したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

鏡の世界の迷子の旅路 無断転載

463 小閑者 :2019/01/25(金) 22:02:45
15.結末(その2)


「・・・正直、この誘導弾はヒット出来ると思ってたんだ」
「年明けにやった集団戦の回避行動を解析しただろ?」
「あー、うん。やっぱり予想はされてたか・・・」
「で、裏を掻くパターンまで想定した?」
「まあねぇ。
 君自身がさっき『知られたくない技を模擬戦で使うな』と言っていたろ。君が人に見せる技は『見せてもデメリットが発生しない場合』か『隠すまでもない場合』のどちらかだろうとは僕も思っていたんだ。
 回避技能は見られれば対策を立てられるから思いっきりデメリットになるはずだから、それを見せたのは裏を掻く手段があるんだろうと予想した。
 そうして、何パターンかの回避行動とその対応策を想定して挑んだ結果がこれな訳だ」

 そう言って内心を隠す事なく不貞腐れた表情のクロノが睨み付けるモニターには、単発とは思えないほど鋭く複雑な軌道を描くクロノの誘導弾と、一見するとその誘導弾が貫通している様にさえ見えるのに実際には掠りもしていない恭也が縦横無尽に空間を駆け巡る姿が映っていた。
 クロノは映像を一時停止させると、疲れた様に溜め息を吐き出してから続く言葉を口にした。

「まさか『隠すまでもない』方だったとは・・・」
「俺としては『当たり前だ』と言いたいんだがな。そもそも、お前が見たフェイントなんぞ極一部だろ。しかも、プログラムされたゲームの敵キャラじゃないんだから、お前の反応を見て対応を変えるのは当然だろうが。
 序に言うなら、格闘技のフェイントとしてはまだまだ初歩の領域を出てないから、そういう意味でも『隠すまでもない』ぞ」
「・・・そう、なのか?」
「無論だ」
「うわぁ。
 ・・・?いや、でもそれ御神流が基準じゃないのか?」
「それはそうだろうな。俺の中に他の基準は存在せん」
「・・・ふぅ、ちょっと安心した。いや、勿論、油断が拙いのは分かってるぞ?」
「左様で。
 そう言えば、ミッド式の魔導士としてはお前みたいに武術まで習得してる奴は珍しいんだったな」
「皆無とまでは言わないけどね。管理局の局員に限定すると更に割合は小さくなる。尤も、僕の技量が『習得してる』と言える自信はあまり無いよ。近頃はそのなけなしの自信も消失してきたし」
「実力評価は過大でも過小でも意味は無い。過度な自信は身を滅ぼすぞ」
「君はホント容赦無いよな」
「ところで、武術を習得していない大多数の局員は近接戦にもつれ込まれたらどうするんだ?少数とはいえ、犯罪者側にベルカ式の魔導士が居た事だってあるんだろ?」
「近接戦闘を磨くよりは、『接近されないように立ち回る訓練』の方が先だな。
 ただ、武術まで手を出すのは相当先かな。最後まで手を出さずに前線を退く人も少なくない」
「やっぱりその程度か・・・
 逆に聞きたいんだが、魔法文明圏では魔導士と対峙した一般人は格闘家であっても諦めて投降してしまうと聞いたんだが、本当なのか?純粋な体術を研究されていないのは仕方ないんだろうが、流石にそれはどうなんだ?」
「銃火器なんかで武装してない一般人が諦めるのは、流石に責められないぞ。彼我の戦力差を把握せずに突撃するのは蛮勇でしかない。
 ただ、僕は詳しくないけど魔法を組み込んだ格闘技なんかはあったと思うよ。代表的なところだとストライクアーツ、だったかな?」
「さっき言ってた『局員以外の武術を修めた魔導士』か。
 とは言え、防御魔法が使えると、どうしても純粋な回避には力を注げないだろうからな。必要が無い、と言う意味で」
「嘆かわしい、か?」
「・・・いや、そう言いたくはあるがそれが勝手な言い分だという自覚はある。
 俺だって、生まれた時から魔法が使えていれば、それを主体にしない理由はなかっただろうからな」
「理解を示して貰えると・・・あれ?」
「なんだ?」
「いや、地球では質量兵器、えと、銃火器が発達してるだろ?それなのに敢えて剣術で対抗する手段を確立した君の一族なら、仮に魔法文明圏にいたとしてもやっぱり剣術で対抗していたんじゃないかと・・・」
「・・・言われてみれば、そんな気がするな」

 流石に魔法の補助無しに空を飛んだり駆けたりは出来ない筈なのだが、何かしらの手段を編み出しそうな得体の知れなさがあるのがクロノにとっての御神流への、或いは恭也個人への印象だ。尤も、正面からの突破力は御神流の一面でしかない事を考えれば、空を駆ける必要すら無いのかもしれないが。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

魔法少女リリカルなのは Blu-ray BOX / キングレコード

⌒*(・∀・)*⌒


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板