したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【パラレル】ときめき★ドラキュラ学園【専門】

117 刻印・月輪 ひとつ屋根の下 1話(21/24) :2013/09/22(日) 13:58:00
「……天然のお前には言われたくないだろうよ」
「お前が突っかかるのを聞いていても今日は反論する気分じゃない」
「……フン」
 二人きりであれば最近の行動についてヒューに問いただすところだったが、シャノアが居るので
なんだか気恥ずかしくなり無言で過ごすことにした。
 何気に「ヒャッハァァー」とか何とか声が聞こえたが一時間くらいたったころ、マクシームが
扉を開け三人を招き入れた。
「尻が……尻が痛い。尻に根が生えたように重い」
 過酷な実験が終わり、ジュストは主に臀部を酷使したせいか、椅子に座った途端痛みだし動
けなくなった。その姿は燃え尽きて灰になった某ボクサーの様であった。
 その格好に、してやったりとばかりにラルフは軽く笑い、アルバスは満足そうにジュストの血液が
入っている試験管を蛍光灯に掲げて透かし悦に浸っていた。
「鍛錬が足りんぞ、ジュスト。アルバスはこの実験に殆ど文句を言わずに受けてくれたのに」
「採血が出来ただけでも重畳なのに、体の線が細いから持たないと思っていたが案外持久
力はあったようだな」
「あれだけ脅されたら誰だってやり遂げるだろうさ」
 マクシームは面白半分の実験に苦笑しながらも、長年の経験からジュストが(一時的とはいえ)
反省した様子を見せたのに少々心が痛んだ。
「マクシーム……これからは自重するから許してくれ」
「いつまで続くかは分からないが、これを機にもう少し考えてから行動しろよ」
「マクシーム……」
 ジュストは自分にスポーツドリンクを渡すマクシームの手を握ると、その手に縋って上体が前方
に崩れ落ちそのまま気絶してしまった。
 あとはマクシームに任せようと思ったアルバスはマクシームに「騒がせて済まなかった」と謝罪した。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板