含む)さえいれば何処からでも飛んで来る神出鬼没さもあって、米軍も頭が痛いでしょう

141 名無しさん :2019/06/29(土) 22:41:45 HOST:210-194-52-243.rev.home.ne.jp
乙です、そういや昔大和は27ノットだから機動部隊についていけない時代遅れなんて頓珍漢なこと言う奴いたな…

142 名無しさん :2019/06/29(土) 23:07:33 HOST:KD124215169144.ppp-bb.dion.ne.jp
ホビージャパンの瑞雲飛翔の帯
艦上爆撃機が艦爆だからそうなんだが今の目で見ると違和感が半端ない水爆瑞雲
米軍機動部隊に必死の核特攻か?と思ってしまう

143 ham ◆sneo5SWWRw :2019/06/29(土) 23:32:36 HOST:sp1-75-245-47.msb.spmode.ne.jp
乙です。
瑞雲教は世界を救うというのか・・・
二式水戦と二式大艇も忘れないでください(二式大艇教徒)

144 名無しさん :2019/06/29(土) 23:47:08 HOST:opt-115-30-204-189.client.pikara.ne.jp
なぜ、大和の機関部でディーゼル機関をあきらめ、さらに旧式の初春型のを使用せざるを得なかったのか
ってのを調べてみたら、軽々と戦艦で機関部換装なんてのは言えないはずだからなあ。

145 名無しさん :2019/06/29(土) 23:55:10 HOST:i218-230-255-18.s42.a038.ap.plala.or.jp
>>大和の機関

翔鶴型と同じ機関を積むという計画もあったと聞いたことあるけどこれガセかな?

146 yukikaze :2019/06/30(日) 00:07:37 HOST:199.228.242.49.ap.seikyou.ne.jp
>>145
それだと馬力が足らんのですわ。
戦艦の機関って、空母や巡洋艦のユニットよりもデチューンしている
(有名所で最上の機関馬力落としたのが金剛の改装時の機関)んで、
翔鶴型の機関馬力よりも1割強低くなること確定ですんで。

正直大和については、ディーゼル機関なんてのに浮気せずに、普通に
蒸気タービン開発しとけば、史実よりも軽量の15万馬力機関できたと思いますが。
(ただし、朝潮型の機関問題とか、この辺りの海軍の機関には色々とトラブル起きたりしているけど)

147 名無しさん :2019/06/30(日) 02:59:26 HOST:KD124215169144.ppp-bb.dion.ne.jp
学研の大和本で機関部の上の艦上構造物が色々あるのと一枚板の大型装甲板が作れずにパッチワークのように複雑に嵌めあわせたからばらして機関を載せ替えるのは不可能
機関損傷は廃艦となる一回こっきりの艦隊決戦仕様という解説が有ったな
シフト配置の機関も当然考慮しない筈だと思った

でも長門も機関交換の話が有ったとか、平賀さんの燃焼室の効率向上による出力上昇で中止になったとか、扶桑級の配置の悪さで諦めたとかお値段を考えなければ計画だけは結構あるようですね

148 名無しさん :2019/06/30(日) 07:53:15 HOST:FL1-122-132-198-56.tky.mesh.ad.jp
てかアレだしな、軍艦の機関関連の計画とか結構練ってるしな
まぁ基本的に練るだけで、機関交換するとかいうお金無いんでお流れしたけどな!みんな貧乏なんが悪いんや・・

149 名無しさん :2019/06/30(日) 08:20:19 HOST:opt-115-30-204-189.client.pikara.ne.jp
戦艦の速度で低速だと問題にされたのは
第二次ソロモン海戦で、高速重巡洋艦艦隊の米機動艦隊追撃戦に
ついていけず置いてかれたくらいしか見かけませんからなあ。

150 yukikaze :2019/06/30(日) 10:38:33 HOST:199.228.242.49.ap.seikyou.ne.jp
>>147
まあ機関換装については、おっしゃるとおり、機関部の上の艦上構造物取り外して
中の装甲版も取り外すことから、それこそ作り替えレベルの大工事になる訳で。
各国戦艦でも機関取り替えクラスの大工事したのって、日伊位ですからねえ・・・
(めっちゃ予算かかるが、数的に劣勢だったので既存戦力の大幅強化せざるを得なかったため)

ここら辺はもう予算との兼ね合いに終始するかと。
流石に「機関損傷=廃艦」というのは、あまりに乱暴すぎる意見ですが。<学研の大和本

151 名無しさん :2019/06/30(日) 11:50:57 HOST:sp49-98-73-83.mse.spmode.ne.jp
機関損傷しながらも根性と意地で戦いつづけたウォースパイトがあってな。
そういや、機関損傷して、その後修理したというのはあんまりきかんな。日米の大型艦では

日本のは榛名、隼鷹くらい?機関損傷関連は
大概撃沈されるし。

152 ham ◆sneo5SWWRw :2019/06/30(日) 12:05:32 HOST:sp1-75-245-90.msb.spmode.ne.jp
>>151
隼鷹じゃなくて、飛鷹だよ。

153 名無しさん :2019/06/30(日) 12:11:07 HOST:sp49-98-73-83.mse.spmode.ne.jp
いや、隼鷹やないの?
潜水艦の魚雷くって、佐世保に帰りついて
外部は修理しても、魚雷食った側の機関部は修理しなかったから
戦後の復員業務やってないし。

154 700 :2019/06/30(日) 13:02:56 HOST:KD119105029058.ppp-bb.dion.ne.jp
>>152-153
横から失礼して、話を整理させていただきます。

hamさんが仰ってるのは42年10月の南太平洋海戦において飛鷹が機関故障と発電機火災を起こした件?
あるいは43年6/10に三宅島沖で潜水艦に雷撃されて航行不能になった件?
どちらのケースも呉及び横須賀で修理を行ったという記述はあるけど、機関部を直していないという記述は見つからなかった。
#後者のケースでは航行不能から復帰しているので明らかに修理していると思われる。

>>153さんが仰ってる隼鷹の話は44年12月9日に長崎県野母崎沖にて潜水艦の雷撃により右舷機関室に浸水したもので(他に艦首の一部を失う)、
佐世保でドック入りするものの船体の修理のみで機関部は修理せず。

機関損傷を修理せずに戦線復帰しているというレスの流れからすると>>153さんの隼鷹の話がふさわしいのでは?

蒸気タービン艦は罐やタービンが大きく、交換が難しいですが昨今のガスタービン艦では煙突からエンジンを降ろして交換します。

155 名無しさん :2019/06/30(日) 13:35:53 HOST:opt-115-30-204-189.client.pikara.ne.jp
空母は装甲が薄い分、機関修理が簡単そうに見えるが、戦艦とかは難しそうだよなあ。
真珠湾とか沈んだのは機関修理してたんだろうか?

後、空母で機関修理を何度もしたの確実にわかるのはエンタープライズとか、ヨークタウンくらい?

156 蓬莱人形 :2019/06/30(日) 13:46:39 HOST:baidcd023ef.bai.ne.jp
条約対策で作った低速の脱法艦を条約明け後に高速化する話を連想したけど話が全然別だった
最初の設計の段階からそれを前提にした構造に作ってるし「上部構造物を取っ払う大改装の時についでに」機関も変えるわけだから

157 加賀 :2019/06/30(日) 13:47:16 HOST:softbank126094209144.bbtec.net
「キスカは史実通りに奇跡を起こしたか」
「名前は?」
「海軍水兵長山下平八郎!!」
「渾名は?」
「司令官であります!!」
「うん先輩、宜しく頼む」
「はい!!」

 ソロモン方面は撤退作戦が順調だった。また、アリューシャン方面も撤退作戦を開始していた。ただアッツ島に関しては艦船が揃わなかった事もあり史実通りの玉砕をしてしまっていた。そのため五艦隊は一水戦に全てを託したのである。そして歴史は史実通りとなりキスカの将兵5200名は撤退に成功するのであった。
 それはさておき、ソロモン方面でも米軍に動きがあった。8月15日、米軍はベララベラ島に上陸をしたのである。だがベララベラ島を含むニュージョージア諸島から日本軍は撤退しており米軍は無血でニュージョージア諸島を占領した。(ベラ湾夜戦は発生しておらず、駆逐艦『萩風』『嵐』『江風』は戦没していない)
 だがある程度は叩いておく必要があるという事でショートランド水上基地の第634空の瑞雲18機が夜間に爆撃を敢行してPTボート等10艇余り撃沈している。

「引き続いてブーゲンヴィル島からも撤退する」

 ブーゲンヴィル島には第6師団の四万、海軍陸戦隊と設営隊等二万の計六万が配備されていた。またブインには海軍航空隊、南端のショートランド諸島には水上機基地もありラバウル攻撃のために米軍が上陸する事は必然だった。しかし、日本軍は逃げる事を選択した。
 米軍がブーゲンヴィル島に上陸したのは史実通りの11月1日、上陸した米軍は相変わらず逃げていた日本軍を笑っていた。

「ジャップは逃げ足だけは速いものだ」
「ラバウルも逃げているんじゃないか?」

 兵達は口々に言い合うがそれは夜中に勃発した。11月2日0130、エンプレス・オーガスタ湾に停泊していた第39任務部隊の各艦艇の対空レーダーはラバウル方面から接近してくる数機の航空機を捉えた。

「夜襲だ!?」

 襲ってきたのは連合襲撃部隊に在籍する航巡『最上』に臨時編成された第634空の瑞雲9機と『妙高』『羽黒』から発艦した零観4機だった。

 連合襲撃部隊
 本隊 甲巡『妙高』『羽黒』『最上』 駆逐艦『初風』『天霧』
 第一警戒隊 乙巡『川内』 駆逐艦『時雨』『嵐』『萩風』『江風』
 第二警戒隊 乙巡『阿賀野』 駆逐艦『長波』『五月雨』『白露』『若月』

 これを率いたのは五戦隊司令官の橋本である。

「瑞雲隊より電文!! 『奇襲成功セリ』」
「突撃するぞ!!」

 襲撃部隊は第一警戒隊を先頭に突撃を開始した。第一警戒隊が最初に接し方したのはアーレイ・バーク大佐率いる第45駆逐群だった。

「飛んで火に入るなんとやらは貴様らだジャップ!!」

 『モントピリア』のレーダーは襲撃部隊を探知しておりメリル少将は二個駆逐群を左右に散らせて多少の混乱から立ち直りながらも迎撃態勢を整えた。だがこの時、第12巡洋艦群は『コロンビア』が250キロ爆弾の命中で炎上しており襲撃部隊もこれを確認していた。

「照明弾撃て!! 上空にいる水偵隊にも吊光弾を投下させろ!!」

 水偵隊から吊光弾が投下されて第39任務部隊を闇夜から照らし出す。

「撃ちまくれェ!!」

 『妙高』『羽黒』『最上』は『モントピリア』に砲撃を集中させ炎上させた。しかし、第一警戒隊の『川内』は第45駆逐群から放たれた魚雷二本が命中して傾斜していた。更に砲弾が集中し『川内』は瞬く間に炎上したのである。

158 加賀 :2019/06/30(日) 13:47:49 HOST:softbank126094209144.bbtec.net
「『川内』炎上!!」
「クソ……」

 炎上した『川内』は漂流を開始した。曳航しようにも今は海戦の真っ最中である。

「………」

 炎上し漂流する『川内』に橋本は無言の敬礼をするのみだった。

「奴等を逃がすな!!」

 襲撃部隊は第45駆逐群に砲撃を叩き込み『ダイソン』『スタンリー』が撃沈、『クラクストン』が大破する。更に砲撃を混乱から立ち直りかけていた第12巡洋艦群へ集中、『デンバー』『クリーブランド』が大破し戦線を離脱。第46駆逐群は不利を悟り煙幕を展開しつつ退避に成功するのであった。
 海戦は日本側の勝利に終わった。炎上漂流していた『川内』は『初風』が消火に当たるも手の付けられない状況であり乗員を救出後の0530、橋本自らの願いにより『妙高』の魚雷で介錯するのであった。

「海戦は勝ったが『川内』喪失か……」
「はっ、自分のミスです」
「君のミスではない。最善を尽くした結果なのだよ。それに『初風』は生き残っている」

 ラバウル視察のために訪れた軍令部次長の栗田中将と橋本は『妙高』の作戦室で面会をしていた。

「君らのおかげで駆逐艦の大量喪失は回避しているのだ。むしろ誇ってほしい」
「は……それでは松型の生産は……?」
「大量生産とまではいかんが来年予定のレイテ沖までには10隻が揃う予定だ」
「……レイテ沖で負けたら……」
「沖縄でやるしかあるまい。ま、マリアナでまずは空母を叩く事を優先せんとな……」

 一方で米軍はラバウル空襲を機動部隊で企図していた。空母『サラトガ』軽空母『プリンストン』の二隻で構成された第38任務部隊はラバウルの南東230海里の地点で攻撃隊97機を発艦させた。しかし、ラバウルには対空電探が配備されており対空電探で探知したラバウル航空隊と陸軍航空隊は戦闘機の全力出撃を展開、それぞれ零戦96機、隼73機、飛燕19機が上空を警戒して敵攻撃隊を待ち受けたのである。

「クソッタレ、ラバウルは強力過ぎるぞ!!」

 落ちていくF6Fの操縦席で米パイロットはそう言ってパラシュート脱出するのである。なお、第38任務部隊に戻ってこれたのは僅か20機だけであった。ラバウルの被害は軽傷でありパウナル少将は被害の大きさに驚愕し即座に撤退するのであった。

159 加賀 :2019/06/30(日) 13:56:07 HOST:softbank126094209144.bbtec.net
・キスカ!キスカ!キスカ!(完全に出すのを忘れていた)
・撤退作戦をしているのでクラ湾やベラ湾夜戦がほぼ無い
・最上に634空を臨時編成

160 名無しさん :2019/06/30(日) 13:58:39 HOST:opt-115-30-204-189.client.pikara.ne.jp
今更ながら、ひゅうがさんや雪風さんの戦後世界のとは違うんすな。
飛燕とか両氏は開発してないはずですし。(その代わり雷電(和製Fw190)を陸海両用機として採用してる)

161 名無しさん :2019/06/30(日) 15:49:41 HOST:KD124215169144.ppp-bb.dion.ne.jp
アリゾナは弾薬庫直撃で修理断念だったか
他の沈没艦も日曜日で炉を落としていたらしいから浸水しても再整備は楽だったのかな?
余りその辺の情報は見ていないな

サラトガも機関修理と聞くがどうやって修理したのか知らないな>ターボエレクトロニックの故障でドック入りが長引いたとは聞くけど

162 名無しさん :2019/06/30(日) 15:53:46 HOST:opt-115-30-204-189.client.pikara.ne.jp
炉を落としたというが、ネヴァダとか緊急出航を試みて、脱出に失敗して乗り上げてるから炉は落としてないと思う
別の小説の受け売りだが、

ボイラーに点火して湯を沸かし、蒸気を発生させる【気醸】におよそ2時間から3時間。
続いて蒸気タービンあるいはシリンダー、管や弁を暖める【暖気暖管】に4時間

と半日近くはかかるらしいから、機関部には炉は入ってるはず

163 New :2019/06/30(日) 15:57:58 HOST:softbank060128001160.bbtec.net
乙。米軍は反攻を進めるけど地味にイタい損害を出してるな・・・。

164 名無しさん :2019/06/30(日) 16:07:49 HOST:FL1-111-168-68-185.tym.mesh.ad.jp
>>163
戦略的には勝ってるのに相手の被害が少なめ自分の被害多めなので政略的に厳しいというホワッツ?リアリィ!?状態ですからなぁ。

165 名無しさん :2019/06/30(日) 21:51:20 HOST:210-194-52-243.rev.home.ne.jp
実際引き上げ戦艦って水につかっていたせいもあって故障頻発していたらしいからな
スリガオの時も残弾どころか、砲塔も故障しまくって栗田が殴り掛かってきたらなすすべもなく叩き潰されるらしいし

166 名無しさん :2019/06/30(日) 21:58:48 HOST:opt-115-30-204-189.client.pikara.ne.jp
護衛艦わかばも不調でまくってたとか

167 加賀 :2019/06/30(日) 22:04:00 HOST:softbank126094209144.bbtec.net
今、酒を飲みながらふと浮かんだネタ設定

『瑞雲教』

発起人は松田千秋大佐
瑞雲に魅せられる者が集う宗教団体である。瑞雲を讃える事が第一として暇があれば瑞雲を布教している。

会長 松田千秋
会員
中瀬昇
野村留吉
第634航空隊
名誉会員
橋本信太郎

168 リラックス :2019/06/30(日) 22:42:59 HOST:119-228-10-186f1.hyg1.eonet.ne.jp
大破着底した船って車で言ったら転倒車みたいなもんだって誰か言ってた

169 名無しさん :2019/06/30(日) 22:52:29 HOST:FL1-122-135-74-180.tym.mesh.ad.jp
作れるんなら作った方が良いけれどそうじゃ無いなら直すしかない<転倒車

170 名無しさん :2019/06/30(日) 23:19:07 HOST:p2939235-ipngn201004osakachuo.osaka.ocn.ne.jp
乙です、川内が倒れたけど乗組員が離脱できたのは僥倖

171 名無しさん :2019/06/30(日) 23:29:16 HOST:p2939235-ipngn201004osakachuo.osaka.ocn.ne.jp
しかしこの調子の世界だと、艦これで艦娘以上に妖精さんが修羅勢になるな

172 ham ◆sneo5SWWRw :2019/07/01(月) 01:52:12 HOST:sp1-75-247-30.msb.spmode.ne.jp
そういや、吉川さんと田中さんを見てないような・・・

173 ハニワ一号 :2019/07/01(月) 08:59:13 HOST:124-141-195-196.rev.home.ne.jp
乙です。
ラバウル航空隊は史実でも米軍にドラゴンジョーズ(竜の顎)と恐れられていましたしな。

174 モントゴメリー :2019/07/01(月) 22:00:33 HOST:210-20-68-140.rev.home.ne.jp
>>173
ソロモン方面の米軍「ラバウルには1000機以上のゼロがいる!本国はもっと増援よこせ!!」

ラバウル航空隊「え?俺たち30機くらいしかいないよ」
(ただし、その中に『零戦虎徹』がいます)

175 名無しさん :2019/07/01(月) 22:43:31 HOST:opt-115-30-204-189.client.pikara.ne.jp
>>174 
西澤もいたが、岩本とは別時期だったとか

176 ハニワ一号 :2019/07/02(火) 07:58:56 HOST:124-141-195-196.rev.home.ne.jp
>>174
約30機位でありながらソロモン方面の米軍から1000機以上のゼロの戦力相当と見られるほどの活躍をしたラバウル航空隊の凄さがわかりますね。

177 名無しさん :2019/07/02(火) 08:11:39 HOST:sp49-98-75-154.mse.spmode.ne.jp
誤認も含むとはいえ、地上からの観測だけで
69対0のスコアも残してるくらい。

178 ham ◆sneo5SWWRw :2019/07/02(火) 16:31:53 HOST:sp49-98-146-92.msd.spmode.ne.jp
タ弾やロケット弾もあれば、さらに強力だろうな。
・・・よし、瑞雲にボムキルさせよう!((@_@))

179 名無しさん :2019/07/02(火) 17:27:35 HOST:sp49-98-75-154.mse.spmode.ne.jp
>>178
その実例あるんだよなあ
(彗星が三号爆弾抱えてB24攻撃、三機編隊全機撃墜)

180 名無しさん :2019/07/03(水) 14:06:14 HOST:zaq3d7d53a8.zaq.ne.jp
そら戦後日本の軍事力解体したくもあるわな…
ドイツって前例が全力で後押ししてただろうし

181 名無しさん :2019/07/04(木) 00:22:46 HOST:softbank126225103000.bbtec.net
パットンは逆に「コイツラ解体とか勿体ねぇ。アカどもにぶつけりゃアメリカの役にも立つ」と思ってたでしょう

182 名無しさん :2019/07/04(木) 01:50:15 HOST:FL1-119-242-135-139.tym.mesh.ad.jp
結果的にですが米国は何時までも上から目線の欧州に対して「戦争において潔い勝敗の結末での勝者ってのはこう振舞って、そして敗者ってのはこう扱うんだぜ?」と、ズルズル引きずったりして潔いどころか見苦しいレベルになってる旧大陸に対して日米で肩を組んでドヤ顔できる成果をもぎ取ってますからね。(尚東亜危機)

183 名無しさん :2019/07/04(木) 01:52:28 HOST:p2939235-ipngn201004osakachuo.osaka.ocn.ne.jp
>>180
ドイツより遥かに根絶が困難ですけどねw
周り全部海だから攻撃しようとしたら船がいる上、本土は逃げ隠れできる山林だらけ

184 名無しさん :2019/07/04(木) 02:27:41 HOST:softbank126225103000.bbtec.net
アメリカはギリギリ自浄作用が働いたから(震え声

185 ham ◆sneo5SWWRw :2019/07/04(木) 09:49:18 HOST:sp1-79-86-83.msb.spmode.ne.jp
そういえば、戦後世界や豊臣世界では難民様はいるんだっけ?

