したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

パロディストーリー

1 名無しなメルモ :2007/10/25(木) 22:42:45
「失苦園」
尾木は長年連れ添った妻と別れ、また引き止める上司に辞表を提出した。
倫子もぐだぐだと悪あがきをする夫を振り切って家を飛び出した。
もう二人には戻る場所はなかった。

二人は旅に出た。
列車を何度か乗り継いで、そして雪が降り始めた山道を静かに歩き続け
やがて山奥の古びた温泉旅館へとたどり着いた。
真冬のこの時期、二人の他に宿泊客は誰もいなかった。
夕食、山の幸をふんだんに取り入れた料理の美味しさに二人の心は和んだ。
尾木が浴場から戻ってみると部屋にはすでに蒲団が敷かれていた。
そして倫子はすでに蒲団の横に座っていた。
テーブルの上には極上の赤ワインと並んで、
やっと手に入れた不思議な薬の入ったビンが置かれていた。
「気が早いなあ、もう行くのかい?」
「いえ違うわ。」
倫子の予想もしない提案に尾木は多少戸惑った。
ただそれはあまりに可笑しくて、そして興味深いものだった。
「そうだね、急ぐこともないからね。
でもぼくからなのかい?ちょっと恥ずかしいな。」
尾木はそう言いながら赤い薬を口に含んだ。
倫子はじっと尾木を見つめた。
尾木はやがて若返り始め、青年から少年を経てゆっくりと幼児に戻った。
倫子はいたずらっぽく笑って、浴衣と戯れている尾木を抱き上げた。
「うふふ、かわいい。」
倫子はすっかり小さくなった尾木のおちんちんに触れた。
10歳も年上だったはずの尾木は倫子の胸の中で本当の子供のように
無意識に倫子の乳房を弄び、そしてしょぶり始めた。
子供ができなかった倫子はうれしさのあまり小さな嗚咽を漏らした。
しばらくその喜びに浸った後、倫子は尾木に青い薬を飲ませた。
幼児はみるみる成長し、やがて彼は大人の男の姿に戻った。
ただ尾木の年齢は元の42歳ではなく、倫子と同い年の32歳でとどまった。
それは倫子が思いついたことだった。
「この方が絶対いいわ。」
「そうだね確かにこの方がいいね。さあ今度は君の番だよ。」
倫子は頷き、今度は彼女が赤い薬をまず1粒飲んだ。
32歳だった倫子はやがて若返り、22歳の瑞々しい肉体に変った。
尾木は若返った倫子の乳房にむしゃぶりつき、股間を弄っていた。
倫子はぴちぴちした自分の肌の感触を確かめ、うれしさと心地良さに酔いしれた。
しかし倫子はすぐにもう2粒の赤い薬を飲んだ。
倫子の肉体はみるみる思春期を通り越して、少女期に入ってしまった。
柔らかだった乳房は乳首を残して萎んでしまい
倫子の大人の美貌も犯していけない少女の愛らしさに変っていた。
尾木は抱くのを止めて、小さくなっていく倫子の変化を見守った。
倫子はやがて2歳の幼児に戻った。
「なんて可愛らしい子なんだろう。」
尾木は幼児に戻った倫子のほっぺたにキスを求めた。
倫子も自分を捨てた父親の温もりを思い出したかのように尾木にしがみついた。
尾木は愛おしさのあまり、このまま彼女を娘として育てたいという誘惑心も湧いたが
彼女の気持ちを察して思いとどまった。
尾木は倫子をしばらく抱きしめたのち青い薬の飲ませた。
幼児はみるみる成長してやがて元のグラマラスな美女に戻った。

大人同士に戻った二人はもう一度熱い口づけを交わした。
そしてお互いの愛情を確かめるかのように見つめ合った。
「もうこれで思い残すことはないかい?」
「ええ、もう何も。」
「じゃあ行こうか。」
「ええ。」
二人はいつも通りに熱く激しい性交を交わした後
5粒の赤い薬入りのワインをまず尾木が口に含んで、
そして口移し倫子に飲ませた。
「怖くないかい。」
「あなたがいれば平気よ。」
「後悔してないかい。」
「私、今が幸せの絶頂よ。」
「幸せの絶頂か。ぼくもそうだ。」
二人の肉体は再び若返り始めた。
しかしそんなことは無関係かのように二人はさらに愛を確かめ合った。
やがて二人は少年と少女になり、さらに幼児へと変化した。
もう愛の意識はないのかもしれないがそれでも二人は抱きしめ合った。
倫子の名案のおかげで年上の尾木が取り残されることもなく
二人は同時に幼児からさらに赤ん坊に戻って
やがて蒲団の上で小さな胎児になって肉眼では見えなくなった。

