したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

Awake

210 Awake 18話(5/10) :2013/12/23(月) 02:38:42
「無論です」
 モーリスは誠実な人々を少し騙すような報告をする事に心を痛めたが、わざわざ瑕疵を広が
す事もないだろうと敢えて追及されない限りは口を噤もうと思った。
「汝らに、父と子と聖霊の名において祝福をせん。アーメン」
「アーメン」
 司祭が十字を切ると人々もそれに倣って三人に祈りを捧げた。
 三人は歓声を上げ、祝福の言葉を投げかける熱狂冷めやらぬ人々に見送られながら、司
祭と共にこの町の修道院内にある聖堂へと足を進めた。
 
 聖堂に入るとすぐさま扉は内側から閉じられ、静謐が支配する空間が一気に広がり空気
が張りつめた。全員、祭壇に祈りを捧げた後、司祭は祭壇に向かい、修道士数人が祭壇の
両側を背にして三人と対面した。
「本来こういった規模の討伐であれば司教が諮問するのですが、今回は特殊な例でしたの
で司教、修道院長代理として司祭の私が担当させていただきます」
 組織として認知はすれども状況は内密に。という事だろう。実際、一部の聖職者やハン
ター以外は真祖が復活したとは知らないのだから、この対応は当たり前の措置である。
 知っているハンターも、漏らせば自分たちが倒せないのに尻尾を巻いて逃げている事の
証左になるので、恥知らずな者でない限り口外する事もないだろう。
 町人が誰一人として討伐後も伝承の真祖の名をあげていないことから、情報管制はある
程度敷かれているのは明白で、もし漏れてもヴァチカン側は情報を握りつぶす事ぐらい容
易にできた。
 それにエクソシストの司祭が滞在地に選んだこの土地は、穏健なカトリックの信徒で形
成されているため、信徒である三人にとってはギスギスした雰囲気をほとんど感じない静
かな町だった。
 先ほどまで熱烈に彼らを取り囲んでいた人々が聖堂前で大人しく待っている事に安堵し、
間違っても信徒の暴動など起こらなさそうなのが三人にとって救いである。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板