186 名無しさん :2019/07/04(木) 09:56:17 HOST:p739064-ipbf604yosida.nagano.ocn.ne.jp
>>185
戦後世界では悪夢ルートでいたようですね。

187 名無しさん :2019/07/04(木) 10:07:59 HOST:KD182251191141.au-net.ne.jp
東亜危機の際、対岸の火事、いい気味だとばかりに笑って見てた西欧諸国の首脳陣にも、それぞれの国の長老連のゲンコツや雷は全力で振り下ろされただろうから………
まあ、最大の責任はクリントンとその嫁にある訳だが、どの国でも冷戦は終わった❗️という国民世論に逆らうのはかなり難しい訳で。
それでもやはり最大の責任はクリントンとその嫁にあるけどな。
こいつらが普通にアメリカ合衆国大統領とその嫁としての仕事をしていればあんな事にはならなかったのは何度も明言されてるし。

188 名無しさん :2019/07/04(木) 19:03:10 HOST:ai126164113146.72.access-internet.ne.jp
 地元の図書館で今は行方不明(書庫に仕舞われたのかも知れませんが、タイトルを思い出せない)な米国の近未来架空戦記で、ヒラリーが米国史上初の女性大統領の短編が。

中国、日本の靖国参拝に抗議。
>日本国内の反発により、遂に陛下の御親拝に。
>米、中止を勧告するも、総理は「内政干渉」「戦死者の追悼は国家として当然の行為」「中共内部の矛盾を逸らす為の反日政策」と説明して受け入れず。
>中共、靖国に通常弾頭のミサイルを発射して完全破壊。
>日本、厳重に抗議するも米国は動かず。
>北朝鮮、便乗して大阪に原爆搭載テポドンを発射。死傷者多数。
>中共、沿岸に大部隊を展開し沖縄に侵攻を準備。
>米、平壌に水爆を投下。直後に「日米安保の義務は果たした。全ては日本の軍国主義復活のせい」と一方的に通告し、在日米軍全軍の撤退を宣言。
>中共、「地元の熱烈なる要請」「東アジアの安定の為」米軍の撤退した沖縄に人民解放軍が進駐。
>TVで極東の平和は守られたと演説する女大統領と、実質中共に降伏の儀式を行う日本首相の映像を眺めつつ、在日米軍将兵は未来に絶望。
 「これで、米国の国際的地位は下落した」「もう我が国との安保を信頼する国は無い」「怒り心頭で余力充分は日本は、絶対に復讐する」「平和ボケの日本が幕末のように覚醒した」「今、中共よりも憎まれているのは米国だ」

 ……当時は「架空とはいえ想定があり得なさすぎる」と笑えたものです。

189 名無しさん :2019/07/04(木) 21:17:53 HOST:softbank126209057122.bbtec.net
救いは、トランプはヒラリーほど中国共産党を妄信していない事

190 名無しさん :2019/07/05(金) 17:45:06 HOST:ntfkok100146.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
つか、ヒラリーがアレすぎるってだけだよな…。
旦那が旦那なら嫁も嫁かとw

191 名無しさん :2019/07/05(金) 18:51:44 HOST:softbank126242158035.bbtec.net
そら旦那も浮気するわとw

192 yukikaze :2019/07/05(金) 23:20:40 HOST:155.82.0.110.ap.seikyou.ne.jp
>>185
戦後夢幻会では、拙作世界ではイラク内戦による難民問題ですかねえ。
豊臣夢幻会はもう中華崩壊による周辺地域への難民爆弾ですね。
西側が、南部に3共和国作ったのも、難民爆弾が東南アジアや台湾、イスラエル(海南島)
に波及させないための防波堤の役割でしたし。

まあロシア共和国やモンゴル共和国(社会主義)、ウイグルスタン共和国(社会主義)、
チベットなんかは苦労する羽目になりますが。(なのでチベットはインドと、ウイグルとモンゴルは
ソ連に泣きつくわけでして)

193 yukikaze :2019/07/06(土) 18:57:27 HOST:203.228.242.49.ap.seikyou.ne.jp
しかし最近支援SS作ろうにもネタがねえ・・・
なんかないですかねえ。

194 名無しさん :2019/07/06(土) 18:59:08 HOST:115-36-228-163.chubu1.commufa.jp
戦後夢幻会現代版とか?

195 ham ◆sneo5SWWRw :2019/07/06(土) 19:21:18 HOST:sp49-98-8-136.msb.spmode.ne.jp
>>193
音速機の話とか?
あとは、倉崎翁の一生とかも面白いかも。

196 名無しさん :2019/07/06(土) 19:22:06 HOST:KD106130211163.au-net.ne.jp
戦後夢幻会と史実日本ゲートネタ(開いたのが平成)とか?

197 名無しさん :2019/07/06(土) 19:28:59 HOST:pkhk019-018.kcn.ne.jp
21世紀の豊臣夢幻会世界の日米陸海空軍の編制または現状のまとめとか如何でしょう?

198 名無しさん :2019/07/06(土) 20:12:21 HOST:210-194-52-243.rev.home.ne.jp
yukikaze氏版朝鮮戦争を、たしか氏のだと日本は五式なくてイージーエイトとチャーフィーだったから、t10やスターリン3きたらお手上げというか無理ゲーという

国防陸軍でチャーフィーの運用期間て結構短そう

199 名無しさん :2019/07/06(土) 20:46:51 HOST:dhcp14061.orihime.ne.jp
自分は戦後夢幻会世界の雷電戦記を書こうと思ってオスプレイ社のロシア戦線のフォッケウルフエースを読み進めているけれど、
この手の機体は便利過ぎて逆に何を書いたら良いのか悩むね。

200 名無しさん :2019/07/06(土) 21:08:11 HOST:softbank126224134149.bbtec.net
そもそもチャーフィーは敵の主力戦車と殴り合う代物ではないから

201 700 :2019/07/06(土) 21:46:55 HOST:KD119105029058.ppp-bb.dion.ne.jp
まあ軽戦車に何を求めているのかという辺りですな。
朝鮮戦争ではT-34-85の榴弾にすら破壊されたそうですから。

202 名無しさん :2019/07/06(土) 22:05:10 HOST:KD124215169144.ppp-bb.dion.ne.jp
威力偵察するにしても火力不足だったからというか比較対象がM5だった時点で戦後世代には厳しい

戦後世界だと装備の改造も予算や法令でやり易い状態で実際に改良しているのかな
M4の主砲換装とか史実62式、64式の銃器改良とか陸軍装備も改が多いかな

潜水艦や掃海艇の活躍も、涙滴型が早く運用されているのか?
史実だと現場が一軸艦に不安があって反対が強く導入が遅れたと聞いたが

203 名無しさん :2019/07/06(土) 22:33:24 HOST:vc008.net027098049.thn.ne.jp
>>188
大石英司の「日中開戦」を連想させるなぁ。

204 名無しさん :2019/07/06(土) 22:47:18 HOST:210-194-52-243.rev.home.ne.jp
少なくとも日本としては何はともあれ正面だけでもソ連戦車と渡り合える装甲と戦車砲を…だからね
しかしパーシングは確かに性能いいけど、国内には不向きで史実の61式作ろうとしたら古参兵から総すかんは確実だし

205 ham ◆sneo5SWWRw :2019/07/06(土) 22:58:10 HOST:sp1-75-251-244.msb.spmode.ne.jp
>>196-198
憂鬱本編の支援の話では?

206 名無しさん :2019/07/06(土) 23:05:48 HOST:softbank126224134149.bbtec.net
なので史実のM48と61式中戦車殿で60年代は凌ごうとした日本国防陸軍

207 yukikaze :2019/07/06(土) 23:23:28 HOST:203.228.242.49.ap.seikyou.ne.jp
取りあえず、冷戦終了後の豊臣夢幻会の陸海空軍の状況でも

(陸軍)
陸軍については、明治以降続いている「北部」「東部」「中部」「西部」「瑞穂」「台湾」
の6軍管区の元、18個師団編制となっている。(最盛期は21個師団編制)
当初は、ソ連崩壊によりソ連の大規模侵攻の可能性が大幅に減少したことから、13個師団
体制にまで削減する予定であったが、中国大陸の混乱が悪い意味で加熱しており、瑞穂や
台湾の住民からの懇請もあって、最小限の削減に収まっている。

内訳としては、本土には、本土防衛及び瑞穂・台湾への増援用に13個師団配備されている。
配備の内訳としては、史実帝国陸軍の配置と変わっていない。
一方で、近衛師団は、第一師団と範囲が被るなどしたために、宮城及び国家行事における
衛兵部隊として連隊レベルにまで縮小している。
これに台湾に2個師団(高雄、台中)、瑞穂半島(北鎮(旧名:平壌)、新京(旧名、京城)
伽耶(旧名:釜山))に3個師団が配置されている状況。

師団編制については、基本的には歩兵連隊×2+戦車連隊×1という、戦後夢幻会の小泉大綱
でやった編制を元にしている。ただし兵員数については、12,000人と大分緩くはしているが。
機甲師団についても小泉大綱と同様の代物。北海道の第七師団と瑞穂の第十八師団が元から
の機甲師団。これに機械化歩兵師団が6個(瑞穂が2個、本土で4個)、自動車化歩兵師団
が8個(本土のみ)、軽歩兵師団が2個(戦車をなくす代わりに機動力に優れた装輪装甲車
を主体とした部隊。台湾のみ)となっている。

なお、史実と違い、対艦ミサイル連隊は、台湾と西部軍管区のみで、砲兵旅団も西部、瑞穂
台湾のみと、西部重視となっている。
これは、ロシア共和国建国により、日米ロ安全保障条約が締結されたことで、ロシア共和国
が、ソ連に対する防壁となっており、必然的にロシア共和国への援軍となる西部方面の部隊
に重装備が必要とされたことによるものである。

ヘリについては、攻撃ヘリよりも汎用ヘリの取得が重視されており、川崎AH-1飛燕(史実
コブラ)及び飛燕改(史実スーパーコブラ)以降、専用の攻撃ヘリは取得していない。
現在は、偵察戦闘ヘリと輸送機型をファミリー化した『隼』シリーズ(史実OH-1の派生型)
及び「大鵬」(史実CH-47)が主力となっている。

(海軍)
冷戦終了後、大幅削減される予定であったが、インドの軍事的冒険による、中東からの
通商路防衛という観点から、4個空母機動艦隊の維持が認められている。
編制としては、空母1隻、イージス巡洋艦2隻、対空駆逐艦2隻、汎用駆逐艦4隻であり
横須賀、佐世保、呉、基隆を母港としている。
これに、原子力潜水艦部隊(戦略原潜4隻、攻撃型原潜10隻)が、大泊と舞鶴を根拠地
とし、揚陸艦隊(ドック型揚陸艦4隻)が伽耶に配備されている。
一方、これらの艦隊を維持する為に、鎮守府に配備されていた地方隊は、カットされる
ことになり、近年では汎用2等駆逐艦(DDM)の整備が取りざたされているが、予算の
問題がネックとなっている。

(空軍)
18個戦闘機及び戦闘爆撃機飛行隊が主力となっている。
主な配置としては、史実航空自衛隊の6基地(三沢が除外)にそれぞれ2個飛行隊。
これに高雄に2飛行隊、瑞穂の平沢(史実烏山)と順川(史実と同じ)にそれぞれ
2個飛行隊となっている。
越山重工業の『捷風』(史実SU-33類似。精密誘導兵器、空対艦および空対地誘導
兵器などの運用能力を付与)が8個飛行隊、三菱の『天雷』(史実F-16)が10個
飛行隊であり、『捷風』は、瑞穂の2個飛行隊を除けば、築城、新田原、那覇に
しか配備されていない。
もっとも、『捷風』は海軍艦載機でもあるため、それぞれの航空隊基地のある
厚木、岩国、伽耶、台北に4個飛行隊づつ控えている状態でもある。

なおこれだけの軍事力を維持するため、日本の負担も一通りではない
江戸後期以来の富の蓄積によって、アメリカの国力の6割近くを維持し続けては
いたものの、社会保障問題など課題を抱えているのが実情であり、そのため
冷戦終了後に軍事負担をさっさと投げ捨てただけでなく、インドに対して
経済協力をしたことで、余計にインドの軍事的冒険に拍車をかけてしまった
欧州への嫌悪感は凄まじいものになっている。(これはアメリカも同様である)

2000年以降は、海軍はともかく、陸軍と空軍については更なる削減も取りざた
されており、特に陸軍は、本土の師団数を建軍時の7個師団にし、12個師団
体制にすると共に、災害用の緊急展開部隊として、4〜5個歩兵旅団を
本土に配備する意見も出ている。

208 名無しさん :2019/07/06(土) 23:51:06 HOST:p2939235-ipngn201004osakachuo.osaka.ocn.ne.jp
乙です、戦後世界以上に日本国内での軍事力争奪戦が激しそうだな
求める軍事力の形にも差があるから、軍と都道府県入り乱れての予算争奪戦になりそう

209 名無しさん :2019/07/06(土) 23:52:57 HOST:softbank126224134149.bbtec.net
豊臣世界でも起こるのか、仁義なき「ウチの郷土連隊の廃止は勘弁してください」戦争w

210 名無しさん :2019/07/06(土) 23:57:36 HOST:p2939235-ipngn201004osakachuo.osaka.ocn.ne.jp
内地の太平洋側は戦後世界よりだいぶ穏やかだけど
日本海側や海外領土での国境線がなあ
戦後世界だと外郭国境はうまいこと別の国にして、前線国境は少なかったし

211 名無しさん :2019/07/07(日) 00:19:37 HOST:210-194-52-243.rev.home.ne.jp
まーたブリカスがやらかしたんかインド支援…これA・デューク級運用してそうだなインド海軍

212 yukikaze :2019/07/07(日) 00:20:46 HOST:203.228.242.49.ap.seikyou.ne.jp
>>208
戦後夢幻会よりも金持っているんで、ある程度は何とかなるんですが
それでも兵力がねえ・・・
正直陸軍については、2000年代以降は、18個師団体制から、本土7個師団
+瑞穂2個師団の9個師団体制にして、5,000人規模の旅団を10個(台湾3個
瑞穂1個、本土6個)位に大幅削減されてそうですが。
空軍も瑞穂の2個飛行隊は削減対象でしょうしねえ。

海軍については、アメリカの懇請がなければ、空母を4隻から3隻体制に
見直すでしょうねえ。
まあ空母はともかく、護衛艦艇は揚陸艦艇部隊に配属されそうですし
空母の予算削減分を多目的艦艇(史実FFM)にぶっこむでしょうけど。

あと、イージスアショアは導入されるにしても各軍押しつけ具合が凄いだろうなあ

213 名無しさん :2019/07/07(日) 00:36:02 HOST:210-194-52-243.rev.home.ne.jp
まあ欧州が役立たず、腐っても大国なソ連、インドもかなりヤベー存在になるとなった以上
米帝も日本の軍縮は「まじやめて」だろうな

214 New :2019/07/07(日) 00:40:31 HOST:softbank060128001160.bbtec.net
乙。ヘリの迷走もないけど全体的にやはり負担が・・・・

215 トゥ!ヘァ! :2019/07/07(日) 00:40:35 HOST:FL1-122-131-248-133.kng.mesh.ad.jp
やっぱ海軍が重要視されている分だけ、そのしわ寄せは陸軍にきてる感じですか(汗

216 yukikaze :2019/07/07(日) 00:53:11 HOST:203.228.242.49.ap.seikyou.ne.jp
>>211
ブリカスというか欧州全般。
冷戦終了したと同時に、急速に軍縮した上で、「冷戦時代は俺達が矢面じゃねえか
じゃあ金儲けさせてもらうぜ」と、史実中国にやったようなことをインドでやらかす始末でした。

>>213
お蔭でアメリカは欧州に見切りをつけて、日本と組んでいる有様です。

>>714
西側の文句なしのナンバー2ですんで、負担は大きいんですよねえ。
欧州が戦後夢幻会よりも弱体化していますんで、アメリカがその分欧州に
注力せざるを得ない訳ですが。

>>215
本当は一番削減させられないといけない海軍が、インドのお蔭で維持せざるを得なくなりました
からねえ。結果的に、大規模機甲戦力が攻め寄せる可能性が無くなった陸軍の縮減せざるを
えないわけでして。(大陸のゴタゴタと、いまいち信用しきれない南方3共和国なければ
台湾の兵力2個旅団程度で削減され、瑞穂も同レベルの削減だったでしょうねえ)

217 名無しさん :2019/07/07(日) 00:55:01 HOST:vc008.net027098049.thn.ne.jp
豊臣夢幻会世界でもボーイングは高笑いが止まらないのだろうか?

218 トゥ!ヘァ! :2019/07/07(日) 00:56:00 HOST:FL1-122-131-248-133.kng.mesh.ad.jp
海軍は金食い虫ですしなぁ。

更に言えばインド洋までとなると中国相手にするよりも尚更足の長い海軍に頑張ってもらわなければならないという…

そら空軍まで削減の波にさらされますわなと(汗

219 yukikaze :2019/07/07(日) 01:04:41 HOST:203.228.242.49.ap.seikyou.ne.jp
>>217
スマン。ボーイングは民間機から撤退している。
大型機は越山とダグラス。リージョナルジェットやターボプロップは三菱が雄。

>>218
空軍も瑞穂は確定で、本土も小松辺りが危ない状態ですし。
流石に首都防衛の百里、増援部隊の築城、新田原、那覇の部隊は何が何でも維持するでしょうが。

220 トゥ!ヘァ! :2019/07/07(日) 01:06:36 HOST:FL1-122-131-248-133.kng.mesh.ad.jp
そこら辺は正に最低限必要なラインですものね。

しかし陸空も冷や飯具合がヤバイ…悲しいなぁ(´;ω;`)

221 名無しさん :2019/07/07(日) 01:06:46 HOST:KD182251101114.au-net.ne.jp
ダグラスはFND常連のDC-10をどう乗り越えたのか……

222 yukikaze :2019/07/07(日) 01:16:27 HOST:203.228.242.49.ap.seikyou.ne.jp
>>221
流石にアレに懲りて3発を捨てて双発に移行。
エアバスA320に近いのを1985年に売り出したお蔭で、一息つけることに。
まあアメリカで旅客機製造しているのここくらいしかなかった(ボーイングは
爆撃機製造で乗り遅れた)ため、米政府もあの手この手で援助をしたのも
大きいけどねえ。

223 名無しさん :2019/07/07(日) 01:19:57 HOST:vc008.net027098049.thn.ne.jp
>>219
アレ、ボーイングは戦闘機専門になった?