二人はもう誰にも邪魔されない永久の世界に旅立った。
外は一面の銀世界。
ふたりが残してきた足跡はすっかり消えて、誰もこなかったかのように
に真さらになっていた。

2 名無しなメルモ :2007/10/28(日) 00:44:45
ふ、不覚にも興奮しますた。心中系もいいですね。

3 名無しなメルモ :2007/10/28(日) 22:52:55
「セレブマン」
セレブマンは空を飛べない。
それは人類存亡にとって重大なことだった。
巨大化したバブル星人の放った大きなシャボン玉が
麗子を包んで連れ去ってしまった。
そしてシャボン玉は20mくらいの空間をぷかぷかと浮いていた。
彼女の様子を見て、すぐに助け出さなければならないことが分かった。
麗子はシャボン玉の中で少しづつ変化していたのだ。
35歳だった彼女はたった3分ほどで20代前半の若い姿になっていた。
シャボン玉の中の時間は逆行しているのだ。
さらに若くて美しくなった麗子に一瞬目を奪われそうになった。
セレブマンこと石川真治にとって浅田麗子は特別な存在だったのだ。
彼女の息子、浅田一平と彼は堅い友情で結ばれていた。
そして一平に対して毅然とした母の愛を見せつける麗子に対して、
真治は不覚にも恋心を抱いてしまっていたのだ。
もしかすると自分の家族より大事な気がしていた。
だからこの親子をいつまでも守っていきたいと思っていたのは事実だ。
バブル星人は憎たらしい顔でセレブマンを見下ろした。
セレブマンはふと我に返り自分の馬鹿さかげんに苛立った。
麗子はさらに若返っていた。
高校生か中学生くらいに戻った彼女は緩み始めた衣服を抑えながら
ただ信頼の眼差しでセレブマンを見つめた。
しかしもう一つの視線に気がついた。
いつの間にかセレブマンの目の前に一平がいた。
「浅田さん!?」
車椅子から立ち上がれないはずの彼が立っていた。
「セレブマン!」
「浅田さん、立てたじゃないですか。」
「そんなことよりぼくのお母さんを助けて。」
セレブマンは彼の悲痛な叫びにどう応えていいのか分からなかった。
もう一度見上げると麗子はもう小学生くらいに戻っていた。
大きかった胸はすっかり萎み、衣服はぶかぶかになって
スカートも半分ずり下がっていてとても恥ずかしそうだった。
セレブマンはドキッとした。
そしてすぐ、不謹慎な自分に気づいて腹がたった。
「セレブマン、飛んでよ。」
それはこの戦いが始まる前、浅田麗子が言った言葉だった。
浅田一平の言葉を噛み締めた。
まわりで見ていた群衆もいっしょになってセレブマンを応援した。
セレブマンの勇気のボルテージは上がった。
胸のSの文字がキラキラと輝き始めた。
セレブマンは熱い気持ちを拳にこめて突き出した。
セレブマンの足が地面から離れ、シャボン玉に
向かって飛んでいた。
「やったぞ。飛べた。」
セレブマンはシャボン玉の中の麗子を見た。
もう5歳くらいの幼児になっていた。
「セレブマン!」
可愛い声で麗子が叫んだ。
しかしもう少しというところで邪魔が入った。
それはバブル星人が差し出した巨大な手だった。
セレブマンはせっかく飛べるようになったのに
バブル星人のせいで麗子に近づけなかった。
バブル星人は嫌らしい笑みを浮かべた。
麗子はさらに小さくなって3歳くらいの幼児になっていた。
このままでは麗子は消えてしまう。
「ちくしょう!」
セレブマンの怒りは頂点に達した。
セレブマンの肉体が赤い火の玉と化した。
バブル星人は火の玉となったセレブマンを叩き落とそうとした。
赤い火の玉は星人の手を跳ね除け、バブル星人の胸を貫いた。
「ぐわーぐわー!」
バブル星人は断末魔と共にひび割れながら飛散して消えた。
セレブマンはついにバブル星人をやっつけたのだ。
セレブマンは火の玉から元の姿に戻ると前方に浮いているシャボン玉に急いだ。
麗子はすっかりすっかり赤ん坊に戻っていた。
「おぎゃあ、おぎゃあ。」
セレブマンは空手チョップでシャボン玉は破り、
転落しかけた赤ん坊をうまく空中でキャッチした。
セレブマンは赤ん坊を抱いたまま、急いで地上に降り立った。
一平はセレブマンから渡された赤ん坊を抱いた。
「この赤ちゃんがお母さんだなんて信じられない。」
赤ん坊はすぐには元の麗子に戻らなかった。
でもその方が好都合だった。
しかしセレブマンは散らばっていた麗子の衣服や下着を拾い集めている最中に
麗子は一平の腕の中ですくすくと育ち始めた。
「セレブマン急いでよ。お母さんが育ち始めちゃったよ。」
だがセレブマンが駆けつけるより早く、麗子は元の大人に戻ってしまった。
「キャー!見ないで!」
そこには素晴らしいプロポーションの裸の美女が半べそをかいて
横たわっていた。
セレブマンはそれを見て、再び火の玉のように赤くなった。

