したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【原作】ドラキュラ・キャスバニ小ネタ/SSスレ【準拠】

96 古歌-イニシエウタ-【五ノ歌】18/16 :2011/03/28(月) 00:33:24
 そしてまた、闇の城の奥でも、ひとつの話し合いが持たれていた。十五歳の公子は、い
まや十八歳となっていた。監禁された一室の寝台に座り、ひとりの青年と向かいあってい
た。くすんだ銀髪をもった彼は、沈痛な顔で公子の前に膝をついていた。ヘクター、今で
は魔王軍の一翼を担う、名にし負う悪魔精錬師であった。
「私はもうこのまま父の所行を座視することはできない」と公子は言った。
「ヘクター、おまえに無理を言うのはわかっている。だが、私にはもうおまえより他に頼
る者がない。かつておまえは私に、若君はいつまでも俺のご主人です、と言ってくれた。
もし、あの言葉を信じてよいのならば、今こそ、私を助けてほしい。私をこの部屋から出
し、父を止められるように、力をかしてほしいのだ」
 すぐに答えることは、ヘクターにはできなかった。なんと言っても彼を拾い、養い、魔
力を導いて、現在の地位を与えてくれたのは魔王その人である。彼への忠誠心と愛情は公
子に劣らず深く、しかし、それがために、奥方の死とそれによる主の狂気、破壊と殺戮に
心を痛めてもいた。
 もとより魔力を持つ家系の子として世の中から爪弾きにされてきたアイザックは、今こ
そ自分を迫害してきた人の世に復讐するときとばかり、嬉々として魔王のもとに腕をふる
っている。だが、かつて生みの母の命を省みない働きによって、心ない村人から守られた
ヘクターは、人間への愛をまだ忘れてはいなかった。自らが造り出す無垢なる魔物たち
が、殺しの血に染まって闇に堕ちていくことにも胸を痛めていた。兄弟のように育った公
子の苦悩と悲しみを、わがことのように感じた。魔王軍の中にあって、あくまで闇の側に
立ちつづけるには、ヘクターの心はあまりにもやさしかった。
「若君」長い沈黙の末、ヘクターは低く囁いた。
「俺のご主人は、今でも、いつまでもあなたです。──お助けいたします。どうぞお手
を」


 公子が監禁部屋を抜け、姿を消したという報告を、王はさほど驚きもせずに受けた。そ
の手引きをしたのが自らの片翼とする悪魔精錬師であることにも、表情を動かさなかっ
た。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板