224 700 :2019/07/07(日) 01:27:42 HOST:KD119105029058.ppp-bb.dion.ne.jp
というか、ボーイングもロッキードも旅客機作っていないのであれば唯一のサプライヤーとしてダグラスももう少し殿様商売ができて、
DC-10自体、双発(CF6の開発完了を待つ)か4発(当初計画にあったB747並みの長距離輸送機)として開発されたんじゃないでしょうか?

225 名無しさん :2019/07/07(日) 01:36:06 HOST:FL1-133-203-14-39.myg.mesh.ad.jp
後はコンベアぐらいかな
当時旅客機分野に居て、ボーイングとロッキード以外となると

226 名無しさん :2019/07/07(日) 05:09:27 HOST:KD124215169144.ppp-bb.dion.ne.jp
軍用機は実際には儲からんからダグラスに統合されたり、独禁法で問題化して分割したりとか
オライオンの様な民間機上がりの哨戒機も生まれずにネプチューンやP-1みたいな専用機が普通の世界となりそうだな

227 700 :2019/07/07(日) 07:29:05 HOST:KD119105029058.ppp-bb.dion.ne.jp
>>226
そうかこの世界ではマクドネル・ダグラスではなくダグラス・マクドネルになる可能性が高いのか。

228 名無しさん :2019/07/07(日) 12:52:17 HOST:softbank126077075064.bbtec.net
>>216
欧州全般といってもイタリアやフランスもダメダメだろうから、実質英国と北欧みたいなものでは?
>>224
DC12も無事飛んでそうですね。

229 yukikaze :2019/07/07(日) 12:53:43 HOST:170.228.242.49.ap.seikyou.ne.jp
>>223
どこぞの極東の島国が『富嶽』などという化物を早々に出したお蔭で
『アレに匹敵する奴作れ』と、米陸軍航空隊がケツを叩き、空軍に
なったら『核による戦略爆撃機じゃ。それとればうちの天下じゃ』と、
ボーイングに更なる開発促進命じたお蔭で、B-52が史実よりも早めにできたものの
不具合改修やら何やらに時間を取られてしまい、その間に越山が『ジェット旅客機できたお』
と、史実ボーイング707を1950年代前半に量産。
これにダグラスが即反応して、ダグラス DC-8投入したせいで、ジェット旅客機に時間取れなかった
ボーイングは、諦めて軍用機メーカーに専念する羽目になった。
逆にダグラスはA-3 スカイウォーリアーを最後に軍用機からは撤退。(ミサイル系は存続)
だって、A-4を日本がさっさと作っているし・・・

>>224
越山がヒット作飛ばしまくって、焦った米政府や米航空会社からの突き上げあったんですわ<DC-10

>>225
ロッキードは史実通りに終わりました。

>>227
マグドネルはボーイングと組んでいるかもねえ<ダグラスが軍用機から草鞋脱いだので
ナム戦無いので、史実のような原材料費高騰による経営悪化は避けられそうですし。

230 名無しさん :2019/07/07(日) 13:25:02 HOST:KD182251107041.au-net.ne.jp
旅客機メーカーとしてのボーイングとロッキードは乙ったけど、コンベアは一応生きてるのか

231 名無しさん :2019/07/07(日) 14:28:00 HOST:115-36-228-163.chubu1.commufa.jp
ボーイングがダグラスの傘下に入りそうだな。
軍用機なんて儲からないもの。いや、儲けたと思っても議会が後出しでキャンセルするし

232 yukikaze :2019/07/07(日) 14:36:08 HOST:170.228.242.49.ap.seikyou.ne.jp
>>230
軍用機部門はボーイングが、民間機部門はロッキードがおいしくいただきました。
まあロッキードも結果的には、ボーイングとダグラスにおいしくいただかれた
訳ですが。

一応当初設定では、MD社とLM社の二強にする所だったのですが、よくある設定変更で
ボーイング社(米軍用機メーカーの雄)、ノースロップ・グラマン(そろそろボーイングに吸収されかねない状況)
ダグラス社(世界二大大型旅客機メーカー。そこ、半官半民言わない。史実エアバス枠)
という状況ですね。

233 トゥ!ヘァ! :2019/07/07(日) 14:44:35 HOST:FL1-122-131-248-133.kng.mesh.ad.jp
最後はボーイングとダグラスがロッキードを吸収したのですか。

234 名無しさん :2019/07/07(日) 15:13:16 HOST:vc008.net027098049.thn.ne.jp
>>229
これは酷いボーイングイジメw

235 yukikaze :2019/07/07(日) 15:30:04 HOST:170.228.242.49.ap.seikyou.ne.jp
しかし改めてみても、豊臣夢幻会の陸軍って、戦後夢幻会よりもある意味不遇というか・・・
戦後夢幻会だと「共産中国」「共産中国と組まざるを得ない北朝鮮」「政治的に信頼のおけない韓国」という存在のせいで
陸軍の縮小は最小限にせざるを得ない訳ですが、豊臣夢幻会だと「ソ連と瑞穂半島の間には同盟国であるロシア共和国がある」
「ロシア共和国はソ連と大陸の難民対策の為にも日米との協調が国是」「大陸はまともな政治勢力がいなくて群雄割拠の内戦中。
難民爆弾の対処が主であり、日本がガチに必要なのは沿岸警備隊」。

そりゃあ冷戦過ぎれば過ぎる程減らされるよなあと。
プーチンがウクライナとかで火遊びすればまた別かもしれんけどさ。

236 名無しさん :2019/07/07(日) 15:45:11 HOST:FL1-119-239-191-151.fko.mesh.ad.jp
プー帝がウクライナ侵攻やってクリミア併合したのは、西側の馬鹿が先にウクライナに手を出したからだ
馬鹿が余計な事をやらかさなければ、プー帝もそんな面倒臭い事やるわけがない
ソ連勢力圏のまま何も起こらないならソ連軍が動いて貴重な軍事費を浪費する理由が無いのだから

237 New :2019/07/07(日) 15:49:38 HOST:softbank060128001160.bbtec.net
ロシア共和国に加えて半島がこっち持ちになったから不遇というか
重厚な装備は要らなくなるよな。
その代りに元半島人のテロや日本海での取り締まりが熱いけど

238 yukikaze :2019/07/07(日) 16:24:23 HOST:170.228.242.49.ap.seikyou.ne.jp
>>236
ウクライナもまあ大概なことばっかりしているというか・・・
間違いなくインド相手にやらかす未来が。

>>237
下手したらアメリカ以上に「非正規戦闘に注力した戦備」に替える
可能性あるんですよねえ・・・
師団半数近く解体する代わりに、旅団をストライカー旅団戦闘団や
歩兵旅団戦闘団に切り替えるとか。

まあ周辺に重装備持っていない台湾なら、ストライカー旅団戦闘団や
歩兵旅団戦闘団で足りるという事実(南方三共和国が日本に攻めた場合
間違いなく序盤の一撃以降は確実に消し飛ばされる)を見れば、
そう言う声も一定の主張にはなるでしょうけど。

239 700 :2019/07/07(日) 16:43:37 HOST:KD119105029058.ppp-bb.dion.ne.jp
>>228
史実MD12ってやっぱり設計チームとしてはダグラス系なんですかね?
ダグラスが史実エアバス枠だとA380というちょうどいい機体もあるし、商業的に成功するかどうかはともかく、作るとは思いますが。

>>229
>>DC-10
そうなると対抗上求められるのは大陸横断用中距離大量輸送じゃなくて、史実の747枠を狙うことにになるだろうから、
なおさらオリジナル案にあった4発長距離機になって、無理に3発にしないような。
もっとも史実DC-10でやった貨物扉の設計ミスやマニュアル外整備によるパイロン脱落は同様に発生する可能性があるから、
事故の規模が大きくなるだけかもしれない。

240 yukikaze :2019/07/07(日) 17:05:08 HOST:170.228.242.49.ap.seikyou.ne.jp
>>239
ダグラス+旧コンベア+旧ロッキードの悪魔合体<MD12
技術的に暴走しそうでしょ(ニッコリ)

DC-10については、そもそもお得意先のアメリカン航空が作れといったからねえ・・・
ついでに言えばアメリカン航空は「双発作れ」だったのを、ダグラスが「そんなエンジンねえ」
と言っちゃって、最終的に3発になった経緯があるし。
結果的に問題発生しまくって、エアバスA320相当のを1985年にDC-11として販売。
DC-12としてエアバスA-340類似投入ってとこかねえ・・・

あれほんと、タイミングが悉く悪い方に進んじゃった機体なんだよなあ<DC-10
それでも何とか売れたのは流石なんだけど。

241 名無しさん :2019/07/07(日) 17:17:32 HOST:pkhk019-018.kcn.ne.jp
>>238
アメリカ陸軍ではストライカー旅団戦闘団と歩兵旅団戦闘団の攻撃力と防護力の
低さが問題視されて改善策が取られていますから、豊臣夢幻会の日本版ストライカー旅団戦闘団と
歩兵旅団戦闘団も防護力・火力を強化した編制になるでしょうね。

242 名無しさん :2019/07/07(日) 17:17:44 HOST:KD124215169144.ppp-bb.dion.ne.jp
>悪魔合体
史実のトライスター爆誕とか?(無頼紅空脳)

243 名無しさん :2019/07/07(日) 17:24:30 HOST:softbank126077075064.bbtec.net
>>240
技術的に暴走しそうどころか、そもそも、まとまりそうな気がしないw
そういえば、ボンバルディアのもとになったカナディアもコンベア系列でしたが、そちらも一緒に買収ですかね?

しかし、豊臣世界の欧州は身から出たサビというか弱体化が著しいなぁ(今更感
ロシア人が来たら最悪は、欧州ごと核で吹き飛ばすしか手は無さそう。…そもそもロシアが復活するかわからないけど

244 名無しさん :2019/07/07(日) 17:33:02 HOST:KD124215169144.ppp-bb.dion.ne.jp
史実日本仕様の装甲戦闘車なら態々装輪式の米軍仕様のストライカー旅団戦闘団も不要なC-5クラスでの大規模空輸が可能とか
ロシア並みの40トン級戦車が主力の日本軍

245 700 :2019/07/07(日) 18:02:07 HOST:KD119105029058.ppp-bb.dion.ne.jp
>>240
つまりダグラスが大量輸送じゃあ、コンベアがスピィィドォォ、ロッキードが最新のテクノロジィィィ?
DC12(史実MD12構想)はA380並みに迷走していそうですな。
キャッチフレーズは、
ダグラス系: 「総二階建て、大量輸送」
コンベア系: 「大西洋横断3時間」
ロッキード系:「パイロットのお仕事は自動操縦のスイッチを入れるだけ」
政府の補助金があれば全部まとめて実現を目指す可能性も…。

なお、アメリカン航空とDC-10の切っ掛けはその通りなんですけど、前提としてSSTがすぐに普及して、それを補完する中距離旅客機が必要になるという認識があります。
もしSSTを想定するならそれを作るのはダグラスな訳で、史実DC-10のような中距離機を作っているゆとりはおそらく無く、
SSTを想定しないのであれば長距離路線をカバーする747に相当するダグラスの当初構想こそ必要になるので、
共通機体の2/3発中距離機&4発長距離機というどこかのA340みたいな計画となり、優先されるのはベース機となる長距離機ではないかなと。

ただしこの時点でロッキードが茶々入れしなければというのが大前提。(この時点でまだ独立して生きてる?)
ロッキードが出てくるとダグラスと住み分けてトライスターが中距離機として君臨する絵図も描けるので。
#トライスターも史実通りの機体だとR&RがRB211を作れる状況かという疑問があるんですよね。

246 700 :2019/07/07(日) 18:13:21 HOST:KD119105029058.ppp-bb.dion.ne.jp
ロッキード合併のタイミングによってはこんなカオスも、
DC-10 -> 史実A340のような長距離4発機(飛べるだけで経済性は疑問)
L-1011-> 上記を補完する中距離3発機、もしかすると双発機、ロッキード買収後はDC-11
DC-12 -> ダグラス+コンベア+ロッキードの悪魔的融合による超大容量SST
DC-13 -> 流石にあちら会社は避けるかと
DC-14 -> A350XWB相当?

247 yukikaze :2019/07/07(日) 18:21:18 HOST:136.82.0.110.ap.seikyou.ne.jp
>>245
成程。それならばこんなのはどうですかねえ。

1 DC-8で盛り返したものの、越山がジャンボ作ったんでダグラスとアメリカ政府危機感強める。
2 ダグラス、同じ機体を基本として航続距離の短い3発機と航続距離の長い4発機を開発することを計画。
3 ロッキード、トライスター計画出して、ダグラスのシェアを取る気満々。
4 ダグラス、まずはロッキード潰しの為に3発機優先(史実DC-10)
5 ロッキード、ダグラスの巻き返しに焦って賄賂構成するもそれがバレて終焉。
6 ダグラス勝利するも、DC-10のトラブルから、改めて双発と四発の機体を設計することに。
7 DC-11(双発機。80年代中頃)とDC-12(四発機。90年代前半)爆誕。

248 700 :2019/07/07(日) 18:33:44 HOST:KD119105029058.ppp-bb.dion.ne.jp
ああ、そっちの方がありそうだ、特にロッキードの対応の辺りが。
ただ政府資金の入り方によっては混沌としそうだけど。
6のDC-10のトラブル対応の頃に事実上の半官半民になっちゃうんですかね。

そうなると越山は90年代前半まで長距離路線を独占か。
アメリカの航空会社は越山ジャンボを導入するか、日本の航空会社(日航?ANA?)に
ドル箱の太平洋路線/北極航路を押さえられるかの2択と。
#まあヨーロッパの航空会社の辿った道ですな。

249 名無しさん :2019/07/07(日) 18:34:47 HOST:sp49-98-91-6.mse.spmode.ne.jp
>>247
これが後の世に伝わるロッキードP38事件か。

250 yukikaze :2019/07/07(日) 20:57:50 HOST:136.82.0.110.ap.seikyou.ne.jp
>>248
なにしろ「実用性能は高いが旧式」なDC-8をだましだまし使うか
あるいは「トラブルあること覚悟でDC-10使うか」の二択ですからねえ・・・

まあアメリカのエアフォース1なんかは、半ば意地でダグラス使っているでしょうし
イギリスやフランスなんかもアメリカに睨まれて、政府専用機にDC-10使っていそうですが。

251 名無しさん :2019/07/07(日) 21:46:00 HOST:210-194-52-243.rev.home.ne.jp
コンコルドは出来るかな?

252 名無しさん :2019/07/07(日) 21:52:56 HOST:softbank126077075064.bbtec.net
>>251
できないんじゃないかな?
アメリカが日本からの情報で爆死前提で作らせるのなら別だけど

そういえば、ヴィッカースVC10なんかはどうなるのかな?
豊臣世界でもIl-62 がコピーしてたら、フランスのやらかしの前例のせいでイギリスにも内通疑惑がかけられそうだ。

253 700 :2019/07/07(日) 22:32:25 HOST:KD119105029058.ppp-bb.dion.ne.jp
>>250
VC-25はDC-10ベースになるんでしょうね。
史実DC-10も3発機故の癖はあるものの、ちゃんと整備して、マニュアルどおりに運用すれば、そうそう事故る機体じゃないですけどね。
DC-10絡みの全損事故はほとんどが人災ですから。(設計ミスの貨物扉でさえ、指示通りに閉めていれば問題なかったはず)
まあ、ミスを許さないほど安全マージンが少ないと言う表現が出来なくもないけど。
#一方MD-11は性能向上のために明らかにやりすぎている。

254 yukikaze :2019/07/07(日) 23:14:45 HOST:136.82.0.110.ap.seikyou.ne.jp
>>253
まあ統一されているでしょうねえ<DC-10

700氏の言うように、1960年代中頃にジャンボジェットが就役したのならば
アメリカとしては、「ジャンボと同列の機体を作る」or「SSTに浮気する」かの
どちらかになる訳で、通常ならダグラスに前者を作らせるんでしょうが、この場合
ダグラスは「DC-8の胴体を延長した-60シリーズ」を売り出していたことから
初動に遅れ、ロッキードはSSTで失敗というとこになりそうですかねえ・・・
(で・・・ロッキードは最後の博打でトライスターにかけて失敗すると)

255 名無しさん :2019/07/08(月) 06:32:24 HOST:KD124215169144.ppp-bb.dion.ne.jp
越山ジャンボに対抗として史実B-52かC-5を母機としてボーイングかロッキードにワンチャン?
軍用機転用とはソ連機みたいになる合衆国旅客機

256 700 :2019/07/08(月) 08:40:46 HOST:KD119105029058.ppp-bb.dion.ne.jp
>>255
B-52改造と聞いてストラトクルーザーみたいな不恰好にデブった機体を想像してしまった。(w
C-5は椅子を並べれば兵員600人でしたっけね、747よりも積める。サービスは比較すべくも無いけど。

257 名無しさん :2019/07/08(月) 10:43:54 HOST:softbank126077075064.bbtec.net
>>256
C−5ベースだと、機内設備を装備しまくっても、お釣りが来ますからね。

上の方でIl- 62の話を書いたけど、考えてみれば豊臣世界だとわざわざ欧州機のコピーじゃなくて、普通に日米機のコピーという可能性もあるのか
一応、DC-8クラスだったら搭載量的に問題ないし…コンヴェアのやつだと厳しいけど、どこまでストレッチできるのか

258 700 :2019/07/08(月) 12:50:58 HOST:KD119105029058.ppp-bb.dion.ne.jp
>>257
コンベアのCV880/990はDC-8と比べても大分小さいから無理でしょう。
DC-8が初期型でさえ乗客177名に対して大型化したCV990で133名だから。
最終型のDC-8-61/63は乗客259名まで増やしているし、CV990で同じレベルまで増やそうと思えば胴体長を2倍にしないと。
実際DC-8-61/63の横からの写真を見ると不安になるぐらい細長い胴体してますし。
#そのDC-8の2倍の乗客を運んだB747が如何に化け物か良く判る。(初期型日本国内仕様で乗客563名)

259 yukikaze :2019/07/08(月) 22:05:47 HOST:134.228.242.49.ap.seikyou.ne.jp
そういや設定では、ターボプロップに軸足おいた三菱がさっさと
C-130作って、ロッキード涙目にしていたっけか。

ついでにいえば、対潜哨戒機は越山が作成し、この時点でボーイング707
クラスの4発ジェット対潜哨戒機ということやらかしていそうですが。

260 700 :2019/07/09(火) 16:14:28 HOST:KD119105029058.ppp-bb.dion.ne.jp
>>C-130
アメリカ軍向けだけでも相当数売れそうだから商売としては泣くことはないでしょう。
オリジナリティの無いコピー商品扱いされるかもしれないけど。

>>4発ジェット対潜哨戒機
コメット=>ニムロッドよろしく下腹の膨れた707になるんだろうか。

261 名無しさん :2019/07/09(火) 16:38:44 HOST:dhcp14061.orihime.ne.jp
軍用輸送機という物を作ろうと思ったらどうしたってC-130みたいな物に行き着きますからねえ。

262 名無しさん :2019/07/09(火) 19:30:16 HOST:pw126233010088.20.panda-world.ne.jp
>>216
そりゃ、冷戦終了後の豊臣夢幻世界の日米首脳部は欧州のやらかしの愚痴を言い合いますわな。

263 名無しさん :2019/07/09(火) 19:33:13 HOST:softbank126077075064.bbtec.net
>>262
まあ、中共ほど強大化してなさそうだし…>印度

264 名無しさん :2019/07/10(水) 19:39:07 HOST:i220-108-255-234.s41.a037.ap.plala.or.jp
しっかし、インドが中共の代わりに強大化するんか。
中共は共産主義でムリクリOSを改造して何とかしたけど(解決したとは言っていない)
どうやってカースト等の国内問題を解決(解ry)したんだろう?