4 ガリレイ :2007/11/27(火) 23:05:35
『幼化る』
「先生大変です。大事件です。」
「また君か。大学の授業の妨げになるので
もう警察の手伝いはしないと言っておいたはずだが・・・。」
「今度こそ科学の力では説明できないことが起こったんです。」
「君がそう言ってぼくに持ち込んだ事件で、
これまでに解明できなかったものはないと記憶しているんだが・・・。」
「それはそうですが・・・。」
「それでいったい今度は何が起きたんだ。」
「若返りです。」
「若返り?それがどうして科学で説明がつかないことなんだ?」
「え!?」
「人間の身体がたくさんの細胞でできていることは小学生でも知ってる。」
「あたしだって知ってます。」
「細胞は日々分裂による再生と死滅を繰り返している。
だから同じ人間でも3年もすればすべて細胞は入れ替わっているという訳だ。
若いうちならば、死滅の速度より再生による活性の速度が速い。
結果として肉体は若返ったことになる訳だ。
ちゃんと科学で証明できるではないか。」
「それが少しではないんです。」
「と言うと・・・。」
「26歳の大人の女性が3歳くらいの幼児に戻っちゃったんです。」
「そんなことあり得ない。」
「それが起こったんです。」
「本当にその幼児はその女性だったのか。」
「もちろんです。顔も彼女の幼い頃とそっくりなんですから。」
「一つ質問だが、君はマジックを知っているか?」
「は?」
「ぼくは昔テレビでマジシャンが一瞬にして子供に戻るマジックを見たことがある。」
「それで?」
「結局、マジシャンと彼の息子が巧妙なトリックで入れ替わっただけだった。
親子だから似ていても変しくない。今回もそれではないのか?」
「そうじゃないんです。そんなトリックあり得ないんです。」
「あり得ないかどうかはぼくが判断する。とにかく状況を説明したまえ。」
「彼女の名前は大根田亜希26歳。都立神田川小学校で教師をしていたんですが
去る11月28日午前11時ごろ、4時間目の授業の真っ最中に
突然悶えはじめ、教壇の陰でうずくまりながら
ぶかぶかの服を着た幼児に戻っていたということなんです。」
「ほう。」
「つまり若返りを彼女が担任を務める2年2組の児童全員が目撃したんです。
トリックなんかじゃないんです。」
「確かにそれだけを聞くと多少は興味が持てる。」
「それだけを聞くとって、それどういう意味なんですか?」
「つまりそれでどうしたということがぼくは知りたい。」
「え?」
「この事件で死んだ人はいるのか?」
「いいえ。」
「誰かが彼女の記憶を消そうとしたのか?」
「それもないと思います。」
「ではなぜ君はこの話をぼくに持ってきたんだ。
これは警察が追いかける類の事件ではない気がするんだが・・。」
「それは・・・。」
「それは?」
「このままだとあたしも子供に戻っちゃうかもしれないんです。」
「そういうことか。」
「そういうことです。」
「ではまず君とその彼女の関係から話してもらおうか。」

