したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

エロファンタジー世界で冒険譚 第1巻

122 シスターオルレリア ◆3481ALgzbw :2019/05/18(土) 23:25:36
>>121

まあ……何ということでしょう……

ぐ…………私が使える最大の防御魔法が、このままでは突破されるのも時間の問題です……
(目の前に張っている光の防御魔法を突破出来ず、ただ闇雲に殴りつけるセシルをそのまま放置していたが)
(その光の壁から軋む音が聞こえ始め、防御壁を形成している魔力結界にヒビが入り出していく)

セシル……彼女の中の暗黒神の魔力が徐々にですが……濃く、そして高まってきているのがわかります
これは誤算でした……心を折り屈服させる算段が、下手を打って藪を突いてしまったようですね……
(よく見るとセシルの持つ魔剣がいつの間にか漆黒に染まり、壁に炸裂している爆裂魔法の爆発にも暗黒の魔力が連動していた)
(そのために剣撃と爆裂魔法、両方の威力が飛躍的に上昇してしまい)
(今までならば完全に防御しきっていた暗黒騎士の攻撃を吸収しきれなくなっていた)
(光の壁全体にヒビは広がっていき、あと一撃で防御魔法は霧散してしまう状態にまでされていくと)

はぐ!……ぐうぅぅぅッッ!?

ま、まさか……アイギスウォールを破壊したばかりか、私の身体に一撃を与えてくるとは……うう……
(ついに暗黒騎士の一撃で光の防御壁が破壊されてしまい)
(そのまま剣撃がオルレリアの身体を捉え、とっさに身体を動かし致命的な箇所を斬られるのは避けたものの)
(左腕の二の腕を斬られ、司祭服が裂けそこから鮮血が噴き出ていく)


【それでは……奇数であれば、聖剣を抜く啓示が降りてくるシーンを追加で】
【偶数であれば、このままセシルに主導権を握られてしまいます】
【奇数のゾロ目なら我が神イェルクの介入が、偶数のゾロ目ならば暗黒神の介入で戦闘は強制終了となります】


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ハクメイとミコチ 1巻 (ビームコミックス) - 樫木祐人

マキナタで暮らしたい……

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板