265 名無しさん :2019/07/10(水) 20:06:32 HOST:sp49-98-64-79.mse.spmode.ne.jp
インドなら上位カーストが皆共産党に入ったんでは?

266 名無しさん :2019/07/10(水) 20:11:28 HOST:p2939235-ipngn201004osakachuo.osaka.ocn.ne.jp
解決してなくても無理押ししてるんだろう

267 yukikaze :2019/07/10(水) 22:13:23 HOST:131.82.0.110.ap.seikyou.ne.jp
>豊臣夢幻会のインド

戦後夢幻会世界の共産中国より総合力では上です。
これにはいくつか理由がありまして・・・

1 ソ連陣営に行くまで、インドはイギリスの有力な外貨獲得国であり、イギリスは
  さまざまなもの(兵器や工業製品含む)を売却。
2 ソ連陣営になって以降は、ソ連の有力な同盟国&西側諸国の工業製品を保持していたことから
  ソ連との間で技術交流が盛ん。
3 冷戦終了後は、世界最大の人口を有していたことで、欧州諸国が売り込み開始。
4 インドの悪癖である自国開発能力の迷走は、1970年代の粛正騒ぎでそれなりにマシに。
5 大インド主義を掲げることで、カースト制度の問題点を無理やり逸らす。
6 経済左前になったソ連が、インドの開発解放経済路線とリンクする代わりに、
  旧ソ連の軍事技術を放出。なお先にウクライナもやらかした模様。

流石に5の大インド主義を掲げたことで、日米との関係が悪くなり(何しろインド洋の安全が脅かされる)
史実中国程の経済成長はしていない所ですが、それでも地域大国としては十分です。

268 名無しさん :2019/07/10(水) 22:16:35 HOST:p2939235-ipngn201004osakachuo.osaka.ocn.ne.jp
問題は何一つ解決しないまま取りあえず成長だけしていく爆弾か
矛先逸らしに外に打って出るのが目に見えるな

269 名無しさん :2019/07/10(水) 22:32:04 HOST:210-194-52-243.rev.home.ne.jp
インドの軍事力はどれぐらいだろ、史実より数は上、質は下って感じかな?
空母はヴィラートだけどこの世界のイギリスはデューク級の為にセントー級保有してなさそうだし
かといってクレマンソーもなさそうだし…

270 名無しさん :2019/07/10(水) 23:06:51 HOST:i220-108-255-234.s41.a037.ap.plala.or.jp
ああ、中共と同じく経済発展とそれによる軍拡で国内の問題を誤魔化したのか。
発展が行き詰ったらインドとパキスタン・バングラデシュの再統合を叫んで問題から目を逸らすと。

271 名無しさん :2019/07/10(水) 23:12:16 HOST:i220-108-255-234.s41.a037.ap.plala.or.jp
6はロシアの資源と余剰兵器をインドに売って外貨を稼いでるのか。

272 トゥ!ヘァ!スマホ :2019/07/10(水) 23:28:55 HOST:FL1-122-131-248-133.kng.mesh.ad.jp
そういやまとまった中国がいないので世界唯一の超人口国家なのか。

273 yukikaze :2019/07/10(水) 23:35:37 HOST:131.82.0.110.ap.seikyou.ne.jp
>>269
ソ連から軍事顧問団来ていますが、これがソ連では傍流の連中。
で・・・当時のソ連はというと「核万歳」
言うなれば、「核抜きの縦深戦略理論」学んでいた連中がインドに来ると。

兵器の質的には西側先進諸国に一歩劣るかもしれませんが、舐めることはできん面子です。
実際、カシミールで優勢勝ちしましたし。

後、空母に関しては、史実と違って保有しておらず、潜水艦と爆撃機による対艦ミサイル攻撃
に注力している状況ですねえ。
まあ海軍は実質、ソ連海軍の分家みたいなものですが・・・
(国威高揚で空母作る可能性はありますが)

>>270
なおスリランカやチベットはもとより、アフガニスタンやミャンマー辺り
まで「大インド」の範疇と見なしている模様。

274 名無しさん :2019/07/10(水) 23:41:47 HOST:p2939235-ipngn201004osakachuo.osaka.ocn.ne.jp
日本もインドとか言い出してないからまだ奥ゆかしい

275 700 :2019/07/11(木) 05:27:33 HOST:KD119105029058.ppp-bb.dion.ne.jp
>>273
史実でもチャーリーI級巡航ミサイル原潜を1年ほどレンタルしていましたしね。
これがもっと大々的に実行されるのかな。
#当時連載されていた沈黙の艦隊でも登場したけど、登場した頃にはレンタル終了していたというオチ。

276 名無しさん :2019/07/11(木) 10:39:20 HOST:FL1-122-132-198-56.tky.mesh.ad.jp
>>273
核抜きの縦深戦略理論学んだ傍流がインドに来るとか、クッソヤバいやんけ
そのうち中華みたいに分断されそう(小並感

277 700 :2019/07/11(木) 17:59:33 HOST:KD119105029058.ppp-bb.dion.ne.jp
60-70年代のソ連陸軍にとって師団配備の地対地核弾頭ロケット/ミサイルは現代アメリカ軍にとってのMLRS/ATACMSみたいなものだから。
あくまで戦術兵器であり、現場指揮官は威力のでかい砲兵としか捉えてない。
だから核があるかないかによる違いは初手の破壊力だけ、やること、やれることは同じ。

政治士官制度も言われるほどアホな連中ばかりではなかったらしいし、
士官のシステマティックな養成に関してはソ連と言う国は戦前から優秀ですよ。
職人芸のドイツ陸軍を訓練された士官層が大粛清で消えた状態から叩き潰しているんだから。
#まあシステマティック過ぎて変な方向へ行くこともあるみたいだし、ノーメンクラツーラ絡みの使えないのも居るけど。

278 yukikaze :2019/07/11(木) 22:34:58 HOST:208.228.242.49.ap.seikyou.ne.jp
>>277
問題は、史実では科ミサイル大好きっ子なフルシチョフから通常兵器重視のブレジネフに変わったのですが
この世界ではフルシチョフ政権が長く続いてしまいまして・・・

ようするに『核のパイ投げ合戦』に適応する師団編制に最適化しすぎちゃったんですね。
史実ペントミック師団を軸に、各連隊に支援部隊を結合させて、連隊戦闘団を主力とした代物。
無論、指揮上の負担が問題となるのですが、幸か不幸か、ソ連という御国は、戦術の当意即妙性については
それほど重要視しておらず(そもそも小手先の戦術で対応できないレベルの数的優勢ありますし)、
大規模師団編制して悉く吹き飛ばされるよりは、ペントミック師団にすることで、こちらの損害を限定しつつ
こちらの核攻撃でズタボロになった西側の陸軍を突破しようとしていました。

で・・・傍流の面々は「言いたいことは分かるが、幾ら何でも師団の衝撃力弱すぎね」ということで
史実のような師団編制を提唱していました。
結果的に、フルシチョフ閥からにらまれた彼らは、インドへと左遷されますが、インドで自身の理論を
実験し成果を上げることになります。(つまり史実ソ連の80年代の編制をインドで実践した訳です)

279 名無しさん :2019/07/11(木) 23:09:30 HOST:i220-108-255-234.s41.a037.ap.plala.or.jp
>>273
スリランカやチベットはギリギリ分かるけどアフガニスタンやミャンマーは別じゃね?
と思うんだが、どういう理由で「大インド」に含めてるんだろ?
>>278
インドで成果を上げたことをソ連本国はどう思うのか・・・インドが特殊だからと思い込むのか。

280 名無しさん :2019/07/11(木) 23:15:25 HOST:i220-108-255-234.s41.a037.ap.plala.or.jp
>>279
×スリランカやチベットはギリギリ分かるけど
○スリランカはギリギリ分かるけどチベットやアフガニスタンやミャンマーは別じゃね?

281 700 :2019/07/12(金) 00:31:46 HOST:KD119105029058.ppp-bb.dion.ne.jp
>>278
ああ、なるほど。
ペントミック師団化連隊化しちゃったソ連軍に対し、
そこに至っていない60-70年代のソ連軍ですか。
こりゃ通常戦でも戦術核のぶつけ合いでも最強だわ。
怖いのは初手で核攻撃を喰らうことで、敵は核を持っていないか、
エスカレーションドクトリンなんだから初手は取れる。

>>279-280
ムガール帝国の最大版図の西側はアフガニスタンを含んでますな。
#開祖はアフガニスタン出身でインドに王朝を築いた

ミャンマーはイギリス領インド帝国の一州だったからその一環での主張かな。

282 トゥ!ヘァ! :2019/07/12(金) 00:34:30 HOST:FL1-122-131-248-133.kng.mesh.ad.jp
自分こそイギリスの正当な後継者なんで最盛期大英帝国領全てがインド。
ってのは流石にインドの心情的に無理ですかねw

283 名無しさん :2019/07/12(金) 00:54:09 HOST:i220-108-255-234.s41.a037.ap.plala.or.jp
自分でも調べてみた。
アフガニスタンはムガール帝国か後はマウリヤ朝かな?スリランカはチョーラ朝の領土だったからかも
ミャンマーはイギリス領インド帝国だったからだろうけど都合がよすぎないかw
チベットがよくわからない。

284 名無しさん :2019/07/12(金) 00:54:23 HOST:softbank126077075064.bbtec.net
>>267
4の自国開発の迷走の是正についてですが、リアルだとDRDOの影響力が強すぎて軍も口出しできない有様だしちょっとやそっとじゃ是正は難しそう。何しろ転がり込んでくる利権が半端ない。

欧州から何を買ったか気になります。史実だとボフォーススキャンダルとかあったけど

あと、カーストの問題を大インド主義で抑え込んだとありますが、ヒンドゥーとそれ以外の対立とか、各地の分離主義運動なんかも抑え込むために酷い事になりそう。

>>279
「パキスタンとバングラデシュは元々インドだった。つまりインドだ。スリランカはタミル人が暮らしている。つまりインドだ。チベット仏教はインド発祥だ。つまりインドだ。アフガニスタンのガズナ朝やドゥっラーニー朝はインドの一部を支配した。つまりインドだ。ミャンマーのロヒンギャはベンガルから来たと主張している。つまりインドだ。」
とりあえず、考えついた理由を列挙してみた。

あと、歴史的なものからすると、マレー半島(南インドのチョーラ王朝の遠征実績あり)、イランのバローチスタン(パキスタンと同じバローチ族が居住)なんかも入りそう。
まあ、実際には英領インド帝国の一部だったってだけなんでしょうが

そういえば、史実だとアパルトヘイト下でもインド人はある程度優遇されてたけど、豊臣世界だとインドが南アにおける史実日本ポジをゲットするのかな?

285 名無しさん :2019/07/12(金) 01:05:35 HOST:i220-108-255-234.s41.a037.ap.plala.or.jp
>>284
パキスタンとバングラデシュ、スリランカはわかる。アフガニスタンもわかる。
ミャンマーもまあ、ギリギリでわからんでもないがそれでもミャンマーの一部やん。
チベットが強引すぎぃ。これが通るなら仏教圏が全てインドやんw

286 トゥ!ヘァ! :2019/07/12(金) 01:10:01 HOST:FL1-122-131-248-133.kng.mesh.ad.jp
中国や東南アジア、日本までを強引にインドと仮定できますな。

第一仏教線とか第二仏教線なんかが引かれてしまうです?

287 名無しさん :2019/07/12(金) 01:32:10 HOST:softbank126077075064.bbtec.net
>>285
正直チベットって、ヒマラヤのおかげかインドとあまり喧嘩してないので…一応、吐蛮のときはガンジス川まで略奪しに行ったそうですが、まあそれぐらいですかね。

288 名無しさん :2019/07/12(金) 11:25:22 HOST:softbank126077075064.bbtec.net
そういえば、yukikze氏が中華難民の対策にチベットがインドに泣きつくとか言ってたから、
もしかしたら、チベットが泣きつく→お前もインドだ、な流れなのかも

289 yukikaze :2019/07/12(金) 22:23:42 HOST:233.228.242.49.ap.seikyou.ne.jp
>>279
ミャンマーとチベットに関しては、前者はイギリス領インドに併合されており、インド人が金融等でミャンマーに君臨した事実
チベットは冷戦時に影響力強めたのが大きいです。まあインドは本国の外周部の防衛ラインとしてミャンマーやチベット、アフガニスタンを
欲している側面があるので、ぶっちゃけ「大インド主義」なんて国内向けのスローガンです。
なおネパールは、インドに従属している状況。

なおインドのカシミールでの戦果を聞いたソ連の反応
「どうせ核を持っていない連中の戦争だろ? 俺達には関係ないね」

>>281
まあ傍流の本音は「一発撃ったらどちらも破滅の核を簡単に使えるのか?」でしたので
史実自動車化狙撃師団のカテゴリーA部隊の戦術核部隊を多連装ロケット部隊に改編したものを
インド軍最精鋭師団にしたりしています。(ソ連本国には「戦術核の代替」と言っていますが)

もっとも、あれだけ強力な部隊を多数そろえるのは不可能ですので、多連装ロケット部隊の削減や
戦車部隊を大隊編成で留めているのが数的主力なんですが。

>>284
1970年代の体制転換で、イギリスと甘い汁吸っていたDRDOは、軍の恨みもあって、物理的に解体再編されています。
まあ後継は後継で、軍サイドの口出しが強すぎて迷走しちまう場面があるのですが、ソ連がテコ入れした影響は大きく
史実よりは大分マシになっています。

290 名無しさん :2019/07/12(金) 22:44:25 HOST:i220-108-255-234.s41.a037.ap.plala.or.jp
>>289
国内向けのスローガンなのか、でも真に受けたヤツがでてきそうで怖い。
ネパールやブータンはインドに近すぎるからな・・・
それでいいのかソ連?核を使えない戦争の重要な戦訓だと思うんだか。

291 名無しさん :2019/07/12(金) 22:47:25 HOST:p2939235-ipngn201004osakachuo.osaka.ocn.ne.jp
>>290
核使わなかったら、日米のレベルを上げて物理で殴る戦術に対応できないが前提にあるんじゃないかな

292 名無しさん :2019/07/12(金) 22:48:00 HOST:softbank126077075064.bbtec.net
>>289
なるほどDRDOが解体された結果逆に用兵側の口出しがひどくなった、と

70年代の体制転換ということは、ネルー・ガンディー王朝体制が存続したんですかね?
まさかのジャナタ党政権がナショナリズムを全面に押し出して長期政権化とかなら笑いますが

293 700 :2019/07/12(金) 23:30:13 HOST:KD119105029058.ppp-bb.dion.ne.jp
>>289
ワルシャワ条約機構軍のザーパド演習でしたっけ?それとも別の図上演習だったかな?
前線配備想定の師団が開戦初日どころか開戦数時間経たずに核ロケットを撃ちつくしたと言われたの。
師団長レベルで核運用権を持っているということと、でかい大砲としか思っていないトリガーの軽さに当時のNATO軍が青くなったとか聞きましたが。
#ソ連軍の参謀本部はフランス突入までを想定した弾数を初っ端に使いきられて別の意味で青くなったそうですが。

294 名無しさん :2019/07/12(金) 23:37:03 HOST:softbank126077075064.bbtec.net
そういえば、ハンガリー動乱の時にとりあえず核落とそうとしたみたいな話をどこかで聞いたなぁ。
本当にでかい大砲としか思ってなくて色々やばい。

295 トゥ!ヘァ! :2019/07/12(金) 23:56:16 HOST:FL1-122-131-248-133.kng.mesh.ad.jp
ハンガリー動乱の時でさえそれならソ連が核の夢から覚めたのっていつ頃なんだろうか…

296 yukikaze :2019/07/13(土) 10:38:42 HOST:233.228.242.49.ap.seikyou.ne.jp
>>292
むしろ逆で、ネルー・ガンディー王朝体制が完全に終焉しました。
それなりに外交バランスの取れていたネルーが死んで、ある意味原理主義者だったインディラ・ガンディー
に危機感抱いたイギリスが、いつもの搦め手でガンディー失脚させたまでは良かったんですが、よりにもよって
ソ連に亡命し客死していたチャンドラ・ボースの一派が、インドに舞い戻って勢力を伸ばし政権奪取。
で・・・ある意味ガンディーよりヤバイ面子が政権についたことで、イギリスは、当初は懐柔をしようとするのですが
反英の彼らが聞き入れる訳もなく、イギリスの目論見は頓挫。

インドの民族運動焚き付ける彼らの前に、対抗馬となるガンディーを引きずりおろしてしまったイギリスと
インド国民会議に対抗する術はなく、結果的にイギリスが取った手段は、非合法的な手段による政権奪還だったのですが
インド国民会議派の杜撰な行動により、ボース一派の先制攻撃を許してしまい、結果的に失敗。
イギリス大使館は、インド人の怒れる民衆に取り囲まれる羽目になり、脱出させようとしたイギリス軍も、急な出撃であったことから
機材トラブル等が続出し、これまた作戦失敗。(ついでに正当防衛とはいえ民衆に向けて銃を乱射した映像が全世界に流れたことで
イギリスの評価は最悪に)

ちなみに流れとしてはこんなもん。

1 ネルー→ガンディー路線で、大インド主義が高まりを見せる。
2 インドとパキスタン緊張状態に。インドはパキスタンを挑発。
3 アメリカ、インドに対して自重するよう外交的に働きかける。
4 インド、アメリカの自重要請に消極的。イギリスもインドが大事なので動きは鈍い。
5 アメリカガチギレ。インドに対する援助を停止。イギリスにも「いい加減、連中何とかしろや」と抗議。
6 板挟みにあったイギリス、外交で何とかするにしろガンディーが邪魔な為、謀略を使うことに。
7 ガンディー失脚するも、インド国民会議派に混乱納める人材がなく、ボース派が台頭することに。

>>295
ナム戦の結果受けてじゃねえかなあ。
まあ核に注力しすぎたフルシチョフが失脚した反動もあると思うけど。

297 名無しさん :2019/07/13(土) 12:04:01 HOST:ai126183050243.57.access-internet.ne.jp
 雑談スレで「アルキメデスの大戦」ネタが盛り上がっているので、ちょっと思い付きました。

「芹沢博士の大戦」

 開戦前。偶然にも酸素をあらゆる方面から研究していた際に発見したオキシジェンデストロイヤー。

 水中で使用すると、周囲の酸素を徹底的に破壊。船舶や建築物を破壊する威力は無いが、あらゆる生物は細胞中の酸素さえ破壊され尽し肉体が崩壊し溶解してしまう驚異の存在。

 独自の情報網により、この存在を知った帝国(夢幻会)は多大な予算を費やして水中型のみならず空中でも使用できる事に成功。

 宣戦布告と同時に、日本大使館で作動する禁断の兵器。砲丸投げの玉程度の大きさで大都市を完全に死滅させ得るそれを大使館の地下室を満たすほど用いるという事は、北米東海岸一帯から空も陸も海も、全ての生命を消し去るには充分すぎた。

 同時に、真珠湾を始め西海岸沿岸の沖合で伊号潜水艦から発艦する零式小型水偵。彼らが積んでいる60キロ爆弾は、通常の弾頭では無かった。

 開戦劈頭に、北米の両岸地帯を政財官軍民とわずノーマンズランドどころか虫一匹草一本残らぬ死の大地に変えれば、少しは勝ち目も出ますかね?