5 名無しなメルモ :2007/11/29(木) 02:08:12
ドラマを見たことがあるけど、それと言い回しや
口調が合ってて楽しめました。

6 ガリレイ :2007/11/30(金) 07:07:35
『幼化る2』
「先生、このたくさんのビデオカメラは何ですか?」
「もちろん君を撮るために決まっている。」
「え?あたしを?」
「ぼくの推測が正しければ、あと25分後に君は若返る。」
「やっぱりあたし若返るんですか?」
「何を驚いているんだ。君はもっと自分で言ったことに責任を持つべきだ。」
「先生はあたしを助けてくれないんですか?」
「助ける?どうしてぼくが君を助けなければならない?」
「やっぱり先生って冷たい人なんですね。」
「冷たい?元はと言えば君の自業自得ではないか。批判される覚えはない。
第一、別に君はこの世から消滅する訳ではないし、
人生をやり直せるなんて逆にすばらしいことではないか。」
「あたし人生なんかやり直したくありません。どうにかならないですか。」
「それは無理だ。君がその幼なじみの女教師から譲られたホルモン剤の効果は
たとえ個人差はあるにしても彼女と同等の変化を起こすと考えるのが自然だ。
したがって君はもうすぐ2歳近くまで戻ることになる。
うむ、そう考えると確かに興味深い。」
「先生、なんか人の不幸を喜んでません?」
「喜ぶ?馬鹿なことを言ってはいけない。
君のような優秀な刑事がいなくなることをぼくは嘆いている。
ただ・・・・。」
「ただ何ですか?」
「ぼくは生物学者ではないが、君のこれから起こる年齢退行に
立ち合うことになったことに一人の科学者として重大な責任と関心がある。」
「つまりうれしいんでしょ。あたしの気持ちも知らないで・・・。」
「確かに女心には興味はない。」
「ところでさっき学生さんに何を買いに行かせたんですか。」
「もちろん紙おむつだ。2歳ではまだ必要だろう。」
「あたし、おもらしなんてしません。」
「そうは言っても万が一を考えねば。研究室を汚物で汚されては困る。」
「先生って悪魔みたいな人ですね。」
「ありがとう。」

7 あすか :2007/12/01(土) 02:07:41
おもしろい☆

8 ガリレイ :2007/12/03(月) 15:15:01
『幼化る3』
「どうしてあたしは先生に裸を見せなくちゃいけないんですか?」
「その言い方は誤解を招くのでやめたまえ。」
「誤解って?何が誤解なのかあたしには解りません。」
「それが君のために必要なことだということだ。」
「あたしのため?」
「考えてもみたまえ。もし服を着たまま若返ってしまったら
そのホルモン剤が君の肉体にどのような変化をもたらしたのか
ちゃんと把握できないではないか。
もしかしたら元に戻す方法がすぐに見つかるかもしれないというのに・・・。」
「それはほんとですか?」
「そのためにわざわざ高性能のビデオカメラを8台も借りてきて、
こうして設置したんだ。それぐらいは言わなくても理解してくれ。」
「でもやっぱり、先生の前で裸を晒すなんて恥ずかしい。」
「君は科学者にはまったく持って向いてない人のようだな。」
「それはどういう意味ですか?」
「いつものことだが目先のことに捕らわれ過ぎて
根本的なことに目を向けようとしないために
いつも失敗ばかり繰り返している。」
「どうせあたしは先生と違ってドジで鈍感ですよ。」
「まあ、それが君のある意味魅力でもあるのだが・・・。」
「え!?」
「とにかくもう時間がない。ああもう5分を切っている。
よしわかった。ぼくはビデオのセットが完了したら部屋を出るから
君はすぐに服を脱いで、そこのガラスのテーブルの上に寝てくれ。
あとはぼくが何とかする。」
「先生!?」
「信じてくれ。ぼくは君を幼児のままにしておくような男ではない。」
「信じていいんですね。」
「だいたいぼくに子育てなどできる訳がないだろう。君のオムツを替えることなど
想像しただけで吐き気がする。」
「相変わらず口が悪いですね。とにかく信じてます。」
「よろしい、いい子だ。」
「あたしまだ子供になってません。」
「確かに。」

