したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

浮気の報い

7 名無しの作家さん :2019/04/28(日) 17:49:00 ID:uKfwwxlM
なすがままになった啓はワゴン車のトランクに乗せられ、どこかへと運ばれていった。
車から出され、不自由な視界で運ばれて来たプレハブに観たのは
『リアルドール展示会』
「今日一日、あなたはここのマスコットになるの。」
逃げようとするも男達からは逃れられず、啓は一旦着せられた人形の服を脱がされガラス張りの箱の中に入れられた。
「あなたは今日、『声も出る次世代型ドール』だから、そこのリモコンで振動する様に設定されてるの」
「大丈夫よ。おとなしくしてればいいんだから」
と晴美は去っていき、後には全裸の啓人形が残された。
しばらくして開場し、少しではあるが男の客たちが現れた。
彼らの殆どは啓の胸に、股間に、顔に魅入られ、時にリモコンで振動の様子を眺めていった。
もちろん啓は手を足を動かし(助けてくれ)と無言の訴えをするも届かず、
中には金を払って箱に入り股間をまさぐり、あろうことかディルドや口づけまで入れてくる連中までいた。
(…やめてくれ、恥ずかしい、もう浮気しない)
(熱い、苦しい、汗で気持ち悪い)
(喉が渇く、助けて…)
さすがに最後の叫びは気になっていたのか、誰もいないときには男が啓に液体を飲ませてくれたがそれが半日以上も続くと限界だった。
(…あっ、ああっ)
ついには最後の方では意識が混濁し、朦朧とした意識の中、ふと気づくと誰もいなくなっていた。
(…終わった)
と、不自由な体で何とか動こうとしたところで
「…啓君、大好き」
と大柄な男…いやそれを模した人形に押さえつけられた。
「晴美よ私、ねえ、最後に私に抱かれて。股間も男を模してるのよ…」
「ウッ、ウウッー!」
…プレハブに声にならない悲鳴が上がった。



その後、約束通り啓は解放された。
但し浮気の証拠や人形・抱き枕・全裸写真はきっちり取られ、厳重な緘口令がしかれた上だったが。
その後、啓が風俗に行くことは無くなったが、彼には定期的に、晴美の抱き枕or抱き人形の課役が課されるのだった…。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板