298 ham ◆sneo5SWWRw :2019/07/13(土) 12:13:42 HOST:sp1-75-249-226.msb.spmode.ne.jp
講話する相手が居なくなって、延々と戦うのでは?

299 名無しさん :2019/07/13(土) 12:22:24 HOST:ai126183050243.57.access-internet.ne.jp
 オキシジェンデストロイヤーで汚染された地域は暫く死の世界なので、被害地域に調査に訪れた安全圏からの訪問者も二次被害に。

 異常な事態への理解が進む前に、内陸部にも河川を遡上して侵入させた潜水艦から発艦させた水偵で……。

 うん、本当に原水爆以上に恐るべき兵器だ。でも、大都市や州都を消し去っても、大人口を抹殺するのは無理か。

300 蓬莱人形 :2019/07/13(土) 12:43:12 HOST:hccdb6a8441.bai.ne.jp
講和する相手云々という話に限って言えば条件は憂鬱本編と大して変わらないかと
憂鬱本編でも合衆国の政府と議会は消滅したし本編で臨時首都になったシカゴは攻撃できる位置じゃないから

301 名無しさん :2019/07/13(土) 12:44:33 HOST:sp49-96-17-104.mse.spmode.ne.jp
>>298
勝利者などいない大戦か

302 名無しさん :2019/07/13(土) 12:55:12 HOST:ai126183050243.57.access-internet.ne.jp
 シカゴ……。

 個人が運べる大きさなので、戦前から第三国人に偽装した潜入工作員を大都市に送り込んでおくか、開戦後に潜水艇や水偵で沿岸部から工作員を送り込むか、偏西風を利用すべく本土で風船爆弾を大量生産してばら撒くか。

 いっそ事故に見せかけて、開戦と同時にワシントン・ロンドン・ベルリン・モスクワの日本大使館で一斉に大量のオキシジェンデストロイヤーを起動させて各国首脳を消滅させて大戦どころではないように……。

303 クー&ミー :2019/07/13(土) 14:00:17 HOST:sp49-96-14-177.mse.spmode.ne.jp
まぁ、某架空戦記では宣戦布告と同時にニューヨーク、フィラデルフィア、ボルティモア、ボストン、ノーフォーク、ニューオリンズ、ヒューストン、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、プレマートン、ポートランド、サンディエゴに核兵器テロやっていますし…
(核兵器は南米船籍の貨物船に積んで港に潜り込ませた)

304 名無しさん :2019/07/13(土) 14:10:15 HOST:softbank126077075064.bbtec.net
>>296
そういやボースなんてのもいましたね。で、インドは名実ともに社会主義化ですか、だからヒンドゥー至上主義ではなく大インド主義なんですね。
シーク教徒のパンジャブ独立運動なんて宗教色がつよいから徹底弾圧でしょうね。
ISIが宗派問わずインド各地の宗教系過激派組織を煽ってたりしそう

305 リラックス :2019/07/13(土) 14:10:51 HOST:119-228-10-186f1.hyg1.eonet.ne.jp
その状態で海軍戦力を一度潰しちまったら、内ゲバせず各州を纏め上げて対外戦争を続行出来る体制が出来てないんだったらわざわざ沼に嵌り込んで戦う必要ないと思う、たべやすいところ(美味しいところに非ず)だけ食べて放置

あるんだったらそこを纏めてる所と交渉するでしょ

306 クー&ミー :2019/07/13(土) 14:14:46 HOST:sp49-96-14-177.mse.spmode.ne.jp
まぁ、東西両海岸の都市が消えたら確実に経済力だけでなく兵站も死ぬ。
そうなると、生き残っている米軍も根無し草。

植物の細胞も破壊可能なら、穀倉地帯にばらまけば食料生産力も死ぬので翌年から飢餓が襲って人口は減るな。
と云うより、生存者は食料を求めて周辺国に雪崩れ込む。
そして発生するのは略奪、殺人…etc

そうなれば…。

307 名無しさん :2019/07/13(土) 18:07:39 HOST:ai126164001010.72.access-internet.ne.jp
 うん、やはり原水爆以上に恐怖の兵器ですな。

308 名無しさん :2019/07/13(土) 19:08:17 HOST:210-194-52-243.rev.home.ne.jp
>>303
総〇〇記ですねわかります

大インドか…まあメンドクサイなしかもインド洋航路防衛もあるし

309 クー&ミー :2019/07/13(土) 21:31:17 HOST:sp183-74-192-28.msb.spmode.ne.jp
>>308
詳しく言うと、それの派生ネタである摂○○記ですね。
あの(憂鬱)辻〜んよりも黒そうな宮様は陛下に毒を盛っていると云う。

310 ハニワ一号 :2019/07/14(日) 00:19:28 HOST:124-141-195-196.rev.home.ne.jp
乙です。
北米東海岸一帯や西海岸一帯を文字通り壊滅したというとんでもない現実に他の国々はまさか兵器によるものとは思わないだろうな。
オキシジェンデストロイヤーの効果範囲が円状に効果を発揮し首都ワシントンにある日本大使館地下室を爆心地にして北米東海岸(フロリダ含む)一帯を壊滅させるレベルなら北米東海岸一帯だけでなく五大湖工業地帯も壊滅しますよ。
首都ワシントンを基点に半径1600㎞で調べた所、内陸部はミネソタ州の半分位(ミネアポリス含む)、アイオワ州の大部分、カンザス州の一部(カンザスシテイ含む)、オクラホマ州の一部、アーカンソー州のほとんど、ルイジアナ州の半分弱(ニューオリンズ含む)までが被害範囲に含まれます。
当然カナダも巻き込まれてケベックやオンタリオの大部分が被害範囲に入りモントリオール・オタワ・トロントなどのカナダの主要都市も壊滅します。
上記の北米東海岸壊滅に加え北米西海岸壊滅(内陸部の被害含む)すればオキシジェンデストロイヤーの被害から逃れた生き残りの州は日本と戦争する所の話ではなくなっていますし日本の勝利は確実ですよ。

なお下記にオキシジェンデストロイヤーの効果範囲を調べる時に使ったはんけい(地図を使って半径を調べるサイト)というサイトを貼っておきますので参考になればと。
ttps://www.cloudwoods.jp/hankei/pc/

311 名無しさん :2019/07/14(日) 02:55:02 HOST:ai126162001226.56.access-internet.ne.jp
 おお、恐縮です。

 さらっと思い付きで書いてみましたが、恐ろしい。やはり悪魔の兵器だ。

 社会インフラは無傷で手に入りそうですが、生物由来の木材とか細胞内の酸素が破壊されて溶解すると建築物も倒壊するかな? 煉瓦建築でも木材は普通に使われていますし。

 摂○○記は今まで知りませんでしたが、これは衝号以上に外道ですね(おまいうですが)。目的と手段が入れ替わっている。

312 クー&ミー :2019/07/14(日) 03:02:01 HOST:sp183-74-192-28.msb.spmode.ne.jp
あれって枯れた(既に死んだ)細胞も溶けるんですかね?

313 名無しさん :2019/07/14(日) 03:04:19 HOST:ai126162001226.56.access-internet.ne.jp
 死骸が溶解するので、多分。

 竹とか、加熱されてほぼカーボン繊維と化している場合であれば大丈夫かな? あるいは、松みたいにヤニが多くて外気に触れにくい部分が多ければ?

314 ハニワ一号 :2019/07/14(日) 08:47:08 HOST:124-141-195-196.rev.home.ne.jp
>>311
悪魔の兵器ですよね・・・。アメリカに限れば沿岸だけでなく内陸部にも被害が出ますので「衝号作戦」以上の被害が出るのは確実ですし。
社会インフラは無傷で手に入りそうでもオキシジェンデストロイヤーによるものと判明せず原因不明のままなら、いつ同じ現象が発生するかも知れない地域に人は定住したくないでしょうね。
そして朝鮮半島にも日本に影響が出ないように威力を調整してオキシジェンデストロイヤーを投入する事を夢幻会は計画してるでしょうな。

315 名無しさん :2019/07/14(日) 11:28:33 HOST:sp49-96-18-173.mse.spmode.ne.jp
ゴジラの骨は溶けたり溶けなかったりだったな

316 クー&ミー :2019/07/14(日) 13:45:34 HOST:sp183-74-192-28.msb.spmode.ne.jp
半島の土地は価値がありますからね。
せめて、半分でも減らせたら…

317 名無しさん :2019/07/14(日) 13:53:08 HOST:ai126162059253.56.access-internet.ne.jp
 機龍シリーズでゴジラの骨が回収されたifは、東京湾ではなく太平洋に面した房総半島沖で使用された為に、湾内よりも広大な太平洋だった事と黒潮の影響でゴジラの骨が解ける前に海流で流された結果だとか。

 他のも、メガギラス編のゴジラはオキシジェンデストロイヤーで撃退されたものの生き延びた個体だとか。

318 ナイ神父Mk-2 :2019/07/14(日) 14:04:33 HOST:sp1-75-235-147.msb.spmode.ne.jp
オキジェンデストロイヤーって効果的には微細化した酸素が分子結合だかを解いて対象を破壊するそうですから、
多分無機有機関係なく効果有りそうなのですよねぇ・・・確かギガデストロイヤーの方の奴だとミクロオキシゲンの時点でもコンクリート位なら容易く融解させる様です。

319 蓬莱人形 :2019/07/14(日) 15:05:02 HOST:hccdb6a8441.bai.ne.jp
そうか、岩石(コンクリートの骨材含む)の主成分の二酸化ケイ素も分解されるのか

320 名無しさん :2019/07/14(日) 22:08:21 HOST:HODcd-04p3-61.ppp11.odn.ad.jp
そういやアメリカの穀倉地帯に北朝鮮がウイルスばら撒く仮想戦記あったな

321 トゥ!ヘァ! :2019/07/14(日) 23:34:50 HOST:FL1-122-131-248-133.kng.mesh.ad.jp
ホームフロントかな? ありゃ小説とゲームだけど。

322 名無しさん :2019/07/15(月) 02:02:56 HOST:67.19.30.125.dy.iij4u.or.jp
Crysisもそうだったけど本来敵は中国だっただろうに文句が怖かったか中国で売れなくなるのが怖かったか
何故か北朝鮮がめっちゃ強くなってるんですよな

323 ham ◆sneo5SWWRw :2019/07/15(月) 02:18:37 HOST:sp49-98-11-241.msb.spmode.ne.jp
>>320
ゴルゴでもイスラム系がニパウィルスによる細菌テロを計画していたな。

324 名無しさん :2019/07/15(月) 06:33:53 HOST:p1114232-ipngn200508kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp
天然痘変異キメラウィルスをドル紙幣に付けたり大都市に散布しよう

325 名無しさん :2019/07/15(月) 10:16:40 HOST:softbank126077075064.bbtec.net
>>321
ちなみにばらまいてたのは日本海軍(朝鮮連邦の傀儡になった海自の成れの果て)らしいですよ。
>>322
でも、ホームフロントの敵兵器はヘリにせよ戦車にせよ中国製だったきが…

326 トゥ!ヘァ! :2019/07/15(月) 12:51:48 HOST:FL1-122-131-248-133.kng.mesh.ad.jp
>>325
ありゃ川にばら撒いてそこから全米に広げたんでしたっけね。

アメリカまで侵攻しているのに中国やロシアにはノータッチな朝鮮。

>>324
ディビジョン世界やんけw

327 名無しさん :2019/07/15(月) 20:39:08 HOST:HODcd-04p3-61.ppp11.odn.ad.jp
逆に日本がアメリカを占領しているのって高い城の男以外あったっけ?

328 トゥ!ヘァ! :2019/07/15(月) 22:32:34 HOST:FL1-122-131-248-133.kng.mesh.ad.jp
レッドサンブラッククロス…は違うか。あれ米英と手を組んで北米大陸でナチスドイツとドンパチだし。

329 SARUスマホ新調 :2019/07/16(火) 00:32:12 HOST:KD106132087045.au-net.ne.jp
ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン
内容はまあ書いてる人がニダー系と云う事でお察し

330 名無しさん :2019/07/16(火) 20:03:46 HOST:softbank126077075064.bbtec.net
>>327
太陽帝国の八八艦隊1934だとルート次第でドイツと日英で分割してたけど単独占領はあったかなぁ…灰田さん連れてきてもできるかどうか…

331 陣龍 :2019/07/17(水) 07:55:23 HOST:124-241-072-147.pool.fctv.ne.jp
天孫来航なら日本単独でアメリカに勝利してますね、核兵器バンバン使いまくって>太陽帝国

まぁアメリカ本土に殴り込んで地上戦して占領はしてないですけど

332 蓬莱人形 :2019/07/17(水) 09:25:54 HOST:bai1b7fa076.bai.ne.jp
ジパング大航海時代でアメリカ合衆国を滅ぼして併合したのは日本列島国家じゃなくて日本人が西海岸に作ったもう一つのアメリカだから該当しなさそうですね。

333 名無しさん :2019/07/17(水) 12:28:28 HOST:sp49-106-210-129.msf.spmode.ne.jp
>>331
天孫日本でも日米戦争の日本側戦死者数を米占領統時の死者数が越えたとかなんとか

334 名無しさん :2019/07/17(水) 20:57:10 HOST:softbank126077075064.bbtec.net
そうか、それがあった>天孫日本
まあ、逆を言えばあれぐらいのチートじゃないと無理ということですね。

335 名無しさん :2019/07/17(水) 22:26:45 HOST:p830095-ipngn200707kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp
天孫日本でも日米戦争序盤は日本列島近郊まで押し込まれてたんだけどね。
日本領域だったハワイやアラスカも失ってる。
そこから逆転して本土爆撃してる。ちなみに先に核を使ったのは米で、日本が爆撃機基地にしてたキューバやプエルトリコに使用したので10倍返しを食らった。

336 194 :2019/07/18(木) 02:25:02 HOST:ai126188091033.59.access-internet.ne.jp
奇襲もあったとはいえ、よく日本近郊まで押し込めたよなぁ。天孫世界の米国。
なお押し切れずに、見るも無残なフルボッコ振りで敗戦した模様。

337 名無しさん :2019/07/18(木) 18:20:35 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp
なんか、ネタ帳整理してたら、大昔にここで投下した一発ネタの続きが出てきた
供養のつもりで投下しますね。

といっても大昔の1発ネタだから、覚えてる人も少なそうなんで、前の奴も一緒に

338 名無しさん :2019/07/18(木) 18:21:29 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

 ―― 皇紀1936年、文永13年8月、博多にて ――――――

 無数の船が博多の港より出港する。それらはその装いや乗っている者たちから
まちがいなく軍船であると言える船舶たち。
すなわち、艦隊。
その1隻の甲板にて、2人の武者。それをのぞき見る女性たちがなにやら算術の勉強を始める中、
2人の武者たちは親しげに、そして周りから聞こえぬ小さな声で話をしている。

「「やっぱりおかしいよなぁ……」」
2人の武者の意見が一致した。

「なんで鎌倉時代の日本で元寇の報復攻撃として、5万の軍勢を大陸に送り込めるくらいの国力と統制が保たれているんだ!?」
どこぞの一つの歴史軸、世界線にて富永と呼ばれていた武者は己の中にある妖気をこの日ばかりは封印に成功し、かつての世にて
東条と呼ばれた武者と会話する。

「やっぱり原因はコレしか思いつかないんだよ」
そう言って東条が差し出したのは金色に輝く『和同開珎』。

「皇朝12銭……が、ここでは皇朝25銭になっている。その上、まだ廃止されていないばかりか当たり前のように貨幣経済が全国
一律で普及している。調べてみたところ、歌名を『辻』と表した貴族がかつていて、財政のすべてを担ったという文章が……」
「…………」
本来の時代であれば、今頃宋銭が出回っているハズだが、史実以上に大量の宋銭を国家主導で輸入しているはずなのに
なぜーか、宋銭そのものはほとんど流通せず、ほぼすべての宋銭を朝廷貨幣に改鋳しているという事実。
しかも大判金貨、金貨、大判銀貨、銀貨に銅貨、鐚銭、一部でアレだが、信用通貨で金・銀本位制的な貨幣体制という微妙に
古代中世を離れた近世的なそれになっている。

「この和同開珎の大判金貨は基本的に朝廷とそれが許した一部貴族だけが所有できる。金貨10枚でこの大判金貨1枚と交換できる。
同じように銀貨10枚で大判銀貨1枚と交換できると朝廷が宣言して100年近くたとうとしている。これにも歌名を『辻』と名乗るのが」
「……でもいないよなぁ……。探したけど、夢幻会……見つからなかったよなぁ……?」
「……いや、そうなんだよなぁ……。多分だけど夢幻会を組織できるほど人がいなかったとかか?」
「「…………」」
2人の答えを返す物は誰もいなかった……。

339 名無しさん :2019/07/18(木) 18:22:02 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

  ―― 皇紀2468年、文化5年8月、長崎にて ――――

「旗を掲げよ!!」
そのかけ声とともにそれが掲げられる。国王陛下万歳! 我らの偉大なる王国の旗。
その名は、ユニオンフラッグ。

その日、その時、その場所でフェートン号は絶頂期にあった。
かつて、掲げられていたオランダの旗はうち捨てられ、代わりに翻るユニオンフラッグ。

「オランダの船を探せ! 焼き払え!」
その叫び声とともに、船員たちは勝利の高揚感に身を任せ――――

――――飛び散る轟音と水しぶきにその気が霧散する。


「なんとか間に合いましたか……」  「辻さん……」
「イヤ、ほんと。大変でしたよ。なぜーか皆さんは2度目、3度目程度の用ですが、私は何故か6回ぐらいこの世界線を
転生している気がします。しかも、夢幻会を組織できるだけの人員も資産も無いというないないづくし」
(((そのないないづくしで、あそこまで暴れてたあなたがおかしいという事では……?)))
ここ10年ほどの時間をかけてようやく再結成されるに至った、夢幻会といつもの会合の面々が長崎奉行所の一室にて
ラーメンを食べながら集まっていた。

「……まぁ、正直、我々が今更何をしなきゃいけないのかっていいたくなる程度にはこの日本は強い気がするんですけどね」
「まったくだ……」  「いえいえ、色々と爆弾自体は見えているじゃ無いですか」
辻が広げるのは一枚の地図。
日本人が見慣れた日本列島。だが、真の問題はその地図の縮尺。とある世界線の21世紀日本人が日本地図を見るときには
明らかに見慣れない物の数々が写っている。

「樺太、千島列島、アリューシャンにアラスカ、南洋群島にフィリピンルソン島とその周辺のいくつかの離島。台湾に中国福建省の
一部沿岸部に、従属国という名目で地図に載る高麗王国にハワイ王国。イギリスやフランス、アメリカと言った後の列強諸国が
いい加減ぶち切れそうです。これらの領域が全部日本の物で鎖国なんですからね」
歴史研究により、鎖国とは正確には中央統制に基づく管理貿易であった事がわかるようになったのだが、江戸時代これらの貿易政策を
外から検証した、つまりヨーロッパ人の学者が『鎖国』と体制と政策を分析したことが輸入された洋書より日本人にも伝わり
何時しか日本は『鎖国』を国法とすると勘違いに至る訳なのだが、ソレはともかく閉鎖的なシステムであることはまぁ、確かな訳で

「これらの島々の住民は必ずしも我々が知る『日本人』として同化してしまったわけではありません。むしろ江戸の封建制が
よりこれらの地域の住民の地域性を強化してる側面に着目せねばなりません。コレでは下手な中央集権改革なんて必ず凄惨な内戦を呼び込みます」
「なるほどなぁ……しかも列強は虎視眈々と狙っている訳で」  「列強じゃ無くても清王朝さんが福建省と台湾を殴りたくてうずうずしてますが」
「「「仕方ないね。建国期からの最大の敵だから」」」
日本乞師は途中まではうまくいったようだが、結局止められなかったようで。