9 名無しなメルモ :2007/12/04(火) 20:46:40
ものすごくいい展開なのに、なかなか該当シーンがでてこないー
若返りシーンもの凄く楽しみ

10 ガリレイ :2007/12/26(水) 10:04:32
『幼化る4』
「先生、やっぱりあたし赤ん坊に戻ってたんですか?」
「まるで覚えていないのか、ぼくの苦労も知らないで。」
「そんな言い方しなくてもいいじゃないですか。
あたしだって恥ずかしいのを我慢して裸になったんですから。」
「君は23時間と46分もの間、推定2歳半ほどの赤ん坊に戻っていた。」
「やっぱり。」
「おかげだ大人だった君が赤ん坊に戻るシーンを
ビデオで30回も繰り返し見る羽目になった。」
「え!?30回もあたしの裸を見たんですか?」
「その言い方はそろそろ止めないか。」
「でもやっぱり先生ってすごいですね。」
「何が?」
「いろいろ言いましたが、こうしてあたしをちゃんと元の大人に戻してくれたんですから。」
「約束した以上当然のことだ。ぼくはできない約束はしない。」
「ところであの・・・・。」
「何だ?」
「まる一日赤ん坊だったということは先生はあたしを元に戻す研究や実験のほかに
幼いあたしの面倒もみてくれたということですか?」
「ま、仕方なくな。」
「ミルクを飲ませてくれたり・・。」
「ああ。」
「しもの世話もしてくれたんですか?」
「もちろん。」
「あたしやっぱりおもらししたんですか?」
「排尿は7回、排便は3回だった。
おかげですっかりオムツ替えがうまくなってしまった。」
「ああ、穴があったら入りたい。」
「恥ずかしがることはない。誰でも一度は通る道だ。」
「でもどんな状況であったとしても
男である先生にそんなことをしてもらっちゃたなんて女としては屈辱です。」
「でも赤ん坊に戻った君はとても可愛かったよ。」
「え?!」
「今の君にあんな愛らしい時代があったのかと思うと
時間というものがいかに残酷なものかを深く考えさせられてしまった。」
「それって誉めているんですか?それともけなしているんですか?」
「もちろん誉めているんだ。喜びたまえ。」
「なんかうれしくないです。」
「それと君のその執念深いところは生まれつきのようだな。」
「それってどういう意味ですか。」
「これを見たまえ。」
「歯跡?あたしがやったんでですか。」
「君がしゃぶっていたぼくの財布を取り返そうとして噛まれた。」
「確かにそれはあり得る話です。
母も昔あたしが肌身離さず持っていた汚いぬいぐるみを
取り上げようとして噛まれたことがあるそうですから。」
「それを先に言いたまえ。まだヒリヒリする。」
「ごめんなさい。でも幼い赤ん坊がしたことです、許してください。」
「やはり君は刑事に向いているようだ。」
「食らいついたら離さないところがですか?」
「いや、汚いものでも何でも平気でしゃぶりつくところがだ。」
「ひどい。」

11 チキンさん :2008/01/01(火) 01:39:23
仮面ライダー電王外伝「ハナがコハナになった訳」

最近は電王とゼロノスの活躍により時の運行は守られている…

しかし時々過去を変える行為を電王の野上良太郎を始め仲間達も無意識にやってしまい、とうとう良太郎達の乗る時の列車「デンライナー」の乗組員達に影響が出てきてしまったのである…

