したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

浮気の報い

6 名無しの作家さん :2019/04/28(日) 17:22:44 ID:uKfwwxlM
再び啓の眼が覚めると、今度は全裸だった。
確認してみると、確かに頭にも何もない状態であり、
「はーい、啓君起きた?」
と晴美がいるのだった。
「ここは風呂場よ。啓君が寝てる間で体は洗っておいたわ」
「じゃあ。今日はこの肌色全身タイツとおむつを着てね。でない絶対ここから出さないから」
今日のものは前のと違い、目・鼻・口以外露出していないタイプのタイツであり、
「お願い、少し目をつぶってて。今の啓君は私のものだからそれくらいしてくれるでしょ。出ないと…」
脅されたのでしかたなく目をつぶると、
「何も言わないでね」
と詰め物を再びかまされ、まず胴体に何かを着せられた。
次に下半身・両腕・足と続き、
「ちょっときついかもだけど勘弁してね」
と顔に何かマスクの様なものをかぶせられた。
それで終わりかと思えば、さらにその上から、何か服の様なものを着せられ
「もういいよ」
と眼を開けると、そこには球体関節人形がいた。
金髪碧眼のアニメ顔に綺麗なブレザー服をしたそれを満足気に眺める晴美は、
「…ねえ啓君。あなたへの一番の罰は何かなって思ったら、これを思いついたの」
「実はね。今の啓君には女性器を模したスーツもはかせてるのよ」
と言って啓のスカートをたくし上げ、股間にバイブを押し込んできた。
振動とかすかな違和感を覚えながら聞こえる声は、
「でもこんなことしてもあんまり意味はないわよね」
「本当は君にラブドールを着せて男を抱かせようかとも思ったのよ」
「でもそれだとあんまりだから、別な罰をあげる」

そう言って晴美が合図をすると、2人の屈強な男が現れ、啓を持ち上げた。
「抵抗しないでね。これからすることに耐えたら解放してあげるから」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板