340 名無しさん :2019/07/18(木) 18:22:38 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp
「でも、どうしてこうなった?」  
「平安時代に徐々に進行した国力の衰退や中央統制能力の壊滅を結果的にとはいえ辻さんをはじめとする先人たちが何とかして、モンゴル相手に
鎌倉武将がヒャッハーしまくったからでは?」
「あと、戦国武将もヒャッハーしてますね」  「豊臣もヒャッハーして本家は滅びましたが、羽柴の方は大名として海外利権で生きてますしね」
「つまり、史実より国力は強化されたが史実より火種も増えた?」
「史実の国力が1だとすれば、この時代の日本の国力は10程度にはなってるかと。ただし、史実の火種が1だとすれば、こっちの日本は20」
「国力の2倍じゃ無いですかー!」  「しかもなぜーか、大事な戦国時代、江戸時代前期には1人も転生者がいた痕跡がないんですよ!?」
「何者かの悪意を感じる」  「正直、今の結成されたばかりの夢幻会で何とかなる自信が無いんですが」
「でもやるしか無いのでは?」
結論:やるしか無い。

「とにかく今はフェートン号だ。とりあえず『完成度たけえなおい』で押さえているがどうする?」
「ごめんなさい、私達若者世代じゃないみたいなの」
「まぁ、わかるけどな!」  「お帰り願いましょう。その際、今回の件の謝罪を正式にイギリス本国に要求します」
「そこから、国際社会に入り込むと?」
とある世界線で近衛と呼ばれていた公家は替え玉を頼みつつ、そろそろ自分の出番と鼻息を荒くする。

「であるならば、朝廷の出番になるな」  「外交は朝廷主導で大丈夫ですか?」
「正直不安はあるし、幕府の方が最後はいい結果になる可能性も高い。だが、今のままでは史実の尊皇攘夷なんてなったとき、余計に暴発しそうでもある。
それに、史実でも幕府が朝廷に申し立てを行って大問題になっただろ? それなら最初から朝廷主導だ」
「では嶋田さん、あなたには是非とも老中あたりを目指して頂いて……」  「無理です!」

341 名無しさん :2019/07/18(木) 18:23:16 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

  ―― 皇紀1955、永仁2年、鎌倉にて ――――

「では、それが『正統性』であると?」  「然り、それこそ天朝を支える『道徳的な正統性』の理念」」
「……それでは、徳政でも徳治ではない…………」
「不思議なり。本朝の方々は何時だって、徳という物を法家として語る――――」
――お堂。鎌倉仏教建築の最高峰と言うべき禅寺形式の寺の中にて、響く声。

「それが『朱子学』なり……」  「…………面白い話ではあったし、非常に論理的であると考える」
「それは良かった」
寧一山という元王朝すなわちモンゴル帝国より来航してきた高僧。彼らは日本に最初に朱子学を伝えたと
公的には語られている人物の一人。

「しかし、我らはソレを徳治であるとは決して思えん!!」
北条に連なる男の金切り声。

「……それでよろしいかと」
横から声をかけるのは一人の日本禅僧。

「筋は通っておりますが、しかし、筋が通り過ぎている。世は単純であり複雑でもある。故に現に理が屈する事となるでしょう。朱子学なる物は
まちがいなく、その手の類い出会えると言えるかと。筋が通り過ぎているが故に――――」
「――平行線ですな」
「ええ。出来れば是非とも……『法論』をお願いしたいのです。出来れば本朝と幕府、そして各地の神仏を招き
法論を監する明法道博士の下で。これは単なる法論では無く……『王と覇、徳と人』のあり方をも左右するでしょう」
北条に連なる物は『法論』と聞き、そして前代未聞の提案を聞き、驚きおののく。曰くそのようなことをやって良いのかと。
それに対し日本禅僧は語る。然りと。神と仏、法と人、そしてソレまでの道理をすべて兼ね備えた話をしよう。
それは、ただの法論では惜しいと。
寧一山は感じていた。この禅僧、ただならぬと。おそらくは自らの法論は敗北となるだろう。だが、不思議と真理を
求めていた真実の悟りを得る最初で最後の機会をついに達磨が与えたのかもしれない。ならば言葉は一つ。

「私も是非『法論』を願いたい――――」
「――っ」
北条に連なる物は悩む。だが、これを断る『道理』が無い。
北条の血筋は法と道理に基づく政を行う事を宿命づけられた物だ。北条の始まりは他の名門と称される武家と違い
正真正銘、「賊」、「土地の収奪者」の類いだ。そして、名だたる名家と違って小さすぎる。
そんな家が……悲しいことに1人の女と男が恋をした。
その瞬間より、宿命づけられた。一つ間違えば、『族滅』される立場であると。
何一つ抵抗することを許されず、弁解の機械を与えられること無く……。
そんな北条が、生き残る道はただ、どこまでも機械的に、法と道理に基づく政治を行うことだけであった。
だから――
    ――拒絶できない。
(もしも……北条が滅びる時があるとすれば……ひょっとしたらこの瞬間より――――)
――――後に多くの学者たちは口々に言う。この法論はただの仏教の宗派争いを超えていたと。
そこには、バジェットが、ルターが、カルヴァンがダイシーがジャックルソーが、西洋の偉大な法学者や神学者たちが。
墨家が、儒家が、兵家が、法家が、天道が、東洋の偉大なる英知の研鑽が、まちがいなくそこにはあったと。
ある法学者がこの法論は朝廷と幕府、そして各地の寺社寺院の代表者たちの前で行われた事で
『日本的法の支配』の理論的確立が始まったと評価した。過大評価であるという批判も多いが、この日、確かに何か変わったのかもしれない。
なぜならば、確かにその日より、日本人の徳のある政治とは長く研鑽された法に基づく政治であるという価値観は強化されていくのだから……。

342 名無しさん :2019/07/18(木) 18:23:57 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

  ―― 西暦1811年、皇紀2471年、文化8年水戸藩邸にて ――――

「きましたね! 嶋田さん!」  「辻さん……なんでそんなに張り切っているんですかねぇ……」
「ゴローニン事件ですよ! ゴローニン! 近衛さんがフェートン号で忙しい状況、是非とも我々がお手伝いを……」
「そんなことしてる暇ありません!」(半ギレ
徳川斉脩こと、どこぞの世では嶋田と呼ばれていた男が、これまたどこぞの世で辻と呼ばれた元農民の士分たる
大久保今助と2人きりでこそこそ話をしている。
なお、話が難しく会話内容は理解できないが、それでも女中たちはよく、この2人を立派な参考書として算術の勉学によく使っている。
何でも算用の方式の違いでアツく法論が出来るほど立派な算術の参考書だそうだ。

「しかし、実際手を打たないと藩内部で、攘夷思想の高まりを止めることが出来なくなっていくでしょう。たちが悪いことに、この日本には
それが出来る。それだけの国力がある」
辻の言葉に反論したいが、全く出てこない。史実と称する世界線の徳川斉脩は若いときこそあの水戸黄門の再来などと賞されるほどの
英才を見せていたが、体が弱くまた臆病な性質を隠し持っていたためか、何時しか藩内部を統制する力に欠けていくことになる。
嶋田も、生まれたときよりそうはならないように注意してきたが、それでも肉体の問題というのは簡単には解消出来ないようで史実より
10年ちょっと程度長生きするぐらいだろうなと最近あきらめ始めていた頃だった。
まぁ、これからストレスでぜってぇ寿命縮むんですけどね!

「……転生先が水戸藩と気がついたときより半分覚悟してたんですけど……なんで史実より強いのに史実より難易度インフェルノなんですかねぇ」
「そりゃ、史実と比べ国力10倍、火種20倍って感じの世界線で水戸藩ですよ……? 水戸藩ですよ……。もう一度、水戸藩ですよ?」

343 名無しさん :2019/07/18(木) 18:24:53 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

  ―― 同年、首里にて ――――

「とか何とか、あの2人はやってるんだろうなぁ…………。あいつらはいいよなぁ……なんだかんだで立場も安定しているし」
どこぞの世で(ry
牟田口という男であった魂をもつ『 琉 球 女 王 兼 沖 縄 藩 主 』尚コウはクソ熱い中華風の服を脱ぎ捨て、日本風の琉球伝統衣装へと着替えていく。
この国は昔から、中国の使者を歓待するときだけ都合良く中国からもらった服を着てアピールする癖があった。
というより、中華の奴らは気候風土も無視して、自分たちの服を他人にやたら着させようとするので、それに適応した結果とも言えなくも無かったり。
が、南国で文化的にも言語的にも日本に近い琉球で普段用いられているのは日本の着物に近い服である。

「はしたない」  「コレだから女は」
「神々は怒りを持って」  「はやく後継者を……」

これ見よがししに聞こえる声。立場の弱い女王。だが、そもそも琉球王国に『女王』の歴史は無い。王族の女性は大なり小なり神官として
神女として扱われるのが基本である。というか、何でか知らんが、本来尚コウは男性である。とある世界にて史実と呼ばれる世界線では。

「転生の神様とやらがいたらずいぶんと意地悪な存在に違いない」
史実世界線においても、尚コウは元々継承順位が低く、国王の地位に就くことなど本人は一切考えてなかっただろう。
だが、何の因果か、血筋や時の政治、そして継承権問題から彼が玉座に着くことになった。
この世界線でもそういった数々の要素から結果的に彼女が玉座に着くことになった。
とはいえ、基本的に望まれているのは中継ぎだ。複雑な政治的事情からある種中華風文化メッキを張り巡らせた琉球では珍しく
女性の国王が即位するなぞ、普通はあり得ないのだ。
このことは、史実世界線とは違ういくつかの違いに由来するところがある。
特に代表的な物が3つだ。

1.日本の朝廷由来の征西将軍府が沖縄に設置されている。
2.第1尚家がまだ生きてる。
3.史実においても日清両属の独立国家という訳わかんない琉球の国際環境がさらに分けわかんない沖縄藩とか言う立場になってる。

これらの要素を説明するには、まず史実の沖縄の歴史をちょっとだけ説明する必要がある。
簡潔に言えば、日本列島に最初にやってきた日本人というのは沖縄経由の南方ルートの南方系と北から樺太北海道伝いにやってきた北方系の混在だったと言うことだ。
そして、遺伝子調査からも、日本の稲作は主に南方ルートを通じてもたらされた事もわかっている。
つまり、沖縄経由で米作りが伝わった事になる。
が、ここで不思議なことに沖縄で米作りはおろか農業がスタートするのは日本本土で稲作が始まって少なく見積もっても数百年後の事だ。
実のところ、沖縄はあまり農業に適した土壌環境では無い。
そこがネックとなり農業技術の発達とともに、先進的な技術を持った人々が日本本土や大陸からやってくるまでは、
沿岸部に小さな交易の補給拠点がある程度であった。
それが徐々に小さいながらも都市と呼べる規模に成長し、独自の国家を形成するには数世紀の時間を必要とする。
が、それ以前の沖縄に政権と呼べる物が無かった訳では無い。
奈良時代の記録には沖縄方面から『租庸調』を納めにきた記録がある。
大和朝廷に沖縄からわざわざえっちらおっちら税金を納めに来たという話である。
その後、大和朝廷の沖縄政権は維持することが出来ず、事実上放棄された事から、沖縄で独自の国家的政治勢力が
長い時間をかけて、少しずつ形成されていく。
これが、『13世紀』に形成された『英祖王』を始祖とする最初の琉球王国であり、沖縄本島中南部とその周辺のいくつかの離島からなる国家であった。

……ところで、思い出して欲しいのは元寇って何時だっけ?
答え、『13世紀』。

344 名無しさん :2019/07/18(木) 18:26:33 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

元寇って、確か九州以外にも攻めてるよね? アイヌが戦った記録とかもあるし。で、元寇の軍隊はどこから来たっけ? 大陸だよね?
で、長年大陸と日本本土の接触ルートって何だっけ? えっ? 南方ルート? …………あっ(察し)
実のところ、史実において英祖王朝は実際にモンゴル帝国相手に国家防衛戦争を遂行していたりしている。

で……この世界線の鎌倉武将はどこ相手にヒャッハーしてたっけ? あっ……(察し)

史実の沖縄において、英祖王朝は5代目で崩壊し、その後沖縄版戦国時代として知られる三山時代へと突入する。
いわゆる北山、中山、南山という沖縄本島の三大勢力と宮古八重山の離島地域のいくつかの勢力による群雄割拠の時代だ。
これに勝利を収めたのが元は南山の地方領主に過ぎなかった尚巴志である。
彼は交易利権や水利権を握り、ソレを元手に軍勢を編成し、地方領主に過ぎないはずの立場でありながら中山へと攻め入り
中山の玉座を簒奪。その後、かつての主君であった南山を滅ぼし、いわゆる琉球王国尚家第1王朝を形成するに至る。
まぁ、その後ごたごたがあったり権力闘争の果てに、金丸という出自不明の男――伝説では日本本土から来た技術者か大陸の知識階級――による
事実上のクーデターによって、尚家という王族一同は皆殺しにされちゃうのだが……。

「節刀殿下に改めて申し上げることは、夷狄に決して折れぬ意思を――――」
「――もう良い。私が聞きたいのはそういうことでは無いのだよ。阿児奈波守」
御簾の向こうに誰かいる。本来であれば、王国の国王として絶対的に振る舞えるはずの牟田口女王が王冠をかぶらず平伏している。

「南明(台湾・福建省沿岸部)の泰主――国王・皇帝、どちらでもあってどちらでも無い。政治的あれやこれやで出来上がった造語――より
南蛮人の勢力が拡張してる事への恐れの書状が届いた。徳川にこの書状を渡すのが普段の流れではあるが……」
歌に通じ、京の都の君臨する今代天子の兄に当たる皇族将軍。ここ100年ほど、それまでの公家と武家の境界線が曖昧な羽柴を初めとする
摂関将軍では無く、皇族将軍。

モンゴルにヒャッハーしたり戦国にヒャッハーしたりその他色々あった結果、琉球王国……いや沖縄は晴れて、多重服属構造を持ち服属返しを行う
面倒な国際的立ち位置を獲得し、地雷じみた玉座を持った存在となった。
琉球国王の国王としての立場は、清王朝と南明王朝の半冊封によって王位を保証された物だ。
と、同時に現実の沖縄領域の支配者・統治者としての実力と権力の保証は朝廷より派遣された征西将軍を通じた朝廷叙位による国司長官職、
江戸の幕府により認められる沖縄藩藩主としての国持大名としての立場。そして薩摩藩島津による(半従属)同盟による保証だ。
これだけでも複雑なのに、冊封という意味では上位であるはずの南明を清王朝から守る雄藩としての立場を持っているという訳のわからなさ。
挙げ句の果てに、ルソン島の旧南宋系藩王国の国王から朝貢もらっちゃうとか言う訳のわからなさ。まぁ、大陸や日本本土に行くより近いし、征西将軍がいるから
という理由でいつの間にか、ルソン島に存在するいくつかの藩王国の一種の宗主国という立場を通して
ルソン島が日本の帝国的領域に組み込まれており事実上、ルソン島が日本の物となっている訳だが。
ともあれ、そういった数々の政治的条件と第1王朝最後の国王の必死の政治的あがきによって、金丸のクーデターは事実上の王位簒奪には成功した物の
第1王朝に連なる王族を全員血祭り斬首祭にはならず、第2王朝こそ成立した物が、尚家第2王朝はその成立の瞬間より正統性に幾分かの瑕疵を
内包した存在となった。
彼らは圧政と良政を同時に遂行しなければならない宿命を背負う存在となった。

345 名無しさん :2019/07/18(木) 18:27:06 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp
琉球王国の繁栄ときらびやかなイメージは首府である首里を離れれば離れるほどそのメッキが剥がれるのが琉球王国だ。
だが、それも沖縄の地政学的状況やそもそも論として農業に不向きな土地柄故の問題もあったりする。
簡潔に言えば、この時代の税体系の基本は農業収入だ。だが、農業に不向きな沖縄で農業を行ったところで、機械労働力の無い時代、
今で言えば収入は1000円程度にしかならない。で、これを5割も税金に持って行かれれば、500円。これで1ヶ月生活しろと言われても無理である。
おまけに、当時の価値観的に琉球王府が首里の煌びやかなイメージを崩す事を許せるわけが無く、そしてそこに薩摩島津へと納める物が重なるという始末。
すなわち、二重課税の構造。
ただ、生きていくだけなら、海にでも出て魚を捕れば飢えることは無いはずなのに、水の問題から生産管理の難しい陸稲が主力農産物となってしまい
逆に飢餓を呼び込んでしまう始末。
こうした状況打開として史実で大々的に進められ、こちらの世界線でも進められたサトウキビ栽培は、
そもそもサトウキビはある意味で高麗人参の同類である。ぐいぐいと土地の栄養分を吸い取ってしまう。
おまけにこれまた管理がめんどくさいという手間暇付き。史実であれば、本土が一時期砂糖を大量に輸入し潤った物のそれに危機感を持った
幕府の砂糖自給政策によってこれまた破綻を迎えてしまうことになる。
というか、琉球は中継貿易で儲けていた国である。
ところが、中継貿易というのは要するに中抜きな訳で
中国商人&日本商人『『直接やりとりすれば安くなるんじゃね?』』
これに追い詰められることになる。
ついでに、オランダが東南アジアで暴れ回ったことで貿易網が破壊されてしまったという落ちがつく。

結果、史実の琉球王国の末期は、どこぞの将軍様がミサイルで納める金ぴか王朝よろしくな事になってしまっていた。

幸いな事にこの世界線はそこまで追い詰められていない。何故ならば――――

「――――オランダ人は、神州の威光なく、大東亜にこれ以上の覇を唱えることが出来ないと私は長年聞かされていたのだぞ?」
オランダが、史実で暴れる事が出来たのは……

「節刀殿下、オランダが大東亜にて暴れるには必ず必要な物がございます。軍資金です。それもできる限り本国に頼らぬ安定した
財源にございます。それを提供出来るのは本朝に他なりません。かの石見の銀山は遠く聞くポトシの銀山以外に比類する物なき大銀山。
彼らはソレを持って、大東亜にて商業の覇道を唱えたのです。しかれども、銀を必要とし欲すのは彼らだけにとどまりませぬ。
そもそも神州の銀はまず、神州で使われてこそにあります」
そう、史実において、オランダが暴れ回る事が出来たのはそういう背景があったから。そして――――

346 名無しさん :2019/07/18(木) 18:27:48 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

「――幸い、我が国、我が藩は石高では無く部分的ではありますが、貫高による徴税を行っております。本朝の外に流出した銀の一部を
回収し、再び神州に還元出来る体制がそろっております。オランダ人が神州の威光無く大東亜にこれ以上の覇を唱えることが
出来ないのは紛れもない事実! 殿下が心配なさることはございません!」
史実より貨幣経済や金融工学が発達していたおかげで、金や銀の流出は史実に比べると抑えられていた。結果として
オランダの暴走は史実より小さくなっており、琉球も比較的大きめの遠征軍隊を有する国家として存在していた。
とはいえ、所詮は小国であり日本本国からの援軍を待つ2〜3日ほど時間を稼げればいい程度の物だけど。
が、その結果、琉球王国の玉座にして沖縄藩藩主の座は地雷原の上でタップダンスを踊るような物になった。
軍隊と一定以上の食糧自給率を維持するには、圧政同然に地方を絞らねばならない。だが、下手に絞れば第1王朝の血筋を
誰かが担ぎ上げて簒奪の嵐が吹き荒れる。だが、軍隊と一定以上の食糧自給率を維持せねば、島津に飲み込まれ、何より
沖縄の役割たる、大陸権益の日本側守護者の地位を喪失する。
複雑で面倒な政治的事情を元に誕生した女性の国王。