その一部始終をとくとご覧あれ。



ハナとナオミはデンライナーの乗組員達の中でも一番付き合いが長い仲である。

今日は良太郎が2007年に戻っている間にデンライナーの食堂車でナオミ特製のまずいコーヒーを飲みながら座って話していた。

ハナ「あのね、話変わるけど気のせいだと思うんだけどここ三日間で何か痩せた気がするの」

ナオミ「いいなあ、あたしも痩せたい〜!」

ハナ「見て、スカートがベルトしてないと緩いの。」

ナオミ「三日間でそんなにいくなんて、何か特別な事してるんですか?」

ハナ「そんな事は無いけど何かおかしいと思ってね…」

ナオミ「そうですかあ…」


ハナはまだ気付いていなかった、時の運行を無意識に変えてしまったツケが自分に回ってきていることを…



続く

12 名無しなメルモ :2008/01/21(月) 22:12:37
『モドールライトの危険な使い方』
雷太は博士の部屋から持ち出したモドールライトを使って
学校の帰り道、公園に立ち寄って悪戯をして遊んだ。
おじいさんが描いていた完成しかけの絵を白紙に戻したり
子供の持っていた模型飛行機を作る前に戻したり
OLが食べてようとしていた焼き芋を生の状態にしたりと
とにかく思いつく限りの悪戯で、人々を驚かせて楽しんだ。
しかしあまりの楽しさに、気がついたらもう夜の6時をはるかに過ぎていた。
雷太は慌てて家路についた。
案の定、家に帰るとママが怖い顔をして待っていた。
「雷太、いったいこんな時間まで何をやってたの?」
ママのカミナリが雷太に直撃しました。
テーブルの上の夕食の料理が冷めてしまったのも怒りの原因の一つだった。
雷太はこの窮地から逃れるため、モドールライトを取り出した。
「ママあんまり怒らないでよ。これを使えばだいじょうぶだよ。」
雷太はママの機嫌を取り戻すため、冷めた料理に向かってモドールライトを当てた。
しかし冷めた料理を温める微妙な調整に失敗して
皿の上には調理前の肉や野菜が並ぶ結果となった。
「雷太、これはどういうこと?ママをからかうつもりなの?」
ママの怒りはさらにヒートアップしてしまった。
もうこうなったらママのお説教から逃れられない。
「まったく、あんたって子は・・・・・。」
雷太は始まったママの長いお説教を逃げたい一心で
モドールライトをママに向かって送射した。
眉間にしわを寄せていたママは光を浴びて思わずたじろいた。
「何するのよ!?」
ただし雷太はその変化を見てさらに驚いてしまい
思わずモドールライトを床に落としてしまった。
「あらららら・・・・?!」
36歳だったママはライトを浴びた直後、みるみる若返り始め
若い女から少女に、そして幼児から赤ちゃんにまで戻ってしまった。
「ばぶばぶばぶ。」
ぶかぶかの服の中からはい出だしてきた赤ちゃんを見て
雷太は一瞬何が起こったのか解らなかった。
「ママ!?」
しかし彼女にはもう大人の意識も知能も残っていなかった。
雷太の声に驚いてママは泣き出した。
「オンギャー、オンギャー。」
雷太は頭の中が真っ白になった。
いつもお説教ばかりで、雷太に言い訳の機会も与えてくれないママが
目の前の言葉もしゃべれない赤ん坊だなんて信じられなかった。
雷太はとにかく泣いているママを抱き上げた。
ペッタンコの胸も小さなお尻もそして可愛らしい割れ目も
けっこうナイスボディだったママとはかけ離れた体型だった。
しばらく揺すっているとママはようやく泣き止んで
うとうとしたかと思ったらすぐに眠ってしまった。
「やった!ママ寝ちゃった。」
しかしホッとしたところで、雷太の頭によぎった不安がみるみる
大きくなって湧いてきた。
「あれ?でもこれからどうしよう。」
母子家庭のこの家にとって母親の家事と稼ぎは何よりも大切なのに
母親を元に戻す方法など知らない雷太であった。
赤ちゃんのあどけない寝顔を見ながら雷太はしばし途方に暮れた。

13 beebeetomxxx :2008/02/05(火) 19:58:48
「ふしぎなメル実 親子 前編」

ぼくのママは37歳になる若手代議士だ。
「大臣、そんな説明では私も国民も納得できません。」
ママは今日も国会で偉い政治家を相手に奮闘していた。
ぼくはテレビでその様子を見ながら
お手伝いさんが作った晩御飯を独りで食べていた。
パパとママは3年前に離婚していて
月に一度しかパパと会うことはない。
ママの帰りはいつも遅く、帰ってこない日もよくあった。
でもぼくは何も言えなかった。
授業参観も運動会もみんな秘書の河田さんが代理だった。
ほんとは寂しかった。
でも忙しいママを見ると我慢するしかなかった。
だからではないけど
あの日、いっしょに遊んだ遊園地での一日は一生忘れられない。

