したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【パラレル】ときめき★ドラキュラ学園【専門】

116 刻印・月輪 ひとつ屋根の下 1話(20/24) :2013/09/22(日) 13:56:43
 だが、ラルフが抑止を周りに求めてもそれなりに被害を受けているベルモンド及び、その他は
納得がいかない。本気でないにしても、自分達の前で醜態をさらす姿を見て鬱憤を晴らす
算段をしている。
「いや、俺は立ち合う」
「僕もだ」
「聞いていなかったのか? 俺はジュストと拳を交える気はない。アルバスのサポートをすると
言ったはずだ。一対一の勝負に他者が介入する事は許さん。もしすると言うのなら俺を倒
してからにしろ」
「解りました。副会長が言うのなら仕方ありませんね」
 ラルフに脅されると、息巻いていた部員は全員、殺気だった彼を見て戦慄し、蒼ざめた顔で
すごすごと帰るしかなかった。
 残れと言われた三人は闘技場前でしばらく佇んでいたが、立ちっぱなしでいるのもどう
かと思ったので、とりあえず入り口前の階段に腰を下ろした。
「シャノアは何をやっているんだ?」
 アルバスが一度でも狂気に飲まれたら弟子三人でも太刀打ちできるか分からないと不安を抱
いていたネイサンは、ノートパソコンを広げたシャノアに、どうしてこの状況下で冷静でいられる
のか疑問を持った。
「レポートです。待っている時間を持て余すのは勿体無いので」
「お前はマイペースだな。本当に」
 相変わらず平常運転のシャノアを見て、長くいるから安心できているのかと安堵したところ
で何故かヒューは少し顔を赤らめ、恥ずかしそうな表情でネイサンにぼそっと軽口をたたいた。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板