だが、そこに、こんな面倒な玉座、出来れば適当な人間に押しつけたいと言う大勢の意図を感じてしまうのは自分の考えすぎであろうか。

「つまり……阿児奈波守は攘夷は可能であると? コレはおとう……陛下にいいことを伝えられそうだ」
「――! お待ちください! そのような意図を申したわけではございません!」
ああ、何故……なぜ、皇族将軍なのだ。中央で何が起きている。どういう政争が進んでいる。
参勤交代はこの世界線でもある。だが、史実より領域が広いためか、本州・四国・九州の大名は2年ごとに1年。
それ以外の地域は5年ごとに1年江戸にいればいいという事になっている。
最も中央の政治の情勢を知るためにも無理して、そして自らの藩の力を示すために財貨をばらまく参勤交代が
頻繁に行われており、幕政はもとより各地の藩を悩ませているのだが。
ちなみに、沖縄藩は、同時に琉球王国という立場もあるため、参勤交代とは別に通信使を送る。
中国からもらったせっかくの上等なクソ厚い服を着ろとのお達しだ。その方が、何というか将軍家に箔がつく。
外国を従えてる感が出て。

なお、本人は気がついていないが、本人のおかげで一つだけ進んだ点がある。
簡単に言えば、兵站の神様は元々はどこぞの21世紀世界線を生きた事があるわけで、当時の主流だったり
聞き慣れた『音楽』を未だ覚えているわけである。
津波で一つの国家を滅ぼした時代においても、重要なある音楽的素養を手に入れるにはある種当然の環境がそろっていた。
すなわち、『三拍子』。
日本古来の音楽には実は、三拍子が極端に存在しない。皆聞き慣れていないので三拍子の曲は無いに等しい。
基本的には二拍子、四拍子が主流である。そんな日本人に三拍子が広まったのは明治より日本に伝わった曲『エーデルワイス』が
原因だったりする。というか、アレが教育プログラム的に最適すぎて、エーデルワイスを学校などで教えたことで広まった訳である。
歴代の転生者たちはどうも音楽的能力が高くても、立場やその時の時代的状況からなかなか改善出来なかったようだが、彼女が
鼻歌交じりに歌ったことから、観覧の王朝音楽として発達していた琉球音階に三拍子が加わり、凄まじい勢いで音楽史的進歩を
進めており、そのため、音楽的に沖縄に行きたい人が増えてたりする部分があるが、ソレは直接は関係の無いお話。
要するに、王女様って、得だねというだけのお話。
なお、本人にとっては地獄な模様。この後兵站の神様、音楽の女神様となる。

347 名無しさん :2019/07/18(木) 18:28:32 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

 ―― 同年、日本領域外、東南アジア、ボルネオ島北部、ブルネイ王国にて ――――
「うーむ。つまり、日本への布教は難しいか」  「そうと言わざる終えません。布教が出来ればそのよしみを通じて……」
「イギリスやその他、ヨーロッパ諸国への盾として活用できるかと思ったが、うまくいかんか」
ブルネイ王国。小さな東南アジアの国家であり、実態は事実上の都市国家である。
まぁ、さすがに町1個が国土のすべてでは無いが。
後に産油国として東南アジア屈指のお金持ち国家になるのだが、この時代は立場の弱い小国に過ぎない。
最も、この時代のブルネイの領土はどこぞの世界線21世紀より遙かに巨大で南方向へ広がっていたりする。

「あーイスラムの教えを広めて、その好意で守ってもらおうかなーって思ったけど無理カー」
「そもそも、イスラムに伝道師はおりませぬ。正統派な考え方ではそもそも皆が良きイスラム教徒であろうと努力し続ければ
必然的に理想の社会が訪れます。理想の社会を見た物がソレを何時しか学ぼうとするので、自然と広まるはずという物です」
「わかってるよ、そういう考え方が正統派だって」
イスラム教は実は、時代と地域によってはすっごくガバガバだ。近代になって、アンチヨーロッパこじらせたり、ナショナリズムこじらせたり
イスラム教の宗教改革運動こじらせたり色々こじらせた結果、どこぞの世界線21世紀へと繋がっていくことになる。
そもそもイスラム教では酒は規制されるべきだが、歴史上、イスラム教世界では他地域より遙かに医学が発展しており、
その原動力が実はラム酒を作る過程で出てきた酒粕を使った蒸留酒を転用した
消毒用アルコールといった所から、言うほど規制もクソもないという事がよくわかる話である。

「けどさぁ……現実に今、ヨーロッパ連中が軍艦で続々とやってきてる訳じゃん? 昔より遙かにパワーアップして
となると、どこぞの大国の庇護って奴が欲しい訳よ。こういうときに都合良く虎の威をなんたらになりそうなのって清と日本じゃん」
「確かに、清も、日本をぶん殴るために艦隊を整備してますな」  「最も殴り切れてないから事実上倭寇への抑止力で終わってるけど」
「最も倭寇の時代は終わってますが」  「「…………」」
ブルネイスルタン(イスラム系国王・日本史的に説明すると征夷大将軍)の青年にとって、今はまだいいが、100年先はどうなっているか
わからない状況に置かれていた。だからこそ、強くて信頼できて保護してもらえそうな国を探している。

348 名無しさん :2019/07/18(木) 18:29:03 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

「ペナンをイギリスが手放す事はなさそうなんだな?」  
「そうですね。シャム王国から手に入れたペナン島を拠点にマレー半島への進出が本格的になっていってます」
「蛮族のほうは?」  「……知ってますでしょうに」
この時代のブルネイはボルネオ島中央部の原住民主体の戦闘民族の北進に押され、実のところ防衛ラインの死守に国力の大部分を
使っており、弱り始めていた。そこに現れるのがイギリスの冒険家であり、彼は言葉巧みにブルネイ人の軍隊を率いることになり
蛮族討伐に大きな成果を上げる。そして、時のブルネイ国王は彼の功績に対して小さいながらも領土を与えた。
これがサラワク王国という名前で世界史に刻まれた国家である。
が、そもそもこの人物はイギリスの冒険家な訳で、ついでに冒険家は野心家だった。
こうして、後詰めのイギリス軍が押し寄せてきて、サワラク王国との長きにわたる戦争に突入する。
結果として、ブルネイは国土の8割を喪失、残る国土を必死に守りながらジリジリと後退しさらに領土を失い、それを繰り返して、
ついにはイギリスの保護領となりどこぞの世界線ではWW2と呼ばれる時代、日本の占領を受ける事になるのだが、それは関係の無いお話。
つまり、この時代のブルネイはイギリスの冒険家が現れるちょっと前。蛮族の北進に苦しめられ、徐々に大きくなってきたイギリスの艦隊に
頭を悩ませる小国である。

「清を引き込むことは出来そう?」  「……冊封しますか?」
「……アッラー的に出来る?」  「…………まぁ、理屈的には出来るかと……シーアっぽくはなりますが」
「なら、冊封する?」
あーだこーだと議論が進むが冊封に関しては

「時期尚早って事でいいんだよね?」  「ですな。正直、大陸ならともかくこんな辺境にまで軍隊を出してくれる人たちでは……」
「って事はやっぱ日本かー。あっちの『大君(世俗皇帝)』は万が一の時、遅れてもいいから軍を出してくれそうかな?」
「それよりは、琉球国王のほうが軍隊を出してくれそうですぞ。あっちに朝貢してみては? ルソン島はまさにそんな感じで日本の領域に
組み込まれていきましたし」
「…………でも万の単位では出してこないって聞いたぞ」  「そもそも他国を助けるために万単位の軍勢を出す方が普通おかしいのでは?」
「そりゃそっか!」  「「HAHAHA」」
「「……はぁ…………」」
今日も明日もだいたいそんな感じで時間が過ぎていく南国の小王国であった。

349 名無しさん :2019/07/18(木) 18:29:35 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

  ―― 同年、日本領域外、インド帝国にて ――
 あまり知られていない話がある。
アヘン戦争の勃発を望んだ勢力がいると言うことに。最もソレは典型的な陰謀論に飾られた秘密結社がどうとかこうとかでは無く――――

「――よって、東アジアの『政治的恐怖の世界閉鎖』を粉砕する必要があると本国により圧力をかけると言うことで」  「うむ」
インドを根城にするイギリス系貿易商から成り立つ無数のブルジョワジー。
彼らこそ、アヘン戦争を起こす原動力。そして、アヘン戦争の勃発を望み勃発に喝采を挙げた者たち。

「やっとこれで一息付けますな」
むろん彼らとしても、その後何が起きるのか、詳細なプランを立ててやっていたわけでは無い。極端な話、彼らは
売れるのであれば国すら売る。そういう存在に過ぎない。
困った事にさすがに国を売ったら逃げる暇無くぶっ殺されるか、高価すぎて買い手が付かないパターンが多いので売らないだけだ。
そして、彼らにとって一番困った事が――――

「――全く。オランダを笑えませんな」  「バブル……ですな」
イギリスがインド帝国を手に入れた原動力は何であったか? それは無数の植民地投資とソレを利用して拡張する貿易商のブルジョワジーたちだ。
植民地統治とは、搾り取ることだと思われがちだが、少なくともイギリス方式は違う。
彼らは、搾り取るのでは無く、与える。与えて与えて与えて、最後には抜け出せない金融の牢獄で溶かす。
無数の投資、そしてそれにより整えられる産業設備。
彼らは植民地を『支配する土地』とは見なさない。
『金融商品』として扱う。そこに付随する人口、資源、地政学的性質。すべてを含めて『投資家や銀行がマネーゲームをする対象』と見なす。
大英帝国は軍事力の帝国でも無ければ、数多くの歴史上の帝国がそうであったような圧政の帝国でも無い。
金融帝国。それが、大英帝国の神髄。
けれどもソレには一つの欠陥がつきものだ。

350 名無しさん :2019/07/18(木) 18:30:27 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp
すなわち、投資過剰からくる生産力過剰や消費の破綻。つまりバブルとその崩壊。
有名なオランダのチューリップバブルでは無いが、イギリスはインド権益を手に入れたことで、事実上定期的にバブルが発生しては定期的に
バブルが崩壊するの波を繰り返すようになっていた。
ましてや、この時代、あるものが猛威を振るっている。その名前は『ラッダイト運動』。
工業化による価格崩壊やバブルの崩壊がもたらした巨大な反発である。
インド帝国という存在はそういう意味でイギリスを飛躍させると同時に、金融帝国であったイギリス本国そのものですら金融商品としてズブズブ金融の牢獄で
溶かしていたのだ。
だから、欲しかった。さらなる飛躍の土地が。リスクヘッジでインド以外で金融商品として特別有望な土地が。
北アメリカを失った後、イギリスにとって、『有望な金融商品(植民地)』は一部の港町を除き、事実上インドと南アフリカくらいしか無かったと言って良い。
リスクヘッジの観点から言ってもっと欲しい。有望な金融商品が。特に、インドにおいて、『中国銀』と『日本銀』は彼らの金融市場を支える巨大な
マネーサプライの動力源として機能している。
インド銀はとっくに枯渇している。彼らの金融商品としてすべて活用され尽くした。別にどっかに消えて無くなった訳では無い。
普通に通貨同然に流通している。ヨーロッパ世界経済システムの中で。
そりゃ、インド帝国内部の目線だけで見れば足りないわけである。
日本銀が史実より流出しなかった事で、変化が起きていた。
インド帝国の銀の流出が史実より激しかった。それでも足りなかったため、東欧、ひいてはロシアの『農奴化』が史実ほど広がっていない。
スペインが南アメリカ大陸の国々を植民地にしたことは有名だ。
そして、南米のポトシ銀山が開発され、ヨーロッパにポトシ由来の銀が大量に入ってきたのも。
しかし、知れば驚くことに、南米ポトシ銀山の銀はスペインに流通しなかったのが歴史だ。支配しているのがスペインなのに、それらの銀は実はスペインにとって
敵同然の(反乱軍的な意味で、なおオランダ側は独立戦争のつもり)のオランダ商人とデンマーク商人に流れていたのが現実に起こっていた事だ。
理由がある。

351 名無しさん :2019/07/18(木) 18:31:00 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp
一つ目は、スペインは延々と膨らむ膨大な軍事費に苦しんでおり、一番の最悪の時代の場合、9割が外国からの借用であったのだ。
二つ目は、西欧の産業化に伴い、都市人口が膨らみ、出生率も部分的改善を見せたことで、食糧自給率が下がってしまった。
結果として、東欧の穀倉地帯が目を付けられ、主にオランダ商人、デンマーク商人がそれらを取引していた。
そのための元手として、大量の銀が必要だったのだ。
なお、西欧の穀倉地帯として農業生産力の強化を求められたり、食料輸出があまりにも儲かりすぎた結果、有名なロシア帝国の農奴制に
繋がっていく。ソレまでのロシアは実は、むしろ農奴的な物が時代遅れに廃れていった時代だったのだ。
そして、三つ目が一番重要である。
三つ目、オランダ、ポルトガル、デンマークにドイツ、フランス、イギリスがヒャッハーした。
結局の所、スペインがカトリック世界の超大国であり事実上のカトリックの盟主であった事がすべての元凶だ。
スペイン国内の政治問題もおいて、外国の面倒を見なければならなかった。そのために各所、軍事介入を行い、軍事費がかさむ。
その結果、国内の不和が大きくなって……の繰り返しが3つの理由を呼び込んだのだ。
で、そうした結果ヨーロッパ中に流通したポトシ銀。
しかし、世界史に名を残すチート銀山(20世紀に入るまでは世界で使われる銀の半分がソレと言われてる)と互角に戦える銀山がある。
日本の石見銀山だ。
そして、日本の石見銀山なくして、銀を使ったヨーロッパの経済発展を拡張出来なかったのが現実だ。
厳密にはヨーロッパ人によるアジア貿易の成立だけど。
人間の欲望や金融システムはチート銀山であるはずのポトシ銀山ですら手に負えない怪物だった。
当然、史実のような流出が起きてない以上、オランダの飛躍が無い以上、代わりが求められる。
それが、インドの銀であり、金であり、そういった諸々であった。
それ故か、史実以上に色々な意味で元気になりすぎた、インドのイギリス系ブルジョワジーたちの金融坩堝の悪鬼羅刹っぷりは加速した。
史実でもあった、中国銀が欲しいよぉー、市場が欲しいよー、生産過剰を何とかするために医療用アヘンに投資先を変えたら集中して
これまた生産過剰だよー。なんかインド産アヘンが中国で高値で売れるらしいよー、お茶がもっと欲しいよー投資先が欲しいよー
バブル崩壊で失業だー、植民地にでも就職しに行くかー。本国がいいよー本国で仕事ないのー。海軍が受け入れるそうだよー云々
といった欲望が史実の何倍にもふくれあがっている。
バブルとその崩壊の連鎖を繰り返しゆがんだ欲望が出口を探して大英帝国の内部で暴れ回っている。

「『東アジアを政治的恐怖を持って閉鎖している〝ジャパンとチャイナ〟』を何としても世界経済の場に引き釣り出す」
「おそらくそれの完遂には十数年ほどの年月が必要になるでしょうが……」  「10年後投資した金が10倍以上確実になるとあれば普通に待てますわ」
史実でもそうであったように、戦争を望む最大の勢力が動き出す。台湾と福建沿岸部を抑えてる限り、清王朝以前に彼らがぶつかるであろう。
そう、日本と……。
この世界線のアヘン戦争はひょっとしたら……。

352 名無しさん :2019/07/18(木) 18:31:31 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

  ―― 同年、日本領域外、ガージャル王朝ペルシャ帝国にて ――
 『シャア・ハン・シャア(諸王の中の王)』。すなわちペルシャ帝国を総べる帝位を表す言葉だ。
しかし、ガージャル王朝にとってそれは、半分以上悲しく空しい物でしかない。
ペルシャ帝国は中東の中華帝国と呼ばれるくらいには中華思想が強い国だ。
彼らにとって、ペルシャから遠く離れれば離れるほど、一部の例外を除いて野蛮な世界であり文明国家は存在しないとなる。
そういう世界観を持つペルシャ人たちにとって、ガージャル王朝はどこまでも野蛮人が作り上げた征服王朝としか認識しない。
幸い、ペルシャ的中華の毒素ですでにずぶずぶに溶かした存在であるがゆえに、半分受け入れられているだけで
圧倒的な戦力をもってペルシャ戦国時代を平定した初代、でもない限り、もはやまともな武力も持たない弱い王権でしかない。
だから彼らにとってガージャル王朝に敵対しないのは、敵対するだけの大きな理由がないのと、いくら力が弱いといっても
地政学的な重要拠点を皇族で支配し、夷を以て夷を制すの言葉にどこまでも忠実に従い、既存の有力者たちをそれぞれ
相争うように政治的均衡を図り続けてきた歴代のガージャル王朝ペルシャ帝国皇帝の政治的手腕にはさすがに頭を下げざる負えないからだ。

だがしかし、ペルシャ人たちが語る『例外』がいま、無数に魔手を伸ばしている。

その名は、ヨーロッパ。特に北方の熊と銭ゲバ変態紳士の2カ国。

「オスマン帝国と同じような権利を認めろ……か……」  「「「…………」」」
宦官たちは黙る。武官も黙る。文官も黙る。皇帝も宰相も困った顔を見せる。
水たばこの煙だけがこの静寂と停滞の中、動いていた。
本来であればあと十数年の猶予がある。トルコマンチャイ条約。その条約こそが、ガージャル王朝大崩壊の序曲。

「……シャーリア(イスラム法)的には?」  「……問題は、限りなく、少なく……その」
「……はっきりと申します。一切問題がございません。むしろ下手な反発はシャーリアに反するという解釈もできます
オスマンのくそったれ……いえ、オスマンのスルタンが認めたのもある意味で仕方ないものと存じ上げます」
「何を申すか!! これは、事実上の『治外法権』だぞ!?」
「だが、治外法権だけなら、正直な話今まで通りではないか! どうせ中央政府の意向や法律なぞ、
地方政府や部族長どもはききゃしない! いい気味だ!」
「……ですが、陛下……必ずやペルシャの人民は…………神聖にして犯すべからず偉大なるペルシャの大文明の領土が
夷狄に侵犯されたと感じますぞ……。ガージャルの帝位は究極的には夷狄に力でとられてるのだという認識が存在することを
努々お忘れなきよう……」
臣下らの言葉に酒器を投げる一人の人間。

353 名無しさん :2019/07/18(木) 18:32:14 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

「くどい! そもそも諸君らが不甲斐ないから……!」  
ロシアとの戦争は敗北にまみれていた。きっかけはなんであったか。中央アジアのくそ野郎が南進して、カスピ海やペルシャ北部の山岳地帯で
散っていくのは毎度のことだ。問題は、イラク方面より侵入されたらだだっ広い平原での会戦を毎度、余儀なくされるということか。
だから、国防の意味からペルシャは自分から攻めることもあれば、攻められることが多かった。
まぁ、だからと言って北部の山岳地帯だって、安易に油断してはならない。アフガニスタンの草原回廊を渡ってモンゴルがやってきたように
山岳地帯においても侵入者は常に現れる。
第1次ロシアペルシャ戦争。最もロシアとの小競り合いなんぞ数えきれないから、特に大きいもので国際法上正式に戦争状態と認められた
一つの戦いの名をそう呼ぶ。
何とか、本国領土こそ守ったが、いろいろな領土を奪われ、十数年後取返しに第2次が起きて、トルコマンチャイ条約を結ばせられる。
それが、ペルシャの歴史。
だが、今はまだ、その第1次の真っ最中、敗北まっしぐらである点を除けば。
いや、一つだけ歴史においてまったく違う点があった。