「徹、ごめんなさいね。ママ急に行けなくなっちゃったの。」
ママが久しぶりの休日で遊園地に連れてってくれると約束をしたその当日の朝、
ママの口から飛び出した言葉にぼくは絶句した。
「約束したじゃないか。みんな待ってるんだよ。」
いっしょに誘ったメル実ちゃんたち3人がおもてで待っていた。
「さっき秘書の河田くんを呼んだからもう時期来ると思うわ。
いっしょに行けなくて残念だけど楽しんで来てね。」
ぼくはそれ以上抗議することもできず、メル実ちゃんたちに事情を説明しに外へ出た。
メル実ちゃんはぼくの話を聞いて何を思ったのか、
ぼくと入れ替わりに家に入ると玄関のドアをバタンと閉めた。
「徹くんのお母さん、今日はどうしてもダメなんですか?」
「ごめんなさいね。こっちから誘っておいて、とにかく急用ができちゃったの。」
「その急用って、これから来る秘書の人じゃ対応できないことなんですか?」
「彼に任せるですって、ちょっと心配でできないわ。」
「じゃあ、でもできないことではないんですね。」
「それはそうだけど・・・・でも。」
メル実はそういうと、カバンの中からキャンディを取り出した。
「これを飲めば徹くんを悲しませないで、すべてうまくいくはずです。」

14 beebeetomxxx :2008/02/05(火) 20:01:45
「ふしぎなメル実 親子 後編」

河田さんの乗る黒塗りのセダンが家の前で止まった。
「徹くんお待たせ。さあみんな車に乗って!」
ぼくは玄関のドアを開けて、メル実ちゃんを呼びに行った。
するとそこでぼくは不思議な光景を見てしまった。
ママが変身し始めたのだ。
30代だったママはみるみる20代の若い女性になり、
さらり痩せ細って身体が小さくなり、少女へと変貌を続けた。
ぼくが驚きの声をあげる頃には
そこにはぶかぶかの服に身を包んだ7歳くらいの女の子が
ゆるゆるのスカートを抑えながら立っていた。
「ママ!?」
ぼくは子供に戻ったママに向かって声をかけた。
「どうなってるの?あたし子供になっちゃった。」
彼女はぶらぶらと袖を揺らしながら、惨めそうな顔をした。
「さあ、これでお仕事に行けなくなっちゃったから
遊園地に行くしかないわね。」
メル実ちゃんはうれしそうに言った。
ママはメル実ちゃんの提案に目を丸くしていた。

しかしわずか2時間後、メル実ちゃんから借りた服を着た少女は
興奮しながら、ぼくの隣りでジェットコースターの順番を待っていた。
その晴れやかな笑顔は代議士だったママとは別人だった。
「あたしをママだなんて呼ばないでよ。涼子って呼んで。」
ぼくはすっかり子供に戻ったママに翻弄された。
でもほんとはうれしかった。
ぼくとママは久しぶりに訪れた休日を思う存分満喫した。
ただ親子水入らずとは言えない特殊な状況にぼくは多少戸惑った。
ぼくは涼子ちゃんに手を握られるたびに胸の鼓動が激しくなるのを感じた。
相手がママだとわかっていても、その可愛らしい容姿を見つめると
ぼくの頬は自然と赤くなった。
涼子ちゃんはそんなぼくの気持ちにも気づかずに、観覧車にぼくを誘った。
メル実ちゃんは呆れ顔で他の二人とメリーゴーランドに向かった。

二人の乗った観覧車が昇り始めて間もなく、
それまでまわりの景色を見ていた彼女がぼくを正面から見つめた。
「徹。」
「何、涼子ちゃん。」
「ここではママでいいわ。」
さっきまではしゃいでいた顔がいつの間にか真顔になっていた。
「ほんとにごめんね、これまでママらしいこと何もできなくて。
でもこれからはできる限り、徹の愛されるママになるわ。約束する。」
涼子ちゃんは態度だけ大人に戻っていた。
その雰囲気は間違いなく代議士になる前の優しかったママだ。
ぼくは思わずママの胸に顔を押し付けた。
「ちょっと待って、やっぱり大人に戻らないと無理があるわね。」
未成熟なママの胸はぼくにとってもちょっと硬くて痛かった。

「ごめん河田くん。まだ元に戻れないの。風邪が長引いてることにして
代わり頼むわね。」
「先生、これ以上は困ります。」
涼子ちゃんはメル実ちゃんからもらったキャンディも食べずに
今日も7歳の生活を楽むらしいのだ。
ぼくは彼女の悪戯っぽい顔を見て、ちょっと心配になった。

15 サスガ :2009/02/23(月) 17:07:47
B・AR

1-1


トンネルを抜け、眩しい日の光がさしてくると、俺は目が覚めた。
バスの窓からは富士山が見える。
俺にとって初めての富士山はとてつもなくきれいだった。と、思うと同時にここがまだ静岡であることを自覚した。


