したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

テスト

14 小閑者 :2018/10/11(木) 00:19:59
<SS2> 暗器


 なのはのキスがアリサのファインプレーで未遂に終わった後。
 無意識に行った自身の行為を自覚させられたなのはが熱病に浮かされたように真っ赤になって目を回していたため、危なっかしくて出歩けないという事で生徒会室で雑談を延長することになった。
 女が3人集まれば姦しいとは言うが、当然の様にはやて達も例外ではなく、恭也が居るという話題的な制約がありながらも途切れる事無くトークに花を咲かせていると、話題が変わるタイミングでふと気づいたといった様子ではやてが恭也に話を振った。

「そういや、恭也さんに聞きたい事があったんやった。
 なあ、恭也さんて服の上から見て、身に着けてる物の形や大きさが分かるんよね?」
「ん?・・・まあ、それなりにな」
「てことは、女の子のスリーサイズとかわかるん?」
「・・・え?」

 はやての言葉に反応したのはアリサだった。いや、声を出さなかっただけで、すずかも目を見開いて驚いている。

「バニングス、必要があって身に着けた技能だ。ゴミくずを見るような眼差しで俺を見るのは止せ」
「・・・本当に疚しい理由じゃないでしょうね?」
「疚しさで括られると、方向性こそ違うが公衆の面前で曝け出せるものではないと言う意味では同じになる。
 だから、止せと言うに。
 方向性が違うと言っただろう。性的なのものではなく暴力的なものだ」
「・・・暴力?」
「ああ。
 ・・・胡散臭そうに見るなよ。
 暗器、・・・ええと、拳銃やナイフと言った武器を隠し持っていないか、もっと言えば、何処にどれだけの数、何を隠しているか見破らなければ、自分自身と護衛対象を危険に晒すことになるからな。そのための技能だ」
「ふうん。
 ・・・まあ、非常識具合からすれば、確かにあんたならではの説得力はあるわね」
「・・・納得するのは兎も角、貶める必要はないよな?」
「ほんじゃ、どん位の精度か試してみよか」

 漸くアリサが矛先を収めたところで、ニヤリとした笑みを浮かべたはやてが再び蒸し返した。

「はやて、どう考えてもこの話題を掘り下げても誰も幸せにならんぞ・・・」
「まあまあ、ここはさっきの未遂事件のペナルティとしてなのはちゃんに尊い犠牲になって貰うちゅうことで、目測したスリーサイズをいざ発表!」
「!?!?」

 突然、人身御供に祀り上げられたなのはが真っ赤になりながら驚きのあまり声も上げられずに両目を大きく見開きはやての方を勢いよく振り向いた。しかし、そんななのはの慌てぶりを意に介さずはやてが笑みを崩す事なく視線を転じると、やれやれとばかりに小さな溜め息を吐いた後に委細承知と言う様に軽く頷いた恭也が口を開いた。

「そうだな、75・54・77、といったところか?」

 恭也の口から出てきた3つの数字に数舜固まった後、なのはは涙目になりつつか細い声を絞り出す。

「そ、そんなに大きくないかな・・・」

 静寂に包まれる部屋の中で『どうせ間違えるんなら小さめに言っときなさいよ!』と心の中でツッコみつつ静かに顔を逸らすアリサとそれに続くすずかとフェイト。そんな3人の視界の端に、赤面しつつ肩を震わせるはやての姿が。
 一瞬、笑いを堪えているはやてがなのはに追い打ちをかけようとしているのでは?という疑いが3人の脳裏を掠めるが、流石にはやての性格はそこまで悪くはなかった。というか、はやて的にはそれどころではなかった。

「ホンギャーーー!!」
「うわ!?
 ・・・びっくりした〜、はやて、いきなり・・・ああ、さっきのスリーサイズ、はやてのか・・・」
「芸人の振りを無為にする訳にもいかんだろ」
「だだだだからって、ドンピッ!?
 あ、や、いいいいくらなんでも寄せ過ぎやろ!?」
(ああ、ドンピシャだったんだ)

 恭也だったらもう何でもありか、と悟りを開きつつある3人と、敗北感に打ちのめされている1人と、自業自得ながらもパニックに陥る1人。
 そんな少女達から視線を外した恭也はポツリと独り言ちた。

「本当に適当だったんだが・・・
 信じないだろうなぁ・・・」

 その呟きは、誰の耳にも届かなかった。




おわり


※スリーサイズは資料が無いので、適当に開いたエロゲHPに載ってたヒロインから引用したものです。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

魔法少女リリカルなのは Blu-ray BOX / キングレコード

⌒*(・∀・)*⌒


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板