「最新鋭の兵器をフランスから買ってやったんだ! もう負けるのは仕方がない。だが、一矢報いろ! 何が何でも!!」
この世界線、ペルシャだけではなく中東イスラム世界は――――

「――――経済的にはまだ、負けてない! 奴らとためを張れる!」
イスラムのもともとの繁栄は奴隷、香辛料、砂糖の三つの商品の貿易網とそれらを前提とした金融工学の発達によるものだ。
逆説的に言えば、奴隷、香辛料、砂糖の供給ルートが破壊されてしまえば、その繁栄は終結する。
そして、それを徹底的に破壊したのは……史実では日本銀をもってヒャッハーしたポルトガルとオランダだ。
だからこそ、この世界線では……。


  ―― 同年、オスマン帝国属領エジプト王国にて ――
 この年、ある悲劇が起きている。マルムークの大粛正。流血の大惨事。
エジプトの大王にして改革者、ムハンマド・アリー立ち上がる。
膨大なる流血の大河を生み出し、その代わりに彼が理想とする強いエジプトの建国と復権に向けて……。
ましてや、この世界線のイスラム文明圏は未だ経済力的にはヨーロッパと殴り合いが出来る。
最後には必ず負けるような戦いであったとしても殴り合いが出来る。
ムハンマド・アリーの大粛正は史実以上の流血の惨禍を引き起こす――――
――――地中海をかつてのようにエジプトのバスタブにするのだ。
インド洋の権益を我が物とするのだ。そして、そして、そして…………。

354 名無しさん :2019/07/18(木) 18:32:59 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

  ―― 同年、フランス帝国、パリにて ――
 一人の男が、歩く。
彼を最前列に二列に並んだ男たちが続く。
その男の服装は軍人であった。続く男たちの服装も軍人であった。
その男の背丈は長く無かった。続く男たちの方が大きかった。
けれどもそんなこと、誰も気にもとめない。

「皇帝陛下!」  「フランスの救世主!」
「「「フランス帝国万歳!」」」
そんな賛美歌が流れる中で、彼は最高存在の祭典のために用意された儀式場へとたどり着く。
かつて猛威を振るったテロル。ある世界線では破壊されたが、ここでは破壊されなかった。

「……ロビエスピエールは神を否定した。神威の……神の権威という物を否定して、自らの権力や共和制の権威のなさに気がつき絶望した」
皇帝と賛美される一人の男がその場で何事かを語る。
それはまるで演説のようで、聞く物は彼の腹心や政権の人間たち。すなわち演説では無い。

「それが、コレだ。神を否定して、自分で神を作った。人類知性のその先にある理想の知性体。
最高存在。最高存在の前で人間はすべて平等であり、最高存在の祝福の中で共和制が成り立ち、最高存在の祝福の賛美歌の中で指導者が
国家最高の知性として、指導者として振る舞うのだと」
そして、鼻で笑った。

「バカバカしい。わかりやすい方法をとれば良かったのだ。武力で政権を作ればいい。その後は法律で政権を肯定すれば良い。
大丈夫、法律とは、民衆の支持が一度でも集まれば成立する。それが奴が夢想した共和制の根幹とやらであろう」
ナポレオンという男は強い野心と理性の化身だ。人の姿をした血に飢えた獣ロビエスピエールが死ぬ寸前まで望み続けた『理性』の怪物。
一つだけ、この世界線のフランスは救われていた。
東欧で農奴制が完全には広がっていないように、この世界線のフランスの食料自給率は、史実ほど下がってはいない。
史実、フランス革命の原因は色々と言われているが、究極的にまとめてしまえば、パリ市民が抱いた餓死への恐怖が最大の原動力とも言われている。
冷夏やフランスの経済成長に伴う人口爆発、そして投資家たちの穀物投機が食料価格に直接の大ダメージを与えてしまい、適切な手段を
とれない社会体制や国家構造がついにはフランスで革命という名の流血の嵐を呼び込んだのだと。
それが、あの歴史ほどは吹き荒れていない。まだ。かろうじて。
これから、吹かせる。

355 名無しさん :2019/07/18(木) 18:33:30 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

「これからの戦争は大砲だと証明できた訳だ。さて、ロシアを殴ってくるか?」
ナポレオンは止まらない。ある歴史より生き残っている食料自給率が……彼の野心の炉をくべていく。

「エジプト人たちもいい方法を知ってますね。少しめんどくさいですが、彼らのおかげで戦費が稼げそうです」
14世紀のエジプトは金融工学の爆発的発展によって、事実上経済的超大国であった。その後、様々な要因から
その地位は失われていったが、その残滓たる金融工学的発展は失われている訳では無い。
ナポレオンのエジプト遠征はナポレオンに詐称にも思えるそれが、もたらす富の巨大さを印象づけた。
これなら、勝てる。やれる。フランスはもっと軍隊を拡張出来る経済力を作れると。
冬将軍には勝てないだろう。泥将軍にも勝てないだろう。だが、ひょっとすればロシアには勝てるだけの時間と力が――――ひょっとしたら、此度の戦いは……。


 ―― 同年、レコンストラクション以前のアメリカ合衆国にて ――
「捕鯨基地が欲しい」  「ボニンアイランドは手に入らないのか?」
「ハワイが欲しい」  「フィリピンの権益はルソンが押さえられてるせいで赤字だ」
「「「どうすればいい?」」」
無数の声。

「マニフェスト・デェステニィーはもう終わりだ」  「終わりでは無い。まだ新しい土地は開拓すれば増える」
「それは妥協の南北境界線を審判しかねない」  「奴隷たちの存在は投機の邪魔では無いか」
「大統領の権限を小さくするべきだ」  「連邦など不要だ」
「イギリスへの食料輸出は莫大な財貨を我らに提供してくれている」  「南米への侵攻を」
「ナポレオンには感謝しかない……」  「大封鎖は我らにとって最良だ」
「「「艦隊を整備しよう。南米に、そして極東に。我らの信仰と繁栄の灯火を広げるためにも」」」
強欲の賛歌が始まろうとしている。

356 名無しさん :2019/07/18(木) 18:34:02 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

 ―― 再び同年、水戸藩邸 ――
「…………やっぱり無理がありますねぇ……」  「辻さんでもですか?」
「元々水戸藩の石高は高くないんですよ。なんかこっちの歴史だと石高と貫高が雑多に同居してる感じですが
少なくとも水戸では石高でやってるのは藩主であるあなたも知っての通り」
帳簿の前でにらめっこの2人組。
でもってこの風景が新たな教材に使われるまであと十数秒。

「……幕藩体制を明治維新のようにひっくり返すにしても、なんだかんだであれば幕府側が近代化のために色々と
政策を実施していたおかげもありますからねぇ。政策を継承したり、幕府の官僚機構の人材を使えたりして。今、薩長同盟が
現れても、割と何の役に立たない反乱軍という形で逆に列強に侵略される弱小国に落ちるでしょう」
「……でもそんじょそこらの列強1カ国程度だと普通に勝てますよね」  「ですね。だからやっかいです」
「「…………はぁ……」」
勝てるからこそ近代化が遅れる。おまけに

「……なんか史実以上に律令が重んじられてません?」  
「律令だけではありません、17条憲法に武家諸法度。世紀の悪法呼ばわりされた生類憐れみの令でさえ、その撤廃には
明らかに史実以上の時間と手間がかかっている。法律の重みが明らかに近代化してる…………。ですが、法制度では無く
法律の重要性や重みが近代化してるだけですので、ゆがんでいると言えるでしょうね」
「カボチャバサミですか……」  「ええ、あんな感じかもしれません」
法治主義には2種類ある。一つは機械的法治主義と呼ばれるドイツ式の奴であり、法実証主義的なソレ。
一つは、主にイギリスで発達した実質的法治主義。『法の支配』と呼ばれるソレ。
後者は人道と合理性の無い法律は悪法であり、悪法は守る必要が無いと言う。そして、どうやって人道と合理性を証明するかというと
慣習と適切な手続きによる立法が重要であると言う。
つまりは、不完全な法の支配的な価値観、早すぎた『非理法権天』が律令格式という古代の法典を格別な存在にしすぎている。

「最大のターニングポイントは、1870年代のマレー半島です。あそこでとれる……何という名前だったかな? その植物から
ゴムのような性質を持った物質が出たことで、イギリスの覇権が決定的になります。それを妨害する手はマレー半島を手中に収める事」
「……辻さんってそういう歴史知識ありましたっけ?」  「何を言いますか、私が特許関係でも荒稼ぎした事、お忘れですか?」
1844年、グラハムベルがとった特許。本当は特許取得競争なのだが、ソレによって『電信』がこの世に登場する。
そして――――それから数十年後、ついに海底ケーブルが実用化する。そして……金融帝国、大英帝国にとってソレは
福音となる。世界中のあらゆる事柄が帝国の富に直結するから……。

「ベルの特許を妨害することは、無理でしょう。なら、こちらが先に電信や海底ケーブルを実用化してしまえばいい。
それが無理なら、マレー半島にイギリスが入ってくるのを妨害して海底ケーブルの開発を十数年遅らせてしまえばいい。
それが出来れば、大英帝国に真っ正面から対向できます。
そして、イギリスに対向できると言うことは、他の列強であっても1対1なら何があろうと絶対に負けない。2対1程度でも勝てると言えるでしょう」
「問題なのは…………」  「はい」
今、彼らがいるのが『水戸藩』であると言う事実だ。

「やり方を間違えると、皇道がどうとか唱えて、悪の侵略帝国まっしぐらな方向に進みたい、水戸志士を制御せよって言うミッションですね!」
「というか、この世界線だと鳥羽伏見がどーなるかわかったもんじゃ無いですよね? 国力10倍、火種20倍で、国力も軍事力も
基本的にパワーアップしているわけですから、南北戦争よろしくな、世界最初の近代的総力戦の黎明の始まり……になりませんよね?」
「「…………」」
ことが事だけに、声を小さくして会話をしていた2人の間に沈黙だけが支配する。

「あの……」
そこに現れる一人の侍女。持っているのはラーメン。

「お、おじゃましてすいませーーーーん!!」
真っ赤になって叫んで逃げ出す。思わすはてなマークが付くが、すぐに思い出す。あっ、そういや江戸時代って陰間茶屋の時代やん
二人しかいない場で男が、向かい合って黙っているんだぜ……? 
きっと、勉強会でもしてんだろうなぁ……。仮にも統治者とアドバイザーだし。なんか雰囲気的にすっごく勉強出来そうじゃん?(すっとぼけ)

「「ちっ、ちがう!! いいから、にげんなああああああ――――っ!!!」」
見事なハモりから、あらあら、仲がいいのねと一部から評価される殿様と商人であった。

357 名無しさん :2019/07/18(木) 18:35:19 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp
以上です。投下してから、文字数の多さに気が付いて、当時の自分の熱の入れようにびっくり
なんで、1発ネタにここまで熱中してたの……

続きません。たぶん

358 New :2019/07/18(木) 20:57:44 HOST:softbank060128001160.bbtec.net
乙。長い・・長い(笑)
色々感想あるけど最後の辻×嶋田疑惑で全部飛んじまったw

359 名無しさん :2019/07/18(木) 22:06:31 HOST:sp49-98-11-60.msb.spmode.ne.jp
乙です

360 名無しさん :2019/07/19(金) 01:17:18 HOST:vc008.net027098049.thn.ne.jp
史実の水戸藩も光圀の頃から財政ドピンチになってたなぁ。

361 ham ◆sneo5SWWRw :2019/07/19(金) 01:32:49 HOST:sp49-98-10-227.msb.spmode.ne.jp
乙です。
前半部は既にwikiにあるのだから、わざわざ投稿する必要はないのでは?

362 ハニワ一号 :2019/07/19(金) 02:08:00 HOST:124-141-195-196.rev.home.ne.jp
乙です。
続きを見てみたいですね。
でもSSが長いと思うので読みやすいように分割して投稿した方が良かったのでは。

363 名無しさん :2019/07/19(金) 07:34:16 HOST:sp49-96-15-131.mse.spmode.ne.jp
そういや、瑞雲加賀さん最近みかけないすね。

364 加賀 :2019/07/19(金) 10:27:08 HOST:om126179121211.19.openmobile.ne.jp
どうもお疲れ様です
ただいま北海道の方に短期出張中でしてスマホは触れても執筆が中々出来ないという状態です。
今月中には一話分はあげる予定にはしていますが8月に投稿となると思います
いや、ほんとに端の方まで行くと寒い

365 名無しさん :2019/07/19(金) 11:37:54 HOST:sp49-96-15-131.mse.spmode.ne.jp
お疲れ様です。
気長にお待ちしております。

366 クー&ミー :2019/07/19(金) 12:57:23 HOST:sp49-96-41-208.mse.spmode.ne.jp
瑞雲で思い出したけど、地元のお寺の山号が瑞雲山と云う事に数日前気付いた模様。
何故、今まで気付かなかったんだろう。

ttps://dotup.org/uploda/dotup.org1900355.jpg
お気付きでしょうけど、かつては大内氏の本拠地でした。

367 名無しさん :2019/07/19(金) 17:49:27 HOST:softbank126077075064.bbtec.net
遅ればせながら乙です。辻の野望の続きずっと読みたかったので感謝です。
まさか、日本銀の流出を抑えることでここまで歴史が変わるとは…もちろんそれ以前からの改変の成果もありますが

ところでアメリカの話でレコンストラクション以前とありますが、
妥協の南北境界線と書かれているということはレコンストラクションより南北戦争以前のほうが正確ではないですか?

368 名無しさん :2019/07/19(金) 18:52:56 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp
>>361
oh……しばらくこの手の創作から遠ざかってたせいか、Wikiを確認するという大事な事を忘れてました。すいません

>>362
次がもしあれば分割しますね。投下を初めてから文字数に気がつくという……。
ネタ帳整理で発掘した短編ネタだったんでここまで分量が多いとは思ってもみませんでした。すいません

>>367
南北戦争……おきるのかなぁ? と考えた物でそういう表現になっちゃいました
日本銀が世界に与えた影響が半減或いはそれ以下に陥ったと脳内シュミレートしてたら、最後には想像不可能に
陥ったんだと思います。当時の自分

369 名無しさん :2019/07/19(金) 20:12:02 HOST:softbank126077075064.bbtec.net
>>368
なるほど、南北戦争が起こるかどうかわからなかったからですか
ただレコンストラクションは南北戦争に付随するような言葉ですし、
普通に米英戦争後とか米墨戦争後といったような区切りで良かったのでは?

370 名無しさん :2019/07/19(金) 23:32:34 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp
>>369
おっしゃるとおり米英戦争が一番適切だったかもしれませんね。米墨戦争は、大枠は兎も角細部は絶対色々違うので
この場合、時代を表す単語として適切かどうか……

ポトシ銀山の銀が一番流通してたのって、結局カリブ海を中心とする経済圏なんですよね
そら、ヨーロッパまで運ぶのって大変ですし、究極の所帳簿上のカネを保障する見せ金としての需要が大きいところが
ありますから、現地が一番流通してたんですよ。でも、ココではポトシはもちろんインドを絞りまくるレベルですから
カリブ経済圏の繁栄は絶対史実通りに行かないんで……

ちなみに聞かれてないこと何で言うべきかは分かりませんが、
日本勢力圏として確実に確保出来てる最南端はルソン島周辺になってます。
何故、ルソンかって言うと、ヨーロッパと接触せず日本が進出できる物理的限界点は大体この辺じゃ無いかな〜って適当な理由です
物理的云々って言うのは、壊血病の問題ですね。一応魚食ってるから大丈夫って意見もありますが、個人としては兎も角
集団で、未知の海で漁だけして航海って、数百年数万単位の犠牲無くしてだとさすがに無理ゲーじゃないかなって
そうなるとやっぱ普通に食べ物でビタミン補給。で効果的な日本原産品種でそれって何があるだろーってなりまして
一応ある程度の目処は付けたんですが、正直あの時代、いくら転生者でも品種探しから初めて云々するよりふつーに
農業改革でもした方がよっぽど確実だろって思いまして……。結局そこから物理的限界としてルソンが限界点に。
もちろん、ルソンを拠点に航路開発していけば違うわけで勢力圏としては一応南洋群島も入ってます。
守れるかどうかは別ですが
なお、ルソン島全体で見ると最終的に勢力圏に組み込んだのは秀吉の時代。スペインを殴って手に入れました

371 名無しさん :2019/07/20(土) 14:05:07 HOST:softbank126077075064.bbtec.net
なるほど、ルソン島とったのは太閤のときでしたか、それ以前でもやろうと思えばできるけど動機がないからなぁ

372 ham ◆sneo5SWWRw :2019/07/20(土) 19:42:18 HOST:103.5.140.182
秀吉は史実でもルソンに降伏要求していましたからな。

373 名無しさん :2019/07/22(月) 22:09:58 HOST:210-194-52-243.rev.home.ne.jp
実際当時の日本の軍事力は世界有数だからな…ルソンは制圧出来るな

374 名無しさん :2019/07/23(火) 18:39:46 HOST:FL1-122-132-198-56.tky.mesh.ad.jp
ルソン島の面積は約10万km、大体九州3つ分程の広さあるんで結構キツイけど、一体何万ほど兵送り込んだんやろ

375 名無しさん :2019/07/23(火) 21:03:33 HOST:softbank126077075064.bbtec.net
>>374
当時のルソン島はスペインが完璧に制圧してたわけじゃないから、
拠点のマニラさえ落とせばなんとかなるよ。
その後の統治は大変そうだけど

376 ハニワ一号 :2019/07/23(火) 21:49:13 HOST:124-141-195-196.rev.home.ne.jp
>>373
当時の日本にルソンまで航海できる船があればルソン制圧は可能ですしな。
ルソンに行くよりも台湾を制圧した方が良さそうですが。

377 名無しさん :2019/07/23(火) 22:22:54 HOST:d-219-99-227-046.ftth.katch.ne.jp
大陸はこの後の時期めちゃ強いから距離が近い台湾なんてぶっ潰される。まあ未来知ってないからやるかもだけど

378 名無しさん :2019/07/23(火) 22:26:09 HOST:p2939235-ipngn201004osakachuo.osaka.ocn.ne.jp
勃興期中華が糞強いのは歴史を見る事が出来れば理解できるから、その情報を入れれるかどうかだな
とは言え台湾はこの時代だと化外の地もいいとこだから交渉次第な部分も大きい

379 名無しさん :2019/07/23(火) 23:45:23 HOST:175017014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp
>>374
たぶん一番の敵はスペインや現地民じゃなくて、マラリアですな

>>376
作中で示したとおり、台湾と福建は南明朝(日本乞師の名残)の土地ですな
元々元寇の報復で始まった遠征で台湾南部は徐々に日本化してたんで
それをそのまま、明王朝の残党に渡した形ですな。なんで直接大陸には接してないという環境に
むしろ、明朝にしてしまえば、何としても福建の防衛ラインを死守しないと、今や本土と化した台湾すらも
陥落するんで、全力で日本(の代理人である琉球さん)に媚びる環境に……。なお、中華のプライドが
あるから、形だけは、琉球王国を冊封する模様。

ルソンは制圧は兎も角、その後は藩王国という形で朝廷だったり、幕府だったり琉球だったりに
定期的に頭を下げにくる。日本側も定期的に使者を送るといった感じの統治状況なんで、今は兎も角将来も絶対的に守れるかは
やっぱ別の話になるんですよな。でも南洋群島とかと比べれば、確実に防衛のための軍がすぐさま駆けつけるんで
アヘン戦争の段階なら何とか守れるかと


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

飼育少女(1) (モーニング KC) - 仲川 麻子

KENZEN! マジ、KENZEN!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板