クラスでの修学旅行は京都への旅だった。東京から、バスで京都までは長いので、幸太は途中で寝てしまったのだ。
「(まだ時間が掛かりそうだから、もう一寝入りするかな・・・)」
と幸太が思った時、隣の席の真人が話しかけてきた。
「おい、幸太、寝てばっかりいないでお前も大富豪(トランプ)やれよ」
幸太が横を向くと、バスの小さなテーブルにトランプが重ねてあり、周りの友達が囲んでいた。
「ん、あぁ、じゃあやるか」
そう言って幸太はトランプに参加した。

「おっ、幸太もやるか?」
友達の朝田卓治が言った。「あぁ。で、現状は?」

「今、大和が5回連続で大貧民」
「ハハハ、マジかよ。大和ホント運無いよな」
「参っちゃうよ、ホントに」
竹田大和が困った顔で言う。
「よし、じゃあ始めるか」
そんな感じでトランプを始めた。




この後に訪れる悲劇なんか知らずに・・・。

16 急成長だいすき :2009/03/01(日) 02:04:21
サスガさん、これはもしかして少年ARですか?
楽しみにしてますね。

17 サスガ :2009/03/10(火) 15:49:47
B・AR
1-2


幸太達がトランプを始めた頃、バスの後ろの席では女子達が楽しく会話をしていた。その中の一人が森山紗耶香だった。紗耶香はクラスの中でも、色白でスタイルもよく、さらに純粋なので、男子からの人気が高かった。

「紗耶香、飴食べる?」
と、隣の席の黒岩高子が彼女に飴をすすめた。紗耶香は飴を受け取ると高子に
「ありがとう。」
と言った。女子からも可愛がられるので、得することも少なくない。

そんな楽しい会話をしていると、紗耶香は窓から富士山を見つけた。

彼女は自然に
「綺麗・・・・・・」
と呟いた。

18 サスガ :2009/03/10(火) 16:13:25
B・AR
1-3


バスの一番前の席では、幸太達のクラスの担任である坂井麻子(26)がまるで頭を抱えるように苦悩していた。

「(まさか、あの子達が“アレ”に選ばれてしまうとは・・・・・・)」

麻子は教員生活2年目で、大人っぽい美しい顔を持つ女だった。しかし、今の彼女の顔は恐怖と絶望に満ちていた。
耳に入ってくる生徒達の楽しい話し声がもう聞こえなくなると考えると涙が溢れそうになった。それは本当にありえないことだった。
あれこれ悩んだ末、彼女は決心した。

―どんなことがあろうとも、私が生徒を守ろう―

と。



その時、バスのスピーカーのようなところから、白い煙が出た。
麻子はすかさず、マスクを着けた。

19 サスガ :2009/03/10(火) 16:40:51
B・AR
1-4


「あがりっ!」
と、幸太はスペードの13をテーブルの上に置いた。
「えー!また幸太が大富豪かよー!」
真人が文句を言った。
「まぁ、オレの実力じゃね?」
幸太は胸を張るように笑いながら言った。
幸太は大富豪をやりながら、今日はホントに調子がいいと思った。
「(こんないい調子なのはいつぶりだろう。絶好調だ、絶好調。この調子で修学旅行も楽しめるといいな。)」
と、幸太は胸を弾ませていた。
「よし、じゃあもう一回やるか」
とみんなを誘った時、真人があくびをしながら言った。
「あー、ゴメン幸太。オレ眠いから寝るよ。」
「あ、そっか、じゃあ他の人は?」
と周りの席を見たとき、みんなはすでに寝ていた。幸太は少しがっかりしたが、「何だよ、みんなして・・・」
と言い、自分も寝てしまった。


しかし、彼はバス内に白い睡眠ガスが充満していたことなど全く知らなかった。

20 <削除> :<削除>
<削除>

21 名無しなメルモ :2018/11/19(月) 19:08:42
急成長するのも見てみたいですね。

22 名無しなメルモ :2018/11/24(土) 20:05:53
B・ARの元ネタが分からないけど、どんなのかな。

23 名無しなメルモ :2019/01/12(土) 20:29:32
良いのが浮かびません。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

.
あさっての方向。 1 (1) (BLADE COMICS) / 山田 J太



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板